「主題歌」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 主題歌とは

2018-10-15

2018年秋の連ドラの第1話をいろいろ見ていく

まだ未消化のや未放送のが多いがひとまず。

あくま1話感想なんで、2話以降どうなってるかは関係なし。

特に気に入ったのは◎、まあまあ気に入ったのは○。

 

まんぷく

<あらすじ>

インスタントラーメン発明するらしい。

感想

15分では特に良いとも悪いとも。

アラサー安藤サクラは役柄の18歳に見えるとまでは言わないにせよ年齢不詳な感じに頑張っているが、姉のアラフォー内田有紀は素で下手すると安藤サクラより年下に見えるくらい年齢不詳なので、なんだか不思議な感じになっている。

 

警視庁捜査資料管理室(仮)』

<あらすじ>

捜査資料データ化する男が安楽椅子探偵……ごっこ?

感想

一人芝居の分量が多い分、説明ナレーションを多用したり、主人公推理の酷さを本編内でツッコまず予告でメタ的にツッコんだり、かと言って一人芝居を貫くわけでもなく……ならずっと二人芝居にした方が無理がなかったんじゃ。

 

PRINCE OF LEGEND』○

<あらすじ>

王子キャラの男達が伝説王子の座を競う現代逆ハーレムものってことでいいのか?

感想

逆ハーレムに興味なくても楽しめる程度にきちんと馬鹿馬鹿しい。

1話のメインの王子の、死んだ母親から酷い夫の代わりに理想王子として育てられたという設定はグロテスク呪いに思えたが、作り手は自覚的っぽく、ヒロインについて心酔する母の生まれ変わりかもなどと多くの女性が引くであろう台詞まで彼に言わせてるあたり興味深い。

14人の王子ドミノ倒しみたいな壁ドンアイキャッチは絵的には面白いが、王子の、延いては女性の好みの多様性否定に思える。

 

『天 天和通りの快男児

<あらすじ>

ざわざわ賭け麻雀

感想

麻雀がわからないとやっぱりもどかしさがあるのと、人生を賭けたドキドキとかべつに味わいたくないなぁというのと。古川雄輝の役も、思い上がった若者鼻っ柱を折られてスッキリという役割なのだろうがあまり酷い目にあってほしくない。おかやまはじめの追い詰められた小市民役はハマっていたが。

 

ブラックスキャンダル

<あらすじ>

木村多江の次は山口紗弥加復讐するよ。

感想

下世話な面白さは『ブラックリベンジ』同様。夏恋(字面込みで憶えやすい役名だ)って女優スキャンダルの餌食にならなかったのは都合が良すぎだが。整形前のヒロイン松本まりかの熱演もいいが、悪役平岩紙の「しろなんて言ってないよぉ」「夏恋、頑張って」の言い方がツボ。

 

このマンガがすごい!

<あらすじ>

このマンガキャラを演じたい!

感想

出来あがった実写作品(とあれで言えるかはわからないが)よりも制作過程のアレコレがメインで、テレ東一連の人気役者を使ったドキュメンタリードラマっぽいな。……このシリーズ、わざとらしくて苦手。

ガラスの仮面』でキャストにド素人集めて上手くいく話があったけど、やっぱり素人素人だと思った。

 

結婚相手抽選で』

<あらすじ>

オトナ高校』や『恋と嘘』のシリアス版。

感想

主題歌が『オトナ高校』と同じ高橋優っていいのだろうか。こちらの暗さの方が彼に合っているかもしれんが。

シリアスな分、非現実的な設定が飲み込みづらい。いや、現実にあの法案が通ることはなくても、本音では肯定ちゃうような政治家結構いそうではあるが。

主人公に真面目に申し上げておくと、恋愛できなくても欠陥品ではないし、合コンの女は酷いが、劣等感を埋める為に結婚を強いられる社会を望むのは相手のことを考えてなくてアウト。

 

深夜のダメ恋図鑑

<あらすじ>

だめんずぶったぎってすっきり。

感想

うーむ、原作から大きな改変はないけど、原作面白さが再現されてるかは微妙な感じがする。「もうちょっと聞いて貰えます?」って、ほんと、何故もうちょっと聞かずに話の流れを止めたのだろう。あと現実感がないとすっきり感も薄れるという点で、コメディ的な誇張も注意が必要だと思った。

 

『SUITS/スーツ

<あらすじ>

弁護士織田裕二が、ちょっと悪どいけど勝つ。

感想

原作海外ドラマは知らない。織田裕二が少々ダーティなのだが、準主役的な子分中島裕翔もぶっとんだ設定かつ強かさも気の毒さも欠いた微妙問題児で、感情移入のやり場に困った。

 

『過ちスクランブル

<あらすじ>

社員社長と客の三角関係

感想

仕事能力が低いからといって恋を成熟させる資格がないわけではないが、しかヒロイン応援したくなる要素が恋敵が悪女であることくらいしかないのはつらい。

 

『僕らは奇跡でできている』○

<あらすじ>

一風変わった動物行動学の先生

感想

やたら地味な企画だが、『ざんねんないきもの事典』のヒットあたりから企画だろうか。まったりと楽しくはある。あの宿題は調べるなと言われてもみんなネットで調べちゃうだろうと思ったが。あと動物行動学+人間ドラマって自然主義誤謬っぽくなりそうと思っていたが、1話童話うさぎと亀って動物行動学と関係なかった。

 

中学聖日記

<あらすじ>

高校じゃなく中学教師と生徒と恋愛もの……って今までにあったっけ?

感想

センセーショナルに思われそうな題材だが、パスワードが盗まれたりとかボヤ騒ぎが起きたりとか、高尚ぶらず普通にセンセーショナルな作りであった。

夏川結衣池谷のぶえと紛らわしい感じになっているのは役作りだろうか(年相応なだけではあるが)。

 

『GAKUYA~開場は開演の30分前です~』

<あらすじ>

演劇開演前のドタバタ

感想

会話劇としてクスリとくるところはあったもの脚本の妙を感じるまでには至らず。男二人の髪型被りに意味はなかったんだな。

 

『獣になれない私たち』◎

<あらすじ>

恋人社長も同僚も営業先も両親もみんないっぺん母ちゃんの腹の中からやり直してきな!!とぶち切れられない理性の人。

感想

いや父親は死んでるし母親は縁切ってるし会社最後に少し救いが見えたが、それにしてもヒロイン境遇のしんどさに震える。救いが見えたと言ってもタイトルからしてどこまでヒロインが戦えるかわからんし。ぐいぐい引き込まれたのはさすがの野木脚本で、今クール本命だろうという予想はクオリティ的には全く裏切られてないけど、次回以降の視聴率大丈夫か。いやここで脱落する方が後味悪いからみんな見続けようぜ。

 

リーガルV ~元弁護士小鳥翔子~』

<あらすじ>

鉄オタの元弁護士弱者を救って金儲け。

感想

主人公珍名を付けようと思いながら小鳥遊というド定番を選ぶ思考回路の謎。

初回の題材が痴漢冤罪なのはいいとしても、自称被害者は真面目な女子大生「と見せかけて実は」ホステスで金目当ての狂言でしたって世間バイアスに全乗っかりだな。次回予告でもハニートラップなんて文字が踊ってたのはまあ、次回を見てからコメントすべきかもしれないが。

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』

<あらすじ>

Pure Soul』とその韓国リメイクの『私の頭の中の消しゴム』は憶えてるがその日本リメイクの『私の頭の中の消しゴム』というのが思い出せないが本作はべつにリメイクじゃない。

感想

合理主義的な松岡昌宏婚約する戸田恵梨香合理主義っぽいが、癒し系ムロツヨシにほだされていくのかな……と思いきやムロツヨシは捻くれてて、なのによくわからんけど戸田恵梨香が菊地・獣・凛子もびっくりの理性のなさでムロツヨシに突っ走ってて理解不能だったのだが、あれはひょっとしてアルツハイマーの症状として理解不能な感じなの? それとも単に大石脚本ヒロインから理解不能なの?(『コントレール』の肉食系で済ませられないヒロインを思い出した)

 

忘却のサチコ

<あらすじ>

大変旨~私は忘れる君を。

感想

婚約破棄、小説家長谷川朝晴、そして忘却……って紛らわしいけどアルツハイマーものではなく、グルメものというあまり興味のないジャンルだが、たしかに美味しそうだし、グルメ以外のパートコミカル演出も効いている。

2018-10-14

anond:20181014141351

しろ前前前世から結ばれることが決まっているなどという封建社会肯定する主題歌発禁にするべき

2018-10-07

Leon主題歌にもなっているstingのShape of My Heart

序盤の

those who play never suspectで

playが目的語に取るのは人だっけ?とか思って調べたら

カードをするとか争うとかい用法があってへーって思った。

勿論play cards with the girlsみたいにも使えるらしくて

ちょっとこの違いを勝手妄想逞しくして考えて見た。

1.play 人の場合

これは誰かとplayするといったらカードに決まってんだろ?という賭場に入り浸る人、その筋の人が気取っていう。

昨日三万すったと近いニュアンス

2.play cards with the girlsの場合

ちょっと背伸びしたい年頃の男が、週末何していたか聞かれて、

トランプ遊びをしていたのさ、女の子たちとね!

と寧ろ誰と遊んでいたかを際立たせる表現

英語スポットの当たっている語は後に来やすい事と合わせるとありそう。(例えばitなどの代名詞は前に来る)

そもそも話者遊んだ女の子達と焦点を当てているがtheをつけたものの、聞く方は誰よそれって感じである

公平な地の文だと無冠詞girlsにすべきなのだろうか。

日本語小説ではあまりこういう部分は問題にならないが英語小説だとどうなんだろう。

2018-09-11

歳のせいかアニメソングが覚えられない

漫画専門書店などのオタクショップに行ったとき、店内でかかっているのが最新放送中のアニメソングならまだ「あれの主題歌」とかわかる。が、2、3年前の曲になると、聞き覚えのある曲でも曲名作品名が出てこない

(逆に1980~90年代作品なら確実に覚えてる)

これって自分老いたからだと思ってるんだが、逆に今の1020代人間は、即座に曲名作品名が思い出せるのだろうか?

もし1020代人間でも俺と同様だとすれば、作品大杉が原因だよな

2018-09-03

anond:20180903195547

一時期アニメの内容とは全く関係ない有名歌手の歌を主題歌にするのが流行たからな

2018-08-23

へのへのかっぱ」ってすごいな

ご存知ドラゴンボールZ主題歌CHA-LA HEAD-CHA-LA」。作詞森雪之丞

サビに「何が起きても気分は へのへのかっぱ」とある

へのへのかっぱ。

このへのへのかっぱがすごい。

へのかっぱの頭にへのを重ねて、へのへのもへじとかけた駄洒落が言えるくらい俺は余裕だ。CHA-LA HEAD-CHA-LAだ。っていう悟空精神が表れている。すごい。

多分曲に合わせて偶然できたフレーズなんだろうと思うが、それにしたって「へのへのかっぱ」は天才的すぎる。

CHA-LA HEAD-CHA-LA歌詞全体を見ると論理的には意味不明だがすごく感覚的に伝わってくる。悟空自由に飛び回っている姿が目に浮かぶ先入観が入っているところもあるが、でもやはりCHA-LA HEAD-CHA-LAはすごい。

CHA-LA HEAD-CHA-LAはすごい。

気になって調べてみたらこんな記事があった。

http://news.livedoor.com/article/detail/14233641/

↑いわく、やはり曲が先にあって歌詞は後から作ったそうだ。CHA-LA HEAD-CHA-LAの他にも雪之丞氏の作詞にまつわる興味深い話が書かれている。良ければ読んでみては。

2018-08-22

原作者アニメ主題歌の詞を書くな

あえてダサさを演出したいなら別だが、どんだけ頑張っても大したものは作れないんだから、無理すんな。世界観を知っていてもそれを詞に落とし込めるわけじゃない。ワクワクさせてくれるのはプロ作詞家。そこんとこよろしく

2018-08-17

ヤリチンビッチ部の主題歌について思うこと

短くてもそれぞれ歌詞の違うソロverがあるのはおもしろ

声優さんとはとても大変なお仕事だと思った

2018-08-15

めざせポケモンマスター聴く

弟にピカチュウぬいぐるみ主題歌CDを買ってあげた思い出が蘇ります

年が離れていたから、可愛くて仕方なかった。

2018-07-26

荒野を歩け

荒野を歩け」という昔の映画のオープニングについて調べようとしたら

全然関係ないアニメ映画主題歌情報ばかり出てくるという

荒野を歩け 黒猫」で検索しても駄目

「walk on the wild side」と、原題検索するのが正解だった

anond:20180726152332

そのあと、すぐに「日本Part2」が始まります

前作と同じキャストですが主人公ちょっと老けちゃったね!

でも主題歌は皆の大好きなあの人だよ!

2018-07-18

anond:20180718154653

「1/2」というタイトル不殺剣客緋村剣心と人斬り抜刀斎という二面性を表してる

まさにぴったりの主題歌

2018-07-06

麻原はやりたいことやりきって死んだし悔い無いっしょ

大量の女に子供産ませて酒池肉林からアニメ作らせて主題歌と主役の声優やったりとやってない事無いっしょ

2018-07-03

チャットモンチーの「完結」に寄せて その1

昨今の邦楽事情はてんでわからない。ロックの何たるかを語るだけの知識素養も持ち合わせていない。だがしかし、一つの時代がまもなく終わる、と言っても過言ではなかろう。

来月をもって、チャットモンチーというロックバンドが「解散」する。本人たちは解散を「完結」と称している。当初はこの表現にうすら寒さを覚えた。なにカッコつけてるんだよ、脂がのってきたのになんで辞めちゃうんだよ、という憤りが先走り、サムいと思った。

それでも、彼女らの系譜をたどり直し、彼女らの音楽を改めて聴いてみた。すると、今回の件はまったく「完結」としか言い表せないこと、さらには「チャットモンチーは既に終わっている」としか解釈できないことがわかってきた。

チャットモンチーへの弔辞と、メンバーへのはなむけの言葉として、思うところをつらつら書いてみる。

といっても俺がチャットを聴き始めたのは最近のことだ。

昨年1月松居大悟監督映画「アズミハルコは行方不明」を観た。地方都市の倦怠に呑まれながらも強かに戦う女子たち。その生き様暴力的な鮮やかさで映してみせた傑作だった。大都会トーキョーで漂泊していた俺には特に身に刺さるところが多く、新宿武蔵野館で悶絶したことを覚えている。

この映画主題歌が、チャットモンチーの「消えない星」だった。https://www.youtube.com/watch?v=EUin6rB1Yxw

不安言葉にかえて 言葉をくちづけにかえて 夜の永さ 見ないように 待つことにした”

チャットモンチーというのが、かように豊饒言葉を紡ぐバンドだとは知らなかった。松居監督オファーを受けて書き下ろしただけあって、女の子の儚さと逞しさを描いた映画を締め括るのにふさわしい曲であった。シビれた。

それからYouTubeチャットの曲をザッピングし、程なく「シャングリラ」をヘビロテするようになった。

それまでの俺の中でのチャットイメージは、「数多くの流行りのバンドの一つ」であり、言うなれば「あっち側」の存在として勝手に押し込めていた。おそらく、「風吹けば恋」の(表面的には)爽やかな印象が無意識のうちに刷り込まれていたのだろう。2008年から俺が中3のときだ、この曲が制汗剤のCMに使われて流行っていた。

”走り出した足が止まらない 行け! 行け! あの人のところまで”

俺にはほぼ縁がなかったピュアピュア恋愛に胸を焦がす、爽やかな汗が夏空に飛び散る、隣のクラス運動会応援歌に使う、スクールカースト上位層の女子たちがカラオケで歌ってやがる……

ここまで読んでピンときた方もいるだろう。中学の時分といえば、流行もの必死に抵抗するイキった奴がクラスに一人はいものだ。ちっぽけなアイデンティティーを保つため、そして劣等感を秘匿するために。そいつが俺だった。

ましてや小学5年以来の筋金入りの中島みゆき信者ときたら、もう手の施しようがない。ステージ4の中二病末期患者である。かくして俺はチャットモンチーなぞに目もくれず、ポータブルMDプレーヤーで「旅人のうた」を再生して感傷に浸るのであった。

それから10年を経て、チャットモンチーへの偏見が解けることとなる。件の「風吹けば恋」を聴いてみよう。のっけから衝撃的な歌詞である

“はっきり言って努力は嫌いさ はっきり言って人は人だね”

スポ根とか精神論は俺が最も嫌うところだ。かつ、そんな奴らへの醒めた目線。メラメラやキラキラ放擲すれば、ひとまず自我は保たれるし、自我肥大化に慢心もできる。しか歌詞はこう続く。

“だけどなぜ窓ガラスに 映る姿気にしてるんだ? だけどなぜ意地になって 移る流行気にしてるんだ?”

そう、そうなのだ。「これでいいんだ文句あっか」と居直るには、まだあまりに青すぎた。情熱栄光を諦めるには、まだあまりに若すぎた。後半の歌詞は、「多少無理してでも流行へのアタッチを試みる」とも、「意地張ってるけどやっぱり流行ものは気になる」ともとれる。いずれにせよ、羨望と嫌悪がないまぜになることはしばしばある。冒頭十数秒でこれほど揺さぶりをかけてくる音楽があるだろうか。

この葛藤をくぐり抜けた先に、前掲のサビが拓かれるのだ。故に、サビだけ切り取って堀北真希を先輩のところに走らせるあのCMは罪深い。「でもやっぱり」を捨象して、さも純情な青春ソングであるかのように仕立て上げている。

さて、資生堂への怒りとともに考えた。お前はどうなんだ。「走り出した足が止まらな」くなることはなかったのか?いやあっただろ!恋に恋していただけだったとしても、どうしようもなくどうしようもないことをしていた。肥大する自我に執着しつつも、何か圧倒的な他者の介入によって自我が瓦解することを待ち望んでいたのではなかったか

ある種の歴史認識が転換された。勝手に頭の中で理屈をこねくり回してあの不可解な時期を言語化してるきらいは否めない。それを差し置いても、俺のパラダイムシフト惹起するだけのパワーを与えてくれたのが、チャットモンチーだった。(自己認識の転換を迫るという点では、「majority blues」も凄まじい。こちらは橋本江莉作詞。“みんなと同じものが欲しい だけど みんなと違うものも欲しい” https://www.youtube.com/watch?v=xVi0jwNXe3A

中学ン時、誰か無理やりにでもこの曲を通しで聞かせてくれる奴がいればよかった。チャットモンチーのものはもちろんのこと、「風吹けば恋」を作詞した高橋久美子との邂逅がえらく遅れてしまった。

後に俺は、10年間のすれ違いをひどく悔やむことになるのだった。

まだまだ書き足りませんが今日はこのくらいで。続きはまた書きます

2018-07-02

「これからキッズアニメ時代」とか言ってた増田くんへ。

https://anond.hatelabo.jp/20180625184652

これにちょっと……いや休日間中ずっとイライラしてたから、長文投げつけるね。

オタク向けロボットアニメ連続で糞アニメを出しており

おーおーおーおー。言ってくれちゃうねー。

この10年くらいキッズ向けのロボアニメも散々クソの山を築いてきたことは無視かよ。

早朝に5分とか企画意図さえ意味不明鉄人ガオとか、映像クオリティ含めて雑誌付録だった参乗合体(タカラトミー)とか、後半2クール全部ダメ特に猿のテンカイナイトハピネット)とか、元増田も追記で挙げた監督言い訳ジャイロゼッタースクエニバンダイ)とか。思い出せよクソの山を。

海外作品でもアラインド系トランスフォーマータカラトミー)は全部クソだったぞボケ(Bulkheadの意ではない)。裏設定はアメコミだけでやれ。

そういえばつい最近タイムボカン逆襲の三悪人タカラトミー)っていうのが静かに爆死してたのご存知?キンキトライセイルのアニメとまるで合ってない歌が主題歌だったやつです。こんなもんより早くヒロアカやれって言われてたやつです。言ってて辛くなってきた。

SD三国伝BBW(バンダイ)がケロロのBパート返せって言われてたの思い出して余計辛い。枠は15分だし劉備活躍おにぎりもぐもぐとイノシシからの逃亡しか覚えてないし、ろくな思い出が無いぞ、このアニメ

玩具がすでに何年も売上をだしている状態からアニメ化する」という既存玩具販促ロボットアニメとは真逆アプローチスタートした

このタイプアプローチは主流じゃないというだけで、玩具界では特別珍しいこともないよ。リカちゃんジェニーちゃん最初からアニメやってないでしょ?

それともうヒットしてるものアニメ化することで、アニメの主役しか売れなくなる昭和マシンロボ現象や、放送終了=コンテンツの終了となるヒカリアン現象を引き起こすリスクも大きいんだから安易に持ち上げたらダメよ。

よくよく考えたら初代ガンダムの大ヒットも含めて

大人向けロボットアニメとはそもそもキッズ向けロボットアニメを見て育ったがアニメ卒業できない世代が「背伸びして」見るものだったように思う

これマジに語り始めたら休み潰れちゃったからざっくり言うね。

背伸びさせられてたのは子供

キッズ向けじゃないアニメ最初からアニメ卒業できない」オタクしか狙ってない。でもついてるスポンサーは前と変わらず子供相手玩具会社。そういう歪な企画なの。ロボに限らず。

その手のアニメは、子供に「背伸び」をさせることでしか子供アプローチできない。だって子供視線に合わせたら旧来の玩具販促アニメと変わらなくなるからキッズ向けじゃない高尚さを企画のウリにしてるのに、それじゃダメでしょ。

80年代子供背伸びじゃ届かないアニメを乱発した結果、子供にウケなくてスポンサーが儲からないアニメがわんさか出た。テコ入れ打ち切りは当然だと思う。

でもOVA円盤商法の普及で、別に子供にウケなくても儲けが出せるようになったし、玩具販促もしなくて良くなった。玩具会社アニメ監督に「これは第六文明人の遺跡です」って電波飛ばされなくなってwin-win

深夜アニメ大人向けロボットアニメばかりやった結果 「最初ロボットアニメを見たことが無い」世代も生まれ

「深夜のロボットアニメを作ってる側がまずロボットに興味がない世代」なんて悲劇ダリフラのようなクソアニメを生んでいるのだ

× 深夜アニメ大人向けロボットアニメばかりやった

キッズけが少なくなった

理由はもうスポンサーがいないから。

かつてのスポンサー玩具会社80年代に潰れまくって、継続的にロボ玩具やってるのはもうバンダイタカラトミーだけ。

バンダイは毎年特撮やってるから、これ以上キッズ向けにロボアニメやらない。タカトミもトランスフォーマーがあるけど、海外放送事情に合わせるから毎年はやらない。

こうしてキッズ向けにロボアニメが安定供給されない状態ができあがった。ロボアニメ見てない世代はまあいそうだよね。

もちろんもっとかい要素はいっぱいあるけど、増田でこれ以上の長文書くのヤだから単純化したよごめんしてね。

しか錦織監督1978年まれ)って、言うほどロボアニメ空白の世代だったかな……本人の資質問題では。

あとキッズ向けを深夜アニメ殴りの棍棒にしてるとこ悪いけど、来年度のキッズ向けロボアニメは?去年からトミーラッシュかけてるのは偶然でしょ。

仮にゾイドワイルド過去に倣い複数年やるとしても、シンカリオンは単年っぽい。その枠に次もロボが来るとは限らない。

バンダイは相変わらず戦隊ライダーメカ玩具需要は足りてる。他社参入の可能性は低い。

一方の大人向け、オタ向けはガンダムエウレカギアスエヴァ映画OVA)の予定だけでもうんざりするほどある。あとマクロスか。未発表の新作もあるだろう。

作られないキッズ向けと作られる大人向け。俺は後者の方がマシだと思うな。どうせクソアニメ含有率は変わらないし。

元増田くんはどう思う?

シンカリオンの次回予告BGMを聞くと脳内宇宙警備隊ガードチームがバトルアップするタイプのロボアニメオタクより。

2018-07-01

アニメ主題歌海外でたくさんの人に聴かれる

ミスチルサザン海外の人が聞く機会がない

2018-06-30

私は声優に関する知識がない

みなさん、ちょっとでも(アニメ~ソシャゲ)オタク的なコミュニティにいるとす~ぐ声優の話になったりしませんか?

いやそりゃ別にオタク/声優を貶すとかそういう意図はないですし、自分だって十年来の"嫁"もいますけど、

自分が持ってる声優知識なんて(アンパンマンの)チーズ=山寺宏一とかそのレベルのもの

今季のコレは誰々だとかこれまでイラストだけだったこキャラにに声がついたとか

全然ついていけなくてつらい。みんなどうしてそんな詳しいんだ。

逆に主題歌編曲家の話をすると高確率で引かれます。話す前から分かってますけど。

2018-06-22

公式関係者作品イメージなうからやめろ」→「よっしゃ!もっとやってやろww」
例:ロックマン8の主題歌はだしのゲンデッサン絵に苦しむシーン

公式関係者クソコラMAD全然オーケー!楽しんでってね!むしろ素材もあげるしなんなら公式もやっちゃうよ!」→「は?寒い公式がこんな事するとか」
例:多すぎ

どうしろ

全然似てないのにドカベンプロゴルファー猿主題歌がごっちゃになることがある

2018-06-20

あたしンち』のOPって割と攻めてたよなあ

具体的には主題歌が『さらば』のやつ。

名もなきモブキャラが前面に出ているカットがいくつかあって。

あれが、何だかすごく印象に残っている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん