「無頓着」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無頓着とは

2019-04-21

退職時に有給休暇を消化できなかった話

以前、書こうと思ってたけど、一度もういいやと思ってたこと。

ふと言われた言葉を思い出してしまい、思い立ったので書き捨てておく。

これはアルファシステムズをやめたときの話。

自分客先常駐だった。

4ヶ月前に年度末に退職したいことを報告。

退社にあたって社内で話を通す必要があり、待ってと言われ、ひと月くらい進展はなかった。

退職前月の半ばごろに、退職予定の10日前に撤退ね、有給は適度にとってくれと言われた。

有給休暇を消化したかったのですが、できないんですかね?と課長に聞くと、

退職したいっていったとき有給休暇消化したいなんて聞いてないけど?」

「そこまで見なきゃいけないのか」

「こういうとこ甘えてるけど転職して大丈夫か?」

「お前の権利じゃん?」

みたいなことは言われた。

最後のは自分自身の権利に対してあまり無頓着だったと結構心にきた。

わりと課長ヒートアップしてたのと

完全に自分に非があったのでコミニュケーションミスでしたね、とスパッとまとめて終わりにした。

その前後部長とも話す機会があり、

退職日を有給消化目的でズラすことは可能ですか?」と聞くと、

「難しいかな」

「年度を跨ぐと計画に入るから厳しい」

めっちゃ渋い顔された。

のでめんどくさくて、じゃあ大丈夫ですと言った。

結局、10日弱の有給休暇の権利を捨てて転職した。

退職にあたって常駐先の社員さんやお世話になった先輩や仲の良い同期と飲んだときに、だいたい「有給休暇は消化できた?」と聞かれる。

ざっくり話して「ちゃんと消化したいって言わなかったのでできませんでした🤪」っていうと、「えーマネージャー仕事だと思うけどね」とか言われる。

結構上司も悪かったのでは?と思いそうになる…笑

あと、有給休暇を消化できなかった話って多少なりとも誰かにするのって考えてるのか少し不思議に思った。

お客さんからは「まあSIerなんてね…」みたいに言われるし、同期からは「うちらいね」と言われる。

ま、きっと大した影響じゃあないんだと思う。

それなら自分増田に社名出して書き捨ててもいいんじゃね、と思った。

ここまで書いて穏やかな気持ちになった。

こんな日記をここまで読んでくれた人へ、ごめんなさい、ありがとう

それではおやすみなさい。

2019-04-12

anond:20190412160659

LGBTと同じく、虐げられてる側は虐げてることに無頓着で悪気もなく人を踏みつけにしているという意味

2019-04-02

地名人名の読み方に無頓着な人

って何なの?

個人的には地名人名例外オンパレードな上に間違えるのは(特に)失礼だからっていう認識で、少なくとも自分仕事生活に関わる範囲では、読みや表記を間違えないように気をつけてきた。

普通の読みで合っていると思っていたもの全然違っていた経験もあるので、読めそうでも初見では必ず確認し、ふりがながなければ振ってメモるようにしている。

その一方で、土地勘のないところに来たくせに、何となくで読んだ自分勝手な地名の読みをそのまま使い続ける人がいて、驚いている。

何度か指摘しても、その時は言い直すけど、しばらく経つとまた戻ってる。

「まぁ、伝わってるんだからいいじゃん。書類かにちゃんと書くしー」とは本人の談だが、どうにも理解できない。

2019-03-20

anond:20190319130603

これは思い過ごしの可能性もある微妙案件カバン行方無頓着おっさんとか兄さんとか結構いる。

動いたらついてきた、っていうけど、動いてスペースが開いたから反対側の人と距離を取ったってこともありうる

逃げるなら気持ちだけじゃなくて遠くに逃げないと

2019-03-17

anond:20190316135750

高所得者生活がどんなもんかインターネットを通して入ってくるもんだから、俺がどんなに背伸びをしたって上には上がいるってことをダイレクトに実感させられちゃう。かなしい。むなしい。ロマンがない。

情弱の方が幸せなことも多々あるんだ。昔なら5万円のチャリは高級品と勘違いしちゃえば、チャリ無頓着な仲間内から羨望され、勘違いで「おれはいチャリを持っている」と優越感に浸れた。今なら「チャリ 高い」で検索したらとんでもねー価格帯のチャリがわんさか出てくるわけで。夢がねーよなあ。

2019-03-14

悲報ラーメン屋さん、フランスパリ景観を汚してしま

http://animanch.com/archives/13995873.html

良いのかこれ・・・と思ったら、元から周りもあんな感じらしい。

結構無頓着地域なのかな。日本よりはましだけど。

2019-03-11

anond:20190311141314

GUは極端すぎるだろ。

普通の値段でジャストサイズの服着てればそれなりに見えると思う。ファッション多様化のおかげで、これはこういうファッションなんだろうなって見えるし。

ただサイズあってなくて生地いかにも安っぽいのは、無頓着ならだらしないやつという評価になる。

せめて人間らしく

人間力10級の皆様こんにちは

人間力免許皆伝の方々ごきげんよう

嫁さん(3次2次問わず)も居るし、同窓会結婚式も誘われる。

そんな人間関係まれた人は回れ右して帰って、どうぞ。

https://anond.hatelabo.jp/20190306174749

ステップ0からステップ1にぶん投げれるのあまりにも惨いので、

人間力3級の俺が人間パワーを垂れ流しながらお節介で補足する。

ステップ0 まず2大欲求から

睡眠して食事を取る。

平日最低6時間休日は昼寝をしろ

6時間睡眠取れない・休日出勤ざらにある職場ならやめちまえ。お前の代わりはいくらでもいる。

食事別に難しい話じゃない。

一汁三菜理想。とにかく品目は多く、カロリーは少なく。

これやると自然と食う量減るから金額的な意味で)俺か?絶賛ダイエット中だが?

野菜や肉に調味料まぶして自分の餌だとか言ってる奴は、

人間力8級くらいなのでとにかく種類食え。

食事は性欲と睡眠欲以外で最も話のネタとして使いやすい。

ステップ0.1 住居を整えろ

部屋の掃除をする。ごみを捨てる。

ここで言うごみ捨ては断捨離とかじゃなく溜まったゴミ処分するだけだ。

捨てようか迷ってるものに対して、捨てる決断を下すのは精神ストレスを与える。

悩むぐらいなら実家に送れ。いま実家なら物置にでもしまえ。

人を呼べる汚部屋を目指そう。住居が整うと心も整う。

ステップ0.2 清潔感リセットしろ

風呂入ろう。

毎日入れないなら精神に負荷がかかってる可能性があるからステップ0からスタートだ。

髪を切れ。1000円カットでなく理髪店で。

顔そりくっそ気持ちいから。

美容院予約するのは人間力初段くらいからで良い。

ステップ0.3 歯をメンテしろ

ここが最大にして最強の難関だ。

習慣づいてない人間は脱落する。

歯磨きしなくても虫歯になりにくい人もいるが、

それはたまたま虫歯の原因菌が極端に少ないか、めちゃくちゃ歯並びがよいかどちらかだ(当社調べ)

口はメンテしないと汚れるものだ。

まず歯科医院に行くこと。

毎日歯を磨いてる人でも1年に1回は歯医者に見てもらうことをオススメする。

朝と夜は最低限歯を磨け。

歯は資本だ。失うなよ。

ステップ0.4 服装を整えろ

ここまで来てやっと余裕というものがうまれる。

上のステップは損なう生活に支障をきたすレベル

ここから下は損なっても多少印象悪い程度だ。

靴を買い替えろ。くたびれた靴は捨てろ。

別にダンロップでもブリヂストンでも良い。キレイであれば。

最近じゃその手のスニーカーもオシャレアイテムとして使う上級者もいる)

持ってる服を片っぱしかクリーニングに出せ。

色落ちしたもの毛玉の付いたもの寿命だ。捨てろ。

中学生から同じの使ってるのは物持ちがいいとかじゃなくオシャレに無頓着なだけだ。

上半身の服買うときは肩幅で合わせろ。思考停止してS・M・Lから選ぶのは卒業しろ

サイズのあってない服はオシャレ上級者にしか許されない。

太っててダボつくならステップ0にダイエットを足して再スタートだ。

色褪せたカーゴパンツメタルラック並みにダサいから捨てろ。

下半身ユニクロ無印良品でまず揃えろ。バレやしない。

ステップ0.5 周囲の人間に気を遣え

さてやっと"こみゅにけーしょん"入門編だ。

元増田に書かれてる通り「感謝」「謝罪」は重要コミュニケーションだ。

友人が居ようがいなかろうが、仕事して社会人してれば会話はするだろう。

感情こもってなくても「感謝」「謝罪」が言えてれば印象は良くなる。

あとはすれ違ったら会釈挨拶すること。

そこまでできたら同僚・上司なりに世間話を振ってみよう。

世間話なぞ天気と時事ネタでなんとかなるからゴリ押せ。

ステップ0.6 身近な人間関係を修復しろ

友人が居ない(少ない)人間の壁は十中八苦ここだろう。

兄弟・親戚と疎遠ならまずそこから

多少迷惑かけても親類補正でなんとかなる。

次にリアフレを作る。すでにいるなら元増田ステップ1に進む。

卒業を機に話さなくなった学生時代の知り合いとアポ取ってみろ。

SNSではめちゃくちゃ仲がいいけど、会ったこと無い人がいるならそれに賭けてみるのも手だ。

そもそもそんな人すら居ないなら残念だが俺からアドバイスできる事はない…

上記関係がそこそこ復活したら、職場なりの人間関係を修復していけ。

コミュニケーションは基本ギブアンドテイクなので、まずギブしてテイクが返ってきたら更にギブだ。

 「うまいラーメン屋知ってるんで行きませんか?」

 「この辺でうまいラーメン屋知ってますか?」

ほぼこれとこれの応用で飯ぐらい誘えるだろう。

ラーメンが駄目なら正直に「〇〇さんといちど食事がしてみたい」と伝えろ。

どういう風の吹き回しか勘繰られたりするが、よっぽど変人でなければ断られやしないはずだ。

一回話してみれば実は趣味が合うことに気づいたり、職場での情報を聞けたりする。

ステップ0.7 ステップ1へ

これくらいでやっと人並みのアドレス帳ができあがるはずだ。

更に応用として自ら学生時代の友人の友人を辿っていったり、

スポーツ習い事共通趣味から交友の幅を広げていくとかも可能だ。

つかそこまでできる人なら元増田恋愛講座も必要としないだろう。

番号が中途半端だが、俺からアドバイスできるのはこれが限界だ。

2019-03-07

勘違いフェミ勘違いしていることを4つにまとめたよ

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00010001-telling-life&p=1

kotobuki_84 「見た事もないオバチャンが男友達に無下に扱われた話に謎の共感を催してヒスってズレた揚げ足取ったら友達馬鹿にされたり宥められたりしてムカつきました。私が正義です」っていう日記





勘違いフェミの特徴1 女の容姿=男の年収というのがおかしいということに気づいていない

cyan0302 なぜ「女の容姿=男の年収」なのか。「女の容姿=男の容姿」が差別しない姿勢じゃないの?

kotetsu306 女の容姿と年齢を男の年収に置き換えてる時点で、筆者はジェンダー観に物凄く縛られてるんだと感じた。そりゃ「それとこれとは話が別」としか返せんわ

hal-e 「僕には好みを主張する権利もないの?」に対して「『この人年収いから無理だわ~』って話この場でしたら傷つかない?」って反論になってないような

キャリ婚推進してる人間がこの発言をしたの割と致命的。

勘違いフェミの特徴2 モヤモヤとした感情をぶつけるのが議論だと思っている

TStyle 記事中ですら自分の考えを意見としてまとめることが全く出来てないのに議論をさせてくれないとかイミフ議論っていうのはモヤモヤした感情をぶつけ合うことじゃない

hobo_king 曖昧な「モヤモヤ」を無加工で口にするのが大事な場面(詩的表現とか)は当然あるけど、冷静な議論を望む人がモヤモヤモヤモヤのまま口にしたらそりゃ議論にならん。ガン泣きの子供と議論しろって位には無理

okusa75 この人、twitterでいろんなことにモヤモヤし続けてるので、きっと自分情報を整理できない体質なんだと思う


勘違いフェミの特徴3 他人表現にはちょっとしたことでも目くじらを立てる割に、自分表現には無頓着で強い口調で他人攻撃してしまうことに気づいていない

Kandata 女は男の言葉自分を重ねて傷ついた。しか咄嗟に返した言葉感情的になってしま不和が生じた。本当は表現に気をつけて欲しかっただけなのに

name-25137412 「強い言葉を使ってしまったのが、今回私の反省すべき点」ではなく、個人自由意志安易否定反省すべきだと思った


勘違いフェミの特徴4 自分賛同する意見以外を敵だと思っていて、めたくそ批判したり晒すのが正しい作法だと勘違いしている

syunzone 自分の望む答え以外の回答が来た場合議論にならないと言って、あーあー聞こえないモードに入る人いるよね

tripleshot この話に限らず、最近自分絶対的に正しい」ってスタンスで、意見の異なる相手メタクソに叩くっていう感覚が強まっているように思う。ネット簡単自分と同じ論調を見つけられるようになったからだろうか



ところで勘違いフェミ女性だけでなく男もよくいるので、女性批判ではないことはご了承を。

これ書かないと勘違いフェミはなぜか勝手女性批判だと勘違いする。

実際に今ここ読むまで勝手女性叩きだと思ってた人いるだろ?正直に言っていいのよ?



勘違いフェミでもわかる差別とそうでないものの違い

tk_musik 40代の太めの女性マッチングアプリ登録できなかったら差別だけど、40代の太めの女性が好みじゃないから断るのは仕方ない

tikani_nemuru_M 私的な嗜好性を差別と捉えるのは不適切同性愛者が異性との婚姻をしないのは、同性愛者が異性愛者を差別しているからではない。逆もまた然り

wdnsdy 「40代の太めのおばさんは価値がないか婚活すんな」と言ったならさすがに差別だけど「40代の太めのおばさんを私は結婚相手には選ばない」は差別ではない

2019-03-05

ジップロックを財布代わりにするとかいキャラ作り寒い

お金無頓着なんですアピうざい

2019-03-04

細かくルールを決めた話

税理士法人代表社員を務めてます

もともと勤めていた会計事務所の所長に後継者がおらず、有資格者だった自分に後を継がせてくれた形で法人設立して代表となりました。

代表となり、先代も自分のやりたいようにすればいいと言って頂けたので社風を変えたくて規則や慣習を多く削りました。

そうすると自分は30代で入社歴も下から数えた方が早いのでベテランさんは思う所があったらしく辞めていく人が続出しました。

ただしそれは幸いにも人材はすぐに補充できたため、私の目指したかった雰囲気にはベテランさんがむしろ邪魔だったので好都合でした。

私の取り入れたかったのは「自由」ということです。

それこそ最近話題の#KuTooのように服装など業務に直接関わらない部分は各人の裁量に任せるようにしました。

以前は慣習的にスーツネクタイと革靴、女性はお客さんに会うときは夏でもジャケットと決まっていました。

会計事務所顧問先の多くは中小零細企業スーツを着る業種はむしろ少ないので、こちらの服装にも無頓着なところが多いのです。

初めの頃はそう言われてもといった感じでしたが、1年もするとほとんどの職員がノーネクタイ、夏にはポロシャツで来る社員出てきました。女性陣も自分たちのラク服装をするようになり、オシャレを楽しむ職員もいました。そうは言ってもお客さんと接する仕事なので堅苦しくなく清潔感がある服装という部分は各々の守っており、お客さんからクレームは皆無でした。

また事務所内装も変えフリーアドレスとし、以前は外履きのままで外と内の区別が無かったのですが所内は内履きとしサンダルスリッパしました。

ちなみに自分スーツネクタイと革靴という従前のままです。代表という立場柄、その堅苦しい服装常識である会社やその他関係者に会う機会が多いためです。別に自分社会的意識の変化を望んでいる訳ではないので、単純に実利を取って社会迎合するまでです。そこで自由服装をするメリットなどありません。全く外出しない時はノーネクタイですが。

この変化を皆が受け入れていれてくれ自分としても満足しておりました。ある時までは。

法人賞与の時だけ明細を個別に手渡しします。面接というほどでもないのですが、1対1で職員意見を聞きたいためです。

所内が変わってから時間が経つにつれ、その面談の際に他の職員への不満が増えるようになりました。

それは、あのお客さんに会う時はネクタイをするべきだと思うがあの人は何も考えていない、とかスニーカーはいくらお客さんに会う日では無いと言えやり過ぎ、あの子のあのピアス社会人としてどうかといった服装のことからフリーアドレスだがあの職員がいつも同じ席、あの人が使った後の机が汚い、スリッパや靴のしまい方が雑といったものもありました。

そうするにつれて見てあからさまに不仲と分かる職員も出始めて職場空気が悪くなっていきました。

全体に向けてやんわりと注意を促しても当人には伝わりづらく、かといって直接言うと告げ口されたと言われては敵いません。

もう自分としてもこんな事で頭を悩ませたくなくなり、ある決断しました。それが細かく規則にしてしまうことです。

一気に決めてしまうと不審がられて不満が出ると思い少しずつ増やしていきましまた。

銀行員と会う時はネクタイをする、スニーカー禁止チノパンではなくスラックス女性は垂れ下がるようなピアスノースリーブ禁止といった服装面。

その他机は帰る際に必ず拭く、スリッパはこの向きでつま先を揃えて置く、イスの上に足を置かないといった小学生のようなルールも決めました。

そして実際この方が職員同士の不満が減ったのです。

自由と言っても各々のラインがあり、他人がそのラインを超えた自由行使していると、当人はそれを我慢と捉えてしまい不満が溜まるようです。

これはあくま自分職場の話でそういう職員が集まっていただけかもしれませんし、もともと堅苦しい服装ルールがあったからかもしれません。

社員からすれば自由ラクだと思います。ただ所内をコントロールしなければならない立場だとはっきり言って業務に直接関わらない部分はがんじがらめにしてしまった方が圧倒的にラクです。

自分としても不本意ではありますが、何よりも利益を出すことが大事なので、特に人材資産のこの商売では所内の雰囲気規則ルールで縛って職員には何も考えさせずに業務のみに集中してもらいたいと思った次第です。

自分世界に籠る性格なのに急に美容・服に興味を持ち始めて恐い。

今まで御洒落無頓着だった。女子大に通っていたが服装アメリカ学生みたいな全身ユニクロジーンズスニーカーTシャツ)にリュックみたいな。メイクも勿論しない。

なのに、なぜか急に美容やら服に興味を持ち始めた。まだ手を出していないが美容医療(全身脱毛プラセンタヒアルロン酸注射卵子凍結保存など)、ファッション流行に沿って何が似合うか、上品質素だけど華美過ぎない素敵な服装とは何か、どんなラインの服が似合うかなど…。ダイエットなんてもの意識し出した。

ガウチョパンツをはき倒すなんて思わなかった。袴みたいだし。ハイウエストスカートオールインワンマキシワンピライダースにAラインワンピース、美容院には都内で月一、実用性とオシャレを兼ねた靴の興味の幅が増えた。

でも、なんでいきなり興味を持ち始めたのかが解らず恐い。性格というか価値観さえ変わったかのようで、自分自分ではないみたいで。こういうのって自分だけかな…。世間適応しなきゃとか、擬態しなきゃとか、焦りからくるものなのか、それとも単純に華やかまでいかないまでもおしゃれに彩る自分に興味を持ちはじめたからなのか、解らない。いずれにしても、キッカケが解らない。

発達遅延というか精神年齢が他の人よりもその分野に関して遅れているのだろうか…。

自分だけなのかな…こういう人って居ない?

変な事聞いてごめん。

2019-03-01

口下手の鬱屈

これから書くのは愚痴だ。呪詛かもしれない。

腹の中にどろどろしたものが渦巻いているので少し吐き出したい。

私は口下手なので文字でね。

そもそも口下手なせいで、弁舌の立つ人に言いくるめられた(ように感じている)せいもある。

とりあえず自分でも何がしたいのか、どうあってほしいのかよくわからない。

私は早くに母を亡くした。といっても成人してからであるが。母は突然逝った。祖父母を残して。

祖父母が元気だった頃はまだ良かった。

そのうち祖父が入退院を繰り返すようになる。

からすれば単なる義理の父でしかないのだが、それでも病院の送り迎えなど甲斐甲斐しく世話をしていた。

祖父母にとって近くにいる親戚となると、うちになるのだ。

まあ近くと言っても片道1時間くらいかかるんだが。

亡くなった母には姉はいるのだが県外に住んでおり、病院の送り迎えなど頻繁に帰ることはできない。

自身も持病を抱えており、祖父母介護を一人でやるには負担が大きく、私も送り迎えを手伝うなどしていた。

病院の送迎、お見舞い、といったもの介護と言っていいのかはわからないが、少なくとも私は結構負担を強いられていると感じていた。

そんな祖父も亡くなり、あとは祖母が一人残された。

祖母は足が悪く、家の中でも杖をつかなければ歩くことができない。

そんな状態なので家の掃除などできるはずがなかった。

そんな祖母の家はゴミ屋敷と化していた。

いたるところにゴキブリの卵が産み付けられていた。

台所などゴキブリの天下である

祖母の家は、私にとっても思い出の場所であるはずだ。

しかしそんな思い出はゴキブリの卵で汚されてしまった。

一気に掃除をするしかない。

私はあの空間にいることが生理的に耐えられない。

しかしそんな私にはゴミしか認識できないものでも、祖母にとっては思い出の品である

これを捨ててもいいかとお伺いを立てれば、捨てないで、とっておいてと言われる。

また、自分で食べ切れもしないのに食べ物を次々と買ってくる。

足が悪いので頻繁に買い物に行けない。

から買いだめするのは分からなくもない。

しかそもそも賞味期限無頓着なのだ

そんなに買っても食べきれないし腐ってしまうと諭したこともあったが、買い物を邪魔されたのを拗ねるような反応をされた。

別に祖母が腐ったものを食べるのは祖母勝手である

しかしその結果、台所ゴキブリの天下になっている。

ちゃん生ゴミの処理をしてくれるのならいいが、そもそも掃除のできない人なのだ

布巾をかぶせて食卓の上に放置したままのこともあった。

冷蔵庫の使い方がぐちゃぐちゃなのも手に負えない。

何度も改善を具申したが伝わらない。

そもそも祖母は耳が遠いので、ちゃんと伝わっているのかがわからない。

「わかった」といっても脳内でまったく別のことに変換しているようなので、伝わってるが直す気がないのか、そもそもまったく別のことを言われていると思っているのかもしれない。

父は一人でなんとかがんばろうとしているが、そんな父が疲弊していく姿を見ることが私には辛い。

祖母の長女である母の姉も、最近では月に一度戻ってきて片付けを手伝ってくれる。

こっちもいろいろ限界なので、父ではなく私から電話をして話をした。

私は口下手なのでまったく言いたいことが伝わらなかったが、あの人がどういうことを思っているのかというのはわかった。

・・・ように思う。

曰く、「そもそも父が祖父母の面倒を見る、母ともそういう話をしていたということで面倒を見ているのだと思っていた。

しかし、祖母身の回りが不衛生な状態で、世話なんか全然できていないじゃないか」ということで毎月帰って掃除をすることにしたらしい。

正直なところ、ろくに帰らず法的に介護義務のない父に任せっきりでその言いぐさはなんだと今になって業腹である

ちなみに私は口下手なので、電話で話しているときにうまくそういうことを切り替えせていたらよかったのにというのも業腹である

おばは弁舌が立つのでね・・・ずっと前から口ばっかの人だと思って私は嫌いな人種カテゴライズしていた。

まあうまいこと言い返せなかったのでモヤモヤしていたのを書き出してみたらスッキリするかなと思って書き出した。

多少はモヤが取れた気がする。

父が疲弊していくところをこれ以上傍観できないというのが私の気持ちなのだろう。

では私が矢面に立って祖母介護ができるかと言ったら、無理だ。

血の繋がりもない赤の他人しかないのに、それをやっている父には尊敬の念はない。

馬鹿だなぁとしか思わないが、とはいえ疲弊していく姿を見るのはしのびない。

そんな父をしのびないと思えるのが、私に残った唯一の人間性なのかなぁとも思う。

正直祖母はさっさと死んでしまえばいいと、半ば本気で思っているフシがあり、我ながら人としてズレているなと思う。

この鬱屈は、祖母の家がゴミ屋敷したことによって噴出したが、10数年来の、母が亡くなり祖父介護をしていた頃から徐々に溜まったものである

おばにはこれは伝えなかった。

まあ電話口でそこまで頭が回らなかったかであるが。

私の口が立つのであれば、母がなくなったときから父に任せず、肉親である私が矢面に立っていれば結果は違ったのだろうか。

こんなに呪詛を撒き散らすようなことはなかったのだろうか。

良識を盾に他人を責めるのはモラハラなのでブクマカのすることは大抵モラハラに似ている

お前の加害性を認識しろ他人攻撃しておいて自分攻撃性には本当に無頓着

それで自分は頭がいいと思っていて感情や正しさを違う視点から見なくて、

この人は傷ついた、不快なんだから不謹慎だと他人攻撃して傷つける

これがハラスメント行為以外の何物でもない

2019-02-25

地に足をつけて歩くということ

ふとしたきっかけでできた北欧の友人とそんな話をした。

靴の選び方の話からつながっての話だった。

体重を足の親指、小指、かかとに均等にかけるべきだというのが彼のアドバイスだった。

なるほどと思って、その場で立ち上がって自分の足の裏に気を向けてみると、親指にあまり体重がかかっていないような気がしてきた。

そのことを彼に伝えると答えが見えたなと彼は言った。

僕の靴のかかとの外側がひどく磨り減るのも、がに股を何度指摘されても上手く直せないのもこれが原因だったのだ。

さっそくその場で親指にきもち体重をかけながら歩いてみた。

これが不思議気持ちいいものだった。

足の裏が少しくすぐったいような感覚と、理由は分からないけれど満ち足りた気持ちがわいてくる。

彼にお礼を言って、なぜか退職後に一日一時間は体を動かすという言質をとられて通話を終えた。

(国や地域でひとくくりにするつもりはないが、彼は健康に対して意識が高い気がする。…と思っていたが、その後おいしそうなパスタ写真が撮れたので送りつけたら"Why you eating grasses"とチャットが返ってきて食生活については無頓着らしいということが分かった)

それから、歩くことが少し楽しくなった。ちょうどミラーレス一眼を買ったのも理由ひとつだが、週末に散歩がてらカメラを持ち出して、一時間ほど地面を踏みしめながら歩くのが習慣になった。

古い町だし、たくさん被写体があるわけでもない。でも、ここを離れる前に写真に収めておきたいと思ったものファインダーを通して覗き込む。

浜辺に流れ着いた集魚灯や風に揺られてボケナズナ写真を家で整理しながら、考える。そこまで好きになれなかったこの町も、いつか今日撮った写真を見ながら懐かしむことができるだろうか。

彼に仕事をやめる相談をしたとき、彼は人生目的地のある旅ではなく曲のようなものだと言った。いいたとえだと思いながら、どこかで僕の人生は、自分の足で歩く旅であっても欲しいなと思う。

自分の足で、地面を踏みして自分の望むほうへ歩いていきたい。

2019-02-22

ジャンルを離れた

完全に自分が悪いんだけど、鍵かけてた垢で散々好き放題言ってたのをそのまま鍵あけたら、その言いたい放題してた相手検索でたどり着かれた。

申し訳ない。

うそジャンルからは離れたので、そこで何を言われても困らないんだけど、ちょっと仲良くしてた子なので傷つけてしまったら申し訳なくて。

酷い悪口とかじゃなくて、ただ、こういう子がいるんだよって話題に出してただけなんだけど、それでもやっぱり傷ついたかな。

の子身バレに繋がるツイは消してくれとDMで言われた。

もう誰も自分ことなんか気にしないだろうと思って無頓着に鍵をあけたけど、そうやってたどり着かれてしまうんだなって反省した。

すまない。

もう戻ることはないから、どうか自分のことは忘れてほしい。

2019-02-13

anond:20190212203944

品川のそれなりのタワーマンション住んでたけど、

管理費修繕積立金滞納する住人が多くて組合弁護士雇ったり、

生活音やゴミ管理無頓着な人がいたり、風俗営業してたり、

ヘンな住人が多くて数年で売却した。

しかも↑こういうコトって売却時にある程度申告しなくちゃいけなくて、

売主見つけるのに苦労したわ。

五輪特需で購入額の140%で売却できたけど、短期譲渡税金がっつり。

2019-02-06

[]家の前と家の外側を清掃する。

町並みを見ていてこの言えは汚いなどと思っていたが自分の家も無頓着なのに気付いた。

汚いという程では無いがブラシでこすれば汚れが落ちるかも。

置いてあるバケツは見えないところにしまう。

明日やってみる。

anond:20190205205509

別にヤバかない。OTC化してもそれなりに高いし、無頓着な人はそこまで気が回らないので、アフターピル性的非行が増えるとは言えない。

そうじゃない人で、うっかり妊娠を防ぐ為には有効だと思うよ。

[] #69-2「愚者自覚

冬休みに入る少し前、衣替えが済むかどうかのビミョーな時期。

俺たちのクラス転校生がやってきたところから話は始まる。

「この度、私たちクラスに新しい仲間が増えます。さあ、どうぞ入ってきて」

担任教師のしゃらくさい言い回しと共に、その転校生教室に入ってきた。

第一印象は可もなく、不可もなくって感じだ。

強いて言うなら風貌が若干イモくさくて、身だしなみにはやや無頓着タイプってくらい。

だけど、その後から徐々に、不穏な空気を漂わせてきた。

「ええー、転校生ブリー君です。両親の仕事の都合でこちらに越してきました……はい、どうぞ」

「……」

担任が紹介するが、そのブリー君は何も反応しない。

教室内が、妙な静かさで覆われた。

担任も俺たちも戸惑う。

「あのー、ブリー君?」

先生、『はい、どうぞ』と言われても、どこに座ればいいか分かりません。空いているところを適当に座ってもいいので?」

「え……あ、うん。それでもいいけど、その前にみんなに自己紹介しましょう」

「あ、『はい、どうぞ』ってそういう意味だったんですか」

「うん、そう。じゃあ自己紹介どうぞ」

先生が紹介してくれたのに、ぼくもやるのは二度手間では?」

「う、うーん……そうかもしれないけど、本人から直接言った方がいいかなあって」

自己紹介した方が良かったのなら、先生が紹介する必要はなかったのでは?」

こりゃあ、中々に面倒くさそうな奴が来たな。

俺だけじゃなく、この時みんなそう思った。


…………

それから日経ったが、この転校生の厄介さは俺たちの予想以上だった。

例えば体育の時間など、グループで何かをやる時はそれが顕著だ。

今日ドッジボールをやりまーす。出席番号が偶数の子Aチーム奇数の子はBチームに分かれて」

この時、俺はAチーム

そして転校生ブリー君もAチームだ。

そもそもボールをぶつけるゲームなんて、危ないのに何でやるかなあ。それに、ぼくみたいな球技の苦手な人間まで巻き込んでやらせないでよ。共産主義とか現代遺産なのにさあ」

ブリー君は終始こんな感じでブツブツ文句を垂れる。

だが、ドッジボールは割とみんなが活躍やすゲームだ。

ボールを捕れなくても、内野で避け続けているだけで相手ミスを誘えるし、時間切れに持ち込めば残り人数で勝利に貢献できる。

それが苦手なら外野パスを回して敵を撹乱するだけでもいい。

能力積極性に違いがあっても、誰もがチームの力になれるゲームなんだ。

ボールも柔らかいものを使うから怪我をする方が難しい。

体育でやるスポーツとして鉄板なのは、それなりの理由があるわけだ。

……とドッジボールの良さを俺たちが説明してもなお、ブリー君の調子は変わらない。

「あ~あ、突き指とかしたくないなあ。ボールゴム臭さも気分が悪くなるし」

ゲーム中、ずっとこんな感じなのだから俺たちは気が滅入る。

当然、チームの士気は下がり続ける。

それと同時に、俺たちのブリー君に対する評価も下がり続けることになる。

まさか、こんな形で足を引っ張る人間がいるなんて思ってもみなかった。

俺たちはどんな遊びにおいても、どんな鈍くさい子でも、いないよりはいたほうが良いと思っていたし、楽しいとも思っていた。

だけど「こちら側のどこからでも切れます」が切れないように、何事も例外というものはある。

その例外自分たち身の回りで起きたことは衝撃的だったけど。

(#69-3へ続く)

2019-02-05

拝み屋郷内 花嫁の家

ホラー小説を読みたい気分だったので人気のこの作品を読んでみたのだが、あまりにひどい文章なので序盤でリタイアした。

「実話怪談」という体裁のはずなのだが、華美な単語意味もなく回りくどい言い回しで飾りすぎていて、「実話感」がゼロ

本の一話目は体験者の一人称で語られるのだが、もうこの時点で読む気がなくなってしまった。

わたし立花昭代から椚木昭代になったのは、昭和五十五年の九月。

山々に生える樹々が赤や黄色に色づき始めた、季秋のある晴れた日のことでした。

わたしが契りを結んだのは椚木家の家督息子で、名を武徳といいました。



ひどい。なんなら笑える。

昭和55年(1980年)で「契り」って。「山々に生える樹々が赤や黄色に色づき始めた」って。イデオンとか金八先生がやってる時代に、おまえだけ戦後か。

しかも著者(主人公)の職業が「拝み屋」なもので、「中禅寺秋彦にあこがれる中学生が書いた小説」のようだ。

この話は「家の周りでなんか生き物が吼えてて不気味」という内容なのだが、それに「月に吠える」(萩原朔太郎)と名づけるセンスにもゲラゲラ笑った。実話怪談だぞこれ。

そのすぐ後で、著者が巻き込まれ事件も語られるのだが、ここもひどい。

著者に助けを求めてきたシングルマザーが、深夜に娘を家に置き去りにしてきたことに気づくってだけなのに、なぜこうも回りくどいのか。

と、そこへ突然、何かとてつもない違和感を覚える自分がいた。

初め、違和感の正体がなんなのか分からなかった。が、千草が私の仕事場へ訪れるまでの経緯をひとつずつ思いだしていくにしたがい、ようやくはっとなって蒼ざめる。

「娘さん、今誰に見てもらってるんですか?」

そこで千草も「あああっ!」と悲痛な叫びをあげることになった。



普通小説でもトロくさい文だが、何度もいうけど、実話怪談なのであるドキュメンタリーなのである

しかも著者本人は服装にも無頓着な色黒のおっさんである

似合わないことはなはだしい。

こんな調子はずれの文章をみんなよく真面目に読んだり怖がったりできるなと、そっちの方がよほど不気味だった。

好評はサクラであることを願う。

2019-02-04

anond:20190203163823

デンタルケアについては神経質なのと無頓着なのの二極化してて、外人狙いの女と意識高い女はだいたい歯に金と手間かけてる。ゆるい女は無頓着

(男でもナンパ師は爪短い、非モテ無頓着とかそういうのはある)

2019-01-31

anond:20190131170946

友達フリマごっことしたとき、私だけろくなものがなかった。

 みんなの持ってるものを欲しがって、後日「●●ちゃんだけもらいすぎだからやっぱり返して」って言われた。すごく恥ずかしかった。

友達同士で物のやり取りってトラブルの元だから禁止するのが普通だと思うけど

その辺無頓着な家庭の子だらけだったのか?

貧乏放置子にしても、服は手作りとか金も手間もかけまくり矛盾してるんだよなあ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん