「鬱憤」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 鬱憤とは

2018-06-23

ジェンダーがらみでなんで炎上するのかわからないし自分やらかし

ここではリスク回避の話だけをします。あなたが内心どう思っていようが関係ありません。

女性蔑視だろうが男性蔑視だろうがなんだろうが、そういったもの矯正啓蒙しようというのは時間と労力の無駄です。省力化していきましょう。

しかし何が問題となりうるかを把握する必要はあります

危ない話題:性

性、特に女性にまつわる話題は悪気がなくとも燃えやすいです。実際に女性にチェックしてもらってその人からOKをもらったとしても燃えますし、事前にチェックしてもらって問題ないとのコメントを得たといっても火に油です。

そんな理不尽な、とお思いかもしれませんが、発言小町で「年収」というワードを出したら「私の夫の年収は〜」といった文脈でなくとも炎上不可避なのと同じです。そういうものなので仕方ありません。

よほどうまくやる自信がない限り触れるべきではありません。

いっぽう男性については言いたい放題に見えるかもしれません。旦那がどうこう、男はおごるべき、年収家事イクメンがと好き放題言ってるように見えていることでしょうし、それで炎上というのもあまり馴染みがありません。

これもそういうものなので仕方ない、と言いたいところですが、ワイドショー(平日昼に放映しているテレビ番組一種)でそのようなノリが定着しているがために、その空気を引きずった場所ではなんとなく許容されているだけに過ぎません。

男性話題についてもまったく安全だというわけではありませんので避けたほうが無難です。

危ない話題人種国籍など

から差別といえば人種、それも黒人というのは常識といってもいいくらい広く知られています

これが拡張されるというか、より広範囲になって、今では自分以外の国籍人種について語るのも危険度が増しています不用意に外国人の話などをするのはよしましょう。

ありがちな例としては「日本語がカタコトでかわいい」といった発言がありますが、これはかなりの危険を孕んでいます。少なくとも公の場ではこういった発言を控えるべきです。

危険話題全体主義的なもの感想を結びつける

少しふわっとしていますが、いわゆる「主語が大きい」とされるやつです。例えばこれと性の話題が結びついて「男性共感力に劣る」といった発言をすると、たとえ自虐であろうと炎上危険度が倍加します。

自虐なら主語自分しましょう。「僕は共感力が低いので云々」のようなものであれば、「男性」の話題ではなく「あなた」の話題なので、燃料になるものがないので燃えようがありません。

重要なこととして、たとえ否定的でないことであっても主語が大きい発言炎上します。「専業主婦家事をしっかりやってて偉い」といった発言は「専業主婦じゃないけど家事はしてますが?」「謎の上から目線がムカつく」などの反応を引き出してしまます

不要属性を省いて「友達家事をしっかりやってて偉いなあと思った」などとするか、「近所のマック専業主婦だという2人が熱心の家事の話をしててすごかった」のように主語を「専業主婦から専業主婦だという2人」まで狭めましょう。

安全話題古典故事引用

女性が居ないのでやる気が出ない」、まあそういうこともあるでしょう。しかしそれをそのまま発言するのは上に挙げたリスト抵触し、非常に危険です。

しかしそういった気持ちを表明したい、あるいは女性が居ればもっと職場なり何なりが良くなるはずだ、という話をしたい。

そういうとき歴史文学を紐解いて似た事例を引っ張ってきましょう。歴史文学は(ナチスが絡むような危険ものもありますが)概ね安全といえます

『収容所の架空少女』の原典 - Togetter

こういう有名な話を持ってきて「同様のことをやってみたい」くらいの感想をつける程度であれば、少なくとも生の気持ちを出すよりは安全になります

安全話題タバコ批判(番外)

世の中にはしていい差別と怒られる差別がありますタバコ喫煙者現代において貴重な前者です。

タバコはいくら殴ってもいいと信じられているのでどれだけヒステリックにわめいても炎上することはありません。むしろ同調者が現れて盛り上がれることでしょう。

あなた喫煙者なら複雑な心境かもしれませんが、これもそういうものなので仕方ないです。あなた非喫煙者なら日頃の鬱憤をすべてぶつけましょう。

しか安全はいえ、品位を欠いた発言を公にするのは差別炎上とは関係なくレピュテーションリスクに関わるので注意しましょう。

危険話題に触れたい・触れなければならないときにどうするか

不要であれば触れないのが最善です。また「触れなければならない」という状況はそんなに多くないでしょう。

例えば「部下の女性の働きぶりに不満があるんだから女性について触れないわけにはいかないだろう」と考える人が居ることでしょうが、その話題に「女性」というキーワード不要です。そういう発想をしたまま女性話題をすると高確率炎上します。黙っておきましょう。

女性エンジニアが居なくてやる気が出ない、なので機械学習を使ってこうした」という話題は、まあ、触れざるを得ないかもしれません。しかし本題はあくま機械学習で何をしたかであり、それ以外は話の枕でしかありません。そんなところで炎上するのは馬鹿らしいので、上に挙げた一覧を使ってリスクを低減してみましょう。

例:「女性エンジニアが居なくてやる気が出ない、なので機械学習を使ってこうした」をより安全にする

まず「女性」は「男性」より炎上やすいので、主語男性します。「職場男性だらけなので」となります

次に同様の既知の事例と結びつけます。面倒なので先ほどの架空少女の話と繋いで「職場男性だらけで牢屋フランス兵みたいに殺伐としている」とでもしましょう。

ここで「フランス兵」という新たな危険要素が追加されてしまいました。削りましょう。「職場男性だらけで刑務所みたいに殺伐としている」。「刑務所」も無難といえるほど安全ではないですが「フランス兵」よりはマシです。

最後の本題をくっつけて完成です。

職場男性だらけで刑務所みたいに殺伐としている、なので機械学習を使って架空少女でっちあげてみた」

盛り込んだ要素をよりわかりやすくするために長くなってしまいましたが、これなら聴衆は「ああ例の牢屋の話の再現をしたってことか」と解釈し、ポリコレと結びつけて考える人が減ります。そういう人が現れても勝手に「いやフランス兵の有名な話があって…」と説明して沈静化してくれます歴史故事などを使うメリットはこの効果を期待できるからです。

まとめ

ヤフー社のチェックしたやつ仕事しろ

2018-06-22

一応フェミ理解はあるけどさ

はてなってまあそういう意見多いし俺もそういう意見支持するけどさ

最近のは本当にわからんわ。意味がわからねえ。ヤフーのやつといいただ叩いて鬱憤晴らしたいだけちゃうんか実は…

anond:20180622002440

大学にもAからFからそれ以下までいろいろありまして

ひとからげに言われましても

あるいは高卒の方が賢い場合も多々あるかと

ただ採用関係者は人を見る目がないので大抵は学歴でふるいにかけるというだけで

就職先への鬱憤大卒に向けられましても

2018-06-19

相手名前も具体的な内容も伏せて書く

名前を出したら訴えられたとき間違いなくこっちが負けるしな

誰のことかわからなければ心当たりある奴が勝手自分だと思って騒ぐだけで済む

噛みつかれても粘着されてもそれは別にいい

ネットの片隅で鬱憤をぶつけて心のケアができればいい

2018-06-16

anond:20180616143514

何かの属性ヘイトをぶつけて鬱憤ばらしをする風潮はネットでも少しは減ってきたよ

前はもっと地獄みたいだった

anond:20180616143514

ネット本音で溢れてるって考えこそ古い気がする。イキりと愚痴鬱憤の掃き溜めでしょ。

ウンコオナニーしてるところを取り上げて「隠れてコソコソやってるからこれこそが人間本質だ!」って考えるのは少しずれてるよ。

あと自分気持ち良いことを追求する方に力を入れたほうが良い。人間が嫌いなら一人旅でもいいしスポーツ創作技術を磨くのでもいいし。

2018-06-13

インターネットは皆平等

最近マジでどうでもいいことがインターネット炎上しているが、現実世界では誰にも相手にされていない人間低所得層、つまり社会的弱者炎上させているような気がしている。

掲示板匿名性のあるSNSでは、誰もがスタートラインは一緒。差別なく皆平等だ。ここまでは現代社会理想とする社会だろうに、そのうち特定の誰かを完膚なきまで叩き潰すようになる。

顔も声もわからない、文字さえ打てればコミュ障でも何とかなるインターネット。そこで市民権を得た社会的弱者は、小火で済むもの大炎上させることで日々の鬱憤を晴らしているのでは?そう思ってしまう。

この流れを助長させたのが、時に偏ったインターネットの声を大々的に報じるようになったマスコミだ。これは本当にデカかった。

社会的弱者は、「俺の声が日本を動かした」という成功体験を糧に、日々炎上案件を探しては叩くようになってしまう。そして、「謝れ」と。「国民(俺)に謝れ」と。社会的弱者社会強者に、社会抹殺を試みる。「謝ったけど謝って済む問題じゃないよね。国民(俺)は絶対に許さない。そもそもあいつが不道徳だったんだ、自業自得だバーカ。」

インターネットは皆平等。素晴らしい世界だけど、社会的弱者嫉妬が渦巻いているのが現状だ。日本国政府はこの事態を重く受け止め、特に安倍首相にはしっかりと謝ってほしいもである

2018-06-11

ネットの訴えは政治家たちに届くことはない

新卒研修ということで結構有名な政治家の話を聞くことができた。

定時を厳守する風潮は日本を潰す!などなかなか面白いことも聞けたが(皮肉でもなんでもなく本当に面白かった)、憂鬱にならざるを得なかった。

その政治家は「ネットを見るのは時間無駄!」と言った。

ネットなど鬱憤の溜まり場でしかなく、有益情報殆ど落ちていないと。

全くもってその通りだ。

SNSなんて愚痴の垂れ流す場でしかない。

そんな場に時間を消費するのは社会人にとって無意味であるという意見も一理ある。

しかし、日本社会をよくしようとしている政治家が、そんなことを言ってしまうのか。

日々垂れ流されている鬱憤社会に対する怨みからまれものだ。

日本死ね」という言葉は単なる責任転嫁からまれものでは決してない。

無駄を嫌う賢いリーダーは、社会的弱者の溜まり場に居座るなんて非効率的手段はとらない。

効率を徹底的に求める社会に対する怨みは、日の目を見ることはもう二度とないのかもしれない。

だが決してなくならず積もり続ける。

いつ決壊するのか分からない堤防に囲まれた場で、私はこれから働き続けるのだ。

2018-06-10

ニュースがあまりタイムリー過ぎてしんどい

先月から義兄の息子、我々夫婦にとっての甥を預かっている。

理由は義兄嫁の育児放棄

義母の話や義兄の話、義兄嫁の言動、そして甥の様子を見ていると虐待も少なからずあったんじゃないかなと私は感じている。

義兄嫁は結婚当初から言動不安定な人だったらしくて、出産後も子どもといたらノイローゼになるからもう要らないと言ったり、家出したり、泣きながら帰ってきてやっぱり子どもは手放したくない、家族でいたいと言ったり、かと思えば突然義兄に離婚届を突きつけてきたりするそうだ。今は子どもの顔も見たくない時期だから義実家子どもを預けて以降連絡がつかないらしい。今までどうにか孫の面倒を見つつやってきたもののついに力尽きた義母が、我が家に助けを求めてきたのが預かるきっかけだった。

いやこれどう考えても真っ先に保健所児相相談案件でしょう。

そう思い児童福祉関連施設への相談提案するも、義兄は虐待はないか行政への相談必要ないの一点張りだ。

隣県に住んでいて月2、3回会う我が家義実家とはそこそこ良好な関係を築いている(と思ってたんだけどわからない)のに、これまで義母から義兄家の話はしてこなかった。甥がいてもよく泊まりがけで遊びに来てるのよ、くらいの説明だった。ところが今になって出るわ出るわ我慢を重ねた3年分のトラブル鬱憤愚痴。なぜそれをもっと早く言わなかった。

虐待簡単には表に出てこない。本当に愚かだと思うけど、私たちは身内のことなのに気がつけなかった。でも子どもには間違いなく傷が残るだろう。我が家に来たときの甥はとても大人しくて蚊の鳴くような声でしか話せなかったし、トイレを失敗したときには真っ青になって固まってたし、ジュースをこぼしたら慌てて隠そうとする子だった。今は我が家男児ふたりに負けじと大きな声で主張し、パンツ履かないで大笑いしながら走り回るし、失敗したらごめんなさいが言えるしっかりした子だ。本当はカウンセリングかに連れて行ってあげたいけれど、私たちには勝手にはできないよな。虐待されていたかどうかも推測だし、親じゃないし。少なくとも義兄の了解を先に得なきゃいけない。

義兄は離婚するつもりだ。親権もとるらしい。義兄嫁からしてみれば私たち可愛い息子を奪った敵に見えるだろう。そもそももっと早い時点で介入できていれば義兄嫁も育児を続けられていたかもしれない。

だってそうだ。後々あのときから引き剥がしたと恨まれるかもしれない。本当は今も母親に会いたくて我慢しているのかもしれない。

私たちは甥を健やかに成長させてあげたい。だけど余計なお世話なのかもしれない。義兄家に介入していれば、と思うこと自体おこがましいのかもしれない。何が正しいのかわからない。全部が堂々巡りだ。身内ですらこうなんだから赤の他人である児相職員さんはもっと大変だろう。大変な仕事だと思います。本当にお疲れ様です。

はいえ身内だけで悩んでいてもラチがあかないし法律ことなんかもわからないし、今はとにかく行政に繋げられるように夫が義実家と義兄にかけあっている。近いうちに相談には行ってくれそうだ。

最近は夜になると息子①が私のお腹の上で、息子②が私の右腕の上で、甥が私の左腕の上で寝てる。皆でぎゅーぎゅーに抱き合って寝てる。昼間皆でよく遊ぶから、ぐっすり寝る。子どもは体温が高い。なので囲まれるとめちゃくちゃ暑い。汗だくだ。だけどこの時が私たち間違ってないかなぁという不安が和らぐ唯一の時間だ。

2018-06-08

なろう系小説ネトウヨ小説 という仮説

10月から放送予定だったアニメ二度目の人生を異世界で」が作者の過去ヘイトスピーチの影響で炎上放送製作が中止になりましたね。

個人的に持ってた仮説で「小説家になろうユーザーネトウヨってかなりオーバーラップしてるんじゃないかというのがあったんだけど、なんだか

あながち的外れじゃないんじゃないかと思えてきた。

ウヨ的なアニメとか漫画ってあんの?』 という記事を読んだときそもそもネトウヨが好きなのは軍国主義じゃなくて権力大義名分を掲げて他

をけなすことじゃない? そこを鑑みるネトウヨってなろう系が好きそうだなぁと思ったんだよね。なろう系ってネトウヨ思考と似てるから

定義を語られると面倒なんで、ここでの定義

なろう系小説の特徴

JRPG中世ファンタジー異世界に転生する。生前は冴えない中年場合が多い

・転生する際に誰かしらにチート能力をもらう。大抵はこのチート能力異世界主人公一強レベル活躍をする

ハーレム要素。主人公がどんなことをしても必ず全肯定してくれるヒロインが何人もいる

ネトウヨの特徴

・3・40代団塊ジュニア世代に主なボリュームゾーンがあるとされる

権威主義基本的安倍新派で、与党の行いを絶対正義として他の価値観糾弾する

嫌韓思想持ち。掲示板ヘイトスピーチまがいの描きこみをしてなれ合う特徴がある

として話すけど、こうリストアップすればなんとなくわかると思う。

ネトウヨ本質マウントと(非生産的な)自己肯定。転生してチートもらって無双とか権威主義志向マウントの極地に見えるし、掲示板ヘイト

スピーチまがいのことを書きこんで「俺たちは正しい!あいつらは間違ってる! 俺たちsugeeeeeeeeeeeeeeeee!」となれ合ってるネトウヨ女体化

れば全肯定してくれるなろう系ハーレムヒロインの出来上がりって寸法よ。

ネトウヨラノベのメイン層も被ってるんだよね。

ネトウヨの主なボリュームゾーンが「団塊ジュニア」と言われる三十代後半から40代現在ライトノベルのメイン層は38歳と言われてる。

「なろう系」では転生前がほぼ必ず冴えない中年だし、「アラフォーおっさん」がジャンル化してる辺り「小説家になろう」でもそのあたりがメイン

ユーザーと考えてもいいと思える。

なろう系がどうして面白くなかったか解った気がする。あれって俺よりず~っと年上のオッサン向けラノベだったからだ。

まぁ、だから人生鬱憤がたまってるオッサンはなろう系小説を読めば幸せになれるんじゃないですかね?

2018-06-05

anond:20180527010025

ギャルリア充感が溢れんばかりに出てる人にはぶつかりに行かない。ヨボヨボの婆さんもスルー

日頃の鬱憤八つ当たりポイ感じなのかな?

力でマウント取れる相手で、しかも勝った時に喜べる相手。ヨボヨボお婆には勝っても逆に虚しくなるから対象外

せめて身体鍛えて八つ当たり対象が同性な人間になればいいのに。

どこから見ても男の立派な体格で安全パイが女オンリーとは自己評価低過ぎだよ。

パソコン教室に冷やかしが来る

友達が言っていた。

パソコン教室には冷やかしが来るらしい。

「こんな低レベルものやってんのか!」

「そんな事も知らないのか!」

良い人はたくさん居るが、鬱憤を晴らしたい奴もくるみたい。

女の子を困らせたいっていうアホも居るらしい。

パソコン教室で働いてるのって、

何で女のほうが多いんだろうな?

教えるのに向いてるのは女なのか?

2018-06-04

地雷がつらい

自分の好きなカップリングのことよりも地雷カップリングやそれを好んでいる腐女子への憎悪で頭がいっぱいになってつらい

耐えきれずとうとう専用のTwitterアカウントまで作ってしまった ただの愚痴なのにフォロワーは増える ふぁぼられる 最初はその賛同に驚いたしちょっと怖かった だんだん自分感性は間違ってなかったのだと安心してしまった

ただ普通に萌えて、好きなカップリング創作がしたかったのに愚痴支配されている 品のない尖った言葉で呟く暇があればもっと描けたのに 

リアルでの鬱憤を晴らすために、地雷カプとその腐女子仮想敵にして叩いてるだけなのかもしれない

2018-05-27

わざとぶつかる男問題深読みしすぎ問題

興味の引き方がわからないだけでしょ、単に。


赤ちゃん母親を呼ぶために泣き叫ぶ

幼児母親の気を引きたくて地団駄を踏む

小学生は気になる女の子の気を引きたくてちょっかいをかける


それの延長線上でしかないし、彼らは気になる女の子の正しい気の引き方を誰にも教えてもらえなかったんだろう

怨恨やら鬱憤やらは後付けの理由しかないし他の手段怨恨その他を発散してない理由説明がつかない


「何でそれをするのか」だけで考えたらわからなくなる

「何故ほかのことをしないのか」も考えた方がわかりやす


「それしかできないから」

「なぜ?」

「気の引き方をそれしか知らないから」

anond:20180527174637

復讐」と「鬱憤晴らし」は違うだろ。

ストレス発散したいだけなら、事故を装ってぶつかる方がローリスクだし合理的じゃん。

anond:20180527010025

なるほどな。思考プロセスってとこはわからなくもない。

が、アウトプットが「女に肩をぶつける」になるところがどうしても理解できない。


アメリカだと、こういうのが銃乱射みたいなことになるのかな?(映画エレファント』)

それが日本から矮小化されているだけ?にしては卑屈すぎるような。


社会理解されない自分、の鬱憤ばらしなんだとして、スカッとするもんなんかね。

銃乱射だと、開き直ってもう後に引けないところまでイっちゃってるからわかりやすいんだけど、肩ぶつけるだけとか、余計自己嫌悪にならないか

論理的説明つかないか基地外ってことなんかね。


もしもう1度がんばって説明してもらえるなら教えてほしい、「何度も言葉にできない気持ちから女にぶつかりたいと思った事のある俺」さん。

2018-05-22

推しって絶対必要

推しがいるときといない時の作品の話

「ねえねえ推しって誰?」

オタクなら耳にタコができるくらい聞いた

であろうこのセリフ 私はたまに辟易とする時があるのだ。

勿論自分の好きになりそうなキャラの特徴や性格理解している。が、それは必ずしも

どこの作品にいっても絶対にいるわけではない。自分の好みの例外を好きになる可能性はなくもないが、だいたいこういうキャラが好きだという傾向はある。

というかそもそも作品に一人、推しCP

自分の好きなものをつくらなければいけないのだろうか?義務なのだろうか?

偏見と捉えられても仕方がないと承知で物申すが、特にアニメ漫画といった作品の中で推し制度が顕著に出ている。

かに誰かがとりわけ好きだったら、その作品を読むいいきっかけだし読み続けようとするいい動機にもなると思う。

が、フォーカスキャラだけに絞らずともここの話の流れが好きだとか、雰囲気が好きだという理由で読み続けてもいい気がする。

嗜好なんて人それぞれなのに。

けれども、作品に対してもっと情熱が足りないとか、好きなキャラがいないとかにわかじゃないのか、ちゃんと読んでる?と多々言われてきた。オメーこそキャラ崩壊した攻めが織りなす総受け作品ばっか読んでて原作のこと見てないんじゃない?と返したくなるが私は大人なので こういう場所鬱憤を晴らす

もっと顕著なものだと、女はこういう作品だとこういう男が好きなんだろ?(笑)と変な考えを押し付けてくる野郎だった。だからお前相手にされないんだぞ。

ある意味ハラスメントである

なんの場所に分類されるのか分からないが腹立たしい。お前の考えを押し付けるなと声を大にして言いたい。

たまたまこ作品には好みのキャラクターがいないだけで、お前が質問してるのは適当メンツこさえた合コン

「この中で付き合うんだったら誰(笑)

って訊くクソみたいな質問と同じ感じやぞ

作品作品のものとして楽しんで

何が悪い、楽しみ方は人それぞれじゃダボが。見てるか!!!!!!CP絶対に訊く奴!!!!!!!!オメーのことだよ

この記事たまたま見た方に告げたいが、人の楽しみ方は人が生きてる数の通りだけあること、自分の考えだけで判断するのは早計なのです。AVだってそうでしょ?

好きに選ばせてあげてって話です。

長々と失礼しました。推しがいなくても作品は楽しめる話でした。

2018-05-20

中高年の無職ニート

無理に働かせるんじゃなくて犯罪の種にならないように穏便に社会から隔離させるシステムを作る必要があると思うよ

派遣 高齢バイト ブラック企業社員 土方 外国人労働者

なんかの底辺労働層も犯罪の温床になり得やすいので国は彼らの不満鬱憤を上手く逃がすなにかを考える必要があると思うよ

大体あいつらプライドだけは高いからね

2018-05-11

ぶつかってくるオッサンで思い出した

先日、「か弱い女性にぶつかって憂さ晴らししてたクズですけど、反撃されてコワーイ(><)ってなったので改心してやめました」っていう、

テメー改心してねーだろクソ野郎が。みたいなの文みて思い出しましたけど

先日、スーパー通路(過疎ってるのでめちゃ広い)の端に寄って、止まってスマホ見てたら、

視界の端からヨロヨロのジジイがまっすぐこっちに向かってきて(私の方には何もない)

直前でかわしたけど、アレなんだろう?って思ってたんですが、

スマホ見てたから、ぶつかってこようとした当り屋ジジイだったんですかね?

まあ、ウチのジジイも、通りがかりにヨロヨロ足踏んできたりしてきてて、

なんでかな?と思って、試しに故意じゃないと踏まないところにいてみても踏んできたので

その場で締め上げたら、二度としなかった・・・・ってことがございましたので

満たされないジジイ憂さ晴らしなのかな・・・・もう召されたらいいのに。

(うちのジジイは、ババア(嫁)に押さえつけられてる鬱憤を孫娘にぶつけてた。召された)

あと、オッサンとぶつかったとき、妙に痛いことあって、違いはなにかな?とおもってたんですけど

痛いのは故意ヤローってことだったんだな。よくわかった。

あとは、先日のフリン野郎https://anond.hatelabo.jp/yaoyanokaoru555/20180502)が「私、どんくさいから道でよく人にぶつかっちゃう><)」って

自分いたいけアッッピールしてたことあったんで、「まあ、ぶつかるけど。そんなにかなぁ」って言ったら、アピール失敗でご機嫌損ねた。

しかし、アイツ見た目は弱そうでおとなしい女子なので、そういうクソ野郎引き寄せてたんだろうか・・・

ありうる・・・彼氏彼氏のご家族モラハラ彼女が部屋にいるのに、家族だけでご飯食べて、彼女には出さない)だしなぁ・・・

それ、ありえなくない?ていうか、彼氏とご家族クソ野郎すぎない?? 彼氏のお母さんに「彼女ちゃんがお嫁に来てくれると嬉しいな~」とか言われてるの!とか言ってんのに。

私ですら、兄弟が起きてこねーから、お泊りの彼女ご飯作ってだしてあげたりしたぜ・・・

お腹すかせてると思うと悲しい気持ちになるやん・・・

2018-05-10

anond:20180508204813

わざとぶつかってくる人を追い回して罵る女をやっていた。小柄な女なのでこういった輩に頻繁にわざとぶつかられた。

当時の私も仕事やらなにやらで心身共に擦り減っていたのもあって、鬱憤を晴らしたかったのかもしれない。そんな事馬鹿げていると当時から薄々気が付いていたし、そんな理由自分行為正当化したくはないのだけど。

相手に反撃されるかも、刺されるかも、線路に突き落とされるかも等と叱ってくれる人はいたが、長期間鬱を患っていた事もあって、いつ殺されてもいいと思ってやっていた。そしてわざとぶつかってくる人に反撃する事は本当に気分が高揚した。

ぶつかられた時点では私は被害者で、相手は男、私は女、一般的にはこちら側が弱者と見られるだろう。一人で反撃するよりも周りの人を味方につけるのが効果的だった。面白いほど周囲は私の味方に付き、わざとぶつかってきた人を擁護する人は誰もいない。大半のわざとぶつかってくる人は弱い人だ。まず反撃はしてこないし、刺しても来ない。しかし中には逆切れして殴りかかってくる人もいた。そんな時は周囲の男性が取り押さえて警察突き出してくれた。逃げられてしまう事も多かったが、駅のホームなら殴られるまではいかなくとも駅員さんに引き渡す事もできる。

これは都会に住んで、人混みを歩く時が多かった事が幸いした。わざとぶつかってくる人よりも、助けてくれる人の方がずっと多い。叫んでも誰も来ないような所だったら、もっと狼狽えていたかもしれない。

そんな周囲の善い人達に気付かれないように、わざとぶつかってきた人を小突いたり罵ったりするのは本当にスッキリしたが、大多数には善人ぶる自分はマジのクズだ。特に逃げられかけた時に全力で付け回して罵るのは最高だったな。

殺されてもいいと思ってたから、極論を言えば相手線路に突き落としてやってもいいとも思ってた。

「ねえねえ、最初は反撃して来ない人に見えた?」と言わんばかりに嬉々としていたかも。

こんな書き方をして伝わってしまうだろうが、恥ずかしながら未だに武勇伝のように思ってしま気持ちが完全にはなくならない。

やっていた事は正当防衛範囲内に見えるようにしていたし、被害者として周囲に話す事もあった。しか一般的弱者に見える事を利用して鬱憤を晴らしていた本心を恥ずかしく思い、この気持ちに関しては限られた数人にしか話していないし、心理的には「無敵の人」に近かった、死刑になりたいからと殺人を企てる人と同じだった、と思う気持ちが今は多くを占めている。それは転職成功して、大事家族が増えて、失くしたくない生活を得たからだ。

今はこんな風に思っていても、人はいつ人命よりも鬱憤を晴らす事を優先するような環境精神状態に陥るか分からない。できるだけ多くの人が心穏やかに暮らせる世の中が訪れるようにと願うようになったのもまた、偶然私が穏やかな環境を得たからに過ぎない。

ももしかしたら本当は正当防衛かもしれない自分行為に罪悪感を持ってしまう今の私が歪んでんのか?

世の中のわざとぶつかられた人間はどう対処するのが正解なんだろ?なにもわかんね〜

今は田舎だし車移動だし全くわざとぶつかられる機会がないし、難しい事考えるのがめんどくさい。正しい認知わからん

2018-05-09

anond:20180508204813

こういう懺悔をして反省している人に対して頭おかしいだクズだ言う人らの気がしれない。

貧すれば鈍するし、異常な環境に晒されたら異常な精神になるんだよ。

まれ環境ぬくぬくと育ってきたお前らがその清廉潔白精神でどれだけ人を傷つけてきたのか。

自分は同じような環境だが同じようになってない?

何をもって同じ環境っていうんだ?お前は何かの拠り所があるか、どこかに鬱憤をぶつけているのに反省しないだけだ。

お前らが作るんだよ。こういう人を。元増田のように反省ができるだけで、お前らより数倍マシだ。

俺は元増田応援してる。何かの拍子にまたストレスの多い環境に陥っても、踏みとどまってくれることを期待してるよ。

2018-05-08

わざとぶつかってくる人をやっていた

https://togetter.com/li/1225465

を見て思い出したので懺悔も兼ねて。今はやってない。チビハゲデブ三重苦をかかえた俺の黒歴史である。(三重苦は今も治ってない)

から数年前、35歳非正規雇用職場では毎日のように上司罵倒され深夜までのサービス残業で心身ともにすり減ってるある日、ぼーっと歩いてたら女性にぶつかった。

尻餅をついた彼女を見てビビりの俺は逃げた。通報とかされて急に警察に肩を叩かれたらどうしようとか思いながらも、ちょっとぶつかったたけで簡単に倒れる女性大袈裟じゃね?という若干の不満と、なんというか征服感のようなものを感じてしまった。

気付いたら日々の鬱憤を晴らすかのように、わざと女性にぶつかるようになっていた。老人はやらなかった、大怪我して最悪死亡とかになったら怖かったので。ベビーカー持ちはよくやった、邪魔からいいじゃんという考えもあったと思う。

そんな救いようのない日々を送る俺だったが、ある事件を切っ掛けにぶつかり屋をやめた。

二、三年前だったか当時の俺は歩行者だけでは飽きたらず、自転車にまでわざとぶつかるようになっていた。怪我はしたくないのでゆっくりめで走る自転車に横からぶつかるのである。もちろん女性が乗ってる自転車、うーん俺最悪だ。

いつものように深夜残業でへとへとの帰り道、前から自転車が緩い坂道ゆっくり登ってくるのが見えた。乗ってるのは小柄な20代くらいの女性で、しめたと思った俺は慣れた足捌きで横からぶつかった。

自転車は倒れはしなかったものバランスを崩して、俺は爽快感とか征服感とかがごちゃごちゃになった良い気分でそのまま歩いて去ろうとした。

「お兄さんさぁ!!」

背後から聞こえてくるドスの効いた女の怒声に心臓が跳ねた。歩きながらも横目で後ろを見ると、先程ぶつかった女性こちらを見ていた。

「今わざとぶつかったよね!?

彼女は俺に言っている。そう確信してビビりの俺はパニック状態。逃げるために早足で歩き続ける。

「逃げんじゃねえよてめぇ!」

後ろから自転車が走ってくるのが分かった。俺は走って逃げる。後ろから怒鳴り声をあげながら追いかけてくる女性が怖くて怖くて、信号無視して走り続けた。

数十分か小一時間くらい追いかけられたかもしれない、最後に「逃げるならこんなことすんじゃねえよバカ! みたいなことを言われて、彼女は去っていった。

走り続けて足がガクガクになった俺はその場にへたりこんで、泣いた。怖さ9割、情なさ1割である

それからぶつかり屋はやめて、仕事もやめて、今は正規雇用で真っ当に働いてる。会社ホワイトだ。でも嫁はいない。

心を入れ替える切っ掛けになった彼女には感謝しているが、二度と会いたくない。

anond:20180508091237

元増田です、誤解してるようだけど

後輩たちは「知らないの~?www」と煽ってくるクソではないし、

内輪ネタを周囲に「一般常識」とでも言うように振舞ってないよ

多分自分の書いた内容がたまたま

あなたの中の略語に関する鬱憤スイッチを押してしまったのだろうけど

落ち着いてくれ

そういう話ではないのだ

2018-05-07

少し前に大事な人がしんだ

物騒なタイトルだけど、内容は「浮気かもしれない」という書き主の考察、長い間付き合いがあれば、とある変化に気づいてしまうという事。話が長くなるので暇な時にでも。

ざっと20年前、僕が幼い時にその夫婦とは出会った。

父の仕事仲間(父より年下だが)の家を改装するということで、幼い僕も小学校が終われば自然と父の仕事を手伝っていた。仕事仲間は妻子持ちで夫婦の年齢差はざっと10ほどだが、仲が良く二人の娘がいて、また産まれる予定の男の子を奥さんが身籠っていた。

家の改装が終わっても、仕事仲間夫婦とは家族ぐるみの付き合いが続いた。一緒に温泉旅行に行ったり、遊園地に行ったり、夜ご飯は週一で食べに行ったりと、とにかく仲が良かった。そして何と言っても、3人の子を育てている奥さんと、一生懸命稼ぎに行っている旦那さんの仲はとても良かったのだ。まぁ、実際見ていないところではどうなのかは分からなかったが、子供の成長を見る限り、影響が出るほどの喧嘩はなかったと思う。

やがて僕は高校に入り、あまりの忙しさに少しだけ夫婦と会う時間がなくなった。

高校卒業、そして大人になった後、久々に夫婦出会った。子供はすっかり大きくなって僕よりも背が高くなっていて驚いたし、可愛くかっこよくなっていた。久々に食事をする約束仕事仲間(元、となってしまったが)として、子供と奥さんに会った。

が、ここで違和感を感じたのだ。

明らかに奥さんが化粧をして綺麗になっているのだ。もう子供に手がかからなくなったからと言っても、しっかりしている化粧に、何処と無く香水の様な優雅香りさえ漂う。

ここでなぜか僕は「もしや、浮気しているのではないだろうか」と突拍子のない事を考えてしまった。確信はない、けれどわざわざ家で食事をするために奥さんがここまでしっかりとした化粧をするということはなかったのだ。

子供の手がかからなくなって、刺激が欲しいがために…?と考えたりもしたが、あまりにも失礼すぎるので心に留めておいた。父の奮った手料理を食べながら、夫婦の仲を案じたが…

結果は嫌な予感があたったのだ。

家での食事から一週間後ぐらいだろうか、外で食べようと話が決まり仕事仲間(旦那さん)が奥さんに電話をしたが繋がらず、数回かけた後に奥さんが出たが、どうやら揉めていることがわかる内容だった。

電話を所持しているならば、すぐに出る。出れない状況ならば一言言ってくれ。そう言った旦那さんに対し、奥さんがキレたのだ。

まり唐突なキレ具合に、初めは「まあ今までのうっぷんも溜まっていたのかもしれないし、当人問題だろう」と考えていた。だが、

離婚したのだ。

僕は驚いた。流石に鬱憤あったにしても危害を加えるDVなどもないのに、離婚するのかと。

食事に誘った父が落ち込んでいるの姿に、僕はただただ「鬱憤がたまっていたのかもしれない、親父のせいじゃないって」と言い聞かせながらも、あまりにあっさりと離婚と切り出したのに引っかかりを覚えたのだ。

子供のうち中学高校の娘は父親の方について行くといい、小学の息子はまだ母親と共に居たかったのか、母親について行くと言い、子たちも離れたのを仕事仲間(離婚済み旦那さん)から聞いた。

そして暫く…いや、一週間もたっていないだろう。耳に飛び込んできたのは

(元)奥さんが年上の彼氏と同居している。という事だ。

ここで僕は気づいたのだ。「あのしっかりした化粧」「あっさりと離婚したこと」あれは同居人とやらが絡んでいたのではないかと。都合のいい離婚理由であっさり浮気相手に乗り換えられた、…僕はこの推測が大体当たっている気がした。

まりの事に母親について行った小学生の三男も母親に呆れて父親の方に戻り、3人の子母親と縁を切ると言い出す始末。

当本人もとい元嫁は新しい彼氏にウハウハだったろうが、子に見放される事がどれほど酷いことか理解出来ないのは、哀れだと感じた。

その事件からやがて2年ほどの月日が流れ、また食事に行こうと誘ってくれた仕事仲間の顔を見てからほんの1ヶ月、仕事仲間は車に撥ねられ死んでしまった。

子供はある程度大人になった。だが3男はこれから高校受験前、次女は大学前だ。3人の子が懐くほどとてもいい父親をしていた、まだまだ若い仕事仲間があっさりと、即死状態だった。

元気な顔を見るはずが、食事を楽しみにしていたのだが、まさか綺麗な顔で眠っている姿を見るとは思わなかった。

葬式喪主は長女だった。会場を見渡してみたが、元嫁の姿はなかった。当然といえば当然だが、それでも…もし、亡くなった事実を知ったらどう思うのだろうか、と考えた。

僕の母親浮気で父と離婚したが、僕は父について行った。浮気は浮ついた気持ちから始まるものだ。

みんな、奥さんと旦那さんを大事にして欲しい。ただそれだけだ。

仕事仲間さん、天国ゆっくりとしてほしい、お元気で。

2018-05-06

anond:20180506235030

「実力不足ゆえにクソみたいな会社しか行けておらず、鬱憤が溜まっている」という事実を指摘されたのでしつこく食い下がってるんですか?

あなたが興味のある技術というものを教えていただけますかね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん