「同級生」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 同級生とは

2020-05-30

友人の愚痴

どこにも吐き出せないからここで吐き出す。

ただの愚痴から意見とかは特に求めてない。

友人の名前はDさんとしよう。

Dさんは無職生活保護を受けている。自己破産歴もあり。

長年仲良くしていたが最近いらいらすることが増えて連絡を無視している。(ブロックすればいいのだがそれは事情があってできない)

通知が来るたび気が滅入る。

今年の初めまではお互いに呼び出しあって遊んでいた。

電話も良くしていた。

最初きっかけは、旅行に行こうとなったときのこと。(確か2月

どこ行くホテルどうするという話をしていたときに友人が言ったひとこと。

「よくわかんないから全部決めてでもさいごは相談してね」

めんどくせっ 脊髄反射的にそう思ってしまい、連絡をスルーし続けたら一瞬縁が切れた。

その後は普通に復縁したけど。

結局旅行は流れた。

その後は普通に接していたんだけど、最近エスカレートしてきたから次第に距離を置くようになった。

電話をかけてきては言葉にならない声を発する。そんですぐ切る。かけてきたんお前だろ。

・「自分には○○(運が良ければ仕事になる趣味しかない」の妄言。○○するのは辛いけど~みたいなアピール

比べることじゃないけど俺は仕事しながらそれやってる。

・異性漁りを趣味と言いつつ「自分同性愛者」だという矛盾した言葉

一般常識を知らないのでちょっとした社会の話もできない。

この辺りがストレスになってきた。本当はもっとあるんだけど特定されそうだからやめとく。

極めつけはクレカの返済できないかお金貸して、だ。

貸しても返ってこないじゃんそれ。

そのあとご飯行こう(ちょっと高いとこ)って言ってきたのは本当に意味が分からない。

Dさんも色々大変なんだとは思う。

精神科通いだし。

けど、そこまで面倒見きれない。

最近はやけ攻撃的な人間になってしまった。

俺もその片棒を担いでいるのだろうか。

かつて同級生だった俺たち。

似たような家庭環境社会ののけ者だった俺たち。

今では有職者と無職になってしまった。

過去に歩んだ道が同じでも、今と未来が交わっていないと合わない。

合わないんだよもう。

早く向こうから手を引いてほしい。

2020-05-29

露骨すぎるとかえって醒める

ショタコン向け漫画感想。今回はプール回。

海パンの全身姿とか、水が深すぎて同級生にしがみつく姿とか、プールサイドで休んでいるときアングルとか、

見どころは多く全体的に良かったのだが、

最後水着が脱げる&女子に見られるオチは、あまりにも強引で露骨に感じた。

泳ぎ始めたくらいで水着が脱げるのが納得感がない。

コースロープにひっかかったとか、もう少し説明があればまた違ったと思う。

「こういうシチュエーション出せばお前ら喜ぶだろう?」

って感じがして醒めてしまった。

2020-05-28

https://anond.hatelabo.jp/20200528211120

  平成18年時点で東京大学法学部は終わっていたし、中身の教授クソカス行政法試験ほとんどの学生

受講しなかったのに、試験問題は厳しかった。

   当時の行政法第一部(行政法総論)と第二部(手続法)を担当した教授は、主として環境行政判例を参考にしているし

現在東大法で行政法を教えている教授も、警察行政に関しては、多額の税金担保されているなどというのみで、警察行政法に関して詳しい講義

展開されていない。

   法学政治学研究科ロースクール法曹になるためにいくところだし、東大法学部から警察官僚になる者は、卒業後に国家試験を受けてなるが

少なくとも私が東大法に在籍していた当時の同級生警視庁警察庁に行った人を知らないし

   現在でも警視庁などのパンフレットをみることがあるが、平成18年前後東大法学部卒業して警察官僚になった者は見たこともないしどこで何をしているか

からない。

   というか基本的東大法学部自体が相当前から終わっているから関わってはならず、現在ロースクール国家試験から先はブラックから日本人は関わってはいけない。

anond:20200528110600

何で?制度を変えるってそれ自体コストじゃん。

子供同級生佐藤くんならお母さんも佐藤さんだってすぐ分かるというメリットもあるし。

パイパンにしてから生えるまでを観察する⑤

前回

https://anond.hatelabo.jp/20200520144254

今回は時間は異なるがきちんと毎日測定した。

ここまでくると日ごとに書くことがあまりないため、この1週間の測定結果と後でまとめて所感を記述する。

それと1点悲しいお知らせです。

いつも測定している毛の片方が何故だか知らないが短くなっていた。

ちょうど昨日測定している時に気が付いたのだが、もう片方と比べると半分ぐらいの長さになってしまった。

恐らく何かの弾みで切れてしまったのだと思う。

陰毛が千切れることなんてあるか???と正直思うのだが、事実短くなってしまったし、短くなってしまったものはもう元には戻らない。

不幸中の幸いで、根元から抜けたわけではないので目印としての役割は引き続き果たしてもらっている。

そのため、今後は1本の測定に限定します。

まぁ前回から首がしんどくて2本の測定していなかったけど。。

という訳で測定結果です。

5/2010.2ミリ

5/21:10.5ミリ

5/22:10.7ミリ

5/2310.6ミリ

5/2410.6ミリ

5/25:10.6ミリ

5/26:10.6ミリ

5/27:10.7ミリ

めちゃくちゃズレがある。

明らかに5/20が測定ミスな気がする。

機械でピャッと測定出来ればよいのだけどまぁそんなツールは手元にないのでご愛嬌ということで。。


毛の成長があまり見られなくなってきた。

Iラインの方も正直伸びている感じはしない。

思い返してみたら陰毛が初めて生えてきたころの修学旅行だかで同級生と一緒に風呂に入った時、周囲の子に比べて自分陰毛は薄かった。

明らかに生えていない訳ではなく、ただ単に薄かった。

要は伸びている量・長さが圧倒的に他の人に比べて遅かったのだと思う。

その当時に比べると濃いのだが、長さは同じぐらいで止まっている気がする。

ここからパイパン前に伸びるまで数年単位時間を掛けたのを今になって思い出した。

ふと思ったのだが、陰毛が伸びるのに作用してる要素はなんだろうか。

ググっていないので完全に憶測で言っているが、女性ホルモン作用している気はする。(セックス時のクッション以外の役割として、フェロモンを遠くに運ぶ役割があるとしたら)

ググったところで意識してその要素を取り入れる気は特にないが、今度調べて次回まとめてみようと思う。

また、とりあえずもう1週間ぐらい様子見してみて成長があまり確認出来ないようだったら、更新頻度についても再検討します。

今回は以上です。

冒頭の陰毛が短くなってしまたことに割とショックを受けていて、儚さを感じている。

もう1本の毛も短くなってしまったらどうしようね。

来週は6/3(水)の予定です。よしなに。

2020-05-27

俺の恋愛半生

現在31歳。独身IT企業勤務だ。

一応少しフェイクを混ぜているが、ほぼほぼ事実だ。

小学生時代とある同級生女の子が好きになった。

学校で見かけるたびにドキドキしていた。自分名字とその子名前を組み合わせてみたりもした。

しかほとんど絡むこともなく一切の進展はなく、中学校卒業まで引きずった長い初恋消滅した。

高校生になった。結論から言うと、俺の人生で一番モテたのは高校時代だ。

といっても「女の子から告白された」が1回、「恋人が出来た」が1回。以上だ。

高校時代簡単にいうと「ヤンチャ」になった。髪の毛を明るく染めてみたり、バイクを乗り回したり、クラスの中心人物みたいなやつと仲良くなったり。

そしてよく一緒につるんでいた女の子から告白された。

しかし俺はその子のことは本当にただの友達としてしか見れておらず、断ってしまった。

直30代になった今でも後悔している。普通に良い子だった。

高校も3年生になったときにまた別の女の子と仲良くなり、自分から告白して恋人が出来た。彼女とは高校卒業までわりと平和に付き合いが続いた。将来のことも考えたりしたし、童貞も捨てさせていただいた。

だがほどなくしてフラれた。

いま振り返ると、当時自己中な言動を数多くしてしまっていたと反省してもしきれない。後半は腹の探り合いみたいになってしまった思い出がずっと心臓に突き刺さっている。

こんな経験はもうしたくない。

だいぶ凹んだ俺は、一旦別のことに興味を向けようと男友達とばかり遊ぶようになった。

(進学先が男だらけの環境だったというのも大きいが、)この頃はとにかく楽しい思い出ばかり。

異性関係の話は本当に何もない。

その後なんとか社会に出るも、ブラック企業を2社ほど渡り歩く。

もちろん彼女をつくる余裕なんて精神的にも肉体的にも金銭的にも無い。作ろうとも思えなかった。

3社目でようやくまともな会社に滑り込めたのだが、収入がここでググッと上がったことで長いこと何も無い色恋沙汰よりも、目に見えて生活水準を上げれる仕事に対する優先順位が大幅に上がったのだ。

そして気付けば30代になった。年収は800万まで上がった。

社内恋愛的なイベントは一切発生しなかった。というかこれ系のイベントは多分積極的自分フラグを立てないと起きない。

しかしようやく見つけた安寧の地で異性トラブルなんて絶対に起こしたくないのだ。

実家帰省すると「会社にいい子はおらんのか」とどやされるが、恋愛フラグを立てれない自分積極性の無さや自己中さを指摘されているように聞こえてしまい、本当につらくなる。

正直結婚はしたいし子供も欲しいと思っているので、ここ1年ほどマッチングアプリを利用しているのだが、まだ1度も直接会えていない。

マッチング後のメッセージにかなり気を使っているつもりなのだけれど突然連絡が途絶えてしまうことがほとんどだ。

正直に言うと女性が怖いし恋愛も怖い。俺も自然に話せる異性が欲しい…。

トイレの鏡の前で一生髪いじってる奴

24歳、年齢=彼女いない歴人間が、人生で初めてワックスを使った。

ネットのヘアアレンジ記事を参考にしながらブローとワックスに何度もチャレンジする。

ちなみにドライヤーをブローというのも初めて知ったし、髪を乾かすのにドライヤーを使うのも数年ぶりだ。

しかし、どんだけ時間かけても目的の髪にならない。こんなにも難しいものなのか。

ふと高校の頃、チャラい同級生トイレの鏡の前でずっと髪をいじってたのを思い出す。

彼は女性モテるためなのか、純粋にカッコよさを求めていたのかはわからないが、自分の魅力を上げるために努力していた。

何も努力してこなかった俺は彼らを笑うことは出来ないのではないか

今まで邪魔だとか馬鹿にしてきた自分が悲しくなってきた。

もうちょっと広い視点をもって生きていこうと思った。

やつらが邪魔であることに違いはないけど。

絶縁したかつての友達からマルチ商法の連絡が来た話

中学とき、ひどい言葉で傷つけてしまった同級生がいた。天狗になっていた私は、その成績じゃあA高校は受かんないよ。B高校にしときなよ、と言ってしまったのだ。かつての友人はその言葉にひどく傷つき、私の謝罪は受け入れられず、絶縁状態になった。

そこから16年が経過したある日、Facebookでかつての友人から連絡が来た。久しぶり!今私も東京にいるんだ。今私、メイク仕事してるんだけど、と彼女は語った。私は直感的に、これはマルチ宗教の勧誘なのだとわかった。でも行く事にした。それが贖罪になる気がしていた。

友達が集まってるというマンションの一室に通された。年齢層も性別バラバラで、しかし妙に笑顔な人たちに出迎えられた。皆、頭にヘアバンドを巻いていて、机の上には大量の洗面器が並べられていた。とんでもない所に来てしまったと後悔した。

顔を洗って来るよう言われ、私もヘアバンドをしてメイクを落とした。洗面台には、見たことのないブランドクレンジングがあった。おそらくは今日、売りつけられる予定の商品の一つだろう。

テーブルに座ると、わたしの目の前にも洗面器が置かれた。洗面器に突っ伏して、スチーマーの要領で湯気を当てる。お湯を取り替え、10分位ずっと湯気にあたった。汚れ取れたね!とかつての友人は言った。

洗面器が回収され、化粧水乳液メイク道具が目の前に並べられた。クレンジングと同じ、見たことのないブランドロゴが書いてある。かつての友人はコットンに化粧水を染み込ませ、私の肌にそっと滑らせた。

増田ちゃん相変わらず肌きれいだよねと彼女はいった。昔、彼女に肌を褒められたことがあったのを思い出し、少し嬉しくなった。お母さんからあの大学行ったって聞いてたよ。すごいなあ、増田ちゃん賢かったからなー、あの頃から。私は全然だったけど。彼女は私を全く許してなどいないことが伝わってきて、身震いがしそうだった。ヘアバンドをした変な笑顔の人たちは、ニコニコ笑いながら、きれいね、きれいねと私を囲むようにして言ってきて怖かった。断頭台にいるような気分だった。

メイクが終わり、鏡を持たされた。上手なメイクによって少し美人になった自分がそこにいた。仕事に手は抜かない。たとえ憎んでいる相手でも。彼女は、今日使って貰ったやつなんだけど、実はうちの会員になったら格安で使うことができるし、友達紹介してくれたらむしろ儲かっちゃうんだよね。と続けた。私は嬉しい笑顔を作り、会員になることは断りつつも、数万円分の商品を購入した。

アバンドの人たちに囲まれカード決済のサインを書きながら、私は本当に安堵していた。贖罪の機会を持てるのは幸運なことだ。それもたった数万円で。彼女は上機嫌だった。長年胸の底でどんよりしていたものが、なんだか晴れたような気分だった。

商品は帰ってからすぐに捨てた。あれから彼女から一度も連絡は来ていない。

2020-05-26

anond:20200525214005

中学同級生女子卒業後そのまま父親の手伝いとして土方やってたわ

今どうしてんのか知らんけど。

2020-05-25

許せない

俺が13歳の時の話をしたい。23年前の話だ。

俺は当時、田舎男子中学生だった。住んでいた場所がどれくらい辺境かというと、まさに地名がそのまま「村」なぐらいだった。現在はもう村としては存在していないが地名としては残っている。

それはどうでもいい。そんな田舎中学校で、俺は卓球部所属していた。

もちろん、別に卓球が好きだったわけじゃない。当時は何処かの部活に入るのが必須な風潮だったし、野球部だとかサッカー部だとかに入るぐらいなら比較的楽そうな卓球部へ…などという安易すぎる考えで俺は卓球部に入った。

当然、そんな生半可な気持ち卓球が上手くなるわけもない。大会などでは一回戦敗退が定番と化しており、サボり方も身につけ始めた中堅卓球部員となっていた。

当時、男子卓球部女子卓球部は別れてはいたが一部では一緒に練習したりすることもあった。

その中で、俺はある1人の女の子に恋をした。

相手は同い年のAちゃん

決して目立ったところがない子ではあったが、なぜだか話しているうちにどんどん惹かれていった。

決して付き合うとか、好き合ってるとかそういうことではなかったが(この年代はみんなそうだろ?)俺たちは心が通じ合ってた気がした。

彼女はよく俺に

「サボらなかったらコーラおごってあげる」

と言った。練習サボりがちな俺をいじりながらも気にかけてくれたことをよく覚えている。

そしてちょうど23年前の今の時期、同じ会場で大会が開かれるということで途中まで一緒に行くことにした。

彼女

「優勝まで行かなくても準々優勝ぐらいまでいったらコーラおごってあげる!」

と茶化して俺に言った。もちろん、俺が一回戦敗退の達人であることを知っての発言である。こんな会話が好きだった。

「じゃあAが優勝したらなに奢ろうかな」

と話し出したところで会場につき、別々に試合をして(俺は当然一回戦敗退、Aちゃんの結果は覚えてない)別々に帰宅した。

そしてその後、Aちゃん行方不明になった。

大会の帰り、そのまま彼女は消えた。

たちまち学校中は噂でもちきりになった。誘拐だとか、神隠しだとか、家出だとか、そんなクソみたいな噂話すべてに腹が立った。

俺は気が気でなくなって、村のどこかに彼女がいないか探した。でもどこにもいなかった。新聞には彼女が消えたとされる場所で靴と血痕が発見されたと書いてあった。

帰り道だからすぐにわかった。現場は綺麗に片付けられていたようでなにも残ってなかった。俺はもはやなにも考えられなかった。あらゆる可能性を考えてもクソみたいな結論しかかばない。

彼女が消えてから1週間、1ヶ月と経っても彼女は消えたままだった。

もう、彼女は一生帰ってこないんじゃないかという話を同級生がしていた時、俺は掴みかかって否定した。帰ってこないはずがないんだよ、絶対帰ってくる。

ちょうど3ヶ月後ぐらいに、テレビ犯人逮捕されたというニュースが流れた。

そいつはこの村のクソみたいなゴミクソ人間で、彼女にクソみたいなことをしようと思って声をかけたが無視されたので車で轢き、車に乗せて首を絞め、石で何度も何度も何度も何度も打ち付け、彼女を殺した。そして布団に包んで捨てた。

俺は何もかも許せなかった。犯人のことも、自分のことも、この犯人の親とか、友達とか、全てが許せなかった。何もかもがどうでも良くなった。

なにも許せず、なにも成長できないまま俺は大人になった。

今でも許せない。犯人は早々に自殺したらしい。それが何なのか、あの男が死のうとなにも終わらないし始まらない。

最初から存在すらしなければよかった。それだったら彼女は今も普通女性として生き、普通就職したり、普通結婚したり、普通子供を産んだりして彼女人生を歩んだんだ。

23年経っても許せない。許せないまま、あの子コーラを奢ってもらえる日を待っている。

2020-05-24

みんななんの為に頑張って働いとるんだ?

昔の同級生かに会うと必ず仕事愚痴の話になるんよ

俺なんて新卒で某大手メーカー入ったけど、3年で辞めたよ

それも周りからの説得受けて3年働いただけで結局その3年も意味あると思ってない

今は気が向いたら外資系契約社員に応募して飽きるまで適当に働いて辞めるを繰り返してる

今は全く関係ない大学事務派遣

時給2000円から景気いいと3000円くらいの仕事転々と気楽にやってる

みんな仕事にしがみつくのやめれば気楽でいいのに

女の子とせっくすしてて

自分の日頃の欲望を満たそうとシチュエーションプレイ提案するとき


「じゃあ女の子さんが高校生万引しちゃって、僕がそのことを知って、内緒にするから言うこと聞けって」

おk

「(バックで突きながら)女の子エロ本なんて万引きするんだ。みんな知ったら、そのエロ本見て何してるのってことになるよね」

「(あんあんあん)みんなには言わないでください、先生


僕は昔読んだエロ漫画と同じ同級生の設定だったけど、そのとき彼女24歳で、

僕が40歳だったから、そうなるか。強引にだから嫌がってって言うと「あん。いやん。恥ずい」とかにしかならないから、

いつもの感じにすぐ戻る。


彼女は「イマラチオしたいです」「もっと頭を掴んで無理やり動かして」

「あ、私が仰向けでこう口開けて、そこに正常位みたいに挿れて動かしてください」

自分がしたいことをやって、僕も心の中を非道い感じにして、喉の奥に当たるように動かして、

もういいかな、と止めて彼女を見たら、涙目で辛そうで、その姿が可愛くてきゅんきゅんしたので、

後ろの穴にゆっくりめりめりしながらお尻を叩きながら、心の中的には(お前が悪いんだからな)感を出しました

いつもの既定路線

anond:20200524122337

あなた言い回しだと憎きロリペドあなたと同じ”性の被害者”になってしまうんじゃないか

子供時代に「正しい性体験」を得られなかったかわいそうな被害者たち

生涯に渡って深刻な影響を受けている

延々と脳内記憶として刻まれている

性への目覚めが小学校同級生であったなら

あなたはその記憶を奪えるだろうか

そのとおりじゃないですか。だからこそ子供性的興味を持つこと自体が駄目だと言っているんですよ。そうなってしまった人さえも苦しめてしまう。

私達は未来に目を向けることしか出来ません。

実際にそうなってしまった人は、性虐待を受けた人だって同じで、生涯に渡って苦しむ人も珍しくない。

できることならば、双方治療されるべきでしょう。

しかし一方、これからそうした苦しみを持つ人をなくすべきだという視点必要なのではないのですか?

なのにどうして、一方は温存されて、一方は苦しむかも知れない状況にい続けなければならないんですか?

anond:20200524014957

あなた言い回しだと憎きロリペドあなたと同じ”性の被害者”になってしまうんじゃないか

子供時代に「正しい性体験」を得られなかったかわいそうな被害者たち

生涯に渡って深刻な影響を受けている

延々と脳内記憶として刻まれている

性への目覚めが小学校同級生であったなら

あなたはその記憶を奪えるだろうか

俺が本当に激怒してるのは平成13年頃にZ会添削指導に参加し書きまくっていた奴ら

  また、当時は、全国的模擬試験などの競争が激しく、模擬試験の成績表に名前が載れば嫉妬されたり一喜一憂したり

   凄まじい現象があった。そういうのに参加していた具体的な個人であって現在30代の者、俺の同級生、そういう奴が

  全く見当たらないし、どこにいるのかも分からない。2chでも意見をしない、2chの板でも意見をしない、こういう最低最悪な

 時代になっているのに、自分たち時代が最高だったとも主張しない。なめてんのかゴミが。

   平成8年から17年の間に全国的に盛り上がっていた奴、意見もしない、出てこない、意味が分からない。

2020-05-23

社会人になるとネコがすべてなんだなとわかって絶望する

仕事をしていくうえで重要なのって能力とか企画の内容とかじゃなくて、大学とき同級生だったとか、前職で同僚だったとかのネコほとんどのことが決まっていくんだね。

「○○の会社に知り合いのネコいる?」みたいな話ばっかりしているし。

学校以上にネコ付き合いが重要でほんと嫌になるわ。

ちゃんパパの作者は性暴力を軽視していないか

ちゃんパパの作者、ありま猛先生は(今は知らないが、少なくとも書いた当初は)性暴力を軽視しているのではないか

ちゃんパパで主人公が息子の担任レイプするシーンがそうだ。読者からは「一番胸糞悪い」「吐き気を催すクズ」と言われているが、作中では事件は割と淡々と流される。

というか「まさか処女だったとは」処女じゃなきゃ悪くないとでも?

担任特に重いトラウマを背負った様子もなく両親と共に進を許し、夫として迎える覚悟をあっさりとする。

読者のムカつきとは裏腹に、作中では大したこととして扱われていない。作者も大したことと思っていないのでは?

だが、連ちゃんパパは他にもクズ描写オンパレードから、これだけなら「あらゆるクズ行為の一つ」「登場人物全員狂ってるし、まぁ」で済ますことができる。

だが、「作者は性暴力を軽視している」と確信に導いたのは、同じ作者でありながら心温まる物語評価されている「きっといつかは幸福寺」の方である

作中でこんなシーンがある。

兄にお酌する未成年の妹(この時点でアレだが)。それを見て

兄「美紀もずいぶん女らしくなったな」

父「まったくだ。オッパイもでかくなりやがってな」

と実の娘にセクハラかます父。さらに、

妹「お父さんったらお風呂覗きにくるのよ」

主人公「そんなことしてんのかよ」

父「いいじゃないかよ。家族なんだからよ」

兄「親父、相変わらずだな」ハハハハ…

…いや笑い事じゃないよ!

実の娘の風呂を覗く、セクハラする。立派な性的虐待だ。笑い事ではない。

しかナレーションでは

「こんな親父だけど、初めて鬼、いや、ばあちゃんに立ち向かった親父はとてもカッコ良かったです」

まり、作中ではこの父親は「助平で困った親父だけどいざとなったら頼りになるいい父親」として描かれているのだ。もちろんこれ以降父親咎められる描写はない。

これを読んで思った。あぁ、これが作者観なのだ。連ちゃんパパのあのシーンも、きっと作者は深刻な事件とは本気で考えていないのだ、と。

父親風呂を覗かれたりセクハラされたりする恐怖も気持ち悪さも、「家族なんだから」で流される悔しさ、話の通じなさもわからないんだと。

ドラえもんのび太による覗きなんかよりずっと深刻じゃないか?あっちは同級生だし子供だし、覗くのも大半は故意ではないし、しかものび太は報いを受けるわけで。

ありま猛先生糾弾するわけではない。時代柄仕方ない部分もある。(けど、少なくともドラえもんよりは新しいんだからドラえもん糾弾されるならこっちも糾弾されるべきでは?)

だが、どんな時代だろうと女性達にとってはきっと笑い事じゃなかっただろう。そしてありま先生は今それについてどう思っておられるのだろうか。

社会人になるとコネがすべてなんだなとわかって絶望する

仕事をしていくうえで重要なのって能力とか企画の内容とかじゃなくて、大学とき同級生だったとか、前職で同僚だったとかのコネほとんどのことが決まっていくんだね。

「○○の会社に知り合いいる?」みたいな話ばっかりしているし。

学校以上にお友達付き合いが重要でほんと嫌になるわ。

2020-05-21

 東大法学部悪人の男の教授が暗躍を始めたのは平成18年から平成17年までは文系女子に全てがうまく行っていて問題なかったが

平成18年3月に西田典之刑法第二部の定期試験を受けている最中に、俺がブログで、ネコニャイキの掲示板同級生東大法学部生を中傷したとかで

授業を担当していなかった行政法太田匡彦から東大法学部学生懲罰会議に呼ばれ、あの昭和のクソ男にでかい声で怒鳴られた。反省文を書いてもらうとか言われたが

書いた反省文があのクソ男に気に食わなかったようで、「こんなもんな、反省文の体をなしてないじゃないか」という怒号。まさに人間のクズだった。

 俺の弟が東京大学合格したため、平成18年春に調布アパート引っ越しから世の中が激変した。まず、5月の秋田県での米山ごうけん殺害事件

  平成18年から何もかもが狂った。

   平成18年に、刑事訴訟法定期試験対策のため、川出が読むように指示した東大出版会で井上正仁編纂刑訴法判例平成17年からずっと読んでいたが、

岐阜呼気事件判決にしても高輪グリーンマンション事件判決にしても文系女子にはただの黒い文字の羅列にしかみえず、理解できない上にその内容が悪質で、実際には

まらなくて何度も刑訴法判例集をアパートゴミ箱に投げつけた。

   平成19年に留年し、春から再び東大本郷近くのアパートに移って、行政法民法商法などの試験対策のため、教授内田貴から読めと言われていた民法Ⅰ~Ⅳ

や、塩野宏くそまらない「行政法」という基本書に騙されて、腐れた時期の民法商法行政法文章我が国の法の内容だと騙され定期試験の準備をしていた

最中に、平成18年夏ごろから運営が開始された増田悪人から中傷されてその後最悪になり

  平成20年10月にはもう世の中の全てがパニックになっていて平成は終わった

2020-05-18

女の機嫌をとって生きてきた

30も半ばになり振り返ってみると、ずっとそうやって生きてきた人生だった。

まりは母だった。そう言うと厳しい家庭だったのかと思われるかもしれないが、逆だ。癇癪持ちというわけでも気が強いわけでもなく、むしろ半端にお嬢様育ちの母は気が弱かったように思う。夫婦喧嘩が起こるたびに私は母についた。そうしなくては母がもたないように思えたのだ。そして、母が壊れてしまうことは私にはとても恐ろしいことに感じた。そんなことが続くたび、私は常日頃から無意識に母の機嫌を取るようになっていた。

両親が離婚たころ、私は思春期だったが特にショックは受けなかった。これで母の精神に安寧が訪れると安心したほどだった。しかそれからも私は女性の機嫌を取り続けることになった。

同級生から好意を寄せられれば、こちらも気があるようなないような、相手が気落ちしたりしないように振舞った。恋人ができれば、相手理想の私を演じてみたりした。それらは私にとってとても自動的な行動だった。自分でそうしたいと思っているとか、相手好意を得たいがためにそうしているとか、そういった感情からくる行動ではない。ただ目の前の女が気落ちすることに耐えられず、私にはそうならないように振舞うほか選択肢がなかったのだ。女が気落ちすることは、私にとって人生最大の恐怖であった。結局最後には私が限界を迎えてすべてを投げ出し、より一層彼女たちを傷つけるとしてもだ。

そんなことをしているうちに、私は現実の女が怖くなり二次元世界に引きこもるようになった。社会的活動をやめたわけではなかったが、学生時代ほとんどを引きこもってゲームに費やした。

しかし結局は一緒だった。ゲームの中で仲の良くなった女性ゲーム内で結婚システム上の優遇があった)したところ、ゲームの中でも現実と同じことをすることになった。彼女がスネれば機嫌を取り、ほかの仲間たちとの間を取り持ち、呼ばれればすぐにゲームログインした。どんどんエスカレートする彼女要求は、私のストレス限界を迎えるまで続いた。

そうこうしているうちに私は社会人となり、学生時代の穴を埋めるようにて女遊びを覚えた。半引きこもりのくらい人生を送ってきたとは言え、女の機嫌を取って生きてきた人生から、女を口説くことは難しくなかった。考慮すべきは2点、私の容姿に対してマイナス感情を抱いていない女の連絡先を得ること、その女と寝るときに行う最後の一押しをどうするかだけだ。その間にある色々なことについてあれこれ考える必要はない。私は自動的に機嫌をとり続けているのだから

その後私は引き際を誤り一人の女性結婚したが、家の中でずっと女の機嫌を取り続けることに大変な苦痛が伴うことは言うまでもない。疲れ果てた私は、結局女に頼った。女は私が機嫌をとり続けている限り私に優しいのだ。もちろんそれも長く続くものではない。ひと時の癒しを得ても、私が彼女たちの要望に応えれば応えるほど彼女たちの要求エスカレートし、私は限界を迎える。

結果、私には何も残らない。私がしてきたのは女を傷つけることだけだ。私は女たちが傷つくことを恐れるがあまり彼女たちを深く傷つけ、彼女たちは私から去っていく。全部最初から決まっているのだ。女がいる。私は彼女たちの機嫌を取る。彼女たちの要求は増大する。私は限界を迎える。彼女たちは傷つく。私は一人になる。くそったれだ。全部俺のせいだ。

2020-05-16

anond:20200308154637

以前「上昌広の同級生だが」と増田投稿した。

その後、N中39回生メーリングリストで、いろいろPCR検査についてディスカッションされてる。

固有名詞を隠した上で、メーリングリストスクショを公開したいが、、匿名ダイアリーって、画像貼り付けはどうすればできるのかな?

anond:20200516174015

ネットしぐさっていうか日本人しぐさだよな。

子供の頃から英語発音がいい同級生を笑ったりそういう習慣がしみついてる。

自分が取るに足らないゴミであるように感じる

色々な人や物事から自分自身を軽んじられているように思える。

1ヶ月くらいずっと在宅勤務をしていて、昨日自分の住む地域緊急事態宣言から解除されていて、今日病院とか美容室に行って来た

病院はなんともなかったのだけど、美容室でへんな髪型にされてしまった

自分コミュ障からうまく意思の疎通ができなかったからだろうか?でもちょっと切るってだけでなんで変にされちゃうんだろう。

何か聞かれて、答えたらいちいち半笑いで、すごく嫌だった

ずっと人と接していなかったから、表情とか声とか話し方がおかしかったのだろうか?

自分をかわいそうで惨めだなと思ってしまって、一日中涙が止まらない。

今日は一日中土砂降りで、自分もっと沈ませるために天気に嫌がらせされているように思えた そんな訳ないのは判っているけど余計に涙が出てくる。

綺麗に掃除したのに角にちょっと埃が残っていて、それを見ただけで泣いてしまった。やばいと思う。

でも、昔に、心療内科に通って安定剤でラリった兄弟受験勉強妨害され続けたトラウマがあるので、そういうところには行きたくない

一人は気楽だし、こうした状況になる前から休日はずっと家に引きこもったりしていたし、一人で家にいることそのものが辛い訳じゃない

でも、何だろう?

この1ヶ月、友達家族恋人電話したりしてたけど、いつも自分代替可能なんだという感じがしていた

自分には全然友達がいないけど、自分友達にはたくさん友達がいて、zoom飲み会はしごして忙しいと言っていた

別に自分がそうなりたい訳じゃないけど、何だか、うまく言えないけど、そうか、と思った

親は職業柄、人の微細な感情に敏感なせいか自分だんだん鬱々として来ているのを勘付いて、気を遣ってよく連絡をくれる

その気遣いも、ありがたいけど、そうやって見られているんだなと思わされて辛かった。プライドが高いから。

恋人とは、いつもより連絡を取り合おうと言ったのに、途中からそれがおざなりになった。

連絡をするたびに、体調を心配してくれたり、早く解除になって会いたい、と言ってくれるけど、なんかそれはただのテンプレ空虚な感じがした。

実際、解除になってから連絡は来ていない。自分からすればいいのだと思うけど、連絡をしたり誘ったりするのは自分ばかりで、なんか馬鹿馬鹿しくなってきてしまった。このまま来なかったらどうなるんだろう。

あるとき、暗い気持ちで暮れそうな空を見ながらいつもの散歩ルートの海沿いを歩いていると、

自粛で行くところがないせいか、いつも人がいない散歩ルートに人がたくさんいて、

みんな家族連れとか犬連れとか友達同士とか恋人同士で来ていて、なんだよと思った。

自分だけの海沿いじゃないことは判っているのに。

やめとけばいいのに、H.G.ウェルズの「白壁の緑の扉」を読み返す。

中学校の時から何度も何度も読んでもうぼろぼろだ。ぼろぼろの本にも悲しくなる。

今、自分の目の前に白壁の緑の扉が現れたら、全てを捨てて飛び込んでしまうかもしれないと思う。

この本に出会った頃、自分は小さな田舎町にいて、周りを半透明のカプセルで囲まれているような気がしていつも息苦しかった。

親は干渉が強くてあれもこれもダメだと制限されて、兄弟には親にバレないようにネチネチ嫌がらせをされて、思春期同級生はびっくりするくらい残酷で、

から早くここから出て誰も知り合いのいない遠くに行きたいと強く思っていた。

一日の中で一番好きなのは、寝る前に自分好きな人間(自分キャラクターとかを考えた)だけが暮らしている素敵な世界自分設計した)で、ちやほやされまくったり、めくるめく恋をしたり、ハラハラするような冒険をするといった妄想をするひとときだった。

今は生まれ育った場所からものすごく遠い場所暮らしていて、高校までの同級生とは全て縁を切って、一人暮らしをしていて、好きなこともしている

なのに何でこんな気持ちになるんだろう。

昔の悲惨だった頃を思い出してまた涙が出てくる。ゴミはずっとゴミのままで、色々夢見て主人公みたくなろうとしても、無理なんじゃないかと思う。

バカみたいだ。自分が。すごく悲しい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん