「豪族」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 豪族とは

2020-10-04

anond:20201004200954

まぁそういう国って、恋愛結婚するわけじゃなくて、政治的理由結婚してるんで話が変わるけどね。

日本でも戦国時代なんかはそうだね。婚姻はむしろ政治的理由で、各地の豪族の娘を嫁にして離反を防ぐこと。

夜の相手大名欲望というよりは、「義務」だった。そうしないと各地の豪族が不満を持つから

2020-08-25

女系天皇反対とかくだらない

Twitterで「女系天皇」で検索してみるとまぁ出るわ出るわ頭のおかしい奴らが。「国体としての根幹」「女系を認めれば国が滅ぶ」とかね。

いや、なんの権限もない天皇がどうして国体の根幹になったりその有り様次第で国が滅ぶんだよw

国は国民の物だから天皇が根幹なんてことはないし皇族外国人ガーっていうなら皇族には外国人3世ぐらいまで入れなければよくね?

伝統が~」って言うやつが多いがそもそも伝統なんて大して価値ないんだよ。伝統ってのは大体の場合大昔の人が「これはありがたいものなんです」って騙しだだけのもの

それが「ありがたいもの」であり続けると自分たちが得するからそういうことにしておこう、というだけのもの

天皇なんて元はただの豪族だろ?「高貴な血筋」とか無い無いw一種オカルトだよ。

おれは天皇なんてなんとなく親しまれてる気の良いおっちゃんぐらいでいいと思う。イメージ的には人当たりのよい小学校校長先生程度。

そもそも天皇人権侵害だし自分たち方向性他人が決めるのってかなり酷い話だろ。皇族の誰かが女系反対とか言ったのか?天皇制守るべしって言ったのか?

当の本人意見を聞こうともせずに外野が「けしからん」「絶対に守るべき一線」とかキモすぎでしょ?あいつら「皇室キモオタ」とか蔑称で呼ばれた方が良い存在

2020-03-19

歴史上はじめて兵庫が一まとめにされた日

かつて豪族支配していた場所朝廷の影響力が及び

摂津西部)・播磨但馬淡路丹波氷上郡多紀郡)の5か国が置かれた。

但馬牛とか、摂津のきり丸とか)

戦乱の世をくぐりぬけ(大概の大河舞台兵庫である

神戸港貿易で栄え、武器を収める倉ができ、兵庫という呼び名が広がり、いつの間にか合併されてしまたこの5か国。

兵庫県となった今も、この5か国の分断は続いている。

まず地形を見てほしい。日本海から瀬戸内海があるのが兵庫県だ。山も海もある。

故に場所によって気候も違う。発展してきた商売も違う。

隣県は大阪京都岡山鳥取。どれも微妙に毛色の違う県である

兵庫県民はまず自分の生まれから近い県の属性に分かれていく。

しかし、やはり県境というのは日本人にとって重大なもの。隣県に、いつも仲間に入れてもらえないのだ。

尼崎なんてそこらの大阪より大阪中心部に近い。なのに、大阪ではない扱いだ。市外局番06なのに。ほとんどの市民大阪に通って仕事しているのに、だ。

結果的に、地域性自分がどこの出身かということを強く意識し、そして愛する人が多くなっていった。

自らを「〇〇市民」「阪神沿線」「阪急」「JR」「伊丹空港」「自然学校」などと称する人ばかりになった。

ゆえにケンミンショーという番組が始まるまで、兵庫県民という使い方は一般的ではなかった。

ケンミンの焼きビーフン神戸食べ物であり、別に兵庫県民に特別なじみがあるわけではない。

正直ケンミングルメなんて無い。

兵庫県弁、というのは聞いたことがない。存在しないのだ。

正直兵庫の真ん中、秘境の地(何もないので大河撮影をしている場所)あたりの方言は、もはや関西弁ではない。何を言っているのかわからない。

淡路島という場所兵庫県にある。ここもまた、独自文化で発展した。

「神が生まれた島」ともされている。

それゆえか、いたるところにタコが干されている。タコの印象しかない。

しか淡路島の玉ねぎが無ければ、日本淡路島の玉ねぎが無いということになる。淡路島は大切だ。

姫路の人は神戸人のふりをする。姫路はド田舎だ。神戸三宮以外わりとなんもない。

宝塚なんか松岡修造祖先が作ったような地域だ。阪急支配であるウィルキンソン炭酸水がとれるくらいしか土地的には面白みがない。


思うに、兵庫県と呼ばれる場所は、戦乱をくぐりぬけ、平和こそが大事だと悟り、大切に、尊重しあった結果、

自国摂津播磨但馬淡路丹波)の概念は残り続けたのではないか

かわりに兵庫県民という価値観は消え去った。

が、しか2020年

新型コロナウイルスCOVID-19が日本各地で流行

それに伴い、兵庫県知事は住民票に基づく兵庫県民に対して「外出を控えるように」と宣言した。

海の、山の、六甲おろしを超えた、また海の、兵庫県民たちがざわついた。

決して、交わることのない兵庫県民が、はじめて一くくりにされた。

歴史的な日に立ち会うことができて、光栄である

はばタン、空を飛ぶ。

2020-01-17

anond:20200117103340

歴史的には「無理して抵抗せんでも占領されちゃったほうが幸せだったよね」という事例も多いからなあ。

特に地方豪族レベルでは「二勢力を天秤にかけていったりきたり」という戦略は多いし。

2019-09-17

anond:20190917190847

世に蔓延男性差別は本当に酷いものだと思うし、その割になかなか問題にされづらいことに不満もあるし、それに対してフェミニストがどういう悪どい態度を取ってきたのかとか、色々言いたいことは確かにあるんだけど。

こういう、歴史と共に積み上げられてきた社会学フェミニズム学説を前にして、ただちゃぶ台をひっくり返すことしか出来ない人々の言葉を読むと悲しくなる。

きっと学部レベル学問にすら触れたことがないんだろうなと。

通説を全否定して自説を押し通すなんて、戦車に竹槍で対抗するようなもの絶対に勝てるわけないのに。

色々な意味で、これがアンチフェミニズム実態なんだろう。

こんな稚拙な人々を支持したいとは私も口が裂けても言えないが、一方で、これは彼らが決して「地位権力を振りかざす社会的強者」でないことも意味している。「中途半端理論武装した保守的豪族」とは明らかに違う。典型的な「持たざる者」の言葉

学問という権力を持つ我々として、彼らをただ馬鹿にして爪弾きにしていればよいという態度は、いい加減やめるべきだとも思うのだよな。

2019-09-14

anond:20190914105713

IT貴族闘争で遊んでいるうちに

ドカタ豪族武士になりそうやな

2019-08-22

anond:20190822084741

王朝創業者滅亡
群雄農民反乱から台頭した群雄による征服
前漢ゴロツキ外戚による乗っ取り
後漢地方豪族農民反乱による弱体化・外戚による乗っ取り
王朝重臣皇族同士の内乱による弱体化・異民族による征服
王朝重臣反乱の多発による弱体化・重臣による乗っ取り
王朝重臣農民反乱による弱体化・重臣による乗っ取り
王朝重臣異民族による征服
異民族の王農民反乱から台頭した群雄による征服
ゴロツキ異民族による征服
異民族の王農民反乱による弱体化・異民族西洋日本)による征服共和革命

前漢と明くらいにしか当てはまらんな。

2019-05-21

anond:20190521131034

下記箇所について、補足。

多少横道に逸れるけど、前近代家族観認識のずれの方が気になった。

今となってはそれが極論に過ぎないという批判も多い

お手数だけどこれの根拠があれば紹介請う。

引用いただいた「今となっては『それ』が極論に過ぎない」という部分の「それ」は、直前の、いわゆる「近代見直し」が盛んだった時代の論、を受けているのね。自分家族論や社会学専門家とかではないけど、たとえば20年ほど前にはF・アリエスの「子供誕生」について、次のような言い方で「近代以前に〈子供はいなかった!」的な紹介がされ、多くの人に影響を与えたわけだけれど、

子供は長い歴史の流れのなかで、独自モラル・固有の感情もつ実在として見られたことはなかった。〈子供〉の発見近代出来事であり、新しい家族感情は、そこから芽生えた。(みすず書房https://www.msz.co.jp/book/detail/01832.html

実際問題としてこれは「(我々が思うような近代的)子供(観)」が誕生したのは近代出来事に過ぎない、というだけの話に過ぎないわけだということは、今となっては説明するまでもないことだよね。親子像、子供像が「今とは(多少)違う」のは事実としても、親子や子供過去の文献に登場しないということはない。自分が言いたかったのはそういうことです。そして、増田が引いてくれた極東ブログ引用している元論文も、原文では次のように書いてるよね。

現代において伝統家族と考えられている直系家族江戸時代に生まれたのである

これを、極東ブログさんは「日本家族なんてものはなかったし、結婚もなかったんですよ」というタイトルで紹介するわけだけれど、この図式は上に挙げたアリエスの事例とそっくりだというのは分かってもらえるのではないかなあ。つまりもともと「(近世誕生した近世的)家族近世以前にはなかった」というだけの話しかしてないのに、それをセンセーショナルに取り上げて過剰に敷衍した意味づけをしている、という構図。いかがでしょうか? 本当は、近世以前にも、たとえば古代的、中世的な形で家族はあったし、古代的、中世的な姿で「子供」も社会的存在した、ということです(たとえば「子供」を人間以前の存在として大人とは別なる名を与え、一定以上の年齢になると新たに人間としての名を与える「元服」という風習とかがそう。)。


さらに、今私たちが思う「子供」観の全てが「近代に作られた子供像」で説明できるのかと言えば、それもまた違うのではないだろうか。単純に同じと言えないことはもちろん前提なのだけれど、1300年前に山上憶良が「銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも」と歌ったその親子観、あるいは800年前ごろに、合戦中に年配の熊谷直実が、組み伏せた若武者が十六、七と我が子のような年の若者であるのを見て思わず刀を止めるシーンを描いた平家物語に見られる「年少者に配慮する心境」のようなものが、現代私たちの「子供」観と全く不連続であると言い切るとそれも相当無理があると思うのですよ。もちろん、1300年前、800年前の人々と私たちは、政治制度世界観死生観、何もかもを共有していないと言っていい。だから、本当のところ彼らが何を感じていたかなんて分からない。(まあそれを言うならそもそも現代を生きている私たち同士だって、何をどれほど共有しているか保証されないけどね。)それより、そうして「ことば」に載せるべきことは何か、すなわち彼らが「想定した公共」が何かという点に着目してみるなら、彼らと我々の間に一定の何かを架橋することは十分可能だと言えるのではないか。それを安易に「親子像、家族像の根本であるとか結論付けるのはそりゃ止めた方がいいと思うけど、そこに「引き継いでいる何かがある」ことは認めた上で話を展開するのは、それは十分建設的なことだと思うんだよ。

コノハナサクヤヒメの話を書くスペースが無くなったんだけど、一言だけ言うとあれは一般的婚姻の姿をイメージしたお話とは言いがたいのではないかなあ。「姉妹を同じ人のもとに嫁がせる」のは、あの話では天孫降臨した人間の祖に対して山の神繁栄を授ける、という文脈だよね。それは、たとえば地域を訪れた新しい権力者に対して地元豪族が取り入る、みたいな図をベースに作り上げた物語なんじゃなかろうか? 

2019-01-19

anond:20190119155942

そう考えると抜き差しならない状態ってそれはほんとにヤバイ状態だよな。

早く病院に行ってED治療受けないといけない。

現代はそうやって解決方法があるけど昔はインポになったらどうしたんだろうね。

それがある豪族の家に生まれた稀代の美少年だったりしたらさ。

「我こそはかの美少年殿の魔羅を見事立たせてしんぜよう」と国中の生娘たちが屋敷に押し寄せるわけだ。

それはもう逆シンデレラ状態あはれなり少年殿。

2019-01-02

豪族内閣を作ろう

マスコミにお友達内閣とか揶揄されるくらいなら豪族内閣を作って朝日を攻め滅ぼそう

2018-11-05

愛国心がうらやましい

アメリカ報道見てると右も左も「愛国心」を持っていて、馬鹿でも一つの信念になってる。

その内実はそれぞれ違うんだろうが。

日本でもネトウヨが噴き上がっていたころは愛国心が一つの軸になるかと思ったが、徐々にその内実が「作られた伝統」「利権擁護」に過ぎないことがバレてきて鎮静化してしまった。

司馬遼太郎が昔、「愛国心というのはそんなに複雑なもんではなくて、ふるさと馬鹿にされたときに抱く素朴な怒りの感情だ」という趣旨のことを言っていたことがあったが、個人主義が進み過ぎてふるさとに何の愛着もない。そもそも隣近所の人の顔すら知らないんだからどうしようもない。

ここまで書いてて気づいたが、「愛国心」が何だと言う以前に、「国」「日本国」とは何かという点がものすごく曖昧だな。

アメリカ建国者が明確な理念を持って作った国だから、「アメリカとは何か」と問われれば建国理念を思い起こすことができるのだろう。

日本は大昔の王権豪族自分利権を守るために形成していった国だから、こういうのが無い。

戦後憲法理念をそれに代置できるかと言われると、押し付け憲法論を採らないとしても、結局西洋で作られた理念を具体化したものから、それが「日本理念」と言われてもピンと来ないところがある。

これまで数多くの研究者が「日本思想とは何か」というテーマに取り組んできた気持ちが分かる気がする。

この国は国民が共有する理念が本当に存在しない。

それによって生じるメリットもたくさんあるんだろうが、国全体が貧しくなってる現代だとただただツラい。

2018-09-07

古田新田はどちらが優れているのか

昔ながらの場所に住み続けた古田と、新しい土地を求めて移住した新田

住むべき場所は一生ついてまわる問題といえるが、進化論的にどちらのほうが優れているのか、確かめたくなった。

その結果がこちら。

333古田 およそ64,500人

334新田 およそ64,300人

見事に肩を並べる結果に。

要するに、人間は住みたいところに住むのが良いということなのだろう。

なんだかこの結果をみてホッとしたような気持ちになった。

ところで田のつく名字で一番多い=繁栄したのは言わずと知れた田中だ。

4位 田中 およそ1,343,000人

田んぼを所有する人間よりも、中に住んでいた人間のほうが幅を利かすとはなかなかに皮肉が効いている。

ついで続く田のつく名字は以下の2つ。

11吉田 およそ835,000人

12山田 およそ819,000人

吉田に関しては良い(吉)田んぼなのは結果論だったのではないかとも思われるが、山田については山に資源豊富なことを考えると納得の行く順位とも言える。

今回の台風震災でも土砂崩れなどの実害が発生しているが、それをもってして尚、住む価値のある場所なのかと思うといろいろと複雑な気持ちになる。

豪族末裔である佐藤神事に仕えた鈴木天皇に仕えた高橋に比べると、ただ田んぼの中心に住んでいただけでこれだけのシェア築き上げたというのだから食べ物の大切さは推して知るべしと言えよう。

尚、疑問が生じてからこの結論に至るまで、もの10分程度で済んでしまうのだから便利な世の中になったものだが、もし今の時代に新しい名字登録できるとしたら一体どんな名字が将来繁栄しているのだろうか。

増田抜きでお答えください。

2018-06-30

anond:20180630151529

日本医師外国医師として働ける可能性はほぼゼロ

客員教授一時的研修ができるだけで定着できない日本でいうところの技能実習生

他国医師免許が取得できる可能性は制度ゼロではないというだけでほぼゼロ

医者外国でも既得利権から外人にはやすやすと譲らないし介入させない

正確には貧困者専門病院が現地の平凡なサラリーマン待遇存在するが要はその国の医者の皆が関与したくない仕事外人に開放されてるだけ

看護師では日本国内の医師のように平民を見下してキングのように君臨できず単なる外国人労働者のホワイトカラーしかない

医者日本国内で本格的に食えない状況が来たらインドネシア看護師をやろうとするんだろうけど医者は今はまだ地方豪族だろ

その国が好きでそもそも移住希望の石以外が日本の玉座を捨てて外国移住をできるわけない

2018-04-26

東京地方との格差」に対する違和感

「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由(阿部 幸大) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

上記記事の内容を大まかに説明すると、教育における「親の年収格差」に加えて、「東京地方との格差」も大きいのではないかというものである

主張として同意できる部分があるものの、やや違和感を覚えたので増田に記したい。

上記記事阿部氏は、東大入学時に、阿部氏と同級生との家庭環境の違いにショックを受けたようだが、私の場合大学より前の高校入学時点でそれを体験した。

私は、公立王国である地方某県No.1高校から都内の某文系国立大入学した。受験難度的に、東大より下だが早慶よりは上の大学である

(大学卒業から10年以上経過している。)

まれから上京するまで、築30年以上2Kのアパート家族4人で過ごした。当時は受け入れがたかったが、控えめに言っても貧乏な部類に入る家庭だった。

地方と言えども、県No.1高校ともなれば、同級生の親は医者弁護士経営者等が多数を占める。大規模な牧場経営者などもいた。一流企業サラリーマン割合的に少なかったと思う。

(地方場合一流企業サラリーマン東京本社から単身赴任しており、子供東京に残しているケースが多いのかもしれない)

親の平均年収1000万を超えていてもおかしくない。言わば地方豪族である不動産価格物価が低いにも関わらず、年収は高いわけで、可処分所得東京の一流サラリーマンより多かっただろう。

私の家庭は貧乏だったので、高校同級生は違う世界の住人なんだと感じたものである

阿部氏の場合高校ではそうした格差を感じなかったのだろうか?

もし感じなかったとしたら、高校偏差値はあまり高くなく、何年かに一人現れる神童タイプだったのだろうか。

阿部氏は釧路出身とのことだが、釧路トップ釧路湖陵高校北海道全域で見れば、札幌光星札幌北・南・西・東などの高校なら、おそらく親の平均年収も高いはずだ。

まり地方の中でも平均年収教育関心の高い層が存在しているわけで、地方が全てダメというわけではない。結局のところ、「東京地方との格差」というよりは、「親の年収格差」のほうが遥かに大きいのではないかと感じる。

阿部氏の言うように、地方特有の閉塞感、都会に出るのを否定される空気は確実に存在するし、県どころか、町を出るのすら反対されることも少なくない。だが、こうした傾向は、年収の高い家庭、平たく言えば合理的思考ができる家庭においては当てはまらないことが多い。やはり、「親の年収格差」なのである

念のため説明すると、地方場合東京港区のような「年収が高い人が住むエリア」が少ない。というか、年収と住むエリアが密接にリンクしておらず、年収の高い層が片田舎に住んでいることが多々ある。東京なら、年収の高い層が港区田園調布などに集中しているのかもしれないが、地方場合、それぞれのエリア東京ほどブランド化されていない。「お金持ちの住む街」、「ガラの悪い街」という区分けが、そこまで明確には存在しないのだ。

繰り返すが、エリア格差よりも、「親の年収格差」のほうが大きいと思う。

まぁ、とはいえ、地方受験産業が発達していないのは事実である東京では有名なSAPIX地方ではほぼ見当たらないし、中学受験一般的ではない。受験してまで通うに値するような私立中学がない県も多いし、あったとしても、中学はあまり重視されていない。地方で重視されるのは高校であり、出身大学より出身高校学歴意味を持つことも多い。「どこ高?」とは聞かれても、「どこ大」と聞かれることは少ないだろう。

そうした意味で、阿部氏の言う「東京地方格差」に一定の理解はできるものの、それでもやはり、「親の年収格差」のほうがクリティカルな要因だと思う。地方年収が高い層は、地方の衰退していく現実直視しているし、子供東京の一流大学に通わせることへの抵抗が少ない。地方の有力経営者場合、いずれは子供会社を継がせる意志があっても、まずは東京大企業修行してこいというパターンも多いだろう。

2018-03-27

anond:20180327100644

問題の立て方が間違っている。なぜ人を殺してはいけないのか、ではなく「人を殺さなくても済むようになりたい」というのが正しい。

原始の人間社会においては、警察裁判所存在していない世界であり、自分の身は自分で守るしかなかった。

自分自身の家族財産自衛するには、自分身の回りに近づく「敵」を排除しなければならない。

他人=敵を殺さなければ自分自身が生き残ることが出来ないのだから

大昔の人たちは知恵を絞って、なるべく他人を殺さなくても、「誰もが平和に生きることが出来る社会=人を殺してはいけない社会」を作り上げて来たわけ。

その帰結として、人々でお金を出し合って集落を守る自警団組織が生まれた。

日本の歴史をこの視点で読んでみると、いか暴力個人から取り上げて、国家に独占させていくかの歴史とも言えるよね。

農耕の発明集落形成部族統一する神の出現、豪族貴族武士近代国家の出現、軍隊警察核抑止国際連盟国際連合世界政府・・・

anond:20180327100644

国家暴力装置である」と喝破して批判された政治家が昔いたけど、「なぜ人を殺してはいけないのか」を突き詰めて考えてみると、そのことにたどりつく。

現在近代国家においては、一般市民武装することを許されていない(日本欧州諸国の話。アメリカについては例外中の例外)。

暴力武装を独占していいのは国家だけであり、具体的には軍隊警察組織の2者が暴力を独占する。

国家暴力を独占することによって、国家内における治安を維持することが出来るようになる。

よって、一般市民暴力行使してはいけない。つまり、人を殺してはいけないし、人を傷つけてはいけないし、他人の物を盗んではいけない。

暴力行使していいのは、交戦権を持っている軍隊と、刑事訴訟法に基づいて執行する警察組織だけ。

中世日本統一政府が無かったので、各貴族豪族宗教寺院自分武士を雇って武装して、自分の身を自分で守っていた。

昔の東大寺比叡山延暦寺は自前で僧兵を雇って武装していたらしいことが歴史書に書かれている。

暴力行使してはいけない、という考え方は明治維新後の近代国家価値観なので、まだ150年ほどしか経過していない。

もし増田が人を殺したいと思ったら、公務員試験を受けて自衛官警察官防衛出動海上警備行動を発令できる権限のある防衛大臣刑務所刑務官死刑判決を下せる裁判官を目指せばいいのではないか

2018-02-08

anond:20180208142055

マジレスさせてもらうと、桃太郎活躍した中世日本には、日本全国を統一した中央政権存在していない。

ヤマト王権西日本豪族たちを束ねた連合体のようなものだし、領民帰属意識が低かった。

何が言いたいかというと、桃太郎法律で罰する法的根拠がない。というより、法律運用する国家自体存在していない。

国家暴力装置だ」と発言した政治家が昔いたが、確かにその通りで、警察軍事といった暴力国家が独占して初めて増田が書いた法律執行がなされる。

桃太郎一行が行ったのは確かに暴力、それも私刑に等しい行為だが、桃太郎達を法律咎め暴力装置国家が当時は存在していないのだ。

2017-12-26

anond:20171226115827

鬼って朝廷に従わない人たちのことだから地方豪族みたいな。

宝は土地にある利権ね。鉱石がとれるとか

2017-10-18

anond:20171018133656

そもそも竹取の翁は下層民かのように描かれることが多いけど

豪族の中で身分が低い方ってだけですから

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん