「支配」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 支配とは

2020-06-02

性欲を消したかった

性欲を消したいと思い、女性ホルモンに近いと言われる大豆イソフラボンサプリを飲み続けたところ、体の感覚が変わって怖くなった話。

から性欲が邪魔だった。オナニーを2日我慢すると体が震える。ペニスイライラして、射精の事しか頭になくなる。かといって、放出したらしたで思考力は低下し、強烈な眠気で意識は飛び、あらゆる事に対する興味が消え失せ、ネットサーフィンをする芋虫になる。小学4年生で性に目覚めて以来、性欲は自分人生の妨げであった。自分と同じように、性欲に支配されてきた人も多いだろう。性欲に動かされた人は、異性を求め、何だかんだ結ばれて次の世代を生み育てる。だが、自分場合はそうはいかなかった。 現代では、魅力的でない男性女性に性欲を向ける事は、犯罪とまではいかずともモラルに反するのである

そもそもの話として、性欲は必要なのか?要らないのではないか?いや、性欲は人間が種を保つためには必要ではある。子孫を残すためのセックスへ向かう動力源として、性欲は必要である

では、性欲は自分にとって必要なのか?これはNoだ。もし自分が将来子供を持つことが出来るなら、性欲はあると良いだろうが、自分にはその可能性は無い。自分女性を嫌いではないが、女性は、自分のことが嫌いである。だから自分も、異性の肉体は好きだが、異性は好きではないとと思うことにした。異性との人間関係を維持するコストは大きすぎるし、リターンはつまらない話を気を遣いながら聞けるくらいだ。酸っぱい葡萄の話は知っている。失恋をした訳ではない。話題が逸れるのであまり語らないが、もう無理なのだ。ともかく、自分は異性と関わる可能性がない以上、子供を持つこともないだろう。結局、自分にとって性欲は必要ないという結論に至った。

さて、邪魔かつ必要ない性欲をどうしようか。除去できるものなら除去したい。そう願っていたところ、突然その日は来た。

大豆イソフラボンを聞いたことがあるだろうか。これは、大豆に含まれポリフェノール一種で、女性美容効果があるとされている。その原理は、大豆イソフラボン女性ホルモンと似た働きをするからだそうだ。話は変わって、女体化、いわゆるメス堕ち界隈では、女性的な体になるために女性ホルモン摂取することが知られている。女性ホルモン摂取により、男性的な生殖機能や性欲は減退するそうだ。

これらを組み合わせると、大豆イソフラボンを過剰摂取すれば、性欲を抑えることができることになる。もちろん医学的に直接の根拠がある訳ではない。人の生殖能力を奪う実験など、倫理的許可されるはずがない。

思い立った自分は、すぐに大豆イソフラボンサプリメントを購入した。Amazonで1500円でこんなにも簡単去勢グッズが手に入るとは思いもしなかった。1日1錠のサプリメントを、朝、夕と飲んだ。

効果は絶大であった。ペニスイライラは無くなった。爆発するような性欲は無くなった。爆発的な食欲も減った。朝勃ちも無くなった。オナニーはまだ1日1回しているが、以前のような勃起力はなく、射精の勢いは非常に弱々しくなった。実験成功だ。性欲は確実に減退した。休日自慰に耽って溶かすこともなく、ペニスと戯れているうちに朝日が昇る心配も無くなった。

が、少し怖くなった。自分生殖能力大丈夫なのだろうか。大豆イソフラボンの過剰摂取が原因で精子が作れなくなるかもしれない。しかし、問題顕在化するのは、自分つがいを作れた場合であり、その可能性は非常に小さい。だから問題は、問題ではない。大丈夫なのだ

これは、周りの男性自分を置いて大人になっていく不安を慰めるための、ちょっとした自傷行為なのかもしれない。

いまだに支配者に反抗する民衆がいるけど

支配者に服従して逆らわないというのは、人類の長い歴史の中で民衆が生き残るために学んだ行動なのに、なんなんだ?

支配者に逆らった民衆虐殺された歴史を知らないのか?

だまって服従していればぎりぎり死なない程度の生活ができる可能性がないわけではないのに、なんで逆らうんだぜ?

anond:20200601223141

男の人生は、すべてちんこ支配されているといっても過言ではない。

たいていの男は周りの美人が気になって仕方ないが、これはちんこのせいである。

セクハラ痴漢が横行するのも、おんなを巡って争いが起こるのも、すべてちんこ人格支配しているかである

2020-06-01

我が国行政公法私法一元論に堕した理由

   戦後行政法学の権威であり、終戦後の古き良き行政法実務を知っている塩野宏の本によれば、戦後行政法においては

公法私法峻別する二元論支配的であったが、低成長時代以降に経済社会支配的になる中で、以下の最高裁判決(といっても

昭和59年には最高裁は既にカスだったのでほとんど価値はないが)がでたことにより公法には公法世界があるという戦後のれっきとした

風情はなくなってしまい、経済的都合に合致するならなんでもござれという矛盾的で腐敗した風潮が昭和40年以降、最高裁において加速し

  民法511条の相殺制度に関する非論理的ご都合主義判例変更が出たのも、最高裁が何もかもご都合主義になっていた昭和40年以降

特に顕著である

  公営住宅使用関係には、公の営造物の利用関係として公法的な一面があることは否定し得ないが、入居者が使用許可を受けて事業主体と入居者との間に公営住宅の利用関係が設定された後は、両者の法律関係基本的には私人間の家屋賃貸借関係と異なるところはない。 (最判昭59・12・13民集三八・一二・一四一一 〈都営住宅明渡し事件自治百選[三版]五〇)

https://anond.hatelabo.jp/20200601022933

 わたくしに東京大学法学部法学士の学位があるから無理。

    法学部オワコンなのは、主に、大正戦前昭和40年以降の田舎底辺ガラクタ、および平成時代であって

   明治時代と、昭和東京終戦後の田舎昭和50年代司法上層部は華々しいものがあったし、法が、いつの時代古色蒼然としていてつまらなかったわけではない

      明治時代の法は革命的なものがあったし、その後に腐ったが、戦後最高裁は何か正義で何か悪か、15人の最高裁判事が最高裁会議室激論をしていた

     終戦後の田舎裁判所新聞社と共同し、活気があった

    主に昭和40年代から田舎底辺判事補レベルのところで癌化ガラクタが始まったわけで、概ね昭和60年までは法は社会支配していた

     平成の法がカスだっただけで、明治昭和の法は素晴らしかったし面白かったりしたのだ、今の国が、法のガラクタなところだけみせてて、超絶色々考えていたやばいやつ

偉い奴は非公開にしているだけ。

2020-05-31

anond:20200531222320

日本人底辺は、昔は良い労働者だったけど、

現代は働きぶりのわりに文句を言うようになって、外国人労働者のほうがコスパよくね?ってなった

これから、緩やかに外国人労働者は増加していく、

そして支配層は底辺日本人外国人労働者をいがみ合わせて

不満が支配層に向かいないように誘導する

中共世界支配した暁には

世界はよくなるんだろうか

anond:20200531174943

そもそも、昔のロス暴動黒人が焼き討ちに行ったのはコリアンタウンからね。

弱いもの同士で戦わせるのが支配者側としては理想で、それにまんまとひっかかってるというのがね。

2020-05-30

空気汚染してばら撒くアベを許すな

アベがばらまく時に自分に協力し崇拝する成分を混ぜている

からそれに洗脳され可哀想にもう脳が戻らない人がいる

放射脳よりもひどいもので、だからこそ海外でアベを支持する人もいるし

耐性のないものからどんどん廃人となっていく


頼むからこれ以上アベは空気をばら撒くな

元々生物は、ヒトは空気がなくても生きていけてのに

それを変えたのは他ならないアベだ

私たち身体を返せ 脳を返せ

大事な人を洗脳人質にとって何が政治だよ

頼むからアベに支配されず抗議できる人は空気を吸わないでくれ

感染してしまう、体内にアベ毒素が蓄積してしま

ももう手遅れだから

アベ=レジスタンスの皆は空気を吸わないでくれ お願いしま

 明治天皇昭和天皇レベル人間になると、当然、日本人とは、内容の悪いえっち女の子ということも前提にした上で

仕事をしてたか日本人から尊敬されたが、最近警察は、日本の島に住んでいるのが、激臭のえっち女の子であるという真実

認めないし、交番を使って人を脅しているだけで公立学校も使えない、人間のクズだから

   安倍晋三になってから警察逮捕という言葉はよく聞くが、昭和35年頃の高等学校校長などという話になるとだんまり

   あいつになってから、「大学文学部における日本人の正体に関する探究」とか「高等学校における数学の授業はいかにあるべきや」

  などの魅力的な話を一切聞かない。

     交番しか使えないクソゴミポンコツだし、学校は使わないし、大学裁判所は誰にもわからないようにしてあるし、人として最低最悪の支配

   東大法学部の団藤重光悪人ももちろんあるが、少なくともわたし子供のころに感想としてもった団藤に関しては

この人は偽物ではないという感じで、バカ子供でも尊敬できた。団藤が1974年に最高裁判事になり1983年まで

最高裁判事をやっていて、昭和40年代以降の最悪な刑事裁判所を主導したという瑕疵はあるような気もするし、

  この人物支配欲が強すぎたせいで、昭和40年以降に悪化した警察司法裁判官として追認したような形跡もあるが

 少なくとも昭和50年代以降、ガラクタしかいなかった最高裁刑事部から抜け出した人物としては団藤以外にろくな裁判官がいなかった

   明治時代戦後復興期にはもっと善良で優秀な裁判官行政官がたくさんいたが、そういうのは封印されている

  団藤に関しては、戦後復興期の刑訴法先駆者になったが、昭和40年代以降にやや調子に乗りすぎた側面もあるが子供から尊敬されたり

したことからそこまで非難されるべき人物ではない。それよりも最悪な刑事裁判官や、司法警察員は昭和40年以降ゴロゴロおり、

   あの界隈には善人は残っていない。

2020-05-29

実は人生民事訴訟法に興味を持ったことが一度もないんだよな

  確かに法律昭和天皇がいたときは人気があったから、日本人に対し、中身のある時は有効であることは知っていたが

  平成4年以降に裁判官が逃げたし、そのときまでは、世の中は法で支配されたらなと思っていたが、結局平成に入ってから

裁判官が逃げたからそれ以来、東大法学部に興味をもつこともなくなった。新聞に対する投稿は大量にしたか文章を書くことは

好きだったが、2006年以降インターネットで黒膣の正体がばれるわ、昭和裁判官ほとんど死去して本格的に東大法には愛想を尽かした。

   法があった昭和がよかった記憶はうっすらとあるが、もうインターネットのせいで色々ばれたか裁判所には愛想を尽かしたし平成時代

東大法学部は暗黒だったので当時の多くの女子学生に嫌われて事故物件になっているし現在裁判所には恨みしかない。

    本格派の昭和裁判官はもうこの世にはいない、残ってるのは何も考えてなくて女性子供から人気のない犯罪者しかいない。

anond:20200529092431

そんなこと言っても、原音に近いか世界支配しているアメリカ発音に近いかの違いなんだから仕方あるまい。

朝比奈みくるキョンの妹同一人物説についてSF読者が思う。

増田は何者?

大学生時代に「涼宮ハルヒの憂鬱ブーム経験した三十代。当時はひねくれた人間だったので、ハルヒ流行っている真っただ中に、原作ではなくそ元ネタとなった「ハイペリオン」に手を伸ばした。当時の自分きらきらとした学生生活にあこがれていたくせに、そういう青春テーマにしたラノベを避けていた。みんなと同じものを読むのが嫌だったのと、そういうきらきらしたものを読むと、自分灰色生活と引き比べてしまうからだ。そういうわけで、「涼宮ハルヒの憂鬱」の知識は、書店で一気読みした第一巻と、ウィキペディア情報、断片的に見たアニメの数エピソードに頼っている。おそらく粗があるので、話半分に聞いてもらいたい。

増田目的は何?

そもそもハイペリオン」って何?

ハイペリオン」とはダン・シモンズ1989年に発表したSF小説である邦訳1994年出版された。ヒューゴー賞ローカス賞星雲賞を受賞している超大作で、登場人物である長門有希が読んでいる。

ジャンルは一応スペースオペラなのだが、あえて言うならばSFジャンル英米文学ごった煮である。というのも、七人の登場人物がそれぞれの身の上を語るのだが、それぞれがホラーだったりサイバーパンクだったり時間SFだったりで、しかもそれぞれの出来がいい。

続編として「ハイペリオンの没落」「エンディミオン」「エンディミオン覚醒」がある。作者の思想がややうるさいところもあるが、絵になる場面が多くて楽しい。また、人類の各文化多様性を高らかに褒めたたたえているのが、やや西洋アメリカ中心主義ではあるが、気持ちがいい。

長門と「ハイペリオン」の共通する設定

長門は「情報統合思念体によって造られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース」であり、言い換えるならば「宇宙人が作った人間の形をした存在」ということになる。「情報統合思念体」には「主流派」「急進派」「穏健派」「革新派」「折衷派」といった派閥存在し、それぞれの思惑ごとに動いている。

一方、「ハイペリオン」には、英国詩人ジョン・キーツ人格再現したサイブリッド(人造人間みたいなもの)が登場する。これは、人類に様々な助言をするAI群「テクノコア」によって、ある目的のために作られたものである。彼は長門ほど万能ではないが、この背後にいるテクノコアには「穏健派」「急進派」「究極派」が存在していることが共通している。ちなみに、それぞれの立場としては、当面は人類とは共存する、さっさと人類を滅ぼして自分たちが覇権を握る、人類自分たちも滅んでもかまわないので究極の知性を創造する、である。このAIたちはとっくの昔に人類を超えており、人類を裏切ろうとしている。というか、作中ではすでにある方法人類をひどく搾取しているのだが、これは読んでみてのお楽しみだ。

設定の上ではよく似ているけれども決定的に異なるところがたくさんあり、よくできたオマージュだと思う。

ハイペリオン」にみくるのような未来人は登場するのか

結論から述べると登場する。そもそも舞台となるハイペリオンという惑星には「時間の墓標」なるものがあり、そこの封印が開くと未来から様々な事物情報が送られてくる。同時に「シュライク」という殺戮マシーンが封じられているが、シュライクは時折人間の願いを叶える、とされているのだ。七人の登場人物ハイペリオンまで巡礼に向かうのもそれが理由だ。

ここで未来と述べたのだが、実は未来は確定していない。「テクノコア」が作り出す究極知性が宇宙支配するか、人類の集合意識が生んだ究極知性が覇権を握るか、この二つの間で揺れ動いている。ここでいう究極知性とは神と言い換えてもいい。つまり、遠い未来で行われる人類テクノコアの戦いが、現代にも影響を及ぼしているのだ。なんといったって彼らは神なのだから、なんでもありなのである

この状態は、まさに朝比奈みくる(大)の周囲の事情とよく似ている。現代干渉し、自分たちの望む形の未来を確定させようと活動している点が近い。

みくるキョンの妹は同一人物か?

涼宮ハルヒの憂鬱」の全てを読破したわけではない自分が、本文から有効証拠をあげることはできない。というか、いくつかのブログでそれを示唆する記述が十分に述べられており自分が付け加えることは何もない。

よって本記事では、「ハイペリオン」で行われたテクニックを間接的な証拠として用いたい。以下、「ハイペリオン」のネタバレに触れる。読みたくない方は引用部分を読み飛ばしてください。

ハイペリオン」の七人の登場人物は、旅の無聊を慰めるため、それぞれの出自を語る。一人はフィドマーン・カッサードという兵士である仮想訓練の度に謎の美女モニータと遭遇し、そこでむさぼるように体を重ねるが、彼女とは仮想空間とでしか会うことができなかった。やがてアウスター(人類連邦所属しない宇宙の蛮族)の襲撃を受けるが、そこで彼女と再会し、殺されかける。カッサード彼女との再会を目指している。

もう一人の人物はソル・ワイントラウブという学者である。彼は娘である赤ん坊を抱えて巡礼に来た。彼の願いは、娘であるレイチェルの病を治すことであるレイチェルはかつて学者としてハイペリオンを訪れた際、シュライクによって年齢を逆行する呪いをかけられてしまった。父と同じ聡明学者であったレイチェルは日に日に幼くなり、とうとう赤ん坊にまで戻ってしまった。レイチェルが「誕生」の日付を迎えるまで、あと数日しかない。

さて、結論を簡潔に述べよう。レイチェルの病は癒される。そして彼女未来世界へと連れていかれ、そこで再び大人へと成長する。やがてレイチェルはモニータと名乗り、カッサード出会うのである

まり、「涼宮ハルヒの憂鬱」のオマージュであるハイペリオン」では、意外な二人の人物が同一人物であった、そしてその片方は未来人であった、というギミック存在するのである

もちろん、年齢遡行までオマージュしているのかどうかはわからない。記憶に蓋をしているだけかもしれない。ただ、妖艶な美女と無邪気な赤ん坊が同一人物であった、という驚きを、朝比奈みくる(大)とキョンの妹が同一人物であった、というかたちで本歌取りしている可能性は、検討される余地はある。

どうなのだろう。キョンの妹は小五だが低学年にしか見えないという記述もあるので、実は成長がストップし、年齢が逆転し始めているのかもしれない……。

長門みくるは決別するか

鶴屋さんは「宇宙人未来人だったら、どっちがいい? そろそろ決めといたほうがいいかもにょろよっ!」と発言したそうだが、これは今後の展開を予測する大きな鍵となる可能性がある。というのも、「涼宮ハルヒの憂鬱」が「ハイペリオン」をどこまでなぞるかははっきりしないが、もしも設定を強く意識しているのなら、「ハイペリオン」で「テクノコア」が人類を裏切ったように、「情報統合思念体」が最後には人類敵対する可能性があるからだ。そして、みくる人類と「情報統合思念体」との争いの中で、少しでも人類に有利な未来へと導こうとしているのではないか。となると、長門みくるの決別は避けらないことになる。みくる長門を幾分苦手としている描写を考えると、興味深い。

ついでに古泉超能力について

少しだけ触れておく。「ハイペリオン」「ハイペリオンの没落」のなかには、超能力は出てこない。出てくるのは「エディミオンの覚醒」以降であり、主人公たちがある能力に目覚めることで、クライマックス人類の命運を大きく変えるのだが、これも読んでみてのお楽しみだ。

それからハルヒ能力について

ハイペリオン」であらゆる願いを叶えるとされるのは殺戮者シュライクである。実に気まぐれな神なのだ。そういうと、ハルヒが悪役シュライクだということになってしまうのだが、自分は違うと思う。明るい青春ラノベにこの設定は似合わない。願いが叶う、ということだけを拝借したのだろう。とはいえ物語全体を通しての謎の一つ、ということは決定している。

それと、実はシュライクの正体は作中でも若干ぼやかされている。テクノコアが作った殺戮マシーン人類側がのっとったことが示唆されているが、時間を行き来できるのだから時系列がはっきりせず、筆者の記憶も確かではない。

キョンにまつわるいくつかのこと。

エンディミオン」「エンディミオン覚醒」の語り手はいたって普通青年ロールであり、彼は破天荒少女アイネイアー守護者に任命される。とはいえ物語の大半は奔放な彼女の振り回されながら進む。それこそ「涼宮ハルヒの憂鬱」の本編のように。

しかし、ロールとアイネイアー最後にはひどくつらく悲しい別れ方をしなければならない。この設定が本編のキョンハルヒ関係に輸入されていないことを願う。

それと、ジョン・キーツジョン・スミスではないが)のサイブリッドは二つ存在し、片方が殺される運命にある、とだけ述べておこう。

おまけに、ダン・シモンズ最近作品について

彼は「ハイペリオン四部作ののちに「イリアム」「オリュンポス」を発表している。トロイア戦争世界、遠未来の没落した人類機械知性たちの話が入り組んでいて、文学SFマッシュアップ具合が楽しいのだが、残念ながら「ハイペリオン四部作で述べた人類多様性を寿ぐ姿勢から後退し、明確なイスラム嫌悪が出ているのはいただけない。さらに、邦訳されていない最近シリーズは、ヒラリー・クリントン大統領になったパラレルワールドで、国民皆保険で怠け者になったアメリカ人が薬物におぼれているというすごく政治的偏向した作品なので、翻訳されないんじゃないかな……。

追記】最新作ではないのだが、2011年の「Flashback」という作品シリーズではなかった。失礼。

【もう一つ追記】その薬物は、いつでも自分人生の最高の瞬間を追体験できるというしろものだ。そして、世界ほとんどがイスラム過激派支配されている。経済日本に牛耳られ、南西部の州はメキシコギャング支配され、作中では地球温暖化否定されている。アメリカ保守的世界観を煮詰めたような感がある。

ヒラリー・クリントンについての記述記憶いかもしれない。ただ、イスラム嫌悪が強いのは間違いない。

と、こここまで書いてネットを探していたら

みくるとモニータの類似性について述べた記事があった。

https://sosbrigade.miraheze.org/wiki/ハイペリオン

最後

おそらく、ハルヒ全盛期の頃に、こうした議論は出尽くしていると思う。だが、検索をしても類似した意見が見つからなかったため、ここに記録した。

それから、ろくに原作を読んでいないのに、そして記憶もいい加減なのに、好き勝手言ってどうもすみませんでした。

追記

多数のコメント感謝しております。また、「全部読んでいないのに書くなんてずうずうしい」との指摘、まったくもってその通りです。ファン気持ちを逆なでするような行い、お詫び申し上げます。また、立ち読み迷惑でしたね。未成年の頃とはいえ、今にして思えば赤面ものです。

自分としては、「ハイペリオン」を読んだ人間からは、「涼宮ハルヒの憂鬱」の設定はこう見える、と伝えたかったのです。笑ってやってください。また、類似した意見ネットになかったので、記録しておこうという思いもありました。

ただ、ブクマカにもあるように、ジオシティーズインフォシークヤフーブログなどの一斉削除が原因の可能性のほうが強いですね。はからずもアーカイブ問題にも思いをはせることになりました。

それでは、失礼します。

2020-05-28

空気汚染してばら撒くアベを許すな

アベがばらまく時に自分に協力し崇拝する成分を混ぜている

からそれに洗脳され可哀想にもう脳が戻らない人がいる

放射脳よりもひどいもので、だからこそ海外でアベを支持する人もいるし

耐性のないものからどんどん廃人となっていく


頼むからこれ以上アベは空気をばら撒くな

元々生物は、ヒトは空気がなくても生きていけてのに

それを変えたのは他ならないアベだ

私たち身体を返せ 脳を返せ

大事な人を洗脳人質にとって何が政治だよ

頼むからアベに支配されず抗議できる人は空気を吸わないでくれ

感染してしまう、体内にアベ毒素が蓄積してしま

ももう手遅れだから

アベ=レジスタンスの皆は空気を吸わないでくれ お願いしま

空気汚染してばら撒くアベを許すな

アベがばらまく時に自分に協力し崇拝する成分を混ぜている

からそれに洗脳され可哀想にもう脳が戻らない人がいる

放射脳よりもひどいもので、だからこそ海外でアベを支持する人もいるし

耐性のないものからどんどん廃人となっていく


頼むからこれ以上アベは空気をばら撒くな

元々生物は、ヒトは空気がなくても生きていけてのに

それを変えたのは他ならないアベだ

私たち身体を返せ 脳を返せ

大事な人を洗脳人質にとって何が政治だよ

頼むからアベに支配されず抗議できる人は空気を吸わないでくれ

感染してしまう、体内にアベ毒素が蓄積してしま

ももう手遅れだから

アベ=レジスタンスの皆は空気を吸わないでくれ お願いしま

anond:20200528033945

そもそもLGBT=リベラルと思うのすら間違ってる

レズは知らんけどルッキズムマチズモ支配されてるゲイばかりだし当然ミソジニストも少なくないし性的問題以外にはすごく保守的差別的だったりもする

もちろんリベラルLGBTもいるだろうが別に相互承認しあう関係性ではない

2020-05-27

明治昭和のごく一時期の警察に人気があった理由

  そもそも驚くべきことに、警察制度は、文系偏差値最高のあの東大文Ⅰ東大法学部が設置したものだ。

    ところが現在東京都内の警邏警官と、東大文Ⅰ東大法の明治昭和栄光と、何の関係も感じられないところが凄い。

   特に交番きもいおっさんや男の警官と、あの東大文Ⅰ東大法学部の人たちの何の関連性があるのかが理解できないところが凄い。

     当然明治昭和の一時期は、警察組織は東大法学部の文才によって書類支配されているという流布があってその辺の気持ち悪い男

自由にできないところを味噌にしていたので、上から庶民女性までに人気があり、警視総監になりたいとか、警察は信用できる、あのきもい警察官でも

  60年前の少女からはキャーと言われ、現在の80歳の老婆などは警察官を誤解して信用している者もいる。

    しか若い者にはすでに分かっているとおり、現在では、東大文Ⅰ警察と何の関係性もない。

    東大法学部の頭のいい人にも支配されていないし、外観も男だし

         女 性 に と っ て 気 持 ち 悪 い か ら だ

岡村発言の件で、ある人が岡村氏のことを「彼」と表現しているのを見て、非常に何とも言えぬ違和感を感じた。

別にこの事を批判とか非難したいのではない。

言葉の使い方というものが、そんな形で私自身に染み付いているのだと自覚しただけである

目上の人には「様」、それ以外の人には「さん」、後輩や部下には「くん」など、呼び方ひとつ身分制度を発生させてしまう。

「お前は」などと呼ばれた日にゃぁ「てめぇは何様だ?」と反発も感じる。

増田」はその点、微塵たりとも身分制度を発生させないのでなかなか気に入ってるが、そんな事はここでしか通用しない話なのでどうでもいい。

でも「彼」という用語に対する違和感って一体何なのだろうと考えて、例えば「私の彼ったらさぁ」という場合に、そこになんとなく「支配」感を感じるのは私だけであろうか。

「俺の彼女はさぁ」とでもなると、「彼」に「女」が加わって差別感はやや増大する。

ともあれ、「彼」という呼び方はそれを使う話者を上の立場にして、呼ばれた方は下の立場になるというのはどうも感覚的に合っている気がする。

例えば自分上司を、同僚との会話で「彼はさぁ、結局馬鹿なんだよね」とでも言おうものなら、最早勝ち誇って天下を取った気分だ。

言葉の使い方一つで見下したり見上げたり、なんで言葉にそんな機能が備わってるんだろうね?

 

え?誰がそんな事を言ったかって? あの石川優実かいうクソフェミ婆だよ。

「彼」って差別語なの?

岡村発言の件で、ある人が岡村氏のことを「彼」と表現しているのを見て、非常に何とも言えぬ違和感を感じた。

別にこの事を批判とか非難したいのではない。

言葉の使い方というものが、そんな形で私自身に染み付いているのだと自覚しただけである

目上の人には「様」、それ以外の人には「さん」、後輩や部下には「くん」など、呼び方ひとつ身分制度を発生させてしまう。

「お前は」などと呼ばれた日にゃぁ「てめぇは何様だ?」と反発も感じる。

増田」はその点、微塵たりとも身分制度を発生させないのでなかなか気に入ってるが、そんな事はここでしか通用しない話なのでどうでもいい。

でも「彼」という用語に対する違和感って一体何なのだろうと考えて、例えば「私の彼ったらさぁ」という場合に、そこになんとなく「支配」感を感じるのは私だけであろうか。

「俺の彼女はさぁ」とでもなると、「彼」に「女」が加わって差別感はやや増大する。

ともあれ、「彼」という呼び方はそれを使う話者を上の立場にして、呼ばれた方は下の立場になるというのはどうも感覚的に合っている気がする。

例えば自分上司を、同僚との会話で「彼はさぁ、結局馬鹿なんだよね」とでも言おうものなら、最早勝ち誇って天下を取った気分だ。

言葉の使い方一つで見下したり見上げたり、なんで言葉にそんな機能が備わってるんだろうね?

 

え?誰がそんな事を言ったかって? あの石川優実かいうクソフェミ婆だよ。

anond:20200527124120

それで放っておくと実際に法や条例空気による支配規制が進んじゃうのが今の社会だしなあ

  昨日の昼、1995年から2005年、また、最悪でも2008年までは、東京に来て東大早慶に入り勉強することが流行っていたか

満天下の我こそはと思ったブサイク受験競争に参加したり、自慢できるから東大を目指すなど、ブームだった時代があったが、(ブサイクじゃない人も勉強していた)

今のお前が、仕事をするために勉強しろ、とか言ってるだけのくそきもい奴で、冷静に考えたら日本人の子供や女の子から全く人気がないから、俺が東大生だった

昨日の昼と比べて東大受験流行りすたれた。

   昨日の昼にどうやったら平成時代の子供や女の子から勉強してもらえるか必死で考えていた女性研究者やいわゆる善良なおじい「ちゃん」もみんな死んでしまって

 お前みたいなただ勉強しろと言っているだけの無内容でクソ気持ちの悪い明治ゴミガラクタしかいないから今誰も勉強していない。

   今東京支配しているブサイクは、女性器のことも研究できないわ、善良なおじいちゃんもいないわ、無内容だし悪質だしクソ以下。

    昨日の昼は勉強自体流行らないか東京の一流私立学校に在籍している学生を自慢させて嫉妬させたり、予備校とかで爆笑講義を展開しながら模擬試験昭和ばりの

得点競争を全国展開し多くの勉強をする日本人の子供や女の子から参加されたが、安倍晋三になってからそういう頭のいいことができなくなって誰も参加しなくて終わった。

    お前がくだらん人間なだけ。他の人がよかっただけ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん