「ネイル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ネイルとは

2019-04-21

面倒臭がり婆のせいでオシャレの楽しみ狭められたくない

いるじゃん、メイクからからとりあえず最低限だけしかしてなくて芋臭いまんまおばさんになったような奴。それが、歳とって発言権強くなったと勘違いして「ハイヒールでの出勤は危険女性は苦しい思いをしています」とか「化粧は仕事必要じゃありません、やめましょう!」とかほざくの。

何がムカつくって絶対自分は化粧や香水ネイルケアハイヒール履くのが面倒くさくて嫌いなのでやりたくないです」ってのが本音で、普通にそう言えば済むのに「女性みんなの問題なんです」「みんな嫌がっています」って主語広げるところ

私も含め、周りではオフィスメイクの範囲内でも季節や流行に合わせて色々楽しむのが好きだから化粧は毎日しっかりばっちりしたいし、脚や姿勢がより綺麗に見えるハイヒールの方が断然好きだからヒールで出勤してるって声は少なくないのになー。ちゃんときれいスーツ着てても顔面すっぴん靴はペタンコの芋女スタイルじゃ気合入んないじゃん。

爪も縦線入って割れ深爪で先端黄色くてガサガサの地爪剥き出しで…ってさ、むしろくその爪で外出れるなって思うんだけど?綺麗に磨いて長さと形整えてナチュラルで派手じゃないきれいネイル施してオイルケアした爪と剥き出しのガサガサババア爪とどっちが清潔感あるっていったら絶対ちゃんケアしてる方だし。

香水だってそう。所詮男性ウケがーとか言うけど別にこっちもモテいからって理由香水つけてないしエチケット範囲内で好きな香水で気分上げて楽しんでるだけ。それにそういうところつついてくる芋女に限って体臭ヤバい。ブスとダサいに加えて体臭までクサいとか普通に終わってるよね。ただの不潔女じゃん。

で、こういう話のとき芋女私たち攻撃する時に絶対言うのがこれ「それって仕事必要じゃないでしょ、私は仕事しに来てるんだけど」はい出た真面目アピール仕事もした上で、季節に合わせてオシャレする楽しさも忘れたくないってだけのことがなぜわからないのか。

挙句の果てには「いつまでも学生気分なんでしょう」「子供からそうやってちゃらちゃら着飾りたがる。ここは仕事する場所なんだけど」うん、そういう年齢でマウント取るのもういいから。しかも最低限のオフィスメイクですら「ちゃらちゃら着飾ってる」になるとかヤバすぎない?社会人にもなってメイクがいまだに"悪いこと"認識とか学生気分はどっちだよ。

てか、もしかして身だしなみに少し気を遣っただけで仕事が疎かになると思ってる?そんな奴どうせオシャレしなくても仕事できないでしょ。むしろ仕事以外の身だしなみとかオシャレに気回す余裕がないかあんな芋ババア顔にきったない格好で平気で働けるの?普通にそっちの方がヤバいから私たちより歳上のおばさんのくせにどんだけ余裕ないんだろう…

あと「男ウケ狙ってる」とかね。もう妄想の域だよね。病気かよ障害かよ。キモいわ。

あんたらが面倒臭いからって身だしなみサボって適当にするのは勝手だけど女性みんなの代表ヅラして吹聴すんな。自己正当化のためにフェミニスト気取ってオフィスメイ廃止しろヒール禁止しろって主語でかくしてわめいて、今普通にマナー範囲内でオシャレ楽しんでる女性から自由奪うな。

2019-04-16

anond:20190416020204

2019-03-31

anond:20190331191441

やつらはネイルの先まで指になってるからな。そういう手術をしてもらうしかないぞ。

2019-03-20

148㌢の女が理想っていくらなんでも低すぎんか

ワイは170㌢(ニーソ、長めのネイルカラコン、巻き髪)が理想やで

2019-03-12

オタクネットリアルの差に驚いた話

私はとある男性声優ファンだ。その男声優の有名オタにAさんという人がいて、マメ情報を流すので最初ツイッターフォローしていたが、どうも自分には合わずすぐ外してしまった。

フォローしていた間、Aさんはよく高級コスメの話をし、ネイルを新しくする度に写真をアップした。好きにはなれなかったけど、ツイートからAさんは美しいバリキャリなのだと思い込んでいた。

フォローを外してしばらくするとAさんのことなんてすっかり忘れていた。私はその声優が演じるキャラにハマり、同人イベントに行った。目当てのカプの作家にBさんという人がいた。オンで拝見したBさんの作品が好きだったので、簡潔な感想を伝えた。

Bさんは美人でもオシャレでもなかったが、同人イベントではよく見かけるようなオタク女性だった。年齢に対して服装若いのも、服がややボロいのもオタクによくあることなので特に気にしていなかった。

欲しい本を一通り買い、同ジャンル友人と帰る途中で友人が衝撃の一言を放った。

「あのBさんって、大手アカのAさんだよね」

Aアカでアップしていたネイルと全く同じものをBさんがしていたらしい。ネイルだけなら偶然の一致もあったかもしれないが、他にもいくつか特定できる要素があった。

あんなにも美意識の高いAさんの肌が汚く、服がややボロいことが衝撃だった。

Aアカを全く知らなければ、Bさんの容姿については特別何も思わなかった。Aさんだと知ってから初めてBさんの容姿欠点を思い出したくらいだ。

ネットリアル乖離ってよくあることなんだろうけど、実感したのは初めてだった。

2019-03-03

なぜ男は女を喜ばせなきゃならないのか

同僚(女性)がネイルを変えていた。あーなんか変わってるなー程度に見ていたんだけど、夕方にこんな会話があった。

同僚「私ネイル変えたんだけど」

増田「あ、そうなんですね」

同僚「気づけよw あとさーネイル見て何かコメント無いのw そんなんじゃモテないぞw」

は?

いやいやあんたのネイルに興味ないし。そもそも俺既婚者だし。なんで既婚者がモテ必要あるの?

今回はネイルだったけど、髪切ったときも同じようなやりとりが発生するんだよね。ほんとめんどくさい。

この同僚だけではない。他の女性社員からも「髪切ったんだけど気づかないの?」みたいなことを言われることがあるんだけど、正直気づいてることの方が多いよ。でも髪切ったくらいでコメント必要

仮に自分独身だったとして、好きな子ネイルしてたり髪切ってたらコメントするさ。でも興味ない人の機嫌を取ってどうすんの。意味わかんない。

気づいてたけど、貴方の機嫌を取る理由が無いのでコメントしませんでした。って言いたくて言いたくて仕方がない。

2019-02-28

独身中年おばさんだけど出世したよ!

出世ってほどじゃないんだけどアラサー終盤でやっとリーダー職になって、社会人になって初めてお給料が増えた!ちょーーーうれしい!!

今まではずっと貧乏専門職で、いつもTシャツジーパンスニーカーみたいな恰好のままPCの前でだけ仕事してたけど、立場が変わることにより生活結構変わってきた。

まず、お客さんのところへ行くことがいきなり増えたので、ある程度ちゃんとした服を買わなきゃいけなくなった。今までファストファッション中心のペラペラな服ばっかり着てたから知らなかったんだけど、(物にもよるが)1万円代後半の服って皺がつきにくい!なんか生地がちがう!ピーンとしてる!!あとかわいい!!!

ワンピースなんかは帰宅したらファブリーズ吹きかけて、何回か着たらクリーニング出せばいいから、洗濯物の量が随分減ってラクになった。いつも平日にた溜め込んだ洗濯物を休日にまとめて洗ってたので、土曜日洗濯機回して干してだけで終わる、絶望…ってことが格段に減って嬉しい。あと高い服はかわいいさいこう!!

お客さんに対してもそうだけど、後輩たちにちゃんとした大人として見てもらいたいと思うようになったので、化粧品ちょっとだけ気を使えるようになった。知らなかったんだけどファンデーションって使うと減るんだね。一生使いきれないと思ってた(そもそもほぼ使ってなかった)。

中でも今まで面倒であんまりやってなかったネイルがすごく楽しい。これまですぐにハゲてたのは安いやつばかり使ってたからだったんだ。思い切ってデパートカウンター(これまであんまり縁がなかったから緊張した)で買ってみたら、ムラになりにくいし長持ちもするじゃん、まじかよ。

爪がキレイでぴかぴかしてるって全然気分が違う!仕事中、自分の爪に落ち着いた色のネイルがきちんと塗ってあるのを見ると、自分大人なのだ!しっかりせねば!という気持ちになれていいね。ただジェルネイルメンテが大変そうだからまだ挑戦する勇気がない。

若い頃はそれなりに美容に興味があって頑張ってた頃もあったけど、20代の終わりごろ、自分には「結婚して家族と和やか暮らす」ことが実現できないと気付いてからは、仕事趣味に没頭していて化粧もスキンケアも服選びもかなりおざなりになってた。宝石みたいなデパートコスメやショーウインドーの中の綺麗な服は、どう頑張ったって自分には手に入らないんだから、視界に入っても「私には関係ない」って自動的判断して無視してた。

でもやっと歳相応のメイクファッションに手が届いて「頑張れば自分にも買えるんだ~」と思えるようになてから、目に映るものがみんな自分関係あるんだと思えるようになった。今まで本屋くらいにしか用事のなかった駅ビルに、行ってみたいお店がいきなり増えた。なんかもう、何見てもすんごくキラキラして見える。

すごくいろいろあって結婚子供あきらめたけど、周囲は着々に結婚したり、子どもが産まれたりしている。そんな中私も容姿だけは彼らと同じスピードで着々と中年になっているのに、自分けが幼稚な精神のまま成長せず、周囲から置いてけぼりにされてる気がしてた。

それでも、自分なりにようやく「大人になった」って自覚できるようになれたから、貧乏でも孤独でも約10年間好きな仕事を続けていてよかった。ワープアマジで死ぬほどつらかったけどね…。

独身女は何かと風当たりが強いけど、他人に何を言われようが、私がめちゃくちゃ楽しく生きてればそれでいい。これからも私が楽しく生きていけば、これから歳を重ねてゆく女の子たちがいつか独身中年になる頃には、独り身の女だってもっと生きやすくなってるはずだ。

男も女も、結婚するひともしない人も、病気障害がある人も。みんなが生きやすくて、他人文句なんか言ってられないくらい楽しく生きられればいいのになーーーって言ってるそばから子供産まない女はゴミ」みたいな雑音が毎日毎日目に入るのであった。うるせー!子供育ててないぶん経済に貢献するし、年金も収めるし募金もするし、子供いる友達んちに料理作りにいったりもするわ!!私が結婚子育てしてないぶんのエネルギーでそれなりに世界回してるから!!!そんなことより何より私が!!!!私が幸せからそれでいいんだ!!!!!

とにかく今がいちばん人生楽しい仕事めっちゃやる気だし(普通に客はムカつくよ)、高いお洋服化粧品かわいいでーーーす!!!私が買うからメーカーの皆様も頑張って素敵なものいっぱい売ってください!!!!!!!!以上!!!!!!!!!!!!!!!

2019-02-14

だめんずうぉーかー

って久々に聞いた。31歳?の女子から。まあ聞いたってか昨日の夜テレビで見たんだけど。

トキオ番組で、神木くんが出てたやつ。タイトルまでは見なかったからわかんないけど。

で、だめんずうぉーかーよ。何言ってんの。江東区の深夜の一般女性に、今日一日何点でしたかって聞くコーナーで、これから元彼の家にネイルしに行くとか言ってた。

元彼は家に不在らしい。ってことはまだ合鍵あるんでしょ?彼氏結婚してくれなかったから別れたとか言ってたけど、彼女からセフレランクアップじゃないですかね。おめでとうございます

まあ、そこまでは割とよくあることだし、いいんだけど。

で、まあそれはそれとして、来月だか来週だかに年下の男の子UFJ行くとか言って、でも彼氏とかじゃないですーって。でもきっとやるんでしょうね。わざわざ大阪まで行くんだし、やんないはずがない。

さりげないモテアピールで、でもずっとマスク着用。

あー痛すぎる。ほんとに痛すぎる、日記にも恥ずかしくてかけないようなこと、よくまあ全国ネットで。

多分今頃まわりからテレビ見たよーとかライン来てんだろうね。で、多分そこでも元彼愚痴と、モテアピール

何書いてんだっけって、あ、それで最後に言ってたのがわたしだめんずうぉーかーでーって

なんかもう見てらんなかった。そんなに自意識を発露してえんなら、インスタでやれ。インスタで。でも、インスタじゃあ、元カレのこととか絶対書かないタイプだろうね。

ほんとバカ匿名ネットじゃ言えないくせに、日本全国に顔晒しては言えるのかよ。

でも、なんかそれがね、平成をずっと生きてきた女って感じで、ちょっと愛おしくもあった。だめんずうぉーかーがテレビでやってた頃は、多分高校生大学生で、ほんとにあの藤原紀香共感したんだろうし、テレビインタビューで赤裸々に自分を語れちゃうのも、大人になりきれなかった私たちみたいだなって。

結局わたしもあの女とかわんないんだ。

2019-02-10

巨乳が羨ましいフリをしている

自分はB〜Cカップ(左右で違うのと、生理前に大きくなるのでその差。あとメーカーによる差。)だが、満足している。

自分カップサイズに満足している女性は多いと思う。特に痩せ型の人。

普通に暮らしてると何人かの巨乳出会う。

巨乳はなんだかんだで巨乳を誇らしく思っているので、めんどくさいから羨ましいふりをしている。

でも内心、巨乳だと、顔や性格服装すべてをさしおいて印象が「おっぱい」になるので、自分巨乳じゃなくてよかったと思っている。オシャレが好きだし。

知り合いの巨乳おっぱいの話をするのが大好きなのだが、正直かなりどうでもいい。

たぶん、ネイルの話をず〜っとされてる男性ってこういう気持ちなのかなと思う。

褒めて欲しいタイムとみなして、そうなんだ〜すごいねおっぱいおっぱい〜と適当に話を合わせている。

自分にとっては、胸が大きくても小さくても普通でも実際どうでもよいが、大きさをアピールされれば、そうだね大きいね〜すごい〜と反応してあげる。この「すごい」はでかい岩とか大きな山とかと同じでボリュームがあるとなんかすごい。それだけである

かいダイヤは確かにすごいけど、なんかださいので、私は華奢なプチダイヤとかのほうが好きだな〜。そんな感じ。

髪の毛超長いね〜(私はショートが好きだけど)とかも同じかなあ。

そんな感じで適当に相槌をうっていたら、巨乳テンション上がってしまったのか、

乳製品とったら、あなたたちももう少し胸が大きくなるかもね?」

だってー!

うわ〜いらんアドバイスしてきた〜でもこれで不愉快な感じだすと嫉妬だと思われる〜めんどくせ〜〜帰りてえ〜〜〜他の女の人ちょい不機嫌になってる〜〜〜〜やっぱ巨乳に生まれなくてよかった〜〜〜〜〜

2019-01-31

anond:20190131214231

パーマかかりにくい髪質。

アイシャドウは薄くてきらきらしたのしか似合わない。

ネイルセルフだとよく失敗する。

ピアスは好き。

う〜ん、ギャルとはほど遠いみたいですみません

anond:20190131213806

髪の毛は茶系統パーマあったりすると嬉しい。

アイシャドウばっちりきめているのが可愛いと思う。

ネイルは派手なのが可愛いので好き!

ピアスはどこにあってもOK刺青もノープロブレム!

ギャルも白ギャルも両方好き!

あとタバコ吸ってても問題なし!

ギャルならなんでもオーケイ

2019-01-30

高収入女性がうらやましいから海になりたい

わたしは、発達障害クローズにして(周りには隠して)働いてる。

ケアレスミス多いし、キャパ不足だし、理解はおそい。口頭での指示に弱いし、短期記憶コンパクトから、長い説明は途中からからなくなるし、会議はみんなの声を聞き分けるだけで疲れてしまう。

学生の頃は、バリバリ働いて稼ぐんだって気持ちでいっぱいだったのに、人よりも使えないのに人よりも疲れてしま本末転倒具合に泣けてくる。

せめて、人に嫌われないように感謝だけは忘れないように、昨日よりもミスをしないように生きてる。

から必死にやって稼いだ給料を悠々と超えてくる同性に嫉妬してしまう。

わかってる、しょうがないことだし比べても仕方ないことはわかってるんだけど、落ち込んでしまう。

しかも大抵奨学金なしで普通に大学まで行かせてもらって、みんな見かけも小綺麗でかわいくて私生活も楽しんでる。おしゃれなネイルして、ミスなく仕事を終え、普通に雑談も楽しんで定時で帰ってヨガとか自分磨きとか趣味を楽しんでる。

わたし趣味がない、つまらない人間読書映画も好きだけど、めちゃくちゃ知識あるわけじゃない。すぐ忘れちゃうし。ほんと短期記憶ミニマム。人に説明ができない、発信ができない語り合えない時点で、趣味といってはいけない気がする。趣味がない人の集いとかあったらいいのに。でもだめだ、そこで集まった同性と自分を比べて、また嫉妬して落ち込むだけだ。御察しの通り友達もいない。休みの日はうまくいかない欲求不満を、自慰することで慰めて、なんとも情けない気持ちで大抵終わる。

同性で高収入の人は、話しても話題豊富だし、頭の回転が早くて知識もある。わたしが男なら好きになっちゃう。まぶしい。

一生埋まらない差を思い知るたびに絶望してしまう。泥臭く人に頭下げながら、嫌われないように、自分ができることをなんとかやって生きてくしかない自分ってなんなんだろうと思ってしまう。ミジンコのほうが、魚の餌になるから役に立つのではないかと思う。

美人じゃなくてもいい、彼氏がいなくてもいいから、人生楽しいよってあっけらかんと言える、自分の道をガンガン進んでける人になりたかった。

知識をつけてもすぐに忘れちゃう、人にうまく説明ができない、人の話をすんなりと理解できない壊れた脳みそわたしには、ただただそういう自分の道を切り開ける脳みそをもってるだけで眩しくて、嫉妬で焼け焦げてしまう。

少しでも目をそらすために、SNSはやめた。けど、いきてる限り目に入ってくる。

もう、海になりたい。すべての生みの親、畏怖される脅威、何もかもを許容する、海になってしまいたい。

2019-01-17

追われる趣味、終わらない自己満足、辞める勇気

わたし趣味バンドをやっている。

かれこれ8年ギターを続けている。

でも、今日もう辞めようと決意した。

8年もやってるのにいまだに上手くならない。趣味から別に楽しければ良いと言い訳するも、自己満足が満たされないまま、

だらだらとずっと続けている。8年という数字が大きくて、納得できないライブが増えていく。

自分が上手くないということを分かっているので、たくさん練習をしようと思うが帰宅しても疲れて練習出来ない日や、やる気がでなくて「練習をしなくちゃ…」という気持ちけが続いて1日が終わってしまうこともしばしば。練習をしないと、曲を覚えないと、他のバンドメンバー迷惑を掛けてしまう。だから、やらないといけない。やらないといけないのにやれなくて、時間が過ぎて、罪悪感に苛まれて1日が終わる。

はっきり言ってもう、わたしには無理だ。

本当は何度もそう思った。でも8年やってるからもっと上手くなりたいから、自分が納得するライブをやりたいから、そうやって自分を奮い立たせてきた。苦しい、辞めたいと思ってる自分無視してきた。

でも今日決断した。もう辞めようと。

1日何もできなくて、罪悪感で疲れて、涙が出た。わたしは何でこんなに追い込まれてでも趣味をやろうとしてるのだろうか。

これは本当に趣味なんだろうか。もう分からなくなった。だからもう辞める。

ギター辞めたら、ネイルでもして練習してた時間を遊びに行ったりだらだら過ごそうかな。そんなことを考えた。

8年間練習してきた時間ライブをやった楽しさ、悔しかった気持ち、楽しかたこと、いろんなことを経験した。本当に本当にどれも大切な思い出で後悔はしてない。

これからも続けたら自分に納得できるようなライブができるのかな、なんてことも考えた。

でも、辞める。

わたし高校生とき一生懸命バイトして買った高いギター、いっぱい買ったエフェクターボード、溢れるほどの楽譜 ああもう全部要らなくなる日が来るのかと思うと寂しくもなる。

でも後ろ髪引かれるくらいで辞めるのがもしかしたらちょうど良いのかもしれない。少しだけ未練がある方が思い出は綺麗なのかもしれない。

どうかこれを見てる人、趣味義務にならないように。苦しまないように。趣味を楽しめますように。と願う。

どこにでもいるようなわたしが、ギター弾いてる時だけはカッコ良くて唯一輝いてた時間だった。そんな思い出を胸にこの趣味は手放します。2か月後にライブがあるのでそれでもうひっそりと自分の中で終わる。バンドメンバーにも謝らないと、ごめん。楽しかったな。これでやっと楽になるのか。

そう思うのになんで涙が止まらないのだろう。

2019-01-16

一切エロを感じない女体の部位

女体が露出していたら何でもエロく感じるものだが逆に露出してもエロくない部位はどこか

俺は爪だと思う。

何もなしでも、ネイルがゴテゴテでもエロくない。むしろ引く。

2019-01-13

鼻緒を直した話

ということで俺は既に高校の時はそれなりの足フェチになってしまっていたのだ。

文系人間だったか国語古典か好きで、小説評論とか読んでいるうちに、江戸時代かに女性の鼻緒を古のイケメンが直すって言う展開があることを知った。

古典先生なんかもその話をしていた。

はいつも、それは足フェチ絶好のシチュエーションだし、でも女性を助けてもいるわけで、なんというかアウフヘーベンしているなと感じていた。

江戸時代浮世絵なんか見てると、結構美女下駄に素足で、足フェチの大先輩たちもこれを見て大いに感激していたのではないか勝手想像していた。

クラスの好きな女の子が、お祭りの時に鼻緒が切れてしまい、自分がそれを直して上手い具合に足の甲にキスする夢を見てから、それを想像するだけでオナニーができた。

ネットは既に人口膾炙していたから、何の気なしに鼻緒の直し方をネットで調べていた。

とくに5円玉を使うやつは、自分でもできそう、と感じて、シチュエーション相手女の子(の足)を想像してドキドキしていた。


ほいで、今日はそれが実際に起こった話なんだけど。

ある日の神社の夏のお祭りの時、クラスKさんの鼻緒が切れているのを見かけた。

俺は祭りに一人で来ていて、友達の集合に遅れてしまっていた。部活動があったんだ。

俺が来たころには田島の家に行ってスマブラしていたようで、俺は置いてけぼりになっていた。

田島の家に行こうとしたところ、クラスで一緒のKさんが灯篭的なところに佇立していた。

俺は素足の入れ食い状態だったので足下ばかりみていたのが幸いした。


Kさんと気付いてすぐに、彼女の鼻緒が切れていることに気が付いた。

「おつ、鼻緒切れた?」

「あー、うん」


Kさんクラスでも目立たないグループにいて書道部の長身女性で、自身もそんなに目立つタイプではない。

人の美醜にあれこれ言うつもりはないけど、クラスの派手なグループに属している女の子ではなかった。

同じクラスだけどほとんど話したことがない。

友達と合流しようとしたら鼻緒が切れてしまったらしい。


「直す?」

「直せるの?」

ネットで見た」


彼女は笑って「じゃあやって」と言いながら足を差し出す。

俺は薄手のハンカチを持っていた(なんでかは聴くいね)。跪く。

5円玉を財布に探すも、ない。Kさんに聴いて、Kさんからもらう形になる。

にわか理想シチュエーションを迎え、いつの間にか俺の心臓は張り詰める。

ややおくれて、ちょっとあれだがあれも張り詰める(仕方ないじゃん高校生なんだから!)。

Kさんの足、大きくて形がきれいで指も長いし形がきれいだし、爪が大きくて奇麗でかっこよくて、また白い肌のきめの細かさや僅かに触れる肌の質感も印象的で忘れられない。

足を通して調整するときの足の蠢きにエロスを思わず感じてしまう。

薄い色のフットネイルにようやく暗がりの中で気が付く。

ちょっと苦心したけど、完成する。

やや緩かったようだけれど歩けそうだとのこと。

少し歩いて、ほどけてしまう。

「ありゃ?」とか言いながらもう一度結び直す。

Kさんも、このやり方でできそうなことを察知して、もう一度足を差し出す。

ちょっときつく縛りなおして、今度こそ完成。


俺はここでミスって、思わずKさん、足きれい……!」とこぼしてしまった。

Kさんは鼻で笑うような感じでちょっと拒絶の色を見せつつも「もー、何言ってんの」と優しく答えてくれた。


「ありがとー」

「いえいえ」

「どっか行く予定だった?」

田島の家」

「あーごめんね」

「いいのいいの」

「じゃあまたね」


そのあとKさんとは特に何もなく、俺は別に人生初めての彼女ができてすぐ別れたりした。

確かKさんはその学年のバレンタインの時にクッキーをくれた。


この前の正月33歳になった我が学年の同窓会で、Kさんと向かい合わせになった。

面長はそのままに、ちょっと大人らしく美しく丸みを帯びた面貌。

お化粧も髪型もすっかり30歳の装いだった。

図書館司書をしているらしく、会計年度任用職員の話で盛り上がった。

嘱託職員は大変だが、図書館司書はご存じの通り非正規雇用が大変多くなっている。

話す際の手ぶりや料理を食べお酒を飲む仕草、いつの間にか大人びた挙措を備えており、自分(達)の至った年齢を改めて感ずる。

鼻緒の話になる。

彼女ちょっと酔った調子で「あのころが懐かしいねえ」と言いながら、掘りごたつの下で、かつて鼻緒を結んだ右足で私の足の甲を優しくペタペタ踏んできた。

黒のタイツ感触、……うん!

ああこうして足フェチの旅は続いて行くんだ……と俺は決意を新たにして、故郷を後にした。

2019-01-09

哀れな夢女の話

10年程夢女の私が2018年にある男を好きになり、穏やかな夢女生活が一変、哀れな夢女となった。

これまでの夢女人生を振り返ると推しに対して純粋恋愛感情を抱き、好きだな、傍にいたいな、などの真っ直ぐな恋心だった。

同担拒否もなく、Twitter上で知り合った同担の夢女と推しの魅力についてよく語り合った。むしろ同担が好きな夢女だった。

しかし、2018年出会った彼に関しては穏やかな夢女ライフを送ることが出来なかった。

彼はめちゃくちゃ人気で夢ジャンルがとても盛んだった。

Twitter上ではもちろん、pixivにも夢作品が溢れ、彼の女は爆発的に増えた。

作品を描く絵師たちもたくさん現れ、私は喜んでフォローして作品を見て満たされた。

供給がとにかく多く、何か考える暇もなく与えられる夢作品を夢中で読んで日々満たされていた。

しかし、彼の人気も緩やかに落ち着いていき、絵師たちも時と共に別ジャンルへと移動していった。

一方で、時間が経っても彼を好きで夢作品を描き続けてくれる有難く、本当に彼を好きな絵師たちも居る。

その中で特に絵柄が好きな絵師が居る。

(この絵師をAとする)

Aは作品更新速度が速く、たくさん作品をあげるので頻繁にAの垢を見に行っていた。

そんなある日、Aのツイートを見ているとフォロワーと会って遊んだという旨の呟きと、その様子の写真があった。

写真には彼のぬいに猫用の被り物(ガチャガチャでよくあるやつ)を被せたものが写っていた。それと一緒にAの姿が写っていた。

それを見た時少しばかり驚いた。

Aが私と全く同じことをしていたからだ。

彼のぬいの種類も一緒、被り物の種類も一緒(色も動物の種類も全く同じだった)、更には普段の私の服装と似ており、髪型まで似ていた。

フォロワー遊んだ内容も私がやりそうなことや私が既にやった夢女の遊びで、Aのツイートをみた友人から、「実はAって○○(私)?」と聞かれる程だった。

この時はまだ「私と同じようなヤバい思考人間が他にいて、まさかそれがAさんだったなんて…(笑)」くらいの気持ちだった。

しかし、その日以降なぜなAの言動が気になるようになった。

Aの言動、服の趣味ネイル髪型まで自分と似ていて、そんなAが「△△(彼)好き」「△△に会えないの寂しい…」などと呟くのを見て、嫌な感じがした。何が嫌なのか分からなかったけど、何か嫌でモヤモヤした気持ちだった。

これまで同担推し好きツイを見てもこんな気持ちになったことはないし、他の彼の女の好きツイを見ても特に何も感じない。

ということは、A特定で彼の好きツイが嫌ということになる。

何故Aだけ特定で嫌なのか考えたとき同族嫌悪」という言葉が浮かんだ。

「そうか、私は同担拒否なんじゃなくて自分と似た人間が彼を好きなのが嫌なんだ」と気づいた。すなわち、同族同担拒否だったのだ。

これに気づいた日からAの言動が今まで以上に気になって癇に障り、勝手にAをライバル視した。私の中で勝手マウントをとって「Aは彼にハニトラされてるだけ」「彼は私の所に帰ってきてるから、そりゃAは彼に会えなくて寂しいよね〜」と小馬鹿にして1人で争っている。

実に哀れであるまさか自分がこんなに嫌な女だとは思わなかった。

しかし、私が彼を好きでいる限り、Aが彼を好きでいる限り、私の中の醜い同族嫌悪は終わらない。最近では早くAが彼に飽きて別ジャンルに行きますようにと願うばかりだ。でも、Aの描く絵は好きなため1ファンとしては絵はまだ見たいという何とも複雑な心境でもある。

最早自分でもAを見たいのか見たくないのか分からないし、勝手マウント取って、勝手に私の方が彼に相応しいと争っているのをやめたい。しかしやめられない。

純粋にただ彼を好きで居たいのに、他人を気にして競い、あまつさえ他人を見下して自尊心保とうとしている。

こんな不毛なこと早くやめて、穏やかな夢女ライフを取り戻したい。

そして他人に恥じない彼の女になりたい。

2019-01-08

anond:20190108222045

http://senderofview.com/bitinghisnails-grownup/

いろいろ書いてありますよー。爪を噛むのの防止用のネイルもあるようです。

2019-01-07

anond:20190107004323

そんなわけないだろおおおおおおおおおお

ギャルが好きなんだよおおおお!

舌ピ入れてたりへそピいれてたり

タメ口だったり、豹柄の服着てたり

ネイルが可愛かったりで

ああああああああああああああ!

付き合いたいんじゃああ!!!

2019-01-06

anond:20190106141607

男の人のゴツい手や指先では届かない処に小さな手、細い指なら隙間でも入りますが。

普段からネイル塗ったりメイクしたり、女性のほうが細かい作業は得意ではないでしょうか。

J( 'ー`)し フフ

2018-12-24

anond:20181224211926

お菓子作り

ネイル

ファッション

食べる事なんてフツーに日常だし

ネイルなんてすぐ出来ちゃうし難しいのはサロンに行くみたいだし

ファッションだってヲタでもマツエクアイプチなんて普通にしてる人いたよ。

anond:20181224211926

お菓子ネイルは層が違うんじゃねえかな 知らんけど

anond:20181224211648

全部気持ちが悪くない?

可愛い女の子だったら

お菓子作り

ネイル

ファッション

とかでしょ?

ブスだからアイドルオタクになるんじゃないかな。

2018-12-22

時々婚活パーティーとか行くけど40台の女の魅力の無さがつらい

化粧の匂いがつらい、アクセサリーが目立つ、服装でがんばってるのが見てて痛い、だいたいこのへんで一気に魅力が無くなる

俺だけかもしれんけど、見た目の魅力はそうじゃなくてジーンズトレーナー姿が一番魅力的に見える

ある程度の化粧はしょうがないのかもしれんけどブサイクでもすっぴんに近い方が俺は大好きだ

年齢を化粧や服装ごまかすことはできないんだし、チラチラ見える40台の地の部分とのギャップさらにキツく見えるから年代なりの爽やかさを出してほしいといつも思う

ネイルとか塗りが下手なのもこの年代から多くて逆に気持ち悪いのでやらんといてほしい

やるならプロの人にやってもらってきてほしい

口紅がつけてきました!感丸出しなのもかなり痛い

よくわからんけどちょっとテカるくらいのやつでいいんだよ、色付きは化け物感が強くて直視できない

2018-12-15

お金かけて店でネイルやるなら、爪の半月が見える前にオフしに行けよ。

なんで伸びっぱなしでいられるのか理解できない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん