「迫害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 迫害とは

2018-12-13

anond:20181213180902

俺はKKO差別しないし、それを叩くやつを叩く。

問題提起に対して迫害返してるのは迫害するお前みたいなやつだろ。自発と誘発の違いも分からんカスと一緒にすんなゴミ屑。

anond:20181213180504

お前が「KKOはこう思っているはず」と押し付けKKO迫害悪化させてる件はスルーか?

頭悪い奴だなー。

で、お前がうざいと思ったかKKO差別主義者と言う、と。

最初からKKOの救済なんか微塵も考えてない癖に出しゃばんな屑

anond:20181213180227

お前が「KKOはこう思ってないはず」と押し付けKKO迫害正当化してる件はスルーか?

頭悪い奴だなー。

で、お前がうざいと思ったかKKO悪者扱いする、と。

最初からKKOの救済なんか微塵も考えてない癖に出しゃばんな屑

オタクさんは

弱者扱いされるとゲイツだなんだと有名人を出して強者気取りするくせに強者扱いされると今まで迫害差別されてきたんだなんだと弱者ぶる性質を持つ。

2018-12-09

「いつも喜んでいなさい」

こういうこと

楽しいとき喜びなさい

悲しいときも喜びなさい

殴られたときも喜びなさい

殺されるときも喜びなさい

わたしのために人々があなたがたをののしり、また迫害し、あなたがたに対し偽って様々の悪口を言う時には、あなたがたは、さいわいである。

喜び、よろこべ、天においてあなたがたの受ける報いは大きい。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである

なおほかの者たちは、あざけられ、むち打たれ、しばり上げられ、投獄されるほどのめに会った。

あるいは、石で打たれ、さいなまれ、のこぎりで引かれ、つるぎで切り殺され、羊の皮や、やぎの皮を着て歩きまわり、無一物になり、悩まされ、苦しめられ、

(この世は彼らの住む所ではなかった)、荒野と山の中と岩の穴と土の穴とを、さまよい続けた。

長崎の26聖人とか実践する人がいたのはやばい

2018-12-07

anond:20181207022807

とはいえ原則多数決なわけで。

より大多数に可愛いと思われる仕草と見た目を進化で勝ち得たもの特権、じゃだめかね。

種の保存に「人間という特定生物嫌悪を煽らないこと」が組み込まれるのを遺伝子が見越せたかどうかが分かれ目というやつで。

これならおっさんも納得でしょ。

捕鯨問題も結局そこ。

生きててほしいと思ってくれる人間がすごく少ないか迫害されるが

さすが人間だけあって法を作る側にも一定紛れることができている、なので、殺しては良くないを勝ち得てる。

ゴキブリ愛好家もいるっちゃいるし、そういう人たちはゴキブリ幸福を考えて飼育してくれてるよ。

いかに生きているあいだに己を愛してくれる人のところにたどり着けるかどうか。生存戦略ロマンだね。

anond:20181207012603

他害しない限り、ペドフィリア嫌悪感抱かない・むしろ同情的というか不当に迫害されていると考える私みたいな人も少数だけどいるよ

20代女だけど、ペドフィリアという概念知った頃(中学生くらいかな、ロリータとか読んでた)からそういう感覚だった

一度親友に話したことあるけど理解は得られなかったけどね

ペドフィリアだけじゃなくて死体性愛ネクロフィリア)とか動物性愛(ズーフィリア)、対物性愛に対しても同じように思ってるし、生まれ持った性的欲求に耐えて他害しないように努力しながら生活してる人には尊敬の念すら抱くよ

まあ私みたいな人がここにいるってだけであなたの辛さは変化しないだろうけど、どうかあまり気落ちしないようにね

ねほりんぱほりんLGBTのことをやっていたらしい

togetterで知った

まとめにはLGBT配慮しようというコメントが並ぶ

こういう目が俺達ペドフィリアに向けられることはない

俺達には新宿二丁目のようなコミュニティもない

LGBTには理解者が現れるが

俺達には理解のある上司も親も存在しえない

本当にバレたらこの世の終わりだし、確実に社会的死ぬ

LGBTTVに取り上げられるとき迫害に打ち勝つ勇者だが

俺達は自分勝手な異常者として取り上げられる

当然だ、まともな精神人間が、ペドフィリアとして取材を受けることに同意するわけがない

LGBTは一歩踏み出せば明るい未来が待っているが

俺達が踏み出せば待っているのは牢獄

死ぬしかない

つらい

問題を起こす前に勝手死ねよ、と思われていることもわかる

それもつらい

悔しい

それならいっそ殺しまくってから死のうか

子ども以外を殺しまくってから

俺は子どもが好きだから

しないよ

そんなことはしない

俺はペドフィリアであること以外はまともだから

仕事に穴をあけるわけにもいかないし

親も悲しむ

ああでも、俺がペドフィリアだと知るのとどっちが悲しむだろう

2018-12-05

動物虐待者に対する『差別』の存在

差別をする側は、「自分差別をしている」という事実認識しにくい。

肌の色で人を区別することが当然という風潮の中で生きてきた人間は、

それが当然の常識になっているから、過ちであることがわからない。


出身土地職業差別することが当然の時代で生きてきた人間は、

部落差別差別であると知ることができない。


同性愛悪徳だと教えられて生きてきた人間は、

同性愛差別を当たり前のこととして受け入れてしまう。



「それは差別ではなくて当然の常識だ」

区別をつけるのは当たり前のことだ」

そんな風に自己認識を歪め、差別正当化してしまう。

しろ一部のグループ迫害することを「正義」だと考えてしまう。

人種差別や、部落差別も、同性愛差別も、

今の我々は「それが差別である」という認識社会で生きているか

差別として認識できている。

だが、そもそも「これは正当な区別なのだから差別ではない」と深く思い込んでしま

見えなくなっている差別もあるのではないか



私は、その一つが「動物虐待者への差別」だと考えている。




恐らく、この記事タイトルを見たとき多くの人が


動物虐待者は悪人なのだから非難されるのは当然だ」

「そんなもの差別じゃない」


と思ったことだろう。

実際に日本では動物愛護法が制定され、

愛護動物をみだりに虐待したものには二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金という

罰則が定められている。





>第四十四条 愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。

2 愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であつて疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物死体放置された施設であつて自己管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行つた者は、百万円以下の罰金に処する。

3 愛護動物を遺棄した者は、百万円以下の罰金に処する。

4 前三項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。

一 牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる

二 前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物哺乳類鳥類又は爬は虫類に属するもの








現在日本では愛護動物に対する虐待法律的にも倫理的にも「悪」とされ、

非難されて当然の行為とされている。それが社会の前提となっている。


だが、ここであえて問いたい。

「何故?」

と。

動物虐待がなぜわざわざ社会全体で法律を制定してまで、

排除しなければならない「悪」なのか。


動物虐待が悪いことなのは当たり前でしょ」では説明にならない。

それでは、理由もなく人種差別部落差別同性愛差別をしてきた人々と

同じ間違いをしていることになる。



では、手始めに動物愛護法第一条を見てみることにしよう。

基本的には、法律第一条にはその法律が作られた目的が記されている。





第一条 この法律は、動物虐待及び遺棄の防止、動物の適正な取扱いその他動物健康及び安全の保持等の動物愛護に関する事項を定めて国民の間に動物愛護する気風を招来し、生命尊重友愛及び平和の情操の涵養に資するとともに、動物管理に関する事項を定めて動物による人の生命身体及び財産に対する侵害並びに生活環境の保全上の支障を防止し、もつて人と動物共生する社会の実現を図ることを目的とする。





なるほど、「国民の間に動物愛護する気風を招来し、生命尊重友愛及び平和の情操の涵養に資する」。

かに生命友愛平和を尊ぶ情操が涵養されるなら、それは間違いなく社会に取って有益だ。

少なくともその目的自体は間違ってはいない。

だが、ここで当然の疑問が生じる。


動物愛護すれば」

生命尊重友愛及び平和の情操が涵養される」


という、この二つの事象の間に因果関係があるのか、という疑問だ。


結論から先に言うとこれは完全に間違いで、

現実には多くの動物好きが凶悪犯罪を行っている。

2007年大阪で発生した、男が猫被害の苦情を言いに来たアパートの隣人を刺した殺人未遂事件

2008年神奈川県川崎市で発生した、餌やりを注意された男がアパート大家サバイバルナイフで刺殺し、その義理の娘にも重傷を負わせた事件

2009年千葉県船橋市で発生した、70歳の男が女性から野良猫の餌やりを注意されて逆上し、包丁で刺殺した事件

ほんの少し調べてみるだけで、「動物好き」が起こした凶悪犯罪事件は多く見つかる。

したがって、「動物愛する人に悪い人はいない」というのはただのイメージであり、現実とは乖離している。


恐らく動物愛護法を制定した当初も、別に動物愛護すると人間は優しくなる」という仮説について、

科学的・統計的根拠があったわけではないのだろう。

そもそも条文の第4項をよく見ればわかる通り、動物愛護法で「愛護動物」に定められているのは

哺乳類鳥類爬虫類だけなのもこの法律の歪さをうかがわせる。





命の大切さを謳うこの法律では、魚類両生類無脊椎動物については何一つ保護対象になっていないのである

何故なら愛護動物ではないから。



イヌネコウサギを殺すと「生命尊重友愛及び平和の情操が涵養」が害されるが、

金魚カエルカブトムシ別に殺してもいいので無問題という、

この動物愛護法上の命の区別について、私は何らの合理的説明も見出すことはできない。




さて、動物愛護法の条文はかなり不合理で、

動物虐待行為「悪」として迫害することの正当性担保するものは何も無いことがわかった。




からといって、「動物虐待者を迫害することは差別である」と言われても、

なかなか受け入れられる人はいないだろう。



その理由の一つが、広く社会に流布している以下の言説だ。



動物虐待はやがて人間への攻撃エスカレートする」

冷静に考えると「○○というグループ犯罪者予備軍である」という言説であり、差別思想典型なのだが……



実をいうと、私も以前までこの言説を信じていた。




聞くところによると、FBI専門家が、虐待精神に悪影響を与えると言っていたらしい。

FBIといえば犯罪捜査プロフェッショナルだ。そんな人が主張しているからには、

きっと「動物虐待はいずれ人間にも手を出す」という仮説は真実なのだろう……と。




自分の中で「動物虐待行為が憎まれるのは差別ではなく正当な非難である」として納得させてきた。



さて、その専門家というのは、ロバート・K・レスラーという人物である





犯罪者と直接話すことで心理分析を行い、プロファイリング技術確立したFBI捜査官だ。




その手法については彼の著書であるFBI心理分析官』に詳しい。



私は以前、その『FBI心理分析官』を読んだ。

そして、愕然とした。

実のところ、ロバート・K・レスラーは「動物虐待殺人エスカレートする」などとは一言も主張していなかったからだ。

彼の主張は一貫して、「シリアルキラーが生まれる原因は幼少期の家庭環境にある」というもので、

動物虐待癖についてはシリアルキラー発見するための手法として、幼少期に動物虐待をしているパターンが多いと述べるだけにとどめている。



別に動物虐待殺人暴行因果関係については一言言及していない。

(※そもそもプロファイリングとはそういうもので、「犯罪統計上、こういった犯行をする犯人過去に○○しているパターンが多い」と、

犯人像をいわば『逆引き』する技術であり、「〇〇という行為をした人物犯罪者予備軍である」などと因果関係を主張するものではない)

恐らく、このわずかな記述が誇張され、曲解され、

FBI捜査官のロバート・K・レスラーが『動物虐待人間への暴力エスカレートする』と言っていた」

というフェイクニュースを作り出したのだろう。




実際にはそんなことは一言も言っていないにもかかわらず。




そして、一度も原著を読んだことのないまま、私はそのデマを信じ切ってしまっていた。


FBI心理分析官』は有名な本であり、読もうと思えばたいていの図書館にも置いてあるにもかかわらず、

一度もそれを確かめようとはしなかった。




もちろん、『FBI心理分析官』は20年以上前出版された本であり、

今では犯罪学や心理学の研究状況は変わっているかもしれない。


だが、軽く調べただけでも

暴力段階説(動物への暴力人間へとエスカレートするという「仮説」をこう呼ぶらしい)の旗色は悪いようだった。



ここに来て、私は動物虐待行為「悪」として断罪することの正当性をすべて見失った。

結論を述べると、私には動物虐待行為を罰することは差別以外の何物でもないように思える。


それも、かなり悪質な差別だ。


しろ法律まで制定して、公然動物虐待を行う者たちに迫害を加えているのだから

そして、「動物虐待はいずれ人を攻撃する」とか「動物虐待者は精神異常者だ」などの

言説も、ヘイトスピーチしか言いようがない。



何の根拠もなく(ヘイトスピーチそもそも根拠があればいいというものでもないが)、特定グループへの誹謗中傷を行っているのだから

もちろん、これを差別であると認めるのは、感情的に容易なことではない。


動物好きな人可憐な犬や猫を殺す行為社会であると思いたがってしまう。

何故ならその方が自分たちの感情にとって、都合がいいから。




自分の好きな犬や猫を攻撃するものが悪ではないと認めるのは、都合が悪いから。




だが、そのこだわりこそが差別の源であることを、人間は肝に銘じなければならない。

葬式なんてろくでもないカルトだよな

葬祭ビジネスなんてろくでもない。

「罰があたる!」「戒名にこれぐらい出さないと恥ずかしい!」「他の人はもっと寄付してくれてますよ!」

などと脅したり人を馬鹿にしてコンプレックスを刺激したりして今まで儲けてきた。

ほんと、高い壺を売る連中と根っこは変わりませんよ。

仏教界も高級車でキャバクラ通いをするような坊主を表立って批判しませんし、そういった汚れた体質も人々の仏教離れを進めている。

いちばんおぞましいのは仏教信仰が強い地域葬式を行わないと村八分にされるという恐れですね。

そういう意味では仏教オウム真理教などのカルト宗教有害性はさほど変わらなくなる。異教徒への人権侵害を是とする姿勢なのですからね。

まあ異教徒への仏教徒の姿勢は、仏教徒によるロヒンギャへの強姦殺害などの弾圧迫害行為にすべてが示されていますが。

きもくて金のないおっさんは、迫害されたくなければ日の下に出てこないでください

anond:20181205151353

脳をいじくって完治させられるようになれば性犯罪依存症者もアルコール依存症者も今ほど迫害されることはなくなるだろうね。

いま迫害されるのは家族依存症者が出ると一生治らず家族破滅するからから。完治が可能になれば状況は一変する。

2018-12-01

詭弁のガイドライン2018年版)

使いやすさと面白さを重視。

参考にしたサイトhttp://lelang.sites-hosting.com/naklang/fallacy.html

ストローマン

藁人形論法

相手の主張を一部分だけ引用したり、極端な形に言い換えたりして、反論やすいかたちに改変してから論破してみせること。

チェリーピッキング

多くのデータの中から自分にとって都合の良い例だけを取り出してきて、都合の悪い例は無視すること。

Whataboutism

そっちこそどうなんだ主義

自分の行動が批判されたときに、それ自体には反論せず、「お前も同じことをやっているじゃないか」と相手の過ちをあげつらう論法

多重質問

互いの合意が得られていない前提が含まれている質問のこと。

最近漫画がつまらないのは出版社のせいだと思うか?」という質問は、「はい」と答えても「いいえ」と答えても「最近漫画はつまらない」という前提を認めてしまうことになる。

最近漫画面白いと思うなら、そもそも前提が間違っているということを指摘しなければならない。

偽のジレンマ

実際には他にも選択肢があるにもかかわらず、0か100かの極端な選択肢だけを提示し、相手を回答不能にさせること。

スリッピースロー

滑りやすい坂論法

いちどでも要求を認めれば、次々と要求を認めなければいけなくなるので、最初要求を認めてはならない、という詭弁

たとえば「いちどでも賃上げ要求に屈せば、どんどん給料は吊り上がって、会社倒産してしまうだろう」といったようなもの

ガリレオギャンビット

迫害を受けたガリレオ結果的に正しかったように、私が批判されているのも私の主張が正しいからだ、といった論法

ガリレオの代わりにセンメルヴェイスやヴェーゲナーが引用されることも多い。

シャーロック・ホームズ誤謬

複数の仮説のなかで、間違っているという証拠があるものを除外していき、最後に残ったものが(どんなに信じられなくても)真実である、という誤謬

言い換えると「間違っているという証拠が見つかっていないか真実だ」と言っているに等しい(未知論証)。

アド・ノージアム

ad nauseam」はラテン語で「いやになるほど」という意味

何度も何度も何度も何度も同じ主張を繰り返すことで、批判者を疲弊させて撤退に追い込み、第三者にはそれが真実であるかのように刷り込む。

「嘘も百回繰り返せば真実になる」。

ラブジョイ抗弁

ある主張に反対するために「子供たちのことを考えろ!」というフレーズを用いること。

ここでいう「子供たち」は主張者に都合の良い架空存在である

ラブジョイアニメザ・シンプソンズ」の登場人物

ゴドウィンの法則

インターネットでの議論が長引くほど、ヒトラーナチスを引き合いに出した不適切比較が行われやすくなる、という法則

あるいは、ヒトラーナチス比較した時点でそれを言った側の負けだ、といったルールのこと。

ヒトラーとの不適切比較は「ヒトラー論証」と呼ばれる詭弁であるが、ゴドウィンの法則自体にも「適切な比較すら封殺する」という批判がある。

モット・アンド・ベイリー論法

常識的な主張と過激な主張を使い分け、過激な主張を批判されれば「私が本当に言いたいのは常識的なことだ」と弁解し、常識的な主張の同意を得れば「過激な主張が立証された」と強弁する論法

本来は「小高い丘(モット)に建てられた天守」と「平地を外壁(ベイリー)で囲った曲輪」で構成された城のことを指す。

「真のスコットランド人ではない」論法

No true Scotsman。「本当の○○は××しない」。

スコットランド人はそんなことをしない」という主張に対し、「俺の知り合いのスコットランド人はそれをしていた」と反例を挙げられたとき、「その人が真のスコットランド人ではないからだ」と定義を変更することで反例を排除する。

ムービング・ゴールポスト

相手の主張に対して根拠要求し、それに回答があると、しれっと要求を変形させて「これでは根拠になっていない」と言う。

醤油ラーメンいちばん人気があるという根拠はあるのか?」「ラーメンの人気ランキングはこれだ」「俺は東京ラーメンについて聞いたんだ、東京に限ったランキングを出せ」といったもの

ギッシュ・ギャロップ

専門家でさえリアルタイムでは答えられないような細かい質問を次から次へと投げかけて相手を回答不能に陥らせる手法

草むらに連れ込んで絞め殺す誤謬

ギッシュ・ギャロップを繰り出し、相手ひとつでも答えられなければ「彼はこの問題について無知である、よって議論に参加する資格がない」といった結論に持っていくコンボ

以下、名前が見つからなかったけどネット上ではよく見かけるやつ。

対案を求める論法

「反対をするなら対案を出せ」というもの

具体的な問題解決しないといけないときに、出てきた対策に反対ばかりしている人に対しては成り立つが、余計なことを始めようとするとき現状維持を望むのは、それ自体が対案となる。

TINA(There is no alternative)」と呼ばれることもあるが、TINAは「他に道はない」と言って押しとおすことなので、微妙に違う気がする。

これを批判するならあれも批判しろ論法

何かを批判している人に対して、まったく別の領域類似問題を挙げて、「これも批判しなければダブスタだ」と言うことで、際限なく戦線を拡大していき、相手対応できなくなることを狙う。

Whataboutismの仲間か。

集団内の複数意見を一人の意見とみなす論法

集団内でも意見が異なることはあるものだが、集団ひとつ人格とみなすことで、異なる意見存在することを矛盾とみなす

右翼Aが「天皇を守れ」と言った、右翼Bが「今の天皇左翼から退位させろ」と言った、それを見て「右翼天皇を守ると言っていたのに退位させようとしている」と主張する、といったもの

2018-11-27

人は公平になんてなれない

とかタイトルに書いちゃったけど、正確にゃ「自分の興味のないもの、どうでもいいものしか公平になれない」って事ね

まあよく見るパティーンお話で、「狂ったフェミ差別撤廃お題目に男を迫害してる」ってのがある
エロマンガダメなくせにエロエロ描写全開の女向け作品おkだなんて不公平だなあ~?だし、男を叩けるなら「公平さは必要ない」だなんて言うからね、あのオマンコたちは
そして俺はジャップオスなのでこうやって女さん叩きをしてる これが女側からすれば「同じことやってるだろうが」だの「自分はいいのか」だの言いたくなるだろうけど
残念ながら俺は性的にまなざすジャップオスなので「うるせ~~~~~~~~~~~~~~~お前のその割れ目童貞捨てさせろ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」ってバッサリよ うっわキモいな俺・・・

ダブスタ、大いに結構、みんなやってるから
自分が入れ込んでいるものには甘々な裁定を下し、嫌いなものは即刻排除排除アーンド排除!どいつもこいつもこれが根底
本当に冷めた目で公平になれるのは「どうでもいい」か「興味ない」ものぐらいだね どうでもいいので私情がない
嫌いなものを叩けるチャンスなら公平を口で語りつつもそれを攻撃する論調にするし、逆なら公平のフリしながら褒め称える 誰だってそーする、俺だってそーする、そーした

誰しもが内心ダブスタなんだよ 公平はほとんどねえ
見てみなよ 社会主義共産主義全体主義民主主義独裁主義、どれも公平を生んだことは無い 己のダブスタがぶつかり合ってバラバラに砕けるか内側からグズグズと腐るだけだ

anond:20181127122748

からから言ってるんだよ

リベラル自称してるけど単なる西洋かぶれでしかなくて、明治時代に生まれていたら西洋の尻馬に乗って嬉々としてホモ迫害してたような奴らばっかりだって

2018-11-22

映画感想 華氏119

アメリカ政治について、特にトランプ大統領誕生の経緯やアメリカ政治の腐敗についての、マイケルムーア監督ドキュメンタリーだった。

トランプ友達知事による黒人地域迫害民主党の腐敗、銃所持問題、あるいは希望草の根運動高校生による全国的な銃所持に反対する運動公立学校教師ストライキ。そして希望にすがるのではなく行動しろ。またトランプヒトラーのような独裁者と似たような傾向があるぞ、という映画だった。

何でアメリカトランプ大統領が選ばれたのか、あるいはなぜサンダースではなくヒラリーが選ばれたのか→民主党の腐敗と選挙制度崩壊

トランプのような人間大統領になるとどうなるか→トランプ友達経営者スナイダー知事になったミシガン州リントの惨状

この話は聞いたことなかったが、知事政策により水道水に鉛が含まれるようになった。その結果そこの住民鉛中毒になってしまった。

https://www.bbc.com/japanese/36098699

ちなみにこの記事ムーア写真がのってる

知事事態を把握しながら1年半握りつぶす

最後トランプを放っておくと、ヒトラーのような独裁者になるという警告。トランプ権力の延長に興味を示し、民族排他的発言経営者優遇し、中産階級を没落させる政策ヒトラー最初発言過激なだけだと思われていたし、憲法があるからユダヤ人虐殺されることはないと思われていた。

ネットde真実ならぬ、ムーアde真実という感じだが、リベラルなはずの民主党保守化ヒラリーオバマの腐敗、ミシガン州スナイダー知事によるフリント市迫害などは初めて知ることだった。

ボヘミアンラプソディーもいいけど、はてなでこそ流行りそうな映画だと思った。

勉強になるし、怒りもあるし、希望もあるし、恐怖もあるし、行動しなければとも思う。映像としても退屈しないからぜひ見に行って欲しい。

anond:20181122004829

前出の織田さんが入管関係者に聞いたところ、現在は「トルコクルド人強制送還は行えない」のだという。それは、迫害の恐れのある人を強制送還してはいけないという国際法上の原則(ノン・ルフールマン原則)があるからだろう。送還できないのであれば、メルバンさんを拘束している意味はありません。一刻も早く解放してください」(織田さん)。

拘束されているか希望してもトルコには帰れない。日本国際法により強制送還ができない。そして虐待する理由はないし、してはいけない理由はある。

2018-11-20

趣味ゲームです」って言えるようになったのっていつ?

少なくとも30年前は迫害されたからオタ趣味はひたすら隠してた

2018-11-19

無辜の人々など本当に存在したのでしょうか?」という問いは正しい

そりゃ、当時の大日本帝国にあっては、直接的に皇軍に加わりアジア諸国侵略したわけじゃなくとも、多かれ少なかれ悪事に加担はしていただろう。

工場勤務の青年は、他国侵略する兵器を作っていたかもしれない。銃後の婦女子であっても、息子や夫を戦地に送り出して侵略片棒を担いでいたかもしれない。軍人とは縁遠い教師が、軍国主義子供たちに吹き込んでいたかもしれない。

あるいは生まれたばかりの赤子であっても、その子に乳を含ませた母親は、植民地から収奪してきたコメを食べていたかもしれない。とすればその赤子の幸福もまた、植民地の人びとの血と汗の上に成り立っていたことになる。

この世界の片隅に』で主人公が泣き崩れるシーンを想起されたい。あのシーンは、自分たちの「平穏日常」が植民地から収奪の上に成り立った「暴力であると気づくシーンであり、主人公自覚していなかった「責任」を突きつけるシーンだった。

そういう意味で「無辜の人々など本当に存在したのでしょうか?」という問い自体は正しい。が、同時に、その問いを「この文脈で」持ち出すのは間違っている。

第一に。なるほどそういう意味で「責任」はあろう。だが、それは核の炎で焼かれても仕方ないほどの「罪」なのか。

ホロコースト計画・実行した連中だって、生きたまま焼かれはしなかった。ニュルンベルク裁判死刑宣告を受けた死刑囚たちは、どれだけ残虐なナチであろうと絞首台に吊るされる程度で済んだ。

それなのに、戦争犯罪侵略命令したわけでも実行したわけでもない、せいぜい「喝采を叫んだ」「止めなかった」「のうのうと暮らしていた」程度の人たちが、あんな殺され方をしていいのか。

罪には軽重というものがあり、罰はそれに応じたものであるべきだろう。

被抑圧者の膏血を絞って暮らしいたことに対して、下の世代から糾弾され反省を迫られる程度のことは受け入れるべきだ。でも、原爆で焼き殺されてもいいなんてとても思えない。

第二に。その論理敷衍していくとヘイト野郎テロリストどもにお墨付きを与える結果になるだろうが、それでもいいのか。

たとえば現在中華人民共和国による少数民族への迫害に、中国人民は責任を負っている。外国観光旅行に出かけるような都市部の裕福な人びとの暮らしを支える資源の一部はチベットから収奪してきたものだし、彼らの享受するテクノロジー新疆ウイグル人監視することによって発展してきた側面もあるし、彼らの抱くチベット人やウイグル人への偏見政府による民族弾圧を側面からアシストしている。

では、彼らには迫害弾圧への責任があるから秋葉原で楽しく観光しようとしたときヘイトスピーチを浴びても仕方ないと、暴力的なデモによって威圧されても仕方ないと、そういえるのだろうか。あるいは、だからテロで殺されても仕方ないといえるのだろうか。

アメリカは悪の帝国から、その経済的中枢にあるニューヨークの人びとがビルに突っ込んだ飛行機に殺されても正当性があることになるのか。イスラエルパレスチナ侵略しているから、イスラエル空港で銃を乱射して民間人虐殺しても正しいといえるのか。

世界貿易センタービルにいた人びとは、アメリカ帝国主義による他国への侵略経済的収奪責任の一端を負っていた。ロッド国際空港にいたイスラエル市民は、イスラエル植民地主義に加担していた。だから彼らは崩れ落ちるビルに巻き込まれても仕方なかったのか。だから彼らは自動小銃で撃ち殺されても仕方なかったのか。

無辜の人々など存在しない。現に私たちは今も外国技能実習生の汗と涙で育った安いレタスを食べ、ブラック企業にすり潰された人々の血で染まったシャツを着て、過疎地押し付け発電所から電気供給されて暮らしている。現代日本で豊かな生活を送る私たちには責任がある。だがそれは、私たちが惨たらしく殺されてもよいことを、決して意味しはしないのだ。

2018-11-17

被害者属性加害者非難するのは勇気がいるな

結婚10年「元専業主夫」が33歳で離婚した理由 | 離婚リアル | 東洋経済オンライン | 経済ニュース新基準

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/toyokeizai.net/articles/-/248999

ブコメ見ていると、例え有責配偶者であっても女性を表立って非難するのは難しいことだなって思うな。

被害者カテゴリーとして擁護することが決まってる人達加害者に回ってしまうと、うちらも本当に困るんだよ。

勘弁して欲しいよ。

韓国人原爆揶揄する件もそうだったけど、

ユダヤ人パレスチナ人攻撃する

・スーチーさんがロヒンギャ迫害する

欧州イスラム難民女性セクマイ差別し、果ては反ユダヤ主義同調する

こういうのは本当に匙を投げたいよ。

加害者カテゴリーで、実際に加害する人間だけだったら抵抗理論もずっと楽に組めるんだけど。

2018-11-16

anond:20181116181404

オタク迫害に際して、自力対処する

肚を括って行動する有り様は自由主義者にとって好ましい

今のフェミは、自助自律尊厳を失い、ぬるま湯に浸るだけの豚になった

下衆な豚は下衆な豚として扱う

フェミニストよ、自助せよ、自律せよ

ヒトとしての誇りを思い出せ

2018-11-15

anond:20181115160831

>現在オタクの主力であるお前たちは、少なくとも次に控えるオタク中高生たちへ楽しさと憧れを与え続けている

それはない 「ああなったら終わり」としか思われてない

昔の中高生オタクは、オタク情報アクセスできる手段お金が十分になかったから、それが潤沢にあり布教してくれる大人は憧れの対象だったかもしれない。でも、今の中高生オタク別にオタクコンテンツに飢えちゃいないんだからコンテンツ消費してるだけの大人に憧れる必然性がない。むしろ自分らのほうが主力で、おっさん老害ぐらいに思ってる。

まあ、同じ大人でもコンテンツの作り手には敬意を払うかもしれないよ(漫画村騒動みてるとそれもあやしいと思うけど)

でも、少なくとも、なけなしの給料を叩いてコンテンツを消費するだけ、フェミババアと同レベル喧嘩してるようなおっさんには若者が憧れる要素はなにもないし、与えてる楽しさもないじゃん。むしろおっさんたちが世間からキモがられ、オタク迫害されるようになることで、若者に恨まれるかもしれないね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん