「支配」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 支配とは

2018-07-19

anond:20180719155341

お前旧約聖書創世記も読んだことないの?「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。」って書いてあるじゃん

anond:20180719115103

この場合、女を変容させようとすることが無意味なんだよ。

社会の維持のためには、女を管理支配しなければならない。

変容させようとするべきは男の認識。でなければ、社会はそういう風には変わらない。

お前は、家畜に対して「家畜らしくあれ!」と説教するのか?

インターネット国境が引かれる日:EUが何をしようとしているのか

気づいていますか?

彼らはネット上に国境を引こうとしているのです。


それはおそらく中国が原因です。

中国テック企業EU域内に影響力を及ぼすのを懸念しているのです。

中国はいよいよもってネット上の検閲金盾、長上)を解除することはありませんでした。

しかし一方で中国アメリカEU自由に影響力を行使できるのです。

これでは文化思想闘争で勝ち目がありません。

いずれ中華思想に全世界支配されることになるでしょう。

なぜならインターネット世界は数が多い言語圏が圧倒的なパワーを持つことになるからです。


そのためEU中華テック企業を将来的に排除することを決めました。

そして中国テック企業規制するのであればアメリカ規制しなければ理屈がとおらないのです。

欧州委員会のマルグレーテ・ヴェスタエアーさんは今次々とアメリカの巨大IT企業圧力をかけています


トランプによるモンロー主義はこの傾向に拍車をかけました。

さらに同じ言語であることで最もアメリカの影響が強いイギリスはブレクジットでEUから排除される予定です。

駒はそろいました。

EU中国と同じようにネット上に線が引かれます

もちろんインターネットの仕組み上完全な排除はできないかもしれません。

しかし、完全に排除しなくてもいいことは我々は既に中国ネット上の思想制御によって知っているはずです。


日本はどの勢力に組することになるのでしょうか。

アメリカですか?

中国ですか?

それともEUの仲間に入りますか?

あるいはあらゆる国家が出入りする緩衝地帯を作るべきでしょうか。

今我々はその思想を問われているのです。


※余談ですがはてなで有名な某ブロッキング推進者はこの話をずっとしているのだと思います

 彼は何年も前からこの類の話をしていました。

 某アニメプロデューサーとのラジオ番組インタビューなどで。

 その思想の萌芽自体は自社がどう生き延びていくべきなのかという点から発生しているのかもしれませんが。

 我々日本は最早ネット遮断なしにTwitter規制することは出来ないのです。

https://ldjp.wordpress.com/2016/08/25/kadokawa%E3%83%BB%E5%B7%9D%E4%B8%8A%E7%A4%BE%E9%95%B7%E3%81%A8%E6%B5%B7%E8%B3%8A%E5%85%9A%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%81%AE%E3%82%AC%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB/


ちなみに、これは私が考えた妄想です。

信じるかどうかはあなたに任せます

2018-07-18

父が大したことのない人間だと気付いてしまった

私は今20代半ばで、実家から独立して自分の稼ぎで暮らし始めてから約3年ほど経つ。それで、そろそろ気持ちの供養がしたくて私は今こうやって父のことを書こうとしている。

父が社会的に見て大したことのない人間だと気付いたのは、私が18歳のときだった。

もちろん、一般論として父親が大した人間でなければいけないなんてことはない。

そもそも、大した人間なんて存在は(「大した」の定義にもよるけれど)あまりいないと思う。誰もが認める程の聖人のような人なんてそうそういないし、社会的に意義のある功績を成し遂げる人だって同じ。

みんな多かれ少なかれ良いところと悪いところを持っていて、コミュニティ内で上位になれるくらいのちょっとした特技があったりなかったりして、社会構成する一個人としてある人には好意的に見られたり、ある人には眉をひそめられたりしながら生きてるんじゃないだろうか。

でも「父は社会的に見て大した人間ではない」と気付いたことは、結果として私に大きな衝撃をもたらした。

私の父はいわゆる亭主関白だった。

私が幼少の頃から、父は家の中で1番偉かった。家の中の空気支配する権限を持っていたと言い換えても良い。

父は時々不機嫌になって、それがしばらくの期間続くことがあった。不機嫌になると口数が減り、返事もろくにせず、時には怒鳴り、大きな音を立てて物を扱ったりしていた。(新聞を机にバンッと叩きつけるような)

理由ははっきりとは覚えていないけれど、母が何かミスをしたとか、仕事で何かがあったとかが多かったんじゃないかとうっすら記憶している。

それで、その度家の中には緊張が走り、母は私たち子供に「今はパパの機嫌が悪いか大人しくしていましょうね」と言った。機嫌が悪いからうるさくすると余計ストレスを与えてしまう、だからかにしていましょうということだと思うのだけど、今考えれば意味が分からない。

自分の機嫌が悪いからといって家族自分の不機嫌を振りまいて空気を悪くして「俺は機嫌が悪いんだ。だから察して行動しろ。余計イライラさせるな」と圧力をかけていい理由なんてない。もしそうしてほしかったらちゃん自分の口で言えばいい。今は機嫌が悪いから1人にしてくれ、等と。

でも、当時の私には不機嫌な父が本当に怖くて、父が不機嫌な時期はビクビクしながら息を潜めて、その時期じゃなくてもまた不機嫌な時期がくるんじゃないかと怯え、「パパが怒りませんように」といつも願っていた。

子供の頃の私には親(家族)が世界の半分以上を占めていて(あとはせいぜい幼稚園習い事友達先生くらいだ)、親の機嫌が悪いと世界が酷く苦しいものになってしまったような感覚を覚えた。

また、親という概念自分の両親だったから、こんな状況は他の家庭と比べてどうなのかということも少しも考えなかった。

でも成長するとその考えは自然と変わってくる。色々な大人や他の家の親を見ることになるし、考える力もついてくる。

中高生の頃はたぶん反抗期もあって「父親のこと、なんだか好きじゃない。上手く言えないけどとにかく嫌」くらいだったけど、高校卒業して大学生になった頃から少しずつそれが具体的なものになってきた。

きっかけは色々ある。他の家の父親を見ただとか、父と同じ世代男性と関わる機会が増えただとか。その中で1番大きかったのは、親戚の中にいる父を見たときだ。

私が18の時、母は亡くなった。

当然喪主は父が務める。葬儀食事会の手配をして、喪主として大勢の親戚の前で話をする機会もあった。

その時、家ではいつもムスッとしていて偉ぶっていて時には家族威圧感さえ与える父が、親戚の前ではへこへこと笑い、全然ウケないギャグ披露していた。

正直引いた。

親戚が集まることは毎年のようにあったけど、その時は父が大勢の人の前で何かをするということがなかったから気付かなかった。

もちろん、へこへこと笑いウケないギャグ披露すること自体が悪いというわけではない。ただ家の中では俺は1番すごいんだとでも言いたげに偉ぶっていた父が、そこでは確かに「大したことのない人間」だった。

尊敬していた父の駄目なところを知って引いた、ではない。

「えっ、この人元来上に立つような人間でもないのに、家族の前でだけ威張ってたの…?家の中でしか威張れないタイプ人間だったの…?」という衝撃だ。

そりゃあ、例えば実際に立派な肩書きを持つ偉い人だったとしても、家族威圧的な人間を良しとは思えない。家でも外でも同じなんだなあと思うだけだろう。

ただ今回の場合ギャップが酷すぎて、目眩がした。

なんで私、こんな人にビクビクしていたんだろう。

そう思ったら、ああ、もういいやという気持ちになった。

不機嫌な父が、怒る父が、全く怖くなくなった。

しろ、父を軽蔑して見るようになった。

外では何も出来ないのに、家の中では威張り散らして私たち家族を萎縮させ続けた。本来安らげる場所であるはずの家を息を潜めて過ごさなければならない場所へと変え続けた。

ストレス発散のため?自分は少なくとも家の中では権威を持っていると思いたかった?ただ単にそういう性格理由は分からないけれど。

もちろん、ここまで育ててくれたことには感謝している。子育ては母に任せっきりだったけれど、私が成長するためのお金を稼いできてくれたのは父だ。それは本当にすごいことだと思う。

大学奨学金生活費として入れろと当然のように言ったことは根に持っているけれど。

子育てを母に丸投げしておいて「お前の教育は失敗だった」と言い放ったことも根に持っているけれど。

世の中には私には想像もできないような酷い親がたくさんいると思う。

この文章を見て「えっ、こんなことで?反抗期の延長では?」みたいなことを考える人もいると思う。

かに私の父は私の体や精神に重い傷をつけるような虐待したわけではないし、生きていけないような育児放棄をしたわけでもない。蹴られたことや髪の毛を引っ掴まれたことはあるけど。

もし父が生活に困ることがあったら、できる限りのことをしたい。ただ、お金以外のことはしなくない。

実家を出て、父親と一切の連絡を絶って3年ほど経つ。1度父から手紙が来たけど(寂しい、たまには顔を見せなさい、みたいなやつ)、忙しさを言い訳無視した。

実家では全く笑えなかった自分が、今のマンションの一室ではなんだかとても楽しく過ごしている。

実家を出る直前、距離を置けば上手くやっていけるかもしれないと期待したこともあったけれど、実家を出た後ずっと思っているのは、もう父親とはできる限り関わりたくないということだ。

父は私の教育に失敗したと言ったけれど、私は自分自分ご飯を食べさせられているし、私は私のことが好きだし、私を好きだと言ってくれる人も周りにいる。駄目なところももちろんたくさんあるけど、私は自分が失敗作だなんて思わない。

もう、お前は失敗だったって言われたくない。

今後、もしかしたら私と父の関係は良くなるかもしれない。

ああ、父親って偉大だったんだなと恥知らずにも思うときがくるかもしれない。たまに実家に帰って和やかにお喋りする仲になれるかもしれない。

でも今は、距離を置くのが最善だと思う。

今しばらくはそうやって、父親にビクビクしていた子供の頃の自分気持ちを供養していきたいと思う。

日本草食系非モテ男子を、過激インセル化させるフェミニスト

世界的にはインセルよりもMGTOWが話題のようだけど。

女性を避け、社会とも断絶、米国の非モテが起こす「サイレントテロ」(八田 真行) | 現代ビジネス | 講談社(3/3)

日本草食系非モテ男子は、それ以上に穏健だと思う。

女性社会進出女性能力によるもので、自分人生がうまくいかないのは自己責任だとさんざん教え込まれてきた。

稼げないのは仕方ない。モテないのは仕方ない。

女性支配してるとは思わないけど、女性から選ばれないのは自分が悪い。

でも自分を変えるのは不可能だ。

から、なるだけ女性社会との関わりを断つ。

関わらないから、自分の知らないところで、勝手幸せになっていればいい。

ところが、こうした草食系非モテ男子を蹴飛ばし始めた連中がいる。

偏見の強いフェミニストである

フェミニストに対しては、「ふるまいが父権的だ」「旧家父長制を内面化してるのはおまえらでは?」と批判があるのも有名だ。

しかし、そのような指摘に対しても「完璧さを求めるな!」と開き直って自分たちに向き合うこともない。

こうしたフェミニストたちは、なにかの論争のたびに

キモい連中が言ってるんだろうな」

非モテが言ってんだろうな」

「顔で選んでなにがわるいの?」

イケメンとは清潔感(結局内面を見ていない時点で商品化してるだけなのには気づきません!都合が悪けりゃゴールポストも動かします!)」

などなど、草食系非モテ男子にわざわざ火をつけてきた。

体感上、自分の周りでは、清潔感のない草食系非モテ男子というのはあまりいない。サイズがあってないファッションダサいはいる。

その結果、草食系非モテ男子フェミニストに対しカウンターとして殴りかかるようになった。

しかも、フェミニストの主張が悪だと本気で考えている人よりも、

雑なフェミニストが多いので、いくらでも殴れるからおもちゃ対象として最高、という感じの人が多い。

ところが、フェミニストガチで受け止めて発狂して、アイツラは私らの主張を完全なる悪だと思いこんでいるのだ!と勘違いしはじめる。

そこでまた、再び火をつける。その繰り返し。

そのうち、日本でもインセル化した草食系非モテ男子テロを起こすかもしれないね

anond:20180718013950

横だけど、面白かった。こんな文章増田で読めるのは嬉しい。

 

レスは追っていないんだけど、元増田

はいっても正直なところ、西洋音楽を基にした音楽を、日本的ものとして認めたくないという気持ちもある。

日本の長い歴史から見れば、西洋音楽が入ってきたのはつい最近のことだし、つい最近入ってきただけの音楽価値観社会的支配的になってしまうのは、なんかおかしい。

西洋音楽を取り入れた日本音楽」であれば、それは過去からの発展とみなすことができるけど、

日本音楽を取り入れた西洋音楽」は、過去からの断絶のように感じられてします。

和声進行を基にした音楽」というのはやっぱり西洋音楽である、というふうになってしまうわけです。

https://anond.hatelabo.jp/20180708114227

 

いや、僕は個人的には、演歌日本の伝統ではないと思ってるんですけど、それは個人主観的価値観なんですよ。

僕はナショナリストなので、日本の伝統はかっこいいものであってほしいし、個人的演歌がかっこいい音楽だとは思えないので、演歌日本の伝統ではないとみなしたい、という「個人の感想」です。

から演歌日本の伝統だと思う人がいても、特に問題がない、はずです。単なる好みの違いでしかない。

https://anond.hatelabo.jp/20180714150641

 

というレスが、目をひいた。

 

これは、近代的自我モダニズム私小説問題だと考えたんだけど、違うか?

 ・元増田私小説家的な立場近代的自我モダニズム自明さを持てない。ゆえに自分日本に拠り所となるかっこよさを探すのを止められない(無いのは知っているが)

 ・増田モダニスト哲学科学など、広く使われる手続きにのっとって、我々の限界を探求しつつ知を構造化するしかない。(拠り所の無さを受け入れて)

って感じで対立している感じ。

見当違いのことを言っていたら、以下スルーしてくれ。

 

俺は、元増田立場に近いところにいると感じる。一方、その立場が無理なのは理解している。なれるなら増田立場に移行するのが理想だ。

から増田がなぜモダニスト立場に立てるのかを聞きたい。言い換えると、音楽において自分の基盤を探りたい欲求を止め、なぜ哲学科学方法で済ませられるのか、を知りたい。

 

日本にいると、幼い頃から身近に学者官僚芸術家がいないと、モダニズム自明ものとみなすのはまだ難しいと考えている。でも、意思の力でそれを引き受けられる人がいたなら、その意見が聞きたいのだ。

 

蛇足だが、もう少しこっちの立場を補足すると

日本的なかっこよさを探してしまう感じ」は、「幽霊に取り憑かれている」や「神経症」と言ってもいいかもしれない。

レヴィ=ストロースは、未開社会にもそれぞれ高度な構造を持った文明があるとしたが、日本開国前に持っていた構造の中にあった、かっこよさの幽霊がまだ潜んでいて、日本人の頭の中に巣食っていると言っても良い。そして幽霊が復活する期待を捨てられない(あるいは、幽霊が復活する可能性に賭け、下部構造を変えようとイデオロギー工作を頑張る)

 

下部構造が変わったから、共同幻想も変わりつつあり、その過程にいるだけ、と言い切れればいんだけどな。

除霊方法が聞きたいんだ。

2018-07-17

anond:20180717113917

いやだから

まさに幸色のワンルームって

それを成人女性×少女でやってる作品なんじゃないの

男女どっちも美談仕立てはキモい

正直に「年少者を一方的支配したい」って言えよって話

鏖の武丸

「・・疼くんだよぅ・・・・」

「接いだハズの”マサト(やつ)”に折られた鼻がよ・・・・ 奴を殺しちまえってよぉ~~!!」 (一条武丸/魍魎/二巻)

「”俺ら”の集会は”ケンカ”じゃあ!!わかってんのかよ!?ああ!?」 (一条武丸/魍魎/三巻)

集会ケンカじゃあ!よそとカチ合ったら族だろーが警察(マッポ)だろーがみな殺しだァ!!」 (一条武丸/魍魎/三巻)

「笑ってんじゃねーよ・・てめーら・・・・」 (一条武丸/魍魎/四巻)

「”行く”っかねーだろ?”無敵”の”魍魎”を”払い戻し”によー」 (一条武丸/魍魎/四巻)

「”コロ”してやるよ・・・・”龍也(てめー)・・・・”」 (一条武丸/魍魎/四巻)

シェアアアあああっ!!」 (一条武丸/魍魎/四巻)

「ひやっはァッ!!”リューヤ”ァ!テメー”ベコベコ”にしてやるよォ!!」 (一条武丸/魍魎/四巻)

「”わかっ”てんのかよ!?ああッ?”わかっ”てんのかよォ!?」 (一条武丸/魍魎/四巻)

「があああああッ・・!!」 (一条武丸/魍魎/六巻)

「”マサト”ォ・・・・てめー・・・・”ハラワタ”引きずり出してその口に突っこんでやっからよォ・・・・」(一条武丸/魍魎/六巻)

「”支配する者”──”統べる者”──”武丸”さんがお帰りになりましたってよォ・・・・」(一条武丸/魍魎/十三巻)

anond:20180717141726

地位が向上した女が今までの男がやってきたこととまったく同じことを繰り返すのか

男女関係なく支配欲強めのほうが成功やすいこと(個体側要因)と、成功するとおこぼれ狙いの人間が媚びながら寄ってきて増長すること(環境側要因)、そのサイクルが働いてる。

[] オウム真理教を生み出した時代背景=戦後レジーム

この作品フィクションです。実在人物や団体などとは関係ありません。

The persons and events in this motion picture are fictitious. Any similarity to actual persons or events is unintentional.

 

現代日本戦後レジーム意味するところは主に、第二次世界大戦での日本降伏後、GHQによる占領下で出来上がった日本憲法を始めとする憲法法令テレビ新聞などのマスコミ経済金融では通貨発行権通貨管理権の所在意味する言葉として使われている。

安倍晋三がこの体制からの脱却を唱え、またその先輩たる中曽根康弘も「戦後政治の総決算」を繰り返し唱えた。

 

突然、天から神が降りてきた。神は彼に向かってこういった。

 

あなたに、アビラケツノミコトを任じます

 

アビラケツとは、彼の初めて聞く言葉であった。彼は、サンスクリットを教えている人を訪ねた。

すると、アビラケツとは、地水火空の意味で、アビラケツノミコトとは、「神軍を率いる光の命」、戦いの中心となる者と判明したのである

彼は、天から降りてきた神によって、西暦2100年から2200年頃にシャンバラが登場することを知り、それまでアラビツノミコトとして戦うように命じられたのである

 

日本守護神

 

日本未来は、どこへ向かっているのでしょうか?

anond:20180716151332

この手のショタコンものってそのあたり巧妙で、少年虐待とかネグレクトされてるという設定にして、支配でなく庇護であるという建前にしてるのが多い。

2018-07-16

anond:20180716223532

女の子ちゃん

それはしゃぶってくれた方がいいよ

女を支配してるっていう満足感が得られる

anond:20180716094624

ここでの問題は、男女の性別より、世間知と立場で勝る大人が年少者を性的支配することの是非だと思うの

バランスを取るため、幸色のワンルームとかこのドラマみたいに、成人女性or成人男性が未成熟少年一方的支配して、なぜか少年のほうも喜んでいるとかい作品も作って広めよう☆

さすれば、男→少女場合だろうが、同性だろうが、いずれもいかグロテスクな発想かよくわかる

クロアチアは良い試合をした

ラキティッチモドリッチを擁する中盤。

奪われてもすぐに取り戻す全員のプレス

ゲーム支配したが、完全に中を固めたフランスのゴール前を割ることができなかった。

しかし、見ていてファンに成らざるを得ないプレーを見せた。

フランス守備としては良い構成だった。ゴールは個の力やクロアチア守備ミスだった。

決勝のフランスは見ていて面白いサッカーではなかった。

必ずしも良いフットボールをした者が勝つわけではないのだ。

https://anond.hatelabo.jp/20180716004850

ああそれだ!根拠のない強気。なるほどなあ。

なんか支配されてる気になるのもそのせいかもしれない。(かといって否定するほどの問題でもないかじわじわ侵食される

ありがとう。腑に落ちてスッキリした。笑

2018-07-15

anond:20180715203059

本来、双方同意があれば恋愛も性行為自由であるべきですよ

ただ、一方が年長者だと、都合良く自分では双方同意と思い込んでるだけで、実際には腕力、財力、悪知恵(口車)で相手が逆らえない場合だってある、ということへの自覚的自戒と、一方的関係で異性を支配することへの恥の意識は持つべきだろうと思います

そういうのにまったく無自覚未成年監禁犯、本当にいるか

anond:20180715203152

女は下方婚しないからな(受け売り

自分より腕力や財力が上だったり、口がうまかったりしないと、そもそも魅力も感じない

相手スペックさえ十分なら、支配される関係で構わないという女もまだ少なくはないということ

こういう人にとってフェミニズムというのは単に賃上げ交渉材料しかない

anond:20180715203009

要するに、当人は「俺と妹(娘)は双方合意相思相愛だ」と思い込んでるだけで、実際には、腕力、財力、口車(悪知恵)などによって妹(娘)を一方的支配する関係になりがちだから

これ?

anond:20180715195354

お前自身が「野生環境下」て書いてるやんwww

まり、まともな文明社会教育を受けていれば、ロリ自分から大人を誘惑しまくってセックスしまくるとかありえんちゅうことやろwww

現実にも、未成熟女児自分から自発的に、金目当て以外で成人男性との性行為希望する事例も、すごく稀にはあるだろうと思うよ、すごくすごく稀には

しか

実際には、成人男性×未成熟女児の組み合わせだったら、腕力、財力、悪知恵(口車)によって男の方が一方的相手支配する関係の方が、圧倒的に多いと思うぜ

ちな

ロリショタの双方合意セクロスは一切かまわんと思う

が、妊娠した場合母体が未成熟だと問題が多いか避妊はきちんとしろと言っておきたい

anond:20180714203618

率直な話、遺伝子疾患云々があっても、子供ができなければ双方合意の(←ここが重要!!!!)近親相姦は心情的に擁護したい

俺の一個人的イメージでは、兄妹、あるいは父娘の近親相姦気持ち悪い

というか道徳的イカン気がする、すごくする

理由はなぜか?

兄or父は、年長者で、かつ男、多くの場合家庭内幼児期から妹or娘より上の立場にいる

要するに、当人は「俺と妹(娘)は双方合意相思相愛だ」と思い込んでるだけで、実際には、腕力、財力、口車(悪知恵)などによって妹(娘)を一方的支配する関係になりがちだから

まあ、妹との年齢差にもよるが、兄が15歳以上で妹が13歳以下とか絶対アウトだろ。年齢差3歳以上で妹が17歳未満だったら対等な関係とは言えまい

最初に触れたような双方合意の対等な関係が成立し得るのは、やっとこさせいぜい、兄が19歳で妹が18歳ぐらいではないか

あと、未成熟女児が年長男性のちんぽ突っ込まれると痛い、すごく痛い、おまんまんを痛めて赤ちゃん産めなくなる可能性もある

では、姉弟、母息子の近親相姦はどうか? 道義的問題点はまったく同様であろう

ただし

身体的な問題だけに関しては、相対的に、兄妹、父娘より罪が軽い気がする

べつに未成熟男児成熟した女性にちんぽ突っ込んでも双方とも痛くはないし、身体を壊すこともないか

というわけで、俺は兄妹近親相姦物を見ると、すげー嫌な感じがする

これは俺が成人男性で、10歳も年下の妹がおったかである

逆に女の人であれば、同性がずっと歳下の親族男児に手を出すのを心の底から嫌悪する人もおるかもしれない

顔がブサイクからどうしようもない

 東京には何にもない

田舎なら、田舎というコンプまみれで危険で陰惨な空気の中で

イケメン美女みえるような日本人なら

超絶エッチなことができて、勝ち組

まれつき顔が良ければ楽しそうに生きていける

 東京に集まって仕事勉強をしてるのは、超絶ブサイクばっかで

風俗店ブサイク自殺して整形したエロくもなんにもない女ばっか、

趣向も工夫も足りない最悪な状況で、もはやエロさなどはなく、健康生活

のことしか考えなくなった、日本史上最悪のブサイク支配している

 田舎の奴らが、死ぬほど楽しそうに生きてるのに、東京というブサイク世界では

何も起きないわけだからどん底

 東京にいたところで、何一ついいことはない

2018-07-12

もう中国接収されてもいいんじゃね?

民主主義っつーても自民党を支持する人の意見しか聞かない訳だし

少数派には別にメリット無いよね

法をろくすっぽ守らないのも腐敗してるのも別に変わらないし

軍事的リスクコスト不要になる分だけむしろ

経済成長できるだろうし

監視されてるといっても悪いことや政治に参加しなけりゃ関係無いんだし

犯罪が無くなったりモラルが向上するならパンピーには住みよくなるくらいっしょ

市場がでかくなるから景気も良くなるだろうし

為替問題無く貿易やれるんし市場から締め出しくらうことも少なくなるだろうから

経済的にも+だろうし

人口問題解決だし

なによりこのくだらない日本人社会に怒るのはもうつかれたんだよねー

自分の所が腐ってるより、腐ってる他の所に支配されてる方がマシだしさ

他民族支配されれば少しは彼らも謙虚になるだろうし

意外と悪くないんじゃないか

2018-07-11

anond:20180711184811

日本美少女は元からおじさんが支配しているんだ

なにそれえろい

バーチャル美少女おじさん

少女漫画もおじさんが描いてるし

萌えキャラもおじさんが作ってるし

エロゲエロ漫画美少女もおじさんが喘がせてるんだよ

日本美少女は元からおじさんが支配しているんだ

いまさらバーチャルぐらいで驚くことは何もない

シャドウバースに殺されました

私は先日、シャドウバースアプリアンインストールしました。

理由はシャドバをやる気力がなくなり、BGM聴くだけで苦痛を感じるようになったからです。

私はダークネスボルブ期からシャドバを始め、すぐさまロイヤルというクラスに心を惹かれました。ロイヤルと聞くと、何だお前も結局脳死グロ使いかよと言う人もいると思いますが、私が愛したのはコントロールロイヤル(以下、コンロ)です。

その頃の私はスタンダードパックからあるレオニダスを軸としたコンロで戦うことに快感を覚えていました。その時からエイラなどの強いデッキに負けることはありましたが、その都度デッキ見直し試行錯誤を重ねることで勝ったり負けたりを繰り返しながらシャドバを楽しんでいました。

しかし、私にはどうしても許せないカードが二つありました。それは「次元の超越」と「リノセウス」です。

これらのカードを軸とした「超越ウィッチ」と「OTKエルフ」に私は長い間苦しめられてきました。

そもそも超越というカードは「自分のターンをもう一回追加する」というカードゲーム全否定する糞カードであり、その発動条件の容易さから「超越は猿以下」と呼ばれるほどでした。

そしてリノセウスというカードも低コストかつ疾走持ちのフィニッシャー型のカードで、盤面にうじゃうじゃと湧いて出てくることからゴキブリ」と称される害虫でした。

いずれも盤面を取り合うというカードゲームの基本を否定した糞デッキであり、相手無視したオナニーでありました。

そしてこれらのカードを使う人に共通するのは、とにかく考える時間が長いということです。

なぜ簡単な足し算さえも出来ないのか?超越使いとゴキブリ使いには2秒で十分なのでないか?そんな疑問が私の頭から離れませんでした。

私の愛したデッキを散々待たせた挙句、結局リーサルかよ、という相手に対して敬意の欠片もない彼らの行動に怒りを感じていました。

この状況で自分の愛するコンロの勝率はみるみる下がり、どれほどデッキをいじっても勝てなくなり、むしろ改造すればするほど勝率が下がるという悪循環に陥りました。何十回、何百回と負けました。しかし、私には「自分の愛するカードで勝つ」という信念がありましたので、ひたすらデッキをいじりながら試行錯誤を繰り返しました。

正直言って、デッキをいじる作業も好きでした。どうやったら勝てるようになるか?まだ誰も知らない戦法があるのではないか?そう考えるとワクワクしてくるという感覚はあの時の自分にはありました。

次の新弾で強いカードが来ればきっとコンロの時代が来るぞ、そう思っていました。

しかし、一向にコンロは強くならず、ドロシー、ヘクター、昏きといったパワーカードたちの餌にされていきました。

この頃からシャドバをやめる友人が増えていきました。理由は「自分の好きなデッキで勝てないから」でした。彼らは自分の愛するデッキで勝てない現実に耐えきれなくなってしまったのです。また、超越とゴキブリに対抗してアグロデッキが台頭してきており、先攻を取ったアグロデッキが勝つというゲーム内容にネット上で「本格スマホじゃんけん」という蔑称をつけられてしま事態となっていました。

そんな状況下でも私は「好きなカードで勝つ」ことを諦めませんでした。自分の好きなカードで戦うことこそが自分にとってのシャドウバースだと信じていました。負けてばかりでしたが、運営から下方修正があり、なんとか戦えるくらいには改善されました。

そしてついに目標であったマスターランクに到達することができました。私は心の底から嬉しく思いました。辞めずに続けてきて良かった、自分は間違っていなかったと確信することができたのです。

それからしばらくして、運営は「ローテーション」と「アンリミテッド」の導入を発表しました。ローテーションでは新弾を含む最新5パックのカードのみで戦い、アンリミテッドではすべてのカードで戦うというルールが新しく追加されたのです。

まりローテーションルールで戦えば、初期のカードである超越とリノセウスに出くわすことは100%ない、という画期的な発想でした。

私はこれを聞いて「ああ、ようやく自分の好きなカードで戦えるんだな」と安堵しました。長く続いた暗黒時代がようやく終わる、もう超越とリノセウスを見なくていい、そう思っていました。

しか現実は違いました。ローテーションとは「新弾で追加された強いカードを使って、先攻で殴るげーむ」と化していたのです。ローテーションは私の期待を裏切りました。信じていました。自分の好きなカードで戦える時代が来ると、運営ユーザーの願いを叶えてくれると。

またレオニダスをはじめとするコンロで使われる一部のカードはローテーションでは使用禁止となっており、そのこともコンロ弱体化を加速させていきました。

私の生きる道はアンリミテッドしかありませんでした。しかし、そこは超越使いとゴキブリが行き場を求めてさまよう地獄絵図でした。私のコンロは為すすべもなく、敗北を重ねました。まるでゴミクズのように彼らは私のデッキを痛ぶりました。それはさながら暴力でした。

私は運営馬鹿にされているように感じました。「お前まだそんなデッキ使ってんの?wwww」「ローテーションは新カードを使う場所から大人しくアンリミで超越に負けてろよwwww」「好きなカードで勝つとか笑わせるわwwww」

こういう声が画面の向こうから聞こえてきました。

もう私の心は限界でした。疲れたのです。シャドウバースというカードゲームに。勝っても負けてもどうでもよくなったのです。

それでもログインミッションだけは続けていました。一年近く続けて情が沸いたのです。しかし、それも先日ピリオドを迎えました。

きっかけはリーダースキン人気投票結果発表でした。この投票では某配信者が声優を務めるカード、「トイソルジャー」が候補にもなったことで話題を呼びました。

残念ながら多くの票を集めたにもかかわらずトイソルジャースキンになることはありませんでした。多くのネメシス使いがこう言いました、「ランクマで使うことのない雑魚のトイソルジャーリーダースキンになったらたまったもんじゃない」と。

なるほど、その理屈は正しい。勝つためにシャドバをしている人にとってトイソルジャー必要のないカードであり、それよりも構築に入るオーキススキンになるべきだと。その言い分は十分にわかる。

ではなぜビショップブローディアが一位になったのでしょうか?ブローディアランクマで一度でも見たことがある人がいるでしょうか?あんな8コス守護で大した効果も持たないゴミカードがどうしてスキンになれたのでしょうか?

ドラゴンスキンにも疑問がありますスキンに選ばれたのは今まで長い間ランプドラゴンを支えてきたアイラではなく、ぽっと出のフィルレインであったこと。ドラジのみなさまは彼女への恩を忘れたのですか?古くなったカードは用済みですか?新しく強くて可愛いカードの方が好きですか?

私は新しく強いカード優遇され、昔からあるカード馬鹿にされていると感じアンインストールしました。

今のシャドウバースは「好きなカードで戦う」のではなく、「新弾の強いカードを好きになれ」という押し付けをしてくるカードゲームです。

二周年を迎えカードの種類は増えましたが、戦えるカードの種類は減りました。

今後のシャドバはごく少数のtier1デッキとアグロデッキがローテーションを支配し、超越とリノセウスがアンリミをさまよい続けるでしょう。

トップランカーが大会専用の特殊デッキを開発することがあってもそれはランクマで勝てる訳ではありません。あくま大会用なのです。

カードゲームとは勝つためだけにやるものではありません。先攻を引くものでもありません。

誰もが自分の好きなカードで戦うべきなのです。カードゲームとは勝敗以前に楽しむものからです。

みんな同じデッキ、同じカードしか戦えない今のランクマッチ環境カードゲームとして間違っています

自分の愛するデッキで戦えないシャドウバースは間違っています

この問題解決しなければ数多のカードゲーム同様、シャドウバースもまたパワーインフレの末に忘れ去られていくでしょう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん