「他人事」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 他人事とは

2018-01-17

A4一枚書くのに半年かかる医者、その医者に何も言えない年金事務所

昨年妻が自殺してからというもの毒を吐く気力も無かったが

先日病院であまりにも不誠実で非常識対応されて怒りが湧いてきたので吐く

生後半年の娘が18歳になるまで遺族厚生年金支給されるかもしれない

私の収入や妻の病状を審査した上でのことで確実とは言えないようだが

妻が懸命に働いた証として遺族厚生年金請求することにした

妻は退職後に亡くなったことで請求方法煩雑

初診日を証明するために「受診状況証明書」という書類

初診のメンタルクリニックで書いてもらう必要があった

私はそのメンタルクリニック電話し、「受診状況証明書」の記載を依頼した

クリニックの受付担当者は「初めて書く書類なので年金事務所で一度確認を取って折り返したい」とのことだったので

私は承諾し待った するとかかってきた電話から衝撃の言葉が飛び出した

「当クリニックは同様の書類をたくさん預かっている状態受診状況証明書を書いてお渡しするのに半年かかります

私は困惑した 半年?同様の書類をたくさん?初めて書く書類じゃなかったの?本当に半年

受付担当者にどんな疑問をぶつけても帰ってくる言葉は「半年待て」だった

A4一枚に半年かけても良いのが医者という職業なのか私は愕然とした

今回依頼した「受診状況証明書」という書類年金機構HPからダウンロードできるようになっている

http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/todoke/shougai/20140421-20.html

A4片面一枚で内容も診療録に沿って書くものとなっており

医者ではない私が見ても記載に莫大な時間を要するものでは無いと思える

受付担当者と押し問答を終えた私は年金事務所に

クリニックから半年待て」と言われたことを伝えると

「長すぎますね~」とまるで他人事

被保険者遺族に書類準備の負担を強いておいてこの対応である

結局年金事務所から病院に対して働きかけはしてもらえなかった

翌日年金機構HPからダウンロードできる書類をわざわざ印刷して交通費をかけて

件のメンタルクリニックに「受診状況証明書」を持参し昨日のやりとりした受付担当者に手渡した

受付担当者は「お渡しできるのは半年を目安にもっとかかるかもしれません」と引きつった顔でのたまった

これでは半年後に本当に書類を貰えるのもわからないではないか

私は医者がいる診察室に文句を言いに行きたい気持ちを抑えて「できるだけ早くお願いします」とだけ言って

患者で混み合うクリニックを後にした

帰り際に保健所医療安全相談センター電話し今回の件を相談した

相談員の方には同情はしていただいたが、強制力のある働きかけはできないと言われた。

曰く「受診状況証明書を出すと言っている以上問題にはできない」そうだ

私はカイジに出てくる利根川セリフを思い出した

『出す・・・!出すが・・・・・今回 まだその時と場所指定まではしていない そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい つまり・・・・我々がその気になれば金の受け渡しは10年20年後ということも可能だろう・・・・・・・・・ということ・・・・!』

通るかこんなもん

今朝年金ダイヤルにも相談したが答えは年金事務所と同じであった

受診状況証明書」が無い限り、これから待つ煩雑な遺族年金手続きは全て後ろ倒しになってしま

私は半年という医者非常識に付き合うしか無いのであろうか

それとも半年も待てない私が非常識なのか増田に毒吐くうちに分からなくなってきた

https://anond.hatelabo.jp/20180117104401

正直なところ、長時間労働は男のみには押し付けられてないし、

もしお前の職場がそうならそれは職場改革必要だし

いつまでも他人事にしていないで自分改革していけって話だし

子持ちの男が長時間労働を「させられてる」という感覚になれるのは

あくま子育ては妻の仕事だと思ってるからそういう感覚を持ち続けられてるわけで

子持ちの女が子供理由遅刻早退時短勤務できるのは子持ちの女が

会社から文句言われながらも空気をあえて読まずにがんばってそういう

ことが出来るようにしてきたからなわけで

当たり前のように妻に子育てまかせっきりにせずちゃんと育児している男だって

会社空気を読まずに上司から嫌味を言われても気にしない振りしてがんばって

遅刻早退(時短はまだ)定時退社できる環境を勝ち取ってきているわけで

 

まりは男だけ長時間労働強いられてるんだーは言い訳しかならない

しかもかなり幼稚な

最近わたしくしの所にも、色々とテレビ新聞ラジオお仕事が舞い込んで参ります。大変にありがたいことです。しかしなかなかに難しい注文をされるところもあって、申し訳ありませんがそれはわたくしの力量を越えておりますとご遠慮させていただくこともございます。難しいというのは風刺です。とくに政治風刺は大変に難しい。10年前20年前も難しかったが、最近もっともっと難しくなった。これはもういわば怪物です。わたくしのような年寄りには到底かなうものではございません。そう言うと、テレビ局の方、新聞記者の方は目を丸くされるんですな。

 

海外特に欧米では政治風刺というのは盛んだと言われています。一国の大統領王様コケにされる。それを喝采する人々というものがいる。しか日本ではなかなかそれがうまくいきません。誰を虚仮にしても目を血走らせて食ってかかる人が現れる。てめえの噺はつまらねえんだよ!とお客さんに叱られるのはわたくしども日常茶飯事ではございますが、そういうのとは次元の違う感情をぶつけられる。しかも一人や二人ではございません。何百人なら少ない方、へたすりゃ何万人なんてことにもなりかねません。これをわたくしは怪物と呼んでおります。これにかなう者はこの世にはおらんでしょう。

 

さて、ではなぜ欧米と我々日本人は違うのでしょう。これもまた生半に語れることでもございません。ここにも怪物が潜んでおります。いやはや恐ろしいことです。おそるおそる怪物尻尾をまたいでみたいと思います

 

誰しも自分が虚仮にされて嬉しいものではございません。虚仮にされてうれしがるのは噺家のような奇人変人選りすぐりのエリート集団くらいなものです。では自分じゃなければ虚仮にされても平気でいられるのか、そんなことはございませんね。我が子、親兄弟恋人、妻、夫、友人、恩師、ペット愛人、などなど。…愛人は余計か。これらは場合によっては自分を虚仮にされるよりも腹が立つという人もいることでしょう。いま申し上げたのは自分の身近にいる自分にとって大事人達です。それだけではございませんな。贔屓にしているアイドルミュージシャンテレビタレントスポーツ選手、こういう遠い存在も、やっぱり虚仮にされるとむかっ腹が立ってくるのが人情というものです。政治家というものも、この中に入ってくる。これが今の日本人というものなのかなと、噺家風情が考えてみたりするところであります

 

虚仮にされて腹が立つのは、名前や顔を知っている人だけとも限りません。何かに一生懸命に打ち込んでいる人を虚仮にするというのも、やはりいい気持ちがしないというのが人情というものです。甲子園に出るために一生懸命練習する高校球児達を、何が面白くて汗まみれ泥まみれになりながら球を投げたり転がしたりしてやがるんだ馬鹿馬鹿しい、などと言おうものなら、明日からわたくし朝日新聞毎日新聞から出入り禁止でございます今日お客様の中に関係者の方がいない事を祈るばかりです。いやあそれにしても、うちの○○と××を出入り禁止にしないNHK様の懐の広いこと広いこと!よっ、日本一!来月から受信料ちょっと多めに払っちゃう

(注:○○と××…この噺家の一門に属するコメディアン最近相方ビール瓶で殴る時事ネタ披露した)

 

まあそれはさておき、政治風刺が難しい理由もこの辺にあるのでしょうな。誰もが応援している議員さんが一生懸命やっている事を知っている。知っているから虚仮にされるとムカッとくる。これは別に恥じることでも何でもないと思いますな。日本人政治に関心がない、などといったことを言うお人もいらっしゃいますが、本当に関心がないのなら、政治風刺他人事と思って笑って流せるんです。今は政治は笑い事じゃないんですな。それの善し悪しは今は分かりません。昔からよく言いますな。政治宗教野球飲み屋で話しちゃいけないよ、と。真剣になってる人に茶々を入れることほど無粋なものではございません。どうしても茶々を入れたくなったら、是非とも寄席へお越しいただいてわたくしどもに野次の一つでもいただければと思います本日はどうもありがとうございました。

2018-01-16

妹が買い叩かれている

妹がブラックな働き方してるって話です。

普通就活たことないので一般常識的な部分が間違ってたらごめん。

妹は大きい(多分)会社本社社員である。ちゃんとした大卒20代現場人材として入ったんだけど今は営業。で、その班?(名前未来感あるような部署)の平社員なのに、リーダー的な役割を求められて他の支社の部長かに指示を出すような仕事をしているらしい。本来仕事営業なのに。チームには使えねえ人間複数いて、頼んでもやらないから仕方なく自分でやってるらしいんだけど、その分の給料はもちろん払われていない。つまりチームの使えない人間を妹が食わせているわけだ。身体を削って。それを放置して笑ってがんばれって言うだけの上司早出分の給料はもちろん出ない。

先日はその無能上司たちの代わりに(むろん頼まれて)会議に出たところ追い出されたそうだ。しか飲み会文句とか言われるんだって

要するに妹がしてる仕事そもそも立場に応じた内容ではなく、しかもその働きに対して対価が与えられていない。これをブラックと言わずして何というのか。もらってる給料の額に不満がないらしく妹は「こんなん普通だよ」とか言ってるけどほんと? ほんとなのそれ? それならそんな会社たちはすべて潰れるべきだ。本当は今すぐ辞めてほしい。もちろん本人にも言った。断られましたけど。

なんかさ、話してると「給料をもらう」ことの意味がわかってない気がするんだよね。働きに応じて支払われるべきなのが給与じゃん。誰かより多いとか少ないとかそういうことじゃなくて、仕事の内容に応じてるかどうかがキーだと思うわけ。してる仕事に対して対価が払われていないという状況は端的に言ってクソです。それって会社に買い叩かれてるってことじゃん。それを是として身体を壊したって、こころが壊れたって、会社は本人の人生責任なんか取っちゃくれない。高橋まつりさんの事件他人事だなんて全く思えない。妹も笑って流してるんだよ、いろんな理不尽を。

ものすごくむかつくので会社には然るべき報いを受けてほしい。部外者ができることは何かあるかな

50年後、ふるさとの町は無くなっているかもしれない

数年前、実家帰省したら駅前通りの5階建てのデパートが取り壊されている事に気がついた。。

さいころは、あそこで服を買ってもらったり、ガンダムガチャガチャをよく回しにいっていたのを覚えている。

そうとう栄えたデパートだった。

更地になって新しく建ったのは、小さな一階建ての携帯電話ショップだった。

 

過疎化により、町にあったバスターミナルはなくなり、ただの停留所だけになった。

平成元年3万人いた人口も30年たったいまや2万人、産業がどんどんやせて言った。

 

子供の人数も加速的に減り平成元年の三分の一程度しかいなくなってしまった。

学校が統廃合され、町の端の方の子スクールバスをつかって、子供たちは町の中心にある学校に通うようになった。

 

同窓会を開いても、半分以上の人は都市部に住んでいるためなかなか集まらない。

地元には仕事が無く、家業農家をやってる家の子くらいしか地元に残っていない。

 

 

母港の中学校も数年前に廃校になったらしい、

自分がいたときは1クラス40名程度だったが、廃校が決定した当時には1クラス5人程度しか居なかったらしい。

たった30年で、そこまでの変化があった。

 

テレビで全生徒10人くらいの山奥の小さな村の学校廃校になるドキュメンタリー他人事のように見ていたけど

そういう事態が山奥だけじゃなくて、地方都市でも当たり前に起き初めていることに軽い絶望を覚えた。

2018-01-12

anond:20180112094738

いや、やはりそれは「女からログアウト」と言えると思うよ。

男はそんな事気にしないから。

男は「エロ創作」と言う建前があれば、そこに描かれてるのが盗撮だろうがセクハラだろうがいちいち罪悪感など持たないのが普通

それを実際に実行したら犯罪や重大なモラル違反、と言う発想すらしない。

バトル漫画を見て「他人殴ったり傷つけたりしたら犯罪だろ」とかいちいち考えないのと一緒。

たまにそれと現実混同して、現実女性相手盗撮セクハラをやらかす奴もいる。

でも彼女らは、女だからそれを見たら「これ盗撮だろ」「セクハラだろ」と突っ込んでしまうのだ、と考えてるのでは。

しかBL(男同士)ならその突っ込みを思い浮かべずに純粋に楽しめる。それは他人事かつ「ファンタジー」だから

「女だから」考えてしまう事を、BLと言うフィルターを通せば考えなくて済む。それを「女をログアウト」している、と称しているのでは。

んでたまにその「ファンタジー」を現実に持ち出して、現実男性相手にその人と他の男性とのBL妄想を語るというセクハラやらかす奴もいる、と。

2018-01-11

anond:20180111132818

知識として知っていても他人事から

他人がつらさを訴えること自体が気に入らないから「大したことないくせに」と反射で返してる。

知識の前に人としての思いやりがない。

トラブル時に人間性が分かる

トラブル最中なのにトラブルが起きた原因を突き詰めようとする人

トラブル解決しようとする人

トラブル解決しようとしてどんどん泥沼にはまる人

トラブルを最速で解決するために手段を選ばない人

トラブルを起きた原因を他の問題に結びつけようとする人

トラブルが起きてるのに答えをしった風の態度を取る人

トラブルが起きてるのに大変だねと他人事みたく逃げていく人

2018-01-10

anond:20180110131514

当事者意識の違いでしかないのでは?アメリカ絡みの外交合意相手国が難癖つけてきているみたいな話だったら、もっと客観的』で無い記事を書くと思う。アメリカにとっては他人事からだよね。

2018-01-09

死にたいと思うことについてとなくならない生きづらさを捨てたい夜に

死にたいと思うことについて

昨年の春に会社で配られたストレスチェックみたいなシートの項目に「死にたいと思うか?」という設問があった。ひやっとした。「とてもそう思う」とか「そう思う」に丸をつけたら呼び出しを食らうんじゃないかビビって、「わからない」に印をつけた。普通の人は、日常を生きていて死にたいと思うことなんてないのだろうか。ああ、いますぐここから消えてだれにも自分認識されたくない、と思う瞬間が多々ある。それの感情を「死にたい」と呼ぶのなら、私は割としょっちゅうそう思っている。じゃあ私は普通じゃないのだろうか? などと考えているうちに面倒になってきた。死にたいと思うことは悪いのか? もう善も悪もなく、ただそう思うだけなのだ

■ 夜はだいたいネガティブになる

夜更かしが好きなので金曜や土曜の夜は遅くまで起きてしまうのだけど、そうなるとだいたい昔のことを思い出したり、自分が思い悩んでいることを無限に考えてしまったりして、ひとりでうえうえ泣く。もういっそ死んだ方が楽だと思え、どうやって死ぬかについて考える。どれも痛そうで苦しそうで嫌だ。私は痛みに弱い。車に轢かれて手術をしたことがあった。麻酔が切れたあと、突然のあまりの痛みに耐え切れず、成人して数年経った自分の年齢とか体裁とかそんなものを頭によぎらす隙もないまま大声で泣きわめくほどだ。苦しいのは嫌だ。つらいのは嫌だ。いっそあの車に轢かれたとき死ねばよかったのだ。でも入院していたときは、「死にたくない!」とわめいていた。自分という存在がなくなり、意識がふっつりなくなると考えると恐ろしくなったのだ。事故とき頭を激しく打ち付けて、あの頃の記憶の一部が消えているのにもかかわらず。ただ死ねないままでいるのもしんどい。平均的な寿命で考えるとあと50年くらい生きなければいけないことになる。本当にゾッとする。

■ いつから死にたがりなのか

死について考えるようになったのは、人の死に触れる前からだった。5歳くらいからの記憶がいまだにあるけれど、親が下の兄弟ばかり構い、寂しくてへばりつく私を叱るたびに、もう死んでしまった方がいいのではと思うようになった。包丁を取り出して喉元につきつける真似までしたが、当然こわくてできたもんじゃない。でも、もう自分なんていなくてもいいんじゃない?って思うときや、なんらかの苦しみから解放されたいと感じたときにはもう死にたいと思う。それが私だった。

■ どうにか生き延びる方法として

他人は生きる糧にはならない。他人は裏切るからだ。気持ち感情なんて簡単に変わってしまう。そんなものにすがりついたってどうにもならない。親も子も恋人も親戚も友人も関係ない、みんなそうだ。永遠無償の愛などあり得ない。私がすがりつくのは本当にしょうもないことだ。死にたいと思ったとき、「でも」と思いとどまるのは音楽小説漫画のことばかりだ。「でも、新譜が聴けなくなるよ?」とか、「でも、新刊読めなくなるよ?」とか、「でも、二度とライブに行けなくなるよ?」とかそういった類のものである。作者たちは声をそろえて自分の無力さを口にするだろうが、そんなことはないのである。すがれるものはそこにしかない。

■ 抱える生きづらさはなくならない

生きているだけでだいぶしんどい自分価値も見出せないわ、未来希望は見えないわ、日本人メインストリームカテゴライズされることは一生ないわ。どこか端っこで他人事のように世の中を見ることしかできない。ここにいる意味があるのか。自由に生きてきたつもりだったのに、フタを開ければがんじがらめになっている自分がいた。なんだこれは? こんなはずではなかったのに。でもそういう人間が意外とたくさんいる。じゃあこの世が生きやすいと思っている人は普段なにを考えなにを感じているのだろうか。こんな考え方のまま残り50年を生き延びるなんて到底無理だ。どこかでエラーを起こして離脱してしまう気がする。

2018-01-08

anond:20170808125612

半年ほどたって改めて、会社としてかなりどうかしている、というのが今の印象だ。労災認定しないとか自爆営業とかブラックらしい事柄はあるが、そういうわかりやすいことではなくどうかしている。

とにかくこの会社顧客要求を断らないのを基本にしている。そのこと自体は素晴らしい理想だとは思う。

その理想のために社員はどんな無茶な要求も採算と休日度外視してクリアしている。度外視しないとクリアできないからだ。原価率とか利益率とかそういう営利企業の存続に必要数字は、もはや社員にとって無茶振りしかない。社員はとにかく疲弊している。ぼろぼろ辞めるに決まっている。使い潰すという言葉が実にしっくり来る。

それほど若い会社でもないはずなのにどうしてこんな阿呆事態になっているのだろうと不思議だった。

わたし最初、それを阿呆理想である社長ワンマンのせいだと思った。だからわたしのできる範囲で無理のないように調整を計ったりもした。だが、どうやらこの会社人間はだれもかれも「顧客のどんな要求でもクリアする」ことが仕事だと思っている。阿呆か、てめえらの仕事利益を上げることだ。労働生産性なんて言葉くらいサラリーもらってる人間として知ってやがれ。

それに、そもそも顧客との交渉や折衝ができる人間自体、この会社にはほとんどいない。社長を含めてだ。そんなことをしているのはおそらく、ようやく一度倒れたが復帰してきて、心配しつつそのまま倒れておけとも思っていた彼だけだ。他のそういうことができる人間はすでに見切りをつけて辞めていったのだろう。

まり顧客に対してイエスマンになるのは自殺行為だということを理解している人間がこの会社にはほぼいない。顧客はどうしたって無茶を言うものなのだから、そこをうまくかわしつつお互い納得いく着地点に持っていくのが営業仕事だとわたし認識しているのだが、この考えはここでは異端だ。顧客要求絶対

電通のあれは他人事ではないが、あそこはそれで利益を上げている。この会社はそこまでして利益すら危うい。

阿呆事態だと思う。以前に断る技術マニュアル本みたいなのがあったが、あれはこういう会社にこそ必要だと思うし同時に絶対受け入れられないだろうなとも思う。

社内を見渡してみれば、いるのは新卒でこの会社に入って他を知らなかったり所帯持ちのいい年齢で転職が難しい人間ばかりで、つまりは今の事態をわかっていないかあきらめているか

こんなかたちのブラック企業もあるのだなと思う。すべてがその場しのぎの自転車操業なのに、だれもそのことをきちんと理解していない。

どう考えても破綻している。逆にどうして今まで存続しているのか。人がぼろぼろ辞めているか人件費が下がっているのか。耳にした離職率は笑えるを通り越して真顔になるレベルだった。

そんなわけでわたし人件費を抑える一因になろうと思っているが、果たしてこの会社はいつまであるのだろうか。

2018-01-07

ずっとこのまんまでいようね愛してるよ会えてほんとうにうれしいしこんなに気持ちいいセックスはじめてなの

今まで少女漫画とか読んでもふーんフツーのれんあいってこんな感じなんだぁーとか他人事におもってたんだけどね

結構自分的に王子様感あるなって会ったときから毎日キラキラ更新してるし幸せだよありがとうもっともっと死ぬまで死んでも気持ちいくらい一緒に居ようね

いろんな新しいもの一緒にすこしずつ違う目でみて、だから私達は両方の目を手にいれてそんなふうに2人で新しく大きくなっていこうね

離れてるときもぎゅーってしていてね気持ちを、こころ絶対にはなしちゃだめだよ

なんでこんなに何回も何回も愛してるって言っても全然足りないんだろうね

セックスしてるときに私の体液と君の我慢汁がなかのほうでぐちゃぐちゃにまざってる時くらいしかわかりあえてる気がしないです。

中出ししかもうしないでください一生すきなのでお願いします。

だってセックスより気持ちいいことって何。

ケンカ料理デートもおしゃべりも全部前戯でしょ最高だよね生きるって!!!

ほらヒミツなんてもう無いよ

イメージは誰かのもの私たちにはカンケーないだってこんなにうれしいのに笑ってすごせないなんてバカだよね。2人でいようね世界を利用して。

今までの知らない人生のぶんをいっぱいさわろう、さわって眠ろう、やわらかいふわふわするね変わらないでいてね優しくしあおうね

ソープに行ってきた

ソープに行った感想を残しておきたいのでここに書捨てる。

最近精神にしんどいことが多く人肌の温もりで癒されたいと思っていたところに年末年始親族から就職祝いが転がり込んできたので、此れ幸いと特殊浴場に親族善意をブッ込んできた。

家を出るまでいくかどうか迷っていたが、思い切って電車に飛び乗り、車内で風俗街最寄り駅までの30分間で誰に予約を入れるかスマホでコソコソ選んだ。周りから画面が見られていないかキョロキョロしていたので挙動不審だったと思う。

サイト情報から選んだお相手は20歳、身長168センチEカップの子高身長女性が好きなので風俗紹介サイトで出てきた他の店の高身長の子とも迷ったけれど、年下の女の子と筆下ろしプレイがしたかったのと、お店があげていた写真が色白スレンダーで巻き髪セミロングの女子大生風だったのが決め手となってこの子にすることにした。風俗街の最寄り駅に着いてからお店に電話してみると、サイトでは待機中と出ていたけれど一時間半後から空いてると言われ、そのまま一時間半後に予約。60分21000円。

時間半はちょっと長いと思っていたけれど、風俗街を探検したり腹ごしらえ(うどん。何故か風俗街周辺にはうどん屋が沢山あった)したりしていると時間は過ぎて二十五分前になったので、お店に向かった。道中ですれ違う男の人には「これからセックスするのかな」と思い、女の人には「風俗嬢なのかな」と思ったりしていた。男の人については当たるとも遠からずだろう。

わかりにくい通りを抜けて店内に入ってみると、黒と白を基調とした結構小綺麗な店舗で高級感があった。サイトでは大衆店と書いてあったけれど、これが高級店だとどんなんなんだろう。いつか高級店に行ってみたいと勤労意欲が湧いた。店に入ってすぐのカウンターで予約時に伝えた偽名をどもりながら伝えると待合室に通された。待合室には二人できたと思しきおっさんが二人。ちょっと気まずい。ボーイに爪をチェックされ「うーん!切ってください!」と笑顔で言われ爪切りを渡された。バイト先の女子大生彼女いないと思われたくなくてこまめに切っていたつもりだったけど伸びてしまっていた。不覚。おっさん二人の横でパチパチ鳴らして切った。

予約していた時間になってもなかなか呼ばれない。待合室のテレビに映る逃走中ぼんやり見ながら、おっさんが入れ替わり立ち替わり待合室から出ていくのを「こういう普通そうな人が来て今からセックスするのかあ」と他人事のように思いながら眺めていた。

やっと呼ばれた時には予約の時間から20〜30分経っていた。案内された通路に向かうと、灰色タイトスカートスーツピンクシャツ女の子がひざまづいて待っていた。芸能人で例えるなら壇蜜似かな。すらっとした人で恥ずかしくて目を合わせられなかった。

二人でプレイルームに入るその行為自体がなんかエロいなと思いつつ、部屋に入り靴を脱ぎコートを脱いで促されるままにベッドに腰掛ける。エロい。この流れ、AVで見たやつだ。

ちょっとした雑談の後ソフトドリンクを飲んでお風呂に。隣で女の子自然に脱ぎ出してちょっと興奮。こんな場所でも、生着替えが見れるなんて盗撮ものみたいだな、と思ってしまった自分が虚しい。女の子ジャケットを脱ぎ、シャツボタンを外し、黒い下着姿になって裸になる。その動作を横で眺めていた。女の子身体は外見と違わず色白ですらっとしていて美しかった。腰回りにも余分な肉はなく美しい曲線があり、お腹にうっすらと腹筋の影があった。細い太ももから脚がスッと伸びていて思わず掴みたくなる。Eカップと聞いていた胸はイメージとは違ったけれど、十分な大きさで形も良く、細い身体から程よいサイズが盛り上がる様はとても綺麗でずっと見ていられた。どこにもシミやできものの跡もなく、白い肌はとてもなめらかだった。真っ暗な部屋で自分の顔を小さな画面で青白く照らしながら見ていたような美しい身体が目の前にあって少し感動した。美しい彼女身体を眺めているだけで幸せな気分だったし、彼女の美を彫刻に残して部屋に飾りたいなと思った。それを伝えたら「絶対抜くでしょ」と言われ、否定できなかった。抜くだけでなく擦り付けると思う。

風呂でいわゆるスケベ椅子に座らされてお湯で体を流しながら希望プレイを聞かれた。筆下ろしプレイがしたかったので「初めてなんですよね…」と伝えるも、ソープが初めてだと受け取られてしまい、訂正もしにくかったのでそのままに。ドMであることや弱い箇所はきちんと伝えられた。惹かれないように「気持ち悪いですけど…」と前置きをして話したけれど、「私も結構変態なんでよほどのことじゃないと引きませんよ」「Mなんですね。よしっ。いいですねー」と返され期待が高まる。おどおどしてると「かわいい」と言われてしまさら高まる。その後、全身を石鹸で洗われた。泡まみれになり密着されて、柔らかく滑らかな感触上半身の皮膚全体に伝わって一瞬で幸せになった。そのままキスされて舌を強く口に押し込まれて、同時に泡だらけのまましごかれ声が漏れる。泡を流した後、二人で湯船に入り、歯磨き、イソジン雑談。二人で歯磨きって同棲カップルっぽい。身支度が整ったところで、湯船の中で女の子に覆い被さらキス。もう完全に幸せな気分に。

風呂から出て体を拭いてもらう。太ももを拭いてもらっている時にかがんだ彼女からくわえられて思わず、あっ、と声が出てしまった。

そのまま促されてベッドに。各所を攻められて恍惚の表情をしていたと思う。キスをしている時に彼女に、唾をください、とお願いすると飲ませてくれて興奮した。そのお願いあってか、その後は全体的に唾液多めでやってくれて嬉しかった。彼女に攻められて耳が唾液まみれになり、汚されている感がとても幸せだったので、調子に乗って顔を舐めて欲しいとお願いしたら「変態だね」と言われ興奮。頬、顎、鼻を舐めまわされて長年の願望がかなって感動した。女の人に顔を舐められるのはとても気持ちいいしとても幸せだ。せっかく舐めてもらったんだから今日は顔を洗いたくないな、というと「本当に変態だね」と言われ、愛を感じた。その後、言われるがままに四つん這いになり下半身各所を攻められた。とても気持ちが良く思わず声が出てしまう。彼女にここでも「かわいい」と言われてさらに高まってしまった。

諸々の準備体操が終わった後、騎乗位に。やはり下から見上げる彼女はとても美しい。こんな綺麗な身体と繋がれるなんて夢みたいだなと思った。それを彼女に伝えると謙遜していた。

騎乗位の次は立って試してみた。高身長な女の人はやはり立ち姿が映える。キュッとしたお尻もまた美しかった。引き締まったくびれを掴んでみたり、胸を後ろから包んだり、そのまま抱きしめたり、やってみたかたことは一通り試すことができた。後ろから女の子の髪に顔を埋めることは忘れていたので今度やってみたい。

立っている彼女を後ろから抱きしめた後、ベッドに戻って正常位に。AVで見た画面と同じものが目の前に広がっていた。AVと違うのは自分の動きに連動して彼女が動き反応することで、リアルなんだけどリアリティが凄かった。僕が上からいかぶさって繋がっている時に、彼女小馬鹿にした調子で放った「腰の動き止まらいね?」という言葉は、今後数日は頭から離れないと思う。下にいる彼女がおもむろに舌を出して、今度は僕に唾を催促してくれた。ちょっと心が通じた感じがして嬉しかった。上から見るその身体もやはり美しく、それまでの彼女献身ぶりや気さくな振る舞いも相まって、好き…という言葉が喉元まで出かかったけれど、踏みとどまって野暮なことはせずに済んだ。

他にもいくつか試してみたけど、家で誰を予約するか迷っている時にパネル写真に興奮して無駄撃ちした自分を恨む他なく、なかなか執着点が見出せなかった。年下の女の子とこんなことしてるなんて、エロいな…と呟き自分を奮いたたせたけれど、上手くいかなかったので手でしてもらった。自分でも終わったのかまだなのかわからない状態だったので、一応達しても彼女に攻められ続けてしまった。これもこれで無理やり続けるSっぽかったので良かった。

彼女に手を引かれシャワーへ。ここで何を話したのかはあんまり覚えていない。ローションの滑りを落として、またイソジン

風呂から出て身体を拭いてそれぞれ着替える。彼女スーツに。僕はセーター、チノパンチェスターコートに。

最後のお願いとして、最初に渡されたソフトドリンクミルクティーを口移しで飲ませてもらった。僕の方が背が高いので、絶対に一滴もこぼすまいという熱意を持って、彼女の口からミルクティーを受け止めた。あれより美味しいミルクティーはこの世に存在しない、ってイギリス人だって断言できる。ミルクティー味のディープキススーツ姿の彼女を抱きしめた感触を僕はずっと忘れないだろう。これをするまで死ねないって思ってたんだよね、と彼女に言うと「まだ死んじゃダメだよ」と返された。少なくとも、この余韻を味わうためにしばらく生きるよ。

「これでしばらく今日のことを思い出して頑張れそう。ありがとう」と彼女に伝えて、部屋を出た。店を出る前にアンケートを書かされたけれど、全部最高評価にして、最高でした!の一言を書き添えて、また怪しげな通りの通行人に戻った。

帰りの電車の中では、喉の奥にほのかに残るイソジン匂いが余韻を引き立たせた。これからイソジン匂いを嗅いだら彼女を思い出して勃起してしまうかもしれない。パブロフの犬ソープイソジン

家に帰ってもなんとなく余韻に浸っていまい、冷蔵庫にあったケーキを食べている時に「このケーキ美味しいな。あの子にも食べさせてあげたいな」と思ってしまっている自分に気がついた。我ながらチョロい。

振り返ってみると、達することはできなかったけれど、とても満足のいくものだった。帰ってきてすぐ自分のベッドに潜り込んで、彼女を思い出してティッシュを消費したほどには記憶に残るものになった。本当に彼女芸術品みたいな美しい身体だった。別にプレイしなくても眺めてるだけで良かったし、密着しているだけで幸せだった。ただ、彼女幸せにしてもらえた分、騎乗位で彼女と繋がって下から綺麗な姿を眺めている時に「日常的にこんな幸せを感じている人がいるのか。羨ましいな」と思ってしまった。かなり不純だけれど、セックスするために彼女を作りたいと思った。これまでも彼女を作るために女の子デートに誘ってみたりしてはいものの、今回に行って幸せ経験が強い原動力になる気がする。

口の中に甘いミルクティーが流れ込んできたあの感覚に浸りながら、ぼちぼちやっていきたい。

2018-01-06

セックスレス他人事じゃなくなった。

結婚8年目で子供が2人。

40代前半、私30代前半。

とにかく夫が寝てしまう。

子ども寝る時間に一緒に寝る。

そこで寝なくても居間テレビ見ながら寝る。

休みの日も寝る。

10歳離れているから疲れやすいのかとも思うけど、去年は5回しかセックスしなかった。

気がついたら夫のことを「おとうさん」と呼ぶようになっていた。

しかも、ちょっとたことでイライラしたりする。

夫がいうには「もうおじさんだからあんまりそういう気が起きない」らしい。

夫は私の「夫」ではなく、「おとうさん」なってしまうのか。

私は夫の「おかあさん」にはなりたくないんだけど、どうしたら良いんだろう。

HRT原則まやかしである

有能な人間はなぜ『毒を吐く』のか。

それは自尊心の低い人間との関わりを避けるためである

自尊心の低い人間は毒に対する当たり判定が大きい。

自尊心が低いゆえにあらゆる発言自身中傷するものに見えてしまう。

有能な人間にそういった事象は発生しない。

自尊心の高さゆえに、非難中傷他人事のように解釈できるのだ。

いちいちその言動自分を傷つけるものなのかと気にすることはない。

自尊心があるのは自負するものがあるためである

自尊心の低い人間は依って立つものがない。自分が何者であるかを説明できない。

能力のない人間、専攻する分野を持たない人間が、自尊心を抱けるはずもない。

TeamGeekで主張されたHRT原則(謙遜:Humility 尊敬:Respect 信頼:Trust)はまやかしである

あれは自尊心の高い人間による自尊心の低い人間に対する処世術にすぎない。

Googleエンジニアはお高く止まりやがってなどという自尊心の低い人間たちの怨嗟を避けるためのスケープゴートである

穏健な有能と毒を吐く有能の違いは、その自尊心の高さを表に出しているかどうかの違いでしかない。

処世術の一環として謙遜の態度を示すことはあっても、一皮むけば同じことである

穏健な有能が毒を吐く有能のそばで平然としていられるのは自尊心が高いからであり、根は同類からである

したがって、有能な人間を集めるには毒を吐くべきだ。

毒霧に耐えかねて暴れだす人間自尊心の低い人間である

自尊心の低い人間あぶり出して排除することによって、効率よく優れた人脈を構築できる。

2018-01-05

anond:20180104170826

母親から結婚という呪い

自分も全く同じだった。他人事には思えず思わずコメントを書いている

あなたと同じく、親に結婚しろ結婚しろといわれ、そういうものなのか、とつきあってみれば何か変わるかも、と婚活サイトで知り合い、デートを重ねたけれど友達以上にはなれず

同様に相手をとても傷つけた

私はそれからもう、婚活は一切していない

自分が愚かだった

母親結婚結婚結婚はいものだ、というプレッシャーに負けていた

言われたとおりにつきあえば、あっさり結婚出来るかもと思ったのだ。間違いだった。

相手の人には悪いことをした。母親の望み通りに生きようとした私には自我がなかった

同様のことを引き起こさない自信がないので、あれから一切恋愛はしていないし彼氏も作っていない

母親は、今はあの時みたいに、いいか結婚しろ相手はいないのか、と五月蠅くいうことはなくなった

本人も言っていたけど、友達の娘や息子たちがどんどん結婚して、孫の話をしてくると、気持ちが焦って頭がおかしくなってしまったのだそうだ

あの時の母親は、結婚をしない私は価値がないものという感覚で私に接していて、結婚をしないと認めてくれなかった

から認めてもらおうと結婚をしようとしたけど、結局自分の心には勝てなかった

あれから母親結婚城には「諦めて」と言っているし「結婚はしない」と断言している

私の幸せと母の幸せは違う。母が泣いても、できないことはできないし、したくないことはするべきじゃない

そんな簡単なことに、人を傷つけるまで気づかなかった私はとてもバカで、本当に駄目な奴だった

意識を高くとか言ってるのが間違い

世の中、何も考えてない奴ばっかりだよ。

ポリコレも、戦争も、政治も驚くほど他人事だ。

そんな小難しい事より、明日の飯だとか、明日仕事が面倒だなとか、週末は何をしようだとか

そういう事ばっかり考えてる。

でもそれでいいと思うんだけどな。

金稼いで税金収めて、なんか知識や知恵を身に着けて、人に優しくして

そういうことができればいいんだよ。

多くの人がいて、それぞれ好みもあって閾値が違うから、全員参加!みたいなのはそもそも無理なんだ。

それでも人の興味を集めるには、閾値を下げるためには

テレビとか多くの人の見るもので大々的に紹介してもらうしかないんだろうな。

日本社会にはオレオレ自主性が蔓延っている

自主性を重んじる風潮は元々、日本存在しなかった。

オレオレ自主性」とは「俺が考えた最強の自主性」と言う意味個性とかは一切考慮されていない。

他の人も薄々感じていると思うのだが自分が気が付いたのは就職活動でだ、それは企業学生に求める「コミュニケーション能力」みたいなもので真面目な人はどつぼに嵌まるワードである

就職してからはっきりしたけど学生の内は個人自分で考える「自主性」が尊重されていた、しか就職活動以降は「企業が求める自主性」とか「社会が認める自主性」であることが多いため

個人は一切尊重されず「オレオレ自主性」つまり「俺が考えた最強の自主性」と言う形で他人を苦しめる事が多い。


人や企業社会が認める範囲内の自主性ってどんなモノか考えるとAIと言う言葉が頭に浮かんでくる、AIは今の段階だとinputされたデータを元に機械自主的に考えて人間に最適解を示す装置になっている。

話題フリーランスも人や企業社会が認める範囲内の自主性で働かないと認められず困窮すると考えると「そもそも人間社会自主性なんてモノは存在しない」と言う考えに至る。

人を酷使するのが大好きな企業も「自主性」を都合よく利用する。

この3つに似たようなやり取りを社員マネジメントを丸投げする会社ではよく見かける。

そこで転職するのが最適解なのだが、転職がしにくい現状だと自主性を発揮するため神経をすり減らす人が大量に出てくる。

そもそも20代・30代・40代と区切って年齢ごとに違う経験と経歴を求める会社が多い中、おいそれと転職できる人の方が少ないのだがこの話はまた今度。


最近ニュースを見ても

一見正論に見える棍棒を振り回す人が多い。(はてなにもいるよね)

から自主性を重んじる風潮は元々、日本社会存在しなかったと言える。

ただ「俺(社会もしくは企業)が考えた最強の自主性」と言う「オレオレ自主性」はある。


それに適応できなかった人を排除しつつあるのが現代であり、AIが登場すれば適応できなかった人を排除する動きは加速していくと思う。

今のところAIは「オレオレ自主性」の塊でありその辺のバカ会社不適合者より優秀で使いやすいだけだが、これは他人事ではないよ?

anond:20180105012257

元増田じゃないが、21世紀にもなって、そんな旧時代的な価値観の親ってまだいるんだなー。

それが良い悪いについては、正直他人事なのでどうでもいいが。

anond:20180105002339

依存症基準は6ヶ月以上続いてることと、社会生活に支障をきたしてること。

本人が楽しいで完結できればそれで良いが、多くの場合、それが周囲にも悪影響が及ぶから問題なんだよ。

「周囲が迷惑しても、本人が楽しいからいい」と思うなら、完全にそれは社会性が欠如してる。

から社会性が欠如してるならまぁ、良いんだけど、依存症の怖い所は、「依存していくことによって社会性が失われて行く」という所にもある。

結果孤立して行くから余計に依存して行くんだけど、依存して行くことが孤立して行く原因になるから、もう完全に悪循環しかない。

もし、「楽しいからいい」と言い切れるなら、依存する前と依存後、依存後のほうが幸せじゃなかったら、嘘だよな。

依存後のほうが幸せ」と言い切れるんなら、まぁそれで

良いんじゃねーの?と思う。他人依存症なんて、所詮他人事からな。

2018-01-03

anond:20180103212551

海外の人がやってると何でも他人事に見えてしまうよなあ。

anond:20180102103051

毒親持ちの男性を何人か知ってるけど、その全員が話聞くと相当酷い目に遭わされてるというのに、まるで我が身に降りかかった事を他人事の様に話すし、そんな困難を抱えているとは思えないくらい飄々と生きているんだよね。

しろすごく愛されて育ったのではと思わせる様な安定ぶり。しか実態過酷修行を積んで来た仙人みたいな感じ。

2017-12-31

anond:20171231133612

男が出産育児について他人事しか認識出来ないのは、もう仕方がないのかな、と思う。

何十年も経ったらどうなるか分からないけど。

(でもその頃はそれこそ人工子宮育児ロボット実用化されてて、女にとっても他人事になってるかもね)

2017-12-28

漁獲量昨年比0.6%のシラスウナギ絶滅して何が困るのか、実はよくわかってない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん