「仏教」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 仏教とは

2017-10-12

このフィクションはあの時代なら許された。今は許されない。とは

最初に、ほもおだほもおの件については少し違う認識を持っているので、これから書くこととは合致しない。

例えば10年前の作品の男が超セクハラ野郎であり、でてくるヒロインセクハラしまくりだったとしよう。

それを「今なら許されないよね」という人が居たとしよう。

さてここで許すのは誰なのか。はてさて。誰にも許されずとも、その作品存在しており、この議論をしている時点で過去事象である

この作品で傷つけられた人が訴えたとしよう。そこにはたしかに「許す側」と「許さない側」が存在するのであり、この議論は成立する。

しかし許す人も許さない人もいない中、その問題提起。そこから話題の広がり方。結末の見えない議論。そこになんの意味があるのだろうか。

……と、書くと投げやりで、それこそ問題提起だけしてあとは放置の昨今のネット社会のままなので無理やりまとめてみよう。

「愛している」という言葉を知っているだろうか。大体の人は知っているだろう。言葉意味を知らずとも、言葉は知っているはずだ。

人は「愛」を曖昧ものと言うが、「愛」という概念キリスト教とか仏教漢字だし)から入ってきたもので、初めて愛が日本に来た時、確かにそこに形はあったはずのもので、それを日本人いまいち理解きぬまま使い続けてきたことにすぎない言葉である

日本に無い概念が未だに存在するように、日本にあって海外に無い概念もある。

それは黒と白をハッキリしない。灰色。つまりグレーの精神だ。

説明せずとも分かると思うが、YES、NOが無い日本人というのは話題になったことがあるだろう。

日本人も年々白黒の傾向が強くなるものだと思われるが、現時点においてはその色はまだ薄い。

なぜこうなってしまったのだろうか?ある考察によれば日本人生活文化が大きく影響しているそうだ。

日本家屋は、ふすまである。隣りの部屋との壁は薄いし、大きな部屋をふすまで仕切るため、廊下を使わず他人の部屋を通っていく。

人と人の距離曖昧だ。区切りが無い。これはつまり個人」という概念が薄いということになる。

仲間として生きるために見て見ぬふりが得意になる。なんでも白黒つけていたら、「個」が無い日本人はただただ一人ぼっちになり、生きられない。

ここからまれ日本人協調性と呼ぶこともできる。

グレーは、日本で生きるために必要ものなのだ。今はどうか。まぁ、やはりまだ必要なのだろう。

話を戻そう。

このように、日本人は白黒つけないのが大好きなのである。そういう文化であり、血だとも言える。

から、「問題提起」を投げかけるネット。答えを出さなネット。どれだけ怒っても正当にデモなど行動もとくになにも起きない。

白黒つけず灰色で終わる。これはとても日本人らしいものではないだろうか。

さて、まとまらずに終わるが(グレーをさらにぼかしただけの話になった。)

最初に書いた話についての意見としては「日本人なら男とか女とかはっきりさせずグレーゾーン作ろうぜ、どっちでもいいだろ」が個人的感情

ほもおだほもおというネーミング時点でアウトだとは思うが、例えば今後、おかしな女っぽい男がコントで見られなくなるんだろうか?という疑問。

「変なおっさん」「変なおばさん」「アスぺ」はコントになるのに。「変な性別不明」はダメなのか。

しかし、ここまで考えても別にとくにどうでもいい。フィクションなんてどうせその時その時で形を変えていくし、生まれた時点で過去のものだ。

どうでもいいことに、許すも許さないもなく、しか無視するでもなく、問題提起を促す。

グレーな増田であった。

2017-09-29

anond:20170929172604

仏教にもあるよ。

縁起とか。

現世で功徳をつむことで、輪廻した際に報われるという話とか。

良いことをしていれば見返りがあるという考えは何教の教えなの?

仏教ではないよね。

2017-09-28

[]玉兎

ぎょくと

仏教道教の影響を受けた伝説、「月の兎」に登場する架空生物

月に住み、臼と杵で餅をつくという。金烏と対の概念

中国の月探査機嫦娥3号に搭載された無人月面探査車。

玉兎 - Wikipedia

2017-09-25

リーディングスキルテスト実例と結果

http://www.nii.ac.jp/userimg/press_20160726-2.pdf

仏教東南アジア東アジアに、キリスト教ヨーロッパ南北アメリカオセアニアに、イスラム教北アフリカ西アジア中央アジア東南アジアにおもに広がっている。

オセアニアに広がっているのは()である

これは読点じゃなくて中黒を使えって話では。

オーストリア、次いでチェコスロバキア西部併合したドイツは、それまで対立していたソ連独ソ不可侵条約を結んだうえで、1939年9月ポーランドに侵攻した。

ポーランドに侵攻したのは、()である

これは「A、次いでBを〜〜」という構文を知ってるかどうかかな。

それを知らないと最初に書かれた「オーストリア」を主語だと思ってしまう。

ソ連と間違えたグループはなんだろう。

不可侵条約」の意味が分からなくて、ドイツソ連に依頼してポーランドを攻めてもらったと解釈したのかな。

まあ文章にそれほど問題がないので正答率も高いね

(追記)「目についた単語をわけも分からず選んでいる」というのを否定するために、わざわざ間違えた子ども思考経路を考察しているんだけどな。次のアミラーゼ問題なんかは明らかに「何らかの思考の結果から間違えたんだな」というのが出ている。そりゃあ子供が間違える理由を「何も考えてないから」とするのは楽だろうけどさ。もうちょっと考えようよ。

アミラーゼという酵素グルコースがつながってできたデンプンを分解するが、同じグルコースからできていても、形が違うセルロースは分解できない。

セルロース()と形が違う。

この問題中学高校で間違い方が逆転しているのが面白い

グルコースと間違えたグループは、グルコースセルロース名前が似ているので「同じグループに属するが異なるもの」という先入観があったのかもしれない。

アミラーゼグルコースを分解するが、グルコースとは形が違うセルロースは分解できない」みたいな感じか。

アミラーゼと間違えたグループは、「Aは○○だが、Bは××である」構文と勘違いしたのだろう。

まりアミラーゼデンプンを分解するが、形が違うセルロースは(デンプンを)分解できない」と読んでいる。

「同じグルコースからできていても」のあとの読点を付けなければ多少はマシになったかもしれない。

中学生のほうが「読めてない」度が高い間違いをしているのは納得できる。

天の川銀河の中心には、太陽の400万倍程度の質量もつブラックホールがあると推定されている。

天の川銀河の中心にあると推定されているのは()である

これはほぼ全員が正解。

「多くの生徒がまじめに取り組んだことがわかる」というか「ごく普通の短文なら間違えない」ということだと思う。

日本語が通じないレベルで読解力がないわけじゃない。

2017-09-24

anond:20170914002617

葬式仏教」について両親と話したら、行っても行かなくても、どちらでもよいと言われました。

確かに1年に2回程度ですね。自立したら墓参りに行くことはないと思います

葬式仏教」へ疑問があったから、両親と話した。

葬式仏教」には行こうが行かまいが構わない行事だと思っている。

強制されるイベントではないと考えている。

ふと亡くなった人を思うこともあるし、思いだして慈しむこともある。

亡くなったからといって、その人がしたことは無意味だとは考えていない。

参考にすることもある。

  

墓石、遺骨に何かあるとかも考えていない。

生存中の脳、神経、身体を含めて人格が宿っていたと考えてる。

生存中にはできることはしたい。

  

両親は宗教に属しているわけではない。

なぜそこまで「葬式仏教」の様式にこだわるのか分からない。

そして参加を強制することも分からない。

参加しなければ「白い目でみる」「差別的な態度をされる」のか分からない。

  

もし「死者を思う」なら、生前どういう人だったのかを語り合う時間にした方がいい。

泣きたい人がいるなら慰めてやればいい。

思いを受け継ぐ方法は 話すことでも伝わるはずだ。

しろそちらの方が大事だ。経なんて理解してもない、線香もどうでもいい。

そんなことより、祖先がどんな生き方をしてきたのかを知りたい。それを未来生き方に生かしたい。

  

そうしたことをまとめて質問した。

  

すると、かなり悩んだ末に

"「葬式仏教」には行かなくてもいい"

という結論が聞けた。だから

”「葬式仏教」には行っても行かなくてもいい”

と答えた。

  

ほっとした。まだ両親にモヤモヤは残っているかもしれない。

墓参りに行かない人間は冷たいやつだ」と傷ついてしまうのは知っている。

けれど同時に、「脅迫されて行っている」自分も傷ついている。

このギャップはできるなら埋めておきたい。理由を知ってほしかった。

  

存命の祖父母には 本心 は語れない。きっと傷つく。

子どもの頃によくしてもらったか愛着がある。

祖父母には秘密にしたままがいいのか、それとも本心を語るべきなのか。

あとが短いし、心配させないためにも伏した方がいいのか。

悩んでいる。昔からお世話になっている従兄にも話したいが、恐い。

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最終的には火葬のみのシンプルな処理で墓も作らないのが理想だ。

反対の人がいるなら、無理にとは言わない。

式には参列しない。火葬場だけ出向く。墓参りもすることはない。

  

あとは話し合いを2時間でも3時間でも気が済む限り行いたい。

後世に伝えたいならメモに残し、なるべく思いだす。話し合う。

そういったことを親戚で集まってできるようにしたい。

続く限りしたい。今はSNSがあるから日にちも好きに決めれる。

  

何年に何かい集まるとか、何か遊ぶなら遊んでもいいかなと思ってる。

2017-09-21

日本宗教日本製儒教解説

日本仏教インド仏教全然違うよね。

というわけで、儒教といえば韓国のことだろ!禁止

韓国産儒教日本産儒教は別物。

 

日本儒教トップ天皇です。

天皇を頂点としての儒教構造ができてます

その次は大企業財界人たちです。

財界人の下に政界があります

その下に庶民位置するわけです。

 

あ、めんどくなったので、もういいです。

客観視できない信者特有

馬鹿ツッコミだけ待ってマース。

2017-09-19

憲法二条改正論

序論

安倍首相が、「2020年を新しい憲法施行される年にしたい」と憲法記念日ビデオメッセージ発言したことが、改憲論議を活発化させている。

安倍首相改憲の焦点として挙げているのは第九条だ。また、第九十六条改正して改正発議要件を緩和すべきという議論もある。しかし、第二条をめぐっては、天皇の退位の問題に関連して言及されることはあっても、改正すべきという議論は聞こえてこない。しかし、第二条ほど改正必要とする条項は他にないのではないだろうか。

日本国憲法二条は次のような条文だ。

皇位は、世襲のものであつて、国会議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

問題は、皇位世襲のものとしている点だ。世襲制度の採用合理的か否かはケースバイケースだが、現行の天皇制世襲制度を維持することに、果たしてどんな利点があるのだろうか。むしろ弊害のほうが大きいのではないか

本稿は、皇位世襲制度は廃止すべきであるという立場から、この問題を論ずる。

日本国憲法二条問題点

日本国憲法二条が定めている皇位世襲制度には、次の二つの点で瑕疵がある。

以下、詳論する。

人権侵害

ワタミフードサービス電通ゼリア新薬ベネッセコーポレーションLDHのような、長時間労働強要洗脳退職勧奨、暴力行為といった、社員に対する人権侵害常態化している企業は、「ブラック企業」と称される。企業社員とは言えないが、天皇が置かれている境遇もまた、あたかブラック企業社員のごとく、人権侵害が甚だしい。

天皇に対する最大の人権侵害は、職務過酷さだ。天皇職務過酷だと思わない者は、所功天皇の「まつりごと」』を読むとよい。そうすれば、天皇仕事量がいかに膨大である理解できるだろう。

信教の自由を奪われていることも、天皇に対する人権侵害の一つだ。天皇信仰を許される唯一の宗教神道だ。明治維新までは仏教信仰も許されていたが、それ以降、天皇仏教帰依することは暗黙のタブーとなっている。

天皇職務過酷さも、信教の自由侵害も、その原因は世襲制度だ。天皇職務過酷であるのは、天皇という一人の人間に二人分の職務が課せられているからだ。すなわち、国家機関としての天皇が果たすべき職務と、祭祀王としての天皇が果たすべき職務は、それぞれが一人分の仕事量に相当する。天皇信教の自由侵害されているのも、天皇祭祀王を兼任しているからだ。

皇位世襲制度を廃止するということは、国家機関としての天皇と、祭祀王としての天皇との分離を意味する(後者呼称は「天皇」以外のものに改称されることが望ましい)。天皇二名に分離すれば、職務過酷さの問題も、信教の自由問題解決する。新たな制度における国家機関としての天皇は、宮中祭祀の重責から解放され、信教の自由も獲得するだろう。

余談だが、現行の天皇制において人権侵害されるのは、皇嗣として生まれてきた者のみに留まらない。その者の配偶者もまた同様だ。

皇嗣の配偶者になることは自身自由放棄することだ。誰が喜んでそんなことをするだろう。雅子さまも、本人の意思によって浩宮さまと結婚されたわけではない。Newsweek誌は雅子さまThe Reluctant Princess(不承不承のプリンセス)と呼んだが、この言葉彼女の身の上に何が起こったかを的確に表現するものだ。来る悠仁さまのお后選びでは、このような悲劇が繰り返されないことを願いたい。

天皇資質

子供は親のクローンではない。ゆえに、鳶が鷹を生むこともあれば、逆に鷹が鳶を生むこともある。世襲制度を厳格に運用した場合、もしも生まれてきた者が鳶ならば、鳶が何らかの地位継承することになるが、これは悲劇を生む蓋然性が高い。

次のような事例がある。

https://twitter.com/osakadenshi/status/863981952474300416

ウィキペディアによれば、この学校がこれまでに輩出した卒業生の数は3万人だそうだ。しかし、現状がこれだとすると、4万人に到達する日は永遠に来ないだろう。

この学校が急激に衰退した原因は、世襲制度だ。生まれてきた者が鷹ではなく鳶だった場合は、どこかから鷹を連れて来て禅譲すべきだった。世襲制度に拘泥した結果がこの悲劇だ。

現行の天皇制もまた、鳶が皇位に即く危険性と無縁ではない。皇位世襲制度に固執し続けるならば、日本はいつか、鳶が天皇即位する日を迎えるだろう。天皇庶民の前に姿を見せる必要がなかった時代においては、鳶であろうと雀であろうと問題はなかったかもしれないが、象徴天皇制における天皇が鳶に務まるかどうかは心もとない。

皇室血統伝統いかに維持するか

皇位世襲制度を廃止すべきという主張に対して、おそらく保守派の人々は、「万世一系血統」乃至「皇室伝統」というような議論を持ち出すだろう。しかし、国家制度において血統伝統を維持することにはいかなる合理的必要性もない。さらに、皇室伝統には宮中祭祀という宗教的活動が含まれているが、これは憲法第二十条規定される政教分離抵触しているおそれがある。

おそらく日本国民の大多数は、皇室保有している血統伝統はいかなる価値もないという主張には賛同しないだろう。ゆえに、それを維持すべきであるという主張にも一定合理性がある。しかし、何らかの組織血統伝統を維持するために、それが国家機関であることを必要とするだろうか。血統伝統を維持している民間組織枚挙に遑がない。

皇位世襲制度を廃止するということは、国家機関としての天皇と、祭祀王としての天皇との分離を意味する」と上で述べたが、それらが分離されたとき、それと同時に皇室民営化されるべきだ。そうすれば、憲法第二十条抵触することな宮中祭祀を維持することができる。

世襲制度に代わる制度

本稿の目的は、皇位世襲制度は廃止すべきだと主張することであり、それに代わる制度について述べることは本稿の目的ではない。しかし、世襲制度に代わる制度について、付論として筆者の見解を述べておきたい。

世襲制度に代わる制度としては、公選制度が望ましいとする意見が出されることが予想される。しかし筆者は、皇位公選制度には反対だ。その理由は、天皇の人選には反知性主義的な見解が反映されるべきではないと考えるからだ。天皇は、今上陛下がそうであるごとく、正しい歴史認識を持つ者でなければならないが、公選制度によって選出された天皇がその条件を満たすとは考え難い。

世襲制度に代わる制度設計する上で参考となるのは、元号の選定の制度だ。なぜなら、元号の選定もまた、反知性主義的な見解を避けなければならない制度の一つだからだ。元号は、漢文学国文学関連の有識者候補を考案することになっていて、決して一般公募ではない。しかし、これに対する異論寡聞にして知らない。大多数の国民DQN元号キラキラ元号を望んでいないからだろう。

結論

日本国憲法二条規定する皇位世襲制度は、人権侵害及び天皇資質に関する懸念があり、廃止すべきだ。

そして、憲法第二十条規定する政教分離抵触することを避けるため、宮中祭祀実施する主体である皇室民営化すべきだ。

2017-09-18

ごめんさい 最強伝説

キリスト教でも 仏教でも 人間が ごめんなさい すれば なんとかなる

ネット民は そのへんの 限度を 知らないから 

溺れる子犬に これでもか これでもか と 

石を投げたり 木を投げたり 小便かけたり 

寛容性が ない 

2017-09-17

anond:20170917162111

仏教には仏はあるけど神はないよ。

仏と神がおんなじだといったら、仏教徒にどつかれるぞ!

差別」と「郷に入れば郷に従え」の関係

https://anond.hatelabo.jp/20170916180720

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170916180720

 

何かモヤモヤしてる人が多いが

そんなに難しい話ではないと思う

 

ある人が思想Aを持っていて、思想Aに基づく行動をするというのを「人(思想A・行動A)」と表現する

ある場が思想Aを持っていることを「場(思想A)」と表現する

(※ちなみに、思想は出生や性別とも置き換え可能

 

この時

 

場(思想B)+ 人(思想B・行動B)→ 受容 ①

これは当たり前、仏教の場で仏教徒仏教徒の行動をしているだけ

 

場(思想B)+ 人(思想A・行動A)→ 排除 ②

場(思想B)+ 人(思想A・行動B)→ 受容 ③

これは「郷に入れば郷に従え」の発想

本人の思想はともかく、行動が場にあってるなら受容する

 

場(思想B)+ 人(思想A・行動B)→ 排除 ④

これがあからさまな差別となる

郷に従っているのに、その人の思想に対してNGを突きつけるのは明らかな差別

 

じゃあ②は差別なのか? というところで皆モヤモヤしている

イスラム教施設に入り、イスラム教の振る舞いをしない場合排除されること

一見差別じゃない」と言いたくなるところだが

普段我々は「本人の思想尊重しなければならない」と様々な方面から言われているはずだ

まり、これを差別だと認知している人が世界的に結構居ることになる

 

そもそも②を受容するならば

場(思想B)+ 人(思想A・行動A)→ 受容

場の思想が歪められるケースもあるわけで、ダブスタとなるケースが出てくる

結局のところこの点は曖昧となる

この点を元増田が突っついている

 

より問題なのは、「差別」と一言で言った時に

行動での排除(②)なのか、思想での排除(④)なのかが混ざっていることだ(思想は出生や性別とも置き換え可能

そういう意味で、話をする時に「差別」という曖昧語はあまり使用するべきではないと思う

せめて「行動の差別」「属性差別」とか、「広義の差別」「狭義の差別」とか使い分けた方がいい

本来なら広義の差別差別という意味に含めるべきではないと思うんだけどね)

 

__

 

ところで、これらの差別に対するスタンスっていうのも一つの思想と言える

「場、思想、行動が決まった時に、排除すべきか受容すべきか」という思想

メタ思想みたいな感じ?

 

それで「差別絶対に許さないし、差別する者も絶対に許さない」という人が割りと居るんだが

この時、「行動における差別」を許さない人と、「思想における差別」を許さない人がいる

後者面白い後者は「思想における差別を持った人を排除する」ということだ

すなわちこれは「差別は許さないが差別者差別していい」という状態になっている

(彼らは「差別者差別するのは差別じゃない」と言いはるんだけど。〜教以外は人じゃない、みたいなニュアンスと同じでは?)

Googleの一件でもここらへんは話題になったが

こういう人たちって、世が世ならむしろ差別側だったんだろうなと考えると、非常に趣深くないだろうか

 

___

差別定義したつもりはまるで無いんだが 

「場」って分かりづらかった?

より厳密に言えば文脈もっと簡易に言えばTPOみたいな感じ

3層構造になってるから難しいんだよね

議題が難しくて議論破綻するパターン

 

一言で言ってしまえば

文脈にそぐわない行動をした人を排除するのは差別か否か」だけど

差別という語には、行動ではなく属性における排除もあるので、差別という語が問題をはらむ」

 

なんだけど一言になってないな・・

anond:20170917123212

どういうこっちゃ

まれつきで選んだ覚えがないっていうなら仏教キリスト教ゾロアスター教もそうだし

もっと言うなら多少歴史を重ねた新興宗教二世三世ですらそうだろ

棄教死刑なのがまずいんなら、問題はそれを認めてる政府の方にあるわけだし

2017-09-16

anond:20170916232119

まずはさ、物事を疑ってかかり。

疑って、いや、問題ないとなってから信じな。

量子力学権威」とか言うが、量子力学勉強したんか?かじりでもやったか漫画でわかる量子力学クラスでもいいぞ。

軽くリンク踏んで「遺伝子がどうこう」と言ってる時に「量子力学権威」なんていう時点でおかしいと俺思ったぞ。

まるで、「仏教古典経典のみが価値がある」とかほざいてる奴が「ノストラダムスの大予言がどうこう」抜かしてる俺のおかんが入ってる新興宗教のようなな。

https://anond.hatelabo.jp/20170916191228

モスクでは、性別という「本人の力ではどうにもならない物」を根拠にして、人のファッションを厳しく制限している。

例えば女性けが露出の多い格好をしてはいけないとか、スカーフを顔につけないといけないとか……。これは差別じゃないの?

  

そういえば仏教神道だって女人禁制修行場とかあるぞ。

実際に揉めている例もあるけど、「差別はいけない」を徹底すると、こういう伝統的な宗教を滅ぼさないといけないよ。

差別する自由」はある

イスラム教モスクに、酒や豚肉を持ちこもうとしたら拒否されるだろうし、女性露出の多いファッションで入ることも拒否されると思う。

ここではイスラム教価値観絶対視されていて、それにもとづく作法強制されている。異教徒は客人として扱われ、その作法に従わないとき排除されるだろう。これは「差別である

  

私は他者危害にならないかぎり「差別する自由」を擁護する。イスラム教徒モスクの中で異教徒差別してよいと思っているし、それは当然だ。

同様に、キリスト教教会キリスト教徒のために存在し、仏教寺院仏教徒のために存在すればよい。そこに市民社会ルールを持ちこむべきではない。

  

大切なのは政教分離の徹底と、信教の自由である

「嫌なら出ていけ」「差別されたくないなら退去せよ」というのが原則だろう。

  

参考

差別から自由」は「差別する自由」に優先する。よって「差別する自由」などというものはない

  

しいたげられたしいたけ

http://www.watto.nagoya/entry/2017/09/11/220000

  

追記

そういえば真木よう子コミケ出展騒動で、一部のリベラルが「オタク不寛容だ」とか「オタク差別主義者だ」と言っていたけれども、もし皮肉冗談で言っているのでないならば頭が悪すぎる。

文化されているかどうかにかかわらず、村には村のルールがあるんだから、それを守らない者が排除されるのは当然だ。

コミケ独自ルールはたしか理解不能で、オタクのやっていることはキモいと思うが、まあそれだけの話だろう。そこに「差別」があろうとなかろうと、リベラルがしゃしゃり出るべきではない。

  

  

追記2

トラバのほうに書いたけれども、宗教施設の内部でおこなわれているマナー作法強制は、「差別」と呼ぶべきものである

もしそれが差別でないとすれば、私たち公共空間で起こりうる差別を「差別」と呼べなくなってしまう。

モスクでは、性別という「本人の力ではどうにもならない物」を根拠にして、人のファッションを厳しく制限している。

例えば女性けが露出の多い格好をしてはいけないとか、スカーフを顔につけないといけないとか……。これは差別じゃないの?

そういえば仏教神道だって女人禁制修行場とかあるぞ。

そもそも特定宗教団体が定めているマナー作法なんてものは、まったく合理性がない。それを強制するということは、他宗教の人たちへの差別となる。

宗教団体施設内でこの「差別」をやっているだけならば、私たちはひとまずそれを自由として尊重するべきだろう。しかし、国家権力がそんな差別行為に加担してはいけないし、学校職場では差別を固く禁じなくてはならない。

  

すなわち、宗教趣味のような私的コミュニティは、その内部においてのみ「差別する自由」を有する。

からこそ逆説的に、学校職場のような公共空間における差別禁止可能になるのだ。

  

  

追記3

モスクが様々なルールをもうけていることに対し、「差別ではない」というブコメが多くて唖然とした……。

べつにこれはイスラム教に限らないけど、宗教教義とか、作法やしきたりが差別を含んでいるのは明白だ。そこに差別があると感じ取らない奴は、さすがにちょっと頭がおかしいと思う。

そのうえで、宗教団体はその差別的方針に基づいてコミュニティ運営してよいが、国家運営学校職場においてそれをやることは許されない。要はそれだけの話なのに、なぜこんなに反発されているんだろうか?

(もちろん公共空間と、非-公共空間の境目はわかりづらく、厳密に考えていくと厄介な問題になるとは思うが。)

  

  

追記4

id:taka37564 なんで差別問題になると、こうも頭の悪いことを言う人が出てくるんだろう。お前は「差別」を「殺人」や「強姦」に置き換えても同じ事が言えるのか?

え? 同じことが言えるわけねーだろ?

はてなリベラルって、こんな頭のおかしいヤツばっかりだなww

  

モスクの中で殺人強姦をする自由はない。だが、差別をする自由はある。

例えば、「女は露出の多い格好をするな、顔にはスカーフを着用しろ。この命令に逆らった女は排除する」などというルールは、まぎれもなく女性差別だ。しかし、イスラム教徒モスクをこのようなルール運営することを、われわれは彼らの自由として保障するべきである

  

無論、このために世間から女性差別という評価を受けるだろうが、それはイスラム教がそういう宗教だということにすぎない。

彼らが改革をして近代的な宗教としてアピールするもよし、昔ながらの閉鎖的な古臭い宗教としてやっていくもよし、どちらの道をとることも我々は容認するべきだと思う。

2017-09-15

anond:20170915134032

キリスト教仏教はもちろんのこと儒教学問においてすら聖人ガンガンまれているのだから人を神格化するというのは人類史において普遍性もつ宗教的行為ですよ

2017-09-14

https://anond.hatelabo.jp/20170914153730

モンキーマインドとかマインドフルネスとかね

そういうのは仏教から賢くおいしいとこだけかじりとったつもりで重要エッセンスをこぼしまくってるメソッド用語から

やっぱりちゃんと仏教をやり瞑想をした方がいいですよ

墓参りへの疑問

父は無宗教である。母は葬式仏教を支持している。

夏になると墓参りに連れていかれる。父方の祖父への墓参りを強いられている。

私は祖父が好きではなかった。たばこを好むし、朝から酒を飲むし、人を非難して笑うのが癖だった。後から聞いたけど、不倫もしていたようだ。

父は「父(私の祖父)から愛情を貰った記憶がない、だから子どもの愛し方が分からない」と言っている。

墓参りとは「宗教様式を通して、亡くなった人を思うこと」だろう。

今回の場合、亡くなった人を思っても嫌な記憶しかない。そもそも顔を会わした回数も少ない。意味があるのだろうか。不愉快だ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

これとは関係ないが、墓参りをしなくても本当に愛すべき人が亡くなったら「亡くなった人を思う」はずだ。

信仰心のない人にとって、墓参りである必要はあるのか? 思いだすなら形見でも可能ではないか? 目をつむればできるだろう。

母方では祖父母の人柄が好きなので墓参りに付き合っている。けれど知らない人だし、やる必要はないと考えている。

2017-09-13

平和的な北朝鮮危機終了シナリオ

このほか北朝鮮情勢にも言及米国について「これほど国際法上の根拠固執する組織体はない」と評し、北朝鮮核実験を行っただけでは「先制攻撃をしない」との見方を示した。

北朝鮮についても「米国軍事力行使させるようなばかなことはしない」とみていると語った。

海将伊藤俊幸氏「米国核実験だけでは北朝鮮先制攻撃しない」

http://www.sankei.com/west/news/170913/wst1709130071-n1.html

にあるように、トランプ大統領金正恩将軍も一線は超えない。

北朝鮮危機

(1)北朝鮮に対する警告:もし北朝鮮アメリカ領を先制攻撃し、アメリカ報復として北朝鮮武力攻撃した場合中国中立を保つ。(筆者注:中朝軍事同盟無視する。)

(2)アメリカに対する警告:もしアメリカ米韓同盟の下、北朝鮮先制攻撃すれば、中国絶対にそれを阻止する。中国は決してその結果描かれる「政治的版図」を座視しない。

(3)中国朝鮮半島の核化には絶対に反対するが、しか朝鮮半島戦争が起きることにも同時に反対する。(米韓、朝)どちら側の武力的挑戦にも反対する。この立場において、中国ロシアとの協力を強化する。

中国が切った「中朝軍事同盟カード」を読み切れなかった日米の失敗

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/09/post-8375.php

で、中国軍韓国軍に一線を超えた理由を追及しているうちにいろいろ真相暴露されて

アメリカ北朝鮮および世界中呆然としているうちに中国主導で朝鮮半島非核化が達成

って、なるといいね

ちなみに北朝鮮ミサイル名前北極星」にはこんな意味があるそうです。

道教に由来する古代中国思想では、北極星(北辰とも言う)は天帝天皇大帝)と見なされた。これに仏教思想流入して「菩薩」の名が付けられ、妙見菩薩と称するようになった。「妙見」とは「優れた視力」の意で、善悪や真理をよく見通す者ということである。七仏八菩薩所説大陀羅尼神呪経には「我れ、北辰菩薩にして名づけて妙見という。今、神呪を説きて諸の国土擁護せんと欲す」とある

妙見菩薩

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%99%E8%A6%8B%E8%8F%A9%E8%96%A9

2017-09-12

日本人宗教あるじゃん

話ずれるけど日本人自分儒教を信じてることをもう少し客観的に見つめ直した方がいい

宗教がないとか寛容とか、真っ赤な嘘もいいところ

年上には無条件で敬語使わないと駄目とか思いっき儒教の影響受けてるけど普通とか自然で済まされるのは立派な洗脳だよ

合理的に考えればまるで必要がないどころか余計な語彙と無駄情報が増えるだけ

ここら辺を守らない外国人を、おもてでは「外人からしゃーなしw」みたいに平気なふうにするけど、

実際は心の中で見下してるのがほとんどでしょ

敬語できたら偉い偉い、これのどこが宗教じゃないんだか…

決まった方向と時刻に拝むのを馬鹿にするくせに

ここら辺を馬鹿にするとキレるのはまるっきり信者のそれ

目の色が攻撃色になってんぞ

 

誤解ないようにいっとくと宗教儒教としてこれら非合理性を認めて自覚してる上での行動はいいんだよ

合理的な側面も勿論あるんだから

武士道とか騎士道とか座禅とか礼とかおもてなしとか

ただ人間日本人として当然みたいな言い方すんなっつー話

それまるっきり儒教ベースから

 

日本平等自由の考え方が根付かないのも、元はと言えば儒教のせいでしょ

目上の人間社会ルールになってんだから歯向かえるけがない

キリスト教仏教イスラム教は神が世界を作ってる

けど儒教じゃ権力者が作ってるんだ

権力者じゃなければ天皇

平等自由を主張できるわけがない

2017-09-11

Midasメモ

全くブログなりなんなりに一文書いてくれりゃ世話無いのに何で毎度毎度長大メタブおっ立ててんだよ ・・・ブツブツ


去年あたりから言われてた「リベラルの底がぬけた」、今回とうとうその正体がバレた感ある。

簡単にいうとこれは『原理主義化した』民主主義IS原理主義化したイスラムオウム原理主義化した仏教なのと同じ

但しこのオウムISは確かにそれぞれの原点回帰だと当人たちは主張してるが

果たして彼らを「正当な」原理主義といってしまっていいのか)は議論の分かれるとこで

それは本来原理主義とは他人強要しない人びとだから

ただ同時に彼らは自分たち信仰に自信をもってるから自分と神とのむすびつきに他人必要としない

(他人を「悪い」と非難しなければ自分の正しさを証明できない人びとではない)ともいえる。

これはリベラルにも似てる

本来であれば自由主義とは他人がなにやってようが気にならない人びとをいう

(この私の自由には他人がなにをしてるとかはぜんぜん関係ない。

他人と比べて私は自由」はすでに比較であって自由ではないので

本当にオシャレなひとは他人がなにを着てようが

「ダサイ」とか「ああしろこうしろ」とかファッションチェックやアドバイスのたぐいを行わない

(そんなことより自分明日なにを着るかのほうが大事)のと一緒


よってそろそろ今年も終わりなので2017年をふりかえっとくと「民主主義も立派にカルト化(原理主義化)した年の始まりだった」といえる

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1148701

自由とは何か 他者否定しなければ自我が存立し得ない人々の唱える自由とは~

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん