「地方」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 地方とは

2018-01-24

[]ストロー効果

地方高速道路新幹線、橋などの交通インフラが整備された際に、地方の活力が大都市に奪われてしま現象

「コップ」(地方部)の水(活力)が「ストロー」(橋・鉄道など)で、都心部に吸われるさまに例えた表現

都会から地方部に人が来るのではなく、逆に“地方から都会に”人が『逃げ出す・通う』ことで、地域商店企業の存続意義が失われる例がしばしば見られる。

ストロー効果とは - はてなキーワード

元ネタ

はてなブックマーク - 「つくば市をアジャイル行政に」——26歳財務省官僚がつくば副市長に転身した理由 | BUSINESS INSIDER JAPAN

の下記ブコメ

eirun つくばは駅周辺がストロー効果で苦しんでいるけれど、だからこそ不動産とかは多いし、TXのおかげでベッドタウンとしての伸びしろもおおきい。チャレンジのしがいのある場所から頑張って欲しい。

2018-01-23

anond:20180123162008

地方からするとノーマルタイヤスケートリンクのような路面を滑走する様は、ただただ呆気に取られるばかりだよ。

バンパーはぶつけてなんぼだろ!?へへヘイ!って感じで、むしろかっこよいと思うよ。

人が排他的なのは集団しか形成できない性質をもっているか

人は自分が仲間と思える人たちで固まって集団形成しようとする。そして小集団(仲間)と他の集団(仲間ではない)に分かれたがる。なぜ小さい集団派閥のような)を作りたがるのか、それが意味することは何なのかずっと考えてきたのだが、単に小集団しかまとまれない性質があるとみなせば済むことだった。最近国家がうまくいかなくなっており、国家間で分断が生じつつあるのは結局、人の小集団しか形成できない性質が変わることがなく、国家というシステムになじまなかったからだろう。国家は人が多すぎる、国民全員を仲間とみなせというシステムは人には無理があった・・。人が仲間とみなせる人数には上限があるのだろう(多い人もいるし、少ない人もいる、100人ぐらいを仲間とみなすことの出来る人もいれば、10人ぐらいしか仲間とみなすことのできない人もいる)。なぜ大規模な人数を抱える集団を作ることが難しいのかは、人数が多すぎると集団がすぐに維持できなくなるから。おそらく仲間割れが起こる。人はただ集まっているだけでは烏合の衆であり、みなで協力し合える体制をもったまとまった集団でないと意味がない(持続的に生存できない)。まとまった状態であるにはリーダー必要リーダーがいない集団はすぐに消滅する。人員が増えれば増えるほどリーダーには集団をまとめあげる能力が求められる。平凡なリーダーしかいない集団は少ない人数でまとまるしかなかった。大勢集団をまとめあげる優秀なリーダーが出現したとき帝国のようなものができ、栄えることがあったが、めったにそのようなリーダーは現れない。現れないほとんどの時代は人は小集団形成して、人員が増えることがあれば、維持できる人数までで構成される複数集団に分かれていったのだと思う。

地方が衰退して人口が減っていっていると言われているが、おそらく都会にリーダーをやるべき人を取られているのだと思う。リーダーになれるような人は都会に行ってしまう。集団をまとめあげ、協力体制を築かせるにはリーダー人間必要で、そのような立場の人のいない集団は衰退していくのだろう。

リーダーは人同士をつなげていくという能力をもっている。ぜんぜんタイプの違う人同士をつなげるようなことができるのが優秀なリーダーになると思う。

anond:20180123140326

たぶん、これをネタに飽きずに地方民がここぞとバカにしてくるんだろうなあ~って思いながら見てる。

まあ3000万人いて自家用車だけでも1500万台があって数年に一度しか道路に積もるほど降らないなかで、学習する機会がなかった数百人ぐらいが毎回発生し、数年に一度の失敗バカが目立つのは仕方ないと思ってるけど、それを地方民が肌で理解することは不可能だろうし、これもまた仕方ないだろうなあと思いながら増田を読んでる。

東京で一生生きていくのか

地方でそこそこ大きい都市の外れに住んでいた自分が、突然東京に住むことになった。

新卒なので突然という表現は正しくないかもしれないが。

20代の内は若さでどうにかなると思う。

しかし30、40歳と歳を重ねたとき自分東京生活を続けているイメージが全くわかない。

考えすぎなのか考えが足りないのか。

anond:20180123145652

BS衛星は難視聴地方民のための設備なんだから要するに福祉の一環なんだよ。

健康保険に「何で俺が貧乏人の治療費を払わなきゃいけないんだよ」と言うようなもの

2018-01-22

ガソリン灯油が値上がり続けてる件

はてなー都会暮らしが多そうだからからないのかもだけど、高い高い言われた2週間前より5円値上がりしている。

場所によっては10円値上がりもある。

灯油なんて去年は1リットル60円だったのに今買ってきたら85円もした。

地方はいよいよ暮らしていけないのだな。

地方を見下すのをやめろ」

「本当の東京人地方を見下さない。地方を見下しているのは地方出身者だ」

「そういうところだよ」

anond:20180122170602

福岡いいよなーすごくいいところだと思う

首都直下地震もそうだけど、変なエリート主義とか学歴社会とか、地方にない競争が多くあったり

いろんな欲望が渦巻いていてすげー嫌なの

Twitterトレンドが雪の話ばかり

東京話題しかないのに盛り上がりすぎ

もっと地方にも配慮すべき

妹の話

https://anond.hatelabo.jp/20180120165046

https://anond.hatelabo.jp/20180121053851

https://anond.hatelabo.jp/20180121003607

これを読んで。

妹は今17歳、特別支援学校に通っている。子供の頃から少し変わった子だと思っていたが、小中と学年が上がるたびにそれは顕著になり、中2の1月から特別学級に行くようになり、高校特別支援学校を選んだ。

病院では一応病名(?)が診断されたようだが、あまりよく知らない。自閉症アスペルガーではないみたいだけど。

小中の頃はやはりしんどいものがあったのか朝全く起きられず、不登校気味になっていたが、中学の時の担任先生がとてもいい人であれこれ手を尽くしてくれた上、特別学級に行っても気にかけてくれて立ち直り始めた。

中学校の頃は毎日のように車で送ってやらないと登校できなかった(その上遅刻)のに、今では自転車、雨の日はバス毎日自分ひとりで登校できているという。嬉しいことだ。

私は彼女が小6の頃から実家を出ているので、妹の普段生活はよくわからない。

またLINEとかしてもFGOでどの鯖が出た~とか今日やってたテレビで~~とか、もしくは実家ネコ写メしか送ってこないのでさっぱりだ。一度「先輩に告白された」と相談されたときは姉として真摯に乗ってやらねばと思って気合が入った。

それでも、両親のしんどさはわかる。度々妹の愚痴を聞いてきたし(中学校のころは学校へ行ってくれない、言葉の受け答えがいまだに幼い、時計が読めない……などなど)、二十歳を過ぎて母と二人で飲みに行ったとき、母が少し涙目になりながら「妹を産まなきゃよかった」と言った時はものすごくショックを受けた。けれどそういう母の気持ちもわかるので何も言えなかった。父も始めの頃は病気を認めず、「現代の贅沢病だ」と切り捨てていたが、妹の様子から段々そう言ってられなくなり、父なりに妹への接し方を少しずつ変えていった。基本自分しか興味のない父には大変なことだっただろう。私が子供の頃とは想像もつかない変貌を遂げた。

私はもうすぐ20代後半へ足を突っ込む。春から結婚を考えている恋人同棲を始める。周囲もどんどん結婚出産していく。そんな中で自分出産するときのことを考える。

母の「妹を産まなきゃよかった」はいまだに心に突き刺さっていて、もし自分の子供が障害児(身体的にも精神的にも)だったら愛せるだろうか、母のように「産まなきゃよかった」と言ってしまわないだろうか、とまだ妊娠すらしてないのに思うときがある。

他にも三月ライオンアニメを見ていて、「自分の子いじめ加害者被害者になった時、親として対峙できるだろうか」とかめちゃくちゃ思ったし、最近始まった深キョン松ケンドラマを見て「私も生理周期安定してないタイプだし、不妊かも」とか、とにかく考えることが増えた。

まだ影も形もない自分の子供だけでなく、妹の将来だって不安だ。私が今住んでいる地域地元新幹線で行くような距離だけど、今後両親が妹の世話を焼ききれなくなったらその役割わたしにやってくるだろうし、そもそも両親を介護しなきゃいけないかもしれない。

私は私でまだ人生でやりたいことがたくさんあるし、でも限りある時間・体力のリソースをどこまで家族に割けるか正直好きなことしかしていない今ではわからない。年末帰省した時には両親にちらっと、妹をいっそ私がいる地方就職させてしまおうかという話をされたが、どうなるんだかまったく実感もわかないし予想もつかない。そもそも本人一応大検受けて進学したいって言ってたし。

勉強してないし勉強できないみたいだけど。もともと生物系が好きで研究者になりたいって言ってたか応援はしてやりたいんだけどな……。ただ特支の子大検に受からせて大学に通わせるってそれもそれで経済的・体力的にすごい労力だし。

どんな子であろうとその子の一生を背負う覚悟ができる奴だけ子供産めっていうのは分かるし、当然のことだけど、私も母のような言葉どれだけ酔っぱらおうと口にしたくないし、そう思うと妊娠出産って本当にある意味選ばれた人しかできないことのように思ってしまう。

それでも自分家族を産みたいって思う人は、どうしたらいいんだろ

※ちなみに母は「生まなきゃよかった」と言いながらも妹とは仲良くやってるしたまにヒス起こしつつも愛情もって接してます

別に嫌いなわけじゃない、憎んでるわけじゃないけど、酔ってぽろっと出てしまった言葉なんだろうな、と。妹の場合養育手帳もらうのが中学3年生と遅かったのもあって、両親もなかなか受け入れられない期間が続いていたので……。

私は適度に妹と距離がある分、病気の部分も個性と思って面白おかしく接しつつ仲のいい姉妹できてるけど、もっと距離が近かったら母と同じだったかもしれない、それなら自分の子だってどう思うかわからない、と思います。大体障害とか病気とかなくたって、馬が合わなかったりDVになったりとかそういう可能性もあるわけで、そういう可能性全部ひっくるめて愛する自信と覚悟持つなんてやっぱ子供を持つってこわい。

ポプテピピッククソクソいうけど

やりかたうまいと思う。

なにがって過剰なまでのニコ生での配信、いろんな動画サイトでみれる。

ぶっちゃけテレビで見なくてもいいネット回線さえ通っていれば

から見逃しても問題ない

アニメオタクがご高説たれる尊いアニメ地方では見れない。あーすきかも、みたい。っておもっても基本的地方に来ていない。ダンジョン飯だったか異世界食堂だったかそういうのもみたかったけど、地方に来てないしアマゾンプライムでも見れないし、最終手段契約しているdTvでも見れない。

DVD買えって、見てもないいいかわるいかからないものポーンと5000円とか払えるわけがない。んで、大概、地方では放送してないやつのレビューってクッソ少ない。

そういう点で、ポプテピピックぐらい過剰に動画サイトで見れるようにしてほしい。

てか、子供向けアニメは基本そうなってるよね。だいたいYoutubeで最新話配信してる。あれは、おもちゃで売上を取ろうとするから出来る手段か。

anond:20180111223304

ポジションによりにけりじゃないのかそれ。

私が正社員で中途入社した時(後に仕事辛すぎて非正規に転落)、新入社員なのにいきなり品質管理部に配属されたせいで初任給が額面25万だった。

地方製造業若い女にはあり得ん稼ぎだった。

2018-01-21

みんなTK不倫報道で怒ってるけどさ

けど社会的に正しい報道ばっかしてても売れねえんだよね~

売れねえと裏付け捜査する金もなくなるから

政治家の黒い報道とかもできねえんだよね~

そうなるとせいぜいネット書き込みをまとめるだけのお仕事なっちゃうんだよね~~

というのが辛いところだよなあと思った

大新聞記者クラブべったりの大本営発表ばっかり

独自捜査ができる雑誌権力に都合の悪い報道比較的しやすいが

活動資金のためにゲス報道もこなさねばならずそのために信頼性を低く見積もられてしま

地方新聞とかはたまにまじでいい仕事するんだけどね

anond:20180121172027

というかそもそも都心部に勤務するのに都心部に住む必要はないんだよなあ……

それはともかく有名私大出てるなら(と言うか別に有名じゃなくても)UターンJターン就職できるはずで

そもそも東京に残らない選択は無かったのかなあと

自分大学じゃ全国に散ったから、残って当然という感覚もよくわからん

ある程度の学歴と、都心部上場企業での勤務経歴があるなら、今からでも普通にそれを活かして地方かに転職できないものなのか?

というか年齢的に、まだ今から地方公務員受けれるし。

anond:20180121171510

いや、適当地方駅弁大とか行ってもそこの公務員になりゃ

学費生活費も安く済む(その分奨学金を借りる額も減る)し、貰える給料だって今と大して変わらんだろうけど生活費は安く済んでたわけで

有名私立だ有名上場企業だって辺り、学生時代から東京在住だろうし

実家に住んでないって事は、実家場所は周囲にろくな大学就職先もないような田舎という事だろうけど

実家仕送りしなければならないくら実家に金がないなら、学生時代仕送りなど期待できなかったはずで

バイト奨学金だけで学費都心部生活費賄うってのは計画に無理あり過ぎだろ

今更風俗とか言うくらいなら、もっと若くて高く売れる&暇がある学生のうちに風俗で働いた方がマシだった

anond:20180121171057

地方国立早慶蹴散らすポテンシャルのある猛者なら

有名私大出てて元増田のような状況にはなりにくいだろうし

元増田国立行ってても対して良くならなかったのでは……?

元増田が行くべきだったとされる国立とやらが東大とかならまだわかるけど単に国立しか言われてないし

anond:20180121170948

そりゃそいつ就活ヘタなだけ。

地方国立でもポテンシャル努力早慶レベル蹴散らす猛者山ほどいるから。

自分無能大学のせいにすんな。

anond:20180121170518

とりあえず慶応あたりに就活で負ける地方国立気持ちがわかってないということはわかった。

anond:20180121170518

から、そのあたりでよくわからない不合理な選択をしてるというところでまず「学力以前の問題」があるという話。

まあ、一応業界や分野によっては学閥云々があったり、地方国立より有名私大のほうが設備が良かったりするってのは聞くけど

元増田にそこまでするほどのなにかあるようには思えなかったので。

経営難かつ教育の質低い私大補助金大幅削減へ 文科省記事を読ん

これで、地方のあまり偏差値でない大学がつぶれることを憂慮する。それぞれの地域での大学教育が行われることが、その地域活性化東京大阪京都名古屋といった大学がたくさんある地域への若者流出を防いでいる側面がある。

高知工科大学の事例とか

沖縄名桜大学の事例とか

下宿させるお金はなくて自宅から通える範囲大学へという話は、日本全体、特に地方経済がぱっとしない地域ではよくある話である。私の知り合いの知り合いレベルで何人もいる。それぞれの駅弁国立大学だけでは地域大学へ進学したい学生ニーズを満たせないでしょう。駅弁国立大学へもいけないような学力レベル学生は働けではない。大学教育を受けて、個々人の様々な能力教養を高めることは本人+周り(地域家族など)のプラスになるはずである

 これから益々、知的問題解決が求められ、地域有用人材必要になる時代に、大学が多すぎるということはない。ホント田舎に行って、町内会仕事をやったり、人を雇ったりすると、「これもできないのか」と驚くような人が多々いて、逆に大都市圏人材の層が厚いと実感することがある。様々な必要となるスキル教養を備え、またそのスキル教養が流動化しやす時代対応した学習スキルをもった人を育てるためにも大学学者を増やすべきだと思う。大学学者でなくてもそういう人はいるが、大学にて4年間知的な訓練を受けたというのは、そういう能力の獲得や獲得の背景となる教養素養レベルという点で大きいよ。またその時、特定ソフト業務の訓練を大学しろという経済界(?)から批判、指摘もあるようだが、5年のタイムスパンならそうだろうけど、1020年のスパンで考えたら、特定ソフト操作特定業務習得した技能なんか陳腐化する。その習得の背景になるものを身につける方が全体的には得なのにね。形式陶冶と実質陶冶

異世界ペルーの思い出と共に

過去に一緒に仕事した人の中に、地方ワンゲル出身だった人がいる。その人は海で釣った魚を自分で捌いて食うのが趣味だった。無人島に一人で何泊かしたり、一週間連続風呂に入らないで爪真っ黒で会社に来たり、居酒屋で刺し身喰ってみんな食中毒になったのにこの人だけ平気だったりとちょっと変わった人だった。無人島の話を聞いた時に、学生だった頃ゼミの先輩が探検部だった事を思い出した。この人が言うには「W大探検部は突き抜け過ぎて有名ですよ、憧れてました」というくらい凄い部らしい。確かに死者も出したしな(後述)。

 探検部の先輩の話はすごかった。中国少数民族自治区に行った時は、日本パスポートではまず入れてもらえないから偽造パスポートで入って、でも出る時は少数民族パスポートでは出る理由尋問されてバレるから日本パスポートで出ようとしたんだけど、入境した記録がないからしばらく拘束されて大変だったとか、当時まだ鎖国してたラオスに入った話とか、ゲリラと一緒にマシンガンを撃ってきたなんていう自慢もしていた。「英語で"Hello"なんて言った日にゃ撃ち殺されるところもあるからな」とも言ってたけど流石に盛ってるだろそれは。

 という話を同級生のTにしたところ、「俺もすげー探検部にお世話になってる」と言い出した。こいつはカヌークラブ(だったかな?)だったんだけど、こいつも異常だった。子供の頃からの夢が「アマゾン川カヌーで下ること」だったといい、カヌークラブに入ったのはカヌー技量を身につけるためで、探検部にしょっちゅう顔を出して過去の先輩がアマゾン川に行ったとき情報勉強させてもらって、この前の夏休みペルーに行ってきたところだという。

 この話の数年後、"ペルー早稲田大学探検部員殺害事件"が発生する。Tが殺されていたかもしれないし、逆にTが探検部に提供した情報が彼ら被害者の興味を惹きつけてこの事件が起きてしまったのかもしれない。もちろん事件で悪いのは加害者だし、Tがしたことに非があるとは思っていない。そのTの話がとても興味深いものだった。

 彼はペルーでの日々を日記に書いていた。俺はそのコピーを一部もらっていたのだが、残念ながらなくしてしまった。おそらく実家引っ越しの時に捨てられてしまったんだと思う。もしTかこのコピーを持っている人がこれを見たら是非連絡してほしい。次の話から当時の記憶を頼りに少しずつ書いていこうと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん