「継続」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 継続とは

2020-06-03

anond:20200603023300

同感。

メッセージ送って取引継続してることがわかるようにしないと決済するって警告来てただろうに

2020-06-02

2020年4月12日藤原啓治さんが亡くなられた。

まずは名優の早すぎる逝去に、改めて心より哀悼の意を表する。

藤原さんの四十九日も過ぎたところで、世の皆様に伝えたいことがある。

それは、病気状態には「闘病中」と「完治」の他に「寛解(かんかい)」という状態があるという事だ。

※なんだ、そんなの知ってるよ、という方は、以降を読む必要はありません※

寛解とは、治療行為により一時的病気の症状(痛み等)が消失したが、いつまた再発・再燃するかわからないので治療

検査継続しなければならない状態の事である

もう再発しないという状態になって初めて完治と言えるのである

何故私がこんな事を言うかというと、2019年の春頃、インターネット上でこんな発言を目にした事があったからだ

↓ ↓

藤原さんは完治してる。でも今の声優が役を手放さないから、野原ひろし役に復帰できない」

この時期、既に藤原さんは「ゴクドルズ」等で仕事に復帰していた。つまり藤原さんが声優界に復帰したのに

ひろし役に復帰しないのは代役の森川智之さんのせいだ、というデマである

病気状態に関する概念を「療養中」と「完治」の2種類しか持っていないから、こんなデマ発言につながるのだ。

藤原さんの病気は癌であった事が逝去後に発表された。一般的に、癌の場合寛解が5年続けば完治である

まり藤原さんは寛解状態であるが完治はしていなかったのだ。退院後少なくとも5年間は、1クール仕事は引き受

けても、長寿アニメであるクレヨンしんちゃんへの復帰は難しい状態だったのである

以上です。藤原さんの出演作の思い出もいろいろ書きたいが、それについては稿を改めたい

サンクコストコンコルド効果意味が分からなくなった

なんかざっくりと

今までかけてきた金と労力がもったいなくて

損する事業なのに継続ちゃう

みたいな事は聞いたことがある

オリンピックは中止したら損失が大きくて

延期開催したら損失が小さい

もったいなくてやめられないって状態には当たらないんじゃないのか?

中止した方が損失が大きいから中止したくない

開催した方が損失小さいから開催したい

ってそれ普通のことだよねw

みんなどういう文脈サンクコストとかコンコルド効果とか使ってるの?

anond:20200602001302

「これまでに投資したコスト」がサンクコストでしょ?

継続した場合に得られる見込みの利益と投下する費用を見比べて判断しろって話じゃん

このまま実施しても実施費用に見合う回収があるかって話で、これまで投下したコストを回収するかどうかを判断基準にするのはコンコルド錯誤じゃん

職場ってすげーな

コロナが落ち着いてきて6/1から出社勤務がOKになった。

正直なところGWからこっちまともに仕事をしていない。

在宅で最低限の仕事は進めてきたが、

リモート会議では存在感を消してできるだけ新しい仕事がふってこないようになりをひそめ、

持っている仕事うまいこと間延びさせ、

すぐ終わることを上手に延期させながら『延期させるという作業』を仕事にしてきた。

youtubeを大量に見て、WEB小説を大量に読み

PCだけは常にON状態オンラインでのやり取りには速やかに反応することでどうにでも誤魔化せた。

6/1の出勤は憂鬱以外の何物でもなかったが、

初日は多くの人が集まることでややお祭り感もあり、そこまで切迫して仕事をする感じでもなかったが

『出社した』という行動だけ疲れ果てた。


あけて二日目の今日

リモートでの業務の許されているが、クライアントとの打ち合わせもあったため朝から出社した。

社員の半分以上はリモート仕事をしているようで、人は少ない。


打合せだけはこなすつもりだったが、やる気は全くない。

それでも自分の席に座っていると、なぜか仕事が進む。

『最低限これだけは』と思ったものを一つずつ片づけていくと、意外と仕事が進んでいく。


職場』という環境で刷り込まれ思考と行動が、徐々に加速をつけながら自分を動かしているのがわかる

それでも息切れをする感じはあるが、自宅にいるよりもはるかに集中して仕事ができている自分がいた。

このまま1週間ぐらい出勤を継続していれば、元のペースに戻れそうな感覚はある。

職場仕事をするための環境になっているということをあらためて実感した。


いや、自宅が仕事をする環境になってないと言うことだろうか。

リモートに合わせて机やモニタなどいろいろな機器をそろえたが、遊びにフル活用している感じだ。


何にせよ、今日がんばったことで仕事感覚は取り戻せそうなことが分かった。

直近の片付けるべき作業も目処がついた。

今週中にやるべきことも見えたし、作業見積も目処が付いた

人に依頼することも依頼がすんだ。


これで明日リモートゆっくりできそうだ。

持続力がない

何事も継続してできる人ってすごいと思う

私はデアゴスティーニすら最後まで集めたことないのに

箕輪厚介のセクハラ騒動と #箕輪編集室 退会noteに思うこと

荒木利彦

2020/05/27 11:53

これを受けてメンバーから箕輪編集室を退会する決意をしたというnoteが出されました。

お世話になっている集まり問題が起こっているわけですから居ても立ってもいられず、僕が今考えていることを書いていきます

Twitter上では何人かが言及しているものの、明確な意思表示が少ないなというのも書く理由の一つです。(きちんと意思表示してるよって人いたらごめんなさいね!)


箕輪編集室に入って2年が経ちました

5月箕輪編集室に入って2年になりました。主にライターチームで活動していて、ここ1年でさまざまなプロジェクトに参加しました。

箕輪さんのセクハラ騒動に思うこと

箕輪編集室での活動楽しいのですが、今話題になっている箕輪さんのセクハラ問題について触れずにはいられませんよね。

この騒動について注目を浴びているnoteがあります

箕輪さん主催オンラインサロン箕輪編集室の退会を決意されたみずほさん。

noteのスキは2500を超え、ご本人のツイートも1000リツイートを超えていて、オンラインサロン界隈に一石を投じた投稿です。

今年4月に「みの校(学生限定)」に入会され、今回の箕輪さんのセクハラ騒動顛末を見て退会を決意されました。

時の人となった箕輪さんに批判の声を上げるというのは相当に勇気がいることで賞賛に値します。

みずほさんのnoteを読んでいくつか思ったことがあるので書いていきます

大前提として、箕輪さんが行った行為セクシャルハラスメントです。セクハラあかん! これは共通認識でしょう。

みずほさんが指摘するように編集者とライターという間柄は性的同意のうち「対等性」が欠如していると言わざるを得ません。

人を性行為に誘うときは「対等性」「非強制性」「非継続性」に気を配りながら性的同意をとる必要があります。(分かりやすく知りたい方はこちらの動画をご覧ください。)

みずほさんが紹介されていた動画がわかりやすかったです。こういった分類があることを知らなかったので勉強になりました。)

みずほさんのnoteには(見た限り)賛成の意見が多かったです。僕もそう思いましたし。でも賛成の部分だけでなく、それどうなの?という部分も散見されたので思ったところを書いていきます

箕輪厚介」像の違い

箕輪編集室に入って2ヶ月のみずほさんから見た箕輪さん。

箕輪編集室に2年所属している僕から見た箕輪さん。

立場が違えばそれぞれ見え方が違ってきます

から見た箕輪さん像について。

箕輪さんが編集する本や関わっているプロジェクトを興味深く楽しんでいました。

ただ入会当初から箕輪さんのことをクセの強い人だなとは感じていたのが正直なところ。

箕輪さんのA子さんに対する言動・行動は「ほんまクズやなぁ〜」という感想です。

女性に対して多かれ少なかれそういう話はあるんだろうなと思ってました。

事が起こった2016年12月以前から知り合いだったから親しくはあったんだろうけど、既婚者が仕事を口実に女性の家に上がり込むなんて実にけしからん

それはあかん箕輪さん。幻冬舎に出入りする社外の方はもちろん箕輪編集メンバーからの信頼も落ちちゃいますよ。

箕輪さんは以前から編集者としていろんな著者に会ってきた。犯罪に近いことを行っていた者もいた。でも俺はそんなとんがった個性を持った人間が好きだ」と言っていました。

これを聞いて僕はそんな人もいるんだ程度にしか捉えていませんでしたが、今回の件を鑑みる箕輪さん自身もこの"とんがったやつ"に含まれているんですよね。

箕輪さんがプロデュースする箕輪狂介も「社会が産んだエラー」と歌っていますし。「ただの自己弁護やん」と言ってしまったらそれまでだけど。

箕輪さんはここ数年の間に編集長を務めるNewsPicks Bookが100万部を突破したり、テレビ番組コメンテーターとして出演したりと一気にメジャー感が出てきました。

しかし今回の一件でわかった通りメジャー感はただの一面であり箕輪さんの別の一面には聖人君子からはほど遠いクズい面があるのだということ。

みずほさんはメジャー箕輪に興味を持って入会した可能性が高いのかなと思います。2年間所属している僕からすると出るべくして出たスキャンダルです。

あとはそもそも論として2点。

箕輪さんとA子さんの話であって箕輪編集室は直接関係ない

原稿料の未払いは幻冬舎問題

おそらくこの辺を踏まえてみずほさんは書いてらっしゃって、めちゃくちゃ頭いいんだなと思いました。

もし頭に血が上った勢いのまま書いていたらこういうところで論理破綻して自爆ちゃうはず。

きちんと論理立てられてるのすごいです。

箕輪編集室に向けられた言葉

みずほさんはそれぞれの立場箕輪さん本人、箕輪編集室、箕輪さんが嫌いな人、フェミニスト)の人に向けて文章を書いていて各方面に気を配っているように見えますが、箕輪編集室に向けた言葉については配慮不足が否めません。

みずほさんの文章引用して見ていきますね。

まず一つ目。

箕輪編集室の中でも特に、みの校生は一番弱い立場にあります。どうか意欲ある学生を守っていただけませんでしょうか。

学生が一番弱い立場とおっしゃっていますが、そもそもオンラインサロンに入会するメンバーは同じ月額を支払っているし(みの校所属メンバーは違うけれど)、上下関係もなく基本的にみな対等です。

学生でもしっかりしている人もいれば社会人でも未熟な人もいます

箕輪編集室で活動していると極端な未熟さを感じる人はいないですけどね。

みんな成熟してて年下の方でも僕より成熟してるなと感じることが多々あります

オンラインサロンほど、中にいる人たちがフラット関係を築ける場はないと思っています

強者弱者関係を持ち込むのが一番むずかしい場とすら思いますね。オンラインサロン家族学校会社と比べると損得勘定希薄からでしょう。

これこそがサードプレイスと呼ばれる所以です。

次に二つ目

箕輪編集室の)イベント中に「女子フェミニストかいないよね?」という発言がよくあります

これってどこのイベントなのでしょう? みの校のイベントですかね?

フェミニストという言葉ネットのごく一部の界隈でしかいたことがないので一体どこのイベントなのかと純粋に興味がありました。

僕が参加するイベントでは一度も聞いたことがありません。

フェミニストという言葉のものが分断を呼んでしまうと思ってるのでなるべく使わない方がいいでしょう。

ジェンダー問題に携わっているとよく出てくる言葉なんですかね。

最後三つ目。

男性厳禁のイベント女性限定のチームがピンクピンクしているのをみると、ジェンダー感覚遅れているなと残念に思います。正直、もっと先進的なオンラインサロンかと期待していました。

これはおそらく女性限定チーム(リリープリマチーム)とゴリプリ(リリープリマに対抗してできた男性だけの集まり。チームでさえない)の派生イベントだと思います

箕輪編集室という最先端場所には、実はスーパーウーマン女性たちがとても多いのです。まだまだ社会全体から見たら圧倒的少数派です。しかし、だからこそ箕輪編集室の女性は、それだけで充分ブランドになり得ると感じました。」

自分環境コミュニティを選べなかったり、そもそも選び方を知らない女性も多い中、みの編を選んで入ってきている時点でとても感度が高い女性であるということは間違いありません。

からこそ、私はみの編の女性たちに強い可能性を感じるのです。」

こちらの日刊を読んでもらえばわかるとおり、「ピンクピンクしている」とおっしゃるリリープリマチームの発足は「女性が輝けるチームにしたい」という初代リーダー吉乃菜穂さんの熱い気持ちきっかけです。

(吉乃さんは自身オンラインサロン立ち上げまでされています

リリープリマチームこそみずほさんが求めるチームではないですか? 見た目や雰囲気だけでジェンダー感覚判断するのは節操ですよ。

一生懸命女性応援している吉乃さんや関係者に失礼だと思いませんか。

箕輪編集室との付き合い方

個人としては今回の騒動を受けても箕輪編集室をやめる気はありません。

ライターチームで活動している中でメンバーには仲良くしてもらっていますし、冒頭でも書いたようなやりがいある大型プロジェクトは今後も増えるでしょうしね。

最近ではエンジニアチームの公式サイトリニューアルプロジェクトにも参加しているのでまだまだ楽しんでいきます

みずほさんは箕輪さんのセクハラ騒動を受けて箕輪編集室内でのそういった行為改善するよう求めらっしゃっています

これについては僕も大賛成です。もちろんハラスメントにも種類がありますよね。セクシャルハラスメントだけを防げばいいというわけではないです。

メンバー間でのハラスメント現行犯でないと見つけにくいところはあります

しかコロナ禍によってオフラインでの会合はなかなか開けないでしょうからオンラインで気をつけていきます

僕もサロン内での活動において無意識ハラスメントをやってしまっていることがあるかもしれないと注意しつつ、もしそういった行為を行うメンバーを見つけた際には指摘していきます

最後

みずほさんの発信を見ると関係者に気を使った発言もありましたが、男性女性強者弱者という二元論にハマってしまっている気がします。フェミニストもそういう言葉でしょう。

二元論は分類する時には便利ですが、あらゆる物事はきれいに分けられるものではありません。二つのモノの間には判別できないほど広大なグレーゾーンがあるのです。

みずほさんは大学ジェンダー問題性犯罪問題について取り組んでらっしゃっていてすごく立派だと思います

まして性暴力を振るった人間が作ったコミュニティお金を払って所属するなんて論理的にも感情的にも我慢できないのは本当に良くわかります

ただ、みずほさんにはリリープリマチームの活動もっと知って欲しかったですし、ここ1週間で箕輪編集室のFacebookページに投稿された箕輪さんのメッセージを読んでもらいたかったです。

つい先ほど箕輪編集室の本体スレ箕輪さんからの釈明の投稿もありましたよ。もし読んでいればもう少し違った結果になっていたのではないかなと思います

これからのご活躍を期待しています

https://note.com/enjoy_goodjob/n/n2799bc646ad2

https://note.com/enjoy_goodjob

anond:20200602155737

それ単なるコストや節子

サンクコストってのは、回収出来ないと分かってる事業継続してコストかけることを言うんや

anond:20200602152604

横だけど、一回きりのイベントサンクコストとか無いだろ。

毎年開催してるイベントごとが、赤字なのに継続する。それならサンクコストだけどさ。

2020-06-01

anond:20200531172139

本気で物事を考えたことがないのか?

生物は子孫を残すために生きているとか、残すことが良いことという倫理観が成り立つとしたら、それは世界創造した神ないし環境シミュレーションを実行している上位存在のような立場の、種族継続に対して常にざっくりとプラス価値を見出すような、人類より大きなスケール利害関係もつ上位スケール存在勝手に寄り添った理屈であって、それを無自覚内面化している人間がいるにすぎない。

そういった上位スケール論を排して考えるなら、子孫を残す(=生殖行為をする)というのは、顔が痒いから掻くとか腹が減ったから食うといったような、遺伝子に刻まれ生理的行動にすぎないわけだ。ほぼすべての生物は「続く」ための仕組みをもっているが、それをもって「続く」ことが目的であると明言できるだけの地表には立っていない。というか、「続く」ための仕組みを偶然持っている存在に対して我々人類勝手生物というラベルを貼って回っているにすぎないのが現実だ。そこに生物意図を見い出す方がどうかしているといった所だろう。

あるいは自分の属する「人類」を利害関係者と捉えて(その時点で歪んでいるが)、人類継続や発展のためには自分が子孫を残すべきという発想も理屈としてはありえるが、それは「シミュレーションを走らせている上位存在人類継続を喜ぶに違いない」というのと同じレベル独善的妄想に他ならない。数千年前ならいざ知らず、現代人類地球において規模の面ではもう十分以上に発展しており、新たな居住地開拓されたのならともかく、諸資源考慮すると人口をいたずらに増やすことは種の継続性にマイナスの影響を与える。種全体の利益を考えられる賢明人間ほど、自分は子孫を残すに値する人間かどうかシビアに考える機会に直面するはずで、そういう状況下にあっては「子孫を残さないと何のために生きてるのか分からない」という論を安易肯定できなくなるはずだ。

そして価値観の多様化した現代について真摯に向き合っているのなら、ってそろそろ飽きてきたのでもうここで投稿ちゃうピョーン

2020-05-31

世の中はどうせ努力をしない人間で溢れているという話

今の仕事に多大な不満を覚え、自分を変えてみようと行動して見ることにした

たくさんの本を読んだ、とも呼べない冊数だけれども、なんとなく読書会出会った人たちが言いたいこと、伝えたいことは分かった(ような気がする)

人生は既に100年時代突入していて、老後にもらえる年金だとか、今までに稼いだ貯金だとかじゃまともな生活は送れない

これはまごうことな事実なんだと思う

自己防衛おじさんが言っていたことをネタとして笑う人は多いが、その本質を深刻に考えている人はどのくらいいるだろうか

少なくとも、会社という組織所属して給料をもらい続ける、そういった生活をすることに対するデメリットの数は計り知れない

あと40~50年も同じことをし続けるのか、顧客会社に板挟みになって、毎日頭を抱えながらやれ「責任」だの「実績」だのを求められる

まりにも無価値残酷すぎる時間を過ごすことにならないか

それなのに、生涯年収は1億にも達せず、老後抱えている貯金額はおそらく1000万も無い

幸せ生活ってなんだろう、どうすれば人生を楽しく過ごせるんだろう

考えても考えても、わからない


本を読んだり、読書会人達に話を聞いてみる

帰ってくる言葉は、「本を読み続けろ」「自分で考えろ」そんな言葉ばかりだ

答えを教えてくれなんて甘えたことは言わない

けど、あの人達は結局、自分達より劣等とされている人達をあざ笑いながら自分立場アピールしているだけではないだろうか

行動したくても、できない人は多い、だからみんな不満を抱えて生きている

みんなまともな頭をしているなら、みんな積極的で挑戦的な行動ができるなら、日本にはこんなにも暗いイメージが寄り付いていないはず

たった少数の「勝ち組」達が、できない人間に対してあたかも「できるようになる方法」を伝授している「ように振舞る」

なんなんだこれは

こういった文句すらも、「自己責任」や「やる気のなさ」の一言で片づけられる

あぁ正解だとも、そういう「勝ち組ダメ人間レッテルを張る者たち」でこの国は構成されているからな

Fランク大学とか、大して儲かってない中小企業かに努めている人間みんなそうだ

分かってんだよそんなこと

もつまらない人生は送りたくない

けど、幸せになるための努力なんて誰もしたくない

当然じゃないか

頑張る方法を知らないから、どうすることが最善なのかわからいか

それが分かるようになるために本を読めと読書会人達は言う

いつまでそんなことを繰り返せばいい?読み続けた先に、答えはあるのか?

このままじゃ普通に仕事をしているよりも頭がおかしくなる


ただ、一つだけ確かなことがある

これから時代、全てが「自己責任」で片づけられてしま

仕事AIに乗っ取られ、アジア諸国にも乗っ取られ、求められる仕事クリエイティブセンスの求められるものだけになる

おそらくあと20年、いや10年後にはやってくる

ますます無能には人権がなくなる、居場所がなくなる、人として生きる「価値」がなくなる

そんな世界が待っているんだ

本はある程度読むと「絶望」を感じるようになるらしい

ただ俺は、本をある程度読んだ結果「絶望」を感じているわけじゃない

「どんだけ読もうが、どんだけ努力しようが、それでも幸せになることは無い」という事実絶望を感じている

なぜなら、今世の中にありふれている「正しい努力をしない人間の一人」であることを自覚しているからだ

同じ感覚を持っている人達は多いのではないだろうか



この書き込みを読んで、今からでも危機感を覚えて活動しようと思った人はどのくらいいますか?

具体的に、どういう目標をもって、どういう行動をするか本気で考え、それをずっと「継続」させることはできますか?


・・・結局、誰も本気で考えようなんて思わないだろう

考えたところで、正解を導き出せる人間は極僅かだろう





この世の中は、努力をしない人間であふれている


anond:20200531190318

すでに孤独なやつは、どうやって孤独成るんだ?孤独成るためには一度孤独以外になってから、もう1度孤独にならないと、なるとはいわない。

継続して孤独という

彼女がいても別な女とやるやつもいる

ひとりで寂しく自粛継続して

くるしいよ たすけて

って泣いているやつもいる。そういう10年だったまさに。

でも、楽しんでくれ。 そいつらが自粛しても しなくても 俺には変わらん。それなら、経済回したほうがいい。

出社したくねぇなぁ

自分仕事は在宅勤務でほぼ問題ないので、このまま継続してほしい。緊急事態解除のせいで、6月から週1でいいから出社しろという上司と反対する私。

上司の言っていることも理解できる。部内のメンバーの半数近くは若手で、自分だけで業務を回せる人間は2割程度、指示は出しているし、困ったらいつでもチャットで声をかけていいと言ってある。一日の予定表も公開している。が、顔が見えないと声をかけずらいようだ。

個人的には自分で手を挙げて聞く能力を育ててあげないと、いつまでたっても頼ってばかりだと思うのだが、今どきその考えは厳しいのだろうか。

とはいえ、出社はしたくなく、なぜその場で本能的に出社を拒否たかについて一日悩んでみた。結局のところ、コロナ感染確率は下がったとはいえ感染リスクゼロではない。第二波は確実に来る。ワクチンもないし、感染しても治療法も確立されていない。

そして、一度感染したら、完治しない可能性がある。

会社という存在自分を一生面倒を見てくれるわけではないので、自分の身は自分で守らなければならない。まだやり残したことがあるので、死にたくはない。苦しむのもいやだ。かといって、今会社を辞めるにはリスクが高い。

さてどぎゃんすっかな。。。

2020-05-30

anond:20200530183927

結局金を出すか出さないかだ

それから財政破綻自国通貨建ての借金では起きない。外貨借金により起きる。外貨借金は経常赤字の時に増え、経常黒字の時には増えない。

よって経常黒字継続している限りは財政破綻も起きない。今は介護と基礎・萌芽研究を両方出せばよい。

まあ企業を低貯蓄・高設備研究投資に導くことを成功できれば、産業も強くなるし、企業自身が徐々に産業化が遠い研究もするようになるし、政府借金して経済底上げする必要もないし、何より海外に売れるものを作れるから経常黒字を維持できる。

大規模経済危機を迎えると企業は高貯蓄・低設備研究投資資金余剰に転ずる。1990年バブル崩壊後の日本も、2008年リーマンショック後の欧米も。そしてコロナでもまず起きる。コロナは大規模経済危機という側面もある。

コロナの間はコロナ対策コロナによる倒産、食い詰め防止が第一だ。コロナを克服したら、次は使ったら減税、溜め込んだら増税で低貯蓄・高設備研究投資に導くことをしないとならない。

自粛要請が明けてすぐ出歩く人を非難するアホ

じゃあ自分プラスどれくらい出歩かないつもりなの?

1週間?1か月?1年?どの数字にも何の根拠もない、結局なんとなく自分がいいかな~って思う期間なだけだろ

その期間が過ぎて自分が出歩き始めた時、より長い期間自粛継続してる人に非難されても甘受するの?

「もう〇〇も経ってるんだからいいでしょ」とか自分基準正当化するのはわかりきってる

そういう奴らが自粛要請解除という明確な基準を元に行動を変える人を非難するのはちゃんちゃらおかし

2020-05-29

埼玉県教職員の『自宅への出張』に1億円超の旅費支給予定(再掲)

※昨日も出したけど反応0だったんで再掲。税金の使われ方に興味ないならもういいです。

元々埼玉県教職員には学校から4km超の用務先への出張に対し1日当たり雑費200円が支給される。

から学校から4㎞以上離れた『自宅に出張』した教職員には雑費を支給するという通知があった。

同じ在宅勤務なのに学校の近くに住んでいる教職員には雑費を支給しない。

ちなみに通勤回数減でも通勤手当は減らない(前月から継続であれば、月に1度の通勤でも満額支給

ざっと計算したら4・5月だけで1億円超かかる。(別記参照)

もし旅費の予算が余ってるという理由支給するならやめてほしい。

『これだから公務員は』と言われるようなことはしないでほしい。

『自宅勤務には旅費を支給しない』これでいいじゃないか

予算返上して他の所に使ってほしい。

パッと検索したら消防庁支給しないそうだ。

https://www.fdma.go.jp/laws/tutatsu/items/0409jimurennraku.pdf

埼玉県教委はこのところ退職金29億円未払いやったり

https://mainichi.jp/articles/20200130/k00/00m/040/025000c

話題にはなってないけども『非常災害時の超過勤務教員は勤務の割り振りで対応しろ

って言ったりしている。

私は公務員である前に県民だ。

から県民目線仕事をするようにと再三言われている。

そう言っている県が、県民目線仕事をしていないはずがない。

私の感覚おかしいかもしれない。何でもいいのでご意見を頂きたい。

(別記)

埼玉県教職員 本務者3.8万人+臨時的任用2千人=約4万人

(少なめの見積もり教職員25名の学校臨時的任用職員は2~3人はいる感じだから1割くらい?)

https://www.pref.saitama.lg.jp/f2203/documents/r1kyouin_kekkagaiyou.pdf

自宅勤務が可能になった4月中旬5月末の用勤務日数約30日のうち、職員一人当たりその半分=15日

を在宅勤務したと仮定する。

(出勤7割減の要請はあった。自宅勤務が1日でも半日でも雑費支給なので実際はもっと多いはず。)

https://www.tokyo-np.co.jp/article/14306

職場から4km以内に住んでいる人はそんなに多くない。

地域にもよるだろうが他市在住が多い。私の感覚だと1~2割くらい。

雑費1日当たり200円だから、4・5月の総支給金額は4万人×15日×200円×0.9=1.08億円

[] 安定して登録者数は増えていくもの

440人突破

半年くらい本腰入れてやってみたけど、一週間で増える人数に変化はなく

ひたすらちょっとずつ人数が増えていく感じ。継続が大切なのかも。

ただ、どんなゲームをしても一定層は自分を見に来てくれるようになったのは有難い。

関係ないことを繋ぐな

安倍政権がこれだけ長期政権になったということは彼は素晴らしい政治家だ、という人らはヒトラーは素晴らしい政治家だ、とか、北朝鮮政府は素晴らしいとかいって信じるんだろうか。

このロジック(長続きするならい政権)を信じてるとしたらどんなに良い政治をしても短期政権で終わったならダメ政権とか言うのかな。

その政府がいいかいか継続期間が長いかいかの間には全く関係ない。

そのタイミングタイミング政府がきちんと対応できたかどうかを総合的にみて6-4でいい政府とかそんな感じの評価になるべきだ。

政府評価基準なんて

みんなの生活安心感あるものになったか

の他にいらん。

そして国民に不信と不安を振りまく国を放置してる政府ダメ政府

だったら民主党はとかいうなよ?もう何十年もまともな政府なんて日本存在したことないわ。

もっと投票積極的になってダメ政治家議席なんかどんどんひっぺがしてきゃ良いんだよ。いくら組織票だとか宗教表だとか言ったって投票率がそれなりの数になりゃそんなんなんの意味もなくなる。

関係ないことを繋ぐな

安倍政権がこれだけ長期政権になったということは彼は素晴らしい政治家だ、という人らはヒトラーは素晴らしい政治家だ、とか、北朝鮮政府は素晴らしいとかいって信じるんだろうか。

このロジック(長続きするならい政権)を信じてるとしたらどんなに良い政治をしても短期政権で終わったならダメ政権とか言うのかな。

その政府がいいかいか継続期間が長いかいかの間には全く関係ない。

そのタイミングタイミング政府がきちんと対応できたかどうかを総合的にみて6-4でいい政府とかそんな感じの評価になるべきだ。

政府評価基準なんて

みんなの生活安心感あるものになったか

の他にいらん。

そして国民に不信と不安を振りまく国を放置してる政府ダメ政府

だったら民主党はとかいうなよ?もう何十年もまともな政府なんて日本存在したことないわ。

もっと投票積極的になってダメ政治家議席なんかどんどんひっぺがしてきゃ良いんだよ。いくら組織票だとか宗教表だとか言ったって投票率がそれなりの数になりゃそんなんなんの意味もなくなる。

anond:20200529005910

元増田にも書かれてる通り、国民健康保険と違って社会保険健康保険被保険者負担率が低い。

厚生年金会社が一部負担してくれる(基本的には保険料の半分が会社負担のはず)。

失業した際に失業手当が直近の職の継続勤務年数に応じて受け取れる

前職が1年ちょっと超えたぐらいの勤務でも3か月は前職の給与に応じた一定金額就業活動をしている限り支給される。

会社が用意した福利厚生施設格安で利用できるところも多いし、結構いろいろ保障ってあるんだよ。

結構な数の人が「それが自分金銭価値提供している」って自覚してない。

会社の用意した福利厚生なんかは近所の施設格安で利用できたりすることもあるから調べてみると得になる場合もあるかもな。

全く得にならない場合も往々にしてあるだろうけどな。

anond:20200529000515

ハイパーインフレ外貨借金が増えすぎて輸入ができなくなったとかとか、戦争による生産設備破壊だとか、何らかの形で供給が著しく減少した時にしか起こっていません。

むろん外貨借金を増やす経常収支に気を配らないとならないが、経常黒字継続している状態では外貨借金によるハイパーインフレは起きません。

アルゼンチンとかギリシャとかイタリアとかスペインとかはデフォルト前に経常赤字継続してたからな。

2020-05-28

コロナ禍による実験動物の大量処分記憶

タイトルそのまんま。

もう何週間か前の話だが、忘れないように書き残す。


自分とある生命科学系の研究所所属しており、実験動物としてマウスを飼っている。

コロナ禍で彼等を大量処分することになった。まさか動物感染したとかそんな話じゃない。研究所飼育管理の方々がいつ今回のウイルス感染するかわからない。出勤日を減らさざるを得ない。

我々も状況は同様だ。陽性となればしばらくは軟禁だ。周囲が罹っても軟禁だ。

今までの飼育規模の継続人的資源の面でのリスクが高い。それから、より根本的に、コロナ禍で出来もしない実験のために動物を飼っておくべきではない。

から本当のギリギリまで減らす。



何匹も何匹も何匹もマウス処分する。

たくさんの遺体が目の前に折り重なる。

抜けた毛が手袋に付く。

遺体の山から流れる失禁した尿を洗い流す。

小さいビニール袋に1袋につき20匹ほど入れ、ずっしりとしてまだ柔らかくぐにゃっとした感触がするそれらを飼育室の外に持ち出して、腐らないよう冷凍庫に入れる。

個体情報を記帳する。

飼育ケージ総数が減る。



実験を行う者として、実験動物処分日常だ。実験動物に相対する時は、感情よりも真っ先に、実験動物を扱う際の倫理とされる行動規範脳内に浮かぶ自分は有言無言にそう訓練されてきた。今度の事でも感情の激しい揺れはない。実験できないならば速やかに処分することこそが実験動物の適切な扱いだ。

ただ、現実に巡った思考を忘れてしまうことは、明らかに動物に対して真摯ではないと思う。

普段見ることのない大きさの遺体の山を見たときの、最初は見た目からの印象の強さ。処分しながらずっと、昔に読んだ No.6 (あさのあつこ著) というSF小説を思い出していた。児童向けの顔をして、非常にシビアかつ強い物語だったことをよく覚えている。その小説の中に、人々がうず高く積み重なって死にゆくシーンがある。主人公たちは積み重なった人々を這い上って目的場所へ向かう。そのシーンを思い出した。

マウスには逃れる術などない、と思う。


あと、これだけ処分できたというかすかな達成感、管理が楽になる、飼育費用が減るというかすかなポジティブ感情

これも同様に現実に巡った思考、覚えておくべきもの

規模縮小の状況の中でマウスを増やさないため、自分を駆り立てるために必要だった思考。と言ったら美化し過ぎだ。その側面もあるが、自然に巡った思考だ。


普段実験動物について家で思い出すことはない。ただ今回だけは例外だった。

コロナ禍がペットを飼うきっかけになったとか、保護動物がもらわれていったとか、そういうニュースを読むことがある。でも、人間に寄り添って暮らしてくれている動物達の中で、我々の実験動物はそちら側ではなかった。


今年は実験動物慰霊祭があるのかわからない。無くとも、その時期にはしっかり手を合わせようと思う。

最後に、いつか実験動物必要なくなる日を心から願う。

anond:20200528115410

これ見てて思ったんだけど、

幸せ人生ってのは、自ら主体的責任を負うことのできる、成功する確率の高い行動をする生き方連続であり、低くない自尊心継続できている状態っていうところなんだろうな。

  

それを考えると俺の人生ってなんなんだろう、どうしてこんなことにしてしまったんだって思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん