「モヤモヤ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: モヤモヤとは

2017-10-19

anond:20171019094012

ビニール傘でも盗まれたら腹がたつし、自分の机のティッシュでも人が勝手にとってるのを目撃してしまったらモヤモヤするしな。

怒りを消す 忘れ去る方法

私は半年前、ある人(Aとする)に対して非常に怒りを覚える出来事に直面し、当時感じた怒りを未だに心のなかで抱えている。

そのAに対する怒りというものは、自分でも分かっているのだが、理不尽ものであり、本来ならぶつけてはいけないものなのだ。それ故に当時Aに対して怒ることができなかった。

そしてその怒りを忘れられずに今に至る。

未だにふとした瞬間その怒りを思い出すことがあり、その度にモヤモヤイライラしてしまう。どうにかしてこの怒りを消し去る、忘れ去ることができればとは思うのだが、どうすればよいかからない。カウンセリングにでも通ったほうがいいのだろうか。(ちなみにAとは既に絶縁状態である

2017-10-18

とびっきりの長い近況報告お待ちしてます

ネットで10年前に離れ離れになった人間のその後がめっちゃ知りたくなるんだが、そういうサービスってないのかな。

10年前こんなハンドルネームでどこそこに書き込んでいた私は今こんな事をしていますって書いてあるようなサービス

一方通行一方通行が交差して初めてつながるネット同窓会みたいなの。

あの人が今何をやっているのかがとても気になって、その人が好きそうなサービス名前や昔のブログからのつてでようやくその人の生存確認したけど、Steam垢やピクシブ垢のようなほとんど物を言わないアカウントけが見つかってその人が今何をしていて何を考えていてあの頃好きだったことは今も好きなのかはわからないままでモヤモヤするっていう経験が皆にも有るはずでしょ。

そのニーズに答えてよインターネット中の人

いつぞやか、学生時代に5つほど上の先輩から怒られたことがある。

内容は至ってシンプルで、「Twitterで呟いている暇があるならLINEの返事をしろ」ということだった。

もちろん理不尽理由でもないし、確かにLINEの返事がこないのに、相手Twitterで呟いていて気を悪くする気持ちもわかる。

素直に謝ったし、それは言葉だけの謝罪ではなかった。ただ、当時の自分にはモヤモヤとした点がいくつかあった。

 

まず、自分が呟いていたのは、

「A先輩のLINE、返事しないと」

Twitterは何も考えずに呟けるから楽だ」

最近疲れからMPが尽きていて、気を遣って返事をする気力がない」

とかそういった内容だったかと思う。

前者のようなツイートをするのがまずよくなかった。なぜなら、冒頭で述べた内容のリプライが飛んできたからだ。

A先輩ではない先輩からである

 

1つ目のモヤっとしたポイントがこの、「本人以外に怒られた」というところ。

 

2つ目は、このB先輩に同調して、周りの数人がそのB先輩のリプライに対し、「いいね」をつけたり、「確かにw」と反応したりしたこと。

 

3つ目は、B先輩のリプライを見て、私が青い顔をして直ぐにA先輩に謝った際に、「え?そんなの全然気にしないよ~」と言ってくれたこである

 

実際にA先輩からきたLINEは、簡単に返せるような内容ではなくて、ツイートの通り、その時少し精神的にやられていた私は、脳みそを回転させて返事をする気力がなかった。

もちろんA先輩には、「返事少し待っていただけますか」と伝えてはいた。(B先輩には知る由もないが)

だが、その油断がよくなかったのだと思う。

 

つのモヤっとしたポイントとしては、

当事者じゃないのに首を突っ込んでくるな」という感情根底にあって、

その上でA先輩がなんとも思っていなかった(であろう)という事実がモヤっとした気持ちを生んだのかな、と今になっては思う。

 

そもそもTwitterで呟くということは、私は対話ではないと思っている。(リプライは別として)

から脳みそを回転させずに、思っているままを前述したようなことを呟いた。

そして、LINE対話である

しか相手友達ではなく、兄弟よりも年の離れた大人で、何も考えずに返事を返せるような関係性では到底なかったのである

 

でも、周りの人にとってはそんな私の心の内など関係なく、ただ先輩に返事を返さずに怠けてTwitterをしている不義理な奴、と思われただろう。

 

この出来事今日のように、時々思い出しては、数年経った今でも

人間関係の築き方が下手な奴」とチクチク心を刺してくるのだ。

2017-10-17

新しい地図が受け入れられない

新しい地図発見した。

でもNAKAMAにはならなかった。

なれなかった、という表現の方が、たぶん正しい。

なんとなく、居心地が悪かった。

私はここにいてはいけないというような、疎外感があった。

彼ら(それは彼らだけではなく彼らのバックボーンについている見えない沢山の業界人も含む)は、私たちの動向を確認していたのかもしれない。いや、きっと分析するぐらい綿密に確認していたのだろう、確実に。我々のSNSを中心としたネット社会で大騒ぎし右往左往する様を事細かにマーケティングして、ぷっくりというアナグラムクリップモチーフを匂わせたり、映画作ったり、72時間ネット配信してみたり、体操着で組み体操やってみたり。

今の時代アイドルだろうとなんだろうとTwitterやインスタ、ブログ等で情報を発信するのはごく一般的になったし、パソコンスマホで見るような動画配信だって、気づいたらあっという間にお茶の間にまで広く浸透した。スマホ機能を半分も使いこなしてないような人間でも、AbemaTV配信を楽しみヤフー検索で引っかかったユーチューブ動画を嗜む時代だ。

からこの分野に手を出すことに関しては時代の流れそのものだし、むしろこの後に及んで頑なにネット社会を拒絶し続ける前所属事務所の方が全時代であることは、重々承知している。

それでも、こう急に我ら一般人が内輪で勝手公式側とは全く関係のないところで盛り上がっていたネタをことごとく拾い集めたかのような仕掛けオンパレード!みたいな情報バサッと広げられることに、心の奥で言い表せないモヤモヤを感じていることを、盛り上がっているSNS上では一言も呟くことができなかった。

新しい動きがあることは素直に嬉しい。もともと自分たちがやりたいことを、組みたい人たちと組んで仕事をする。素晴らしいことだと思う。でもどこか素直に喜べない自分がいた。

たぶん、自分の中であの5人は神様のような、憧れとも言い表せない高貴な何かのような位置付けだったのだと思う。

雲の上の天上人だと20年以上も思い続けていた彼の方達が、急に手の届きそうな距離、言ってしまえばこんな一般人と同じ高さまで降りてきて、ぬいぐるみに顎を嵌めたアイコンSNSを始め、体操着で組み体操をしつつ、新しい地図を購入したNAKAMAと共に、クソ野郎と美しき世界を旅するのであろう。

正直に告白する。

ショックだった。

私が好きだった雲の上のアイドルユニットは、たしかに間違いなく、去年の12月31日23:59をもってこの世界から消え去っていた。

分かってはいたが、頭の中で理解できていなかった事実を、彼らの手で無理やり真実だと納得させられた。

私が好きだったアイドルはもういない。

勝手だと思う。

彼らの門出を素直に応援できない私は、本当にひどいファンだと思う。

自分でも情けなくて、本当に十数年以上ずっと好きだったのにどうして認められないんだろうと涙が出そうになる。

世間一般空気として、前事務所に残った二人(特に片方)が悪に屈した自己中心的な悪い奴で、独立した3人こそが悪しき習わしを捨てたクリーンで新しいユニットだ、反撃の狼煙だという空気が漂っている。

そんな空気に馴染めなくて、残った2人を悪だと憎みきれず、飛び出した3人を諸手を挙げて歓迎もできず、取り残されてしまった私はもう二度と見つからないのに、私が好きだった5人、もしくは6人の姿をいつまでも探してしまう。

新しい地図に何が書いているのか、私にはわからない。だってNAKAMAになれなかったから。

残された二人が何を思うのかもわからない。だって私は一般人から

でも確かに言えることは、私の好きだったSMAPの彼らはもういないということだ。

ありがとうSMAP

私はあなたたちが好きです。好きでした。

これからもずっと、SMAPが好きです。

SMAPは、好きです。

新しい地図は欲しくなったら買いに行くと思う。

きっと途中参加だとしても、彼らは受け入れてくれるのであろう。

でもしばらくは必要なさそうだなと、そんな気がしている。

2017-10-16

scopedogが最近一線超えちゃったと思うんだけど

左派ブコメが誰も諌めていないようなのでモヤモヤする

お仲間認定されるとゲロアマになるのは右も左も一緒だな

2017-10-15

ゲイネタの笑いどころとは

ツイッターで聞くとカドが立つのでここで質問

淫夢ネタというか、黒塗りの高級車とか野獣先輩コラって単純に面白くなくね?

その手のbotの似たようなセリフやオッサンのコラを何度もRTしてくる知人が何人かいるが、もはや面白くないものを無理に面白いと感じるために義務でやってるように見える。誰も反応してないのにずっとやってる。多分その人たちもそういうネタを心から楽しんでない気がする。

つうか、ゲイネタにこだわり続ける人というのはネットには一定数いて、同じことをずーっと言ってることにふと気づいた。

何年もいつまでもこだわり続けてる人が不思議で仕方ないんだが、あれは何?

俺は性的マイノリティ権利が云々とか言うタイプでもない。けど、ああいうのは単純に面白くないし、語弊があるかも知れないが、ゲイじゃない身としては性的画像RTされてもセクハラされた気分つうか、見たくないもの見せられてモヤモヤする。以前飲み屋でオネエキャラの人に乳首の色はなにー?と、セクハラ受けたことがあるが、その時の嫌悪感に似ている。

あのとんねるずのやつも同じ。あれについてはセクハラされたとは感じなかったが、単につまらんよね。そのキャラ活躍した頃を知らんからノスタルジーもないし、何も面白くないし。

あとアッー!かいうのも何にも面白くない。そう書いとくのはここ笑いどころですよ、笑ってねということを示した記号しか見えない。

ゲイネタってなんなんだ。いや、ゲイネタで盛り上がってるフリをしてる人って何?それとも、本当に盛り上がってる人もいるんかね。

追記

こんな短期間にレスつきまくって驚いた。専門用語に混乱。あと煽り認定されてる気がする。

詳しくないのは当たり前で、ネットに詳しい方でもないから触れてこなかったし、自分から見ようとも思わないし、その手のを見るよりはポルノ羽生女の子見るわな。

本当に盛り上がってる人もいるんですね。

2017-10-14

政治に関するモヤモヤ

選挙だし、共産党市議さんとちょっとした繋がりができる予定もあって、共産党さんは希望の党とは違って筋は通ってるよな、と思って綱領を読むと、途中までは非常に現実的政策同意できたのだけれど、結局は共産党共産党である所以社会主義共産主義革命がどうしたって同意できないんだよな…

共産党の人はみんなここの部分には完全に同意なのだろうか。

立憲民主党ができたことだし、極左ではないリベラル勢は一つにまとまって自民党対立軸になってほしい。

現状はわかりづらすぎる。保守リベラルという言葉定義日本独自ものになってしまってよくわからんし。全体主義の最たるもの共産党リベラルって意味わからんし、結党目的改憲自民党保守ってどういうことなのか。

しかも、自民党だけど岸田派は毛色が違いますとかわかりづらすぎる。

金融政策自民党派緩和、共産党は緩和反対ってのはわかるけど、あとはどうしたいのかわからん

アベノミクスが失敗だとか最高だとかいろんな評価があるけれど、じゃあその現状の認識の上でこの先どういう展望なのかよくわからん

個人的には金融緩和効果はしっかり出ているんだと思う。だって完全雇用だし。政策でやれる景気対策限界までやっていて、そのドーピングが効いている状態が今なんだろう。

良いものを安く作って売って儲けるというのは、もう中国には敵わない。

もっと別の、例えば投資立国を目指しますとか、そういうのに未来があるのではないか

既存産業構造のままではもう衰退しかない。凋落する前に今あるキャッシュを成長国に投資して日本未来を切り拓こう、とかそんな政党が出てくれば応援したいのになぁ。

自民党はまぁいいよ。いままでずっと政権与党だったんだから、しがらみもある。身動きは取れないやね。その分安定感がある。

共産党さんもまぁ変わらずに頑張って革命を目指していただければ良いのではと思うけど、やっぱりもう一つ必要だわな。

それは希望の党でも立憲民主でもないな。

将来の展望を見せてくれる新たな政党は出てこないものかね。

女同士のセクハラは難しい

学生時代女友達に抱きつかれたり、冗談で胸を揉まれたりスカートめくられたりしたことのある女性も多いことだろう。学校友達同士のこういう光景は珍しくないし、アニメ漫画でもこういったシーンは平和で微笑ましいものとして描写され、特に男性向けの美少女アニメにはほぼ100%登場する。

しかし私はそんな女性からの過剰なスキンシップがどうも苦手だ。

もちろん他人友達同士でやっている分には一向に構わないし、アニメ漫画文句をつける気も更々ない。

ただ、自分がされるのはあまり良い気持ちはしないし、自分友達にそういったことは出来ないしやりたくもない。

私がこの「女→女セクハラ問題」について考えるきっかけとなった人物がいる。大学とある女性先輩である

ある日私が大学内を一人でブラブラと歩いていると、突然背後からかにガッと胸を掴まれた。私がびっくりして振り返ると「おっ、E(カップ)くらい?」とにこやかな表情で笑いかける部活女性先輩(以下M先輩とする)。突然の出来事に多少戸惑いつつも「凄~い!よく分かりますね~!」などと適当な返しをする私。

自分で書いていて思うが、わざわざ事細かに描写するのも馬鹿馬鹿しい、実に「よくある」光景である

この出来事において私がまず引っ掛かったのは「M先輩と私は大して仲良くもない」ということである。このとき私とM先輩とは知り合ってから日も浅く、当たり障りのない会話くらいしかたこともなかった。その程度の仲でこういった行為ができることにまず驚いたのだ。

M先輩は私と仲が良いつもりだった、あるいは仲良くなりたかったのかもしれないし、いずれにせよ彼女なりのスキンシップだったのだろう。

だが、仲良くなるためのスキンシップ、あるいは仲良し同士のスキンシップとしてもこれは少々危険ではなかろうか。

この一件でM先輩がまず私にしてきたことは「後ろから胸を掴む」である

まず 後ろから、つまり誰か認識できない状態で突然こんなことをされたら相手が誰であれ怖い。正直「チカン!」と悲鳴を上げられ突き飛ばされても文句は言えない。実際ひどいビビりの私は心臓が止まるかと思った。

また身体的特徴は本人にとってコンプレックスである可能だって高い。胸なんて最も分かりやすい例で、小さくて悩んでいる人もいれば 反対に大きくて変に目立つ・太って見えると悩んでいる人もいる。幸い私は胸に関してのみ言えば 自分のもの特に不満はない。M先輩は、私にはコンプレックスがないと思ってやったのかもしれないし、実際ないのは確かだが、そんなことは結果論にすぎない。しかし恐らくはそんなことまるで何も考えずにやったのだろう。そもそもコンプレックスがあろうとなかろうと、いきなり触られてサイズを外で言われれば愉快ではない。

ここでM先輩の人物像について言及したい。彼女簡単に言うと「体育会系」の人間で、上下関係にうるさく、男勝りで、かなりハッキリと感情表現をする人だった。

またM先輩は女性にしてはかなりの長身かつショートカットボーイッシュ雰囲気も相まって、特に部内の女性からイケメン」扱い、例えるなら宝塚男役スターのような扱いをされていた。

M先輩自身もその扱いに満更でもなかったからなのか、「可愛い女の子が好き」などとよく言っており、私を含む女性陣にハグをする・頬にキスをするなどといったボディタッチをしていた。一応補足しておくが、M先輩には彼氏がおり、同性愛者というわけではない。

そんな彼女からスキンシップは、少なくとも女性陣の間では「王子からサービス♥️嬉しい♥️」という空気があった。

私はM先輩からこのスキンシップを受けるたび「も~やめてくださいよ~(笑)」というような態度を取るしかなく、結局最後までこういった行為は止まらなかった。

客観的に見れば「嫌ならはっきり本人にそう言えばいいじゃん」と思うだろう。しかし実際この立場に立ってみると、それがなかなか難しい。

私はスキンシップが苦手なだけであってM先輩のこと自体別に嫌いなわけではなかった。M先輩も私のことを恐らく後輩として気に入って、そういう風に接していたのだろう。

そんな彼女に「実はあのスキンシップ嫌なんですよね」と言うのは結構勇気がいる。M先輩は話せば分かってくれたかもしれないが、彼女を傷付けてしまうかもしれないし、以前のような接し方をお互いにできなくなってしま不安があった。

また、私以外の人が彼女スキンシップをどう思っていたのかは分からない。

しかし私が感じた限りでは、当時の部内では、M先輩からスキンシップは喜ぶべきで、下手に「やめてください」などと言えば、こっちが「好意的なノリを拒否してM先輩を傷つけた」悪者になりかねない雰囲気だった。

男性に同じことをされたら、(少なくとも大学内では)どんなイケメンの人気者だろうと躊躇なくやめろと言えるし、周りもこちらの味方になってくれるだろうに、相手が女だからということでそれが難しくなる。

結局この一件以降も私はM先輩と特別仲良くなることはなく、彼女卒業し私も部活を辞めた今、私と彼女の接点はほぼないのだが、未だに部内では「イケメン王子様のM先輩」という風潮が残っており、私はこのことを愚痴ることもできず モヤモヤしたものを感じている。

セクハラは何も男女間特有のものだけでなく女同士でも存在し、それ故に悩ましい。

https://anond.hatelabo.jp/20171013224250

意味わからんことする奴はこの先も意味わからんことを繰り返すぞ。

その度にモヤモヤを掘り起こして温めるくらいなら今切っとけ。

時間と金無駄

アイドルオタクをしていると「チケットゆずります」「チケットゆずって下さい」のツイートがTLによく流れてくる。

あれやめない!?

拡散希望」なんてつけてるけど、こっちはリツイートする気なんて全くないし。

拡散希望」って強要しているようで何か苦手なんだよね。

個人取引ってリスク高いよね。

一方的キャンセルされたり、値段に合意してもチケットを直接渡すって段階で値切り交渉や値上げされる人もいると聞く。

からね、チケットキャンプを使おうよ。自分はよく利用している。

彼処ならチケット取引目的の人しかいないし、運営第三者となってエスクロー決裁できてTwitterでの取引よりは安全だ。

チケットキャンプ等のチケット販売サイトは、転売ヤーの温床だってよく言われてる。

チケット難民を発生させ、売買で不正マージンを得ている転売ヤー悪の枢軸と言ってもいいかもしれない。

でも、みんなチケット友達のだめに余分に買ってたりしてるんでしょ?

からTwitter横流しする必要があるんでしょ?

みんながチケットを余計に買っているから、チケット難民が発生しているんじゃないの?

品薄状態を発生させている一因である以上、必要な分のチケットがほしい自分には転売屋と同じに見えてしまうなぁ…

そんな訳でチケット取引ツイート見るとモヤモヤするので、「チケット」というワードミュートしたのである

2017-10-13

友達から誕生日プレゼントがショックだった

この前よくつるむ友達A.Bの2人とご飯を食べに行った。

会う日の少し前に私は誕生日を迎えており、Aもその少し前に誕生日だった。

私たちは毎年誕生日プレゼントを贈り合う間柄だったので、私はこの日にAにプレゼントを渡そうと考えていたし、私もこの日にもらえるんだろうな〜と思っていた。

そして実際にそうなった。

しかし、Aには私とBからそれぞれプレゼントが贈られたのに対し、私にはAとBの2人からまとめてプレゼントが贈られた。

その時はそっかまとめてなのかぁくらいに思っていたが、後からじわじわと悲しくなった。

だって私とBは事前に打ち合わせをして、それぞれでAにプレゼントを贈ろうねと言っていたからだ。

なのに私へのプレゼントは共同にしちゃうんだ、という悲しみ。

しかも何が辛いってBがAに贈ったプレゼントと、BとAが私に贈ったプレゼントが全く一緒だったのだ。

同じブランドものコスメ。3500円なり。

いやせめてそこは気を使えよ。

だって単純に、BはAに対して3500円くらいかけてるのに、私に対しては折半してるから1700円しかかけてないってことじゃん。

(ちなみに私はAに4000円くらいするプレゼントをあげた。半年くらい前のBへの誕生日も同じくらい。)

同じように祝われてるのに、Aの手元には4000円のプレゼントと3500円のプレゼント2つがあって、私の手元には3500円のプレゼントが一個しかないんだよ。

さすがに気になるじゃん。

いや共同出資が嫌だとかプレゼントの値段が嫌だとかじゃないんだよ。(値段についてグチグチ言っといてあれだけど)

Bだけはどっちのプレゼント情報も知ってたはずなのに、知ってた上で何も配慮してくれなかったことがやるせないんだよ。

ちなみに私が別々でプレゼント贈ろうってAに言い出す前に、AとBの間で私宛は共同出資で行こうって決まってた可能性はほぼない。

いから書かないけどそう言える根拠はある。

ていうかモヤモヤしてる理由はもう一個あって、この日私とAがもらったプレゼントって半年前に私がBにあげたプレゼントと一緒なんだよね。

しかブツはいもので、Bにあげた時にやっぱりこれいいよね、もらうと嬉しいよねって話はした。

からプレゼント選択肢としては普通に入ってくると思う。

でもさー正直このタイミングで二人同じプレゼントだとやっつけかよって思っちゃうんだよね。

これは今私のメンタルがひねくれてるから余計そう思っちゃうんだけど。

あーなんか書いてて余計滅入ってきた。何この増田小町かよ。

こんなことでぐちぐち言ってることがそもそもダメなのかもしれない。

普通は気にしないのかな?それとも怒ったりするのかな?

恋人だったらわかるけど友達に求めることではないのかもね。かなし。

顛末

anond:20171014135702

2017-10-12

母が会話泥棒

60近くになる母。

ふとしたワードから連想して自分自分の身近な話に持っていく。

たまに会うときなんかに、こないだ○○に行ったんだよ~なんてカメラロールを見せようとすると、ほんの1~2枚のところで自分スマホを出して来る

(こちらが長く話しすぎているということは無いと思う、これやられると先手の話題強制終了せざるをえない)

とにかく人の話を最後まで聞いてくれない。

もともと話好きではあったけど、ここ数年でひどくなったように感じている。

娘の私にだけなのかな?

私は娘だからまだ受け入れられるけど、知人友人に同じようなモヤモヤを感じさせているのではないか

とても心配している。

生きている!

もう誰に迎合しなくてもいいんだ。

ずっと不安だった。

私は心に大きな穴が開いていて、そこを埋めようと必死に、埋められる人を探しては従順になり、迎合してきた。

でも待てど暮らせど誰も穴を埋めてくれる人はいなかった(性的な意味での穴は埋めてくれたが効果はなかった)。

ある時、ある考え方が突然に頭に降ってきたのだ。

男も無理、母親も無理ならば、もっと神さまに近いような存在が穴を埋めてくれるに違いないと。

そう思ったら荷が降りた。

かに頼らねば生きてゆけないという考え方は去った。

さて、神さまは誰か?という問いの答えはわからない。

今のところ、自分の中にある霊的なもの直感とも違うけど、自分の柱なのか理想なのか、よくわからないモヤモヤとした何かであると考えている。

宗教ではない。宗教とは他人の中の神を他人のやり方で感じることだからである

今、とても幸せだ。

生きている実感があるからだ。

仕事の締め切りに追われていて、大変だけど、大丈夫だ。

仕事も元々期限付きの派遣みたいな仕事だけど、不安じゃない。

生きている実感ってすごいなー。

2017-10-11

https://anond.hatelabo.jp/20171011190002

9割わかってる

ただまだ総受注数が少ないかモヤモヤしてる

もう少し何か気付けるんじゃないか

反面教師的な意味でも

 

クラウドソーシングが本当に地獄なのはやはりレッドなところだな

クライアントが最高に優良になっても、提案10人以上行くから失注が容易い

(あとそうなると、如何に嘘をつくかというゲームになりがち)

 

自分サービス作る時はここらへん気をつけないと詰む

2017-10-10

anond:20171010224023

最高すぎるな、お前。

この調子でかましていけよ。

モヤモヤ感がすきなら、ソニックユースとかドハマリするかも。

っていうかストレイテナーっていまでも流行ってるの?

作って5日か6日目のカレー

もちろん沸騰させた後で冷蔵庫に入れてたけど、昨日食べようと思ってタッパー明けたら表面に謎の白いモヤモヤが浮いてた

でも完全にカレー食べるつもりで他の食料用意してなかったから、白いとこだけスプーンですくって捨てて、普通に食べた

味はたぶん普通だったと思う… カレーからよくわからない…

今のところ吐き気も腹痛もないし、大丈夫だよね?

2017-10-09

宝石の国にドハマりする人が解らない

アニメ宝石の国1話を見た。

設定も話もそこそこ面白かったと思うけれども、あの作品に深くハマる人が何に惹かれてハマるのかがまだ分からモヤモヤしている。

宝石フェチ向けだと分かりやすいけれども、出てくるキャラ現実宝石擬人化にしては質感が柔らかく細い体であるし、普段の体の色は白い。

第一宝石フェチがそこまで多く存在するとも考えられない。

物語としては今のところ外から攻めてくる敵を追い返しているだけで、さほど特殊ではない。

キャラクターに関しても、今のところは群を抜いて魅力的なキャラクターもいないのではないだろうか?

と、ここまで書いたところで、あれは腐食した体を仲間同士で削ぐ箇所が最大のフェチ要素ではないかと思ったがどうだろうか。

[] #38-7「危ないアニメ

====

「くらえ、チョウナ・ブーメラン!」

「おい、シロクロ! やめろよ。投げるな」

「なんでだ。人に向けて投げてない」

「人に向けて投げなくても危ないだろ!」

「え? なんで?」

「投げること自体が危ないって言ってるんだ!」

「じゃあ、何を投げればOKなんだ」

「何も投げるな!」

「随分な話だな。そこまでの権限はさすがにないだろ」

「うわ、急に正気に戻らないでよ」


====

「こうして問題は意外な形で終結し、今でも『ヴァリオリ』の登場人物たちはこれまでと変わらない武器を持っているってわけさ」

父の話に俺は疑問を投げかけた。

それは別の表現スケープゴートにして、問題ウヤムヤにしただけだ。

根本的な解決はしていない。

「息子よ、逆に聞きたいんだが、“根本的な解決”って何だ」

父にそう返され、そりゃあ……とまで言ったところで、ふと口をつぐんだ。

そもそも何をどうすれば、どこまでやれば解決して、そしてそれが本当に正しいことなのか、或いは間違っているのか。

それらを的確に判断できるような、普遍的物差しが俺にはなかったからだ。

いや、恐らくほとんどの人間はないのかもしれない、って言いたいのか。

「息子よ、覚えておくといい。問題ってのはな、それ自体問題ではないんだ」

父の言葉に、俺は首を傾げる。

問題にされない限りは解決もしなくていいってことだろうか。

「この界隈の『検閲するかどうか』っていう最終的な判断は、総意によって決まっていると思われがちだ。だが実のところ、多くは個々人が決めるしかないことだったりする」

「そうじゃないの? だから各々が議論をして、模索していこうってなるのかと」

「その答えじゃ観念的すぎる。しかも、それはプロセスの話だろう。俺たち作り手にとっては何も言っていないのと同じだ。答えを迫られたときにどうするか。それが重要なんだ」

「それで表現を変えたくないって答えを出した場合、どうすればいいのさ。ゾーニングとか?」

ゾーニング妥協案に過ぎない。結局それらの基準だって漠然としている所が多いだろ」

じゃあ、どうすればいいんだろうか。

ますます父の言いたいことが要領を得ない。

「つまりな、こういう番組は案外“上手くやっている”ってことさ」

含みのある言い方に、俺はその意図を読み取ろうとする。

そして、ふと思い至る。

確証はなかったが、俺は恐る恐る尋ねた。

もしかして、その入浴シーン意識を向かせてウヤムヤにしたのは、武器だとかよりもっと問題のある表現を隠すため?」

父は笑いながら、淀みなくこう言った。

「はは、そんなわけじゃないか

俺の指摘がなんであろうと、そう答えるつもりだったんだろう。

しかしたら俺たちが気づいていないだけで、あのアニメには“問題にならない問題”が他にもあったりするのだろうか。

その答えに迫られたとき、俺はどう言えば“問題ない”のだろうか。

そして、それは一体誰が、どう判断すれば妥当なのだろうか。


俺は父にもうひとつ尋ねた。

「結局、父さんはどう思っているのさ。彼らのクレームはくだらないと思っているのか、汲み取るべきところもあると考えているのか」

「息子よ、物事は0か1かじゃないんだ。YESかNOだけではないんだよ。善良な意見に耳を傾け、頷きながら、暴力的性的低俗表現をし続ける。本当の意味での“自由”はそういうことなんじゃないかな」

そんなテキトー大丈夫なのだろうか。

俺が言い表せないモヤモヤとしたものを抱えていると、弟の声がテレビのある方向から聴こえる。

どうやら『ヴァリオリ』を観ているようだ。

「ユーマ・フォーリングホース~」

主題歌を口ずさんで楽しそうだった。

なんだか腑に落ちないところはあるが、弟が以前のように楽しんで観られるのなら、まあ良いかってことにしよう。

……というか周りの熱気に煽られただけで、俺自身は元からどうでもよいってスタンスだったのを思い出した。

(おわり)

2017-10-08

休日こわい

20代後半男。

趣味もない。友達もいない。する事も無い。目標もない。

この歳になり、人の目も気にならなくなったが自分に対する自分の目がどんどん厳しくなる。

家にいても落ち込むだけなので、何かしなければと思いイオンに行くが、欲しいものもなく家族連れや若いカップルに囲まれて、鬱になって帰る。

そなまま気付けば夜になり、ネットサーフィンをして1日が終わる。こんな生活が5年ほど続いている。

そんな俺が一念発起しSNS街コンなどにも手を出したが、一言で言ってクソつまらなかった。

あい場所で素直に楽しめる奴は根本的に人種が違うんだろうと思う。

仮に彼女が出来たとしても、心のモヤモヤが消える事は無いと思う。俺が抱えているのは、根本的な何かなのだ

それが欠損なのか、悔恨なのか、焦燥なのかは分からないが、感覚としては罪悪感が一番近い。

では何に対してか?

俺は今まで何もしてこなかった過去自分を心底恨んでいる。その代償を今の自分が払っていて、被害者意識すら感じる時が多々あった。

そんな過去自分否定し続けた結果、俺は防衛機能として新しい自分を作りその人格に成りすましていた。だが、その新しい自分になればなるほど元の自分に対する罪悪感が強くなった。

始点が上書きされ、積み重ねた物が無く、繋がりを軽視し、切り捨ててきた自分

俺は、瞬間しか生きていない。

いきなり今が来る。時間ジョイントが無い。

自分の今が、未来に繋がっていない、断絶されている感覚。俺は今どこにいるんだ。

2017-10-07

anond:20171007192653

ネットで見るたとえ話の97%くらいは「え?これ例え話にしないと理解できない人がいるの?」というモヤモヤ感を掻き立てられる。

2017-10-05

anond:20171004125348

話のイニシアチブを取られてもやもやイニシアチブをとって話したいってことだろう。

それを受けてのアドバイスに対し

それこそ思い通りにやり取りしたいわがままだと思います

なんだそれはだったらイニシアチブを取られてもやもやする必要ないんじゃないか

違う話をして会話するだけのことを「思い通りにやりとりしたいわがまま」ととることに対して、違和感しか感じない。あなたこそ“今まであまり他人コミュニケーションを取る機会が少なかった”のでは?

話が飛んでしまうことは気になりません。それはそれで楽しいですし。

それが気になるほどではないのになぜAさんが悪し様に取られるような文章を書くのか、それが全く理解できない。

嫌でないならないで、あらかじめそこまで気にならないと書けば良いこと。

追記でAさんの会話の受け答えを書いているが、それも結局、「私は悪くない」ってもの

こう会話すればよかったと例題を出しているが、

Aさん「りんごは親戚からたくさんもらう」

の後に、Aさんがなぜほしいと推測できたのか謎。

私「そっか、じゃあそんなに多くなくて良さそうだね」

Aさんが仮に「いらない」って言ったら言ったで、あなたはきっとAさんにモヤモヤを抱くと思う。

会話の例を出せるほどAさんとの会話を記憶して、Aさんはおかしいと伝えたがってる。むしろ疎遠になってあげてほしい。

anond:20171004125348

結構長い付き合いの友達Aがいるんだけど、Aさんと話した後にグッタリしたりモヤモヤしたり、

なんともいえない疲れが残るから一体何が原因なのかずっと考えた結果

  1. 相手の好きなものに対して否定的物言いをする
  2. 常に上から目線
  3. 相槌を打たない

この3つに不満なんだと気づいた。

相手の好きなものに対して否定的物言いをする

例えば「昨日美味しいと評判のピザ屋さんに行って来た」という話をしたとする。

それに対して「へえ〜何食べたの?」「どうだった?」という風に会話が進んでいくのが普通だと思っていた。

他の人に話した時はそう進んでいくから

しかしAさんは「ピザは太るから最近食べないようにしてるの。ダイエット始めて。」と返してくる

そう返されると聞いてもらいたかった気持ちをないがしろにされた上に

自分があたか美容への意識が低いとディスられたような気になる。

常に上から目線

これは相槌を打たないことと合わせ技で来ることが多い。

仕事の話、恋愛の話、どのトピックの話をしても、Aさんが私にアドバイスをする形になっている。

その割に、Aさんが仕事愚痴を言って、私が「こうしたらいいんじゃない?」と言うと無視される。

絶対に、自分アドバイスをするという立場を譲ろうとしない。

相槌を打たない

これはもう説明するほどでもないけど

Aさん「これ可愛くない?」

私「可愛いね!こっちも可愛くない?」

Aさん「・・・

書いていて思ったけどAさんのコミュニケーションに私はいないのだろうか。

私が嫌いなのか私の会話がつまらないのかわからないけど、

人として尊重されていない感じがするのがとても悲しい。

Bさんとの会話が疲れる

結構長い付き合いの友達Bがいるんだけど、Bさんと話した後にグッタリしたりモヤモヤしたり、

なんともいえない疲れが残るから一体何が原因なのかずっと考えた結果

  1. 会話のキャッチボールを楽しまずに同じ話ばかり掘り下げようとする
  2. わたしの話の本筋を理解せずに浅い部分で会話を終わらせようとする
  3. お互い愚痴をぶつけ合って発散しようとするのにわたし愚痴をいうと聞こうともしない

この3つに不満なんだと気づいた。

会話のキャッチボールを楽しまずに同じ話ばかり掘り下げようとする

例えば「昨日美味しいと評判のピザ屋さんに行って来た」という話をしたとする。

それに対して「最近ピザなんて食べてないな〜ピザ最後に食べたの学生時代かな」という風に会話が進んでいくのが普通だと思っていた。

他の人に話した時はそう進んでいくから

しかしBさんは「へえ〜何食べたの?」「どうだった?」と返してくる

質問ばかりされると相手のことを知りたい気持ちをないがしろにされた上に、会話のイニシアチブばかり振られて「あいてのことを聞けなかった」というモヤモヤけが残る。

わたしの話の本筋を理解せずに浅い部分で会話を終わらせようとする

これは会話のキャッチボールを楽しもうとしないこととあわせ技でくることが多い。

私「ピザマルゲリータが美味しいよね〜」

Bさん「そうだね〜シンプルで美味しいよね〜」

私「マルゲリータって材料シンプルなのに美味しいよね〜」

Bさん「そうだね、シンプルだよね〜」

私「(‥聞こえなかったのかな?)チーズオリーブしかないのにさ〜1番美味しいよね〜」

素材の話を掘り下げようとしてるのにシンプルという部分で終わってしまっていて会話が続かない。

お互い愚痴をぶつけ合って発散しようとするのにわたし愚痴をいうと聞こうともしない

これはもう説明するほどでもないけど

Bさん「ちょっと聞いて欲しい」

私「どうした?」

Bさん「上司にこんなこと言われた」

私「私なんて取引先が・・・・(凹み」

Bさん「え、ああ、うん、Aさんも大変だね。で、◯◯って言うのひどくない?」

私「取引先なんてもっとひどくて◯◯で、この間も◯◯するし、そういえば別の取引先は・・・

Bさん「・・・

私「・・・

ちょっと聞いてと言う割には自分の話ばかりしたがって、私にはストレスがないとでも思っているのか。



書いていて思ったけどBさんのコミュニケーションに私はいないのだろうか。

私が嫌いなのか私の会話がつまらないのかわからないけど、

人として尊重されていない感じがするのがとても悲しい。


結論ふたりとも聞き下手。

会話のルールに、はじめたほうが全部話していいなんてものはありません。

とりあえずAさんが気が済むまでAさんの話を聞いてから自分の話を始めるといいと思います

anond:20171004125348

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん