「担保」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 担保とは

2018-04-22

MeToo告発側がノーリスクダメですわ

metoo案件自爆する馬鹿共が多いワケ

https://anond.hatelabo.jp/20180422073925

タイトルは酷いが一理はある。

そもそもMeToo運動というのは、地位名誉の有る著名人が顔出しで告発する事によって、ウソであれば全てを失うというリスクを背負ってでも名誉自尊心回復したいという運動だった。

そして業界内で広く知れ渡っており、告発者が一人出れば雪崩を打って次々と証言が集まるような、巨悪を倒す運動でもあった。

日本だとはあちゅうが先駆けになるのかな。彼女も顔出ししてライター生命かけて告発したよね。

はあちゅうMeTooは全体的に見て異論反論は有るだろうけれど、勇気があった事は誰もが認めざるを得ないはず。

ところが一部フェミニストにより、被害者過去の過ちは指摘するな、被害者の落ち度を指摘するとセカンドレイプセクハラ案件全てに適用せよ、セクハラ被害匿名告発オッケー等々、真実性や正当性担保する要素を次々と除外してしまった。

更には、本人が否認している件ですら有罪認定して犯罪者扱いする過激派も出てきた。

MeTooはもはや、気に入らない相手正義の名のもとに殴る手段ポリコレ棒」化してしまった。

はてフェミSJWは何度同じ過ちを繰り返したら学ぶのか。

運動はテメーの感情思想をぶつける場所じゃない。気の毒な人を助けやすくする制度設計の前段階なのだ

「世の中を良くしよう、不公平をなくそう。その為に何をやれば良いだろう?」という当たり前の問いを忘れないで欲しい。

悪人を殴ればこの世から悪人が居なくなる理論なんて、今どきマンガ敵役でも言わなくなったぞ。

2018-04-19

anond:20180419102517

から中小企業はいっそのこと女性優先にしちゃうのも手だよね

平等担保するための体力がどうしても足りないってんなら

[] #54-7「誰も期待していない宗教裁判

この聖書基準に、教祖はどんどんニセ教祖を追い詰めていく。

ニセ教祖聖書を手に対抗する。

「えーと あ 我々がやっていた免罪符ランダム性についてですが 第12項によると『賭博にあたる行為を推奨していない』と書かれています なので禁止もしていない と解釈することもでき」

生活教の七戒の一つ、『営利を介した宗教活動を禁ずる』。是非が明記されていないものについては、生活教の基本信条と七戒を参考にします」

だけど、どうもニセ教祖は話についていけてない。

俺たちと同じで、聖書をマトモに読んでいなかったっぽいな。

「え それって矛盾しませんか どうして こんな曖昧表現にするんですか」

賭博抵触するもの全面的禁止すると、娯楽だったり、保険などに入ることすら広義的にはダメだとなってしまうからです。それは心身の健全さや、生活における安寧を、かえって損なうことになります


その後も応酬が続く。

あ、このあたりのやり取りは話の構成上、読み飛ばしても何ら支障はないぜ。

有償であることについてもそうですが、免罪符の中に“転生”という概念を持ち込んでいるのも看過できません。生活教は、原則として“今”を重視した体系であり、確証のない未来約束するものではないからです」

ちょっと待って 生活教は死生観について言及していない これは否定もしていないってことで 輪廻転生解釈次第では」

肯定否定もしていないものについては、基本信条と七戒を柱に考えます

「えー では 死生観については えー」

生活教の時間概念は、基本“今”とそれに直接繋がる“身近な未来”を重視しています免罪符は、そのどちらでもないですよね」

「でも 保険否定しないということは 遠い未来保証についても 否定していないのでは」

「それは“今”を生きる糧に繋がるという、可能性を考慮した場合においては、です。もし、あなた免罪符無料であるか、輪廻転生が何らかの補償約束するものであるなら話は別ですが」

「うーん うーん」

「どちらも満たせていませんよね? あなたのやり方は、確証のない未来担保にして“今”を搾取している。明らかな教義違反です」

ニセ教祖は手元の聖書現在進行形で読みつつ弁明する。

だけど、付け焼刃ではどうにもならず、教祖に「都合のよい解釈だ」と論破され続けている。

「更に、あなた免罪符販売の際、『主の降臨日』だとか『主の生誕日』記念だと言っていましたが、これもおかしい」

「え いや あるじゃないですか 世間でも期間限定の催しは 多少の開きは認められているはず それに生誕日や降臨日といったもの解釈が分かれ」

「そうじゃなくて。そもそも生活教に“主”といったもの存在しません。生活教は体系そのもの信仰しているため、神の存在を認めこそすれ、崇拝しているわけではないですし」

え、そうなの?

宗教って、大抵そういうのに祈ってるイメージなんだけど。

「え、そうなんすか?」

「そういえば、現象について説明するとき、いつも精霊がどうとかって言ってた気がする……」

信者のカジマとタイナイも、知らなかったらしい。

「まあ教祖が言ってるんだから、そうなんだろう。どっちでもいいよ」

仮にも信者名乗ってるのに、そんな反応でいいのか。


…………

こうして十数分に及ぶ応酬は終わった。

パッと見、教祖側が一方的だった形だけど、俺たちの目線では違っていた。

自治体教義を知らないから是非を判断できなかった。

そこで、傍聴していた信者投票によって判決を下すことになったんだけど、信者たちも判断できなかったんだ。

教義がどうのこうの言われても、その場で理解している人間教祖しかいなかったってわけ。

馴染みのないスポーツ観戦の、解説を聞かされているような状態だ。

みんな、大体の雰囲気で観ていた。

「んー、免罪符を売ってた人がニワカだったのは明らかだし、有罪確定っぽいよね」

「話の流れとしては、そうなんだけど、何か普通の展開過ぎて面白みに欠けない?」

生活教の信者たちは、面白半分で入信しているから、当然この期に及んでも「面白さ優先」だ。

司法国家なんて知ったことではない世界で、道理なんてもの判断基準にはならない。

そのせいで形勢は、変な方向に傾きつつあった。

「でもなあ、オイラあの免罪符にかなり金使っちゃったから、擁護したくないんだよなあ」

だけど、ここでカジマが何気なく放った言葉が、信者たちに新しい風を送り込んだ。

「……ん? 待てよ。あいつが有罪になったら、返してもらえるんじゃないか免罪符に出したお金

その可能性に気づいた信者たちは、いきり立った。

万札つぎ込んだカジマはまだ分かるけど、小銭しか出していない他の人たちまで賛同している。

みんな、自分たちで金をドブに捨てたって認識はあるけど、実のところ後悔も未練もタラタラだったんだ。

汚水まみれになってまで拾いたくないはないが、労せず拾えるなら話は別ってことか。

投票の結果、満場一致で『有罪』となりました。免罪符を売っていた者は、自治体に引き渡された後、個人的制裁を受けます

「こ 個人的制裁って なに」

みんなが、その結果に拍手をしている。

俺も同じ穴のムジナだけど、さすがについていけない。

何はともあれ、生活教の危機は去った、ってことかな。

こうして、誰も期待していない宗教裁判の幕が閉じた。


…………

これで、めでたしめでたし

……でもよかったんだけど、この話には続きがある。

なんとニセ教祖が別の宗教を立ち上げ、活動継続させたんだ。

「おい、教祖。いいのかよ、あんなことさせといて」

生活教ではない以上、私が介入できる範疇を超えています生活教は他の宗教ダメはいいませんし、改宗は迫れませんよ」

教祖他人事になった途端、こんな調子だ。

釈然としねえ。

やっぱり宗教って、くっだらねえと改めて思った。

でも、くっだらねえものほど、俺はなぜか面白がりたいのかも……とも思った。

(おわり)

2018-04-17

法律通りに年次有給休暇付与されない企業オススメ

年次有給休暇法律通りに付与する会社入社した場合半年後に10年次有給休暇付与され、毎年増えていくことになる。

詳しくは以下資料のとおり。6年半勤続した時点での年次有給休暇は合計101日付与されていることとなる。

http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/dl/140811-3.pdf

しかし、世の中には入社と同時に年次有給休暇20日付与される会社がある。

こういった会社に入った場合、同じ時点で年次有給休暇は140日付与されていることとなり、39日分の差がついている。

年換算では6日差である。年間休日120日以下の会社は入る価値がないエントリを考えると大差だ。

しかもこの手の制度離職率が低くないと成り立たないため、そこもある程度担保されるということになる。

求人条件の年次有給休暇について確認するときはこの辺りも確認しておいたほうがいいと思う。

2018-04-15

anond:20180415081309

詐欺の話に着目するのなら

クラウドファンディング運営プロジェクト実行者の信用を担保してくれない場合

何らかの手段で信用を担保する必要があると思っていますトラブル時に仲裁に入らない、保証してくれない場合も含む)。

仰るように直接会うのも手段の一つでしょう。

ただ、詐欺をする気まんまんな相手なら会ったところで騙されるときは騙される

物理的に距離がある場合は、会うこと自体に困難を伴うこともある)ので、

例えば、別の調査会社なりなんなりを間に挟んだり横に置くのも手(第三者に信用の担保をゆだねる)でしょうし、

あるいは過去の積み重ねられた実績から信用を推察するのもアリでしょうね(見極めに慣れが必要)。

いずれにしても、割りの悪いバクチ、みたいになるのは勿体ないので、

色んなトラブルを経つつ、プロジェクト実行者もBackerも、それなりに熟れていって

ニッチでエッジなアイデアに対する資金集めやファン醸成の仕掛けとして成熟していって欲しいな、

と思っています

2018-04-14

格闘技ボクシングとか)の階級制ってもう少し安全配慮できんかな

体重超過が問題というよりも、もうこれ以上は無理だろ(例えば汗も出ない)という状態危険な殴り合いをさせることが怖い。

あと、体重超過がものすごく社会的に「無責任だ」みたいに叩かれる世の中で、追い込まれさら危険方法体重落としてくる選手とか出たら怖い。

漫画みたいだけど下剤飲んだり血液を抜いたりとかさ。急激な減量して殴り合いというだけで危ないのに。

階級制って選手安全担保するための意味もあるはずだと記憶しとる。なによりスポーツ安全に行われることがとても大事だと思うし。

なんか選手の人体のデータとかからこの階級でとかこの階級は無理みたいな目安みたいなの作れないもんかね。いや、こんなに個人で違う人体に基準作るなんて大変なことだとは思うのだが。

何かを達成するために人生をかけて取り組んでいるのだから、勝つために一番確率が高いことをやるのがプレイヤー側の論理だしそうなりますよね。なんでルール側は安全面で行きすぎないようにできんかなぁと。

減量して殴り合うっていうのがとても危険なことっていうのが、ボクシングコンテンツとして存在して当たり前のものに見えてしまって頭から抜けやすくなるのよね。

しかしたらメディカルチェックとかでそういうのはもうされてたりするのかな。詳しくなくてスマソ。

2018-04-09

anond:20180409104648

元増田リンク先のコメントを追っていたら、


証拠のない告発はMeeTooではない」


に加えて


実名告発こそMeeTooの本流であり正当性担保する」


まり匿名告発は枝葉で正当性に欠けると解釈できるコメントも出た。


さらハードルが上がった気がするんだが、結局何がMeeTooとして正しいの?

2018-04-07

anond:20180401223048

ボランティアいいよ。出会いがあってそこに集まる人達人格もある程度担保されてるし。

anond:20180407000322

ボランティアいいよ。出会いがあってそこに集まる人達人格もある程度担保されてるし。

2018-04-06

(いち出資者視点で)クラウドファンディングなんて

特に物理的な製品を作る系は、

よほど慣れたメーカー担当しない限り、

少量生産の低品質ラインの歩留まりカバーしきれない)、

しか製品化できるかはバクチで、ほぼアイディア勝負のみ、

それに賛同できる人たちだけ出資するのだと個人的には捉えているのだけど

(おまけにアイディアのみの勝負ゆえ、少人数のチームであたることもあり、

各種マネジメントにも不安定さが見込まれます)。

クラウドファンディング露出するようになり出資する層が広がった影響で、

品質に慣れた客層も参加するようになり、

上記のことが飲み込めていないであろうコメント散見されます

  • 曰く「海外では納期が遅れても良いのかもしれませんが、日本では遅れるなんて許されませんよ」
  • 曰く「この品質日本では受け入れられませんよ」

もっとも、これらのようなコメントは、海外クラウドファンディングでも一定割合である印象。定量的に計測していないけど……)

キビシい、キビシすぎるよ!

クラウドファンディングでは高品質を求められないんだって

品質製品製造出来るのは、既にライン成熟して大量生産から検品までの体制がしっかり組めている場合なんだって

(超少量生産職人らによる全家内制手工業で高品質担保とかもあるけど)。

アイデア勝負のもの品質(Q)を求めたら、それこそ出荷が遅れたり(D)、出資額が膨大になっちゃう(C)。

CDの何を重要視するプロジェクトなのかのお話(大概の事例に則り、全部を満たすのは無理という前提で)。

もちろん、出資金を受け取ったにも関わらず、プロジェクト実行者がドロンできてしまい、

出資者が泣き寝入りするしかないようなファンディングインフラ提供者が未だにある

トラブル時の問題解決当事者に丸投げするような規約を書いているところが、概ね該当)ため、

出資者が監視がてら建設的なコメントを出し、一定プレッシャーを与えるのは良いと思うのです。

ただ、筋違いプレッシャープロジェクト実行者にもどうしようもない部分があるため、

それなりに汲んであげても良いのでは?

最近思うのでした。

2018-04-05

[]今こそ振り返る野村不動産への「特別指導問題

 こんにちは

 もう財務省改竄問題をぼやけさせるために、不祥事連発してるのかってレベルにこの国のガバナンスはぶっ壊れているような感じな今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

 その中で野村不動産の「特別指導問題は、わかりやすさに欠けるためか、ちょっと注目されていないので、明日厚生労働委員会集中審議に先立ち、野村不動産への「特別指導問題をまとめておこうと思いましたまる

事実関係政府の「公式見解

時系列

2016年 9月 野村不動産企画業務裁量労働制違法適用されていた社員自殺

2017年 9月 労政審政府諮問した働き方改革関連法案に関し概ね妥当答申

2017年 11月17日 実施時期(黒塗りのため詳細不明)を含めて、加藤勝信厚生労働大臣に、勝田智明東京労働局局長社長適正化指導し、公表することを報告

2017年 11月22日 野村不動産企画業務裁量労働制実態について、東京労働局長が加藤大臣に報告

2017年 12月1日 東京労働局長が定例記者会見で、12月26日にプレゼントがあるから是非来て欲しいとアナウンス

2017年 12月22日 東京労働局長による特別指導の内容、12月26日の定例会見で公表することを加藤大臣に報告

2017年 12月25日 野村不動産東京労働局から特別指導」、東京本社関西支社など全国4拠点是正勧告

2017年 12月26日 東京労働局勝田局長記者会見で、野村不動産特別指導したこと公表是正勧告したことについても野村不動産公表していることから、認める発言 

      同日夕刊から翌日朝刊にかけて、各紙が、特別指導、「是正勧告」について報道

      安倍総理大臣特別指導を行ったことを報告したとされる(資料が出ていないため詳細は不明

2018年 1月29日 大西健介議員から野村不動産裁量労働制違法適用をしていたこから、新しく拡大する課題解決型開発提案業務に対する裁量労働制にも違法適用が起こるのではないかとの質問に対し、加藤大臣が、「野村不動産においては企画業務裁量労働制対象とされた労働者の大半において同制度対象業務に該当しないということで」特別指導を行ったと答弁。安倍総理も、野村不動産は、法の趣旨を逸脱していたが、それに対しては特別指導を行った、と答弁

2018年 3月4日 朝日新聞が、野村不動産過労死自殺があり、前年12月26日に労災認定されていたことを報道

2018年 3月5日 石橋通宏議員からの、過労死について、安倍総理加藤大臣が把握していたかという質問に対し、二人とも知らなかったと答弁

2018年 3月30日 東京労働局局長が、特別指導をした理由、経緯について説明を求めるマスコミに対し、回答を拒否し続けた上、「なんならみなんさんのところ行って是正勧告してあげてもいいんだけど」と発言

2018年 4月3日 野党ヒアリングに対し、特別指導法的根拠はないと回答。勝田局長は、野村不動産への是正勧告したことをは公表していないと、野党議員に対して説明

2018年 4月4日 集中審議の中で、加藤厚生労働大臣が、重ねて「記者会見の中で是正勧告労働局として認めた発言はなかったと認識している」と答弁

      同日夕刻、記者会見音源文字起こし新聞社も所持)が厚生労働委員会理事会に提出。是正勧告について、12月26日に、「野村不動産が26日にホームページ公表しているのだから、25日までにはとは言える」との趣旨発言確認される。3月30日にも、マスコミから確認され、認める発言

政府公式見解

個別過労死について、大臣に報告が上がることはないため、加藤厚生労働大臣安倍晋三総理、ともに、過労死自殺については知らなかった。

特別指導法的根拠厚生労働省の設置法第4条第1項41号「労働契約賃金の支払、最低賃金労働時間、休息、災害補償その他の労働条件に関すること」

野村不動産への特別指導を行った理由は、同社の裁量労働制運用が、法の趣旨を逸脱し、社会全体の遵法状況にとって問題があるため

特別指導を決定したのは勝田局長であって、決定時期は実施の一週間前。

・12月26日のプレゼントは、ボクシングデーにちなんで。特に特別指導のことを言っているわけではない。

蛇足:26日記者会見より

記者プレゼントの中身は

局長プレゼント、もう行く?やります?じゃやろっか。

記者:みなさん待ってます

局長:じゃあやりましょう、プレゼントっていうほどいい話じゃないんですけど、資料今お配りしますけど。野村不動産株式会社に対して特別指導を行いました。)

朝日記事に詳しい

https://www.asahi.com/articles/ASL4502FBL44ULFA033.html

特別指導」という法的用語があるわけではない

 是正勧告公表する基準平成28年1月の通達で、労基関係法令違反について、送検された事例、または3か所以上の営業所について是正勧告を繰り返し受ける、あるいは過労死引き起こした事案、と定められています特別指導の何が特別だったかというと、過労死なり複数是正勧告なりの根拠正式に認めていないのに、労働局公表した、ということです。労働行政自らが自分たちの定めたルールを逸脱してでも公表するべき重大事案だと考えたため、公表した、としているのですが、野村不動産側としては、著しく社会的信用を失墜される行為ですから、なぜうちだけ?という気持ちが残るのは当然でしょう。外形的ルールを明示し、それに則って初めて行政処分公平性担保されるのですから、今回の特別指導自体問題だと言えます。これを局長独断でやった、というのは一見、良いことのように思われますが、行政処分執行者が、恣意的処分を行う、行わないことを決定すること自体問題です。野村不動産を、企画裁量労働制適用違反ということで公表するのであれば、同様の事例は全て公表すべきです。

東京労働局長、厚生労働省厚生労働大臣はなぜ嘘をつかなければならないのか

 上の時系列を見ていただければ後半の支離滅裂、すぐバレる嘘をなんで国会で答弁するのか、と思われると思いますが、その理由上記した法的根拠のない特別指導自体、行ってはいけなかったことを全員が知っていたからだと思います。また是正勧告を行ったことを、公表するのはまずいということはみんなわかってた。だから是正勧告をしたと公式には認めていない、といわざるをえないわけです。それでも、この特別指導したことアッピールしたい人がいたんだね、しょうがいね

 まず政治の関与を全てなかったとしてしまえば、今回の事案は別に複雑なものでありません。

1.野村不動産過労死自殺が発生し、遺族が労災申請労働局がそれを調査した結果、違法労働条件適用が行われていたことが発覚

2.所轄の労働基準監督署が野村不動産の各場所に対して是正勧告を行う

3.労働局長が、基発0120第1号に基づき、過労死引き起こし企業経営トップに対して、直接指導し、その事実公表

という流れであれば、全く正当な行政手続きです。

 労働局絶対過労死事実を知っています。なぜなら是正勧告だけではなく労災認定もしているからです。ではなぜ過労死を知っていた、という事実大臣に隠して、特別指導をして公表することを報告したのでしょう。なんででしょうねーさっぱりわからないですねー(棒

 たまたま東京労働局長がたまたま今まで一回もやったことがない、過労死などをともなわない労働条件違反の事例に対する特別指導をやろうと計画して、たまたま大臣過労死事案であることは隠して報告し、たまたま政府裁量労働制の条件拡大をしようとしてて、たまたま質問されたから、たまたま知っていた特別指導をやった事例があるからちゃん監督できるよってアッピールしてたら、朝日がすっぱ抜いちゃったけど、当然労働局長が独断でやったことであって、過労死事案であることを知っていながら大臣への報告を怠っていたから、当然加藤大臣と安倍総理無罪ですよねーそうですよねー(棒

 勝田局長は多分更迭されるけど、その理由は多分舌禍が理由とされるところで、民間人になられたか国会招致はできない、にするんじゃないですかね。明日呼ばれなければ。

 まぁ邪推すれば、野村不動産に、過労死のことは隠しておいてやるけど、公表はするからね、ぐらいのことを言っていたことがのちに出てきても驚かない。

 まー特別指導から公表をやるって報告してきた段階で、記者ですら疑問に思う法的根拠について思いが至らなかった時点でもう終わってるわけですけどね。

政治家を免責するためにガバナンスがぶっ壊れてることにしている政府

 日報隠蔽財務省公文書改竄、今回紹介した特別指導の話、共通しているのは、政治家は報告を受けていない、官僚勝手にやったっていうストーリーになっているというところ。

 この特別指導問題に関する対応正当化するためには一応概ね2つの方策があって

1)過労死については、政府は把握していたから、通達に基づいた手続きである社名公表について報告を了承したが、過労死については個人情報保護的な意味で(棒)伏せた。

2)過労死については、政府は把握しておらず、通達に従っているか是正勧告したこと公表はしていないし、特別指導は、東京労働局長が裁量労働制違法適用によってのみ行ったもので、労働局長はその恣意的権限特別指導を行うことができる。

普通感覚をしていたら1だと思いますけど、1だとすると、裁量労働制違法な拡大を過労死が起きるまで把握できていなかったことになるのにも関わらず、過労死であることを表に出さず、適正な労働監督が行われていたことを示す事例として使っていた卑劣行為であることが明らかになってしまうので、誰がどう考えてもありえないシナリオで、地方労働局長がその独断で、何の法的根拠もなく、社名を公表する指導する権限を持っていることにしたんですねぇ。前者は政治家が人格的にクズなだけですが。後者の方が政府の在り方としてはまずい。しかも記録が残ってる発言矛盾しまくりハマグリ

 もう政治家が関与しててもガバナンスがぶっ壊れてても、どっちに進んでも地獄なんですけど、せめて政治家の関与だったら、挿げ替えたら解決するんでまだ話が早いわけですが、政治家は絶対関わってないわけだから、やっぱり安倍政権官僚コントロールが全くできていないし、官僚が嘘ついても全く見抜けない無能であるということにしたいみたいだから、どっちの地獄を選んでもらってもいいから早く辞めてもらって、第三者による調査を実行していただきたいものですわね、オホホホ。

今は懐かしい1月29日の勇姿

大西

略)野村不動産の例は、まさに今回問題になる企画業務裁量労働制なんです。それで、この野村不動産は、中堅社員であれば、裁量を持たせて企画提案型の事業を推進できると判断したと説明していて、課長代理級以上に昇進した約六百人に裁量労働制適用していた。まさに、現状においても濫用されているんですよ。そして、ここでも弁護士の方がこういうコメントを寄せていますけれども、裁量労働制は、一度導入されると濫用が表面化しにくい制度だ、特に企画業務型は対象業務定義が難しく、専門業務型よりもわかりにくい、本人同意必要といっても、真意によるものなのかどうなのか疑問なケースもあると述べています。今回、政府は、この企画業務型の対象を拡大して、まさにここで野村不動産違法適用しているように、一部営業職に拡大しようとしているんですよ。そんなことをすれば、現状でも濫用があるのに、定額働かせ放題を許すことになるのは私は火を見るより明らかだというふうに思いますけれども、総理、そのようにお思いになりませんか。

加藤

 まず、今の野村不動産の件は東京労働局特別指導を行ったところでありまして、また、実際、野村不動産においては、この企画業務裁量労働制対象とされた労働者の大半においては同制度対象業務に該当しないということで、それにのっとって対応を行ったところであります。(略

自分から言い出しているところがポインツ

大西

 略)もっと言えば、裁量労働制適用違法無効だということがわかっても、わかったらどうなるかというと、本来支払うべきであった残業代を払えばそれで済んじゃうんです。だからブラック企業は、やろうと思ったら、見つかったら、ああ見つかっちゃったといって残業代を払えばいいんです。だから、それはもう届出して、協定書を届けたら、そこはチェックはすり抜けちゃうわけですから。実際には対象業務じゃない営業やらせたって、これは外から見たらわからないんです。だから、私は、やはりこれは、一旦導入されると濫用に対する歯どめというのがなくて、しかもそれが表面化しがたい、しにくい、そういう制度だというふうに思いますけれども、最後、厚労大臣じゃなくて総理、そう思いませんか。働かせ放題になると思いませんか。

安倍

 略)対象業務法律上明確にしたことにより、営業全般に拡大されるといった懸念払拭されるものと考えています。万が一、本来対象にならない業務にこの制度適用していた場合には、労働基準監督署において厳正に対処していく考えであります。なお、野村不動産においては、本来制度対象にならない個別営業活動等を担当している方までも裁量労働制対象として扱っていました。法の趣旨を大きく逸脱していたこから、昨年十二月東京労働局長が特別指導を行い、公表を行ったところであります政府としては、制度が適正に運用されるよう、今後とも指導を徹底してまいります

 (どう考えても過労死が出てから初めて取り締まった、つまり手遅れだった野村不動産のことを好事例として扱っている・・・つおい

続きはトラバ

2018-03-30

anond:20180330132927

かに最近はてブでも酷い党派性醜悪な争いをよく見るが、アメ式法廷闘争と見るとそんな感じもしてこなくもない。

人間にはひとそれぞれ多様な価値観があり、

また人間個人だって矛盾があり、また複数属性があってその属性次第で一貫性のない感情的立場も取りうるなんてのは当たり前のことなのに。

弁護というのはその弁護される人間のたった一つ(無罪)の根拠しか見ずに後は一切無視

都合の良いところばかり切り取って過剰にアピールし、

都合の悪いところは一切言及しないか、或いはアクロバティックな詭弁によって正当化するというやり方。


なるほど、確かに完全に弁護士的なやり方だね。

法廷だったら完全否定派の検察と、弁護と検察双方の意見を汲み取って判断する裁判官いるからこそ機能するやり方だが、

弁護士的な手法ばかりがいびつ肥大化するようだと危険兆候だと言えるね。

制度の中で担保されるからこそ、相手の悪いとこしか見ない検察存在も許されるというのに、

制度担保外で弁護士手法が増殖すれば、

制度担保されない検察手法を用いる人間も当然の如く増殖するわな。

制度担保されない検察手法を用いる人間は、いまのところネトウヨだのレイシストだの差別主義者だのと呼ばれているが、

ただそのようなレッテルをはっておしまい、で済ませてはならないレベルにまで来ているのではないだろうか。

野良弁護士だけの増殖は絶対健全とは言えない。

裁判官不在で一方的意見けがなりたてる野良弁護士野良検察が延々と不毛な言い合いバトルを繰り広げる、

それがはてなツイッターなどのネット言論の現状ではないだろうか。

森友問題本質的原因は行革時代まで遡るのではないか

森友問題文書改ざん/書き換えの問題を含む)の本質は何か。

愛国的な組織の繋がりを指摘する声もある。しかし、果たしてそうか。思想的な繋がりがある、という意味では、特定思想存在本質的な原因を求めることは難しい。

しろ、多くの新聞記事等(たとえばこれ。反対意見として、これ。)が指摘するように、内閣人事局存在による官邸による官僚支配がその遠因としてあるように思える。

内閣人事局は、第二次安倍政権になってから設けられた組織である。したがって、森友問題本質安倍政権独自政治手法にある、という意見もありえよう。

しかし、内閣人事局が設けられた背景は何であったか、といえば、実はその背景は安倍政権独自のものではなく、むしろ小泉政権による「聖域なき構造改革」(あるいはその前提となった橋本行革)の頃から続く、「政官の癒着」の解決という志向があったのではないか

聖域なき構造改革」の路線は、安倍福田麻生政権によって継承された。民主党政権時代も、新自由主義的な路線は必ずしも全ては継承はされなかったものの、政治主導による政策決定という路線継承された(「事業仕分け」など)。民主党政権末期には、政治主導という路線はいったん弱くなったものの、安倍政権になり、再びその路線は復活を遂げた。その一つの表れが内閣人事局といえよう。

したがって、森友問題本質問題は、「政官の癒着」の解決という、(政権思想的背景を問わず日本社会が一貫して志向してきた路線に求めることができるのではないか、と思われる。

私は、「政官の癒着」の解消は必要ものであると思う。日本社会グランドデザイン政治家が描き、その執行官僚が担う。この両者の適切な距離感絶対必要である日本社会は、もはやグランドデザイン無しで自然パイが増殖して存続できる(政治家は主にその結果としての利益誘導を行う)ほどの力は持っていない。その過程で、官僚(およびそれと繋がっている族議員から権力をいったん引き離す、ということも必要だろう。

しかし、その結果として、政治家に権力が集中してしまっては意味がない。政治家が官僚の首根っこを抑えたら、それは新たな癒着を生むだけだ。必要なのは政治家、官僚およびその他プレイヤーへの適切な権力の配分とその結果としてのお互いの独立である

「政官の癒着」の解消を「政治主導」にあまりにも強く置き換えてしまたことにこそ、この問題本質はある。したがって、今後は、権力配分のあり方とそれを担保する仕組みについて、私たち国民は考えていくべきなのではないかと思う。

[] #53-5「イアリーランド

俺たちはというと、園内を一通り周って完全に飽きていたので、スタッフルームに忍びこもうとしていた。

兄貴バッタ出会ったのは、その直後だった。

「なんだ、お前ら。こんなところで何をやっている」

兄貴こそ」

「俺はバイトだ」

「え、でもそれ……」

兄貴の持っていたイアリーチケットを指差す。

「ああ……これがバイト代だとよ。まったく、ふざけてやがる。後でちゃんと換金してはもらえるようだが……」

「でも、現金には換えてもらえないって言ってたよ」

「知ってるさ。換金所ストップしているんだろ。それが再開したら換金してもらうってこと」

なら、大丈夫か。

……と思ったが、何か重要なことを見落としている気がする。

「私、イアリーチケット買ったことあるんだけど、お兄さんのそれって本当に働いた分になってる?」

「ああ、上司がそう言ってたし、一応レートを確認してみたら間違いはなさそうだったぞ」

タオナケの指摘に、俺は衝撃が走った。

ジェットコースターでの出来事を思い出したのだ。

「……兄貴。俺たちは今日ジェットコースターに乗ったんだ。そこは500円、または100イアリーでやってたんだよ」

「どういうことだ。500円なら、50イアリーにしないとダメだろ」

俺たちは事情説明する。


兄貴は、静かにそれを聞いていた。

「ふーん、イアリー価値は変わりやすいってことか……ん?」

けど、その話を咀嚼して、重大なことに気づいたようだ。

口元を左手で覆い隠しているが、明らかに動揺しているのが分かるほど表情は歪んでいた。

「ということは、俺がいま持ってるイアリーチケットは、本当に働いた分あるか信用できないってことじゃねえか!」

そう、イアリーチケット価値がとても不安定だ。

まり兄貴が換金する頃には価値が下がってしまって、結果として少ないバイト代を払わされた可能性もでてくる。

「いや……だが、価値が上がれば得する可能性もあるだろ? 実際、今は1000円が100イアリーになっているわけだし……」

兄貴は平静を保とうと前向きに解釈しようとする。

「マスダの兄さん。残念ながら、その可能性は低いかと」

ミミセンが、そう指摘する理由は俺たちにも分かった。

アリーチケット価値は、イアリーランドが決めているからだ。

まり、イアリーランドにとって都合のいい設定にできる。

兄貴給料がわざわざ上がるようなことをするとは、とても思えない。

これまで俺たちが体験した、イアリーランド阿漕なやり方を顧みても、それは明らかだ。

「こんなの許されないよ。抗議するべきだ!」

「そうだよ。出るとこ出れば、ちゃんと払ってもらえるはずだ!」

俺たちはそう提案したけど、兄貴は意外にも乗り気じゃなかった。

「いや……何で俺が、そこまでしなくちゃならないんだ」

今回のタオナケと同じ、“返品の法則”ってやつだ。

納得はしていないけど、返品のために手間ひまをかけることが、割に合わないと思っているんだ。

「……なあ? お前らもイアリーランドに思うところはあるだろ。今すぐに帰って、家でのんびり過ごしたくないか?」

しかし、兄貴はただ泣き寝入りするような人間ではないことを、俺たちは知っていた。

「そりゃあ、まあ帰りたいけど……」

「俺が保護者として、すぐに帰してやる。その代わり、担任先生たちに話をつけている間、お前らはちょっと“何か”してこい。子供がやる分には大目に見てくれるだろう」

兄貴はその“何か”を、具体的に説明しない。

しかしたら、やり過ぎてしまうかもしれないのに。

多分、そんなことは分かった上で、俺たちに任せるつもりなのだ

そして、俺たちの意見は一致した。

「おーい!」

兄貴は、近くで休憩していた着ぐるみに話しかける。

すると、足早にこちらに近づいてきた。

その時のミョーに姿勢の良い走り方で、中身が誰かすぐに勘付いた。

俺たちの仲間、シロクロだ。

「シロクロもここで働いているんだ。お前たちに喜んで協力するだろう」

「え、でもシロクロまで加担するのはマズいんじゃ……」

大丈夫だ。シロクロは“アレコレ病”だからな。病人なら大目に見てくれる」

“アレコレ病”は、シロクロのエキセントリックな行動に説得力を持たせるため、俺たちがその場しのぎで名づけた嘘の病気だ。

けど、なぜかやたらと認知されてしまって、今では嘘から出た真の病気になってしまっている。

「では、健闘を祈る」

この後、俺たちがイアリーランドにどんなことをしたのか、それは想像に任せる。



…………

それから数ヵ月後、イアリーランド消滅した。

念のため言っておくけど、俺たちがやった“何か”とは関係ない。

もとから、短い寿命だったってだけ。

「あーあ、こんなにイアリーチケットを持っているのに、今じゃただの紙切れか」

兄貴が、その紙切れを仰ぎながら溜め息を吐いている。

アリーチケットをどれだけ持っていたって、もはや意味がない。

だって、そのチケット価値担保していたのはイアリーランドなんだから

そのイアリーランドがなくなったら、チケットは単なる紙切れでしかなくなる。

兄貴は勿体無い精神から、その紙切れの使い方を色々と模索していた。

「はあ、ちり紙のほうが有意義だな」

けど、“返品の法則”によって無駄だと感じたのか、クシャクシャに丸めゴミ箱シュートを決めた。

(おわり)

2018-03-27

根抵当権の承諾まとめ

第四節 根抵当

根抵当権被担債権範囲及び債務者の変更)

第三百九十八条の四 元本の確定前においては、根抵当権担保すべき債権範囲の変更をすることができる。債務者の変更についても、同様とする。

2 前項の変更をするには、後順位抵当権者その他の第三者承諾を得ることを要しない。

3 第一項の変更について元本の確定前に登記をしなかったときは、その変更をしなかったものとみなす。

根抵当権の極度額の変更)

第三百九十八条の五 根抵当権の極度額の変更は、利害関係を有する者の承諾を得なければ、することができない。

根抵当権譲渡

第三百九十八条の十二 元本の確定前においては、根抵当権者は、根抵当権設定者の承諾を得て、その根抵当権を譲り渡すことができる。

2 根抵当権者は、その根抵当権を二個の根抵当権に分割して、その一方を前項の規定により譲り渡すことができる。この場合において、その根抵当権目的とする権利は、譲り渡した根抵当権について消滅する。

3 前項の規定による譲渡をするには、その根抵当権目的とする権利を有する者の承諾を得なければならない。

根抵当権の一部譲渡

第三百九十八条十三 元本の確定前においては、根抵当権者は、根抵当権設定者の承諾を得て、その根抵当権の一部譲渡譲渡人が譲受人と根抵当権を共有するため、これを分割しないで譲り渡すことをいう。以下この節において同じ。)をすることができる。

2018-03-26

[] #53-1「イアリーランド

兄貴は、お金のことを良く「便利なもの」だと表現する。

お金のものは、金属か紙切れだ。でも、それで大体は交換できるように世の中は出来ている。だから、みんな欲しがる。だから俺も欲しがる」

兄貴の主張はともかく、「お金には価値があるか」と問われれば、ほとんどの人はイエスだと即答するだろう。

だって、そう答える。

現実問題、そうなんだから

にも関わらず、その“お金価値は誰が担保しているのか”について、俺は今まで全く考えていなかった。

そのことについて考え始めたのは、とある遊園地での出来事きっかけだ。


その日、俺たちは学校行事遠足として、『イアリーランド』に来ていた。

人気ランキングでは上から数えても下から数えても遅く、大人気ともいいにくく、かといって不人気だとネタにもしにくいビミョーな遊園地だ。

遠足場所に選ばれたのも、学校から最も近かったからという理由だ。

それでも俺たちは、普段なら授業をやっている頃に遊べるとあって、内心ワクワクが止まらなかった。

園内のパンフレットを読みながら、逸る気持ちを抑えるばかりだ。

「えー、あれがこうして、これがああして……他の人に迷惑をかけないよう……園内ではルールを守って……」

先生が注意事項を話しているが、生徒の大半はマトモに聞いていなかった。

子供でも分かる常識的なことしか言っていないから、守るやつは聞く必要がないし、破るようなヤツには最初から意味がない。

実のところ先生たちも、そんなことは重々承知だ。

結局は、一定距離から生徒たちをマークするしかないことは分かっていた。

それでも一応は説明しないと、面倒事が増えるかもしれないからやっている。

機械についている、バカ丁寧な説明書みたいなものなんだろう。

「じゃあ、なんやかんやで気をつけて……A組のA班から順に入場して……ちょうだい」


…………

こうして俺たちの班の番が来て、小走りでイアリーランドに入場する。

班の仲間たちは、ミミセン、タオナケ、ドッペル。

まあ、いつものヤツらだ。

「じゃあ、どうしようか」

「やっぱり、まずはアトラクションだろ!」

「でしたら、イアリーチケット両替しませんか?」

近くの窓口にいた人に、そう呼び止められた。

「イアリーチケット?」

「イアリーランド現金と同じように使える、紙幣みたいなものです」

そういって受付の人が、サンプルの紙幣を見せてくる。

100、500、1000の三種類で、イアリーランドマスコットキャラらしきものが、それぞれ印刷されていた。

単位は『イアリー』らしい。

アトラクションはそれがないと乗れないの?」

「いいえ、現金も使えますよ」

え、じゃあこのチケット意味って何だ。

「何かの特典があるとか?」

「あるかもしれません」

すごく漠然としてる説明だなあ。

「私、興味ないけど、試しに買ってみる」

そういってタオナケは、おもむろに1000円札を受付に渡した。

「マジかよ、タオナケ。普通金も使えるんだからチケットに換える必要ねえじゃん」

「私もそう思うけど、こういうのは雰囲気を楽しむことが大事だと思うの」

雰囲気、なあ。

まあ、園内のみとはい現金と同じように使えるんだから、損するわけではないだろうけど。

「ではこちら、100イアリーとなります

「私、1000円渡したんだけど……」

「1000円はイアリーに換算すると100なんです」

何だ、そりゃ。

1000イアリーにしたほうが分かりやすいだろ。

(#53-2へ続く)

2018-03-14

19歳以下の出生数が毎年1万人

毎年1万人が19歳以下で母親になる日本で、女性婚姻年齢を18歳に引き上げたとして

18歳未満で母親になる未成年者に、どうやって母親としての権利担保できるのか

スキャンダルとかがあったら改善のチャンスだと思うような世界

何かでっかいスキャンダル的な話があった時に、全容の解明を、とか責任問題が、とかいうことはよく言われるしメディアもそういう論調で取り上げてる事が多いと思う。で、これには自分としては疑問があるという話をしたい。

自分プログラムを書く人間なのだけれど、プログラムを書くって事はバグを作り込む事になるので、しばらくプログラムを書いていればどうやってもバグを作り込んでしまうことになる。こういう時、全容の解明も責任問題も確かに重要なんだけれど、同じようなミスを二度起こさないようにする仕組みづくりってのの方に力を注いだほうがいいって思っている。これを自分は「バグの発覚は改善のチャンス」てな感じで考えていて、実際、バグがみつかったということはテストを増やせるかもしれないし、似たような問題を起こしにくくなるようなワークフロー改善ができるかもしれないっていう考えが先に来ていて、その次に全容の解明(全容がわかれば対策などが立てやすいから)、さらにその後に責任問題(何らかの責任者改善案を実行するための圧力をかけるため)を気にする、みたいな感じに思っている、というわけ。なので、自分としては一番に考えるべき改善の事が何も話されていないように見えるのには疑問があるのだ。

といっても、例えば政治におけるスキャンダルメディアが取り上げるって話と、プログラムを作る時に起こった問題対処するという話を同列に扱ってもそれは悪い例え話にしかならんよねとは思う。

この例の場合メディアが取り上げるのは事実に基づいた話でしかなくて、改善案をメディア議論する理由はあまりないのではないか、という感じ。

ただ、自分としては問題が発覚したということは喜ばしいことだ(改善できるぞ素晴らしい)、という概念なのに、なぜだか問題が発覚することは良くないことだ、責任をとって辞めろ、みたいな事しか話されないような風潮が構成されているのに疑問を感じてしまうという事を誰かに伝えたかった。

いっその事、道徳みたいなレベル問題発見したら改善を行うチャンスと思う事を浸透させてみたい。

と、考えた辺りでそういう道徳観念が行き渡っている世界ってどうなんだろう、そういうショートショートがあったらだいたいはディストピアなんだろうな、でもそういうの読んでみたいな、と思った。

その世界では日常における様々な問題発見されるたびに改善されていっているため、例えば年寄りによる車の暴走があると気づいたら暴走が起きても大丈夫自動停止システムが発展していたり、色々な所で発生している「改善」が実は車輪の再発明がなされていた事に気づいたことで改善検索システムみたいなのが導入されてたり、人付き合いが下手な人間によって引き起こされる問題は、見方を変えると人付き合いが得意な人間による推測と寛容の性能の高さによって担保されていることに気づいたことで、推測を交えないような対話方法模索されて言語まで拡張されていたりと日常的に改善が行われているという世界なのだろう。

ちょっと違うけれど世にも奇妙な物語か何かで、嘘を言うという概念が無い世界で嘘を発明した人が〜みたいな話があったような気がする。あんな感じで問題があっても改善をしない「なぁなぁ」という概念発明した人が〜みたいな話の流れになったりするんだろうか。

読んでみたい。

2018-03-12

anond:20180312174532

匿名の場において、「真実」とはなんであろうか。多数決で決められた答えである

そう考えてみると、一般的な場での「真実」は、その名において宣言することで担保されると思い当たる

人の名前は、「真実」を生み出すに足る魔力をもっているのかもしれない。

借金というものについて

借金は駄目だ」「借金をすることは良くないことだ」

そんな言葉を何度言われたかからない。母親から教師から、友人からetcetc……。この言葉について思うところがあったので書き込む。

さて、ここ数年、理系学問を修める傍ら経済学についても興味から勉強を進めていた。実地で触れないと身につかないと考えたので、株式も触り始めた。父に相談し、「しっかり勉強しろ」と投資資金を30万円借りた。就職して少ししたら返却する予定で、無利子という破格の条件で借りることができた。父親にとっても子供に対する投資のつもりだったのかもしれないと今は思う。

初めに学んだのは金利債券価格関係、ここ10年か20年程言われている金利と株の相関関係為替と金利の関係など、そうしたところから本を中心に勉強して、証券会社のページで公開されているデータと日々の値動きをもとに感覚を掴んでいった。アベノミクス株価寄与して低迷していた株価は吹き上がり、円高円安へと転じたその少し後から中国やらイギリスやらトランプやら色々とイベントをこなしつつ、巷ではVIXショックなどとも呼ばれているつい先日の株価暴落騒ぎまでを間近で見てきた。

この1年は、株式世界では小銭程度ではあるが、学生一年間のバイト代事実上の上限に相当する程度の金額を毎年株式市場から得た。その金額は、時給制の労働で私が稼いだ金額の倍程度に相当する。

金に色なしと言えど、多少納得がいかない。元手は借金である。あれだけ「悪」とされた借金からこれほどの金が生まれた。もちろん金が生まれる裏にはリスクも孕んでいたわけだが、信用取引に一切を手を出さず、上昇局面では通常の現物買いを行い、下落局面ではインバースETFを買うことで資金を回していた私が抱えていたリスクの最大値は借入金30万円の全損、すなわち30万円までである。「投資からまれ借金」というのは株式信用取引先物取引FXなどのレバレッジをかけられる類の取引から生じるものであり、そうでなければせいぜい資金喪失するまでが限度だ。

借金というのは本当に悪か」と疑問が浮かんだ。そして結論が出た。「人の金を使って返さないことが悪だ」と。

長くデフレが続いたこの国はつまり現金価値相対的に上昇し続ける国だったということだ。すなわち借金相対的に大きくなるわけだから、そういう流れ+日本価値観があって「借金は悪」という言葉が生まれたのだろうと今は思っている。インフレに転じれば話は逆転する。そして今、その萌芽が芽生え始めた。

手近な借金として、奨学金がある。第1種奨学金と第2種奨学金を全力で借りると、月間で20万強の借り入れになる。第1種は無利子、第2種は有利子だが、空前絶後の低金利時代の昨今ではその金利も極めて小さい。変動では0.01%、固定でも0.3%程度だ。例えばこれを年利2%から3%程度の米国債投資すれば、急速な円高による為替リスクオプション等で対処することは必要だろうが、かなり低リスク収益は上がる。

IPOも良いだろう。基本的に値上がるかどうかを事前にある程度の確度で予測できる。当選確率は低いが、1年やって1本あてれば利払い20年分くらいは軽くクリアだ。2本目以降は丸儲けだ。証券会社事実上利益供与の道具であるIPOは、今後も過小評価された価格での公募と初値高等を繰り返すことだろうし、保有期間も短いか比較リスクは小さめだ。

皮算用ではあるが、借り得ではないかという気がする。奨学金を借りる理由のところには「勉学に専念するためにはアルバイトを辞めざるを得ないが、そうすると収入が厳しくなるので奨学金を借りたい」と書いておいて、借りた奨学金収益をあげて生活費やら小遣いやらに当てればなるほど倫理はともかく論理では嘘は言ってない。いけそうだ。

金は動かせることが価値であり、動かせる金がなければ金は生まれない。ここ数年でそれを学んだ。動かせる金であれば借金でも構わない。会社経営というのも多分にその性質を持つらしく、自己資金比率を見ているとそれが分かる。

だが、例えば奨学金投資に回すには生活費が別で確保されていて保証されていなければならない。つまり金が無いといけない。奨学金以外の方法で金を借りるには担保が居る。それは価値を持つものでなければならず、すなわちそれは事実上ある程度金があることと等価だ。私の父もそれなりに金を持っていたから私に金を貸すことができた。私はその環境で金から金を生んだ。

結局、資本主義資本を持つ者が最も得をするようにできている。しか最初から金を持っていたら苦労などしない。「借金は悪」などと言われたが、私のような手元資金に乏しい人間がそれでも資本を得ようとしたら、借金でも何でも金を「動かし続けられる」ようになることこそが重要なのだと学んだ。不動産王としてのトランプ然り、孫正義然り、そして私のような学生然りである。動き続ける金が目詰まりを起こすと損が生まれ、きちんと動き続ける限りは富が生まれる。保険収入支出時間差が生み出すキャッシュ投資利益を上げるバークシャー・ハサウェイなどは動き続ける金が生み出す富の典型であろう。

借金からまれた金を使い、安定収入として簡単輸入業を始めた。法規制に適合させることはなかなか難しかったが、一度仕組み化してしまえばこちらはこちらで安定的利益を生み出してくれる。結局これも元を正せば動き続ける金が生んだ富。

それを意識すると、無根拠忌避していたクレジットカードというものも上手く使えるようになった。クレジットカードを使うと受益と支払いのタイミングにずれが出る。これも小さな借金ではあるが、うまく使えば金回りを格段によくできる。

根拠に「借金は悪」というのは違うということを主張したい。身の丈を超えた金の動かし方をして金の流れを目詰まりさせることが悪なのだ。気付くまでに20年を要したこのことを、将来自分子供ができたら、上手く伝えてあげたいと思っている。

2018-03-10

アラフォー婚活してみて気づいた結婚できないオンナの特徴

バツイチ男、年収それなり。40近づいてきたので結婚相談所登録して婚活した

普通に生きてても出会いないし出会ってもこの年齢になるとほぼ既婚者だし、

結婚相談所合理的と思ったわけよ

それで良いと思う人を見つけて幸いに相手も気に入ってくれて結婚した。もう10年近く前の話

自己評価は、イケメンとは思わないが、ハゲデブではないし喫煙しないし学歴悪くないし、実年齢より若く見える中庸な外見


なお、婚活サイト婚活パーティーなるものはお試し的に最初ちょっとだけやったけど

時間のムダと思ってソッコーでやめた

何故ならああいうところは本気度少ないし、メンヘラみたいなの多い

子持ちオンナに、結婚するつもりないけど本気で付き合いたい、と言われてドン引きした

本気の燃えるような映画小説ドラマみたいな恋がしたいようだった

齢40付近のいい歳した男女が結婚しない前提で10代のような恋するの?何その底辺な発想

ドロドロ修羅場展開になるかお金トラブル又は子供虐待でっち上げられるとかで警察のお世話になる未来しか見えんわ

つか出会い目的婚活サイト使うな。


話を戻すよ

その点結婚相談所はよい、男女ともキチンと相応のお金うから本気度と経済力についてある程度信用が担保されてる

もちろん地雷みたいなのもいないわけではないが、

基本的には、会って話してもそれなりの教養社会常識がある

まぁ、それでもこちらの好みとか条件に合わなくて断る場合もあるし、その逆もある

断るのも相談所に一本連絡を入れるだけでいいから楽だ

結局約一年で数十人とお見合いしてその半数とはその後1-3回会った

お見合い申し込んだ数などいちいち数えてない。数打たないといい女性には会えないと思うから、とにかくたくさん会って話しようとした

数打たないで運命出会えると思うかい?オレは思わない


結婚相談所交際について男子に言いたい

オレは学生の頃からそれなりに異性と交際してたし、前回の結婚学生時代からの付き合いの延長の結婚だったし

離婚してからネットで知り合った(大抵ロクでもなかったが)のと付き合ったり別れたりしてたか

結婚相談所でのお見合いから交際』と呼ばれる知り合い以上恋人未満状態ときの段階では、相手女性に対して接するときガツガツしてないよ

婚活恋愛ごっこではないからね

恋愛ごっこと書いたから気を悪くしたかい?

恋愛ごっこと、いわゆる恋愛交際と、それと婚活交際区別できてるか?

中には処女もいるし、心理的距離感生理的な許容ラインは人それぞれなんだから、そういうのはハイリスクノーリターン

オレは結婚相談所用語の『成婚』で退会するまで、手を繋ぐことさえしなかった

女性側がホンキになったらパッと見てもわかるくらいにココロキラキラしてきて勝手距離詰めてくるから、それでも焦らすぐらいでいい


そんなことよりも、相手女性がせっかく自分のために時間を作ってそれなりに準備してきてるんだから

その時間相手女性にとって出来るだけ快適で安心感に満ちた有意義ものにしてあげる努力をしてください

それと、その女性地雷かどうか判断するための情報を出来るだけ引き出すこと。これ最優先事項な。

手を繋ぐとかチューするとか考えてる場合かよ


どうでもいいことばかりダラダラと書いたが、それなりの数の30代後半から40才くらいの婚活女子に会って気づいたことがある。


このダラダラした記事でオレが言いたいことだ。


オマエら全員、オッパイちっさいな。


なんだかんだで巨乳結婚できるんだな、と思ったよ

高収入高年齢の女子は成婚率低いらしいけど、豊胸したら人生変わるかもな

2018-03-08

森友学園の決裁文書問題をまとめてみた

朝日が報じて、今日になって毎日も別の文書について報道しはじめて、一体何がなんやらわからなくなっているひとも多いと思うので「今問題になっている決裁文書ってそもそもなんなの」という話からまとめてみた。学生だったのは随分昔だし知識うろ覚えな部分も多く、わかりやすくする、自分知識が不足しているなどの理由から説明を簡略化している部分が結構ある。わかりづらい部分、間違っている部分があったら指摘してほしい。

今報じられている「森友学園の決裁文書」ってそもそもなんなの?

森友学園への国有地売買、こんな感じで進めますよ」というのを、財務省近畿財務局担当者上長に報告・承認を得ていた際の記録文書

半分は進捗報告も兼ねてるので決裁文書複数存在する(後述)。

決裁文書の「原本」は普通財務省近畿財務局しか存在しない。何かの必要性があって文書を外部に公開する必要があるときコピーを取ってそれを公開する。それが「写し」。

どんな文書があるの?

現在確認されているのは以下のとおり。

  1. 財務省近畿財務局が、大阪航空局に売却予定価格を通知した際の決裁文書
  2. 森友学園と務省近畿財務局の管財部門作成した、局内の決裁文書。以下の写しが存在している

2018年3月2日朝日新聞が報道したのは2-1。

2018年3月8日毎日新聞が報道したのは1。また、和田政宗議院の指摘する文書は「予定価格の決定の決裁文書」らしいので、1と推定する。

その他、森ゆうこ参議院議員が持っているとされる決裁書のコピーもあるが、どれのことかわからないので2018年3月8日段階では無視してよい。

朝日新聞が報じた問題ってなに?

2-1の中身が2-2と異なるのを根拠とした「公開時に、決裁文書が書き換えられたのでは。表に出ていない本当の決裁文書別に存在するのでは」という問題。2-1と2-2には以下の相違がある。

  • 学園との取引について「特例的な内容となる」「本件の特殊性」と表現した部分が削除
  • 「学園の提案に応じて鑑定評価を行い」「価格提示を行う」という記載が削除
  • その他、「学園とどのようなやり取りをしてきたのかを時系列で書いた部分」「学園の要請にどう対応たか」などの部分が項目ごとなくなったり、一部消えたりしている

2-1と2-2が違うと何が問題なの?

文書主義に明確に反している(文書主義が何なのかはググって)。また、情報公開で公開される情報の信用性を著しく損なう行政の信用性を担保するための情報公開なのに、それが信用できないのがやばいのは想像に難くない。

※正確には「原本が書き換えられた」場合と「原本そのままで原本の写しを書き換えた」場合の二つがあって、どっちなのかでも重要性が異なるんだけど、BLOGOSの記事がよくまとめてるのでそっちを読んでほしい。

なんで安倍政権の進退問題に発展するの?

森友問題性質如何ではなく、「行政文書安倍首相への批判をかわしやすくなる方向性に向けて書き換えられていた」というのがよくない。これは、「安倍首相が森友問題積極的に関与しているのを想像させるから」というものではないことに注意してほしい。

関わっていないのを前提にしたとして、そしてそれが役人忖度によって勝手におこなわれたとして、「誰に命令されなくてもみんなが現政権の有利になるかたちで不正をおこなうなら、現政権を一旦総辞職させた方がいいんじゃないの?」という思考になるのは、まあわかる。

もちろん、それは行政省庁で長年おこなわれてきた問題である可能性を否定できないし、安倍政権を交代させたからといって行政省庁の体質が改善されるかどうかもわからない。

ただ、行政省庁の出してくる文書データおかしいのではという話はこれに端を発したものではない。自衛隊南スーダン派遣における日報問題財務省における公用メール60日廃棄問題厚生労働省裁量労働制データ問題と、省庁をまたいだかたちで再三問題視されてきた。それにも関わらず、自民党政権下で改善されないということから行政省庁のガバナンス行政の長たる内閣がしっかりおこなっていない」という批判が出るのは、まあ的外れとも言いがたいところはあるかと思う。

誰が書き換えたの?

わからん

本当に書き換えられたの? 朝日新聞が嘘ついたんじゃないの?

明確な証拠はないのでわからん。なので、考えうる可能性を列挙してみる。

  1. 行政文書が書き換えられた
  2. 朝日新聞が飛ばし記事を書いた

朝日新聞が飛ばし記事を書いた可能性が否定できないし、飛ばし記事であっても決裁文書が書き換えられた可能性も否定できないのもおもしろい(傍証2はむしろ書き換えの可能性を示唆するものなので)。

仮に飛ばし記事だったとした場合、推測を1面スクープにして行政責任を求めようとする朝日新聞の報道姿勢は責められるべきであろう(この辺報道倫理かに詳しくないのでわからん)。

どうして朝日新聞は入手した2-1を提示しないの?

可能性としてはいくつかある。

  1. 朝日報道が本当であるが、2-1を出すと、それにあわせてまた提出される文書が書き換え・破棄される可能性があるから
  2. 朝日報道ねつ造であり、2-1を持ってないか

後者は言うまでもないとして、前者でも理屈は通る。公文書偽造が焦点である問題なので、資料を出したらそれにあわせた偽造がされるかもしれない。公文書偽造が焦点なので、戦略として出さないのは正しい。

なんでみんな朝日新聞に公開を求めず、安倍政権証明を求めるの?

言い出した方が説明責任を果たすべき、というのは私人間であれば成り立つのだけれど、行政学・政治学視点から言うと、「公権力たる行政国民に対して強い権力を持つため、私人間における均等な説明責任の原則が成り立たない。行政私企業よりも強い説明責任が課される」とは言えそう。

どうして財務省ゼロ回答を繰り返すの? なんで「書き換えはない」と言えないの?

  1. 悪魔の証明から
    • 「あの答弁は嘘だった」ということにならないよう、本当に確実なことしか言えない。むしろ、「ない」と断言しないのは誠実さの表れとも読める。
    • 断言(「私や妻が関係していたということになれば、首相国会議員も辞める」)してしまって大もめになったのが森友問題なので、確実なことしか言えない。
  2. あったのをなんとかごまかそうとしているか
    • 逆にこっちの説は具体的な根拠が「行政は信用できない」ということ以外にないので、一旦無視しておいたほうが誠実ではあると思う。

どうして野党はこの問題国会の審議時間を浪費するの?

政党政治における野党役割与党監視なので、公文書偽造問題における与党ガバナンス不足を追求することは審議時間を削ってでもおこなうべき重要仕事」とは言えると思う。また、実証政治学でもある程度証明されているのだが(ごめんすぐに具体的な事例の論文が出てこない)、国会で審議時間が減ると困るのは与党だけでなく、ただでさえ審議時間が減っている野党も同じ(むしろわずかに与えられたパイを更に削る、リスクのともなう行為であることも留意しておきたい。

結局どっちが正しいの?

知らん。

その他

指摘あったら追加するので各位指摘お願いします。

2018-03-06

ブクマで質が担保されてると思ってるアホがやめろ

逆だ

2018-03-05

感想ありがとうございます

感想いただきありがとうございます

返答ということでもなのですが、あなた文章に切実さを感じました。

ですので、書きます

ひどく露骨に、まるであなた文章書く職業の方、小説家のような物語を作る方なのかと、はじめ思いました。

ですが、やはりあなたは、趣味人ではあるけれども創作してはおらず、ひたすら新しい小説物語を探している方なのだと感じたのでそうおもい回答させていただきます

要は、私の中にあるリベラルな側面に対しての、批評なのだとは思います

ただ、それは私の本意ではなく、まずは今この時代を観察して感じた世間と、私の身近な家族や親戚と、そのギャップをまず描きたいと思ったわけです。

要は、心の拠り所、の話を描きたいと。

読んだ方が、その拠り所がその方の想いとずれたところにあって結末を迎えたので、感情的に許せないのだろうな、と。

でも、読んでいただけたらもう少しご理解いただけるのかなと思うところなのですが、

正義のぶつかりあう場所、がまさに物語なのだと、私は感じております

もし、あなたがなにかとても大事な想いがあってそれだけ批判したくなるのであれば、

是非試しに

あなた物語

どんな形でも良いから、表してみたら良いのだと、節におもいます

なぜなら、それこそが私の観たいことだからです。

批評批判、昨今で言いますとそんなギャップ面白おかしく、炎上、などと言ってもてはやされます

そんな一時の盛り上がりより、もっと言葉にならないあたりから言葉にした表現が、とても大事です。

つたなくてもいいです。

あなた文章、つたないですが何かとても大事ものを抱えているように見えたので

返信させていただきました。

人は老います死にます

愚痴ふくめいくらでも無駄をしていい。私もそんな日々があってなにか安定というか表現する入口を担保しています

でも、もし退屈なら、つたなくても、他人への批判批評ではなくて、

あなたが、批評批判される場所にまずたってください。それを是非にも望みます

私も弱い人間ですので、匿名あやかって、ここに書きました。

まあ愚痴です。

でも、ほんとは私すらできない物語が、ただ出会いたい読みたい観たいだけなのです。

2018-03-04

性や暴力知識については肯定的オタク

子供の頃に知るのを抑えても、いずれ作品とかで知ってしまうし、規制無意味

ってスタンスオタクたちがさあ、

アイヌ部落在日差別問題では

子供に教えると逆に面白がって差別につながるから教えるな」

って認識なのおかしくね?

 

ゴールデンカムイとかの作品みたいに

どんなに「腫物」を覆い隠しても

子供はある程度マイノリティを知る機会も担保されてるし

どうやっても「知ってしまう」んだよ ましてこの情報社会

 

性教育と同じで、いずれは触れる、不可避な知識なのに

自分たちに都合の悪い分野になると

さもPTAカマトトぶった規制派さまと

意識を共有するような口ぶりになるってさぁ

 

なんとも皮肉だよな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん