「もも」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ももとは

2022-01-23

東大教授池内恵氏の若手潰し

現在Twitter炎上中の雁琳(がんりん)こと、甲南大学非常勤講師山内翔太氏。まだ30代頭の駆け出しの研究者なのだが、彼が「身バレ」して炎上するに至った経緯を見るに、東大教授池内恵氏が故意に仕掛けているとしか思えなくなった。

 

 

ご教示いただきありがとうございました。大学人間としては山内翔太さんですね。衒わず自分名前で堂々としていらっしゃればいいんです。言論理由圧力工作かける人はとっくに知っているはずなので、実名で堂々としていることが最大の防衛策です。

https://researchmap.jp/elan-vital21

https://twitter.com/chutoislam/status/1454774138883608586

 

例えば2021年10月31日上記ツイート。わざわざ山内氏のリサーチマップ研究者プロフィールサイト)を貼って、彼の匿名アカウント個人情報を紐付けている。

もし池内氏のこのツイートがなければ、ここまで炎上することはなかっただろう。

 

 

非常勤講師と勤務先の大学との関係がこのようなものメールボックスももらえないから宛先には使わないのが常識で、高い確率大学当局開封してしまう)であることは大学関係者には周知の事実なので、大学当局が読むことは予期していたと推認できるが、その推認が働かなかった理由は何か

https://twitter.com/chutoislam/status/1484392599200829440

 

また2022年1月21日上記ツイート。すでに多くの大学関係から「んなわけねーだろ」とツッコミが入っているが、池内氏がこのように非常勤講師に対する大学当局の「横暴」を強調することで、山内氏と勤務先の甲南大学との間に、無用対立構造を生み出してしまっている。

 

 

書くならその白饅頭とやらを駆逐する規模で書かんと話にならん。客を奪われた白饅頭ネットで陰口言われ揶揄されるぐらいになれ。陰口怪文書書く側になるな。書かれる側になれ。以上

https://twitter.com/chutoislam/status/1484838070562160641 

それはTwitterで書かずに一冊の本としてお書きになればよろしい。単行本500ページの憎悪呪詛を書き連ねて文学思想文明批評となっている原稿を送ってくれれば、出版社を紹介します。読む人いるでしょう。

https://twitter.com/chutoislam/status/1484832718407933952

 

そして極めつけは、2022年1月22日上記の2つのツイート東大教授という立場出版社とのコネクションを利用し、若手研究者言論執筆活動を束縛し、自らの従属下に置かんとする態度がありありと見て取れる。

 

 

これが大学人、しか東大教授のやることだろうか。池内氏は山内氏を玩具にして遊んでいるつもりなのかもしれないが、自分道楽でひとりの若手研究者人生が終わりかけていることを深刻にとらえていただきたい。

2022-01-22

年金50万円ももらえるんだって

「それ年額だよ」

「え…」

「年額」

「でもおばあちゃんは2か月ごとにだって

支給はそう。でもねんきん定期便とかで表示されてる年金額は年額」

「50万円しかもらえないんじゃない!」

「今後も、保険料を納付していただくことで、更に年金額が増加します。」

「それ書いてあったけど!いやでも少なくない!?

「これまで納付した額から見たら"多い"と思うけど」

「なるほどこれが騙されてる気分か…」

「またひとつ大人になったでしょ」

死ぬなってことか…」

「まあそうかな」

anond:20220122182456

SpO2は下がってはいないんだけどねー。でもも抜け毛は治まった。良かった〜。

anond:20220119220808

それはそう。

あと大きくなるとPTAでももっとひどいやツ味わうぞ。

男親が参加したら手出しはせずにおかざり会長職おねがいしますだぜ。

土曜ももう終わっちゃうね😞

今週も何者にもなれずに終わっちゃう😞

絵を描くのもうやめたい

ガス欠。公式の燃料が無くなった。

知人もみんなジャンル移動した。

私だけ他に移動できるほど熱くなれるものが見つからない。

こうなりたくなかったからハマるの避けてたんだ。

ももう遅い。

誰も私に反応してくれない。

痛々しい人間だ。

デスクトップPCってGPU1枚しかさないのに大きすぎじゃない?

GPU2枚なんて挿しても性能上がらないし、家庭の電源じゃ扱い難しいし。

DVDドライブももうつけないし。2.5インチSSDも挿さないだろうし。

anond:20220122030925

敵に不快な思いをさせる目的半分、身内に目配せしてニヤニヤする目的半分だろ

目配せされてももうそ言い回しの時点でしょっぱすぎて悲しいんだよ

2022-01-21

コロナ禍で祖母を亡くして思うこと

亡くなった、と病院から連絡が来た。

コロナ禍じゃなければ多分、危ないですって連絡が事前にきてたんだと思う。

それでもまだ生きてる内に会いたかったなぁ。

入院前に会った老人ホーム車椅子腰掛けて、こちらを見てくれる祖母はちっちゃかった。

この日が生きてる内に会える最後かもなぁとぼんやり思ってたけど、振り返るとやっぱり最後だった。

私も母も隣の市に住んでいて、コロナ禍での病院規定上、面会は一度もさせてもらえなかった。

受付だけ済ませて車内で待ち、タブレットを受け取ってほとんど返事も目線も返ってこない祖母を少し見ただけ。

しかもそれも一回。

生きてるおばあちゃんに泣いて縋って抱きつきたかった。

さな頃、ほとんど祖母に育てられていた期間があって、とある宗教信仰している祖母はよくそ教会に私を引き連れた。

教会にいくと祖母には祖母仕事があり、事務所のようなところに籠もるので私は寂しかった。

同じような子どもたちもいたけれど、私はあまり人と仲良くなるのが得意ではなく、誰ひとり好きでもなかった。現に今でも誰一人として顔も名前も覚えていない。

私はその宗教信仰していなかったし、神だ教えだは興味がなかった。

それでも少年部に属されることになり、何度か導師(式典においてメインで読経する位置)もさせられた。祖母は鼻高々って感じだったのを覚えてる。

母も青年部にいやいや属して、いやいや導師経験していた。

属しているかと言って全員が全員式典などで導師をできるものじゃないんだろうと思う。

高校生にもなれば自らの意思で参加不参加を決められたので、(祖母的には出てほしかっただろうが)基本的にそういったものは以降すべて不参加にした。

そんな宗教祖母が亡くなったことでもう完全に抜けさせてもらえると思う。母も私も信心深くなければ御布施も払わないタイプなので。

あぁでももっと、行ってあげたら良かったのかなぁ。

おばあちゃんがそれで、喜んでくれるのなら。

でもあそこトイレめちゃめちゃ寒いし、うん、嫌だな。

おばあちゃんがお墓参りときに作ってくれる鬼まんじゅうが好きだった。蒸しパンと呼んでいたが、多分鬼まんじゅうだったと思う。

おばあちゃんがよく作ってくれたヒメジの酢漬け、何故かいつも口内炎があるときに作ってくれるから、よく泣きながら食べてたな。

祖母の家に泊まって迎えた日曜日の朝、「ピザにしてあげようね」と作ってもらえるピザトーストが大好きだった。

なんか食べ物の話ばったりだな。

皮のたるんで柔らかい腕が好きだった。冷たくてぽってりしている耳たぶが好きだった。「ただいま」と言う時のイントネーションが好きだった。(中一高で完全に“ヘタリア”と同じだった)

今考えたら軽度の認知症が出始めた頃、週に一回くらい祖母の家で一緒に食事を摂っていた。基本的祖母食事の準備をしていくれていたのだが、一度、私が食べたいからという理由筑前煮を作ったことがある。

「おいしいねぇ。これで○○ちゃんもいつお嫁に行っても困らんねぇ」

これを50回位言われた。

当時私には恋人がいたが、最悪なことにその恋人には妻子がいた。

ごめんね、お嫁には行けないかも。

内心でめちゃめちゃ泣きながら「大げさすぎん?」って言いながら祖母の倍食べた。食べたくて作ったのですごい美味しかった。

妻子がいる人とお付き合いするのは本当に最低なのだが、一番最低なのは妻子がいる身分新入社員に手を出したそいつだと思う。あとこの世にいるご結婚なさってる方々、指輪嵌めろマジで。知らなくて好きになったあとだともう狂ってるから遅いんだよ。

言い訳はこの辺にしとく

棺桶に花を供える時に撫でた頬は芯から冷えていたね。

あの世がもしもあるなら、どこも痛くなといいな。

輪廻転生をすることがあるのなら、次はおばあちゃんのなりたいものになって、幸せに過ごしてもらえると嬉しいな。

火葬ボタン喪主に押させるのって酷だね。震える母の背中を見ながらそう思った。

もうおばあちゃんは私の名前を読んでくれない。

思い出すといつもちゃん付けで呼んでくれてたなとか、眠りが浅くてすぐに起きてしまうのに何故か毎晩ラジオをつけて寝ていたこととか、こたつ眠る私に毛布をかけてくれたこととか、思い出すのは些細なことで、そしてちょっとずつ美化されてる。

ちょっとまれが複雑な私に思うところとかたくさんあったと思う。叔母に幼少時首を締められた私としては叔母を擁護する家族に思うところもあったし。

それでもやっぱり大好きだったよ。洗脳でも刷り込みでも、大好きだった。

ありがとう

anond:20220119171343

仙台寿司増田ってここ7年くらいは見かける気がする

当時20歳だとしてももう27歳

当時30歳だとしてももう37歳

ギャル結婚して卒業するはずじゃなかったんかな

呉座氏はオープンレター名誉毀損で訴えても勝てないの?

から見ると名誉毀損要件を満たしてるように見えるんだけれども、勝てないものなのか?

勝ったとしてももとがとれないか泣き寝入りしてるのだろうか

anond:20220120142843

俺も優生学のものはよく知らんけど書いてみるかな。

そもそも優生学って何

ざっくりいうと人類品種改良だ。

優れた人の子孫を優先的に残すことで人類がより優れたものになるのではないか、という発想だな。

優生学の何が問題なの?→男性中心の思想だという点

優生学を実現するために必要ものハーレムだ。

優れた人の遺伝子をより多く残すには、その人により多くの妻をあてがう必要があるからだ。

一人の女性が生涯で産める人数なんて言うはせいぜい10人くらいだから人類品種改良をするには株が足りない。

こう考えれば優生学は「女性遺伝子を残すことで品種改良につながる」という発想がないこともわかる。

男性は頑張れば毎年500人くらい妊娠させることができるだろうが女性は年に一人の男性の子どもを一人産むのがせいぜいだからだ。

いくら女性が優れていても彼女遺伝子人類品種改良されるくらいに残せることはないし、そもそもそういう発想はないだろう。

優れているとされない男性にもいい迷惑だ。

優生学の何が致命的だったの?→ナチスが捻じ曲げてしまった

優れた遺伝子をたくさん残して人類品種改良そもそものコンセプトだったのだが、ナチスがそれを逆にした。

「劣った遺伝子をひたすら排除すりゃいいじゃん、劣った遺伝子ナチス思想に基づいて政治的に決まるけどね」と。

結果は同じかもしれないのだが、これが致命的なものになった。

RADWIMPS発言燃えたのはまんまナチス発言からだ。

政府遺伝子を選別して管理すべきなんていうのはまぁ普通に考えりゃ倫理的に許されるものじゃないし、冗談としてももナンセンスだ。

優生学現在常識にあっていない

言っていることはなるほどごもっともだ。優れた人の子孫を優先的に残せば人類はより優れたものになる、なんとなくあっているように見える。

だが、優れた人が今も昔もこれからも優れ続けるわけではなく、結局ダーウィン適者生存が見抜いた通り、優れているから生き残ったのではなく、環境にあったから生き残っただけでしかない。

「優れた人」がそもそも定義できないため、優生学というのは根本から成り立たないものだと俺は思う。

そして、男女が平等に扱われる世界においては優生学はやはり男性中心、男性優位な思想になるため、受け入れられないだろう。

そして、歴史的な経緯から変な目で見られるようになった悲劇もある。

そんなわけで優生学三文字が目に入るだけで発狂する人も増えたことだろう。

おどろき もものき 三枝の木

いらっしゃーい!

「ただのサイコパスもいた」 中国の元警察官ウイグル族への拷問


中国の元警察官ウイグル族への拷問告白

(CNN) 新疆ウイグル自治区で夜中に急襲が始まった。

ライフル銃で武装した数百人の警官ウイグル族の住む町で家々を回り、数百人を家から引きずり出し、手錠をはめ、フードをかぶせた。もし抵抗したら撃つと脅した。これらは中国の元警察官がCNNに語った内容だ。

この人物は「我々は夜中に全員を強制的に捕まえた」「もしその地域の一つの郡に数百人がいるのなら、数百人を拘束しなければいけなかった」と話す。

刑事であるこの内部告発者は中国に残る家族を守るため、「ジャン」との名前だけで自分特定するように希望した。

ジャン氏は亡命先の欧州で行われたCNNとの3時間に及ぶインタビューで、新疆ウイグル自治区収容所ウイグル族拷問する組織的作戦と同氏が位置付けるものについて詳しく説明した。このような詳細が明かされるのはまれ中国はこうした拷問存在を何年も否定してきている。

ジャン氏は警察留置場自分や同僚が尋問したときを思い出しながら、「あざができて腫れ上がるまで、彼らを蹴り、なぐる」「彼らが床にひざまずき、泣き出すまでだ」と述べた。

ジャン氏が新疆にいたとき、新たに拘束された人は全員が尋問で殴られていたと語る。男女を問わず、最年少で14歳の子どもまでいたという。

拷問方法はさまざまだ。被疑者の動きを封じる金属製や木製の「タイガーチェア」と呼ばれるいすに拘束したり、天井からつるしたりしたほか、性的暴行電気ショック水責めもあった。数日間寝ることを許さなかったり、食事や水を与えなかったりしたこともあったという。

ジャン氏は「全員が違う方法を使う。バールや鍵付きの鉄の鎖を使う者もいる」「警察容疑者の顔を踏みつけ、自白しろと迫った」と語る。

ジャン氏によると、容疑者テロ犯罪の疑いで摘発された。だが、ジャン氏が逮捕に関与した数百人の中で、犯罪を犯したものは「誰もいない」と感じているという。「彼らは普通の人々だ」ともジャン氏は付け加えた。

ジャン氏は通常の職務を離れて新疆に3、4回派遣された/Courtesy Jiang

ジャン氏は通常の職務を離れて新疆に3、4回派遣された/Courtesy Jiang

ジャン氏によれば、警察留置場での拷問自白するまで続けられた。その後、容疑者守衛が配置された刑務所収容所などの施設移送されるのが通例だった。

自分証言裏付け目的で、ジャン氏は中国いたころの警察制服公的書類写真動画身分証をCNNに提示した。ジャン氏の身元を守るためにCNNはこれらを掲載することはできない。CNNは中国政府に今回の告発内容について詳細な質問を送ったが、返答はない。

CNNはジャン氏の主張する内容について独自確認出来ていない。ただ、ジャン氏が語った詳細な記憶の多くが、CNNが本記事インタビューした2人のウイグル族被害者経験と一致する。国際人権団体アムネスティ・インターナショナル」が6月に出した160ページに及ぶ報告書でも、収容所にいた50人以上の人々が証言をしている。

米国務省は2017年以降に最大200万人のウイグル族や他の少数民族新疆収容所に拘束されたと推定している。中国はこれらは職業訓練施設であり、テロリズムや分離主義の撲滅を目的としたものだと主張。新疆人権侵害が起きているとの批判に対し否定を続けている。

中国外務省の趙立堅報道官は今年6月の記者会見で「新疆でのジェノサイド集団殺害)と呼ばれるものは、隠れた動機に基づくうわさでしかなく、真っ赤なうそだと改めて強調したい」と述べた。

先月29日には、新疆政府当局者が記者会見で、以前収容所にいた人物として1人の男性を紹介した。この男性収容所拷問存在せず、拷問があるとの主張は「全くのうそ」と述べた。男性発言強要されていたのかは不明だ。

「全員が目標を達成する必要があった」

ジャン氏が初めて新疆派遣されたときテロの脅威に打ち勝つ助けになりたいと願っていた。そうした脅威は中国を脅かす可能性があると聞かされていた。また、警察に入って10年がたち、昇進したい気持ちもあった。

上司からこの任務に就くように求められた際、上司は「分離主義勢力母国を分断したがっている。我々は彼らを全員殺さなければいけない」と語ったという。

ジャン氏は通常の職務を離れて新疆に3、4回派遣され、新疆複数地域で働いた。中国で「猛撃」と呼ばれる対テロ作戦が佳境に入ったときだ。

ウルムチ市の達坂城区にある第3収容所/Mark Schiefelbein/AP

ウルムチ市の達坂城区にある第3収容所/Mark Schiefelbein/AP

14年から始まった「猛撃」は、新疆少数民族を大量に拘束するプログラムを推進した。こうした民族の人々は、単にベールかぶっていた、または長いあごひげを生やしていたといった理由刑務所収容所に送られた。子どもが多すぎるとの理由で送られた人もいた。

ジャン氏はCNNに対し、15年に北京から出された公的な指示を記載する1通の文書を示した。それは中国の他の省に対して、国内でのテロへの戦いに参加するよう呼び掛けるもので、「習近平(シーチンピン)総書記重要な指示の精神を届けるように」との記載があった。

新疆支援」と呼ばれる仕組みの下、中国各地の省から15万人の警察官が集められたとの話をジャン氏は聞いたという。この仕組みは、新疆の各地域治安関連資源を含む支援提供するように、各省に促すものだった。ジャン氏によると、一時的な赴任には報酬面で恩恵があった。派遣中は通常の給与が倍になり、他にも特典があったという。

ただ、ジャン氏は新しい仕事弾圧という目的にすぐ幻滅を感じたという。

あらゆる所に検問所があり、多くのレストラン広場が閉鎖されている状況を目の当たりにして、「初めて行ったときは驚いた」とジャン氏は語る。

慣例となっていた夜中の作戦では、摘発する対象者の名簿が渡された。拘束するウイグル族正式な割り当て人数を達成するための命令の一部だったという。

ジャン氏は「これは全てが計画され、システムがあるものだった」「全員が目標を達成する必要があった」と語る。

もし逮捕抵抗する者がいたら、警官らは銃を頭に突きつけて「動くな。動けば死ぬ」と警告したという。

ジャン氏によれば、警察のチームは家宅捜索も行い、コンピューター電話からデータダウンロードした。

地区委員会を利用して村落の長との会合があると言って住民を呼び集め、集団で拘束することもあったという。

ジャン氏は当時を「戦闘期間」と呼び、当局者が新疆戦争地域として扱っていたと語る。警官ウイグル族国家の敵だとの訓示を受けていたという。

もしこのプロセス抵抗していたら、自分逮捕されていただろうとジャン氏は語る。

「ただのサイコパスもいた」

ジャン氏によれば、警察留置場での主な目標は、性的拷問などの手段を用いながら、拘束した人々から自白を引き出すことだった。

「もし自白させたいなら、先に2つのとがった部分がある電気ショックを与える警棒を使った」「そのとがった部分に電線2本を縛りつけて、縛られている人々の性器にあてがった」とジャン氏は語る。

自分尋問中「悪い警察」を演じるしかなかったと語るジャン氏だが、一部の同僚とは違い、最悪の暴力は避けたという。

ジャン氏は「これを仕事と見る人はいたが、ただのサイコパス精神病質)の人もいた」と語る。

拷問の「よくありふれた手段」の一つは、守衛受刑者に対し、新入りの男性受刑者レイプ虐待するように命じることだったという。

新疆出身ウイグル族学者、アブドゥウェリ・アユプさん(48)は13年8月19日、警察に拘束されたと語る。ライフル銃を持った警察が、アユプさんが開園したウイグル語を教える幼稚園を取り囲んだという。

アユプさんによると、カシュガル市の留置場での最初の夜、アユプ氏は十数人以上の中国収監者に集団レイプされた。守衛3、4人が命じて、その様子を見ていたという。

守衛アユプさんに下着を脱ぐように言って、体を折り曲げるように命令したという。「こんなことをするなと私は叫んだ。お願いだからしないでくれと」とアユプさんは語る。

守衛命令を受けた収監者十数人以上に集団レイプされたというアユプさん/Rebecca Wright/CNN

守衛命令を受けた収監者十数人以上に集団レイプされたというアユプさん/Rebecca Wright/CNN

虐待を受ける中でアユプさんは気を失い、意識が戻ると自分嘔吐(おうと)物や尿が周囲にあったという。

ハエがいて、私の周りを飛んでいるようだった」「ハエは私よりましだと思った。誰もハエ拷問しないし、レイプしないから」とアユプさんは語る。

「男たちが私を笑い、私をとても弱っていると言っているのが見えた。そうした言葉が聞こえた」。アユプさんへの陵辱は翌日も続き、守衛の一人は「楽しかたか」と聞いてきたという。

アユプさんによると、その後留置場から収容所へと移され、14年11月20日に解放されたという。「不正資金集め」の罪を自白させられた後だった。

アユプさんが拘束された時期は新疆での大規模な取り締まりが始まる前だが、その証言ウイグル族の人々が何年も主張してきた少数民族抑圧で使われた手段の一部を反映するものだ。

CNNはアユプさんの証言について、中国政府からの回答を待っている。

アユプさんは今ノルウェーに住み、ウイグル族文化を絶やさないように教育をしたり、子ども向けのウイグル語の本を書いたりしている。だが、拷問で受けた傷は永遠に残ると語る。

「私の心に残った傷だ。私は決して忘れない」(アユプさん)

「彼らは私を動けなくして殴った」

オランダに住むオミル・ベカリさん(45)は、収容所での経験から来る影響に長く苦しんできた。

「(収容所で)私が受けた苦悩と苦痛は決して消えない。私の心から離れない」とベカリさんは語る。

収容所の釈放証明書提示するオミル・ベカリさん/Ivan Watson/CNN

収容所の釈放証明書提示するオミル・ベカリさん/Ivan Watson/CNN

カリさんは新疆で生まれウイグル族の母とカザフ族の父を持つ。06年にカザフスタンで国籍を取得し移住新疆出張した17年3月26日に拘束され、その1週間後にはカラマイ市の警察署の地下で、4日間昼夜を問わず尋問拷問を受けたという。

カリさんは「彼らは私をタイガーチェアに押し込んだ」「私を動けなくして、太ももや腰を木のたいまつや鉄のむちで打った」と語る。

警察はベカリさんにテロ支援自白をさせようとし、ベカリさんはその後8カ月間を複数収容所で過ごしたという。

「彼らが初めて私に足かせをはめたとき地獄に来たのだとすぐ理解した」とベカリさんは話す。重い鎖が手と足に取り付けられ、就寝時でさえ体を曲げる姿勢をとらざるえなかったという。

収容所にいる間に体重は半分ほどに落ち、出所時には「骸骨のよう」だったという。

「私は信仰を持った人間から心理的拷問を耐え抜いた。信仰がなかったら耐えられなかっただろう。生涯の信仰自由への渇望が私を生きながらえさせた」とベカリさんは語る。

収容所にいる間に知人2人がそこで死んだという。さら母親きょうだい収容所に入り、父のバクリ・イブライムさんは18年9月18日、新疆で拘束中に死亡したとの話を聞いたという。

新疆政府は先月29日、ベカリさんに関するCNNの質問に答え、ベカリさんがテロ犯罪の容疑で8カ月間拘束されたことを確認した。ただ、拷問家族の拘束に関するベカリさんの主張は完全なデマ中傷だと述べた。ベカリさんの父親肝がんで死亡し、家族は「現在普通生活を送っている」とも話した。

カリさんは父が新疆で拘束中に死亡したと知らされた。中国当局肝がんが死因だったとしている/Rebecca Wright/CNN

カリさんは父が新疆で拘束中に死亡したと知らされた。中国当局肝がんが死因だったとしている/Rebecca Wright/CNN

「私は罪を犯した」

欧州の新しい家で暮らすジャン氏だが、2~3時間続けて眠ることは難しいという。収容所の人々に続いた苦しみが頭によぎり、崩れ落ちそうな気持ちになるという。

「私は感覚がまひしている。あまりに多くの人々を逮捕していた」とジャン氏は語る。

収容所にいたアユプさんも夜寝付けずに苦しんでいる。収容されていたとき悪夢にさいなまれ常時監視されているような感覚から逃れられない。それでも、アユプさんは自分拷問した収容所守衛らを許すと口にした。

「私は(彼らを)憎んではいない。なぜなら彼ら全員があのシステム犠牲者から」「彼らはそこで自分自身に宣告した。自分たちは罪人で、犯罪システムの一部なのだと」(アユプさん)

アユプさんは今ノルウェーに住み、子ども向けのウイグル語の本などを制作している/Ivan Watson/CNN

アユプさんは今ノルウェーに住み、子ども向けのウイグル語の本などを制作している/Ivan Watson/CNN

ジャン氏は新疆に入る前から、腐敗のレベルが高まっていることが原因で、中国共産党には失望を感じていたという。

「彼らは人々に奉仕するようなふりをしているが、独裁を達成したい人々の集まりだ」とジャン氏は語る。中国脱出して自分体験暴露したのは、「国民の側に立っていたい」との思いからだという。

ジャン氏は二度と中国には戻れないと悟っている。

ジャン氏は「彼らは私を半殺しにするだろう」「私は逮捕され、多くの問題が提起されるだろう。逃亡、反逆、国家秘密漏洩(ろうえい)、国家転覆、それら全ての罪名を受けるだろう」と語る。

ウイグル族のために発言をするということは、テロリスト集団への参加で訴追が可能になるということだ。想像のつくあらゆる罪状で訴追されうる」(ジャン氏)

もし自分が関与した被害者の1人に対面したらどうするかと聞くと、ジャン氏は恐ろしくてすぐにその場を離れたくなるだろうと語った。

「私は罪を犯した。このような状況が二度と彼らに起きないことを願う」「彼らの許しをもらえたらと思うが、あのような拷問を受けた人々にとってそれはあまりに難しいだろう」(ジャン氏)

ジャン氏は「こうした人々とどうやって対面すればいいのだろうか」「一人の兵士でも起きたことには責任がある。命令実施する必要はあったが、あまりに多くの人々が一緒にこれを行った。我々にはその責任がある」とも語った。

anond:20220121013525

そうだな。

人命救助の状態悪用して不必要に服を脱がしAEDしないで胸を揉み続けてたとか、相手の容態が安定した後に執拗にお尻や太ももにこすりつけてたとか、パンツ脱がして中を触りまくったとか、そういうのは無理だろうな。そういう事を想定してるなら諦めろクソ痴漢野郎

過去事例はないけど

2022-01-20

anond:20220120011913

金ないのにそんなことできるかって却下されて終わりそうだけど、一応いっとくね。

発達障害の人、味覚過敏ももってて偏食なことがおおい。

椎茸とか血なまぐさいものとか一切食べない。ビタミン鉄分も足りない。

すると貧血かになる。

 

貧血から説明していくけど貧血だとなにしても疲れる。

貧血って日本じゃ病気じゃないんよ。日本ではものすごく血液検査鉄分とか赤血球が低くても健康認定されてる。

からなぜか生理止まってる不健康状態オリンピック出るくらい頑張っちゃう女性が多かったからそれであたりまえの状態っておもわれてる。

なおアメリカでは政府小麦粉に鉄入れさせて味を犠牲健康を採ってる。https://ameblo.jp/kotetsutokumi/entry-12281799770.html

貧血かどうかは唇の色やあかんべーしたときの下まぶたの色。白地に赤い血管が見えるようじゃアウト。

一面真っ赤くらいでちょうどいい。

 

かにもいろいろ足りないとこまる成分がある。でも食事で全部補うのは難しいし、そもそも偏食の人ほど肥満が多い印象がある

ビタミン鉄分が欠乏すると無駄飢餓感が出るから)。

カロリーはとっちゃいけないが栄養とれって無理、とおもうだろ。

そういうときマルチビタミン剤と鉄剤、チョコラBBだけでものめ。一日100円くらい。

あと少しずつでいいか運動しろリングフィットフィットボクシングでもしろ

トドかってくらいに全然動かない人(うつ病とかでよくある)が急に運動すると、

足の裏を地に着けて体重ささえた=少し歩いただけで赤血球が壊れて貧血になる。

ひさしぶりにコロナの合間に旅行とかイベントいってはしゃいで出先で倒れて迷惑かけるやつ、大体唇真っ白。

 

なお化粧はもともと栄養が足りない女性健康で長持ちするようにみせかけるものだ。

貝殻にいれて売ってた時代紅花の紅とか今じゃつかえないくらいの赤だろ。五月人形金太郎とかもほっぺ真っ赤。お祝いの着物も赤ばっかで緑や青は少なかった。還暦ちゃんちゃんこも赤。

まり血色が足りてないやつが長持ちしないってのは常識だったんよ

唇の色がない~薄いし体型ガリガリBMI25以下キャラクターをあがめて実際の結婚相手もそんな形のほうがいいとか思うやつ、ルッキズムに染まった不健康信仰者だからな。

青白くて目が大きい深海魚とでも結婚してろよな。ペッ

 

追記

あと女優さんで体型コンプレックスの人もこういってる

https://telling.asahi.com/article/14517222

だいたいおまえらの好きなアイドル、食わずに踊って歌える超絶体育会系オリンピック級やぞ

ひきこもりの手には負えねえぞ

美少女フィギュア

ももライザのフィギュアがたくさん出てて、全部は買えないけど一個ぐらい買おうかなと悩む。

でも組み立て済みフィギュアって、通販サイトで買おうかどうかと眺めてる時が一番幸せで、

いざ実物を目の前にすると「う~ん…」って感じになるよな。

あさひ観音

 実家の近所に「あさひ観音」と呼ばれる観音様がある。国道何々線と、私の実家に至る車2台が余裕ですれ違うだけの幅はあるがボロい道路のまじわる、信号のない交差点からちょっと実家寄りに入ったところにある。

 「あさひ観音」の「あさひ」がどういう字を書くのかは知らないが、そういう名前なだけあって、東向きに建っている。トタン屋根の小さな祠のような建物の中に、二体の石像が納められている。どちらも「ばかうけ」を真ん中から折ったような形の、子供の背丈くらいある石を彫ったものだ。岩肌は長く風雨曝されたかのようにざらついている。

 真ん中に据えられた一体は本当に観音像のような形が浮き彫りされている。が、向かって右隣の石は、言われてみれば人の形のように見えるかもしれない、「ばかうけ」か皮つきフライドポテトのような形のゴツゴツとした岩だ。

 父に聞いた話では、これらの石像はもともと河原に落ちていたのを、村の誰かが拾って来てここに祀ったものだという。

 祠の前には何故か、一基の鳥居が据えられている。鳥居バブル時代の頃に新品の木の鳥居に取り替えられたものの、それ以降は全くの手付かずなので、今や黒灰色に染まり朽ちかけている。

 祠の周りには紫陽花が植わっている。梅雨になると美しい青い花を咲かせる。昔はお賽銭箱もあった。今はない。

 神社のように鈴が下がっていたかどうかは、記憶曖昧だ。あったような気もするし、なかったような気もする。ただ記憶にあるのは、そこを通りかかる際は、祖母に五円玉をせがんでお賽銭箱に投げ込み、「ご縁がありますように」とその言葉意味も知らない癖に、神妙に手を合わせていたということだけだ。

 「あさひ」というと、父から聞いた都々逸を思い出す。近所の山に住んでいた三軒の金持ちの威光を読んだもので、しめに「朝日に輝く○○(家のあった場所地名)」という。その○○のお家が父の先祖だというが、信憑性は薄い。ただ、父の言うように山の麓の駅の側に、その家の古い墓標が道祖神お地蔵さんのように草に埋もれている。見た感じ「あさひ観音」くらい古そうな、風雨に曝され磨耗した、石の墓標だ。

 なんて、まるで父の生家と「あさひ観音」に関連があるかのようなことを書いたが、全然関係はない。あさひ観音は村の皆で崇拝してきたもので、誰が拾って来たのかは、今となってはわからない。ただ言えるのは、父の先祖明治辺りにこの村に越して来た人なので、村の歴史上では根っからジモティーではないのだ。

 あまり記憶が定かではないのだが、昔、毎年寒い冬の時期に村の公民館で「甘酒祭り」が行われていて、これが「あさひ観音」に関係するお祭りだったと思う。祖母地元の人たちは「甘酒マチ」と呼んでいた。「マチ」というのが「祭り」を意味する方言のようだが、しかし市の中心部にある大きな神社の「夏祭り」のことは「マチ」とは言わないのは、謎だ。

 甘酒祭りでは村の人々に分け隔てなく甘酒が振る舞われた。お年寄り等は酔っ払っちゃうまで飲む。子供も一杯くらいは無病息災のためだから飲めと言われたものだが、私はどうも酒粕が苦手なせいで、一口舐めただけでよした。

 それ以外に、「あさひ観音」にまつわるイベントごとの記憶はない。観音様はただそこにあるだけだったが、定期的に誰かが世話をするようで、湿気った祠の中にあるわりには苔むしもせず、赤い前かけと頭巾は時々新しいものに替えられていた。祠の格子戸には錆びた鎖が巻かれ南京錠で施錠されていたが、鍵を誰が管理していたのかは知らない。ただ持ち回りではなかったと思う。うちに観音様の鍵があったことはないので。

 観音様の祠は一軒の農家敷地に隣接している。というより、農家敷地がわざと観音様の祠を避けるように垣根をそこだけ凹ましてめぐらせてある。もしかすると、実は観音様の所までその家の敷地だったりもするのかもしれないが、よくわからない。その家と同じ並びの数件と我が家には何故か付き合いがない。別に仲が悪い訳ではなく、単に家がちょっと離れているというだけだ。回覧板を回し合う「班」がうちとそことでは違うのかもしれない。

 ともかく、私の子時代はまだ、「あさひ観音」は地域の人々から大切にされていたが、いつの間にか「甘酒祭り」は行われなくなったし、お賽銭を集めることももうなく、今はたぶん放置されていると思う。Googleマップで見てみたら、祠は昔と変わらず、だが屋根は錆びて鳥居は朽ちていた。なのに紫陽花そのままで、祠の外の石碑もちゃんとあり、祠のなかには苔ひとつ生えていない観音様がある。だが赤い前かけはだいぶ色褪せていた。

プロセカは早く初音ミク看板を外せ

うっせぇわ実装に本気で腹が立つ。そんなもん入れる暇があるならKAITOMEIKOの曲の少なさを先に何とかしろって何度言われたらわかるんだよ。叩き棒みたいな出し方は本意じゃないけど、年長組の曲よりも優先されるのがうっせぇわって何?また運営オキニ

そもそもうっせぇわ自体が大嫌いで聴きたくもないし、前々から億が一実装されたら引退しようと思ってたけど、本当に実装しやがると思わなかった。しかAdoタイアップ?せめて作詞作曲の方の名前タイアップしろよ、Adoはまふまふと違って作詞作曲もしてないじゃん。初音ミクどころかボカロですらないんだけど、もしやカラフルパレットボカロと肉声の区別がおつきでない?

プロセカはボカロ曲の音ゲー作品じゃないか(笑)」とか抜かすキッズもいるけど、それならタイトルからさっさと「feat.初音ミク」を外せよ。その看板の旨みだけは啜って、初音ミクに何の関係もないAdoだのインストだのをねじ込んでくるのは、そりゃ看板に偽りありって言われても仕方ないだろ。

代わりに「feeling Colorful Palette」にしたら、どんなゲームかわかりやすくていいんじゃない?ついでにプロジェクトシリーズから撤退して、大好きな寵愛キャラを中心にしたオリジナル音ゲーにしたらいいと思うね。

単位で見ても安くない額を応援のつもりで課金してきたけど、完全に無駄だった。課金自己責任とはいえ一周年付近からこんな地獄絵図になるって予想できた人いた?

オキニ以外はバグ修正すらも後回しにされるし、設定すらあやふやにされる。平等宣言()したくせにオキニを持ち上げることしか考えてないか格差は広がる一方。フィーリング以外に理由がつかないタイアップは開催するし、ゲームより外部イベントだの配信リレーだのよくわからん企画を優先。

音ゲーとして強化していきたいのかと思えば譜面周りは不具合ばっかりで、コネトライブ()とかいうクソコンテンツによってそれが更に加速していく現実新規コンテンツより先に既存不具合を潰せよ。というかイベント形態ずっと変わらないのに毎回何かしらの不具合出るの何?チアフルももう何回やってると思ってんの?

まあカラフルパレットは今後も無銭キッズにヨイショされながら、永遠に14階で泣いてたらいいんじゃないですかね。

anond:20220120075632

そういう女は「無駄遣いをしたい」のではなく「金の心配ばかりの生活をしたくない」だけじゃね?

ってか1000万くらいじゃ「無駄遣い」なんかできないよ。

東京子供にまともな教育与えようと思ったら節約してようやく、レベル

共働きすればまあまあ安定するくらい?

ももっと収入少ない癖にそういうのが理解できず

必要最低限の金を使ってるだけの妻に対して無駄遣いしてるとか決めつける男よりはずっと良いよね。

生活費を異常に安く見積もってる男って多いし。

転勤族専業主婦の子供だけど

婚活増田見て、そういえばうち転勤族父と専業主婦母だなーって思った。

物心ついた頃には父親実家と同じ県に住んでて、父親は私が起きる前に家を出て私が寝た後に帰ってきてた。父親自身まり子供に興味ないみたいで休日あんまりコミュニケーション取れなかった。でも一応可愛がってくれてたのはわかった。

父親がそんな感じだからから母親は私と2歳下の妹をずっと一人で面倒見てた。転勤族から2〜3年おきに全国を転々としたけど、住んでた地域は全部母親には縁もゆかりもない地域だった。

母親はいつもイライラしてたか、ひとりで本読んだりパソコン見てることが多かった。母親に怒られてた記憶しかない。大人になった今だからわかるけど、友達もいない土地でひとりで子供2人をワンオペで世話するんだから無理もないと思う。母親はあまり社交的ではなかったし。父親はそんな母親ストレスや悩みに鈍感で、寄り添う感じもなく、父親母親はいつも喧嘩してた。

私が小学生の頃に家を買って、母親実家の近くに引っ越した。父親単身赴任で、話す機会がもっと減った。母親ワンオペ育児は相変わらずで、やはりずっとイライラしてた。怒られてばかりでも一応寂しくて母親と話したかったけど、パソコン見てる時にしつこく話しかけたら怒鳴られてそこから必要以上に話さないようになったし、常に他人の顔色を伺うようになった。いじめられても頼れないどころか、面倒な事持ってこないでよ、って感じで「あんたが悪いことしたんでしょ?自分でなんとかしなさい」って言われた。

高校生の頃、数年だけ父親単身赴任が終わって一緒に暮らした。けどやはり父親とのコミュニケーションは皆無だし、家のことはすべて母がやってた。相変わらず夫婦仲は悪くて、朝起きたら家の壁に穴が開いてたことがあった。夜中に喧嘩してキレた父親が殴って開けたらしい。男の人の力ってすごいんだなあとか思った。

そのまま私は大学卒業して就職して家を出た。その頃の母親との関係は最悪で、「あいつ(私)を見るとイライラする」と父親愚痴られるほどだったし、私も母親に関わりたくないと思ってた。私が一生反抗期だったのもあるし、上述したいじめの件で大喧嘩たから。私はあの時の私への接し方と発言が間違っていたと認めて謝ってほしかったのに、母親は頑なにそんなこと言ってない、そもそもあれはどうしようもなかった、とかなんとか言って完全に反発し合ってた。

父親は相変わらず家族に関わろうとしなかったけど、私が母親と大喧嘩して大泣きしてた時に初めて「知らなくてごめん」とだけ言ってきた。いじめられた時は毎日大泣きして帰ってきてたけど父親はいなかったし、私がこんなに感情的になっているのを初めて見たと思う。けど間を取り持つでもなく、何があったのかを聞くでもなく、私が「もういいよ!」って言ってそのまま。

母親父親子供の話とか相談をしてなかったんだとこの時初めて知った。母親孤立さら理解したけど、それでも母親を許す気持ちになれなかった。

そんなだけど、高校私立自由なところに行かせてくれて、大学学費も出してくれた。26歳で年収も400万超えるくらいのいいところに就職できた。

母親とはもう5年以上連絡を取ってないし実家にも一度も帰ってない。父親も数ヶ月に1回LINEするくらい。一応心配してくれてるんだと思うけど、私も父親もどう関わったらいいかからなくてそれ以上は何もならない。私も父親のことを父親っぽく思っていないというか、母親父親のことを悪く言ってたからいいイメージもない。

私が家を出てすぐの頃、一度地元に遊びに行ったことがあって、実家には帰らなかったんだけど父親が「久しぶりに家族4人でご飯でも行こうか」と言ってきた時はさすがに笑ってしまった。現実を見れていない(もしかしたら見ようとしていない)父親がもはや可哀想に思えた。

もちろんこれが転勤族専業主婦であることと直接因果関係があるとは思っていないけど、父親母親幸せなのかな?ってよく思う。

そして私はどうしたら普通家族みたいに親や妹と仲良くできたのかわからない。仲良くできるならしたいけど、私もあまり他人家族に興味ないから無理だと思う。育ててもらった恩はもちろん感じてるけど。

転勤族の人と結婚して子供産むと大変なんだなって思った。結婚願望ないけど。、

母親インターネットを見るのが好きだったしこれももしかしたら読んでるかもな、、

ここまでの自分語りを読んでくれてありがとうございます。もしよかったらみなさんの家族の仲良しエピソード教えてください。

2022-01-19

俺が魔王だとすると人間滅ぼすのに今ほどの好機はないな

まず表だってコロナ差し向ける。人間バカから対面コミュニケーションでないとちゃん富国強兵教育一つできやしないからな。

できあがってる老練な強兵ほど殺すウィルス若者には一見関係なさそうだが後遺症じわじわ記憶力と心肺能力をおとしておく

次、教育崩壊。まあこのへんまではなんとなく人間たちも「おかしいな?家庭に教育負担を全全全部おしつけられてね?義務教育ってなんだっけ?」

とおもってるらしいがコロナのほうが怖いらしい。ごもっともだ。そう作った。

次、温暖化津波。まあ人間にはSDGsとか1000年早いから。

ここ20年くらい炭素放出量減らせるかどうか見てたけどやっぱ無理だったな。原発津波で崩しといたし、密林は危ないから切っちゃおうだし。

ちなみにプラスチック包装を家庭で安全な燃料にかえられるSO…が実用化したらかなりヤバかった。

最後少子化。実は大分から電磁波妊孕能力に悪いってデータはでてるんだが、電波売ってる会社が全員握りつぶしたな。

まあその電波会社が強いのもエロからはじまったインターネットの普及にはだれもかててないってことだ。

一部で若いパソコン使い従業員に鉛エプロンくばってたやつももスマホの普及で無駄とわかってすっかり終わった。

電磁波の影響にニブくて生殖器を適切に保護できない人間ばっかり勝ち組になってるからこれからコンピュータ化された社会では自然妊娠はどんどん減るだろうな。

 

まあ、人間自己保存欲求をだましてつながりたい欲を優先させただけともいえるんだが、わりと簡単だったなぁ。

生活圏内ナンパをするのはやめてほしい。

最寄り駅から家に帰ってる時にナンパされてから、突然男性に声をかけられる行為自体が怖くなった。

2回あったんだけど、1回目は自転車に乗ってる若い人。

自転車に乗ってるし、道が分からず困ってるのかと思って話を聞いたらただのナンパだった。

その時点で無視したんだけど、気付かれないように後ろから着いてきていたみたいで、信号で止まった時にまた話しかけられた。

怖かったから近くのコンビニに走って入ったらどこかに消えたけど、まだ着いてくるかもしれない、家まで来るかもしれないと思って怖かった。

自転車だったら歩きの自分はすぐ追いつかれてしまうし。

2回目は酔っ払ったサラリーマン

歩き方から酔ってるのが分かったけど、千鳥足から歩道の端に徐々に追い詰められそうになってすごく怖かった。

まだナンパにしても繁華街とか、駅前ならわかる。

めちゃくちゃ嫌だけど、仕方ないって思える。

でも、わたしの家は住宅街にあるし、この2件は駅前から離れたところであったし、駅前スーパーに寄った帰りで食品パンパンになってた袋ももっていたし、明らかにから家に帰るんだなって見て分かるんだよね。

わたしナンパ嫌いだけど、ナンパをすることもナンパでの出会いも悪いことだとは思わない。

でも、わたしみたいに怖がる人がいるのもわかってほしい。

誰でも良いのはこっちもわかってるし、数を打ってるのもわかってるから、お願いだからせめて人気のないところ、住宅街ではやめてくれたらありがたい。

普通にめちゃくちゃ怖いし、トラウマなんだ。





追記

思ったよりコメントが寄せられていて驚きました。

言いたかたことが上手に伝わっていない気がしたので追記させていただきます

自身に置き換えて一度考えてみてほしいです。

声をかけられた場所は賑わっている場所ではなく、あまり人のいない住宅街です。

もし手を掴まれたら、ついてこられたら、家を知られたらと考えると少し怖くないでしょうか?

助けてと叫んでも、誰もいないかもしれません。

被害妄想とか過敏とか言われるかもしれませんが、ナンパなのでその人がどんな人なのか、そこで会っただけじゃわかりません。

知らない人なんです。

から怖いんです。

あなたが良い人なのか、怖い人なのか見ただけでは分からないんです。

ナンパ否定するわけじゃないんです。

わたしは嫌いですが、その出会いひとつ出会い方だと思っています

駅前繁華街、人通りの多いところだったら色々な人に声をかけてるから仕方ないと思えるし、無視すれば良いやと思います

ナンパをする人みんなが悪い人とは思っていません。

ナンパをするなと言いたいわけでもありません。

ただ、相手の心情を考えてみてほしい、場所を考えて欲しいと伝えたかったんです。

買ってよくなかったもの

テレワークになった自分ダイニングテーブル仕事するにあたり、買ってよくなかったもの

周辺機器全般

サブディスプレイディスプレイスタンドUSBカメライヤホンリングライトショートカットキーペダル

毎日セッティングし昼食時にはどかし夜には片付ける、という運用だと周辺機器をセッティングするのがクソ面倒で、無線キーボードと無線マウス以外はすぐ積んでしまった。あると便利だしイヤホンは出せるとこにあるけど、充電切れてたりするしなくてもなんとかなっちゃう。

椅子の上に乗せて使う、腰クッションとか骨盤矯正のやつ

リビング椅子なので高さを変えられず、何かを乗せたら乗せただけ太もものスペースがなくなる。でも懲りずに椅子ホットカーペット買った。

リングフィットアドベンチャー

「人前だと恥ずかしくてできない><」とか言ってる内にリングコンを紛失(多分どっかに埋まってる)

ソフトいかに優れていてもプレイヤープレイしなければこんなもん

飲み物温度を保つやつ

稼働時うるせえ(多分機種による)

買ってよかったのは雨降り検知器。「家にいるんだから雨降ったら洗濯物取り込めよ」って言われたものの、気付かないもんは気付かないので金で解決

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん