「人種」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人種とは

2019-01-18

近藤麻理恵と本に関する議論に潜む無視できない階級意識人種差別

原文:https://www.bustle.com/p/the-marie-kondo-books-debate-has-classist-racist-undertones-that-cant-be-ignored-15796044

近藤麻理恵は一冊目の本である人生がときめく片づけの魔法」が2014年アメリカ出版されたときから社会現象であり続けている。「日本の片付けと整理の術」を詳しく記したその本は、コンマリ・メソッドまたは「Kondoする」と呼ばれる、持ち物に触ってときめきを感じる(it sparks joy)かで判断する片付け法を誕生させた。しかし、やはり近藤の人気が急上昇したのはNetflixで「近藤麻理恵とお片付け」(邦題:KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~)が放送されてからだ。ところが、この人気の急上昇により本にまつわる予期せぬ騒動が発生した。著述家であり「We Need Diverse Books」(多様な人種の子供に向けて本を与える活動をする非営利団体)の創設者の一人でもあるエレン・オーを含むSNS上の大勢の人々によれば、近藤への反発には明確な人種差別と階級意識の要素が含まれているという。Bustle(訳注:原文の掲載サイト)はオーにコメントを求めた。

韓国系でありながら子供時代日本で過ごし第一言語日本であるオーは次のように語る。「近藤麻理恵への反発が発生してからというもの、ずっと意図的に誤解している人々に嫌な思いをさせられています最初文化の違いのせいかと思いました。特に翻訳によって生じる問題についての意識のなさです。アジア言語英語とはかなり違います。どうやってもうまく翻訳できない言葉もあります」。ところが、オーが「人々が意図的近藤を誤解している」と確信するに至るまで長い時間はかからなかった。

すべての始まりはこうだ。Netflix番組の第5話で、近藤若いカップルが本を片付けるのを手伝う。番組の中で、そして著書の中で、近藤コンマリ・メソッドで蔵書を片付けるやり方について広く語っている。Deseret News記事に書かれた近藤が語ったことの要点はこうだ。読んでいない本や、いつかもう一度読むかもしれないという思いにとらわれている本がたくさんあるのなら、それは捨てるべきだ。また近藤は、もしほんの一部だけにときめきを感じるのであれば、一部のページだけをちぎって残すことも薦めている。

Twitter上での否定的な反応はすぐに発生した。

小説家アナカナ・スコフィールドはすぐさま近藤の本を捨てるやり方にSNSで憤慨したうちの一人だ。スコフィールドは「近藤麻理恵だかコンマリだかの本に関する意見に耳を貸すな」とTwitterに書いた。他の利用者たちもすぐに続いた。そのうちの一人であるジェニファー・ライトは「この女はモンスターだ」と既に削除されたツイートで記した。このツイートは「理想的には蔵書は30冊未満にしましょう」という吹き出しが書き足された近藤写真に対する返信として書かれたものだ。ワシントンポスト掲載された書評家のロン・チャールズの「近藤麻理恵よ、おまえのトキメキお片付けは私の本の山には無用だ」をはじめ意見記事もいくつか出た。

しかしこの「理想」の蔵書数は30冊というのは、いったい何なのだろうか?この数字は、近藤コンマリ・メソッド自分の家を片付けたときに使ったものだ。「人生がときめく片づけの魔法」で、近藤自分の蔵書は30冊にするようにしていると書いている。しかし、近藤は誰もがこの30という数字を使うべきだと言っているわけではない。重要なのは近藤は一度も本をすべて捨てるべきだなどと言ったわけではないということだ。Refinery29のインタビューケイト・ムンロは近藤に、ガラクタの山や、本で破裂しそうな本棚ときめきを感じる人はどうすればいいのかを尋ねている。近藤は次のように答えた。

家がちらかった状態でもそれで本当に快適なら、それは良いことです。なにもおかしくありません。その上で、それぞれの物に決まった場所を割りあてたり、それぞれの物がどれくらいの量あって、必要な量はどれくらいなのかを把握したりすることをおすすめします。こういう意識を持つことは大事だと思います


オーは、アナカナ・スコフィールド近藤についてのツイートの後で書いたガーディアン誌の記事を、自分意見に合わせるために近藤言葉意図的に誤解している例の一つとしてあげている。「ときめき(spark joy)という表現が過剰に強調されていて、その言葉近藤が本当に伝えようとしていることが置き去りにされています」。「ときめき」は実際には喜び(joy)と同じ意味ではなく、鼓動や興奮や動悸を意味する。この基本的なことさえ理解すれば、本は喜びだけでなく挑戦や動揺を読者に与えるべきだというスコフィールドの主張が無意味だということがわかるだろう。「ときめき」という言葉意味するのは、本が読者に挑戦や動揺を与えてそれが良い反応をもたらすのならとっておくべきだということなのだ。

オーはさらライトが削除されたツイート近藤を「モンスター」と呼んだことについて言及する。「意図的な誤解は、近藤の助言はそもそも片付けをしたいと思っている人に向けられたものだという事実から目をそらすことから始まっています。片付けをしたくないなら、助言に耳を貸さなければ良いだけです」

近藤への反発は、近藤の流暢でない英語や、独特の言葉かいからかうことまであらゆることに及んでいます」とオーは語る。「ときめきという概念を笑いの種にするたくさんの画像を見て、私の両親が話す片言の英語意図的に誤解しておちょくってきた人たちのことを思い出さずにはいられませんでした」

今回の本を片付けることについての議論には、ある種の特権も絡んでいるとオーは語る。

階級意識エリート意識、たくさんの収納がある大きい家に住めるという特権。私には近藤への反発が何を根拠にしているのかはわからないけど、反発している人たちが特権的な立場にいるということはわかります」とオーは言う。「たくさんの本を持っていなければ賢い人間だとは言えないというエリート意識経済的階級意識です。かつて貧しかたころ、私が持っていた本は10冊もありませんでした。だから図書館は私にとって安らぎの場所だったんです」

以上の点について声を上げているのはもちろんオーだけではない。Twitter利用者ジョナー・ヴェンは一連のツイートで、コンマリ・メソッド本来目的に対する一般的無知についてこう書いている。「コンマリへの批判ネタ画像は、アジア、とりわけ日本文化や影響への無知により、目立たないが本質的人種差別的なものだ」

近藤への反発の人種差別的な側面についてSNS上で反応している人々は他にもいる。作家カットチョーツイートで「有色人種モンスターと呼ぶのはやめてください。既に社会の隅に追いやられている人たちを、人でなし扱いするような言葉を使わないで」と書いた。そして著述家ピューターセレステは「アジア人の女性を不当な理由からかうことに何の意味があるんだ?近藤麻理恵じゃなくてマーサ・スチュワート相手だったとしてもこれ以上続けるのか?違うだろう」とツイートした。

かに、本を捨てるという行為一部の人々にとってかなり感情を動かされるものだし、本の一部をちぎると図書館学校非営利組織などに寄付して役立ててもらうこともできなくなる。しかし、とどのつまり近藤の助言に対する反発は、近藤とは関係がない。むしろそれは、一部の読書家が、自分読書家としての自意識を維持するために必要だと考えている、本を所有するという行為近藤侮辱したという誤解に基づく怒りなのだ

近藤を支持している読書家もたくさんいる。Twitter利用者アレクサンドラダンカンツイートで「驚くかもしれないけど、図書館員として家の本棚コンマリ・メソッドで整理することを100%支持します」と書いている。

しかしたら年明けは、物理的な片付けについてだけでなく精神的な整理についても完璧な時期なのかもしれない。読者の皆さんも、ぎゅうぎゅうに詰め込まれ本棚のものと、本に書かれた内容とどちらにときめきを感じるのか、自分に問いかけてみてはいかがだろうか。

3次元アイドルオタクを辞めて2次元オタクに戻ってきた話

元々漫画とかアニメが好きで2次元オタクをずっとやっていたんだけど、声優にハマった流れで徐々に3次元アイドルに流れていった。

最初はやっぱりAKBみたいな有名どころから入ったものの、推しメン卒業したのを機に気軽にライブに行ける中堅どころ~ド地下アイドルみたいなところまで手を広げてしまった(都内に住んでたから行きやすかったという理由もある)。

これまでの人生ライブハウスなんて怖くてまったく行ったことなかったんだけど、推しを見れるという後押しによって1年くらいは結構楽しく頻繁に足を運んでいた。多いときは週に3・4回くらい。仕事帰りに渋谷とか新宿で降りてライブが終わってから満員電車に揉まれ帰宅する。

こういったライブハウスの活動中心のアイドルは、出番後にチェキ撮影して数分間会話を楽しむという特典会があり、ほとんどのオタクたちはこれにも参加する。

実際にアイドルと話をする以外の時間(つまりライブハウスにいるほとんどの時間)は、オタク友達同士で雑談したりしてる人か、特に知り合いもいないのでスマホいじるかボーっとしてる人に分かれる。

私は基本的コミュ障なのでやはりここで友人をつくるなんてハードルは超えられず、後者人種だった。

でも別に全然それで良かったんです。

アイドルライブを見て、少しだけ話して元気もらって、お土産としてチェキを手に入れる。ということを目的に来ているのでそれ以外のことは特に求めていなかったのです。たぶん私と同じようなオタク結構いるはずです。

2次元オタク全開だったときに、知り合った人と折り合いがつかず「あの人と会いたくないなぁ…」と思ってしまう失敗も過去にしていたので、自分は対人関係下手なのもわかっていたし変な理由で好きなアイドルに会いに行けなくなるのは嫌だったのです。

しかしやはり現場でずっと一人ぼっちなのはかなり寂しく、推し被り(同じアイドル/メンバー推している人)同士くらいは多少喋れる人を作ったほうがいいかなと思ってしまいました。

(思い返すとこれが悪かったのか…)

ある日、特定アイドルメンバーと近い距離で会話ができるオフイベント限定10名!みたいなもの)に参加したときに、一緒になったオタク男女数名とわりと楽しく会話した。そう、別に会話しようと思えばその場では普通程度には喋れるんです。Twitterもみんなで相互フォローして、これで自分アイドル現場もっといろんな交流できるかなと期待もした。

こうなってくると結構タチが悪くなってきて、アイドル現場にいくと周りのオタクが気になってきてしまう。

「あの人いつもいる人だな」

「あの人一度喋ったことあるけど、話しかけてきたりしないな」←自分から話かけるという選択肢は無い

「いくつかオタク同士のグループがあるな」

などなど。

別にこれはよくある光景で何ともないんだけど、自分中途半端意識してしまうのが本当によくない。アイドルを見に来てるんじゃないのかよ俺。

しか相互フォローしてしまっているので、Twitterを見るとオタクつぶやきがすごく目に入ってくるのです。

しかライブ中心アイドルファン現在10代後半~20代中盤の男女がボリュームゾーン。私はもっとおじさんなので、明らかに若者ノリにはちょっとついていけません。

疎外感が加速していきます

そしていつのまにか、とあるオタクのいわゆる「裏垢」をフォローしていました。なぜフォロー許可してくれたのか今となっては本当に謎です。

これも今の時代なにも珍しいことではないのかもしれませんが、裏垢では同じオタクに対する文句などマイナスな方向のツイートが並んでいました。

ミュートすれば良かったんですが、気になってついつい読んでしまいました。

厄介オタクという迷惑行為をするファンも目立ち始め、私は直接的な被害は何もないのですが、アイドル現場にどんどん自分の居場所が無くなっていくのを感じました。

これがすべて私の被害妄想だと言われればそれまでかもしれませんが、徐々に足が遠のいたのは確かです。

そして、仕事が長期休みときに偶然ダウンロードしたスマホゲーム面白かったのをきっかけに、2次元オタク趣味に戻っていきました。

あらためて戻ってきて、客観的に見てびっくりしました。

2次元オタク文化は、創作物を褒め合う文化があるし、素直に良いものは良いと言っている人が多いと思いました。

とても、とても居心地がいいと感じました。

単純に3次元アイドルオタクをするには一定コミュ力必要で、私にはそれが無かったという話なのでしょうか?

3次元アイドルオタク現場の適正年齢を私は既に超えていたという話なのでしょうか?

推しの子はもちろん今でも好きなので、Twitterフォローしてますし、たまに画像を保存したりしています。ですが現場にはもう半年以上行っていません。

現場通いは正直けっこうお金がかかるので、貯金も増えたし今は戻るつもりはありません。

うまく文章をまとめることができませんでしたが、、以上チラシの裏でした。

2019-01-17

広報担当だけどもう辞めたい

広報担当になり半年が過ぎた。

もともとは記者職のようなことをしていたので、そういうの得意でしょ?ってな感じでなった。

広報とは不思議もので、所属する企業によって難度や業務内容は変わってくる。

多くの企業場合広報目的メディア露出だ。

テレビ新聞を見てもらえばいいと思うが、基本的には「お茶の間」や「読者」の興味対象のものを扱うこととなる。この地点で「toC向け」でない企業は大きく不利になる。

加えて、何か光るもののある企業勝手メディアから問い合わせがくるが、

そうでない企業広報担当からメディア企画提案することになる。

まりメディアに対して営業をすることになる。

その場合でも一社単独だと「ステマ」だといわれるので最近は、数社合同での掲載を狙うこととなる。そのため、他企業広報担当者との関係も良いものにしなければならない。

それが問題だ。

数年前の「キラキラ広報女子ブーム以来、広報は女の世界となった。

広報担当者にとって、メディアとの関係性構築は頼みの綱であるために、

広報会なるものを作って、メディアとつながりをもつ会が夜な夜な開催されている。

数名の記者10名程度の広報担当者が囲い、飲みの席で各社プレゼンをおこなうのだ。

テレビ担当者なんかは若い女が好きだから、今どき合コンでもきかないであろう「すごーい」「そうなんですね」「しらなかった」「さすがです」の嵐を聞くこととなる。合コン行ったことないけど。

もちろん10名一気に話すことはできない。その間は他の企業広報と話していなければならない。

カースト上位に居続けたようなキラキラ女子が、自分知識や人脈を披露し、つかえることを案にアピールし合う心理合戦が繰り広げられる。

かつ、主張しすぎず、謙虚にいながら、「自分関係をもっておくとあなたにとって有益ですよ」と思わせるような立場を死守しなければならない。

はじめは合わせようと必死になっていたが、その必死さなど透けて見えるのだろう。

同じ会でよく顔をあわせる企業広報担当からは、数名で会話をしていたときに私以外で盛り上がるような内輪ネタばかりしたり、私の注文したものだけキャンセルされてたり、コートをかけようかと声をかけると無言で投げるように渡されたり、「私のことよく思ってない」のだなと思わせることが何回かあった。

わたしは昔からこのような場が苦手だった。というか、人付き合いが苦手だった。

上辺で中身のない褒めあいをするくらいなら、何も話さない方がよい。学生時代はたびたび孤立をしていた。

自分一挙一動に注がれる、見定めるような視線

私自身が一番そのような人種に対し苦手意識を持っているのが伝わっているのだろう。

他の広報担当者ともいい関係を築けていない。

広報担当であることが辛い。

こういった人間関係をどうやっていいかからない。

おそらく多くの人は学生時代に身につけているのだろう。

その基本スキルすらないことを実感し、心がずどんと重くなる。

anond:20190117063221

ジャップオスの知能が世界最低なのはネットみてればわかるよね

肉体的にもショボいしマジで劣等人種だな

2019-01-16

常にイラついてて外でもすぐキレるきつい女は風俗嬢キャバ嬢に多い

お前ら「だってそういうキチガイがやる仕事じゃん」「あいつらメンヘラしかえねえじゃん」とか思っただろ。

そういう類の風俗嬢キャバ嬢くらい周囲に対する態度や言動が蒸気を逸してる、不満と怒りと自己中心性が身体化したような人種が実は他にもいる。

それは大企業OLとまだ女を捨てていないオシャレな子持ち既婚女性だ。

あの人たちは旗から見たらキチガイ以外の何物でもない。「まともな人」という肩書きを有してるから人間社会包摂されているってだけであって。

でも彼女らはヤクザの肉便器になることも、シャブ漬けにされることもまずないだろう。制度的なものに敏感だから普通に結婚して家庭を持ち、子を産み育てるはず。

そこで疑問なんだが彼女らみたいな母親に育てられた子供はどんな大人に育つんだ?めちゃくちゃ気になる。 

学生時代友達の家行ったときにお母さんがここで言われてるような「キッツい人」だった、みたいなことが一度もなかったか全然想像できないわ。

追記

ネットという指摘があったけど、仕事プライベートで関わり合ってきた人たちね(なんでネットって断定する人いたんだろ…)。

2019-01-14

ハリウッドポリコレ日本アニメ漫画が反ポリコレを突き詰めた結果

ハリウッド映画にあらゆる人種の新しいキャラクター類型

新しいシナリオの進め方が生まれ、閉塞感どころかむしろ多様性が出てきたのとは逆に

 

日本アニメはいつまでも特定層(主に男の中間層)

の大好きなシチュエーションしかまれてこないで表現は停滞

ここ数年、爆発的なヒットが出てこないという

 

 

 

ホント皮肉やね

anond:20190114161528

きみみたいな人に話しかけられると、俺は愛想笑いして話逸らすタイプだけど話続ける?

俺たち交わるべき人種じゃないよ

anond:20190113232713

こういう人種知識欲がある人が偉いという風潮に阿っていても内実が迎合しかできない苦痛の塊だから言語の壁の方が勝手に高すぎることにしておいて安心したいんだよな

2019-01-12

anond:20190112230910

なんで人種性差混同してるの?

そんなこと大真面目に言っても誰が相手にするのさ

トランスジェンダー差別の話だと思ったからああいったんだよ

日本人って今の自分が偉いと勘違いしててマジキモい

 昔のことも忘れているのではないか。概して明治時代は誇り高き人種で、昭和正義心に溢れ、素晴らしく、

低成長期は、風情のある人間だったのに昭和60年以降から、人として、一気に最悪になった。

日本はとうに終わってるよ。昔の日本は素晴らしい社会だった。今はもう最低最悪で人間性の欠片も残っておらぬ。

35歳より若い世代は素晴らしい社会を知らないので無理もないが、36歳以降の日本人は、素晴らしい時代を生きた

はずなのに忘れている奴ばかり。つまり昭和59年までは日本社会には素晴らしい人間がいたが、その後はいない。

いたとしても、台風みたいに突発的に出現して10年位騒いで死んだ。今は、およそ昔とは比較にならないくらいの

醜悪人間しかいない。見るに堪えない。

2019-01-11

https://anond.hatelabo.jp/20190111181738

ブコメでまるかぶり太巻きちんちん由来的な事書いてる奴らがいるけど、こいつらも文化ディス意識が背景にあるよね。由来の説の1つとして確かに挙がってはいるんだけども、他の説には触れようともせず花町での遊びが由来で下品だとかエロだとか。エロ関係が由来の文化なんていくらでもあるし、本当にそれが起源でも良いと思うよ。遊び心すら無いのが逆に現代人らしいとも言える。

twitterでもこの手の話題恵方巻文化をくさそうとする奴らが大量にいるんだけど、萌え絵エロいって言われたら発狂するような人種に思えるわ。根拠はないけどね

anond:20190111041715

言いたいことはよくわかるけど、残念ながらキレイゴトでしかないな

自分多数派でいられる限りにおいては、多様性のない均質な環境の方が落ち着くじゃん

人種だの宗教だの思想だの解釈違いだのいちいちツッコミを入れる輩なんかいない方が、余計な配慮をしなくて済む

レスバトルをする分にはいろんな人間のいる増田が適していても、馴れ合いをしようと思ったら住人が偏ったよそでやった方が絶対いい

偉そうなこと言ってるリベラルだってゲーテッドコミュニティ貧乏人を排除して暮らしている、なぜならその方が安心から

でもどんな人間も切り分けていけばどこかで少数派に回ることになるし、公共空間で少数派の排除をやられると困るから、仕方ないから許容しましょうとしかならない

というかそもそもさ、「姿形が違っていても我々はひとつだ」というの自体、また別の排他的イデオロギーじゃないの?

そんなもの愛国心宗教拝金主義みたいなものなくして成り立たない

anond:20190111030811

自身アイデンティティ他者説明し続けないといけない(しかも誰から見てもそれらしく、という高負担な)現状を考えると、苦労や心労や負担の大変さはいかほどかと。

本当は、それっぽく見えるからOKNGっていうジャッジ他者から行われる事自体が無くなっていって欲しいのだが。

見た目がバラバラ人達がごっちゃになってても気にならない、気にしない場ができていって欲しい。例えば目立つ手術痕がある人、怪我病気で体の一部を切除した人、平均から並外れた大きさ・小ささ・太さ・細さの体格の人、 肌の色、人種ベースの体の形…

明日明後日では無理かもしれないが、その場ごとに、姿形はバラバラでもこの場所では一緒だっていう、安心と納得ができる仕組みやルール運用方法に徐々に更新されていくのではないか

(例えば銭湯という施設に限ったら、入浴服の普及なのか、家族風呂みたいなものになるのか、プールみたいになるのか、◯◯湯の区分が増えるのか、単にみんなが体の形がどうこうを気にしなくなるのか、あるいは顔認証ID照会で性区分の湯に振り分けられるみたいなスゲー仕組みになるのかわからないけど)

あなたはこの「らしさ」に当てはまってるから「正しい◯◯として認めてあげる」っていう、うっすら社会に漂ってる意識が無くなる日がいつか来る事を期待している。

2019-01-09

この最悪な12年を作った真犯人天皇から

 元々ジャップ他人を殺す癖がなく、穏やかな人種だけど、学校が、そんな女々しいことじゃ生きていけん

強くなってたくましく生きろとかクソほどもつまらんこと言ってて金がないか学校行くしかなくて

仕方なく平成公共学校に行ってて一流大以外のクソランク大を経由して大人になったかあるいは

中卒高卒社会に出たクサマン、クソチンポ、その間のキチガイで、ハンパに強くなったゴミ

暴動起こした結果がこれ。もう最悪。

天皇が、女々しいのはだめだ、強くなれといった結果がこの大惨事で、目も当てられない。何もいいところはない。

結局、女々しいのはダメだ、というのは、明治昭和では暗に受け入れられ世間も認めるしかなかったし成功たか

反対者は出なかったが、平成のそれは失敗しか生まなかったな。

社会危険だという風潮

 欺瞞だよな。日本人はもともと大らかな人種危険生活を好まない人種

 単に社会危険なことにしないと仕方がないキチガイが一部にいるだけでは。

ネトウヨになれたら幸福なのに、なれない

個人的には中国政府韓国政府も嫌いであ

(が、人種民族単位で優劣をつけるのはバカバカしいと感じている)

ネトウヨになればきっと「主観的には」幸福なんだろうけど

どうしてもネトウヨになれない

・世のネトウヨ

1.日本は偉大である

2.俺と日本は一体である

3.だから俺も偉大である

・俺

1.日本は偉大かも知れない

2.でも俺はダメな奴である

3.そのように自覚してる俺の方が頭が良い

どう考えても俺の方がネトウヨより性格が悪い

anond:20190109180919

実際問題そういう寓話レベルの話ではなくインターネット奢られイヤーみたいな人種も発生してたりして俺ら大体白目剥いてるよな。

anond:20190109114818

分かり過ぎて元増田会ってみたい。

いい匂いの人が男性なら遺伝子レベルで相性がいいってことだよね羨ましい!

自分接客やってたんだけど、ある日すごい臭い人(女性)が入ってきた。

自分ではその人がいた場所は30分は経たないと悪臭が無くならない程でいつも吐き気してたんだけどお客さんで露骨に反応する人は5人に1人いるかどうかだったし、経営者一家相談したらは全く分からん差別アカン!みたいな説教されて本当に困ったよ。

飲食店だったけどその時はガチで残す人増えたしお客も減った……のでわかるひととわからない人が居るんだ、と知識で知ってたけどあんな顕著な体験その時初めてしたわ~

そこはい職場だったし彼女悪人ではなかったけど匂いストレスで辞めてしまったよ

その時もお客さんでセクハラ?このあと一緒に飲まない?みたいなナンパしてくる人からもいつも特有匂いしてたし、日本人ならまだしもとある人種ナンパしてくる人達は秒で逃げさりたいほど臭う。同じ人種でも普通に接してたら臭ったことは無いのにね。

仕方が無いか危機察知能力として割り切ったよ。

ちなみにうちの母方は男女問わず同じ匂い系の悩みがあるからこれ遺伝なんだ!と法事で知ったよ。

まあストレス大脳のその機能が過敏になる人もいるみたいだけど、常にって事なら普通に遺伝だわ。

anond:20190109094104

体格の良い人種と程度によると思う

むちゃくちゃ体格いいと完全な一般人はあまりない(強制スカウト)

2019-01-08

anond:20190108151854

あー安心家ありじゃない。


スウェーデンフランスは「都市部に住むにはパートナー必要

イギリスは「出産した女性に家と生活保護


ちなみにその移民ってどういう定義そもそもフランスって人種宗教別に統計とれないはずだけど。

ある白人ナンパ師のブログ(1/3)

自分は色々あってナンパを始めたのだが、思い出したので書いていこうと思う。

8年前ぐらいじゃないだろうか。

今でこそ白人女性を歩いているアジア人男性は増えたが、その時は逆パターン99.9%の時代


自分そもそも人種関係なく、ナンパをやったこともない。

ナンパというか学園祭でで売り子やって焼きそば売りまくっていたら

あ、これナンパなんじゃね?みたいな感じで声をかけてしまたことぐらいしか経験はない。


その日は、普段こない六本木に重たい用事があって、それが終わった開放感をかみしめていると、そこに綺麗な白人女性が歩いてきた。

外人フランクという先入観と、英語だったらナンパできるんじゃね?って思ったのと普段はこない六本木であったこから

驚くほど速攻で足が向かい英語でwhat are you doing ?と聞いたところjust walkingとのこと。


ロシア人モデルだったようだ。

こういうときなぜか自然に行動できてしまてってその頃は本当にいったこともないhubに入って、お酒飲む?って聞いたら飲まないとのこと。

不思議に思ってきいたところ、1X才だったようだ。その国の法律的にも無理なんじゃないかっていう年齢。


の子は露英時点みたいなのを持っていた。

外人はすべから日本人より英語ができると思っていた自分には驚きだった。

英語ロシア語というペア辞書があることはすごい面白かった。

何を話したか覚えてない。

おっぱいの谷間にペンを落としてテレテレしているところとか、天真爛漫なところとかなんじゃこの

天使はと思った。同時に、なぜか驚くほど次のことを考えれる自分がいた。


なんとかホテルとかワンチャンありそうなところへと思い、渋谷へのタクシーを拾う。

その間六本木交差点では好奇の目で見られた。自分も初めてで、なんで白人と歩いているのか不明すぎた。

特に覚えているのは黒人男性に物凄いガンをつけられたこと。すごい敵意を感じた。

日本人もかなりチラチラ見てきた気がする。

日本なのに超アウェイだった。怖かった。

タクシーにのってついた渋谷で、そもそもナンパしたことのない自分は何をしていいのかわからんが、とりあえず出来上がってもない

のにホテルに誘うのは意味不明だろうとはわかったのだが、いろんな人にジロジロみられるのと、少しでも何か可能性をと思って、

漫画喫茶提案してみた。

もちろん向こうはそれが何かもわからない状態。連れて行くと店員もなんだこの二人は?てという感じを少し見せたが、

パスポートが無いと入れないといわれた。

本当にそんなルールがあったのか不明だが、もう自分にそれを乗り越えるノウハウも体力もなかった。

そこで連絡先を交換してバイバイした。その後連絡を少しとっていたが、彼女帰国してしまった。

その後六本木ナンパしてもクラブとかバーとかで路上ですることはなかった。そもそも白人女性自体があまりいなかった。

いたとしても夜のおねーさんだったように思う。そんなことを思い出した

https://twitter.com/euromarriageag1 書いたった

2019-01-07

anond:20190107143739

普通に不登校の子供とかだと思ってる

夜も来ないんだよね

恐らく親がいる時はネット出来ないんだろう

んで日中正月は親が家にいると

流石に仕事しかネット出来ないって人種は今時いなさそうだし

ずっと増田粘着してて成り立つ仕事ってどんなんだと思うし

2019-01-06

料理苦手とはつきあってはいけない

料理献立の決定、買い物で選択、味付けの確定など、自分での選択をその場で迫られる。

料理苦手な人はその自分選択して決定するという単純だけど致命的なことを苦手としている。避けるというか逃げてるイメージ

もし職場だとしたら責任判断を極力避ける人種だ。彼らは絶対自分判断しない。ミスった場合責任をとらされることを非常に恐れるからだ。もちろん出世とは無縁で、お気楽職種を好む。ただ権利の主張は誰より強い。

料理は慣れの問題だと思っていたが、案外こういうことかなと思った。

料理を苦手(下手なのは問題)とする男性とはつきあってはいけない。

anond:20190106172737

親父世代ネットでの意見ゴミ)投下にはまってるやつは全員クズだよ

 

まあ個人的ウヨ、サヨは新世代(ネト)でも旧世代(リア)でも新聞かに踊らされたいノリノリうぇーいお祭り人種しかみえんけど

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん