「引越し」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 引越しとは

2018-10-21

中学受験学力のみで決まるフェアな戦い←は?

医学部入試女子差別問題がここ最近炎上していますね。

AOや推薦入試にも飛び火しているようですが、中学入試も実はだいぶヤバいですよね。

純粋学力勝負ではなく、家庭環境居住地域なども見られているんじゃないの、というお話です。

題名こちらのサイトをパクらせていただきました。

https://kyushu-chugaku-juken.com/393.html

私が受験したのは某都内女子中高一貫校でした。

制服ダサい割にはコアなファン(?)の多いあそこです。不審者が出没したという話も聞きますね。かわいそう。

結論からいえば不合格だったわけですが、10年以上経った今もいまだに納得できません。

試験自体の出来は、合格ラインを軽く超えていると思われる(算数はほぼ満点、国語記述問題の大意はそこそこ合ってる、理社も悪くない)

模試の成績も常に合格圏内、それどころか上位合格レベルだった

まあ主観的感触しかないし、試験の出来が実はクッッッソ悪かったとか、もしくは1教科名前を書き忘れてたとかはあるかも。

で、なんで落ちたかというと面接のせいだと思うんですよ。

受験生何人かでのグループ面接と、1対1の保護者面接があります

グループ面接では当たり障りのない質問が出て、まあ意思疎通に困難がないかといったところを見ているのでしょう。

コミュ障ではないのでここで落とされたということはないと思います

問題保護者面接

願書と一緒に提出だったか当日持参だったか失念しましたが、家庭環境調査書みたいなやつを提出させられます

志望動機とか親の職業とかを書くアレですね。

(調べたら現在はないんですか???それなら良いんだけど。)

いや子ども入試なのに親の職業訊いてどうするんだよ。お受験じゃあるまいし。

反社の人を除くためかな?

ということで、のちに母からいたことですが、保護者面接でどういうやりとりがあったか

面接官「住所が〇〇とのことですが、合格したらお引越しされてくるんですか?」(実家の住所は都内に通学できるような場所ではない)

母「はい母子都内引っ越してまいります。」

面接官「うちではお子さんの教育上、お父様も一緒に親子揃ってというのが方針なのですが…」(母子父子家庭は論外ってことか?)

曖昧に誤魔化して面接を終えたそうですが、入試合格発表も終わったずっと後にこの話を聞かされて「ごめんね。」と言われたときは胸が痛みました。

入試で問われるのは本人の実力だけではないのだ、と子どもながらにやるせない気持ちになったのを覚えています

まあもう10年前の話だしどうでもいいんですけどね!

その時に味わった悔しさをバネに田舎底辺校から東大に進学して、今はoinの人たちとも仲良くやっているので、恨みは晴らせたかなって感じです。

2018-10-17

anond:20181017233127

エイチーム引越し侍を使って嫌な目にあってから

嫌いになったわ。キータもあそこなのか。

2018-10-16

知らない男の人を助けてあげて

恩返しとして引越しの手伝いしてもらうのもアリってことだよね。

断らないでね。恩を仇で返さないでね。

お財布拾ってあげたときは、何してもらおうかなぁ~w

関係ないけど、男性に何かしてあげたときって

余程の善人じゃないかぎり「ありがとよ」くらいの言葉しかもらえませんがね。

すごいトラブルにあって、色々してもらったとき

ご飯奢ってもらうとかもあるけど、やっぱり善人じゃないとやってくれないよね。

菓子折りあげちゃう例の増田は優しい。

2018-10-15

引越し先を決めてしまった。こんな決断をあっさりやるとは思わなかった。

5年くらい今の場所に住んでて、引っ越ししようかなと思って内見してたのだけど、

これはいいと思って決めてしまった。

いい物件が見つかってよかったというより、これから大丈夫かなという不安のほうがでかい

住む場所を変えることでなんかおかしいことがおこらないでくれって祈っている。

これから大変になりそう。

仕事が出来ない話

これを読んで、甘えだと思う人はたくさんいるだろう。私も甘えだと思うが、自分ではどうしようもできないと思っているしぶつける場所もないので匿名という形に甘えようと思う。

私は仕事が出来ない。

というか、働いていない。

理由はまあいろいろあるのだけどそのひとつは家庭環境だと思う。幼少期に母親に躾としてナイフを向けられ、父親から性的虐待を受けた。おそらくそのせいで、怒られることを極端に怖がるようになってしまった。怒られること以外にも、人に笑われたり、怒るまでは行かなくとも注意されることが物凄く嫌だ。

なので、高校ときアルバイトは1ヶ月も経たずに辞めるということを繰り返し、高校卒業して就職もしたが1ヶ月で辞めてしまった。

高校といえば、私はいじめられた訳でもないのに周りの自分に対する感情に嘘がないだろうかとか、実は嫌われているんだとか勝手に思い込んで、クラスに馴染めず2年で完全通信制高校転入した。

話を戻す。実家暮らしなので、仕事を辞めた時は母親にもちろんこっぴどく叱られたし、早く次の職を見つけろと言われた。だが、もう何度も辞めている私からすれば「次もすぐ辞めてしまうんだろうな」という気持ちしか湧かず、自分の中で働く=叱られるという方程式が出来上がりますます働けなくなった。

そうして2年が経とうとしている。

2年も自分の部屋に引きこもり自分の好きなことをしている。

それでも焦燥感自分の中でぐるぐるしていて、我が家自分の部屋の壁の向こうに階段があるのだが、母親階段を上る度に私を叱るんじゃないかとビクビクしていた頃もあった。

今は、先日心療内科にかかったおかげで母親は少し優しくなったような気がする。が、母親が私のことを邪魔だと思っている気がしてならない。部屋にこもりきりな人間に優しくしろというほうが無理な話だと自分も思う。

それに、最近友達とも会う機会が多くなってきたのに、働いていないということを未だに言い出せずにいる。正直、言えない。

自分ダメ人間だと思っているからだ。

働かずに引きこもっている人間なんて最低だ。

周りはみんな学校に行ったり仕事をしたりしていて、自分はしていない。

私はSNS上の友達も沢山いるが、誰にも言っていないしあたかも私が働いているように振舞っている。そして嘘をついているということに罪悪感を感じ、ストレスで何も手につかなくなり、変な汗が出る。

早く言わなきゃとも思うし、言いたいとも思うが今更言えないとも思う。

私はどうしたらいいのだろう。

先生は働かなくてもいいよ、とは言ってくれたが、オタクとしてはお金が欲しいし、両親と同じ家にいるのも辛いので引越しもしたい。

お金が無いから出来ない、仮に引越し費用を出してもらえたとしてもその後は自分で稼がなくてはならない。

私はこのまま引きこもって死んでいくんだと思う。

もし私の友達がこれを見たら、恐らく私の事だとわかるだろう。先に言えなくてごめん。

そして、今まで沢山の言い訳をしててごめん。本当に数え切れないくらいお世話になっててごめん。謝って済むことじゃないのはわかり切っているが、謝る以外に何も出来ない。本当にごめんなさい。

何が言いたいかぐちゃぐちゃで、自分で見返しても都合のいいことしか言っていないなと思う。自分が嫌いだ。

2018-10-14

ピンクリボンなんか糞くらえだ

二十代後半で乳がんが見つかった。

乳腺症のひどい胸をしていて、二次性徴が見られるころからずっと胸が痛かった。

からしこりがあるのも普通だった。

二十代半ばをすぎたこから何となく胸全体が柔らかくなった気がしていたけれど、

よく触ると固い部分があるからやっぱり自分の胸はこういう胸なんだと思った。

巨乳にあこがれて、理想Eカップだったけれど、長い間Cカップだった。

がんが見つかる2,3年前に下着屋さんで測ってもらったらDカップになっていた。

Dカップも小さくはない部類だなとのんきに考えてはいたけれど、

しこりが大きくなってきているのは薄々感づいていた。

私は医療系の国家資格を持っている。

きちんとした専門の大学に行き、大学院にも通った。

大学院の同期と後輩で海外旅行へ行った。

自然乳がんの話になり、乳がん肉まんの中に梅干しタネが入っているみたいな触り心地らしいよ、と、年上の同期が言った。

肉まんの中に梅干しタネ入ってるのなんか触ったことないですよね~、と、呑気なフリをしていつもの通りおちゃらけて私は返事した。

実は私の胸にもしこりがあるんですよ~、触ってみます?と、いつも通りの雰囲気で、しかし内心焦って続けた。

のしこりは、想像の中にある肉まんの中の梅干しタネに触り心地がそっくりだった。

彼女たちは触らず、微笑みながら言った。

帰国したら検査してみなよー、安心するよ。」

帰国して約一か月、土曜日トイレぼんやりしながら、そういえば、と思い出した。

スマホ検索して、土曜日受診できる病院電話を掛けた。

何となく人気らしい病院を選んだ。院長が講演活動なんかもやっているらしい。

電話がつながったものの、案の定、初めての患者は一か月くらい診てもらえないと応答した女性は言う。

しこりがあるようなら、うちじゃなくても良いんで、一刻も早く診てもらってください」

まりにも真剣な声だった。電話で問い合わせただけの相手に言うにはあまりにも真剣だった。

予約がとれなければ面倒だからやめとこう、そう考えていた私に次の病院電話をかけさせるには十分すぎる熱量だった。

仕方なく次の病院に連絡をしたら、その日のうちに検査ができた。

マンモグラフィーは痛いものだと健診で受けたことある友人から聞いていた。

それにしても痛すぎるのではないか

それまでの人生、私は自分が痛みに強いのだと思って生きてきた。根拠があるわけではないのだけれど。

しこりのある胸を挟まれた時、あまりの痛みに体が震えて、冷や汗が出た。

検査技師のお姉さんに肩を抱かれて、一旦休憩しようかとベッドに座らされたときパニックになりそうだった。

こんなに痛い検査が侵襲性のない検査とされているのがおかしい、どうかしている、

痛みを我慢できなくて恥ずかしい、情けない、あまり働かない脳みそを使ってぼんやり考えた。

しこりの少ない胸を検査された時も痛かった。だけども反対側より随分と楽に思えた。

自分名前を呼ばれて診察室に入った時に、お医者さんからかけられた第一声は「大丈夫?」だった。

大丈夫ではなかった。血の気が引くとはこういうことをいうのかとしみじみと考えた。

若い女性にはマンモグラフィーよりも、エコーが良い。

そういう知識は持っていた。普通会社員として働いてはいるけれど、学校で習った。

エコーでお医者さんが見せてくれたしこりは、もこもこしたクリームパンのような形をしていた。

医者さんは、難しい顔をしている。モデルのように美しい女医さんだ。

良性の腫瘍の表面はつるりとして、悪性の腫瘍デコボコしている。

そういうことも学校で習った。

その後二か所の細胞診をした。帰りに次回受診の予約をした。

これがもしも何ともなければ、がん保険に入ろう。

いつも私は自分のことを病人にしたがってしまう。

から大丈夫だ、言い聞かせるように胸の中で何度もつぶやいた。

それでも不安がぬぐえない。どう考えても悪性の要素しかない。

医師の友人に連絡をとった。

友人はマンモグラフィー読影の講習を受けたばかりだから何でも聞いてくれといつになく自信にあふれていて、

安心させようと、大丈夫大丈夫と返してくれた。

エコーがこうで、というと、段々と友人の返信に元気がなくなってきた。

最終的には検査結果を待とう、としか言ってくれなくなった。

当時、転勤になったばかりで、それまでとは全く別の職種コンバートされていた。

それまでは暇で仕方なかったのだけれど、打って変わって忙しく

新しい職場単身赴任おっさんばかりで、慣れない環境に日々翻弄されるばかりだった。

残業中、ふと個人携帯に着信がある。

登録していない番号に胸騒ぎがする。折り返すと病院に繋がり、すぐにお医者さんへと代わった。

電話細胞診の結果を言うことはできない。でも詳細に検査がしたいので予約時間を変更してほしい。

結果を言うことができないも何も、それは告知のようなものではないのか。

人生を揺るがすほどの言葉を、私は残業中に、会社非常階段で受け取った。

診察室で細胞診の結果を見た。

まり詳しくはないけれど、学校で見たことのあるような悪い顔をした細胞が並んでいた。

検査施設からつけられたコメントにも『陽性』と記載がある。

確定診断のための検査は、もはや簡単な手術だ。

バコラ生検といって、皮膚を切って漫画のような太い針をした注射器のようなもの組織を吸い上げる。

局所麻酔を打つ。痛みがありますよ、なんてお医者さんは言ったけれど、マンモグラフィーの方がよっぽど痛い。

検査をしてくれた個人病院ではなく、大学病院へそのまま紹介状が書かれた。

色々な説明を受けた。

詳細な検査なしにはわからないけれども推定されるステージ予後タイプによる治療方法の違いや色々。

がんのサイズは3cmあったので、ステージⅡ以上は確定だと、悲しい顔で告げられた。

先生、すぐ治りますか」お医者さんにバカみたいな質問をした。

「うん、すぐに元気になるからね」お医者さんは、今思えばとんでもない嘘つきだった。

大学病院での検査の結果、私はホルモンレセプター陽性、HER2タンパク陽性だった。

簡単にいうと、乳がん治療薬に対して感受性が良いか治療やすタイプだ。予後も非常に良い。

その時は、結果に対して良いことだと感じた。

しかしそれが不幸なこととだと後々思い知る。

術前に二種類の抗がん剤をし、術後に放射線治療ホルモン療法をする。

卵巣の保護とがんの発育を防止するために女性ホルモンを止める注射を打ち

抗がん剤を入れるタイミング分子標的薬の点滴もする。

手術は、温存できそうであれば乳房は温存、シリコンは30年で入れ替える必要があるからおすすめはされなかったので

自分脂肪筋肉移植する方法選択した。

術中にすべてが終わる、同時再建となる。

私の乳がん治療効果が出やすい。出やすいということは、可能な限りの治療法をすべてやってしまうということだ。

予後が良いことと、元気に余生を送ることは違う。

若いから体力がある、回復が早い、とあまり知識のない周りは言う。

抗がん剤は元気な細胞ダメージを与える薬だ。

元々同い年の友人と比較しても筋肉痛になりやす新陳代謝の良かった私に副作用はてきめんに出た。

2,3回の抗がん剤でがんは柔らかくなり、一種類目の抗がん剤を終えるころには触れることさえできなくなった。

それでも、標準治療という、乳がんに決められた治療は命に関わる副作用でもない限り続けられる。

薬を検索して出てくる副作用は大抵踏み抜いた。

感染症にだけは気を付けていたので治療は滞りなく続いた。

味覚障害にならなかったことで体重はどんどん増えていってしまった。

がん=痩せる、は乳がんには当てはまらない。

病気ストレスでどんどん食べる。抗がん剤副作用吐き気がおさまれば、

副作用止めのステロイドのせいで食欲がとどまることを知らない。

ハゲデブ、年頃の女性にとって最悪の状態になる。

乳がんです、と職場に言えば早期と言った覚えもないのに早期のがんの扱いをされる。

実際に早期の分類ではあるものの、どうせ早期なんだろ、と軽くみられるのは納得いかない。

普通に接してやっている、と面と向かって言われたこともある。

咳が止まらない風邪おっさんが、俺もガンかな、と独り言を言う。

今考えれば職場環境は最低だった。

病人扱いはしない、と言われたけれど、仕事は当たり前に1人分用意されていて

懇願しないと手伝ってもらえない。

離れて暮らす家族も、会社を休むな金を貯めろとしか言わない。

確定診断の前、がんかもしれないと連絡したらいつもお前は私たちを驚かせてばかりだとなじられた。

そのあとに、あんたが落ち込んでると思って、と電話をかけてきた母に優しさは感じたけれど

最終的にはがんは自業自得だと罵られて終わった。

突然健康容姿を奪われてしまって、なおかつ職場家族理解が伴わない、そうなると当然頭がおかしくなる。

抗うつ剤睡眠導入剤が追加された。

手術はうまくいった。乳首も残せた。傷跡も自分ではそれほどは気にならない。

少しずつ萎縮しているようで、元々がん抜きにしても健側の乳房より大分おおきめだった乳房がかなり小さ目になっている。

今計測してもCカップいかもしれない。

それでも医療機関で新しいスタッフ出会うたびにきれいだと褒められる。

執刀医がその分野での大権威だったことは幸いだった。

分子標的剤とホルモン療法は副作用のため途中で終了。

術後4年とそろそろ半年がくるが今はがんのためには何もしていない。

時期的にはそろそろ寛解といっていい。

しかし体に残るダメージは癒えない。

手術痕はきれいなものの、剥がれた背中筋肉や、弄り回されて傷ついた神経は軽い疲れや天候不順で大いに痛む。

ホルモン療法のせいで腱鞘炎がひどく、手術もした。

この手術がうまくいっていないようで周辺のスジがひどく痛むし、こうしてキーボードを打っていても

薬指や小指のあたりに力が入らない。

抗がん剤で傷ついた手の表面の神経はいまだに感覚が怪しく、ざらざらした布を撫でると奇妙な不快感を覚える。

足も不意に菜箸でつつかれるような痛みを覚えるときがある。

ついでに、おそらく不妊症になってしまっている。

私は元々婦人科系のホルモン疾患があって、ピルを飲まなければ日常生活を送ることすら困難だった。

しかし、ホルモンがエサになるタイプのがんだから使用することができない。

倦怠感、睡眠障害PMS自律神経失調症気象病

ホルモンの乱れ、心身に蓄積したダメージ、見た目が元気そのものからこそ理解されないタイプの不調を抱えている。

こんな体調だし、あまり弱みを他人に見せることが好きではないか彼氏はいない。

そもそもいたこともないので作り方もわからない。

太ってしまったものの、髪の毛は生えてきているし、我ながら顔は普通レベルには整っている方だと思う。

だけれど、結婚して、子供を産んで、ということは私には夢物語だ。

人生で一番色恋にうつつを抜かさなければならない5年間私はひたすらに体調が悪くて自分の世話さえままならない。

がんそのものでは死なないかもしれない。

がんが連れてきた不調によっては死に至ってしまうかもしれない。

かに抗がん剤はつらかった。

幾度も孤独な夜を越え、みじめさと苦しさと痛みに、毛のない頭を抱えてもだえ苦しんだ。

粘膜が弱って、鼻が蛇口になったのかと思うほどの量の鼻血が出たこともあった。

ホルモン療法を始めてすぐはひどい鬱状態に陥り、首を吊りたい欲求を抑えることに必死になった。

それと比べれば瞬間最大風速は今の方がぬるい。

でも、終わりもないし先が見えない。

次にがんができたら、そう、一度でもがんを体験したことのある人間なら頻度はともかく頭に浮かぶだろう考え。

私は次にがんができても積極的治療はしない。

できれば死にたい

お酒たばこもしないので、非難される要素はあまりない。

病気で死んだとなれば、外聞も悪くない。

ピンクリボン活動が声高に叫ばれている。

何もなくて、安心を得る人もいる、見つけて、切って、はいおしまい。で済む人もいる。

でもそうでもない人もたくさんいることだろう。

死ぬよりつらい地獄に引き込まれることもあるだろう。

こういう地獄があるんだよ、と説明することも大事だと思う。

地獄入り口になるかもしれない責任を持つべきだ。

ピンクリボンなんて、かわいらしいイメージではよくない。

そもそも私は乳がん検診適用の35才より若くに自分病院にかかったか

まり恩恵を受けてはいない。

がんサバイバーがエネルギッシュな姿をさらすことは勇気を与えるかもしれない

でもサバイバーがエネルギッシュにならなければいけないという無言のプレッシャーがある。

現に、私の母は新聞で見た乳がん患者はこんなに元気なのに、あんはいつまで病人気取りなんだと叱責してきた。

元気がある人しか声を上げないのだもの

元気がない人にも声を上げさせてほしい。

下手にがんが見つかるとこういう辛い思いをして、死ねずに生きる羽目になる。

からそれでも生にしがみつきたい人だけが検診をする覚悟を持てと。

やさぐれて、どうしようもなくて、地の底を這いずり回って泥水すするような気持ち毎日を送る羽目になるぞ。

末期で見つかっていれば、大事な人にありがとうと、嫌いな人へ呪詛を伝えて心軽く天国だか地獄へ行けていただろうに。

病気になる前よりずっとずっと性格が悪くなってしまって悲しい。

長い長い、そろそろ自分乳がん患者と呼ぶのにためらってしま三十路女の独り言

追記(10.15)

たくさんの方に愚痴に付き合っていただけたことに、少し気分がすっきりしました。長くてすみません

Amazonの欲しいものリスト!?公開したら物をいただけるの!?さもしい私は飛びつきそうになりましたが、三十路レディなので澄ました顔で見ない振りができます

お肉食べたい!不眠改善のために良い寝具欲しい!楽して痩せるダイエット器具

物欲は止まることを知りませんが、あなたの周りの少し元気がない人に美味しいご飯おやつをごちそうしてあげて下さい。

回り回っていつか私がご相伴に預かることになるかもしれません。

◆母のこと◆

クソ!母親が!!うちひしがれている娘に!!!そんなことを言うだなんて!!!と、当時発狂しそうに悲しんだんですけど、母も恐かったんでしょう。

恐がりなんです、恐がってる自分を受け入れられなくて、私に当たることしか出来なかったんだと思います

今も、私が一刻も早く普通に戻れることを期待しています。私の体調が悪いこと、気持ちの落ち込みがあること、すべてを気の持ちようで片付けようとしています

私は、母の中では病人であってはならないのです。あって欲しくないのです。

からと言って、娘に言って良いことと悪いことの区別がついていない理由にはなりませんが。

母は、母なりに私に愛情を持っていることだけは誤解されたくなくて追記しました。

内弁慶で臆病なおばさんなんです。

ちなみに、近親者で乳がんは父方の祖母(60代発症)だけで、姉も、おばや従姉妹、その他男性、他に誰も乳がん患者はおりません。

遺伝性のものではなさそうなので、単純に運が悪かったのです。

職場について◆

国家資格は取得しているものの、勤めている会社ではその資格を使ったお仕事はしていません。

ですので、デリカシーのないおっさんらもあんまり医療知識がないです。

とは言え、どう考えても非情対応をされたことは間違いありません。

もっと貶してください。

叩いて下さい。

あの頃耐えて笑っていた私が報われます

今は優しい人達の多い職場に転勤しています仕事にも人にも恵まれています

泥水をすすりすぎて、濾過した雨水うめぇ水道水最高!って言っている状態なのかもしれません。

分子標的薬で心不全症状がガンガン乳がんだけに)出ていた最中引越しを伴う辞令を出した会社には多少わだかまりはあるものの、結果オーライ職場環境は確実に改善されています

それでも体が辛いものは辛い。

ピンクリボンへの八つ当たり

そうなんです、八つ当たりなんです。

わかっているんです。

気軽に乳がん検診に行こう、それで簡単処置で助かる命がある、それは尊いことなんです。

ファッション感覚ピンクリボン、ウェーイ!としている女子が妬ましいんです。

ウェーイしている女子いるからこそ気軽に検診が出来る、それが本来目的なんでしょう。

ただ、若年性乳がんって、乳がん全体のほんの数%なんです。貧乏くじ引いてしまった感が否めないんです。

元々ちょいちょいツイてなかった私が、こんな所でもツイてなかったかー、と。

妬ましく思っても許して下さい。

ネルギッシュに闘病体験を語って、良い感じの活動をしている先輩サバイバーを見て、そうはなれない(なりたい訳でもないけれど)不定愁訴しんどいんです。

残っている後遺症のようなもの障害レベルではなくて、1個1個は誰しもが抱えている何らかの不調なのかもしれません。

不調の数が多すぎて、歯車がガタガタで、支える気力も尽き果てた状態が今の私です

ぶっ飛ばさせて、レッドリボン軍だか、クリボーだか、びっくらぽんだかのアイツを。匿名のこの場でくらい。面と向かっては、きっと吐き出せないので。

優しい言葉ありがとう、長い愚痴に付き合ってくれてありがとう

嵐のような感情の発露は鍵付きのTwitterだけで行っていました。

初めて書き散らしたこの場で、思いもよらずたくさんの方に見ていただけて、嬉しく思います。 

大好きなアーティスト懇願して(服の上から)触って貰ったことあるので、本体の私は乳のせいで地獄のクソ煮込みをわんこそばで注ぎ込まれている割に、乳だけは世界で1番幸せ者かもしれません。

欲しいものリスト我慢するので、私と彼が結ばれる結末を祈って下さい。

賃貸探しの沼

アパート廃業のために住んでる家を出ることになった。

広い安い遠くの賃貸

都心の広い高い賃貸

こんなに広さが必要なのか?

家賃ちょっと高いわねえ

今住んでるところと同じくらいの感じで…

なんか違うなあ

結局引っ越ししたくないのよね

ルームシェアとかどうなんだろう

不動産屋には四軒行った。

結局自分軸がぶれているので

いいわねえ!とはならない。

日当たりと風通しが良くて、出切れば2面採光で、キッチンが二口で、ユニットバスでもいいけど狭いのはいや、24㎡は欲しくて、15分あるいてもいいから六万以内の安いところ。

どこを落としどころにするかが問題だよね。

は~ヤダ、引越し

大家さんのバカ廃業しないでよー!

2018-10-13

幸せにしたい人がいる

犬の墓参りに行ってきた。死んでからもうすぐ2年になる。

初めて我が家にやって来た時、私はまだ小学生だった。箱の中からこちらをじっと見詰める姿も、家に着いて心配そうにワンと吠える姿も、未だに鮮やかに記憶に残っている。自分で言うのも何だけれども、彼女は私の事が大好きで、幼い頃も老いからも常に傍にいてくれた。病気がちで苦労の多い犬生ではあったが、私に頭を撫でられている時はいつも幸せそうに見えた。

出会った日から15年以上が経ち、いよいよ死が近づいた晩のこと、病気でぐったりと横になっているのを見て何か悟ったのか、私はその日一睡もできなかった。夜更けに様子を見に行ったところ、痙攣を起こしているのに心付く。それから翌朝旅立つまではずっと一緒だった。体に優しく手を置くなり痙攣が止み、また暫くして歯をカチカチと鳴らしたが、最期の数分間は、健康な時と全然変わらない心地良さそうな寝息を立てる。私もそれにつられてとろとろしていると、ある時呼吸のリズムが変わった気がして、名前を呼んだら、ふーっと息を吐き、もう最後だった。生涯においてこれ程愛情を注いだ対象は他に無い。闘病は短くなかったから、予め覚悟を決めていたけれども、自然に湧き出る感情我慢せず、あとに後悔を残さないためにも私は思い切り咽び泣いた。これでスッキリした。以後は殆ど悲しみを感じなかった。

いなくなってからちょうど一年の命日。一年前の朝は雨だったが、その日は快晴だった。不思議なことに、私は布団の中で涙を堪えられなくなった。もう別れはとうに過ぎ、泣くだけ泣いて気持を切り替えたつもりでいたのに、どうしてだろう、悲しくて仕方が無い。驚くとともに少し嬉しくもなる。なぜなら、私の心の中ではまだ彼女が生きていることを、自分で確かめることができたからだ。青い空に向かって手を合わせ、彼女と心が通じ合った気がした。


私の好きな人というのは、まさにその日、私が休み職場に新しく入ってきた。死んだ犬に思いを馳せつつも、そろそろ始業の時間だな、どんな人なのかな、と期待と不安を交えながら考える。実際に対面したのは翌々日、親友誕生日だったからこれもよく覚えている。美人、目が綺麗、笑顔が素敵、というのが第一印象だった。よろしくお願いします、と頭を下げたところ、私のことを既に聞いていたらしく、「この人…」と呟いて、懐かしいような安心したような笑みを浮かべたのが印象に残る。でもちょっと自分とはかけ離れた存在に思えて、すぐには恋愛感情が湧かなかった。

それから数ヶ月、彼女とすっかり仲良くなった私は、以前から考えていた所に従い、今の職場退職し、離れた地で生活を始めることに決めた。勿論寂しい。もしかしたらもう会えなくなるかもしれない。でも、「最後から」と初めてのデートに誘い、一緒に食事をした別れ際、後ろを振り返ると、満面の笑みで見送ってくれている。それを見た私はなんとなく、この人と一緒に生きて行くことになるのかな、と思ったのである

しか現実儚い退職の時に渡した連絡先には、待てど暮らせど連絡は来なかった。

最後に会ってからの数日間がどれほど辛かったかを表すのは難しい。会えるうちにもっと積極的になるべきだったとか、たとえ一生会えないとしても幸せになってほしいとか、考え続けては涙を流す始末で、退職時に頂いたプレゼントも、敢えて目につかないところに仕舞うようにした。諦めようとしても諦めきれず、また会えると信じようとしても苦しくなる。こんな有様では新しい環境でやっていけないのではないか不安でならなくなった。

犬の墓参りに行ったのは、ちょうどその頃のことだ。引越し挨拶とともに、好きな人との素晴らしい思い出を与えてくれたことへの、感謝を伝える意味もあってやって来た。思い返せば、私たちはよく散歩に出掛けて、夜空の星の下、「ずっと一緒だよ」と約束したものだった。いや、約束したなどと言っては彼女迷惑に思うだろう。彼女は早く帰ってドッグフードを食べることしか頭になかったに違いない。しかし私は真剣に祈った。それはこの日お墓の前でも同じだった。


さて、出発の日、まさか自分彼女に会いに行くという、突飛な行動を起こす決意を固めることになるとは、前日には想像ができただろうか? 我ながら不思議でならない。私の記憶が正しければ、彼女今日は早めに退勤するはずで、いつも通りなら駅の近くの道を通る。そういえば先日短い旅行に行った時の土産がまだ僅かに残っていた。それを渡すのを口実にしよう。慎重な自分から想像もつかない無理矢理な計画吟味する暇もなく、私はすぐに土産を袋に詰め、出発の準備を整える。いても立ってもいられず、早すぎるものの家を出た。着いた先で適当時間を潰す間も胸の鼓動は鳴り続ける。

ようやく時間になろうかというところで腹が減り、駅近くのコンビニ菓子パンを購入しようとする。レジのお姉さんに手渡す。支払いは電子マネーで。と、ふと後ろを振り返ったら、コンビニの外を歩く見慣れた姿があった。「すみません、これ戻しといてください」。走る。お姉さんは呆気に取られたようだった(申し訳なかった)。ともかくも、会えた。会えた、会えた。俺は彼女に会えたのだ。

2度目のデートは、ほんとうに夢の中にでもいるみたいだった。覚めるのではないか真剣に疑って皮膚を抓ったりした。彼女もとても楽しそうなのが喜ばしい。途中、今までの人生で一番輝いていたのはいつか、という話題になって、私は適当小学生の頃と答えたけれど、本当を言えば、今この瞬間に決まっている。世の中にこの様な幸福がある事を生れて初めて知った。

別れ際、彼女は前と同じく素敵な笑顔で、私の姿が見えなくなるまで大きく手を振ってくれていた。「送る」と言ってくれたのに、今のところ連絡はやっぱり来ない。彼女が私のことをどういう風に思っているかは分らないし、離れてしまった今ではこの先新たな展開があるかどうかも見通せない。もしこれきり会えないとしても行動した分悔いは少なくて済むだろう。ただ私はどうしても、彼女のことを大切にしたい、幸せにしたい、という気持を捨て去ることができずにいる。それは天国にいるあの子に対する祈りと通じているようにも思う。

また涙が出てきたからそろそろ止めにしよう。

2018-10-11

不動産はてなーに教えて欲しい

一年後に今の家の契約更新になる。

もう5年も住んでてとても気に入ってる家だがいかんせん家賃が若干高い。(高いからこその良いトコがいっぱいあるので仕方ないけど)

そこで1年かけてじっくり賃貸物件を探したいんだが、そもそも不動産屋がそんなのんびりした客を相手にしてくれるかなあという

不安があり、なかなか不動産屋にいけない。

地元不動産屋に行く

引越し時期は閑散期の夏頃

という点は抑えてるけど、どうだろうか?

やっぱ地道に賃貸検索あぷり使って自力で探すべき?

SUUMOHOME's、Yahoo不動産、アットホーム、R-STORE使ってる。データベースは同じだろうけど引っかかる物件微妙に違うんだよなあ)

2018-09-28

北海道胆振東部地震災害ボランティアに行ってきました

人生初のボランティア活動は思った以上に実のあるものになりました。

災害ボランティアに興味があるけどやったことのない、踏み出せない人の為に

自分が行ったボランティア活動について少し書きたいと思います




北海道胆振東部地震では特に厚真町安平町鵡川町の3町での被害が大きかったのですが

その中で私は安平町(あびらちょう)に約10日間行ってきました。

一番大きく報道されている厚真町比較すると建物の倒壊こそ少ないもの

インフラ回復していないエリアも残っているし

家具などが倒れてぐちゃぐちゃな状態の家が多くありました。




私が担当したのは住宅清掃です。

まりそのぐちゃぐちゃになっているお宅に訪問して片付け、清掃をし

災害ゴミとして捨てる物を家の外に出すという仕事です。

1班が5〜7人で編成され被災者さんのお宅を訪問します。

物が多い家の場合は2班、3班合同で作業にあたることもありました。




作業自体引越しに近いものでした。

大きなタンスや机を運ぶこともあれば

服、小物などを分別してゴミ袋に入れるような作業もあります

たまに小屋ブロック塀の解体など難しいものもありましたが

あくまでも私たちボランティアでしたので

危険性が低く可能範囲での作業でした。




被災者の方とも多く接しました。

地震当時の話から家族の話まで色々な話をしましたが

どの方も気丈に振舞われておりました。

ただ、それは人前だからの行動であることは明白で本当はものすごく辛いということも感じました。

私は無かったのですが、被災者さんが今後どうすればいいのかと泣かれてしま

こちらも辛かったというボランティアさんもいたそうです。




災害ボランティア活動で何より素晴らしかったのは他のボランティアさんとの出会い

活動中に感じるとにかくポジティブな考え方、行動です。

ボランティアとして安平町に来ている方は

自分がやらなきゃという想いが強い人が多く

前向きで行動的な方ばかりでした。

その想いが強すぎて、仕事が少ない、与えられなかったりすると不満が出るくらいでした。

(ボランティアのあるべき姿としてはあまり良くないのですが)




活動中には自分経験想像を超えたことがたくさん起こりました。

初めて会う人達ばかりなのに気が付けばチームワークが完成しています

各々が自分の出来る仕事に自ら進んでいき効率化されるからです。

仕事ができずあぶれる人が発生することはありません。

もちろん人間ですから能力に多少の差はあると思うのですが

前向きな気持ちがあるからなのか、必ずその人の持ち味が発揮され

チームの一員として力を発揮します。




作業中に不平不満が出ることがまずないことも特筆です。

ボランティアプロではなく素人なので作業中のミスや失敗は正直頻発します。

しかし誰一人として文句は言いません。すぐフォローに入ります

とにかくポジティブ

みんなでやろうという雰囲気が醸成されていて

とても気持ちよく仕事をすることができました。

会社でもこんなに気持ち良く働くことができたら…と何回思ったことでしょうか。




1〜2日程度の参加者が多い中で比較的長期だった私は

途中から住宅清掃班のリーダーとして業務担当させて貰いましたが

メンバーポジティブな考え方、行動に助けられてばかりでした。

たった1日一緒に作業しただけなのに別れ際の寂しいこと寂しいこと。

本当に素晴らしい出会いの宝庫でした。




長々と語ってしまいましたが

もしこの文章を読んで災害ボランティアに興味を持ってくれた方がいたら

次に災害が起きてしまった時はボランティアに参加して貰えると嬉しいです。

参加する意味が必ずあるし、素晴らしい体験になると思います




ここまでお読み頂きありがとうございました。

もし質問などがあればコメントで書いて頂ければ追記します。

2018-09-14

物心ついて間もない時期に、母から無理心中を迫られたことがある。

物心ついて間もない時期に、母から無理心中を迫られたことがある。

死についてよく分かってなかった自分は、「死にたくない」と母に答えた記憶がある。

母はその場で泣き崩れ、何とか死なずに済んだ。

後で詳細を描くかもしれないけれど、自分の生まれた家庭は不完全家庭だった。

とにかく、その日から、死ってなんなんだと考えこむようになった。

幼稚園に上がってしばらくした頃、悩みはピークに達してあまり眠れなくなった。

周りの子供に相談しても不安がらせてしまって、当時の幼稚園先生からこっぴどく怒られた覚えがある。

書いてて思ったけれど、幼児が眠れなくなるって大ごとだ。

小学校に上がってから記憶ほとんどない、ただ周りに合わせてテキトーに振舞い続けた。

唯一記憶に残っているのは三年生だった時で、担任が超熱血教師だった。

うちに家庭訪問しに来た時、和室に入った時の言葉は今でも覚えている。

和室にある仏壇を見て、「ああ、創価学会員でしたか、うちは妻が幹部をやっておりまして。ちなみに私は共産党系です。」

当時はあまりピンとこなかったが、しばらく経ってから自分で調べてみた。

けっこう対立してる組織だったのね。

対立組織に属する夫婦、すごい。

私は熱心で信仰深かったかというと、それの真逆だった。

親に連れまわされて行っていた会館などの集いも、小学校に上がる前に全力で拒否して行かなくなっていた。

当然親からは殴られた。それでも反抗した。

そして家族の中で一番信仰深かったのは母だった。

父はそれほど熱心でもなかった、気が向けば仏壇に手を合わせている程度。

三年生だったころはその熱血教師とも気が合って、それなりに楽しく過ごせた。

でも家庭はぐっちゃぐちゃで、母からよくなじられた。

「お前が信心深くないから家庭が上手くいかない。」

「お前が(ryから父さんもあまり家庭と向かい合ってくれない。」

父も父で、母に対して気に喰わないことがあると自分を経由して文句を伝えさせようとしてきた。

言わないとそれはそれで面倒なので、父の伝言を母に伝えた。

母は激怒し、私に当たり、そして父にこう伝えろ、と迫る。

その伝言を父に伝えても、特に私に当たったりなどは無かった。

そういう板挟みが続いたころ、もうどうしようもなく死にたくなって、自宅で包丁飛び降りコンボを使って未遂を起こした。

ベランダの上に立って、首を切った瞬間に飛び降りようとしたのだった。

首にあてがった包丁感覚は今でも覚えている。

その時、家には誰も居なかったのだが、実行しようとしたタイミングで母が帰ってきていた。

私は母に気が付かず、後ろから羽交い絞めにされた。

母は号泣していた。

この人、昔心中を迫ってきたくせに泣くんだなと思った。

あなたはこんなことする子じゃないでしょ、何があったの?」

いやいや、目の前でこんなことをしようとしてたのが、アンタの子だよ。

そういう事件中学に上がるまでに二回ほどあった。

ショックを受けた母はどんどん宗教にのめり込んだ。

中学に上がってから記憶もあまりない、気が付いたら中二の年越しで食物アレルギーを起こした。

唯一携帯電話を持っている友人が私の家族電話しても全く出ず、友人たちは仕方なく私を自宅に運んでくれた。

寒い寒い、とうわごとを繰り返す私に友人が毛布を掛けて温めてくれる。

両親が帰ってきたのはそれから2~30分後。宗教集会に行っていたらしい。

私の状態さらに悪くなっていて、意識が途切れ途切れだった。

そして病院に運び込まれ、友人と両親、私は病院で年越しをした。

翌日、小児科医師が私の様子を見に来た。

蕎麦アレルギーで年越しとは幸先が悪いねハハハ。ところで、その手首の傷は自分でやったの?」

思いがけない質問が飛んできたけれど、意を決して私は頷いた。

あとで知ったけれど、その医師は小児神経科も診ることが出来る人だった。

「目の下のクマもすごいね、週にどれくらい寝てるの?」

「…二時間くらい。」

「何とかしたいと思う?」

私は静かにうなずいた。

その日から私の精神疾患に対して、具体的な治療が始まった。

私につけられた診断名は自律神経失調症とそれで発生した鬱、そして重度の不眠だった。

治療内容は、ルボックスという抗うつ剤と、生活リズムを記録につけるように指示された。

治療は三歩進んで二歩下がるという感じの速度で進んでいき、気が付いたらリストカットをやめていた。

鬱がひどい時でも気合いのような何かで無理くり体を動かし、学校へ通った。

精神的に辛くて行きたくない時は、母が私をぶん殴って無理やり車に乗せ、保健室に突っ込まれた。

そんな凸凹でも何とか成績は維持していたらしく、高校入試指定校推薦を受けることが出来た。

ちなみにこの時点でまだ鬱の治療は続いている。

高校合格した時、母の言葉を未だに覚えている。

「お母さんの信心が届いたおかげよ。」

この人は自分のやっている事しか見えていないんだな、と思った。

不思議なことに落胆はしなかった。

あきらめていたんだと思う。

高校楽しい記憶で埋め尽くされていたけれど、相変わらず頭の中は生死の概念を掴むことに夢中だった。

高2の春休みが終わる頃に、自転車日光に行き、華厳の滝に飛び込んで、すべて終わらせようとした。

夜の7時ごろに家を出て、携帯の電源を切って、ひたすら自転車を走らせた。

国道四号線をずっと北上し、もうそろそろ日光につく頃だったと思う。

東の空が明るくなった。

夜明けだ。

夜明けなら、夜はどこに行ったのだろう?

そう思って反対側を見るとまだ夜だった。

月と太陽が同時に見えた。

その時の自然の美しさに心を打たれてしまって、私はその場で泣き崩れた。

けっこうな時間泣いて、家に帰った。

この時は特に家族から怒られることは無かった。

そんなこんなで、そこから数ヶ月経過した高2の夏休み最後に、小児神経科主治医判断により治療がひと段落した。

不眠は改善し、リストカット癖も消えていたからだ。

希死念慮だけは消えてなかった。

主治医見立てでは、「まあ何とか乗り切れると思うよ、強いし。」とのことだった。

実際強かったと思う、よく耐えきれたと思う。

大学入試指定校推薦理系私立短大を受けて、合格した。

大学はかなり白熱した環境だったので研究学業にのめり込んだ。

2年後の卒業を経て、私は教授のツテで食品物流会社就職した。

仕事は楽しかったけれど、忙しい部署にいたのでしょっぱなから残業まみれになった。

そして、就職してから数か月後に精神疾患を再発した。

今度の病名は統合失調症

そこからは闘病しつつも、ちょくちょくバイトを始めて、そして体力的限界で辞めての繰り返しだった。

統失治療を始めてから最初の5年の間に、母はがんで亡くなった。

しかったけれど、多分一般家庭の子供よりは悲しんでいなかったと思う。涙は一応出たけど。

そこから5年後に、当時所属していたコミュニティメンバーの誘いを受けて、ルームシェアみたいな環境引越しをした。

その日から今日までの1年の間に色々なことがあった。

引っ越した月に友達付き合いが続いていた元恋人自死

病名が統合失調症から統合失調感情障害になった。

そこから半年後に父が癌で余命半年の宣告を受け。

自分自身も体調がすぐれないので、実家に戻ってきた。

そして実家に戻ってきたときに、もう一人友達付き合いが続いていた元恋人自死

私が実家引っ越しから、父の治療は順調に事が進み、抗がん剤放射線治療、本人努力甲斐があって腫瘍が消えた。

これには驚かされた、父本人が一番驚いているけども。

あとは5年間再発が無ければ安心とのことだった。

そして現在に至る。

今日は暇だったので、思い出しながら勢いでバババっと書いてみた。

しかしたら時系列おかしくなっているかもしれない。

疲れてめんどくさいので、推敲はしないでアップします。

人生いろいろあるよねってお話でした。

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます

お互い、人生を良い旅にしていきましょう。

自己責任

北海道なんて冬の寒さが厳しい土地を何故選択するのか。と関東から北海道に越していった知人に問い掛けたい。

彼ら、彼女らは原発事故で住み慣れた土地が侵された時、易々と故郷を捨てた。放射能汚染からも逃れ、子供の為と言って不要人間関係を断ち、北へ赴いた。だから、正直わざわざ北へ行き被災した人達の事など知ったこっちゃない。日本は狭い国だ。どこに居ようといずれ震災にはまみえる。そういう時引っ越すのも逃げるのも手段の一つだと心得ている。

ただし、そういう自己都合で移動した人達が住みやすさを求めて環境を思いのままに変化させるのは間違っている。北ではなく西にも、沖縄にも暮らしやす環境は有ったはずだ。北海道資源に恵まれ大事土地だ。それは理解している。小樽は素晴らしい所だったし、何十年後もあの観光地が栄えていて欲しいと願っている。

しかし、だからこそ再稼働は絶対に許せない。住み慣れた故郷公園は、放射能汚染で今も汚染度が看板に表示されている。震災直後は最も物々しく、黄色ロープが張られていた。今だって北海道民は身に染みて感じている事だろう。震災海外から観光客をも途絶えさせてしまう。そんな時原発事故がもし起こっていたらどうなるか。日本安全性は失墜し、海外からも大きく批難される。今まで寂れた村として紹介されていた限界集落に益々人が訪れなくなる。二日間停電が起きていたとしても、それで死者が出たとしても、津波による被害の比ではない。我々は、東日本大地震を通じて学んだはずだ。原発は今の日本には荷が勝ちすぎる。国民の大半はその機構をよく知らないまま恩恵に預かっていた。リスク考慮しないまま、安全神話にもたれかかって居た。誰に何を言われようが、北海道未来を奪って欲しくない。

消去法という苦し紛れ選択肢ではあるが、結局引越し検討して貰う他ないのだ。

2018-09-04

anond:20180904234607

ハツラツと仕事して友達旅行してってやってる母だから

かに体悪くしてから都会に引越しとなると色々辛くなりそう…

今度帰省した時にしっかり話してみます

2018-09-03

真面目に生きると損をする

これはずっと思っていたことだ。

真面目で物事を信じる人ほど損をしている。

まず、たまに耳にする「ゴネ得」がある。

ゴネて我侭を言えば、大抵の物事は上手く行くという感じだ。

私は元々我を通すほうではなかったのだけれど、

引越しの予定日を決めるとき引越し会社の都合で動かされそうになった時はものすごくゴネた。

雪が降った日で、大雪から日程を変えてくれと言われたんだけど

もともと私は決めていたので変えなかった。ゴネてゴネて1時間。勝ち取った。

このとき私は「あ、ゴネた人が勝つんだ」って思った。

あとから聞いた話によると、私より後に引越しを入れた人がゴネまくって

私の時間ブッキングさせてきたらしいとのことだった。人のこと言えないけど、何だそいつは。

真面目に生きて、人に道を譲りまくっていると

最終的に自分が損をする。「恩を返す」ということをしてくれるのも、また「真面目な人」だけだからだ。

あーぁ、仕事も半分の力で適当にやってりゃいいよ~。死ぬ気でなんかやるな。死ぬぞ~。

好きな事しようぜぇ~~~。

2018-09-02

干渉毒親

転勤になった。

会社費用で全てフルパッケージ引越し手配が可能だ、ありがたい。

なのに、親が手伝いに来たいと言って聞かない。

俺、もう35。妻もいる。はっきり言って迷惑

転勤先が実家に近いならまだ分かるが、新幹線やら飛行機やらを使わないと来れない距離

いや、ただただ邪魔から来なくていいのに。

ストレートに伝えると発狂するから会社が全てやってくれるから大丈夫と言うも、

なにか手伝えることがあるはずだ、住環境心配だなど言う。

妻と俺の実家は折り合いが悪い、そりゃそうだ。俺だって関わりたくない。

幸い俺も妻も転勤については前向き(住んでみたい地方から)なのに、こんなことで気分を下げられたくない。

2018-09-01

anond:20180901001000

はてなダイアリーの終了アナウンスを受け、やっぱり一昨日はてなダイアリーブクマが大幅に減った。

ブクマ引越し先のはてなブログ向けに変換されたんだと思うけれど、800万ブクマある中のわずか16,633ブクマ(0.2%ほど)を処理しただけでシステム限界が来て受付を停止してしまったようだ。見通しが甘かったのかもしれない。

カクヨムを追加してみたけれど、全然ブクマされないんだな。はてなとしてはシナジーを期待していたがブクマカが踊らなかったのか、意図的にガラの悪いユーザーを混ぜないようにしているのか。今週は「エッチなシーンを秋元康が台無しにする百合」という作品がかなりブクマを集めている。カクヨムブクマ界では2ヶ月ぶりの大ヒット。

小説家になろうも同様にブクマされない。こちらは「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」という作品が人気。と言っても62ブクマからホットエントリユーザーには届いてないんだろうな。

(数字の桁を間違えていたのであとから訂正)

2018-08-25

不倫

今日、身近な人の不倫の話を聞いて驚愕した

それも二件

どっちも既婚者側の人とは、割と親しいと自分で思ってたから衝撃だった

お互い子持ちでたまたま同時期に引越したから、子供のはなしや引越しの話、義理親のちょっとした愚痴だの配偶者の惚気だの、所帯染みた主婦あるあるを語り合ってたのに

子供いて仕事するって大変だよなあと慰め合っていたのに

あんなに日々いっぱいいっぱいだよねと言い合ってたのに

子供病気の時で病児保育とれないと泣きたいよねって言ってたのに

常に体調悪いし寝不足だねと言い合ってたのに

子供いて家事して仕事して恋愛までしてたとは、なんたるバイタリティだ!!

お前元気やんけ!!!!!!!!

いや凄いよほんと

仕事して家事して育児してると息つく間もないほど目まぐるしいのに、この最中不倫相手LINEしたり電話したり会ったりちょめちょめしたりする暇が一体どこに……???

私なんてムダ毛を処理する暇もなかなか作れないのに………???

あっ、仕事中か………???

仕事中にLINEしたりこっそり会ってたりしてたんか?

そりゃそうか、社内不倫から

いやーーでも時間の使い方がうまいんだなあ

あれかな、この時間配分能力を真っ当に発揮したら資格取ってステップアップできるな

なんか呆れ半分、尊敬ちゃうわー

2018-08-24

anond:20180823093121

学生時代はじめて一人暮らししたとき学生貧乏お金がないなか、ちゃんと払わないととこっちから受信料を払った口だけど、実家引っ越しした後も口座から引き落としされてて、数年たったある日、残高がなくNHKから引き落としできない旨の連絡がきた。

いろいろやり取りした後、住んだ実態がないのに支払った分は返すことを約束してくれたけど、それを証明するもの(たとえば、引越し業者領収書など)を出してと言われた。数年前のことだし、当時お金もなく引っ越し軽トラを借りて自分でやったし結局何も証明するものが用意できなかった。

何度かNHKオペレータから電話があり、(それも毎回相手が変わってだんだん丁寧な口調の人に変わっていったのが印象に残った)結局はこちからもう証明するものは何も用意できないので返金は結構ですと折れた。

もともと、引っ越しの連絡(解約)をしなかったのが完全に悪いのだけど、間違いで支払った分は返してくれると約束したのに返ってこなかったことや、こちらが折れればそれで済ませちゃうんだ・・と、もやもやが膨らんでいって、結局そのあと今後一生NHK受信料は支払わないと心に決めた。筋違いなのは理解しているけど良かれと思ってこちから支払った行為が踏みにじられた気がして感情的にもう嫌なんだ!

さいわい、そのあとテレビがない生活をずっと過ごしているので払う必要はなくその決心を実行するタイミングはまだ来てない。

2018-08-22

Mマス引退辞表を読んで

運営や界隈に言いたいことや負の感情、毒も怨念も全部自分文章に書く前に形にして出してくれる!!

それに心の中で同意したり拍手したりするだけで済むからとてもラク

負の文章って書くの結構エネルギーいるもんね

思っても声にだすの結構面倒だし黙って消える方がラクだもんね

同調圧力押し付ける奴らやジャンル俯瞰した時見えるおかしな所に目をそらし続けるお花畑達にはいっつもストレスためられてたけど

アニメ以降増えた引退ブログイライラ発狂して学級会してるのも見てて笑える

思う存分私の代わりに砂をかけてくれ!!

これだけだと物足りないんで

引退はしないけど新情報出たのに担当違うだけで空気違いすぎてちょっと引いてる

所謂セカライPで不満は溜まってたし運営サイコパスかよ、ぐらいに思ってたけどあまりにも多いわ

まぁ先が見えず停滞感と不信しかないのにずっと先へなんて歌われてもね

引退ブログ書いてる人と比べるとかけた金額時間も熱意も足元にも及ばないから呑気なこと言えるんだけど

ミニキャラでもせめて担当が動いて喋るミニアニメぐらいは見届けてあげてほしい

そこでも格差つけて来たら笑えないけど

あと個人的にはアニメとかグッズや曲の格差とかよりもまずステのゲーム性治してほしい

男性Voリズムゲーやりたかったのになんだあれ

流石に一年改善されると思ったらそんな気配もないし

リズムに合わない木魚って例え聞いたときまさしくそうだなーって思った

テニス音ゲーの流用でいいからせめて音ゲーやらせてほしい

イベントごとの衣装は嬉しいからあとはリズムパートなんとかして

ちょっと前に某人気リズムゲーが男バージョン出すって発表してたけど

キャスト次第ではかろうじてジャンル残ってる人もそっちにお引越ししそう

アイマスにもサイドMにも思い入れ特にないけど担当ユニットだけは消えるの惜しいか

終末感漂う現状なんとかならないか

どうにもならなそう

2018-08-16

スルガの口座あるんだけど

https://this.kiji.is/402420535247963233

2ヶ月分くらいの生活費が入ってるんだけど、すぐさま預金移動する意味ある?

公共料金とかクレジットカード手続きめんどくさい。引越しまでなんとかならんかな

2018-08-13

まぁでも虐待を疑うような泣き方をしてる子供はたまに見る

今年から住んでるアパートの隣室には乳児を連れた夫婦が住んでいて

引越し挨拶に行った時に向こうから子供の声がうるさかったらごめんなさいと言われた

ある程度覚悟はしていたけど結果的にはほとんど気にならなかった

日中泣き声が聞こえてもしばらくしたら泣き止むし夜中泣き声が聞こえると

おそらく旦那子供を外につれていったり、車に乗せたりしてるっぽかった

そういうがんばりを目の当たりにしているということもあるけど

泣き声が聞こえてきてもそもそも嫌悪感は一切感じなかった

で、こないだ映画館に行った時にロビーギャンギャン泣いている4、5歳の子供がいて

親の姿が見えなくて最初迷子かなと思ったんだけど

「も〜うるさい~」という声がして、その方向を見たら

ソファに深く座ってスマホから目線を離さない不機嫌そうな女がいて

まさかこいつじゃないないだろうと子供とその女をロビー中が動向を見ていた

一向に泣き止む気配もなければますます声量が上がっていくのを見かねて

従業員子供に寄っていったら

女が立ち上がってその子供に近づいて腕を持って

ホントいい加減にしなさいよ!」と言って脱臼するんじゃないかと思うほど力強く

子供の手を引いてトイレに行ってしまった

一回も周りと目を合わせなかったのが印象的だった

泣き出す前にどういうやりとりがあったかは見ていないし

何か仕方ないような事情があったのかもしれないし

寝る時間もなくて疲弊してまともな思考ができなくなってるのかもしれないけど

それを加味してもちょっと虐待入ってるだろと思った

あと結局母親従業員とのやりとりはなかったけど

「お客さん、それ虐待ですよ」とは言えない訳で

「他のお客様のご迷惑になります」としか言えないよなとも思った

2018-08-07

anond:20180807215139

いやー、フリーランス保証人も無いか引越し先を探しにくいという問題があって…

みんな保証人のあるサラリーマンor学生に貸したがるんだよね

そのへんうまいことやる方法は無いものだろうか

2018-07-31

anond:20180731011530

贅沢できないね→そうだね

なんて言ったらこから生活あんまり楽しくないねって言ってる感じがして切ないよな。引越しちょっとは盛り上がってるところだろうし。もしかしてそんなに盛り上がってない?

2018-07-29

買い物

テレビレコーダーを買った。

パナソニックだ。

よくわかんないけど、高機能らしい。

うちのTV地上波入るぐらいの古いやつだし

ボーナスも出たし、家も引越したので

新しいのに買いかえた。

ネット動画とかなんたら共有とかなんだか凄そうだぞ。

電化製品買うときのワクワクってすごいワクワクよね。

HDD とかも買っちゃおうかな。買うとなんかすごいんかな。

あぁ、Panasonicの人はもっとなんかワクワクするようなのを教えて。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん