「ツール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ツールとは

2018-09-26

anond:20180926155131

初めて知ったけどこんな便利ツールがあるのか、ブクマしました!

2018-09-25

政治宗教スポーツは、大衆視野問題本質から離れた場所誘導させるツールであり、

一国の首脳が会見を開く舞台裏では、何を話し、何を質問され、どう答えるか、他人が書いた台本を読み上げる。もはや俳優である

国や地域のあり方を整える手段ひとつとして、選挙候補者を設定する側の人々の意図理解できるようにはなりたい。

嫌いな小説書きの話

クソみたいな自己愛のはきだめ。

とある作家ネット上でもう半年くらい追い続けている。

べつに、その作家のことが好きだから追っているわけではない。

私は同人文字書きの端くれで、わたしが追っている彼女小説を書く二次創作同人作家

私たちは同じジャンルにいるが表向きはなんの面識もなく、オンオフともに彼女は私のことを知らない。

私が一方的彼女を追いかけている。

と言うとまるでファンであるかのようだが、ファンと私では彼女に向けている思いがまるっきり違う。

私は、彼女が嫌いだ。

嫌いだから彼女のやることなすことを監視せずにいられない、アンチに似た心理彼女のことを追っている。

なぜ嫌いなのか。

理由普遍的かつ単純で、わたし彼女嫉妬しているか彼女のことが嫌いなのだ

いや精確には、彼女作品と、それを生みだす彼女の才能に嫉妬している。たぶん羨望に近い。

彼女作品は、私の作品にはない魅力で溢れている。

読み手にすらすら文章を追わせる勢いや説得力があり、個性情熱もある。

彼女の書く話にはまず真ん中に〝感情〟という揺るぎない芯がとおっていて、その感情を軸に人間というものがみずみずしくそこに描写されている。

自分なかにある感情が気付けば彼女文章呼応し、自然作品世界に入りこめる。

そういう、強く惹かれる引力みたいなものがあった。

それで、彼女にずば抜けた文章力や構成力があればすべてよかったのだ。

そうであれば私も素直に彼女作品を称賛し、彼女に心酔するファンの列に加わることが出来ていた。

彼女作品にいっさいの隙がなければ、他人作品に過剰な自意識を持ち込み嫉妬心をいだくような事にはならなかった。

けれど、彼女の綴る文章にはどうしても、『隙』があった。

これなら私のほうが、と思わせる、あら探しをさせるだけの隙が見えてしまった。

たとえば、有り体に素人くさいと感じさせる文体単語のえらび方、エピソードが矢継ぎ早に通過していく展開の強引さ、

状況説明台詞に頼りすぎるところや、メインとするモチーフのわざとらしさなんかが、読んでいて私には引っかかった。

それでも、それなのに、とにかく彼女作品は「読みやすい」の一言に尽きた。

自分文章を読み返すときに感じる堅苦しさやとっつきにくさが彼女作品にはなく、

自分文章に感じる、くどいと思う描写や言いまわしを、彼女はたった数行のかんたんな表現で読者に納得させてしまう。

私がありきたりにならないようにと頭をひねって考えたストーリーよりも、彼女のありきたりなストーリーの中で光る表現や細工のほうが私には鮮やかに感じた。

「私のほうが」と思える隙があるのに、その隙間を覗けば覗くほど、私のほうが優っている要素が見えなくなった。

彼女作品を読むたび、私は彼女よりもはるかに書けていると思える瞬間と、私は大差をつけられ彼女よりずっと下にいるのだと思う瞬間が交互にやってきて、自信と劣等感でぐちゃぐちゃになった。

そんなふうに散らかった情緒自分の力できれいに整理することは難しく、彼女のことを「嫌いだ」と疎もうとする強い感情が、私にはもっとも手近で易しい感情に思えた。

から、嫌いだ。彼女のことが。

私は彼女投稿するすべての作品ブックマークしているが、ブックマークの設定はすべて非公開にしている。

彼女作品を「好きだ」と評価すること、そしてそう評価した私の存在彼女に知られてしまうのが嫌だった。

それは彼女の才能の前にひれ伏し、負けを認めることと同等の敗北感があってただ、悔しかたから。

彼女ツイッターにしてもそうだ。わたし彼女ツイッターを非公開リストにいれて観覧している。

わたし彼女フォローして、彼女から私にフォローが返らない可能性を考えると耐えられない。先にフォローをしたほうがきっと負けになる。だから死んでもフォローはしたくなかった。

彼女ツイッター投稿する作品いいねRTで触れることもしない。いいと思ったものは黙ってローカルに保存した。

負けたくなかった。

彼女作品が好きだけど、彼女作品を好きだと感じる瞬間は嫌いだ。

キャラクターのえがき方や心情の拾い方が絶妙だと思うけど、同時に、文章力がその熱量に追いついていなくて拙いとも思った。

しかしその拙さは、言い換えれば小説をあまり読まない人から見ても読みやす文章ということでもあり、そのまま共感感情移入のしやすさでもあった。

まり彼女は、ちゃん小説が上手いのだ。技術などは関係ない。彼女小説が上手い。

書きたいドラマテーマを人に伝える才能がある。私よりも。

多分、彼女の書いた小説を読んだ瞬間に本当は、私は圧倒されていた。圧倒しきるほど完全ではないのに、それでも力押しで圧倒してきた。そんな経験は初めてで、それがとにかく悔しかった。

彼女のような作品を私の技術で書けるようになりたい。でも模倣はしたくない。彼女に影響などされたくない。彼女の書く作品とかけ離れたものを書いて、上回りたい。そう思う時点ですでに影響されている。嫌だ。負けたくない。

『負けたくない』

彼女への執着の根幹にあるこの「負けたくない」という対抗心こそが、とにかく厄介でわたしを惨めにさせる。

だって彼女のほうは、端から私と勝負なんかしていない。

私の感じている、勝ち、負け、という卑しい価値観彼女の中にはなく、そもそも彼女は私の作品など読んですらいない。

わたし彼女に負けたくないが、

彼女わたしのことを知らない。

最初から勝負になっていないのに、強すぎるプライドと折り合いをつけられずに独り相撲をしているだけの間抜けが、つまりなのだ

少し話を変える。

わたし彼女が設置している匿名感想ツールに、よくコメントを入れる。

お題箱や質問箱やマシュマロなんかの匿名ツールというのは、一人のファンの連投によって、無数の信者存在作家幻視させることが可能ツールだと私は思っている。

そして私も書き手の端くれだからアマチュア作家が言われて嬉しいこと、作家が読者から訊かれたいこと、そういうのはだいたい分かる。理想的匿名コメントというものを作り出せる自負もあった。

からわたしは、匿名メッセージから彼女純粋信者を装い何通ものコメントを送った。

あるとき彼女作品のおかげでこのジャンルCPにハマった新規ファン

あるときは昔から彼女作品を追い続けてきた古参ファンにもなった。

それから創作ルーツについての質問や、彼女作品にだけ感じる唯一無二の個性、工夫された演出や、タイトルと内容のリンク、読者に気づいてほしいであろう描写や箇所を、

すべて小出しで拾って「ちゃんと届きましたよ」と都度、読者からのアンサーを返してやった。

おおよそ作家が喜びそうな意見を私はいくつも彼女に送った。

それらすべてが私一人からの打算のコメントであることを知らずに、たくさんのファンに向けて何度も「ありがとうございます!」「そんなふうに言ってもらえて嬉しいです…」と答える彼女を見て、せめてもの優越に浸りたかった。

私は一度だけ、その匿名ツールからさりげなく小説を書くのは好きか」と彼女に訊いたことがある。

彼女は迷いなく、書くのが好きだと答えた。

うまく書けなくても、理想に届かなくて悔しくても、書くのが楽しいから書いてしまうし、きっとこれからも書き続ける。そう言った。

この模範回答にも私は打ちのめされ、嫉妬で頭が燃えそうになった。

彼女小説を愛し、小説からも愛されていることを知り、心の底から彼女を憎たらしく思った。

私はちがう。手段として書きたいと思うことはあっても、書くことが好きだと感じたことはない。むしろ書くことはつらいことだ。

書くという行為こちらに寄り添ってくることはなく、「自分は息をするようにこれから小説を書き続けるだろう」と根拠なく信じることなんかとても出来ない。

なのに彼女は書くことが好きだと言い、創作を信じ、私にはとうてい書けない小説を楽しみながら書いてみせる。まるで物語主人公だ。

大きく差が開いていく感覚を味わいながら私はまた彼女作品を読みにいって、私より劣っている要素をあげて安心しようとするけれど、

そのたび私よりも優っているところばかりに目がいって結局、コントロールできない感情けが重くなってどうしようもなくなる。

私がこれほど彼女作品を読み返しては否定と肯定に挟まれて息苦しくなっているというのに、とうの彼女は私の存在も、作品も知らない。

彼女ツイッターなどで、良いと思った作品は気軽に共有し、前向きにその感想を述べる(こういうところも、卑屈な私とはちがう)。

私の作品は一度も彼女に拾われたことがない。

私は彼女ブクマ作品も定期的にチェックするが、いつ見ても彼女ブクマ一覧に私の作品があがることはない。

彼女わたし作品を読まない。

しかすると、同じジャンルいるか名前くらいは目にしたことがあるのかもしれないけど……でも多分、彼女にとって私の名前などは、意識に留まることもないつまらない文字列にすぎないんだろう。

それでも、「私を知って!」とこちから声をあげることはできない。

だって彼女はいちども、私に「わたしを見て!」と言ったことはないから。

やっぱり心では、わたし彼女に認められたいのだ。

私を圧倒していった彼女という存在に近づきたくて、対等になりたくて、私を見つけてほしい、知ってほしい、認めてほしいという気持ち根底にある。

そして思いどおりになってくれない彼女のことを、恨めしく感じている。

……なんて言い方をしてしまうと誤解を生みそうだが、この心理は『だから本当はあなたが好きなの』と言えるような可愛いもんじゃない。

好きと嫌いは裏表だとか、そんな収まりのいいものでも決してない。

きじゃない。言い切れる。嫌いだ。大嫌い。

彼女が「スランプで書けない」と思い悩む発言をすれば私は「やった」と思うし、

逆に、今は筆がのっている、書きたかったものが書けていると満足する様子を見せられると、焦燥を感じる。

途中まで書いていた話がどうしても気に入らなくてボツにしたと嘆く彼女を見て、一歩前に出たような気になって嬉しくなった。

彼女作品ブックマーク数が増えていくのを確認するたびつまらない気持ちになって、

私以外のだれかが彼女に送った匿名メッセージの絶賛コメントを見ると、そのすべてを否定したくなって腹が立った。

創作に関するマイナス感情ネガティブ思考で落ち込んでいる彼女を知れば、いつまでもそうしていればいいと胸のすく思いがする。

これが嫌い以外の何だというのだ。嫌いでなければこんな悪意は生まれない。

いっそ、彼女作品がなくなればいいのにと思う。でも作品を消されるのは嫌だ。

彼女にどこかにいなくなってほしいとも思うが、私の追えなくなるところに消えることはしないでほしい。

もう無茶苦茶だ。

そんなに嫌なら見なければいいのに…と呆れる(あるいは唾棄する)意見一般的で、健康なのは分かっている。

だけど、こういう執着をそれでも続けてしまう人はむしろ、現状から楽になりたいからこそ、原因となるものを断ち切れないんじゃないかと私は思う。

わたし彼女の才能を認められずに、必死になって彼女を妬んでいる。それはひどく不様で惨めなことだ。自分が惨めであることを自覚しながら生きるのはつらい。

からその〝原因〟を自分の中で貶めることで、少しでも惨めさをやわらげて救われたい。貶める要素を見つけるために彼女言動を追いかける。

楽になりたくて、楽じゃない感情にせっせと薪をくべている。

ほんと馬鹿みたいだな。

分かっていてやめられないんだから救いもない。

きっと私が彼女に正面から偽りなく本心を伝えるか、彼女から好きだと告げられることが、私の思いえがく理想のゴールなんだろう。

いや、本音後者のほうか。

彼女から好きだと熱烈な告白を受け、抱擁でもされようものなら、その瞬間に私の中にわだかまっているぐちゃぐちゃが全てすがすがしいものに変わる気がする。

そのとき私を満たす思いは、『勝った』という勝利の喜びだろうか。分からない。想像がつかない。

何にせよ、そんな日はどうせ来やしない。昨日も今日明日も、彼女は私を嫌うことすらしない。

すべてがむなしいまま、なにも変わらず続いていくだけだ。

彼女は今年、とある同人イベントに出る。

めったにオフ活動をしない彼女の、それが当面の、最後になるかもしれないイベント参加なのだそうだ。

そのイベントに足を運んで、彼女の姿を一目、この目で確認してみようか。

私はずっと、それを迷っている。

2018-09-24

anond:20180924182942

文章個人って紐付き弱くないかな。文章を見て個人特定するのも、個人から文体を想起するのも難しい。

次に繋がりづらいという点で絵や音楽と比べるとコミュニケーションツールとして微妙

anond:20180924010410

プログラミングプログラミング言語)は、ツールからスパナレンチのようなものだと考えている。

工具を弄るのが好きな人もいると思うけど、大体は工具を使って何かを作るのが楽しいのだろう。(工具を作るプログラミングもある)

 

個人的には、以下のようなものに「ハマった」事がある。バカから簡単なやつだけだが、単純に面白かった。

漫画にハマったりするのとあんまり変わんない。

Conway's Game of Life

参考動画http://www.nicovideo.jp/watch/sm19347846

one-line algorithmic music

参考動画https://www.youtube.com/watch?v=qlrs2Vorw2Y

Boids シミュレーション

参考動画https://www.youtube.com/watch?v=QbUPfMXXQIY

関係ないけどyoutube自動翻訳面白い(誤訳が)

 

かに過程が見える」ことは大切だと思う。

3DCG系にも挑戦した事があるんだけど、過程が見えなくてそれは挫折しました 笑

2018-09-23

仕様書が無いIT企業ってどうやってスキトラしてんの?

http://kuxumarin.hatenablog.com/entry/2018/09/22/115529

上の記事読んだ感想純粋に気になる。

特にweb系なんて人材流動性高い+今どきの技術使ってるって感じだろうから

経験のない技術を任された場合、後任者は仕様書無いと死んじゃうんじゃないのかな?

経験がある奴をアサインする方がもちろん良いだろうけど、往々にしてそんな上手くはいかないだろう。)

そうなった場合、わけわからん技術勉強してコード読むところから始めるとかやってると

業務なんてとてもじゃないけど回らん気がする。

まあ仕様書あってもキツイだろけど、無かったら涙出ちゃうよ。それこそお家に帰れなくなっちゃうよ。

エクセル仕様書が無いってだけで仕様書はあるってことか?

でもどういう形式なんだ?テキストの羅列みたいなもので渡されてもそれはそれでキツイ

テキストなんてそれこそフォーマット化されてないので人によって書きっぷりがまちまちだろうし。)

ポンチ絵的なものがある程度ほしいと思ってしまうのは俺がSIerに毒されすぎなのか?

それよりも、Slack や コンフル、kibela、zepplin などのツール複数組み合わせて生産性を高めている会社が多かったです。

上のURLから引用だけど、それってエクセル仕様書の代わりになるもんなの?

そもそもエクセル仕様書と同じ土俵に立つ概念なの?コミュニケーションツールドキュメントがなんで同じ土俵に立ってんだ?

やべえまったく業務イメージがわかない。俺もインターン行ったら少しはイメージが湧くようになるのだろうか。

誰か教えてくれ。

2018-09-22

anond:20180922212336

動画概要欄とかにデータ配ってた

ただし遊ぶのは金掛からん代わりに凄く面倒くさそう

ただunityで専用のゲームツールを開発してるっぽいからそっちがやりたい

undertale や VA-11 Hall-A に、腹が立って仕方がない

undertale のキャラデザゲーム性が気にくわないとか、VA-11 Hall-A は話が中々面白いとか、そう言う細かい話ではない。

とにかく、あの「懐かしく優しいドット絵世界」みたいな表現反吐が出るのだ。

あの水準のドット絵ファミコンの末期~SFCくらいの解像度のあれは、懐かしい・手触りのある・人間的な・暖かみのある技術なんかじゃない。

あれは、当時最新の技術を駆使した美麗なコンピュータグラフィックスに他ならず、プレーヤーである我々はあの映像の先に、マジカント不思議風景や恐ろしい幽霊屋敷内装ネオ・コーベシティの猥雑な町並みを見ていたのだ。

その表現を押し広げ、美しく「リアル」で目を見張るグラフィックを実現するために、先人達がどれだけの情熱を傾けていたか

その結果描かれたのは、現在から見れば陳腐で安っぽいドットの集積に他ならないが、当時の我々はそのキャラクターの大きさ(一定以上のキャラクター破綻無く描ける事がどんなに凄いことだったかを憶えているだろうか?)に、色数の多さに、わずかにアニメーションする背景に目を見張ったのだ。

それがなんだ。容量も演算能力メモリも当時とは比べものにはならない現在に、当時の制約の結果をまるで意図的な・意味のある表現であるかのように再現というかコピーし、わざわざ読みにくいガタガタのフォントや何が描いてあるか解らない自室の絵を出し、あまつさえリスペクトなどとほざく。リスペクトというなら、当時制作者が描きたくても描けず、プレーヤーが見たいと思っても見れなかった地平を見せてくれ。

ウルフェンシュタインから最新のあれやそれまで、FPSは見事なまでに進化している。和製RPGテキストアドヴェンチャーが立ち止まってしまったのは、景気後退少子化や諸々の影響であって、衣鉢を継ぐならその先を見せてくれ。

そして繰り返すが、我々が熱狂した「美しい」、「緻密な」、「リアルな」、「まるで映画のような」、グラフィック表現を、「暖かみがある」・「現在の綺麗すぎるCGでは失われた」等と言って侮辱するのはやめろ!

俺達の愛した文化は、最新鋭のデジタルアートだったのだ。てめえ等の似非懐古趣味オナニーツールじゃねえ。

クソくらえだ。

2018-09-21

anond:20180921193254

いやそれでも現金の方が匿名性の高いツールじゃん。

ネット通販は気にならないんじゃなくて、捕捉される前提で、捕捉されても構わない消費かどうか判断してるだけ。

anond:20180921160509

現金

定義

 ・クレカを一切利用しないで現金生活している人

<生態(良い方)>

 ・レシート家計管理

 ・給料日必要な経費を降ろして分けておく

 ・家計簿は頑張ってエクセル手書き

<生態(悪い方)>

 ・お財布の中身で管理(少なくなったら降ろす)

 ・給料が入ったらとりあえず1回どんと降ろして後はこまごま降ろす

 ・ATM利用回数は週1

クレカ

定義

 ・カードOKは少額でもカード現金はやむを得ない時のみ利用(割り勘など)

<生態(良い方)>

 ・WEBツールアプリ家計管理

 ・家計簿も当然アプリ

 ・ポイントをたくさんもらい、上手に還元して使う

<生態(悪い方)>

 ・管理しないので、いつも使いすぎる

 ・お金がなくても買える魔法カードだと思ってる

 ・リボ払いが基本

 ・キャッシングお金を借りてカード利用分を支払う

現金派の生態(良い方)の人種が、大抵クレカ派の生態(悪い方)に自分がなる!

と思い込んでる人がほとんどな気がしてる。

anond:20180921143629

ポケモン勉強仕方がわるかったんじゃね。

どこまでやってたかからないけど、普通にレートで勝とうと思ったらまず最初環境を作ってるポケモンを覚えるだろ。

そいつらに回答を得られる6匹を選出する上で、環境を作るまでもないけど、他の人が環境の回答として用意したポケモンも覚えるってのが多分ポケモン勉強

じゃないと、相手の素早さを抜いているのかとか、相手を確定何発で倒せるのかってわからいから、その時点で知識量が多い人との勝負に負けるわけよ。ポケモンは1ターンが本当に大切だからな。

 

でも、たいがい、動画出してるような人間て、ダメージ計算が速いとかじゃないわけよ。

俺の場合はだけど、対戦する時、絶対ダメージ計算ツールを使いながらやる。

対戦の時間を目一杯使って、仮想ダメージ計算していく。

そうすると、技を一回打ったり、打たれたりしただけで想定値より削れたか削れてないかがわかるから相手努力値配分がわかるわけよ。

それをデータとして頭の片隅に入れていきながら何回かポケモン育てなおしたりして、環境とその周辺への回答をスムーズにできるようにしていく。

ほとんどの人はそういう過程を経て、ダメージ計算の話をもちこんでいると思うよ。

 

これを覚えるのに一番いいのが、バトルビデオを見ながら自分で実況すること。

ニコニコ動画ランドセルっていうプレイヤーがいるんだけど、あの形を動画にするしないを考えず、再現すること。

これは改めてダメージ計算をすることでもある。見比べて、「相手はこういう型だった」というのを理解する。

2018-09-20

anond:20180920112149

ポリコレ棒ってのはマウンティングするため(正確には相手を殴ってヒザマづかせてマウンティングを補助するため)のツールなんだからどっちもまちがってないんでは?

anond:20180920105412

一応ジョークも含めながら、という前提で聞いてほしいんだけれども

宮沢りえが下の毛も出した写真集は「性を消費させることで財に換金できるという事実社会膾炙した」ということにすると、

「おい、一発やろうぜ」と男性から声を掛けられるようになったことは

声を掛けられた女性の性と男性の財を交換しようという取引が行われようとしたことを指す。

宮沢りえがその現象の原因だとするのならば、宮沢りえがいなかった時には増田女性であっても財と取引できない「ゴミ」だと看做され、誰にも声を掛けられることは無い。

それはそれで増田の中で自分の性はプライスレスなのであるなら良いのかもしれないが、多くは自分の性に対して本来価値を付けられるべき(それが社会進出もつながる)とも考えるだろう。

男はあまりちんこを売れないが、女はぼぼさ売れんだば。

これにより男性女性が性それ以外の部分でイーブンだったとするならば女性は静を売れるようになったということで社会的に優位になるわけだ。

逆に言うと、性を売れない社会コミットしているということは男性女性がその差分を埋めるなり努力しようとしているところに一つ制限を加えようとしているということに他ならない。男尊女卑社会を認め、その体制保守している勢力に他ならないのだ。

増田はその辺どうなん? 女性自由にするツールとしての「性」は認められん方面

anond:20180920103600

仮にそうだとすると、誰しもが(事実とは無関係に、なぜなら証明できないので)「わたしは消耗した!傷つけられた!」と叫んで謝罪と賠償要求する社会を招き入れるだけであって、ようするに「性的消費」なる謎の概念繊細チンピラ営業ツールに過ぎないって結論になるのでは?

anond:20180920002634

ベルトコンベア仕事みたいな単純作業が辛くなってきたんだろ。

マクロ組んでツール開発にシフトしたら面白くなってくるぞ。

2018-09-19

anond:20180919092929

大前提として、テストコードのひな形/テスト仕様書は誰作成マターなん? ってのがあるよな。

仕様書として

増田」にパンティーを見せたら「うんこ」と呟くこと

とあるとしたらテストコードは以下のようなものになると思うんだけど、

class unkotest{

function test1{

echo "「増田」にパンティーを見せたら「うんこ」と呟くこと ";

assert( //増田パンティーを見せる処理 );

}

}

本質的プログラマー責任分はassert()の中のコードだけの筈なのに、テスト項目そのもの作成もひな形も全部プログラママターになってるのは生産性激低だと思われ。

既にあるんだと思うけど、日本語文章テストコード に一発出力してくれるツールを使うべき。テスト仕様の導出をプログラマやらせるなんてもってのほか

2018-09-18

いちいちPC覗いてくんな

業務で使えそうな便利系ツール探してただけだよ

お前はただの同僚だろ

俺の仕事監視してないで自分仕事してろよ

東京社会人オタク

とのスカイプが衝撃的すぎたので書く

東京オタク関係会社の話

上司オタク 同僚もオタク

上司同僚の好きなコンテンツを把握している

転職してきた人が同じジャンル同人誌出してるオタクだった

ツイッター界隈で有名なお絵描きマン転職してくる

仕事コミケに出る

ソシャゲ下請け会社とかオタ向けツール会社とかだから当然っちゃ当然なんだけど、ジジババに囲まれながら硬い仕事してる田舎者からしたら異世界だった

仕事から嫌なこととかもあるだろうけど、聞いてる限りでは楽しそうでいいなと思った

都会には仕事選択肢が沢山あるって頭では分かってたつもりだけど、こういうことかと

まずオタコンテンツを取り扱ってる会社田舎にはないからね

羨ましいなあ

2018-09-17

anond:20180917222814

休み電話不文律ホント謎、緊急性高いんだから業務時間外でも見られる可能性が高いメールメッセンジャーツールのほうがいいに決まってるじゃん。

anond:20180917175838

個人的には、ある種の下衆さ、もしくは視聴者の下衆さを逆手にとったやり方が嫌だと感じる(もちろん"一部の"ユーチューバーに対して)。

少し前の時代の人が、TV黎明期に(お笑いなどに対して)感じた嫌悪感と似たようなもんだと予想している。

 

自分より下衆な人間が、新しいツールを使って金・権力(人気)を得ていることへの嫉妬心嫌悪感、この辺りだろうか。

下衆という言葉が雑で、色々とツッコミがあると思うけど、ラフ表現してみた。

「同じことを二度言わせるな」は『言う』のが悪い

文字情報で伝達して聞きなおされたら「文字情報で渡してるんだからもう一度見ろ。それで疑問点があるなら、こっちが渡したデータに赤ペン引いてくれ。その方が分かりやすい」とやる方がベターだぞ。

はいつもデータにしてメールサーバーにぶっこんでその事を相手に伝えている。

チャットツールデータ送る場合自分の方でデータの予備取っておいて聞かれ直したらそれをまた渡してる。

どうせ内容を整理するために一度自分メモ作るんだからそのメモちょっと弄って渡すほうが確実だし早いんだよね。

2018-09-16

跳び箱が危ないのではなく

指導する教師説明不足や、言うことを聞かない生徒に問題があるのでは?

教師については、指導能力不足が大きい。

それと出来ない事に対して、出来るレベルから指導しない事に問題がある。

出来る出来るっていうのは違う。

現代の子供には、それは追い打ちをかけているだけ。

そうしてはならないことを考える必要がある。


子供に関しては、そもそも身体を使う事に対して積極的じゃない子供がふえている。

日頃から運動もせず、スマホなどのツールを弄るだけでは弱くなる一方だ。

これは時代が生んだ様々な電化品の弊害だろう。

そして、運動できる環境を奪っている老害クレーマーたちの責任でもある。

問題をなんとかしないと、このままでは引っ叩くだけでケガをする子供が増える一方だろう。

職業訓練IT系)に半年通った感想

(※半年といっても7月後半〜8月まで夏休みでした)

私は20代半ば手前の者です。

昨年仕事第一次産業)を辞めてしまい、学歴スキルもないのに何やってんだろ...と引きこもりかけたところ、

ハローワークで長期の職業訓練を見つけたので応募してみました。

それは専門学校委託される2年間の訓練でした。その間失業保険支給は、期限が過ぎても延長してもらえます

要するに入学料・授業料タダ、お金をもらいながら勉強でき、専門卒になれるチャンスというわけです。

(本当に有難い制度です。就職したら、きちん税金を納めて世の中にお返しするつもりです)

どうやら希望者は少なかったようで、筆記(中学レベル知識大丈夫でした)と面接はすんなり通りました。

受講するコースIT系を選びました。

(他には、介護系・看護系のコースがありました)

訓練の様子

専門学生に混じって授業を受けます

同じ訓練生は1割程度です。(30~40代の方が2人おられます

ほとんどは地元高校卒業したばかりの18才の子たちです。

ワイワイやる人が3割、静かな人が7割ぐらい? といった印象です。

男子100%ですが、ホームルームだけは女子100%のコースと一緒にやります

悪い人はいない感じで、授業が荒れて成り立たないとか、そういうのはなくてよかったです。

ただ、バイトが忙しいのか授業中イビキかいて寝ちゃう人や、全然授業について行けなくて辞めちゃうはいます

この辺の雰囲気大学1〜2年と似たような感じですかね。

授業内容とか

Office(前期のみ)

word,excel,powerpointを一通りやりました。PC操作に慣れていない人も多いので、

手取り足取りゆっくりやる感じでした。自分仕事で使ったことがあったので、課題を早く終わらせて

自学をしたり、隣の子に教えてあげたりしました。

C言語

terapadコマンドプロンプトを使っての授業です。(コンパイラborlandです)

SE先生(本人曰くCOBOLer)の説明聞いてから課題をこなしていく感じです。

入学前に、RubyやらJava参考書を一周してみたり、ドットインストールC言語動画を見たりしていたので、

授業にはついていけています

ただ授業だけだと完全に足りなさそうなので自学を頑張ってます

基本情報技術者試験対策

分野ごとに授業があります教科書を読んで先生が板書・たまに問題集プリントを生徒にやらせるといったスタイルです。

ただ試験対策なので、問題演習を重視した方が良いと思いました。

授業を聴きながら(たまに当てられるので)、ひたすら過去問をやっています

ちなみに学校は12月の修了試験合格すると本試験の午前問題免除)→来年4月の本試験 を前提にカリキュラムを組んでいますが、

私は年も食っているし、合格就職活動に間に合わないので、来月受験します。

就職指導先生応用情報技術者も取っておけ、と言われましたが、必要ですかね...?

勿論取らないに越したことはありませんが、Railsチュートリアルとか他の技術書時間をさいたほうがいいかな、と思いました。

アルゴリズム(前期のみ)

フローチャートや疑似言語を使って、バブルソート基本選択法など初歩的なアルゴリズム勉強です。

実際のプログラムコードの方がわかりやすい気がしますが、基本情報技術者試験対策なので仕方ないですね。

今も現場ではフローチャートや疑似言語は使われているのですかね?

そんなの古い現場しか使ってないよ、という意見はよく聞きますが...

HTML/CSS

先生意向でなぜかメモ帳推奨。(他のエディタを使っていたら嫌な顔をされた)

素人がいうのも何ですけど、ミス気づきにくいし、使いづらくないですかね...

案の定何でもないところでハマる人がいて、授業はよく止まってしまます

ブラウザ開発者ツールの使い方を隣の子に教えてあげたら、喜んで使ってくれていましたが、

やっぱり変なもん教えるなという目を先生から向けられちゃいました...

データベース実習(後期〜)

Accessを使った授業です。テキスト通りにやっていきます

Accessは初めて使いましたが、Mysqlをちょこっと触ったことがあるので、要領はなんとなく掴めました。

これも授業は遅いので、先に教科書の内容は家で一通りやってしまいました。

今はVBAの本をやっています

就職指導

ビジネスマナーや、ちょっとしたゲーム、話し合いなど。

グループワークとかやめてください死んでしまます、と思ったけど、意外と楽しめました。

ただ、喋らない人たちしか居ないグループだと、何を話しかけても反応が薄かったので、ちょっと辛かったです。

訓練(学校)の不満なところ

(勿論、アンケート等で学校側に伝えています

・授業で使うPCはメモリ4GBでもうちょっと欲しいなあと思いました。

エディタAtomUSBに入れて使っていましたが、カクカクでよくフリーズしました...

(VSCode大丈夫でした。)

モニタも19インチ正方形で、ウィンドウをたくさん出したい時は不便ですね。

どんな職場に行ってもどんな環境でも何とかやれ、という訓練ということなんでしょうかね。

そんな感じです。

1年生後半にRubyの基礎、インターンシップ強制)、就職活動の開始

2年生からは、Java,Rails,サーバ構築, データベース構築あたりの授業、という流れで進んでいきます

来年卒業します。

年齢が20後半になるので、周りの若い人たちと何かしら差をつけないといけないので大変ですが、

地元企業SE(Web系を希望しています)で採ってもらえるよう頑張ります

アドバイスがありましたら、いただけると嬉しいです。

追記

拙い感想文にいろいろと反応いただきありがとうございます

>>学費取れないぶん設備が劣るのは仕方ない気もするが

もっともです。私は皆様の雇用保険から学校に通わさせていただいているので、文句言う立場じゃないですね...

ただ、年100万近く払っている一般生徒の方は、不満に思っているかもしれませんね。

>>田舎で数年間無職してるけどIT系就職訓練無くて最悪 羨ましい 田舎ゴミ 

そうですか... 私の住んでいるところも地方都市ではない田舎なのですが、

近隣にIT企業進出してきていることもあってか、今年からIT系が訓練の対象となりました。

都市部ではない地域も、もっとIT系の訓練が拡充されると良いですね。

>>otihateten3510 基本情報さえ取ればどっかに潜り込めるだろうから、そこで3年くらい真面目にやれば結構いけるとおもう。

>>コード書けると良い。/授業はまあそんなもんだよね。現役の人に聞いたほうが正しい。/東京のほうがイージー

ちょっと精神的に病んで前の仕事をやめてしまったので、家族サポートを得て、地元就職しようという情けない有様でございます

なんとかしてこちらの企業に潜り込みたいと思います

仕事事情は、やはり現役の方に聞くのが一番ですね。企業訪問インターンで色々聞いて見ようと思います

2018-09-15

人の名前に対する記憶力が秀でてる

自分は多分人の名前に対する記憶力が秀でてる。

小学校の時の級友、中学校の時の級友、高校の時の級友もとい先生などなど。

ありとあらゆる人々の名前と顔が、同じ空間にいた時、話した時の景色が出てくる。

もっと言えばフルネーム漢字も出てくる。

サヴァン症候群?のように綿密に実際に描写できればいいのだけれど、あるのはリアル景色記憶のみ。

本などは一度読んでも覚えられないしましてや理解できない。

まぁそんな名前と顔とかに対する記憶の良さがあっても人間関係の構築はてんでダメでそれを活かせた局面はない。

中高は無難に過ごしたものの、小学校の時はイジメられていた。

よく世間は狭いというけれど、それを痛感させるがごとくFacebookというツールはなかなか憎らしい。

友達を辿れば意外といるものである

イジメ&無難に目立たずに過ごしていた故に、自分だけ一方的に覚えていて相手からは忘れ去られてしまっているという局面に直面する。

これは意外に心にくる。

いっそのこと知らない人として流せれば、自分記憶から抹消できれば全く問題ないのに。。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん