「不愉快」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不愉快とは

2018-08-16

サッカーチーム地域名で呼ぶのやめてくれ

スポーツメディア各位、サポーター各位、ほんとやめてくれ。

当方茨城県南部出身鹿嶋市出身というわけではないがご近所。鹿島アントラーズも、まあ子供の頃銀行からもらってきたグッズが家にあったりしたんで馴染みは深いが、別にサポというほどではない。なので特にアントラーズへの義理はない、と前置きした上で。

ネットを回ってると、鹿島アントラーズは嫌い、というサッカーファン一定数いるようだ。こんだけヘイト溜めてるってことはよっぽど強いかよっぽどアコギかよっぽどサポのマナーが悪いんだろう。それ自体はチームやサポの自業自得なんで、しゃーんめーよ、としか言えない。

でも、鹿島アントラーズが嫌いという表明をするときに、鹿島は嫌い、と表現する人がかなりの数いて、その度にものすごいショックを受けてる。

なんで? 鹿島の人関係ないじゃん!

別にアントラーズ運営がクソだとかサポのマナーが悪いとかでアントラーズが嫌われるのはいい。でも、なんで「鹿島」がdisられないといけないの?

わかってる? それ地域名前だよ? そこに住んでる人やルーツ持ってる人がいるんだよ?

そして、一般的には出身地とか居住地とかって、人種性別とかと同じで、差別しちゃいけないことになってるよね?

韓国代表の「代表」の2文字抜かして後ろに「嫌い」ってつけたらヘイトスピーチになるご時世に、なんで平気で「鹿島嫌い」だの「鹿島クソ」だのそういう文言を垂れ流せるのかが俺にはわからん。「アイヌ(という設定のゲームキャラ)殺す」のカッコ内を省略した人がヘイトスピーチってことではてなで吊るし上げられたことあったよな。なんで「鹿島アントラーズ)嫌い」のカッコ内を省略していいと思えるの? 感覚麻痺しすぎやろ。

別に鹿島だけじゃなくて浦和とか水戸とかだってそうだよ。浦和レッズや水戸ホーリーホックをdisるのはいいとして、浦和の人や水戸市民がなんで自分たち故郷のことをdisられないといけないんだよ。

その点野球は、まあ阪神とかはあるが、楽天とか日ハムとかDeNAみたいな企業名か、あるいはジャイアンツホークス巨人みたいな愛称で呼ばれることが多くて、嫌いなチームを罵る表現地域差別にならないようになっていると思うよ。東北楽天ゴールデンイーグルスのことをいくら罵っても、「楽天」と呼んでいる限りは文面上は東北disにはならないもんな。サッカーもそうしてほしいよ。「アントラーズ嫌い」とか「アントラーズはクソ」なら別にサポではない俺は何とも思わず選手とサポだけに刺さる罵倒表現になるんだからそれでいいだろ。

Jリーグ地域密着を掲げていて、クラブ名に地域名を入れないといけないそうだ。確かにそれは、観光とかの面では必要かもしれないし、地域と切り離したものにするよりもチームへの愛着を育むことになるのだろうけれど、そのせいで地域ヘイト(に見える表現)が撒き散らされていて本当に不愉快正式名称地域名が入っているのはいいとして、地域名をそのままメディアでの呼称にするのはまずいでしょ。まあサガン鳥栖みたいな例もあるけど、「鳥栖はクソ」より「サガンはクソ」の方がどう考えてもマシだよね。

とにかく、チームを地域名で呼ぶ文化か、熱狂的なサポーター文化か、どっちかを変えてほしい。でも後者国際標準っぽいか簡単には変えられないんだろう。だったら前者を変えるべき。ちょっとめんどくさくても「鹿島」じゃなくて「アントラーズ」と呼ぶ、「松本」じゃなくて「山雅」と呼ぶ、「長崎」じゃなくて「V. ファーレン」と呼ぶ、みたいに徹底すべき。

それができないうちは「サッカー人種差別に厳しい(キリッ」とかお笑い草でしかないわ。地域ヘイト表現を量産しといてよくそんな白々しいこと言えるよな、って思うよ。っていうかそういう文化があるから定期的にヘイトスピーチするサポが湧くんじゃねえの? Japanese Onlyも当然の帰結だわ。

2018-08-15

おそ松さんという作品が大好きという話

いきなりだが、私は「おそ松さん」が大好きである

匿名で思いっきり愛を叫びたくてこの場を借りることをご了承いただきたい。

さて、先日の8月11日、私はF6 1st LIVE ツアーSatisfaction」の公演に行ってきた。

率直に言おう。

最高だった~~~~!!!!!!

まだツアー最中なのでネタバレをしないために詳しい内容は省くが、「おそ松さん」という作品の延長線上に確かにあることを感じさせてくれるというライブだった。

役者本来の姿とF6キャラとのメリハリバランスが抜群に良い。

おそ松さん」はそもそもメタネタの多い作品なのでたまに役者の素が出てくるのも自然に受け止められるし、そこがエッセンスとなっていて更に面白い

F6とは2.5次元のために存在するキャラクターだったのではないかとすら思えてくる。

正直言って、アニメだけを視聴しているときF6に全く興味がわかなかった。

話題作りのために逆作画崩壊ネタくらいにしか捉えていなかったからだ。

でも2年前の「おそ松さんonSTAGE」を観に行ってから私はF6に対して手のひらをくるっと変えることになる。

F6……最高じゃん……

松ステのおかげでF6おそ松さん世界ひとつになったように感じた。

F6も正しくおそ松さんであり、おそ松さんにとってF6は欠かせないのだ。

そう思えるようになったのは松ステのおかげだったと言える。心から言える。

おそ松さんの「くだらなさ」と歌とダンスの「カッコよさ」を合わせたのが「F6

この方程式を見事に2.5次元表現してくれたなと思う。

今回のツアーライブも松ステ1で得た興奮と感動を変わることなく味わえた。最高だった。

推し現実にいるという錯覚を与えてくれる…こんなにも最高なことってある?

役者がところどころで2期のネタをはさんでくれるのも嬉しい。

役作りのためだからかもしれないが、アニメちゃんと見てくれているんだということだけで嬉しい。

ところで、私は基本性質引きこもりであり、舞台なんかには行ったこともなかった。

ライブにも行ったことがないわけではないが、友人の付き添いで…とか、そんなレベルだ。

さらに言えば流行りのアニメには一歩引いてしまタイプだった。

オタク文化もそこまで魅力を感じないのでコミケにも参加したことないし、同人誌通販ですら買ったこともない。

なんなら、イラストSNSイラスト検索することすら滅多にしなかった。たまにするけど。ほんと~~~にたまに。

また、極度の原作厨なので、原作漫画ならアニメは見たくないし、2.5次元なんて興味の対象にすらならなかった。

おそ松さん1期のときも余りに爆発的な人気に恐怖を覚えてしまったほどである

こんな私がここまでハマっている。

コラボカフェのために遠征をして、

2.5次元舞台チケット自分でとり、

毎日イラストSNSをチェックして、

はじめて通販同人誌を買って、

なんとイベントに赴くだけじゃなく、

自分で本まで出してしまった

誰?これ

本当に私?

おそ松さんってすごい

人間をここまで変えてしまうのか

3年前、おそ松さん1期が放送されていたとき

「男が6人ひとつ屋根の下で暮らしてるんだもんな。そりゃソレらの層に人気出るだろう」

くらいの、斜めに構えた、非常に生意気な態度でおそ松さんのことを認識していた。

でもさ、でも、そうじゃなかった

おそ松さん面白さってそんなチープなポイントじゃないんだよ

原作おそ松くん」へのリスペクト

・むつごたちのアニメキャラクターを超えた非常にリアル人間くささ

・たまに入るウルっとしてしま人情話と

・「さっきの泣ける話はなんだったの?」という次話のくだらなさ

・かと思えば1話からずっと伏線を入れた上での24話の超シリアス展開

・そしてそのシリアスを無かったことにする最終回

このジェットコースターか?と思うくらいのブッ飛び具合が本当に面白い

振り落とされんなよ!!!!!という感じで引っ張られてしま

お、おもしれ~~~!!!このアニメおもしれ~~~~!!!

って、なるわ こんなん そりゃ爆発的人気にもなるわ

私がおそ松さんを「ただのメタパロ盛り込み話題性呼びたいだけのアニメから認識を変えたのは

今や幻とされた1期1話の終盤で出てきた

赤塚先生、怒らないかなぁ?」

「平気だよ。だってもう、死んでるし!」

というセリフである

いや、アレだけ好き勝手した後でこんなセリフ言える?!

このシーンだけで一気に認識を改めてしまった。

「あ、コレ ただの悪ノリじゃなくて本気で悪ふざけしてる人たちのセリフだ」って思った。

語彙力が無さすぎるので伝わらないかもしれないが、このセリフに私は「本気」を感じとったのだ。

面白いもの次世代へ引き継がれていくような…なんかそんな何かを感じたのだ。

このセリフのおかげでもう

「こんな作品赤塚先生に失礼ですよ!!もっとまじめにやってください!」

と言うような層は黙るしか無くなってしまったわけだ。

まり「なんでもアリ」のステージ1話だけで作り上げてしまったのである

見事だよ………………。

まぁ結局怒られて1話は幻になってしまうんだけども。

余りにもロック1話だなと思う。

また、この「なんでもアリ」のステージはダヨーン相談室で出てきた「自己責任アニメ」というワードさらに強固なものとされてしまった。

自己責任」 なんと強いワードだろうか

最近はなにか発言すれば「不謹慎」「差別」「不愉快」「解釈違い」「それが苦手な人もいるんですよ?!」と言われるような世界

自己責任」というワードを出したのは非常に視聴者の心に刺さったのではないかと思う。

そうだよ 自己責任なんだよ

アニメを見て笑っても泣いても怒っても不愉快になっても ソレは見た人の自己責任

視聴者の苦言を恐れてなんか丸くてフニャフニャしたものを作るよりも

トゲトゲしたものを作って「いや、触ったらケガするって言ったじゃんw」のほうが楽しいに決まっている

この姿勢が私にはすごく合っていた。開き直り具合はとても心地よかったのだ。

さらにこの「自己責任」という概念二次創作にも浸透していたのも良かった。

おそ松さんで何年ぶりかに二次創作に戻ってきたのだが、すごく伸び伸びと活動できている。

だって自己責任だし。私がおそ松さんのこういうシーンを見たいから描いてるだけだし。

ラク~~~~~たのし~~~~~~~~

これは誰かの解釈いかな…このネタは誰かを不愉快にするかな…

などとウジウジ考えながら描くよりも

いやいや、最低限の住み分けはするので、内容までは見た人の自己責任よろしく頼む!

この気持ち二次創作をすることができるの、すごくラク

これらの周りを気にせずに面白いモノを作ろうとする姿勢もものすごく好きだし

やっぱり、むつごというキャラクターがとても魅力的なのだ

正直言って、むつごの個性自体は「なんかよくある」感じがする

キャラクターごとに色分けして、ワイルド系、まじめ系、闇系、ギャグ系、可愛い系…

あ~あるある よくあるその感じ わかりやすいしね

でもこの「わかりやすさ」に付属して信じられないほどの「人間臭さ」が加わってキャラクターの性質を超えたリアルさが生まれた…と思う

恐らくこれは製作者側ですら想定外の「リアルさ」になってしまったのではないかなと思う。

初期のころは「設定に基づいたキャラ」という感じがしていたが、

話が進むにつれてキャラクターの奥底にある性格や裏側の正確やいろいろな性質が見えるようになってきた

2期になるころには全員が好き勝手に動いているような感覚を受けた。

「お前ら初期設定はどうした?!」と言いたくなるほどキャラ自由に動いているわけだがすべてその初期設定に付随しているカタチなので決して「キャラ崩壊」というわけではないのである

要するにこれらのキャラクターの自由さはすべて今までの話の展開にそって出てきた側面部分でもあるので違和感がないわけだ。

「あ~~~そういえばこの話のとき一言だけこういうこと言ってたけど今回その側面がダダ漏れなっちゃった感じ?!」

というように自然にとらえることができるのだ。

キャラが生きている」…まさにこれだと思う。

それに、アニメでのむつごが何を言い出すか、どんな行動をしだすかが全く想像できないので

アプリ舞台などの準公式媒体でのキャラ解釈違いというものが発生しにくいように思える。

ドラマCDアプリ舞台ファンブック…すべての公式媒体が本編のアニメにおいてキャラがぼそっと言った一言を取り込んで広げてくれるのでむつご一人ひとりの魅力や性格可能性がまたさらに広がるのだ。

そう思えるのもひとえにアニメ原作のむつごの自由度の高さのおかげだ。

意識的確立した「なんでもアリ」のステージ無意識的に確立した「むつごのキャラクターの自由度の高さ」が上手く融合して準公式二次創作もとても気楽に楽しむことができる。

前述にて「役者がところどころで2期のネタをはさんでくれるのも嬉しい。」と書いたが、準公式がこうやってアニメを大切にしてくれているのも最高なのだ

いくらおそ松さん自由度が高いとは言っても準公式独立して悪ノリをするのは受け入れられない。

だが、ちゃんアニメを読み込んだうえで悪ふざけをしてくれるし、アプリではアプリの、舞台では舞台独自性を盛り込んでくれる。

なので準公式も大好きになってしまうのだ。

もちろん全ての準公式が合うわけではない。中には「このキャラ解釈は違う…」と思うことだってある。

しかし、大体の準公式おそ松さん大事にしてくれていると思うし、ユーザーのことを楽しませてくれているように思う。

エイプリルフールでのアプリ一斉悪ふざけはアニメが終わった今、非常に楽しみなお祭りイベントの一つだ。

話がアニメアプリやらに飛んでわかりづらかったら申し訳ない…

とにかくアニメだけじゃなくてアプリ舞台も好きだな~~って思う

しかも加えて二次創作も気楽な気持ちで浸かれるな~とも思う

おそ松さん二次創作において特殊な傾向と言えばいわゆる「派生概念であるが、私はこの「派生」という概念も大好きである

これこそまさに「なんでもアリ」のステージがあるが故の概念だと思う。

ごみのおそ松やデリバリーコントから発生し、二次創作にてパロディ設定が広がり、それを準公式が取り込んで…

という見事なサイクルのおかげで確立した概念である

おそ松さんが作り上げた「なんでもアリ」のステージ

そのステージの上で準公式や我々ファン自由活動できる

この一体感のようななんともいえない感覚が、私は非常に居心地がいいのだ。

ちなみにおそ松の「なんでもアリ」のステージを降りて、好き勝手にふるまうのはそれはただの迷惑存在である

あくまで「おそ松さん」の手のひら上で踊っているこの状態楽しいのだ。大好き。

それとおそ松さんの大好きなところは

考察をすることもできるし」

「なんにも考えずに見ることもできる」

部分にある

ただのギャグアニメとして見るのもOKだし、現代社会風刺を込めた社会的アニメとして見るのもOKなのだ

むつごが抱えることになった個性は、現代人のほとんどが持っている悩みやコンプレックスであることが多い。

働きたくない、一生遊んで暮らしたい…という現代人の本音ともいえる部分や

意識高いことばかり言うだけで何やっても続かないというコンプレックス

人とコミュニケーションをとるのが億劫だったり

他人自分をよく見られたいという願望だったり

そういう誰しもが持っているであろうマイナスな部分をむつごは全員抱いている。

我々がそういったマイナスの面について悩んでいるとき、むつごはマイナス面を抱えながらも「これでいいのだ」と楽しく過ごしている。

このむつごの姿に救われた人って多いんじゃないだろうか。

少なくとも私はそうだ。

むつごを見ると安心してしまう。「これでいいのか~」って思ってしまう。

流石に全部開き直ってむつごのようにニートになったりはできないが、

自分が感じている社会への生きづらさに対して「これでいいのだ」と肩の力を抜くことができる。

そういう目線で見ても面白い

クズだな~~~~wwwwwwww」

だけで済ましても面白い

受け取り方も自由なのだおそ松さんという作品は。

何回も言っているが、私はおそ松さんが大好きである

おそ松さんを取り巻くすべても大好きである

公式と言われるアプリ舞台

二次創作自由度の高さも

全てが居心地が良いなと感じる。

おそ松さん出会ってから色んなはじめてを体験した。

同人誌通販をしたのも初めてだったし

コミケというイベントにもはじめて参加した。

自分で本を出したのも初めてだった。

人気ジャンル自然敬遠しがちな私だが、

「旬なときに楽しめるだけ楽しんでおく!!」という考えになったのもおそ松さんがはじめてだ

ライブチケットなんて今までとったことも無かったし

先日のF6ツアーではじめてペンライトなんてものを買った。

今まで好きなアーティストはもちろんいたし、ライブ自体には行ったことがある。

だがチケットは余ったものたまたま貰った…というカタチだったし

ペンライトなんて帰るとゴミなっちゃうからいらないな、って買わなかった。(基本的に財布のひもが固い)

その私がF6ライブではじめてペンライトを買ってしまった…。

これは自分史上非常にデカ出来事だ。

これほどまでに好きになったのは本当におそ松さんがはじめてだと思う。

色んなはじめてを体験させてくれてありがとう

本当に感謝している。

おそ松さん出会わなかったら私は一生コミケの楽しさも好きなもの投資する嬉しさも知らなかっただろう。

それに、こんなに一つの作品を大好きでいられるという幸せも知ることは無かっただろう。

アニメでむつごが楽しそうにしていると私も嬉しくなる。

こんなにのんきに生きているように見えるむつごだが、全員何かしらの生きづらさを抱えている。

どうしようもなく愛しくなってしまう。どうか彼らがこのまま6人で楽しく過ごせますようにと祈ってしまう。

公式も、おそ松さんという作品を盛り上げる役割を担ってくれて本当に感謝している。

へそくりウォーズの世界観は1期のファンを2期まで繋いでくれたと思っているし、

松ステという舞台F6というキャラクターを完成させてくれたと思う。

アニメだけではなくて、それに付随する準公式の様々な要素がおそ松さんのことをより面白くしてくれたんじゃないだろうか。

おそ松さんに関わる全ての人がおそ松さんを盛り上げてくれている。

面白いものを、もっと面白くしようと本気で作ってくれているな、と どの媒体を見ても思う。

まるで文化祭のような、チグハグな盛り上がり方が私にはとても愛しいものに思えて仕方がない。

こんなに大好きでいられる作品があって幸せだなぁと思う。

ありがとうおそ松さん

大好き!!!

大好きだよ!!!!!!

2018-08-14

anond:20180814222447

おつかれさま。

弊社でも男性が上役にそうやって言われている場面をよく見るよ。

女の子荷物もたせていいのか(重い荷物でなくても言われる)、

女の子に負けてていいのか(これ、女にも失礼すぎる)

なんだか女子の方がハキハキしてるなぁ〜笑(これも失礼)

女の子1人残して可哀想だろ?(何が?我はウサギか?)

こういうの全部"男は女に勝たなくちゃいけないんだからな?"

っていう圧力からまれてる言葉だろうし、我々も下に見られていて不愉快

でも上司はなんか面白くイジってやったぞ、

あるいは新人のやる気を出させてやってるぞ!みたいな雰囲気なの憎い〜

2018-08-13

子供優遇されるのはまあいいとして親まででかい面するのが不愉快

免罪符なのは子供限定特権大人のお前は駄目だ

anond:20180812135217

なら小町にでも書いておけば?

名字の話なんて男性に言っても不愉快な顔されるだけなのくらい、普段から男性を「察せない」と詰る女性様なら察せてるよね。

2018-08-12

自分語り大好き人間による長文自分語り

私は昔からクラスで配られるプロフィール帳を10分もなく完成させたり自己紹介大好きだったり自分のことを誰かに知ってもらうのが大好きで、そう思えばほんと根っから自分語り好きなんだなと思ったんだけど、もうインターネットってそういう場だと思ってるから今更デカい声で自分語りすることに自分でとやかく言ったりしないぞ

隙あらば自分語りとか言われるけど、自分語りを嫌なことだとか恥ずかしいことだと思ってる人が言ってるだけかもしれないし(いや知らんけど)、別に自分語りって他人押し付ける訳でもないんだったら勝手にやってもいいよね!他人ツイートにリプ欄で長文自分語りしてる人見ると「あー…」と思うけどな!

自己紹介大好きなくせに初対面の人も人前もクソクソクソクソクソクソ嫌いな上に内弁慶ネット弁慶から最悪!まんま弱い人間って感じ!

〜以下私が今日買った本の感想やら受け売りやら私ががその本を買うような性格になった原因であろう過去の話など〜

いきなりなんだけど、自分が誰かを誘う時に「でももう予定が入ってたら迷惑に思われるかもしれないし」「私があの人を誘うことで好きなのがバレて嫌がられて距離を置かれちゃうかも」とか要らないことばっかり考えて結局誘えなくなったり、やりたくないこと頼まれても断ったのちに「使えねえ」「感じ悪い」「こいつ嫌だ」と思われるのが嫌で断れないとか、まさに「周りにとって都合のいい人間」な私なんだけど、結局「こう思われるかもしれない」ってのは自分他人フィルター越しに見てるから起こる心境であってそれが事実とは限らないしあてにする必要もそれにとらわれる必要も全くないんだよな

わかってても考えかたを簡単に変えられるわけじゃないからここまで人間関係死ぬほど苦労してきたんだけど、そういう心境って全部今まで自分が関わってきた人とか環境とかで決まってくると思う

私の場合小六の時に仲がいいと思ってた女子グループ所属してる私を除いて5人の女子達(自分もそこに所属しているというか関わってた)が、影ではグループに割って入っていった女子の陰口を授業中メモに書いて2人で回してたとか、本当はAちゃんが悪くてBちゃん被害者なのに、グループ権力者みたいな子にBちゃんが悪いといいうことにされたあげく全く悪くないBちゃん先生グループ内のみんなの前でAちゃんに謝りAちゃんが「いいけどもうしないでね」とBちゃんに言う(私はたまたま関わってただけでその問題とは接点が濃くなかった上にその話を深く知らなかったからというのと、直前に陰口があったことを知ってしまったが故にそこで自分が何かを言って裏で何か言われるのが怖くて何も言えなかった)という地獄のような現場を、たまたま特定の仲がいい友達がいなくていろんなグループフラフラしてた私がちょうどそのグループに関わったが故に一緒に先生に呼び出されて女子達の裏側を見てしまったということなんだけど、まあ余談だけどなんでBちゃんが悪くてAちゃん被害者という流れになってしまったのかというと、グループでの権力者(笑)女子を含め(私もだけど)Bちゃんが嫌いだったからなんだよね 醜いね

でもまあこのグループに全く関係の無いところで私はBちゃんにも散々苦しめられてるしお前にも悪いところはあったぞと今だから思うんだけどね

で、そこで初めて女子の醜いところ等を目のあたりにしてしまった私は「私もこのグループにいきなり入っていった身だしこの子に裏で色々言われてたかも」「実は嫌われてんのかな」と不安になって1番関係ないくせにその場で号泣してしまったんだけど、まあ何が言いたいかって、私が「もし〇〇だったらどうしよう」「誰にも嫌われたくない」「陰口言われたくない」と思うのってこの体験があったからなんじゃないかな〜ということです

私が読んだ本の著者も言ってたけど、そうやって他人感情や周りの空気に敏感になることが必ずしも悪い事だとは思わないし、むしろそういう敏感な感覚必要になってくることも少なくないかもしれないけど、その敏感な感覚自分を下卑したり傷つけたり遠回りさせて疲弊させるために使ってたら楽しいこと何も無いよねってことだよね これ全部自分に言ってます

著者はそういう思考のことを「他人思考」、自分を軸にして物事を考えられる思考(≠自分勝手自分に自信がある)のことを「自分思考」って言ってたんだけど、たしかにそう考えると他人意見とか気にして自分のやりたいことやれずに結局グチグチ言う他人思考タイプの方が、自分がしたいこと、やれることは何かを考えて動いてる自分思考の人に比べて自己中心的だよね 他人意見を気にするのも結局嫌われたり自分社会的に悪い位置になるのが嫌ってことだもんな

ちょっと自分が何を言いたいのかわかんなくなってきたし言いたいこともっとあるんだけど、キリがなさそうだからもうやめとこ

他人思考の人って他人必要以上に期待して裏切られたら勝手不愉快になるらしい(というか私がそれ)なんだけど、この日記も誰かに見てもらえると思って載せても誰にも見てもらえないだろうからまあ過度な期待はしないでおきたいね

でも自分が今まで他人イライラしてきたことを振り返ると、たしか自分の思った通りの返事が来なくて不快になったことは多いなと思った やっぱりいらいらした時ってその原因を深く掘り下げてその後どうするか、失敗をどう活かすかって考えた方が絶対いいね

anond:20180812082218

同じようなことあったなー

駅で気分悪くなって少し横にならせてもらったとき、駅は寝るとこじゃないんではよでていってくださいと言われてすげー不愉快だった

まあ当たり前なんだけどな

金も払ってないあくまでも相手好意しかないのに実質的無料さ~0ビスしろっていうのは虫がよすぎる

2018-08-11

ゼルダの伝説で一番イラつくBGM量産した作品

トワイライトプリンセスで間違いないよな?

 

なんか独自色付けようとしたのか分からんけど

電子音丸出しのぶつ切り感のあるBGM

(しかも不敬にも時のオカリナカバー曲ばかり)

違和感ありすぎて非常に不愉快だった記憶

 

なんて言うんだろうあの作風って

当時流行ってたのか?

2018-08-10

ミリオンBCツイッター画像つきで語る行為

最近アイドルマスターミリオンライブ!Blooming Clover』、通称ミリオンBC』の感動的なシーンや物語の核心を突くシーンをツイッターで4枚も漫画コマが写っている画像を添付して語る行為を見かけることがあります。それも、最新巻や、連載中の最新話でです。

正直、私はこの行為不愉快で仕方ありません。なぜなら、漫画を初めて読むときの感動が損なわれる可能性が高い、いわゆるネタバレに相当する行為であるからです。

ネタバレが嫌ならツイッターなんて見るべきではないという方もいるかもしれません。しかし、『ミリオンBC』よりも人気のある漫画、例えば、『僕のヒーローアカデミア』『進撃の巨人』といった作品上記のように最新巻、最新話をツイッターで4枚も漫画コマが写っている画像を添付して語る行為をしている人がいますか?私はせいぜい物語に関与しないギャグコマが1枚程度貼られているぐらいのものしかたことがありません。ただし、それは『ミリオンBC』の方は1000RTぐらいされていることが多いからかもしれません。

何が言いたいかと言うと、P同士の自浄作用がないこと。これが私を不愉快にさせるもうひとつ理由です。上記の通り普通漫画の読者はネタバレ配慮してると思いわれますし、例えそれを見つけてもRTしたりすることはないと思われる。アイドルマスターファンライブでのコールが〜厄介が〜などと普段からヒリついているのに、なぜこういった問題には寛大なのか理解にくるしみます

あとこれは主題から逸れますが『ミリオンBC』はとても面白くて私自身めちゃくちゃ好きです。今現在3話まで無料で読むことができます。気になる方は読んでみてください。

2018-08-09

恋人アスペルガーだったってやつ読んで

縁を切った友人を思い出した

本当に分かってないんだよね、他人気持ち

判断もびっくりするほどズレてるの

理解しよう、理解しようと努力したけど

親が死にかけた時の共感のなさにブチ切れて

連絡先を全てブロック、以降 連絡は取ってない

記事の人は別れ難い恋人ということで障害を持つ彼と生きるのを選んだようだけど

一生一緒にいる家族共感能力がなく

こちらが許し理解不愉快言動も諦めて流すしかないって

一緒に生きてく相手としてどうなの

犬でも飼った方がよっぽど安らぐと思うけど

まあでも彼は仕事はできるし稼ぎもあるらしいか

そこで貢献してくれていることでギブアンドテイクなのかな

https://peek-a-boo.love/2018/08/06/post-3169/

名前があったんだ

カサンドラ症候群

これだ。全くこれだ。ずっと妻を苦しめてきた。

妻「言わないでもわかってほしい。頼んだ瞬間無意味になるものもある」

私「言われないとわからない。でもわかりたい。泣かせたくない。でもわからない」

お互い無力感だけを育てる日々だった。

「一方、夫婦となった途端に態度が変わる夫は、結婚後は妻を他者として認識しなくなるようだ。これまで妻にしてきたこと、言ってきたことを全くしなくなる。もはや妻の気持ち配慮する必要はないのだ。そのため会話もなくなり、むしろ独りでいたがり、妻は孤独に陥る。妻から否定裏切りになる。 」

これもあった。

相手を本当に尊敬している。

性格から見た目から価値観まで全部を愛してる。

妻の日常の何気ない行動を気高く、品があるなと思える。

見知らぬ人に親切で、真面目に働き、でも私を優先してくれて、いつも笑顔で、いくつになっても少女のようで。

そして私のなんの悪意もなく行ったことにいつもひどく傷ついている。

こんなに好きなのに、うまくいかない。

結局今は家庭内別居に落ち着いている。

妻は私を家族だと思わないと「期待」をせずどこまでも優しくでき

私は妻を一緒に住んでいる他人だと思うとビジネスのように接せるのだ。

私にとってビジネスのように接するというのは、今まで知り得た人間機微空気の読み方をデータとしてストック活用し(2秒以上の沈黙は納得していないと翻訳できる、今度とつけるときは逆に予定を曖昧にしたいとき、等)、多大な疲労を覚悟して、なんとか相手不愉快にさせず切り抜けることに全力を注ぐ、の意だ。

この人はそんなことをしなくても私を見捨てない家族だ、と思うとそれが停止するので前述の引用状態に陥る。やっとリラックスできる、と思って本来自分の考え方のまま楽に振る舞うと、なぜか相手が泣いてしまう。

からどこか冷ややかに、こういうこといっておけば喜ぶんだろう?という気持ちで吐いた言葉に本当に喜ばれてしまっては「感情を重んじる割にお前ら演技されて本当に嬉しそうだな」とうがった見方になってしまう。

変わりたいな。頭を強打して今日から普通の人になれたらいいのに。

anond:20180808193420

そんなのTeX記法のことを言ってるに決まってるだろ。

WordHTML+CSS文章を書くのと比べて、桁違いに書きにくい。

お蔭で後年SQL出会った時は、記法センスの素晴らしさに感動したわ。

何故なのかは知らないが、バックスラッシュに中括弧に$に^に、fracみたいな覚えにくい予約語オンパレードにその他諸々、記法があまりにも暗号的すぎるんだよ。

マークアップ的要素があるくせに、XMLHTMLよりも「どこからどこまで」を遥かに把握しにくいし。


あと、記法問題だけじゃなく印刷に持っていくまでの処理もマジめんどくさいわー。

WYSIWYGを捨ててかかってるだけでも十分めんどくさいのに、dviにしてレイアウト視覚的に確認しようとするだけで「文法間違ってます出力できませーん」とか、いい加減にしろアホ!と何度思ったことか。

こういうTeX使ったことある奴なら当たり前に経験している使いにくさを「インターフェース」と言ったのに、エディタ問題などと矮小化して捉えられるのは、正直言ってメチャクチャ不愉快だわ。

てか、viでもemacsでもなんでもいいけど、こんなのどんなエディタ使っても使いやすくならないだろ。

本当に救いようがない、センスゼロソフトだと思うわ。


からそこそこ整った文章書くだけならWordでいいんだよ。

いろいろツール入れれば多少は負担が軽減されるのかも知れないが、そんなふうにいちいち環境整える手間を掛けてまでTeXで書く理由なんて微塵も感じられないから。

車の運転AT全盛の時代にあってMTに凝るくらい趣味的かつ滑稽な話だよ、TeXは。

C言語に対する最新最良の処方は、可能な限りC言語を使わないこと」というのは有名だが、これはそっくりそのままTeXにも当てはまる。

夫が家事をしないのは妻の方が得意だと思っているか

実家暮らしの時も同棲しているときもだが、母や彼女の方が効率的に上手にこなせるんだから自分の出る幕なんてないよねと考えてしまう。

そして風呂トイレ等の水回りの掃除があまかったり、面倒だから洗濯物を一纏めにして特売やらギフトでもらった洗剤で適当に洗っていたりするのを見て、こうしちゃおれんと僕がやるようになっていった。

男の方が合理的なんだと思う。得意な方がやるよう分担するのが一番いい。そう考える男が多いんじゃないかな。的確な仕事の割振で効率的家事をこなせば、ゆとりも生まれるし生活の質も上がるので、精神的にも体力的にも負担は軽減されるはず、だから妻が家事で大変なら家事が不得意な自分は余計なことをすべきではないと考えてしまうような。

一方で女性情緒的な物を優先する傾向があって、負った疲労やストレスを解消することを最優先させたがるのかもしれないね。いつもより部屋が汚くなる、料理は出来上がるのが遅くしかも不味い、そんな風にパフォーマンスの質が落ちてみんな損することが予想できても、一時的な安らぎを得るために、普段自分がやっている仕事を誰かに譲渡しようと考えるように僕には写る。

夫が家事をしてくれないと愚痴主婦は、こいつは私がいないと何もできないんだからという顔して家事をそつなくこなすのをやめたらいい。家事の出来ないポンコツ妻を演じていれば案外すんなりやってくれる気がする。

増田モテないのは強いて言えば彼女家事をやりたいという気分を阻害しているからかもしれない。

得意な方がやればいいということは、男の方がパートナーより家事が出来る場合パートナー家事やらせたがらないこともあり得るはず。

なんとなくあの料理が作りたいだとか部屋を掃除してすっきりしたい、なんとなく服買うついでに適当食材も買っていこう、洗濯物溜まってるから洗濯ちゃおう…気まぐれに家事をやってしまいたい時はある。そういうとき自分テリトリー侵害されたという具合に増田はむくれていたんじゃないだろうか。パートナーにとっては自分のやることに文句つけられるのは不愉快まりない。

anond:20180808192022

追記

書き方が悪いのかな…

一人暮らし男性同棲後パタリと家事をしなくなるなんて僕が言ってることを顕著にあらわしていると思う。

一人暮らしは苦手でも自分でやらざるえないわけで、そこに得意な人が来たから配置換えするように家事担当を変わってもらったと捉えているところは否めないだろうよ。

それと妻がポンコツでも家事に手を出さない男は本当に衣食住に関心がないのかもしれない。そんな男はどうしたって家事をやってくれないから諦めたほうが良さそう。

2018-08-08

anond:20180808211044

自分でいれるものじゃないのにただでもらおうとしてるうえにえり好みをするからムカつかれただけ

ありがとー麦茶美味しいねともらっておけば誰も不愉快な思いをせずに済んだ

anond:20180808201021

俺の稼いだ金でいいもん食って俺の家で清潔なベッドで安眠し

化粧していい服着て美容院行ってよその男とちゃらぽこ遊ばれる

これが不愉快でなくてなんなのか

からない奴はガイ

anond:20180808115123

不倫の何がそんなに不愉快なのか、いくら考えてもビタイチ分からん

結婚しても(というか結婚しているからこそ)好きな人は出来るだろ。普通

2018-08-07

婚約者不倫しすぎる

先日、聞いて仰天した話。

私:40少し前♂、仕事結構きつめ、年収そこそこ、都内国立大学卒、容姿は人並みだが肥満気味。

が、そろそろ子供を作るにはタイムリミットかなと思ったのでネットde婚活

つり合いの取れる女性を見つけて婚約中、お互いの両親も面談済み、披露宴会場も予約済み。披露宴招待客も決めて、お返事待ち中。

彼女:30前半♀、仕事は忙しそう、大学の少し離れた後輩、容姿好き嫌いはあれど間違いなく美人スレンダー

が、本人いわく忙しすぎて出会いがないのでネットde婚活

つり合いの取れる男性を見つけて婚約中、以下同文。


とにかく頭がいいのでこちらが疲れない。仕事もしてるので、生活安全保障も期待できる。お互い経済的社会的要因を重んじて選んでいるのは分かっている。

社会的なつり合いを重視して選んだお互いであるわりには、夜の相性はかなりいい。敏感なのに恥じらいが奥ゆかしい。ごちそうさま。


さて、ここから問題

その婚約であるが、どうも過去恋愛の全てが不倫らしい。

大学出て最初に付き合ったのは、会社40代の既婚上司で、それがどうも初めて付き合った男性らしい。

むろん、最初恋愛不倫というのは恋愛観とか男性観が歪んでいる可能性もあって、そもそも上司と付き合うとかその月並みさに耐えられない。

本当かどうか問いただすことも考えたが、さすがに処女を誰にあげたかなんて聞いたらこちらの常識を疑われる。

よりによって最初恋愛から、それなりに思うところあっての選択のはずなんだから、きっと治らない病気みたいなものなのだろう。

もう一つは、実は次の不倫相手は私の上司らしい。夜、上司と腹心4人くらいで飲んだ時に気を許したのか今の彼女自慢を始め、しか水商売じゃないと言う。

聞かされて興味津々に、彼のスマホを見せてもらったら、出ましたよ、壁紙リストに入っている私の婚約者の満面の笑顔

もう3年くらいの付き合いらしく、聞くも不愉快交際の経緯。某メディア企業幹部からの紹介で取材を通じて仲良くなったんだそうな。

よくよく聞いたらそのメディア企業幹部が付き合っていたのが彼女だったということで、要はその私の婚約者の処女を奪った男が、私の上司彼女を譲り渡したと、そういうことだ。

上司のアホは、ペラペラペラペラ彼女との逢瀬について話す。しかも私とするときとまるで変わらない様子をしゃべりまくる。こいつ出世を諦めたのか。

さすがにこれは衝撃で、彼女に「つきあった男性、何人くらいいるの?」「その中で私に決めた理由はなあに?」と聞いてみた。

過去についてはあっさりと「2人だよ」と言って、だけどもう過去の話だから気にしないでほしいってこちらの顔色を窺って言うばかり。

かに上司と逢う頻度が私と知り合って激減しているようだし、それに上司が不満たらたらだったので、あながちウソでもないのかもと思ったり。

正直、こういう人と結婚するのは生理的嫌悪が走りました。ビッチでしょ、どう見ても。過去恋愛のすべてが不倫とかありえないよね。

怒りとともに婚約破棄しようとその瞬間は思ったのですが、よくよく考えれば、才色兼備で、もうこれより婚期を遅らせると、子供大学入学たころにもう定年を迎える時期にこれだけの条件を備えた相手なんてそうそういるわけでもなく。むしろかつてアナウンサーを目指していたという美貌を考えると、ほぼレア中のレア

不倫のことさえ目をつぶれば、条件的には申し分もなく、彼女一族は、都内某区で大規模な土地を持つ地主一族で、しか財産に胡坐をかくことなく、一族そろってみな早慶以上の学歴、手堅い職歴。もちろん本人も、これまでの経歴も申し分なく、料理プロ級、お茶着付けの心得があり、聞くところによると、ピアノヴァイオリンも上手、らしい。もちろん彼女家の資産は1億超えてます

さて、どうすればよいのかしら。結婚すべきなのか、婚約破棄すべきなのか。


ちなみに、ここに書いた彼女に関する情報は、私の上司から聞いた話です。役員にもなったのに、婚外恋愛のことを酒に酔ってペラペラ話す彼は、軽率まりないと思います

私も女性経験は人後に落ちませんが、そんなことは口にすべき話ではありません。これまで心と体を開いてくれた女性に失礼です。

男は黙ってハメ撮り写真クラウドに入れてニヤニヤすればよいのです。

こんな上司でも、私を引っ張ってくれたのは確かなので、苦言できませんが。

なお、私の女性経験は、20人超えてます

2018-08-06

今日も女はイタコ芸

2018-08-05

おっぱぶ嬢の戯言2日目

お客様がめちゃくちゃ来た。出勤した20から26時までほぼ休憩なしの営業だった。全体的に下のお触り多めの日。会話もせずにお触りに入る方がほとんどで記憶がないあああああああああああああああ。おっぱい調子も良くなく、触られるとくすぐったい不愉快な日。

1人目。おじさん、ふつうの冴えないおじさん。私は猫カフェの猫だと妄想して接客。場内指名もらえた。すぐ忘れてしまいそうなおじさんだけど、指名で帰って来そうだから覚えておきたい。10番の席。

2人目。お笑い芸人小藪に似ているお兄さん。淡々おっぱいについて語る。「おっぱいって揉んでるだけで幸せになれる」乳に顔埋めて満面の笑みになる瞬間、こちらも幸せ感じる。

3人目、スーツおじさん。そのオーラ裸の大将。酔っ払っているのもあり、お触り激しめ臭い痛いべちょべちょ。ボーイさんに助けを求めるも無力。AVレイプものってこんな感じだよなって、愛が欲しい。

4人目、スキンヘッドお兄さん。チャラチャラしたアクセサリーをつけるヤンキーっぽい(これは偏見)連れに怒られるからと、名刺を置いて帰る。早く怒られたらいいのに。

5人目、同僚についてきた、眠気限界おじさん。ビール片手にうつらつうらしている。お喋りメインだけれど、会話は弾まず。お父さんと同じ歳です〜って言ったら一気に現実感出てしまったので言わないようにしよう。

6人目、本指名の方。毎週、閉店間際に来る。延長しないようにするためらしい。外で会いたいと言われるが、それば禁則事項なので出来ない。時給の出ていない私はまた違う私やで。ニコニコキスして誤魔化すことしかできないのが心苦しい。どう対処すればいいのだろうと考えて半年くらい経つなぁ。

7人目、ハンサムなお兄さん。当たり障りない会話だけで終わりそうだったのでひとりキス我慢選手権を開催。無意味距離を詰めて「キスしたいな」のひと言で見事勝利。乳舐めまでいく大勝利

8人目、長渕剛ライブ帰りのお兄さん。長渕剛マフラー帽子かぶり、ご満悦な様子。ライブお話だけで終了。

あと15人くらいお相手したけれど、思い出せない。席の場所と顔は思い出すけど、内容がない。お客様はほんの40分にネズニーランド並みのお金をかけている。そんなに価値のあるものなのかお金は、ネズニーランドは、女の子は。

就活生必見】サラリーマンに向いてる・向いてないタイプの特徴

(向いてる) 

高校時代宿題さなかったり授業サボったりしてる同級生を見て怒りの感情が湧いてたタイプ

・身内以外のニートガチの怒りが湧くタイプ

キチガイ上司に痺れを切らして口答えする平社員を見て、まるで自分が口答えされたかのような怒りが湧くタイプ

賃金能力に基づくもの!みたいなことを本気で思ってるタイプ

・格下相手にお遊び感覚ストレス発散できるタイプ

・「仕事頑張るとかアホくさい」←手を抜いて成果を出すのがクールという風潮に敏感になったうえでこう思うタイプ

チビだろうが、文化系だろうが、ヨボヨボの爺さんだろうが、肩書が偉かったらビビり倒しちゃうタイプ

小泉進次郎の芝居臭さに違和感すら覚えないタイプ

・小籔や有吉松本人志橋下徹バカにされたら本気で不愉快になるってタイプ

・「俺に限ってはどうせバレないか咎めなしやろ」って確信して仕事サボりまくれるタイプ

・先輩や上司と初めて顔を合わせたときに「無能か気弱か審査しよーっと。もしも当てはまったら、頃合いや人間関係見計らってみんなの前でいつかこいつに不遜な態度取って恥かかしたる!」とか決意するタイプ

IQが105〜108くらい

・芝居臭い振る舞いをする自分が好きなタイプ

(向いてない)

・不真面目な同級生を見て「あいつが学校サボろうが俺に迷惑かかってないし」と他人事として割り切れてたタイプ

ニートを羨ましがるタイプ

仕事中に腹が立つたびに惨殺イマジンして心を落ち着かせるタイプ

・「会社の都合とか成果とか知らねえよ。俺が辛い思いした分、金寄越せよおおおお」と思っちゃうタイプ

・「仕事頑張るとかアホくさい」←楽したいという動機でこう思うタイプ

・「このおっさん社員、みんなに軽んじられてるけど善人だから俺は普通に好きだなあ」って思っちゃうタイプ(対人感覚普通じゃないから

自分会社パワハラなどを見て「どうしていい大人たちが敵意や悪意を隠せないのか…」って無力感にさいなまれタイプ

職場内で巻き起こるマウントを見て、「俺もお前らも所詮そこらへんの会社労働者階級やんけ、アホくさ……」って冷めるタイプ

2018-08-04

ヒプノシスマイクミソジニー問題がわからない

たぶん最初議論を読んだだろう記事を読んだときは、「盛り上がってるオタク正論を説いてもムダ」(意訳)「あなたたちはバカにされてる」(意訳)みたいな「現状に気づいてない踊らされてるオタク真実を教えてあげるね」というような語り口が嫌で、不愉快になった。

うがった見方かもしれないが、私にはそう思えて、「声を上げることは正しいと思う。が、上げたいなら上げたい人だけでやって」とだけ考えた。

実際、「男尊女卑が徹底してないのにミソジニー要素がある=女性差別ターゲット層の女はバカにされてる」という論法がよくわからなかった。

仮にそれが女性差別であるなら、差別されてるのはコンテンツ内の女で、購買層の女ではなくないか?と思った。

下品と評されるコンテンツ、或いはスプラッタとかディストピアものコンテンツを見るからかもしれないが、コンテンツ内の差別(倫理観?)=現実のそれに値するとは思えない。

見るけどやらない、では駄目なのか。人を殺すゲームをやるけど現実では人を殺さないという常識差別適用できないのか?犯人ゲームの影響で…論説はけっこうネットで叩かれるのに、この話ではそういう「現実と切り離して考えよう」みたいなのが見つけられなくて、そこがよくわからなかった。

で、後日(というか今日)、ちゃんとしたとこの記事で同じ話題を扱ってるものを読んだ。

引っ掛かるところはあったが、考え方は少し変わった。最初に読んだ記事より共感できたというか、ヒプマイにミソジニーがあると感じてて、嫌だと思っている人がいるのなら、ダメことなのだなと思えた。

(ちなみに引っ掛かったのは、不良とヤクザの「カマ野郎」「女の"放送禁止用語"にでも」という発言を取り上げて、「女性男性を虐げているという設定ならこういう女性差別発言が許されるのか」としてあったところ。個人的にこれらのセリフは「女性に虐げられてるから」出たというわけではなくて、発言者がそういう人種からだと思う。一因ではあるだろうが、別に女尊男卑世界じゃなくても、不良は女っぽい男を蔑んだだろうし、ヤクザは女を酒権力金と並べてトロフィー化して放送禁止用語を吐いたと思う。要するにキャラ付けの一環というか、そういうの)

二個目の記事は、よく知らなかったヒップホップミソジニーについても解説してあって、そういう状況にあるコンテンツと密接に関わったものミソジニーがあるのは、嫌な人もいるんだろうな~と思った。

思ったが、実感として全く自分のものにならない。

実感はないけど、一個目しか読んでなかった頃みたいに「そう思う人だけそう思ってて」と割り切ることもできない。たぶん批判してる人の意見が正しいんだろうなと感じてしまたから。

どのコンテンツでもアンチ意見は見ないようにしてるから、それと同じように避ければいいか…と議論を目に入れないようにしても、アンチ意見とは違って内容が世間的に正しいだけに、SNSで何回も目につく。

その度に嫌だと思う気持ちと、そう思うこと及び正しい(のだろう)意見賛同できないことへの罪悪感で気が滅入る。

批判理解しよう、批判側に立とうとしても、どこかで「言っても創作物なのに割り切って見ちゃ駄目なのか」というこれまでのスタンスが引っ掛かっていて、そうなれない。

こんだけ話題になってるってことは、「創作物なのに」で許される範囲じゃないんだろうなとぼんやり思うが、ぼんやり思うだけで、どうしても実感として自分のものに出来ない。わからない。

こういうのを読めば理解できるかもよって記事とか本があったら、教えていただけると嬉しいです。

ファミマハゲ店長新人にイキり散らしてて不快

自分釣り間違えるし客の飲み物ぶっ倒しても謝りもしない癖になに偉そうに礼儀講釈垂れてんだよ

新人説教ます前に自分ちゃん接客しろ

客の立場から見ても不愉快まりないわ

自分仕事できるって思い込んでるんだろうけど他の店員はお前みたいに客が持ってきた商品手荒に扱ったり釣り間違えたりしてないからな?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん