「図書館」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 図書館とは

2019-05-24

『鳴鳳荘殺人事件』が許せない話。

やあやあどうもお前らこんばんは。

FGO最近全然やってないけどTLに冬木クリア条件のイベントがあるって流れてきたかシナリオ読んで来てその勢いで書籍版も買ってきたマンだよ。

*この先、FGOイベント及び書籍『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』のネタバレ満載ですご注意ください。



さて。

俺はこの『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』という小説が許せない。

ゲームシナリオの方はどうでもいい……って言ったら失礼か。とにかく。小説独自要素?小説の落とし?が許せん。


この小説は。消費者にとって、そして二次創作者にとっては福音かもしれないけど、一次創作者にとっては、間違いなく、呪いだ。

タチの悪い呪いだ。

物語る者の矜持を打ち砕いて、迷わせてしまうような、そんな呪いが込められている本だ。


どういうことだとお思いの方も多いだろうから説明をする。

この『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』は、「脚本家が倒れたミステリ映画の続きを登場人物達が考える」という、メタミステリものだ。

個人的には『愚者のエンドロール』あたりを連想するところだけど、まあそれは置いといて。

作中では5つの「あり得たかもしれない未来」(ルート)が提示された。

ゲーム版では、プレイヤー達の「投票」によって、一番得票の多かったジャンヌ・ダルクオルタルートエリスルート)が選ばれ、"撮影"されたのだが、小説版では提示された5ルートの全てが一旦は"撮影"されたことになっている。


大まかなストーリー説明はこれくらいにして、俺の気に障った箇所についての説明をしていこう。

『鳴鳳荘』の冒頭には、ラストにも繋がる、とあるシーンがある。

おじさんが幼女大事な本を壊してしまい、図書館司書作中作の「映画」では脚本を務める)に修復を依頼する、そんなシーンだ。

ゲームではこのシーンは「映画」にうまく組み込まれるだけだったが(伏線回収は見事であった)、書籍版では、なんと、このシーンに対応するシーンがエピローグとなっている。

紆余曲折の末、壊してしまった「ペパーミントグリーン色の本」(ゲーム版の方で亡くなってしまったキャラのことを暗示してるらしいですね)を復元したおじさんが、幼女に本を返却する。

速読み始めた幼女は、ややあって、突然本を閉じてしまう。

「これはわたしの読んでいたご本とは違うような気がするわ。出てくる子たちや舞台は同じなのに、なんだか違う話を読んでいるよう……」

そう。

「不幸な事故」によりバラバラに壊れてしまった物語を、おじさんたちがなんとか修復し、意味の通じるようにページを繋ぎ合わせたが、もともとの物語とは全く違うものになってしまったのである

更に幼女は続ける。

「このままページを捲れば、本当の結末とは違うものが待っているんでしょう? それは……とても怖いわ」

これに対して、おじさんはこう答え、

「もし君にとって不本意な結末なら、忘れてしまえばいい。いや……」

「良かったところまで巻き戻して、そこから想像しなおせばいいんだよ」

最後に、こう読者に語りかけて、『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』という「物語」は幕を閉じる。

登場人物感情物語上のマクガフィンを受け)「何より結果をもって、その選択肯定しようなんて……おこがましいとは思わんかね?

ちなみにこのおじさん自身は、世界史実在した人物テーマにすることが多いFateには珍しく、創作バックボーンもつキャラクターである。余談ではあるが。


俺には、おじさんのこの言葉が、呪いしか受け取れなかった。

創作者の、「物語る者」の役目は、責務は、自分の頭の中にぼんやりとある、つかみ所のない"話の種"みたいなものを、しっかり捕まえ、「物語」という形にして消費者に届けることである

もちろん、その過程で、いくつもの"語られなかった"可能性は摘み取られる。

でも、そうして、物語というのは"物語"になるのである


あり得たかもしれない未来ひとつを捨て、もうひとつ未来を掴み取るための主人公決断

見えかけていた可能性のひとつを捨て、別の可能性を選び取るためのヒロイン葛藤


世界にとってか、主人公にとってか、主人公の愛する者にとってか、はたまた悪役にとってか。

誰にとってかは不定しろ、とにかく、より良い「結果」を目指す登場人物たちの苦悩、死闘葛藤、そして決断

それこそが「物語」の本質だろうと、俺は思う。


から――

よりにもよって、そんな一次創作登場人物達に、「良かったところまで巻き戻して、そこから想像しなおせばいい」だなんて言わせるなんて、許せない。


「『本当の結末』なんてない」と主張するのは、「全ての結末は等しく同じ価値がある」のと同じことで。

それは、「本当の結末」のルートに辿り着くために主人公たち登場人物が払った犠牲を、抱えた葛藤を、定めた決断を、無価値である貶めることにはならないだろうか。

物語る者は、物語を創り出すと同時に、物語中の人物の"感情"も創り出す。

全部が嘘でも、主人公が、ヒロインが、登場人物が抱えた"感情"だけは本物で、そんな"感情"に人は共感するから人類有史以来物語を求め続けてきた。

そう、俺は思っている。


この『鳴鳳荘』は、ひょっとすればそんな「登場人物感情」は交換可能であり、等しく価値がある(≒等しく無価値である)。そう主張していることになりはしないだろうか。

だとしたら、俺は、この作品のことを許せない。一生根に持ってやる。



翻って、二次創作をする人たち(同人誌漫画を書いたり、pixiv小説を書いたりする人を想定している)からすれば、この「呪い」は間違いなく「福音」であろう。

というか、彼らが日頃からやっていることだろう。

あり得たかもしれない未来、語られなかった可能性を追い求め、掬い取り、自分の力で結晶にする。

だって二次創作したこともあるからわかる。

「こうだったらいいな」「あれがああだったらどうなってたのかな」

"if"を追い求めるのは、ロマンがあるし、楽しい。それはわかる。


でも、その楽しさは、「原作絶対」という前提あってこそのものではなかったのか。

公式で語られたことは全て「正しい」。その前提の上で、ちょっとだけ世界を歪めてみて、結末がどう変わるのか。

それを楽しむための、ただの思考実験ではなかったのか。

"全ての結末は等しく同じ価値がある"だなんて、俺にはとても思えない。



現実的なことを言えば、Fateがもともとマルチエンディングな"ノベルゲーム"という媒体から派生したものであることと、俺が抱えているもやもやは繋がっているのだろう。

ゲームセーブロードシステムが使えるから何回だってやり直しができるし、消費者プレイヤーはいくつも用意された結末を全て体験することができる。

それは素敵な体験かもしれないが、ある種「逃げ」である、かもしれない。

「選ばなくても結末に辿り着ける」あるいは「複数選択から複数を選べる」ことなんて、人生ではあり得ないのだから

2019-05-23

anond:20190523233332

図書館で昔の建物調べたら、もっと深く調べられそうですね!

ネットが普及する前の情報とかって、過去新聞かになるので難しいですね

anond:20190523232108

そこの地元図書館で古い地図でもみて、何が建ってたかくらいはわかるかも。

小学校の近くの駄菓子屋の近所に、荒れた廃病院があって、そこの窓とか割れてた。

そういうのだったら冗談にならないので、沼とか、病院とかだったらほんとヤバいかも。

しかし、見える人ってそれが何か教えてくれないの?

人前で屁をこく奴ってなんなの?

ほんとデリカシーない。

不愉快まりない。

図書館にいるんだけど、目の前に座っているおじさんがぐーすか寝てて、尻が少し斜めに浮いたなと思ったら、「ぶっ」ってそれなりの音で屁をこきやがった。

人の嗅覚は、鼻の粘膜に物質が付着することで、臭うらしい。

最悪…。

オッサンの屁が粘膜に…。


おえぇぇええぇぇぇーーーーーーーーーーーーーーwwwwwww


しか飲食禁止なのにガブガブ飲んでるし、PC持ち込み専用席なのに、ただ寝てるだけだし。

格好はクールビズ風。

なぜか素足。

なんなのこのおっさん

リストラされたんかな?

まあそうなるわな。

2019-05-22

anond:20190522154809

正直、親に勉強しなさいとはいわれていないし

実際学校(あとほんの少しの塾)以外では

ほとんど勉強らしい勉強したこともない。

 

好奇心クイズ速読の才能があったので旧帝大卒っすわ。

親がしたのは、課題図書系の名作本1揃いから一番奥に隠したつもりのエロ本から

とにかく本という本をたくさん買って家に置いとくだけ。

あと新聞も2紙とってて

コボちゃんからテレビから日曜版のニコリから

すこしずつわかるとこだけ拾い読みはし最後は全部意味がわかるようになったな

 

こちらもお年玉といえば本買ってくれ(電子ゲーム存在もなかったわ)、

なかなか会えない親戚にあったらそこの棚の本読ませてくれって感じだったわな。

みんなネットなんていうスゴい図書館持ってるのになんで読まないのかね。

2019-05-19

anond:20190519112734

増田無駄教養を持ってる人多いよ。

おそらく、そこそこ偏差値の高い大学は出たけど、社会ではくすぶってて生きづらい感じの人が多いんじゃないのかな。あと、読書家も多そう。小学校図書館でみんなが絵のついた本借りて早々に読書タイムを終わらせてドッジボールしてるところ、シャーロック・ホームズとか江戸川乱歩とか読んでたタイプ

そういう人たちが気兼ねせずに投稿できる場所として増田機能してる。

だいたい社会では「普通の人が知らないことを、みんなが知っていること前提に話す」ってのはコミュ力欠如とされるので、むしろそういう知識はもたずにドッジボールしてたほうがはるかに生きやすいんだけど、受験終わるまで周囲はそういうこと言わないからね。

2019-05-18

[]さよならハイスクール 森もり子

ギャル恐竜原作者ってとこから作品を知ってマンガ図書館Zにて全巻読破

作者が若いときしか書けない類のマンガだなあと

内容は押見修造悪の華の序盤に近い

でもあっちよりドロドロはしてない

理屈っぽくて作者の持論をキャラにしゃべらせてる感が強い

3巻で終わるというのも絶妙

あースクールカーストって意味では田中ロミオAURAにも少し似てたか

絵は雑でおせじにもウマいとはいえない

下手すりゃネームって言われても信じるレベル

展開とセリフ回しがキモマンガ

スクールカーストをぶっこわす ただし非現実的になりすぎないように

って感じ

anond:20190518095434

ヒッキーヒッキーシェイク幻冬舎版)は東京都図書館はどこも貸出中で大ヒットしてるみたいだな

https://calil.jp/book/4344029410/search?pref=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD

さすがに地方図書館では東京ほどネットの動きに反応が鈍くて図書館が活況にならないようだけど、県庁所在地図書館では貸出中で埋まってるとこ多い

 

11elevenのほうもネットの影響を受けたとみられる貸出っぷり

見城徹箕輪厚介のおかげで津原泰水作品Amazon総合ランキングに次々とランクイン

Amazon総合ベスト100で

現在ヒッキーヒッキーシェイクハヤカワ文庫)が5位(一昨日見ときが25位だったのが急上昇)

11 eleven(河出書房)が29位(昨日見ときは45位だったのが急上昇)

となっている。

 

これは幻冬舎見城徹箕輪厚介が炎上に火を注ぎ津原泰水世間の注目を集めてくれたおかげだ。

彼ら2人の暴言により、それに反論する中での津原泰水作品書評口コミに光が当たり、購入動機となった。

 

それにしてもヒッキーヒッキーシェイク幻冬舎版は政令指定都市である自分の町の図書館に1冊も入ってないことが判明し、どんだけ営業はサボってたのかと

ああやっぱ、図書館いいなって

引っ越して初めてこの地の図書館へ行った

図書館に入るなり全面に広がる明るすぎず暗すぎない雰囲気が好きだ

さなから図書館休日のお楽しみだ

そうか、こんな世界があるのかと感激したり、難しいことも面白いことも教えてくれるすごい場所

そして、程よく人がいて本を読みたいという同じ目的を共有しながらも、互いに無関心な空間が居心地いい

すっと息を吸い込むと、紙が古くなったなんともいえない心地よい香りが体いっぱいに広がる

規則正しく並ぶ本棚、そしてそこに詰められた書籍に目を向ける

まだ見ぬ本との出会いへの期待と限られた読書時間への不安が入り混じる

さあどこから見ていこうかというワクワク感でいっぱいになり、本棚ざっと目で追っていった

ところで、図書館で本を借りて読むことは本当に楽しい

まず、新刊売れ筋に偏らず定番書籍や隠れた名著を読める

ただし、気に入った本を探すためにはそれなりの経験必要だけれど、はずれに当たったら容赦なく返却すればいい

次に、いくら借りても無料なわけで、読書へのハードルが下がる

書店で本を買うと、「お金はらたから読まなきゃ」と意気込んでしまって全然読書が捗らないけど、図書館なら読めなかった本は返却すればおさらばできる

10冊借りて、2-3冊面白ければそれで大きな収穫

最後に、読んだ後は手元に本が残らない

買ったけど読んでない本がたまると、積まれた本に物理的にも精神的にも圧迫されるので、別れが必然読書がいい

感動して手元に置いておきたいと思ったら、その時買えばいい

自宅の本棚は「そのうち読む(今はもう読む気力を失った)リスト」じゃなくて「最高の名作リスト」にしていきたい




図書館があまりに貧弱で遠い場所放擲されていた

本をamazonで買ってばかりいたら、本棚が「買ったけど読めなかった本」だらけになって辛かった

いま、地方都市図書館へ戻ってくると普通図書館というもののありがたさを噛み締めている

次に来て欲しい貧乏趣味

https://anond.hatelabo.jp/20190517003553

を読んで「さすが年収1000万くらいある上級国民様の書くエントリは違いますね」とガッカリされた方も多かったのではないでしょうか。

そこで増田では、年収100万以下でも取り組む事が出来て趣味として認知されていない行為を、令和時代流行して欲しい貧乏趣味としてご紹介したいと思います

■畳の目を数える

貧乏エピソードとして自虐的に語られる事がありますが、畳の目を数える事に集中するのは悟りへといざなわれる行為といえるでしょう。

10万以上カウント出来れば解脱を目指せるかもしれません。

公共施設探訪

市町村役場公民館図書館など、誰でも自由に出入り出来るけれど、趣味として探訪する機会はあまりいかもしれません。

外観が汚れてゆく様やトイレの清掃状況などをつぶさに観察し、記録を取ると新たな発見があるかもしれません。

突撃 隣の駅

あなたが住んでいる駅のひとつ隣の駅に出向き、あなた普段乗降している駅との比較をしてみましょう。

喫茶店スーパーの数は言うにおよばず、アパート家賃バスの本数など、調べる材料は幾らでもありますよ。

スニーカーGO

スマートフォンアプリを使ってモンスターを集めるゲームスマホを持っていなければ出来ません。

スマホゲームなどしなくても「一足のスニーカーを履き、どのくらいで穴が開くか」を観察する趣味であれば、掛かるのは靴代だけです。

なるべく早く多くのスニーカーに穴を開ける事が出来た人が真の勝者として君臨出来るでしょう。

驚くことに、この趣味に取り組むと毎日のように歩くことになる、という点にあります

ラジオ体操

午前6時30分、正午、午後3時の3回、ラジオ体操に取り組みます

必要なのはラジオモチベーションだけ。

ネットを探せばスタンプを押せる台紙も見つかるので、毎日取り組んでハンコを押せば立派な趣味といえるでしょう。

いかがでしたか

近所でお金を掛けずに楽しむ趣味もまだまだ沢山ある筈。

上級国民の口車に乗せられることなく、快適な貧乏ライフを楽しみましょう!

2019-05-17

anond:20190517163450

POSあるのってツタヤコンビニ大手書店になるんだけど

マンガならそこそこ信頼できるデータ取れるけど

小説場合ってあんまり信頼性ないんだよね…

学校生協とか図書館納入、通販購入が多いので…

[]大原みちるバースデーレポ[2019/4/13]

遡ること1ヶ月と数日。どこからともなく桜の風が吹いた福井県の某所に、春の陽気と呼ぶにはあまりにも熱すぎる「気」を放つ集団があった。頭上に一足早い入道雲を引き連れた我々は大原みちるの追っかけである

12時を少し回るころ、雲の後ろに身を潜めただらしない太陽に代わりステージに登場したのは太陽のような笑顔だった。開幕。誕生日なので当然の権利のようにパンを食べながら現れる。そして誕生日なので当然の権利のように食べながら挨拶をする。当然何を言っているのかは一切聞き取れなかったが、それで会場が盛り上がるあたりお互い流石だなと思った。

最初のコーナーは、昨年度の活躍写真で振り返りつつ、トークするコーナーだ。正月仕事について、写真には残っていないが巫女服を着ていたと発言し、会場に驚きと悲しみの入り混じった声が響いた。

続くコーナーは福井県ローカルクイズだ。が、会場のオタクの9割はnot福井県産であり、そのままで難易度が高すぎるため、本日の主役がジェスチャーでヒントを出すシステムだった。図書館モノマネ個人的にツボだった。

ライブ。ここ最近新曲からいくつか歌っていた記憶特筆すべき事は無かった。

シメ。濁ったバースデーソング合唱に合わせて舞台から2m近い高さのケーキが登場した。入場時の暴れっぷりを忘れたように何食わぬ顔でお行儀良く一口ケーキをガン見しつつ今年の抱負を述べ、閉幕となった。

以上、大遅刻のイベレポである。この1ヶ月の間に別のイベントもあったが、気力が完全に尽きたのでまた別の機会に。

2019-05-16

図書館老害クレーマーについて書いた者だが、また新たなネタを手に入れてしまった

anond:20190509223349

老害クレーマーのいる図書館の外側に、会話できるスペースがあるんだが、そこで会話してる中年還暦ババアの会話がマジでヤバくて、あーこれ老害クレーマーヤバイのではなくこの地域ヤバイのかも……?と改めて思った。以下、聞き取れた会話



「あの人さぁ、髪型をお団子にしてるのよ」

わたし以外言う人がいないからさぁ!私が言ってるの。中学生ならともかく、いくつなの?っていう」

わたし、あれからチコチでお団子の人探してるもん。ぜーんぜんいない」

「っていうか、あの髪型かわいいねって言ってる人いたぁ?」

わたし以外、誰も言わないんだもん!だから私が言うしかないじゃん!」(大事なことだから二度……?

「いい歳してお団子はないでしょ!」

常識ある髪型にしてもらわないとねぇ」

「っていうか、あの髪型かわいいねって言う人いたぁ?」(大事なこと(ry


ハラスメントジジイババア跋扈するシティそれがS県K市である

2019-05-15

anond:20190515173426

うむ。それが少し前なら「新都社」の漫画であったしかなり前なら図書館ブラック・ジャック(や、ジャンプの後ろの方に連載されている漫画)だったってことや。

そういうどボキャ貧が金出してベルセルク読んでたり20世紀少年読んでたような記憶はないだろ。そういうこっちゃ。

anond:20190515172559

普通に考えて貧乏人は「評価のある作品しか手を出せない」側だろ。

なけなしの小遣いでいちばん人気のある作品を買うパターン

無料で読めるとしても「図書館においてある手塚漫画」とか「床屋に置いてある飛び飛びのこち亀」とかであって、

マイナー漫画無料で読める」機会なんかない。

マイナー漫画はただ消えゆくのみ。

共感性羞恥が発動するアニメ

さらざんまいの5話とかでも発動したけど、アニメ共感性羞恥で一番やばかったのは「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

毎話きつかったが、従姉妹だったかが来て図書館行く回はヤバすぎて5回くらいに分けて見た。

金がないと勉強するのは難しい。なので気力でなんとかするべき

最近お金に関して余裕ができたためか、学習意欲がやたらと増加した。なんでかなと思ったところ、まず本を自由に買えて、しかお金のかかるサービス登録できるようになったからだと思った。

お金があると、さまざまなことが有利に働く。他人に何かを頼むのは基本的お金がかかるし、そして、スキルのある他人に何かを頼むにはもっとお金がかかるからだと思う。英語学習でいえば英会話教室やらオンライン英会話やら添削サービスやら英語塾がある。金を払いさえすれば英語ができるようになるわけではないとはいえ、金があることでスキルを持った人にリーチやすい。そういう人たちからの「ここはこうしたらいいよ」という発言は、比較信頼性が高いので、自分でひそかにやるよりも質の高い学習になる。

もっといえば「金がなくて本が買えないか図書館に行く。でも図書館に行くための交通費もったいない」というような人は、交通費節約のために図書館に行かないことがある。そうなってくると、金がある人は「欲しい本を疑問を抱く間もなく買う」という手段をとっているのに対してかなり不利な状況にある。

本屋おもしろそうな本を見つけるにしても「ちょっとおもしろそうだから買ってみよう」と思う人と「おもしろそうだけど、Amazonの方が安いんだろうな…まぁほしいもリストに入れておくか」と思う人と、「おもしろそうだけど、金ないから今月はやめておこう」と思う人と、「(そもそも)金ないかおもしろそうな本を探すのはやめておこう」と思う人では、のちの結果が異なる。

社会人にしても「大学に行って学び直したい」と思ったとき、まず第一に考えるのは金をどうやって捻出するかで、十分な量の金があれば仕事退職することもできる。仕事退職するまではいかなくても、学費を払ってもお金に余裕があるのなら働きながら大学に行くということも考えられる。金がないと「大学に行って学び直す」という選択肢自分には関係ないことだと思いがち。

そういうわけで、金がないということで、いろいろなことがハンディキャップになっているように思う。

ただし、ここで「金がないから」と考えるか、それを踏まえた上でどうするかを考えるかということの方がもっと重要だとも思う。どんなに嘆いたところで金のなさは変わらないし、金のなさによるハンデは金を手に入れることでしかまらない。その現実を受け入れて、ここで「しょうがない……諦めるか」と考えるか「うるせえ!」と突っぱねてなんとかするか、そういうところがきっと大切なのだと思う。また「そんな金はどこにも無いのにあえてその後の辛さを甘受して、買う」というのも、強烈な動機となるので、なるべく人にオススメしていきたい。

それにしても金持ちがうらやましい。

2019-05-14

カササギ殺人事件がよみたい

ちかくの本屋電話したら在庫あったので立ち読みしにいってくる

図書館しらべたけど予約数140件とかで年単位で予約埋まってたか

なぜかって?ふふふ バーナード嬢曰く。めっちゃおもろそうに読んでたからさ!バーン!(机

2019-05-13

anond:20190513163309

図書館で読めよ

あと、物事多面的にとらえるには金が要ると理解した方がいい

たとえ意見が合わなくてもな

無料のもの無料価値しかない

anond:20190513062711

鬱になってるんだったら、まず休め。後、タバコはやめたほうがいい。

図書館マインドフルネスとか瞑想絡みとか禅の本を読んでみるとよい。

このあたりは脳の休息だし。

ただし、セミナーは弱まってるやつを騙して依存させるようなものが多いから、徹頭徹尾本だけでな。

久賀谷亮、小池龍之介草薙龍瞬あたりがおすすめ

弱まってる奴がこのあたりに関心を持つから、そこでセミナーを開けば騙しやすい奴が集まってくる。

から怪しいセミナーばかりになってるのであって、本だけなら勧誘もない。

2019-05-12

箱庭療法

きょう、図書館で本を読んでいて箱庭療法というものがあるとしった

箱の中に自由人形や地形を配置していくと、それが表現になって治療につながるということらしい

そうだ、箱庭を3dで作って美少女キャラをいっぱい配置しよう

ぐへへ

最高の楽しみ見つけちゃったぜ

anond:20190512191103

クズヘイト本書いて儲けたろw」

アホ「こんなもの表現の自由はない!図書館から排除しろ!」

アホ「でもちゃんと内容を読んで細かく批判しないとな!図書館にないか自分で買わないと」チャリ-ン

クズ「うまー^^」

anond:20190512150514

正直、図書館かにいるあまりCG意味がわかってない人たちが専門書だとおもって買ってた

雇用につながるといわれていたマイクロソフトオフィススペシャリストとかの資格商法とおなじで役人は内容がないものでも表題さえよければ騙されて買っちまう

 

サル鉛筆をもてるようになっても、そもそも何のために鉛筆必要かをわかってなければ道端に落ちているバナナをとって鉛筆を放り捨てる

 

本屋さんにいくと一時期かならず買った本の袋に資格取得講座(取得できるとはいっていない)のビラかオーネットお見合いマッチングサービス)のビラが入ってた時期があったけどそれと同じようなもん>元増田にとっての3DCG

 

まず自分はこういうものを作りたいというビジョンなり絵コンテのようなものがつくれなければ

どんなに丁寧に差し出された道具でも意味がない

 

 

って煙に巻いてもかわいそうだから一つおしえてあげると

古本屋(ぶっこふでいい)のパソコンムックコーナーにSAI講座の本、イラレの本とか3DCGの本とかたくさんある

中身ぱらみしてこの絵の画風は絶対にモノにしたいと思うのがあれば

その前後を読んで表題ソフトでこれ全部できると書いてあるかちゃんと調べる(たいてい「別のソフトも使った」とかかいてある)

 

そうして必要ソフトを探した上で自分ビジョンに取り組め

中古になってる時点でハズレばっかりということもあるだろう

その時は立ち読み可能書店図書館で探すしかないけどぶこふより少ない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん