「ローティーン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ローティーンとは

2020-09-15

anond:20200915155144

15〜18はローティーンじゃない、まずはそこから調べよう。

少年ローティーンの男)をメインターゲットに作る」と公言することでターゲッティングできるのは少年だけではないってわかれよ

ジャンプ少年ローティーンの男)向けに作ってるのは差別増田も、ローティーンの期間が過ぎるくらい長期連載しといて少年向けを謳うのは欺瞞増田も、素直すぎません?

「我々はあくま少年ローティーンの男)をメインターゲットに作ってます」って公言するしそれっぽい作風を貫くことで、成人男性女性の中に「そうそう俺ら私らもそういうのを見たいんだよな!」ってなる人が結構いるだろ。

子供向け作品」と「大人向けにチューンされた子供向け風作品」ってのは別なわけじゃん。

そんでジャンプを読む時は前者のガチ子供向けっぽいのを求めてるわけ。

しかしたら実態はある程度大きなお友達意識してるかもしれないよ、でも建前として前者を保っててほしいし、大人向けを意識はしててもそれは限定的ですよって言われた方が嬉しいわけ。

演出された養殖ものじゃなくて天然物が喰いたい時があり、もしかしたら天然を装った養殖かもしれんけどそれをはっきり言われたらちょっと冷める、そういう心理オタクならわかるだろ。


ジャンプ少年ローティーンの男)向けに作ってるのは差別増田

https://anond.hatelabo.jp/20200914113616

ローティーンの期間が過ぎるくらい長期連載しといて少年向けを謳うのは欺瞞増田

https://anond.hatelabo.jp/20200915140857

2020-08-23

anond:20200823072516

追記

自分くらい読書感想文苦手だった奴になると、どういう本をチョイスするかってところで一悶着ある。

「こんな本読んでるってどうなんだろう?」みたいにうじうじ悩む。

「小2で解決ゾロリって流石に幼いかな?」とか

ローティーン読書感想文の機会に伊坂幸太郎ぶって背伸びした感じでて痛々しいかも」とか

「どれだけ流行ろうがラノベなんて絶対読まねえ」とか

サルトル読んでるとか絶対引かれる」とかずっとそんなことばっか考えた。

1人でこっそり読む分には知り合いのいない隣町の本屋行ったり、親に図書館へ代わりに行ってきてもらったりで何も気にしなくていい。

でも読書感想文はどうしても趣味がもろばれしてしまう。

中学生ぐらいになると読書習慣があることすら「ぱっとしない文化系」のレッテルを貼られるのではと一時期悩んだ。

朝礼後に読書タイムが設けられることになったときは持ってく本が決められなくて泣いた。

2020-07-23

anond:20200723094841

ローティーン向けの雑誌読んでて、その雑誌オリジナルブランドかなんかの店が原宿に出来たときのことを思い出した 地方に住んでたか別に行けなかったんだけど、急に「そうか…雑誌に載ってる服を着て普段生活してる人がいるんだ…」と衝撃を受けたんだよな

2020-06-12

anond:20200612124629

ほえー

職場冗談で「最近ローティーン学校裏サイトで揉まれとるから、スーパーハカーとかでUSの尼に串やら偽垢やらで・・・」なんかゆうて盛り上がってたけど当たってた

2020-06-08

ローティーン向け作品の30〜40代向けネタと、ハイティーン向け作品の30〜40代向けネタ意味合いが違う事の方が多いから同列に語れんよな

2020-01-18

anond:20200118174638

それは仕方ないね

でも高校生になってそういう態度をとる奴はそうはいない

そもそも制服のパーツをどっかに取り入れたり

無難な格好だったりで別に目立ちやしない

東大や某大学みたいにハイブラの学生ドン引くなんて現象起きない

あと制服の中高校生であってもスポーツブランドローティーンに人気のブランドカバンや靴やタオルやらを買い与えるのは

割と普通だと思う

2020-01-03

anond:20200103133135

愛玩動物どころか、経済動物と言われて

とさつされるために生まれてこさせられているのに

人間が世話しなくなったら野生化もできない品種だっているよね。

その筆頭はお蚕様だけど、ニワトリのいわゆるブロイラーも厳しい。

野生種ニワトリ寿命が15年から20年ぐらいある。

でも現在家畜品種の主流はブロイラーで、

本来なら寿命はやっぱり十数年あるはずだけど、人間食用に年間数百億羽は生後50日前後でとさつされる。

人間でいうと、ローティーンに入ったぐらいだ。

日本ではこのブロイラーのうち、ロス308系と呼ばれる系統が8割ぐらいだと思うんだけど、

このロス308系、成長が非常に速い。

50日でとさつできるように、数十年前の系統と比べると数倍早く成長する。

から、生かしておいても上手く歩けなくなってくとか骨がもろくなって長生きできないとかいううわさがあるんだよ。

2019-11-05

他人を憎み過ぎ、嫌いすぎるのが本音の人よ、

淋しくないのですか。

人を信じない場合相手にもそれが伝わりますよ。

人を憎む場合相手にもそれが伝わりますよ。

そしてあなた勘違い嫌悪感が、相手気遣いや、マナーから来ていてもあなたには憎しみにしかならないのでしょう。


親が人前で、子どもや身内を「下げて、謙遜した表現する」のは、日本では美しいとされていますが、

あなたは親御さんが当たり前にその表現をしていたことが理解できず、

本音は自慢したいような存在であるあなたは愛されていたこと、わかっておられなくて。

親に嫌味を言われていたなど不思議なことを何度も定期的に書いておられましたね。

可愛い、賢そうなど、本人を知らなくても適当に言える言葉をなぜか喜び、

社交辞令謙遜でゆる否定するという、お天気の話レベルの「日常よくある会話」に、

親御さんへの不満を募らせて、恨んでいたでしょう。

親への不信感、憎しみの対象にしておられますよね❓

非常識な冷たい反応は、心底ゾッとしました。

親に貶されていたのではなかったのではないですか❓

そんなのよくある話ですよ❓

事実あなたにとってよいニュースではないの❓

しろ可哀想自分演出する大切な思い出❓なのかしら。

ありふれた親御さんの「形だけの謙遜理解できない」まま。

あなた常識を知らないまま、親の愛を、疑い。老いるのですね。

さらに誰彼なく嫌って、自分から自分を病ませているようにしか見えないです。

増田でのやり取りは

あなたの「(本当は謙遜しかない言葉に)傷ついた❗️酷い❗️」

身近な存在である親御さんに対する不満さえ、「愛されていなかった。傷付けられた」

どうして人前で褒めてくれないの❓と聞けない。僕は不出来なの❓って親と二人の時にきかないの❓

秒であなた安心できたはずなのに。

きけば一瞬で不安も怒りもコンプレックス霧散するというのに。

まるで「いじめられたい」と言いたげな振る舞い。

親御さんも人なので、しかも幼少のお子がいらっしゃるような頃はお若いでしょうから

不機嫌な事もあるでしょうし、あなた自身、親のしつけを聞いてないし守ってなさそうなのに

守ってないのに躾が厳しかったとか言う人はおかしいです、

「躾が厳しかったと言っていいのは、その躾を守ってきた人だけでしょう❓」

出来ていないのに、不満だけ言うのは怠惰で、不誠実です。

友達に似たような事が無いか、聞いたりもしない、

不安や悲しみを自分解決したいという気持ちがかけらもなくて、

ただ攻撃的な単純思考であると、判断せねばなりませんでした。

あるいは日常の疑問を教師などの年長者に質問も、できなかったのでしょうか。

私19で教育実習行きましたが、生徒に個人的な悩みも打ち明けられて相談乗ったりありましたよ。

ひと月足らずの研修なのに。ローティーンの悩みはいじめと恋心でした。

恋はわからなかったけど、いじめてくる人の話は、少し相談にも乗りましたし、

担任にも伝えて、注意して欲しい事いいました。

自分で疑問を持たず、感情論で片づけて恨みを持つ人は、単純すぎます

恨みや不満ばかりで解決させる発想も、自省の気持ちもない。

この主張をいつまでも変えず恨み続けていることなど。

親の愛情への勘違いからくる、

ひねくれた感情常識の欠如が招く怒りのしんどさ。なぜ身内なのに自分確認しないの❓

過剰に喜ぶのも、卑屈になるのもおかしいですよ。

こんにちは、代りに、可愛いですね。が言える人だっておられるでしょう。

接客の方々などは息をするように相手をみないでも褒める事できるスキルをおもちですし。

もちろん、心から褒めてくださる方々もありますよ。でも表向きの反応は同じです。

から増田さんは親御さんの謙遜をわざわざ怒るのもおかしい。

親御さんの立場になって、フォローした私にまで「憎しみ」を感じました。

これは。心の闇。頑なに自分の主張を曲げない柔軟性なさ。

よりよい解釈が、今さらでも、そこにあるから喜んで安心してもらいたい一心で、

小さい子に諭すように平易な文章で書き綴ったものでしたが。

あなたは、いつまでも「親を嫌いでいたい」事が判明しただけでした。

正直謙遜する親なんて、私自身2歳くらいで構造が判りましたよ。

(親もホント子供を褒められたら嬉しいけど、取りあえず否定してること。)

パターンがある会話なので、それが判ればまったく気にする必要のない部分、それはお天気の話レベルなこと。

あなたのような賢過ぎる方が、こんな単純なことに悩み続けて「親を逆恨みしている図式」は滑稽でしかなかったです。

それに、もっと気にしなきゃいけない、本筋の部分があるでしょう。

まらない部分にばかり腹を立てていて被害者のようにふるまっていて、常識人の親御さんが、お気の毒です。

あなたこそが無敵の人です。

判っていたでしょう。

可哀想な人。そんなつまんないことばかり気にしてると

さぞ疲れるでしょう。


本当は、優しく、繊細で、美意識にあふれているのに、

あなたには他人気持ち想像する力がありません。

あなた以外の人に優しさや気遣いはありませんか❓

商売で、リップサービスを言ってくるような人の言葉にまでストレート解釈して、

本当にあなたに寄り添って、長い月日を歩んでゆく血肉を分けた親御さんにはきつい真逆解釈

直球の会話しか出来ないなら、誤解ばかりでしんどいでしょう。

海外のほうがあなたに向いているのかも。

意見を、否定だと思い込み攻撃的になるさまは、痛々しい。

とてもがっかりします。

人間関係他人にも心があることを、あなた意識できていないのでは。

言葉に、傷つき、苦しいこともわかりませんか。

あなたに考えて話しかけているひとにも、本質が全く見えていない。

オープンマインドでできれば付き合うほうが良いのは、身近な人たち。

古い友達、一生付き合う親せきや親。

それらに対して、あなたは手を抜いて「牙をむいている」だけのよう。

自分はこう思った」だけしかありません。「わかってくれ」しかないんです。

相手の振る舞いの意味を「悪意としか解釈できない」なら毎日が闇の中です。

親御さんやご兄弟仕事の仲間や上司言葉などは、そんなに批判的に解釈するものなのかな❓

職場の人たちは他人でも、同じように業績を上げ成果を期待されている仲間でしょう。

同じ課の人は、同じ船に乗って目的地に向かう同志のようなものではないでしょうか。

好意的解釈して、その人の言葉意味を考えてみてはどうでしょう

ライバルで競うべき存在なら話は別ですが、直の上司連携するべきチームの仲間なら、仲良く出来ないと、きついのでは。

疑問はつきませんでした。

周囲は、あなたの心が開かない限りは、話し合うこともできず、

何か「提案」してもあなたは。

「反対意見」や「命令」に解釈してきついようなイメージがあります

疲れました。

2019-10-14

幻影異聞録#FE露出が減った事について

表現不自由だーって意見あるけど、

まずこのゲーム日本CEROならBでESRBはT、PEGIは12なんだよね。なおWiiU情報な。

そんなに露出大事な要素で表現の自由だ云々言うならさ、

レーティング上げて売ればいいだけの話なんだよ。

まだまだ上にいっぱいあるんだから

でもそれだと購入する人が減るかもしれない、だから露出控えめにしてターゲットローティーンに売れるようにしようってのが企業判断なわけで

別に露出増やしたら販売禁止になるわけでもないのに(まるっきり着てなければ無理だけど)

これに関して表現不自由だと騒ぐのは違和感ある。

腹が立つのはAUTOMATONの記事で、露出が少なければ新要素の魅力が曇るとか

それと露出関係ない話なのに、なんで一緒くたにして話してるのかと。

閃乱カグラ露出が減って新要素にもがっかり」なら十分理解するけど

そもそも露出で売ってるゲームじゃないのに、なんで新作の肌色面積が減ったからって

既に販売が終わってるWiiU版の評価が今から落ちたり新要素がつまらなくなったりするわけ?

そうするぞっていう脅迫じゃねーか。

新要素を別で評価できないのにゲームライターやってんじゃねーよ。

2019-10-01

anond:20191001020822

うちはお金そんなになくて3人きょうだいだったけど、経済的な不満はなかった。というか、子ども時代はとても楽しかった。旅行夏休みにおばあちゃんち行ってた。あとは時々県内のどっかに日帰りで行くような感じだった。服は、まあみすぼらしかたかもしれないが、むかしか衣服にほぼ無関心なので全く不満は感じていなかった。姉はおしゃれしていた(のだと思うがよくわからない)。

きょうだいのいない人生は、全く考えられない。家庭の記憶のほぼすべてにきょうだい存在がある。特にローティーンまでの思い出はきょうだいのものが多い。きょうだいと話したり遊んだりするのは楽しかった。きょうだいがいなかったとしたら、日々何をして過ごすのだろうか。兄の趣味雑誌やらを読んで暇をつぶすこともなく、姉の好きなバンドの歌を聞かされることもなく、ゲームはいつも一人、とかそんな感じだろうか。そのかわりお金が余ってて塾に通ったりするのだろうか。きれいな服を着て両親と観光地を歩くわけか。まあそれはそれでいいのかもしれないが、やっぱりぴんとこないなあ。

2019-07-09

anond:20190708233336

増田の父上元自衛官なのでは。

そして父上40代でなした子ならば、増田ローティーンの頃には父上が定年退職してて、増田大学生になった今になっても父上がずーっと引き込もって自慰ばかりしているという事の異常性にも納得。

2019-03-19

anond:20190317210523

リズリサってサイト見たけど、厳選されたはずのモデルさんの写真でさえ「BBA無理すんな」って感じた。

あれ着られるって金髪碧眼のローティーン天使級ぐらいじゃね?人間じゃギリ仲間うちで見せあいっこするぐらいが関の山じゃないか

たとえ高校生ニキビなし美少女に転生できても、ナチュラルに外を出歩けるのはかなりの度胸が必要そう。

そういう意味では逆に、もうBBAコスプレだよ文句あっかと割り切れる今のほうがまだいいのかもしれない。

2019-03-16

好きな作詞家作曲家夫婦がいた。

そのときわたしはまだローティーンで、

女優志願の友人とお小遣いをためては、お芝居を観にいったり、

名画座映画を観たりもしてた(昼間ね。お芝居もマチネがある)

今日査定だしたアイドル女性のVideoは、普通は私より年上の男性が欲しがるようなものかもしれない。

私がそれを持っているのは、

好きな作詞家作曲家のご夫婦プロデュースさなっていたからだ。もちろんCDも持っている。

なのでCDは売らない。

アイドル男の子にキャーキャーいう10代を送っていないけど

他にもこの作詞家作曲家のご夫婦プロデュースアイドル歌手のものはほぼ完ぺきに持っている。

言の葉の美しい迷路をたどり、このままさまよっていたいような、

小説映画の中のような物語のなかで、音楽が聞こえる。

私の10代はそんな風であった。

たいがいこの作詞家作曲家のご夫婦ファン層はもっと年長だ。

でも私と友人はそれに熱狂していた。とても楽しかった。

プロデュースされたアイドルなども、たいがい好きになって、応援もしていたなぁ。

みんな違ってていいんだ。私たちはそれを知っていた。

2019-03-06

anond:20190306054837

ボーイッシュでもかわいい服」を着た「ローティーンまで」の男子ならショタ分野なんじゃなかろうか

よくある外国人で白いセーラー服ズボン水兵帽に白ソックスのやつ

 

鏡音レンのほうがわかりやすいか

2018-12-01

anond:20181201155849

おれは生まれながらに増田のいう「環境」が完備された子供だった。

まず親が開業医看護師で二人とも大卒だった。なんなら医学博士だもん。親戚は叔父も叔母も従姉妹もみんな大卒祖父東大出だった。したがっておれが医者になるのをみんな期待していたし、大学に行くのなんか当然だった。ローティーンの頃は「ダサいがり勉タイプだったと思う。学習塾に通い詰めて有名な私立中に入った。中学生の頃にはハリー・ポッター原書で読めたし生意気に自宅のグランドピアノショパンなぞ弾いていた。

しかしこれは自慢話ではない。

何もかも与えられたおれは医者になれてようやく及第点、それ未満ならおれの努力が足りないか母親馬鹿女だったか、あるいはその両方であると見なされる。褒めて貰おうと思ったらノーベル賞でも取らないと叶わない。そのプレッシャー増田にも想像してもらいたい。

環境」を与えられたら無条件でエリートになれるわけではない。そりゃ強力な追い風にはなるだろう。でも事実としてエリートになるには相応の努力が要る。だからね、獲得したものエリート君の努力の賜物なんだわ。それを「両親のおかげ~」とかよくわからない理屈で取り上げないでやってくれ。

果たしておれは医者にはなれませんでした。それはおれが単に勉強しなかったからだ。でもそのために母親馬鹿女でなかったと証明することは、多分もうできない。

2018-11-17

今年のアカデミー賞作品賞にひっかかりそうな映画たち

自分ブログにでも書こうかなと思ったけど、だいたい https://www.metacritic.com/pictures/oscar-best-picture-contenders-for-2019?ref=hp からパクリだしそんなに力いれて調べてないので増田に放流します。

本命は『スター誕生』、『BlacKkKlansman』、『グリーンブック』あたりか。ノミネーションだけなら『ファースト・マン』や『女王陛下のお気に入り』も。


BlacKkKlansmanスパイク・リー監督

今年のカンヌで『万引き家族』の次点グランプリを獲得した、黒人映画永遠トップランナーの最新作。

黒人なのにKKKにもぐりこんでしまった潜入捜査官の実話を描く。

スパイク・リー監督作のなかでは『ドゥ・ザ・ライトシング』や『マルコムX』をも凌ぐ評価を獲得している(そして興行的にもここ十年で自己最高)。

公開時期が夏季であることと、ややコメディよりのタッチノミネーションに不利に働くかもしれないが、トランプ政権下において「ブラックリブス・マター」運動はまだまだ意気軒昂。「黒人映画」枠競争を勝ち抜くポテンシャルは十分だ。


ブラックパンサー(ライアン・クーグラー監督

解説不要だろう。今年米国内で最高興収をあげた作品にして、マーベル映画史上でも最も支持された傑作ヒーロー映画

アメリカ国内外黒人問題歴史的視点にめくばせしてオスカー好みの社会性もばっちり備えているものの、やはり「アメコミ映画」のレッテルがネック。

まだまだ白人男性・おじいちゃん大勢を占めるオスカー会員にあっては弱い。ギリギリノミネーションがあるかどうか、といったポジションだろう。

余談だが一時期新設されそうだった「ポピュラー映画賞」部門ブラックパンサーを受賞させるために作られるのだという噂だった。裏返せば、作品賞本選に選ばれる格ではない、と会員からみなされているのだろう。


Can You Ever Forgive Me?(マリエルヘラ監督

落ち目ライター有名人手紙文章捏造して高値で売る詐欺に手を出し、それが嵩じて博物館から実物を盗みだそうと企む実録犯罪コメディ

日本ではあまり知られていないけれど主演のメリッサ・マッカーシーアメリカで今いちばんアツいコメディアンのひとり。

夫のポール・フェイグと組んで『ブライズメイズ』、『SPY』、『ゴーストバスターズ(リメイク版)』などの陽性の笑いでヒット作を飛ばしてきた。

そんなマッカーシーが一転してシリアスブラックコメディに挑戦し、見事大成功。本年度の主演女優賞ノミネートが確実されている。

演出したヘラ監督の手腕も高く評価されており、初の監督ノミネート、さらには作品賞も夢ではない。


Eighth Grade(ボー・バーナム監督

インディーからまれた今年最大のダークホース

とある気難しい現代っ子少女中学生最後の一週間を描いた青春コメディ

中学生版『レディ・バード』にもたとえられる(中二病的な意味で)痛々しくも切ない、みずみずしくもどんよりとしたフレッシュローティーンライフ描写が広範な支持を集めている。

監督は若干28歳のコメディアンで、なんとユーチューバー出身アメリカ映画界における新世代の台頭を予感させる一本。すでに数多くの映画祭や映画賞にピックアップされている

オスカーコメディ敬遠する一方で、サプライズ的なインディー作品を好む傾向にあるが、はたしてこの作品の出目は吉とでるか凶と出るか。最悪でも脚本賞ノミネートは固いか


女王陛下のお気に入りヨルゴス・ランティモス監督

ロブスター』、『聖なる鹿殺し』と強烈かつキテレツ作風で知られるランティモス監督最新作にして初の時代劇

アン女王を演じるオリヴィア・コールマンを巡る二人の家臣(レイチェル・ワイツとエマ・ストーン)のバトルを描く百合時代劇……たぶん百合だとおもう。

すでに巨匠地位確立したランティモス監督過去作のなかでも群を抜いて評価が高く、今年のベネツィア国際映画祭でも第二位にあたる審査員賞を勝ち取った。オスカー前哨戦となる各種賞レースももちろん名前を連ねている。

今年の本命作のひとつとも目されるが、ランティモス特有変態さ加減が(今回は脚本までは書いてないとはいえ)どこまでお上品なオスカー会員たちに受け入れられるか……。


ファースト・マンデイミアン・チャゼル監督

ラ・ラ・ランド』で幻の作品賞受賞というなんともかわいそうな結果に終わった(それでも本人は史上最年少で監督賞を獲っているが)デイミアン・チャゼルライアン・ゴズリング

そんな彼らのリベンジマッチが実録宇宙開発物語ファースト・マン』だ。人類で初めて月面に降り立ったニール・アームストロング船長スポットライトを当て、彼の視点からドラマを描く。

企画段階から作品ノミネートは当然、という空気のなかでプレッシャーを跳ねのけて見事高評価を集めた。ノミネーションはほぼ確実といっていいのではないだろうか。反面、今度こそ受賞なるかというと、今ひとつパンチがきいてないようで不安が残る。


グリーン・ブック(ピーター・ファレリー監督

オスカー前哨戦の最も重要とされるトロント国際映画祭で観客賞に輝いた作品。ここ十年で同賞を得た作品オスカー本選にノミネートされなかった例はたった一回しかないのだ。

黒人差別が法的に是認されていた時代アメリカで、自分ちょっとレイシスト入っている用心棒白人男が南部コンサートを開きに来た黒人ピアニストを送迎する仕事を命じられる。最初は「黒人のくせに上等なスーツを着てお上品にピアノなんぞひきやがって……」と反感を抱く用心棒だったが、行く先々で差別待遇を受けるピアニストに対してだんだんシンパシーが湧いてきて……という内容。

ほろ苦くもユーモアメッセージ性に満ちた内容はまさしくオスカー好み。「分断されたアメリカ」というテーマタイムリーさもある。ちなみに監督は『メリーに首ったけ』などのロマコメで知られるファレリー兄弟の兄。このところは過去のヒットコメディリメイクなどで仕事に恵まれなかったが、もともと潜在的に持っていた社会派なセンスが一挙に花開いた。


If Beale Street Could Talkバリージェンキンス監督

ムーンライト』で一昨年の作品賞を獲得したジェンキンスの最新長編。今度こそはチャゼルにかっさらわれた監督賞もいただいて完全制覇を目論む。

原作は今年日本でもドキュメンタリー映画私はあなたのニグロではない』が公開された、黒人小説家ジェームズボールドウィンによる短篇濡れ衣をきせられて収監された夫を助け出すために奮闘する若き妊婦お話

テーマ重厚さも話題性も十分だが、公開が当初予定していた11月から12月にのたことが若干きがかり。クリスマス狙いのブロックバスター大作のなかで埋もれてしまう恐れがある。


Mary Queen of Scots(ジョージィ・ルーク監督

互いにイングランド王位をかけてあらそったスコットランド女王メアリーイングランド女王エリザベス一世を、それぞれシアーシャ・ローナンマーゴット・ロビーという旬な女優が演じる。

脚本担当したのは『ハウス・オブ・カード』や『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』などの現代政治劇の名手、ボー・ウィリモン。

いずれもオスカーノミネーション歴を有した名前ぞろいでクオリティ保証されている。同じくイギリス舞台にした時代劇である女王陛下のお気に入り』がライバルか。


ROMA(アルフォンソ・キュアロン監督

世界的に見れば今年最も評価の高い映画といっても過言ではない。ベネツィア国際映画祭の最高賞。

1970年メキシコ・シティで家政婦として働く女性とその一家ドラマモノクロで撮る。

評価の高さと『ゼロ・グラビティ』でオスカーを獲ったキュアロン知名度があれば当然作品賞も……となりそうなものだが、障害は多い。

まずスペイン語映画であること。長いオスカー歴史のなかでこれまで十作品外国語映画作品賞にノミネートされてきたが、受賞にいたったものは一つとしてない。

次に Netflix 映画であること。カンヌみたいに公に締め出すことはしないにしても、アカデミー会員のなかでも動画配信サービス勢に対する反感は根強い。一昨年の『最後の追跡』やドキュメンタリー作品例外として、『ビースト・オブ・ノー・ネーション』『マッドバウンド』といった作品たちもその年最高クラスの称賛を受けながらもオスカーノミネートには至らなかった。

いちおうネトフリも『ROMA』については配信に先駆けて劇場公開を行うなどの「オスカー対策」をやっているが、はたしてどうなることやら。

ちなみに Netflix でも来月に配信される。驚くべき時代になったものだ。


アリ― スター誕生ブラッドリー・クーパー監督

ショービズ映画古典リメイク。この八十年で三回目の映画化です。

本年度大本命に数えられる一本。批評家・観客からの圧倒的な支持率もさることながら、商業面でも大ヒット(現時点で世界興収三億ドル突破)を飛ばした。主演のブラッドリー・クーパーレディ・ガガの演技もさることながら、これがイーストウッド降板を受けての初監督となったブラッドリー・クーパー演出にも嬉しい驚きが満ちているとかなんとか。

監督役者脚本、成績と四方に隙のない完璧映画に見える。

だが、一昨年の『ラ・ラ・ランド』、昨年の『スリー・ビルボード』と「早すぎる大本命」はかならずバックラッシュに晒されるのがオスカーという場。12月以降に猛然と差してくるであろう後続期待作たちを振り切れるかどうか。


Widows(スティーブ・マックイーン監督

2013年アカデミー作品賞を獲得した『それでも夜はあける』のスティーブ・マックイーン最新作。オスカー獲得後の第一作でもある。

シカゴでヘマをやらかして死んでしまった強盗たちの四人の未亡人ヴィオラ・デイヴィスエリザベス・デビッキミシェル・ロドリゲスシンシア・エリヴォ)が亡夫の後を継ぎ女だけの強盗団を結成するちょっと変わった犯罪映画

マックイーンとヴィオラ・デイヴィスというアカデミー賞受賞コンビ鉄板の出来。

そのパワーでジャンルムービーを嫌うオスカーノミネーションを勝ち取れるかが見どころだ。


Boy Erased(ジョエル・エドガートン監督

厳格なキリスト教である両親のもとで育ったゲイ少年ルーカス・ヘッジス)が教会同性愛矯正プログラム(いわゆるコンバージョンセラピー)に放り込まれセラピストとバトルする青春ドラマ

近年では『ダラスバイヤーズ・クラブ』のジャレド・レトがそうだったように、LGBTもの俳優にとってオスカー像への近道だ(スカーレット・ヨハンソンみたいに非LGBT俳優LGBTの役を演じることに倫理的非難が高まりつつあるにしても)。

批評家から評価的には作品賞には届かないかもしれないが、演技賞ではノミネートが有望視されている。

トランプ政権下でLGBTに対する抑圧が増しつつあるだけに、時事性も捉えているかもしれない。


Vice(アダム・マッケイ監督

GWブッシュ政権下で「史上最悪の副大統領」とも呼ばれたディック・チェイニー副大統領クリスチャン・ベール激太り(何度目だ)+ハゲという負の肉体改造で演じたブラックコメディ政治劇。

他にも妻リン・チェイニー役にエイミー・アダムスラムズフェルド国防長官役にスティーヴ・カレルGWブッシュ役にサム・ロックウェルなどアカデミー賞級の芸達者がずらりと並んでいる。

題材としてはなかなかトリッキーだがマッケイ監督の前作『マネーショート』がそうだったように、ツボにはまれば一挙にアカデミーノミネートまで行ける。

同じく政治ネタでライバルだった『フロントランナー』(ジェイソン・ライトマン監督)の評判がいまひとつ芳しくないのも本作にとっては好材料


The Old Man and the Gun Now(デイヴィッド・ロウリー監督

名優にして名監督ロバート・レッドフォード引退作。15才で逮捕されたときから人生を通じて強盗を繰り返してきた70才の犯罪者(レッドフォード)と彼を追う刑事ケイシー・アフレック)、そして彼に惹かれていく女性シシー・スペイセク)を描く実話犯罪コメディ

作品ノミネートは微妙なところだが、レッドフォードはまず間違いなく主演男優賞候補入りするだろう。

ちなみにデイヴィッド・ロウリーの前作であるゴースト・ラブストーリー『A GHOST STORY』は今日から封切り。観に行け。

一方で、実話犯罪・老人・名監督にして名俳優共通する要素の多い作品としてクリント・イーストウッド監督の『The Mule』にも注目しておきたい。こちらは80才の麻薬の運び屋をイーストウッドが演じる。映画祭などでもまだ未公開なため、どう転ぶかはまだわからないが、近年のイーストウッド作品に対するアメリカ人の冷め方からすると賞レース的な意味での期待はあまりできなさそう。



その他有望そうな作品

メリー・ポピンズ リターンズロブ・マーシャル監督

シカゴ』でアカデミー作品賞をさらったミュージカルの名手ロブ・マーシャルディズニー伝説的名作の続編を制作

エミリー・ブラントベン・ウィショーこりん・ファース、ジュリー・ウォルターズといった英国の名優たちでがっちり固めつつ、リン=マニュエル・ミランダメリル・ストリープといったミュージカル定評のある俳優陣をフィーチャーし、万全のPermalink | 記事への反応(3) | 16:07

2018-09-17

東京で驚いたこ

昨日の事。

丸ノ内線に乗っていたら隣に小学生男子ローティーンが3名。漏れ聞く会話を聞いてると

A「大手町って乗り換え超便利だよな!」

B「うん。特に東西線簡単だよね」

C「…」

君らのその感想サラリーマン歴の長いオジサン最近言ったことと同じなのよお!

2018-06-29

エクソシストディレクターズカット

はじめてのデート高校生のころだった。合コンで知り合った大学生の人に地元映画館に連れてってもらった。なにを思ったかチョイスした映画は当時話題になっていたエクソシストディレクターズカット版。エクソシスト文字通り悪魔祓い映画で、ローティーンくらいの女の子にとりついた悪魔神父が戦うという内容だったはず。

そこで見た劇中で女の子にとりついた悪魔が「キリストとフ〇〇クさせてやる!キリストとフ〇〇クさせてやる!」って叫びながら十字架を股間に何度もつきたてるシーンが印象的すぎて定期的に思い出す。すげーセリフだしてきたな…ってもうひたすら感心してしまって…。

とにかくいろんな恐怖シーンが物理的に起こるもので、びっくりはするけれど怖くなく、ただひたすら圧倒されるというか「お、おう…」みたいになった。

なんかこの間みたitもそんなかんじで、洋画ホラー物理力がかなり行使されるよなーと思ってしまう。だって最終的にはピエロをみんなでタコ殴りにして倒していたもの…。

2018-06-11

オタク】と【サブカル】の関係を無理矢理に図式化してみた

洋楽好きを「オタク」と表現するのは腑に落ちない。下の図式だと【サブカル】の側だろう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

           【オタク】=五体投地         【サブカル】=つま先立ち(背伸び)

・[目覚める時期]  幼年期~少年期(ローティーン)     少年期(ミドルティーン)~青年期(ハイティーン)

・[価値観]     「生活保守主義?         「従属」は恥、「反抗」は善の《不良文化》? ※古くは映画館ジャズ喫茶

・[住環境]     実家暮らし?             独立志向一人暮らし、共同生活同棲)?

・[趣味と性体験]  童貞処女かは「不問」        童貞処女は「恥」

・[傾向性]     「ネット交流」で平均(没個性)化?  個性化、(他者との)差異化・差別化を重視・優先する「厨二病」?

・[ポリシー?]   オナニースイーツ集団アイドル?? Sex・Drugs・Rock'nRoll??

・[社会的認知]   非公認、未公認?           団塊世代が「数の力」で『若者文化』として「社会的椅子(地位)」を獲得?

・[服、下着]    母親が選ぶ(買う)           自分で選ぶ

・[兄弟姉妹では]  弟、妹の趣味             お兄さん、お姉さんの趣味

・[趣味対象と国]  自国モノに愛着国内志向)?     外国モノを崇拝(海外志向出羽守タイプ)?

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2018-05-28

小学校5年の時、同じクラスにしつこく意地悪を言ってくる男の子がいた

ローティーンのお年頃だからエロいことを言ってきたり意地悪っぽいことを仕掛けてくる男子、というのは他にもいたけれど、その子は、その種のよくある「実は仲良くなりたい媚的ないじわる」とは違う雰囲気があった。

なんか違う…?、と少しの違和感を感じてはいたが何せ子供から深く考えもせず、他のからかってくる男子と同様に「もーやめてよ!笑笑」と適当にいなしていた。

他の男子たちとはそういうつば迫り合いのような「からかいあい」を経て、一緒に帰ろとか一緒に遊ぼとかそういう感じで仲良くなっていったが、その子だけは仲良くなる距離感までは近づいてこずに、私に他に友達が出来ても遠ざかることもなく、ただ毎日、私が一人になった時を狙ってなんかちょっと腹の立つことを言ってくることをやめなかった。

そんなことをされて楽しいけがいから、「もーやめてよ!笑」→「は?」→無視、になるまでそんなに時間がかかることもなく、私はもう何を言われても反応するのをやめた。

無視し続けてても意地悪なことを言いかけてくることはやめないから、なんか気持ち悪いなこの子…と思ったが、しばらくして気が付いたらその男の子は似たような感じの男の子とくっついて、二人だけでクラスから少し孤立する感じになっていた。

二人組になってもその男の子は私をからかうのをやめなかったけど、もう一人の男の子は何も言ってこなかったのは不思議だった。酷いことを言っている友達を止めることも乗っかって一緒にからかうこともしないんだな、ちょっとした違和感を感じた。あと、もう一人の子からかってこないから、2対1(私)の構図ではあっても怖いとかいじめられてるとかは思わなかったのは良かったし、むしろ1対1で一人の時を狙って意地悪言ってこられてきた時よりはむしろ謎の安心感があった気がする。子供なりに「その男の子」の怖さを感じていたんだろう。

女の子を狙ってぶつかって歩く動画を見て、あの男の子のことを思い出した。あの男の子あんな感じになってたりするかもなぁと思ったのだ。

近所で見かけない(引っ越しはいないことはおかんネットワークから知ってる)し、地元友達からも噂を聞かない、成人式でも、何年か前にやった同窓会でも見かけなかったが。

2018-01-25

anond:20180125120210

中学の時、凄い風邪をひいて

笑福亭鶴瓶さんの声みたくなってしまった。

友人にあまりにも受けたので、気を良くしてさらに似るようにしてみたら

とてもローティーン女子とは思えない味のある声になってしまった。

今思えば、あれも良くなかったんだろうなぁ。

もちろん風邪は治りましたが、低いのが辛いです

喋らないでおれるなら喋らないでいたい。

のどは大事しましょう。(;'-' )

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん