「沈黙」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 沈黙とは

2018-12-14

anond:20181214100112

両手を握って目を見つめて微笑みながら沈黙する

2018-12-13

人をバカにしてはいけない

ある人が他人バカにして相手から暴力を振るわれたり殺されたりしたとする。悪いのはどちらだろうか。法的には暴力を振るった側だが悪いのは原因を作った側だ。人というのはいつも冷静な訳ではない。自制心の強い人でも魔が差すことがある。報復されることを承知バカにするならそれでも良いがその覚悟がなければ沈黙すべきだろう。

2018-12-12

anond:20181212121356

軒並み沈黙しててわろた

流石に言い訳できないやろ。素直に掣肘しとけば良かったのに。

2018-11-29

anond:20181129191923

ほい、これハッキングの手順ね

総理「"1+1=3"(閣議決定)」

批判「"2"だろアホか」

 「アホとか言った時点で聞く気なくす」 (口調警察

 「"2だろ"とかじゃなくて、対案出せ!」 (対案カルト

 「批判してる人は単に叩きたいだけに見える!批判だめ!」(やさしいせかい

 「野党が何言っても与党を支持せざるをえないんだよなぁ…」(ゲハ対立モード

 「多数決で選ばれた首相に対し"2"ばかり主張する行為民主主義的ではない」(政治教育の失敗)

 「一方的な決めつけはウンザリ…、5-1は"3"ですよね?議論は冷静中立に」→ 何か賢そうな為10RT

 「【悲報】"2"を主張してしまった極端な人達意見こちらwww」 ← 大手まとめ世論誘導

 「【拡散】"2"を主張する人たち、やっぱり○国人だった!【陰謀】」 ← 検索ヘイト汚染

野党「いや首相、これは"2"でしょ、"3"はおかしいですよ」

総理内閣支持率はですね、まさに"2"より高いんですよ!」←?

 まとめサイト 「【堂々論破】"1+1=2"派、完全沈黙!やっぱり正論だった!」

 バラエティ  「与党がだらしないというか、野党もコレどーなの?」「もう、野党はしっかりして!」

 ニコニコ知識人そもそも騒ぐ事自体不毛であって僕は決して"3"とは思わないにせよ野党は支持できないな」

官房長官 「野党は反対ありきではなく、"1+1=3"を前提にした上で建設的意見を…はい次」

安倍真理教反論したら反日!」

批判野党「」

まとめサイト「【与党野党正論沈黙してしまう!w【勝利】」

<<  

もやし理論

安倍政権下における日本の政治風景

総理「"1+1=3"(閣議決定)」

批判「"2"だろアホか」

 「アホとか言った時点で聞く気なくす」 (口調警察

 「"2だろ"とかじゃなくて、対案出せ!」 (対案カルト

 「批判してる人は単に叩きたいだけに見える!批判だめ!」(やさしいせかい

 「野党が何言っても与党を支持せざるをえないんだよなぁ…」(ゲハ対立モード

 「多数決で選ばれた首相に対し"2"ばかり主張する行為民主主義的ではない」(政治教育の失敗)

 「一方的な決めつけはウンザリ…、5-1は"3"ですよね?議論は冷静中立に」→ 何か賢そうな為10RT

 「【悲報】"2"を主張してしまった極端な人達意見こちらwww」 ← 大手まとめ世論誘導

 「【拡散】"2"を主張する人たち、やっぱり○国人だった!【陰謀】」 ← 検索ヘイト汚染

野党「いや首相、これは"2"でしょ、"3"はおかしいですよ」

総理内閣支持率はですね、まさに"2"より高いんですよ!」←?

 まとめサイト 「【堂々論破】"1+1=2"派、完全沈黙!やっぱり正論だった!」

 バラエティ  「与党がだらしないというか、野党もコレどーなの?」「もう、野党はしっかりして!」

 ニコニコ知識人そもそも騒ぐ事自体不毛であって僕は決して"3"とは思わないにせよ野党は支持できないな」

官房長官 「野党は反対ありきではなく、"1+1=3"を前提にした上で建設的意見を…はい次」

安倍真理教反論したら反日!」

批判野党「」

まとめサイト「【与党野党正論沈黙してしまう!w【勝利】」  

2018-11-27

anond:20181127110352

肉は少なくて高くても納得されるしスペースを取らないけど

野菜は少なくて高いと誰も買わない、だから要らない、野菜好きも普通だと思って声にしない、という沈黙スパイラルに入ったからな

結果として外食特にファーストフード野菜ボリュームはどうでもいいになっていった

直下手なチェーン店よりも山盛りのサラダを出す店を作ればヒットすると思うんだがな

株式会社リビングパートナー

家で仕事をしているとインターホンが鳴り玄関に行くとNHKを名乗る男がいた

今の部屋には1年前に引っ越してきて過去2度NHKの人が来ている

2度ともにテレビ、視聴機の利用がないこと、携帯ワンセグがついていないことを伝えて

すぐにお引き取り頂いたので、今回も同じ事を言った

が、その男は帰らなかったしするすると契約書を挟んだバインダーを取り出した。

「お客さんのような人でもとりあえず契約はして貰うんですよ」とボールペン差し出された

そんな訳あるかと思いつつ、そんな事もあるのかなと思い契約書を読んで見ると

どう読んでも受信契約についての内容で受信料の支払いも発生すると書いてあるのでそれを聞くと

はい、だけどみなさん契約されてるので記入お願いします」ときたので

こいつヤバいと思った

契約書に書いてあるNHKふれあいセンター電話番号が載っていたので

確認したいと伝え契約書を借りて電話をした

すぐに電話は繋がり事情説明したところ契約する必要はないと回答をもらった

ついでにそのオペレーターに直接訪問している人間と話してくれないか頼んだら了解頂き

男に携帯を渡して話してもらって俺は安堵していた

終わらなかった

会話が終わり携帯を受け取りオペレーターに謝辞をいい電話を切る

流れる沈黙玄関の男は動かない

いや、帰れよ!

終わった!今終わったから!

「とりあえず他のおうちみなさん契約されてるんで、あなただけなんで」

ふと、目の前にいる男が哲学的存在に見えた

警察相談ダイヤル電話をかけたがすぐに大変電話が混み合ってますアナウンスで繋がらない

待っている間に過去2度断って帰ってもらってる話をした

すると「他の会社訪問してる場合はうちは知りません」と言った

まり委託からこいつの会社に直接言ったら帰るんじゃないかと思い

電話を一旦切り、そいつ会社名と電話番号を聞いた

目の前で警察電話したのが良かったのか多少の問答で名刺NHKのチラシに手書き)をもらった

いや、帰れよ

もう怖かったので一旦玄関を閉め自室で電話をかけた

株式会社リビングパートナー電話はすぐに繋がりオペレーターも愛想が良かった

やった話が通じそうだ

事情を話し帰ってもらうよう言い、以降うちに来ないように伝え、通じた

終わった。60分も時間を使ってしまった。もっとうまくやれた気がする。自己嫌悪

インターホンが鳴った。緊張が走った。

見ると大野がまだ立っていた。

怖い!!!!!!!!!!怖すぎる!!!!!!!!!!!!

携帯発信履歴から警察相談ダイヤルにかけた

今度はすぐに繋がった

三度状況を説明したところ管轄警察電話番号を教わりそこにかけるよう指示をもらった(最初からそっちにかければ良かった)

管轄警察電話をしたところまた最初から事情説明していたところ

インターホンの連打とドアの殴打が始まりもう最初から110番にかければ良かったと後悔した。

最終的に生活相談窓口だったかに住所と現状を伝え

すぐに警察を寄越してくれるという話になった

インターホンがまた鳴った

今度は警官だった

男は既に帰ったようで玄関はいなかった

見ると扉に足跡がついていた

四度警察事情説明すると

警察から株式会社リビングパートナーに注意をして頂けるという話だった

正直それだけかとは思った

まぁでもいろいろ仕方ないよね

また来たら今度は110番で構わないとも言われた

つの間にか日が沈んでいた

NHKは好きだ

カードキャプターさくら電脳コイル

俺の青春だったと断言できる

だけどこの先俺がNHK番組を見るとき

きっとあの男の顔がチラつくことになるんだろうか

嫌な思いをした

2018-11-25

北海道米読解

僕が子供の頃の北海道米は本当に酷かった。でも僕は子供だったので分からなかった。ただただ喉を通らない不味いガム、よくて最悪のモチを食べている感じだった。しかし米とはそういうものだと思っていた。ところがある日の弁当で衝撃を受けた。身も蕩けるほど美味い。帰って母にどういうことか聞いた。

導入。

何かの景品で「あきたこまち」が当たったのだと。それを使ったと。僕はこの時、初めて自分がこれまで食べていたのが「キタヒカリ」という北海道米で、世界には「あきたこまち」や「コシヒカリ」というもの存在していることを知った。僕は今後、「あきたこまち」を使ってくれと頼んだ。

すると母は「お父さんの給料でそんなものは食べられない」と取り合わない。しかし一度、上位規範を知ってしまった僕は、もうキタヒカリに耐えられなかった。思えば、父はいつも白米に味噌汁ぶっかけていた。そういうことだったのか。汁物をかけないと食えないものだったのかと。それから戦争だった。

から聞き分けがなく母親意見が合わなかったことを強調。「納得のいかないことにとことん立ち向かう俺」的なアピールちょっとあり。そして父親はどっちかと言うと息子寄り。

僕はそれ以来執念深く、母にまともなコメを食わせろと言い、これ見よがしにコメ味噌汁といい時には番茶さえぶっかけて、「こんなもの流し込まなければ食えたもんじゃない」とやり続けたところ、ある日、母がキレて泣き出した。父は沈黙した。それ以来、僕は憑き物が落ちたように大人しくなった。

いくら正論でもそれで殴るのは暴力なんだよね」と反省した。ように見せかけて。

ある日、「きらら397」がすべての光景一新させた。品種改良北海道米に革命が起こった。これ以降の北海道米はあきたこまちコシヒカリよりも美味いと思う。大学生の頃母と電話で話した時、彼女は「農学部の人には頭があがらない、あなたのような口舌の徒は文句言うだけで何もしない」と言った。

息子が意気揚々と戦いを仕掛ける→母親が泣いて息子は意気消沈→米が美味しくなって母親カウンター。という立場の変遷。

しかし僕はすでに違う考え方を持っていた。コメのようなものを寒冷な北海道で作ることがそもそも合理的だったのだろうかと。こんなに美味い北海道米を作るにはどれだけの資源が投入されたのだろうか、本当はもっと別なことに資源を投入すべきだったのではないかと。コメ信仰は疑うべきではないかと。

あー、息子さん、反省してないですね。

信仰政策世論の中身を疑うことなく、よりそれに適合的な技術を追求する知性は危険なのではないか、それなら「ああい属性人種は滅ぼすべきだ」となったら「はい分かりました」と効率的殺戮する技術を生み出す知性が奨励されるようになるのではないかと。「僕は北海道米の美味さが怖い」と。

時が経ち、かつて争いの原因となった北海道米の不味さが解決されても、やっぱり息子と母の意見は合わないし、息子は理屈っぽくてウザい。

母は「もうあなたには何も言わない」と。父は「それは重要な指摘だ、考えてみれば持参金が少ないという理由で嫁さんを焼き殺すインド人原子力潜水艦を動かしている。技術と知性は違うのかもしれない。すなわち価値判断だ!」とか調子を合わせた。母は「この家は昔からそうだ!」と吐き捨てた。

理屈っぽい変人の父・息子」と「普通母親」という対立構造は変わらない。迷惑かけるけど仕方ないよね。という感じのインテリの自慢&自虐ネタ

そして北海道米は美味い。

冗談めかして終わり。

2018-11-23

不妊様」というものを見た

マック隣の女子高生」ばりに嘘松っぽさでいっぱいだけど、自分の中で消化しきれないのでここで吐き出す。

昨日、仕事の昼休憩中にとあるカフェに入った。私はひとり、隣は30代前半ぐらいの女性3人。

それぞれA,B,Cとして、会話から読み取れたスペックは下記。

A:既婚 しばらく不妊治療中らしい

B:既婚 今年の春に結婚式を挙げた新婚

C:未婚 長く付き合っている彼氏あり

この3人、静かなカフェでは目立つ声量であった。

盗み聞きは趣味が悪いけれども、最初自然と耳に入ってきてしまったし

途中から野次馬根性丸出しで聞き耳を立てていた。

私が店に着いたとき世間話をしていたが、途中からの子作りの話になった。

Aが「まずは基礎体測るところからだよ!オムロンの体温計おすすめ!」と言ったところで、Bが沈黙

お察しの通り、Bは「実はいま4か月入ったところで…」とカミングアウト

AとCが(一旦は)「おめでとう!」とお祝いところで、Bがトイレに離席した。

その途端、AがCに愚痴り始めたのである

A「まだ安定期にも入ってないのに、このタイミングで言うって自慢?

  私がずっと(不妊治療で)病院行ってるの知ってるよね、デリカシーなさすぎる。

  タダで妊娠できる奴なんて、治療してる人に比べたら苦労も何もないか愛情も少ないし、

  それに式挙げた直後から子ども作ってたって夫婦としても未熟なのに信じられない。」

というようなことを畳み掛けた。

そのときカフェに居て、この話が聞こえてきた客みんな頭にハテナマークだったと思う。

Cはそれをひとしきり聞いて「そうだねえ、でも赤ちゃんが出来たことはおめでたいからねえ」とやんわり流していた。

というところでBが席に戻り、今度は入れ替わりAがトイレに離席。

Cは元々Bの妊娠を知っていた。

C「やっぱりAとは少し距離置いた方がいいと思う。細かいことは言わないけど、ほとんどBが思ってた通りだった」

B「うん、そうだよね。もやもやしているのも嫌だったし、早くはっきり出来て良かった。板挟みで気使わせてごめんね」

C「全然いいんだけど、これで私が出来ちゃった婚なんてしたらやばいだろうなー」と笑い話に変えていた。

で、Aが戻り、子どもとは関係ない話をまた少しして、ランチ会は解散していた。


なんというか、Aの立場分からんでもないが、八つ当たりにも程があるし、

友情が消える瞬間を目の当たりにした感があった(BとCが最初から結託してる感じもアレだけど)。

いわゆる「不妊様」ってこういう感じなんだな…と都市伝説を目の当たりにした気がする。

2018-11-22

[] #65-5「短くて長い一日」

ニセ弟は沈黙を貫いている。

いつだ。

いつ入れ替わった。

「なあガイド、別次元にトんだ場合にこんな感じの現象が起きることはあるのか」

「断言はできないけど……もしそんなことが起きたら大きな次元の揺らぎが発生するから、その時点で気づくよ」

となると、別次元による影響じゃあない。

思い返してみれば、弟は待ち合わせ場所に合流したときから様子がおかしかった。

あの時、既に入れ替わっていると考えるなら……。

俺は予想を確信へと変えるため、ニセ弟の目を覗き込む。

すると慌てて目線を逸らし、モジモジと縮こまっている。

その仕草を見てやっと分かった。

「お前、ドッペルじゃないか!?

ドッペルは弟の友人で、いつも何らかの変装をしている子だ。

特に弟の真似をするのが上手く、友人でも見分けるのが難しいほどである

さすがに身内の俺なら分かるんだが……寝起きの脳みそじゃあ、ちょっとキツい。

「無理を言って、変わってもらったんだ……き、きき、気を使ってくれたんだろうね。」

弟も楽しみにしていただろうに、友達相手とはいえよく譲ったな。

「別次元自分が、ど、どんな感じか気になっ……て」

その時、ドッペルを支えている片腕に大きく体重がかかった。

俺は反射的に、両腕で抱え込むようにしてドッペルを支える。

今にも倒れそうなほど弱っているようだったが、本当に倒れこんでしまった。

「おい、どうしたんだ」

「恐らく、別次元に長く居すぎたんだね」

そういえばガイド説明していた。

次元本来存在しないものは、エネルギーを大量に消費することで存在を維持できるらしい。

ドッペルはそのせいで疲れてしまったんだろう。

だが、そうなると、俺が全く消耗していないのはなぜだ。

「なんで俺は平気なんだ」

「それはキミが“普遍的存在”だからだよ」

「なんだそれは」

「あらゆる次元で、ほぼ性質が変わらない存在のことだよ。次元が変われば因果も変わり、必然的に人も変わるけど、たまにその影響を受けにくい存在がいる」

「俺は他の次元でも、ほぼ同じ性格、見た目ってことか」

「そういうレベルの話じゃないよ。極端な話、人間存在しない次元でもキミは普遍的なんだ。例えば豆粒サイズの石ころを別次元に置いてきてしまったとしても、その石ころが与える影響はたかが知れているだろ?」

ガイドの言っている理屈はよく分からないが、俺はどの次元でも石ころみたいな存在ってことらしい。

俺は自己評価が高いわけではないが、その表現はさすがに癪だな。

「……ともかく、元の次元に帰ったほうがいいってことだな」

「そうだね。キミの血縁である弟くんなら、もっと耐えられたはずなんだけど……そうじゃないなら厳しいね。あまり長居させると存在を保てなくなるかも」

こいつ、サラっと恐ろしいことを言いやがった。

それって、ドッペルが死ぬってことと同じ意味じゃねえか。

「今すぐ元の次元に帰るぞ」

「いま座標を合わせるから待ってて……」

「そういうのは、あらかじめ記録しておけよ」

「記録を残しておくと、次元警察がそれを探知するんだよ。次元跳躍を乱用していないかって常に目を光らせているからね。取り締まりにでもあったら、それこそ厄介だ」

やれやれ、これでパラレルワールド旅行は終了か。

もっとクワクするもんだと思ったが、これならテーマパークでも行ってたほうがマシだったな。

「あれ……時間が……」

この時、俺はガイド怪訝な反応にまで気を配れなかった。

とにかく早く帰ろうという気持ちばかりが先行していたんだ。

「ほら、急げよ」

「焦らないでよ」

「焦るに決まってんだろ」

次元というものが俺たちのいる世界とは違うっていうことの、本当の意味

それをちゃんと考えていれば、“あの可能性”にはもっと早く気づけていただろうに。

(#65-6へ続く)

2018-11-19

anond:20181119231957

沈黙したんじゃどうにもならないな

無職なのは何か事情があったとしても現状を理解した上で自身を売り込む材料も持たずに人の時間を使わせるとか何を考えているのやら

世の中飯を食うってことを甘く見てる奴が多いから、運が悪かったと思って我慢するしかないな。おつかれ。

anond:20181119231303

言ったよ、当然。

そうしたら沈黙しやがってさ。

テメーの履歴書見たときに想定される質問にテメーなりの答すら持ち合わせていなかった。

こういうのって紹介所経由ならメンターが指摘して潰してくるもんだと思ったが、今はそうでもないようだ。

面接してやってもいいから金払え、見込みがあれば雇ってやるっていう風にできないのかね、こういうの。

ただただ時間無駄だったわ。

親御さんは生産者責任しっかり取ってね☆

2018-11-15

増田論破って簡単すぎて笑える

自分インテリ知識人だと思ってる奴ほど穴だらけでちょっと突っ込むと逃げゼリフや沈黙

ディベートができないゴミって不憫だわー

2018-11-11

ダイエットイケメンセラピスト関係

ダイエット始めたきっかけは、イケメンセラピストオイルマッサージだった。

アラフォーになってもう今生では彼氏できないかも知れないと諦めてた一方、このまま何も知らず朽ち果てるのは悲しいと思ったため。

そう、アラフォー処女

キスとかセックスなんて都市伝説レベル

せめて嫁入り道具の代わりに、イケメンとのスキンシップ位、買ってあげてもいいのではないかと思った。

これね、女ならわかると思うけど、男を買うってのは、やっぱり多少プライドは傷つく。

どうしても女は選ばれて、求められてなんぼ、という価値観がまかり通ってるから

かくいう私もその一人。

数年前から悩んでた。

買うのは屈辱だし、それに好きでない男に体を触られると「魂が穢れる」のではないかと。。

(カトリック学校出身、恩師であるシスター言葉)

でもアラフォー

まだワンチャンあるなんて悠長な事言ってられなくて、いい加減悩み続ける事にも疲れて申し込んだ。

男性セラピストプロ。どんなおばさんもデブちゃん施術してくれる」

という、ネットで見つけたマッサージ経験者の声に縋って。

で、結果、撃沈。

写真通りのイケメン

しかった。

恋人ぽいムード作ろうとしてくれてた。

最初の5分は。

てか、俗に言ういい雰囲気て、あんま喋っちゃ

いけなかったのね。

そんなことも知らず、沈黙に耐えかねて、

営業モード炸裂。

喋りが止まらなくて。。

結果、マッサージ、何も感じなかった。

まるで大人になった甥っ子が肩揉んでくれてる気分。

お店のウリの恋人気分どこいった?

お互いすっかり白けたのは、分かってた。

お兄さんも下手だったかもだけど、私も悪い。

納得いかず帰ったけど、冷静になって考えた時

ある事実に行き着いた。

「私はお金払っても、抱かれない女なんだ」

これは極端な言葉だけど、的を得てると思う。

私があの時、喋り続けたのは、自分の体から

イケメンの目を反らせたかたから。

こんな体でごめんなさい!という気持ちで萎縮、

どうしても体を素直に任せられなかった。

てか、お金払ったのに(;_;)

世の中には、デブ専、熟女きもいる。

けど、そういう人に任せるのは嫌。

お金払ってでも、自分が選んだ人に触れられたい!

でも自分が変わらない限り、きっと誰が相手でも私できない…!!

この時の絶望感。

お金払っても、というフレーズが胸を突き刺した。

そう。

ずっと見てみぬふりしてきたけど

私は肥満

コンプレックス過ぎて、ダイエットのダの字も口に出来ない。

最低10キロ以上は痩せねばならない。

でないと、同じ事の繰り返しだ。

目標10キロ減量!

40代になって誰から相手されなくなったとしても、お金払えば買える愛があるという慰め。

それだけのために、私は立ち上がった。

※痩せて彼氏作るぜ!という目標は、とても非現実的に思える。

こじらせアラフォー処女なので。

いつか王子様が、なんて夢だと気づいた時から、夢見ないことにした。

2018-11-04

[] #64-7「ヴァリランキン」

有るかどうかも分からない、あったとして巧妙に隠されている可能性が高い。

二人は数字の羅列を注意深く凝視した。

どこかに異常な数字はないか矛盾点はないかを探す。

「やっぱり23話の投票数が妙に多いが、投票の総数に間違いはなさそうだな……」

「……あ!」

意外にも、それはすぐに見つかった。

事実とは、いざ蓋を開けてみれば容易いものなのである

鍵が厳重にかけられた家は、部屋の中まで防犯対策をしているとは限らない。

「ここ、ここ見てください!23話ではなく、他のエピソード投票数です!」

フォンさんの指摘する箇所を見てみる。

「8話、16話、20話の投票総数が……3日後に減っている!?

明らかに不正だと分かる数値だった。

そこから操作履歴を辿っていくと、どうやら全体の投票総数と帳尻を合わせるため、他のエピソードの票を23話に回したことが分かった。

まり決定的な証拠である

父たちは、すぐさまマツウソさんとシューゴさんのもとへ報告に向かう。


…………

不正操作があったことは確かです。まだ犯人が誰か、どういった目的かまでは解っていませんが」

「そうか、オレの予感が的中したとはいえ複雑な感じだ……」

この事実にショックを隠せないようで、マツウソさんは沈黙している。

あるとは思わなかった不正操作だけではなく、それが内部の人間可能性が高いのだから尚更だろう。

「外部から侵入された形跡がない以上、今回の件に深く関わっているスタッフ可能性が高いでしょうね」

ここから犯人探し、といきたいが一応はマツウソさんの面子もある。

これ以上はでしゃばらず、マツウソさんに任せることにした。

「まあ、それはマツウソさんに任……」

だって……第23話『こんな感じの魔法書ありませんか?』が27位なんて、おかしいじゃないか!」

「……は?」

しか観念したのか、近くにいた犯人勝手に白状を始めた。

そして、その犯人こそマツウソさんだったのだ。

父たちにとっても、これは予想外だった。

だが、これまでの言動を見れば辻褄は合う。

こちらの主張に取り合わなかったのも、不正はないと言っていたのもマツウソさんだったからだ。

「第1位とまではいかなくても、少なくとも1ケタには入っていないとおかしい!」

「ええー……」

マツウソさんの変貌ぶりに、父たちは困惑するしかない。

どうやらマツウソさん、実はヴァリオリの熱烈なファンだったようだ。

これまでのアニメ制作に口出ししなかったのも、ファンとしての彼なりのポリシーからくるものだったのだろう。

だが今回の人気投票の結果は、彼の公私を混同させるほどの作用をもたらしたらしい。

「屈指の名エピソードなのにぃ!」

「おいおい、企画私物化かよ……」

蓋を開けてみれば、事実だけではなく真実まで容易かった。

まりにもお粗末な幕引きに呆れ果てたという。


…………

「……というわけで何やかんやあって、俺たちはランキング不正を発表までに未然防げたってわけだ」

だけど、そうやって公正な結果が出たとしても大衆の反応は賛否両論

何とも報われない、ご無体な結末である

「変な感じだよ。みんなで決めたランキングなのに、みんなが納得できる結果にならないなんて」

ランキング自体そんなもんだろ。個々人がどこまで納得できるかを弄んで楽しむゲームなんだから

いくら厳正に募ったとしても、それを全ての人間が納得できるわけがない。万人が納得できるランキングなんぞ存在しないんだよ」

ランキングとは、とにかく人を惑わすものらしい。

それでも求め続ける人は後を絶たないのだから、恐ろしい話だ。

(おわり)

2018-10-31

アラフォー処女の秘め事3 男性セラピストオイルマッサージ受けて

まず始めに謝っておく。

私が悪いのか、相手が下手なのか

(多分きっと両方・・・

タイトルから想像する色っぽい話は皆無だ!!

期待に添えなくて大変申し訳ない。

ガッカリされた方は、今すぐ他のページへ

飛ぶことをオススメする。

先日、某マッサージ店に行ってきた。

お店の中はとても素敵な

雰囲気

基本的に人の目(顔)も見れない私だけど、

出てきたお兄さんはつい凝視

写真の通り、2枚目さん。

詳しく書くと限定されてしまうので避けるけど、

ひとつだけ写真といでたちが違って、そのお陰で

私は安心して顔を見ることができた。

(ヒント:ヨン様

緊張するととにかく水を飲む私がシャワー

浴びている間にお代わりを置いてくれたり、

至れり尽くせり。

シャワーを浴びて紙パンツガウンで部屋に戻ると

まずは肩揉みをしてくれた。

なんか、、、親戚のおばちゃん気分。

若い異性が背中にペッタリくっついてくれるんだけど

どうも何も感じない。

ガウンの中に手を入れられた時はびっくりしたけど

それだけ。

そのあと、パンツ一枚で施術を受けるのだけど、

正直、施術のものより、会話に夢中になってしまった。。

多分、雰囲気作りのため?沈黙してるのかもしれないけど、

私はセラピストさんの経歴や仕事に興味津々。

普段相手の話を聞き出すことを生業にしてるので、

ついそのモードが出て喋り過ぎ、聞きすぎた。

マッサージも、うーん、、、これが俗にいう愛撫

てか、話に聞いた際どさはなく、まるで肉の塊に

オイルを塗られているような錯覚に陥ってしまった。。

唯一、私が苦手な脇の下に手が伸びた時は跳ね上がって制止。

本当に弱いのだ、そこ。

何度かくすぐられたけど、笑ってしまってダメだった。

言っておくけど、私は決して不感症ではない!(はず)

女性セラピストオイルマッサージは何度も受けてきたし、

その時に、苦手な脇の下に手が及んでも、歯を食いしばって

耐えるくらいのエチケットは持ってる。

上手な方だったら、時々モヤモヤした気分になることも

ないこともない。

きっとね、セラピストさん、良い子なのよ。

私の話をちゃんと聞いてくれるし、色々気遣ってくれた。

ほんと可愛い子なの。

から悪くは言いたくない。

ふつうお茶相手してくれるサービスなら喜んで

次も申し込んだ(かもしれない)。

でも、マッサージとか恋人気分は、ないなぁ。

すっごい二枚目で感じも良い人だから、今回

お金を払ったことに関しては後悔していない。

相手してくれて感謝してますありがとう

多分、それ以上に私の問題だと思う。

というか、お店で顔見た瞬間、私の営業スイッチ

入ってしまった。

まり、色々聞き出しちゃえモード

別になんの取材でもないのに、ただの好奇心

勝ってしまった。

気持ちよくなりたかったし、コリもほぐしたかった。

恋人気分で夢心地になるのを想像して、終わった後

ハマってしまうことを心底恐れて店に入った。

なのに、、、。

これさ、興味本位で入った「執事カフェ」と同じだ。

全然お嬢様扱いとかに夢はなかったけど、面白そうという

理由だけで時間もあったしブラッと入った。

好奇心いっぱいで執事やお客さん、店の内装など

眺めてたら、執事に「お行儀が悪いですよ」って怒られた。

(客なのに)

店を出る時に、執事が手を出してくれるんだけど、

それに思わずゲッとなってしまったりした。

お嬢様と呼ばれるのもサブイボで、全くそ世界観に入り込めず

単なる「変わった経験」の一つとして、終わった。

今回もそう。

普段できない経験をさせていただきました。

結構、高くついたけど、ずっと気になってた事を経験できて

良かった・・・です、ハイ(涙)

寒いなぁ・・・

あ、バストマッサージも受けました。

結構ゴリゴリされるんだなぁと。

目隠ししてたので見れなかったけど、多分結構触ってた。

中心は外してたけど。

どうですか?と聞かれたけど、目隠しされてるから

なんとも、と正直に答えてしまったが、失礼だったかな?

もっとハグされたり、頭撫でられたりを想像してたけど

多分、そんなムードどころでなかった。

ほんと、ムードはきっと二人で作るんだろうなあ。

私のが大人なのにごめん。

相手にも親戚の人と話してるみたい、っつわれる始末。

きっとお互いすごいやり辛かったんだろうねぇ。

でも、お金払ったの、私・・・

客よ、私。。

そういうムードを私が先導したのは自覚してる。

彼はステキ男性でした。

好みはあると思うけど、10人中10人はイケメン

答えるでしょう。それは事実

私も好みだったのでお願いした。

でも、最初にじっと見た時、恋人気分でないなと

思ってしまった。

素肌に触られる事自体別にいいんだけど、

どうしてもそんな気にならなかった。

(もちろんお相手もそうでしょうけども)

自分でもなんでだろう〜と歌いたいくらい、分からない。

別にここに申し込んだ時点で、何があっても(本番以外は)

自己責任で引き受けようという覚悟があった。

営業妨害にならないといいのだけど、

私の決死覚悟に彼のチャラさが合わなかったのかなぁと。。

チャラいといっても、とても丁寧だったのだけど、部屋の外から

結構大きめのポップな音楽が流れ込んだり、物音がしたり

決してセラピストさんが悪いわけじゃないけど、そうした要因も

私の気分に水を差したのは否めない。

この人間嫌いな私が色々話して見たいと思うというだけでも

担当してくださった方は良かったと思う。

悪くは言いたくない。

でも、私には合わなかった。

どうしても、その理由がわからない。

私はそんな潔癖な人間ではないのに。

しろ、これがよければ、さらもっと深いマッサージ

体験してみようと、その手のマッサージを受けている女性

ブログ読破してるくらい、積極的だったのに。

タイミング

相性?

私の魅力不足

どーしても、どーしてもわからないのです。

だれか、わかります

とりあえず、、、いつもの整骨院でコリを取ってもらおう。

2018-10-28

anond:20181028162038

野党日中関係改善を歓迎する立場から批判しない

本来右翼一帯一路支持を批判すべきなのだけど

安倍政権批判したくないので沈黙してる

右翼を黙らせたいなら、右翼が好む人物神輿として担いで

右翼政策を実行すればいい

2018-10-27

anond:20181027163029

レス募集してないんで沈黙しつつ首吊って死んでください

ほれ。保存しておいたぞう

君が恥ずかしくなって書き込み消しても、みんなが観れるようにな。

プークスク

anond:20181027162758

レス募集してないんで沈黙しつつ首吊って死んでください

2018-10-20

anond:20181020224559

沈黙は金って言うし、これ以上無学を露呈させない方が良いと思うな。

短歌世界沈黙について」を読んで

@golden_wheatさんの「短歌世界沈黙について」を読んだ。

https://twishort.com/rqnnc

https://twitter.com/golden_wheat/status/1053324363733262338

関東住みという事もあって関西人達のことはよく知らない。

匿名の反応で申し訳ないと思いつつ、いくつか自分の見た範囲でおさえておくべきと思われる事を書く。関係者から話を聞いた事はなく、ネット情報であり、結社だの学生短歌会だのの水面下情報ではない。正確な情報ではない事、あっと驚く新情報、どっちが悪い悪くない情報はない事をお断りしておく。

告発内容

セクハラ学生短歌会参加の2つの問題がある。この2つは切り分けて考えないといけない筈だが、人的にからみあっており、どちらの話をしているのか混乱する事がある。読む時に注意が必要

告発したのは今回がはじめてではない。

2014年ネット上で告発されている。

主張はそれぞれあり、起こったことの経緯はネットでは痕跡がないが、少なくとも女性歌人側の主張に嘘が含まれているという指摘があり女性歌人側が(おそらく指摘を受けて)告発を削除、という流れは見てとれる。

なので自分感覚だと4年前の告発のことを語らず、5年耐えていたと発言するのはよくわからない。なぜ「告発してつぶされたけれどもまたやるぞ」と言わないのか。なぜはじめてのように振る舞うのか。

沈黙

「5年前に説明せず逃げてまた同じ告発をするというのはどういうつもりだ?」という意味にとった。@golden_wheatさんがお書きの「おそらくは女性歌人の主張が虚偽であるという趣旨」も含まれているとは思うけれども。他のセクハラ告発だったらまず被害者言葉を聞くところからはじまると思います。今回のケースは「前回」があるから嘘が含まれていると思われがちということです。「全部嘘」と思われている訳でもないと思います。どこまでが本当なのか測りかねての沈黙も多いと思っています

見ている発言が違うだろうと思う。見た範囲では沈黙発言の数は2つか3つでそこまでの同調圧力は感じなかった。

発言者が2014年関西近辺にいたかどうかを考えながら読むとニュアンスが変わってくると思います

5000人以上フォロワーのいる著名な若手男性歌人tweet

彼のtweetを見ると3桁超えるのは時々、だいたいふぁぼ2桁。全体的に「フォロワー数を踏まえれば不自然に少ない」と言えないのではないかと思います自分が見た時は19日の昼すぎで50超えたかどうかだったと思う。感じ方の問題になってくるけれど、このtweetだけ遠慮が働いているというのは自分は感じなかった。

ただ、このtweet問題ないのかというと問題はあると思っています実名を出したことです。セクハラした奴の実名を出して抑止力を狙うのははいい。「セクハラたかもしれない奴」は出してはいけないと思います。もちろん「セクハラされたかもしれない」人の実名も。悪い奴の名前を出すのは、当事者同士の話し合いが終了してから(決定的に決裂して終了もあるかもしれない)。被害者本人が実名を出していても同様。

「したかもしれない」「されたかもしれない」だけで噂にさらされるのは地獄。もちろん、最初手段としてネットに出したのなら、出した側は終了したらネットで報告する、というのが前提です。

もうちょっとロングスパンでお願いしま

告発があっても実名が出るまでは誰の事を指しているのかわかりません。実名が出て3日。何らかの経緯、今後の予定を表明しろっていうのは、ちょっと気の早い意見ではないかと思います

結社問題ではない

この告発結社所属している人間の事だとしても、内容は2013年学生短歌会の問題です。(この件で考慮してる場合かどうかというのはあるものの)学生自治尊重もあります

会社だったとしても、社外の学生サークル活動で起こった件についてネット拡散3日目、情報が不確定な段階では公式の表明はないと思います。問合せがあった場合に「調査中です」みたいな回答をするくらいではないでしょうか。

沈黙」の意味の取り方が違う事で、大変怖い思いをされているようだったので「そこまではひどくない(ひどいけど)」という一言をかけたかったのです。

お書きになった内容は大事なことで、@golden_wheatさんの混乱もダイレクトに伝わってきてヘドバンしながら読んでて、本当に本当に短歌やっててすいませんという気持になって書きました。 @golden_wheatさんに届くかどうかわからないけれど、皆が沈黙してる恐怖が少しでも和らぐ事を願って書きます自分はこの件の関係者とは話す機会ないくらいの雑魚だけど結社にいるのでおそらくいきなり直接話しかけても信用してもらえないだろうというのもあります増田でごめんなさい。

 

 

 

++++++++以下は@golden_wheatさん宛ではありません+++++++++++

 

 

 

現状

女性歌人は一部発言を削除したもの告発のうちの一部が残っている」「男性歌人は鍵」という状態

2014年告発に関しても残っている発言のうちどの発言が正しいのか、嘘なのかわからない。やはり自分は何の判断もできない。何かが明らかになるまでは沈黙します。

当事者関係者の方へ

事件があった事を知ってしまった自分は、歌会へ行っていいのか、イベントへ行って大丈夫なのかと迷いがあります。こういう目にあうのではないかという危機感もあるし、こういうことを目にした時対処できるのか、見て見ぬフリをしてしまうのではないかという恐れもある。もちろんこんな問題を起こす人達と一緒にされたくないという思いもある。

セクハラ告発があった、という事はすでに広く知られてしまっているという前提で今後を考えて頂きたい。

ネット告発した側は、ネット自分がやったことに対して責任を持ってほしい。つまり終了後の報告。ネットを騒がせて、それだけの人と思わせないでほしい。

セクハラ内容を詳細に知りたい訳ではない。実名もいらない。待つ事もできる。

から、身内以外の「お客さん」にもう少し安心できる情報を出してほしい。

起こってしまった時「それはおかしいんじゃないの」とツッこむぞと言ってほしい。今のままだと「起こっても隠蔽されるだけ」と思われ続けるだけだ。

部外者から」「学生短歌の話だから」で情報をはじかないでほしい。

不信感を持ったままそっと離れていってしまう人、身内の言葉が分からなくて戸惑う人、短歌組織感覚がわからない人、そういう人をひきとめてもらえないだろうか。これは部外者が言っても何の信用も得られない。関係者しかできないことだ。今はそんなことまで考える事はできないのはわかってる。けれどもこういう人たちが安心して残っていける場所をづくりを落ち着いたら考えてほしい。この人たちこそが今後短歌を支える人になってゆくのだから

よろしくお願いします。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん