「初恋」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 初恋とは

2020-06-02

そろそろ無理なのかもしれない

最近死ぬことばかり考えている。

若い女プロレスラーはさっさと死んでしまった。自分はずっと死のうと思ってるのにまだ死ねない。やはり人生成功した人とは意志の強さが違うのだなと感じる。死ぬのも簡単ではない。

今日は変な夢を見た。消しゴムをみじん切りしてチャーハンを作った。肉の代わりというわけだ。高校文化祭ではこれがなかなか好評でみんなばくばく食べてた。でもよく考えたら消しゴムって体に悪くないかと思った。ちなみに現実では高校文化祭はサボったので出席していない。

場面は変わって小学生になる。初恋の人が25年振りかに夢に出てきた。その子クラスに入ってくると周りがざわざわする。男も女もみんなの憧れだから「〇〇ちゃんだ」「〇〇さんだ」という感じでざわざわしてる。自分はそれを遠くから見ている。ああ、この人は人気者だから自分が声をかける前に他の積極的な男たち声かけられまくってエッチするんだなと思った。だからといって自分でどうしたいということでもない。生まれた時点で勝負はついている。すべてはつねに完全に遅い。もう決定的に何もかも終わってしまった後だという感覚

寝起きの気分はあまりよくなかった。そろそろすべてを終わらせようと考える。だがそういったぼやっとした思いもまた現実感がない。

人間に関わることがすごく苦痛だ。人生で何を望むかと言われたら「働かないこと」と答えるだろう。しか人生では働かなければならない。しかしまともに働けないのだから最初から詰んでいる。働けない人間など社会相手にしない。いや、べつに社会相手してほしいというわけでもないのが困ったところだが。でもお金大事だ。

まれてきたことがとても不運だ。嫌儲ですら相手にされていない京都ゴミ大学さんには共感できる。顔が気持ち悪いなら人生はないに等しい。みんな甘えるなというが、それがどうしたと思う。

発達障害父親に殴られ怒鳴られ、同年代の子供たちには容姿中傷されて育った。べつに自分けが特別不幸だとは思わない。こんな人間いくらでもいる。凡庸な不幸だ。だが凡庸な不幸だと認識したところで何かが解決するわけでもない。

結局何がしたかったのか。人と関わりたくなかった、働きたくなかった。静かなところで穏やかに暮らしたい。しかしそういったことは現代では難しい。嫌いだとは言いつつ文明世界の世話になっているのもまた事実人間社会進歩を完全に否定するわけにはいかないだろう。

むなしい。そろそろ限界を感じている。中学生の頃は30になったら死のうと思っていた。その30もいつの間にか超えてしまった。まだだらだらと生きている。今年こそはと思って1年が経つ。

明日からまたバイトが始まる。

2020-06-01

祖母の想い人が(肖像画初恋だけど。

きっと生まれ変わっても、おばあちゃんとこ行くんだろうな。

さて私は誰を好きになろう。

2020-05-31

anond:20200531163616

ロリコン場合、「嗜好が捻じ曲がった」というよりは

小学生の頃に初恋をして、好みが変わらないまま成長した」みたいな

価値観アップデートに失敗した例が多そう

2020-05-28

anond:20200528140801

つか初恋に思いを馳せる=浮気された怒りを思いだす、って意味なら

https://anond.hatelabo.jp/20200528134344

あいうのの9割は年を取って落ち着いて、しんみりと初恋に思いを馳せてたりする

ってのは歳を取っても浮気された怒りを思い出している落ち着かない人、って事になるんだがw

それはしんみりとは言わん

この文脈なら初恋=良い思い出、って意味しかならんよな

でも良い思い出の初恋って女は大体忘れてると思うw

anond:20200528135958

何で初恋に思いを馳せる話が男の浮気云々にすり替わってるの?

増田にとっては初恋の思い出=浮気された怒りを思い出すって事?

増田そうかもしれないけど、他の人はそうとは限らないと思うんだけど…

まあ、何か酷い事されたら悪い意味で忘れない、ってのは多いとは思うけど

anond:20200528134344

初恋に思いを馳せている中年自体レアだと思う…

大体忘れてるよ、女は上書き保存

あとフェミニズム場合、むしろ歳食った方が女性差別を実感する事多くて

歳食ってから目覚める人も多々

今は若いうちは割と平等なんだよね

anond:20200528131439

何々主義とかって、人生うまくいかない人が何かに煽動されて発散してるだけだから関係ない人が理解しようとしても無駄だよ

あいうのの9割は年を取って落ち着いて、しんみりと初恋に思いを馳せてたりする

真の初恋が実らないやつは必ず腐る。私の持論

2020-05-27

俺の恋愛半生

現在31歳。独身IT企業勤務だ。

一応少しフェイクを混ぜているが、ほぼほぼ事実だ。

小学生時代とある同級生女の子が好きになった。

学校で見かけるたびにドキドキしていた。自分名字とその子名前を組み合わせてみたりもした。

しかほとんど絡むこともなく一切の進展はなく、中学校卒業まで引きずった長い初恋消滅した。

高校生になった。結論から言うと、俺の人生で一番モテたのは高校時代だ。

といっても「女の子から告白された」が1回、「恋人が出来た」が1回。以上だ。

高校時代簡単にいうと「ヤンチャ」になった。髪の毛を明るく染めてみたり、バイクを乗り回したり、クラスの中心人物みたいなやつと仲良くなったり。

そしてよく一緒につるんでいた女の子から告白された。

しかし俺はその子のことは本当にただの友達としてしか見れておらず、断ってしまった。

直30代になった今でも後悔している。普通に良い子だった。

高校も3年生になったときにまた別の女の子と仲良くなり、自分から告白して恋人が出来た。彼女とは高校卒業までわりと平和に付き合いが続いた。将来のことも考えたりしたし、童貞も捨てさせていただいた。

だがほどなくしてフラれた。

いま振り返ると、当時自己中な言動を数多くしてしまっていたと反省してもしきれない。後半は腹の探り合いみたいになってしまった思い出がずっと心臓に突き刺さっている。

こんな経験はもうしたくない。

だいぶ凹んだ俺は、一旦別のことに興味を向けようと男友達とばかり遊ぶようになった。

(進学先が男だらけの環境だったというのも大きいが、)この頃はとにかく楽しい思い出ばかり。

異性関係の話は本当に何もない。

その後なんとか社会に出るも、ブラック企業を2社ほど渡り歩く。

もちろん彼女をつくる余裕なんて精神的にも肉体的にも金銭的にも無い。作ろうとも思えなかった。

3社目でようやくまともな会社に滑り込めたのだが、収入がここでググッと上がったことで長いこと何も無い色恋沙汰よりも、目に見えて生活水準を上げれる仕事に対する優先順位が大幅に上がったのだ。

そして気付けば30代になった。年収は800万まで上がった。

社内恋愛的なイベントは一切発生しなかった。というかこれ系のイベントは多分積極的自分フラグを立てないと起きない。

しかしようやく見つけた安寧の地で異性トラブルなんて絶対に起こしたくないのだ。

実家帰省すると「会社にいい子はおらんのか」とどやされるが、恋愛フラグを立てれない自分積極性の無さや自己中さを指摘されているように聞こえてしまい、本当につらくなる。

正直結婚はしたいし子供も欲しいと思っているので、ここ1年ほどマッチングアプリを利用しているのだが、まだ1度も直接会えていない。

マッチング後のメッセージにかなり気を使っているつもりなのだけれど突然連絡が途絶えてしまうことがほとんどだ。

正直に言うと女性が怖いし恋愛も怖い。俺も自然に話せる異性が欲しい…。

2020-05-23

作者なんだが推しカプが流行らない

公式BLは素晴らしいと思うが、個人的には非公式BL大好物である公式カプという暖かな焚き火平和に囲むより、火のないところに煙を立てて勝手キャンプファイヤーをするのが大好きである

友情というかブロマンスというか、決して恋愛感情ではない強い絆で結ばれた男達が好きなのである。あるいは、互いに嫌悪し顔を合わせる度に命を取り合うような男達が好きなのである原作ではどう考えても結婚しない、肩は組んでも手は繋がない男達を二次創作であれこれウフンアハンさせるのが好きなのである

で、好きがこうじた私は、ありがたいことに作家になれた。

私が腐女子であることは誰も知らず、あくま健全な男達の友情を描き、これも大変ありがたいことにそこそこの人気が出た。

ファンレターいただき、皆とても清廉というか純粋というか、腐女子の腐の字も感じさせない……ちょっとは感じるかな、でも「A×B萌えです」などとはっきり言う方は存在せず、届く前に抜いてくれているのかもしれないが誹謗中傷もなく、本当にありがたい環境にある。

が、きっとあれでしょう?作者には言わずとも裏では萌えてくださっているご婦人方がいらっしゃるでしょう?と邪推をし、私はpixivを見た。Twitterも見た。すると、出るわ出るわA×BにC×D!甘酸っぱい初恋からロッドロのR指定まで!ウッヒョーありがてえ!……と思ったのだが、ふと気付く。いくら探しても推しカプが出てこない。検索方法が悪いのか?略称が違うのか?特別呼び方があるのでは?と考え得るあらゆる可能性を検索バーに叩き込んだが、推しであるA×Cが一向に見付からない。代わりに出てくるA×BとC×Dの山……っ!いや分かる確かにそこもオイシイかいところまで拾って広げてくださりありがたい、しかし何故だ、何故なんだ……誰か一人くらいA×Cにも萌えてくれていたってバチは当たらないだろう、もう自分で描くか?布教するしかいか?とネームをいや駄目だ危ねえ、そんなことしてる場合でもねえし増田やってる場合でもねえけど何故だ!!

ええと、皆様いつも本当にありがとうございます。「公式」としては燃えていないのが私の好みでありますし皆様もきっとその筈なので、推しカプが「そう」見えていないのは狙い通りではあるのですが、もし……もしもね、いつかA×Cにも萌えてくださる方がいたならば、ここに同志がおります。一生名乗り出れないけど、私がここにいることを何かの時に思い出してください。いや待って、作者が実は腐女子だったとか言われたら私なら倒れるからやっぱり忘れてください。

2020-05-21

ブコメ長所短所

長所
短所

他なんかある?今ちょっと初恋の人に「ブコメってどんなサービス?」って質問されてて困ってます

2020-05-15

if...

激しい背徳から書くのをためらうが、いつまで経っても昔の彼女を忘れられない。15年も前の話だ。

自分結婚もして子どももいる。家庭を持てば自然と忘れると思ったのにね。たまに夢に出るし、ふと、もしその彼女と続いてたらどうなっていただろうと考える。

さっき、むしゃくしゃしてたもんだから、ついその子SNSを見てしまった。むしゃくしゃしてるからって、その行動をすること自体どうかと思うが。更新は数年前に止まっていたが、結婚して子どももいるようだ。近影だって拝見してしまった。あまり変わっていない。

一体自分は何をしたいのだろう。ここではないどこかへと行きたいのだろうか。昔からそうだった。今に満足できず、空想妄想世界に思いをふける。理性ではわかってるんだよ、もし仮に昔の彼女と家庭持ってたとしても、やっぱり満足できないと思う。例えば初恋相手を想っちゃうとか。

でもね、15年も空想するのは長すぎる。そろそろ飽きてもいいよ。早く飽きたい、忘れたい、諦めたい。

2020-05-10

anond:20200510143526

どうしても今夜食べるご飯がないのでお米を買い出しに行ったら

なんと10代の時の初恋の人に似た女性にばったり。

だがよく見ると全然似ておらず、自分の都合よさにがっかりする増田君であった。

その視線を感じた女性と、濃厚接触できるかな

次回「マスクを外せば」ご期待ください

2020-05-06

上条春菜秋月律子面影を重ねるな

アイドルマスターシンデレラガールズにというゲーム上条春菜というキャラクターがいる。

彼女眼鏡が好きで、眼鏡に対して人一倍熱い思いを持っている。

私はそこに惹かれた。

アイドルマスターシンデレラガールズというゲーム自分の好きなキャラクタープロデュースさせるゲームだ。

プロデュースする理由はいろいろあるが、一様にして好きなキャラクターを輝かせるため、と言って差し支えないだろう。

初めて少ししてから上条春菜好きな人Twitterでいっぱいフォローした。

上条春菜情報がいっぱい入ってきた。

とても楽しかった。

最初のうちは。

Twitterを見ていて少しわかったことがある。

春菜好きな人は同じアイドルマスターシリーズ秋月律子というキャラクターも好きであることが多かった。

同じ眼鏡アイドルからということなのだろうか。

自分アニメアイドルマスターを見ていたので、名前やどんなキャラクターなのかは知っていた。

ゲーム内で上条春菜秋月律子関係を匂わすようなシーンがほんの少しだけある。

しかしどれも明確に名前が出てきているわけではない。ただの匂わせである

これを見て「春菜秋月律子に憧れてアイドルを始めた」という人も多い。


は?


・・・いや、まぁここまではいいだろう。

かにそう匂わせるような表現ゲーム内に存在しているのだから


春菜律子の正当後継アイドルだ!」


??????

まじで意味が分からない。

なにを言ってるんだ??

この思想なぜか春菜好きな人の中では割と主流らしい。

どうして春菜というキャラクター秋月律子というフィルターをかけて見ているんだ?

春菜春菜であって、律子律子だろ??

別々のアイドルであり、別々の世界線アイドルだろ??

これも匂わせ?中の人が言った?そういう描写があった?

関係ねーよ

別のアイドルだろ?

なんでこのタイミングでこのことを書いたのかというと、春菜ソロ曲初恋フレーム」が実装されてからというもの、見受けられた感想が流石に我慢できなかったかである

「この曲は秋月律子魔法をかけての後継曲だ!」

歌詞メロディ絶対律子リスペクトだこれ!」

律子が言えなかったのセリフ春菜は言うことができた!」

どいつもこいつもこんな感想ばっかり言いやがる

これは上条春菜のための曲だぞ???

なんで春菜じゃなくて律子の話をしてるんだこいつらは???

なんでもかんでも律子に結び付けて何がしたいんだ??

それで春菜は喜ぶのか??

自分のための曲をほかのアイドルと結び付けられて、勝手比較されるんだぞ??

どうして自分の曲なのに別のアイドルの話をしてるんだろうってならないか???

ならないよな。こいつらは。

だって春菜のことを律子後継者だと思ってるし、春菜律子に憧れてるって思ってるんだもんな。

春菜は憧れの先輩と同じような曲を歌えて幸せ者だなぁとか思ってるんだろうな。

ふざけんなよ

お前らは律子しか見てない。

春菜のことをちゃんと見てないんだ。

律子というフィルターを通してしか春菜を見てないんだ。

そんなフィルター越しにしか見てない奴らは全員春菜担当やめてくれ。

春菜可哀想

愛していた昔の女の面影を重ねて今別の人を愛していているようなもんだぞ??

どう思うんだよ今の人は。

明らかに自分のことを見ていない。

自分を通して別の人を見てるんだぞ??

最低な野郎だろ??

そんなことお前らはやってるんだからな?

そんな奴らがツイート春菜名前を入れてツイートするもんだから純粋上条春菜好きな人の話とか初恋フレーム感想がみたいのに、あっちもこっちも律子律子律子・・・

もううんざりなんだよ

シンデレラガールの話をしろ

秋月律子シンデレラガールじゃない。

春菜の憧れの先輩でもない。

踏襲したアイドルでもない。

後継者でも後釜でも継承者でもない。

そんなに律子が好きならそっちに帰ってくれよ。

勝手春菜面影を重ねないでくれ。

2020-05-02

上白石萌歌初恋の人に似ててつらい

初恋なんて30年前の事で、今となっては当時の自分のウブさに酸っぱい唾出てくるんだけど、上白石萌歌がその初恋の人に似ている。眉とか頬の具合とか。

記憶の美化バイアスはかかってるだろうけどね。

見るたびに当時を思い出してしまうから、口の中が酸っぱくて大変。

2020-04-24

昨日寝る前地元の旅番組がやっていて

ああ、地元に帰りたい、コロナのアホ…って思いながら寝た

そしたら地元初恋の人と再会する夢を見て想像以上に幸せだった

それと同時に今の生活魔法がかかっていていつかは終わる世界だとも悟った

早く地元に帰りたい

2020-04-19

いくらでも本人に確認できるのにしないのは、それが嘘だから

本人じゃない人がさも知ったか嘘八百いうのって、ほんと困る。

責任とれるんだろうか。

自分以外の人間についてなんて、親の初恋相手さえ知らないでしょ。

2020-04-11

anond:20200411182516

※おれは表現戦士じゃないが

まず人格があっての人権

コロナ人格があった場合どうなんだ

ステルスで2週間余裕でひそめる(スネイク)

さら自分だけの特殊基準判断で(増田

他人をヌッコロす(ゴルゴ13)

→またはちょっと息苦しくさせる(初恋

 

まだ人格統合できないのでダメでしたー

2020-04-05

参考として5年前に結婚相談所経由で結婚できた我が家を見てみよう


オタクとしてステレオタイプイメージされやすパソコンメチャクチャ強く、漫画アニメゲームが大好きで、それがこうじて同人ゲームを作っちゃうような俺は日々充実したオタクライフを送っていた。


結婚なんて縁がないもの中学生の時点で既に気付いていたので、ドール理想的容姿にして愛でていた。ドール自分好みのミニスカ履かせようがホットパンツ履かせようが誰にも迷惑かけじゃん?


そんなある日、子供部屋おじさんだった俺は親から呼び出され突然2万5千円を請求された。


「毎月6万円収めてるのに金ないのか?香典がかさんだ?」

結婚相談所の入会金の半分だよ。お前もそろそろ結婚考えろ」

「いやいやいや待て待て待て。なにしてくれちゃってんの?どうして勝手にやって折半しようとしてんの?」


勝手結婚相談所へ入会させた上に折半しようとする我が両親の頭がついにボケたか悪態をつきたくなった。2万5千円あったらフルプライスゲームを3本買えるんだぞ。積みゲー消化しきれてないけど。


「良いか女性デート出来ると思え」

「親父は知らんかもだけど世の中にはお金を払えばデートしてくれる女がいっぱい居るんだよ?たぶん1万円くらいで」

「そういうの利用したことは?」

「無いな。まず俺の中にそういう需要が無い。1万円払うならBlu-ray買う」

「そういうデート商売みたいなもんは男だけが金払うんだろ?結婚相談所は女性も払ってる。デートに本気だ」

「逆に嫌だよ。狩猟民族みたいな本気の女に俺は狩られて剥ぎ取られる側だよ」

しかしもう入会したからな。先方の都合もあるし1度だけでも行って来い」


ここから何とか抵抗を試みたものの、気弱なオタクの俺へ世間迷惑をかけるぞと暗に脅しを掛けてくるクソ親父の口の上手さに負けて結局は1度だけデートするまで結婚相談所を利用することになった。


「俺も結婚できてるんだからお前もできるだろ」


ただこの言葉だけはワンチャンあるかも?とは思った。


信じられないかも知れないが、俺という存在古生代から連綿と生命現代まで繋ぎ続けてきた種族繁栄に関して環境最適化された遺伝エリートなのだ


環境最適化多様性を確保するための突然変異個体という可能性も無くはないが、この遺伝子が積み重ねてきた実績はなかなかのものじゃないかと。


挑戦せずに諦めるのはアフリカ出身ミトコンドリアイブおばあちゃん申し訳ないんじゃないか。俺はおばあちゃん子だったし。


思い立ったが吉日、取り敢えず女にどうすると好印象、とまではいかないが悪くない印象を与えないようにしなくてはならない。少なくともお巡りさんと目があっただけで職質されないようにしよう。強気だったお巡りさんが鞄の中身を確認するとドール出てきて申し訳なさそうな顔するからね。


すかさずググった俺は「清潔感」という謎の判定基準を目の当たりにする。ちゃんと定数を設定しろ


どうすると良いのか全く見当がつかなかったので、Google NewsAPIを使ってキーワードWebページを取捨選択wgetWebクローラーをぶん回し頻出単語抽出を開始した。大勢意見王道だろうという甘い考えだ。


その中で出てきたのはやはり「清潔感」が最も多く、「服」や「髪型」「匂い(臭い)」「ファッション」「容姿」「年収(収入)」などが目に付いた。


抽出されてくる単語の中で俺はついに自分を変えてくれるだろうというもの発見する。それは「美容院(美容師)」だ。そうプロプロに頼めば良いんじゃないかと!


美容院に行ったのは確か小学生ときしかったのかお袋に連れられ髪を切りに1回だけ行ったのみ。普段は近所の床屋だったので美容院は物凄く化粧臭いイメージしかない。


しか美容院をググったりして色々調べてみるものの一切判断基準理解できず詰んだ。ていうか書いてある用語カットカラーリングしかわからん。なんちゃらマッサージとか皆やってんの?そしてなぜ長さで値段変わるのか。


というような話を晩飯時に両親としていたらお袋が「そこの美容院、息子さんが繁華街美容院やってるよ。若い子に人気みたい。相談してみる?」と教えてくれた。流石は母ちゃんや!近所の話を普段はどうでも良いとか思っててゴメンな!


早速予約して貰って休日行ってみた。訪店すると事情を既に把握しており1から説明する必要が全く無かった。むしろ逆にお袋はどこまで話したのか不安になる勢いだ。ていうか今の美容院は化粧臭くないのな。


婚活でそれなりに見られるようにしたいと」

「いやそれなりというか悪くは見られたくないっすね」

婚活のお客さんたまに来るんですよ。そこでウチの店って実は服屋と提携してるんです」

「えっ服も選んでもらえるってこと?」

「そうです。まぁ服屋って言っても大手じゃないですし、ていうかその服屋はもともと僕の友達ですねw」

「あーなるほどw」

「身内贔屓かも知れませんがセンス保証しますよ。悪いようにはしないと」

「いやもう服すらわからんので全部お任せします!」


完全に全て言われるがまま何1つ文句を付けないで美容院と服屋に任せた。帽子を被るとどうしてもドン小西感が溢れ出てくるが多分これがオシャレというものなんだろう。


いやしかし流石は服屋もプロである。服屋で買ったは上着3枚、シャツ3枚、ズボン3枚、帽子2つ、靴3足だ。


「着回しを考えて、どの組み合わせでもそれなりに見えるよう考慮しました」


革命的だと思った。私服ファッションで最も苦労するところは組み合わせである。AとBは正しい組み合わせだがAとCは正しくないという点がファッションの怖いところであるしかし服屋は俺のそのセンスを察してどの組み合わせでもいけるようにしてくれたのである


装備を整え、次は結婚相談所の面談担当者は俺と同年代くらいの女性だった。


いきなり女性お見合い写真的なものを見せられるのかと思っていたが、結婚相談所の制度やら規約、どのような相手を求めるのか、女性と付き合う上でのアドバイス的なものを話して頂き、ペーパーテストみたいなものもやった。そして「性的嗜好女性なのか?」と聞いてくるのね。そりゃ確かに大事だ。


そしてここで両親に騙されていたことへ気付く。まだ入会完了してないやんけ!初回面談後に正式入会なの黙っていやがった!そりゃ話が一部噛み合わないわ!


まぁもう美容院や服屋に金かけちゃったので入会したけれども、俺の特性を上手く把握されていて無性に笑えてきた。


面談の結果によって色々ピックアップするようで数日おいた後に結婚相談所へ再び出向いた。


相談者様とのマッチングの結果このような方々が候補に挙がっています


いやはや選り取り見取り。えっ!?と思うような美人から他人のことは言えないがデブが居たり、俺より年収が高い人、低い人、夫婦の財布は別々で管理したい人、中には初っ端から別居希望の人まで居た。


渡されたタブレットの画面をスッスッとスワイプして世界の広さを痛感していると目に止まった女性が居た。幸薄そうな女だ。ただどことな初恋のあの子に似ていなくもない。詳細プロフィールを確認すると趣味映画鑑賞音楽鑑賞、読書だった。これは同族匂いがする。


まり映画鑑賞アニメ音楽鑑賞=アニメソングまたはアイドルソング読書マンガということだ。求める男性像が「趣味を共有できる方」というのも裏の意味があり「私の趣味を認めろ」という強いメッセージだ。


ちなみに俺は担当者に違う表現にしたほうが良いと助言は受けたものの堂々と漫画アニメゲームと書いてある。キモデブオタク禁忌する女はこっちから願い下げだ。こっちのほうがむしろ高精度のフィルタとして機能する。


「この方にお会いしたいのですが」

はいでは受理いたしますね。ただ本当に会えるかどうかは相手様次第です。相手様が乗り気になるお誘いのメッセージを考えなくてはなりません」

「でしたらデート池袋もしくは秋葉原はいかがでしょうか?とお送りください」

女性目線で言えばデートスポットとしてはあまりオススメ出来かねます・・・

「良いのです。これで断られたらそれこそマッチングしていないのです」

「はぁ・・・そうですか・・・


俺は自分自身がキモデブオタク理解している。確かに髪型服装背伸びしたものの内心がそうそう変えられることはない。会社でもオタクとして知れ渡っているし女性従業員との話題仕事以外ならば9割サブカルだ。俺はそれで良い。そもそも恋愛駆け引きなどできるわけがない。


そしてキモデブオタクかつ気弱なので無理に背伸びして見ず知らずとはいえ女性から幻滅されると心が折れてしまうに決まっている!そういう自信だけは人一倍あるぞ!


そしてそれから2週間、なにも音沙汰なく、なんなら忘れかけていた所に結婚相談所の担当者から連絡が来た。


よろしくお願い致します、とのことです」

「えっ本当ですか?自分で言うのも難ですけど僕はハズレくじでしょ?」

相手様は忙しかったらしく連絡が遅れて申し訳ないと仰っていました」

「そうかぁ・・・(いやキモデブかよ!って躊躇しただけでは?)」

「ではお日取りを調整いたしますのでご予定をお教えください」

「わかりました」


決まった瞬間はデートデートねぇ・・・よくわからんなぁとモヤモヤしていたが、デート当日が近づいてくるごとに謎の危機感が増してきた。いやヤバイ・・・どうしよ・・・えっ何話したら良いの?デートって何するの?


そしてデート当日、池袋西口公園で待っているとタブレットで見たあの女性が来た!あああああ!もう頭の中はパニックである。思ったよりも細い!小さい!色白!ヤバイ言葉が出ない!俺を見てる!俺の言葉を待ってる!


「あっどっっどうも増田です」

「あぁ良かった人違いなのかと」


俺!あっ挨拶できた!挨拶できたぞ!!!さぁどうする!?どうする!?えっ次どうすんの???はァァァァンンン!!!


パニックを起こしている自分を、もう一人の自分パニックを起こしながら見ている謎の感覚に陥り、脳内会議は大混乱であるパニックしているヤツしか居ない。気合を入れて先ずは謝罪だ!


すみません!僕は女性デートしたことがないので至らないことがあると思いますよろしくお願いします!」

「わっ私もしたことがないんです。いっ池袋を選んで頂いてくれたので私も安心しました。オタクさんなんですよね?」

はい!そうです!良かった!もしかしたら!コッチ側の人なんじゃないかと!それで!お声をかけさせて頂いて!サブカルなら僕でも何とか!何とか案内できるだろうと!」

「わっ私もたぶんそっちのほうが楽ですので」

「でっではメイト行きましょう!メイト!正直何話していいのかわからないのでメイトに行きましょう!」

「そうですねメイトメイトしましょう!」


正直ここから何話したか全く覚えていない。メイトで見かけたコンテンツの話をしたような気がするけれども確かではない。本当にどうしようもなく情けなく常にパニック状態であったことは予想がつく。池袋HUBで飯を食ったのは覚えているけれども、こちらでも何を話したのか覚えていない。


HUBで飯を終えたあとにちょっとブラブラし「それでは」と別れたのだが、なぜ帰る流れになったのかも覚えていない。デートの前は初回でも「そういうこと」がある期待感は多少あったが、デート本番ではそれどころじゃなかった。


自宅へ戻るとハッと我に返り、圧倒的な絶望感に陥った。もうこれ絶対ダメだろと。常にテンパっていて何話したか覚えてなくて、たぶん失礼な物言いとかしていて女から嫌われるキモデブオタクムーブを思いっきやらかしていたとしか思えない。ダメだ!もう寝る!俺は寝る!と布団へ飛び込んだ。


次の日の朝、更に絶望する。そう言えば結婚相談所の担当者の話ではお礼のメッセージを送るのが普通だと言っていた。俺はそれを完全に忘れていたのだ。


もうすぐにメッセージ送らなければ!とスマホを手に取るとメッセージ通知がある・・・!!


「凄く楽しかったです。今後ともお付き合いお願いします。」


グボォ!ゲッホ!ゲッホ!ヒィ!ハッ!ハッ!えええええ!?ゴッ!ブフゥ!はぁ!?マジ!!!!???えっなんでえええ!!!!????


こちらこそよろしくお願いします!」


もうね、これしか送れなかった。会社通勤し何度メッセージ確認しても「今後ともお付き合いお願いします。」としか書いておらず、俺は「こちらこそよろしくお願いします!」と返信している。


そうこうしていると結婚相談所の担当者から連絡があり「相手様が次回のお日取りを決めたいという申し出があった」と言うではないか。何がどうなっているんだ。


わけわからずコチラの予定を伝えるとトントン拍子で次回のデートが決まってしまった。これは童貞をこじらせた俺の夢なんじゃないか


何なんだこの湧き出るやる気は。仕事楽しい!全能感がすげえ!今ならどんな仕事も出来る気がするし、チームのミスだって些細だと笑って許せる!これが恋愛か!これが恋愛!!!!!おいお前ら!(誰?)これが恋愛だぞ!!!!!!


そして2回目のデート当日、現れた相手ミニスカ姿だった。


「前回、女の子ミニスカート姿が好きだって言ってたじゃないですか。頑張っちゃいました。ちょっと短すぎましたかね?」


前回の俺はなに言ってんだ馬鹿か、考えなしも程があるわ・・・下手するとセクハラだぞ死ねよ。ああああああ好き。大好きすぎて昇天するわ!!!!


「俺!痩せます!」

「えっどうしたんです?」

「今まで自分のことキモデブとか自虐してたけどアナタが俺の好みに合わせてくれるなら俺は痩せてアナタの自慢の夫になりたい!だから痩せます!鍛えます!」

「そうですねぇ太り過ぎてると長生きしないって言いますしね。できればずっと一緒に居たいですし」


申し訳ないが実はこの辺りもあまり覚えていない。頭の中はどうなってるんだ!何が起きているんだ!俺は一体どうなるんだ!という意識ばかりで冷静な判断ができなくなっていた。別れ際、子供のように手をブンブン振ったのは覚えてる。


自宅へ戻ると今度は速攻でメッセージを送った。


「楽しすぎて僕にはアナタしか居ないと思っています!今度ともどうかよろしくお願いします!」

「夫になりたいと言ってもらえてすごく嬉しかったです。私も増田さんの妻になりたいです」


記憶を掘り返すと確かに言ってる!俺プロポーズしてる!!!勢いで言っちゃってるよ俺!!!もっと良い言葉あるだろ!!!!!あああああゴメンなさあああい!!!!!


そんなこんなで次の日、結婚相談所へその旨を伝えると成約に至った。


3回目のデート以降は頻繁に会うようになり、一緒にアニメ映画を観に行ったり、漫画の貸し借りしたり、彼女パソコン自作したり、彼女同人誌のお手伝いしたり、両親へ紹介をしたりされたり、結婚式の日取りを決めたり、今振り返ると物凄く濃密だった。


ちなみに夜の方は2人とも初心者ということもあり、非常に緊張して彼女拒否したり、コチラが立たなかったりしたので、一緒に風呂へ入るなどをして徐々に慣らすことにした。何だかんだで出会ってから半年以上掛かってしまった。2人ともオタクなので一線乗り越えると、まぁアレだね。今は子供が3人居ます


夫婦生活円満というか、俺が嫁さんを好きすぎるので子供と嫁さんを奪い合う日々を送っている。トレーニングは続けていて体重が120kgから今は70kgになった。幸せ痩せである。嫁さんは子供産んでからちょっと丸くなった。ガリガリだったのでちょうど良い。幸せ太りである

2020-03-20

こじらせててつらいのでカウンセリング行ったら楽になった話

スペック

(いくつかフェイクあり)

この記事を書いた理由

カウンセリングを受けて何かと楽になったので、知見を共有したい。

それに、カウンセリングを終えてからそろそろ1年が経過するので、ちょうど過去を振り返るのにちょうどいいと考えた。

増田でも、多くの人が「カウンセリングに行ってみたら?」と時には本気で、時には冗談で言うのだけれど、そこが実際にはどんな場なのかを知らないせいで、行くのをためらっている人が多い現状を、変えたいというのもある。

増田だけではなく、ネット上の多くの人が、少しでも楽になれるように祈っている。その助けになれば幸いだ。

どのようなことで困っていたか

長くなりそうだし、愚痴っぽくなるのも嫌なので、代表的ものだけを箇条書きで挙げる。

カウンセラーはどんな人?

臨床心理士資格を持っている50代の女性中学生くらいの子供がいるらしい。

髪の毛が長く、少しやせ型。落ち着いた物静かな女性だが、明確な自分の考えを持っている印象がある。初恋の人に似ている気がするがおそらくは気のせいというか、投影しているのは間違いない。

実際のカウンセリングではどんなことをするのか

初回は風景構成法を行った。これはカウンセラーの指示に従って、順番に山や川、家や田んぼ人物などを配置していくもので、専門書に当たれば具体的な解釈方法が書かれているが、自分専門家ではないので省く。当日に描いた作品を今になって振り返ってみると、道のど真ん中に障害物の石が置かれていたり、山が雪に閉ざされていたりと、寒々とした印象を受けた。描かれている人間逆立ちをしていて、何やら不穏である。蛇も不気味にとぐろを巻いていた。

二回目からは主に夢分析を行った。カウンセリングカウンセリングの間の一週間に見てきた夢を記録して、それを材料に話をする。つかみどころがないようだが、意外なことにかなり効果があった。理屈はわからないが、この治療中は同じようなテーマの夢を見るようになる。さらに、肝心なのは夢の内容そのものではなく、夢の話をしているうちに自分が何を思い出したか、あるいは漠然とした印象をどのように語りなおしたかで、それによって、自身の考え方の偏りや傾向が見えてきた。現に、夢の内容を話す時間は案外短く、後半の三十分は、そこから思い出した過去出来事や近況、それについて自分がどう感じたについて話し合うことに費やされた。そうした雑談きっかけに、突破口を開いたこともある。

夢分析が行き詰まった時には、箱庭療法を試みた。これは、砂の敷かれた箱の上に人形模型を配置していくもので、話しながら人形を動かしたり、砂の上に模様を描いたりした。うまく説明できないが、非言語的なものを明確にするのに役立った気がする。例えば「このタヌキ(の置物)は寂しくて困っている。友達がいなくて寂しそう。上下がひっくり返って困っている。悲しくて暴れている」などと比喩的な話をすることで、日常使っている言葉論理で語りたくないことを口にしていた。小さな人形を触っているうちに気分が落ち着いたり、逆にひどく動揺することがあったり、不思議経験だった。箱庭療法最初の一回も、自分心理的混乱が反映されていたのか、人形同士がにらみ合ったりひっくり返ったり無意味に積み上げられたりと、非常に張り詰めた印象のもので、カウンセラーも「ちょっと怖い」という印象を漏らしていた。

これらの技法は、ある種のきっかけというか呼び水だった気がする。どんなことを語っても許されるというか、傾聴してくれる場というのはそれだけで貴重で、話しているうちに自分の思いがけない本音や、ダブルスタンダードに気づいた。また、夢のような一見「どうでもいい」話ができる仲になることで、普通は人に話すこともはばかられるような、野外オナニー願望についても話すことができた。

治療も後半になると、こうした技法ほとんど用いず、通常の雑談に近くなった。自分はこういうことをしてこう言う結果になった。自分気持ちはこうだ。そうしたことが素直に言えない人のために、これらの技法はあるのかもしれない。

カウンセリングの進行、そこで自分はどう変化していったか

始め、自分は藁にも縋るような思いでカウンセリングを申し込んだ。と同時に、どこか疑ってもいた。自分カウンセリング技法についての基礎的な知識はあったし、大体どのようなことをされるのか予想がつくと思い込んでいた。精神分析に関するフロイト著作だって読んだことがあるし、河合隼雄の「ユング心理学入門」も読んでいた。しかし、カウンセリングの概略を知っていることと、実際にカウンセリングを受けることとは、まったく別の経験だった。水泳理論と、実際に水に入って泳ぐこと以上に隔てられている。なんといっても、何年にもわたって定期的に同じ人間と会うのだから必然的相手には強い感情を持ってしまう。結局、人間が強い感情を持つの人間に対してであり、人間が変わるのも対人関係を通してだ。

カウンセリングでは何について話すことも自由だった。幼少期の悲しみ、いじめられた経験、両親から受けた不条理仕打ちなどなど。それだけではない。女性にするべきではないとされている話もした。自分の性生活自慰行為風俗店での出来事など、自分は露悪的なまでに細部を語ったが、しっかりと耳を傾けてくれた。

そして肝心なのが、何度同じ話をしても相手は退屈する様子を見せない点だ。自分は、同じ話を繰り返すことで忘れていた細部を思い出すことがあったし、それに新しく意味付けをすることもできた。

最後に、カウンセリング時間が終わりに近づくと、カウンセラーは僕の話した内容を簡潔に言い直す。そうすると、自分はこういうことを考えていたのか、と毎度のように驚かされる。まとめられた内容を反芻しながら次の一週間を過ごすことで、自分の考えが深まっていった。他にも、自分がすべての不平不満をぶちまけた後で、それに対する解釈を投げ返されることで、その負の感情自分の一部として取り込むことができるようになった。「あなたがそこで腹を立てるのは当然だ」「あなた感覚はそれほどおかしものではない」という趣旨言葉を返してくれるだけで、自分過去を少しずつ受け入れることができるようになっていった。

カウンセリングの中で、カウンセラーを好きになること

ところで、カウンセリングに通ったのが、2014年3月から2019年8月ことなので、4年以上も同じ人と毎週のように会っていたことになる。途中から自分の気分が落ち着いてきたので隔週に切り替えたのだが、それでもかなりの頻度だ。自分は、自分のあらゆる感情や悩みをぶちまけて、それでも受け入れてくれる存在がうれしかった。モテないあまり風俗に浸っている自分軽蔑しない彼女存在が尊く思われた。

珍しくないことだが、自分カウンセラー好意を持つようになった。自分は、職業倫理上その気持ちは受け入れてもらえないことだと知ってはいたけれど、「あなた尊敬しているし、とても強い好意を持っています」と伝えた。カウンセラーからは「私もあなたと会うのが楽しみです」という趣旨の返事をもらった。と同時に、僕は、なぜこのカウンセラーが好きになったのかをじっくり考えだした。すると、自分には好きな人自分の悩みを洗いざらい吐き出したいという願望があったのだ、と気づいた。同時に、自分知的水準の高い女性に強いあこがれを持つことも改めて認識した。年齢などどうでもよかった。比較的若く見えるが、相手は五十代の人妻で、自分が手を出すわけにはいかないのだけれど、叶わない想いだとは知りながら、相手尊敬の念を持ち続けるというのは、思ったよりも悪くなかった。おかげで、自分にとって他人を好きになるとはどういうことかを言語化できたし、他人尊重することを身をもって学んだ。

一人の女性を好きになり、それを軽蔑されたり馬鹿にされたりしないこと安心感を、自分はたくさんの悩みに取り組む支えとしていった。僕は、このカウンセラーのことが好きになれて、本当によかったと今でも思っている。

カウンセリングを通じての自分認識の変化

過去のどのようなつらい経験も、自分はそれぞれ意味があったのだと、迷いなく考えられるようになった。それから、今までは様々な物事を与えられて当然だと感じていたが、やっとのことで与えられた物事感謝することを学べたように思う。

また、自分の恐れの感情トラウマにとらわれずに行動できるようになったことで、自分の外側の世界に対して、うまく働きかけることができるようになった。

もちろん、上に書いたような悩みのなかには、直接解決しなかったものもある。でも、それはそれで仕方がない、と受け入れられるようになった。

何よりも現実検討能力がついた。不安不安のままかかえておけるようになり、不安で頭が真っ白になることがほとんどなくなった。自分の中の膨大な不安エネルギーが、落ち着くべき場所を見つけたかのようだった。

上記の悩みに自分は具体的にはどんな答えを見つけていったか

悩みの解決過程言語化するのは難しい。自分の考えがどんな風に変化していったかを記すにとどめる。人によってたどるべき道のりは異なるし、僕の頭の中の理屈をそのまま文字にしても、納得できないことは十分に考えられるからだ。

過去いじめ、対人関係トラブルはとても悲しいものだった。でも、おかげで自分は人をできるだけ傷つけないようにしようと心掛けられるようになった。それと同時に、絶対に誰のことも傷つけない発言表現というのも無理だとも知った。男性であれ女性であれ、相手を一人の個人として尊敬することが大切であり、それは自分相手は異なっていると認識することだ。だから、できるだけ丁寧に接することは大切だけれども、自分他人は別の存在なので、礼儀正しくしていたとしても、絶対不快な思いをさせないでいることは不可能だ。かつての自分は、自分女性から不快な思いをさせられた経験から絶対女性を傷つけてはいけないというルール自分に課していたのだけれども、それは不可能だと知った。過度に自分を縛る目標は、ある種の呪縛だ。

それに、世間はいろんな女性がいる。優しい人、冷たい人、知的な人、ちゃらんぽらんな人。一人の女性自分暴力を振るったからと言って、そうでない人もたくさんいる。女性一般や平均的女性像みたいなものに、振り回されなくなった。

フェミニズムとの距離感もうまく取れるようになった。納得できることはうなずき、わからないことについては調べ、おかしいと思うことには反対する。それは、フェミニズムだけではない。自分とは違う考えの相手に対する対応の仕方と全く同じだ。

仕事に関しては、転職をした。自分能力に見合った仕事に切り替えることでやりがいも感じられるようになった。給与は下がったが、例えば600万稼ぐ人間が300万稼ぐ人間の2倍偉いのかといえばそういうわけでもないし、僕にとっての一番大切な価値観は、早寝早起き快食快便が守れる生活が維持できるかどうかだと知った。

男らしくないのではないか、というのも気にしなくなった。世間価値観がどうあれ、自分が好きなことを好きなようにする。自分らしくあることが自分にとって男らしいことと定義しなおした。

その中で、家族との関係改善した。今にして思えば、両親は自分と非常に適切にかかわってきてくれた気がする。圧倒的にすがりたいと思っていた両親も50~60代のただの人間なのだ、と実感することができた。しかし、ただの弱みもある人間からこそ、大事にしたく思えるようになった。距離感が適切になった気がする。

処女厨ロリコンも治った。正確には、そういう願望があることそのものに対して、思い悩まなくなった。一つには、50代の女性に恋をすることで、実際に小学生恋愛したって、物足りなくなるに決まっていると心の底から理解したというのがあるし、人生経験豊かな女性の魅力に気付いたのもある。さらに、処女厨の根源にあった、「セックスとは汚いものだ」という意識も弱まった。「セックス気持ちよいものだし、誰かを愛することは素敵なことだ」という感覚しかなかったら、処女喪失を汚れとは認識しないだろう。それよりも、出会った二人が新しく一緒に思い出を作っていくことの喜びに目が向くようになった。まだ彼女はできていないけれども、一緒にデートしたり、他愛のない話をしたり、うとうとしたりしたいし、それに向けて今でも努力している。

女子小学生の裸を見たいという感じもほとんどなくなった。確かにあの年頃の女の子かわいいけれど、それだけのことだ。どんな感情を抱こうとも人間自由だと思えるようになったことで、かえってそうしたロリコン的な願望から自由になった。

同時に、野外オナニー願望も消えた。なんというか、得体のしれないドロドロした性欲のエネルギーに、適切な形が与えられた感覚がある。よく夢で、性器露出したり全裸になったりするパターンが多かったのだけれど、カウンセラーと話すうちに「おちんちん見せるだけじゃ意味ないよね?」みたいな話になり、そうしたことを話しているうちに、セックスって相手あってのことだよね、みたいな認識に到達した(このあたりの話が非常にわかりにくいのではないかと恐れている。ラポール、とでもいうのだろうか、クライアントカウンセラーの間には、長い間の会話の積み重ねからくる膨大なコンテクストの共有があり、ある種のツーカー関係が出来上がっているので、会話だけも書き起こしても非言語的な部分が多くを占めていて、客観的にはわかりにくくなりがちだ)。

死への恐怖は、とりあえず先送りされた。これは個人的な経験だけれど、死ぬのが怖くてたまらないときというのは、何か大きな変化を恐れているときか、未知のものに飛び込まなければいけないときに強まるような感覚がある。

カウンセリングを終えたきっか

カウンセラーには日々の出来事を何でも話すことができたが、別にカウンセラーに聞いてもらわらなくても、別に大丈夫になってきた。さらに、ここで話をしても、これ以上自分は楽にはならない気がするようになってしまった。

とても感謝はしているけれども、自分自分を励ます考え方ができるようになっていて、あとは毎日出来事淡々カウンセラーに報告するだけみたいになっていた。

というのも、自分の悩みを解決できるのは、最終的には自分だと思うようになったからだ。話を聞いてもらって勇気をもらったり、現実的なアドバイスを受け取ったりすることはあったけれども、実際に行動するは他ならぬ自分なのだ

ならば、これ以上ここにいても、自分は変われないのではないか、という気がした。そして、3月という区切りのいい時期であったので、そこで終えることにした。

最後にもう一度風景構成法を行った。山には緑があふれるようになり、街には人がたくさん姿を見せるようになった。蛇は道や川のうねりへと姿を変えた。困ったときには駆け込めるような病院や、芸術を鑑賞できるような美術館も街に描かれていた。そこでは、たくさんの人々が連れ立って歩いていた。ずっと住み心地のよさそうな風景だった。

そして、僕は無事にカウンセリング卒業した。

続き→ anond:20200320072823

林くん

私にはずっと片思いをしている男の子がいる

彼を好きになったのは小学三年生の頃

顔立ちが綺麗で髪はさらさらだし、頭も良く

、落ち着いていて足が速かった。

当時、彼はクラス中の女子からモテていたと思う。私もそのうちの1人だ。

初恋が忘れられないってのはよくある話だが大学年になった今でもずっと林くんが好きだ。

これまでに何人かの男性と付き合ったが、林くんのような王子様と比べるとやっぱり無理だった。付き合っていた男性は皆セックスをしたがるし数ヶ月もすると他の女性に目移りしてるのがバレバレ萎えた。キス気持ち悪くて仕方なかった。

もう一生、恋愛なんて無理だと思っていた。

だって男性って気持ちいから。

そんなことを大学友達に打ち明けたら、あんたは潔癖なんだよって言われた。

私が恋しているのはあの綺麗で髭も生えてないクールで足が速くて頭が良い林くんなんだから王子様みたいな人が現れない限り私は付き合わない。

たまにふと我にかえることがある。

アイドル好きって幸せだなって

だってずっと片思いができるから、実際に付き合うことはないし綺麗な部分しか見えなくしてくれる。アイドルトイレに行かないしオナラもしないし鼾もかかない。髭も生やさないしお洒落性格が良い。セックスも望んでこない。

私を罵倒したり乱雑に扱わない。

どこかに王子様いませんか?

現実男性が受け入れられません。

2020-03-13

萌え体験談 傑作選 ベスト100

萌え体験談コピペ保管庫」を検索して、検索窓にタイトル入れてくれ

  

●TOP10位

 

た・ね・う・ま

女の子イジメられていた僕

同僚のドM女の子とのエッチ

女性自衛官との性交について

婚約者M子

ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

放課後パラダイス

MM奴隷夫婦

おっさんだけど上級生の痴女痴漢して大変なことになった話を書く

ささやかなこの人生

 

【おまけ】「キノコの子」と呼ばれた俺の性の自叙伝 ※ネット検索しろ。傑作だ

  

●TOP21-100位

 

父と祥子先生

ちゃんより怖い女

一番興奮したH

保健室夏帆(完全版)

愛美

人妻みゆきさん(前半)(後半)

三里さん シリーズ

ソフィー

お局女が堕ちる時

ヌードデッサン

写生射精 

先輩が自分の嫁さんを抱いてくれとお願いしてきた

年上高身長貧乳ツンデレ

気の弱い先輩にやりたい放題してた話

ツリガネニンジン

きな子先生と校内で

臭いフェチの女支店長

変態 ※「世の中にはエッチな人も」で検索する

E姉

小学校卒業間近に男4女4で乱交じみたことをした

高校の時に友達母親とヤリまくった思い出

レズ関係女性二人と

フェラ好きの彼女

看護婦宮内さん

十数歳下の従妹が胡座をかいた俺の股間に座ってきた。

キツイ上司の昼と夜

塾講師やってる時に女子中学生の生徒とヤった話をする

★裸でドアの向こう側に★

従姉(33)のセックスを見せてもらった話

学生の頃付き合ってた年下のセーラー服変態だった。

まこと1 2

里奈

ビッチ妊婦

親友の嫁と・・・俺の壮絶な7日間を語る。

底辺人間だが21歳のドM女飼ってる話してみる

十年年上の女教師とやりまくった話をする。

友達の姉アサミとの性体験

バイト先でロリ顔の人妻セフレになった

超天然で無防備な叔母

般若さんと最高の・・・

一芸

お嬢様と後背位★

劇団の後輩

中2の志保

★菜月と撮影会

隣の小さな彼女

会社おかしな先輩との恋を淡々と語る

可愛い雌豚調教日記

お仕置き

ムチムチ店長

ドM人妻家のトイレ修理

和歌山のおばあちゃん墓参り

中学生の時、同じクラス女子

美人姉妹

女友人のパソコンを復旧してみたら

強い女

ホテヘル呼んだら変態きたwwwwwwwwwwwwwwww

嫁取り物語

真由美

アナルバイブ入れてフェラするとイクJD

女友達ツーリングに行って死ぬほど興奮した話

だったら充分

少女出会って

妻はピアノ講師

創立記念パーティー

メル友の美穂

バイト先の女子高生

バイト先の先輩と。

ひみつの授業

整体に来ていた主婦・A子さん

アパートの隣の部屋に学校の人が引っ越してきた話

初恋のコのおしっこを拭いてやった話

同じマンション愛菜さん

SM女王様調教

★堀さんとのエッチ放課後

風呂入りたい!

こ・・・こんないやらしい事・・・

不憫な姉

妹・みゆ 

首輪の使い方教えてください

奥様、調教されたらどこまでやるか

生物部の先輩に手コキされる

麗奈先生パイパン

俺の妻が他人の女になった

もう時効から言うけど女子学生性器をいじりあった話する

14歳中2イキまくりの子

キャバで働いてた俺がエッチな6年間を書く

かわいいあの娘はヤクルトさん

性の知識が全くない巨乳可愛い天然の同級生マッサージを頼まれ

大学親友、莉玖

旦那ラブの牝犬ダブルフィスト調教した

妹がインター脇のラブホに行ってみたいと言い出して

娘の友達とのいけない関係

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん