「疲弊」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 疲弊とは

2018-04-20

anond:20180420223954

出て行ってくれてよかったと思うが

別れた方がいい

夫は完璧に義両親に洗脳されて搾取子になっている

これから夫と家庭を築いていくなら、その夫の洗脳を解くというとても苦しくて、辛くてメンタルぼろぼろになることをしなければいけない

あなたが夫を思う気持ちを夫は理解しないだろう

あなたの嘆きも悲しみも心からの訴えも、夫は理解しないだろう

あなたが夫を思って言う言葉は、彼からはうっとうしいノイズしかないだろう

あなたの実の両親は、そんなぼろぼろになる娘と娘の旦那に巻き込まれ精神的にも疲弊し、ストレスを溜めるだろう

それでも、洗脳が解けるまで何年もの時間を、義実家に金を吸い取られ、実の両親に迷惑をかけ、穴の空いた壺に水を入れ続けるような行為を続けてでも、夫を取り戻したいという気持ちがあるのならやるしかない

そしてあなた努力は、報われるとは限らない

その覚悟がないなら、別れた方がいい

2018-04-19

疲れ切った

なんか今週もまだ金曜が残っているというのに疲れ切ってしまった故、延々と増田見たりまとめサイト見たりしてる

精神疲弊しているため情報は頭に残らない

手を動かす力はかろうじて残っているが、身体はもう動かせないので風呂も入らず寝る

Ich 寝るネルnerune

2018-04-17

地獄就活新卒非正規に使った話

就活精神病み、結局新卒カードでの正社員を諦め、非正規で働いてる者です。

エントリーのみも含めれば、軽く50社以上受けました。100はないと思うけど、途中から数えてない。面接も少なくとも3、40社くらいは行きました。でも、私は結局新卒カード非正規に捧げました。

そろそろ就活マジで精神を病む学生が出て来る頃だと思うので(私もこの頃からおかしくなっていきました)体験談と恨みつらみを書いていこうと思います

◾️スペック

地方公立 文系

キツい顔系のブス

ボランティア活動あり

ブラックバイトを4年間務め上げる

SPIはたぶん7割くらい

長所コミュニケーション能力系のこと、ガクチカアルバイト経験を話していました。ごく普通だと思います

◾️なんで就活を失敗したか

結論から言うと、私は新卒採用に向いていませんでした。

新卒採用企業がみているのは、伸び代だといいます。私は、それに加えて、「扱いやすさ」、そして女の子は「可愛げ」を求められていると感じました。

私には、可愛げも、育てる余地もないように見えたんだと思います。正直それなりに仕事勉強もできるし、受け答えもしっかりしているので、そう見えても仕方ないかなとは思いますが。

面接練習でも、履歴書でも、ESでも、特に大きな問題を指摘されたことはありません。企業研究もきちんとしてましたし、企業高望みもしていないと思います

でもとにかく最終面接が通らない。

お祈りしてきた企業はその理由を教えてくれないけれど、恐らくは「新卒っぽくないから」。

就職課やハローワークで、「中途だったらどこでも受かる」と言われた時にはもう笑うしかなかったです。ほかに指摘された点は直せましたが、こればっかりはどうしようもありませんでした。生まれ持った雰囲気問題じゃん。

◾️就活について

以下は完全負け組からのご意見なので、暇つぶし程度に聞いてやってください。

まず、SPIは早めにいい点を取っておいてください。

精神疲弊すると能力は下がります。私は集中力の欠如から、夏頃には文字が全く読めなくなりました。ツイッターすらまともに読めなくなっている状態で、まともな点数が取れるわけがないので、ある程度指標になりそうな点数を取っておくことをおすすめします。また、就活は後半に進めば進むほど中小企業を受けることになります。そうなってくると、SPIはまず行いません。別の対策必要になるので、その意味でも早めにSPI時間をかけるタームを終わらせるべきだと思います

合同企業説明会意味がありません。

非常に混む上、玉石混合すぎて効率が悪い。あと寒い暑いクオカードだけもらって帰宅するのがいちばんです。もし、顔を覚えてもらいたい企業出展しているなら、行くのもいいかもしれませんが、そうでないなら学内説明会に絞った方が絶対効率が良いです。結局私がそれなりに選考を進んだのは、学内説明会で知った企業ばかりでした。ただ時期的に学内説明会は終わっているでしょうけど…

やばいと思ったら早めに病院に行ってください。

長引くと就活どころじゃなくなります。もし病院に行くのに抵抗があるのなら、ハローワークでは就活生を対象としたカウンセリングを行なっている場合があります。調べてみてください。私は実際に受けましたが、愚痴の吐き場所としては非常に有効でした。

年明け前までには就活をひと段落させてください。

卒論で詰みます。私は詰みました。

教授に泣きつきなんとか卒業させてもらいましたが、本当に留年すれすれのところまで追い詰められました。秋頃になったら、一旦就活ではなく卒論に集中した方がいいと思います。もうその時期の新卒採用は、たまの掘り出し物を除いては、正直ハロワで年中採用を探しているところと大差ありません。ハロワ就職課に行けば、2月3月でも求人はあります留年してもう1年学費を払うのが嫌であれば、先に卒論にかたをつけるべきです。

就活エージェントは信用しないでください。

彼らにとって私たちは客ではありません。企業という顧客に流すためのただの商品です。もちろん全てが全てそのような人だとは言いません。ですが相性の悪いエージェントに当たってしまったが最後、余計に精神を病んで終わりますあくまビジネスだということを忘れないでください。学生気分でいると、いちばんダメージを受けるのはここだと思います

就活には理不尽なことが多いです。本当に多い。

面接の後、社員愚痴に数時間付き合わされて、帰宅したらお祈りが届いていたこともあります。こっちはキャバ嬢じゃねえんだよ。

あと、女の子就活はやっぱり厳しいです。

後半戦になればなるほど、女の子比率は上がっていきます。私が就活後半で出会ったのは、だいたいがちょっと地味で、真面目で、それなりの大学を出ている女の子でした。知ってどうなるということではないかもしれませんが、覚悟はしておいてください。

◾️今後について

とりあえずのところは、今働いている会社で、正社員として拾ってもらえるのが目標です。先日、周りに比べてひと回り少ない初任給いただきました。少ないとはい学生時代とは雲泥の差で、380円しかなかった口座が一気に何倍にもなってびっくり。

でもやっぱり、貯金をしてさら一人暮らしができるような額ではないので、正社員になりたいという気持ちは強まりました。今は新卒入社ではないという立場を活かして、システム諸々の効率化を上に提案したいと考えています非正規雇用では長くても数年しかいられないので、早く結果を出したいところです。

就活を乗り越えて(結果的に逃げたので乗り越えてない)、もう二度としたくない、というのが本音です。就活地獄です。

正直まだ長い文章を読むのは苦痛ですし、疲れているとすぐにメンタルにきます。一度折れた金属は元に戻らないと言いますが、メンタルもおそらくそれに近い。

から、なにかがおかしいと思ったら、寝てください。面接をさぼってください。好きなものを食べてください。それすらできなくなったら、病院に行ってください。

就活生の7人に1人は鬱状態だといいます体感もっと多かったように思います

就活おかしいし、理不尽だし、歪んでいます。みんな知っています

からやばいと思ったら逃げてください。死なないでください。非正規もわりと気楽で楽しいですよ。給料は少ないけど。院に行った知り合いもいます公務員浪人する知り合いもいます新卒カードは3年は使えます。まだなんとかなりますだって若いから若いだけでなんとでもなります

この春から就活スタートした皆さんが、少しでも穏やかに次の春を迎えられますように、願っています

anond:20180417025644

問題は人数比なんだよ。

技術がある人に比べてない人、知識がある人に比べてない人、ものを作る人に比べて消費者は圧倒的に多い。1on1の関係において「無料でやってください」という問い合わせそのもの交渉であり悪意ではないかもしれないけれど、圧倒的な人数でそれをやるのはF5アタックのように「持つ人」をすりつぶす。

そういう現実無視して「問い合わせただけ」「ただの交渉」というのは、例えばいじめをじゃれ合いだと言い換えてるような正当化にすぎないわけ。

「個々人はそこまで悪意がない多数派暴走」を食い止めるためには「そういう問い合わせをすること自体対象疲弊させるある種の攻撃になりうる(=悪である)」という知識啓蒙してゆくしか無い。

2018-04-16

anond:20180416160731

イケハヤ「『鶏口牛後』って知ってるかい? 鶏の頭となれども牛の尻尾となるなかれってこと。東京疲弊して500万稼ぐよりも、四国でゆったりと生活しながら350万を稼ぐ方が価値のある生活だと思わないかーい?」

2018-04-15

著作権ブロッキングで一部の方々が行う懸念する方に対する罵倒の話

ここで文章不法投棄をする。

どうせこんな妄言しかない日記が注目される事もまずないだろう。

初めに今回の著作権改正改悪)については

リーチサイト規制情報受け手側が犯罪になってしまDL規制静止画も含め更に拡大する等についても危惧する点は非常に多くあるが、

これ等を取り上げると範囲が更に広がってしまうためここでは取り上げないこととする。

また私個人の考えとしてブロッキングについては今回一番悪いのはまともな法的処理すら通さず、議事録すら非公開にした政府であると言う考えである事も理解して頂ければありがたい。

何せ与党議員から批判意見が出た位なのだ

恐らくこれに関しては反対している人なども共通した考えであろう。

そしてブロッキングの何が問題なのかもここでは詳しくは取り上げない。

この手の問題点はもう多くのニュースサイトや私よりも詳しい人が多く取り上げており、それらのサイトを見て貰った方が早いからだ。

ようはブロッキングと言うもの自体簡単に言えば中国金盾の親戚みたいなものだと言う認識で良い。

付け加えるとすれば、今回児童ポルノから著作権まで範囲が広げられてしまうと政府業界に都合の悪い情報は全て遮断してしまって良いと言う前例が出来てしまい、

今後拡大解釈され続ける危険性が非常に高くなってしまう点、更に今回法律を通さず、あくま政府ISPにお願いするだけと言う形をとるため、

何か問題が起こった時には政府は一切問題を取らず、責任は全てISP側に来るなどの問題点も今回の事例には新たに追加されてしまっている。

ブロッキング問題点については以上の記述位としておく事にする。

それと敢えてここで一部の創作物コンテンツに関連している方々を指す単語として意図してオタクと言う言葉を使わない様に意識する事にする。

オタクと言う単語自体のものが余りにも広域な範囲対象を指す言葉であり、ここで使うのは余りにも不適切単語であるからだ。

(※オタクと言うのはあくまでそう言う趣味嗜好を持つ人々を指すだけの言葉であり、オタク一言で言っても色々なジャンルはあるし、

そう呼ばれる人達創作物コンテンツに関連しない仕事の人々や例えばそれこそ医師弁護士公務員等の様々な方々もいる。

そういう意味においても今回はオタクと言う単語自体使用する事は今事象においては余りにも的外れであると考えたからだ。)

また何よりもオタクと言う言葉自体非難罵倒としての逃げの口実、或いは免罪符として機能しているからだ。

実際、自身責任から逃れたい一心責任転嫁するためだけにオタクと言う言葉を使っている例も多く見受けられる。

それに今回感情的に反対している人たちを罵倒等をしているのはツイッター等を見る限り、その人間本質オタクと言う広域の言葉で指す人々よりも

もっと狭い範囲である同人プロわず、その関連、または業界無理解な一部の創作物コンテンツに関連した方々が多い様に見受けられたからだ。

からこそあえて一部の創作物コンテンツに関連している方々と言う言葉を使わせて頂くのだ。

(※あくまでも一部の創作物コンテンツに関連している方々である

何度でも言うが一部の創作物コンテンツに関連している方々である

ここは重要である

この言葉には何もここで指すのはアニメ漫画出版業界だけではない、別の何かも含まれると言う意味合いもある。

別の何かについてはブロッキングの件を少し調べたら判ると思うので、色々察してほしい。

それに元々作家さんでも表現の自由言論の自由に詳しく、危惧して動いていた方も少なからずおられる。

なので、同人プロわず表現の自由観点から懸念を持つ作家さんや関係者の方々が、決して少なくない数がいる事も付け加えておく。

例えば今回もちばてつやさん等はブロッキングに対して懸念した発言をされておられ、元々個人的にも尊敬している点も多かったりする。)

そしてこれから書く事はあくま愚痴恨み節の類であり、俗に言う俺は詳しいんだ、知っているんだ的なノリの頭の悪い稚拙文章しかないので、

運悪くこんな記事を見てしまった人は軽く聞き流して頂いて構わない。

何より私自身間違いが多い人間であるのは自覚しているからだ。

私がこれから書くこの様な内容の文章過去多数出ており、実際私自身も何度か見かけているが、それでも敢えて匿名の卑怯者としてこのような文章を書かせて頂く事を許して欲しい。

この様な文章は書く事はないと思っていたがどうやら私の番が回ってきてしまったようだ(苦笑)

ついでに私自体、もはや規制に対し、反対する気力もなく、その反対する人々を罵倒する一部の創作物コンテンツに関連した方々に対し、

何の期待もしておらず、説得する気も皆無である点も読む際に考慮して頂けると助かる。

まず件の著作権ブロッキング拡大報道について、一部の創作物コンテンツに関連している方々が今回の報道ブロッキングに対し危惧し、

その問題点を指摘している一般人には勿論の事、実際弁護士法学者、また長年創作物関係での規制危惧し動いている

本来一部の創作物コンテンツに関連している方々にとっても味方であるであろう青少年健全育成条例児童ポルノ禁止法で反対していた方々や

反対活動で精力的に動いていた団体にすら石を投げているのを見かけ、ああこいつら進歩ないな、この先創作物コンテンツが、

滅亡してもこいつらは懲りないし、学習もしないだろうなと言う感想を抱いた。

何故このような感想を抱いたかと言うと過去青少年育成健全条例児童ポルノ禁止法等でも同じような構図を見かけたかである

今回に関しては個人的にはもはや怒りではなく、彼ら一部の創作物コンテンツに関連している方々に対して、失望絶望と言う様な感情しか湧いてこない。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間安易感情から匿名掲示板のノリで揚げ足取り罵倒するのは構わない。

どうせ実際この記事をもし君等一部の創作物コンテンツに関連している人間が見つけた場合には必死罵倒揚げ足取りを行う事もあるのだろう。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間の行動は容易に予測できる。

きっとブーメランとかも言い出す事だろう。

だが、その都度味方は減り、敵は増え続けるのだ。

その一部の創作物コンテンツに関連している人間創作分野以外の事柄には興味がなく視野が狭い癖に妙にプライドだけは高く、

人の話を全く聞かないくせに自身に対する非難スルーする事が出来ない人間も非常に多いのだ。

尚且つ議論とやらが好きだから猶更性質が悪い。

更に図星をつかれると非常に怒り出す。

からこそこの手の一部の創作物コンテンツに関連している方々は、ブロッキングの件に関連して指摘された件でまだ反論が容易であろう、

ブロッキング懐疑的他者から出版ブロッキングでなく、まず検索サイトに対しての行動や法務の方を動かせよとか

出版業界のそのもの不備の指摘や逆に何故今まで逆に現在違法サイトが行っているようなサービス公式でしなかったのか?

そもそも著作権規制を進めた所で過去の事例から見て売り上げが回復していないだろうとか

出版新古書店図書館の件も反論されて言い返せなかった件についてはどうなの?

と等言うような指摘に対しても何故か真向な論理でなく、何故か作家が食えなくなってもいいの?等と言う感情論で怒り狂い出していたのだ。

私が見た限りは主にこんなコメントしかなかったのだ。

所詮こんな事に対しても主に感情論でしか返せない連中なのだ

なので、ブロッキングに対してもまともな返答等出来るわけがない。

反対や慎重的意見としてブロッキング効果や薄い事や通信の秘密だけでなく、表現の自由言論の自由でひいては自身の首を絞める事にもなりかねないと

私が見た限り、ブロッキング懐疑的で反対意思を持つ方々は見た限り、非常に論理的に指摘されているにもかかわらず、

それに対し、一部の創作物コンテンツに関連している方々はブロッキング必要悪だとか論理すり替え的外れ発言ばかり行っていたのを見かけた。

これだけならまだ良い。

やはり挙句の果てにその反対している人間に対して人格的な罵倒等の俗に言われる叩き等の行為を行っていたのだ。

これを未だ一般人に対してだけならまだしも学者等のお偉いさんや実際表現規制に反対され動いている人に対しても行っていたのだから唯々呆れる他なかった。

だが、ただまず一部の創作物関係に関連する人間はこれだけは判っておいた方が良い。

青少年健全育成条例青少年健全育成基本法案の時でも児童ポルノ禁止法の時でもTPPの時でもそうだが、

別段漫画アニメ音楽映画等の創作物に対する表現の自由言論の自由が損なわれるから反対している人たちばかりではないと言う事だ。

規制関係では創作物方面ではなく、通信インターネット情報関連の視点から強く問題視して反対している方や

その改正によって逆に児童権利が奪われる点を強く問題視している方や他の法律の兼ね合い等から問題視されている方や

改正により一般人が逆に不当に逮捕される等の不具合が生れるから反対している方等本当に様々な視点から反対している人々がいる事を実際にみてきた。

それに著作権ブロッキング話題に関しては何も今始まった話ではなく、過去音楽業界映画業界等が様々な圧力をかけて行おうとしてきた。

また私自身今回に関してもあくまで矢面に立っているのが出版と言うだけで、この件でも音楽業界映画業界もかなり圧力をかけていたのではないのか?と言う懸念を持っている。

それに対して一般人だけではなく、通信方面法学者から懸念する声も当時から多く、反対され続けてきた事実認識すべきだ。

実際児童ポルノ関連でのブロッキングに対しても様々な懸念する声があがっていたほどだ。

からこそ漫画アニメ利益が損なわれたから、過去反対してきた人達が今回はブロッキングに賛成に回ると言うバカな話はあり得ない事位は理解すべきだ。

ブロッキング何が悪いのか判ってないのに君ら一部の創作物コンテンツに関連している人間は短絡的に感情論でそれら反対している方々に対し、

人格批判等で攻撃したりすべきではないと言っているのだ。

こんな事だから当時匿名掲示板等で肉屋を支持する豚だとか罵倒されたのだ。

しかし一部の創作物コンテンツに関連している方々の行動をみていると何故オタク(と世間では一括りにされてみられてしまう)が嫌われるのか良く判る。

から連帯責任大好きな国家からね、日本

なお、それでも思い込み感情からその方々に対して嫌味を言い罵倒するのならばそれも結構だ。

だが、そう言う行動を行う度に他分野の側面から反対していた方々は一部創作物コンテンツに関連している人間に対して、

そんな連中しかいないと思われその人達は呆れ、そしてこの先何か問題があった場合でもあいつらだから別にいかと扱いが軽んじられる可能性があるのも十分に考慮すべきだ。

たこの手の規制に対し危惧し反対する活動は実入りは全くなく、寧ろマイナスであり、時間的にも資金的にも負担が大きい。

更に言えば初めはどう活動すれば良いかすら皆判らず、手探りで行っていた位である

また反対している人同士でも考えの相違で、精神的肉体的にもかなり摩耗するし、それで最後には潰れてしま活動を停止せざる得ない位、追い詰められる人も実際に見かけている。

過去に聞いた話では実生活すらまともに送れなくなってしま人間もいる程だ。

なので、実際今でも長年活動している人々の精神負担はかなりのものだろう。

更にここに合わさりいつも通り俗に言う味方から石を投げられる構図が加わるのだ。

正直たまったものではないし、これが実は一番心的ダメージが大きい。

(※また青健法の件で話はずれてしまうし、この記事自体事実かどうか判らないが、

少し前に

マンガの人たち」の信用は地に堕ちている──青少年健全育成基本法案の本当の問題

と言う見出し記事で、

出版業界自体が一部のオタクが騒いでいるだけ、その時が過ぎればフェードアウトする等と言う

まるで過去どこかの政治家がしたと言う発言と全く同じ様な考えをもっていると言う記事をみて個人的には呆れ返った。

記者があの記者だし、誇張も非常に多いだろうが、これが事実だとしたら、余りに一般人やそれこそ少しでも活動した事があった読者に対しても喧嘩を売っているとしか思えない。

もし読者が出版社がこんな独善的な考えを持っていると知る事になれば、失望し、場合によっては以降漫画を買わなくなる様な事も十分に起こりえるだろう。

また私の記憶では当時出版はほぼ目立った活動をしておらず、実際に活動していたのはその手探りで行動を行っていたオタクとある団体であった事を記憶している。

そしてそれで精神的肉体的に限界をきたし、潰れてしまった人も多かったのだ。

個人的には出版にそこまで嫌悪感は今まで抱いていなかったのだが、流石にこの記事と昨今のブロッキングの件で一気に出版に対する嫌悪感を持つに至った。

多分一部の創作物コンテンツに関連している方々もこう言った類の考えなのだろうと個人的には思ったくらいだ。

たこの件が事実ならばこんな事を言われては実際長年継続して今も行動をし続けているとある団体の彼らに対しても非常に失礼であると私は考える。)

そしてあくま最後に警告として書かせて頂く。

君等一部の創作物コンテンツに関連している人間はせいぜい好きな様にブロッキングに反対している法学者弁護士

規制問題で実際に危惧、反対をし、ロビー活動をしてくれている方々に石を投げ続ければ良いだろう。

だがその度に彼らは君ら(全ての)創作物コンテンツ関係した人間に対して、法学者弁護士等の有識者は呆れ果ててしまう事になるだろう。

またロビー活動してくれている好意的人間精神は摩耗し続け疲弊し、モチベーションを保てなくなり、

そして最後にはこんな奴らのためにと言う思いを抱き、挙句の果てには活動を停止せざるえない位にまで精神的肉体的に追い詰められ、

君等創作物コンテンツ関係した人間を見捨てる格好になるのだ。

その結果もし君等一部の創作物コンテンツに関連している方々が本当の意味で困った事態に陥った所で、その時は誰も救いの手を差し伸べてくれる事はなくなるだろう。

でもその時が来ても一部の創作物コンテンツに関連した君達の事だ。

今回の著作権ブロッキングでの件でもそうだったが、当時も青健法や児童ポルノ禁止法等の時にも反対し味方してくれたであろう人々に対して石を投げ続けた君達はいつもみたくこう言うのだろう?

「あの時は彼らが勝手に反対していただけ、誰もその時に助けてくれなんて言っていない。」

オタクはその時だけしか騒がない。その時が過ぎれば何もしない薄情な連中」

と。

タダ見ばかりのコンテンツ疲弊して潰れる例は何度も見てきた

2018-04-12

結局、体力勝負

頭の良い人でも比較的気付いていない事があり、それは、世の中、結局、体力勝負という点。

かなり優秀な人でも、昇進できない壁にぶつかる事があり、その人が本人の都合で早く退社しなければいけない日があったりする場合である

職場がどんなに公平な場所でも、多かれ少なかれそれあり、本人の自覚はあまりないこともあるので気付かない人もいる。

だが、

何らかの理由で定期的に早く帰らないといけない事情がある人は、昇進が遅れるかまたは昇進できないし、わるくすると退社を勧告されることもある。

無論、それを理由にそうしたことがあれば、問題となるので、表立ってそういうことは行われないが、評価ひとつとして必ず加味される。

どんな場所にも必ず現れて自分の言いたいことを言えたり、どんなに攻撃されても正当な反論をその場でできるのはその人をその地位に留める理由となる。

簡単に言えば、マネージャーになるには、残業を厭わないという姿勢評価され、いつ何時にもどんな場所にも行けることが重視される。

そして、その体力がないまたは健康不安があるというのは、リーダーへの信頼を損ねる。

これを逆手に取ると、精神的、体力的に十分でないマネージャリーダー攻撃するにはその手が使えるということである

何か月もかけて、嫌がらせをし、真実も、嘘も取り混ぜて、悩ませ続けるという手法を続けることで、ほとんどのマネージャリーダーも失脚させられる。

その人は、何か月も続く自分を悩ませる嫌がらせ疲弊し、混乱し、また精神錯乱も起こす事になるだろう。

それを乗り越えられない人が、マネージャリーダー、に居続けられるはずもない。混乱したマネージャリーダーは去るしかないのだ。

それが、嫌がらせが続いた結果だとしても。


そう、これは現政権首相のことである

anond:20180412115819

ずいぶん瑣末なことでしか突っかかれなくなってるんだなぁ

ネトサポ界隈も疲弊が激しいのかな

2018-04-09

フレックス制のほうが辛くない?

自分で行く時間決められるから逆に意志の力必要だと思う

それだけでもう朝疲れちゃうんだけど

あー、もう少し寝てたいなーでも行かなきゃなー、みたいなの毎朝1時間はやってる

まあ、確かに平日に病院行ったり役所行ったり出来るのはいいよ

でもそんなの月に数回でしょ

それよりも意志力疲弊させるデメリットのほうが大きい気がする

2018-04-08

BORUTO見てるんだけどさ

なんで平和世界になったのに火影のナルト不眠不休有給もない超絶ブラック労働疲弊しまくってるんだ。

会社クビになったゲームプログラマーによる銀行強盗とか大企業を僻んだ金融格差是正デモとか起きてて、戦争後の木ノ葉隠れ世界観クソワロタ

子ども子育て支援制度という難題と今後の展望

平成27年度から子ども子育て支援制度が始まった。

就学前のお子さんがいる世帯で、一番気になるのは認可保育所地域型や認定こども園等も含む)への入所が従来とどう変わるかだった。

概観の話をすれば、ほとんど何も変わっていない。

しかし、自治体施設運営している法人個人も含め)には大きな変化が2点あった。

保育所の利用が措置から契約へ変更されたこ

施設への委託費ではなく、児童(の保護者単位での給付費の代理受領となったこ

①については、26年以前は入所選考と言っていたものが、支給認定と利用調整の2つに分かれた。

旧制度では、児童福祉法により、保育園は様々な理由保育所を使う必要がある人に、自治体が「措置」として、保育所に入所させるという形だった。

認可保育所へ入る児童は、全員この形だった)

制度では、子ども子育て支援法により、幼稚園も含めて、保護者支給認定保護者)がどれくらい教育・保育を受ける必要があるのか「支給認定」を自治体申請して、支給認定証を受け取り、各保育所へ申し込み、施設と「契約」する形になった。

しかし、実際には待機児童と呼ばれる保育所に入る必要があるが、入れない児童がいる。

その場合には、自治体は「利用調整」を行える法律になっている。

まり、従来は「措置」で自治体選考基準を決めて、振り分ければよかったものが、全員が入れる前提の制度になったため、「支給認定」のみになったはずが、実際には入れない児童が生まれる現状があるので、「利用調整」を行う必要があるという制度である

大して変わっていないと思うかもしれないが、「支給認定」は幼稚園を使うだけの子どもにも行う必要がある。

それだけでも対象児童が増えた。

従来は「措置」だったので、自治体ごとに基準を設けていた。

また、「支給認定」は法律上の基準等があるが、「利用調整」には法律上の基準がなく、自治体ごとで設定する。

このことにより、「措置時代から使用していた自治体ごとの基準現在の「利用調整)と、「支給認定」の基準にズレが生じた。

これが結構難題で、本来であれば、「支給認定」を基に「利用調整」を行うはずなのに、旧制時代に作ったトリッキー基準を無くすこともできないため、自治体職員が混乱する事態になっている。


②については、自治体施設の双方が疲弊している。

いままでは、入所児童から換算して、自治体から施設運営法人へ概算払いを行い、実際の月別の児童数等を確認(途中入所や退所は自治体でわかる)して、清算する方法一般的だった。

施設職員向けの補助金等も、同様だった。

制度では、入所している児童ごとに給付を行い、それを施設代理受領している方式になった。

(この方式自体は、介護保険制度で行われており、健康保険制度でも一部行われている。)

しかし、そもそも保育所等を運営している法人は、事務職員が少ないため、新制度になって、毎月の給付費の請求事務が発生したため、事務量が増大した。

もちろん自治体職員である

子ども子育て支援制度は、介護保険と異なり、介護報酬にあたる「公定価格」の改定等だけでなく、職員への処遇改善など、様々な給付・補助が多く、また改定されまくるため、毎年、自治体施設職員が混乱している。


上記の2点から、今後の子ども子育て支援制度(いつまで新制度っていうのか謎)は、制度設計の基になったと言われる介護保険制度のようになっていくと思われる。

それは、運営法人の淘汰と大型化である

運営数が多ければ多いほど、②の事務負担を集約化、軽減できる。

今まで以上に、法人間のM&Aが行われていくと思われる。

①については、法人が大型化すると、園の運営効率化を超えて、硬直化したりするので、しょうがい児保育や医療ケア必要児童にとっては、難しい時代になるのかもしれない。

介護保険制度では、各サービスごとの給付だが、保育所では、通常の給付費+αのα部分が少ないため、運営法人としてほ旨みがない。寧ろ医療リスク事故リスクを考えると避けたいのが本音と思われる。

さてはて、これで認可外施設にも保育料無償化を推進したら、どうなることやら…

介護保険に置き換えたら、給付対象外の有料老人ホームに入った人が払う、毎月の施設利用料(家賃)を無料にするということ?

どうやって管理するんだ、これ。

そもそも大企業企業保育所も含めて、認可外保育施設の保育料も無償化という話が出始めてから積極的に認可外保育施設を設置し始めています

企業主導型保育所は、平成30年度時点では、施設種別では認可外保育所です。)

認可外保育所は、認可制度範囲外ですが、逆に言えば自由度が高いとも言えます

世田谷区にあるカドカワの認可外保育所など)

もし、この傾向が顕著になってくると、現在認可外保育所運営している法人は、認可保育所だけでなく、大企業運営する認可外保育所との競争にもさらされます

認可保育所は、ある意味、国の庇護の下ですが、認可外保育所自由競争です。

認可外保育所の動向についても、今後気になるところです。

取り留めもなくてすいません。

2018-04-06

はてな会社員既得権益批判は厳禁である

はてなにおいて会社員とは

「有能なスキルを有しているにもかかわらず無能上司無能で強欲な経営者らによって虐げられてポテンシャルを発揮できずそれどころか満員電車疲弊サービス残業ブラック労働従事させられ景気が回復したのに給与は全く上がらず産休も育休も取得できずに日本死ねと呪うしか他に手段がなくアベ独裁政権の悪政下でアベノミクスまやかしにより税金搾取されて最低の行政サービスしか受けることができず慣れない革靴を履いて足の健康を害したりとてもつらい思いをしている弱者中の弱者

という定義から

元増田みたいにはてなーを「成果を出さずに働きもせずにサボってはてブ休憩を一日5時間取ってダラダラと会社批判して与党批判して意識の高い日々を過ごしまくる既得権益の塊である上級市民」みたいな批判をするのは完全に的外れで周回遅れで愚かで馬鹿すぎる行為であるから厳禁である


以後愼むように

anond:20180405184546

2018-04-02

anond:20180402110910

上層部は売りたいからだろ。でも現場疲弊してる。

神様気取ってないで運送会社を思いやってやればいいんじゃん?

社会助け合い支え合いなんだからさ。

2018-03-31

介護疲れ

介護疲れという状況を初めて認識したのは私が高校生の時、親が近くに一人で住む認知症祖母の面倒を見ていた時。

鈍感で何言われても気にしない省みないような父親が夜うなされていた。

あとキーチVSという漫画認知症の母と息子の話。

徘徊等による症状の対応で職を失い介護につかれた中年男性心中しようとするエピソードがある。

救いようの無い様子が垣間見えて、どこにぶつけていいかからない飲み込めないモヤモヤとした気持ちで胸がいっぱいになった。

それから時間がたち、私は結婚した。

結婚相手精神疾患にかかっている。

元気な時は元気、崩したときは解離を起こしてしま意識はあるが行動を制御できないというもの

それに加えて希死念慮を持ち、何回か企図している。

そんなアラサー

とここまでが自己紹介

今は家族職場など周囲の理解もあってマイナス側ではあるが安定している状況。

元々病気については知っていたため一緒に治しながら生きやす生き方をしていければと思っている。

こんなケースは精神疾患にかかる人が相当数いるこの世の中ではあまり珍しくもないものだと思う。

だけども、だけども周りがうらやましいとも思う。

子供が出来て子育てに大変そうながらも幸せな忙しさに満ち溢れている家庭。

家庭を顧みずやりたい仕事に没頭している人。

ミュージシャン小室さんの騒動があったとき女性問題に注目されて奥さんに対する

不義理話題になった。夫婦間の問題ではあるが私もそれは不義理ではあるなーと思う。

ただ、それほど本人は日々の生活疲弊していたんだろうなと共感する部分がある。

言いたい、吐き出したいことが色々あったはずだがまとまらない。

一つだけ聞きたい。

介護、看病に疲れてる私を見て、別れを進めてくれる人がそれなりにいる。

共倒れになったらそれこそキーチVSの話のように誰も救われないが、介護や看病に疲れ、自分人生を生きるために別れるという人はいるのだろうか。

いるならどのように自分の心に折り合いをつけたのか聞きたい。

2018-03-30

不良を正論で殴って更生するのか問題

まあ普通不良と言ったら鼻つまみ者なので、優しいアドバイスなどしてくれる人などまず見当たらない。

「何を馬鹿なことをやってるんだ!世の中なめてんのか!お前のやってることは完全に間違いだ!謝れ!さっさと過ちをただせ!ちゃんしろ!!」

って感じで、アドバイスだか罵倒だかわかんない言葉を浴びるのが関の山であろう。

ただこういわれてハイそうですか、なんて素直に更生するならはじめからそいつは不良にならないわけで。

キツイ口調で責められても、まったく意に介さないでいられるからこそ不良と呼ばれるわけだ。

からこそ鼻つまみ者となり、救ってやる人間よりも見放す・見捨てる・排除する・攻撃する人間の方が遥かに上回る。

だがただ罵倒混じりの説教で更生が望めるわけがないとは考えれば分かるはず。

悪いところは指摘しながらも、その不良が立ち直って欲しいという気持ちを持って接するからこそ更生の道が拓けるはずだ。

でもやっぱり不良はムカつくしウザいし鼻つまみ者なので擁護する気も起きないし、

できることならさっさと消えていなくなって欲しいという人が大半だろう。

さて、話は急に嫌煙ブームに飛ぶ。

この「不良」という言葉を「喫煙者」に置き換えてみても話は同じことではないだろうか。

なんか最近、不良はどんどん排除すれば良いという雰囲気はてなでもかなり強まっている。

左派的な人権的な思想がつよかったはずのはてなで。

女性とか在日かいわゆる弱者被差別者としてわかりやすアイコンであればみんな擁護はしてくれるのだが、

ひとたび属性がそれ以外――不良、喫煙者キモくてカネのないオッサン、となってくると、

途端に「気に入らないやつは擁護する気にはならない、むしろできればいなくなって欲しい、消えて欲しい、更生とか無理だし」

的な思想蔓延するところが非常に恐ろしい。

究極的に言えば、

今の日本という国が「不良」なんだと思う。

いろんな制度不全をおこしており、矛盾を抱え、疲弊している。

本当はこの国の「更生」を望むべきところなんだけれど、

みんな更生どころか「こんな国は滅んだ方がいい」くらいに思っている。

大丈夫だろうか、これからはてなは。

2018-03-27

処女を捨てた話

投稿

感情のまま脳直で書き殴ってるので、支離滅裂だったり、誤字脱字があったりしても見逃して下さい。

気軽にこう言う事を話せる友人が居ないので、捌け口と、自分気持ちの整理と、今後の反省としてここに書きます

ゆるくアニオタしてる26歳、会社員の女。一般人ぽく見える様に、服とか化粧は気を使ってるつもりで、「パッと見、オタクに見えない」と言われるけど、きっとお世辞。157センチ58キロデブ

過去に長年友人だった気の合う男友達が、名ばかりの彼氏として居たけど、激烈草食系男子で「これは彼氏彼女と言う枠じゃなくても良くない?」と思い交際期間3ヶ月で、3年程前に別れました。(これについては別れを切り出す前に、話し合いをすれば良かったと反省してます。)その後、元職場の人に片思いしましたが、既婚者と言う事もあり諦めて終わりました。

自分自身、思ってる事を口に出すのが苦手で、嫌な事や会社ストレスがあっても、愚痴を聞いてくれた相手自分愚痴で気分を害するのが嫌で、誰にも相談出来ずに貯め込むタイプ人間です。

案の定気持ち不安定になる事も多々あり、私が急に泣き出しても何の理由を聞かずに「大丈夫だよ」と言って頭を撫でてくれる様な、精神的に支えて貰える存在が欲しくてたまらなくなる事があります。書いてて思うけど、本当に自分勝手。

女子校出身、ハマってるアニメジャンル的にも周りは女性ばかり、職場男性が居てもどう話かけたらいいのか、話かけてもどう話を広げたらいいのか分からず、結果微妙空気で終わると言った感じの典型的コミュ障。あと友人から言われた「男に媚びるな」「話が面白くない」「他人に興味がなさそう」って言う何気ない一言も若干トラウマ

そんな感じの私が一番コンプレックスなのが「処女」でした。

胸が大きい事もコンプレックスなのですが、経験人数が多いと思われる事も多々有り、自分の中の自分他人の中の自分が違う事が苦しかったり、オタ友でも既に結婚していたり、彼氏が居たり、過去彼氏が居て処女卒業してる子も居たので、同じ様になれなかった自分がまるで不良品の様に感じてしまって、「私は一体今まで何をやってたんだろう」と惨めで醜い気持ちで一杯になる自分が今でも嫌です。

それでも恋人は作ろうと、マッチングアプリを利用して6、7人くらいの男性リアルで会いましたが、相手からの長いメッセージのやり取りに疲れ、実際に相手に会っても自分が思っている理想女性を演じる事に疲弊し、「ブスが何を良い女気取ってんだよ調子に乗るな気持ち悪い」とセルフツッコミから、結局自分からブロックをしてしまうと言うオチがほぼ大半。

疲れてアプリを退会しては、話相手無性に欲しくなったり、どうしようもなく寂しくて辛い時にまた再開するの繰り返し状態

それでもどうしても処女が捨てたくて、お金を払って捨てようかと調べたり、今は疎遠になってしまってるけど自分処女だと知っている仲の良かった元職場男性に「捨てさせて下さい」と土下座して頼もうかとも迷いましたが、とりあえずこれは最終手段にしようと留まりました。

「次、いいなと思った人に処女を捨てよう」と決め、マッチングアプリをまた再開し、そこで出会ったのが30代後半の塩顔男性でした。

短めの文章メッセージマメに来るし、何よりやり取りをしていて苦じゃないのが好印象でした。

実際に会って、2回飲んで、2回目の時に男性の家に所謂お持ち帰りをされて、しました。

飲んでいる時に以前彼氏が居た事は言いましたが、処女だとは告げておらず、する時も特に申告しませんでした。

たぶん男性も私の反応で、セカンドバージン処女だとは分かってたと思います

はじめてした感想は、「こんなものか」でした。

気持ちよくもなく、痛いだけで、でも頭は妙に冷静で、早く終わればいいのにと言う事しか考えてなかった。

男性がしてくれた行為自体も、性欲処理と言った感じ。

終わった後、幸せ気持ちも、満たされる事もなく、「こんなもんか」って気持しか残らなかった。

この歳になって処女って言うコンプレックスは消えたけど、なんか色々と精神がすり減った感じがした。自業自得です。

友達に話しても一切共感は得られそうにないし、逆に怒られそうなので、ここに投げておきます

2018-03-24

ムービック戦争に敗れた

ソシャゲから2次元アイドルゲームにはまり

初のファンミーティングは倍率も低めとのことで無事チケットを入手できた

そして事前物販

ジャンルにいたときから「某ゲームの物販はひどい」旨のリツイートはよく見かけていて

最近でもグッズの売り方についての学級会が頻繁に開かれていたが

私はそこまでグッズ厨じゃないし、手に入るもの範囲で楽しめばいいんじゃない?などどタカをくくっていた

参戦してみて初めてわかった

TLで手に入れている人がいるのに注文画面にすらたどりつけない脱力

夜中に仮眠をとりながら、手に入れている人がいるのだから、とあきらめずに何度もアタックし、

12時間後、やっと注文ページのかけらにたどりつくがカートに入れられないままタイムアウト

夜に「もう寝る!」と戦線離脱したはずの人が起きぬけに買えた報告をしていて戦意を削られる

めちゃくちゃ文句言ってたくせに、買えたらあっさり「この商品完売してました~☆」みたいなツイートしてくるのもむかつく。

おススメ方法が何通りもリツイートされていたのに、少し仮眠している間にそれすら使えなくなっていた

一番腹が立つのは、買えなかったものは事前物販で買います~わー買えるかな…(汗)的なツイート

私は遠方なので、事前物販には行けない。

事前通販が唯一の頼みなのに、事前物販に行ける関東圏の人が買えるものだけ先に買っておこうと殺到して弾かれて憎しみすら湧いた

本来は、十分な在庫や受注生産にしなかった主催側に問題があるのだろうが、

恨みはどうしても、ほかに買えるチャンスがあるくせに欲張って事前通販にまで参戦してくる都市圏民に向かってしまうのはどうしようもない

これまで、事前物販も焼野原だったと聞くので、事前通販ももれなく参加するのはわかる、わかるんだけど恨んでしま

このジャンルが好きになって日が浅いのに、グッズをめぐる争いで早速疲弊してヘイトが沸いてしまった

まあ、噂通りのジャンルでしたわ

ペンラないけど推しカラーライブ参戦はするけどやっぱりペンラ持っている人をみると複雑なんだろうなー

はー今から気が重い

チケット当たったときあんなに楽しみだったのに

嫌いになりたくないからグッズ類は敢えて追わないようにしていたのに、事前通販からと軽い気持ちで参戦してしまって後悔している

くるしいくるしい。

しばらくは歌も聞きたくないな。あ、でもイベント中だった。

2018-03-22

傍観を決め込むのが1番

争いは自分被害が及ばないならどちら側にもつかないに限る。

もういろいろな議論を見てきて疲れた

痴漢、森友、原発フェミダイバーシティ労働問題…。

各所で議論がなされているが、個人的には「どっちもどっち」って感じ。

なぜこうした結論に至るかというと、情報過多で正しい取捨選択ができず、疲弊たから。

データにも結論ありきの恣意的統計散見されるし、感情論はその当人が思うことで反論のしようが無いし、もう何が正しくて何が間違っているか判断するのに疲れた

もう勝った方が正義いいんじゃないの。

2018-03-21

[]ホットエントリになったエントリはどれだけの時間新着エントリに居たのか

以前、新着エントリの流れが早すぎて見た覚えがないエントリホットエントリになっていることがあるというようなことを書いてた増田がいたけれど、実際どれくらいの時間で新着エントリを駆け抜けていくか確認してみた。

2018年3月19日ホットエントリがどれだけの時間新着エントリリストに滞留したか

新着エントリ滞留時間エントリタイトルドメイン到達ブクマ数(21日23時台)
0Gaijin Engineer in Tokyo – Alejandro Wainzinger – Mediummedium.com1174
0事実にはオチも救いもないけれど、これが地方移住で受けた性被害現実です。|さとうひより|notenote.mu604
0形態素解析ツール比較 (NLP2018) - Qiitaqiita.com382
0修学旅行あるあるの『おみやげの剣』は日本以外にもあった!→どうやら世界各地にあるらしい - Togettertogetter.com145
0.3大戦機なぜ米では現役? 戦後70有余年、いまだムスタングなどが普通に飛んでいるワケ (乗りものニュース) - Yahoo!ニュースheadlines.yahoo.co.jp170
0.3統計検定を理解せずに使っている人のために IIwww.jstage.jst.go.jp564
0.5普通に勝てばいいのに」羽生竜王、優位な場面で悪手を指したと思いきや、結果的に最短で勝つ手筋だったことに手首を壊される実況民 - Togettertogetter.com436
0.5内閣支持率31%、第2次政権以降で最低 朝日世論調査朝日新聞デジタルwww.asahi.com185
0.5貴乃花部屋貴公俊付け人を殴打 顔腫れ、血だらだら:朝日新聞デジタルwww.asahi.com311
0.5中田ヤスタカが言う「全業界に言える、理想的プロ必要な力」www.buzzfeed.com607
0.8田端信太郎氏による「#ZOZOTOWN春の乞食祭り」が開催される - Hagex-day infohagex.hatenadiary.jp575
1青春モノを中年アングルで楽しんでいる自分に気づいた - シロクマの屑籠p-shirokuma.hatenadiary.com140
1Announcing gRPC Support in NGINX - NGINXwww.nginx.com338
1.2ブログ投稿前の文章チェックに、無料アプリtextlint-appが便利です - LOGzeudonblog.rokuzeudon.com186
1.2本社世論調査内閣支持率33% 前回比12ポイント減 - 毎日新聞mainichi.jp321
1.3バーチャルYouTuber800人全員を追う本物の男に聞く、最近バーチャルYouTuber事情 (1/5) - ねとらぼnlab.itmedia.co.jp486
1.3キズナアイ:人気バーチャルYouTuber声優初挑戦 テレビアニメ魔法少女サイト」 - MANTANWEBまんたんウェブmantan-web.jp169
1.5情報を最速で伝える岡三マン政治的発言ノイズ増加が市場参加者に不評 : 市況かぶ全力2階建kabumatome.doorblog.jp220
1.5間中学語る会に前川氏 セーラー服歌人と「学び」語る:朝日新聞デジタルwww.asahi.com96
1.5テニス 大坂なおみが初優勝 四大大会に次ぐ大会日本勢初 | NHKニュースwww3.nhk.or.jp189
1.7悲報ヴォイニッチ手稿暗号でも何でもなく単に発音表記してただけっぽい | JOY NEWSlivdir.com247
1.7関西弁の人ってやるかやらないかは置いといてanond.hatelabo.jp315
1.7Seiyuu Has A Mouth, and Seiyuu Must Eat Screamingly. – Watch. Fap. Improve.qazzaqxswwsx.wordpress.com677
1.8染色体異常確定で中絶が98% 新型出生前検査NHKニュースwww3.nhk.or.jp550
2今日、俺の好きなソシャゲサービス終了するanond.hatelabo.jp168
2.510話くらいになるとアニメを見るテンションが落ちるanond.hatelabo.jp104
2.5人気テレビ番組制作会社対応パワハラのようで理解できない - GIGAZINEgigazine.net195
2.5バイオレンス感満点の「グランド・セフト・オート」を2カ月間プレイしても人は暴力的にならなかったことが判明 - GIGAZINEgigazine.net98
2.5形が悪いなどの理由で捨てられていた野菜をシート状にした「野菜シート」が栄養たっぷり保存食としても有用 ディストピア飯にも - Togettertogetter.com800
2.7KaggleのCTR予測コンペで上位10%に入るまでの試行錯誤 - yasuhisa's blogwww.yasuhisay.info222
2.748年ぶり公開「太陽の塔」内部を撮影したムービーまとめ - GIGAZINEgigazine.net235
2.7スーパー警備員への言いがかり的なクレームと、それに対する他のお客様の声話題に「まるでツイッター」 - Togettertogetter.com184
2.7Wikipediaで「ヒト」を象徴する画像が、タイの男女に決まるまで──5年の激論を経て選ばれた「1枚」の物語WIRED.jpwired.jp386
2.8安倍内閣支持率第2次安倍政権で3度目の40%割れと4度目のデッドクロスが決定的に : 市況かぶ全力2階建kabumatome.doorblog.jp109
2.8CNN.co.jp : 1週間無休のパン屋罰金、「働き過ぎ」で フランスwww.cnn.co.jp430
3ホッテントリ毎日読み漁る彼氏に届けanond.hatelabo.jp214
3AI」すごいぜ! メールから自動請求書作成にノンプログラミングでチャレンジした話【イニシャルB】 - INTERNET Watchinternet.watch.impress.co.jp333
3.5遠子先輩さんのツイート: ""【産経新聞ってときどきバカになるよね】バカって言うか反安倍派?日頃、保守派から評価されてるのに、こういうたった一つのバカ記事で信頼を失うってモッタtwitter.com158
3.824時間365日対応しろ?『かかりつけ薬剤師制度はやっぱり異常だよ - ゆとりずむwww.yutorism.jp139
3.8感情労働>「心の切り売り」で疲弊する人たち (毎日新聞) - Yahoo!ニュースheadlines.yahoo.co.jp520
3.8石破氏、文科省に苦言「そんなことやり始めたら…」 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュースheadlines.yahoo.co.jp157
4.3来月誕生日なんでプチ豪華な食事をしてみたいanond.hatelabo.jp167
4.3「いい作品勝手に伸びない」という話|華若葉notenote.mu200
4.51型糖尿病:打ち切られた障害年金 「社会保障のための増税」なんてウソっぱちだ! - 毎日新聞mainichi.jp247
4.8DockerでXサーバを動かしてGUIを直接表示する - くんすとの備忘録www.kunst1080.net332
5.7誰の一番にもなれないanond.hatelabo.jp561
5.7太陽の塔」内部が48年ぶりに公開されるので見に行ってきましたフォトレポート - GIGAZINEgigazine.net235
6.3すべてをjsにまとめる思想理解する - webpackハンズオンシリーズ|こんぴゅ|notenote.mu380
7.8奥さんが会社行った後、 いつもの休日の様にベッドで転寝してたら、 布団の..anond.hatelabo.jp222

滞留時間は正確さに自信無し。18日から19日の新着エントリ10分おきに監視

新着エントリリスト0時間ホットエントリになった理由はわからない。数分で新着エントリを通過した可能性もあるし、ファーストブクマされた時期が過去過ぎて新着エントリにならなかった可能性もある。

新着エントリリストに載ったり落ちたりを繰り返すことが多いようだ。落ちていた時間差し引いた時間を集計。

2018年3月22日はてブリニューアル前のデータ

2018-03-20

出版業界はもう終わっている

これは出版業に隣接する場所で働く人間にはこう見ているという話だ。出版業は苦境に立たされている、新しい売り方を模索せねば、という声が聞こえてくるが、いや、苦境どころじゃなくてもう終わっているよなーと素直に思う。

編集者はいつ会っても疲弊している。ノルマに追われ、考える時間がない。著者を見つけ、本を作っても、宣伝費がないので売る方法がない。ノルマがあるので完成したらすぐ次の本に取り掛からなきゃいけない。同時並行でやっているので、一冊に力をかけることもできないし、完成したら販売に力を入れることもできない。結果、作ったらあとは放置。売れてくれたらラッキー。そのぐらいの気持ちでやっている。

宣伝費がかけられないので、少しでも売れる確率をあげたければ、すでにファンがいる人間にあたらなきゃいけなくなる。なので、ツイッターフォロワーが多い人間ブログが少しでもバズった人間に声をかける。だから、今はネットちょっとでもバズると、すぐに出版の声がかかる。今やネットで人気のある人が毎月のように本を出す。フォロワーに対して「なんと本を書きました!」と報告する。初版は6000部。編集者からは「普通もっと少ないんですけど、フォロワーが多いので増やしました」と言われている。「うちは新人印税は7%なんですよ……」と申し訳なさそうに言う。ツイッタラーは一生で初めての出版なので、舞い上がり、少ない報酬でも睡眠時間を削って書く。だから出版を報告するのは一世一代のことだし、売れてくれと願っている。だけど、出版社はそうじゃない。出版社は現実を知っていて、売れないことを見込んでいる。フォロワーたちが買って、万が一にもヒットしたらいいと考えている。

売れないことがもはや当たり前なので、本を出してそれが売れなくても、気にしない。というか、気にする余裕がない。次の本を完成させなきゃいけないのだ。売れないことで凹んだりはしない。だけど、著者は違う。報告ツイートは「いいね!」されたけど、レビューもそんなにつかず、ツイッター感想もあまりつぶやかれず、「これでほかの出版からも依頼があるかも」と期待していたけど何もなく、「あれ?」と思っているあいだに、ビックリするほど静かに時間が過ぎていく。そして、また別のツイッタラーが「本を出しました!」と報告する。

そこで出るツイッタラーの本も通り一遍ものだ。生い立ちを語り、私はこうやって成功しました、と成功談をつづる。ちょっとツイッターでバズったぐらいの人間が、ものすごい人生を送っているわけでもない。文章がすごいわけでもない。だから、どこかで見たありがちな内容になって、売れない。

本はビックリするほどたくさん出ていて、そしてビックリするほど売れない。

本屋に行けば、いつも同じ本が並んでいる。「自由に生きよう」「夢を諦めるな」「こうすれば上手くいく」同じような内容を著者を変え、毎日出している。どれかが万が一にもヒットしてくれたらいいと思いながら。

小説はどれも内容違うじゃないか、と言われるかもしれない。だけど、小説はもう本当に売れない。書くのに2年かかって部数は4000部。特に宣伝もされずに一部の書店に一週間ほど置かれてなくなっていく。そして、売れなかったことを理由次回作は出ない。

じゃあ、売れる本は何なのか、というと、偶然としか言えない。たまたまタイトルが時流に合っていた、たまたま表紙がキャッチーだった、たまたま部数が多く出て書店での露出が多かった──これらの偶然が重なって発売数日、書店での売れ行きがいい。すると、出版社は「おっ」と思い、「じゃあ新聞広告出すか」とここでやっと宣伝することを考え始める。宣伝するとそれなりに売れる。だから増刷をする。すると、書店で目につきやすくなるので、また売れる。その売上を見て、また広告を入れる。すると、また売れる。一度売れだすとこういう循環が回り出す。

じゃあ、最初から部数を多くして、宣伝をしていけばいいじゃないか、と思うかもしれない。だけど、そんなことは怖くてできない。すでに数字がないと営業宣伝を説得できない。

こんな構造ができあがっているので、いい本はできないし、著者の期待は裏切っていく。似たような本しかないので読者も離れていく。これはもう「構造改革」でなんとかなる話ではなく、すでに業界が瓦解していると思う。

決心がにぶる

もうすぐ35になるおっさんである。未婚であり、婚活結婚話題である

学生の頃から、好きだと言った人に振られた記憶しかない。

仕事をするようになって、職場ちょっと仲良くなった人をお茶に誘うとか、土日に地域趣味サークルに参加するとか、

土日のイベントに参加するとか、そういう場所で知り合った人で(仲良くなった人に)知り合いを紹介してもらえないか交渉してみるとか、

いろいろ"自然に"出会えるようにしてみたがまったくお付き合いだ恋愛だということにならずに気づいたら時間が過ぎていた。

婚活アプリだとか相談所は、"自然"ではないと思っていたがいい加減もう我慢できないと登録しようと思ったもの

"自然でない"という同意見を見てしまい決心がにぶっている。

人にはそれぞれのしあわせがあり、アプリなり相談所なりで出会ってしあわせに暮らしている人たちもいるのだろう。

しかし、今の私が"自然"にこだわっている限り、出会いを後ろめたいものと思っている限りしあわせではないのではないか

と思うのだが、人生で最も若いのは今この瞬間である。やりたいことをやるしかない、と鈍った決心を研ぎ澄ます

となっても、思い返しているとそもそも好きな女性に好かれたいと行動しながら20年くらい過ぎて、今や学習性無気力のような、

もうダメなんじゃないかという漠たる不安がまとわりついてしまっている。

こうなってはもはや一人で生きていく覚悟をするべきなのかもしれないなあ、とも思う。

なのに今日もまた友人の結婚の報を聞き、お祝いをした。妬むような気持ちもまったく湧かなかったが

自身のふがいなさのようなやるせなさが募ってしまった。こうなると一人で生きていく決心もまたにぶってしまう。

不機嫌になっている人間に人を紹介する人もいないだろうとなるべくニコニコとしているつもりであったが、

心のほうが疲弊してきているのかニコニコとしている自分であり続けようとする決心もにぶる。

ぐるぐると、ぐるぐると回って、ゆらゆらと揺らいでいる。にぶっている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん