「ボタン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ボタンとは

2021-05-18

マイナンバーカード電子ペーパー式にすればよかった

現状、マイナンバーカード市民が使う上で、「カードNFCタグである」ことが大きな障害となっている。読み取り可能デバイスは限られ、ブラウザの他に専用アプリインストール必要であり、高齢者等のIT弱者にも広く使われるべきシステムとしてあまりハードルが高すぎる。

これを解決する手段がある。マイナンバーカード電子ペーパー式にすればよかったのだ。表はモノクロ電子ペーパー、裏面はカラー顔写真とシートボタン式のテンキー。裏面の「個人情報」または「個人証明QRボタンを押下し、テンキー暗証番号入力すると、表に所望の情報が表示される仕組みだ。欲を言えばテンキーの代わりに指紋認証センサを埋め込みたいところだが難しいだろう。

特筆すべきは個人証明QRである。これは毎回異なるQRコードが表示される。そしてこのQRコードを総務省APIに送りつけることで、正しいQRコードであるか、また過去にも使用されたQRコードでないか検証され、有効QRコードであることをもって本人確認とできる。これにより、本人確認必要電子サービスではスマホカメラQRコードを読み取ってもらうだけでよくなり、NFC機能付きスマホも専用アプリ不要となる。さらに、税金手続き等のため企業マイナンバーカードコピーを送付するのあの儀式を、高いセキュリティで実現できる。

コストが気になるところだが、カード1枚1000円としても全国民に送付して1200億円。現状のマイナンバーシステム体たらくを見るに、安い投資ではないか

2021-05-17

ワクチン予約のシステム納期ありきのクソプロジェクトあるあるすぎ

https://anond.hatelabo.jp/20210517201151

あれさ、少なくとも東京会場側のサイトは、最初ボタンに「認証」って書いてあんだよね。

端的に言って、認証も何もしてないんだから嘘なんだよね。

んで、取れる手立てはいくつもあると思うんだけどさ、

  1. ドメインについて(なんでmrso.jpドメインなのよ、厚労省ドメインじゃだめなんか)
  2. 市区町村コードについて(6桁だけど、これは既知の情報無効な番号は弾ける)
  3. 誕生日について(なんで1歳でも予約できんだよ、これは後述するが弾いてるものもある)
  4. 一番下のコピーライトについて(自衛隊東京 予約システムというタイトルなら、一番下にも入れとけよ)

最初に書いとくと、できるチェックはしてるんだよ。

例えば、「現在入力桁数:4桁」みたいなチェックはしてんだよ。これはわかりやすい。頑張ってる。

んでな、2月31日みたいな存在しない日付についてはエラーになってる。

からエラー画面を見せないっていうんでもない。

入力された内容に誤りがあります入力内容をご確認下さい。」ってちゃんとわかりやすくでるんだよ。

でも、令和2年生まれとかが予約画面に進めるんだよね。そこは誕生年で弾けって。

まあ、割と無理やりな感じでライセンス表記もさせてるからさ、たぶんこれ、コード書いてるの1人とか2人とかじゃねえの?

https://www.vaccine.mrso.jp/js/app.js.LICENSE.txt

何が言いたいかって言うとさ、これって、納期がクソなシステム開発のあるあるじゃね?

ドメインどうするとかさ、仕様に至る前の段階の話じゃん。何の調整もされてないんじゃないのこれ。

年月日で、65歳未満が予約する際にはエラーを出して弾くようにするとかさ、こんなん何人かのチームでやってりゃ間違いなく誰か指摘するだろ。

「これって、65歳以上の方が対象ですよね?最初登録時に弾いたほうが良くないですか?」みたいなさ。

「これ、XXXX理由で接種券番号の仕様がもらえないのはわかりましたけど、市区町村コードは既知ですよね?」とかさ。

まり、「ああもう何言っても無駄だわ余計なこと言うとこれは俺の責任にされて俺の会社仕事になるわ言われたことだけやるわ」って状態じゃん。

市区町村コードPDFだってさ、珍しくもこれちゃんコピペできるPDFじゃん。そのチェックもしてないんだぜ。

https://www.soumu.go.jp/main_content/000730855.pdf

(つまり、桁数が分かるようにせよとか、桁数があってるかのチェックをせよ、みたいなのは仕様に書いてあったか言われたんじゃねーの)

(そして、市区町村コードから市区町村を引いて画面に表示せよ、とは仕様に書いてなかった)

こんなん、あるあるすぎて現場に同情する。

どう考えても調整をする人間がまともに調整して、まともな権限持ってる人間仕様を詰める時間で2日もあって、プロトタイプ作ってレビューして確認して、テストしてで、仕様が固まってて一ヶ月もあったら絶対できるやつじゃん。もっと納期でも仕様が固まってりゃできるやつ居るだろ絶対

(イキったTwitterなら(仕様が固まってりゃ)半日あったら実装できて、3日もあったら試験も終わる、とかいうやつ見つかるぜこれ)

まり、できてないのは「仕様確認して、まともな仕様を練る」時間がないから。

あとこれ、全スルーしてるから当日落ちなかったんじゃないんだよね。

めんどいから詳細言わないけど、「キャンセルできるようには作ってある」んだよね。ちゃん登録はしてるし、登録情報とのチェックはしてる。キャパのチェックもしてるし。(既報の情報ちょっと変えると誰でも確認できる)

個人的には、たぶん1人がコーディング、1人がデザイン、1人がインフラ兼QAって3人位のチームで3日くらいでゴリゴリ作ったんだと思うけどな。

この仕様グダグダっぷり(ドメイン名とかを見ると明らかに関係者間で整理、調整がなされていない)みるに、きっちり落ちずにスケールもしくはピーク負荷読みきったのは天晴なんじゃねえのかな。訴えられない範囲内での仕事はきちんとしているという意味で。

広報的にも多分誰も何の権限もなく何の調整もされてないだろ。

またあっちこっちでテキトーな事言う広報通してない発言がしばらく出るんじゃねえの。

もうあれだと思うな。

建築基準法みたいな法律作って縛るのが早いと思うわ。そういう法律あるとその法律には従って発注するから

まあ実際の橋作るのですら適当情報発注かけやがるからな。

(なお、ブコメにもよくいるけど役所との契約は全国から募らずに、割と地元に金を落とすかどうかって観点ポイントになったりするから、今から似たよーなシステムを土日に作って壊してして慣れといて地方契約握ってそうなIT屋にあたりつけとくと、またぞろ色んな理由パンピー向けの予約システムがそこここで発注かかるからリモートで曾々々孫受けとかでお仕事が受注できる可能性が微レ存

anond:20210517230819

適当な番号を入力してボタン押したらマトリックスみたいな画面で微笑むガースーと「予 約 完 了」が煌めくジョークサイト誰か作ってくれ。

何億回でも押せるやつ。

操作方法確認する増田須丸スン肉かをウホウホ差嘘(回文

おはようございます

もう早いところで梅雨入りなんだってー。

私麺つゆ買ってきてお蕎麦かお饂飩か茹でて冷や盛りで食べる季節ねって思い出して麺つゆ買ってきたわ。

乾麺のさ

蕎麦ってどうやって茹でても説明書読んでやっても

あんまりお店のみたいに美味しく茹で上げられないのよねー。

私の茹でテクニックポンコツなのかしら?

乾麺のお饂飩なら

どう茹でても美味しく冷や盛りのに出来るんだけどねー。

あと素麺は論外ね。

あれは誰がやっても上手く茹でることが出来るから乾麺茹でランキングでは殿堂入りってところかしら。

気を付けなければならないことは、

時間は圧倒的に説明書時間より短くする!ってこと。

素麺ぐらいじゃないの?

結構時間半分にしたって、

美味しく茹で上げられるのって。

まあそう言った具合にこれから冷や盛りが捗る季節到来ねって事で、

私も季節先取りまくって、

衣がイェーしました。

薄手のシャツをだしてきたので、

今日から薄いシャツとかブラウスです。

あとやっぱり今年も行かなくちゃいけないかしらと痛いのが嫌な

脇汗止め注射

まあ思い出したけど思い出してないことにして知らなかったことにするは、

今月中にはいくわ。

はあ。

嫌なことは後回しにしていたら振り向き魔人拳喰らうわよ!って

あんな技ずるいわよね。

軽くホームランコンテスト1000キロメートル超えちゃうんだもん。

嫌なことを後回しにせず、

私は振り向き魔人拳の練習をしたいところなんだけど、

いい加減あれもガンガンボタンしまくっても

その先を越えて勝つためには

ちゃんと防御とか守るとかそう言うことを考えるとか、

キャラによっては復帰できない、

私がやり方を知らないだけか戦場から落ちたら戻れないとかそんなカッコ悪い負け方はしたくないし、

防御の仕方と遠くに吹っ飛ばされたとき戦場に戻る方法をしっかり習得しないと行けないわ。

いまのところ、

戦場より下に落ちたら戻れなくなるのが私の欠点よ。

あとぜんぜん技とか覚えられないか角度とか確認したいところ。

スピリットとかってなに?ってレヴェルなので、

100人斬りホームランコンテストしか遊べないのはなんだかもったいないような気もするしね。

なんだかいつの間にかスマブラの話しにすり替わっちゃってるけど、

要は衣替えしたって話しで、

よろしかったでしょうか?って確認したいところね。

もういい加減ファミレスとかでご注文繰り返します!の作業なくてもいいわ。

うふふ。


今日朝ご飯

厚焼き玉子ベーコンサンドがなかったので、

あれもいよいよ終焉なのかしら?と思うと寂しくなってしまうけど、

ハムタマサンドが私の心を埋めてくれそうよ。

とりあえず今朝は。

たまたま品切れだったのよね。

きっとそうよ。

デトックスウォーター

スイカウォーラーしました。

カッツスイカでもいいけど、

カットしていないスイカの方が安かったりするから

4分の1のカッツを買ってきて

半分たべて半分また細かくキューブ状に切ってみて

スイカウォーラーしました。

スイカの季節はスイカを丸ごと食べることに憧れるわね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

オンライン授業「カメラをオンに」 応じた学生1%

コロナ禍をきっかけに、各大学が相次いで導入したオンライン授業。その現状と課題を探ろうと、東大が全国の大学教員対象調査実施した。寄せられた回答の自由記述欄には、教員たちの嘆きの声があふれていた。

カメラオフだと、(学生は)いくらでもさぼれてしまう」。国立大40代教員(人文社会教育系)は自由記述欄でオンライン授業の欠点をそう指摘し、「(授業中に)たまたまカメラがオンになった学生が、外でマラソンをしていることがわかった」というエピソードを紹介した。

また、私立大の40代教員(理工農系)は「対面・オンライン両方で参加できる授業では、対面を希望する学生の多くが、(教室で)他の学生課題の答えを教えてもらうなど、さぼることを目的としている」とぼやいた。

学生にさかんにカメラをオンにするように言ったが、従ってくれたのは1~2%だった」(私立、人文社会教育系、60代以上)と嘆く教員もいた。

https://www.asahi.com/articles/ASP5F4W7ZP5CUSPT00L.html

大学での非常勤や、社会人教育をやってますが、言うほど大人数でのオンライン教育で、学生、受講者の顔を見たいですかね? わかった、わからないをリアクションボタンで反応する、くらいはあってもいいですが、カメラの表情を重視すると、むしろ「困ってる顔をしてるんだからサポートしてよ」みたいな甘ちゃんばかりになりそうですが。

別にマラソンしてようが寝てようが、授業が要求する水準のアウトプット (テストなりレポートなり) が出せるなら、それでいいように思います大学の90分授業ならまだいいですが、社会人教育で9時17時、ライブでずっとカメラオンで真面目そうに振舞わなければいけない、というのは苦痛しかないですよね。

anond:20210517002408

IoSは戻るボタンをつけるだけで一気に使い勝手がよくなるのに

2021-05-16

まりに爽やかな同期

Y:文章を書くのは好きな文系出身。うっかり第二新卒大企業で働くことになった。

  片付けや家事が大の苦手。この日記の筆者。

Mくん:Yの同期で工学系の院卒。国家資格複数持つエリート

    Yと研修で同じグループになり、仲良くなった。基本的ヘラヘラしている。

ーーー

今日見たものは本当に口外しないでね…」Yは憂鬱だった。

今日は部屋に同期のMくんがやってくる日だった。

ボーナスも入るし、そろそろ家具を新調したいなぁ。在宅で残業するのに今の椅子だとちょっと辛いし…)

数日前、Yは在宅勤務での残業が辛くなってAmazonで新しい椅子を探していた。

「在宅勤務におすすめ」と書いてある特集ページを見ていると、今の部屋の雰囲気似合いそうなゲーミングチェアを見つけた。

(ゲーミングチェアって黒地に赤とか、やたら光るやつとか中二病イメージがあったけど、レザー調のもあるんだ。

このベージュのなら部屋の雰囲気に合いそう)

少々値段は張ったが、レビュー評価もよかったのでYはベージュのゲーミングチェアの購入ボタンを押した。

その恐ろしさも知らずに…。

届いたのは、予想を超える大きさのダンボールだった。

玄関に入れるのがやっとのことで、洗濯機でも入っていそうな大きさだった。

ダンボール解体作業だけでも息が切れてしまった。

やっとの思いで出したパーツを床に並べ、手順書を開いて組み立てに着手する。

まず椅子の下部から組み立てることになっていた。

キャスターを土台に入れ、ガス圧調整レバー差し込み、その上にカバーをかける…はずだった。

(あれ、キャスターが土台に入らない…)

色々な角度から嵌め込もうとするが駄目だった。

キャスターの根元についているリング状の金具が邪魔しているようにも見えたが、

手順書に書いていないことをしたら余計面倒なことになりそうだった。

10近くある組み立て行程のうち、1で頓挫してしまった。

(だめだ…)

その日は疲れてしまったので組み立てを諦め、同期のMくんに愚痴を言った。

「ゲーミングチェアを買ったのに組み立てれなくて詰んだ」、と。

ただの愚痴を言うはずが「じゃあ手伝おうか」と予想外の提案を受け、心臓が飛び跳ねた。

こんなことってあるのだろうか?

戸惑いの中、Yは脳内会議を開く。

そもそもMくんを部屋にあげてもいいのだろうか?

このまま組み立てられずにいるのも嫌だけど、わざわざMくんに来てもうのも悪い。

自分の部屋を晒すのも恥ずかしい。

そもそもちょっと気になる男性を部屋に上げていいものだっけ?

男性を部屋に入れるのって何年振りだっけ…?

そもそも部屋に入れていいものだっけ?

でもせっかく提案してくれてるし断るのも変か…?)

「うーん、じゃあお言葉に甘えて…!」

ぐるぐると考えたが(考えても仕方がない)と思い切り、

Mくんに組み立てをお願いした。

そして冒頭部分に戻る。Mくんが部屋に来る当日だ。

不用品は捨てたし、シンクも磨いたし、洗面所も隅まで磨いた…)

できる事は全部やったが、それでもYは不安だった。

プレゼン前よりも緊張していた。

今日見たものは口外しないでね…本当に汚ない部屋だから

Mくんに対して差し当たってできることは、自分の部屋に対するイメージを下げておくことだった。

あらかじめ部屋の綺麗さのイメージを下げておくことで、現実ギャップを減らす作戦だ。

めっちゃ気にするじゃん」

「それもう、気が気じゃないよ…

家事できないのバレるし家具の組み立てもできないの恥ずかしいし」

緊張の中、部屋の鍵を回す。

ガチャリと音が鳴って扉を開ける。

Mくんに入ってもらうと、さっと靴を脱いで揃え、手前の洗面所に向かった。

(ここまで誘導の通りだ)

Mくんが手を洗う。

汚部屋って言ってたけど、ここまで汚いとか特にないんだけど…?」

「いや、生活感がバレるのが恥ずかしいんだってば」

キッチン不用品ほとんど処分したので、がらんとしている。

シンク下に食器とかしまってるの?」

「いや、このスペースにある分だけ」

「確かに一人暮らしだとこれくらいでいいかも。今度引っ越すから参考になる〜」

そうして奥の部屋。

「え、別に汚部屋じゃないじゃん!カーテンベッドカバーの色とか揃ってるし

あ!このガラスモニター置くやつ?おしゃん〜」

「あ〜その辺はごちゃごちゃしてるし見んといて!!!

とっさに大きな声を出してしまった。

(Mくんと密室ってだけで緊張するのに…自分のだらしない所まで見られたら死んでしまう!!)

はいはい、これを組み立てればいいのね」床に散乱したパーツを見てMくんが言う。

渡した手順書をふむふむと読んで「え、ここで躓いてたの?」と少し驚かれる。

「すいやせん…」

「あ〜これ、角度とか、力の入れ方がちょっと独特なんだよね」

Yがしみじみと謝っている間、Mくんはしれっと土台に4つのキャスター全てをはめ込んだ。

「え、早くない…?神?教祖って呼んでもいい?」

教祖になるつもりはないな〜」ヘラヘラ笑いながら、Mくんはやすやすと組み立てていく。

またたく間に椅子らしい形が出来上がってきた。

「このパーツと背もたれを繋ぐ時、ちょっと床傷つけそうだからベッド借りてもいい?」

「え?う…うん」

自分のゲーミングチェア組み立てる時もベッド使ってて」

ベッドを使うことに異存はないが、Mくんがベッドにいると思うと、ドキドキする。

変な緊張をしているYをよそに、Mくんは「作業者」として完璧だった。

手順書を読み上げ、パーツや作業内容に誤りがないか一点一点確認する。

可動域を調べ動作確認をするMくんの手つきが滑らかで、綺麗だった。

「大きい方の六角レンチとって〜」

はい先生!」Mくんの手つきに見とれていると、指示が飛んで来た。

「あ〜、確かにこれ、女の子一人だと難しいな」

背もたれの部分だけでも結構な大きさだったので、片手で支えながら座席部分と組み合わせるのはかなりしんどそうだった。

Yが背もたれの部分を持ち、応援する。

「あ、助かる」

「うん…」Mくんとの距離が近くなると当然ながらMくんの香りがする。なんとなく安心する香りだった。

柔軟剤香りかな?いい匂い。あと首筋きれいだなー)Yはぼんやり見とれてしまった。

「あー、来週の構築作業もこんな感じなんだろうなぁ」組み立て作業中のMくんが仕事の話を投げてきて、急に現実に引き戻された。

Mくんの「聖域」を邪魔できるはずもなく、ただ作業を見守っていた。

座席と背もたれを接合し、土台にはめ込む。

それにフットレスト、アームレスト、各種クッションをつけて、ゲーミングチェアが完成した。

できたてほやほやのゲーミングチェアに座ってYが「わーい」とはしゃいでいると、Mくんがぐるぐると回して来る。

あかん三半規管がやられるって」

「この椅子本当にいいな〜持って帰ってもいい?」

結構なお値段でしたからね…いや駅まで運ぶの無理でしょ」

「じゃあ作業費3万もらうわ」

「そこを同期割でなんとか」

「1万5千円になりますね」

「いや高いわ!冗談を一通り言うと「よし、じゃあ撤収する!」とMくんが言った。

「来週引越しだよね?荷造りとかお手伝いします…」とYは申し出た。

「うーん、来週はちょっとスケジュール的に難しいんだよね。夜勤だし」

「そっかあ。じゃあ今度なんか奢らせて!」とYはぼんやりした提案しかできなかった。

(こんなんじゃ社交辞令みたいじゃないか)いつものことながら、

YはMくんと会うと、いつも言いたいことを言いそびれる気がする。

Mくんと駅まで他愛のない話をしながら歩く。

「またなんか組み立て必要だったら呼んで」へらりと笑ってMくんは言う。

「まじか、本当に助かる…」

じゃあ、と言ってMくんは改札まで向かう。

じゃあね、と言ってYはくるりと方向を換える。

Yは少し歩いて振り返ると、Mくんが階段を降りようとしていた。

後ろ姿まで颯爽としている。

天然記念物レッドリスト、あるいは人間国宝

そんな言葉が思い浮かぶ爽やかさだった。

2021-05-15

[] - May 15th, 2021

𝐀𝐧𝐨𝐧𝐲𝐦𝐨𝐮𝐬 𝐍𝐞𝐰𝐬 - 𝐌𝐚𝐲 𝟏𝟓𝐭𝐡, 𝟐𝟎𝟐𝟏

ローカルニュースを全国に

𝐀𝐧𝐨𝐧𝐲𝐦𝐨𝐮𝐬 𝐍𝐞𝐰𝐬についてと、バックナンバーこちら→anond:20210507172613

全国で気温上昇 各地でことし初の真夏日を記録

全国各地で気温が上昇しており、今週は各地で真夏日を記録した。

気象庁によると、先週7日から今週にかけて真夏日を記録した地点数が増加し、14日には京都名古屋前橋など46地点で真夏日を記録。2018年7月観測史上最高気温の41.1℃を叩き出し、「日本一暑いまち」として知られる熊谷市でも真夏日を迎えた。

15日も、北陸東北を含む複数地点で真夏日となり、15日22時の時点で40地点が真夏日となっている。

ウェザーニュースによると、ことし本州で初めて真夏日となったのは、9日に30.3℃を記録した群馬県上里だという。

    樹木祭開催を記念したオリジナル切手発売

    第71回全国植樹祭島根県太田市で開催されることを記念し、島根県にゆかりのある植物モチーフとした記念切手が発売される。切手にはコウヤマキスギアカマツクルミボタンなどの植物が色鮮やかに描かれ、余白部分には島根県中央部位置する火山三瓶山デザインされる。切手は、今月25日から簡易郵便局を除く県内郵便局販売され、値段は1330円(84円切手×10枚)。

    全国植樹祭森林資源林業の大切さを発信する行事として、毎年いずれかの都道府県で開催される。ことしの植樹祭では県民参加の植樹イベント島根県各地で行われたほか、植樹祭当日は天皇皇后陛下オンラインで参加する。

      バイトの話

      割と昔の、やったことあるバイトの話

      特に山も落ちも意味もない

      普通ゴミの収拾

      ほぼ毎日入れる上に、1500円くらいの時給だったから「美味しいな」と思ってやった

      朝8:00くらいに出勤

      専用の服・帽子ゴム手袋に着替えて全体朝礼

      今日入る車と班を教えてもらってから外に出てラジオ体操

      ゴム手袋よーし」「安全確認よーし」みたいな掛け声をしてゴミ収集車に乗る

      後はまあゴミをある程度収拾→焼却炉に運ぶ、を2、3回繰り返して終了

      (午前中に1回、午後に2回くらいかな)

      早いときには15:00くらいに仕事は終わる

      事務所洗濯機で汚れた服を洗って、その後事務所内にある大風呂に入る

      17:00の業務終了まで漫画読んだりストレッチしたりのんびりする。

      注意すべきところは、とにかく安全確認

      から降りるとき、乗る時は後方確認して車が来ないことを確認しないといけない

      後、軽そうに見えても糞重かったりするか油断すると腰をやられる

      一番重要なのはゴミを庫内に回すボタンを押すときに、人がいないことを確認すること

      一回安全確認せずボタン押したら危うく巻き込みそうになってクソ怒られた

      夏だけど車内はガンガンクーラーかけてるし、バイトが入る車は三人体制なので、そこまでキツくはなかった

      たまに捨てられた雑誌とかをチョロマカしてる人がいたけど、あれはダメだろうな

      大学での聴覚障害者ノートテイク

      聴覚障害者大学講義を受けるとき、内容が音で聞こえないので受講ができない

      その対策として、講義内容を文字に書き起こす「ノートテイク」という仕事大学事務募集していた

      講義の復習にもなるし面白そうだからやった

      ノートパソコンの専用のツールを使って、2人1組で講義の内容を交互にタイピングしていく

      障害者の子はそのタイピングしたものを見れるツールを持っていて、それを見て受講する

      特徴的なのは「分かりやすく要約してはいけない」ということ

      あくまでも講義をそのまま受講してもらうことが目的なので、分かりにくい講義は分かりにくいまま伝えなくてはいけない

      「え〜」とか「あ〜」みたいなノイズも、極力書くようにしていたし、私語の多い講義場合「(教室内では私語が飛び交っている)」みたいなことも書いた

      その後教授が「話してる奴らは出ていって」と怒ったとき伏線回収に達成感を覚えて楽しかった

      それでもマジで言葉が多すぎる上にまとまってなくて、書くに書けないって時があって、仕方なく要約した形で書くことがあった

      そういう時は「なんか今日わかりやすかった」と好評だったので複雑な気分だった

      個人塾の講師

      小学6年生の子算数を受け持ったんだが、小学6年生の問題結構解けるのに、小学3、4年の問題は解けてなかった

      結局基礎が全然できてないので、100マス計算と低学年の問題を延々とやらせてた

      そんな状況なのに塾の都合で「学力診断テスト」みたいな画一的テストやらせなきゃいけなくて「無駄だな〜」と思ってた

      個人塾なんだから個人の進捗に合わせりゃいいだけで、テストとかモチベ下げるだけでいらんだろって思った

      どうせ受験しない子なんだからさ〜

      割とすぐやめた

      時間生活リズムにあってなかったし、報告書書く時間給料に反映されなかったから割りに合わなかった

      anond:20210515070829

      ストーリーを進めたいのにレベル足りずに延々フィードぐるぐるさせられるRPGは嫌いだ。

      戦闘は○ボタンの連打で作業的だし、エンカウント率の高いゲームならそれだけでげんなりする。

      戦略を組むならオウガバトルシリーズが良いかもしれんね。絶対保障はしないが。

      2021-05-14

      anond:20210514185906

      人を介さない買い物のほうが楽でいいです。個人的には。いままでコンビニレジで「クイックペイで!…いやクイックペイ…これ、これです。はいクイックペイ」というくだりを何十回やってきたけど、ボタン押すだけで解決。これね。

      初霜「うぅっ…あぁ…提督気持ちいいです。」

       特にかに目撃されるという事も無く私達は無事提督の自室に着いた。

      「汚い部屋だが勘弁してくれ。とりあえずベッドにでも腰掛けてて。」

       汚い部屋と形容したがそこまでの汚部屋という訳でもなくそれなりに整理はされている。提督は奥で軍服を脱いでいる。これからする事を考えると少し不安だが後はなるに任せるしかあるまい。

      「…初霜。もうそちらは大丈夫かな?」

      「準備」を終え私の隣に座った提督はそう尋ねてくる。

      「…はい、準備万端ですよ。」

       その言葉を合図に提督は私を自室のベッドに押し倒した。鍵はかけてあるし、提督の自室なら執務室の様に急に誰かが入って来るという事も無いだろう。

       怖い

       だが、同時に提督と一つになりたいという願望が心に浮かぶ

       結局私はその願望に忠実になる事にした。


       提督の唇と私の唇が重なり合う。彼はフレンチキスで済ますつもりだったのだろうがそうはさせない。

       私は腕を回して提督の体を半ば強引に抱き寄せる。彼は一見優男な印象をうけるが腐っても軍人

      ある。体はがっしりとしている。私の様な小娘一人抱きついたくらいでバランスを崩す事は無かったが、

      彼は私の行動に驚いたのだろう。一瞬ひるんだ彼の口内に私はやや強引に舌をねじ込み蹂躙を開始する。

      ここまで戦況は提督の有利だったがここらで多少反撃してもいいだろう。


       一瞬ひるんだ提督もすぐに我に帰り迎撃を開始する。

       舌を激しく絡ませながら提督は器用に私の服のボタンを外し、ブラをずらして小ぶりな乳房をあらわにする。そのまま提督は唇を離し左指で左の乳首を、舌先で右の乳首愛撫を始めた。

       先程まで海上で訓練していたし、あまり良い香りはしていないだろうな…と思うがそれは仕方が無い。それに火薬匂いなどは既に体に染み付いていて今更洗って落ちる物でもない。

       少なくとも重油火薬と潮の混ざり合った香り世間一般で言う少女香りと間逆の物である事は確かだろう。でも存外提督特に嫌な顔はしていないのでこれはこれで興奮してくれている

      のかもしれない。


       そんなくだらない事を考えているうちにも提督愛撫は激しくなってくる。

      「んっ、うん、あっ…」

       自分でするのとは全く違う感覚に私の嬌声は自然大きくなる。

       提督は攻め手を休めず残った右手の指を私の秘部に進出させる。ショーツの中に手を入れ触られてビクンと体が跳ねた。他人に触られるのは当然初めての事であるので反応も大きくなる。

      初霜、弄るぞ。」

      はい提督…初めてなので優しく…」

      了解。」


       提督はそう言われた通りゆっくりと私の秘部を触る。割れ目に沿って指を転がし、弄り、確実に私に快楽を与えてくる。秘部からは早くも愛液が染み出し卑猥にクチュクチュと音を立てていた。

      「うっ、ああっ、提督…」

      「濡れてきてるな。中に挿れても大丈夫かな…?」

       そう言って提督中指を立てて秘部への挿入を始める。

      「待って、心の準備が…」

       私も年頃の少女なので何度か自分でした事はあるが、怖くて膣内にまで指を挿れた事は無かった。


      「…肩の力を抜いて、怖かったら目をつぶっておくと良い。」

      「はっ、はい…っ、あぁっ、うぅん…」

       提督の指が私の膣内に侵入して来た。初めての異物感に戸惑うが、やがてそれは快楽と興奮へと変化していく。

      「ああっ…はぁ…提督気持ち良いです。」

      「それは良かった。痛かったらどうしようかと思ったよ。」


       しばらく提督愛撫を受けて快楽と興奮を高ぶらせていた私だが、そろそろ体が火照ってきてしまった。それに提督の単装砲も興奮して巨大化しており発砲許可を今か今かと待っている様にも見える。

      「…提督そろそろお願いします。」

      「ああ。その前に初霜も服脱ごうか。多分汚れるだろうし。」

       提督に言われて私も服を脱ぐ。


      「あ、あの、あんまりジロジロ見られると恥ずかしいです。」

      「ああ、すまん。初霜が綺麗でつい、な。」

       そう言って提督は目を逸らす。今更裸を見られて恥ずかしいも何も無いが服を脱いでる所をねっとり視姦されるのはあまり気分の良い物ではない。

       服を脱ぎ終え戦闘を再開する。戦況はこちらの不利だが、まぁこちらは「初陣」だし仕方が無い。

      初霜…もう我慢出来そうに無い。中に入れるぞ。」

      はい。」


       そう言って提督は私を押し倒した格好のままで秘部に巨大化した「単装砲」を押し当ててきた。お互いから分泌された粘液同士が絡み合ってヌチャヌチャと音を立てる。

      これが私の中に入る事を考えるとなんとも複雑な気分になった。

       しばらく粘液同士を絡ませていた提督だったが意を決したのか、ついに肉棒を膣内に挿入してきた。そして提督は挿入させた勢いのまま私の処女膜を貫く。

      「ぐっ…くぅっ…痛っ…」

      「…すまん、もっと優しくするべきだった。」

      「…大丈夫、こんなの戦場での負傷に比べたら…っうん…」

       私の秘部からは先程から赤い血が愛液と交じり合って垂れている。初めての時は気持ちよくなれないとは聞いて覚悟はしていたが、なかなかきつい物がある。

      からといって提督に余計な気遣いをして欲しくは無い。


      「あっ…くっ…提督…私は大丈夫から提督の好きに動いて。」

      「だが…」

      「いいから…すぐに慣れると思います…だから…」

      「…初霜。」

       そう言うと提督は私を強く抱きしめてキスをしてくれた。

      「無理をするなって言ったろう?」

      「…提督心配しないでください。私はこうして提督と一緒になれて嬉しいんです。だからこれくらい大丈夫です。続けてください…お願いします…」

      「…分かった。俺も出来るだけ痛くないようにする。」

      「お願いします。」

       そう言って提督行為を再開した。肉体同士がぶつかる音が室内に響く。


       初めは痛いだけだったがやがて慣れてきたのかその痛みも多少和らいできた。その代わりに提督のモノが私の中を動くたびに膣内で痛みより快楽が占める比率が大きくなってくる。

      「うぅっ…あぁ…提督気持ちいいです。」

      「俺もだ…」

      「良かった…提督も私で気持ちよくなってるんですね…っうん!」

      「…正直言うと、もうこっちも余裕が無くなってきた。」

       ピストン運動を続けながら提督が呟く。正直こちらも限界が近づいている。

      「私も…イキそう…提督今日安全日なんです。だから…中にっ!」

      初霜っ…もう限界だ…」

      はい提督、いつでも…どうぞ。」

      「うっ…くうっ…」

       提督はそのまま私の中に精液を発射した。熱いドロリとした精液が私の子宮に注がれていくのが分かる。


      「イクっ…イっちゃう…」

       殆ど同じタイミングで私も達してしまった。はぁはぁという二人の荒い呼吸が室内に響いた。

      「…もし直撃したら責任は取らせてもらう。」

       抱き合いながら提督が呟く。

      「…はい…その心構え、立派だと思います。」

      「男としてそれくらいは…な。」 

       上官が部下を孕ませたとあれば色々と問題になるだろうがその時はその時と開き直る事にした。



      初霜に渡したい物がある。」

       事後、しばらくベッドの中で私は提督と抱き合っていたが、提督はそう言ってベットを離れ机の中からつのさな箱を取り出し私に手渡してきた。

      「なんですかこれ?」

      「開けてくれれば分かる。」

       恐る恐る箱を開けると中には指輪が入っていた。埋め込んである宝石トパーズだろうか?

      「ええっと、これは…いくら何でも気が早すぎませんか…?」

      「…そう言われても仕方が無いだろうな。だがそれは結婚指輪じゃないんだ。」

      「と、言いますと?」

       提督が語ってくれた話をまとめるとこういう事だった。

       何でも少し前に軍で、ある程度錬度が高い艦娘対象にした強化計画が発動されたらしい。艦娘能力にはある程度リミッターが掛けられているが

      それを一定値解除してより艦娘を強化する事がその計画だ。だが安全の為に掛けられたリミッターを外したのでは艦娘にも負担が掛かるし、なにより本末転倒である

      そこで艦娘に無理の無い範囲安全にリミッターを解除するのがこの指輪効果らしい。提督艦娘指輪を渡す様を結婚に例えて「ケッコンカッコカリ」などと呼ばれているそうだ。


      「そういう事だからこの機会にと俺は君への告白に至ったわけだ。」

      「何故今に告白なのかと思ったらそういう事があったんですか…」

      「君への思いは本気だぞ。」

      「それくらい提督を見てれば分かりますよ。馬鹿にしないで下さい、私はこう見えても提督より年上なんですよ。」

       私の生まれは1933年。今年で81歳である艦娘の歳の数え方がそれで良いのかどうかは知らないが。

      「それはそうと是非とも指輪を受け取ってくれないか?」

      「もちろんです、ありがとうございます。ところでこの宝石も元々ついていたものですか?」

       受け取った指輪を色々な角度から見ながら私は尋ねる。

      「いや、それは俺の注文だ。金に関しては心配するな。それくらいの蓄えはあるし軍隊生活じゃ特に使う機会も無いしな。」


      「でも加工しても指輪効果って大丈夫なんですか?」

      「その指輪を作った技術部の連中に頼んでしてもらった物だから安心してくれ…艦娘誕生日って起工日と進水日と就役日のどれにあたるか分からなかったか初霜の進水日の11月の誕生石であるトパーズを選ばせてもらった。問題無かったかな?」

       私の進水日は11月4日である。正直人間で言う誕生日がその三つの日のどれにあたるかは私も分からない。

      「…それに関しては問題ありません。それにしてもトパーズですか…」

       トパーズ石言葉は誠実、友情、そして「潔白」。汚された私の名誉の事を思うと偶然と言えばそれまでだろうが悪くない意味を持つ石だ。

      トパーズは嫌いだったか?」

      「…いえ、大好きです。」

      「それは良かった。早速つけてみてくれないか?」


       言われた通り指輪左手の薬指につける。大きさはぴったりである。そして同時に力が湧いてくるような気がした。

      「どうですか?」

      「うん、似合ってる。初霜可愛いな。」

       面と向かってそんな事を言われると照れてしまう。

       私はお返しとばかりに提督口付けした。



      (終わり)

      anond:20210514101108

      ろ「登録する」ボタンに押しガイがないので3回も登録しちゃった 

      オンライン討論プラットフォームってどうだろうか

      以下なぐり書き

      なんかそんな感じの仕組みで討論を建設的に進めるのを手助けするためのシステムが構築できないかなと考えている。

      バイト日記

       なんか忙しかったが、昼間は暇だったらしくて、大量の米飯惣菜パンが余っていた。

       バックヤードに置いてある大量の余りおにぎりは、オーナーが19時半に出勤してから出すから、それまで触らないでそのまま置いといてくれ、というのがオーナー命令だったらしい。が、シフトリーダーはそんなもん認められないって言って、売り場に残ってるのが少ないおにぎりだけ品出しをしていった。

       シフトリーダーは今年の始め辺りから一層、オーナー命令なんか真面目に聞いてられるか! 現場を知っている私の判断仕事を回してやる! とやる気を高めまくっていて、一々オーナー命令より自分判断が正しいんだ! とただのバイトの私にまでアピールしてくる。

       本当は今日17時台はフリーター女子バイトさんだけで店番をする時間だったのだが、シフトリーダーはそんなのあり得ないっていうので私が出勤するまで自主的残業をしていた。まあ、若い女の子一人で、時々すごく忙しくなる時間帯の店番をするのは危険からいいのかもしれないけど、オーナーに話を通さずに勝手にやることにシフトリーダーは拘るなぁ。

       糞忙しい時間帯に、コピー機の使い方が分からいから教えてくれという電話がかかってきた。スマホで撮った写真を、写真プリントせずに普通コピー用紙印刷したいのだが、どうやればいい? 知らんなぁ……。バイトコンビニATM操作法を完璧に熟知していると思われがちなのだが、別に大した知識は持っていない。コピー機のことはお客様セルフでやるべきことであって、ATMことなどは法律上コンビニ店員が使い方を教えることさえ出来ない。なのであまりアテにしないで欲しい。……なんて言う訳にもいかないので、アプリにやり方書いてあると思います、などと適当なことを言ってしまった。

       段々店が空いてきたなぁ、やっと一息つけそう、という時に、コピー機の使い方が分からないので来てくれと、お客様から言われた。免許証コピーが出来ないという。なるほど。

      ハガキ大でコピーしようと思ったのに出来ないのだが」

       ハガキ大? 免許証を何でハガキコピーするの!? と思って聞いたら、免許証は小さいから小さい紙に印刷すれば紙の節約になると思ったそう。いや、そのボタンハガキ大の紙にコピーじゃなくてハガキコピーする用のボタンであって、しかハガキコピー機に入ってないかコピー無理です。と答えたら、

      あーやっぱりー。そうだと思ったんだよねぇー」

       ですと。そうだと思ったんなら自分リトライすればいいんじゃないかなあ。普通の白黒コピーをすればいいんだねってんで、お客様はすいすいとタッチパネル操作していったが、用紙の大きさを自分じゃ選べないとか言い出したので、適当に「A4で良いと思います」、と答えておいた。で、レジに戻ってから気づいたけど、紙の節約がしたいんならB5にすればよかったんだな。

       そのお客様はしばらく経ってからぷんぷんに怒りながらレジまで来た。なんでも、紙を印刷したら変な字が出て来た! とか。見れば、住民票戸籍謄本か何かのコピーで、偽造防止の透かしが印刷されていたのだ。

      「偽造防止の透かしですね」

       と私が見たまんま答えると、

      「じゃあこれは使えないってこと!? あっちがこの書類の“写し”で良いって言って来たのに!?

       と私を詰ってくるんだが、「あっち」とは誰なのか分からないし、住民票戸籍謄本か何かの「写し」というのは今まさにお客様が持っている「それ」なんじゃないかなあ? と思ったんだけど、

      「先方がそれでいいと仰るのならそれでいいのでは?」

       と答えた。疲れた

      2021-05-13

      年収1000万を超えてるけどさ

      https://anond.hatelabo.jp/20210510135954

      美味しいごはん屋のレパートリーはそれほど増えない

      そんなの人による。俺のとある友達は俺らの半分くらいの年収だけどグルメから高い店よく知ってるよ。年収増えたらもっと詳しくなると思う。

      高い飯と安い飯、どっちにも美味いものがあるが属性が違うっていう点については同意

      スーパーコンビニ飲食店での買い物で値段を見なくなる

      しかに見る機会はすごく減ったが、昼飯で1500円という表記が目に入ると高いとかやっぱり思う。俺はどこかで気にしているのだろう。

      モノの値段がわかるようになった

      値付けの背景を想像して理解できるということなら、それは元増田能力ってもんでしょう。

      俺?一定以上の金額だったら相場を軽く調べてから買うだけの話で、その相場乖離していなければ適正金額と見なすだけだよ。だってさ、その製造過程や原料にどのくらいのコストがかかってるのか知識がなければ正しく理解できないし、そこに興味がない状態時間をかけようとも思わないから。それでも高くて引いてしまうのであれば、そりゃ無理して買うようなものじゃないってことだ。

      モテる

      いや、、そうか?ブコメにもあるがたかが1000万程度じゃモテにつながるか怪しい。

      逆を言うと、元増田には十分若いとか容姿や振る舞いや会話に減点要素が少ないとか、そういうのがあるんじゃないの。おめでとう、君はそのたかが1000万でも十二分なアドバンテージにできる素質を持った人間なのだ

      金銭面での自己肯定感は増えない

      逆だな。俺は増えた。確かに上を見ればキリがないし、俺自身も先程「たかが1000万円」と言ったばかりだ。

      でもな、元増田がどんな人生を送ってきたのかは知らないが、俺はそれなりにみじめに過ごした時期を経てるんだよ。その時を振り返って考えるんだ。何だかんだで俺はここまで来られたんだなって。と同時に、どういうわけか知らないが辛かった時期に比べて他人感謝する余裕ができたようにも思う。

      自己責任論者になってくる

      全く逆。最後は運だと思うようになった。

      俺もエンジニアだが、周囲にはこいつ大したことねえって能力年収1300万くらい稼いでるやつがいる。ちなみに本業だけの金額な。つまるところ運が良かっただけなんだ。そういう俺も1000万を超える仕事に巡り会えたのは運でしかない。逆に俺より凄腕だが俺より年収が低いやつもいるよ。

      元増田もっと低いレベルの(と彼がみなしている)人たちのことを言いたいようにも見えるな。ま、確かに不平不満を並べて努力をしない様子には俺も決して好印象は抱かないよ。だけどな、それと同時にたまに思うんだよ。運悪くたった一つボタンをかけ違っていたら、もしかしたら俺も彼らのようになっていたかもしれないってな。

      まとめ

      1000万程度では良くも悪くも普通サラリーマンと同じような生活

      おう、そうだな。

      最近LGTMの人たちが幅効かせすぎじゃない?

      最近だとLGTMQ+とか言うんだっけ?

      QiitaとかでもLGTMの方専用のボタンがあったりして驚いた

      どこいってもLGTM優遇しすぎ

      ぴあが繋がらないのはエンジニアがサボってるだけ

      学生の頃ぴあチケット争奪戦をやって繋がらないつながらない、人気のチケットから仕方ないなと思ってたけど

      自分エンジニアになって思うのは繋がらないのはぴあエンジニア怠惰予算がないだけだなと分かってしまった

      ずっと前から今も人気のチケットはそうなので、おそらく繋がらないことは悪いことという倫理観がもうないのではないだろうか

      まぁぴあだけじゃなくてイープラスローチケも全部同じだ、ただシステムが弱いだけ

      何分も繋がらなくてようやく決済に進んだと思ったら在庫切れとか確定ボタンを押すと接続エラーでやり直しとか最低のユーザビリティだと思うけどその感覚がないんだろう

      負荷に耐えられてないインフラ排他が十分でないアプリもどちらも微妙だと思う

      ワクチンの予約を受け付けるとのことで自分中の人になって最強のインフラを構築したいくらいだ

      2021-05-12

      弱者男性マッチングアプリに挑戦!

      タイトルで釣って申し訳ないです。最近流行ってる言葉なので使ってみたかったんですよ。そんなの無茶だって!やってみないとわからない、かもしれないですよ。

        

      これは自称弱者男性マッチングアプリ使用した日記です。自称はいってもそれなりに根拠はあって、生まれてこの方彼女はおらず、ググって出てきた平均年収とやらを相当に下回っていることを勘案すると、やっぱりそれなりに弱者男性だと思います。いろいろああでもないこうでもないと議論があるみたいですが細かい定義は、、わかりません!

       

      マッチングアプリ登録するとわかると思うんですが、最初自分写真登録させられます休日家で引きこもって日がなスマホを弄ってるようなヒトならわかると思いますが、普通自分が映った写真なんか持ってません。

      とりあえず進みたかったのでとりあえず髭だけ剃ってボッサボサの髪をちょちょいと整えて撮った冴えない自撮り登録しようとしたら、こんなアプリにもチュートリアルがあって、

       

      ・アップの自撮り

      生活感が出ているx

      写真が暗いx

      清潔感がないx

       

      などなど列挙されておりいくら鈍感な私でも、どう考えても今撮った写真ダメダメであることがわかり、これはまずいということで平日の昼からとりあえず近所の公園写真を撮ることにしました。私の仕事は平日休みなのですが、平日の公園で1人うろうろしてる男なんて、それこそ平和に過ごしている子連れ家族の目に触れるだけで大変だということは経験上も承知しているので、それなりに広い公園の隅っこの方の茂みの奥でサクッと自撮りしそれを投稿しました。家で撮るよりはずいぶん明るくはなったかな。

       

      年齢や居住地検索用のキーワード趣味とか)、簡単自己紹介などを埋めて登録はつつがなく完了年収は、、一応弱者男性の記録ということもあり、登録しておきました。さあ、開始だということで、いきなりたくさんの女性写真がポップしてきました。私が言うのもなんですが、登録してる他の異性のプロフィール写真をみているとほんとに真面目に書いてあって、出会い系なんて怪しいやつしかいない、なんていう私の思い込みいかに古いかということがよく分かりました。

       

      マッチングアプリ他人と「マッチ」するにはお互いに「いいね」をし合わないといけないみたいなので、とにかくマッチ度?とかいう値の高い人からみていきました。普段まりヒトと会わないせいか写真を見て目が合うだけでもかなりMPを消耗してきて、50人ぐらいいいねした時点でちょっと一休みです。

       

      気分転換にウマを1人育ててたぐらいでちょうど通知が来て、なんと私にいいねを返してくれた人がいたみたいです!相手の方は同じ県に住んでいる方のようで、写真は時勢からマスクでよくわかりませんでしたが、かわいいイヌと一緒に映っておりきっとやさしい方なのでしょう。こんな私でもマッチできるとは、弱者男性なんていなかったのかもしれませんね!という気分でした。

       

      マッチしたあとは次に会話の段階に入りますしかし、最初一言というのは難しいですよね。え、簡単ですか、、? 最後ライン履歴クロネコヤマトLINE公式な方なら分かってもらえると思うのですが、普段ヒトと差しチャットしてない場合、ピンとこないですよね?

      しかし私にもググるぐらいの脳はありました。どうもこういう時は、「いいねありがとうございます!」といった感謝言葉と、共通点の指摘や関連した質問で返信を促すというのがベストプラクティスみたいでした。そこで、「いいねありがとうございます柴犬かわいいですね!私も動物好きです。なんていう名前ですか?」というような文をなんとか作成したは良いものの、サア送信しようという段になっていや違うな、ちょっと変かな、などと異性と下心?目的で会話するような経験が無いので、急に怖くなり逡巡していました。

       

      すると、相手からメッセージがあったんです!あなた最近、異性から仕事スーパー以外で話しかけられたことありますか?私は今日ありましたよ。

       

      しかし変です。メッセージにはもやがかかっており、開封するなんていうボタンがワザワザ書いてあります。ワクワク感を増すような粋なはからいかな、なんて思った私はアホでした。

      なんと、メッセージ確認するのは有料会員だけだったのです。。当たり前、だったんですね、、はい、すいません。

       

      料金をみると一番安くて月5000でした。高い!詐欺じゃないかと思って相場を調べてみたんですが、大体そんな感じの相場でした。

      どうも、多くのマッチングアプリでは男性のみ有料ということが多いみたいでした。なんでも、無料だと、性欲にまみれた野獣や、高収入イケメンという私とは対をなすような存在が、性行為のみを求めて女性を食い物にするために群がってくるのを防ぐため、男性のみ会員費という柵が設けられているみたいでした。でも、そんな許せないイケイケなヒトたちは、きっと私よりお金もってますよね;;

       

      それでも私は迷いました。折角、私のためにメッセージを送ってきてくれた女性がいるのに、たかが5000円払えなくてそんなんだから甲斐ない生涯を送ってきたんじゃないか?何とか奮い立たせます。5000円なんて毎日ご飯からおかずを1つなくせば半月もせずに帰ってきます。でも、それって結構きつくない?いや、現状打破のためにそのぐらいの犠牲必要だろう。でもゴルシウィークのジュエルと合わせたらスマートファルコンに会えるんじゃないか?確かに今まで頑張ってためたジュエルと合わせたらちょうど天井できる...!

       

      なんて、迷っている間にこんな時間になってしまいました。週一日しか休みがないし、疲れてしまったのでもう寝ることにします…ありがとうございました……

       

      switchインディーゲームを買うべきかどうか

      switchもすでに発売から4年経ってることもあって、そろそろハードとしての寿命が来る気がするんだよね・

      任天堂ハードダウンロードコンテンツ次世代に持っていけないのが定番だし、

      積みゲーしても将来遊べないと思うと、購入ボタン押すのに躊躇するわ。

      やっぱインディーゲーはsteam一択なのかなあ

      anond:20210512152127

      競技性の高いゲームでよく見られるのは

      「本人の能力を発揮しやすくする」って範囲であればデバイス系のMODは許されてる事が多い(エイリングとかボタンメーカーを変えるとか)けど、本人の能力以外でゲームを補助する(連射コントローラーとか画像認識とか)のは禁止が多い

      未だにいいねボタンが星の型してるUIツイッターやってるやつ

      将来ヤバい年寄りになりそう

      最近はてなブックマークアプリおかし

      スマホから共有→ブックマークボタンコメントページに入るんだけど2,3月位までは出来てた、

      戻るボタン最近なくなって通知のボタンで以て回避する以外にブックマークボタンを押した時点で他のページに行けなくなってる。

      ブックマークページの画面左上の×印をクリックすれば一応元のページに戻れる事もあるけどサイトによっては全く戻るボタンがなくて×印もないからかなり使い勝手悪化したなと

      言わざるを得ない。

      何とかして欲しいし誰かしら同じような事になってるだろうと一応報告程度はしてるんだけど運営は読んでないのか中々この不具合が直された形跡がなくてちょっときついな。

      早く前のバージョンのような戻るボタンを追加して欲しい。でないと何か調べたいと思い立った時にはてなブックマークアプリ邪魔になって何も出来なくなるから

      要望って運営ちゃんと読んでないんじゃないかな。利便性が良かったかスマホアプリ入れてたけどここまで不便になるんだったら辞める他ない。

      2021-05-11

      話題かどうか知らんけど

      セブンイレブンレジのやつ、セミセルフ式になってから初めて行ったんよ

      QUOカード使えんのかなーて思ったら、お支払方法選んでの画面で出てきたので普通に使えて助かったんだけど

      操作面白いんだわ

      1.支払方法選択画面でQUOカード選んで

      2.店員QUOカードの実物を渡して

      3.客が画面で確定ボタンを押す

      とくに3の手順の存在意義分からんのよ、カード店員に渡してから「やっぱ別の方法で払うわ」ってなることある

      あと、現金は直接自分で入れるのタイプなのに、カード店員に渡すっていうのがなんか妙な体験。客側にカード入口無いん?、的な。

      ログイン ユーザー登録
      ようこそ ゲスト さん