「相互フォロー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 相互フォローとは

2018-08-14

Twitter絵描きさんとつながりたいタグ使って絵描き相互フォローしてたあのときはたくさんいいねもらって満足してた

今は興味あるアカウント絵描きほとんどいない)しかフォローせず絵描いてツイートしてるけど、いいねをもらうことはほとんどない

自分いか義理いいねをもらってたのかよくわかった

絵うまくなりたいな

絵を描かない人に絵を見てらもうのって難しいんだな

2018-08-10

地方オタクコミケという名の酸っぱいブドウ

コミケ話題を見ていると胸が苦しくなる。

私は世間一般で言うところの地方在住のオタクだ。

かつて一度だけ縁あって東京イベントサークル参加したが、基本はネットでの活動を中心としている。

イベントの日程を知らせるツイートや、通販サイトやら作者自らが公開したサンプルやらを眺めるたび、

はえ~、便利な世の中だよなあ」

としきりと感服するばかりなのだが、しかしその一方で何かどろどろと腹に溜まるものがあることに、最近私は遅まきながら気付かされた。

SNSというもの創作者において必須ツールとなっている現状は、もはや論じる必要もないほどの常識である

Twitterアカウントフォローしていないと、正直言って情報が全く追いきれなくなってしまうほどだ。

なので私も好きな創作者のアカウント積極的フォローして回っている。

で。大概そういう創作者はコミケに出ていらっしゃる

出来ることなら私だってコミケに行きたい。そしてその場で同人誌を購入したい。出来ることなサークル参加したい。

しかし、地方在住の悲しみである

――東京は、遠い。

例えば飛行機新幹線を利用する事を考える。

高い。辛い。地方薄給では厳しい。生活費と諸々の貯金のことを考えると、どうあがいてもひねり出せない。

では夜行バスの利用を考える。

真夏にろくに睡眠も出来ず体力を削るような真似をしてまで激動のコミケを乗り切ろうと思うのは浅はかである若者だけに許される特権だ。

そもそも往復で時間がかかりすぎるので、有休を二日取らないとどうにもならない。

一日なら許されるかもしれない。だが連休は(業務内容的な意味でも)厳しいだろう。

緩やかなオタクには、会社と戦って連休をもぎ取るほどの覚悟は備わっていないのだ。

仮に何とかなったとしても、交通費だけではなく宿泊費を加味する必要がある。

相互フォローをしている方とは交流なんぞもしているので、交際費も発生する。

打ち上げに誘われたらどうするのか。流石に断れない。

どうするのか。

どうねじったところで財布からひねり出せるものはない。

‥‥‥辛い。辛すぎる。

そもそも私は諸事情あって体力が著しく低いため、強行軍をすれば必ず反動が出てしまう。

嵩む医療費

悲しいかな、こればかりは仕方がない。一生付き合っていくしかない問題である

そんなもの机上の空論だろう、やってみればできる。

そうおっしゃる方もいるかもしれない。

だが冒頭にも記述した。「一度だけ縁あって東京サークル参加した」と。

やったのだ。

そして不可能を悟った。

もう、二度は出来ない、と。

仕方ない。

そういうつもりでこれまで生きてきたのだが、しか最近、本当に情報の氾濫というくらい様々なものが目に入る。

目に入れば気になってしまう。

どうして私はそこに行けないんだろう、と思う。

実家東京なのは才能』、という言葉最近バズっていたがまさにその通りだ。

楽しそうにしている人を見ると、羨ましいなと思うと同時に悔しくなる。

手にはいものは確かに増えたが、どうあがいても手に入らないもののことも同時に知ってしまうのは苦しいものだ。

昔は何も知らなかった。知らずに済んだ。

それが良いとは言わない。知ることが出来るのは良いことだ。動画配信は神の御業だ。見逃し放送なんて最の高じゃないか

ただ、酸っぱいブドウ画素数は上がった。

そういうことだと思う。

2018-08-04

相互フォローなんて信頼関係でもなんでもないからね。

互いを監視してるってだけ。

ブロックされたら別垢で監視すりゃ良いんだよ…幾らでも捨て垢作って、アカウントここに晒したら良いじゃない

2018-07-18

anond:20180717235722

レスありがとう

その感じだと在宅の方が可能なら良さそうだね。

他県だと家賃も余分にかかるし、土地勘も病院手続き関係リセットしなくちゃいけないかストレス負担が大きくなりそう。

倉庫管理とかの力仕事とかだと厳しそうかな?

パソコンはどれくらいできる?HTMLとかCSSとかはできる?その他プログラミングしたことある?

あと趣味とかってある?

それと、twitterフォロー返ししないとメッセージ送れないか

相互フォローにしないといろんな人からの連絡来なくなっちゃうと思うよ。

あ、ごめん。 ↑の仕様勘違いだった。

2018-06-26

Hagexさんとトピシュさんが同一人物だったって本当?

@moonpand あまり大きな声で言えないんですが、topisyuとはHagexの別アカウントなので、どちらにたれ込んでもたどり着く先は同じです。

https://twitter.com/topisyu/status/441154248143687680

現時点でのトピシュさんの最後ツイートは 20:28 - 2018年6月24日

@topisyuさん

はじめまして、突然のご連絡を失礼致します。福岡RKB毎日放送報道部です。きのう福岡市で起きた殺人事件について取材をしております

ネットブログの反応などに関して知りたいことがあります相互フォローのうえDMをやり取りをお願い出来ないでしょうか?どうぞよろしくお願いします。

https://twitter.com/rkbnews4ch/status/1011107204995342336

2018-06-17

これはこく5がかわいそうでしょ

ちょこまか動くチビ勝手にぶつかってきてコケてファールとか・・・


http://twitter.com/kohshi_0325/status/1008207951574646784?s=21

Kohshi. @Kohshi_0325

バスケ九州大会

黒の5番やばいわ!

tetta @tairatetta

返信先: @Kohshi_0325さん

その後審判どうなったんですか?

小 嶺 雄 哉 @あおりんご🍏福岡参戦 @yuuuuya704

病院搬送されたらしいですよ

長崎ニュースNBC報道制作部 (公式) @nbc_nagasaki2 分2 分前

返信先: @Kohshi_0325さん

Kohshi様。NBC長崎放送の報道制作部です。お忙しい時にすいません。この映像ニュースで扱うことを検討したいのですが、相互フォロー願えますか?DMでやり取りさせて下さい。

FNNビデオPost認証済みアカウント @videopost_jp4 分4 分前

返信先: @Kohshi_0325さん

フジテレビ報道局です。突然のご連絡ご容赦ください。ご投稿されている内容につきまして、お話を伺えないでしょうか。可能であれば、お手数をおかけいたしますが、DMでご返信をいただけましたら幸いです。勝手を申し上げて大変恐縮ですが、ご検討よろしくお願いいたします。

Rio Hamada @RioHamada8 分8 分前

返信先: @Kohshi_0325さん

kohshi.さま

インターネットニュースメディアハフポスト日本版浜田と申します。投稿されが動画記事使用させていただきたく、ご連絡しました。よろしければフォローしていただきDMでやりとりさせていただければと思います

2018-06-04

Twitter相互フォローしてる人、自分ネトウヨじゃないというスタンス物事を語っているんだけど、趣味が明らかにネトウヨなんだよなあ。日本製品大好き、日本神社仏閣大好き、日本の歴史小説大好き。自己肯定感、万能感がはんぱなくて、なんか見てて疲れる。職場恋愛してるみたいで、なんかいいちかっこつけたツイートしててほんとうざい。ブロックしようかなあ。でもミュートのほうがいいか

たいした大学出身でもないのに、インテリ気取ってるのもいらっとする。知能が低いのにかっこつけるなよ。

2018-05-14

ツイ消し構ってちゃんがうざい

ジャンルで仲良くなってそのジャンル活動しなくなってもTwitterが繋がっている相互フォローで、夜に愚痴を呟いて朝には愚痴ツイートを消して「結構落ち込んでるけど頑張るぞ」って頻繁にやってる子がいる。

朝の頑張るぞツイートにその子フォロワーから大丈夫?的なリプライがありその子は「あまりああいうこと呟かないのですがどうしても悲しくて…」的なリプライが続く。

この流れつい1週間前くらいにも見たしなんなら月に2回はしてるんじゃ?

そもそも夜のツイート見てない場合なにがあったかもわからないし、わざわざ該当ツイ消しても「なにかあったけど頑張ってますアピール残す構ってちゃんぶりにうんざり

そしてどうでもいいけどこういうタイプの構ってちゃんHN萌子ってつける奴多い。

2018-05-13

撫でられてもOKな人

バンドの人がライブ見に行くと頭を撫でてくれる。

うれしい。


他の男性にされたらやだけど

その人だけはOK。ていうか、うれしい。

撫でるというか、軽くぽんぽん。とする感じかな。


ちなみに恋してるとかはではない。

向こうも勿論そういうのではなく

単にとても嬉しそうに「来てくれて、ありがとう

と言って撫でてくれる。


他のファンにやってるのは見たことない。

からと言って、自分特別だとは全く思わない。

ただ、うれしい。


あと、不思議だなあと。

いくら好きなバンドでも、好きなメンバーでも

いきなり頭を撫でられたら、ドン引きしそうだけど

その人だけは大丈夫だなあ。


Twitterとか相互フォローになってて、そっちには書けないので

増田に書いてみた。

まれたらはずかしいし、誤解されたらやだし。


あんまりたくさんはライブ行けないけど

これから応援しています

2018-03-30

上司相互フォローTwitter

仕事作業内容によるのストレスがつらい 的なことをあまり気軽に書くなよ…

直接相談してくれたら配置換えとか考えるけどさ。

察して上司から動けってこと?お前のTwitter見たけど仕事つらいの?ってこっちから声かけるのおかしくない?

Twitter見てますアピールリアルにされるの、嫌っていう人も一定いるからやらないよ?

こちらとしてはまあ仕事から明日もその作業を頼むんだよ。罪悪感が凄いんですけど…そう感じて欲しくて書いてんのかな。

嫌味ったらしいなー…

2018-03-15

多ステって悪ですか

自分とあるユニットファンだ。

そのユニットはまぁまぁそこそこ人気があり、イベントやらステージやらがあるとチケット争奪戦になる。

そういう機会の度に毎度モヤっとしたり腹が立ったりすることもあるが、普段なかなか言えないので長くなるけれども吐き出したい。

少し前にそのユニット舞台チケット当落があったときに、知人が2回いけることになった。

最初本人の申し込みが落選したことを残念がっていたのだが、恐らく一緒に行こうとしていたご友人は当選したのと、あとは別の人がお誘いをしたことでいけることになった。

だが2回いけることをツイートしたらそれを見たフォロワー引用RTをしてバッシングをはじめた。

相互フォローだったようだが直接リプライするわけでもなくエアリプで取り上げ、別のフォロワーと2回行く行為についてバッシングしまくった。

"自分だったら行けない人に譲る、それをしないなんて”、という観点でのバッシングであった。

行けない人がいるならばそちらにチケットを譲りたい、という広い心はいいと思うが、それはあくま個人の考えであって、自分はこうするから他の人もこうすべき、という押し付けはいかがなものかなと思い、モヤモヤとした。

自分立ち位置としては一つのイベントについて行ける限り複数行くタイプだ。

ただチケットが取りにくいものに関してはそういう行動について目に付くところに出すと面倒ごとが起きると思っているので出さないし、知人についてそれを表に出してしまたことは迂闊だったなと思う。

この知人に限らず、チケット当選したというだけでブロックされたという話も聞いたし、「見たい人がいるのに何回も行くなんて○○さん(ユニットメンバー名前)が聞いたら怒っちゃうよ」とか本人が言ってもいないことを出してバッシングする人も出てきた。

そんなに複数回行くことが悪なのか。

マナーとまで言えるようなことなのか。

自分正義だと振りかざせるようなことなのか。

正直疑問なのだ



舞台などはチケットを買う機会は色々ある。

ファンクラブ、携帯サイト会員、劇場先行、主催先行、プレイガイド先行(有料会員先行も別にあったりする)、一般発売

一般勝負のものもなくはないけれど、大体何かしらの先行がある。

ということであればなんら違法なことをしなくても一人の人間複数チケットを手にする機会が存在するということだ。

まぁ先述のような人たちはFCなどで当たったらそれ以降申し込みすべきでないというスタンスなのかもしれないけれども、公式がご用意している限りは持っている権利だと自分は思う。

で、よく耳にする文言としては「行きたくても行けない人がいる」というやつなのだけれども、その「行きたい」とはどの程度行きたいのか。

どの先行も申し込んでも申し込んでも落ちてしまうのは運だから仕方ないというところは実際ある。

でもその落ちてしま理由っていうのもただの運だけじゃないと自分は思う。

例えば、申し込む全てが東京初日や楽日、土日に集中して、多くの希望者がいるところだけだった場合、当然当選率も落ちる。

それは「自分が都合のいいときに行けない」であって本当に「行けない」というのとは違うんじゃないだろうか。

例えばそういう日程ばかりでしか申し込まず、全然当たらない…と言ってる人に対して、交通費が多くかかる地方でのチケットがあると言ったら行くだろうか。

自分も勿論人気の日程も行きたい気持ちもあるが、申し込みをするときにはまず「行く」ことを優先して、場所、日程共にどこだったらば当選率が高いかを考えて申し込みをする。

駄目元で人気日程を申し込みをすることもあるが、そのときは申し込み枠を半分捨てる気持ちは持っている。

それで確実にチケットを取っていき、各先行でチケットを増やしていく。

また、先行だけじゃなくても、友人などがチケットを被らせてしまって譲渡をしたいというのであれば迷う余地なくすぐに譲ってもらう。

それが飛行機に乗らなければならない距離であったとしても。

公演日直前になって同行者が行けなくなったとか、 外せない仕事でいけなくなってしまったとかで席が空きそうという連絡を貰えば最大限調整をする。

その他おけぴ等のチケットお譲りは随時チェックを欠かさないし、有難いことに友人からのお誘いもあって何回も行けることが出来る。

利益を上乗せしない個人間の譲渡がアリかどうかという点については今回の論点ちょっとずれるのでおいておく。

ただダフ屋のような転売には一切手を出さないし、当落の後、落選の怒りは全部オークション転売サイト違反報告にぶつけている。

友人から譲渡等については本当友人に感謝しかないのだが、そういう繋がりでのやりとりを快く思わない人もいる。

最初に出した知人の件だが、知人にチケットを譲った人は、知人をバッシングした人とも繋がりがあったらしい。

知人は、その人に譲ればよかったのかな、と落ち込んでいた。

もしその人がバッシングした人の方に譲ると言っていた場合、どういう行動を取ったのだろうかな、と思ったりもする。

この件とは全く別の件だが、同じように一回行けたなら行けてない人に譲るべき!と息巻いていた人がいたが、蓋を開けてみたら抽選形式の当日券にて何度も観に行っていたりして、どの口が言っていたのかと思ったことがある。

他の人は譲るべきで自分だけはいいのか。

から先ほどの件もバッシングの仕方を見て下衆な憶測をすると、自分と繋がりがあるにも関わらず、自分ではなく他の人に譲られるのが腹が立ったんじゃないかなと。

でもその譲った人は知人に譲ったわけで、恐らくそこには知人と相手との交友関係があったからで、そのバッシングした人は譲渡した人とそこまでの交友関係を築いていなかったわけで。

日頃交友を結ぶことへ労力をつぎ込んでおくのも大事なことであり、普段そういうことをしないでチケットだけ勝手に舞い込むなんてあるわけがない。

仕事があるし遠征は難しい、という人もいる。

本当にそうなんだろうとは思う。

でも、そういう道を選んでいるのは自分自身だと思う。

自分は昔休み自由が利かない仕事を長らくしていて身動きが取れなかったときがあったが、自分が行きたい舞台にもろくにいけない生活に正直心は死んでいた。

今は自分時間がある程度コントロールできる仕事をしている、が給料は安いし、不安定雇用形態だ。

だとしても自分が行きたいとき自由に動ける立場というのが自分の中ではとても大事で、それで貧しい生活になったとしても何も苦ではない。

から仕事で行けない、と理由を言う人については仕事を変えればいいじゃないと軽率に思うし、それが出来ないのであればその舞台より仕事の方がずっと大事なのだから行けないのも仕方ないじゃない、と思う。

あっちもこっちも全部成り立たせようというのだから無理が出てくる。


こんなことを改めて思ったのは、件のユニットとは別にチケットを取ろうとしたものがあり、先行が連続で落ちてしまって取れなかったことがあったからだ。

その界隈に明るくなかったからそこまで人気だということを知らなかったので甘く見ていた。

別に見たいだけで席はいいところでなくてもいいし、夜の公演なら仕事終わってからでも十分間に合う時間だし、と考えながらの申し込みだった。

しかし先行も落ち、一般ぴあの端末まで行っても惨敗

落ち込んだところで友人に言われたのが「○○(地域名)ならあるみたいだよ」とのこと。

日帰りで行けなくはないが、ちょっとしんどい距離

そこだけでなく、大きい都市以外の地方チケット一般でも全然残っており、行きたければ行ける状況。

その状態でも自分は「あぁ、行けないなぁ」と思った。

から、その状況における自分の”行きたい”は所詮そんなもんなんだな、と思った。

そんなことがあって、複数ステを悪とする人の言う「行きたい人」ってどれほど行きたいものか、と考えた。

自分が追っかけているユニットについては、東京だったら行きたい、とか、土日なら行きたい、という人の”行きたい”より、どの地域でもとにかく行きたい自分の”行きたい”方がより強い欲求、強い熱量だと思う。

それだけ行きたいなら行けるように自分環境を整えろよ、いろんな先行に目を光らせろよ、有料の会員になって申し込めるタイミングを増やせよ、日々チケットを探す手間を惜しむなよ、普段から交流してネットワーク作る努力しろよ、それらを惜しんでただぼんやりチケット欲しいなぁ~って人が口を開けてるだけで来るわけがない。

勿論ビジネスとして行きたいと思ったまだ浅いファンや、ちょっと興味を持った人が行けない状況というのはファンの間口を狭めることになるので、行きたいと思った人が皆行けるのが理想ではあるが、なにぶん入れる人数に限りがあるので難しい。

その分、チケットが取りづらい為に楽日などには全国の映画館ライブビューイングもやって、見たいけど見れない人の受け皿をちゃんと作っている。

ちょっとチケット代も安いので、初心者にはそれくらいがちょうど良かったりもするんじゃないかと思う。

それこそ、一人一回しか見るべきではないという制限をつける方がビジネスとしては厳しい状態になると思う。

都会はチケットがなくなるけれど、田舎はガラ空き、そうなったとするとその実施地域では採算が取れないということになり、今後そのエリアでの上演はなくなってしま可能性も十分に考えられる。

実際、全国を回るツアーなどでの観客のそこそこの人数は遠征してきている人たちだ。

少し話はずれるが、その実施地域についてはその地元の人が行くべきで、遠征組は控えろという意見も見たことがある。

だが地域としては地元民だけではなく、遠征人間がその土地へ行き、観光をし、普段の食よりちょっと奮発していいものを食べ、お土産を買ったりすることでその地域の為になることも少なくない。

一人一回とかにすることで得られるメリットより、その制限を設けることで損失することの方が多いのではないかと思う。

沢山ある演目中連日盛況でチケット争奪になるものというのは偏りがある。

行われる多くの舞台ではチケットが残り続けたり、盛況に見せるためにあまりすぎた公演はチケットプレイガイド社内で配って客寄せをしたりすることだってある。

地方が空いているのであれば一度見に来てくれている人がまたお金を出して来てくれるのはありがたいことだ。

それを複数行くことでメンバーが怒るとか、本人が思ってもいないであろうことをなに勝手に代弁しているんだと思う。

他の人が行く為に自分が一回しか行かないという心がけは結構

だがその価値観はけして他の人に押し付けるべきじゃないし、マナーでも、正義でもなんでもない。

違法行為でもないことについてそこまで言及出来るまでの根拠自分にはわからないし、そういうと「違法じゃなければしなくていいわけじゃない」とか言うゆるっゆるな根拠が出てくる。

チケット当落とかある度にモヤっとしている。

2018-03-13

消せない過去

私が毎日通っているスポーツジムにいるインストラクターのお姉さん

胸も大きくて、くびれがあって、何よりかわいい

私より年上なのに、全然えらそうじゃなくて謙虚

こういうお姉さんになりたいなって、いつも思ってる。

Instagramでも相互フォローしてて、コミュニケーションとってる。

ある日、彼女のインスタライブ荒らしが来た。

いつも来るんだけど、卑猥言葉を言っては通報されてる人。

アカウント変えて何度でも蘇ってる荒らし

そいつが、ある名前を連投していた。その名前を見てインストラクターのお姉さんは真っ青に。

すぐ配信は止められた。

釣られてはいけない、と思いながら連投された名前検索してしまった。

そこにあったのはインストラクターのお姉さん。

に、酷似した女性、いや、ほぼご本人と言っていいほど似ている女性アダルトビデオだった。

どうやら、インストラクターになる前になん本か出演していたようで

今は引退しており、インストラクターとして生活している。

彼女としては、消したい、忘れたい過去であっただろうに

ここまで追いかけてくるのは最低だと思う。

見てしまった私も同罪だ、

2018-03-11

SNSの使い分け方が良く分からない。

有名どころのSNSIDは一通り持っているけど、正直上手く使い分けができていない。インスタとかは他のSNSとの連携機能が充実してて、一回投稿すれば他のSNSにも同じ内容が投稿できるけど、たとえばFBとインスタで同じ人とつながってて、両方に同じ内容の投稿をされると、結局2ケ所で同じモノを見ることになるわけで、それなら片方だけでつながっていれば十分な気がする。

自分としてはTumblrとインスタは公開モードでいろんな人に見てほしくて、FBはある程度自分のことを知っている人限定で見てほしい。Twitterも現状アカウントに鍵をかけているので相互フォローの人にしか見えない状況だけど、結構趣味の合いそうな人は面識なくてもかなりフォローしちゃっているので不特定多数に公開しているのとあまり違わない気がする。単に多少過激なこととか愚痴とか書きたいときに、見せる範囲限定しておくと炎上対策になるかなという程度。

まぁ内容やら友達によって、スルーされまくりの時とか、義理で「イイネ!」してくれてると思う時とかいろいろあって、SNSときにいろいろ気を遣ったり努力してもしょうがないのかなと思うこともある。たまにせっかく別々のサービスなんだから投稿する内容変えなきゃ…と頑張ってみることもあるけど、まぁそんなに彩りのある生活をしているわけではないので、一つの場所写真を撮りに行ったら、サービスごとに違う写真投稿してみるとか、その程度の差の付け方しかできない。

自由業とかで自己PRのための営業ツールとしていろんなSNSIDを持っている人は同じIDで同じ内容でもあっちゃこっちゃに投稿して誰とでもつながれるようにしとくのがいいんだろうなと思うけど、普通サラリーマンOLがそこまでやる必要があるのか疑問だ。私は気分が盛り上がるとやたら頻繁に投稿したり、長文書いたりしがちなんだけど、そんなに面白いことを書けるわけではないので、むしろ自主規制して少なめにする方が良いのかなと思っている。

時々毎週のようにどこかにお出かけして美しい写真投稿してくる人とかもいるけど、あまり頻度が高いと「はいはい、また出かけたの。キレイだね。」と義務のように「イイネ!」を押すこともある。インスタとかもあまりにも投稿頻度が高いとちょっとめんどくさい。これがいわゆるSNS疲れというやつだろうか。たぶん疲れたらあまり見ないようにするのが一番なんだろうけど、何となく人さまの投稿をチェックしておかないと落ち着かない。こういうのをやっていると読書をしなくなるし、他にもいろいろなエンタメ鑑賞をしなくなって貴重な時間を浪費している気がする。でもすっぱり全部SNSの類を止めるのも怖いんだよな。あまり負担にならないほどほどの付き合い方はどのくらいなのか考えたい。

2018-03-03

知り合いのメンヘラTwitter相互フォロー要求された

断れずに相互フォローした

死にたい...」「病みそう...」

とか言ってるだけのアカウント

こっちが病みそう笑

2018-02-10

地雷持ち腐女子のとの関係

ただの腐女子愚痴の話。

私は創作同人誌も出したことのある腐女子の一人なのだが、今とある腐女子と揉めている状態にある。

タイトル記載しているように地雷持ち腐女子ともめているのだが、地雷持ち腐女子が悪いとかそういうことを言いたいわけではない。なんせ私も地雷持ち腐女子の一人だからである

私は固定になると逆CP名のミュートはもちろん、わざわざ逆CP検索して出てきたユーザーを片っ端からミュートしている。仮にそのCPをABとするとA受け、B攻めも見ることができない。

そして、そんな私がとあるジャンルのABにはまりTwitterを始めた。そこで出会ったのがMである

元々はまったジャンル腐女子の数が少なく創作している腐女子が中々いない。Mはその数少ない創作する側の腐女子だった。Mは私と同じく地雷持ちで、同じCPが好きな腐女子だった。実際にイベントでも会ったことがあり、私にとっては親しい部類と思っていた。

しかし、あるとき別のジャンルに嵌まったことで関係が一変する。

私は確かにジャンル持ち腐女子なのだが、それはジャンルによって異なるのであるとあるジャンルではリバは見れる、とあるジャンルでは特に地雷がない、など。私が次にはまったジャンル特に地雷がなかったのだ。別垢を作り隔離をしていたが特に明記することはなかった。同じく別垢を作っていたMと相互フォローになった。Mは特にCP名を表記しておらず、私も特に気にせず逆CPの絵をRTしていた。暫くそのままだったのだが、元ジャンルで繋がっていたMのツイートが荒れだした。

「許せない」や「殴りたい」等の言葉を連ねており何となく察した私がMの別ジャンルの垢を見たらリムられていたのである

その時は仕方がないと感じていた。地雷を見てしまった時の辛さはわかるし、配慮のなかった私も悪い。私は特に反応せずそのまま見ているだけに留めた。あまり反応するとかえって関係悪化すると思ったかであるしかし、それが逆効果だったのかMはTL上で愚痴綴り続けた。「好感度が…」

数日続くと流石に見るのが嫌になったため、ミュートしてMのツイートを見ないことにした。そのまま放置していたのだが、Mとの関係相談していたSから「またTLでM荒れてるよ」と話を受け覗いてみると、すごかった。

「こいつのツイートみて無理だと思った」とか地雷云々の話を越え私自身に対するヘイトに変わっていた。しかも同じようなツイを何回も繰り返しフォロワー同意を求めているような姿で正直、可哀想だとすら感じた。過去には「話しかけられないと嫌いになる。話しかけられれば好きになる」等、アピールなのかわからないツイートもあった。

うわっ、面倒な女だ。関わりたくない。と感じ結局、私はそのままMを放置してる。エスカレートする恐れもあるが、それ以上にMが地雷になった。

ジャンルで元フォロワー地雷で揉めるというのはよくあることなのだろうか。私自身、腐女子歴は長いものの、ネットでの交流はここ数年のためよくわからない。

私の知るもう一人のフォロワーN(固定で地雷持ち)とはCPが被らなくても揉めることは無かった。N聞いてみると「そんなことで一々揉めていたらキリがない」とのこと。

まさにその通りである

Mは「好感度が下がって……」云々呟いているので、元々は私のことが好きだったけど嫌いになったのだろう。別にそれは構わないのだが、そんなに嫌だったらブロックでもしてほしい。一々私のツイート確認しないでほしい。そして、私より年上なんだから少しは自分ツイート配慮したらどうなのだろうか。

マイナスな呟きはジャンル自体マイナスイメージを与えやすい。ただでさえ小さなジャンルなのだから大事にしてほしいのだ。

地雷持ちの腐女子関係を揉めると本当に面倒だ。

2018-02-05

Twitter趣味アカウント

急に絡んできたか相互フォローになった人

精神病の薬(名前忘れた)飲んだ

とか、なんか病んでるツイート繰り出してきて

ミュートにしようかどうか迷ってたら

しにたいしにたい

とかツイートしてて、しかもそのツイートに誰一人反応してなくて、

しにたい

とか悠長につぶやいてるけれど、言いたいことは「しにたい」じゃなくて「優しくしてぼくを構って!」とかそんなんだろ

とか思いつつ、

やっぱり心配で相変わらずミュートにできないままでいたら、嬉しそうにLINEスタンプがどうたらとか呟き始めて、安心しつつイライラ

本人にしかからないけれど、深刻な状況だったら「しにたい」とか呟く余裕なさそうだし、構って欲しいからって安易に『死』を持ち出すその感覚が本当に理解できないし、軽蔑だわ

病みツイートする人はTPOわきまえてして欲しい。病みツイートしたくなったら紙に書いて、精神科に持って行けばいいんじゃないの?たぶん

そういうツイートしてスルーされるのも精神ダメージきそうだし

2018-02-03

地雷CP好きの人が私のSSを読んでいる

※長くなるし、まとまってないし、ただの独り言です


地雷、何かとツイッター学級会が始まるこのワード

この地雷という感覚を知ってしまった

私は雑食でそれもリバ厨だ

なんでもおいしい

絵柄、内容、作風、どれかにヒットすれば、いや、ヒットしなくても好きなジャンルの話なら読んでいた

地雷という言葉がはびこる世界で、地雷理解しているつもりでいた

どちらの意見

地雷です!って言う方の気持ちも、地雷地雷うるせぇー!って言う方の気持ち

私は自分中立的立ち位置でいるような気がしていた

私にも好みじゃないものがあった

だけど目に入っても手に取らないそれだけのもの、だった

そう、過去形

私は今地雷という感覚を知ってしまったのだ

とても苦しい

地雷ね、理解してると思ってた時の私は全然理解していなかった

理解しているというのはきっと理解していないことなのだと思う

その気持ちわからんわ〜という人は理解する気すらないのだからわかるわけがないし、

わかるわかるという軽いわかるだときっと10%もわかってない

例えば身内とか、友人とか真剣に寄り添いたい人への気持ちでも30%もわかってあげられない

自分が同じ立場になった時、あの時全然わかってなかったと絶望すら感じる

同じ立場の人への理解度はそれでも50%あればいいところだと思う(これは地雷以外のことでも)

から地雷地雷うるせぇー!自衛しろ!って騒いでる人たちをみるとこの人は地雷理解してないんだよな…って気持ちになる

地雷ですってぎゃんぎゃん騒いでる人の気持ちも私は理解しきれないのだけど



やっと本題に入ります

そう、私は地雷なしいや、地雷があっても反応しないという立場から地雷あり、反応してしま立場になってしまった

前のジャンルでA×B好きの人はB×Aを読むけど、B×A好きの人はA×B好きの人を先行ブロックしてるって話を聞いてゲラゲラ笑って大変だなーとか言っていたのに、地雷持ちになってしまった

その作品を好きになった最初の頃は地雷は発動していなかった

原作映画で公開されたばかりということもあり二次創作をしている人が少なかったからその作品の絵を描いてる人をツボにはいれば大抵フォローした

私はA×Bというカップリングにはまった

作品を見るたびに何度も劇場へ足を運んだ

作品評価が高まってファンが増えると劇場でのマナーの悪さが目立つようになった

まりファンマナーの悪さに劇場へ行くことをやめた、作品を嫌いになりたくなかったか

そこで出会ったマナーの悪いファンはBとCのカップリング好きな人ばかりだった(B×Cか、C×Bなのかまではわからない。あまり見ないようにしていたから)

ツイッターでえ?と思うような発言をしてる人もBとCのカップリング好きな人がおおくて私の中でモヤモヤした気持ちがうまれていった

ここで地雷が発動したのだろう

その気持ち毎日どんどん加速していく

叩かれるようなことを起こすのは大抵BとC好きの人たちだった

何か起こるたびにまたか…またBとC好きか…そんな気持ちになった

公式アンソロジーがでることになった

そのジャンル同人活動をしている商業作家の方がそこに寄稿することになった

その方はB×C好きで、でも絵が好きでフォローしていた

もともと私はアニメよりも少女漫画BL漫画が大好きでほぼのお金単行本を買うことに使っていた

商業作家が大好きだったし、同人活動するぐらいすきならきっと素敵なものを描いてくれる!と思うタイプ人間だった

だけど、B×C好きの商業作家公式仕事をすると知った時、とてつもない嫌悪感を抱いた

絶対B×C描くやん、抑えてるつもりでも心の奥底で溢れる想い無意識に出てまうもんやで

そう思った

結果やはりめちゃくちゃB×Cだった

あ〜私めちゃくちゃ地雷発動してる…くそ自分くそ…BとCが悪いわけちゃうやん…悪いのは頭のおかしファンやん…

頭ではわかっているわかっているけどどんどん嫌いになっていく

そんな中で続編決定や、雑誌SSが載ったりなど公式にも動きがあった

グッズ展開も増え、BとCはセットで売られたりすることも多くなった

BとCのカップリングジャンル大手ぐらいのカップリングになった

一方私の好きなAとBは自分でいうのも悲しいがドマイナーだった

AとBがドマイナーなのは全くもって意味がわからないが人気キャラ同士のBとCのカップリングが人気なのは仕方ないことだと思う

Cはキャラ人気1位なのだ

世間腐女子の欲を満たすように展開されていくグッズ

仕方ないとわかっていながらも、ちっと舌打ちしたい気持ちでいっぱいだった

まり供給がなかったので、自分二次創作をすることにした

自分が読みたいから書いたのだ

今まで書いたものを公開したことはなかった

自分を満たすために書いてたものだったか

だけど、待てど暮らせどpixiv投稿数は0のままであまりにも悲しくて初めてSSを人目のつく場所に公開した

そんな日々を送っていると続編の公開が決定した

そして、ユニットソングの発売も発表された


ユニットメンバーはAとBだった



歓喜した打ち震えた

マイナーと言われていたこの日々におさらばだと思った

みろ!これが逆転ホームランというやつじゃかいか!すごい!公式が味方だった!公式が味方強すぎる!!!

CはCの憧れの存在ユニットソングを歌うことになっていた

他のキャラたちのユニットも発表された

実にバラ色の人生!そう!始まるの!と思われていたがそうでもなかった

AとBの組み合わせはめちゃくちゃ貶された

顔カプ、余り物コンビ、なんであの2人?

そんな言葉が飛び交った

いやいやいや、お前ら作品みた?本気で言ってんの?

私はそんな気持ちでいっぱいだったけど、何もできないし、貶す言葉は止まらなかった

作品の中で一言言葉を交わさないし、目線も合わないキャラカップリングでさえそこそこの人気で、それこそ顔カプなのに何も言われず

体に触れ、名前を呼び合い、目線もがっつりあってるAとBが顔カプ扱い…?

意味がわからなかった

特にBとC好きの人が貶していた

顔カプ、余り物コンビ

BとCなんて同じ場所にいただけなのに

Cには恋い焦がれてる憧れの存在すらいるのに

そっちのほうが!人気キャラ同士でくっつけたそっちのほうが!顔カプじゃん!!!

悲しくて悲しくて、だけどどうしようもなかった

そっちはそっち、こっちはこっちでほっといてくれればよかったのに

AとBのカップリングを貶す人が目につけばブロックか、ミュートした

BにはCしかいないという発言にすら気持ち悪さを覚えてブロックか、ミュートした

地雷は加速し、B関連のカップリングA以外は全部嫌になって、フォローをどんどん外していったし、ミュートした

地雷があるのでA×Bしか受け入れられないともプロフィールにも書いたし、ツイッターもつぶやいた

もちろん自衛もしたミューワードだっていれた

だけど、例えば赤と青のカップリング名前が赤青だとしたら、かーあおとか伸ばし棒つけて呼び出すのでミューワードに引っかからなくて意味なかった

なんで伸ばし棒にかえんだよ

ミューワードに引っかからせろよ!!!

お前彼氏のこと「だ〜♡」とか呼ぶタイプ人間だろ絶対

そんな中で私ひっそりとSSを書いていた

いいねブックマークをしてくれる人がいる

しかった

同士がいる!!!同士がいるんだ!!!

ブックマークをしてくれる人のホームに飛んでツイッターを見に行った

しかしたら、同士なんじゃないかと、期待して

…C×B好きだった

同じことを繰り返した

わかったことは私の作品を読む人はBとCが好きな人だということ

絶望した

どうしたらいいのかわからなかった




そして続編が公開された

公式がAとBを大プッシュしていて、公式大手すがて私の心が復活した

公式背中を押してくれている

とても心強い

余り物コンビ、顔カプと呼んでいた人たちもこれには認めざる得なかったみたいで、AとBいい!という発言にかわっていった

もちろん貶したり、見なかったことにされたりもあったけど


せやろ

そう言いたくなった

でも、同人活動をする人が増えたかというと全く増えなかった

なぜ、なんで、わからん


そんな日々で私の地雷MAXは収まったけど、地雷は続いていた

私の作品を読んで感想をくれてフォローしてくれる人がでてきた

だけど、BとC好きの方だった

嬉しいけど素直に喜べないし、フォロバもできなかった

私のことをリストに入れてる人もBとC好きの方で気持ち悪くてブロ解した(この気持ち悪いという感情理解できる人とできない人がいると思う)

何度ブロ解してもリストに入れられる

そのうち諦めたのかフォローされた

ツイッター妄想を呟けばいいねされるBとC好きの方に

A×B好きを増やすためにこういうことしようかな!?と呟くと真似されるBとC好きの方に

心底気持ち悪かった

そんな日々で監督

「BとCは別に仲がいいってわけじゃなかったけど、ファンの方の意見を取り入れて絡ませました」

かいいだしたときには血吐いて死ぬかと思った

顔カプが腐女子の力で原作にまで影響を及ぼすなんて吐き気が止まらない

地雷MAXがまたきた

BとC好きで私のことフォローしてくれてる人は申し訳ないけどみんなブロ解した

鍵もかけた


時は過ぎていき、イベントたまたまB×C好きの人と仲良くなった

その人がいい人だったのでB×Cに対する嫌悪感は薄れていった

地雷MAXの時はBとCの応援カラーが並んでるだけでも吐き気をもよおしていたのに

今も地雷は続いているし、グッズ展開の媚び媚び商法を見るたびにおぇ〜って気持ちになる

だけど、だいぶまっしだ


そんな今になってこのブログを書いたのか

それは今日私の作品ブックマークをしてくれた方がいたからだ

私は前のようにブックマークしてくれた人のツイッターを見に行った


ブロックしていた、私が

地雷MAXの時によくいいねをくれる人だったと思う

フォローしてないのに鍵開けたらすぐいいねくれるから怖かったし、BとC好きだからブロックした

覚えてる

申し訳なかった

その人は私の作品評価してくれているのに、私はブロックしているのだ

なんと説明すればいいのかわからないけど、辛くなった

私が地雷もちなばかりに、もしかしたら、私の知らないところで誰かを傷つけているかもしれない

何も感じてなければいいけど、もやもやさせているかもしれないし、私がファンのせいでBとC地雷持ちになったように私のせいでA×Bを嫌いにさせてしまうかもしれないと思うと怖い

私がされた立場ならこの人地雷もちだからか〜となんとも思わないかもしれないけど、感じ方は人それぞれなわけで

ジャンル相互フォローになった人が急にB×Cの話をめちゃくちゃするようになってリツイートやら、絵も描くようになったのでそっとフォロー外したらめちゃくちゃ貶された経験もあるのでなんとも言えない

あ〜私が傷つくのはまだいいけどA×Bを嫌いになられるのはやだなぁ

アイドルユニットの中でもっとも人気のなかったCP紆余曲折をへて王道CPになって今はそのCPしか考えられないってなってるどんでん返し現実で起きたみたいにA×Bも王道CPになるって私は信じてるんだよ!!!

いや、私が傷つくのも傷つけるのも嫌だけどさ…はぁ…まとまらないし、答えが見つからない

こんな気持ちになるなら二次創作やめた方がいいのかなーとも思う

かくことは好きだからやめないけど、このジャンルをさったり、公開をやめた方がいいのではと思う

でも私がかくことをやめたら悲しむ人がいることも知ってる

好きな人たちだからしませたくない


どうやったら地雷ってなくなるのかな

地雷CP好きな人自分作品まれてるってみんなどんな気持ちでどう受け止めてるの?

逆に自分の好きなCPのこと地雷って言ってる人の作品をどんな気持ちで読んでんの?

私が地雷なしの時は自分の好きなCPのこと地雷って言われてもその人の各作品が好きだったら何にも思わず作品読んでたけど、雑食だったから強いこだわりがなかっただけなんだよな

今ならA×B地雷の人がかいた他のCPなんて絶対読めないしブロックしまくるよ

あ〜ここまで書いたけど答えが見つからない

Cが原作女の子とくっついてくれたらいいのに

AとBが原作で付き合えばいいのに

私が変われないか世界に変化してもらいたいと思うけどそんなことは無理だから私が変化するしかない

あ〜〜〜〜〜〜まとまらいから終わります

朝起きたらみーんなA×Bが好きになってメジャーCPになってねぇかなー!

anond:20180202123944

ツイートちゃんとしてる?

いか?人はリツイートフォローされたら、まずそいつタイムラインを見るんだ。

最新が1ヶ月以上前なんて論外。

3日に一回くらいの頻度でも厳しい。

最低でも1日2回以上は投稿しろ

投稿しろっつっても質の悪い投稿はむしろ逆効果からな。

ソシャゲの通知やらラーメンの記録写真、バズってるネタ画像リツイート連続

フォロワー2000超えたあたりからこういうツイートもご愛嬌と捉えてもらえることもあるけど、

基本的マイナスイメージになるから控えろ。

一番大事なことだけどキャラ方向性を定めろ。

アイマスオタとかラズパイオーディオマニアとかイチャラブ四コマ漫画職人とかビッチ自称おとこの娘とか、

フォロワー集める奴は良くも悪くもキャラの癖が強い。

始めの自己紹介そいつの全てが説明できるくらいにインパクト強い個性があったほうがいい。

ツイッターなんて結局な、表になかなか出てこれんオタク共が同士とつるんで村作るアポカリプスなんじゃ。

地獄の黙示録みたく頭つるっぱげにして人骨の盃で酒飲みながら密林の奥に進んで行け。

あと当然だけどフォローは何人かしてるよな?

平均的増田くそまらいであろうツイートが、オタ充よろしくやってるツイッタラー琴線に触れることは到底ありえないわけで、まあサーチからフォローしてもらえることなんざありえないよな。

てか勝手フォロワー増えてくのは有名人だけだ。

テレビに出ていない、本は出したことない、インタビューしにくる奴もいない、ネットでバズらせたこともないし、インスタはやってすらいない、ハッカソンとは何者だ?最終学歴どこそこそれ?何かの大会で優勝したことありますか?資格なんて運転免許証しかないわ、しか不細工、服はしまむらetc

おまけに歌も下手、楽器できない、メロディかばない、そんで絵も描けなきゃ集中力いから長文を書くことすらできない。

からボカロpixivもなろうもハナからやる気すらなかった。そのくせにいっちょまえに馬鹿にはしてたんだけどなw

脱線したけどそんな実力も人気もない奴向こうからフォローしてくることありえないでしょ?

なら相互フォローを狙うしかない。

こっちからフォローしてお返しにフォローしてもらうというやり方。

別に俺は何千何万とフォローしていけって言ってるんじゃないぞ。フォロワー2000人に対しフォロー2500みたいな垢とかほんと引くから

フォロワー一桁の状態なら50垢くらい自分からフォローするんだよ。

この50垢も誰でもいいわけではなくて、ちゃんと自分のコンセプトにあったある程度仲良く出来そうな奴を選ぶ。

フォロー前後挨拶DMとかはいらんけどたまにRTとかファボはしてやれ。

で50垢くらいフォローすると、相手がお前のプロフィールとかタイムラインを見るわけだな。

そのタイムラインとかが相手に気に入られればめでたく相互フォロー状態に持ち込める。

後はひたすら投稿RTを繰り返して、フォロワー自分ツイート拡散してもらいやす環境作りに徹する。

運良くお前のツイートが受けてRT数3桁クラスの小バズが続けばフォロワー5000超えくらいはもう余裕よ。


あーあとハッシュタグ流行りに乗っかるのも手かな。

今だと例えば「#ポプテピピック」ってつけたツイートポプテピピック放送中に投げるとか。

でも基本はやっぱり中身(タイムライン)がしっかりしてることだよね。

2018-02-02

萌えるからと言ってなんでも書くのは危ない

 小説なり漫画なりで好きなシーンや良いシーンがあったら自分なりの解釈でそのシーンの絵や小説にすることがあると思う。

 先に述べるが、私はそれに大いに賛成である

 私は小説を書くのだが、その中で「ここのシーンたまんない!」とか言われて絵にしてもらえた日には感激で夜も眠れない。

 さらに言えば、私宛に送ってくれれば喜んで家宝にしたか軽率に送って欲しかった。

 だが世の中そんな人ばかりではない。

 これは私が以前に経験し、現在も未解決に近い(理由は後述する)話だ。

 私は当時とある作品のAというキャラにハマっていた。

 今でこそそのAは凄い人気なのだが、当時は登場して間もないこともありpixivなどで検索しても総数で2桁ないくらいだった。

 そんな由々しき事態に、私はそのジャンル出会った仲間たちと共にキャラの良さを広めるべく日々小説を書いていた。

 そんなある日、とあるCPを見かけた。

 それは現在そのジャンル大手CPのS×Aだった。

 これはいいと私も最初は書いたり読んだりしていたが、作品が多くなるにつれて主流が可愛いAという風になっていった。

 それも仕方ないことだ。

 Sに対してはAもツンデレのようなところもあったし、そもそも公式設定からして童顔など可愛い要素多めなのだ

 けれど初登場や要所要所で現れる格好良さ、正体不明の頃から時折見せる恐ろしさなども魅力なキャラだ。

 そして悲しいことに、私は後者の部分でAを愛していた。

 つまり解釈違いだ。

 こうなってはS×Aに触れにくくなる。

 幸いにして当時はAの魅力を全力投球で書いたA攻めの別CP小説が好評で普段のメインはこっちだった。

 だから無理してS×Aに触れる必要はない。

 ないのだけど——

 これまた悲しいことに私はSも好きだったのだ。

 特にAと絡むのが好きだった。

 これは原作エピソードのせいとも言えるのだが、語ると長いのでここでは省く。

 とりあえず、原作がAとSの絡みを推してくるのである

 そうなるとAとSが絡む二次が見たくなる。

 でもそれでは主流解釈可愛いAを見なければいけない。

 雑食とはいえ、解釈違いばかりというのはさすがにキツいものがある。

 ならばと、逆CPに手を出した。

 今から考えればこれがいけなかったのだが、当時は雑食の利点を生かした良い手だと思ったのだ。

 そして私はA×Sを検索するようになった。

 まぁ当時ジャンル自体マイナーな上に、その主流CPとは逆なため作品総数が少なかった。

 それでも活動する人はいた。

 そしてその中に彼女はいた。

 仮名はエヌ子としておこう。

 エヌ子は絵も小説も書けたため当時のpixivにあるASの大半は彼女作品だった。

 少なくとも私が検索した範囲ではエヌ子の作品に溢れていた。

 なので真っ先にエヌ子の作品をみることになったのたが、正直ドストライクだった。

 小説にしても小話を書いた絵にしても私の好みでヤバかった。

 本当に好みすぎてpixivに日参し、Twitterフォローして新作を待ち望むほどのファンになった。

 けれど声をかけることはしなかった。

 理由としては単純だ。

 私が雑食で、逆CPを既にいくつか書いていたかである

 私はそうではないが人によっては逆CP絶対NGなんてこともある。

 そもそもエヌ子はS総受の人だった。

 ならSA以外にもS攻めを書いている私なんか範疇外の可能性がある。

 だからまりかかわるべきではないと思ったのだ。

 だが悲しきかな、雑食書き手の性。

 エヌ子の作品を読む内に私もASを書きたくなった。

 そして同時に、エヌ子さんの作品もっと多くの人に見てもらいたいと思った。

 そのためにはどうすればいいか

 それが、その日からそれが私の命題になったのだ。

 そんなある日、エヌ子の新作が投下された。

 それはいもの妄想シチュエーションの絵だった。

 そして、その中のひとつが、私の心に深く刺さったのだ。

 それは普段Sにひどく当たってしまうAが酔っ払い甘えるというシチュエーションだった。

 簡潔に言えば凄く萌えた。ヤバかった。

 そして、この萌えならばいいのではないかと私は思ったのだ。

 この萌えならばエヌ子さんの作品紹介に打ってつけではないかと。

 そしてTwitterにてリツイートした。

 が、それでは足りないと思った。

 もっと他の作品pixivにあるから見てほしいと。

 そして、私はある作品を書き上げた。

 そう、それが冒頭の説明に繋がるのだ。

 つまり、私はエヌ子さんのその絵のシーンを元に小説を書いたのだ。

 そしてそれを、pixivにアップした。

 そのときはまだpixivにまとめた作品がアップされてなかったのでURLは乗せてなかったが、代わりに「エヌ子さんのAS萌えて」とも「元ネタはエヌ子さんの作品から」なども明記していた。

 これが多分いけなかった。

 これがどういう経緯でかは未だにわからないが、人伝に私が上げた作品を知ったエヌ子は「嫌だ」とツイートした。

 今はそのツイート自体消されてしまい残っていないのだが、はっきりとした拒絶だった。

 今でもそのショックは覚えている。

 だが考え方の違いもあるだろうし、何か不手際もあったのだろうと心を落ち着かせた。

 そしてすぐに該当作品を消し、リプでエヌ子にその旨を伝えた。

 すると今度はそれを「嫌だ」と言われたのだ。

 そして「きっかけのツイートは消すから戻して」と上記ツイートを消されてしまった。

 そうは言われてもこちももう消しているしと困惑する中、リプでは埒があかないと言われDMに移行することとなるのだが。

 DMもっと混迷する。

 そのときのやりとりは最初に消されてしまったツイート以外すべて画像に残しているのだが、先方がネットに公開しないことを約束しろと言うので上げられない。

 だが内容としては早々にこちから「どうしたいのかわからない」や「そちらの主張が一貫していない」ことを指摘した。

 すると先方からよくわからない問題を出されたり、果ては「消して済むなんて思うな」「こちらの仕事に影響が出て困る」などと送られてくるようになったのだ。

 こうなったのは多少は私の落ち度なのだろうが、それにしてもよく意味がわからなかった。

 その中で1番訳が分からないのは直接やり取りしているのに「仲介役になってくれ」と私と仲のいい相互さんに連絡していたりするところなのだ

 幸いその方にはエヌ子とのDMやり取りに移行するときからずっと相談しており、DM内容も見せていたので中立に徹してくださったのだが。

 その方をしても意味が分からないと言っているほどなのである

 なお、エヌ子がその方に送った文面は私は見ていない。

 その方が見ない方がいいと言ったからだ。

 まぁそれはいい。悪口だろうとなんだろと気にしない。

 それよりも最初の方に述べているが、これは未解決に近いことが問題なのだ

 結果を先に述べると、先方からの返信が来ていないのだ。

 DMでも埒があかないかSkypeにしてくれと言われ、証拠が残らなくなるからと断ったら返信がこなくなった。

 そしてフォローが外されてしまった(当時は相互フォローではないとDMを送れなかった)。

 まぁ返信が途絶えるのは既に何度もあり、その都度こちから折りをみて催促していたからそこはもうどうでもよかった。

 それよりもフォローが外された方が困ったのだ。

 先方都合でDMにしたのに、これではもう絶縁状である

 正確にはブロックはされていないので違うのだが、それでも返信しないという意志の現れである

 こうなると本当に困惑しかない。

 解決したいってのも、責任を取ってくれっていうのも先方の要望なのにそれを達成する前に切られてしまってはどうしようもない。

 このまま活動するにもまた絡まれ訳の分からないことを言われても困るし、そもそもCPを変えようとジャンルは同じなのだからどこかで出会可能性が高い。

 そして考えた結果、私はアカウントごと引退することを決めたのだ。

 そうする以外手段が思い付かなかったし、少なからず仲間たちに迷惑もかけていたのが嫌になっていた。

 そうして私は先方の消すなという言葉尊重し、pixiv作品には閲覧制限をかけ、ことの経緯を書いた文面を公開した。

 もちろんよく分からなかったところや、二転三転していた発言には触れずだ。

 そしてTwitterアカウントも消さず、あらましを書き放置した。

 後日談として、その後も繋がっていた相互さんなどから

解決してよかった!ってあの人すごく喜んでるんだけど」や、ちょっと人としてどうなの?という話を聞くのだが、もう関わりたくなさすぎてスルーしてしまった。

 その節は失礼しましたと、この場を借りて謝罪したい。

 でももうエヌ子には愛想が尽きていたから話も聞きたくなかったということで許して頂きたい。

 あと私の作品を好きだと言ってくださった人たちへの申し訳なさすぎが強かったのもある。

 閲覧制限をかけたあともpixivメッセで「好きでした。残念です」や「どうにか見れるようにしてもらえませんか」など当時はもちろん、数年経った今でも届く。

 それを見るたび、もっとどうにかならなかったかなと思う。

 なので、というわけではないがこれを書こうと思ったのだ。

 脱線なども多かったですが、一応これは注意喚起です。

 こういう人もいるからという。

 そして冒頭のそれになるのです。

 つまりいくら萌えようと安易に人の作品元ネタに書かない方がいいよっていう。

 書いてくれーって言ってる人は大丈夫でしょ?とか思うよね。

 ダメです。私の関わった人も言ってました。

 だから書くなら仲間内にした方がいいです。

 じゃないとこうなったときすごく面倒くさいです。

 神の作品とか書きたいよね。

 でも神ほど気を付けた方がいいです。

 神に失望したくないなら余計に。

 件のエヌ子ですが、最近は浮上していないようですけど未だにそのジャンルに居ますし、どうも商業お仕事しているようですし、別垢を持ってないとも限らないので本当に気を付けて。

 途中からパクリだとか、出るとこ出るとか気の弱い方だと心が折れそうなことまで言ってくるような人なので。

 そして、そんな人間はエヌ子だけではないと思うので私の実体験を元に紹介しました。

 長くなりましたが、どうか皆様は楽しい創作ライフお楽しみください。

 長文乱文をここまでお読み頂きありがとうございました。

2018-01-31

anond:20180131094918

はてラボ」のような実験サービス群は、当時流行していたものだが、

これは会社主導ではなく個人もしくは少人数のグループの主導で、わりと勝手気ままに作られるものだった。

はてな匿名ダイアリーもその一つとして、wanparkというプログラマ個人的な思いつきで作ったものである

はてなの名でやるような事でもない

自分サーバーでやれよって感じだなぁ、と言っているとラボが終わってしまうので気分の良い時はてきとうなものを作ることにする。jkondoのkondoは公私混同のkondoやで。

https://anond.hatelabo.jp/20060923210701

これが有名な開設宣言である

なぜダイアリーなのか?

最近利用者には馴染みが薄いかもしれないが、

株式会社はてなブログサービスといえば、「はてなブログ」以前には「はてなダイアリー」があり、

その匿名版として作られたものが「はてな匿名ダイアリー」だったのだ。

まり日記」とは言いつつ実質的にはブログサービスであり、「トラックバック」などの用語にその痕跡がある。

また、開設当初は「マイハテナー」というフォロー/フォロワー機能足跡機能があり、

相互フォローであればその記事執筆者が分かるようになっていた。

単なるブログというだけでなくSNS的な発展も想定していたと思われるが、

そういった特殊機能は削られていって現在シンプル増田となった。

いちばん重要なことは、増田実験サービスであるということだ。

日記だのブログだのSNSだの言っても明確なグランドデザインにもとづいて作られたものではない。

つまるところは、wanparkの思いつきにすぎないのだ。

よって「どういう目的で作られたのか?」と尋ねられれば

特に目的とかはなかった」と答えるのが最も近いのではないかと思われる。

2018-01-30

有名人フォローすると

Twitter有名人アカウントフォローすると、その人に関連するよくわからないアフィリエイト目的とかエロ目的とか相互フォロー目的とかのアカウントから続けざまにフォローされるのどうにかしてほしい

私は有名人ツイートしか見たくないわけで、公式でもなんでもないプロフィールくっさいアカウントからフォローされるためにその人をフォローしたわけじゃない

こういうことが多すぎて、最近フォローを躊躇ってしまうからいけない

いちいちブロックするのもめんどくさいし、いい加減にしてほしい

萌えのままに二次創作ができなくなってしまった





ありがちな話だけど、pixivtwitterでの評価を氣にしすぎて楽しく二次創作活動ができなくなった

5年位前から、好きな作品二次創作小説腐向け)を書いてる

今まで3つほどのジャンル渡り歩いてきた

ジャンルAは気が向いた時にpixiv小説を上げてた

twitterはやってなかったので同ジャンルの人と特に交流したことはない、オフ本も出したことはない

それでもブクマコメントをもらえることがすごく嬉しかった

好きな作家さんからブクマがついたり、pixiv相互フォローになってたりするとほっこりした

ただ当時大学生リアル生活のほうが忙しかったのと、原作が終了したこともあり徐々に熱が落ち着いていき投稿しなくなった

ジャンルBはそれから数カ月後に出会った

アニメを見てむちゃくちゃに興奮し、萌えのままに小説を書きpixiv投稿した

この時初めて「同ジャンルの人と交流したい」という気持ちが芽生え、twitterを作った

すごく楽しくて転がり落ちるようにのめり込んだ、当時仕事があまり忙しくなかったこともありあっという間に同人生活交流の中心になった

初めてオフ本も作り、何回もイベントに出た

「いつみ見てます」「あなたの話が好きです」という言葉差し入れの山、回り続けるブクマ、どれもが麻薬のようだった

そのうち、それなしでは小説が書けなくなっていった

どうすれば売れるか、どうすればちやほやしてもらえるかばかりを考えて話を書くようになった

目立つ大手絵描き文字書きとだけ交流したい、(自分が思う)下手な人、ROM専とは交流したくないと思うようになった

自分よりブクマがついている人、売れている人を妬むようになった

自分が書いているのは「小説」なんだというよく分からない自意識に取り憑かれていた

原作に対する萌えを失ってもなお、1年くらいは承認欲求のために小説を書いていた

ジャンルCと出会ったのはそんな矢先だった

早速二次小説を書き始めたが、動機萌えのままというのももちろんあったが、pixivtwitterでそのカプがそれなりに盛り上がっていたからだった

つのジャンルである程度の読者を集めていたから、このジャンルでも読んでもらえる、ちやほやしてもらえるに違いないというゲスい考えのもと小説を書いた

ジャンル者のtwitterフォローしなかったし、新ジャンル用のアカウントも作らなかった

既に多数のフォロワーがいる今のアカウントを使った方が箔がつくと思ったのと、このジャンル投稿を始めてからのほうがフォロバしてもらえると踏んでいたからだ

数ヶ月書けて書いた大作を投稿した、SNSは期待の新人が現れた!と自分話題で持ちきりになると信じてやまなかった

結果は爆死もいいところだった

途端にジャンルに対する熱がすーっと冷めていった

ジャンルBの人もCの人も、爆死した自分をあざ笑っているのではないかという感覚に陥った

せめてtwitterアカウント分けをしていれば恥さらしにならなかったかもしれない、別人として振る舞えばよかったと後悔した

それでもCジャンルで書きたいという気持ちはまだあるから自分の中にある小説を書くことへの原動力が、100%の承認欲求だけではないのだと思いたい

今、どうやったら二次小説を楽しくかけるのか完全にわからなくなってしまった

冷静に考えれば、ジャンルCで投稿した話には上で書いたようなゲス自意識が滲み出すぎていたんだと思う

ジャンルAやジャンルB初期に書いていた話は、推敲全然していないし日本語もめちゃくちゃ、自分が見下してきた二次小説のものだけれど読んでてとてもわくわくした、純粋に元の作品が好きで書いたんだろうなという感じがする

ジャンルB後期は「日本語うまいね」「文章がきれいだね」と言われることはあっても、「萌えました」と言われることは格段に減っていた

承認欲求が悪いこととは今でも思っていないけど、自分はあまりにもそれにまみれすぎてしまった

どうしたら萌えのままにもう一度小説が書けるようになるんだろう

はじめて二次創作に触れた頃の、純粋情熱を取り戻したい

楽しくて仕方がなかったはずの趣味なのに、もう全然楽しくない

https://anond.hatelabo.jp/20180130090348

つぶやきを全世界公開にする必要ないだろ。限定公開でもFBでも相互フォローだけに見えるようにしても良いし

友達とのおしゃべりやメール、LINEトークにとどめとけば問題ない。

2018-01-25

女だけの街があれば、についてこのブログを読んで思ったこと のタダのメモ

http://conia617.hatenablog.jp/entry/town-for-woman

議論はあまりにアホ臭くて考えたくもなかったんだけど、ふと思いついたのでメモ

もともとツイッタークソリプまたは本来意味とは全然違う「君日本語わかる?」と言いたくなるようなリプを送ってくるやつがいるけど、あれなんでなのかなーと思ったのだが、つまりあれだよ。

めっちゃくちゃ心のエネルギー余っちゃってるんだよ。

そもそも見知らぬ他人相互でもない人間にリプ送るなんて気力のいることでしょう。

相互フォローでも「これ送って大丈夫かな?」とちょっと悩んでからリプ送るし、結構無視されるものでもある。だってツイッターは厳密にはSNSじゃない、独り言をいう場で。誰が何を呟いてるか、が分かる点でこことはちょっと違うんだろうけど。IDがあるだけでこんなに言い出せないものかと不思議になるよ。

自分普段どんなつぶやきをしているか相手からも見える状態にもかかわらず、その上で相手がどんな気持ちになるかも気にせずリプ送るんでしょう?叩くとかそういう言葉暴力で。人によってはそれのためだけにアカウント取るんでしょう?

どんだけ鬱屈したもん持て余してんの。

匿名掲示板に行けよ。

顔が見えなきゃ何をしてもいいなんてことはないでしょう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん