「疲弊」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 疲弊とは

2019-02-15

うわっ労働者賃金高すぎ!?を解決するはあちゅう奴隷化メソッド

ブラック企業経営している皆さん、こんにちは

従業員から搾取してますか?MeToo最低賃金、高すぎますよね。

交通費の定額化、タイムカード操作名ばかり管理職化、30分単位計算時間カット

そんな従来型の搾取(搾取1.0)では、様々な策を駆使しても、共○党や活動家に阻まれしまう。

そんなイタチごっこ疲弊して、ついつい賃金を払ってラクしていませんか?

私も数年前まではこの「最低賃金の壁」に阻まれ

言われるがままに法外な賃金労働者に納め、経営に苦しんでいました。

中国ロシア北朝鮮といった先進国では「搾取存在しない」が当然の常識なのに、

日本の古臭い労働者保護政策の前では通用しない。世界トレンドから取り残されていますよね。

しかし、もし仮にですよ、ずばりゼロ円で労働者を働かせる方法があるとしたら?

そんな夢のような方法が「オンラインサロン」という看板を掲げることで実現可能なんです。

私が発見し「はあちゅう奴隷化メソッド」と名付けました。

労働基準法第5条には「労働者意思に反して労働強制してはならない」とあります

まり、自らの意思で参加させる仕組みさえ作れば、合法だと認められているのです。

そもそも労働という概念が無いか労働基準法適用されない、

宗教マルチ商法社会主義ハイブリッドで編成された完全合法の最強メソッドなのです。

みんな好きでサロンに入り、好きなことできてかつ色々学べるんだから報酬でも問題ない。

そもそもオンラインサロンってそういう仕組みだから、わかってる人が入るもの

これで活動家批判も完全論破可能です。そういうことだよー。

私自身もこのノウハウを活かして、2018年には従業員賃金ゼロ化を達成。

一人あたりの年収を年間160万円もカットできましたので、効果実証済です。

最強ノウハウの全てを一冊にまとめた「はあちゅう奴隷制合法メソッド」。

ブラック企業経営者すべてに知って欲しいので、今回、特別に30万円で提供させていただきます

最低賃金を払い続けることで経営者の皆さんが失っている余計なコスト

月に数百万円にもなります。それがこの最強メソッドゼロになるのです。

しかに30万円は安い金額ではありませんが、一日にコーヒー1杯分の出費で人件費ゼロに。

この価格は、むしろお得すぎると思いませんか?

さぁ、実践するならキャンペーン間中の今です。数には限りがございます

みんな、この最強の方法を知っても、まだ労働基準法で消耗してんの?

MVP制度と褒め合いでモチキープ法

・信頼を裏切れない空気感の作り方

・共同経営者の経歴詐称がバレた時はこうシラを切ろう

論破されたら弱者カードをちらつかせよう

マイノリティアピールに使える結婚相手の選び方

ネットで実情が知られても退会しない「真のバカ」の見つけ方

といった最強のノウハウが1冊に凝縮された最高のメソッドを駆使し

最低賃金どころか刑務所をも下回る賃金ブレイクスルーで「最低の向こう側」へ。

稼ぐための仕組みを根底から覆す「搾取2.0」の時代を一緒に創りましょう。

2019-02-14

[] #69-10愚者自覚

俺たちはミミセンの助言をもとに、『新・イジメ対策プログラム』について調べることにした。

「うげえ、すごい量だな」

タオナケの母がPTA関係者だったこともあり、資料はすぐに手に入った。

「僕たちの使っている教科書より分厚いね

これを先生たちは従来の仕事をしつつ読み込んでいるわけか。

想像するだけで吐きそうだ。

「分担して読んでいこう」

そうして資料を読んでいくと改めて分かったけど、プログラムの内容は予想以上にお粗末だった。

まるで夏休み最後の日にやった自由研究みたいだ。

イジメのケース、イジメに繋がりそうなことを箇条書きでびっしり

少しでも怪しいと思えば即やめさせて厳重注意義務付け。

とにかく、「ここまで徹底すればイジメはなくなるだろう」と片っ端から対策する感じだ。

「徹底している」と言えば聞こえはいいけど、実際は排水口に蓋をしているのと大して変わらない。

それに加え、合間合間に野暮ったい説教が挟まっていて、こちらの理性を奪っていく内容なのもキツい。

こんなのをマジになって読んでいたら、そりゃあ頭もおかしくなるだろう。

ルビイ先生の件を考えても、このプログラムは欠陥だらけといえる。

「よし、分かったぞ!」

ミミセンはその隙を見逃さず、一つの解にたどり着いた。

「このプログラム、どうやら僕たちの学校で作られている。使われているのもこの学校だけだ」

「つまり……?」

「このプログラムに直接割り込む。その余地は大いにある」


…………

その日の夜更け、俺たちは学校に忍び込んだ。

警備員だけど、いま3階に向かったわ。2階には当分こない」

「ルビイ先生は? 確か宿直やらされてただろ」

先生だけど、布団に入って眠ってしまったわ」

「疲れてんだな……まあ、動きやすくなるし好都合だ」

「よし、開けてくれ。ドッペル」

仲間の一人であるドッペルは隠密行動に優れる。

特に変装骨身に染みていて、俺たちですら元の姿がどんなのかは自信がない。

そんなドッペルなら、関係者を装って鍵を拝借することも可能なのさ。

「ど、どうぞ」

こうして俺たちはパソコン室、その奥にある部屋に入った。

そこに設置された、大人けが使えるメインコピューター目的だ。

「よし、ミミセン。パスワードを頼む」

「任せて。『P』、『A』、『S』、『S』、『W』、『O』、『R』、『D』……よし、開いたよ」

これでプログラムは俺たちの手の平だ。

「さあて、どうしてやろうか」

なんて如何にもなセリフを口走ってみたが、既にやることは決めている。

結局のところ、イジメのものを失くすことが、この『新・イジメ対策プログラム』を壊すベスト方法なんだ。

から、このプログラムを逆に利用して、そのことを大人たちに分からせてやろう。


…………

俺たちは『新・イジメ対策プログラム』の内容を“ちょっとだけ修正”した。

それから程なくして、この学校からイジメはなくなり、。プログラムは“見直し”という事実上廃止が決定されたんだ。

これにより肩の荷が下りたルビイ先生は以前の調子を取り戻した。

今回の件に関わっていた大人たちまで、まるで憑き物が落ちたように元に戻ったらしい。

「ルビイ先生、今回の件は本当にすみませんでした。あのプログラムが取り下げられて、自分たちも我に返りましたよ」

「仕方ありません。心身共に疲弊やす職業です。魔がさしてしまうこともあるでしょう。イジメは全ての社会に付きまとう問題で、大人ですらそれを忘れてしまうことも珍しくありません」

「いや、我々のやっていたことは別にイジメってわけではないと思いますが。とはいえ常に可能性は考えておくべきなのは大事でしょうね」

「……まあ、今回は“そういうこと”でもいいでしょう」


====

「……というわけで、俺たちの学校からイジメはなくなったってわけさ」

俺は自慢げに、兄貴にその話をした。

「ふーん……そりゃすごい。ノーベル平和賞として、はちみつきんかんのど飴を進呈しよう」

だけど反応はイマイチ薄くて、褒めてはいるけど気持ちはまるで入ってない。

俺の話を信じていないのか、あんまり興味がないのか、学校課題で忙しいからなのか。

のど飴欲しさにウソを言っていると思っているようだ。

「なんだよ兄貴、その反応。もっと何かあるだろ」

「欲しがりだな……じゃあ、一つだけ聞こうか」

リアクションに納得のいかない俺に、兄貴は渋々といった感じで質問をした。

「お前たちが“どのような修正をしたのか”……そこを説明していないぞ」

ああー、確かに説明するのを忘れていた。

「聞いて驚くなよ? ズバリ……プログラムからイジメって言葉を消した』のさ!」

「……は?」

兄貴ですら予想外だったらしく、呆気にとられている。

まあ自分で言うのもなんだけど、とても画期的方法からな。

「みんな『イジメ』って言葉があるから過剰反応して、物事を冷静に見れなくなる。つまりイジメ』って言葉を使わなければいいんだよ。だからプログラムからその言葉を全部消して、他の適当言葉で補った」

これが俺の見つけた、イジメを失くす方法

『新・対策プログラム』だ!

「……なあ、それってイジメを別の言葉に置き換えただけで、イジメのものは無くなってないんじゃないか

兄貴、何言ってんだよ。イジメって言葉を無くせば、イジメだと思わなくなるってことだからイジメもなくなるんだよ」

そう力説したけど、兄貴はずっと冷めた態度だった。

はいはい、分かった分かった。弟の成長を実感できて、兄の俺も鼻が高いよ。のど飴全部やるから黙ってろ」

どうやらこの方法世界に浸透するのは、もうしばらく先になりそうだ。

(おわり)

2019-02-09

anond:20190209150320

ほとんど伸びてないからその他みたいなジャンルにぶち込んどくんが正解だとはおもう。

そうすりゃ他のやつにまずランキングで勝てないから出てこない。

そもそもyoutubeは視聴履歴対応してのおすすめが優れている。ランキングでいいものを見つけるという時代がもう終わったのだと思う。

仮に中韓ヘイト政治ホモランキングから消え去ったとしても、ランキングシステムではyoutubeにはもう勝てない。

検索で、見る奴が望むものマッチするのにとことん特化したgoogleにどうやって勝てるのか?

そもそも日本計算機科学論文数が世界20位(ちなみにyoutubeアメリカ1位、ビリビリ中国2位)という散々たる状況でどうやって見る奴にマッチするようなシステムを作れるのか?

新自由主義で、大学疲弊させて、基礎研究ボコボコになってるつけが日本動画サイトニコニコに影を落としているとも感じられる。

まあ、顧客マッチなんてニコニコ微塵も考えてないだろうけどな。

anond:20190208154907

プレミアムへの差別化が「機能の追加」ではなく、一般会員への「機能制限である点。

無料体制YouTubeは「どうぞご覧ください(ただし広告は見てもらいます)」なのに対して、ニコ動は「月額料金支払わない? あなたは下級民です」であり、ときには「お帰りください」である

動画作成者の囲い込みが下手

ニコ動はいろいろな有名投稿主や生主運営に囲われ、「公式化」させられる。ニコ動の「主」という存在、その存在への感覚は「Tuber」とは異なり、そもそもニコ動の成立過程からアマチュアっぽさ」が求められる。「公式化」はそれを無価値にさせるものであり、奴隷化陳腐化に映ってしまいがち。

公式生放送TV

公式生放送テーブルに組まれて定期的に配信されるため、TVと同等の配信形式となっている。これが「生放送をオンタイムで見られる」というメリットより、「気が向いたときに見られるというネット性をわざわざ損なわされている」というデメリットに感じられる。人気の生放送では一般会員が蹴り出される「下級民扱い」とのコンボ効果的にはたらいている。

ガラパゴス化

日本独自サービスであることがメリットであると感じられるより、「日本のものしかない」というデメリットに感じられてしまう。また「動画投稿サービスとしての合理性」より、「独自性」や「サイト運営会社の存続」が主点に置かれた「ガラパゴス化」された仕様により、動画制作者が疲弊する。

バラマキ

一般会員でもニコ広告の配布など、「ニコ動の反映に貢献しろ」という本営からのお達しが定期的にあり、公式化への加担を強調される。

・金払いが悪い

ニコ動動画制作者へのサポートがなっていないため、仕事として収入を考えるとYouTubeに流れてしまう。

もともと俺はゲーム実況系の動画をメインで見てるんだけど、いわゆるeSports系のゲームタイトルに手を出すと生放送Twitchに流れがち。Twitchの「お前日本人?ふーん」感と日本コミュニティ英語ネイティブコミュニティより活発でないというデメリットより、ニコ動の「さびれ」感のデメリットのほうがずっと大きく感じられて、昔馴染みの配信者がきまぐれにニコ生するときに行くくらいになってしまった。まあ俺はおっさんなので「新しい配信者」を探す気力には乏しくなってきたが、それでもニコ生の配信者を新しく開拓しようという気概はもはやゼロと言って等しい。

ニコ生では「枠」として30分制限をずっとしてて、それを解消するのも遅かったね。

かいところでは、アプリ連携や有料アニメなどの「付加価値」に重きを置く形態が「昔は違法アニメアップロードサイトだったくせに」という意識拍車をかけるのもある。おっさんからね。

もはや「ニコ生」「ニコ動」というブランド名田舎臭さ、泥臭さが漂うようになってしまった。もちろんTuberはTuberで地獄でもあるんだろうけどさ。Googleシンプルなんだよ。そこをつらまえると「ニコニコ日本企業として判断の遅さ、付加価値への信仰を捨てられない時代遅れサービス」としてのシャッター街のような侘しさすら感じさせる。

俺はゆっくり実況も好きで、SCP解説系とかは未だに見てるけどね。専ブラで見るのが好きなので、今はMnMnってヤツ使ったり。

動画見る上で俺は「川上量生がどうこう」みたいに運営者を追ったりしないのでよくわからんが、体制変えない限り「二流感」はそうそ払拭できないだろうな、って思う。

6年お世話になった某NTT事業会社を辞めました。

2012年大学卒業し、新卒入社した某NTT事業会社最近退職しました。

そこでは同期や先輩や後輩や上司に恵まれ、良い経験ができたなぁというのが正直なところです。

NTT関連の退職エントリーについては「またそのネタかよ」って思う人もいるかと思うが、まぁお付き合いください。

辞めた理由

辞めた理由は単純に別の業種であるウェブ系のメディアで働いてみたくなったから。

しかもそこそこ大きめのメディアがあるとこを希望していて、そういうプロダクトは前の会社には無かったため思い切って退職しました。

もう一つの理由としては業界全体として人材が流動的になり転職やすくなったというのもあります

これを書いた理由

基本的に僕自身はそこまで不満はなく、「なんとなく」今までいた派なのですが、

優秀な若手が悪い大人に騙されて無駄なことをやらされて、若い時間を消費させられてる話を聞くと可愛そうだなぁと、

それが外圧で少しでも救われるといいなぁ、かつ騙される若者が少しでも減るといいなぁと思い今回退職エントリーを書きました。

(中にいるときに頑張ってあげろよって言われるかもしれませんが、それはその通りでそれは申し訳なかったなぁと反省しております。。。)

騙されるとは?

おそらくNTT事業会社近辺で言える事だが、ここ最近ソフトウェア開発経験があったり、その方面活躍している優秀な若手をバンバン採用している。

しかし、そういう若手に適した現場がいっぱいあるという触れ込みで採用しているもの実態そんな現場ほとんどない。

かつ、人事的や環境なところもソフトウェア開発する人に適したものでは決してない。

この辺の問題はもう少し項目を分けて説明します。

人事・給与面の問題

詳しい説明はしないが基本ソフトウェア開発というのは製造業的なエンジニアリングに比べて各々の成果にバラツキが生まれやすい。

バラツキのある成果に対して弾力のある人事評価とそれに紐づいた給与付与えるべきであるのに、新人という事だけで出した成果に関わらず半自動的に「平均的な評価」が与えられる。

ここでいう「平均的な評価」というのは「毎日会社に来て、服着て、椅子に座ってさえいればもらえる平均的な評価」の事である

環境面(人)

まずソフトウェア開発に理解がある上司ほとんどいない。

理解がないため、「とりあえず新人なんだからしろ」みたいな画一的兵隊を生み出すための言葉しか喋れない。

(画一致的な兵隊ソフトウェア開発において生産性を上げるのは難しいというのはわざわざ説明するほどの事ではないと思う。)

そして生産性がないことをやらされ続けた若手は疲弊し、絶望し、結果転職していく。

ちなみに生産性を上げるための努力を全くしないソリティアおじさんは、彼らより良い給料をもらって、服を着て、ただ椅子を温めているだけである

環境面(設備・道具など)

社員生産性を上げるためにどうするべきかを真剣的に考えてくれる総務がほとんどいないので、

必然的に用意される物・道具類は総じてあれな感じのものが多い。

最近話題だが、利便性とか機能性とかは特に気にせず机の上が綺麗する施策を進めているらしい。

ここまでいくと何か違う世界線に生きてる感じがする。

まとめ

色んな現場があるので、ソフトウェア開発が絶対できないとは言わないが、平均点は総じて低いのであまりおめしない。

ただし、インフラ関係特にネットワーク関連については優秀な人が多く大きいプロジェクトに関われる機会があって比較的良い方だと思う。

NTTに関わらず今の会社疲弊している若い人たちへ

わず転職活動を始めるか、それに向かった準備を始めた方がいいと思う。

今の世の中にはもっと良い会社いっぱいあると思し、頑張って!

じゃあの

2019-02-08

大体女は社会進出して男がどれくらい社会疲弊してるか理解したはずなのに

なぜ尚家事やらせようとするのか。家政婦雇えよ

anond:20190207004137

家族メンヘラ発達障害で困ってるとか声高にSNSで発信してる奴の中にもこういう類はたくさんいそう。

「頭おかしい扱いされてる奴じゃなくて周りに問題があるんじゃないか?」って意見は、

疲弊してる人に鞭打つ行為だとタブー視されがちだが、

果たしてそれで無視していいものなんだろうか。

2019-02-06

え?!アジャイルサムライを読んだだけの経験アジャイルコーチを?

いやこいつ(課長)は支援案件取れるとなるとすぐムキになるんだよ。すまんこいつにかわってあやまる!!

とある大手SI技術部署ダメ社員をやっていた私に突如、そんな話が舞い込んできた。

コーチを依頼してきたのははどことは言わないが有名なインフラ企業である

私はウォーターフォールの開発しか経験がない。

週次勉強会ネタに困り「アジャイルサムライ」の要約を話したのが良くなかったか

話を聞けば、すでにアジャイル開発をはじめて数年のアジャイルチームで

ツール群もモダンものを一通り使っている。

私に何ができるというのか。

役立たずとして白い目で見られる一ヶ月になることを覚悟しつつ、その日から数日間頑張って詰め込んだだけの知識現場に向かった。

できらぁ!

実際に現場行って、状態把握と勉強する時間稼ぎのつもりでバリュストリームマッピング現場いく直前にネットでやり方を調べた)やってみたら

実際の開発以外にかかっている稼働がそれはもうとんでもないことになっていることがわかった。

「多分いろいろ非効率だとおもうんですよぉ」とか軽口叩いてたインフラ企業プロパーさんも顔面蒼白になるレベルだった。

結果、アジャイル開発と言われてイメージするような技術的なかっこいいことはまったくせず、

プロセスの整理と準備をちょいと自動化しただけで1スプリントあたり1日分(*メンバー人数分の人日)以上稼働が減った。

金額にしたらxxxxである。今後、さらにこの倍以上は削減できる見込みだ。

少々居心地が悪くなるレベル感謝をされつつ、私は現場を離れた。

下手したら、これがエンジニア人生最大の成果ということになってしまうんだろうか。

ちなみに、実際に開発されているエンジニアレベル日本ITエンジニアとしては並か、それよりやや上レベルであったと思う。

開発を依頼していた大手インフラ社員さん(PO)も、メモリ2GBの仮想マシンを使えなどと言わず、高性能マシンAWS使い放題と言っていい環境だった。

それでこれだ。なんというか、闇の深さを感じる。スクラムメンバーの皆さん、ホント疲弊してたんだな。

おわりに

働けど働けど我が暮らし楽にならないときは足元見直すといいかもしれないですね。

私も気をつけます。

楽しみな行事の準備で疲弊しきる

今日はすこぶる精神が安定している。つい先日仲の良い友人たちとのパーティーを無事に終えたからだ。

当日までメンタルをぐずぐずに持ち崩し、人を呼べる家の維持とパーティーの準備以外何も手につかず、毎日見ていたツイッターも開かず、仕事中も謎の焦りに苛まれていた。同人誌原稿が無い時期で良かったと心から思う。友人やパーティー憂鬱だったのではない。むしろすごく楽しみだった。私の作るごはんが好きだと言ってくれる友人に何を食べさせようか、好物やアレルギーを聞いて、かわいい紙皿を買ってきて、当日までに済ませておくことを何度もシミュレートした。そう、楽しみにし過ぎたのだ。

これまでひとつのことにのめり込むとそれ以外のパフォーマンスが著しく落ちることは何度もあり、今回も間違いなくそパターンだと分かっていた。これどうすればコントロールできるのかな。

こういうことがある度に、診断は受けていないがADHD傾向があるんだろうなとうっすら感じながら生きている。傾向はあるが診断は降りないくらいの位置にいるんだろうな、とも思う(社会的に大きな不都合はなく過ごせているので)。

こういう傾向、個性があるものとして折り合いをつけていくしかないんだろう。

こんなこと匿名で書いているのは見栄っ張りだからだ。私はとっても優しくて、真面目で、悩みの無い人だと思われながら生きていたい。

まずはおうちパーティーに慣れて手の抜きかたを覚えなければ。そう思って友人を誘ったところだ。

2019-02-04

野田市というところ

千葉県の1番端っこ、埼玉茨城に挟まれたにある。

キッコーマン醤油で有名。

県内の他の自治体との違いといえば、あるときワンマン市長が「うちは学力向上で、土曜授業やる!」って言い出した。

今は、月2回くらい、小学校中学校で土曜授業やっている。

といっても、習い事スポーツ少年団とかで休む子供もいるので授業は先に進まない。プリント自習して丸つけしてもらったりして、お昼で帰る。(小学校場合)

教員だって、土曜に自分の家のことやら何やらをしなくてはいけない日もあるから教員シフトを組んで、毎回臨時時間割みたいなのを組む。その作業に疲れて、野田市教育委員会爆破予告を送って逮捕されてしまった教員もいた。

んで、今回の事件

主な原因ではないけど、ワンマントップの顔色を見ながら仕事することに慣れて、なおかつ、日々疲弊していく現状も、何かの遠因になっているんじゃないかなぁ。

教員の異動希望で、野田市から脱出したい人はいても好き好んで来たい人はいないと聞く。

埋めるのは新採用になった経験の浅い若手。

2019-01-30

「俺が悪いんだからしょうがない」を使いすぎるとある日爆発する

私には「俺が悪いんだからしょうがない」で色んな気持ちを飲み込むくせがあった。

それが処世術であり、それこそが生きる道だと信じていたのだが、改めて振り返ってみるとこの方法に頼っていると定期的に精神が爆発を起こすことが判明した。

どう考えても自分が悪くない状況で、理不尽な目にあった時、自分が悪いという言い訳によって怒りや悲しみを飲み込むことができなくなったその瞬間、それまでに積み上げてきたストレスが爆発する。

世の中の理不尽は複雑化した社会構造の中で生まれものばかりなのだから、それらを紐解いていけばどこかしらに「でも、俺も悪いんですよ」で無理やり自分を納得させられる。そう信じていた。

最もシンプルなのが可視可視を問わぬ階級制度であり、自分立場が高いことや低いことに無理やり理不尽の原因を持っていけばそれで大抵のことは無理やり飲み込める。この方法論で人間として振る舞いきれると思いこんでいた。

だが今までの人生ゆっくりと振り返ると、どうもそうではないらしい。

「俺が悪い」によって社会にある99%の理不尽は絶えきれるのだが、それには例外があり、その例外にぶち当たった時、溜め込んできたストレスvs精神的余裕 による戦いが始まり、それまでストレスを貯め込むことに疲弊した精神は常にその戦いに負けてきたようだ。

問題はこれからどうやってストレスを抑えるかである

生身の自分で抑えられる程度のストレスしかない環境に身をおくのが一番手っ取り早い気もするが、今の日本にそんな場所を期待するのは難しそうだ。

anond:20190130074050

周りの案件には「オフショア」がバズってる

そして炎上するのもだいたい「オフショア

プリベンターの俺が颯爽と登場してどんどん疲弊していく展開

2019-01-28

昭和寅さん平成のまじめ系クズについて

寅さん叩きを見ていて違和感があった。

2019年の今、酔っぱらって妹の見合いメチャクチャに、といった積極的クズ行為をやる人間絶滅危惧種になってしまって、

感情的に入れ込み真面目に怒るほどのリアリティを感じられない。

寅さんに腹を立てているのは、寅さん的な人の尻拭いを実際にさせられたことがある人が多い。

作品を嫌いになるのは、作中でダメな人を支えている人(さくらなど)への優しさが欠けていて、使われるばかりで報われない感じがあるからだと思う。

しかダメな人の具体例として寅さんを示されても、こんな人知らない…となり、寅さん視点さくら視点もピンとこない。

共感が売りの人情ものとしては致命的なほど、わからないので無関係な感じがして感情がわかない。

 

現代的なクズ像には積極的攻撃性がない。寅さんにあるような行動力がない。服装も「フーテン」って感じではない。

アロハシャツハーフパンツサングラスサンダル、なんていう浮かれた服装ではなくて、

染めておらずワックスなども使わない洗髪したままの爽やかな髪で、

無難な色合いの無地・ストライプなどのベーシックデザインの服しか着ないから誠実そうに見えるのに、

口調や見た目からくる「真面目で誠実そう」という偏見を裏切って仕事ぶりが適当というタイプクズが今っぽいと思う。

ひと昔前に「まじめ系クズ」という言葉流行ったけど、今っぽい典型クズ像としては「DQN」より「まじめ系クズ」こそしっくり来る。

 

どういう行為を「まじめ系クズによる適当仕事」とするか、こちらの言いたいことを定義しておく。

仕事を安請け合いしておいて、大幅に遅滞させたり、結局やらないままにして、最終的に別の人がやるしかないことになる。

 仕事を頼まれた時点で「嫌です」「無理です」と言うのではなく、二つ返事で請けて、結局やらない。

 仕事を頼む側としては、納期に遅れたり大変なことになりうるので、その人の進捗を監視しなければならない。

 監視タスクストレスになるので、監視しないと仕事しない人には仕事を頼みたくなくなる。⇒社内ニート

面接を受けて「嫌だな」と思っても、職場に辞退を伝えるコミュニケーションコストを払わず無言でバックレ。

 バイト先が制服発注済だったり、正社員なら社会保険加入の手続きをしたりしたのが、無駄になる。

 面接は短時間なので面接の間だけを好青年として乗り切るのは上手く、次を見つけるのが簡単。⇒ジョブホッパー

 

「まじめ系クズ」が流行したときシロクマ先生ブログ記事だったような気がするが、

「まじめ系クズ」を自認している人は、性格診断における「依存的な子供」の性質が強い人が多いという内容だった。

あとは心理学に「受動攻撃行動」という概念があり、罵倒するだのぶん殴るだのといった積極的露骨攻撃行動ではなく、

請け合いして結局やらなかったり、サボりながらものすごく遅く作業するといった、

受け身だが相手が困るような行動」をする攻撃タイプがあるらしい。

しか積極的攻撃行動とは違って、本人は自分相手攻撃しているという認識を持っていないし(周りの負担に鈍感)、

「できていません」の最終的な尻拭いをすることになる上司や同僚も「攻撃された」という認識は持っておらず、

責めづらく罪にも問えず、ただ疲弊するようだ。

 

「酷いことをしていないのになぜかみんなに嫌われる」という場合自覚なく、受動攻撃行動が癖になっているのかもしれない。

気になるのは自分が「受動攻撃行動」をする癖があると気付いたとき、どのようなステップを踏んでその癖を治すかだ。

また、受動攻撃行動をする人の尻拭いをいつもさせられる人へのアドバイスが、今は「縁を切れ」というものばかり。

友人や恋人なら簡単に切れるかもしれないが、入籍・子作り済みであったり、親子兄弟など血縁関係である場合は、

他人ほど簡単カットアウトすることができないだろう。受動攻撃行動をとる部下をつけられたときなども、転職しない限り逃げられない

ほとんどのケースで一生治らないから縁を切れというアドバイスが横行するのだろうけど、

受動攻撃行動をとってクラス嫌われ者になっている子供性格をなおしたいとか、

受動攻撃行動をとる同僚の尻拭い役から逃れる方法など、対処法については体系的にまとまっていないのだろうか。

あとは聞く耳を持たない支配的な人間は、いつもクズ行動をするわけではない普通の人にも、受動攻撃行動をとらせがちらしい。

これも、自分支配性向が周囲の受動攻撃行動を引き起こしているという自覚もつ方法と、改善する方法はないのだろうか。

 

寅さん世界観は、ダメな人はダメなままでどうしようもないので、さくらのような人が一生を支えてゆくものというものだ。

似た失敗が何度も繰り返される。繰り返しに安心感を覚える人もいるらしいが、

自分お約束安心し変化に不安を覚えるタイプではないので、寅さん立場ストレスさくら立場ストレスが緩和される方法はないのかを探している。

anond:20190121155816

不意打ちくらった時って人間そんなにいきなり行動できないものだよ。

彼女はよく頑張って声を上げられたし、廊下で叫ぶことが出来たのはすごいことだと思う。叫べばより最悪の状況になる可能性もあったからだ。

「もし殺されてたら・・・」という動画をみなかったのか。

そのくらい男女の力の差はあるし、最悪殺されることも考えながら助けを求めて叫んだんだ。

 

君はそういうメにあったこと無い幸せな人だろうからそんなことを書き込めるのだ。

幸せいいね。そのまま死ぬまで不意打ち食らわず幸せに暮らせるように祈ってやるよw 効果は期待できないけどね。

 

毎日、常に周囲は全員敵ってことであらゆる状況に対応できるように身構えられるなんて出来ない。

疲弊してしまう。

2019-01-25

オープニングスタッフ募集は本当に魅力的?職場崩壊するまで。

いちから職場の設営に携わりたい等、その特殊環境をぜひ経験してみたいと云った理由ではなく「いちから人間関係が作れるからオープニングスタッフ募集は魅力的だ」との考えが応募の動機ならオススメしない。

パートタイマー仕事を探していたところに小売業のオープニングスタッフ募集求人を見つけた。私の応募動機は正に「人間関係をイチから作れる期待」によるものだった。

最初スタッフ皆同列で和気あいあい文化祭の準備&出店のようで楽しかったが、徐々に月の総勤務時間の多さに従ったカーストが出来上がった。

仕事の出来ないスタッフが勤務時間の多さだけで幅をきかせたり、家庭がうまく行っていないモラハラ気質フルタイム契約していると最悪だ。人徳のあるスタッフフルタイムに居たとしても毒の方が遥かに強く、短時間パートより疲弊するスピードは速くなりbotになるか追われるかの2択となる。フルタイムと言うだけで仕事の内容が伴わなくとも何故か偉い雰囲気を纏うことが許されるのは謎のシステムである。いずれこの者たちだけが居心地の良い環境が整っていくが、以下がその原因と過程である

まともな会社なら従業員間の馴れ合いやそれに伴うイジメについては見過ごさず是正してくれるが、Fラン出身バイトからそのまま他の企業経験する事無く登用された世間知らずなど、質の悪い社員しかまらない会社では職場崩壊への一途は必至だった。

元々パート殆どは同期なので、先輩後輩がない中での関係が濃密で複雑になりがちなのは特筆すべきところだ、疑問に感じることがあっても指摘の仕方が難しい。お互いにイチから作り上げて来た担当部門なので、気に触る度合いが大きくなる。その為慎重な対応必要であり社員を通してうまく指摘して欲しいと相談するも、ポンコツ社員だと不備を言いつけたと取られかねない行動を起こすのでその後は堪らない、相手パートから仲間外れや無視をする等の業務に支障をきたす反撃を受ける事となる。間もなく渦中と成る人物は数名の結託したフルタイムパートに固定される事となり、あちらこちらでその派閥が同様の嫌がらせを行うのが状態化する。そして派閥外のパートを押さえ込むことに成功カースト上位の「居心地の良い環境」が構築され、利用者へのサービスの質は完全に置き去りにされて行く。

その点中途で採用されるパート先は先輩後輩がはっきりしているので気が楽だ、余程環境おかし職場でなければ指導や指摘は素直に従っていれば良いし見当外れな事もまず無い。オープニングスタッフで作り上げた環境は他部門スタッフからの指摘そのものが見当外れな事が多々ある上に衝突しやすいのは先に述べた通りだ。

また既にある職場なら事前の視察も可能である事は想像以上に大きなメリットである

既にオープニングから勤務し悩んでいる方は、何かおかしいなと感じたら直ぐに次の職探しをするのが良い。いくら待っても努力しても上司が変わっても会社の体質が末端を作っている為改善はほぼ期待できない。オープニングスタッフは好条件で募集がかけられている事が多く惜しいかもしれないが、疲弊しきってから退職だと辞めてからも長く重苦しい気持ちを引きずり心の傷に悩まされる事になる。寧ろ辞めてからの方が環境の異様さを客観視出来るようになり新たな怒りが湧く程だ。

オープニングスタッフ募集へのエントリー安易に考えている方、Indeed等の企業口コミも大いに参考になるのでもう一度良く考えて欲しい。

anond:20190125004034

選挙って、あれ、地獄だよな。

本人も、家族も、周囲の人もみんな疲弊していく。

みんなちょっとずつ頭おかしくなっていくよ。

勝谷誠彦選挙落ちてからおかしくなった。

2019-01-24

anond:20190124112944

もちろん理論上は出来るけど、どんだけ金かかると思ってるんだ?その辺の中小じゃ無理だぞ。1ユーザー月額1000円レベルじゃないぞ

それは無いし、助成金も出ます

「私、PC使いこなしてる~」って奴じゃ駄目。そうじゃなきゃシステム担当疲弊して、外部隊カフェ仕事~するオナニーしかならない

割とどうでも良い

流石にネット回線が繋がっていないところからフォローは厳しいが

ネットさえ繋がっていればそれ以外はどうとでもなる

じゃ何が敷居が高いの?次の2パターンから

【求めているスキル

・在宅であっても何卒来て頂きたい超ハイスキルな人を探してる


コストを抑えたい】

・高スキルと言うわけではないがオフィスに通いだとそれなりにコストが掛かる人材を「在宅」というメリット提供する事でお安く雇いたい

・確かにその辺の地元企業で働くよりは給与良いが・・・ふーむ・・・

anond:20190123214918

この手の奴が抱くリモートワークの幻想には反吐が出る

もちろん理論上は出来るけど、どんだけ金かかると思ってるんだ?その辺の中小じゃ無理だぞ。1ユーザー月額1000円レベルじゃないぞ

あと、リモートワークはある程度パソコン詳しくないと駄目。Mac使って「私、PC使いこなしてる~」って奴じゃ駄目。そうじゃなきゃシステム担当疲弊して、外部隊カフェ仕事~するオナニーしかならない

正直フリーアドレスくらいがちょうど良いけど、フリーアドレスが上手くいくかも業種次第だし、ほんと妄想北欧レベルリモートワーク万能説止めて

2019-01-22

Twitterやってたらすげぇ疲弊してたんだけどTwitter辞めたらめっちゃ気が楽になった。

Twitterに向いてないんだな。

狭い道が好き

広い道は嫌い。

車を運転する時の話ね。

広い道って、ウインカーワンチカ野郎や急な進路変更野郎などで疲弊する。

狭い道だとこういったストレス相対的に低減するんだが、妻は狭い道が嫌い。

実速度以上にスピードが出ているように感じたり、離合時の距離感にヒヤッとするそう。

なので、休日のお出掛け時は極力広い道を通るのだが、いつか事故りそう。

2019-01-21

合法的テロ考えついた

全国の大学先生電話をかけまくるシステム

ただ電話するだけじゃなく、AIが話すので会話は成立する。

でも内容は空っぽ先生疲弊させるためにやるので。

わざと先生が怒るような事も言うの。「先生研究って〇〇大の先生パクリですよね」とか言って。もちろん侮辱罪にならない程度に。

メールでも良い。ツイッターもいいがよりスパムを送りやす媒体の方が良いだろう。勉強熱心な学生を装って言いたい放題。

AIIBMワトソン並みに口達者なエンジンを載せればそう簡単には話を切り上げられない。

かくして教授活動時間を奪い、国の教育研究レベルを下げることに成功するのだった。




何を夢物語のように聞いているお前。もうこの攻撃世界各国で繰り広げられてるんだ。情報戦勝利するため教育機関の先生からテロリストを守るんだ!まずはツイッター辞めさせることから始めような。

2019-01-22

■風嬢で一生が終わると思っていた

自分をMだと思おうとしていたが、どうにも違うらしい。多分私は馬鹿なだけだ。だからあらゆることを受け入れられるし、何をされても笑っていられるんだと思う。

中学生の頃男子にボロカスいじめられていて、毎日「ブス」「キモイ」「しね」のどれかを聞くような日々を過ごしていた。それと同時進行で私はネット上で男に自分性的な面をアピールして欲情されることに酔っていた。バランスを取っていたんだと思う。リアルではボロカスに言われてゴミ扱いされているけれど、ネットではちゃんと女として市場価値があるんだぞ、と逃げ場を作らないと自分が滅茶苦茶に壊れてしまうような気がしていた。

高校生になってもそれは続いた。

周りの女子は一気に垢ぬけていくけれど、私は馬鹿なのでなんでみんながそんな風に一気に女らしくなっていけるのかわからなかった。要するに私は容姿に恵まれないのみならず芋っぽいダサい女だった。そうなってくると今度は見た目の面でも顕著に美醜やセンスが際立ってくる。女子にすら「デブゴリラ」と言われる始末だった。

私はそんな風に現実過酷化していくのと同じようにネットにのめり込んでいった。高校に上がりケータイを手に入れた私は遂に出会い掲示板(年齢や個人情報登録する必要のない、実質出会い系サイト。多分当時はギリギリ合法)で自分性的チヤホヤしてくれるおじさんと性的なことをするためだけに会った。とはいってもおじさんが、私は処女から無駄に気を利かせてくれたから、挿入は無かった。それにしたって、私にしてみれば自分に対してリビドーを感じ我慢できず放出するだらしない男の姿はひどくセンセーショナルで、蠱惑的に映った。

それから色々な男とやりとりをしては性的なアレコレをした。それだけが私の自己承認欲求繋ぎとめていた。

その中で私は奉仕型のMだとよく言われた。そうかもしれない、そう言われるならそうなんだろう程度に考えていた。

高校卒業後すぐ、出会い系サイトで知り合ったおじさんを迎え入れて、その人の精液と一緒にティッシュ丸め処女を捨てた。

お金は貰っていなかった。今思うと本当に頭の回らない馬鹿だったと思う。どうせヤるなら売れるものは売っておけばいいのに。

私にとって私という女はゴミカス程度の価値しかなく、私の体は見た目の悪い玩具しかなかった。

同時進行で卒業まで続いていたいじめが辛すぎて、大学進学をやめておくことにした。きっと私は大学でもうまくやっていけないとどこかで思っていた。結局股を開いてしか男とコミュニケーションが取れない私は「みんな」の言うように気持ち悪い存在なんだと、リアルネットが実は地続きなんだと、そんなことに気付き始めたころ、私は既に疲弊絶望に包まれていた。

疲弊絶望したが、だからといって救われるわけではない。

適当専門学校に進んだ私は一人暮らし生活費を稼ぐために風俗店入店した。

本番禁止店であったが、結局のところ誰ひとりとしてそれを守る人間などいなかった。それは嬢も客も一緒だ。

毎日が肉欲にまみれ、甘ったるい接客で何人もの男を相手し、日々脳みそがとろける感覚がした。私は遂に落ちるところまで落ちていくんだ、落ちていけたらきっと楽だとすら思った。そうしていくことが、いじめから始まった私の女としてのコンプレックスが報われるたった一つの道だとすら思った。私は男がリビドーを捨てていくためのゴミ箱に甘んじることでこの物語を終わらせよう。潮時と思える時が来たら死んでしまえばいい。

そう簡単にもいかなかったんだけれども。

結局実習で馬鹿さが露呈してまたいじめに遭い、私の意識は急激に社会に引き戻されて、学校も続かなくなって実家に帰ることになった。

専門学校講師の勧めで精神科にかかったら、薬を処方された。

いじめから始まった色々な鬱屈は、いじめによって急激に収束し、結局田舎の芋くさい女に帰って来た。

自分性的コンテンツとして消費されていたのがウソみたいに、私は今淡々パートタイマーとして働いている。

不思議なことに、潮時をとうに過ぎている気もするのに、私はまだ生きている。多分、これからも生きていく。

今思うと、若気の至りじゃ済まされないよなって、若くたって自分の頭で考えればもっとマシな道を選べたはずであると思う。当時は「コレしかない」と思っていたことでも、案外別の選択肢なんかごまんとあったりするんだと最近になって気付いた。

結局のところ私は変態性欲者でもMでもなく、ただの馬鹿だったんだと思う。

後悔は先に立っていてはくれない。多分、先に立っていたとしても無知な私はその啓示を無視するんだろう。私なんてそんなもんだ。

こんな体験談ごまんとあると思うけど、だからこそ似たような体験した人がコレを読んだとしたら「自分だけじゃなかったんだ」とか思ってもらえたらいいと思う。

それをここに置いて、過去自分への懺悔とする。

2019-01-16

anond:20190116003310

ブコメをつけてもいいやつは、ブコメつけられてもいいやつだけだ

そういう覚悟はあるだろうとして

ブコメつけられる想定もしてないブログかにつく方が精神的に疲弊しそうなものだとおもうが

個人ブログに何百人と押し寄せるのはいいのか

anond:20190116004122

アニメ業界が苦しい、と言われるのも、その「魔法構造のためかと思う。

魔法」が発動するかはつくってみないとわからない、だからとにかく数をつくる。

疲弊するが、他に手段はない、と。

つくる前から魔法」を判別できる人が出れば、アニメ業界ジョブズになれると思うが

まあ無理なんだろうな……

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん