「コンプレックス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コンプレックスとは

2020-05-27

anond:20200527111126

あれの上手いところって、平均的日本人の顔の特徴を多く備えていて、それでいてピッタリあの顔になるやつはほとんどいないってことなんだよな。

なんで大体の日本人男にとって、チー牛は馬鹿にする対象でありながら若干若干コンプレックスを刺激される存在なんだ。

そのせいで一部界隈で流行ってるんでしょうな。

2020-05-26

お気持ち表明になってるのかすら怪しいが吐き捨てる。

結論から言えばこれを書いている動機は単純に「何故自分けが嫌な思いをしなければならないのか」「何故他人自分のように感じないのか」という嫉妬と我儘に尽きる。

私はデレマスが嫌いだ。ある時期からアイドル以外のユーザー、界隈、運営といったその他あらゆるものが嫌いになったし気に入らなかった。

運営にも多くの不満があるが、商業である以上自分は気に入らないが納得はできるものも少なくないので、以下はユーザーと界隈への不満を綴る。

ただしこれも自分勝手理想押し付けたり求めたりしてる事は否定しない。

デレマスにおいて私はPではない。自分の事をPだと思っている精神異常者だった時期はあったがそれだけである

言葉遊びになるが、そもそもプロデューサー」とは何なのか。

直訳すれば生産制作をする人間を指すが、ユーザーでそんな事をやってる人間なんかごく一部で、クリエイターか何かしらの企画をやってる人ぐらいしか当てはまらないではないか

では他の連中は何なのか。こいつらが生産するのは愚痴使用済みティッシュぐらいではないのか。

加えて無駄に界隈の民度意識が高いと思い込んでいる辺りが嫌いだった。

二次創作クソコラだの腹パンだのドラム缶だの言ってるどの辺りが民度が良かったのか。

一体今まで何回声優中傷してきたと思っているのか。確かに微妙に思った事は自分も少なくなかったが、民度どうこう言うならなぜそこで黙って様子を見ていられないのか。

その癖に自分言動反省せずにあっさり掌を返すのが嫌いだった。

ふひひ★騒動の時は、声優言及する以前にそれを咎め雰囲気は少なくとも自分は見なかったが、直後に自分正義と言わんばかりに暴走して吊し上げる状態だった。

橘ありす場合声優アニメライブで実力でやり返したとも言えるが、実装当初の有様は酷かった。

声優に「人生で一番辛いクリスマスだった」と言わせる界隈のどこが民度が良いのか。

またデレステでもあんなに白黒を批判しておいて双子では掌を返して推すユーザーが少なくなかった事が不満だった。

自分アイドルが不人気である現実自覚できないユーザーが嫌いだった。

結局人気がないから、金にならないから圏外常連なのだ

今回は楓Pが金で順位を動かした画像話題になったが、あんなのは成果が見えるほうが稀である

担当モブであり、自分革命ブームを起こして情勢を動かす天才ではないと理解すべきだ。

やらないよりはと、凡人がSNS上や現実二番煎じ企画ばかりしている事、それで飽和している現状を見るべきだ。

ダイマ乞食に餌を与える連中が気に入らなかった。あれは乞食自意識を満たすだけのものである

そもそもアイドル名前ツイートしたら担当RTされて囲まれるという文化は何年も前からあった。なぜ今更ダイマ乞食なのか。

自分担当アイドルを安売りしてるようなものではないか。何故総選挙投票先を決められないようなユーザーに委ねてしまうのか。

また死票になるのが嫌なのは分かるが総選挙でぐらい自分担当を信じるべきなんじゃないのか。

だらだらと、長々と書いたが、結論としては

プロデューサー自称する、担当アイドル名前を出す割には、節度プライドもないユーザーが多すぎる事が気に食わない」

自分はこんなにも悩んでいるのに、未だに大半の節操無しがのうのうとPを名乗っているのか不満で仕方が無い」

以上である

[追記]

文章化して、また増田からコメントを見て気付いた所があったので追記しておく。

まず自分意識他界系と評価されたのはショックだった、自覚がなかったので尚更だった。

また、なぜ自分がここまで1ユーザー名称に過ぎないはずの「プロデューサー」という単語に、ロールプレイに拘るのかが、書いてる最中も考えていたがずっと分からなかった。

答えとして、おそらくだが「(本家)アイドルマスター及びそのユーザーに対する負い目や引け目」と「アイドルマスターという看板を持ちながらゲーム内におけるアイドルプロデュースする要素の少なさ(に対する不満)」がコンプレックスになっていたと考えられる。

アニマスやムビマスで泣いてしまったのがコンテンツにハマる動機の1つだったため過大評価かあるいは夢を持ちすぎていたのだろう。リスペクト大事だと思うが、増田の言うとおり確かにアイドルセクハラできるゲームだった、そんな大層なものでもなかった。

コメントをくれた増田らに感謝。おかげでコンテンツを呪う事なく成仏できそう

[][]旧帝大理系院卒が中堅メーカー就職した話

21卒の旧帝理系院卒で中堅メーカーから内定をもらった。

就活が苦手な俺からしたら、いい具合に進んだんじゃないかな。

本日記は「旧帝大理系院卒というプライド」に対して、「中堅メーカー内定した」という事実からコンプレックスを抱え始めた大学院生の殴り書きです。

まず就職活動の流れをざっくり説明すると、第一志望に落ち、第二志望のメーカー内定をもらった。

第一志望は人気企業ランキング上位に入るメーカーであり、所謂旧帝大レベル」がほとんどを占めるような企業

逆に言えば、俺の大学であればヘマしなければ推薦で通るだろうという企業

しかし、お祈りをもらった。敗因は慢心以外の何物でもなかった。

面接から見るとよっぽどダメだったんだろうね、今考えると相当低レベル企業研究だったし、妥当な結果だったと思う。

ここで妥当レベルであるはずの第一志望を落ちたという事実コンプレックスの種になった。


コロナ禍の中の就活なので、早めに切り替え狙っていた第二希望メーカーに。

日本ではその企業名を知らない人はいないような大手B to Cメーカーであり、うちから卒業生も毎年4~5人ほどいる。

事業内容も業界大手メーカー下位互換ではなく、将来の日本を背負っていくようなメーカーだと考えた上での選択だ。

推薦がほぼ通る企業ということもあって、無事に内定をもらった。就活終了だ。

第二希望内定ということもあり、ここまでは何も問題なかった。

しかし、周りに内定報告をする際に問題は起きた。

友人A「お前はもっといいところに行くかと思ってた。」
親戚「でもまだそこに決めたわけではないんだよね?え、そうなの。年収とかどうなの?」


どうやら内定をいただいた企業イメージは俺が思っているよりもずっと低いようだ。大学名や成績(成績上位ではありました)にしては残念な企業だったのか。

上の2人は特にデリカシーがない人間として知られている人ではあったが、それ故にそれが世間本音ではないかと思うようになった。

そこからコンプレックスの種が発芽し、同期が内定をもらった企業とうちを見比べる日々が続いた。

日立デンソー三菱重工パナソニック川崎重工ソニー本田技研・・・

うちの売上高上記企業と比べて、倍や倍々どころではない差がついている。
うちの採用大学上記企業と比べて、成成明学といった中堅私大からも取っている。
うちの平均年収上記企業と比べて、100万~200万ほど低い。

一番最初に思ったのは、「間違えたのかもしれない」。

中学受験も、大学受験、進級試験ストレート突破してきた。何も間違えてはいない。

しかし、就活という今後40年を決める段階で失敗した。

大学入試なんて失敗しても4~6年の違いだ。

進級試験なんて失敗してもたった1年の違いだ。

しかし、俺は40年の違いを生む失敗をした。

その時、ようやく就活重要性を認識した。

考えてみると、企業研究なんてそこそこやって、なんとなくやった気になっていただけだ。

本気でやっていたらもっといい選択ができたのではないか

もっと業界もみていれば、周りから認めてもらえるような企業にいけたのではないか

俺は就活に失敗したのだと。

今もまだこの考えは頭の中をめぐっている。

しかし、一つだけ確かなのは、この感情によってコンプレックスを抱えていることが一番無駄であるということだ。

逆に考えよう。

うちの企業では学歴という尺度では、自分は同期のエースなのだ

学歴会社では役に立たない」は真であるが、高学歴を手に入れ、高学歴環境で育てた地頭や考え方は役に立つだろう。

コンプレックスを抱えず、積極的に行動を起こせば同期内での出世頭になりうる。

デカ企業に入って、旧帝ばかりの企業で埋もれて、年功序列制度での昇進しかせず、ただでさえ少ない自信を失い、仕事ができない管理職になる。

それよりは、うちの会社で自信をもって仕事に取り組めた方が幸せであるはずだ。

今までゴールだと考えていた大学入試がゴールではないように、いまゴールだと考えている就職はゴールではないのだろう。

大切なのは、その企業でどのようにして生きていくか、人生をどれだけ幸せに生きれるのか。

大手企業就職していたら、そう考えられず就活をゴールだと思って頑張れなかったかもしれない。

企業に入ってからも頑張り続けようと思えるようになったのは、この企業に入れたからかもしれない。

そう考えることで、現在精神平穏を保っている。

その考えを事実にできるように、社会人生活を頑張っていきたい。

anond:20200525185824

頭の悪い美人ではなく、要領の悪い美人崩れ、が正しい。

要領の良い美人男性社会でもちゃん自分の居場所を見つけて、健全な家庭を作って一抜けできる。

要領の悪い美人男性に媚びない自分に酔い始めるので道を踏み外して適齢期を過ぎる。

当然仕事にすがるしか無いがキャリアウーマンで生涯通せる地頭の良さもないので不満ばかり溜まっていく。

で、そいつらに大量の元から男性に媚びることもできないブスとコンプレックスから無理やり結婚したが失敗した鬼女が合流する。

anond:20200526120406

これが学歴コンプかぁ

別に修士卒でなくても今の時代普通に大学を出ていれば周囲に修士卒いるの全然普通だし、「修士」の部分を執拗釣り認定する心理がよくわからん普通相手修士卒だとして、ほーん、で終わるでしょ。どんだけコンプレックス持ってるの

結局、「これは仮説だけど」「これはイメージだけど」って前置きを入れた上で仮説を述べるのがなぜ悪いのかの理路も示されてないし。

しろアカデミアクラスタほど、論文にするまでもないアイデア段階の仮説を仮説と断った上でTwitterかに書き捨てるのよくあると思うんだけどね

2020-05-25

anond:20200524122707

場所がなかったなんて生易しい言い方で適当に溜飲を下げないでほしい。

花が受けていたのはレイシズムルッキズムにまみれた「自分タイプではない、気に入らない女性に対しては何を言っても構わない」という倫理観の持ち主からヘイト応酬だったよ。

コンプレックスがあって、「自分の自慢の筋肉でも好きな人自分真逆の人のことが好きなんだろうなって思っちゃう」といった花の心の隙間に

メスゴリラ

・イケてない方のハーフ

きもちわるい

・最低な人間

生理的に受け付けない

みたいな批判にもなっていないただの罵詈雑言をなげつけ続けられた結果なのだ理解してる。

もう消えてしまって見られないけど、当時のコメント欄非道さを見てショックを受けて具合が悪くなる程だった。

好きではない人に「あなたのことが好きではありません」と面と向かって言う人がどれだけいるだろうか?

Twitter界隈では気に入らない相手にこれをやる人々が溢れかえっている。

アイドル等の人気商売の人たちが日常的に受けているやつ。

どうして、自分タイプではない女性にはブスだのゴリラだの言っても構わないと思うのか?

気に入らない女にはブスと言っておけば自分が勝ったことになるのか??

クソリプといえばそれで済んでしまうかもしれないけど、本当の本当の本当にクソリプだらけで、過去巨大掲示板から出てきたと思しき堂々とヘイトスピーチを行うことに慣れすぎたネット世界の慣習をそれこそ根本から見直す時期に来ていると思う。もう限界だよ。

2020-05-24

慨嘆日記

匿名増田は、性格の悪い書き込みが多い。

その人が性格が悪いのではなく、そういう感情の吐き捨て先になっている。

それだけイライラして、どうしていいかからず、自暴自棄になっている。

社会生活では平穏を装いながら、増田を開いては悪感情のタガを緩める。

普段であれば優しい言葉を吐くだろうに、ここではトゲのある言葉を選好する。

その内心のストレス不安・くすぶり・コンプレックスはいかばかりか。

けして昼間の表情から読み取れるものではない。

増田は見苦しくて、建設的な話にならない、どうしようもない場所と思っていた。

だが、匿名であり剥き出しであることで、むしろ雄弁に世情を語るのだな。

荒んでいるのは人の心だ。

社会不安とどういう因果であれ、最も深く病んでいるのは人の心だ。

(俺もその一人であるからには、だからどうだということもないのだが)

BL性的消費は不可分だがイコールではない

https://note.com/komatsuna777/n/n1d69e89f8c59

こっから始まってちょっと言及したくなったことが出たけどその前に



https://tkrtht.hatenadiary.com/entry/2019/06/04/195908

このへんとかを合わせて読んでポルノとしてのR18BL性的消費が主題でないBLは分けて考えた方がいいんじゃないかと思った話をします。

(不可分って言ったのに分けて考えるというのもなんか変な話なんですが)






そもそもBLになぜハマるかについては人それぞれ理由があるので全部ひとまとめにはできないわけですが、それでもやっぱり大まかな傾向っていうのはあります

ありますが、その大まかな傾向も当然ながら一つにまとまるようなものではなくて何種類かに分かれるはずです。

そういう中でBLポルノとかBL性的消費とか言い出すと、いや確かにそういう部分があることは否定しませんけどそれ言い出したら恋愛小説は全部性的消費かっつったらんなことねぇだルルォ?ってなるじゃないですか。

ポルノとしてのBLについての考察個人的にはかなり当たってるところはあるんじゃないかとは思いますし、そのあたりを否定するつもりはないんですけど。(受けが女体化したりするのはまさにそういうとこだと思ってるしなんなら自分も受けに投影してポルノ的な消費の仕方をするBLもある)

普通に男女の恋愛ものとかも少女漫画ガンガン読むし、少年漫画とかで主人公×ヒロイン推しまくって恋愛フラグのないサブキャラをくっつけてキャッキャしたり主人公攻め、主人公受けの場合主人公に明確な恋愛フラグが立ってないからこそ男とくっつける時もあるので「それだけじゃないよ!」っていうのは声を大にして言いたいわけです。

例えば自分はマジモンの「性癖」として悪堕ちモノとか洗脳モノとか催眠モノとか好きでして、リアル世界でそういうことをされたいかと言えば絶対にノゥ!なんですけど、安全保障された妄想世界であれば征服される側になってみたいというM志向があって、かと言って自分自身の容姿やら何やらには割とコンプレックスがあって自分がそういう目にあってもまあ興奮するどころか萎えるので、美形同士のMCコンテンツガチポルノ消費してます。(キモオタとかモブおじがかわいい子をあれこれしちゃうのは好みでない)

「犯される」ことがかなりウェイトが高いみたいで、レズものでもふたなりだったり触手とか使ってまあつまりインする類のものであればとてもにっこりして読めます増田じゃないとこんなこと書けねぇわ。

じゃあBLは全部ポルノとして消費しているかと言えばそうでもなくて、そもそもR18じゃないBLとかも普通に読むし好きなCPでもそこまで積極的エロ妄想しないCPとかもあるんですよね。

あとこれは本題とは無関係ですが「必ずしもポルノ消費するのが目的ではないけどポルノ消費もできるCP」についてはABの場合BACBNGですがBC恋愛感情はないけどいわゆる連鎖堕ち、快楽堕ち要員としての攻めのBと落とされるC)はアリです。ポルノ消費しない場合BCはやっぱり無理です。おまけにポルノ消費を目的としていない部分の自分がたとえポルノ消費であろうとAとBの間に必ず愛情を求めてきます。(歪んだ愛情は可)

何かの参考になるかと思って書いたけど業が深いなこれ。



それで「じゃあポルノ消費を求めないBL」について何を求めているのかという話ですが、多分突き詰めると本当は愛や情ではあっても恋愛である必要はない、互いに求めあう心だとか、こころのふれあいって奴を求めているんだろうなあとは思っています

それは別に恋愛でなくとも家族親友といった間柄でももちろん表現できるものではあるんですが、そこでなぜ恋愛関係にもっていくのかについては自分の中の固定観念として「結婚とかは基本的に面倒臭いことだし誰かと一緒に生活するのって何かとしんどいけどそのしんどさを許容してでも一緒にいたいと思える相手は本当に想っている相手だ」みたいな感覚があるんですね。

それが必ずしも正しいものではないことも理解はしていますし、常に一緒にいることだけが愛ではありません。

ですが一つのモデルケースとしてとても分かりやすく、「いいことばっかりじゃないけどそれでも一緒にいたい相手と一緒にいることを選ぶ二人の話」はあれこれ考えずにするっと頭の中に入れられるので気楽に人と人との心の触れ合いを楽しみたい時は恋愛に行くのだろうなあと思います

それ以外でも家族の絆とか友情とかももちろん好きですが、なんだかんだ恋愛ものってやっぱりコンテンツとして大きいしその分洗練されてて安定した品質を確保しやすいのはあるよなあと。

から自分別にBLに限らず男女でも百合でもなんでも自分感覚に会えば見ます。その時に必要としているのはSEXではなくて心のふれあいなので。




そのような背景を前提に、二次創作で同性CP妄想する時になぜそこをくっつけたのかという自分思考の流れを追います

まず最初既存コンテンツ公式CPではなくて二次創作による捏造CPを生み出す理由として、自分考察厨で妄想癖があることが原因かと思います

受け取ったコンテンツを消費する時に、そのまま受け取っておしまい、ではなくてなぜそうなったのかの裏を考えたり、間の空白をそれっぽい何かで埋める遊びが大好きなんですね。だから二次創作CPも無から有を生み出すのではなく作中の描写を元にそれを拡大解釈して捏造するのが好きです。これは好みの問題ですのでもちろんそれが正しいとか言うつもりはないです。二次創作なんて全部捏造

この、考察厨亜種としてのBL好きの存在は実は結構いると思っています特に二次創作をやってる人は考察勢と言うか、CPとして成立する根拠を持ち出す人が多く、顔カプと言われるような原作で接点のないキャラをくっつけるのを嫌う傾向にある人が多いと思うので。

そしてそれが男同士になる場合、一つは「恋愛主題ではない作品場合主人公ヒロインフラグが薄い、あるいは明確なヒロイン存在しない場合がある」ことにあります

先程も言いましたが、自分恋愛要素があるコンテンツは(複数ヒロインの際にどのヒロインを推すか問題を抱えることはあれど)ファイナルファンタジー最終回発情期)やら連載途中で後付けでフラグが立ったりとか作品に入る順番を間違えた(うっかり終盤のネタバレを踏んでそこから入ったとか二次創作から入った場合)といった事故を除けばそもそも主人公×ヒロイン推し人間です。FFシリーズPS以降)とかテイルズシリーズなんかは主人公の同性CPは考えたことないです。

ところがそういった関係性が明示されていない場合、「この作品好きだけど心のふれあい要素が少ないんだよなあ。あれ、そういえばこの主人公このキャラと仲がいいよなあ、ふむふむ…」といったあたりから始まって妄想が始まっていきます

もう一つは「恋愛フラグが立っていないメインキャラ同士のCPであるケースです。

この場合性的思考は割と異性寄りなので男女で見ることの方が多いですが、最終的にときめいた関係性のキャラCP視するので、メインキャラに男性が多い作品だったりすると軽率BLに走ります

また、主人公が無個性であり主人公と自信を同一視するようなタイプゲームだと自分キャラ恋愛は「そもそもこのキャラ自分を好きになるはずがない」と解釈違いを起こすので主人公とのCPは除外されます

とは言えCP女性側や受け側に自己投影をしていないとは思いません。(二次含めて創作する場合登場人物全てある意味では自分ペルソナだと思っているので自己投影を全くしていないキャラなどいないという意味で。

ですが「そのCPが互いに心惹かれるに至った動機」だとか「相手のどういった部分を好きなのか」といったこころのふれあい部分に自分パーソナリティなんぞが入ってきたら邪魔というか異物でしかないので、キャラ自分の一部を重ねることはあっても自分パーソナリティを重ねることはないです。

そういう意味では攻め視点モブおじ視点自分のようなタイプ腐女子とは相容れないですね。(もちろんそれが悪いとは言ってません。分類が違うということです)

自分場合はそんな感じでCP妄想を楽しんでます


ところで書いていて思ったのですが、腐女子が受けに対しての「自己投影」を否定するのは、人によりけりですが「私は受けと自分パーソナリティを同一視したりはしていない」の意味が強い思ってます

単に共感するかどうかではなくてそれこそ自分自身が作中に入り込んだのかのような、それこそ同一視というやつになるんでしょうか。それはやってないよという意味だと思ってます

からアイドルに対しての「ガチ恋勢」とかキモイってよく言われるじゃないですか。住む世界が違う相手に本気で恋い焦がれる、まではまだしも彼女かなにかのように振舞うとかキモイ、ってやつです。

それと似たような感じで、住む世界どころか実在しない相手に対して本気で恋い焦がれて彼女面するとかキモイ妄想乙、って話だと思うんですね。

まりヒロイン自己投影ヒロイン自分パーソナリティを同一視するような奴」は「架空キャラに対して本気で恋愛感情を抱いており」「架空キャラをまるで現実人間であるかのように扱い、恋愛感情を抱くなんてキモイ」というという三段論法なんじゃないかと。

誤解されないように言っておきますが、私個人ガチ恋勢をキモイと言ってるのではないし、ヒロインパーソナリティを同一視することが必ずしもキャラとの恋愛イコールで繋がるわけでもないし、夢女子ガチ恋勢とイコールで繋がるわけでもないし、自己投影理由相手バカにするような行為本来許されてはいけないものです。

物語が誰の視点で語られるか、の問題ではないと思われます。受け視点BL二次なんて腐るほどありますが、なら受け視点物語であれば自己投影を疑われるかと言ったらそんなことないです。

なぜ架空キャラに対して恋愛感情を抱くことをキモイと感じるのか、あるいはキモイと言われてバカにされるのかについての根源的な部分についえは残念ながらよく分からないのですが(現実架空世界混同していると思われているのかな)、実際に夢女子に対して「キャラ恋愛する妄想とかキッモww」というたぐいの罵倒は見たことがありますし、自分にもバカにするとまでは言わずとも昔になんとなくガチ恋勢を下に見ていた時期はあったなあという黒歴史があるので。

で、二次で受けのキャラ崩壊が激しいと、もうそれこそポルノ目的快楽に弱いえっちな子にされるのは逆にそういうものだと納得?できるのですが(キャラ崩壊のものが嫌な人もいるが、それはそれとして理由が明確である)、明らかな性的消費というわけでもなさそうなのにこのキャラがこんなことやるかよみたいなことをしたりすると、キャラ性格を改変した理由自分の中で何かしら説明をつけるために「この人は受けに自分パーソナリティを反映させているのでは?」という仮定が出てくる、と。

更に他ジャンル二次創作でもどんなキャラであろうとも常に受けの性格一定テンプレに押し込まれていて原型がなかったりすると倍率ドンですね。

そして原作性格がかけ離れてしまった(と読者が感じた)キャラ優遇されていると、そのキャラが好きで優遇したと言うより改変後のキャラが好きで優遇されたと判断され、改変されたキャラは作者のパーソナリティ的な分身だと認識される、と。

当然ながらその仮定仮定しかないし(単純に二次作者の力量の問題であるパターン、実はむしろ原作に忠実であり読者の方がむしろ受けを美化しているパターン性癖ではあるがパーソナリティを反映しているわけではないパターンなど色々あり)、仮に事実であったとしてもそれを理由相手バカにしたりするのは言語道断なのですが、思考の流れとしてはそう特別ものではない気がしています

要は「飛影はそんなこと言わない」なんですよ。もはやそのキャラはそのキャラではなくニセモノとみられているのです。



壁になりたい、空気になりたい腐女子については単なる第三者というだけではなくて第三者かつ彼らを至近距離からのぞき見したい現れなのではないかと思っています

というか物語を楽しむ視点の話ではなくて「そのCP私生活やら何やらをあますところなく全部至近距離でじっくり拝見したい」んですよ。

から空気になって24時間推しCPに密着したい」になるんですね。空気視点作品を楽しみたい、とはちょっと違う気がします。

anond:20200524005944

メサイアコンプレックスかよってのはそこらへんにいるアベガーにでもいってやれよ

宮崎勤リアタイしてないやつには巻き添えの迷惑さとそれにも打ち勝つ社会への後ろめたい気持ちってのはわからん

2020-05-23

人生真面目に過ごすと損する話

色々波乱万丈な人生みたいは話が世間にあふれているじゃん?例えば中高不真面目だったとかさ。

でもだいたいそういうやつって、過去にあれていても結果うまくいったりするわけ。そもそも中高生ときはわりと学生生活エンジョイしてるわけよ。

じゃ、おれにちょっと半生語らせてみてみ?

------

地方都市中流家庭に生まれる。

小学生低学年で逆上がりがなかなかできず、運動神経がよくないことに気づく。宿題はこなすことはできるので、なんとなく勉強は人並みにできるのかもしれないと思い始める。

高学年でバレンタインデーなどのイベントを知るが、全く数にはいってなく、チョコはもらえず。しかし異性に興味をもちはじめる。

中高生では優等生

はいいほうで模試でもだいたい学校の上位10%に入る。通知簿にはおとなしく真面目の評価。年によっては皆勤賞も。

一方で軽いいじめキツイいじりの中間のような扱いをされて、「学校楽しい」というワードイマイチぴんとこない。

似たような雰囲気の男同士で教室の端っこでもそもそしている。陽キャ女子と仲良く話しているのを尻目に、必ず逆転してやると負のエネルギーをためこんでいく。もちろん自分女の子と仲良くなったり告白されることもなく、大してコミュニケーションもないまま大学へ進学。

名大学へ入学サークル学業は充実する。ここでも真面目さを発揮し、GPAは良いほう。

研究室希望のところへ入るも、研究自体泣かず飛ばずサークルで仲良くなった女の子告白するも撃沈。就活に精を出す。

そのまま大手企業就職大企業のため親は大喜び。でも結局、童貞のまま。社会人になってもガールズバーキャバクラの類には行かない。でも、さすがに童貞のままじゃいかんと思い、会社の同僚とともに風俗へ。「なんだ、あれほど切望していたセ●クスってこんなもんか..」と27歳にしてやや幻滅する。

30前後彼女がいないことに本気で焦りだし、出会い系サイト女性と知り合う。そこで体の関係をもってくれたことに感激しつつ責任を感じ結婚する。しかし、体の相性もテクニックもしらない俺はまたたく間にセックスレスへ。家庭内自分価値を少しでも上げようと掃除洗濯・炊事と家事ほとんどをこなし、優しい夫をアピールしている。

せっかく入った大手だが、思った以上に収入はのびない。ホワイトっちゃホワイトだが、年収500〜600万がいいとこ。結局学生ときフラフラしてたやつらとそう変わらないどころか、彼らは自分で店を経営してたりする。学生ときに誓った逆転も、全くできていない。

------

はい、ここまで書いたが、これ真面目系クズの話に近いよね。でも別にクズ要素ないよね。で、増田結構当てはまってるんじゃないかと思う。もちろん、仔細は異なるだろうが、共感するところがある読者も多いのではないだろうか。

学生あいだは大人の言うことを疑わずに信じ、要領を得ることを知らず、モテに対しても斜に構え、特段の努力もしてこなかった。

今でも青春コンプレックスはぬけないため、日本ドラマはキツくてみれない。現実であっても、彼女に外でフ●ラさせたとか、会ったばかりの女とヤったとか、信じられない刺激的な話題で溢れている。自分人生にはそういう体験は訪れないんだろうと思うと、呆れ、絶望する。

大人は俺をこう育てたかたからこうなった。しかし、今になって自分人生でない気がしてくるのだ。

2020-05-22

黒川検事賭博について

今日昼食後の皿洗いしながら、ひ○おびっていう番組MCの人が、

「頭いいのに!いい学校でて、難しい試験合格できるのに、なんでこういう事やっちゃいけないっていう問題は解けないの?」

高卒の俺でもわかるよ!」と顔真っ赤にして言ってるのを見た。

このMCは、いい学校に入る時も(出るのは簡単)、難しい試験合格するのも、どちらの試験も全ての問いに想定解ってものがあり、それさえ答えることができれば合格できてしまうということを知らないのだろうか。性格がいいかとか、理性的かどうか、犯罪を犯さないかどうか、等ということは一切審査されないことを知らないのだろうか。知らないか高卒から

あと、高卒の俺でも、とか自分から言いだしちゃうところを見ると、学歴コンプレックス持ってると思うんだけど、公共電波で恥ずかしくないのかな。恥ずかしくないか。そういう姿見せて大金もらってるし。

でも、高卒の俺でも、とこのMC卑下する事によって「高卒は卑しい」っていうメッセージ公共流れるわけだけど、そこんところはどう考えてるのか。考えてないか

2020-05-21

平成と令和の法がゴミなのにつまらんとして消えない理由

  参加すれば生活恰好がつき、ブサイクコンプレックスが治るというこの島での大きな恩恵があるから

   天皇制は一部のクズから末永く人気があり、どんな悪事をしても消えることがない

    普通ならこんなつまらものはないとして、つまらんと言われた時点で消えるはずだし、12年前に一回消えているが

やはりブサイク病が治るということで、最近復活していまだに続いている

   冷静に考えたら頭は腐っているし形式的だし何の思想哲学もないし最低最悪であって消えてしかるべきだが、顔のことしか

考えられない無内容なクズ支配しているから、顔のことしか考えられないブサイクから人気が強く、警官と110番通報制度は消えることがない

anond:20200422111313

逆だよ。

収入男性収入コンプレックスがあるから自分より高収入女性は選ばない。

選ぶとしたら、収入以外の所でマウント取れるような女性

収入以外も何一つマウント取れる要素がない女性結婚したら、大抵の男性は病んでしまう。

みんなそんなに他人に興味あるの?

コンプレックスがとか人からどう見られるかとかそこまで大事か?

他人からよく見られても悪く見られても俺という人間本質は変わらない

背の低いやつから背が高いねと言われても背の高いやつから背が低いねと言われても俺の身長は175cmからちっとも変化しない

なぜそこまでして他人から評価におびえているのか理解できない

評価によって収入が上がる下がるにしても相手評価能力に対する結果なので答えは最初から決まってるようなもの

収入を上げたければ正当に評価してもらえる会社転職すればいいし、

恋愛も上手くいかないなら上手くいく相手に変えればいい

自分は気に入らない品物や化粧品釣り道具、何でもかんでも取り換えるくせに

ヒトになったとたんに大事だとか何だとか固執することに理由を作り出す

ヒトも組織自分に都合がよろしくなければ変えればいいだけではないか

自分が変わる必要があると認めたときにだけ自分を変えればいい

その2つを行う限り相手から評価が低かろうが高かろうが身長は変わらないのだから

どうしようもないことに頭を悩ませずに出来ることをしたらいいのではないか

コンプレックス

最近30を目前にして歯列矯正脱毛をした

中学高校くらいからずっとなんとなくコンプレックスだったのをようやく脱したけれど、まじでもっと早くやれば良かった

アラサータンクトップ着ても微妙だよ

いまさら笑顔が素敵になっても意味ないよ

まあやって良かったけど…

過去自分写真、歯並び悪すぎて全部消去したい

子供には絶対矯正やらせ

2020-05-20

[] 129 水トさくらちゃんかわいい

 アプリマッチングした女の子LINE交換したけど、アプリの時からわかっちゃいたけど、俺より若くて稼いでておったまげなんだけど。

コンプレックス刺激されるわ。

同じようにコンプレックス刺激される男が多いから、俺みたいなのでさえやり取りしてくれるのかもしれんけどね。

仕事から水トさくらちゃんかわいいしか考えてなかった。

なんならFANZA様でセール中の買ってしまった。

そこでふと思いついたのだが、そういえば俺はAV見るの我慢したりとかしたことなかった。

そういう、我慢する力ってのも人として大切な気がする。

今の俺は我慢する力なんざ小学生以下だから、伸び代しかない。

アラサーになっても伸び代しかないとか最高だな。

2020-05-19

anond:20200519164946

どうしても目が気になるなら二重にする手術してもいいと思う。

ずっとコンプレックスだったんでしょう?

自分は今30代だけど歯列矯正中だよ。

小学生の頃からずっと顔のコンプレックスで悩んでいたんだけど、

学生時代お金がなくてやらず、

この年になって年齢的にラストチャンスかなと思って始めてみた。

費用場所によって違うからいろいろ調べた。

口元が受け口傾向で悩んでたけど、だんだん横顔が綺麗になっていくのが楽しい

凸凹してた前歯も整ったし。

あと半年くらいで終わるかな。

ほんとにコンプレックスで悩んでるなら思い切ってやったほうがいいと思う。

anond:20200519143343

学者に比べたら浅い、専門家に比べたらニワカ、大卒新米プログラマ一生懸命勉強しようとしてる、くらいのリテラシーレベルだったのが

非モテコンプレックスこじらせた情弱貧困低学歴みたいなのが流入してきて女叩き政治叩きばかりするようになってメチャクチャになった

非モテコンプレックスこじらせた情弱貧困低学歴を高みから見下ろして、似たような感想(語彙を駆使した憐れみ)を述べるみたいなやつらも居ついてしまいいよいよ最悪

2020-05-18

  精神診断所見

    生まれときは超絶激臭膣だった。顔にコンプレックスがあったが、時代が良かったので自殺したり大きくいじめられることはなかった。昭和60年の

保育所での教育を嫌がり、平成2年に小学校に入ったが、学校を嫌い、勉強も体育もせず、児童からいじめられた。平成10年にインターネット通信が開始し

GLAYの地下掲示板で他の激臭膣と盛り上がっていた。中学生3年生のときに親と喧嘩して見返してやろうと思い自分勝手勉強し、延岡西高校トップで入って

  2年生の10月までは狂ったように勉強していたが、精神破綻。3年次には勉強しなかった。平成14年に北九州予備校入学し、色々な模試を受けてA,B判定をとり

平成15年に東大文Ⅰ採用され、駒場特に勉強をしていて、法学部では授業に出ないで、図書館理系数学の本を借りて独習していた、プログラミング数学検定1級

試験にも挑戦していた。

  平成19年に東大法学部私法コース卒業し、その後は自宅で遊んでいたが、平成20年10月頃に世情が悪化して発狂し、警察に回収されて田舎に帰り腐る。

  平成24年に逮捕され、黒羽刑務所体重を36キロ落としたことから人格が変わり、自分逮捕した警察に対する恨みなどを持つようになった

現在生活保護暮らしているが、若いころの記憶がないとか、警察刑務所に対して激しい恨みを主治医に口にしており、人生で何もいいことがなかったとか、

ぷちくんやざちゃんが好き等と繰り返し、世間に激しい恨みを持っている。金銭にも興味がなく、社会法律にも興味がない。

 

2020-05-17

anond:20200516165816

同人小説描き、作品は好きだけど人格はみんな卑屈で嫌い

そんなに絵師へのコンプレックスが強いなら絵師になったらいいし、

文字が好きで書いてるならそれでいいじゃない

2020-05-16

若おかみは小学生!」見た

正直、陳腐な内容だな、と思った。

公開当初はすごい絶賛されてたけど、ストーリーも展開も意外性がないし、児童小説だとよくある説教くさい内容だな、と。

て思ってたんだけど、なんかひっかかりがあるのでちょっと考えてた。

それで思い付いたのは、「赦し」をテーマにした作品は数あれど、その「赦し」の対象特に善人ではない、というのはすこし珍しいかもな、と。

割とこの手の作品は、「赦せない」相手が善人で、価値観を揺さぶられて「赦し」に転じるものが多い気がするんだけど(浅学なもんで咄嗟に例が出てこないが)、『若おかみ』は相手善悪関係なく、職業意識(つまり自分の誇りとかアイデンティティーとして?)で「赦し」に至るのは、あんまりたことないかもしれない。

悪人でも「赦す」。まさしく、「誰でも受け入れる」というのは、よくあるテーマの、「善人だから赦す」(相手悪人なら断罪してもいいのか?)「敵にも善人がいる」(悪人の敵はどう扱うのか?)とかをふんわりとアンチテーゼしているみたいですこし面白い

ところで、この「誰でも赦す」というテーマ作品が、この現代の、「嫌いな奴は骨まで燃やす」「すこしでも落ち度を見つけるとよってたかって叩きのめす」という社会で絶賛されたというのがまた面白い

というのも、主人公のおっこは、(まるで現代サービス業従事者のように)面倒な客に振り回され、屈辱を飲んで堪え忍び、その上で(決して善人ではない)両親の仇を「赦す」わけで、その壮絶さに我々はカタルシスを覚えるわけである

それは一種メサイアコンプレックスのようなもので、自分を傷つけることで他者を救うという妄想は大変な快楽なわけだ。(正確には赦しているのはおっこだけで、私達はなにもしていないのだが、我々は主人公感情移入しているので)

その敵を「赦す」ことの快楽は、敵を「叩きのめす」快楽に、根元の部分では繋がっているように見えるので、なんとなくそういう現代人のコンプレックスとかを感じられて面白いなと思った。

2020-05-15

anond:20200515134315

アスペ個性を悪意と呼んでやるなよ、泣いちゃってコンプレックスになったらどう責任を取るんだ

anond:20200515110923

自分馬鹿にした周囲を見返してやりたい」っていう一念だろうな。

特に父親へのコンプレックスが大きいらしいが。

2020-05-14

事実に怒ると恥ずかしいって風潮が嫌

それは事実から悪口じゃなくて事実述べただけだから事実から図星で怒るんだろ恥ずかしいよ?って理論よく見るけどさ

自分が気にしてるコンプレックスとかそういうネガティブ事実他者に知られたくない事実を人前で晒されたり悪意を持った表現と共に言われたらさ、怒りたくもなるよ?

それもう悪口じゃん、罵倒じゃん、なのに「事実悪口じゃありませーん」ってホント

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん