「夕方」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 夕方とは

2019-04-19

夕方ニュース温泉ロケやってたんだが

一般人ちんこモザイク入れて撮しまくりなのにリポーター芸人特別タオル巻いてた

なんで芸人も裸でモザイクにしないの?

皆様にご報告です

かねてより休職中であった増田マスオ2019年4月19日午後0時10分眠りにつきました

夕方くらいには起きてくると思うのでまたよろしくお願いいたします。

2019-04-18

大阪大阪住吉区我孫子東2丁目付近暴行 4月15日夕方

https://this.kiji.is/490645019079443553?c=134733695793120758

大阪府警によると、15日午後5時ごろ、大阪住吉区我孫子東2丁目付近女子小学生への暴行が発生しました。(実行者の特徴:男性、50歳位)

■実行者の言動や状況

・遊んでいた女児に声をかけ、腕を引っ張った。

「おれ変態やねん、かわいいね、俺の家に来ない?」

 変態自称するとは、相当な変態だな。

anond:20190417122123

ウチもペットますが、家探し苦労しますよね。。

旦那さんと話すのが良いと思うのですが、相手が協力的でないか、良い解決策が出てない状況だとすると、何とか時間作って2人で一緒にFP相談するのはどうでしょうか。

保険などの営業をしていない独立FPが良いと思います東京近郊ならネットで何人か評判良い人が見つかります。値段は数万円〜10前後と、かなり高価になると思いますが、セールス抜きで話をしてくれると思います

私も一度相談しました。

事前に数年分の家計簿を送っておいた上で、朝から夕方まで丸一日かけて話をしました。前半は家計一般的な考え方の講義、後半でそれを踏まえた見直し提案議論でした。

我々もそれなりに考えてやっていたので、やっぱりそうですか、という内容が多かったのですが、改めて言われると真剣に考えて、話し合いをするきっかけになりました。

しばらく時間かかりましたが、大きな変更はお小遣い制に変えたことですね。ウチは夫である私が渋っていたからなのですが…。妻から言われても乗り気になれませんでしたが、第三者に言われるとちょっと気持ちも動いたりしまして。

けっこうおすすめです。

日記

今日はなにしたっけなー。昨日5時ぐらいに寝たから起きたの3時ね。汗びっしょりでやばかった。枕とかありえへんぐらい汗吸収してた。まあナルシストなんで自分の汗の匂い嗅ぎながら寝るのも悪くないねシーツもなにも全然洗濯してない。やばいね。7時ぐらいにもっかい起きて彼女よりも先におはようライン入れといた。これで俺が午後まで寝てるって思われない。良かったぜ。昼まで寝てざるラーメン自分で作って食ったね。美味しかった。お気に入りゲーム実況みながら。アマゾンからインドお香届いたから試した。いい匂いの煙に包まれるって最高。夕方百均行ってコルク探したんやけどなくて、何故か濃いめのカルピスポンジュースグミシゲキックスレモンメントス買ってた。あと灰皿。灰皿で今もお香炊いてるけどええわこれー。腹減ったな。そういえば前働いてた職場永遠流れてた、さかなクンのおさかな毎日いただきますって曲久々に聞いて元気でた。みんなも聞いてみて。じゃあ寝ます最近コメントこういう書き込みコメント着て嬉しい。また頼むわ。

2019-04-17

疲れた。6時に起きて7時半に職場に来て、21時に職場を出るんだけど、最近頭動かない。朝から夕方くらいまでは頑張れても、そこから夜まで全然ダメ。眠くは無いんだけど17時ごろから電池切れみたいに無気力になってしまう。19時前になれば、頭も動いてきてしばらく働ける。裁量労働制から途中で休憩挟んでも怒られないので、呑気に増田書いてる。to do 見てなんとか頑張ってたんだけどな。連続で働き続けるの、難しい。みんなどうやってフルで働いて残業もしてるの。夜型人間は朝型にはなれんな。休んだからぼちぼち仕事再開するわ。

anond:20190417180439

KKOは気付かないし、気付いてもニタニタしてるか、

夕方になって発言するくらいだから

ソースは俺

日記

今日はいつも通り午後起床。彼女が7時におはようってラインくれてたけど起きてないってのバレたくないかライン調子悪いってTwitterDMで返した。その後なにしたかな。なんもしてねえわ。夕方チャリで工具屋さんに行った。ミニルーター探しに行った。ガラスに穴開ける為に。なかったか店員に聞いたらなんかひかれた。死ねぶすの店員。俺が腰低く聞いてやったのによー。その後その工具屋の横にある古着屋に行ったけど、全部でかめでださかった。じじいとばばあとやばそうなばばあしかいなかった。その後並びの道のツタヤいってエロ本コーナーの前を3回ぐらい横切りながら横目で見て勃起する作業をした。JK近くにいて嬉しかったなあ。その後コーナンに行った。目的ミニルーター買いに。4000円のやつかった。高すぎ。金使うたびに変な汗かく。レジの女は同い年くらいで体がめっちゃ熱くなって変な汗でた。死ねよ。帰りにヤンキー高校生にめんちきられた。てめえ裏来い。友達も含めてぼこぼこに殺してやるよ。クズが。ショパンによってカレーパンナゲットパンと苺ミルク買った。店員に変な目で見られた気がする。ばばあが。それにしてもコーナンまでの道のり懐かしかった。いつもバイトの行き帰りでつかってた。あのフリーターの人まだ働いてるのかな。

2019-04-16

ドコモの料金プラン発表に対して「MVNOのワイ、高みの見物」みたいなブコメ

昼とか夕方タイムスタンプだと「MVNOゴミみたいな通信速度でこれ書いたのか」って気付いてフフッてなるよね

神奈川寒川町田端下半身露出 4月15日夕方

https://this.kiji.is/490732964884563041?c=134733695793120758

神奈川県警によると、15日午後6時40分ごろ、寒川町田端路上女子生徒への下半身露出が発生しました。(実行者の特徴:中年男性灰色長袖シャツ、金縁メガネ自転車

■実行者の言動や状況

自転車を押し歩き、帰宅途中の女子生徒に声をかけ、下半身を見せた。

「大きくなったね」

 何が大きくなったって?

anond:20190415201948

やっぱりそうだよな。

MVNOで昼と夕方ストレス無くLTE通信ができるわけじゃなくて回避策があるだけだよな

2019-04-15

MVNOユーザーって昼と夕方ゴミみたいな通信速度をどうやってストレスなしで乗り切ってるの?

メイン回線キャリアオモチャスマフォ用にMVNO使ってるけど、昼と夕方ホントゴミなんだよな。朝も場合によってはキツい。

IIJとかのやる気のあるMVNOは違うのか?

フリーwifi八艘飛びとかやってるネット義経なの?

エロゲ業界衰退の一翼を担った懺悔をしていく

最近エロゲ衰退について議論するブログが盛り上がっているようだが、プロから言わせてもらおう。

https://anond.hatelabo.jp/20190415042641

http://kazenotori.hatenablog.com/entry/2019/04/14/113600

地方出身32歳。

父が大手電機メーカー下請け会社課長で、父母自分妹の4人のいわゆる平凡な家庭だった。

父の仕事関係結構早い時期からパソコンが家にあったように思う。

最初ちゃんパソコンに触ったのは1999年頃。中学生になったばかりの頃に家にWindows機が導入されて、要らなくなったPC-98機を貰った。

今思えば無限かと思われるような性欲の中、PC-98向けのエロゲ友達の兄からなけなしのおこずかいを使って売ってもらった。

「同級生」だった。

親が寝た深夜に夢中でのめり込み、全クリする頃には30回ぐらい抜いていた気がする。

その影響で高校時代大阪大学に進学した大学時代全般的エロゲに費やしてきた。

特に大学時代には欲しいパソコンエロゲが出ると深夜のバイトをして翌朝に近所のゲーム屋に直行

夕方に起きて翌朝までゲームという自堕落生活をしていた。

その頃普段見ないテレビニュースWinnyニュースを見た。こんなものがあるのかと驚きだった。

それから24時間パソコンの電源付けっ放しでWinnyをやり続け、ちょい昔のゲームでやってみたかったやつとか、無修正AVとかバンバン手に入って狂喜乱舞していた。

エロゲ基本的に抜きに使っていたけど、Winny泣きゲーを知った。

泣きゲー代表格でもある「AIR」は、絵の感じが受け入れられなくて買ってなかったが、Winnyで手に入ったのでやってみた。

観鈴ちんがゴールした瞬間涙が止まらなかった。

自分がなんとなく拾った子猫のようなゲームAIR」。

それが観鈴ちん境遇シンクロして、インターネットという空<AIR>に登っていくような気持ちになった。

そんなこんなで自堕落大学時代を過ごし、もちろん就活全落ちした。

幸い、顔なじみになった近くのゲームショップ店長エロゲメーカー営業の人を紹介してくれて、それ経由でエロゲメーカー業務委託、、というか長期のアルバイトみたいな形で雇ってもらえることになった。

その会社では在庫管理とかの仕事をしていた。

ある日、「売れない売れない」という他の社員社長の口癖に嫌気がさしいた自分は、自分なりに売ってみようと思い立った。

そこでまず、自分がどうやってエロゲ出会ってきたか思い出した。

するとほとんどが18歳19歳以降のWinnyを境にして出会たことに気づいた。

もしかして無料でまずは触れてもらってその口コミで多くの人に売れる、というやり方もあるのでは?

そう思った自分倉庫でその会社の全作品ディスクを借りてきて自宅からWinnyに流した。

もちろんプロテクトキーの解除なんて大層なことはできないので倉庫の奥の方に眠ってる、多分永久に売れないだろうソフトプロテクトキー20か30ぐらい一緒に流した。

先着20人か30人に無料開放だー!ぐらいの気持ちだった。

その後、1年ぐらいでエロゲ会社を2、3転々としその度に流出を繰り返していた。

そんなある日、FC2ブログ自分が流したプロテクトキーを使って何度でも解除できる方法が出現していることを知った。

まずいと思ったが既に止める手段も既になかった。

過去関わった3社8ブランドぐらいのゲームをすべて無料にしてしまたことに気付いた。

後になって、これらの流出が、善意であっても犯罪になることを知った。

いやむしろなぜそのリスクが考えられなかったのか不思議でならない。

自分の中では「布教活動の一環で友人にオススメゲームを貸す」という行為との違いがわかっていなかったのだ。

3龍大学にしろ法学部だったのだから大学時代もっと勉強しておくべきだったと後悔した。

その後3ヶ月ぐらいしてその会社を辞めさせられた。

流出の件はバレていなかったが個人的倉庫エロゲを持って帰っていたことがバレた。

いまはもうエロゲ業界には関わっていない。

いつか、自分無能さを認め、悪気はなかったこと、それでも取り返しのつかないことをしたこと社長たちに謝りたいと思っている。

それが終わったら、全部やり終えることができたら、ゴールしたい。

anond:20190415181307

そのりくつだと「夕方アニメ存在した」わけじゃんw

1990年代末期~2000年ごろの夕方アニメはそこそこ作品も多く

エヴァとかウテナとかカウボーイビバップとか

人気ゲームアニメ化作品や人気のあったOVAテレビ化作品とか

充分に今の深夜アニメ並みにマニアック作品が多くて

オタにはカルト的人気があったぜ

anond:20190415181012

アニメが無かったからだよ。

1990年代から2000年代前半。

夕方から深夜への移行時期にすっぽり収まる。

2019-04-14

日記

今日は何したかなあ。なんもしてねえから思い浮かばねえわ。12時ぐらいにおきたんかな。昨日の夜ビール一本だけ飲んでべろべろ。気持ち悪いまま寝た3時半ぐらいに。朝昼兼用うどんをお母さんに作ってもらって、食った。味薄いし野菜入れすぎ。ベーコン二枚に見合わないほど野菜が多い。そういうとこやぞ母親。そのまま彼女と「好き」とか「ちゅ」とかくだらねえラインのやりとりを6時ぐらいまでやったのかな。そういうやりとりしながら2broの動画とかカツドンチャンネルとか見てた。夕方カレー温めてパンつけて食ったね。そのせいで腹いっぱいになって晩御飯まだ食ってねえ。しか晩御飯カレーとか。。そういうとこやぞ母親。ついさっき彼女テレビ電話しながら俺のオナニー見せつけた。ティッシュに受けずにそのまま出したった。パフォーマンスとして。おかげで股間も手も精子まみれ。ウェットティッシュで拭き取った。手に残ってなけりゃいいけど。たぶん夜も深夜までだらだらすごすんだろうな。糞が。

2019-04-12

読書趣味の人って寂しくないの?

今年こそ読書を習慣にしたいんだけど、休みの日が読書だけで終わるとめちゃんこ寂しい

読んでる間は楽しくても、読み終わって夕方とか夜になってるとせっかくの休日をどこにもいかずに無駄にした感が半端なくて憂鬱になる

別に外出好きでもなんでもなくて、むしろおうち大好きなんだけどなー

読書好きになれば寂しくなくなるのかな

迅雷について私が知っている二、三の事柄

2019-04-11

バス通勤の思い出

思い出したので、なんとなく書き留めておく。

その日もいつも通りのバスだった。

季節は恐らく春か夏。

退勤処理をして外へ出るとまだ空は明るくて、なんだか得した気持ちになった。

そんな平和夕方の思い出。

その路線バス車両の前側から乗って真ん中あたりから降りるタイプ

乗り込むとき運転席の横で電子マネーをピッとやる。都会のバスは優しいのでどこで降りても定額料金だ。

番号のスタンプされた乗車券を握りしめ着々と値上がっていく電子料金表をビクビクしながら見つめ続けなくてもいいんだ。とてもやさしい。バス停に屋根もあるし。

そんなわけでいつものバスだ。

停車しきる前から開いてるんじゃないかという勢いのドアから乗り込み、ピッとやって、運転手へゆるく挨拶して、歩きながら車内を見渡す。できれば座りたかった。

手前の一人がけの席は埋まっている。じゃあ奥の二人がけの席はどうかな。

奥に視線をやると、それは二人がけ座席にデンと座ってた。

人間2人分強はありそうな巨漢だった。

別に両国は近くないからアレは十中八九ただの巨漢だ。ただの巨漢が奥から数えて2つ目の座席に窮屈そうに肉を収めていた。

巨漢と窓の間にサラリーマンが挟まっていたのでよく覚えてる。

二人がけ座席は手前に1つ空いているのにわざわざサラリーマン圧縮している巨漢は見るからにやばそうだった。

他の乗客もなんともいえない微妙雰囲気だ。

ぶよぶよしている。関わりたくない。

心のなかでリーマンへ合掌して手前の空いている席を目指した。

新たに乗り込んだ客は自分ひとりだったため、申し訳ないぐらいゆったり座れた。

自分が強い人間だったらあのリーマンを助けてあげられるのになと、のんきに車窓を眺める。

気になっているちいさな惣菜屋今日も後ろへ流れていった。

次の停留所で巨漢が動いた。

バスが停まり、老婆がひとり降りていった。遅れて巨漢が立ち上がり、降車口近くに座っていた自分の横までやって来る。

「ああ降りるのか」と思った。

リーマン開放されてよかったな~とにっこりしたのもつかの間、なぜか巨漢の尻がこちらにめり込んでくる。

何を言っているのかわからねーと思うが気付いたら巨漢と窓の間に挟まっていた。

暑くはなかった。むしろひんやりに包まれた。

右のひんやりは窓ガラスだ。その向こうの景色ゆっくり動き出している。

反対側は巨漢だ。自分の装備はスーツで長袖長ズボン。なのに向こうのTシャツからはみ出た肉のしっとりひんやりしている感じが、なぜか伝わってきていた。

なんで降りない?なんで座った?なんでとなり?

混乱のさなか、さきほどのリーマンのように圧縮されている自分を遠くから見たような気がした。

いま思い返すと幽体離脱だったかもしれない。

それどころではないので次の停留所までこの状況に耐えられるのか考えてみた。

この時間バスがたくさん走っているから、降りてもあとから来るやつに乗り換えればいい。

町並みから察するに次の停留所トンネルの向こうだ。ちょっと遠い。

ムリ。

まあムリ。

肉を押しのけた。とにかく立ち上がった。

立ち上がったが、肉壁が行く手を塞いでおり通路へ出られない。

天罰だとしても身に覚えがなさすぎる。

今すぐここから開放されたい。

しかし巨漢に悪意はない可能性をこの数秒では捨てきれなかった。だって悪意あったらこわい。

万が一にもピュアかもしれない生き物相手にいきなりミッションインポッシブルスタント脱出を試みられるほど、自分は鍛えられていなかった。

では元に戻れるかというと、先ほどまで尻を収めていた座面はもう肉で見えなくなっていた。

肉の主は、無言で進行方向を見つめている。

戻れないなら攻めるしかない。

何を得て何を犠牲にするかの判断明暗を分ける。形成は圧倒的にこちらが不利だ。

ゴクリとつばを飲み、自分は彼にやさしく声をかけた。

君は窓側に座って。自分通路側に座るよ、と。

彼にとっても魅力的な提案のはずだ。

なんといっても窓際はいい。散歩しているわんこも見られる。窓ガラスだってひんやりしている。

方や自分はといえば通路側という呼吸するスペースを手に入れられる。

お互いメリットだらけ、Win−Winだ。

なのに肉のやろう渋りやがった。

ヤツの表情はイマイチ読めなかったが動く気はないらしいのは理解できた。

しかこちらも引くわけにはいかなかった。

もう絶対にここから逃げ出す。自由を手にすると心に決めていた。

「次の停留所で降りるんです」

ダメ押しにと震える手で降車口を示した。

バスではよくあることだ。

座ってようやく落ち着いた頃、窓側に座っている人間が停車ブザーを鳴らし、次で降りると主張する。

それを叶えるためには通路側の自分が立たなければならない。

また立つのは正直めんどくさい。どんな善良な人間だってそう思う。

立たせる側だってそりゃもう申し訳ない気持ちになる。

そう、自分申し訳ないんだ。

君が嫌いなんじゃあない。

君に面倒をかけるのが申し訳ないんだ。

から席を交代しよう。

一度こちらの提案棄却している彼だ。重ねての親切を無下にはしにくいだろう。

更にこれは日常的に乗客間で行われているごくありふれたやりとり。

それを受け入れないのは不自然。このシーンでの不自然は悪意を浮き彫りにする。

(ちなみに相手も同じ目的地だと詰みます

これで動かなかったらいよいよトム・クルーズになるしかない。とルートを探り始めた頃。

目の前を塞いでいた肉はのそりと動き出し、ようやくその向こう側に通路が見えた。

やった!生きられる!

いつでも動けるようカバンを抱え直すと、空の弁当箱がカチャリと小さな音をたてた。

焦るな。今じゃない。

ギリギリ空間へ体を滑り込ませた途端プレスされて圧死なんてシャレにならない。

必要なスペースを見極めろ。その瞬間を見逃すなーーー

自分通路へ出ると、彼はまたのそりと座席へ戻っていった。

巨漢が巨漢なりに窓際へ収まったのを確認してからこちらもようやく座席へ腰をかける。

勝った。勝ったのだ。

隣りを見れば圧縮リーマンに多少厚みが戻ってきていた。それでも前髪は乱れてげっそりして見える。

おつかれリーマン。ほんとうにおつかれ。

なんか巨漢がこっちをチラチラ振り返ってくるがそんなことは関係なかった。

そうして自分も一息ついて、膝に置いたカバンを抱きしめた。

また弁当箱がカチャリと鳴った。

そのうちバスは次のバス停へ止まったが、誰も乗らなかったし誰も降りなかった。

自分はそのまま終点までバスに乗り、ほかの乗客と一緒にバスを降りた。

巨漢は席を立つタイミングを逃したようで座席の横を通り過ぎる人々を見送りながらもぞもぞしていた。

それきり二度と会わなかった。

今は遠きバス通勤の思い出。

紅茶引き寄せの増田酢魔の背良基肥ゃ地鵜子(回文

朝虹を見ました!

天気雨が降ったら太陽に背を向けて空を見たら虹を発見できる確率100%よ!

おはようございます

引き寄せの法則なんてあんまり信じないんだけど、

スピリチュアル界隈じゃこの手の話大好物な人多いんじゃないのかしら?

そんでね、

最近テレビで見た美味しそうなオレンジ紅茶のシーエムやってたのね、

自分ではあんまり買ってまで飲むほどのジャンルもしくはカテゴリーではないんだけど、

なんか機会があったら飲んでみたいなぁって程度で思ってたの。

そしたらさ

コンビニの幾ら以上お買い上げになったら引けるくじのキャンペーンやってて、

私が飲みたいなと思ってたオレンジ紅茶ドンピシャで当たったのよ!

これって凄くない?

まりに嬉しすぎたと言うことを店員さんにバレたらはしゃぎすぎ!って思われるから

ここはクール商品の交換をその場でお願いしたわ。

で飲んだら美味しくてちょっとハマりそうなんだけど、

カロリーゼロじゃないみたいなので、

よっぽどな時じゃないと飲まないかもという結論に落ち着いたわ。

でも引き寄せちゃったんだから仕方ないわよね。

これが甘味ハチミツ入ってなかったらどんな味なのかしら?

と逆に興味津々なんだけど、

これの武藤敬司さんちがうちがう無糖か、

それか尾藤イサオさんちがうちがう微糖かだったら、

いかなと思いました。

自分紅茶オレンジ搾って作ってみるっていう手もありね。

なにせ果汁9%って言うぐらいだから

結構な果汁が必要なはずだし、

腕が鳴るわ!

うふふ。


今日朝ご飯

おにぎりよ。

大好きな赤飯おにぎり枝豆が炊き込んである

プチプチ食感が全私を魅了して止まないやつ。

それとは関係なく他のお店で最近買ってみたスーパー大麦ことバーリーマックスって言うのも最近流行ってるのかしら?

それのおにぎり大麦の食感がプチプチして美味しかったわよ。

いつも同じお店で買ってればいいと思ってたら大間いね

デトックスウォーター

イチゴパックが夕方割引特価だったので、

買ってきたわよ。

デトックスウォーラーに使う分だったらそんなものでもぜんぜん大丈夫よ。

やっぱりこの時期、

微妙に春だと果物の種類が意外と少なかったりするから

バリエーションがないのよね。

そんなイチゴウォーラー

春に何かチャレンジ始めたくなる季節だと思うんだけど、

初めてデトックスウォーラーやってみるなら

イチゴとかがおすすめよ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-04-10

不倫の行き着く先に幸せはない

それを自分の身で実感することになるとは思わなかった、というお話

ツイッターでわざわざ新規アカウントとって投稿することでもないしそんな気力もない、5ちゃんに書くとなると長文自分語りになる。

スカスカ恋愛脳クソ女と思う人が多いと思うけど、もやもやが止まらないのでここで吐き出させてくれ。

前提

私:20代後半女性、未婚、昨年夏部署異動

相手:30代後半男性、子持ち既婚、メンタル

発端は私自身の部署異動。入社以来総務や経理仕事をしていたが、もともと外向きの仕事希望していたこともあり、地域営業職への異動希望をだし、昨年受理された。

右も左もわからない自分に新しい上司メンターとしてつけてくれたのが相手の人だった。

その地域でもトップを争うような実績もあり、知識豊富で面倒見の良いベテラン営業マン。多くの新人がその人の元で育っていったということらしい。

ちなみに、私の会社組織が少し特殊で、自分とその相手の人は同じ建物仕事をしていない。そのため毎日顔を合わせるわけではない。

ただ、営業に同行してクライアントとの話し方や提案の仕方などを学ぶ“先輩”として自分もついてくれることになった。

相手からは本当にたくさんのことを学ぶことができたと思う。それは実務的な部分だけではない。とても楽しそうに、自信と誇りを持って仕事をしている姿は、

営業職の楽しさ」を教えてくれているのだなと感じた。そんな姿がとてもかっこよくて、とてつもなく憧れた。

そんな日々を過ごしていたある日、クライアントとのアポイント夕方になったため、その後お疲れ様会をしようという話になった。

もともと私は人とお酒を飲むのが好きであり、男性と2人で食事をすることに抵抗感がないことや、

(もちろん自分彼氏がいたり相手パートナーいる場合配慮するが)

仕事を通して仲良くなっていたこともあったため、本当に先輩や友達と飲みに行くくらいの気持ちで、2人で飲みに行くこととなった。

先に結論を言っておくと、この時点でそういう関係になったわけでもないし、ワンナイトしてしまったわけでもない。

ただ楽しく飲んだだけ。色んな事を話して、話して、とても楽しかたことを覚えている。

ただ、不思議だなと思ったのが、“家族”の話が一切相手からでてこなかったこと。

30代後半で家庭持ちだと家族話題って出てくることが多いから、この時点では「未婚かバツ持ちかなー」と思っていた。

ここで聞き出さなかったこと、本当に自分で浅慮で頭が悪かったなあと振り返って思う。

メンタル弱いということはこの時点で話してくれた。一時会社休職していたこともあるらしいが今は回復しているということで特に気にしなかった。

自分の中で憧れが恋愛感情に変わっていくのを感じた。

そんな中、きっかけとなった日が訪れる。休日プライベートで出かける約束になったのだ。

目的地で楽しみ、食事して、その後に相手から想いを告げられた。憧れていた人から自分も好かれていた事。

正直、とても嬉しかった。そしてその日から仕事パートナーだけの関係ではなくなった。

それから真実を知るまで、とても楽しく充実していた。仕事終わりに食事したり、色々なことを話したり、セックスしたり。

仕事もたくさんのことを教えてもらって。幸せだった。でもそれは自分けが自分たちだけの幸せだったのだ。

ある日、とうとう相手からカミングアウトされる。相手には奥さんがいること。中学生なる子供がいること。

だけど夫婦関係崩壊していて家庭内別居状態だということ。奥さん方の家族と同居(2世住宅?)しているが関係がうまくいっておらず、それがきっかけでメンタル不調が再発しているということ。

中学生の子供が高校生になったら離婚を考えていること。

それをきいて「あー、やっぱりかー」「そりゃ家庭の話はしないわー」と思うのと同時に「不貞行為する既婚男性常套句じゃないかーい」と心の中で突っ込みをいれた。

しかし、その時は頭スカスカ恋愛脳クソ女だった私は、正常な判断ができなかった。

メンタル再発するくらいひどい家庭なんだ!私が支えないと!私なら幸せにできる!」

うすっぺらな自意識バカみたいな正義感、そして発揮すべきでないところで出てきてしまった母性本能

「とりあえず“その時がくるまで待つ”」を選んでしまったのだ。

タイムマシンがあったらあの時の私をひっぱたいて目を覚ましてやりたい。

ちなみにメンタル不調は本当だと思う。相手食事がとれなくなり、職場の同僚だけでなくクライアントまでもが心配するくらい激やせしてしまっていたので。

(私といるときは少しだけ食事をしてくれたため、さらに一緒にいなきゃという気持ちになってしまっていた。)

カミングアウト後も、罪悪感を持ちながらも関係は大きく変えずに過ごしていた、頭スカスカ恋愛脳クソ女の私は完全に依存してしまっていた。

この関係の中で自分必要とされていることが嬉しかった。仕事で絡みが多いので完全に連絡をシャットアウトすることが不可能だったこともある。

しかし世の中は甘くない。悪は暴かれるのである事件は起こった。相手奥さんが私の家に訪れたのだ。

私は実家に住んでいて、父・母と暮らしている。

奥さんが訪れたのは、ちょうど仕事で私の帰宅が遅くなった日で、母が対応してくれた。

家を特定されたのは奥さん不貞行為証拠を押さえるために興信所を雇っていたのと、雇っていたその期間に相手の車で家の近くまで送ってもらったことがあったこから

帰宅後、母と長い時間話をした。母は冷静だった。もともと私の家は家族仲も良く、普段から色々なことを話せる関係ではあったので、母は私の話を聞いてくれた上で叱ってくれた。

こんな関係を続けて幸せになれると思っているのか?その相手と仮に一緒になったとして誰が祝福してくれるのか?奥さんだけでなく、未来のある相手の子供も傷つけている。

お互い慰謝料も払い、子供がいるなら養育費も払いで金銭的に困った生活になるのは目に見えている。母は私に苦しい人生を歩んでほしくないし、そのためにここまで育てたのではない。

また、奥さんが来訪した際に母と連絡先を交換しており、やり取りをしていたらしい。

聞いた話だと、奥さん子供の将来を考えて離婚はしたくないこと。また、私もまだ若い年齢だということもあり、正しい道に進んでほしいということを考えてくれていること。

おおごとにせず話を決着させたいと考えていること。

頭をガンっと打ち付けられた気持ちがした。同時になんて取り返しのつかないことをしたのか、と大きな後悔が押し寄せた。

私が見ていたのは、目先の幸せだったのだ。頭スカスカの私でもさすがに理解できる。

本当に申し訳ないと思った。自分の浅はかな考えで人を凶器よりもひどい方法で傷つけていて、かつ気を遣わせていることに、「取り返しのつかないことをしてしまった」と

ようやく、遅すぎるが気がつくことができたのだ。

それから相手とは会っていない。仕事でも一緒になることがなくなった。

しかし、相手メンタルがきがかりで、完全に連絡を絶つことができなかった。

やっぱり好きという感情にはあらがえず、そのままズルズルと一か月がたってしまっていた。

距離をとると冷静になるもので、やっと自分の将来について考えることができた。

多くのものを失ってでも一緒にいることが最適解なのか?私は自分家族友達と縁をきりたくない。それに人の不幸の上に自分幸せを創り上げることはできない。

もし自分相手が一緒になった場合はどうか?今も奥さん家族と不仲でそれが一因でメンタルに不調をきたしているのに、私の家族からも同様の扱いを受けてしま可能性が高い。

「愛があればお金はいらない」建前では言うことができるけど、本当にそういう境遇になったときに笑って同じことが言えるのだろうか?私にはきっとそれはできない。

私は相手幸せにすることができない。

引き際だと思った。

やっと、連絡をとることをやめることができた。そして現在に至る。

結局。

相手は結局離婚することになったらしい。メンタル不調により、休職はしないまでも営業職はおりてしまうそうだ。

私は奥さんにはこんなものでお詫びになるとも思っていないが慰謝料を支払った。

そして明日上司に退社の相談をする予定である

きっと自分人生は独りで終わっていくのだろう。自分幸せになる資格はないのだから

こんなだらだらと書いたもの最後まで読んでくれる人は少ないと思う。

ましてや現在進行形でそういう関係を持っている人や持ってしまいそうな人がここまで読むことはないとは思うが、今回私が感じたことを最後にお伝えしたい。

ばれないなんてことは絶対に、絶対にない。不倫の先に幸せはない。自分相手もいつかは不幸になるし、周りの人も全て壊してしまう。

全てを投げ出してでも続けるべき関係なのか?今感じているその“幸せ”は本物なのか?

渦中にいるとなかなか難しいとは思うの、自分自身も冷静に考えてほしいと思う。

どんな背景があろうが、そういう行為をした時点で加害者なんだよ。

この自己陶酔文章が、誰かが冷静になる一助になることを願って。

だらしない話

出張とある地の客先へ行った。

事前連絡した時、

「当日は夕方前には帰られるでしょうから、(前泊なので)前日に軽く食事でもしましょう」

と言われ、俺が行くことを口実に「一杯頂こうという腹か」と思っていた。

俺は酒がそんなに強くは無いが、お付き合い程度なら問題ない、そう考えていた。

夕方待ち合わせ場所に早々に着いたとの連絡が有り、急いで出かけていった。

夕食処はホテルから直ぐに近い所で、歩いても数分の所だった。

普通居酒屋かと思ったが、かなり人気の居酒屋とのことで、

早い時間にもかかわらず結構人は入っていた。

このお店は或る肉料理が有名との事で、早速塊肉を1人1本頼む事となった。

これがめちゃくちゃ旨い。肉にかぶりついたら放せないし、酒もがんがん進む。

肉の刺身も出されたがこれはお断りした。

いまどきどんな肉であっても、刺身危険を伴う。カンピロバクターってやつだ。

他にも焼き鳥が運ばれてきた、当然それをぱくつきながら、酒もがんがん頂いてしまう。

増田さん、もう一杯頼みます?」を何度も繰り返され、断ればよいものを、

まりの肴の美味しさにがんがん飲んでしまった、がんがん。

夜中、ビジネスホテルのベッドの上で気が付いた。

「えっ!?何で、俺はここにいるんだ?」

記憶喪失になった人が病院で目覚めたりすると、病室で会う人に対して、

恐怖のためベッドの上で身を縮めてしまうと聞いたことがある。

まさにその状態だった。

何が起きたのか分からず、感じるのは恐怖だけ。

毛布はちゃんと被っているが、着ている物は下着パンツだけ。

シャツや、ズボン椅子に引っ掛けてある。風呂に入った様子は無い。

げろを吐いた様子も無い。

必死になって思い出そうとした。

待ち合わせをした、居酒屋に入った、料理が運ばれてきた、旨かった、酒を飲んだ、何回かトイレにも行った、

会計をしようと立ち上がろうとした所で制止され、お客さんが支払いに行った、ここまでだ。

俺は必死会計しますといったが、拒絶され座ったようだ。

覚えているのは、拒絶されたところまでで、座った辺りから記憶が無い。

入り口で靴を履いたような気もするが、履いてはいたのだが、確かな記憶は無かった。

そこからどうやってホテルまで帰ってきたのだろう。

近いとはいえ方向が分からないほど飲んだのではないだろうか。

どうやって辿り着いたのか、どうやって鍵を受け取ったのか、どうやって部屋に入ったのか...

全く記憶が無い。

「やっちまったー。」恐怖が襲ってくるだけ。

明日どうやって謝ればいいんだろう?」恥ずかしさもこみ上げてくるようになった。

俺は酒は弱いほうだったから、学生時代、友人と飲んでも直ぐに酔いつぶれてげろを吐いていた。

でも、苦しんだ事や介抱してもらったことを忘れたことは一度も無い。

家まで連れ帰ってもらったことも何度かあるが、記憶に無いなんてことは一度も無い。

それがだ、げろも吐いてはいないのに、恐らく7、8杯くらいしか飲んでいないのに

ハイボール用のジョッキというのかな、あのサイズ)、

きっれーに記憶が飛んでいる。

それだけ飲めば酔っ払うのは当然なんだが、記憶が無くなるなんて理解できない。

吐くほど飲みすぎて酔っ払った訳ではないのに、記憶が無いってどーゆーこと?

翌日、「酔っ払って記憶が有りません」とは言えそうに無く、

どんな顔して挨拶に行けばよいのか分からないまま、顔を出した。

そこで、軽くジャブを打ってみた。

「すいません昨日はみっともなく酔ってしまって。」

「いやいやいーんですよ、私なんか部長に馬乗りされて殴られたことも有りますからね。」

(おいおい、それじゃ俺がかなりとんでもないことやったみてーじゃねーかよ!?

(何やったんだー、俺はよー?)

その部長にも会って、開口一番「すみませんでしたっ。みっともなく酔っ払ってしまって。」といった所で、

「何言ってんですか、酒の席のこと。なんでもないですよ。」とは言ってもらえたが、

どう受け止めればいいのか、これまた困ってしまった。

仕事のことは淡々と進み、おまけに次のお題まで頂いて、上出来だった。

帰り際、同行した若いやつにこぼしてみた。

「俺、昨日どうやって帰ったのか覚えてないんだよ。帰る直前までは覚えてんだけどね。」

「えっ!?ふふっ、覚えてないんですか!送られて帰ったんですよ!!お客さんに。」

がーーん。自分で鍵を受け取れる状態でもなかっただろうから、鍵を受け取ってもらって、

後は部屋までは自力で帰ったんだろうか。まさか服まで脱がされたわけじゃないよな?

ただただ恥ずかしさだけが込みあがってくる。

ホント恥ずかしい、月日が経てば記憶から薄れていくんだろうと思っていたけど、

数ヶ月経った今でも恥ずかしい気持ちは変わらない。

2019-04-09

anond:20190409132146

わーい!何かな嬉しい!

ご飯何がイイかな?いまからお金降ろしてくるから夕方までに教えて!

2019-04-08

今日のこと

今日から4月2週目だった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん