「ロシア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ロシアとは

2018-11-13

anond:20181113094957

なんか昔、日露戦争ロシアを制したってぐらい強いスゴイ薬ってなかったっけ

anond:20181113060717

攻めてくるというのが妄想

デカすぎる領土支配すること自体が苦行だから中国ロシア領土を獲得したいと本心では思っていない

外征志向が強いのはむしろ日本のほう

狭い国を支配できているからでかい領土を得たらそのまま単純に比例した国力が得られると勘違いしてるのが日本

anond:20181113062027

建前「ミサイル防衛のためイージスアショアを装備します」

本音ロシア中国全域を射程に収める巡航ミサイル発射基地米軍と一緒にやりーまーす」

建前「これはただのヘリ空母です 憲法に反してません」

本音「実はちょっとした改造で軽空母になるんです 大日本帝国海軍ばんざ~い」

2018-11-11

各国女性の「上方婚率」

ソースはFamily and Changing Gender Roles IV

パートナーのいる女性の内、稼ぎが夫未満の者の割合

[][]2018年11月10日土曜日の増減

サイト\日付2018-11-042018-11-052018-11-062018-11-072018-11-082018-11-092018-11-10合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article-112421726831イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/1002230330アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000011152フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000590アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000000084ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/124231220066アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/80011235849アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/40111816465549アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/021203018507アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/00120204024アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/01000205111アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/00100005517アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0001001441アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/11011005267アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/00003002951アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/20120-127357アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/12211103373アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/00211-102201アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/04100007824アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/414512112819アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/00000003445アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/2-1-100009021アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/0002001719アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000599カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/000112010224アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/423101123823アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/10111011942アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/01002201718アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/-1000000275アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00120001256アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/00000002126アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000577カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000103カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/344544129532イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/012001014860イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/-13110206616イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/-111111020249イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/00000102746イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/0-1-11-34221827イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0010000192イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/361613511842236イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/101225142657イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0010000736イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/0001100368イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003187アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0002000448フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/001-10001350フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00102001215フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/0000000293ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/010001-12781ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000072イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000251イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000081トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000165イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/20000006264カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/00000001639イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000234インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0001000959インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/2-1010004361オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0000000540ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0001100819タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00040011852シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000000356インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/-1200000723ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000000276ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00000003081イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000390イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000243台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/01-21-410844香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/0000101113中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000194中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-11-10

勉強しに日本に来ている外国人への援助が批判されていることについて

ここに書く意味あるか分からないけれど取りあえず殴り書き

私は欧州留学中なんだけれど、こちらで外国人学生と知り合う機会も少なくない

出身国ロシアとかの東欧だったり、ベトナム中国などさまざまだけどみんな私よりはるかに優秀で、勤勉。

中東の人はまあ……例外かも)

ベトナム人と話してたとき日本奨学金を受け取れるベトナム留学生は限られた優秀な生徒だけだとその友達が言っていた。

優秀な外国人海外から輸入すること、良いことだと思うんだけどな……

遊んでばかりの日本文系大学生奨学金あげるよりも、これから日本科学技術発展に役立ってくれるかもしれない人材奨学金をあげる方が有益じゃないのか。

(誤解を避けるために: 文系批判したい訳ではなく、勉学をしない学生理系文系関係なく給付型奨学金をもらうべきではないと思う。お金もったいない

外国人への奨学金批判するのは外から見ていて意味不明だし、それこそが差別的に見える。

長期的な視点を持てばいいのに。

欧州の貧しい国(特に東欧)には若者が残っていないらしい。

みんな西側諸国に行ってしまうから

特に大学無料な国に行く人が多い。

日本も上手くやって、アジア発展途上国から優秀な人材青田買いすればいいのに、、、日本がまだなんとか先進国とみなされている今がラストチャンスの気がする。

もったいない

2018-11-08

anond:20181108132149

国の金はロシアみたいに原油無尽蔵に出でもしない限りは、税金といって国民からむしり取った金

信者から吸い上げた金で女を侍らせて豪華な御殿にすむ教祖が偉いんか

2018-11-07

anond:20181107130002

中韓的にはトランプが居る限り生きた心地がしないだろうしね

ロシアも大して味方してくれないし

ロシア「なんでもかんでも俺のせいにするな!安っぽい*****を使ってるからだろうが」

2018-11-06

anond:20181106155253

そりゃあ秀吉出兵倭寇時代の話まで現代法の論理責任追及されて当然なくらいだし、被害者にとって「済んだことだから」と言える日は永久に来ないんだよな。

生麦事件大津事件だってから蒸し返されても我が国反論する手段を持たないし、逆に元寇賠償責任モンゴルに求めることもできるわけだ。

しかし、ソ連による虐殺を訴え出る場合ロシアに訴え出るべきなんだろうか。

それともウクライナ

カザフスタン

ラトビア

古代マケドニア虐殺された小アジアの辺りの民の遺族はトルコ人と見なしていいのか、あとギリシャ現代マケドニアのどちらが賠償するのか。

世界史視野を持った国際裁判所確立が望まれる。

anond:20181106005949

全然かわるけどディスカバリーチャンネルで前やってた火星有人探査ドラマちょっと思い出した。

舞台国際協力宇宙船で乗組員はアメリカ人フランス人ロシア人日本人…みたいな感じで今の宇宙ステーションみたいなんだけど、物語火星一番乗りを競っている中国独自の探査船というのがちょくちょく出てくるんだよね。

たぶんあんなかんじで、欧米+ロシア日本中国中東アフリカ、みたいな感じでばらけてくるのかもしれん。

2018-11-05

国連真実を指摘する記事が歪める福島真実

この記事

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidosatoru/20181104-00102874/

本論は啓蒙であるが、例示が正しくない。


まずは科学事実からということで、福島県放射能測定マップを見て欲しい。

http://fukushima-radioactivity.jp/pc/


2011年2018年マップを読めば

原発事故当時と比べて放射線量が高い地域は大幅に減少している

放射線量が高い地域もまだごく一部存在している

という2点が読み取れるだろう


リスクある原発の廃絶という目標」を言い訳にして前者を無視すること、あるいは「福島被災地域の復興という目標」を言い訳にして後者無視することはどちらも科学事実に反する間違った態度であると言わねばならない。


記事冒頭に挙げられた「年間20mSvを下回るがまだ線量の高い地域重要部分なのに記事では省略されている)に子供妊婦を帰還させるべきではないという国連特別報告者報告」と「被爆による疾患の増加は有意に見られず出生時異常の増加もないという予測を述べた原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)報告」は何ら矛盾するものではない。

石戸記者は前者は「被爆リスクは高い」後者は「被爆リスクは低い」だから矛盾すると雑な論理を展開しているが、前者と後者は同じ福島でも全然違う場所の話をしていると考えねばならない。

なぜなら後者放射能の高い地域から避難が(比較的)迅速に完了したことによる結果として健康被害がなかったという話であり、暗黙の前提として今後もわざわざ危険地域に入って過剰な放射線を浴びに行ったりはしないという考えによる予測であるからである。極端な例を考えれば、「福島安全になった」という雑な考えを持って事故の起きた原子炉建屋の中で長期間暮らしたりすれば当然健康被害が出ると考えられる。

国連を全て一緒くたにしはいけないという指摘をする記者が、福島という地域を雑に一括りにして「安全」という評価を下してしまうのはとても残念なことである福島市も公的避難は行われていないし、会津などにいたってはそもそも風評被害しかない。国連と同じで福島も一つではないのだ。当たり前のことなのだが自分のことになると見落としてしまうのはよくあることであるが。


さて、問題放射線量による安全危険の線引きが実際何が適切であるかということだろう。実のところ放射線量安全危険の線引きは専門家にも難しい。

一応こんな記事を探してきたから暇なら読んでくれ。

http://tomioka-radiation.jp/2016/09/30/1msv_and_20msv.html

放射線普段から人間が浴びているという科学事実やその線量は例示しつつ、20mSvがどうなのかの名言は避けてるね。

今回国は国際的避難基準を元に20mSvを帰還の基準にできると考えているようだが、避難基準と帰還の基準は別なのでは?というのは誰もが考えつく指摘である

いや20mSv以下なら避難しなくてよいのでは?と反論が見られるかもしれないが、事故の混乱の中で住民を残らず強制的避難させる基準が高めになることは何ら不思議なことではない(そもそも隣の村が強制的非難させられてるのに自分たちは対象でないからといってのんきに住み続けてあまつさえ自主的に逃げ出す人を非難するのもどうかという気もするので基準より多くの地域で実際に避難が起こることは想定内であるべきであった)。

さっきの記事を読んだ人なら航空機乗務員目標である年間5mSvより大きな値を設定するのはおかしい(基準航空産業を不当に圧迫していると主張するようなもの)ではないかと感じる人も多いと思う。


「年間20mSv安全だと専門家は主張している」なる主張に反証を一つ上げておく。2011年時東大の教授だった小佐古敏荘氏のことを思い出して欲しい。彼は子供たちに年間20mSvまでの被爆を許容するという政府方針に涙ながらに抗議し、政府役職を辞任したのである記憶力の低い国民たちは覚えてないかもしれないが(皮肉)、当時は大きなニュースだったはずだ。

結局のところ年間何mSvまでなら安全かは専門家でさえも正確には誰もわかっていないし、小佐古氏の主張が正しいとは限らない。しかし、放射線量がまだ多めである地域子供たちを帰還させるという「人によっては泣いて嫌がること」を実施しようとするのは、まさに人権問題だと思うし、特別報告者が人権委員会話題にしようとしたこと自体は(それをそのまま結論にするのは安直であるとしても)まさにやるべき仕事だったと思う。これは決して石戸記者の指摘する福島に対する差別偏見という全く別の人権課題相殺されるべきものではない。

結論としては、国連権威(そんなもの本来最初からないのだが、国連世界政府ではないし、そもそも政府だってそんなに信頼してはいけない)を利用する人を非難し、国連への誤解を解くという目的を果たしながら、福島の一部に残る放射能問題専門家意見権威としてとり上げた上に都合の良いように解釈して自分の望む結末に捻じ曲げるという非常に残念な記事であった。



余談1:国連人権委員会について

今回の記事を見て、国連人権委員会特別報告者など要らないと単純な反応をした者が多くいた。特別報告者の報告をそのまま権威付けに使おうとする一部の反原発派の姿勢問題であったと思うが、国連人権委員会あるいは特別報告者というのは第三者委員会のようなものとして必要とされていると思う。原子力の専門家集団ほとんどが発電所建築専門家であり原子力ムラ(実際そんな村は存在しないので不当な呼称であると思うが)と貶されることもある。実際福島以前の基準やらかしていたわけで、専門家というのも常に当てになる存在ではない。(特に右派には)人権委員会日本関連での事実誤認事件が気になっている人もいるだろうが、人権委員会廃止を唱えることはロシア中国北朝鮮安全保障委員会ですら問題になるレベル)における人権侵害問題を軽視することにもつながると考えるべきだろう。


余談2:実際どの地域避難者を帰還させるべきかという政治判断問題についての個人的意見

もう一度2018年福島県放射能測定マップを見て欲しい

http://fukushima-radioactivity.jp/pc/

年間20mSvは一時間あたりに治すと2.3μSvである地図オレンジ色の点に相当する(こう考えてもかなり高いし、こんなごく少数の点に人を戻していったい何をしたいのだろう)。地図を見ればもうほとんどの地域が水色から白なのである。せめて半分の10mSvか四分の一の5mSvに設定すべきではないだろうか。帰還の完了を焦らずに住民安心という福祉政治的にも重要視すべきだと考える。

2018-11-04

はてブ韓国批判したり嫌いだと言ったりするとネトウヨだのレイシストだの言われるんだが

はてブ韓国批判するとネトウヨだのレイシストだの言われるの、ほんと納得いかない。

今回の徴用工の件もそうだし、そもそも対馬仏像盗難事件も未だに韓国という社会全体が盗難正当化しており、ほんと気持ち悪い国だなと思う。



で、更に腹立たしいのが、はてブ韓国批判したり嫌いだと書くと、ネトウヨだのレイシストだのとレッテルを張られ、idコールが飛んで来ること(idコール廃止されたか)。

と言っても、日常的に他国貶める記事を探しているわけではなく、せいぜい数ヶ月から1年に1回程度の頻度で、今回のように大きな問題が出てきたときに、

「またか」と思ってはてブコメントする程度なのだが、その度に「ネトウヨ」だの「宇予くん」だの「排外主義」だの「レイシスト」だのと、罵倒の圧が凄い。

もちろん、自分は嫌いだとか腹立たしいと書いているだけで、大した意見ではないから、大したコメントが来なくても別にいいんだけど、自分右翼でもレイシストでもない。

国民性文化政治方針等々を総合して、好きな国と嫌いな国があり、それが韓国だというだけの話で、その感情排外主義でも差別でもないと真面目に思っている。

(ちなみに韓国映画や韓国ドラマはネットリして大抵あまり面白いとは思わないけど、別に嫌いではない。K-POP日本アイドルよりダンスが巧いとは思う。)



誤解してほしくないのは、正当な批判はともかく、嫌いだということが「お上品な行為」ではないことは自分理解している。

だけどリアル韓国人の友人に言ったところで彼らにもどうしようもないし、他に言うところがないのだから、こういう便所の落書きもたまにはネットに書いている。

それに、これまでもずっと新聞社テレビ局のようなところが国別の好感度を聞いており、好き・嫌いを言うことで、なぜ差別主義や排外主義レッテルを張られるのと思う。



で、なぜそんなことを書くのかというと、誰かがトランプ政権アメリカが嫌いだと言っても、あるいは北朝鮮が嫌い、ロシアが嫌い、中国が嫌いだと言っても、

もしくは日本死ねと言っても、まあ「嫌い」に値する理由があるから仕方ないよねという感じで、韓国のような集団的批判の圧はほとんど出てこない点だ。

まりはてサと呼ばれる人たちは、韓国は守ってるけど、あるいは安田某というジャーナリストは守ってるけど、別にアメリカロシアも守ってないんだよね。

何か特殊な「自分たちが守りたい特定の層」がいて、その柔らかい部分を指摘すると大変な圧で批判が来るわけです。

[][]2018年11月3日土曜日の増減

サイト\日付2018-10-282018-10-292018-10-302018-10-312018-11-012018-11-022018-11-03合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article352106026815イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0101100322アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000000150フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000590アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/000000084ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/3143223-120051アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/21431105834アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/11145713565505アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/0-11131018499アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/00014004019アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/00011215108アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/10010005516アメリカ 新聞
The Hill ttp://thehill.com/0000000439アメリカ 政治新聞
Time ttp://time.com/00001215263アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/00100-102948アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/1-10-13-3-107351アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/00000203365アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/061-21012198アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/21021107819アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/52733-6-712801アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/10000-103445アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/00221-209021アメリカ 放送局
Yahoo! News ttps://www.yahoo.com/news/1200020716アメリカ ニュースサイト
Vice News ttps://news.vice.com/0000000599カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/100100010220アメリカ ニュースサイト
International Business Times ttp://www.ibtimes.com/0000000528アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/250114123811アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/23201101937アメリカ ニュースサイトNewsPicks傘下へ
Vox ttps://www.vox.com/01121001713アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0100001276アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/00010501253アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/10010002126アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000577カナダ 新聞
Financial Post ttps://business.financialpost.0000000103カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/342941-929507イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/104102014856イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/0002-1-1-56610イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/-110-11-5-420245イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/00000002745イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/-21-2-1-1-1121825イギリス 週刊新聞
Evening Standard. ttps://www.standard.co.uk/0000000191イギリス 地方夕刊紙
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/16258129-15-3842174イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/733110142645イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/1000101735イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/00366イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/01000003187アイルランド 新聞
Le Figaro ttp://www.lefigaro.fr/0101001446フランス 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/01000001350フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00001001212フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/0000000293ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000463ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00000002780ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000225スウェーデン ドイツニュースサイト
La Stampa ttp://www.lastampa.it/000000072イタリア 新聞
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0001000251イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/111000081トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000165イギリス ニュースサイト
Middle East Online ttps://www.middle-east-online.0000000495イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/101003-16262カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/00000111639イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000100234インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000000470インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000000958インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000141パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/10001004359オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/1000-100540ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0111000817タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com01000001847シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0000000356インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/010-1000722ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000000276ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/31101013081イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000110390イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000000243台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/1100-2-20847香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/3000000111中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0010000194中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000244国連機関 ニュースサイト

2018-11-02

anond:20181102114802

そういう意味では本当の『左翼』なんて、今はどこにいるんだろうね?ロシアにも中国にもいなさそう。

中国共産党なんて『左翼』なんだろうか?

2018-11-01

anond:20181101214026

日本強制労働させたんじゃないよ

強制労働はそこに「ある」んだよ

自国民をそこに送り込んだ韓国政府こそ悪なんだよ

日本ロシア強制労働国民を送り込んだことがあるから、そのことを言ってるなら、日本も悪いなあよくないよくない

2018-10-31

anond:20181031230120

今のロシアですら、ソ連時代の対外債務を20年かけて返済したんだが…

2018-10-30

[]劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~

劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでネタバレ嫌な人は回避推奨です。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向け。

総評

なんと100点。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」。とは言え、これ、評価難しい。良いところと悪いところと混在しつつ、今の自分からこの点数なんだけど、ちょっと違う自分だったらこの点数は著しく下がっていたんじゃないかと思う。いつにもまして主観的な点数であり他の人におすすめする自信がない。

アニメとしての出来は良かった。演出音楽なんかも水準以上の仕事をしてたんだけど、キャラデザ脚本声優の3点がそれ以上の出来だった。しかそもそも企画で疑問な点も多々ある。

無茶ぶり企画

大体の話原作マンガはいからさんが通るからして相当ボリュームが大きい作品なのだTVアニメ42話やっても完結できてないのがその証拠で、その原作を100分ちょいx2の前後編にまとめるということが最初から無理難題

から素直に作れば駆け足どころかダイジェスト気味になり、点数なんて30点前後になるのが当たり前だと思うのだ。今回の劇場版は、その問題に対して、脚本とか演出技術とかをぶっこんで善戦してたことは確かなんだけど、それってつまり「ハンデを克服するための戦力投入」に他ならないわけで、100点から先に積み上げていく役に立ったかと言えば難しい。

原作ジャンルは一応ラブコメということになると思うのだけど、原作はいからさんが通る』には実は様々な要素が詰め込まれている。主人公紅緒と伊集院少尉の間のラブロマンスを中心としつつも、大正期うんちくマンガの側面、スラップスティックギャグの要素、膨大な登場人物群像劇、そして女性の自立というテーマももちろん重い。

今回の映画企画では、これを前後編で本当にうまくまとめてある。駆け足感は否めないもの違和感は感じない。このへん優れた原作映画脚本の特徴でもあって、印象は原作に忠実なものの、実を言えば改変は結構大胆にはいってる。

今回映画で例を上げれば、大震災後の炎上する廃墟をさまようのは映画では紅緒、少尉編集長という3人なのだが、原作ではさらに鬼島を入れた四人だ。三角関係描写とその解消をクライマックスの中心に持ってくる構成シンプルに伝えるため、鬼島は退場させてあり当然セリフ再構成圧縮されている。

しかし一方でそういう技術的な圧縮だけでは全く追いつかないわけで、群像劇的なキャラクターを絞り、ギャグパートほとんど捨て去って、映画で残すのは「主人公紅緒を中心とした(はっきり言っちゃえば伊集院少尉と青江編集長との三角関係ラブロマンス」と「大正ロマン期の女性の自立」というふたつの大きなテーマに絞った。その判断は正解だと思う。

正解だと思うんだけど、じゃあそのふたつが現代的な視点で見て満足な出来に達しているかといえば――この部分が評価に迷った原因だ。

ダメピープルどもと光のプラスワン

はいからさんが通る』の原作からそうなので、映画(だけ)の問題点というわけではないのだけれど、個人的見解で言うと登場人物のメインどころのうち三人がダメピープルだ。

初っ端から大戦犯のラリサ=ミハイロフ。ロシア貴族である彼女は、満州出征中に部下を救うために突出して倒れた伊集院少尉を見つけ、その命を救う。しか戦争の傷跡で記憶を失った伊集院少尉に、自分旦那(死亡済み)の面影見出し、都合よく嘘記憶刷り込みして、自分の夫として病気自分の世話をさせるのだった。

いやあ、ないでしょ。どんだけよ。しかも病弱な自分を盾にして伊集院記憶を取り戻したあとも関係強要するのだ。クズでしょ(言った)。一応言葉丸めダメピープル(女性なのでダメンズではない)と呼んでおく。

じゃあ、そのラリサの嘘の被害者たる伊集院少尉主人公紅緒の想い人)はどうなのかと言えば、彼もまたダメピープルなのだった。記憶を失っていた間はまあいいとしても、記憶を取り戻し紅緒と再会したあとも、病弱なラリサの面倒を見るために彼女のもとにとどまり続ける。命の恩人だと言えばそりゃそうなのかもしれないが、周囲の誤解をとくでもなく、未来への展望を示すのでもなく、状況に流されて、紅緒のことが大好きなくせに「他の女性を偽りとはいえ面倒見ている関係」を続ける。続けた上でそれに罪悪感を覚えて、紅緒から身を引こうとする。

それだけなら海底二千マイルゆずってもいいけれど、ラリサが死んだあとは紅緒のもとに駆けつけるあたり、手のひら返し恥知らずと言われても仕方ない罪人である(言った)。っていうか伊集院少尉ラリサ関係は明らかに共依存でしょ。カウンセリング必要だよ。

とはいえ主人公紅緒もけして潔白とはいえない。病気ラリサに遠慮をして、二人の間の愛情を誤解して別れを告げられ、告げたあと、心がフラフラしている時期に、少尉実家を助けてくれた編集長にほだされて交際宣言。他の男性伊集院少尉のこと)を心に宿したまま、編集長結婚式まで行ってしまう。それは伊集院少尉に対してもそうだけど、青江編集長に対してはより罪深い。その嘘はやっぱり問題だと言わざるをえない。

――こういう恋のダメピープルトライアングルが炸裂して、映画の前半は結構ストレスが溜まった(この辺個人差はあると思う)。このダメピープル共が。問題解決しろ

まり北川悦吏子なのだ

両思い恋人がいい雰囲気になって決定的にくっつきかけたところで、理不尽トラブルが起こり二人は引き裂かれる! どうなっちゃうの二人!? 以下次週!! で、次週になってトラブルを乗り越えて、またいい雰囲気になると今度は二人が(独りよがりの)善意から身を引くとか、ずっとお幸せにとかいい出して、誤解のすれ違い。神の見えざる手によってやっぱり二人は結ばれない!

連続ドラマのアレ。アレなのですよ(机バンバン

北川悦吏子だ!」といったけどそれは北川悦吏子女史の発明品というわけではなく、自分の中での代名詞彼女だと言うだけなのだけど。もっと言うのならば、年代的にみても北川悦吏子が『はいからさんが通る』やら『キャンディ・キャンディ』に影響を受けた可能性は高く、むしろ原点はこちらだ。イライラは軽減されないが。

そんなイライララブロマンス時空において癒やしは青江編集長である

光のプラスワンこと青江冬星はまっとうで良い人なのだ。登場時は女性アレルギー(と大正時代的な女性蔑視)があったものの、雇用主として新人編集者である主人公紅緒を導き、支え続ける。その人柄に触れて、紅緒に対する愛情自覚したなら、変にこじれぬように即座に自分の口から誤解の余地のない告白を行う。これ以上イライララブロマの炎症を防ぐその手腕。良いね

しかも「お前の心に伊集院がいるうちは土足で踏み込まない」「いつかその気になったとき思い出してくれれば良い」といって加護者の立場に戻る。見返りを求めず、高潔で、慈悲深い。癒やしのキャラだ。

読めば分かる通り自分編集長推し原作当時からだ)なので、そのへんは差し引いてほしいのだが、ダメピープルの中にあった彼が一服の清涼剤であったのは確かなのだ

この映画のおそらく二大テーマである「紅緒を中心としたラブロマンス」はダメ人間もの間違った自己犠牲イライラするし(加えて言えば、何の罪科もない編集長貧乏くじも納得し難いし)、「大正ロマン期の女性の自立」については、無邪気と言えば聞こえはいいが無軌道体当たり主義の紅緒の迷惑編集長が尻拭いし続けるという構造なので、本当に自立しているのか怪しく、どっちもそういう意味ではスカッとしない。

まりこの映画は(原作込みで)イライラする。

60点。レビュー終わり。解散!!

大正東京の迷い子

でも、そうじゃないのだ。そうじゃなかったのだ。

上映終了後、イライラ&60点だと思っていたら、意外なことに結構穏やかな満足感があったのだ。この気持ちはなんだろう? 不思議気持ちで、言語化時間がかかった。

なぜなのか考えた。

紅緒が可愛いあんだけダメな娘なのに、可愛い

やったことや構造を追いかけていく限りイライラキャラではあるはずなのに、可愛い

やばいことに原作よりも可愛い

現代的に変更したキャラクターデザインと、作画と、なによりその声が印象的なのだ

作中、紅緒は本当によく「少尉」という言葉を口にする。二言目にはそれだ。

このおてんば娘は作中のセリフの大半が「少尉!」なくらい連呼なのである伊集院少尉のいるシーンでは脳内その声でいっぱいなのだ。声の表情というか、演技が本当に良かった。

少尉の事で頭がいっぱいで、東京から満州に行き、馬賊親玉体当たりで話を聞き、少尉を探して駆け巡る。東京に戻ったあとも諦めきれず、その面影を探して、亡命ロシア貴族にまで突撃を掛ける。紅緒は、たしかに、周囲を顧みない行動主義で、無鉄砲なおてんば娘で、そこにはイライラさせられる要素があるにせよ、少尉を求めてさまよう姿は、涙を一杯にたたえた幼子のように見える。

それでようやくわかったのだけれど、結局紅緒は子供だったのだ。

少なくともこの劇場版後編において、紅緒は迷子の子供だった。

愛する伊集院少尉とはぐれて、彼を探すために声の限りにその名を呼ぶ子供だった。

それが胸を打ったし魅力的だった。スクリーンこちから彼女を助けたいと思った。

劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』は迷子の紅緒をハラハラキドキしながら見守り、応援する映画なのだ

大正ロマン期の女性の自立」というテーマに対してイライラするのも当たり前だ。彼女は行動力だけは溢れていて、家を出てしまうわ、死んだ(と思いこんでいた)婚約者実家に行って支える手伝いをするわ、女性ながら出版社就職するわするのだが、どれも力が足りずに周囲に迷惑を掛けてばかりで、そういう意味では「自立」はしきれていない。むしろトラブルメーカーだ。でもそんなのは子供から当たり前なのだ

彼女はその実力不足から失敗してしまうけれど、チャレンジをするのだ。失敗はチャレンジの結果であり、チャレンジをするという一点で彼女の幼さは正しい。

前述したとおり自分推しは青江編集長なのだけれど、彼は作中、何らミスらしきことをしていない。つまり罪がない。罪がない彼が、恋愛において自分の望んだ愛を手に入れられない(紅緒は最終的に伊集院少尉とくっつく)のが納得がいかなかった。その理不尽さにたいして原作読了時は腹がたったのだけれど、今回映画を見終わってしばらく考えたあと、仕方ないのかもと、やっと思うことができた。

なぜなら紅緒は(この映画物語の期間では)未熟な子供からだ。その子である紅緒が、青江編集長という加護者とくっついてしまうと、その保護力のお陰で自立できない。青江編集長は全く悪意はなく、むしろ大きな愛情で紅緒を守るだろうし、その実力がある人だろうけれど、その愛情は空を羽ばたく紅緒にとっては重すぎる。

はいからさんが通る』は紅緒が自立していく物語ではなくて、未熟な子供である紅緒が、自立のスタートラインに立つまでの物語なのだ。だから作中で自立してないのは当たり前なのだ

無鉄砲子供で、何かあればすぐべそべそと泣き、でも次の瞬間笑顔で立ち上がり再び駆け出す紅緒は、この映画の中でとても可愛らしく魅力的だった。

その紅緒は自分の心に嘘をつくという罪を犯し、同じく自分の心に嘘をつくという罪を犯した伊集院少尉と結ばれる。伊集院少尉少女漫画約束として「頼りになる加護者」として登場したが、罪を犯して紅緒と同じ未熟者のレイヤーに降りてきた。降りてきたからこそ「これから自立するいまは不完全な紅緒の同志」としての資格を得た。

青江編集長は同志ではなくてやはり保護者だから、どんなに良い人でも、「これから一緒に成長していく同志」にはなれない。

考えてみれば、紅緒が少尉を好きになった理由は「優しい目で見てくれたから」だった。けっして「助けてくれたから」ではない。彼女にとって助けてくれる(実利)は重要ではなく、ただ単にそのとき自分を見ていてくれれば十分だったのだ。

そういう意味で、青江編集長スパダリであり、伊集院少尉スパダリから降りて結婚相手になったといえる。宮野Win。「立川オワタぁ!」とか「ちゃんちゃんちゃんちゃんか♪」とか言い出さないんで、格好いい主要キャラみたいな演技だったからな。

顔を上げて光に向かって

そういうふうに言語化が落ち着くに連れて、紅緒の親友・環がしみじみと良かったな。と思えた。

「殿方に選ぶのではなく自らが殿方を選ぶ女になるのですわ!」と女学生時代気炎を上げていた彼女大正デモクラシーにおいて「女性の自立」を掲げて紅緒とともに時を過ごした親友である彼女

でも、彼女と紅緒の間にあるのは思想共鳴なんかではなかったと思う。

女性の自立」と言葉にしてしまえばそれはどうしてもイデオロギー的な色彩を帯びざるをえないけれど、本作においてそれは、そこまで頭でっかち教条的ものでもなかったのだろう。

劇場版サブタイトル元ネタはおそらく菊池寛短編小説「花の東京から来ているのだろうけれど、そこで描かれた女性(の自立と言っていいのかなあ)も、現代フェミニズム的な意味でのそれではなかった。どちらかと言えば「どんな環境でもめげずに生き抜いてゆく」という、ただそれだけのことだった。

それはもしかしたら、現代価値観ではむしろ非難される態度かもしれない。なぜなら、男性支配的な社会で「めげずに生きる」というのは、ときその男支配社会迎合しているようにも見えて、原理主義者には利敵行為とされるかもしれないからだ。

でも人間は結局与えられた環境ベストを尽くすしか無い。まだまだ男権社会的な大正社会も、作中クライマックスで描かれる関東大震災崩壊した東京も「与えられた環境」だ。

その与えられた環境の中で酔っ払って肩を組み、愚痴を言い合いながらも諦めずに笑い合う同志として、紅緒と環のコンビ尊い

ことによると、紅緒と伊集院少尉のそれよりも確かな絆があったのではなかろうか?

いつどんなときでも、どんな環境でも、うつむかず、意気軒昂と拳を突き上げて、笑顔で生きていこう! 女学生時代無鉄砲友情のそのままに、二人は大正という時代自分人生を描いた。

女性の自立」と主語をおけば、それは成功したり失敗したりしてしまう。でも彼女たちが持っていたのは、成功したり失敗したりするようなものではない。どんな環境でもくじけうず、へこたれず、転んでも立ち上がって歌を歌いだす。それはイデオロギーではなく心意気の問題なのだ彼女たち二人のあいだにあったのはモダンガールとして時代を先駆ける思想などではない。ただ単に、お互いがかけがえのない友達で、楽しかったのだ。

女の子は元気よく未来に向かって生きる!」。紅緒が愛しく思えたのは、多分その一点だったし、伊集院少尉彼女を愛したのもその一点だった。本作では描写が欠如していた伊集院少尉も、そのテーマに沿うなら、大震災後の東京意気軒昂未来をつくるべきだ。紅緒同様「未熟者の仲間」になった彼はそれが出来るし、その義務もある(でないと編集長はほんとうの意味道化者になってしまう)。

原作を読んだ学生時代には持てなかった視点をみせてくれた。その意味合いにおいてこの映画には100点をつけたく思う。

今期アニメ大体見た。

今期は豊作揃いだと思うんだけど、その中でもオススメできるのがまとまったのでメモ代わりに書く。ここに載ってないアニメは見てないか切った。載ってないものオススメあったら教えてくれ。見るから

絶対オススメ

青春ブタ野郎バニーガール先輩の夢を見るか

毎話面白すぎる。空気感も最高。キャラかわいい主人公はウザい。もうすべてを兼ね備えてると言っても過言ではないアニメ。これ見なくて今期何見てんの?って感じあるレベルで超オススメタイトルだけで食わず嫌いしちゃダメだなって思った。

やがて君になる

百合先輩とノンケ後輩の百合アニメっぽくて百合じゃないアニメ後輩ちゃん主人公なんだけど、女の子どころか人を好きになるっていう感覚がないので先輩から一方的好意嫌悪感抱いたり呆れたりするんだけど段々その気持がわかってきて…っていう話。もう最高。尊すぎる…。毎話終わるごとに悶まくるレベル百合アニメ好きとかそういう人じゃない人にオススメ

主題歌最高枠

SSSS.GRIDMAN

どう考えてもOPはこれが最も最強。話もスゲー面白い。ボロボロPCヒーローが映ってて記憶を失った主人公ウルトラマンみたいに変身して街に現れた怪獣と戦うアニメ。なんか他のアニメリメイクか続編っぽいけど知らなくても全然楽しめる。

RELEASE THE SPYCE

OP大好き。忍者女子高生シナモンとかローリエとかを加えると超パワーアップするっていうよくわからない特殊能力を持ったアクションアニメなんだけどキャラデザが**ゆるゆりなもり先生で大体かわいい。**師匠弟子のタッグで基本的に行動するんだけど、その2人の関係性も良いし作画も最高。あと主題歌が良い。

面白い、普通にオススメ

ゾンビランドサガ

佐賀県舞台ゾンビ女の子アイドルを目指すっていうコンセプトがよくわからないけどキャラゾンビのくせにかわいい。2話のラップバトルで一気にファンが増えたけどあのクオリティは流石に納得もの

うちのメイドがウザすぎる!

かわいすぎるロシア幼女とその子が好きすぎる変態メイドの話。メイド変態すぎて見てるこっちがヒくレベルだけど普通に毎回笑えるし優しい気持ちになる。

転生したらスライムだった件

よくある異世界転生ものだけど転生先がチート能力を持ったスライムっていう今までとちょっと違った感じ。主人公が37歳なのに転生したら声が女の子になってるし俺も転生して女の子の声になりたい。

ゴブリンスレイヤー

ゴブリンを殺すことだけを生きがいにした全身鎧マンとそれに付きそうかわいい神職者の女の子ちゃん…(*゚∀゚)-3 ゴブリンを殺すだけで生きてきた主人公ゴブリンに対する執着度がすごい。面白い。

ソードアート・オンライン アリシゼーション

秘密保持のため、フルダイブ中の記憶を無くすゲームをやってたキリトがどうしても思い出せない昔のヒロイン名前は…っていう過去を取り戻す系の話。いままでSAOとはちょっと違った形で、プレイヤーキリト1人、残りはNPC(なのか?)っていう展開で話が進んでいく。SAOイキリトとか言ってバカにされるけど見ると普通におもしろいよオススメ

抱かれたい男1位に脅されています

中々良い…毎回男の喘ぎ声が15分ぐらい聞こえるアニメ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

もうジョジョアニメも5部まできたけど、段々漫画に絵が寄っていてどんどんどんどんクドくなっていく。なんか世の中が思ってるジョジョっていう感じ。変なポーズの止め絵でよくわからない決め台詞が出てくるような感じのアレが5部ではたくさん見れると思う。

ブヒ

となりの吸血鬼さん

可愛すぎる吸血鬼の家で同棲する女子高生の話。これがきらら枠じゃないなんて信じられないよハニー。

アニマエール

チアに憧れる女の子チアを諦めた女の子の熱いキャッキャウフフムーチョムーチョアニメ

あとは個人的

とある魔術の禁書目録

これは3期だから全く見たことない人や原作読んでない人は全く意味わからんと思う。加えてあんまり熱い展開にまだなってないからこれからの展開に期待。

以上です。よろしくねがいします。

2018-10-29

右傾化してるのってなんでだろう

日本だと安倍かいカスが長年やってるし、アメリカトランプみたいなロシア傀儡のクソが当選してるだろ?

なんか南米も似たような動きがあるし

まあ別にどうでもいいんだけど、なんでだろうっていう純粋な疑問はある

[]2018年10月28日日曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
005618978338.961.5
01397615195.377
0222192387.446.5
03182225123.673
04203316165.872
05202453122.760.5
0620143972.071
07404528113.254.5
0860450775.148.5
09394042103.640
1067590988.241
11819155113.054
12748276111.844.5
1393806886.838
149910400105.141
1510416299156.755.5
16122658954.029.5
17728659120.343
1893740179.641
19
20
21
22
23
1日1139131782115.747

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(127), 自分(93), 話(67), 今(54), 日本(51), 女(43), 増田(42), 意味(37), 気(37), 人間(36), 男(35), 問題(34), 東京(34), 好き(34), 関係(31), ー(27), 他(27), 地方(26), 相手(25), 仕事(25), 前(25), 最近(24), あと(24), 理解(23), 普通(23), 言葉(23), 金(21), 理由(21), 現実(21), オタク(21), 存在(21), キャラ(20), 嫌(20), 男性(20), 必要(20), 全部(19), 状況(19), 逆(19), 感じ(19), 気持ち(18), 批判(18), ただ(18), 時間(18), 自己責任(18), 田舎(18), ネタ(17), 女性(17), しない(17), バカ(17), 場合(17), 当たり前(17), 社会(17), 多く(16), ハロウィン(16), 夫(16), 頭(16), 世界(16), ダメ(16), 間違い(15), 一人(15), 昔(15), エロ(15), 別(15), レベル(15), 子供(15), 文句(15), 時代(15), 人たち(14), 妻(14), ネット(14), 結局(14), 心(13), 結果(13), 情報(13), 意識(13), 手(13), 最初(13), 結婚(13), 安田(13), 漫画(13), 全て(13), コメント(13), イメージ(12), 自体(12), じゃなくて(12), 今日(12), 馬鹿(12), 否定(12), 渋谷(12), 国(12), 認識(12), 内容(12), 世の中(12), 完全(12), 周り(11), 価値(11), 目(11), 主張(11), 意見(11), 例(11), 戦争(11), 表現(11), お金(11), 事実(11), 面倒(11), 性欲(11)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

日本(51), 増田(42), 東京(34), 自己責任(18), 安田(13), 渋谷(12), じゃなくて(12), 元増田(10), 貧乳(10), 巨乳(10), アメリカ(10), 萌え絵(9), 23区(9), 発達障害(9), はてブ(8), アイコン(8), フェミ(8), インドネシア(8), ツイッター(8), 昭和(8), キモ(8), 価値観(7), スマホ(7), U(7), 東京人(7), いない(7), キモい(6), 抱き枕(6), OK(6), なんだろう(6), わからん(6), Twitter(6), 可能性(6), 低身長(6), イケメン(6), キモオタ(5), ブコメ(5), ジェンダー(5), 軽トラ(5), 専業主婦(5), ツイート(5), 京都(5), 消費者(5), togetter(5), SNS(5), 夫婦(5), ブログ(5), 中国(5), いつまでも(5), KKO(5), ポリコレ(5), 何度(5), 安田純平(5), 娘(5), 練馬(5), なのか(5), 特別区(4), PC(4), ガチ(4), 吾妻ひでお(4), マジで(4), hatena(4), …。(4), 自己責任論(4), いいんじゃない(4), リアル(4), ホッテントリ(4), 発達障害者(4), ブクマ(4), 安倍政権(4), 仕方がない(4), 2人(4), 最低賃金(4), 個人的(4), TOEIC(4), 戦場ジャーナリスト(4), 消費税(4), 韓国(4), トラバ(4), にも(4), 用語辞典(4), キズナアイ(4), 2018年(4), オリラジ(4), 経済学(4), JK(4), 筋トレ(4), 現代人(3), 多数派(3), 無価値(3), アスペルガー(3), 1人(3), 自己満足(3), 好きな人(3), 資本主義(3), 30代(3), はてな匿名ダイアリー(3), ー(3), エロ漫画(3), 10人(3), 明治(3), プリキュア(3), ユーチューバー(3), 地方交付税(3), ニート(3), 被害者(3), ネットカフェ(3), 非正規(3), あるある(3), 自分自身(3), レプリカ(3), 精神論(3), 大企業(3), 利用者(3), コスプレ(3), 数百人(3), 配偶者(3), 意味不明(3), おちんちん(3), アウシュビッツ(3), かな(3), FGO(3), なんの(3), 若い女(3), 保護者(3), 安田氏(3), 東京都(3), 国土地理院(3), 表現規制(3), フランス(3), 知らんけど(3), クリエイター(3), シリア(3), 従業員(3), 意図的(3), 魅力的(3), ISIS(3), 毎日(3), n/(3), 8割(3), B(3), 1回(3), 安倍(3), オチ(3), -1(3), ケータイ小説(3), ご主人様(3), BBA(3), モテる(3), ラノベ(3), twitter(3), .s(3), 悪いこと(3), 基本的(3), 東京市(3), ロシア(3), BL(3), アメリカ人(3), 意識高い(3), A(3), メンタリティ(3), カタール(3), 飲み会(3), どっちもどっち(3)

本日の注目単語 ()内の数字単語が含まれ記事

特別区(4), 練馬(5), 吾妻ひでお(4), オリラジ(4), 都庁(4), レプリカ(3), 23区(9), 逆進(3), 肢体(3), 所在地(4), ケータイ小説(3), 貧乳(10), 主人(6), 抱き枕(6), U(5), 安田(13), ハロウィン(16), 渋谷(12), 経済学(4), 自己責任論(4), 高尚(4), タクシー(7), 身長(10), 自己責任(18), 消費者(5), 地方(26), アイコン(8), 巨乳(10), 東京(34), 働か(7), 目標(9), 発達障害(9), 奥さん(7), 旦那(10), 田舎(18)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

. (3), https://www.kreon.(2), https://www.kreon.(2), アンチ一郎 (2), うんち (2), しゃぶれよ (2), はてな匿名ダイアリー (2), パンティー (2), 動機目的も同じなのに、精神論でいが(2), 日本 U-19 インドネシア U-(2), (2), 知らん寝ろ (2)

頻出トラックバック先(簡易)

東京人って東京以外全部「地方だって考えてるよね /20181027013205(16), ■男オタクって貧乳ネタの何が面白いの? /20181028144651(16), ■何故誰1人として安田さんを信じないのか /20181028000915(14), ■嫁と喧嘩したんだが、これ俺が悪いのか? /20181027174952(12), ■煽りとかではなく本当にわからないので教えてください /20181027200416(9), ■夫のことご主人様っていうのやめて /20181028100510(9), ■企業は潰れてもいい? /20181027151709(6), ■いちフェミニストからの、いわゆる萌え絵への真摯なお願い。 /20181028172941(6), ■ジェンダー使い /20181028110306(6), ■37歳童貞一年10人の素人女とセッススする方法 /20181027235442(6), ■「〇ン〇ー〇」に当てはまる一番ダサい言葉を探している /20181027134503(6), ■xevraは日本企業が落ちぶれるニュースを見て溜飲下げるのが好きなの? /20181026223004(5), ■結局のところ働かずに金を得ることなんて99.999999%不可能なんだよな /20181028083914(5), ■この漫画オチわからんのだけど /20181027141942(5), ■2001年宇宙の旅を見たんだけど /20181027200619(5), ■これも愚痴なのかな /20181028090040(5), ■anond20181028075157 /20181028080115(4), ■anond20181026223004 /20181028103546(4), ■叩くなら /20181028154303(4), ■夫が育休取ったら揉めて離婚スレスレまでいった話 /20181028144037(4), ■真に憎しみを増幅するのははてなスターリツイート /20181028124658(4), ■anond20181028145247 /20181028152921(4), ■ /20181028112517(4), ■パスタってペーストだったのか! /20181028091818(4), ■一生童貞何が悪いのかわからない /20181028143231(4), ■キモヲタってさー /20181027233746(4), ■マスターベーション /20181028132457(4), ■anond20181028155247 /20181028162415(4), ■デブから税金をとれ /20181028160011(4), ■東京オリンピックの無償ボランティア批判について /20181028135652(4), ■最近の若者のIT知識の無さには失望した /20181027202758(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5752570(2556)

2018-10-28

日本テロが起こるような民族対立が無くて本当に良かった

東南アジア出張してつい先月に爆弾テロ起きた現場近くのホテルレストランを利用して戦々恐々としていると、本当に日本はそういう問題が無くて良かったと思う。

ブリカスはじめとする欧米宗主国植民地政策が悪んだけど、その尻拭いさせられてる独立後の政府に同情する。

でも日本だって、19世紀に北海道ロシア領土にされて、アイヌ間接統治尖兵になってヤマトを虐めて、ソ連時代民族対立が抑えられていたけど、冷戦後吹き出しアイヌヤマトで殺し合いして、んで当然ヤマト寄りの日本政府への反感からアイヌ過激派東京地下鉄テロやって通勤中の俺が死ぬ

なんてことになってた可能性はあるんだよな。明治政府グッジョブというか。

そう言えば、こういう「現実とは違う歴史を辿った日本」というフィクションジャンルってなんて呼ばれてるの? 戦争しないなら仮想戦記ではないよね? 単にSF

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん