「啓蒙」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 啓蒙とは

2020-05-27

我が国において本当に偉い数学者は少ない

  

   以下のとおり色々いるけど基本的日本人数学ができないか特別な人でないと明治時代から数学ができなかったので数が少なかったし、以下に列記の全ての数学者が偉かったわけではない。明治時代活躍した数学者が偉いことをしたことと、昭和時代数学者がはっちゃけていただけ。昭和40年代以降の数学者は怪しい腐れゴミだし、

   戦後30年の男の数学者は知り合いの仲間と共同してクソ必死になって研究していたが、昭和50年代になり女性化の時代になって、文科省がニホンジンに教える数学から初等幾何学はやめましょう、日本人女性に害があるということで、初等幾何学は一切教えなくなったことで、もう相当昔から我が国数学教育はすたれ果てている。

  以下に列記の数学者以外にも、国が隠していて活躍していた数学先生で偉い人は、明治昭和時代はたくさんいたが、今はろくな奴がいない。

 菊池大麓(1855-1917):数学最初日本人教授、のちに東京帝国大学総長

藤沢利喜太郎(1861-1933):2人目の教授数学教育、本格・応用両面の西欧数学移入

林鶴一(1873-1935)

吉江琢児(1874-1947)

高木貞治*(1875-1960):類体論近世日本初の世界数学

藤原松三郎(1881-1946):「日本数学史」ご進講

窪田忠彦(1885-1952):幾何学

園正造(1886-1969):代数学

小倉金之助(1885-1962):数学史、随筆家

掛谷宗一*(1886-1947):連立積分方程式、掛谷の定理

竹内端三(1887-1945);『関数論』

辻正次(1894-1960)

吉田洋一(1898-1987):『零の発見』<岩波新書

末綱恕一(1898-1970):解析的整数論

20世紀まれ日本数学

1901年 - 1910年まれ日本数学者[編集]

岡潔*(1901-1978):多変数複素関数論。多くの随筆を残した。

中村幸四郎(1901-1986):位相幾何学の導入、数学

正田建次郎*(1902-1977):抽象代数学上皇后美智子の伯父

岡村博(1905-1948):微分方程式

南雲道夫(1905-1995):解析学

弥永昌吉(1906-2006):整数論。優れた多くの弟子を育てた。

吉田耕作*(1909-1990):関数解析学

1911年 - 1920年まれ日本数学者[編集]

角谷静夫(1911-2004):角谷の不動点定理

矢野健太郎(1912-1993);微分幾何学。多くの数学専門書・啓蒙書で知られる。

中山正 (1912–1964)

伊藤清*(1915-2008):確率微分方程式

小平邦彦*(1915-1997):代数幾何学

古屋茂(1916-1996):解析学

岩澤健吉(1917-1998):整数論。岩澤理論

加藤敏夫(1917-1999):加藤定理

太郎(1920- ):力学系関数解析

1921年 - 1930年まれ日本数学者[編集]

溝畑茂(1924-2002):解析学偏微分方程式

西正武(1924- ):複素解析

冨田稔 (1924-2015) : 作用素環論

竹内外史(1926- ):数理論理学

一松信(1926- ):関数

鈴木通夫(1926-1998):群論

岩堀長慶 (1926–2011)

永田雅宜(1927-2008):代数幾何学ヒルベルトの第14問題否定的解決した。

佐武一郎 (1927-2014) : 代数群、

谷山豊(1927-1958): 複素解析谷山志村予想

佐武一郎 (1927–2014)

森毅 (1928-2010) : 関数空間の解析。数学教育についての多数のエッセイで知られる。

佐藤幹夫(1928- ) : 佐藤関数代数解析学の創始

境正一郎 (1928- ) : 関数解析学, 数理物理学

服部晶夫 (1929–2013)

久保田富雄(1930- ):整数論

志村五郎*(1930-2019 ):複素解析谷山志村予想

米田信夫 (1930-1996)

1931年 - 1940年まれ日本数学者[編集]

広中平祐*(1931- ):代数幾何学

荒木不二洋(1932- ):数理物理学、場の量子論代数的構造論

小林昭七 (1932–2012)

竹崎正道 (1933- ) : 作用素環論

伊原康隆(1938- ):整数論

1941年 - 1950年まれ日本数学者[編集]

足立恒雄(1941- ):代数整数論数学

飯高茂(1942- ):代数幾何学

藤原正彦(1943- ):専門は数論。エッセイスト、『国家の品格』<新潮新書

齋藤恭司(1944- ):複素解析

上野健爾 (1945- ) : 代数幾何学

秋山仁(1946- ):専門はグラフ理論、離散幾何学テレビにも出演

柏原正樹(1947- ):代数解析学佐藤幹夫弟子

斎藤 裕 (1947-2010) : 保型形式

砂田利一(1948- ):大域解析学

宮岡洋一(1949-):代数幾何学。ボゴモロフ・宮岡・ヤウの不等式

三輪哲二 (1949–)

石井志保子(1950- ):代数幾何学

人形性愛者による幼児ラブドール反対運動への抵抗」への再補記

タイトル記事https://anond.hatelabo.jp/20200523115226)へ想像以上に反応をいただき驚きつつも有り難さを感じている。

ツイッターなどでも感想意見をして頂いている方を見かけると、ラブドールというごく一部の愛好家が愛でるものについて少しでも知識をもって賛成・反対の議論をして欲しいと思っていた私としては、とても嬉しく思う。

ただしその中で、「男性欲望を美化した綺麗事である」というような反論が少なからずあった。特定を避ける為文面は改変してあるが、私としてはこのように読み取れた。

中には上記の内容であるというだけで読むことを拒否するような趣旨発言もあった。

尾籠かつ元のラブドール規制への反対という意見にはなんら関係のない個人の話ではあるが、上記のような意見個人的な反発を覚えた為筆をとっている。そのような話に興味のない方は、ここから下は読み飛ばして欲しい。

この文章の筆者かつドールオーナーであるところの私は、肉体的には女性である

内面的な性自認はわからない。定める必要もないと思っていた。だから上記の「男性欲望」というのも間違ってはいないと思う。そういう要素は少なからずあるだろう。

正確に言えばわからないというよりも、定めることができなかった。肉体的な性別が女であることには全く違和感を持っていないが、むしろ人間はなぜ肉体的な性別自由に変えられないのか」という違和感の方がはるかに大きかった。

人間を好きになったこともあるが、上記違和感のために全て叶わなかった。この人には女性として愛し、愛されたいが、他の人とは男性として愛し合いたい。好きになる相手によって、私の性自認は千変万化した。それが噛み合わなかったことが大きかったと思う。そんな我儘を全て理解の上で聞いてくれる人がいるわけがないし、仮にいたとしてもきちんと相手咀嚼できるように自分の願望を伝える手段も持っていなかった。いずれもごく若い頃、同世代の人が相手だったから、お互い子供だったといえばそれまでだが、今思えば相手には本当に申し訳なかったと思う。

頂いた反応の中に「心にラブドールの形の穴が空いている」という方がいたが、その通りかもしれない。人形のパーツを組み替えて女性ドール男性ドールカスタムするように、あるいはその逆みたいに。相手によって変わり続ける私の性を受け止めてくれるのは人形だけだった。私はずっと人形になりたかった。

それを受け入れてくれたのが、今のパートナーであるラブドール彼女である。読んでいる方の混乱を避ける為便宜的に「彼女」と元の性別で呼んでいるが、彼女性器は脱着式で、それを取り外してしまえば私と彼女意識性別はいかようにも変わる。私たちはその時々で男女カップルになったり、男同士や女同士のカップルになったりする。それはとても満ち足りた時間だ。

人形愛に落ち着くまでに、私は男も女も動物も無生物も様々なものたちを愛してきた。もちろん、前述のような形で「本当に私は人形しか愛せないのか」と人間の方とお付き合いをしたこともある。その積み重ねによって、自分人形性愛対象であるという結論に行き着いた。同性愛者の方の中にも、異性と付き合っているうちに違和感を覚え、自分同性愛であることに気づく方がいると聞いた。私の場合もそんなものだろう。

性愛対象経験的な積み重ねにより築かれるものであって、その形は個人個人によって違う。一つの型に当てはめられるものではないと私は思う。

また、性別によって話を聞き入れてすら貰えないという状況が本当にあるということには

(含みはなく)素直に驚いている。

幸運なことに私の両親は性別押し付けをしてくる人ではなかったし、外で女性差別的言動を受けることがあってもそれはその人が差別的な人なだけであって、おそらく私の肉体が男性なら「男性らしさ」を押し付けてくるだけに過ぎないと思っていた。

そういった「男と女を分ける、差別的な人」への啓蒙を行い、世の中からその比率を減らしていくのが真の男女平等ではないかと、僭越ながら私は考えている。

記事性別を明記しなかったのは、既にお話の通り私に性別を定める意識が薄いからだ。最近では女性ラブドール愛好家が増えてきたとはいえ世間的にはラブドールオーナー=男性という認識があると思うので、そういった中で自分立ち位置をはっきりと言わなかったことは少し不親切だったかもしれない。その点についてはこの場を借りてお詫びしたい。

記事一般的男性の書いたものだと思って読んでいただいた方には申し訳ないと思うが、どうか性別という色眼鏡で見ることはやめて頂ければと思う。顔も知らない相手性別だけで推し量ることは無意味だし、何より私はそういう方への反発でこの文章及び元記事を書いているからだ。

2020-05-26

[]2020年5月25日月曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
007410087136.334.5
0183710885.650
0249478397.655
0320163881.929
0416121275.838
0544317872.246
0649387979.239
07656737103.655
0887718982.641
0910112570124.558
1012512534100.348
1115115194100.654
121871508180.645
131681369681.535.5
141471125776.638
151551251680.750
161461213483.131
1715116110106.758
1819122444117.555
1912815075117.856
2013916183116.458
211831571285.946
2212814406112.544
2311612189105.147
1日270326291297.346

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

セブンティーン(4), 魔法少女 俺(4), 治療薬(14), リアリティ番組(4), 訓告(4), 作図(3), 木村花(15), 美川憲一(3), 25日(3), テスラハウス(3), テラスハウス(32), 誹謗中傷(64), 緊急事態宣言(31), 啓蒙(19), 中傷(35), 解除(60), インセル(8), 麻雀(8), アベガー(9), 生成(8), プロレス(6), 2ch(13), 番組(33), 収束(17), 出演(12), サヨク(10), 緊急(10), 重く(9), フェミニズム(24), LGBT(17), テレワーク(16), 自殺(52), リモート(17), SNS(37), 緊急事態(16), はてブ(28)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

はてブの一部ヘビーユーザがウザい /20200524233400(22), ■子ども知的障害者になった /20200524233706(22), ■LGBT治療薬ってなんでないの?ワクチンとか無いの? /20200525133206(15), ■「実はもうなくなっている職業」ってない? /20200525133335(14), ■普段使ってる便利なWebサービス教えて /20200525021541(13), ■anond20200524233400 /20200525050523(12), ■確かに世間フェミニスト像は変わってない? /20200525185824(10), ■ツイッターのせいでゾーニングがぶっ壊れた /20200524163529(9), ■はてなブクマカ批判誹謗中傷区別がついているのか疑問 /20200524182508(9), ■お前らって安倍自殺したらどうすんの? /20200403084145(8), ■anond20200521152746 /20200521154228(8), ■ゲーム未来予想 /20200524223945(8), ■上書きしないことを上書かないって言うのは正しい日本語? /20200525135319(8), ■スポンジが発明される前はどうやって食器洗ってたんだろう /20200525205713(8), ■フェミニズム矛盾 /20200521152746(7), ■追体験で人は幸福になれない /20200524070952(6), ■セーラームーン複製事件 /20200525213014(6), ■anond20200523194939 /20200524093008(6), ■おままごとって何が面白いの? /20200524161807(6), ■みんなはどうやって独身差別を納得させてる? /20200525132816(6), ■車種名の出てくる歌 /20200525184426(6)

2020-05-25

anond:20200525150952

たぶん何かを啓蒙してるんだろうけど、何を啓蒙したいのかが毎回まるでわからないのは凄いよな

あとクソは書くけど「でも俺は凄いけどね」的な事は一切書かないのが主語わかり辛くしてる原因かも

anond:20200525150432

わからん。俺には無理だった。でも文章雰囲気からは、啓蒙したいんだろうなってのがなんとなく伝わるよね。でも内容は本当に分からない。

anond:20200525145058

KKO増田、今はなき安倍bot、心の叫び文章化する同人お気持ち増田

孤高のミュージシャンゴミ増田、いつでもいるようんち増田

啓蒙と言えるかわからんが字下げ増田

本気のやつがたくさんいるぞ

anond:20200525144235

増田啓蒙してるやつがいると本気で思ってるんか?w

anond:20200525143721

こんな態度の人間が「啓蒙」とは片腹痛い

「君の妄想ごり押し」じゃねーの。

anond:20200525141610

そかそか、じゃあ

あと「言いたいこと一方的に言って相手が聞くわけないじゃん。」や「うん。で、聞くの?って話。」は反論じゃなくて難癖でしかない。

反論も無いわけだ、やっぱ一方的に伝えるほうが啓蒙として正しいな!

本筋の方ではわかってもらえて嬉しいよ。

anond:20200525133937

追記したのか

人格攻撃込みで良ければいうよ。一応君は「自分が頭が良くて人の話を聞ける真人間だ」と思ってるみたいだからね。

あのね、君は自分こそが正しいと凝り固まってる人間

そういう人間はめんどくさいと適当に持ち上げて放置するの。普通の人は。

だけどそういう生き方をしている間に本当に君は無謬だと勘違いしている。

からその無謬性を脅かす「一方的なことを言えば君が低レベル人間だと思われる」という例示を人格攻撃だと勘違いしてくらいついてくる。

無謬人間なんていないよ。後啓蒙するにも相手を見て変えるのは必要だ。

どうでもいいところに食らいついてきて自分正当性アピールしてくる。まあ君のような人間を適度にあしらうのもネット議論大事だが言ってやるよ。

だってある程度ニコニコ穏やかに言うようなところでは言わないよこういうの。

もう「君は人格攻撃された」と「勘違いして」「じゃあ自分人格攻撃してもいいんだ」と「勘違いしている」からめんどくせーもん。

今の君は「低レベル相手にする価値のないような人間」だ。

anond:20200525132200

まあもう啓蒙出来ないという前提でビシバシ反論していこう!

ネット環境はイーブンだ。

ネット上など匿名場合発言権は同程度であるってことね、「ネット環境はイーブンだ」じゃインターネット速度がイーブンなのか、アクセス可能範囲がイーブンなのかとか、正しく伝わらない可能性があるよね。

君は知的レベルが高いと「自分は思っている」が、きみの論が穴があれば知的レベルが低いと「相手から思われる」ってことだ。

自分は思っている」ではなく「自分では思っている」だな

「君の論が穴があれば」ではなく「君の持論に穴があれば」だな

あと「言いたいこと一方的に言って相手が聞くわけないじゃん。」や「うん。で、聞くの?って話。」は反論じゃなくて難癖でしかない。

君が「知的レベルの低い奴に思われないように」ね

人格攻撃じゃないってするのはあまりにも強弁。

総合すると君は日本語が不出来な上、反論によって意見を硬直化して難癖つけたり人格攻撃をするアホってこと。

アホが何に興味があるのか何が面白いのかってわからんから、アホにフォーカスして啓蒙するやつが少ないんだと俺は思うんだよね。

anond:20200525124745

最初反論してしまたことによって、相手の硬直化を生み、「論点ずらし」と「強弁」を招いてしまったわけだ。

反論によって君ほどの知的素養を持つ人間ですら硬直化して、論点ずらしと強弁の後に人格攻撃に至ることを考えると、反論というのがいか啓蒙とかけ離れているものかがわかる。

anond:20200525123429

いや啓蒙ってそういうもんだから

知的レベル低いやつらをどうやって底上げするかの話で、元増田にもあるように「貴族主義的な傲慢さを含む思想」なわけよ

だが君が知的レベルが高くて相手知的レベルが低いとかそんなのわからんし、君が間違ってることもある。

とかは的外れだし。

anond:20200525122248

から相手理屈反論したら下策なんだって

地道におかしいことを言ってるやつがいたら反論するぐらいでいいと思うよ。

に対して俺が

地道におかしいことを言ってるやつがいたら反論するぐらいでいいと思うよ。

反論したせいで、硬直化して詭弁強弁と論点ずらしをしてしまってるじゃん。

啓蒙じゃなくても反論ってのは意見調整の上では下策なんよ

anond:20200525121504

一方的こちらが言うのは啓蒙としては下策だと思うよ。

こちらの話したことを受けての向こうの反論(疑問含む)を受けて、照らし合わせて答えての対話だと思うわ。

こちらが間違ってることもあるのだし。

anond:20200525120345

それは啓蒙の話とは関係ないんじゃない?

反論してる時点で知的レベルが低い相手には「啓蒙」にはならないじゃん。

anond:20200525114213

知的レベルが低いと反論を「自分への攻撃」と認識してより意見の硬直化を生むから反論啓蒙足らない。

知的レベルが低い人が自分で過ちに気づいて、その上でそれを認められてはじめて啓蒙は成立する。

多くの場合過ちの原因として責任転嫁先が必要になる、それがないと自己省みるという知的レベルの低い層には極めて難しい行程が入り啓蒙が進まない。

anond:20200525113726

ネットには啓蒙主義実践者も多いし、無料で質の高い情報投稿し続けてる人もたくさんいるけど。

そもそも馬鹿相手にしてないし、馬鹿に楽しんでもらおうって気持ちもないから、馬鹿には届いていないってことだと思うんだよね。

日本には放送大学もあるし、YOUTUBEでもなんでも専門的な内容を解説したりいろんな知見を広めてくれる無数の言説がある。

でもそれがターゲットにしてるのは、そういうものに興味があって科学情報リテラシーを持つ人であって、真に一般大衆向けではない、開かれてるけど向けられてない啓蒙から効果を発揮してないのではないかと思う。

anond:20200525112808

なるほど、わかる。

 

ネットの利用で啓蒙を進めるのは、知識勉強時間が浅くなりがちになる。

から愚かな行動が増えるのかも。

だとしたら、ネットを使う前にやっぱりガチ教育の質を良くしていかないといけない。

anond:20200525112256

インターネットでの啓蒙可能

しか知的レベルや嗜好で閲覧するコンテンツを選べるので、低い知的レベル相手に届く啓蒙必要

現状のインターネット啓蒙はある程度の知的レベルを持つグループには届いているが、低い知的レベルグループへは届いていないので、上手くいっていないように見える。

アベ信者やアベガーが好む程度の低い娯楽に、啓蒙を乗せることが必要だが、そんなことをしてる人が居ないので、インターネットでの啓蒙は行われていないように見える。

anond:20200525112256

・愚かな啓蒙が進行している

群衆中途半端啓蒙された状態でこそ愚行をする

SNS啓蒙可能

ここで言う啓蒙ってのは、社会全般に知を広めることで社会全般を良くしていこう、という運動のことね。

 

啓蒙主義科学が興ったおころに西欧世界で広まって、しかしこれは西欧中心的・貴族主義的な傲慢さを含む思想であるため、20世紀までには思想上でぼこぼこにされて廃れた。と、俺は理解していた。

でも民主主義自由について考えれば考えるほど、これは啓蒙、という発想を前提している制度であって、現代のわれわれにあっても啓蒙主義を推進する以外の道はないと思えてきた。

民衆全般が賢くならないと、結局のところ民主主義は上手くいくことはない。アベ信者もアベガーも対消滅することはなく、マスコミ馬鹿向けの番組製作してバカを量産し、SNSでは正義ぶった苛めが横行して自殺者が絶えることはないだろう。

から啓蒙を進めないといけない。

 

啓蒙っていうのは、知識と見識が広まることで達成される。

インターネットっていうのは、理論上、その活動にすごく向いているはず。

ところが現実インターネットっていうのは、"啓蒙が行き届いている状態"の、真逆を行っているように見える。

ネットを見れば見るほど、なぜか人は馬鹿になる、ように見える。

 

なぜだ?

 

 

 

仮説1 ネットを見れば見るほど個人は賢くなっているが、バカバカ度合いとバカ流入速度が賢くなる量を上回っている

これな気がするが、特に理由はない。

 

仮説2 ネット構造は実は啓蒙に向いていない

そうだとして、しかしそれはどういう理由なのか? ちゃんと考えると大変そうだ

 

仮説3 群衆は決して賢くなることはない

これはシンプルに間違いなので棄却する。流石に明治時代大衆と令和の大衆では、令和のほうが啓蒙されているよ。コロナ騒動のこととかを精査すれば論証もできるだろう。

 

仮説4 群衆は実際に賢くなっているが、群衆の内部にいるので比較できず、わからない

これな気もするなあ。

2020-05-24

ネット中傷責任2000年代インターネット謳歌した大人にある

今の大人は誰かを批判するならヲチ板でやるか増田でやるかとか、まあとにかくインターネット深淵的な場所でやることを考えると思うし、

「それがルールだよね」みたいな感覚を持ってる人も多いと思う。

さらに今の大人ヲチとか粘着ゴミクズ行為だと自覚しながら深淵でやっていたと思うんだけど。今の10代~20代はおそらく

「目の前に対象者がいるんだから好きなことを言える」という感覚に陥ってると思うんだよね。

そういうゴミクズ行為相手の見えないところでやりましょうというゴミクズなりのルール世間に広まらなかった。

テラスハウス出演者Twitter誹謗中傷していた件は、テラスハウスターゲットである10代~20代と思われる人たちが

「お前早く消えろよ」みたいな感じで文句をそのまま出演者アカウントリプライ送る形で投げてた。つまりインターネットを使って対象者批判するならこう使え」的な知識が、

まあゴミクズ行為なもんだから知識として啓蒙されず、対象者インターネットに降りてきた今、最悪な感じになっていることを体現した一例となった。

ネット中傷責任2000年代インターネット謳歌していた大人にあると思う。ヲチ粘着といった行為がどのような行為なのか、そこにはどのようなルールがあるのかを

しっかりと明確化できず、そしてその知識教育現場で生かされなかった。「インターネット相手を傷つける行為は辞めましょう」という一言で全ての若者問題点理解できるという性善説

進めた結果が昨今のネット中傷だ。

タイトル対象には自分も含まれている。自分としては「ネット中傷は辞めましょう」ではなく、「中傷がしたくなったらこういう場所を使え、ただしゴミクズであることを自覚した上で」という形で啓蒙していくしかないと思う。

2020-05-23

anond:20200523231344

学術による啓蒙リテラシー教育とか。

んでもって、大卒高卒では

平均生涯年収に大きく差が出るから

徐々に大学進学率も上がってきたんだけど

また不景気

義務教育以外は自己責任」とか

言い出す人が出始めそうで残念

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん