「微妙」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 微妙とは

2018-12-15

田舎住み25歳男がマッチングアプリ使った結果wwwwwww

投稿です。拙い文章で長めに書きますが、身バレ覚悟で色々書いてます。生温かい目で見守って頂けると幸いです。

ひと昔前に流行った、マッチングアプリ使用結果投稿を見ながら、マッチングアプリ使用してた。

先日退会したので、その結果を述べる。

結論から言うと、出会った人数4人、彼女はできなかった。彼女作りの手段としてはオススメできない。

【筆者スペック

25歳の男。工業系の会社員年収は400万円程度。北関東ちょっとした都市在住。

雰囲気イケメン(たぶん)、冷静に見るとブサイク

学生時代はぼちぼちモテたが、社会人になってから出会いが皆無なため、かれこれ5年彼女がいない。ヤバい

使用アプリ使用期間】

P〇irsを使用。選定理由は、アクティブユーザーの圧倒的な多さ。

w〇th、タ〇プル、イヴ〇ヴ、om〇ai無料登録して使っていたが、アクティブユーザー数は体感で2~3倍は違う。

これがデメリットとも捉えられることは、今になって言えることだが…

追加課金はしてません。使用期間は3ヶ月。

【総マッチ数】

忘れた。30くらい?

アプリ上の表示は直近1ヶ月のマッチ数だが、その数字の最高値20

おそらく、県内男性会員の中で、上位20%くらいには入る人気なんじゃないか

アプリで会った子に男性会員を見せてもらっての体感

出会った子とその顛末

1人目:JDぽちゃブス(ごめんなさい)。異性と知り合っても友達まりしそうな感じの子

マッチして2週間くらいやり取りした後、イタリアンランチした。

話してるのは楽しかったが、見た目が好きになれなかったことと、

いかにもJDな賑やかな雰囲気社会人じゃないことが引っかかりこちからフェードアウト

2人目:1つ年上。銀行員スリムでドレッシーな着こなし、顔も可愛かった。

マッチして2週間くらいやり取りした後、カフェ&図書館ぶらぶらした。

この人、数日前にアレルギー反応でぶっ倒れ、当日は駐車場で物損事故して来られてびっくり。デートがブレたわ。

でも、読書旅行と気が合い、話してても楽しかったし、手ごたえはあった。

しかし、早速LINEで次のデートに誘ったらスルーされて終了。ムズカシイネ。

3人目:1つ年上。地方公務員片瀬那奈さん似の美人さん。

マッチして1週間ちょっとスタバデートした。

旅行音楽と気が合ったが、どうも相手の会話が進まず。自己開示&質問してもイマイチ乗ってこない。

微妙空気のまま終了し、一応1月に飲みに行こうと口約束して終了。年明けに誘ってみるけど、無理だと思う。

4人目:1つ年上。営業さん。ロキノン厨。低い声と、三日月みたいな可愛い目のギャップが良かった。

マッチして2週間くらいでスタバデートした。スタバ最強説。

おっとりな感じで、話してる最中スマホチェックしたり伸びしたりあくびしたりと、奔放な感じ。

それが、交際しても気楽に過ごせそうで逆に好印象だった。こっちも気が緩んで色々話した。

LINE交換を忘れていて、終了後にLINE IDを送付したものの、数日経っても登録して頂けず、アプリ退会に至った。

女性会員の特徴(彼女作りにオススメできない理由)】

学生社会人も、ギャルも清楚系もコミュ障っぽいのもメンヘラっぽいのも、色々な人がいる。

主に清楚系にアプローチしていたが、その方々はおそらく、男性への理想が高いのではないか

女性がもらう「いいね!」は、100以上/月が当たり前。色々な男とやり取りし、出会っていく中で、

段々と理想が高まっているのではないだろうか。その証拠に、なかなか退会しないアクティブユーザーが多かった印象。

また、女性無料なので、男性との温度差もあると思われる。

事実、やり取りしている人からも、「何となく周りがやっているから始めてみた」との声が散見

アプリ上のやり取りが途切れるのは当たり前、マッチして最初メッセージに返事が無いこともザラ。

更に、退会する直前も、楽しくやり取りしていて「退会するのでLINE交換しませんか?」と誘った瞬間に連絡ストップした子が2名。

しょせんネット出会い、SNSみたいなものなので、それらを否定する気は無いが、男からすればしんどい

マッチングアプリモテ方法

先人の増田さんの方々がおっしゃること、ググると出てくる情報基本的有効

ニコニコ笑顔で撮れた奇跡写真使用する、入会直後に「いいね!」をもらいまくっておく等。

また、独自の工夫として、重すぎず軽すぎずの自己紹介文になるよう気を付けていた。

とまぁ、彼女はできなかったものの、得られたものは色々あったので良かったかなと。

お試しでやってみるには、3ヶ月くらいがちょうどいい。一番人気は6ヶ月とか催促されるから要注意です。半年とか絶対疲れるww

カップルイベントの時期が来ても忘れてるくらいだったのに、今年はアプリ恋活に失敗したおかげで、

来たるクリスマスがめちゃくちゃ寂しいじゃねぇか! どうしてくれんだよ!

今日は腹痛でほぼ1日寝ていた

疲れもあったんだと思う

ようやく目は覚めたか

コーヒーでも飲もう

時間帯的に微妙だけど

不倫する奴っておもしろいって知ってた?

そこそこの年数で彼らを観察した結果、不倫やらなんやらは個人の好きにしろという面もあるが、俺は不倫するような中途半端人間基本的フィルターしている。

まず不倫する人って一定ライン以下の馬鹿が多い。

利害関係なしで話をするとそんなに憎めない人が多いんだけどね、如何せん頭が悪い

利害が絡む局面では当然排除すべきだし、相手にすると時間無駄になる。

こういった馬鹿達は一見善人のような顔をして君たちの周りに存在しているが、その皮膚の下ではクソにまみれた自己愛に満ちているんだよな。

俺はそういった面を敏感に感じ取り信頼の指標にしているから、観察対象として面白いなと思う。

昆虫を観察してるみたいな感じか。

彼らは幼い頃から負け犬で、劣等感他人で穴埋めしようとしている非常に弱い存在なんだよ。

たまに不倫否定言葉にするとだな、彼らはわかったような顔で不倫大人のなんたらとかドヤ顔で言うんだこれが。

もうこの時点でむちゃちゃおもろい、いや別に嫁以外とセックスすんなとは思わないんだけど、不倫てさ

性欲や自己愛しかない薄っぺら関係の癖に愛だのなんだの醜悪言葉を並べ立てるわけよ。

弱いくせにセックスに持ち込もうとするやつがこれらの醜悪手法を用いて他者を不幸にする。

不倫においてもこの点が非常に嫌いなんだよな。

良い不倫なんかあるんかつったら知らんけど、スポーツジム的なセックスとかか?

まあそれも嫁や旦那がクソ微妙外注しないといけないかわいそうな人たちなんですよ。

若いにーちゃんやねーちゃん達に言いたいのはだな、こういった善人ヅラした人生クラッシャー供には近寄らないことが良いってことだ。

まあこれらに巻き込まれるのは相手馬鹿なんだけどね、表面じゃなく本質的にな。

だいたいにおいて異性ってのは楽なんだよ、関係が。

そんな楽なものいつまでも溺れてるような男、または女がまともな人格を持ってるはずがないわな。

遊ぶなら自分の周囲を不幸にしないように遊ぶのが大人って事だ。

なので、彼らは愛すべきか弱き馬鹿だが、君たちの周りにいた場合には観察してみると人間の愚かさや種類などに気づく事ができるだろう。

もちろん愛すべきか弱き馬鹿自分に害を及ぼす時には遠慮なく蹂躙しよう、それが彼らのためだから。

2018-12-14

最近ワートリ勧めてくる奴がいるか

読んでみたんだけどつまらんわこれ

命のやり取りをやる世界のはずだが、ゲーム的な能力者バトルばかりをやっていて緊張感がない

かと言って命のやり取りがある状況では大した戦略性もなくご都合主義的な解決ばかり

絵が微妙セリフ言葉選びも微妙、だからキャラに魅力を感じない

キャラに魅力を感じないのにモブ同士のバトルまで見せられて飽きる

総論を言うと

・作者には作画的、言語的なキャラクター表現をする実力がない

ストーリー展開を出し惜しみしてる感がある&複数キャラに焦点を当てすぎ

そのせいで盛り上がりに欠ける

2018年末になるので「なろう系」の今後のアニメ化話を少し……


一年上前に書いたのをたまたま読み返したら「そう言えばこれを書いた頃は『転スラ』はアニメ化決定していなかったのに、今はもうアニメ放送されているな」と思い返したので、つらつらまた書いてみることにしました。

前に書いた時には期待を込めた予想・想像でしたが、本当に『転スラ』がアニメ化された上に、更にもう放送されているという現実の展開の早さに吃驚です。

わず一年程度の間でこの現状です。

しか適当に描いた予想・想像でしたが、実際に2クール制作され、今のストーリー展開のペース、そしてOPから読み取れる予想では前に書いた通り書籍である6巻か7巻あたりのところで終わる展開になりそうです。

予言ではないですが、適当なことを予想して書いておくと(本当に正解した場合の時だけは)自慢できるから、書いておくもんですね。

まあ本編を読了済みで、ある程度は知見のある人なら予想できるであろう範囲のことでしょうけど。

とりあえず『転スラ』のことはこれぐらいにして、前に書いた時以降に「なろう系」と呼ばれそうなウェブ小説からアニメ化されることが発表された作品に注目して、今の現状を整理してみましょう。

もう数日で年末年始、つまりコミケになるのでこの時期には色々なアニメ化の情報が公開されると思われ、その中には「なろう系」のアニメ化もあるかもしれません。

そのコミケ前になってしまますが、年末年始バタバタしてしまう人も多いので、その少し前に情報を整理してみましょう。

まずは前に書いた時にはもうアニメ化の発表がされているものをチェックしてみましょう。


これらは最近色々な情報が解禁されましたが、『盾の勇者の成り上がり』がまさか2クール制作されるとは思いませんでした。

これは『転スラ』の予想はほぼ正解したのに対して、こちらの予想は反対にハズレました。

書籍版が結構長々と刊行されていてまだまだ終わる気配がない作品なので、博打……なのかはお金を出すスポンサー制作側の判断なのでなんとも言えませんが、前にも書いたとおり私の考えでは2クール制作するとは思わなかったです。

ただ書籍版が20巻を超える大長編なので、アニメ化を機に動けば大きいリターンはあるかと思います

「なろう系」と呼ばれる作品の多くは大長編なので、今後のアニメ化の試金石になるのかもしれません。

同じ会社から出版され、そして同じ雑誌コミカライズを展開している『無職転生』のアニメ化に繋がる流れの一環なのかもしれませんしね。

もう一つのアニメ化の『賢者の孫』。

こちらはネット民的な視点からウォッチ対象になりやすネタ枠的な存在ですが、「ED主題歌アーティストの “女性バーチャルタレント限定オーディション」というのを開催し、斜め上なのか斜め下なのか分からないですが、予想するだけ無駄方面ネタを散らしつつ、2019年4月放送が決定していることを知ることになりました。

前に書いた予想では強引に1クール……とか書いていましたが、『盾の勇者の成り上がり』が2クール制作されるならこちらもワンチャン……とかそんな想像も頭の片隅に。

さてどうなるでしょうか?


そして今回の本題ですが、前に書いた時以降にアニメ化が発表された順番にリストアップしてみます



最近は本当に多いので、ここに挙げた以外での「抜け」があるかもしれません。

あったらごめんなさい。

まずは上には挙げませんでしたが、アニメ化が告知され、そのわずか数日後には制作中止となった『二度目の人生を異世界で』を取り上げないと、今年は語れないのかもしれません。

中止になった経緯は余りにもイレギュラーパターンなので言及するにも難しいですが、(なろう系には出版からデビューした現役の作家さんもいますが)素人が下手に残すログって怖いですね。

チャイナリスク」という本来言葉意味とは違うのか違わないのか微妙なところですが、今の時代アニメ海外配信も当たり前の時代なので、色々と各方面に向けてのチェックというかフォローが難しくなってきています

そしてそれとは別パターンですが、『ありふれた職業世界最強』はアニメ化と放映時期を発表してわずか一か月程度で、TVアニメ放送延期を告知するというよく分からない流れでした。

以降は動きをほとんど確認できないので、アニメ化がキチンと動いているのかは自分業界人でもなんでもないのでその辺りはよく分かりません。

『私、能力平均値でって言ったよね!』はアニメ化の発表がありましたが、今のところ特に追加情報ほとんどないのでよく分かりません。

出オチな系なコメディ色が強い作品なのでアニメ化した場合は、最終回をどうするんだろう?ってシリーズ構成の人の苦労を想像して出来上がりを楽しみにしたいと思います

異世界チート魔術師』。こちらもアニメ化の発表以降は追加情報ほとんどなし。

少年エースコミカライズが連載されているので、ヒーロー文庫よりももしかしたら、KADOKAWA方面から情報公開があるのかもしれません。

最近よく分類されやすい、チート&イキリなキャラカテゴライズされる系統作品なので、主人公に変な呼び名が付く可能性が高いかもしれません。

蜘蛛ですが、なにか?』は既にショートPV存在していて、それを観る限りはもしかしたら(大迷宮内での描写は)全編フル3Dアニメ作品可能性も。

PV以外はこちらも追加情報ほとんどないので、展開待ちでしょうか。

書籍版はKADOKAWAからコミカライズヤングエースUPと、KADOKAWAが表立って展開している作品です。

なろうの本編は今の展開に区切りがつけば完結の可能性が高いと思われますが、なろうと書籍版に展開の違いがみられ、それを並行で進めようとしているからか、最近ではなろうも書籍版も進みがスローになっているのが難点でしょうか。

作品の人気的には大迷宮での成長・進化テンポの良さが売りの一つだったと思われ、それが失われる後半のストーリーアニメ化には不向きな印象があるので、個人的には1クール強敵連戦危機・成長・進化連続で怒涛のハイペースがどう描かれるかが注目と思っています

魔王様、リトライ!』は「モンスター文庫」という双葉社から出版で、「モンスター文庫からは初のアニメ化になります

「なろう系」としては余り際立った特長を感じるタイプ作品ではないですし、固定ファンが多いというわけでもない作品なので、アニメオリジナルラスボスが終盤に登場する展開もありそうな気がする作品です。

乙女ゲーム破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』は「なろう系」としては、女性向け作品アニメ化としてはお初のモノになるのかもしれません。

基本的女性読者向けの作品ですが、内容的には恋愛コメディになるので、メインキャラの男女比率も同数程度ですし、アニメの仕上がり次第では男性にも幅広く楽しめる作品として受け入れられる可能性は高いです(最近女性向けのアニメ作品が、男性にも受け入れられる程の人気を得るような作品が出ていないので、久しぶりにそういう作品を見てみたいという期待を込めて)。

原作イラスト担当されている方がそのままコミカライズ作画をやっていて、コミカライズも評判が良いので、個人的には何気に期待している作品だったりします。

『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』は「小説家になろう」ではなく、KADOKAWAの「カクヨムからまれ作品になります

まあ色々と面倒なので「なろう系」と大別しても余り問題はないと思いますが、そういうことにうるさい人も多いので注意しましょう。

この作品成功するかどうかは分かりませんが、KADOKAWAとしては「小説家になろう」(株式会社ヒナプロジェクト)にアクセス数と、最終的な公開管理権的なものを握られるのは悔しいことと思われるので、「カクヨム」でのヒット……はともかく、アニメ作品があるんだよという実績は欲しいでしょう。

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』は転生・転移系ではなく、VRによるMMORPGもの

転生・転移系とは違う「なろう系」の定番パターン舞台設定で、簡単に言えばSAOからデスゲーム要素を抜いたもの説明するのが正解でしょう。

あれ?そう言えば今回リストアップしたアニメ作品は、この『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』を除けば、全て異世界転生・転移系になりますね。

そして巻数・売上的にも妥当とは思いますが、別要素の問題があったので、『八男って、それはないでしょう!』がアニメ化の発表にはまさかと吃驚しました。

作品のものは内容的に特に問題はないと思うのですが、同じ作者の別作品が「チャイナリスク」がありそうな状態だったのでアニメ化はないなと自分は考えていたのですが、いつの間にかその作品はなろう上から削除されたので、リスク管理した上でアニメ化の動きを進めていたようです。

個人的に注目は、『乙女ゲーム破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』と『蜘蛛ですが、なにか?』ですね。

乙女ゲーム破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』は「悪役令嬢モノ」とも分類される系統作品で、これがヒットすると他の女性向けの作品アニメ化への追い風となるかもしれません。

蜘蛛ですが、なにか?』はショートPVの出来が良かったので、これならアニメ映えしそうだなあと思いました(大迷宮編は好きなんですよ……)。




という感じでアニメ化が発表されている作品を軽く紹介してみました。

整理して見直してみると、多いですね弾数が。

実際どれがヒットするのかはアニメ本編の出来次第なところもあるので予想は難しいですね。

そうなると今後アニメ化しそうな作品を予想してお茶を濁すのが一番でしょう。

自分としては、コミカライズが(一応は)少年向けの限界突破な『異世界迷宮ハーレムを』を挙げてみたいと思います

なろうの方の原作更新がほぼ止まっていますストーリーストックはありますし、エロ系は一定需要があるので(笑)、これはアニメ化するんじゃないかなあと予想しておきます

あと2019年は「カクヨムからアニメ化をKADOKAWA積極的に展開しようとするのではないかと思わるので、『豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい』あたりも候補に挙がっているんじゃないかと予想しておいてみます



そして今年『転スラ』がアニメ化されたことで、残る超大物は『無職転生 - 異世界行ったら本気だす -』と、「このライトノベルがすごい!」では単行本ノベルズ部門で2年連続1位と圧倒的な強さを誇る『本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~』ぐらいになるでしょうか。

本編そのものはどちらも完結していますが、そのどちらも超大長編なので1クールでのアニメ化はまずないかと思われます

4クール用意しても多分完結しない可能性が高いですが、かつてはNHKでは『彩雲国物語』や『ログ・ホライズン』など分割になりますが4クール以上放映したこともあるので、『本好きの下剋上』はNHK枠でのアニメ化ならありえそう……と予想してみます

そうなると『無職転生』に関しては、先行している『転スラ』のメディアミックス展開の成功具合次第でしょうか。

あとはPV数と売上的には、『とんでもスキル異世界放浪メシ』と『転生したら剣でした』あたりが候補に挙げられるかと思います

「なろう系」の書籍化の際には「絵師ガチャ」で当たりを引けないとヒットしないみたいな話がネットに転がっていますが、更にアニメ化まで繋げるには「漫画家ガチャ」で当たりを引くと倍率ドン!のような気がしますので、『とんでもスキル異世界放浪メシ』と『転生したら剣でした』の2作品に関してはコミカライズの出来が良いので、そういう意味アニメ化に近いような気がしま(笑)


さて他に識者の意見を参考にしたいと思うので、ブックマークした上でアニメ化される作品を予想してみてコメントしてくれたらありがたいですね。

「あ、この作品もあったな」みたいなこともあるかと思いますので。

anond:20181214072512

30歳だから若者っていうには微妙な年齢だけど、そこら中でかかってるからあんまり自分で用意して聴こうとは思わないんだよな。

ストーンズとかクイーンとかKissとかツェッペリンとかはその辺でかかってないか自分DLして聞く。

女だけどサラダ取り分けどうでもいい

そんなこと、深く考えたことなかった。

だいたい飲み会でそういう大皿サラダが出たときどうしてたかなと思い起こすと、別に、誰かが取り分けるよう強制するような空気もなく、誰かが率先して取り分けるでもなく、だいたいみんな自分の分を取ってるし、微妙に余ったら、誰かが食べてる。テーブルがでかくて取りづらそうな人がいたら誰かが取ってあげてる。それが自分の目の前だったら自分でやることもある。ごく自然な流れとしてそうなってるし、女だからやれって圧を感じたこともなかった(鈍感なだけかも)

大学サークルでも研究室でも就職した企業2社でもいつもそうだった。合コンは行ったことないからわからない。別にそれで嫌われることもなく、生活にも困ってないので、サラダどうでもいいんじゃないのかと思う。

から、そういうのでいいんじゃないのかって思うけど、世間ではそういうわけではなく、サラダ取り分けに妙な意気込み?こだわり?みたいのがある人もいるのがわかって勉強になった。

anond:20181214063239

論点2については微妙

まあ、ポジション的にずっと偉いさんの下であることがわかってるなら媚びるのも戦術かなって思う。たとえば、増田営業で偉いさんは取引先、とかだったら、ありがちな男の武器(一緒に風俗行くとか)が使えない分、女の武器使うしかいかも知れない。若いうちに稼いでやめるつもりなら、まあそれもありかと思う。

しかし、そうでなくて長期的なキャリア考えると、相手に女として媚びてるうちは、パワーバランスとしてずっと下にいないといけなくなる。たとえば、増田と同じような立場で同じぐらいできる男性が出てきた時、サラダ取り分けてる増田評価って確実に男より下になるし、その場でチヤホヤされても将来的な職位とか収入にはつながらないから、はっきりいって貧乏くじでしかない。

さらに、数年もしたら若いの子ってポジションにもいられなくなるわけで、そうなると増田は「気の利くおばさん」として安く便利使いされるようになるか、部下の女子サラダ取り分けを命じる時代遅れパワハラお局になるか、いずれかしかなくなる。最初からサラダの取り分けとかはやらないタイプ」ってブランディングしておいたほうが将来のことを考えると楽。

女がやるべきことになってる行動を男がやるとモテる

はっきりわかんだ

---

【返し】

ハイヒールを履く

米津玄師クソモテたね

>「ほら」「ここがいいの?」「きもちいい?」「もっとして欲しいの?」などと痴女のフリをして猫をナデナデしていた

やるべきこととは

サラダ取り分けておきました

想定してたコメはこの線

>それでキモいキモい言われていじめられてた

オネエっ気が悪い方に作用するとそうだね ※ただイケ

ポリコレ的には

帰結は「よって男は何もしなくてもモテない」では

>逆です。オラオラ系がモテ

オラオラ系がサラダ取り分けたらおそらくアホほどモテる(知能の話ではない)

>なんにもわかってなくてワロタ

これはどの立場から…?

家事育児こなして大勢ママ友達に

ママなんだが(混乱)

>男がやる趣味を女がやるとモテ

これは微妙ラインだ。純粋趣味を楽しみたいのにセクハラ対応しかしてこない先達は必ずいる

メイク

男性芸能人全員やってるから的外れではない

別に全部が好きじゃなくていい

RADWIMPSはおしゃかしゃま君と羊と青前前前世は好きだけどそれ以外は別にきじゃない

ゆずは初期は好きだけどトビラ以降は微妙すみれは少し好き)

スピッツも出してるアルバムのうち1/3くらいは好きじゃない

これが結婚とかならそういうのも全部ひっくるめて付き合わないといけないけど、所詮ファンから好きなとこ取りしてりゃいい

にわかファンと呼ばれてもいい

全部が好きじゃないとファンじゃないならファンじゃなくてもいい

anond:20181214001309

アウトソースできる産業は滅びる

ソフトウェアハードウェア

自動車微妙

中の部品がなあ

中国抜きでも欧州もあるし

医者とか弁護士は生きられるんじゃね?

ローカル限定スケールしない産業けが生き残る

2018-12-13

二年半後。旦那同人活動をしてみようとした結果。

https://anond.hatelabo.jp/20160622100234

また昔書いた記事が取り沙汰されているのに気付いてしまいました。

上げられるたびに背中にじわりと嫌な汗をかきます

この記事自分人生の写し鏡のようです。事実を曲げず素直に書いた分、読んだ感想として幸せ結婚もあるよ書き手クズだよとマウントを取られたり叩かれることには結構ダメージを受けます。著書買ってるような名のある作家さまにまで叩かれてたときはさすがに少し泣きました。でも大ファンです。人生の内に貴殿文章を読んで貰えて光栄でした…といきなり誰ともなく私信失礼。

ただ、部分部分では共感して頂けたり、書いてくれてありがとうと仰ってくれる方もいることを考えると、決して書いたこ自体無駄ではなかったのだと、一旦は縮み上がった心臓の辺りを撫で下ろしています

そんな筆者のそれから二年半後の話です。

この旦那とは別れることなく続いています

金銭感覚に関しては自分がだいぶまともになったため、小遣い制も続行ではありますがその範囲内で収められるようになりました。

同人活動に関してですが、これも公認の上続けております

完全なる理解を得ることに成功しました。

やはり私の人生から絵を描く、文章を書くということを取り上げることは難しく、どれだけそれが大切なことであったかを話し、どうしてもやめられないのだと謝罪しました。出会ってから丸4年かけて。何かあるたび、ことあるごとに。離婚の話も時々しながら、それでも私は彼と分かり合いたかったのです。

旦那守銭奴でもあるので、イベントの度に黒字を出さないと、というプレッシャーはないことはないですが、趣味なのにかけたお金にリターンがあることがプラスに働き、その点でも理解を得るのに成功しました。私は少しずつ趣味で得た収入活動を回し、今では毎回イベント黒字を出せる位までになりました。(家計電気代、通信費自分持ちで、税金もペイしてます)

とそんなある日に、旦那が突然こんな事を言い出しました。

「俺も同人活動やってみようかな」

どうやら、私の活動を観察し続けた結果、副収入になりえる趣味があるのを羨ましく思ったようです。原作はお前と一緒に観ていたのでわかるし、文章ならば俺も書けると。同カップリングで書けば私の取ったスペースに置いて貰えるのでわざわざ旦那が申し込む必要はない。萌えいるかどうかは微妙なところであるが、金になるならやってみたいとの事でした。

私は大賛成でした。収入を得るのはとても難しいことだけど、世の中に自カプの本が増えるのは喜ばしいことだ。自分活動を見ていて刺激になったのならばこれほど嬉しいことはない。是非私のオススメ同人誌も見てくれと、旦那相手に全力で布教しました。旦那はとりあえずそれを全部読んでくれましたが、わかりやすく絵がきれいエロい内容の物を良いと言うタイプで、個性的な絵柄、作り込んだ話の物はぴんときていなかったようです。ロム専の心理の参考になるな…と思いながら布教を続けました。

「これ全部プロじゃない人が書いたのか?」と彼はとてもびっくりしていました。プロも含むけど、大体の方がアマチュアで、カップリング萌えた結果本を出さずにはいられないで書いたものだよ、と教えると彼は随分悩んだような顔をしていました。

しばらくそのままほっておいて、創作をするかどうか様子を見ていましたが、その後も別に忙しいというわけではないのに書き始める様子が全くありませんでした。気になって聞いてみると、やっぱやめたとの事。

私は旦那が書く自カプの小説がどうしても読みたくてリアル土下座してお願いしたのですが、言い分を聞いてそれ以上何も言えなくなりました。

「正直舐めてた。でもやってみようと思って触れてみて初めてわかった。これは、俺のような半端な好きじゃ出来る物じゃない」

彼は、打ちのめされていました。その気持ち、私もわかります。好きだという想いが強く、愛の伝わる同人誌との出会いで、如何に自分表現力が拙いか、愛し抜き方が足りないか、実感するんですよね〜。

「お前よくこんな趣味で心折れずにやってるね?辛くない?」

「辛いよ。誰よりも自分が下手で情けなくて嫌になる夜もある。でも何百回そういう思いしたとこで、結局書くのが好きって気持ちが強くて次回作を書いてしまうんだ」

そんな会話を交わすと、彼はふっと笑い、急に昔話を始めてくれました。

それはまだ出会って間もない頃、私がまだ嬢で向こうが客のとき。私はてっきり容姿に惚れたのかと思ってたのですが、もっと何気ない、私が発した一言に彼は惹かれたんだそうです。

「私ねー、この仕事やってんのには目的があるんだ。やりたいことやるためにやってる。だから全然仕事が苦じゃない」

このセリフを聞いて、彼は雷が落ちたような衝撃を受けたらしいんです。なんでも、その頃の彼は何もやりたいことがなく、ただ漠然仕事をし、婚活をし、人生の空しさを埋めるためだけに風俗に通っていた。だから、その私の発言が輝いて見えた。その輝きをずっと傍で感じていたいと思ったんだそうです。(とはいえ同人活動のことだとは露ほども思ってなかったらしいですが)(なんせ同居してからはしばらくやめてしまってたので)(よってあの輝きはなんだったのかしばらく悩んでいたらしいです)

「俺と一緒にいるということはあなた自由度を下げてしま人生幸福度を下げているのかもしれない。だってあなたは形に残るほどすごいものを作れる人なのだから。それでも俺は好きな物を作って輝いてるあなたが魅力的だと思う。やってみてはじめてわかった。もっと自信を持っていいよ」

…まー、これを言われたとき号泣しました。私は旦那センスを信頼してるので是非自カプ小説を書いて貰えたらなと思ってたのは事実ですが、それを差し置くくらい嬉しかったです。わりとこのときはじめて「この人に私をわかってもらえた」という感覚になりました。

世の中には色んな夫婦がいると思います。お互いの人格の完成度が高く、なんでも尊重し、協力しあえる夫婦趣味価値観は会わなくても、子供架け橋努力している夫婦。互いの趣味嗜好には立ち入らない距離感を正しく保てる夫婦最初からそうだった人たちからすれば、最初エントリー私たちなんて機能不全夫婦もいいとこで、嬢をやってた社会不適合者とドケチ旦那のギスギス話なんて叩いてなんぼ、まともな人間もっとまともな夫婦関係歩めるからね〜ウチみたいに…と、酒の肴に楽しむ人の不幸扱いされても仕方ないなと本気で思います。(傷付いてないわけではないのですこーしだけ悪意込めてしまいました、すみません)

私の想いは文章として私の手を離れた瞬間からのものになります。その文章に記したドラマがどう思われるか、どう受け止められるかは受け取り手次第になる。たぶんあのころの私はとにかく辛くて、そんなことまで考えられないくらい捨て身で文章を書いた。だからこそこう何年経っても読まれてはバズってしまうような文章になったんだろうなと思います。誰かを気遣わない文章からこそ、あの文章のなかの二年半前の私は時を経た今でも生々しく悩み、精神DVを受け続けています

受け取る側の精神状態にまで気を遣えるようになった私の今の気持ちは、分かり合えるか合えないか自分の頑張りもあるけど、旦那も歩み寄るかどうかにかかってるから正解なんてないのだよ、ということです。

あの文章を読んだ人の中ではその後の私のの人生はあそこで止まってあとはただの評価場となりますが、あの文章を書いた私の人生はその後も続きます

そこでどんな努力をするか、どう生き方を変えるか、パートナーを諦めるという選択肢もありました。人生自体を終わらせる選択肢だって。全部選んだのは私です。

その結果、私の「好き」は正しく相手に伝わりました。四年くらいかけてようやく届いた。それでよかったなぁと心から思います

ちなみに、私が彼を好きだった理由は、名前で呼んでくれることと同人活動気持ち悪がらなかったことでした。でも今ではそこに、私を正しく理解してくれることが加わりました。

彼は私の全てを知ってもなお好きでいてくれます。なんだかんだで、私の神様なのです。愛を持って私をある程度正しい人間へと導いてくれました。彼が完璧人間かと言えばそうじゃないですが、私にとってはこの上なく必要な人だったのだと自信を持って思います

また、最初エントリーも私にとって大きな転機になりました。自分人生一般的でなかったことに気付くきっかけになり、びっくりする位批判マウントをとられ、本当にショックでした。でもその悔しさは逆に、二度とあの世界に戻らないという誓いにもなりました。堕落した生活を送った過去は変えられないからこそ、正しく幸せを手に入れた人に叩かれたからこそ、何がなんでも幸せになってやると思いました。

今、自分がまともな人生を歩んでいるとも、素敵な旦那に恵まれて楽しく同人活動継続できてますよとも言うつもりはありません。ここに至るまではご覧の通りです。沢山の苦しみや痛み、驕りや嫉妬、あと絶望がありますもっと器用に生きれるなら生きたかった。でもその度に私は自分でなんとかして生きてきました。だからこそこれだけは自信を持って言います

自分好きな物を諦めなければ、いくらでも人生は変わります絶対

同人活動結婚なんて多分天秤にかけるものじゃなかった。

好きを貫いたら、好きなことができるようになるのが人生

結婚生活破綻するかどうかはそれに付随する事象しかなかったんです。

から結婚生活を無理に続ける必要もないし、同人の優先度が下がればやめてもいい。人生ってもっと気楽に、好きな物に忠実に生きて良いんだと思います。どうせ死ぬまで続くんだし。

努力したら分かり合える人もいるけど、努力してもわかり合えない人もいて、袖すり合いつつ生きていく。

結婚同人も全部自分人生の一部。どれが欠けても終わっても続いても、自分人生自体は続いていくんだから大丈夫

そう思うことで、とても楽になりました。

こういうこと書くと、また同人に対する重さとかのほうが取り沙汰されそうで心境的にはちょっと嫌だな。

あんまり深く考えないで、いかれた生き方している一個人日記程度に留めてほしい。間違っても同人女の一般化なんかしようとは思ってないから。結婚こわくないよ。でも結果として別れるかどうかは運次第みたいなとこあるよ。

自分にとって何が一番人生を豊かにしてくれるのか、ぶれずに行動すれば必ず思ったように人生は回っていくと、それだけは言わせてください!

anond:20181213094613

大家さんに相談しないといけないし

ここにずっと住みたいと思ってないか微妙なんだよね。

ブコメ発狂

軍事政権だって、いいじゃない」という学生たち:朝日新聞GLOBE

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/globe.asahi.com/article/11530020

ブコメ批判一色だった。記事に登場する学生意見微妙だし、ブコメ民の意見微妙

あの軍事政権が(部分的に)上手くいったからと言って、すべての軍事政権が上手くいくわけではないし、

逆に、民主主義がましな体制だとしても、すべての民主主義が他の体制よりましなわけでもない

目的人民幸福?)に至る過程として軍事政権という手段もあれば、民主主義という手段もある

統計的には民主主義採用する方が成功率が高いからと言って、

民主主義選択する必要はないし、(当然)軍事政権選択する必要もない。

まり、どういうことかというと、そういうことだ。あえて言うなら、外的関係を内的関係のように論じるのはやめろ、となる。

哲学文章でないなら、「実体実態)がない」ってのは、

日常的になじみのある、そこそこ硬くて数えられるものではない、

くらいの雰囲気なんだろうな。

実体があるのは人間とか机とかマシュマロとか氷とか。

実体がないのは霧とかホログラムとか。

微妙なのは水とかか。

2018-12-12

anond:20181212234419

あげたのは全部2018年ヒット曲だぞ

ヒットと呼ぶのが微妙なのはALMAだけ

日本2018年ヒット曲で具体的に曲名あげてよ

別に好みでいいんやで音楽なんて

微妙悪口ライン

AKBにいそうな顔

花*花ブサイクな方に似てる

・多部ちゃんに似てる

コンビニ商品を大体の位置で見つけたあとは半ば自動操縦商品取ってるせいか、買った後であれ?これ買いたかったやつと微妙にちがうやつじゃん!ってのが稀によくある

ゲームコントローラーの話になると度々上がるのがGCコントローラーだけど、アレってそんなによかったか

当時GCで遊んでたけど、コントローラー的には微妙な使いづらさがあって「慣れ」はしたけど「馴染み」はしなかったな。

遊んだゲームによって評価は変わるのかも知れないけど、何が使いづらいってLRトリガーが全く慣れなくて違和感強かったな。なんというか押し込み辛いし、最後まで押し込むのも無駄な力が入る。

あとCスティックも使いづらかった。あれコントロールスティックと違って滑る。だから滑らないようにしようとすると無駄な力が入って、操作に気を使い疲れる。

そういう事もあってか、GCコントローラー最高論は未だに個人的に納得がいってない。

任天堂コントローラーだと64のコントローラーが一番使いやすくて手に馴染んだな。

左側の方向キー全く使う機会なかったけど。

anond:20181212002817

こういうサービスの悪さが続いたからといって売上が下がるかどうかっていうと微妙なんですよね。

から自分が多少の不便を被ってでも、改善を促したい企業製品は買わない使わないようにする、という覚悟が求められるようにますます今後はなるかも知れないと思いました。

2018-12-11

実力底辺エンジニア目線から

NTT研究所退職エントリを皮切りに、いろんな転職体験投稿されるようになってきた。ちょっと前にも退職エントリ流行った時があったと思ったけど、思い出すのが面倒だからまあググってみてよ。

あい退職エントリ、そして転職成功談を見るとああ眩しいなぁ、すごいなぁ、羨ましいなぁとなーんにもできない自分がすごく情けなく思えてくる。

製造業システム部門みたいなところで働いてるんだけど、いま26歳。大学は三流私立理系情報工学を出た。いちおう卒論も書いてるよ。まあ学部卒だから、先輩たちがずっと引き継いできたプログラムちょっとだけ弄っただけ。教授卒業させてもらったようなもんなんだけどさ。

そんなんだから情報工学の基礎もあるようなないようなもんなわけよ。CとJavaちょっとかじって、ちょっとしたプロジェクト課題みたいなのをやって、グラフ理論とか、教養科目だけど線形代数やって、画像処理とか、論理回路とか通信の基礎とか学んだら実習したりまあそんなもん。

そんなこんなで卒業して、研究室の先輩が就職してたからって理由で受けた企業内定もらえたか就職して、集合研修受けて配属されてはや数年ってそんな感じ。

自社開発の製品ちょっとだけカスタマイズして納品とか、時々問い合わせ来ると対応したりするそんな感じの部署。だいたいC#Javaの組み合わせで、ときどきJavascriptをちょっとだけ書いたりする。でもだいたいはexcelとかWord資料作って、バッチちょっと書くとかそんな感じ。

モダン言語っていうの?RubyとかPythonなんか業務で触ったことがない。

バリバリプログラムを書いて製品作ってサービス提供するとか、工学的な視点から研究するでもなく、先人が作り上げてくれたなんとなくの仕組みをなんとなくなぞるような仕事をしている現状。それでもそこそこお給料はもらえるから生活するのに困るとか、めちゃくちゃ残業が多いわけでもない、けど、微妙に、ぬるい。

話が逸れまくったけど、結局、自分にはできないんだろうなって、転職とか退職エントリを見るたびに感じる。ソフトウェア開発する実力がない、底辺エンジニア目線から

ピラミッドセックスした人が居るらしいが、セックスされてそうで実はまだセックスされてない場所ってあるかな

皇居の前とかは割とひっそりセックスされてそう

自由の女神像とか多分セックスしてるな

ワシントン像の前とか微妙そう

国会議事堂セックスの実績はあるんだろうか?

俺の部屋のベッドもセックスしてそうでしてない場所なんだ。残念

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん