「ゲームオーバー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ゲームオーバーとは

2019-01-18

[]ドラクエヒーローズ2 ps4

一言で言うなら、無双シリーズ最初から地獄で遊ぶようなゲーム

敵へのダメージカスダメ、でもこっちは1,2発くらったら死ぬ

1と比べてかなり遊びやすくなってる

アクションもっさり感が減った

減っただけでまだかなりもっさりしてるけど

タワーディフェンス要素もかなり減った

でも相変わらず敵が硬いしひるまないかダメージ与えてる感なくてイコール快感がない

のれんをなぐってるような感じ

中盤くらいまではちょうどいい難易度だったけど、終盤からほんっっっっとに敵が硬いしカメラひどいし死角から攻撃されてふっとばされるし雑魚状態異常かけられるしで糞になった

転職システムレベル1に戻るのはいいにしても、通常のドラクエに比べてレベルがめちゃくちゃ上がりにくいから、1に戻されるデメリットがめちゃくちゃでかい

ラスダン前でストレスマッハになったから諦めた

中ボス存在の、からだがでかい雑魚敵がほんっっっっっっとに硬すぎ

無双チックな広いステージでの大群戦はよかったけど、あっちいけこっちいけがうざくて何度かゲームオーバーになった

敵はすげー敏捷で例えるならゴッドイータープレーヤー側って感じなのに、

操作するこっち側もっさりもさもさのモンハンって感じでギャップがすごい

操作レスポンス速度と敵の挙動マッチしてないから、すげーイライラする

動作キャンセルできないから、敵が攻撃してきたか回避しようと思ってボタン押しても、その直前の剣振ってる動作をもたもた終わるまで回避できずにダメージ食らう

俳優棒読みは相変わらずひどい

でもそれは我慢できるけど、肝心のゲーム部分が糞なのは耐えられない

堀井さんは名義貸しだけでほとんどゲーム内容かかわってねーんじゃねーかなー・・・

制作風景ドキュメンタリーみたけどプレイヤーストレスかいろいろ考えてる感じだったし

ドラクエの皮かぶって変にひらがな多くて幼稚なとことか、メッセージ一括表示できなくてテンポ悪いのとかもすげーイライラする

パッケージには爽快アクションって書いてあるけど全然快感ねーよクソゲー

2019-01-15

anond:20190115093114

どんなに幸せな家庭だろうと、どんな大企業で働いて企業年金で老後も安心だろうと、80代の老人の暴走自動車に惹かれて死んだら終わり

一流大学出て、一流企業内定貰って、将来はGAFAにって人も、新成人飲酒運転酔った勢い喧嘩で重度の障害貰ったら終わり

海外だろうとどこだろうと、運の無い奴はそれまでどんだけ成功してても一発でゲームオーバー

人に嫌われる生き方している奴は大概運はどんどん悪くなっていくから、気をつけろ

2019-01-07

韓国経営シミュレーションゲーム

あなた大統領になって任期中に韓国を発展させます

反日度を一定以上に保たないと、弾劾されて裁判を受けるか、暗殺されてゲームオーバーです。

北朝鮮日本中国アメリカバランスよく外交し、経済面では力の強い財閥優遇しながら、難度の高いロビー交渉を仕掛け、ウォン価値を保ちましょう。

2018-12-23

死ぬのが怖すぎてゲームができない

ゲーム死ぬのがすごくつらい。特にアクション系の死にゲーが全然ダメ

マリオですら1面以上クリアしたことない。

RPGもとにかく死なないように攻略情報を事前に見てしまう。当然エリクサーなんか最後まで使わないタイプ

ボスはいつも心臓バクバクして物理的に死にそうな気分になる。

ゲームを楽しみたいのにセールで買っては積んでばっかり。つらい。

何でこんなに死ぬのが怖いんだろう。たかゲームなのに。

PvPFPSBFとか)は1000回くらい死んで上達し始めたら平気になったから、慣れの問題なのかなあ。

パズルゲーでゲームオーバーになるのは大丈夫

2018-10-23

私が考えたリズムゲー


昨日犬の散歩中に思い付いたリズムゲーの話を聞いてほしい

アイドルプロデューサーになるんじゃなくて、フリータイルダン〇ョンのプロデューサーとしてプレイするゲーム

ゴリゴリラッパーラップに合わせて、コンプラの部分に合わせてボタンタップ放送禁止用語うまい具合に消していく

タイミングが合わずノルマクリア失敗するとBPOから勧告を受けてゲームオーバー

レベルアップする度にゲットするスキルポイント自分の所持ラッパーにステ振りできる

パフォーマンス力、アンサー力、ライム力、ギャングスタ力とかかな

ギャングスタ力は全ステ大幅アップの効果があるが、ステ振りが偏りすぎると所持ラッパーがいつのまにかアイテム「ヤクブーツ」を所持し、番組に登用できずモンスターボックスから自動的消滅する

どうだろ、誰かこんなクソリズムゲー開発してくれないかな。

2018-10-22

ビデオゲーム業界 どうしてその用語になったのか不思議言葉(追有

ビデオゲームの進行で区切りとなる単位。登場している敵をすべて倒すなどすると次の面へ進む。

(以下追記ブコメから

参考リンク

ヒットポイント

キャラクターが持つ指標。体力のアナロジーになっており、ゼロになると死んだり行動不能になったりする(プレイヤーキャラクター場合残りが1つ減ったりゲームオーバーになったりする)

TRPGではすでに「HP」の呼称が使われていたとの指摘あり。

ゲームオーバー

ゲームの進行が終了すること。アーケードゲームにおいては1クレジットで遊べる状態が終了し、さらに遊ぶにはクレジットを追加する必要がある。

(これに関しては、「なぜ『GAME IS OVER』ではないのか」という考察ウェブ上に複数あると思う…と検索せずに書く)

1up

プレイヤーキャラクターの残りが1つ増えること。「増えること」を「up」と表現した最初ビデオゲームはなんだろうね?

説明適当です

(参考:https://anond.hatelabo.jp/20181022115008

2018-10-13

シミュレーションゲームエンジニア勉強会に行きたい女性

勉強会に行く→連絡先を求められる→絡まれる→ゲームオーバー

勉強会に行く→連絡先を求められる→拒否する→自意識過剰常識がないと叩かれる→ゲームオーバー

勉強会に行かない→スキル習得手段の一つを失う、同業者とのつながりが広がらない→ゲームオーバー

女性限定勉強会に行く→1d6で1〜3が出たら通常勉強会、4〜6が出たら「エンジニアってのに興味があってえ」というスイーツがいるキラキラ勉強会

2018-09-27

便利なマウスに慣れると増田問題暖も出す魔取る玲奈ニス馬菜リン部(回文

二宮金次郎クラスチェンジしたら

新渡戸稲造になって装備できるアイテムも一気に増えるって話は有名よね。

おはようございます

毎朝すれ違う中学生っぽい子が歩きながら本読んでるの。

随分熱心に読んでるけど歩きながらで危ないなぁってヒヤヒヤしながら、

通りすがり何読んでるのかなってチラッとみたら、

なんか文字がぎっしり詰まった本で

一世を風靡したデラべっぴんとかアクションカメラじゃないから、

真面目か!って思っちゃいました。

私が食パンかじりながら走って曲がり角でその子と衝突する確率100%ね!

君は1000%かもしれないけど。

でさ、

加勢大周名前問題でゴタゴタなったとき

加勢大周に新たに出たけど、

新渡戸稲造さんが名前問題でゴタゴタになったら

新渡戸稲造さんになっちゃうのかしら?って思いました。

電子書籍は字が大きくできて読みやすくなって便利なんだけど、

これに慣れちゃってると、

普通の紙の本を読んだとき

字がちっちゃ!って思っちゃうので、

あんまり便利なものに慣れてしまうのも弊害よね!

から私のパソコンマウス

いまだにかたくなに2ボタンマウスしか使ってないわ。

ボタンがたくさん付いて機能がそろってるマウスに慣れ親しみすぎちゃうと、

いざ他のパソコンマウスを触るときに、

今まで使えてきた機能が無いか

操作がヘボまった人みたいに見えちゃうもんね。

気を付けなくっちゃ!

うふふ。


今日朝ご飯

タマサンドは三度まで』の作中で出てきたタマサンドメニュー

近所の喫茶店再現したってのがあるらしいので、

それを頂きました。

喫茶店モーニングもグッドよ!モーニングだけに。

デトックスウォーター

ナシゴレンって東南アジアの星形をしたシャレオツ果物かと思ってたら違いました的な梨ウォーラー

なし崩しね!

なし崩しって、

アニマルタワーバトルの梨版「くだもの梨タワーバトル」で

積んで詰んでゲームオーバーになったときに使う言葉だと思ってた!

梨の礫だわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-09-22

女性を怒らせずに付き合っていくには

一度でも怒らせれば死ぬまで根に持たれゲームオーバー

そうなった以上、放っておいても口をきいても駄目とかなかなかに無理ゲーでは。

百戦錬磨はてな村の人たちはどう女性とどう付き合っているのでしょうか。

2018-09-14

どうしても見つからないゲームがある

1980年台後半だと思う

駅前デパ地下にあるナムコ直営ゲームコーナーで、忘れられないできごとがあった

その頃、自分はまだ小学生だった

それなのに毎晩のようにそのゲームコーナーに出没しては、お金ももたないままに他人プレイを目を輝かせながら眺めていた

理由は親の仕事にある

両親は夫婦自営業をしていた

いわゆる夜の仕事(といっても性風俗ではない)をしていたために、夜には家に誰もいなくなってしまうのだ

そのため、学校から帰るときまって母親に連れられて店の片隅でテレビを見ながら仕事が終わるのを待つ毎日だった

そんなときに見つけたのがデパ地下ゲームコーナーだった

何かの買い物で連れられていったデパ地下商店街の片隅に、宝石箱のような世界が広がっていた

それが自分人生ではじめてのゲームとの出会いでもある

それからというもの、親には本屋にいくと嘘をついてウキウキした気持ちデパート階段を下った

デパートの裏口から直接つづく階段ホールに入ると、広い空間にほんのりと響くリブルラブルトイポップBGM身体を包んだ

階段を降り地下への入口をくぐった瞬間にこもったような音からクリア音楽に変わる

その瞬間の心がときめく感覚は、この歳になっても全く色褪せることなく当時のまま思い出すことができる

お酒を伴う夜の仕事は、親の醜い部分を露呈させた

お客にゴマをすり頭を下げる姿、酒に乗じて大騒ぎする姿、帰りのタクシーで酔いに任せて悪態をつく姿

でも、ゲームコーナーにいる間はすべてが無縁だった

一つ一つ置かれたゲーム機を覗き込めば、そこにはいくつもの夢のような世界が広がっていた

しかし、自分には唯一、お金がなかった

普段ゲームデモ画面を眺めては妄想にひたり、誰かがお金を入れてゲームを始めれば怒られない距離を保ってその様子を眺める毎日だった

その距離を保っていたのは、ある時、ノート片手にゲーム攻略する人の横に座って眺めていたとき店員さんに注意されたのがきっかけだった

うまく行かなかったことの理由にされたのであろう

それでも店員さんはお金を落とさな自分にもとても優しかった

いつも話しを聞いてくれたし、つぎにどんなゲームが導入されるのかも教えてくれた

「君がゲーム邪魔になることで他のお客さんが来なくなると困る」そう優しく教えてくれたから、自分も素直に従ったのだ

サイドアームの、デモ画面でも合体した直後の数秒間だけ操作ができることを教えててくれたのもこの店員さんだった

それからというもの、その数秒を操作したいためにデモ画面を食い入るように見入ったものだった

たまにほんの少しのお小遣いをもらったときは、どのゲームプレイするか真剣に悩んだ

悩んだところで自分の腕前では持って3分はやければ数十秒でゲームオーバーを迎えるのが関の山だった

他人プレイを盗み見して自分なりの攻略は持っているつもりだったが、自分スーパーヒーローか何かだと勘違いしているその世代にしてみれば、目の前の堅実な攻略よりも頭の中のスーパープレイができると信じ込んでしまっている

当然そんな状態でまともにゲームができるはずがなかった

それでも店員さんは、自分スーパー裏技攻略プレイ妄想話をいつもニコニコした顔で聞いてくれていた

そんなとき出会ったゲームがある

店員さんから新しいゲームが入るとよ前々から聞かされていたものだった

ここから記憶曖昧なので、嘘がまじるかも知れない

そのゲームゲームコーナーの目立たない位置に導入されていた

大体以下のような内容だ

ガントレットのような360度方向に動かすことのできる見下ろし型のアクションゲーム

・画面はスクロールたかもしれないししなかったかもしれない

主人公というもの存在していて、攻撃のメインは投げナイフだったと思う

・飛距離はそれほど長くないが連射ができた

ステージクリアー型のゲームで、ゲイングランドのように道中で仲間を助け出すと、プレイヤーキャラクターついてまわって攻撃の補佐をしてくれたように記憶している

・3ライフ制、同じキャラがその場で復活する

・おそらく2人で同時に協力プレイができた

近未来舞台

・当時の中ではグラフィックが綺麗で緻密だったように感じた

その当時よく眺めていたと記憶しているゲームは大体、魔界村ドラゴンバスター妖怪道中記ワンダーモモパックランドイシターの復活、などだ

からおそらく1989年ごろまでの話だと記憶している

その日は他人プレイするのを眺めては、いつものように自分攻略妄想を広げていた

次の日、たまたま50円の小遣いをもらうことが出来たので、そのゲームへとまっしぐらに向かっていった

店員への挨拶もままならないまま、すぐに筐体に50円を投入してスタートボタンを押した

すると常連客の一人、大学生くらいの男性が突然近づいてきて自分に声をかけた

「なんだよ。ゲーム始めちゃったのかよ。終わったらすぐにどけよ。」みたいなことだったと思うが、そういうとその男性はすぐにその場を去った

普段ろくに会話をしたこともないのにその日に限ってなぜだろうと不思議だった

せっかくの新しいゲームプレイするトキメキ台無しになったと思ったように記憶している

かくしてそのゲームはかなり難しかった

ステージ1をクリアできるかできないかで、自分の残機はなくなった

ところが、悔しくていろいろなボタンを押していたら、スタートボタンを押したときふいに自分キャラが復活してゲームが再開された

自分はその時、とうとうスーパー裏技攻略プレイ発見したと思った

その後も仲間を助け、敵にやられるを繰り返し、残機がなくなるとスタートボタンを押せば復活できた

ゲームが下手な自分でも、何ステージも進めることが出来たことにとても興奮していた

しかし、とうとうスタートボタンを押しても復活できなくなってしまった

理由はわからなかったが、何故かその時、仲間がいる間は復活ができるのだと自分の中で解釈していた

ゲームが終わると、すぐに店員さんのもとに駆け寄りに嬉しそうにそのことを話した

しか店員さんはとても煮え切らない顔で「そんなはずないのにな、、、」というようなことを口にしていた

とうとうスーパー裏技攻略プレイ発見した自分は興奮を抑え切れないままに、そのゲームのもとに戻りデモ画面を眺めていた

何かすごい偉業を成し遂げてしまったような気分だった

するとそこに、先程の男性が戻ってきた

そして戻ってくるなりこちらを睨みつけて、「ふざけんな!お前全部使っちまったのかよ!」と怒鳴りつけてきた

自分には何のことかわからずただキョトンと相手の顔を眺めているだけだった

男性の顔はみるみるなにか言いたそうないらだちで満たされる

しかし、その直後に椅子ひとつ蹴飛ばすと、だまってゲームコーナーを後にしてしまった

けがからないままに立ち尽くしていると、店員さんが近づいてきて、すべてを理解したような顔でこういった

「あー、彼がいれたコイン全部つかっちゃったんだ。おかしいと思ったよ。今度あったときに返さないとまずいんじゃない。」

それですべてを悟った

男性は、そのゲームをしっかりと攻略するために予めゲームクレジットを入れてあったようだ

しかし何らかの理由で席を離れなくてはならなくて、その間に自分が座ってゲームを開始してしまった

子供相手にどけとは言えず、終わるのを待つことにした(そしてまた何らかの理由ですこし席を離れた)

その間、自分は彼の入れたすべてのクレジットを使い切ってしまった

そしてそれをスーパー裏技攻略プレイだと勘違いした

というもの

子供相手からと、男性もそれ以上は詰め寄ることはしなかったのだろう

再び困ったように店員さんの顔を見る

しかし、店員さんは自分にできることはなにもないといった様子で、冷たい視線を送ってくるだけだった

いつもは仲の良いと思っていた店員さんだけに、幼心にその視線はあまりにも辛かった

何回くらいコンティニューしたのだろうか

おそらく10回はくだらないだろう

その当時の自分にしてみれば500円はあまりにも大金だった

返せる宛もなく、店員さんの冷たい視線を思い出すとそのゲームコーナーに近づく気にはなれず、あれ程通っていたにもかかわらずそれ以降そこには行かなくなってしまった。

今はその場所を離れ別の土地生活をしているのだが、数年前に、地元テレビ番組で映し出されたときにこのことを突然思い出した

その後軽い気持ちでそのゲームを探し始めたのだが、有名メーカー情報過去アーケードゲーム網羅するようなサイトを見てもそれと言えるゲームをどれだけ探しても見つけることが出来なかった

うっすらとした記憶の中に、そのゲームが導入されることを導入前から店員さんと話をしていたような気がするので、もしかしたらロケテストのみ行われて販売されなかったゲームなのかもしれない

しかし、ナムコでは過去、そのようなゲームが開発中止になったという情報を見つけることは出来なかった

実はこの記憶自分の中で捏造されたものかも知れないという疑惑さえ生じてくるほどに悩んだ

だとしたらどうして自分はこんな記憶捏造するに至ったのだろうか

一体どこまでが正しい記憶で、どこから捏造なのだろうか

ゲームの画面といらだちに満ちた男性の顔だけは今でもはっきりと思い出すことができるというのに

何ぶん30年近くも前の話で申し訳ないのだが、誰かそんなゲームがあったかもしれないという記憶をお持ちの方はいないだろうか

2018-08-02

昔の高難易度ゲームゲーセンクリアするのって金かかりすぎない?

実家の片づけをしてたらファミコンが出てきてプレイしてみたんだけど、魔界村やら忍者龍剣伝とかの死んで覚えるようなゲームって家庭用なら何回死んでも金かからないけど元々はアーケードゲームなわけだよね?

自分子供のころは格闘ゲーム流行ってて行きつけのゲーセンは1クレジット50円だったんだけどそれでも子供の懐事情からすると結構な出費だった気がする。

対人がメインの格闘ゲームなら連勝してるうちは追加投資は要らないし何回も負けてても自分タイミングで帰ればいい。

でもあの手の一人用のゲームって明確なクリアがあってそれを目標にするわけだよね。

クリアしたいならゲームオーバーになるたびに追加投資しないといけないし

さらにあの高難易度からゲーセンクリアするのって相当な金がかかったりしてたんだろうか。

それとも幾らか金を払えばコンテニューし放題のフリープレイ設定にしてくれてたんだろか?

人生が既に詰んでいることなんてわかっていた。見ないふりをしていただけ。他人には「人生ゲームオーバーなんてないよ、何でもやり直しができるさ」なんて言うことができるけれど、自分プレイしているゲームの止め時は自分で見つけるしかない。

2018-07-02

専門性の高い職はだいたいそれ

分野や職種はあまり関係なく、専門性が上がると一時戦線離脱の影響がきつい。

競争が激しい部署はなおさら

男性には「妻子を養わなくてはいなのだから」と現在もまだ謎の優遇措置がほんのりと残るとはいえ、病気介護自分探しその他諸々事故を含めて不測の事態一発でゲームオーバー

https://anond.hatelabo.jp/20180701053506

2018-06-26

anond:20180626105512

>これを成し遂げたってなったら自分の中でヒーローになるもんでは?

から成し遂げることが目的ならなんで生きてるのって話に戻るんだけど。

別に生きてたっていいだろ、というくらい生に執着あるくせに死刑判決や服役生活どんとこい!って精神分裂してるだろ。してるんだろうけど。

で、それを突かれると君みたいに話を初めに戻そうとする。

何度もいうけど殺人してハイ、終わり。じゃないんですよ。

殺人者はみんなハイ、終わり。を期待して個人的に一矢報いたと思いたいとやったけど、

実際は全員が早く出たいことから後悔してる糞雑魚ナメクジだったって話だよ。

自分の中でヒーローになりたいと思っても何十年という服役生活が許してはくれないんだよ。

それくらい想像しようね。まだ子どもなら今からでも遅くないから。

現実フィクションじゃないから、生きてる限り明日はやってくるの。

警察に捕まったらゲームオーバーじゃないの、服役スタートなの。もしくは死刑待ち。

もー、頼むから分かって。

命をかけて一発デカ花火なんてのは計画性も想像力もない低能には到底無理だし、高能様も足つっただけでギブアップする現実直視して~。

2018-06-25

ITプロマネディレクターという職業をわかりやすくいうと

日本限定だけどコーエー戦略ゲームで即斬首レベルのいうこと聞かないでアホな行動しまくるカス武将のみを持ってこられてゲームクリアを目指せと言われるお仕事

しかもワンミスゲームオーバー(クビ)

最近の具体例で言えばスパコン関連で日本が誇る一流ITエンジニアの下でそういう奴らが勝手に知らんところで詐欺やって使用者責任でなぜかとっ捕まって強制引退人生終了っていうのなんかすごくわかりやす

もっとわかりやすく言えばここで喚いてる増田を使ってワンプロジェクト立ち会えげて回せ、時給2400円でっていうお仕事

2018-06-12

anond:20180612102041

ゲームオーバー時はゾンビに群がられるがごとく男に犯られるんだろ? なら買う!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん