「図書館」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 図書館とは

2018-04-24

anond:20180424222536

大学生時代図書館の本は全部読んだ

なんで嘘ついたの?

https://anond.hatelabo.jp/20180424222025

主に大学教養レベル勉強

大学時代図書館の本は全部読んだ

プログラミングとか数理科学まじで楽しくて

快楽物質まくりだった

そのときはそこにいけば人生解決してたが

今はどこもいくとこがない

せいぜいお布団の中だ

でも最近は布団に入っててもあん幸せになれない

地獄

anond:20180422092449

本筋から離れるが俺の大学図書館は参考資料ばかりでつまら

市の図書館の方が大きい上文学作品がたくさんあるか面白い

2018-04-23

anond:20180422092449

うーーーーーーーん、なんとなく大学イメージ古典的大学イメージからアップデートされていない気がする

もちろんガチガチ講義なんてつまらないことこの上ないし、言いたいこともわかるけど、

映画小説の中のザ・大学生活ってやつを想像しすぎなのでは?

このイメージって教養部があった時代大学イメージで,現在教養部は多くの大学廃止されてしまったし、

また、講義スタイルも座学中心ではなくて、プロジェクトベースや少人数スタイルが増えてきているし

授業をふけて図書館勉強って時代じゃなくなってる気がする

論文電子ジャーナルだし、pdfしか読まんよね

2018-04-22

anond:20180422092449

神戸の船大学だったけど

図書館の奥には船乗り同士の薄い本っぽいのがあったなぁ

宝箱なのか?

大学って

好きな講義を好きなように選んで聴講して、ガッツリ勉強したくないけどちょっと聞きたい講義モグリで聴講したりして、暇なとき図書館行ってとりとめなくいろんな分野の概説書読んだりして、また色々興味持ったりして。

そんな宝箱ひっくり返したような空間だと思ってる。

最近の3つのポリシーがどうのこうのでカリキュラムガチガチに組まれてるの、何かつまらない。必修もクラス分けとか。高校か。

シラバスも紙で配られないか余所学部シラバス見づらくてつまらん。

あれをめくるとこんなことが勉強できるのかとワクワクしたんだけども。

大学によって違うんだろうけどもね。

図書館は、やっぱり大学図書館大好き。

2018-04-21

読書効能

同じ程度の知能の奴が二人いるとする

Aくんは毎日はてなを見てくだらない話題煽り合ったりスター付けたりしてる

Bくんは毎日近くの図書館大型書店に行って本を読んでいる

一年後どれぐらいの差が付いてるかって話よ

anond:20180421182548

若い頃というかまだ20代になりたてだけど、図書館場所聞かれて案内したらお茶でもどうですかって聞かれたり居酒屋で席空くの待ってたら一緒に飲みませんかとか声掛けられたことはあるよ。

どっちもお断りしたけど。

2018-04-19

転職に伴い、図書カード港区から千代田区に変わった!

それだけで浮き上がる気持ちを背に取り急ぎ早足で千代田区中央図書館に向かうと、明らかに周りから浮いた建物が...

震災で死者が出た九段会館だ。

高層ビルに建て替えるために取り壊しの真っ最中スマホで撮っている人も見かけたけど、夕暮れともつかぬただ青く暗くなっていく雰囲気の中、少し怖い。メガバイト

2018-04-18

anond:20180408155103

図書館に寄贈という手もある。

残してくれる本は残してくれるはず

anond:20180418172233

赤松健漫画村名前を変えて漫画図書館Zという名前サービスしてるよ! 増田君も利用してみてくれよな!」

anond:20180418170711

赤松健「そうだよね! でもね、知ってた? 漫画図書館Z(漫画村のPro版サービス名)はなんと月額108円で漫画が読み放題なんだよ!? 増田君の大好きなエッチなやつも沢山ある! ぜひ登録してみてね!」

自分ビジネス書にも学術書にも居場所がない

映画ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』には主人公レイクロック自己啓発レコードを聞いている場面がある。

公開してすぐに見た。ビジネスとか経営かいうのは、結局こういうものなのだろうかと感じた。

数カ月後の今、就活中であり自分は大変厳しい状況だ。

偏差値が低い私立大学色物学部に行ったせいだろうか。

個人的にはもっと社会学などに突っ込んだほうが幸せだった気がする。

まぁ、マネジメントだとか云々いう企業容姿キモくて身長やらも低い気持ち悪い人間を取りたくはないだろう。

企業説明会に行くと、たいてい出てくるキーワードがある。

自律性」とか「イノベーション」とか。

自律性」というのは、積極的若いときから活躍できる云々ということだろう。

イノベーション」というのは、世の中に新しい価値を生む云々ということだ。

言い換えると、皆が賃上げを受けれると思うな 上に文句を言わず自己啓発やら能力開発に勤しめ 物が売れないかイノベーションを起こさなきゃいけないんだ ということだろう。

こんなことを包み込んで要求してくるのだから資本主義は終わりに近い状況なのかもしれない。

企業が欲しい人材というのが、安倍政権が思い描く臣民に非常に似ている気がしてならない。

安倍政権というのは人文を軽んじているだとか諸々言われている。

その上、「働き方改革」だとか「異次元金融緩和」だとか見かけはキャッチーで中身はカスみたいなものを打ち出す。

まぁ、強引な結論だが「国民は上に文句を言うな 扇動されて働け」という何か自己啓発的なものを感じる。

例えれば、安倍政権理想的図書館というのは自己啓発本とビジネス書と愛国心的な本がびっしりものだろう。

安倍政権自己啓発的だという批判は、前からあるようだ。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/174784/062200099/

自分だけではない感覚だととても安心した。

企業説明会で言われることも、それに近いものを感じることがある。

変にドキュメンタリー映画を人より見ている人間不要で、「実用的な」知識があって文句を言わず会社に尽くしてくれる人間を求める。

恐らく、ビジネス界隈の思想というのが政府と考えが近く、安倍支持者が一定数つくりだす温床的なものになっているのではないか

自己啓発的な市場は拡大をしているらしく、安倍政権というのは世の中の流れを映し出しているのかもしれない。

実家には父親ビジネス書が高く積まれている。マネジメントだとかマーケティングとか個人的には嫌気がさす言葉だ。

それを積み上げて足置きにして、学術書をめくる。時たまに、父親会社社員Twitterを見ると良くわからない意識高い系ツイートをしている。

シリコンバレーがどうのだとか、イノベーションが云々。こんなものよりも、自分を取り巻く法律やら過酷労働を気にしろよと言いたくなる。

自分ビジネス書とか自己啓発書に熱心になれない。

しかし、学術書を読みこむのに知能も、もちろん学歴も低い。

もし、容姿がよければ何色でもとりあえず染まれたのかもしれないが容姿は醜い。

自分に居場所がない。

参考資料

https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits/20/9/20_9_26/_pdf/-char/ja

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180110_73043.html

2018-04-16

俺、漫画とか本を無料で読めるところ知ってるよ

図書館って言うんだけど

ニート44日目。足先が冷えるから布団の中でゴロゴロしていると、もうすぐ1日が終わる。スマホはてブや5ch見て過ごす。どうでも良い情報無限に流れてきて、少しだけ退屈を忘れさせてくれる。何か建設的なことが出来ないか考えてみる。

読書

話題漫画村漫画読みまくれるじゃんラッキーと思ったらどうも最近見れなくなっているらしい。昔は小説とかたくさん読んでいたが、今はめっきり読まなくなってしまった。自宅から1時間ほど歩くと大きな図書館があるが、行くのがめんどくさい。

ボランティア

人と会話できるし悪くないアイデアのように思うが、想像するととてもめんどくさい。まず朝早く起きられるかどうか非常に心配である。応募してから当日までに結構日が開くので、行きたくなくなっているに違いない。

Barに行く

Bar常連になり、一期一会出会いを楽しむ。そんな生活に憧れはしないだろうか。でもお金ないんだよなあ。昨日なんて100円のポテトチップスを買おうかどうか30分くらい迷ってしまったのだ。一人で行けるゲームバーとか、流行ったらいいのにね。

今日結論。何かをするのは須らくめんどくさいということが判明。明日また考えよう。

2018-04-15

著作権ブロッキングで一部の方々が行う懸念する方に対する罵倒の話

ここで文章不法投棄をする。

どうせこんな妄言しかない日記が注目される事もまずないだろう。

初めに今回の著作権改正改悪)については

リーチサイト規制情報受け手側が犯罪になってしまDL規制静止画も含め更に拡大する等についても危惧する点は非常に多くあるが、

これ等を取り上げると範囲が更に広がってしまうためここでは取り上げないこととする。

また私個人の考えとしてブロッキングについては今回一番悪いのはまともな法的処理すら通さず、議事録すら非公開にした政府であると言う考えである事も理解して頂ければありがたい。

何せ与党議員から批判意見が出た位なのだ

恐らくこれに関しては反対している人なども共通した考えであろう。

そしてブロッキングの何が問題なのかもここでは詳しくは取り上げない。

この手の問題点はもう多くのニュースサイトや私よりも詳しい人が多く取り上げており、それらのサイトを見て貰った方が早いからだ。

ようはブロッキングと言うもの自体簡単に言えば中国金盾の親戚みたいなものだと言う認識で良い。

付け加えるとすれば、今回児童ポルノから著作権まで範囲が広げられてしまうと政府業界に都合の悪い情報は全て遮断してしまって良いと言う前例が出来てしまい、

今後拡大解釈され続ける危険性が非常に高くなってしまう点、更に今回法律を通さず、あくま政府ISPにお願いするだけと言う形をとるため、

何か問題が起こった時には政府は一切問題を取らず、責任は全てISP側に来るなどの問題点も今回の事例には新たに追加されてしまっている。

ブロッキング問題点については以上の記述位としておく事にする。

それと敢えてここで一部の創作物コンテンツに関連している方々を指す単語として意図してオタクと言う言葉を使わない様に意識する事にする。

オタクと言う単語自体のものが余りにも広域な範囲対象を指す言葉であり、ここで使うのは余りにも不適切単語であるからだ。

(※オタクと言うのはあくまでそう言う趣味嗜好を持つ人々を指すだけの言葉であり、オタク一言で言っても色々なジャンルはあるし、

そう呼ばれる人達創作物コンテンツに関連しない仕事の人々や例えばそれこそ医師弁護士公務員等の様々な方々もいる。

そういう意味においても今回はオタクと言う単語自体使用する事は今事象においては余りにも的外れであると考えたからだ。)

また何よりもオタクと言う言葉自体非難罵倒としての逃げの口実、或いは免罪符として機能しているからだ。

実際、自身責任から逃れたい一心責任転嫁するためだけにオタクと言う言葉を使っている例も多く見受けられる。

それに今回感情的に反対している人たちを罵倒等をしているのはツイッター等を見る限り、その人間本質オタクと言う広域の言葉で指す人々よりも

もっと狭い範囲である同人プロわず、その関連、または業界無理解な一部の創作物コンテンツに関連した方々が多い様に見受けられたからだ。

からこそあえて一部の創作物コンテンツに関連している方々と言う言葉を使わせて頂くのだ。

(※あくまでも一部の創作物コンテンツに関連している方々である

何度でも言うが一部の創作物コンテンツに関連している方々である

ここは重要である

この言葉には何もここで指すのはアニメ漫画出版業界だけではない、別の何かも含まれると言う意味合いもある。

別の何かについてはブロッキングの件を少し調べたら判ると思うので、色々察してほしい。

それに元々作家さんでも表現の自由言論の自由に詳しく、危惧して動いていた方も少なからずおられる。

なので、同人プロわず表現の自由観点から懸念を持つ作家さんや関係者の方々が、決して少なくない数がいる事も付け加えておく。

例えば今回もちばてつやさん等はブロッキングに対して懸念した発言をされておられ、元々個人的にも尊敬している点も多かったりする。)

そしてこれから書く事はあくま愚痴恨み節の類であり、俗に言う俺は詳しいんだ、知っているんだ的なノリの頭の悪い稚拙文章しかないので、

運悪くこんな記事を見てしまった人は軽く聞き流して頂いて構わない。

何より私自身間違いが多い人間であるのは自覚しているからだ。

私がこれから書くこの様な内容の文章過去多数出ており、実際私自身も何度か見かけているが、それでも敢えて匿名の卑怯者としてこのような文章を書かせて頂く事を許して欲しい。

この様な文章は書く事はないと思っていたがどうやら私の番が回ってきてしまったようだ(苦笑)

ついでに私自体、もはや規制に対し、反対する気力もなく、その反対する人々を罵倒する一部の創作物コンテンツに関連した方々に対し、

何の期待もしておらず、説得する気も皆無である点も読む際に考慮して頂けると助かる。

まず件の著作権ブロッキング拡大報道について、一部の創作物コンテンツに関連している方々が今回の報道ブロッキングに対し危惧し、

その問題点を指摘している一般人には勿論の事、実際弁護士法学者、また長年創作物関係での規制危惧し動いている

本来一部の創作物コンテンツに関連している方々にとっても味方であるであろう青少年健全育成条例児童ポルノ禁止法で反対していた方々や

反対活動で精力的に動いていた団体にすら石を投げているのを見かけ、ああこいつら進歩ないな、この先創作物コンテンツが、

滅亡してもこいつらは懲りないし、学習もしないだろうなと言う感想を抱いた。

何故このような感想を抱いたかと言うと過去青少年育成健全条例児童ポルノ禁止法等でも同じような構図を見かけたかである

今回に関しては個人的にはもはや怒りではなく、彼ら一部の創作物コンテンツに関連している方々に対して、失望絶望と言う様な感情しか湧いてこない。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間安易感情から匿名掲示板のノリで揚げ足取り罵倒するのは構わない。

どうせ実際この記事をもし君等一部の創作物コンテンツに関連している人間が見つけた場合には必死罵倒揚げ足取りを行う事もあるのだろう。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間の行動は容易に予測できる。

きっとブーメランとかも言い出す事だろう。

だが、その都度味方は減り、敵は増え続けるのだ。

その一部の創作物コンテンツに関連している人間創作分野以外の事柄には興味がなく視野が狭い癖に妙にプライドだけは高く、

人の話を全く聞かないくせに自身に対する非難スルーする事が出来ない人間も非常に多いのだ。

尚且つ議論とやらが好きだから猶更性質が悪い。

更に図星をつかれると非常に怒り出す。

からこそこの手の一部の創作物コンテンツに関連している方々は、ブロッキングの件に関連して指摘された件でまだ反論が容易であろう、

ブロッキング懐疑的他者から出版ブロッキングでなく、まず検索サイトに対しての行動や法務の方を動かせよとか

出版業界のそのもの不備の指摘や逆に何故今まで逆に現在違法サイトが行っているようなサービス公式でしなかったのか?

そもそも著作権規制を進めた所で過去の事例から見て売り上げが回復していないだろうとか

出版新古書店図書館の件も反論されて言い返せなかった件についてはどうなの?

と等言うような指摘に対しても何故か真向な論理でなく、何故か作家が食えなくなってもいいの?等と言う感情論で怒り狂い出していたのだ。

私が見た限りは主にこんなコメントしかなかったのだ。

所詮こんな事に対しても主に感情論でしか返せない連中なのだ

なので、ブロッキングに対してもまともな返答等出来るわけがない。

反対や慎重的意見としてブロッキング効果や薄い事や通信の秘密だけでなく、表現の自由言論の自由でひいては自身の首を絞める事にもなりかねないと

私が見た限り、ブロッキング懐疑的で反対意思を持つ方々は見た限り、非常に論理的に指摘されているにもかかわらず、

それに対し、一部の創作物コンテンツに関連している方々はブロッキング必要悪だとか論理すり替え的外れ発言ばかり行っていたのを見かけた。

これだけならまだ良い。

やはり挙句の果てにその反対している人間に対して人格的な罵倒等の俗に言われる叩き等の行為を行っていたのだ。

これを未だ一般人に対してだけならまだしも学者等のお偉いさんや実際表現規制に反対され動いている人に対しても行っていたのだから唯々呆れる他なかった。

だが、ただまず一部の創作物関係に関連する人間はこれだけは判っておいた方が良い。

青少年健全育成条例青少年健全育成基本法案の時でも児童ポルノ禁止法の時でもTPPの時でもそうだが、

別段漫画アニメ音楽映画等の創作物に対する表現の自由言論の自由が損なわれるから反対している人たちばかりではないと言う事だ。

規制関係では創作物方面ではなく、通信インターネット情報関連の視点から強く問題視して反対している方や

その改正によって逆に児童権利が奪われる点を強く問題視している方や他の法律の兼ね合い等から問題視されている方や

改正により一般人が逆に不当に逮捕される等の不具合が生れるから反対している方等本当に様々な視点から反対している人々がいる事を実際にみてきた。

それに著作権ブロッキング話題に関しては何も今始まった話ではなく、過去音楽業界映画業界等が様々な圧力をかけて行おうとしてきた。

また私自身今回に関してもあくまで矢面に立っているのが出版と言うだけで、この件でも音楽業界映画業界もかなり圧力をかけていたのではないのか?と言う懸念を持っている。

それに対して一般人だけではなく、通信方面法学者から懸念する声も当時から多く、反対され続けてきた事実認識すべきだ。

実際児童ポルノ関連でのブロッキングに対しても様々な懸念する声があがっていたほどだ。

からこそ漫画アニメ利益が損なわれたから、過去反対してきた人達が今回はブロッキングに賛成に回ると言うバカな話はあり得ない事位は理解すべきだ。

ブロッキング何が悪いのか判ってないのに君ら一部の創作物コンテンツに関連している人間は短絡的に感情論でそれら反対している方々に対し、

人格批判等で攻撃したりすべきではないと言っているのだ。

こんな事だから当時匿名掲示板等で肉屋を支持する豚だとか罵倒されたのだ。

しかし一部の創作物コンテンツに関連している方々の行動をみていると何故オタク(と世間では一括りにされてみられてしまう)が嫌われるのか良く判る。

から連帯責任大好きな国家からね、日本

なお、それでも思い込み感情からその方々に対して嫌味を言い罵倒するのならばそれも結構だ。

だが、そう言う行動を行う度に他分野の側面から反対していた方々は一部創作物コンテンツに関連している人間に対して、

そんな連中しかいないと思われその人達は呆れ、そしてこの先何か問題があった場合でもあいつらだから別にいかと扱いが軽んじられる可能性があるのも十分に考慮すべきだ。

たこの手の規制に対し危惧し反対する活動は実入りは全くなく、寧ろマイナスであり、時間的にも資金的にも負担が大きい。

更に言えば初めはどう活動すれば良いかすら皆判らず、手探りで行っていた位である

また反対している人同士でも考えの相違で、精神的肉体的にもかなり摩耗するし、それで最後には潰れてしま活動を停止せざる得ない位、追い詰められる人も実際に見かけている。

過去に聞いた話では実生活すらまともに送れなくなってしま人間もいる程だ。

なので、実際今でも長年活動している人々の精神負担はかなりのものだろう。

更にここに合わさりいつも通り俗に言う味方から石を投げられる構図が加わるのだ。

正直たまったものではないし、これが実は一番心的ダメージが大きい。

(※また青健法の件で話はずれてしまうし、この記事自体事実かどうか判らないが、

少し前に

マンガの人たち」の信用は地に堕ちている──青少年健全育成基本法案の本当の問題

と言う見出し記事で、

出版業界自体が一部のオタクが騒いでいるだけ、その時が過ぎればフェードアウトする等と言う

まるで過去どこかの政治家がしたと言う発言と全く同じ様な考えをもっていると言う記事をみて個人的には呆れ返った。

記者があの記者だし、誇張も非常に多いだろうが、これが事実だとしたら、余りに一般人やそれこそ少しでも活動した事があった読者に対しても喧嘩を売っているとしか思えない。

もし読者が出版社がこんな独善的な考えを持っていると知る事になれば、失望し、場合によっては以降漫画を買わなくなる様な事も十分に起こりえるだろう。

また私の記憶では当時出版はほぼ目立った活動をしておらず、実際に活動していたのはその手探りで行動を行っていたオタクとある団体であった事を記憶している。

そしてそれで精神的肉体的に限界をきたし、潰れてしまった人も多かったのだ。

個人的には出版にそこまで嫌悪感は今まで抱いていなかったのだが、流石にこの記事と昨今のブロッキングの件で一気に出版に対する嫌悪感を持つに至った。

多分一部の創作物コンテンツに関連している方々もこう言った類の考えなのだろうと個人的には思ったくらいだ。

たこの件が事実ならばこんな事を言われては実際長年継続して今も行動をし続けているとある団体の彼らに対しても非常に失礼であると私は考える。)

そしてあくま最後に警告として書かせて頂く。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間はせいぜい好きな様にブロッキングに反対している法学者弁護士

規制問題で実際に危惧、反対をし、ロビー活動をしてくれている方々に石を投げ続ければ良いだろう。

だがその度に彼らは君ら(全ての)創作物コンテンツ関係した人間に対して、法学者弁護士等の有識者は呆れ果ててしまう事になるだろう。

またロビー活動してくれている好意的人間精神は摩耗し続け疲弊し、モチベーションを保てなくなり、

そして最後にはこんな奴らのためにと言う思いを抱き、挙句の果てには活動を停止せざるえない位にまで精神的肉体的に追い詰められ、

君等創作物コンテンツ関係した人間を見捨てる格好になるのだ。

その結果もし君等一部の創作物コンテンツに関連している方々が本当の意味で困った事態に陥った所で、その時は誰も救いの手を差し伸べてくれる事はなくなるだろう。

でもその時が来ても一部の創作物コンテンツに関連した君達の事だ。

今回の著作権ブロッキングでの件でもそうだったが、当時も青健法や児童ポルノ禁止法等の時にも反対し味方してくれたであろう人々に対して石を投げ続けた君達はいつもみたくこう言うのだろう?

「あの時は彼らが勝手に反対していただけ、誰もその時に助けてくれなんて言っていない。」

オタクはその時だけしか騒がない。その時が過ぎれば何もしない薄情な連中」

と。

anond:20180415095727

今時日本漫画アメリカ本屋どころかスーパーの本コーナーですら売ってるし、図書館に入ってるのも見たよ。

ただ日本ほどは広がっていないってだけ。

アメコミもあるし、日本漫画別にアメリカ人向けに作ってるんじゃないか

日本で売れた作品からと言ってアメリカでも売れるとは限らないしね。

アジア圏の方が売れてるのでは。

anond:20180415021901

違法じゃなかったら作者や出版業界に金が入らない方法で読んでもいいんだな?

いいよ

図書館行ってこい

anond:20180415014233

ブックオフで買って漫画好きな友達作って貸し借りしろ

地域図書館漫画を置いてないか漫画図書館がないか調べる

自分高校生の頃はブックオフでひたすら立ち読みしてたり違法ダウンロードして読んでた

子供のうちはビクビクしながらこっそりやってもいいんじゃない

漫画が好きなら大人になってから罪滅ぼしで買うようになるから

2018-04-14

漫画村コンテンツとしては最高だった

勿論、作者及び出版社…、その作品が世に出るまでに尽力した全ての人々を冒涜しまくったのでアウトだ。

自分は、漫画村検索で探してたどり着いた。まだ騒がれる前で、初めて知って、なんだこれすごいヤバい…でもヤバくないって書いてあるし…という心情で2、3作品読んで辞めた。違和感が拭えなかったからだ。そして連日の騒ぎをニュースで見て至る。という状況の人間だ。

ここで、自分意見への賛同はいるのかな。という気持ちで以下の意見を書いてみる。

漫画村は作者へのリスペクト(金銭的にも心情的にも)が無い最低の運営者だと思うが、出版社の垣根を超えてほぼ全ての漫画が読み放題という、機能的な意味では最高のコンテンツだと感じた。これが正規でさえあれば月額1万円でも惜しくないとさえ思った。更新速度もバッチリ最新刊問題なし。今はとにかく漫画作品数が多く一作品の冊数も多いので、あれもこれもと買っていては場所が持たない。また新しい作品に対し、自分に合うか合わないか、中身を読んでこれは面白い面白くないと判断できるのがありがたかった。それが1つのサイトでまとめてできるのだ。冊数制限もなく。最高かよ。

現状でも正規漫画サイトは山とあると思うが、漫画村のように、出版社の垣根なく、検索がしやすく見やすサイトはあるのだろうか。あるなら教えてほしい。自分リアルしか知らない。図書館っていうんだけれど最高だよ。

漫画というコンテンツ仕事で扱う方々へ、お願いだから、有料でいいから、正規安心して使える、最高の漫画閲覧サイトを作って欲しい。他力本願申し訳ない。

図書館漫画にはカバーが無かった

うちの近所の図書館にはちょっとだけ漫画コーナーがある。そこにある漫画はみんなカバーが取り外された上で並べられている。最初違和感や物足りなさがあったのだけれど、慣れてみれば読む分には何の問題もない。盗まれてもこれでは転売できないだろう。作者や装丁家表現の一部は見られないわけだけれど、それは購入者特権として、図書館漫画喫茶に卸すのはカバー無しでも良いのではないかと思った。

2018-04-13

anond:20180413101052

はろー。図書館にいるなら好きな本を読んでみて。何でもいい。

俺的にオススメなのが日経新聞就活コーナーの業界をまとめてる本。

意識高いとか思われるかもしれないけどどうせ3年生終わりには見るものだしみてて損はない。結構面白いし。

この投稿キモ友達いないツライだと思うけどそこを気にしても仕方ない。せっかく図書館にいけるだけの体力はあるんだ。たくさん興味あることを詰め込んだほうが絶対いいと思う。

長々とごめん。君の身になれれば嬉しい。

頑張って。

新大学生だが辛い

みんな教室移動友達とやってるんだがどうやって見つけてんのかな

場所がなさすぎる

今も空きコマつぶしに図書館ぼっちが決めてるけど周りの話し声でやられそうだ

もともと友達はいるほうじゃなかったけど大学行ったらあわよくば彼女なんかできないかなあとかんがえてたがそもそも同性の友達ができないんじゃね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん