「対象」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 対象とは

2020-05-27

anond:20200527112228

認知される」と「求められる」を男女で表現変えてるのが無意識だとしたら大したもんだよ

男は「認知される」どまりで女は「求められる」ものだと体感でわかっているんだろう

それは事実

普通に生きているだけの男はまず「認知される」というのがハードルで、誰にも認知されないとホームレスになって死ぬので、生きていくためにそれ以外の価値を産み出し世界から認知される」必要がある

女は生きているだけで認知絶対にされる。認知されるので無視されないし福祉保護でも真っ先に対象にされる。無条件に世界から認知を受け取れるので、その次の「求められる」というところに条件を見出す

anond:20200527111126

あれの上手いところって、平均的日本人の顔の特徴を多く備えていて、それでいてピッタリあの顔になるやつはほとんどいないってことなんだよな。

なんで大体の日本人男にとって、チー牛は馬鹿にする対象でありながら若干若干コンプレックスを刺激される存在なんだ。

そのせいで一部界隈で流行ってるんでしょうな。

児童ラブドール規制派の声

社会的容認してはならない

 児童型のラブドール商品化され、普通に売られていると「児童を性欲の対象にしていい」という雰囲気が生まれしまう。犯罪率上昇に繋がりかねないし、児童本人が怖い思いをするからダメ

犯罪の予行演習になる

 異常性欲キモいロリコンラブドールに腰振るだけで満足できるわけない、実在児童を襲うようになるに違いない。ラブドールによって欲望に火がつけられてしまうからダメ

児童性的対象にするのは絶対ダメ

 ドールとか関係なく児童の形をしたもの性的な目で見ること自体絶対的な罪だからダメ

 

他に主張あるかな

Twitterで「借りパク 個人融資」で検索すると浮かび上がる闇ビジネス

最近知ったのだがツイッターには個人融資という文化がある。

かんたんに言うと個人がやっている闇金なのだが、これがエグいビジネスなのである

試しに「借りパク 個人融資」とTwitter検索して、画像のみ表示にしてほしい。

多くは語らないがビックリしたことだろう。こういう文化があるのだ。普通に楽しんでいるツイッターにこういう闇があるのだ。私が知らないだけでもっとたくさんの犯罪が眠っているんだと思う。

色々調べたのだがこのビジネス

金持ってる風(もしくはマジで持っている)を装いTwitterに「個人融資します!」と書き込む。札束などの画像と一緒に。

それを見た人がメッセージする

融資側が審査と称して自撮り免許証社員証コピー等を送らせ、金を貸す

取り立てを行う

さないとTwitter個人情報を晒される

という流れのようだ。

やり取りにはTelegramというサーバー情報が残らないメッセージアプリを使うらしい。これはクスリの闇取引にも使われるアプリのようだ

女性だけを対象に貸してる輩もおり、返せない場合はいわゆる「身体で払ってもらう」ということもあるらしい。自撮りなかには裸同然で免許証とともに写っている写真もあった。

なぜ私が増田にこれを書いたかというと、この文化を知り心苦しくなったからだ。こういうあくどいビジネスがあり、手を出したら個人情報ネタ永遠ゆすられ続けるというのは容易に想像できる。彼らが半グレ的な人物であることも。

本当にお金に困ったとして、ちゃんと返済をしたとして。彼らが個人情報ちゃんと破棄するだろうか?個人情報をもとにもっと金を得る悪い方法たくさんある。

最初にこの文化を知った時に「こんな怪しい奴から借りる人いないだろ・・・」と思ったのだが、たくさんの人が晒されている。

のっぴきならない事情ってのがあるんだろう。私が察することのできないような事情が。

どうか警察等はこういうビジネスを取り締まってほしい。

2020-05-26

社会のあらゆる事が高度になり過ぎて

何についても殆ど素人に毛が生えたような存在ジャーナリストに出る幕が無い。知らせる事が専門のマスコミにも荷が重すぎて、実質機能していない。

出番があるとすれば、ある程度対象を絞った専門ジャーナリストだろうが。実際は医療資格も無いし勉強もしていない写真家崩れが医療ジャーナリストと称してテレビに出ててプロ迷惑を掛け続け、それでも地位を追われないんだから、むしろマスコミプロの足を引っ張る事に熱心だとしか思えない。

舞台からハマった」と言う人が苦手

Twitterでは絶対に言えないので吐き出しに来た。

私は舞台化されている作品同人活動をしている。

数年前の公演で好きなCP舞台版に登場し、その公演をきっかけにCPを好きになった人が増えた。

もちろんSNS同人イベントでも人が増え、今まで顔見知りばかりで活動していた当CPも賑やかになった。

それ自体は嬉しかったのだが、舞台きっかけに好きになった人たちはキャラクターではなく『キャラクター解釈し、演じた俳優』を見ているのだ。

原作からそのCPにハマった人たちと舞台からハマった人たちとでは温度差があるように感じる。

舞台しか観ていない人、原作の他CP活動をしていたが舞台活動CPを変更した人、いろんな人がいる。

ただ、舞台から好きになったという人たちと話していて「おや?」と思うことも多々ある。

好きなシーンや好きになったきっかけの話になると、舞台の内容を話し出すのはどうかと思う。

このシーンが良かった。ではなく、役者の演技について話し出すのだ。

原作ではキャラクターの表情まで描かれていないのに、あのセリフであの表情をするのが彼らの心境に合っていて好き。といったかんじだ。

ちなみに、そのシーンでキャラクターがどんな心境だったか公式から発表されていない。

また、俳優を元に同人活動をしている。

俳優好きな物キャラに持たせたり、俳優の着ていた服を着せたり、キャラの特技が俳優の特技になっていたり、俳優発言を取り入れたり。

それが一度や二度ではない。俳優ありきでキャラクターを描かれるともやもやする。

しか俳優同士のCP創作しだす人までいた。中にはR18の作品も。

それはもうナマモノだ。演じているキャラクターなど関係ない。

べつに舞台の話をするなと言うわけではない。舞台きっかけでハマるのも悪いことではない。私も全力で彼らを演じてくれた俳優の事は好きだ。

ただ、私は原作の二人が好きで活動をしているため原作の二人を見てどう感じたのかを知りたいだけなんだ。俳優解釈を聞いているわけではないのに。

最初そそういった発言をここまで気にすることはなかったが、それが積み重なるとさすがにストレスになる。

俳優の話は俳優の話として、原作とは別物だと考えてほしい。

推しCPは前回の公演と今回の公演で演じている俳優が違うのだが、「別公演で見てたらハマらなかったと思う」と発言している人を見かけてしまった。

本当に俳優ありきなんだなと、俳優としてしか見ていないんだなと、なんとも言えない気持ちになった。

それから今日に至るまで、舞台からハマったことを公言している人たちが主催アンソロジーが発行された。

案の定各自あとがきのページには「舞台でハマりました!」「舞台のあのシーンが良かったです!」というコメントオンパレード。むしろ主催たちがそんな状態だ。

中には俳優さんの名前を出している人もいた。主催確認しなかったのか、それで良しと思ったのか分からないが、私の感覚だとアンソロでそれはあり得ない。

あとがきは一番最後のページに掲載されていた。せっかく良い話だったと余韻に浸っていても、あとがき舞台意識して描いたと言われたら冷めてしまう。

その二人じゃなくても成立するんじゃ?という内容の作品もあった。アンソロならもっとキャラクターに向き合ってほしいと思うのは贅沢なのだろうか。

読む人の中には舞台を観ていない人もいるかもしれない。実写化否定的な人もいるかもしれないのに。そこまで気にするのは神経質なのだろうか。

舞台とは関係ないが、その人たちがこのCPが一緒にグッズ化されなかった事を烈火のごとく怒っているのもはっきり言って怖い。

いつだったか販売されたグッズには、CPの内一人の姿しか無かった。

それを見た彼女たちは、なんでペアじゃないんだ!この会社商品は二度と買わない!と大騒ぎしていたのである

それから何度もその件を引っ張り出しては文句を言っている。

舞台のおかげでグッズになる頻度が上がっただけで、元々そのキャラクターのグッズが出ることの方が珍しいんだが。

まりに荒れているので、購入したなんて言える雰囲気ではない。グッズ化、素直に嬉しかったのになぁ…。

舞台化、実写化する作品が増えた今、私と同じような経験をした人もいるかもしれない。

逆に、愚痴対象となった相手気持ちが分かるという人もいるかもしれない。

これは私の考えだが、舞台原作に限りなく近い二次創作だと思っている。

俳優解釈が合うかどうかで好きか嫌いか別れるのではないだろうか。

2.5作品全体に言えることだが、同じキャラクターを演じていても解釈まで丸っきり同じとは限らない。それぞれの俳優に合った表現もあると思う。

長々と愚痴を綴ったが、舞台否定しているわけではない。このような発言をしている人たちを嫌っているだとか、憎んでいるというわけでもない。

素晴らしい作品を作られる方たちなのに何故…という気持ちからである

しか作品と作者は別物。要は好きなメディア解釈違いなのだ

同人趣味世界なので無理して仲良くしようとする必要もない。

少し距離感を考えながら付き合っていこうと思う。


読んでくれた人がいたらありがとう

念のためにフェイクが入っているので、分かりにくかったらすいません。

歌い手アンチ界隈にいたころの話

テラハの件でいろいろ思い出したので。まあテラハは界隈とかでなく一般視聴者悪口を投げつけてたパターンからじぶんのケースとは少し違うけど、誹謗中傷する人の心理話題になっているのをみてそういうのの当事者に近い人間として書くことにした。


からインターネットにはヲチ文化というものがあって、その界隈を覗くのが好きだった。ヲチされる対象は大体インターネットで「やらかした」人たちで、その対象やらかしているのを見るのも、ウォッチャーたちが執念でそいつのホラを見抜いたり追い詰めたりするのを見るのも楽しかった。

ずっとアカウントとかは作らずににちゃんねる(ごちゃんねる)のスレッドを見たりTwitterワード検索して叩いているひとのツイートを見たりするだけだった(Twitter身バレ防止のために語尾を変にしたりキャラ付けして話してる人も多く、そういうのも楽しい)のだが、ひょんなことからアカウントを作ることになった。それは、ニコニコ動画で某歌い手合作企画することが発表されたかである

その歌い手ははじめは実力派歌手として持ち上げられていたが、そのうちニコニコご意見番になって偉そうと叩かれはじめ、ニコニコにとどめときゃいいもの健康法てきなものを紹介してそれが危険民間療法だと叩かれ、そのうち歌も下手になり、可哀そうなことに最後写真から住所を特定されて引退した人物である。そのほかにもいろいろ言われてたけど真偽不明のを書いて地雷踏みそうだからここには書かない。

合作がおこなわれたのは引退からしばらくたったあとである。こんな死体蹴りが行われた原因のひとつに彼の主戦場ニコニコ動画だったこともあるだろう。淫夢などをはじめとするニコニコの「例のアレジャンル文化は、基本的に本人がいないところで好き勝手誹謗中傷する文化である。通常ヲチ文化は本人がいなくなるとすたれるが、この人のアンチスレ引退しても勢いはそこまで落ちていなかった。

合作企画アンチスレ主導で進んでいた。動画の提出方法TwitterDMで、はじめはそのために専用アカウントを作ったという風に記憶している。

ここでひとつ書いておかなければならないのは、自分基本的歌い手本人をターゲットにしていなかった。正直今この文章を書いているのは「自分歌い手から絶対に訴えられることはない」からである。まあグレーゾーン発言はあったと思う(彼をネタにした発言はしてたので)が、訴えられるとしても500番目くらいだろうし、そもそも開示期限なんてとうの昔に過ぎている。

合作に送った動画で扱ったのはアンチスレに出てくる某荒らしネタにしたものだ。彼は歌い手狂信者として振る舞い、突然自殺たかと思えば「生き返った」と書き込んだりして、スレ内の

名物キャラ存在だった。自分はそういう「そのヲチスレにもひとりはいる変なやつ」が大好きで、そいつの生態をまとめた動画合作に送った。(余談だが界隈ではその名物キャラ歌い手、という説が有力だった、ただ自分はそうではなくただの変な奴だろうと思っていた。)そいつは別の人にはっきり殺害予告したりしていたので、正直どんだけ殴っても法的に殴り返されることはないだろうという考えも少しあった。今思えばある意味普通に誹謗中傷する奴より卑怯かもしれない。

ネット誹謗中傷するやつは実生活が寂しいやつだ、なんて論調があるが、それは正しいと思う。当時自分私生活はうまくいってなかったし、それに伴って本来趣味も楽しめないでいた。そんな中で誰かを見下せば、それだけで自分存在を少しだけ肯定できる。その上、ヲチ界隈に入ってしまえばターゲット悪口を呟くだけで界隈の仲間から同意賞賛が得られてしまう。悪口というのは何かをほめるよりずっと楽にコミュニケーションをとれる方法であり(実社会でも悪口コミュニケーションをとる人たちがいるように)一度それでつながってしまうとなかなかやめられなくなってしまう。

動画提出のために作ったTwitterアカウント合作投稿された後も運営していた。他のアンチ交流したり、ごちゃんねる見ながらヤジ入れたり(直接書き込むことはほぼなかった)、なぜかTwitterアカウントまで作ってきた前述の荒らしくんとやりあったり、はっきり言ってしまえば「充実した」日々であった。アンチ仲間とは歌い手界隈以外のことも話すくらいには仲良くなったし、掲示板はいろんな話題であふれていて飽きなかったし、荒らしくんはいい感じにアホだったので空いた時間ちょっかいだして楽しんでいた。そりゃあ今考えれば異常だが、当時は本来趣味時間を費やしているときと同じような没入感と快感があったのだ。

そんな生活を数か月ほど続けていたものの、次第に心が離れ始める。理由は2つあった。ひとつは、界隈の雰囲気がどんどんおかしくなっていったことだ。私が絡んでいた荒らしくんだけでなく、ほかの荒らしまで正体は歌い手だったのではないか、ということが言われ始めた。確実な証拠があるわけでもない状況でスレッドは「それで確定だ」という方向に進み、異を唱えたもの弾圧しはじめ、だんだんアンチスレは「キ○○○の巣窟」と化していった。そんなスレをみても面白いと思わなくなり、界隈の出来事にたいしてヤジを入れることもなくなっていった。

もう一つは、同じくらいの時期に同じ名義で例のアレ内の別のジャンル投稿を始めたことだった。底辺投稿者ではあったものの、例のアレというカテゴリーはたとえ底辺であっても再生数やコメントが多少はもらえる世界であるささやか自己顕示欲が満たされるにつれ、歌い手アンチ界隈で得られる楽しみは自分にとって必要ではなくなっていった。

やがてアンチスレに触れる人も少なくなったころ、大きな事件が起きた。歌い手が復活したのだ。狂人のみが残ったアンチスレで日々考察という名の妄想が繰り広げられる「大型荒らし歌い手」説の払拭意味も込めた復活だった。やがて歌い手は開示請求損害賠償もちらつかせるようになった。そのころ自分は完全にその歌い手への興味を失っていて、一応「○○復活!!!」的なことはつぶやいていたものの、念のため過去自分ツイートチェックした(自己判断ではアウトなツイートはなかった)後はまた興味をなくしてしまった。結局自分のところに開示請求は来なかったし、ほかのアカウントやごちゃんねるの書き込みにたいして措置がされたのかは把握していない。

彼の復活の数カ月後、自分Twitterアカウントを消した。例のアレジャンル自体に飽きつつあったことと、自分投稿が伸びる気配もなかったこと、私生活回復しはじめ同時に本来趣味が楽しくなってきたことが原因だった。

それから数年たった。はじめはほかの人のヲチスレを覗いたりしていたが、しばらくすると楽しくなくなってやめてしまった。またニコニコ動画自体見なくなり(数か月に一度思い出して自分動画コメントが増えていないかチェックはしていたが)、歌い手文化にも例のアレ文化にも全く触れなくなってしまった。正直、テラスハウスの件で誹謗中傷の是非が話題になるまで「自分アンチ界隈用のアカウントを持っていた」という事実すら忘れていた。

今の自分は「ネット誹謗中傷なんて問答無用で法的措置でいいだろ」と思っている。でもそれはたまたま目を覚ますことができ逃げ切れた人間裏切りにすぎないなとも思う。やらかししまった過去は消えないな、と思いつつ、対して反省もしないまま自分記憶からは再び消えていくのを感じる。多分次にこういうことが話題になるとき自分は完全な善側のにんげんとして加害者非難するだろう。そしてこれは自分だけの話でなく、今回出演者暴言を吐いていた人や、ほかのヲチ案件ターゲットをたたいていた人たちもそうだろう。結局ネットで逃げ切れさえすれば、次の日から普通の顔をして生きていけるのだ。

anond:20200526210255

ベンチャーエンジニアや、情報学科の院卒等

  って、そもそもこの試験の想定する対象じゃないでしょw

  喩えて言えば、数学科院生数学検定なんか受ける意味は無いのと同様に。

anond:20200526170717

誤解を与えた対象がそんな細かく限定されるような気はしないけどなあ

別に権威とかそういうの無い者同士でも「怒らせる意図で言ったのではなかった」程度の意味で誤解がみたいに言うことはある気がする。

飲むヨーグルトを、牛乳だと思い込んだ状態で飲ませたい

飲ませたい対象人物自分だ。

まり、「牛乳だと思って飲んでみたら飲むヨーグルトだった」というのを体験したい。

ただ、皆さんご存知の通り私は一人暮らしだし、気軽に何かを頼める間柄の友達や親戚もいない。

毎日喋る相手は、会社の人と、仕事上のお客さんくらいだ。

家事代行サービスを使って工夫すれば可能かもしれないが、良い方法が思いつかない。

「コップの中味をすり替えておいて欲しい」と頼めばよいが、頼んだ瞬間から警戒してしまう。

まり「うっかり飲んだら飲むヨーグルトだった」という状態にならない。

毎日家事代行サービスを頼んで、慣れてきた時に不意打ちですり替えてもらえればうまくいく気はする。ただ、家事代行サービス普段使いするほどお金に余裕がない。

牛乳パック中身をあらかじめランダム飲むヨーグルトすり替えて、シャッフルして冷蔵庫の中に入れておく作戦も試したが、うまくいかなかった。自分でやった行為は覚えているから、どうしても警戒する範囲内になってしまって「ついうっかり」という状況にならない。

「1/100の確率牛乳を注いで飲んだら、飲むヨーグルトだった」という装置を作って毎日そこから飲めば、夢はかなう気がする。

ただ、その装置をどうやって作る・実現させれば良いか思いつかない。

から見えない容器の中を壁で仕切ってある二つに空間を作り、あらかじめ牛乳飲むヨーグルトを入れておく。

そして注ぐタイミングでどちらかの空間から、液体を注げれば良い。

飲むヨーグルト側の空間から注がれる確率を1/100に設定しておけばOKだ。

ただこの装置の作り方が想像つかない。

また、注ぐタイミングに稼働音(切替音)が聞こえて自分にバレてしまう気もする。

上記方法以外でも何でも良い。

ここの皆さんは頭が良い人が多い気がするので、この課題に対する解決策が思いつく人も多いと思う。

ぜひその知恵を貸していただけないだろうか。多少のお金や、手間がかかる方法でも構わないので。

どうぞよろしくお願いします。

anond:20200526133347

それ以前に数年経ったら変わると思う

新人女の子」に優しい男は大抵もっと下に若い女の子が入るとBBA扱いし出す

まして結婚したりしたら「もうヤレる対象じゃないしイラネ」扱いか不倫対象にされるかどっちか

3年以上続けたTwitter放置垢を消そうかなって話

私、絵を描くオタク腐女子アカウント移動してそろそろ一年くらいの放置垢がある。

そのアカウント結構運用当時はフォロワーが多くて、最大で5000フォローくらいいった。ジャンルの勢いもあって、楽しいイベントも沢山で、毎日が楽しかった。描くもの描くもの全部が伸びて、ちっぽけだと思ってた自分に初めて自信が持てた。沢山の下駄を履かせてもらって、普通じゃ話せないような絵の上手いプロオタク、遠くにいる話題が合うオタク交流もできていた。

でも、じわじわと嫌なことも増えてきた。作品の内容を叩かれたり、とくに心当たりもなくフォロワーに避けられたり、ブロック解除をされたりすることが多くなった。仲が良いと思っていた人に匿名悪口を言われ、何を信じて良いのかわからなくなった。

から特に前触れもなく、5000人のフォロワーを捨てた。名残惜しくて、すぐにはアカウントは消せなかった。大好きな作家と、お知らせでついてきてくれたごく少数のフォロワーだけで、この一年間細々とやっていた。

絵だけのアカウントも作った。そこは、フォローは一切せず、日常も喋らない。自分の絵だけを淡々と上げるアカウントだ。1000人くらいはついてきてくれたけど、もう何を描いても、本当にたまにバズったとき以外は、常連さんしか見ていないような、そんなアカウントになった。

今日、久々に気が向いたので、昔のアカウントを覗いてみた。フォロワー数は4700人。もう一年更新してないのに、たった300人しか減ってないことに、驚いた。

あのころ、叩かれて憔悴しきってた私は、アカウント移動したら自分価値ゼロになると思ってた。5000人全員に嫌われて、みんなが指差して笑っていると思ってた。でも、違った。多分本当に私を嫌っていたのなんかごく少数の人間で、その他4700人にとっては、私は嫌いではない。もしくはいてもいなくても何の支障もないどうでもいい人間だったということだ。

フォローは、50人くらい減っていた。フォロワー数の減少に比べると、割合は多い。これは新アカフォローしたあとこちらを外した人数も含むから、仕方ないと思う。でも、今でもこのアカウントフォローしてくれている相互殆ど最初にお知らせしたときについてきてくれた人ばかりだ。そういう人たちに動かないアカウントフォローしてもらってるのもなんだか申し訳ないな、と、しゅんとしてしまった。ついてきてくれた人は、約300人。減った人数とほぼほぼ一緒だ。

ふと、世界の人の心の動きをわかりやすく伝える定説を思い出した。5パーセントの人は、私が何をしていても好いてくれるけど、5パーセントの人は、私が何をしていても嫌う。

残り90パーセントの人たちはそれ以外。私のことなんか、どうでもいいんだ。

何人フォロワーがいても、私のことをどうでもいいと思う人数なんて変わらない。いかに私を好きだと思う人を大切に思うかが重要か、なんとなく思い知らされた瞬間だった。

そういえば最近、絵で仕事を貰えるようになった。5000人フォロワーがいてもみんなに嫌われて評価されないと思ってた私は、今ではちゃんと、世の中に必要とされている。Twitterフォロワー数は二桁だけど、私の絵は、たぶんどこかで沢山の人に見てもらってる。(評価されてるかどうかは、ダイレクトには伝わってこないけど)

来月からは、世界中で大人気のコンテンツに、一スタッフとして加わる。

あれだけ自分目標とする対象評価されずに泣いて泣いて、愚痴を言っても誰にも聞いてもらえずに一人で寂しい想いをしていた私が、日本人じゃなくて、世界相手に、評価される土台に上る。

たぶん、あのころ私を嫌っていた日本人作家は、日本評価されないか世界に行ったのかよwwwって笑うんだろう。

でも、いいんだ。だから私は小さな世界固執するのをやめた。外国語勉強して、読み書きを出来るようにした。どんなに難しいビジネス文章が来ても大丈夫。それはフォロワーの数よりずっと、大きな私の自信になった。

5000人に嫌われてるって泣いてた私、頑張れ。世界は広いよ。今は10億人が相手だ。5000人全員に嫌われても、それ以上の人が私を見てる。だから大丈夫

からもう、このアカウントは消してもいいかな。

そう、思うんだ。

少し話題がずれるけど、最近、たった数十人のアンチによって、心を病んだ女の子自殺してしまったニュースを見た。

の子は、かつての私かもしれない。

自分価値アンチコメント一つで揺るがないと今では知ってるからこそ、悔しい。

からこそ、私は今の想いを言葉にしてみようと思った。ただのいちゃもんに負ける人が一人でも減るように、数の呪いに惑わされないように。

フォロワー数は諸刃の剣だ。自分好意的な人数でもないし、敵対心を向ける人数でもないのに、自分の心のありかた一つで、王様にもなれるし、世界一の嫌われ者にもなれてしまう。

アンチコメントに苛つくのも勿論だけど、私たちが知るべきなのはアンチコメントへの対処法でも、心の守り方でもない。

私を常に評価して、好きになってくれる人を探す。その人のために、誠実に生きる。

本当のネットリテラシーって、そういうことなんだと思う。

数は強さでもなんでもなく、ただの数だ。その向こう側にいる人間を想えるかどうかのほうが、重要だ。

バズることが金になる。権力にもなるし評価にもなる。

こういう時代からこそ、大切なのは数より一つのコメントより、心のありかたなんだよって、どうやったら呪いに囚われて苦しんでる人に伝えることができるのかな。

悔しくて、涙が止まらない。もう、命は絶対に戻ってこない。

アカウントなんか消してもいいんだよ。何人に悪口を言われても、好きに生きてもいいんだよ。

世界にはもっと沢山の人がいて、見に行く努力をするだけで、悪口まみれの狭い世界は、あっという間に過去のものになるんだよ。

死にたい人ほど、虚栄心を捨ててみてほしい。評価を手放して、数から解き放たれてみてほしい。

そんな狭い世界で、自分を値踏みしなくてもいい。

ありのまま自分必要とする人を見つけにいく。

必要努力なんて、いつだってそれだけだ。

私はそう思います

anond:20200524100705

なんかこの人は勘違いしているようだが、そもそもTwitterは下火のSNSだ。デレステプレイヤー10%かせいぜい20%くらいしかつかってないくらいに思ったほうがいい。

そして、デレステアイドル(つまり総選挙対象アイドル)は190人いる。なので「シンデレラガール」になるとしても、全体の支持の3%ほどを集めるだけでいい。ボイスアイドルオーディションも大差ない。

さらに、実際の選挙と違ってまったく興味ない人間は票の獲得数も少なく、そもそも選挙自体そこまでゲーム内で大々的に告知されてないので「大多数はボイスに興味ない」と投票結果はなんら矛盾しない

あと、新アイドルから勝てるわけじゃないとかなんとかいってるが、デレステでの票数の増加と砂塚あきら・辻野あかり・夢見りあむがデレステでたくさんの出番をもらったのは前回総選挙が終わってからである

SSR安部菜々への映り込み、メインストリーコミュへの登場など。このお気持ち表明を書いた人は「そもそも大多数のPは、SNSから情報を得ず、ゲームから得られる情報しか持たない」という視点が足りていない。(第8回で松本沙理奈が大躍進したが、デレステの声付きイベントコミュに登場した影響は大きいだろう)

あかりあきらが好きだとは公言しづらい」「新アイドル応援するとやっかまれる」と書いているあたりからも私とは全然違うクラスタで、おそらくデレマス初期かアニメ化あたりで声が付いたアイドル担当なのだろうと思うが、SNSの盛り上がりに振り回されすぎて冷静な視点を欠いているように思う。

そもそもあきらが好きだと公言しにくい」とか書いてるが、いわゆる出口調査で辻野あかり普通にいっぱいツイートされてるらしいし、pixivでは砂塚あきらイラストがいっぱいある。

「俺たちは頑張ったんだ!俺たちの成果だ!」と言いたいがばかりに、結論ありきの論理展開になってしまっているのではないだろうか。

人格ある他者性的対象としてしま原罪を背負った対人性愛者。

権力関係が対称でない異性しか性的対称として見れない異性愛者。

非常に可哀想存在なので一刻も早く治療してあげたい。

2020-05-25

AさんがBさんを殺したようだ。

会社ルールのせいで、BさんはAさんと距離を取れず困惑していた。

AさんからBさんへの距離感が異常に近かったが、Aさんは社会的に弱い立場でありBさんにすがっていた。

会社ルール問題社会福祉の弱さが指摘された後、Bさんが不慮の事故でなくなったとわかった。

この場合会社ルール問題があったことと社会福祉の弱さが議論すべき対象ではなくなったとは言い切れないわけだが、注目されず議論もなくなる。

複雑で直接的に解決できないけれども人を苦しめている問題は、どうすれば前に進むのか。

なんかガッカリしたよ

自省というのは、かなり高度な技能なんだな。

自身対象化したり、認識を上書きするのを、まあ避ける避ける。

記憶も塗り替え、嘘も厭わず道理に構わず、原因を外在化する。

そして見たいものを見て、信じたいものを信じる。

なぜそうまで守るのか?謎は尽きない。

だがどうやら、そちらが多数派なようだ。あまり世間知らずだった。

ある種の話題に対して大幅にIQが下がる問題って奴ですよね

対象はアベガーだったりミソジニーだったりミサンドリーだったりアイドルだったりカップリングだったりする

anond:20200524233744

個人的には、現状は男性向け>>BL>夢>CPなし年齢制限なし>女性向け男女CPという認識。BL>CPなし年齢制限なし>男女CP≫夢のところもある場所もあるだろうとも思う。育ってきたジャンル認識は大きく違うという感覚男性向けと女性向け男女は違う印象。BL夢(男主)は観測範囲外のためよくわからないが、女主夢やBL、男女よりは下になる認識感覚としてはCPなし年齢制限なし以外どこも殴り合っているため、きれいなヒエラルキーとは言い難いと思う。GL(百合)はよくわからない。属性としては女性向け作品によく入り浸っていて、男女が基本的に好きな夢やBLやGLもものによってはいけるタイプ。BLとGLだったらGLの方がよく見る、夢はCPなしのようなものの方が好き。乙女ゲームだと自分としてプレイするのではなく、ヒロイン攻略対象ヒロインの体からのぞき見する感覚プレイする。プレイヤーがコントロールできる少女漫画として楽しんでいるともいえる。2010年くらいか同人を見るようになって、途中でpixiv一本になったROM専認識にはpixivツイッター存在が大きい。

1、BLについて。乙女ゲームきっかけで二次創作を知り、同じサイトで扱っていた少年漫画ジャンルも割と見るようになったりと同人サイトに入りびたりになった。乙女ゲームなのに攻略対象者同士のBLを見つけてしまったり、女性向けゲーム雑誌でBLゲームコーナーが多いのを知るなど個人サイト時代からBLの存在は知っていた。乙女ゲームきっかけでpixivを知り、入り浸るようになった後に某少年漫画流行し、ハマった。女性ファンばかりなのもあって、二次創作を見るとBLが圧倒的だった。主人公ヒロインにも萌えていたが、BL作品や作者に比べると圧倒的に少ないと感じた。それからというもの女性ファンが多めのジャンルだと、元がなんでもBLばかりで検索除外しようにもCPしかつけてないのもあったり、女キャラBLのために雑なキャラ崩壊させるのが多かったりするというのが閲覧者として多く感じた。原作での女キャラとの恋愛描写文句を言ったり、想定以上の女キャラへのヘイト感情が高かったり、BL以外のCPマウントしたり、単語意味を乗っ取ったり、ネット上で暴れたりする人などマナーが悪いなと感じることや、それへの全体的な対処雰囲気がないように感じた。おそらく人数が多いかマナーが悪いままの人もいるとは思うが、人数が多いからこそBLのヒエラルキーはかなり高いという認識

2、夢について。個人サイト入りびたり時代面白いと感じる夢にも出会えたが、ヒロイン存在乗っ取り系夢、年齢制限物でキャラ崩壊が過ぎるという夢もあった。利用していたサーチでは非ヒロインもの感覚としては多く、実質のところは夢の方が男女よりも多いと感じた。pixivを利用してからは夢に出会うことはなかったが、2015年刀剣乱舞リリース以降よく見るようになった。夢とBLとのすみわけ論争が刀剣乱舞では起こり、それを見てBLは夢よりもヒエラルキーが上なのだなという感覚に陥った。現状では原作での恋愛描写ヒロイン文句を言ったり、ヒロインをうがった目で見たり、原作でのヒロイン無視したり、マウントとったりするなどマナーの悪い人が多く感じた。しかし、BLよりは性質上作者・読者が結びついているという感覚はない。BL夢(男主夢)に関しては非恋愛夢・友情夢を好んでいたために存在は知っているし見たこともあるが、男のオリキャラ原作キャラ(男)との恋愛夢に関しては存在だけは知っている状態百合夢も最近知ったため、夢の同性間恋愛ものについては女夢主と男キャラとの恋愛よりはヒエラルキーが下という感覚

3、男女について。ネット悪名高い少年漫画の男女CPにはまることは少なく、感覚として苛烈ではない性質だと思う人に出会うことが多かった。基本的には公式描写のある男女にはまることが多かったせいもあると思う。公式描写のない男女にもはまることは多かったが、①人気があればそのルートが作られるジャンル、②キャラ恋愛描写には決して描かれないジャンル、③公式フラグは立つものの作者のスタンス公式化を狙ってないものが多い、と感じることが多かった。pixiv以降ネット悪名高い男女CPをはじめとする男女CPの人のやらかし原作メインヒロインアンチ、多方面でのマウントなど)や作品を聞いたり見たりするうちに、男女も性格が悪い人が結構いるのを知り男女CPは完全なるヒエラルキー底辺とは言えないのだなと感じている。ただ現状のpixivでは夢やBLの人気がすさまじく、観測範囲の男女CPが夢と区別しづらいもの主人公個性必要以上に出せないゲームでの女主人公ものなど)もあり、男女を名乗ってはいるが夢(女キャラ人間性無視して、男キャラしか萌えてないように感じるものなど)というもの感覚としてあるため、BLよりは下、夢よりも下という認識

4、男性向けとCPなし年齢制限ありについて。男性向けは感覚として、オタクイメージ男性向け創作となっていると思う。商業的にも同人的にも女性向け作品よりも多大なシェアであるという認識年齢制限分野の話になるが、性癖男性向け方面というのを抜きにしても女性向け創作が生緩いものが多く使えないものが多いため、男性向け年齢制限>>>>女性向け年齢制限という感覚がある。女性けがBL、夢、男女とシェアを複雑にしている中で、男性向けは一つのパイに集中しているという認識CPなし年齢制限ありは、それ専門でやっている人をあまりたことがなく、BL、夢、男女の人たちが書いているのを見ることが多かった。BLの人にマウントをとられたり、夢ではオリキャラ無双、男女ではヒロイン総受けの体のいい道具として、使われているのを見た経験はある。寵愛されるのがオリキャラ自分の好きな原作のある一人のキャラであるという点が違うだけで、スタンスとしては同じだと思う。ただ二次創作が好きな原作創造して書くものであるため、嫌ったり厭う人は少ない認識。BLが作品・作者・読者ともに多い分、人数差でヒエラルキーは負けるものの、夢や男女よりはヒエラルキー的に上だと思う。

5、GLについて。女性向けジャンル女性ファンが多いジャンル(男キャラが多いジャンル)によくいるため女性向け百合全然見ないか、BLのついでの処理の感覚がある。BLの処理とは原作で男←女だったり、まだフラグは立ってない良いなかの男女で、男キャラをほかの男キャラとくっつけるため別の女キャラとくっつけること。女キャラ同士に萌えたわけではないなという作品を見たことがある。BLっぽいということが、人気の要因となったGLCPもあるとは聞いたことがある。百合意味をBL的な意味(受け×受け)に乗っ取られかけたりするなど、BLよりはヒエラルキーが下の感覚はある。男性向け界隈では、自分以外の同性(男)を見ずに済むためか重宝されているものの、本質としては男性向け男女(自分×キャラ)の代替場合結構ある印象。ただ同人作品としてみることは経験上少なく、一次創作のほうが多い。

BL、夢、男女どれかしか食べられない人、萌えるメインが存在する人、全部同じくらいに好きな人と様々だろうし、あるジャンルでBL書いている人が女夢主との恋愛を書いていること、男女を書いている人が女夢主を書いていることを見た経験もあるし、ジャンルによっては違うと思う。男性ファンが多く、女性キャラが多いジャンル艦これラブライブなど)だと、BLのヒエラルキーは男女(男性向け女性向け関係なく)よりは下に感じることもあるだろうし、女性ファンが多く、男性キャラが多いジャンルだとこっちみたいに男女のヒエラルキーをかなり下に感じるだろう。グラブルfgoなどの両性をターゲットにしてどの層にもサービスを行うジャンルでは、ヒエラルキー差は強く感じないこともあるだろう。自分被害を受けたことは忘れなくても、自分攻撃したことは忘れているため、こっちがメインの男女のやらかし過小評価、BLや夢のやらかし過大評価している節も否定できない。

anond:20200525140349

資本主義からね。

貧困層マラリア薬とかと一緒。

人数が少ない難病もそう。

LGBTは治す対象なのかってのは置いといて、お金が発生しないと薬は出来ない。

https://anond.hatelabo.jp/20200524093008

叩く対象テレビから与えられるか自分たちで探すかの違いはあるけど、

基本的にははてブと一緒では?

ベガーの人ってアベが辞めたら病気が治るの?

それともあの攻撃性をぶつける他の対象を探すだけ?

特に緊急でもないのに出社して、通勤経路の電車の中にコロナ患者がいましたといわれたばあい

通勤電車が全員で自分対象の上、会社が全員で、帰宅にわからないと、社員家族全員になるんだが

こどもが学校に行っていたら、学級全員の上、その親が全員

緊急でもないのに出社という考え方がよくわからない。さらにいろいろな話があるからだめじゃないし、きちんと情報読んで自分がどのパターンに当てはまっているかを大卒以上が判断できませんでしたとかききたくもないだろ。

条件を読んであてはまるなら出社すればいいし

条件を読んであてはまるなら、自粛継続だし

なにいってんだ?という意見を聞く

から、なんで都市ごと閉鎖になったのか理解してないやつがいて驚いた

で、第2声がじゃぁ!とか提案をしてきて、だから、その場合・・・というのを何個のアイデアに言い返さないと

自分素人で、相手プロなんだけどという 質問することは大事なんだけど・・・どうしたらいいかな。でも質問することは大事

あたまいたいから、飲み物飲んでくる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん