「セリフ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: セリフとは

2018-04-22

エロゲ男女平等っていうときに女は特権ばかりを享受しようとするっていう画像ツイッターで少しバズってたけど、

ランス10やってたら、女性の外見を男性がどうこういうのはセクハラですっていうセリフがあって、

今のセクハラ問題とぴったりだなあ画像ツイッターにはればバズりそうだなと思った

anond:20180422014123

マジレスすると「どうしたの?」が余計だ

プライベートな事をズケズケ聞き出そうとするセリフからな。

おっぱい無いやつにおっぱい触らせてとは言わないよね

ということはテレ朝記者おっぱいあったわけだ

女として生まれたからには一生に一度は憧れるセリフ財務省事務次官様にいってもらったわけだ

これがセクハラ? とろけるほど甘いわ。

勝ち組じゃん。大体色恋営業してんだろ?

世の中には一生おっぱい触らせてと冗談でも言ってもらえない女性もいることを考えてくれ

フェミニストとか

2018-04-21

記号みたいなキャラがもう見れなくなってきたね

このキャラ幼なじみキャラからこういう行動取るし

このキャラツンデレからこういうセリフだし

みたいな感じのね

血が通ってない

子供が作れない女性と付き合っていた

俺は昔、身体問題子供が産めない女性と付き合っていた。

付き合ってから数カ月後にそれを告白されたが、それはもう後頭部をハンマーで殴られたかのような衝撃が走ったのは覚えてる。

ドラマ映画で「そういう」シーンを見て大げさにショックを受ける男優を見ては「意味がわからない」「別に作らなきゃいい」「そんな欲しくないし」とは思っていたが、まさか自分が実際にその立場に立たされるとは思わなかった。

当時、10代の立場の俺から言えたのは「心配ないよ」「気にしないよ」なんてありきたりすぎる言葉ばっかりだった。

キザなセリフをいくつか言ってつよがって、優しくあたって見たが、結局彼女もっと傷ついただけだった。

何かあるたびに彼女が「子供が産めなくてごめんなさい」と謝り、俺はついにはかける言葉が見当たらなくなってきた。

当たり前だ。彼女は数十年その事実に向き合い、そして自分を慰めてきたのだから

たった数カ月の付き合いの、浅い考えの言葉なんて届くはずがない。

彼女妊娠はできる。身体に育てる機能がなかった。だから、もしできてしまったら堕ろさなくてはならなかった。

最初は気にしていない俺ではあったが、徐々にそのことに頭が支配され、いつしかそういうことを一切しなくなっていた。

程なくして、別れた。

先述のことと直接的な関係はないが、要因としてあるのは否定できなかった。

口では「いらないよ」とは言っていたが、何かモヤモヤとしていたのは事実だったし、そういうことをしなくなったのも消しようのない事実なのだから

彼女最後にも「子供が産めなくてごめんなさい」と謝っていた。

俺はその姿を後ろに去るばかりだった。昔の話だ。

anond:20180421181229

anond:20180421095134

マガジンの不良漫画にそういうセリフが多いイメージカメレオンとか。

「~じゃねーヨ」とか、なんか嫌だった。



あとマガジンの不良漫画といえばコマにいきなり「!?」を表示するやつ。

はい、ここで驚いてくださいよーって読者にわざわざ言ってるみたいでウザい。

そのコマの絵を見れば充分驚くっつーのに「!?」があることでしらける。冷める。

レディ・プレイヤー1」がどうしようもないクソ映画だった

ツイッターでもみんな称賛しているし、個人的めっちゃ楽しみにしていたので昨日観に行ったんだが、

結果としてクソ映画だった。

こんな映画観なくていいよ。

これで喜んでいる奴はほんとにどうしようもないサブカルノスタルジーに浸るじいさんばあさんだけだ。

映画秘宝が特集してたが、他のメディアはともかく尖った作品取り上げようみたいなスタンスのお前らがこんな映画持ち上げて恥ずかしくないの?

心の底から素晴らしいとおもってるんなら知能低すぎてびっくりするし、

良くないにも関わらず広告料もらってるから誉めてるんだったらそんなメディア死んでしまえ。

あとネタバレが含まれるのでこれからみにいく人はそっ閉じすべき。

話が陳腐

簡単にあらすじを書く。

未来アメリカ。身寄りのない少年はまっているのはVRを使ったMMO?ゲームオアシス」。

創業者が死んだとき

「この世界に三つの鍵を隠した。見つけたやつは『オアシス』の会社の株やるから、お前が運営しろ

みたいな遺言を残したので、プレイヤーがこぞって宝探しを始めた。

で、少年はこの創業者のことが好きすぎたので彼の思考(嗜好)を追って冒険すると一つ目のカギを手に入れることができて…。

っつう感じだ。

とにかく小説家になろうで百万回ぐらいみたVRMMOの設定。

ゲーム世界観にも何一つ目新しいものがない。

VRMMOっていうこと以外にゲーム世界に何の特徴もない。

ゲーム世界で敵を倒してコイン集めて強いアイテム買って乗り物を改造して…。うん、それだけ?

創業者80年代ポップカルチャーファンだったので、それくらいの時代映画だのアニメだのマンガだのが出てくるらしいんだが、

「へー、著作権許諾してもらったんすね。すごいっすね」くらいの感想しかない。

少年は身寄りがなくて、いけすかねえばばあに養ってもらっているんだが、少年対立する敵組織に途中で爆殺される。

今まで遊び半分でゲームやってたのに、犠牲者が出てから少年は本気で敵組織を憎むようになり…って感じで話に深みをもたせる描写らしい。

でも爆殺された後、少年ほとんどこの件について触れない。

ラストで敵組織おっさんがこの件について反省することもない。

キャラクターに試練を与えて成長させればいいんでしょ?」って言われたからなんとなく要素入れました以上にこの話がいきてこない。

ばばあ無駄死に。

出てくるキャラクターになんの深みもない。

少年ゲームで仲良くなった黒人の女だのアジア系のガキだの登場人物どもはマジ空気

少年ヒロインがイチャコラしつつ話が進んでいく中でほんとにどのタイミングでこいつら合流したの?って感じでいつのまにかそこにいる。

そんなこんなで最後に無理やり存在空気サイドキックスに見せ場でも(ガンダムに変身させたりってやつな)、なんっっっっの感情もわいてこない。

そもそもゲーム空間で起きていることに対して何一つ真剣みを感じない。

死なないんでしょ?ゲームだし。

あと途中で時間を巻き戻すアイテム出てくるけど、

リアルタイムで進行するオンラインゲームでそんなアイテム使えるわけないやろ?

5秒でわかる矛盾に気づけないの?

馬鹿なの?

ギャグ寒い



この作品の最悪なところはスピルバーグ監督していることだ。

70年代80年代ポップカルチャーが色々出てきて、そういう時代映画に対する自己言及的な作品でもあるから

起こっている事態はすさまじいけど、しょうもないギャグが随所に出てくる。

スピルバーググロ趣味っちゅうか、そういうギャグ個人的に好きなんだが、この映画に出てくる小ネタは全部滑っている。

スピルバーグはあらゆる監督引用されるような作品つくる人間なんだから自分作品パロディー自分でやってもおもろいわけないやろ。

それともおっさんの才能が枯渇したんか?

キューブリックの「シャイニング」の例のホテルで「シャイニング」みたいなことが次々起こって、キャラクターがいちいちそれにツッコミいれていくシーンは

本当に寒い通り越して怒りしかわいてこない。

シャイニング馬鹿にしてどういうつもりなん?

血の海で滑って転んで頭うってどこがおもしろいん?

教えて?

作者のオナニー



金田バイクゴジラガンダム日本のあらゆるコンテンツに対する知識が浅い。

別に知識が浅くても愛があっていじってくれるんだったらいい。

愛がないのにとりあえず出しましたみたいなのほんとにやめろ。

出てくるのゴジラちゃうぞ。メカゴジラやぞ。

アイアンジャイアント溶岩に沈んでいくときに指たてた時には本気で寒気がした。

いうたら、小説の作者の幼少期から今まで触れてきたポップカルチャー詰め込みましたみたいな内容なんだわ。

「ぼく、小さいときからこんなポップカルチャーであそんできたよ!すごい!?こんなのも知ってるよ!日本のやつも知ってるよ!」

みたいな作者のシコシコをひたすら見せられてこっちはへえそうですかすごいですねーとしか

てめえのシコリ模様はPornhubにでもあげろよ。ひと様から金とるんじゃねえよ。

最後にこの映画の一番クソだったところはオチの部分。

現実こそが最もエキサイティングゲームだったんだ!」

的なおよそコンテンツでメシ食ってる奴から出てきたとは思えない陳腐セリフ

もうスピルバーグさんあなた疲れてるのよゆっくり休みしか言いようがない。

TCXで多めに金を払ったこと、内容がクソだったこと、おっぱい出ねえこと、隣のやつがポップコーンずっと食ってたこと全てを鑑みて、

星1つとさせて頂きます

うんちく漫画が好きじゃない

ニッチジャンル職業とか趣味とか)を扱った漫画とか結構好きで、

へえーどんなもんだろう?って思って読むことが多いんだけど、どれもこれもうんちくが多くて辟易している。

うんちくは入れましょう!っていうのが編集者方針なんだろうか。

この漫画をキッカケに盛り上げていきましょう!みたいなのがあるのかね。

玄人キャラ素人キャラ(こっちが主人公)が出てきて、

玄人説明的な長セリフ歴史とかテクニックとか説明されると、なんかもうウンザリしてくる。

そういうのはこっちから能動的に覚えるからいいよ…と思ってしまう。

個人的に私が、そういう先生っぽい、教科書っぽいことを漫画に求めていないからかもしれない。

漫画には「へえーなんか知らんけど面白そうだな」「楽しそう!」って思わせてくれるだけの何かと、

それをのびのびと楽しんだり、一生懸命取り組んでいるキャラたちがいれば、魅力はおのずと伝わってくると思うんですよ。

もちろんそこにテクニックとか、コツとか、知っておくと便利なこととか、色々あるのはわかるんだけどね…

なんだろね…バランスだよね。

anond:20180421140340

情報が高密度になっている媒体

自分が求めるものしか得ないようにすればいいんだ

俺もマンガ読めないけど、セリフしか読まないようにしたら読めた

興醒めですわ

お嬢様に言われたいセリフ1位でした。

2018-04-20

舞台をみて

今日ミュージカル舞台を観に行ってきたのですが、主役の大御所が何度もセリフ飛ばしてて、セリフ聞き取りにくく、動きもぎこちないし、表情も固い。

特に衝撃を受けたのは誰もフォローのできないシーンの数十秒に及ぶ無音状態

下手というより、御高齢ですし体調不良病気なのかなという感じで、懸命にフォローしてる他の方をみていると、舞台を観に来たのに介護を見てる気分に。

この作品自体今日はじめてみたんですが、あまりセリフの飛び方にハラハラしてストーリーに集中できず、うーんと思ってたら、客席は満足なのかスタオベでさらにびっくり。

作品自体は多分全盛期のこの方がされてた頃は本当面白かったであろうと思いますし、他の出演者や生オケはとても良かったです。

たこ大御所ですが歌に関しては情感豊かでさすがでした。逆にそこが往年の名ミュージカル俳優の生々しい後年をみた気持ちになったのですが…。

[]志村貴子青い花」再読

1回目に読んだときよりも全体的に理解できた気がする

本編よりも巻末のたった数ページの描き下ろしのほうがエンタメとしては面白かった気がする

特に6、7巻の描き下ろしの最後コマ独白が最高によかった

何度もそのセリフに込められた万感の思いを反芻して謎の感動の涙が出ちゃったくらい

本編は悪くはないけどちょっと難しくて、楽しむにはちょっと自分レベルが足りない

[]映画いぬやしき

ネタバレ注意

うーん

キナシはよかったが佐藤ダメだった

常に無表情でたまに涙流す感じ

一応佐藤絡みの出来事キナシよりも優遇して原作からピックアップされてたけど、いかんせん雑すぎるのと佐藤の演技が下手なせいで、駆け足すぎてみてらんない

ほんごうかなたはよかった

序盤の起の部分(しいたげられてるおやじサイボーグになって驚くあたりまで)はかなり展開も早くて、

おっこれは全体的にも期待できるかな

と思ったんだが、佐藤パートもはさむようになってから雑さとか変な間延びとか、

原作からの変なシーンチョイスが増えてきてうーんとなっていった

原作読んだことないツレ的には、日本CGもここまで進化たかとおどろいた・展開もいろいろあったから飽きなかった

ということだったが、原作既読からしたら微妙な出来だった

CG高層ビルの間をマウスカーソルみたいにスーッと飛んでったりするから違和感ありすぎた

原作しらないほうが楽しめそう

ただ原作しってても最後最後の部分は楽しめた

最後が爽快かっていうとそうじゃない

原作だと和解じゃないけど家族から見直されるシーンあるけど映画だとナイから

あと最初宇宙人が改造するシーンのセリフ字幕とかなかったからなんで改造されたのかとかの事情が見る人に伝わらないのはダメだったと思う

やくざ関連とかエロ関連はのきなみカットされてた

最後アルマゲドンもなし

二人の対決で終わった

ただ最後死んだと思ってた佐藤が浦澤直樹のもんすたー ばりにカーテンゆらして姿消したのはオマージュか?と思ってしまったが

青葉ちゃんに幻滅した

体は嫌がっててもお口は正直だね~なんてセリフ、僕の青葉ちゃん絶対言わない

冗談でも言わない

2018-04-19

anond:20180419214336

ジーナロロブリジーダ映画パンと恋と夢』のセリフで似たようなのあった。

聞かれた人は、パンを食べてて、何も挟んでないパンだったんだけど、

しか「夢が詰まってる(挟まってる?)」って答えるの。

増田さんはそういう感じで言いたかったのかなと。(自分で作ってるという主張ってだけでもあるけど)

anond:20180419151601

知り合いにGOTかなり見進めてるのにスターク家の兄弟とジョンとシオン関係とか

ラニスター家の人間関係とかターガリエンの兄妹の素性と目的とか全然理解してない人いたけど

それでも雰囲気とか映像とかで楽しめてたみたいだ。

日本ドラマなら狼分けてるあたりでこれでもかとテロップナレーション説明セリフ関係性を説明するんだろうな。

こっちのセリフだよ

こっちはもうだいぶ前からお前の事は見限っている。

しかし本当に器ちっさw

2018-04-18

芸人が使う用語メモ自分

ハマる→一般的に使われる特定事柄に夢中になるという意味ではなく、自分ネタが有力者にウケるの意

一般の方→芸能人にあらざる者。芸能事務所所属しているか境界線

素人さん→芸人ではないので芸人特有のノリをセーブして接触しなければならない人(類:一般の方)

ケータリング→控えスペースに置いてる自由に食べていいお菓子がいっぱい置いてるやつ

天丼既出ボケをもう一度繰り返すこと

オイシイ一見不利な状況だが、画面にいっぱい映れるので実は有利なのだの意

ワイプVTR中画面の隅に表示される、スタジオにいる芸能人たちの表情を抜く四角形

抜く→カメラで撮る

いじり→失敗や欠点などをわざと話題に上げ面白おかしく話すこと、またウケると思われるタイミングいじられ役意図的暴力を振るうこと

愛のあるいじり→被いじり者の了解を得ているのでこれは暴力ではないの意

台本バラエティ番組などで進行に必要セリフ情報が記された冊子。構成作家などが書く?

巻きで→早くしろの意

事務所芸人が勤める会社みたいなもの発音は「死ぬ」の「ジム」に「ショ糖」の「ショ」

ロケテレビ局敷地外で撮影すること

街ブラ→人が多い場所を歩いて食べ物をただでもらって食べたりするロケ

営業テレビカメラの入らない地方の会場で漫才コント披露すること

レース→賞金が出る漫才およびコント大会

ツカミ→漫才で初めにお客さんが笑う部分

前説テレビ収録などの本番前に観客の前でネタをし観覧客のボルテージを上げる芸人、またその行為。多くの場合新人がやる

お笑い怪獣明石家さんま

ダウンタウンさん→権威

ひな壇→雛人形の飾り台のように段々になっている席。中堅芸人が群れで座り司会者とチームプレイをする

爪痕を残す→賞レースで優勝できずとも何かしら収穫は欲しい、をかっこよく言った言葉

anond:20180418164111

こないだフルメタル・パニック!TSRの6話を見た。かなめが宗介の髪を切る回だ。

この日を最後に二人は離れてしまうのだが、束の間の平穏というか、守るべき日常というべきものが具体的に描かれている。

それをセリフの内容でなく、音楽でなく、絵で表現している。これがアニメのよさだよなあと思った。

とてもいい演出だった。本当に優れた回だった。

スタッフロールを見て、そうか、これが山本寛という人物仕事なのかと、ひとり得心した。

 

あの演出は素晴らしかったが、それを実現したのはアニメーターではないのかな。

あれほどの微妙表現ができるアニメーターというのは、相当の実力者ではないのかな。

このような放言を見るにつけ、6話を見る目が歪んでいくような気がする。

黙って仕事していればいいものを、本当に愚かな男だ。

anond:20180417232212

この場合パートナー女性なのか?

でもがんばったなってセリフとかからは男にも思える

男自認で体は女のホモだと相手が男になるんだろうけど

父が死ぬほど嫌いで憎くて死んでほしくて死にたい

30代中盤になり、将来のことが不安になった私は都会での仕事を辞め、一時的実家に帰ることにした。

差し迫った理由もないのに安易に気ままな一人暮らし生活を捨ててしまった自分を今となっては止めたいが、

そのときはこれで高い家賃も浮くし、家の手伝いもできて親孝行にもなるだろうと気軽に考えていた。

世間人手不足で騒いでいるから、転職にはそれほど困らないはずだ。そんな能天気な期待もあった。

実家田舎ではそれなりに大きな家で、裕福だ。一昔前よりは減ったが親戚付き合いもまだ多い。

長男の私は子供の頃から「跡取り」になるのだという意識を、その言葉意味もわからないのに、当たり前のように持っていた。

私は典型的な「田舎長男」として生まれたわけだ。

家業とはまるで違う学部大学に入っても、家業の役に立たない仕事を始めても、その意識は消えなかった。

今考えると、その時点でおかしく感じる。私は家業を継ぐ気も、実家で一生過ごすつもりもなかった。

自分の住みたいところに住み、やりたいことをして生きるつもりだった。

それなのに心の中ではいずれ家に帰るつもりだったのか。それを既定路線として、どこかで受け入れてしまっていたのだろうか。

昨夜、父と口論した。

きっかけは私に明日(つまり今日)、家業の手伝いをするようにと父が言ったことだった。

別に大した内容ではない。ただ立っていればいいような仕事だし、今までもそういうことはしてきた。それは当たり前のことだったから。

ただそのときは疲れていたのか、本気で拒否してしまい、それからは互いに、というより主に私が、相手を傷付ける言葉を連発した。

(そしてその言葉が数時間後、布団の中にいる私を苦しめ、眠れなくなってこうして書いているわけだ。)

「俺は家は継がない。お父さんが死んだら全部処分するよ」

私はそのようなことを言った。これに対し父が

「そんなこと許されると思ってるのか? これまでおまえにいくらかけたと思ってるんだ」

と返し、以下すべて私。

「俺より早く死ぬ奴のために、自分人生をめちゃくちゃにする気はない」

長男とか継ぐとか、そういう時代じゃないから」

「見返りを求めるって、親として最低だよ」

「親が死ぬはいいよ。介護することになると困るんだよ」

ただし、私の声は異様に震えていた。父と真面目なことを話すときはいつもこうなる。

毒親」という言葉最近知った。父がその毒親ではないのかと思うことがよくある。

父に関する一番古い記憶は、火曜サスペンス劇場だ。

この番組CMに入るときに特徴的な効果音が入る。(ちゃんと見たことはないので、違っているかもしれない。)

夜、寝ていると、父と母が怒鳴り合う声がする。その合間合間にあの効果音が聞こえるのだ。

どんなに耳を塞いでも、布団に潜っても、自分の声でかき消そうとしても、怒鳴り声と効果音は鳴り続けた。

この番組が「火曜」サスペンス劇場と知ったとき不思議な気がした。記憶の中で、あの音は毎晩聞こえていた。

…こんなふうに幼少時の思い出を書くことが何になるだろう?

私は実家に戻って以来、父と生活していることにたまらない不快感を抱いてきた。父は毒親なのだと思ってきた。

だがたぶん、こんな家庭も親もいくらだっている。親は完全な存在ではない。

私はもしかすると、自分が父を不快と思うのを正当化するために、父を毒親の条件に当てはまるよう、

頭の中で自分記憶感情捏造してきただけなのかもしれない。

火曜サスペンス劇場のことだって、たとえば一年前、同じように思っていたか確信が持てない。

第一、昔からそんなにも父との関係が壊れていたら、こんなに軽々しく実家に戻る決心などしなかったはずだ。

毒親」という言葉のあと、真っ先に親を責めるようなこんなエピソードを持ってくること自体共感を求めて甘えている。

人が見れば、父など毒親でも何でもないのかもしれない。

出来の悪い子供ちゃん大学まで行かせて、ニートになっても何も言わずに面倒を見て、

いまは無職となった息子を無料で家に置いている、優しい親なのかもしれない。

というより、書いてて確信したが、きっとそうだろう。

別に父との思い出は嫌なことばかりではない。スーファミソフトをたくさん買ってくれたし、旅行も何度も連れて行ってくれた。

人並みに反抗期だってあったが、大学入学で家を出てからは衝突もなくなり、二人で飲んだりすることも何度だってあった。

30代半ばにもなってパパなんかだいっきらいなどとわめいている私こそがどうしようもなく幼稚で未熟な異常者なのだ

何も考えずに家業を継げばいいのに、下らない自意識自尊心のせいで、父や先祖の築き上げてきたものを無に帰そうとしている。

しかも私はその家業にも家柄にも土地にも、何の興味も持てない。同じ思いをすることになる生命をつくることが罪悪にすら思う。

転職成功して、家を出るときのことを想像する。

想像の中の父は怒り狂って、引っ越しの準備をしようとする私を怒鳴りつけ、家から出すまいとする。

そんな仕事してもどうせダメなんだから、おとなしく家業を継げ。

父のセリフが今から聞こえるようだ。だが、すべて私の妄想だ。

無理矢理家を出れば、父は思い描いていた人生を打ち砕かれ、気落ちして、そのまま死んでしまうかもしれない。それも私の妄想だ。

どうして父との関係をうまく築けないのだろう?

どうしてこんなにも父の存在我慢できないのだろう?

父は普通で、私が被害妄想おかしくなっているだけなのに。

私は父が毒親かどうかなんてどうだっていい。父と仲良くやっていきたいだけだ。

これから二十年、十年、五年、いつまでかわからないが、残りの時間幸福に過ごしてもらいたいだけだ。

なのにそれができない。幸福にするどころか、傷付けてしまう。

父が人間の屑なら、そうできない自分に悩むこともないだろう。だが私は、悩むのが辛くて、父を屑だと思おうとしている。

父が死ぬほど嫌いだ。憎んでいる。生きていてほしくない。いなくなってほしい。死んでほしい。

から死にたい

P.S. 殺人自殺の予定はない。念のため。

2018-04-17

ぼくは下戸下戸下戸下戸

子供の頃からアルコール綿で腕が真っ赤になる子供だった

成人してからは、お酒だと缶チューハイ1缶飲んだら尋常じゃないくらい赤くなって動悸がしてくる

それ以上飲むと気持ち悪くなる

どれくらい気持ち悪くなるかというと、50メートルを息止めて全力疾走たらこんな感じだろうか、という苦しさ

そんな感じで日常酒を飲まずに、飲み会には常にシラフで陽気にを信条に参加しながら30代も半ばを過ぎたけれど、正直お酒飲む人うらやましい

まずワインとか日本酒とか、そもそもお店で選んでところを見る時点でなんかカッコいいし大人っぽい

何年もののなんとかーとか、どこそこの蔵のなんとかーとか、お酒ってウンチク豊富だし

私なんて輸入菓子目当てにやまや入るのもなんか気がひけるのにさ

1人でBARとか行きつけのBARとか駆けつけ一杯とか家呑みとか憧れる

私も行きつけのBARマスターとか欲しい

家で熱燗とかつけてみたい

飲みながら料理とかかっこよすぎてドラマみたい

あとスポーツバーサッカー観戦とかもしたい

記憶を失うくらい楽しい思いをしてみたいし、目が覚めたら河原にいたとか電柱抱えて寝てたとかカーネルサンダースと手を繋いでたとか、ハードボイルド経験もしたい

ちょっと美味しいものつまみつつ一杯だけお酒飲んで人を待つ…みたいな小洒落たこともしたい

お酒飲んで誰かに迷惑かけてみたいし、誰かにお酒の勢いで甘えたりもしたい

お酒で失敗してそれを翌朝後悔してみたい

酔っ払って何度も壊れたレコーダーみたいに同じセリフを繰り返したい

公衆面前感情のタガを外してみたい

お酒飲めたほうが誰かと深く仲良くなるの、早いと思うんだよ

いいなー酒飲み

でもこういうことをそれとなーく大酒飲みの人に言ってみたら、

「酒飲みは金かかるよ…」と遠い目をして言われたから、強い人はそれはそれで困ることもあるんだなって思うけれど

人生結構割合お酒飲めないせいで損してる気がするなー

コナン

コナン映画を観てきた!ただの殴り書きです。

今までで一番つまらなかった~~

まらなかった理由としては第一わたし安室さんを好きじゃないからw

顔としゃべり方(と声)が好きじゃないんですよね、安室ファンの方ごめんなさい

あと展開がいつも通りすぎですよね…(笑)

予想つきすぎてしまった!

映画見てるときわたしの心の声↓

いつもの紹介ムービーきた~

コナンの正体知ってる人って今何人いるのかな…

あれ、そこの部分ないんかい!笑

はい爆発きた~

あ~犯人その人なんか

さっさとキック力増強シューズ使えよ~

お、使った、缶コーヒーなのか

え、犯人強すぎん?w(腕が)

博士少年探偵団と哀ちゃんは相変わらずすごいな~

探偵団のみんなはそのまま純粋気持ちでいてほしい)(哀ちゃんかわいい

カジノタワーに蘭が行ったんだからきっとそっちにピンチが行くんだろう…

うんうん、知ってた!

安室さん何してんの?w

青山先生原画はすばらしい…

心の声終わり↑



終始心の中で「でしょうね!」と相槌を打ってた

今年の蘭姉ちゃんはどんな空手アクション披露してくれるのか、と期待してたけど今年はなかった~

今年はスケボーアクションじゃなくカーアクションだったのがおもしろかったw

コナンくんがスケボーでありえないところを走ってくのが本当にかっこよくて好きだし映画私的見所として楽しみにしてたところだったのに今年は安室さんの車に乗って2人でありえないところを走って行ったのが本当に面白くて…w

ええ~~~wwwと心の中でずっと草を生やしていた…

羽場一二三(この名前って羽生さんとひふみんからとってますよね、たぶん)は変装だろって疑ってたのに本当に生きてたのね…

安室さんなら今すぐ爆薬を手に入れられる?」

いちばんおもしろかったセリフ

タイトルゼロ執行人、じゃなくてゼロの協力者にしろ!!

2018年春アニメ第1話視聴感想

Cutie Honey Universe

おー凄い!ハニーカッコいい&可愛いセクシー!!

「羨ましい」とかの下世話セリフ大人いくらいで、もっとドギツイ描写してもいいような気もする

けっこう仮面ゲスト出演しないかなしない?

ニル・アドミラリの天秤

女性向けゲーム原作?なんか事件が起きて普通にヒロイン宅を訪問しての出会いですが

余りにも普通すぎて拍子抜け…ヒロイン自分で参加を決めるし意外と積極的ですね

家庭のゴタゴタから逃げたい面もあるんだろうが、時代的に年頃の娘が男だらけの職場で働くというのは変な噂が立ちそう

こういう作品結構面白い

ゴールデンカムイ

ネット面白いと色々評判ですね主にネタに関して

実験家族 -クリーチャーズファミリー・デイズ-」

つの間にか始まっていつの間にか終わっていた。実験動物なんて言って作ればまぁ捕まるよね。毒にも薬にもなら無そうな作品という印象

踏切時間

百合ショートいきなり告白しちゃったよオイ

ハイスクールD×D HERO

第3期…え?話どこから始まった?いきなりダイジェストおっぱい

真面目なストーリーやられてしらけてもしょうがないので、コメディとのバランスが取れてるといいな

しかおっぱい体操とはなぁ…子供たちは意味わかってやってるんだろうか?(笑)

さすが悪魔やることがゲス

鹿楓堂よついろ日和

なにこの爽やか男子パラダイス女性向けなんだろうが、幸せ空間コラボカフェで二度おいしいってか?

シュタインズ・ゲート ゼロ

ゼロと言いつつ続編しかクリス死亡とは…遺された論文情報化でんでん電話レンジでしたっけ?と親和性高そうですね~電子化したクリスと一緒に時間軸を旅するとかになりそうで、続きが気になる

ラストピリオド-終わりなき螺旋の物語-

面白い。非見言聞トリオが可愛くて良い感じ。桃色姉さんが主人公をいじくりまわすために支部まで潰したのか?何処かのアルセーヌさまは学園潰すことはしなかったのに(笑)

っていうかミルキーホームズ2世?

別に私じゃなくても誰でもいいんでしょ?

って彼女に言われた。

自分としては当然彼女じゃなくてはダメだし、彼女しかいないという気持ちで接してきたつもりなので、正直このセリフを言われたことがショックだった。

言われた原因は、俺の認識が正しければ以下の通りだと思う。

彼女にとって)始めての場所にでかけた時に、彼女の「とりあえず近くの出口から出て歩こう」という提案に対し、俺はその場所を知っていたので「こっちの出口から出たほうが近いよ」と提案したこと

彼女は迷ったとしても2人で歩けば楽しいのに、目的地に着くことだけが目的なのが気に食わないらしい。

いや、早く着いて一緒に目的を長時間楽しむほうが良いでしょ?

とは言えず、モヤモヤとした気持ちになった。

実は元カノにも全く同じセリフを言われたことがある。

複数人から言われたということは、少なくとも彼女たちが正しい確率のほうが高いわけだ。だいぶショックだ。

正直直したいが、目的地への最短ルートを進むというのは自分の行動原理のような気もするし、意識的に変えられる気がしない。

どうしたら変えられるだろうか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん