「フラフラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フラフラとは

2018-02-25

anond:20180225013536

無防備な格好でフラフラしてなきゃでえじょうぶだ

扉開け閉めする時や、出歩く時に周りを気にするのはどんなホテルでも一緒

2018-02-23

つかれた

本当はそうではないんだけど、死にたい、という感情がこびりついて消えない。二週間くらい。医者はいってメイラックス半錠のんてるけどやなことばかり思い付く。

あと、お母さんに謝りたい。ごめんなさい。生まれてきたのはそちらの都合だけど(みんな生まれたくて生まれてくるわけではない)それなりに育ててくれたのに、家庭もまともな職もつけなかった。1度は着いたんだけど、五年もったんだけど、こらえられなかってそこからずっとフラフラしてる。医者には誤診でずいぶん騙されたし。期待に応えられなかった、家も継げず子供も作れず。本当にごめんなさい。やっぱり死にたいのかもしれない。会社なんてやめちまってもいいのかもしれない、いやそれだとまた前みたいなのの繰り返しになるか。

10年ぶりに正社員で復帰して彼女ができかけて、でも辛かったところに医者からもう田舎に帰ったらと言われて帰ったら発症して。

友達に恵まれたのは幸せだったと思うけど、なんであんないじめられた嫌な思いをした田舎に縛られてるんやろうか。

この自分の力を過信してしまう万能感みたいなのをなんとかしたい。いっそ万能と勘違いして空を飛ぶ気で屋上から落ちれば楽になるのに。

駅のホームで酔っ払って、目が覚めたらラブホのベッドにいた

たぶん5年くらい前の話。

元々面識のあった人たちが飲み会をするとtwitterでみつけたので、

そこに無理やり参加させて、思い切り酔っ払った日の帰り道。

酔っ払って寝過ごして、二回か三回くらい、

同じ駅を行ったり来たりして、

気づいたらホームで寝てた。

そしたら、たぶん普通のお兄さんが心配して声をかけてくれて、

家まで連れて帰ってくれようとした。

帰り道、その人の肩を借りながら、

おぼつかない足でフラフラと帰っていたのを覚えている。

そんな帰り道、ひっそりと佇むラブホを思い出して、

ふと「そういえばここのすぐ近くにラブホあるんですよね〜」と

口に出していた、と思う。

たぶん「なにそれ誘ってんの(笑)」的な返しで、

そのままホテルに一緒にいって、

気づいたら朝だった。

机の上にホテルの代金と鍵だけ置いてあった。

ハッとして財布も確認したけど、特に何もなかった。

今思うと、本当に何もなくてよかったな。

いい人だったな。

もう顔も覚えてないあの人。

2018-02-22

大晦日睡眠薬を試しに多めに飲んでみた

世間正月のあの浮かれぶりを思うと嫌気がさして、大晦日ちょっと多めに睡眠薬を飲んだ。

気がついたらいつのまにか病院に連れていかれてた。

あと目の焦点が定まらなかった。

そのあとフラフラのままバイトにも出かけてしまい周りに早退をすすめられた。

多めに睡眠薬を飲んでみたら普段自分がいなくなって新しい自分に変わるような感覚で楽しかった。

孤独で人付き合いもロクにできない自分が消えてしまうよう。

怒られたのでしばらくはやめておくけど。

2018-02-21

600km離れた土地で暮らす親戚から連休初日結婚式に呼ばれそうで吐きそう

今年、我が家から600km離れた土地で暮らす親戚が、連休初日結婚式をする事になりました。

結婚する親戚の母親から「ぜひ家族全員で参加して!!」と言われたのですが、素直に喜べません。

喜べない理由と、結婚式前日当日のシミュレーションを、普段生活から予想して書くよーーー!!!!

家族構成

夫:電@以上にブラック企業社畜中間管理職毎日深夜〜明け方まで残業帰宅は2〜3日おき。残業代なし。

妻:グレー勤務。ワンオペ家事育児

幼児の子複数人保育園児。

シミュレーション開始〜

某月某日(金)

18:00

妻、子供達を保育園まで迎えに行く。

保育園玄関子供がぐずり、無理やり自転車チャイルドシート子供を突っ込む。家に着いても駐輪場子供はぐずる。

18:30

妻・子供達、自宅に到着。

子供達に手洗いうがいをさせる。たったこれだけの作業も、かなりの重労働

子供達に軽い間食を与え、風呂準備をし、イヤイヤ期の子供をなだめながら地獄の夕飯作り。途中何度も夕飯作りを中断される。

19:20

妻・子供達、ようやく夕飯。妻、帰宅後初めて着席。

20:15

妻・子供達、風呂。妻、ひたすら自分子供達の体を頭を洗い続ける。

20:50

妻・子供達、風呂から出る。妻、子供達の頭を乾かし、保湿クリームを塗ってやり、水分補給をさせる。

21:15

妻、洗濯機をまわしはじめる。...と同時に、妻は子供達を寝かしつけ。「絵本読んでー」「ねむたくなーい!!」と、子供達がそれぞれ騒ぐ。

22:10

ようやく子供達が完全に寝る。

妻、洗濯物を干しはじめる。

22:30

の子夜泣き。妻、洗濯物干し作業を中断。寝室に戻る。

23:00

の子が落ち着く。妻、残りの洗濯物干し作業を再開。

夕飯の食器調理器具を洗い、残飯処理と生ゴミ掃除シンクとコンロを掃除...している最中に、また下の子夜泣き

妻、寝室に戻る。

23:20

の子が落ち着いたので、そろっと布団を出ようとした所で、下の子がそれを察知し泣きはじめる。(夜泣き:3回目)

★夫は残業中で、まだ帰らない。連絡もなし。

0:00

ようやく、下の子が落ち着く。

妻『明日、8時に家なんて出れない...。まだ荷造りできていない...。幼児達と荷物を担いで電車乗り継いで15km先の駅から新幹線乗るとか...吐きそう...』

妻、片付け、荷造り作業

(ここで、『結婚式の日分かってたんだから、荷造り前もってやっとけよ!』って意見あるかもしれないけど、毎日毎日こんな生活してて、荷造りする時間も体力もねぇよ!!!!!)

2:30

妻、就寝

6:00

妻、起床。

子供達の朝食、新幹線で食べさせる食料、水筒を準備。

夫は帰宅できず。

妻、夫に電話

妻「...帰って来れそう?」

夫「がんばるわ...。しんどい...頭痛い...ハァ...」

夫、中間管理職の為、仕事のできない部下の尻拭いと、無計画上司フォローと、とんちんかんクライアントの突発的な思いつき対応に、毎日死にかけ状態

7:30

子供達の好きなTV番組をつけて、起こす。

ぐずる子供達。

夫に電話するも通じない。

8:00

妻、夫に電話

夫「ごめん、あまりにもしんどくて、仮眠とってしまった...」

妻「帰れる?」

夫「うーん..頑張るよ...」

妻「式、間に合わないよ?」

夫「仕方ない....」

妻「式の参加...断ればよかったよね...私もしんどい...」

夫「まぁ...祝い事だしな...仕方ない...」

夫婦ともに疲れきって、険悪状態

(※普段夫婦の会話と、夫の状態から予測。)

そして、妻一人で子供達と荷物を抱えて電車を乗り継ぎ、新幹線に乗り込み、一人で子供達が新幹線内で騒がないかイライラグルグル緊張しっぱなしの約2時間半過ごす。

新幹線から降りたら、今度は慣れない土地の駅で式場まで電車乗り換えかタクシーで移動。

タクシーだと、子供達は車酔い確実。介抱しながら移動。

式場に到着したら、休む暇なく目的の部屋まで行って着替えて用意してフラフラで...初めての場所テンション上がって騒ぐであろう子供逹を注意して怒りまくって...

そんなグダグダ状態結婚式始まって......

結婚式披露宴最中に、夫がそろーーーっと入場...

シミュレーション、ここで一旦終了~

こんな疲労続きの中、ご祝儀 約70,000〜100,000円、交通費往復 約90,000円、宿泊費 約25,000円、その他滞在中食費・雑費 約30,000円...

合計:約215,000〜245,000円。...多分、というか絶対、これだけじゃ済まない。そもそも結婚式に参加する為の、家族全員分の服代・美容室代も発生する。

実質、『この結婚式に参加する為の出費合計』は、【300,000円】にはなると予想。

私の1ヶ月分の収入より高いね。私が毎日汗水流して働いて稼いだお金が、一瞬で消える。。。

こんなにフラフラしんどい思いして、大きすぎる出費で、休む暇すらない中、新郎新婦の門出を笑顔で祝う余裕なんて、全くない!!!!!!!!!!!!!!!!

もし、金銭的な余裕があったとしても、こんな慌ただしい毎日なんですよ、うちは。

休む暇が全くないワンオペ妻と、働き方改革されないブラック企業社畜夫と、暴れたい盛りな幼児の子供達ですよ。

シミュレーションしただけで、グッタリだよ。

倒れるわ!!!!!

...ってことで、今回の結婚式は、欠席させて下さい。

あと、欠席したいもう一つの大きな理由は、子供達がまだ幼児という事です。

結婚式人生で一度だけです。(再婚とかは置いておいて)

幼児ってのは、今回結婚するあなた達が思う以上に、突発的な行動を、普っ通ーーーーに起こします。親の育て方とか、普段の躾とか、そんな事も関係なしに予想外の事を普通にします。

我が家事情もありますが、せっかくの大切な式に、私は我が子を連れての参加を遠慮させて下さい。

これから親戚関係になるのですから、お会いする機会は沢山あるでしょう。

どうか、子供達がもっと成長して落ち着いてから、改めて一緒に食事談話をさせてください。

若い新郎新婦の門出に乾杯!!!!!

[]2018/02/20

昨日ゲームして2時間しか寝てないか寝不足フラフラ

でも残業

今日も同じようにゲームたかったけど無理だった

仰向けになったらもうまったく動けなくて、あこれアカンやつやと思って電気つけっぱでそのまま寝てしまった

2018-02-19

何者かになっている人間は他のことを犠牲にしている

つのことを脇目も振らずやり続けるということは他の選択肢を選ばないということだ。

だいたいは幼い頃からつの選択肢だけを追いかけていると思う。

みんなが楽しく遊んでいるときに厳しい練習をしていたり。

そこまでしたって何者かになれる確率は低いし、なれなかったときリスクは大きい。


あれもそれもこれもとフラフラしていて軸がない人は何者にもなれない。

なれるわけがない。


そもそも自分にとっての「何者か」が何かすら分かってないんだから

anond:20180219050719

2018-02-18

今週も

土曜日は午後から1人で出かけて、記憶が飛ぶまで酒を飲みつつYouTubeを見ていた。そして今日は布団に入ったまま、YouTubeツイッターを見ていた。

他に何もやる気がしないし、30過ぎて独身のオッサンが1人でフラフラしていることがそもそも奇妙だから

anond:20180218003646

労働とか仕事っていう言葉多義的で、日常で使う場合上司(なりマネージャなりワークフロー設計したサイド)に割り当てられた作業をこなす」っていう意味が多いでしょ。

そういう理解をした場合スタートアップってのは労働でも仕事でもないんだよ。もっと方面的な総合戦であって「振られた仕事順次こなす」じゃたどり着けない領域にある。だから上記理解労働指定作業の実行)の延長線上でやると失敗する。

もちろん、世間で言うスタートアップ上記労働的発想で挑んで成功する(したつもりになる)人間ってのは存在する。スタートアップ企業に参加してサーバいじってプログラム書きました、みたいな。でもその人は、「労働的な意味スタートアップした企業にある時期参加した」だけであって、「スタートアップの非労働的な側面」に参加したわけじゃない。

時代は変わるので、たとえば「余暇で作ったスマホアプリがおもったより受けたんで200万円で企業に売りました」みたいな事例も、スタートアップと言えば言えるのかもしれんけれど、先人がスタートアップっていう言葉を無前提で使う場合には、やはり銀行やら投資家から借金やチームの生活の面倒みたいな範囲も想定に入れて使う言葉なんじゃないかな。そういう規模のチームを運営する場合参加者全員が作業下請け労働者じゃ、やっぱり困るわけだ。誰かが「作業以外の全部」をやらなきゃならない。

その「非労働的側面」をリーダーシップとか表現しても悪くはないんだけど、これまた語感の問題があって、そう表現するとおそらく今までに存在したスタートアップのいろんな教訓を取りこぼす。「二徹でも三徹でもして」ってのは別段徹夜しろとかそういう意味じゃなくて、スタートアップにフルコミットする覚悟とか決意みたいなものを指してるんだと思うよ。それはやはり、必要なんだよ。

もちろん、いろんなスタートアップをあちこちフラフラしたり、二股かけたりして、運良くその「覚悟」がある勇者リーダーやってるプロジェクトに乗っかり、「これでオレもスタートアップ経験積みました!」とはいえるんだけど、それを「スタートアップコミット」っていうのもおそらく違うんじゃねえかな、ってのが感想

趣味も特技も書きたくない

履歴書趣味欄とか特技欄とかあるじゃん

あれを軽い気持ちで書くのは絶対にやめた方がいいぞ。

何なら資格欄とか職歴とかより全然大事だぞ。


俺は登山が好きで、一人で気ままに山を攻めるのが趣味なんだ。

当時就活中だった俺は、履歴書趣味欄にも当然「登山」って書いて、面接もそのネタでうまく乗り切った。

まあそこまでは良かったんだよ。

晴れてそこに入社したら、それを覚えてた上司が俺を会社登山部に誘ってきた。

「キミ、履歴書登山趣味って書いててくれたよね?人事のヤツが覚えててくれててさ。

ウチには登山部があるから、キミも是非入ってくれよ。経験者がいなくて困ってるんだ。」

俺は断れなかったよ。

俺は自分一人で登るのが好きで、会社の奴らと仲良し山登りがしたいわけじゃない、なんて新入社員上司に言えるわけないじゃん。

結局登山部に入ることになった。迂闊に履歴書に「趣味登山」って書いてしまったせいで。


会社登山部は最悪だった。まず全員装備が中途半端。お前らそのへんの公園ハイキングに来てるんじゃないんだぞ。靴はちゃんといいやつ履かないと疲れるに決まってるだろ。

それでなくてもメンバーは酷い。山を登りに来てるヤツなんか俺以外一人もいなかった。

ワンチャン目的女子に色目使ってばかりでフラフラ歩く男。

それをまんざらでもなく受け取る女。

「あ〜ん靴紐ほどけちゃった!」

「あ!きれいな葉っぱ、持って帰らない?」

「○○ちゃん、歩き疲れた?おーいみんな休憩しようぜ!」

「××くん、優しいね〜」

もう言葉もねえよ。


まあそういうこった。

趣味欄はよく考えて書こうな。

2018-02-17

吹けば飛ぶような小さい零細企業転職して半年ほど経つ30代サラリーマンなんだが

昨日、年甲斐もなく創業メンバーのおじいさんにブチ切れてしまった。

そのおじいさんは仕事の絡みはほとんどないけど、比較若い女性社員の多いこちらの部署に、なんかフラフラとやってくるんだが、

なんか知らないけど、最近しつこくお前はバカと言われ続け、イライラマックスに達して、ついに昨日爆発して、フロア中に響くようなデカイ声で「あー、そうですか、〇〇さんの話は一切聞いてないんで」って言ってしまった。

そのおじいさんは割と人望があり、仕事を持ってきたりする人なので、まずいことをしてしまったんじゃないかと気が気でない。

[]2月16日

○朝食:なし

○昼食:おにぎり(こんぶ、梅、カニカマ

○夕食:たこ焼きお酒

調子

はややー。

仕事普通にこなした。

酔っ払いです。

つまみもなしにお酒だけ飲んでいるので、フラフラしている。

なんだかすごく憂鬱だ、来週また東京に行かないといけないのが憂鬱すぎる。

がんばろ。

2018-02-13

女よりノロノロ歩きする奴が邪魔

足遅いのはいいんだけども、それなら道の中の人通り激しいスペースは避けろと。

要するに端の方をピシッと歩いていけば何も問題ない。

自分も足を重度の捻挫したときは端っこ歩きを心掛けた。

端っこのほうが安心できるし、手摺とかもあるし。


それを、わざわざ道の真ん中の方にふらふら出てきながらゆっくり歩く奴はなんなの?

あれこそ理解出来ない。

しかもまっすぐ歩かず微妙に右に左に蛇行する(何かを避けてるとかではなく)。

すごい足速くてサーッとあるいて行くならそれでもギリギリ迷惑にならないけど

わざわざ1番人の邪魔になる所をノロノロノロノロ歩くなよ。

自動車並みに神経使えとまでは言わないけど、歩道だって人の迷惑にならないような所作はあるはずだ。

よく槍玉にされるスマホ歩きなんかよりずっと邪魔

(これをやる奴はスマホなんか見て無いのに素でノロノロフラフラする)

anond:20180213085604

2018-02-12

お互いに、資源ない、技術のし上がるしかない、中露米に囲まれている、からお隣の国と協力して経済圏を作って周りと戦った方が良かったのでは?と思うけど、トップこちらに絡むことで国をまとめられるというスキームからこうなってしまうのだろうか。

70年、もっとやりようがあったのだろうけどもう無理だよね。

今も向こうはどっちつかずでフラフラしてるし…どこかで変わっていればなぁ。

神社に呼ばれる

数年に一度、神社に呼ばれる。

夢に何度も神社が出てくると、もう居ても立っても居られなくて、出かける。

今回は、今日。雪が降っていて、一度断念して引き返そうとしたんだけど、家に帰れない。

カーナビの指示どうりに走ってるんだけど、何か上手く帰れないの。

で、喫茶店にたどり着いて雪が溶けるの待ってた。

少ししたら、日が差して来て雪が溶け始めたから再度神社に出発。

一回も行ったことないとこだけど、スイスイ進んで、あっという間に到着。

お参りして、御神籤引くんだけど、何回引いても同じ御神籤。

わかりました。と言って帰宅した。

今度は、サクッと家に到着。

呼ばれた後は疲れてフラフラ

家の空気全部入れ替えて掃除してやっと安心して休めた。

何で呼ばれるかは、わかんない。

でも、呼ばれたら、気付いたら行ってる。

2018-02-10

anond:20180210161520

フラフラ貧血だろ!

まーな、もしかしたら改札や電車の扉とかで失礼なことしてるかもしれんなー

2018-02-06

[]2月6日

ヘトヘトすぎて目が霞むし、頭がフラフラする。

明日木曜日の朝まで仕事なのでもう寝ます

2018-02-04

ニュー乳Newジェネレーション

愛海島村さん結婚おめでとうございます!」

卯月「……うん? もう2年も前の話ですよ?」

愛海「いえね、島村さんの結婚式披露宴? なんかそういうの話なんですけど」

卯月「だから、それ2年も……」

愛海あなた、あたしも招待しましたよね?」

卯月「そうですね、さすがに事務所のみんな全員とはいかなかったですが、愛海ちゃんはラジオ一緒にしてますし。っていうかなんで2年前の話するんです? なんか2回目の結婚式したと誤解されそうで嫌なんですけど」

愛海「あの席」

卯月無視しないでくださいよお」

愛海「あの席の配置なんなんです?」

卯月はい?」

愛海「覚えてらっしゃらない! 覚えてらっしゃらないと申します?」

卯月「それ決めたの私じゃなくてプロデューサーさんなので」

愛海「あー、これ嘘ですよ、嘘というか記憶捏造してます

卯月「えー」

愛海「はっきり言いました、島村さんははっきりと『私が全部プロデュースするからプロデューサーさんは黙っててください!』と言いました。言質をとっています

卯月「誰からです?」

愛海あなた旦那さんですよ」

卯月「はあ。じゃあもう覚えてないですけど、私が決めたんですかね?」

愛海「それで、その席の配置、五人がけのテーブルにあたしと誰がいました?」

卯月「覚えてないですよお」

愛海「言います

五十嵐響子

水本ゆかり

佐久間まゆ

緒方智絵里

そしてあたし、棟方愛海

卯月キュートで仲良しな面々じゃないですか」

愛海「悪意あるでしょ」

卯月「もう始まりからここまで愛海ちゃんの意図がまったくわからないです。

何が言いたいんです?

それに、今更ですよこの話。

2年も前の話をなんで今……さ……」

愛海気づきましたね」

卯月「違いますよ! わざとじゃないっていうか、かりにわざとだとしても、悪意なんてないですよ!

そもそも、どこかに誰かを配置しなきゃいけない以上、こういう偶然はあるものです!

だいたい……」

愛海「なんです?」

卯月「その…… いやほんと、本当に本当に悪意はないですからね。こういうことで愛海ちゃんを弄るの大嫌いですから

愛海「まあもう言いますけど。

昨日、ゆかりさんが結婚発表したので、ようやく言えますけど。

ようやくあの四人が全員結婚したので言えますけど。

あたしの席全員、それぞれの担当プロデューサーと付き合ってる子だったじゃないですか!」

卯月「だから、偶然ですって!」

愛海「偶然のわけないでしょ!」

卯月「それに、それがなんで悪意なんです?」

愛海「周りのみんなですよ、周りの。

そのね、この四人って言ってみれば事務所のうちうちのメンバーは知ってたわけですよ。

プロデューサーとお付き合いしてることを」

卯月「まあ、目敏い人はそうかもですね」

愛海「そんな中にあたしを放り込んだんですよ?」

卯月「えー、もうなんか被害妄想入ってません? 誰も何も思ってないし、だいたい気づいてませんよ」

愛海「まあ…… 百歩譲って、周りの視線はよしとしましょう。

でもね、あの四人と披露宴という場で一緒にいることの辛さ」

卯月「これ、シリアスな話してます? なんかコメディでこの話するの若干ポリコレ違反してるような」

愛海ポリコレの話をあたしの前でしないでください!

もうね、もうね、四人が四人とも、自分のことのように喜んでいるわけですよ。

そして何よりね、いつかその先に自分もいることを思い描いているわけですよ。

私たちあんな風に幸せ結婚がしたーい』って」

卯月幸せだなんて…… てれますね」

愛海「せめてヘゴれや! いやもうね、あの空間にいたあたしのアイデンティティクラッシュ

卯月アイデンティティクラッシュ?」

愛海「そのね、色々考えるわけですよ。

先進的な渋谷区美波さん談)に感謝する方向もあるなあとか、けど特定相手を見つけると縛られてしまうよなあとか、いやでもそうやっていつまでもフラフラしていたらいつか本当に一人になってしまうぞ、とか」

卯月「考えたらいいじゃないですか。みんなそうやって大人になるんです」

愛海経験者に啓蒙かまされても頭に入ってこない!」

卯月「えー、じゃあもう黙ってますけど」

愛海「ううううう……」

卯月「で、二年間悩んで答えでました?」

愛海「でないです……」

卯月「繰り返しますけど、悪意なんてないですし、愛海ちゃんに何か当てつけてやろうなんて思ってません」

愛海はい……」

卯月「じゃあもう番組始めましょうよ。長い。この話長い」

愛海「今夜もー」

卯月「ニュー乳Newジェネレーション!」

2018-02-01

anond:20180131175702

うちの父がディオバンフラフラになってしまった。

ぜんぜん効かないのに、副作用fだけ酷かったようです。

もともと父は低血圧でしたし、なんで降圧剤なんて処方されるのか、おかしいよと父にきいたら

年よりは薬ばっかりたくさん出されて、診察は1分程度、何をきいても「年相応」としか言われない

とこぼしていた。


その処方した院長は、院長も、介護認定医も辞めた。

ディオバンは長い事処方されていた。


父は亡くなってしまった。戻ってきません。



私はそれまでお医者様の処方を一方的に信じていたけれど、

母が狭心症の薬で徐脈になり、集中治療室に運ばれて、半身不随になった。

から薬は怖い。

2018-01-27

「女だけの街があればいいのに」を聞いて思い出した事

最近、「女だけの街があればいいのに」という発言話題になっている。


発言者の本意やそれに対する男性陣、

女性陣の反応はまあ置いておくとして、


女性が夜の街を歩く事の危険性について

ふと思い当たる事があったので書こうと思う。


二、三年前、私が新卒ほやほや22歳の新社会人だった頃の話。


3月田舎から東京会社就職し、

初めての一人暮らし、慣れない電車通勤にへとへとの日々。


4月の新人研修がやっと終わり、

無事に配属先も決まって生活に落ち着きが見えてきた6月。


直属の上司お酒好きだったため、

その日はしこたま飲まされてヘロヘロになった。


お酒には強いので頭はハッキリしていたけど、

日本酒に足腰やられてフラフラ千鳥足帰宅

電車を乗り継いで、埼玉行きの京浜東北線に乗る。


あー、電車の揺れがしんどい

つり革がないと倒れる


そんな感じで酔っぱらいらしくつり革に掴まってフラフラしていたら、

優しそうなOLのお姉さんに声をかけられた。


大丈夫ですか?歩けます??どこの駅まで行くんですか?」


まりにもみっともなく揺れているのでみかねたらしく声をかけてくれたらしい。

大丈夫です、と伝えたが心配そうにしてくれて、

お姉さんの最寄り駅でもないのに埼玉県某所の駅に一緒に降りて改札まで送ってくれる。

なんて優しいお姉さん。


タクシー乗り場までと言ってくれたが、

申し訳ないので辞退してお姉さんと改札でバイバイ


相変わらず千鳥足のままフラフラ階段下り

さあ駅からでるぞという時、いきなり後ろから抱きつかれる。


「久しぶりじゃん!こんなところでなにやってんの??」


頭に?マークが浮かぶ

田舎から越してきて、縁もゆかりもない埼玉で知り合いに

あう可能性は確実にない、お前誰だ。


ああ、これはナンパかと思う。


若い女の子が明らかに酔っぱらってフラフラ歩いていたら、

そりゃ簡単にお持ち帰りできそうだもんね。


かに千鳥足だけど頭はハッキリしているので、


「知り合いじゃありません、離してください」


キッパリ言って逃げる。

殴るとかそういうのはやっぱり咄嗟には出てこない。

でもまあ、地声が大きいので、大きい声をだしたからお兄さんもしぶしぶ離してくれた。


いきなり抱きつくとか勘弁してくれ、

と思いながら帰宅の道を相変わらずフラフラ歩く。


フラフラ歩きが気になるのかちらちらこっちを見ていく通行人が多い。

横を通り過ぎたサラリーマンのお兄さんが、ちらっとこっちを見た後に自販機に行き、

なにかを買った後に私の方に走ってきた。


「これ、水、飲んでください」


それだけ言って走り去っていった。

なんて良いお兄さんなんだ。

さっきの軟派やろうとは大違い。


ありがたく水を飲み、

夜道を歩いた事でだいぶ頭がはっきりしてきたのでさっさと帰宅した。




なんていうか、凄い。



から家まで徒歩5分だから

これ電車でのお姉さんふくめて多分15分くらいの出来事



具体的な行動がこの三人だったか特筆しただけで、

実はもっと声はかけられてる。

大丈夫?」的なのも、ナンパみたいな奴も。

たった15分の間に歩けば歩く程声をかけられる。




22歳 女性 酔っぱらい




そら声もかけるよね。



若い女の子が酔っぱらってヘロヘロで、

今にも転けそうな感じで危うく歩いていたら声もかけます


あわよくばお持ち帰りできるんじゃない?

とか思いますわ。


家に帰ってからお兄さんにもらったお水を飲み干して、

ちょっと冷静になってぞっとした。


ああ、

女性が酔っぱらってますよという雰囲気を見せてしまうと、

危ないんだなあと心底思った。


優しく声をかけてくれるお姉さんもお兄さんもおじさんもいて、

水だけ置いてささっといなくなる硬派なお兄さんもいて、


でもやっぱりナンパもある。

酔っぱらっている女の子に後ろから抱きつくとか、

頭がハッキリしていなかったら正直ホテルかに連れて行かれてもおかしくないよね。


からさ、帰り道って気を抜けないんだと思った。

酔っぱらっていても酔っぱらっている事を悟られてはいけない。

弱そうな雰囲気をだしてはいけない。


女性が危うさをだしてしまうと、

こんなに目立つのかと思った。


だって酔っぱらいのおじさんがフラフラ歩いていても、

「うわ、酒くさ」「こっちくんなよ」

とかみんな避けて通るのにさ、

女の子が酔っぱらってフラフラ歩いていると心配になるもんね。


お姉さんとお兄さんの優しさに触れて、

その心配してもらうっていう状況はありがたいなとも思った。


でもやっぱり、窮屈は窮屈だよね!!!




おじさんが羨ましい!!!

飲んだくれて生け垣で寝てる渋谷大学生が羨ましい!!!!!


私も!!一目を気にせず!!!

フラフラ千鳥足で、酔っぱらって、電柱にぶつかりながら、

へらへら笑ってお家に帰りたい!!!!!!!!!


でも、おじさんにも男子大学生にもなれない、

そしてやっぱり女性が酔っぱらってフラフラ歩いていると危ない。


だって女の子が酔っぱらって倒れてたら声かける。

水買って、タクシー呼んで、送り出してあげたくなる。


から、女だけの街があったらいいのになって気持ちは分かる。


酔っぱらって寝てたらお金まれるかもしれない、

誰も優しくはしてくれないかもしれない、


でも少なくとも、

後ろから抱きついてきて

「久しぶり!」とか言ってくるナンパやろうにはあわないと思う。


窮屈さから抜け出したい、


たぶんそれだけ。

2018-01-23

[]1月13日

○朝食:なし

○昼食:味噌カツ弁当

○夕食:ご飯、卵、納豆ふりかけファミチキ

○間食:羊羹サプリメントマルチビタミンミネラル)二粒

調子

はややー。

昨日の夜ねれなくて、徹夜仕事行ったのでフラフラです。

さっさと寝て体調を戻したいので、もう寝ます

3DS

ポケとる

マリルリウィンク)、グソクムシャ捕獲

つかまえていないは37匹、アップデート入ったんで進行度的には巻き戻ったね。

ゲーム家計簿

ポケモン(530/5000 繰越0)

MS系(0/5000 繰越0)

・@(1500/5000 繰越0、ゲーム貯金21839、チケット8枚(実質250かける8))

・その他(5100/10000 繰越0)

先週金曜のYGを買い忘れてたので購入。

目当ては咲-Saki-の本編で、僕が応援している新道女子がかなり有利な感じなので、楽しい

もうすぐ決勝戦も始まるけど、こんどはどこを応援しようかなあ。

僕は咲-Saki-を読むとき応援する高校を決めて、読むのが好きなのです。

2018-01-18

俺の食生活を見てくれ

朝飯。

起きたら昨晩にセットしといた炊飯器の米がちょうど炊けている。

夜の残りの味噌汁を温めなおし、ハムと卵を焼いて、千切りキャベツと一緒に皿に盛る。和洋が入り混じって意味不明だがうまい

飯ができたらツイッターを開く。社会人を中心にフォローしているので、朝も早いとやれ会社行きたくないだのやれ満員電車がどうだの、悲惨ツイート散見される。それをニヤニヤ見ながらあったかコーヒーを淹れて、朝飯は終わり。

昼飯。

昼は丼物が多い。外やコンビニは高いので、適当だが自作。火を通した鶏肉と玉ねぎの薄切りをめんつゆで煮て卵でとじれば親子丼ができる。そこにほうれん草おひたしを付ける。

飯ができたらツイッターを開く。昼は休憩もそこそこに忙しく働く律儀な奴も多い。昼飯もコンビニサラダパンだけ。かわいそうに。親子丼を平らげ昼飯は終わり。

夜飯。

切り身の鯖を味噌だれで煮る。細切りの生姜を添えるとうまい。細かい味付けはあまり上手じゃないが誰に文句を言われるわけでもない。味噌汁を作り、小松菜和え物をつくり、夜飯ができる。

夜飯ができるとツイッターを開く。当然のように残業し、疲弊して絞り出すツイートを微笑ましく眺める。会社上司に対する罵詈雑言を垂れ流す奴もいる。つまらない飲み会に行ってトイレからツイートしてる奴もいる。それを肴に冷蔵庫からビールを出し、適当に作った鶏皮の唐揚げで一杯飲むのが最高だ。

炊飯器が空になったからまた明日の分の米を炊いて、タイマーを朝にセットする。

風呂から上がって布団の中でツイッターを開く。フラフラになりながらまだ残業をしている奴もいる。そろそろ終電時間も近い。いつになったら帰れるんだろな。

おやすみなさい。また明日

かつて私たちは地下に暮らしていた

特に何を主張するでもない駄文です。1級暇人の方はどうぞお読みください。



昔々ある人間たちが、誰の目にもとまらないような陽の射さない地下で他人との交流を細々と持っていた。顔も見えず声も聞けないそのコミュニティには、陽の当たるところへは出せないような声が星の数ほど集まって、カオス文化が生まれた。

それは大抵の場合根暗で、ウジウジドロドロして、「何だこんなもの」と地上の人々に馬鹿にされていた。が、確かに光るものがあったこともまた事実で、そんな一期一会フラフラした心地よい集まりを求めて多くの人間が暗がりへとやってきた。

おとぎ話ではない。他者との交流ネットワーク一般に拡がり始めた頃の話である

インターネット私たち生活に深く入り込んできてからの年月はまだ浅い。日本へ今の形の原型となるネットワークが入ってきたのもたった30年ほど前。それ以前からあった今は亡きパソコン通信も、全盛期は2、30年前あたりだ。ましてや冒頭のような光景掲示板などで繰り広げられていたのだって、(今の現役ネット世代若者が考えるとけっこう昔に思えるが)20年やそこらではないか

パソコン通信というクローズドネットワークからインターネットというオープンネットワーク時代が移る中、個人サイトやら電子掲示板やらがぽつぽつと栄え始めた。顔も見えない声も聞こえない文章だけのコミュニティは、この時地上の現実からひとつ階層を落とした地下世界を構築したのだろうと思う。決して表には出せない愚痴嘲笑も争いも裏事情も何もかもを内包したカオス空間だ。

まもなくインターネット上にはその場の思いつきや便所の落書きレベルからなぜ本気を出したと言わんばかりの美文やイラスト企画まで、さまざまなもの漂流し始めた。地下世界スラム街のような様相を呈し、いわゆるオタクを中心に物好きな人間たちを取り込んでブクブクと膨れ上がっていったわけである

その頃の地上世界では「ネットなんて」「掲示板なんて」「オタクなんて」みたいな認識が当たり前だった。相手の顔も見えない世界なのに、現実を見もしないで貴重な時間をムダにして、と。基本的に地下世界の住人も生身は地上に置いているから、そんな後ろめたさを背中に抱えて、それでもただのらくらと面白いものを求める。

漂う気配には地上世界で吐き出せない陰があり、カキコによる争いは絶えずどこかで起こって燃え上がり、でもたまにいいものを見つけて嬉しくなるような、全くもってグチャグチャの空気が流れていた。

当時の地下世界において人々の理性や社会性は普段より3~8割減っていたと見ていいだろう。感情の赴くままに場を荒らしてはゲラゲラ笑い、煽られては顔真っ赤にして怒る、老若男女が子どものように感情を表せる場だったと言える。そこに地上世界倫理を持ち込むのはお門違いなのであった。

嘲笑・叩きはお構いなし。グロ画像やら有名人やら見知らぬ一般人写真までもがジャンジャン流れ、肖像権何それ美味しいの状態である淫夢の語録やクソコラなども、そのあたりの流れによって大きくなったものニコ動などに共有されて爆発したようなものだろう。そういうアングラ文化電子掲示板界隈からニコ動mixiTwitterといった拡散力の強いサイトへ流れこみ、2000年代に大きく盛り上がった。

さて、今は2010年代もそろそろ終盤である。この日記タイトルで、かつて私たちは地下に暮らしていた、と書いたのは、今やインターネットは地下世界ではなくなったのだと個人的に思ったからだ。

インターネットで出されたコンテンツが瞬時に世界中へ回る時代。昔だってそうだったが、今では拡散スピードが違う。LINEFacebookInstagram若者たちコミュニティを作る。「微レ存」が女子高生にまで浸透したりして、一般人といわゆるオタクとの境界線も昔に比べると曖昧になりつつある。

もはや掲示板にもTwitterにもニコ動にも、陽の当たらない場所はほぼない。全てが地上世界に引き上げられ、インターネットはれっきとしたひとつ社会として君臨するものになったのだ。

れっきとした社会として認められるということは、当然利用する人々の意識・行動にも倫理や理性、ルールが付きまとう。今もかつての地下のノリは受け継がれ、クソコラ炎上煽りも健在だが、「そういうのはどうかと思う」というような理性的意見によって自主的規制されることも増えた。

からと言ってそれが悪いと言うつもりは全くない。むしろ当然の結果である人間が一つ所に固まれば、そこに独自ルール生まれる。ルール文化となって拡がり、人が大きく増えればひとつ社会になる。そうなれば法や倫理が、社会における不都合を放っておくはずはないというものだ。

ただ少し寂しいとは思うが。

冒頭で言ったように、私はこれに関してどうこう主張したい訳ではない。ある日何となくネット窮屈だな」と感じ、地下世界文化の流れを思い、ちょろっと考えをまとめてみようか、となっただけの戯れ言である批判意見も大いに結構だし、むしろここまで読んでいただけていたらそれだけで驚きだ。よっぽど暇なのか。

これからインターネットひとつ社会として、ちょっとの闇を内包しつつ地上世界に在り続けるだろう。さらに月日が流れて、今の世の中では想像もつかないような新しいネットワークが出てきたら、また物好きな誰かがそれを使って地下に新しい世界開拓するかもしれない。

また新しいカオスが生まれて膨らんでいく過程を、できればこの目で直に見届けてみたいものだ、と考えているところである

2018-01-17

体調崩して責められるってどんな地獄だよ

無理してぼんやりフラフラ状態で一緒に歩かれる方が嫌

ちゃんと元気な時に楽しくデートしたいわ

2018-01-14

[]1月13日

○朝食:ペペロンチーノ自作

○昼食:担々麺冷凍

○夕食:プルコギ(炒めるだけのやつ)、チューハイ2杯

○間食:サプリメントマルチビタミンミネラル)二粒

調子

はややー。

酔っ払いフラフラです。

休みだったので、掃除したり洗濯したり携帯機種変しにいったり色々してた。

今まで16GBだったのが256になったので、ゲームをたくさんダウンロードして遊んでた。

定着して毎日ログインしたり、課金するぐらい好きなゲームができたらここで書こうと思います

3DS

ブランチパニック

料理作って提供する系ゲーム

2-5までプレイ

時間がかかる料理が出てきていろんなことを同時にこなすやりくり的な要素も出てきて楽しい

ポケとる

ウデッポウコアルヒーチョボマキアノプスウツドン

プロトーガホエルコビーダルテッシード捕獲

捕まえてないが57匹。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん