「クソゲー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クソゲーとは

2022-06-29

エルデンリングかいクソゲーをありがたがってる層は日向に出てこないでくれ

2022-06-28

貧民の1時間はおよそ500円の価値

貧民が1年暮らすのに250万円かかるとして、1日のうち飯風呂寝るなどで取られる時間を引いて1日の稼働時間を14時間として計算した。

そして貧民がこの500円の1時間を1500円で売って8時間働くと8000円の利鞘が得られる。

こうして利鞘を生活費税金として吐き出すことで貧民はなんとかして暮らしているわけだ。

さて、考えたいのは貧民の可処分時間であっても1時間には500円ぐらいの価値はあるということだ。

全く面白くないクソゲーを20時間遊べばそれは1万円をドブに捨てる行為だ。

もちろん、同じ時間面白ゲームに使ったからと言って金銭的な利益があるわけではないが、1万円を払った以上の価値が得られていればそれは勝利である

ゲームの代金が1万円でも、1万円をドブに捨てるよりは2万円で価値ある体験をしたほうが得なのは明白である

だが、貧乏人はここで現金を惜しんで時間を溝に捨てる。

時間500円のゴミクズであっても、7秒ごとに1円程度の価値はある。

だが貧乏人は1円分のポイントを得るためのポイ活に1分2分を平気で使ってしまう。

1円を拾うより放置したほうがお得というの2秒に1円ほどの価値がある金持ち理論とはいえ貧乏人でも7秒には1円程度の価値があることを考えればこれは異常だ。

異常なのだ

なぜ、貧乏人は1円のポイ活をするために何分も使うのだろうか。

彼らは狂っているのだろうか?

anond:20220627212336

人の人生を眺めて楽しめるかどうか、みたいな問題なのかな。テレビゲームでも、友達の家に行ったときに、友達プレイしている様子を眺めて楽しめるタイプと、自分がやらないと楽しめないタイプがいるような感じ。他人プレイを眺めるのにも本来意味があって、まずクソゲーかどうか、自分もやりたいゲームかどうか、自分に向いていそうかどうかを判別することができるし、プレイしている友達の考え方や普段見えない性格みたいなものが見えることもある。

自分でやりたい人は、やっぱりゲームを手に入れるしかないんだよな。

2022-06-27

Steamセールの歩き方完全保存版

ちょいと前にあった毎回同じ名作を挙げるな委員会を見て、じゃあもう自分で探すしか無いよねって思ったのでちょいと書く。

(てか、はてなってセール来てることすら知らないレベルの人が多い場所だと思うからまあ…)

そもそもSteamセールって言っても毎週とっかえひっかえパブリッシャーごとにセールやってたりするから季節セールじゃなくてもいいんじゃね?とは思う。言うほど値引き率変わらないし。毎週週末にでもSteam開いとけ金土日でフリープレイゲーム配信してたりすっから

anond:20220628125804 本文で発売前からチェックしろとか言っちゃったので整理を兼ねてウィッシュリスト晒しリンクもあるからチェックしやすいとは思う。8まで更新済み(6/29)。そっちの方のブコメ自己顕示欲満たすために分割すんなって言われたけど、そもそも知らないものを知ってもらうのって難しいのよ。だからリンク踏めるように上限数9で分割してるって書いてあるんだけど。そもそもそのクソメディアって広告のために分割してるわけで広告料一切もらってないしメディア仕事なんて一回もしたこと無いわけで。じゃなきゃこんなところで書いてないんだよな。文才もないし。)

くっそ多いタイトルから選ぶのはかなり難しい。結構な頻度でゲームをチェックしていても、このゲーム面白そうじゃんいつ発売だ?えっ二年前!?みたいなのは普通にある。

なのでできればセール時ではなく、直前に開催されていたSteamNextフェスみたいなデモ版が遊べる新作見本市とか、発売前からチェックしてウィッシュリストにとりあえず気になったのをぶちこむ作業から始めよう。ウィッシュリストまじで大事

選ぶとき基準なんだけど、例えば、評価値で注意すべきは元値が安くて高評価ゲーム

コスパで語られる事が多く、期待値より外れること多し。

あとはセール前提の評価とか、…まあ別にゲームに限ったことじゃないか

セールの値引き率は発売日から半年くらいで-30%前後、例えばSEKIROなんかはセールじゃなくても売れるので-50%になるのに2年以上かかったり、俗に言うクソゲーの部類だと半年を待たずして-50%になったりする。

アーリーアクセスだと基本は-10%よくて-205年モノの御長寿アーリーさんとかになると-50%とかあったりするけど。

最安値を見たいときは、SteamDB https://steamdb.info/ や、STEAMSALE https://steamsale.me/等を確認するといい。

とにかく数が膨大すぎるので売上トップランキングを開いて自分の好きなジャンル等で絞り込んで上から順に見て迷ったらとにかくウィッシュリストに入れろ。

セールが来たらウィッシュリスト開けば安いかどうかひと目でわかるし忘れない。

あとは売上上位の絶対にこのゲームやらねぇってやつがあるならゲームのページを開いてスルーって項目にチェックを入れれば表示数が減って他のゲームが探しやすくなる。

面倒くさいかもしれないけど、これを何度も繰り返して蓄積していくことがセールを楽しく歩くコツだ。

というわけで、最後一年以内に発売されたものセール対象タイトルを一つ挙げると、

DRAINUS(ドレイナス)-20% ¥ 1,184

https://store.steampowered.com/app/1975360/DRAINUS/

スクロールシューティングゲーム

そんなにシューティングゲームやったことない自分でも取っつきやすい。

内容はゲームページでご確認を。

オススメするわけじゃないけど最近めっちゃやってるゲーム

Teenage Mutant Ninja Turtles: Shredder's Revenge -10% ¥ 2,339

https://store.steampowered.com/app/1361510/Teenage_Mutant_Ninja_Turtles_Shredders_Revenge/

ミュータントタートルズの最新作。

今度コレクションも出るからちょーたのしみ。

https://store.steampowered.com/app/1659600/_/

追記

そういえば随分前にオススメ書いてたのをすっかり忘れてたので一応貼っつけておきますね。例の委員会の人が発狂するやつ。

https://anond.hatelabo.jp/20211223200708

ウィッシュリストを入れるメリットは他にもあって、インディーとかだとウィッシュリストの数で日本語がないゲームだと言語追加される可能性が上がる。

実際に追加される順番がウィッシュリストかなんかで決める企画があったので、どんどんウィッシュリストに入れてアピールしていこう。

ディスカバリーキューカードもらえるからお金になるしやるけどほぼ飛ばしちゃってるなぁ

自分は発売直後に買うことがまあまあ多いのであれなんだけど、セールは好きなジャンル外のゲームを買うことが多いかな。

好きなジャンル外のゲームを買うのって結構ハードル高いと思うので挑戦するにはセールがありがたい。

食わず嫌いだったなんてこともあるし。


ウィンターセール記事書いたときもそうだけど、あくま自分が好きなもの晒してるだけで当然ながらオススメするためにゲームはしてないし、探すことが目的でもない。

自己顕示欲が高いわけじゃないのでブログもめんどくさいし、ただちょっといろいろと整理してもいいかなって思っただけ。

未発表のウィッシュリスト晒しも9本*8ページ72本にもなってしまって自分もびっくりした。

どこで見つけるかって言ったらこの時期に集中する新作のショーケースを海外時間なので深夜に見たり、ドット好きなのでドットTwitter界隈見てるとゲーム作ってる人が多くてそこらへんから情報が入ったりする。

日本インディーズはソロでやってる人が多くてなかなかに難易度が高い。最近ゲームメディアもそこらへんに力を入れてるっぽいか話題性があれば記事になりやすいかも。

2022-06-21

俺のゆるい反出生主義に反論してほしい

20代後半の男で、パワーカップルやらDINKsやら呼ばれる状態になって1年経ったんだが、子供作る気が全く起きない。

それに加え従前からなんとなく持ってた緩めの反出生主義を、より強く思うようになったので、なおさら子供が居る未来が見えない。

とはいえ、年齢的には子供を作るのが「社会的に正しい」んだろうな、ぐらいの感覚はあるので、俺の考え方に有効反論をつけてほしい。

同意を取らずにクソゲーに参加させる点

一般的な反出生主義でまず出てくる点。

この世に生を受けた以上、マイナスなことが沢山あるのはご存知の通りだ。障害病気いじめ交通事故貧困受験戦争、軽重あれど挙げたらきりがない。親になった俺がそれに余りあるケアを出来るかと言われたら全くもって自信がないし、社会で面倒見てくれるわけではないのはよく知っている。虐待は…多分しないと思うが、そんな保証はどこにもない。飽きっぽい性格なので3年目ぐらいで「子育て飽きたな」となるかも知れないしな。

対してプラスなことは有るだろうか。もちろん学業仕事での自己実現キラキラした恋愛、充実した趣味など「生きててよかった」と思うことはまま有るだろう。しかしそれらはあくま確率的に得られるものであるし、その時の価値観社会情勢に大きく左右される。先に上げたマイナスなことと比して普遍性が落ちることは否めない。

要するに出生には「期待値が低いことが分かっている博打に、一人の人間同意も取らずに参加させる」という側面がある。いまやどんなサービスにでも規約同意がある世の中で、これは倫理的な行いなのだろうか。

どこまでいっても親のエゴしか感じられない

生主義者はよく「老後は誰に面倒見てもらうの?」とか「子供かわいいよ」とか言う。しか労働力ペットとしての役割を、自分ではない人間に当然のごとく期待するのはエゴが過ぎるだろう。「40年後に私の面倒を見てもらっていいですか?」「はい、喜んで」と確認してから産んだんだろうか?

多少考えのある奴は「社会保障が成り立たない」とか言うかもしれない。でもそれは現に生きて社会保障制度を作り参加してしまっている俺らで解決すべき問題だろ?新しい人間を無理やりこの負け確ゲームに参加させるのは気が引ける。

多少短絡的な例を挙げてしまったが、「子供を作りたいかセックスしよう」と俺が思わないと子供は出来ないわけだから、やはり子供立場からすると本質的に「親に付き合わされている」のは否めないだろう。

エゴに付き合いきれなくなったとき結婚相手であれば縁を切り、それぞれリスタートすることは容易い。だが親子の縁は切ることは難しいし、小さな子供が親と離れて人生スタートさせることは相応のコスト当人にのしかかるだろう。これは全くもってアンフェアだ。

俺のリソース子育てに向けるのは効率的

前2つは個人の思いだったので「お前の感情はともかく、人類社会の持続のために子供を作ってくれたまえ」という反論があるかも知れない。しか社会における俺というリソースを子作り・子育てに向けるのは効率的なんだろうか?という疑問が生まれる。

東京の隅でしがないプログラマをしており、微力ながら世間様に貢献するコードも書いているという自負はあるし、その対価を得ることができている。対して子育てに関しては全くノープランのど素人だ。俺より遺伝子的に優れてる奴はゴマンといるし、子育て専門家が沢山居るだろう。「社会要請として子供は生み育てるべき」というのを100歩譲って認めたとしても「俺は仕事する人。あいつは生み育てる人。」とすることを提案するだろう。

そんな20世紀以前の社会は来てほしくないけどね。

まとめ

という感じで子作りする気がどうも起きない。

よく言われる「自分に自信がなくルサンチマンが溜まっているから反出生主義なんか唱えるんだ!」というのは全く当たらない。むしろ高い倫理感と視座から言ってるということは、ここまで読んでくれたら分かると思う。

おかしなことだが「まだ見ぬ我が子に愛おしさと憐憫を感じるからこそ産まない」という感じ。

はい、対よろ。

2022-06-20

[]原作/硬梨菜 漫画/不二涼介シャングリラフロンティアクソゲーハンター神ゲーに挑まんとす~』

なろうのコミカライズ風情が講談社漫画賞になぜノミネート?と思って読んだらたしかに納得

絵もマンガもすげーうまい

賞とったのは天すらのマンガ版だけど、個人的にはこっちのほうが断然面白い

なろう系コミカライズありがちな1冊の内容がすげー薄いこともないし、もう何より絵がすごくいいの

正直駄目なとこ探して叩くのが好きな俺でもちょっとたたくのはきついくら

唯一最大の欠点が、ありふれたなろう系クソマンガと思われてしまタイトルくらい

おそらく原作レベルでの突っ込みどころもいろいろあるっちゃあるけど、それを補ってあまりなる絵とアクションマンガとしての魅力がある

納得だわ 

脱帽した

追記

8巻くらいまでよんだ

正直おもしろいの序盤だけだったなー

仲間ふえてきてつまんなくなった

ひとりで試行錯誤してるときが楽しくて安定してくると楽しくなくなるのなんなんだろーなー

あと別ゲーの話も結構はいってきて本筋が進まなくてイライラするし

なんとなーくだけどまだまだ全然本筋入ってない気がする

2022-06-19

ガチャ失敗⇒芸術系大学進学という貧困連鎖

「なんで貧乏から抜け出したい子が実家が太くて真剣に金稼ぐこと考えなくてもいいボンボンモラトリアムしにいく芸術系に行くんじゃアホ」

ブクマカからボコボコにされてるが、自分はこういう子あまり責める気になれないのよね。

の子が育った環境には

「お前が親から配られた不利な手札でも勝利(人並みの経済状態・平凡で幸福な家庭)を手に入れられる最適戦略はこれだ!」

と正しい人生戦略を教えてくれるまともな大人なんて誰もいなかったことが簡単想像できるから

思うに、親ガチャ外れの辛さって、

1. 引いた手札が外れだらけ

という一般的に言われる不利よりも、

2. 外れの手札で固めたデッキでも勝率が高い戦略を知らない

という不利の方が大きいのではないかな?

の子が挑んで挫折した「芸術系ダンジョン」は「太い実家★4」と「親から受け継いだ文化資本★4」の持ち物検査を通れない人間にとっては報酬ゼロどころかマイナスになりかねない糞コンテンツだよ。

★1だらけの自分の手札の中では輝いて見えた「芸術センス★2」に人生を賭けたのだろうけど、経済力と文化資本の★4無しに芸術系で勝ちたいなら「芸術センス★4」以上と「幸運★4」以上を神から配られてないと無理。

必死勉強して高校特待生大学給付型奨学金というのは立派。この「勤勉さ★3」こそがこの子の最強の手札だ。

その手札を活かして貧困から抜け出したいなら挑戦すべきは「看護ダンジョン」あたりではないかな?

勤勉さデッキで十分進める難易度で、報酬は女一人が生きていくには十分過ぎる収入子供産んでも楽に復帰できる需要の高さと、コモンだがSR相当の性能の手札だ。

生涯年収期待値を考えれば、「勤勉さ★4」と「実家の太さ★3」を持ってるからと下手に「文系大卒総合職ダンジョン」で戦うことを選んだ女よりも賢明であろう。総合職ダンジョンは女デッキで挑むとバッドステータス「子持ち」を食らった後の対策が極端に難しいクソゲーと化して生涯年収が激減するんだよね……

高校で「看護系の大学専門学校に行け」と進路指導してくれる先生はいなかったのかな? いなかったのだろうね……

とりあえず、ブクマカみんなアドバイスしてるように、デッキに入れてるだけで毎ターンHPが減るバッドステータス毒になる親を切るところから人生の立て直しを始めるのが良いと思う。

頑張ってください。

2022-06-16

anond:20220616084105

テレビゲームプレイする前は、「このゲームおもしろいに違いない、やる価値があるはずだ」と思って始めるんだよ。初めからクソゲーだと思ってたらやんないからね。

ところが、実際にプレイしてみると、思いもよらないストーリーだとか操作感だとか、レベルが上がらないとかUIダメとか、他のゲームよりつまらない、とかのクソ要素が目についてくるわけ。

それで「このゲーム、思ったよりダメだわ…。not for meだったかも」「始めたからにはクリアまでやらなきゃだけど、ツラい…」って愚痴が出てくる。

子育ても一緒なんじゃねーの。

日本最後アンナミラーズ 閉店

殻の中の小鳥ってそんなにクソゲーだった?周りからはメチャ不評だったけど俺ドハマリして全エンディング見たんだけど

2022-06-14

ラノベ作家モデルにしたRPGクソシナリオ実在したのか?1

ttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/ASCIIART_NOVEL/status/1535815192587948032

真島文吉 on Twitter: "作家基本的にみんな仲間だと思っているけど、例外もいる。創作の闇の面の話で非常に不愉快エピソードだけど、どっかで吐き出してえなあと思ってたことなので、そっとツイッターに放流するのである。"

ttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/ASCIIART_NOVEL/status/1535816168325656576

真島文吉 on Twitter: "私はゲームが好きで、昔から金があればRPGを買い漁っていたんだけども、それを知っている中学時代同級生が、ある冬の日に一本のRPGをきれいラッピングされた箱に入れて送ってきた。同封された手紙にはテンプレート的な挨拶文。同級生はゲ… "

ttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/ASCIIART_NOVEL/status/1535817092045635584

真島文吉 on Twitter: "知人友人に自分の関わったゲームソフトを進呈しているという話だったが、いくら有名ハードでも相手本体を持ってるかどうか分からないのにソフトだけ送りつけてくるというのもどうなんだと思った。私はハードは持っていたが、何となくプレイするのをためらった。件の同級生とは、良い思い出がない。"

ttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/ASCIIART_NOVEL/status/1535818054839730177

真島文吉 on Twitter: "ソフト自体は何らかの続きもので、物語過去作と関係しているが、過去作を知らなくても問題ないというレビュー確認パッケージの絵が少し素敵だったので、迷った挙句プレイしてみた。 ゲームシステムは面白い音楽世界観も好みだった。ただ、脚本がなんだか鼻についた。"

ttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/ASCIIART_NOVEL/status/1535818724401623040

真島文吉 on Twitter: "主人公が無闇に辛い目に遭い、やることなすこと裏目に出て、誰も救えない。それに対して途中から登場したヒロインは強くて美人で、何をしても完璧で、誰にも咎められることなく、主人公をなじったり蹴ったりする。そしてヒロイン無視しては話を進められない。"

ttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/ASCIIART_NOVEL/status/1535819311583227904

真島文吉 on Twitter: "イベント呈示される選択肢も、プレイヤーがヒロイン大事に思っている前提で組まれていて、ヒロインを守りきれなかったり見捨てたりするとゲームオーバーになったりバッドエンドになったりする。私は元々やり込み派だったので何周もして全エンディングを見たけれど、結局最後まで"

ttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/ASCIIART_NOVEL/status/1535819965496193024

真島文吉 on Twitter: "主人公は痛めつけられ、犠牲になり、ヒロインけが幸せになった。趣味の悪いゲームだと思って、そのままゲームは片付けて、他のゲームを遊び始めた。 それから数年して、件のRPGの続編が出た。前作で結構ファンを得たようで、目にするCMの数を見ても売れ行き好調なようだった。"

ttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/ASCIIART_NOVEL/status/1535820970199482368

真島文吉 on Twitter: "同級生から手紙が来た。今度はソフトは同封されておらず、手紙けが送られてきた。 「よう。新作のCM見た?ところで前送った前作の主人公モデルはお前だから。新作には思い出話程度に登場するから感謝しろよな。死んじゃったから息してないけど」"



「棺の魔王」などで知られるライトノベル作家、真島文吉氏の以上のようなツイートが、ツイッターのみならずはてブでも大きな話題となった。内容を簡単にまとめると、

ゲーム開発者となった中学同級生に、自分モデルにした主人公がさんざんな目に遭うRPGシナリオを無断で書かれた上に、わざわざその事実を教える手紙まで送りつけられた。

というものだ。もし事実だとすればこんなにひどい話はそうそうなく、まさに「創作の闇の面」と呼ぶにふさわしいエピソードだろう。ツイッターでもはてブでも真島氏への同情と、「同級生」への怒りの声であふれていた。

しかし、真島氏の語ったこ出来事は、どこまで事実として信頼していいのだろうか。個人的に気になった部分を挙げてみる。

1.ゲーム実在

主人公のやることがことごとく裏目に出て失敗する一方、主人公虐待するヒロインは不自然なほど優遇され、彼女を軽視するような選択はバッドエンドやゲームオーバーにつながる…

聞く限りでは、ここだけでもクソゲーまっしぐらになりかねない胸糞なシナリオだ。これほど特徴的な内容であれば、制作背景を抜きにしても発売当時に既に話題になっていてもおかしくない。コンシューマ作品で、TVCMを打つぐらいの規模であり、さらに続編が出せるぐらいには売れた人気作というならなおさらだろう。ついでに言えば、インターネットの「女叩き」文脈とも、良くも悪くも相性がいい。

俺は特にゲーマーではなく、特に最近2000年以降)のゲームにはまったく詳しくないが、現役ゲームファンが山ほどいるツイッターでなら多くの人がすぐに、ああアレね…とピンと来そうなものだ。

しかし、ツイッターでもはてブでも候補こそいくつか上がってはいるが、いずれも部分的な一致にとどまり、確定にまでは至っていない。そのためここではその具体的なタイトル群を挙げることは控える(はてブツイッターざっと見ればすぐに出てくるので気になる人は確認するといい)

(既に削除された上にブクマもしてなかったのでうろ覚えだが、真島氏のツイートの中には、引用RTで当該タイトル名前を出しながらこれは〇〇だから違うよなと都合よく解釈してるファンもいる、と仄めかすような内容もあった気がする。候補の中に「正解」は既にある(ということになってる)?)

ttps://twitter.com/tekken8810/status/1536191522323828736

単純にゲーム名が気になる。僕の知る限りでは条件に当てはまるゲームは出てこないなあ / “真島文吉 on Twitter: "作家基本的にみんな仲間だと思っているけど、例外もいる。創作の闇の面の話で非常に不愉快エピソードだけど、どっかで吐き出してえなあと思ってたことな…”

ttps://twitter.com/tekken8810/status/1536210026804547586

書き方からしてけっこう有名な作品だろうと思うんですけど、条件にあてはまる作品がぱっと出てこないのが気になったんですよね。まあ単に僕が知らないか特定避けるために細部は変えてるのかなとも

ねとらぼ編集長であるゲームライターてっけん氏にも、思い当たるタイトルは無いようだ。

こうなると考えられる可能性は、だいたい以下の三つになるだろう。

1.真島氏の語るゲーム内容が不正確、もしくは一般的解釈とかけ離れたものである

2.不正なのは対応プラットフォーム宣伝形態に関する情報の方であり、実際にはもっとマイナー作品である

3.そもそもそんなゲーム存在しない。

2ならまあ、全く問題なしとはいかないだろうが、そこまで大きな問題ではない(いくらマイナータイトルでもここまで拡散されて誰ひとり正解にたどり着けないのは考えにくいが)。そして3は身も蓋もなさ過ぎてそれで話が終わってしまうので、とりあえず1についてだけ考える。

まず、意図的ゲーム内容に虚偽を混ぜていた場合はてブでも、特定を避けるためにフェイクを混ぜているのだろう、という意見はいくつか見られた。

ttps://b.hatena.ne.jp/entry/4720897142797021634/comment/amakanata

作家なんだから、友人本人が特定されないように、それなりの誇張創作はしてるだろう。本当の作品では主人公女性で、ヒロインと書かれているのは男とかかもしれない。

ttps://b.hatena.ne.jp/entry/4720897142797021634/comment/timeismoney

「当てはまらない条件があるから◯◯じゃない」って言ってる人結構いるけど、さすがに多少虚実織り交ぜて濁してるんじゃないの


特定を避けるためにフェイクを混ぜる、というのは増田でもおなじみの理屈であり、はてな住民には受け入れやすいことだろう。

だがちょっと待ってほしい。真島氏が同情を集めているのは、「ひどいシナリオモデル勝手に使われた」ことが最大の理由のはずだ。たしかに俺の目から見てもあのシナリオ内容は、これはひどいと納得できるものだった。そこでもし仮に、真島氏の語る「ひどいシナリオ」の中身に何らかの「フェイク」が少しでも含まれているとしたら、話はだいぶ変わってくるのではないか

(俺としては、たとえ扱いがどれほど良かろうと実在人物、それも一般人勝手作品モデルに使うこと自体問題があるとは思うが)

真島氏本人にとってはシナリオ全体の評価(=ひどい)には影響しない程度の細部を改変したつもりでも、他の人間にとっても同様であるとは限らない。そこだけで印象が一変する可能性もある。また、仮にフェイクを混ぜるにしても、それは最低限あらかじめ宣言しておくべき事柄だろう。

もちろんこれはあくまで、真島氏が「友人本人が特定されないように、それなりの誇張創作」をしていたと仮定した際の問題点だ。真島氏自身は今のところそのような事実は認めていない、はず(削除されたツイートの中にはあるかもしれない)

そして、真島氏自身同級生製作RPGシナリオの内容を正確に説明しているつもりなのに、この世のどこにも存在しない架空ゲームを語っているかのような状態になってしまっている場合

純粋事実を語っているつもりで世間一般とここまで認識がすれ違うのだとしたら、これはもう根本的に事実記述すること自体に向いていないのではないか。(ラノベ作家としての一種職業病なのかもしれないが。

(続く)

https://anond.hatelabo.jp/20220614220738

anond:20220614081855

そりゃー外注アゴで使ってクソゲー作ってりゃ廃れるわな。そもそもライバル同士のスクエアとエニクスがくっついたらダメだろ。その割にドラゴンファンタジーみたいな作品一切出ませんでしたね。

anond:20220614132353

トラストクソゲーすぎて売れてないじゃん。

レトロチカも評価はそこまで高くないし、力出しきれてないじゃん。

そういう意味でしょ。

anond:20220614081855

あなたドラクエFFしか見てないだけでしょ

トライアングルストラテジーとか春ゆきレトロチカとか最近でも新規タイトル幾つも出してるじゃん

(売れてないとかクソゲーとかそういう話ではない。少なくとも新作を出し続ける位の勢いはあるだろという話だ)

仕事ってクソゲーなのに1日8時間、週5日とかでプレイ強制されるようなもんだし、なんならさらに延長を強いられたりするから、よりクソゲー化する感じだ。

2022-06-13

ほならね理論の成立

ほならね理論のものは「文句言うなら自分で作ってみろ」という乱暴詭弁ではあるが、近年は自分で作れてしまうから言えてしまうという闇を出した理論でもある。

創作界隈に限らず、一部の業界でも言われていたが、Youtuberの台頭によって逆に問題となったこともあって注目された。

そしてこの理論が成立するパターンがいくつも存在しており、この理論が成立することが多くなった。

HTML5

W3Cが開発したHTML5現場無視した仕様が多いため、現場から生み出されたWHATWGHTML5を作り出している。

後に「HTML Living Standard」へと統合したため、ある意味ではほならねを実現したとも言える。

同人ゲーム

同人ゲームの一部作品はこれに近い状況で開発されたソフトウェア存在している。

フリーゲームオープンソースソフトウェアなどはこうした理論車輪の再発明無視した風潮もあるため、成立するパターンごまんとある。

クソゲー

逆にほならね理論に触発されて自分作ってみたけど爆死しました、というよくある素人パターンも当然ながら存在する。

前述した同人ゲームではそうしたパターンも少なから存在している。

syamuもある意味ではYoutuberの誰かから「ほならね」を言われてやって大失敗した、となれば理屈は合うだろう。

理論使用リスク

この理論使用する場合自分が超えられてしまってもう引退せざるを得ない状況に追い込まれることは留意すること。

2022-06-07

メガドライブミニ2が発表されたわけだが・・・

個人的メガドライブの名作を紹介したい。

獣王記

人が獣人になる。横アクションとしてはかなり面白い部類。意外とやり始めるとはまって続けてしまう。

ゴールデンアックス

アーケードではまりメガドライブで発売されて速攻購入した。当時はこの系統アクション面白いものが多かった。主人公たちはなぜか薄着の戦士たちである。鎧着ろ。

ファンタシースターⅡ還らざる時の終わりに

ダンジョンが凄まじく見にくい。だが、個性的な敵とアニメーション1989年としては斬新だった。ストーリー舞台もまた心躍る環境だった。

ソーサリアン

PCでも遊んでいたが、メガドライブ版もプレイした。パッケージがとにかく渋く、米田仁士イラスト大人向けという感じだった。

マイケルジャクソンムーンウォーカー

アクションゲームだったはずなのに最終面はスターラスターみたいなシューティングになる。

シャイニング&ザ・ダクネス

今でもこれは名作3DダンジョンRPGだと思っている。結構アニメーションが凝っていて、ダンジョン内でもアニメーションがある。またキャラデザイン個性的ディズニーなんかにありそうなデザイン

ソニック・ザ・ヘッジホッグ

セガのおなじみソニック。ここから始まった。オープンワールドソニックも楽しみである。内容はオーソドックスアクションゲーム

時の継承ファンタシースター

結婚システム面白かった。茨の道の婚姻を選ぶか、テクニックが十分使える婚姻を選ぶかによって面倒臭さが変わる。歩行スピードに難がありテンポが悪い。ストーリー面白い

ラングリッサー

いろいろなコンシューマー移植された作品シビアさでいえば、MDラングリッサーが一番辛い。シミュレーションゲームとしては、かなり面白い

スーパーモナコGP

レースに勝てるようになるまで時間がかかるゲーム。忍耐がないと辛い。勝てない人にはとことんクソゲー扱いされる。

バトルゴルファー

内容は昭和のノリ。唯ちゃん可愛いロボット顔面を殴って潰すというバイオレンスガール。なかなか面白いゲーム

ピックアップしてみた。

メガドライブは地味な割にセガゲーム機の中では、それなりに成功したハードだと個人的に思う。

うまいこと移植出来たゲームもあったが、無理して移植したせいで失敗したのもあったというセガらしいハードであった。

2022-06-05

youtube始めたいけど有益情報は教えたくない

youtube投稿者の何が嫌かって、自分だけ稼げれば後はどうなろうと知ったこっちゃないって所。

バカ殺到したらサービス低下するじゃん。グルメ雑誌が本当に美味しい店は書かない(自分達が通うから)のと同じ。

アイツみたいに面白おかしクソゲー紹介して相場を狂わせるのも嫌だし。何かしら影響を与えるのも嫌だ。

 

無難で考えると、結局🐈動画か🍺腹のおじさん動画なっちゃうんだよな。

2022-06-04

anond:20220604074637

いのちの電話をやっている人がいい他人」←これがそもそも存在しない。

暇なおばちゃん暇つぶしに利用してるだけ。

お前は対人ゲームの対戦相手を「こんなクソゲーログインして人の相手をしてくれるなんていい人たちだなあ」って感心するのか?

2022-05-30

コードギアスアークナイツをやろうとしたけどソシャゲだったので辞めた

動画を3つほど見て決めた。

理由1:リセマラが推奨されている←無駄時間もしくはお金がかかることが確定

理由2:マップアークナイツと比べて単純←レアキャラを並べるだけのゲーム

理由3:スキチケが不足しがち←口をあんぐり開けてクリア済みのマップを周回するクソゲー

anond:20220530122010

ミニ4ボーイ2というマイナークソゲーの曲が好きだな

ゲームのものにもサウンドテストがあるおかけで聞くことに困らないのは良かったな

一応Youtubeにも全曲上がってるけど全然再生数がない

まあみんなもこういうマイナークソゲーで好きな曲はなにかあるだろ。ゲーム体験リンクやすいから、印象にも残りやすいし。

anond:20220530101321

隠れた名作扱いされてるのはまだいいだろうよ。クソゲーとしても中途半端で口の端にも上らないゲームの曲がお気に入りで折に触れ脳内再生してるってのはいかがなものなのか。

しかポケモンとかファイアーエムブレムとか見てると取り立てて作曲者が有名なわけじゃないし、曲が語られるかどうか作曲家人気のもある程度重要だろうがゲーム自体の人気によるところも大きいと思う。

別の増田が書いてた「イラストにはパースが狂いとかでクソなものが生まれることがよくあると違ってクソな曲ってものはそうそうない」って理屈に基づけば、名が知れてるゲームでもとそうでないものでも曲の良さにはそこまでの違いはないのではないか。つまり売れないゲームの曲として絶対的に劣っていて聞くに堪えないというものは曲がりなりにもプロならそうそう作らないわけで、それならあとは個々人の感受性とのマッチング問題になる。もちろんメタルギアとか、そういうのは他を圧倒する曲の良さがゲーム知名度をあげるのに有意な貢献度があるだろう別格もある。

しかポケモンとか特にゲームボーイ時代の曲すらあれほど愛好家がいるのは、あの時代メタルギアほど曲に力を入れてたとは思えないし、単純にゲームが人気だからその曲を知る層の裾野も広がって刺さる人の絶対数が増えたというのが事実だと思う。

俺は自分の聞いてる曲が使われてるゲームネットでは箸にも棒にも掛からない人気度だというのは後からしったことだが、そもそもゲームって必ずしも大衆に人気かどうか調べてから買うわけじゃないから、これは別に普通のことだと思う。特にあれはクレイモアキャラを動かせるってことで即断って買ったんだったわ。

俺が聞いてる曲の作曲者は、その曲を作曲したということはたぶん制作関係者家族ぐらいしか知らない、全く無名人間だろう。SNSで取り立てて「この曲を担当しました」というほどの顕示欲もないんだろうから、単なる末端の鑑賞者にはその曲を誰が作ったものなのかということは永遠にからない。

しかしそんな誰も話題にもしないような中途半端クソゲーの曲が好きになってしまうという事例は、みんな取り立てていわないだけで、相当数事例はあるんだと思うわ。

2022-05-29

anond:20220529190346

まあ別に珍しくもねえだろ

破綻したシナリオ」や「パースの狂った絵」は結構あっても、「クソなBGM」というのは存在自体珍しい

デスクリムゾンみたいに、元の曲自体は悪くないけどいろいろあってひどいことになってる、という例はあるが)

なので結果的にどうしようもないクソゲーBGMけが相対的にマシということは普通に考えられる

ただ、そもそもBGMの印象というのは他の要素に引っ張られやすい部分もある

「それ以外はパーフェクトなのにBGMだけクソだな」ってゲーム思い浮かばないでしょ?

anond:20220529171628

wikiクソゲー扱いされてるゲームに多い

クソゲーという認識を植え付けるので当然曲もクソと思い込む

まず絶対的販売数が少ないので曲を知っている人が少ない

なので曲を語るコミュニティ形成自体されづらいか可視化されない

しかクソゲーという事実はその曲が誰の曲の好みにも刺さらないということを肯定するものではない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん