「依存」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 依存とは

2020-05-27

このまま朝になって、また味のない一日が始まる。何もない時間が訪れる。

何かあるみたいに自分ごまかして、絶望から目を逸らして過ごす。好かれない自分直視できないまま。

自分が一番自分の事を嫌い。そのうち元気になれるだろう、まだ自分普通大丈夫、今は休んでいるだけ、都合のいい事ばっかり考えている。

生きているだけでいいと言われるけど、そんなの信じられない。私は汚いだけで無価値だ。

寂しさを埋めるためにいろんなもの依存して、いつのまにかボロボロになっていた。ギリギリで踏みとどまっているつもりだったけど、全然まれていなかった。

どうすればいいんだろう。わからない。

何もかもがただ怖い。自分も。他人も。世界も。

2020-05-26

anond:20200526191927

ガチの女もいるだろうが、そういうのはそういうので性依存からなー

anond:20200526185521

依存症って性欲とはまた別の話だけど

性欲とは関係なく依存するから依存症なわけで

摂食障害を「食欲があるからなるもの」とは言わんだろ

anond:20200526174418

アジャイルって手戻り多いし

開発担当の負荷とか人依存要素高いし

管理者がなんか丸投げ出来る以外にいいことある

anond:20200526172951

増田の言う通り、全国民必要な物ではないと思うよ。

それに、多少理解を示そうとしてくれることも助かるよ。

やっぱり、世の中いろいろな人がいる。

自分は女慣れしてないかナンパ援助交際ハードルが高いし、

他人依存されるのが苦手。

でも、人肌恋しい時だってあるんだ…。

そんな時に利害関係がはっきりした割り切りで話して接することが出来る人っていて欲しい。

人と接しても良いって自己肯定感につながるんだ。

順風満帆で、もうちょっと気持ちの余裕が出来ればもっと健全なんだろうけどね…それもまた人生

中国大学生に朝6時に体操させる政策はいいと思った

規則正しい生活は素晴らしいと思うよ。

でも偶にその時間まで仕事してるんだ…その前日からね。

それもこれも、朝から訪れるお客さんのためやからね。

男も下方婚してはいけない

何をもって上方、下方とするのかにもよるが、

美人から、気が合うからという理由だけで下方婚すると後々大変だ。

結局のところ、学歴年収が高い人は自らの価値を高める努力であったり、

日々のタスクをどうやって効率化するかを考え、実践できる人だと思っている。

もちろん中にはマジで学校以外で勉強したことない、みたいな猛者もいるが

基本的に(努力量)*(効率)*(方向性)の大きさで決まるので、

高校大学にはその時点で似たような属性の人が多く集まるし、

就職してもばらつきは少し大きくなるが(それは企業の求める人材が幅広く、

試験の点数などある程度統一された指標ではないからだろう)概ね適合している。

下方婚基本的に同じ大学職場、といったところではあまり発生しない。

発声するとすればそういう社会的ステータスによらず人が集まる場所

すなわち合コン趣味サークル婚活アプリなどで出会うケースに限られる。

ここで上方下方婚と言われる格差が生じてしまうと、

家事子育てなどで相手のやっていることに対して

「どうしてして然るべき努力をしないのか」「何でこんな非効率なやり方でやるのか」

齟齬が生じてしまい、割とそれを埋めるのが難しい。

なぜなら「これくらいはやって当たり前」という価値観がそもそもうからだ。

こればかりは幼少期から培ってきた積み上げのレベル依存するところが大きいので

すぐに改善できるものではない。

お互いがそれを許容したり、お互いのレベル認識したうえでうまくやっていくのであれば問題ないが、

良い意味相手に期待しない(これぐらいできるだろう、やってくれるだろうと思わない)ことができる人じゃないと大変だな、と思った。

2020-05-25

anond:20200525234638

セキュリティは最終的に身体(生体シグナルや脳)に行き着くべき

知らんわ生体認証採用していないこの世のほぼ全てのWebサービスにでも言っとけアホ


管理サービス依存するのは俺的には怠惰しかないと思うな。

知らんわ勝手に縛りプレイしとけや

前の文との繋がりも意味不明だわ


完全ランダムではないがランダムに見えてサービスごとに異なる(けど自分には規則性が分かる)十分な長さのパスワードを作ることはそんなに高度な知能や記憶力を必要としないよ。

から勝手に数百個被りなくパス作って書かずに覚える縛りプレイしとけっての


なんだこいつ何が言いたいのか全くわからん

anond:20200525233812

セキュリティは最終的に身体(生体シグナルや脳)に行き着くべきで、その身体性の限界セキュリティ限界だと思ってるから管理サービス依存するのは俺的には怠惰しかないと思うな。

完全ランダムではないがランダムに見えてサービスごとに異なる(けど自分には規則性が分かる)十分な長さのパスワードを作ることはそんなに高度な知能や記憶力を必要としないよ。

まあパスワード見破りAI的な代物には負けるかもしれず流出に対して盤石とは言えんからID相当のメールアドレス側にもなるべくバリエーションはもたせてるけどね。

anond:20200525213012

それは接続機器側のOSのスケーリング機能の質に依存することだからだろう。

今のWindowsなどのスケーリング品質は十分高いと思うよ。4K(3840x2160)の150%スケーリングと2K(2560x1440)を比較したらどうかまではしらんけど美観的には問題なかろう。ただスケーリング対応していない古いアプリケーションを使う人は、スケーリングを常用するのがストレスになるかもしれない。そのへんは現環境でも試せるだろう。

テレビ用途的な、視聴専用のモニタにするくらいの気持ちであれば4Kでいいのだろうが、

PCモニタとしても使う4Kは多分CADとかクリエイティブ仕事する人でないと微妙だろう。

視聴、事務ゲーム考慮した大画面モニタを選ぶのなら、UWQHD(3440x1440)くらいの解像度の曲面モニタでいいのではないか

2K4K16:9のアス比なのに対して、UWQHDは21:9でシネスコ比率に近く、映画の鑑賞にも向いている。

anond:20200525090720

元増田だけど、それはオンラインMMORPGじゃないかな?

エルダースクロールオンラインマップもめちゃ広くてそれに近いものだと思うけど、やっぱりMMO微妙なんだよなー。

好き放題できないから窮屈だし、サーバーメンテで遊べないとかあるし。

 

オフラインで遊ぶにはストレージに入るぐらいにするか、完全に自動生成でやるか。

いや完全自動生成でも、結局探索した部分はすべて保存しておかないと毎回マップが変わってしまうから、やっぱりストレージ容量に依存すると思う。

 

マップ全体が有機的に繋がった状態シミュレートするには、メモリの容量も膨大に必要になるので、そんなにガンガンマップをでかくできないと思う。

メンタル弱ってる時は新ジャンルにハマりやすいと

Twitterで流れてきたけど。正にその通りだった

普通以下の能力人間なので、せっかく夢だった職種に就けたのに人間関係や仕事の出来なさでメンタル病み色々あって転職した。幸運なことに給料面でも前より若干上がる安定した仕事転職出来たが、そこでも人間関係で詰んだ

今思えば、前の職場でも今の職場でも至らない私を指摘こそすれ人格否定をするなど故意に人を傷つけるような悪い人なんていなかったのに、当時は周りは全員敵のように思えていた。ただ同僚と世間話をするだけでも私には苦痛だった。そんな時出会ったのが推しだった。

推しアイドル俳優だった。汚部屋同然の狭い家に帰り、たまたまつけたTV音楽番組に彼は出演していた。直感だった。どこに惹かれたかと言えば、率直に言えば顔だ。次に話し方。SNSの使い方の下手くそさもよかった。ファンとの適切な距離感を分かってない隙がある感じもよかった。演技がいいとか、歌がうまいだとかは素人の私には分からないし興味もなかった。すぐさま過去作を調べドラマ代表作やCDポチっていた。数ヶ月後には東京に飛んでライブファンイベントにも参加していた。

精神的に弱っている時は金銭感覚は狂いやすい。そこまで売れてなかったのによくここまで使えたなというくらい(もっとすごい人はいくらでもいるだろうけど、体感として)浪費をした。イベントがある月は美容費含め2桁万円平気で飛んだ。それ以外の月の出費は家賃くらい。手紙プレゼントも渡したし、渡した物を着てくれたり使ってくれるタイプの人だったので何度も送ったしどんどん高額プレになっていった。すぐに辞めたが、払えなくなってきた時はこの道ではよくあるそういうアレもした。初めてオフで会えるような友達が出来た。狭い世界ファン同士いいねをつけあい馴れ合うのも楽しかった。オタクが多かったのでそういう話も合ったりして。

今思うとリアコだし推しメンタル完全依存していた危険状態で、実際また何度も体調を壊したりしていたけど、色々あってこの道を離れた。今は完全に茶の間で見ている側である理由はもう推しがいなくても立てるようになったからだ。

推しのおかげで、仕事への意欲が生まれた。というより、一番詰んでいた人間関係が全く気にならなくなり、不思議と円滑に仕事が進むようになった。推し三次元で実際に会える。推しファンとのオフ会もあるから見た目にも気を使うようになり、生まれて初めて自分には合わないからと避けていた髪を染め、マツエクメイクアップを頼んだり百貨店に入ったりメイク勉強をしたりした。女性ファン圧倒的多数を占めているのだから当然といっちゃ当然なのだが、推しの歌う曲の歌詞や、推しの発信する言葉は甘ったるすぎるほどに甘いので自己肯定感勝手に上がっていった。自分お金をかけるのがどんどん楽しくなった。自分に自信が持てるようになった。

私に足りなかったのは、この根拠のない自己肯定感だったんだろうと思う。親からもあまり褒められた記憶がない凡人以下の私は、はなからありとあらゆる事を諦めていた。今は前の職種に戻れるように勉強をしているところだ。せめて戻らなくても、趣味で楽しむレベルになれているからそれでいい。

数年の追っかけ期間はお金はまっっっったく溜まっていないが、代わりに年収も上がった今は勝手に積み立て貯金が貯まっていくし、何より生きる意欲が沸いている。過去自己啓発本を読み漁り病院に通っていた時よりも何倍も効く特効薬であるアイドルって、すごい。

推しへ。そしてアイドルの皆さん。ありがとう。これからも頑張ってください。応援しています

テラスハウス嘘松

テラスハウス嘘松と同じ。

これは実話だという前提に面白さを依存しているが

実際には作り話。

anond:20200525070849

いわゆる東京大阪のように経済圏都心部なのか

東北北陸なのか?に依存する

東京大阪データをみるかかぎり、都心部などのように過密地域においては連続で0人ということはない。

この事実から東北北陸などでも会合など3密を再開すれば東京とおなじになることは未成年でもわかる。

これを大人がわからないわけがない。

たぶん何日も連続感染者を出していないというのは3蜜の地域ではまだ計測されていないと思う、

ようするに大人が都会に出てくると危ないから気をつけて

VTuberが苦手

VTuberが苦手という話

私はVTuberが苦手だ。嫌い・憎いと言っても良いかもしれない。

現在インターネット上のオタクコミュニティにおいてVTuber話題を避けて通ることはまず不可能である

「嫌いならば放っておけばよい」という論理はもう通じないほど蔓延っている。降りかかる火の粉だけで死ねる。

Vとの出会い

そもそも最初から嫌いだったわけではない。

初めて概念を知ったのは某ネットカフェポータルに表示されていたキズ〇アイである。何年前だっただろうか。

今まで思いつかなかったコンテンツモデルの登場に強い衝撃を受けたことを覚えている。

動画コンテンツはこれから大きな一歩を踏み出すのだ」と興奮と期待を胸に抱いていた。

それからしばらくして、いわゆる「四天王」というものが台頭しだした。

どれも個性豊かで、今後このコンテンツが新しいステージに進むのは間違いないと信じていた。

嫌いになった原因

もっとも根源的なもので言えばにじ〇んじの登場であろう。

ペラペラモデル、よくわからない雑談配信オタクに媚びてキャラクターを捨て去るリスペクトのなさ、どれも不快まりなかった。

しかしどうであろうか?瞬く間に勢力を拡大していくではないか

ただの生主が皮をかぶっただけ、先駆者へのリスペクトのかけらも感じられないにも関わらずである

めんどくさいオタクだと思われただろう。実際めんどくさいオタクから仕方ない。

それからしばらく経ちVが浸透し、もう一つ感じ始めた不快感の原因が「よくわからない内輪揉め」である

ただ、内輪揉めが主たるものではあるがそれだけではない。

前述のリスペクトのなさともつながるのだが、とにかくキャラクター世界観の軽視が目に付くようになってきたのだ。

当然嫌いであから詳細な情報を得られるはずもない。

にも関わらずどんどん流れてくる内輪揉め情報運営不義理キャラクター崩壊を嬉々として受け入れるオタクたち。

強制的に受容させ続けられる情報により、毎夜毎夜この思いは強固になる。

もう戻れない。呪い続ける以外の道はもう存在しない。

インターネットから離れればよいという話もあるのかもしれない。

離れれば楽なのだろうが、私はろくな人生を歩んでいるとは到底言えない。

心の底からインターネット依存しきってしまっている。離れることなどできない。

思い

何も考えずに書き殴ってしまった。論理破綻オンパレードなのかもしれない。

ただ、私はやはり許せない。

コンテンツ尊厳をないがしろにしたVTuberというものが憎い。

結局子供わがままだったり、オタクとしての老いだったり、その程度の思いなのかもしれない。

つかこの憎しみを受け入れ、純粋コンテンツに向き合えるようになった時、「こんなことも思っていたな」と笑えるようにここに記す。

2020-05-24

anond:20200524210543

COBOLってのはLOOP文とか文法覚えるだけじゃダメなんだぞ

JCLとかCLとかあってな

そいつを覚えないと使い物にならん

しかCOBOLは機種依存から

anond:20200524155758

金利ということになると、国が個人財産に応じて、金融資産が多い人間にはお金を多く

少ない人間にはお金を少なくわたすということになる。

国籍依存しなければ考えることも他にあるが

日本国日本国国籍を有するものに対して、資産に応じて給付金を出すというのは疑問を呈する

クソ曲ってある?【追記あり

※ほぼ主観です。具体的なソースは出さない点、申し訳ないです

クソゲー、クソ映画、クソ漫画、クソアニメ

広く流通しているエンタメコンテンツ各種の中で、

音楽楽曲一般的上記のような表現酷評されるのは稀、というかほぼ見ない気がする。

もちろん、某アイドルグループ楽曲とかが定期的に炎上したりしているけれど、それは楽曲とりまコンテキスト含めての評価であって、

楽曲自体ひとつ創作物としてみたとき芸術的価値はさておき、その造形の完成度の水準で貶される状況は、

既存楽曲に似ている/盗作である

ボーカル歌唱力が低い

くらいのモノサシくらいしか思いつかない。前者については、ちょっとこれもコンテキスト領域評価で、造形そのものの完成度の評価とはやや次元が異なる。

歌唱力については、マスタリング過程リズム音程ともに補正できちゃうのでそもそも問題になることは特に近年は稀に思える。

自分の知る範囲でクソ曲としてよく挙げられるのは

The Beatlesのオブラディオブラダである、というのは何となく知っているけれど、

イギリスはじめ海外はいざ知らず、日本において本曲がクソ曲として扱われるということはなく、

しろかなり人気のある部類だろう。イントロピアノはさすがにどうかと思うけど……。

(もちろん英国本国でも批評家のぞき一般的には人気がある可能性もあるけど)

日本でも宇多田以降、一時は「小室ファミリー」的なる状況が邦楽音楽の水準を下げた、あるいは多様性を失わせたみたいな言説があったように思うけど、ある楽曲単体の出来の巧拙の具体的な評論評価があったかは思い出せず。

映画ゲームが、コンテキスト抜きでパッケージングされた創作物としての評価

カジュアルに「クソ」の烙印を押される一方で、少なくとも日本においては楽曲がそれらの評価から自由なのはなぜだろう。

いくつか仮説を考えてみた。

コンテンツ価格が各種エンタメの中で低く、拘束時間も短いため、損を感じにくい

音楽言語と相性が悪く、そもそも評論と不向きであるコンテキスト抜きでの楽曲評価の知見が不足しているか広く共有されていない

コンテンツに関わる人数が比較的少なく、クオリティコントロールが容易

●最低限リズム音程破綻していなければ視聴する人間不快にならないのかも

視覚的な表現に対して、聴覚依存する表現リテラシーが低い(というか生体的な感覚器の精度が視覚と比べてやや大雑把な可能性)

●「ヘタウマ」という言葉がある通り、実は表現巧拙はそこまで重要じゃない(この辺、おとなりの国と結構対照的な気がする)

●「実験作だから」と言えば何でも許されるスキームがある

と、何となく考えたところで、日本において(ある程度名の知れたアーティストリリースした)クソ曲って存在するもの

また、楽典とか音楽の専門的教育を受けた人からすれば、実は楽曲の造形的なよしあしって明確に見えてたりするものですか?

(展開/フレーズ効果のあるなし/要素の相互関係など)

====

【以下追記】5/25 0:50

予想外に伸びててびっくりした汗

読み返したら超読みづらい上に誤字脱字多く恥ずかし…

トラバブコメ感謝です。めちゃ勉強になりました。ありがとうございます

もう事実上活動していないあるバンドのある楽曲がめちゃくちゃ好きで、

というかひとつ作品としてものすごく美しさや言っちゃえば聖的なものさえ感じるのだけど

自分にはそれを言語化することが一切できなくてずっとモヤモヤしてて。

ボーカル音程危ういし抜けが悪いし、サビらしいサビもなく(10分ほどある曲のうち多分半分もメロディーラインがないのでは)

個人的にはすげー好きな展開も冗長といえば冗長かもしれずで(天国への階段いかも)

多分何てつまらない曲なんだと感じる人がほとんどだろうなーとも思うわけです。

5月末の何日だかがそのバンドボーカルギターの命日だもんで

毎年この時期になるとその曲の凄みみたいなものを何かしら言語化できないもんかなと思いつつ、

やっぱ無理ね、となるのです。

楽曲言語で評するって難しいなーと思うと同時に、

じゃあ明らかに作品として不出来と評されている楽曲って流通してるもんかな(自分は知らないので)と疑問に思い

増田投稿した次第でした。

ただクソ曲っていう強く不快ワードしたこと反省してます…。

特に音楽業界の方申し訳ないです。

罵詈雑言批判と称して楽しむエンタメ

課金なし無制限でやり放題なんだから、そりゃ無法地帯になるわな

ネトウヨパヨクワイドショーおばさん、昨今のSNS全部根源にあるのは一緒

罵詈雑言をぶつけるエンタメを楽しみたい

そこに依存してるんよな

から批判するな系のトピックには狂ったように反発する

単に、暴力を辞めろって話なのに、このエンタメ射精以上の快楽を得てるから絶対批判かいマイルド表現に置き換える

断言出来るけど、毎日罵詈雑言履いてるブクマカからそのサービス奪ったら、100パー精神に異常きたすぞ(笑)

世の中変態が多いな

最近熟女ものばっかり見てる俺はなんて健全なんだろうか

熟女はいいぞ

ほとんどセックスレスから簡単やらせてくれるし、何頼んでもやってくれる

依存してきたら色んな金の工面までしてくれるようになる

新聞配達員なのに年収1000万の生活レベルな自信ある

[] #85-11「幻の10話」

≪ 前

脚本だけではない。

“幻の10話”に携わったスタッフは、そのほとんどが聞き馴染みのない者だった。

まりシューゴさんなしの、代理スタッフ構成されているってことだ。

「珍しく休みをもらってな。まあ、有給を消費させたかったんだろうが」

それはシュー監督負担を減らすことは勿論、彼なしでクオリティ保障できるかという試みでもあった。

本作の要がシューゴさんであることは確かだが、同時にリスキー人物であることも確かだったからだ。

彼の気難しい性格と、遠慮知らずな言動は、過去公式ブログインタビューなどで遺憾なく発揮されている。

ヴァリオリという知的財産を太く長くしていきたい企業にとって、このまま彼に依存して制作し続けることは避けたかったんだ。

しかし、その試みが失敗に終わったことは“結果”が何よりも物語っている。

「で、休み明けに見せられた資料が“このザマ”ってわけだ。そりゃ反対するだろ」

そういう視点資料を深く読み込んでみると、確かに歪な点が散見された。

「例えば、この新キャラクターだ。なんだよ、この宝塚みたいなデザイン

インディーズバンドライブハウスに、一人だけトップアーティストが参加しているような浮きっぷりだ。

セットや衣装の作りが明らかに違う。

「もし大衆ウケるとしても、誰が描くんだよ。主要人物だから、これからずっと描くんだぞ? こんな線の多いキャラ動かせんのか? アニメ作画じゃなくて動画なんだよ」

脚本も読み込んでみると問題が見えてきた。

ラカンとかよ~、一昔前のサブカルじゃねーんだから

メインの視聴者層無視して、変に凝ったテーマを描こうとしている。

「だから言ったんだよ。“別にオレなしで作っても構わんが、この出来じゃあ炎上するぞ”って」

代理スタッフたちは決して手を抜いているわけじゃない。

しろやる気に満ち溢れていたことは、資料書き込みを見れば分かる。

ただ、それがどうにも空回っている印象だった。

次 ≫

2020-05-23

anond:20200521222959

ほんとにな。

○○よりはまし、みたいなまるでネトウヨのようなことを言うよな。

アイデンティティはてな依存してる。


どのSNS住民よりも底辺なのをまず自覚してほしいわ。

2020-05-22

連帯を求めて孤立を恐れず

原罪意識を持つと大抵加害者になるか被害者になるかはわからないけれどパワハラモラハラに行き着く

道徳的規範に囚われると大抵他者へのいじめマウンティングに行き着く

連帯依存すると煽動者に下っ端兵士として使い捨てられる

anond:20200522100841

COBOLのような機種依存している汎用機言語じゃないんだから情報は公開されてて

OSSならコード読めば仕様理解できるしサンプルコードも書ける

最近言語だって仕様ドキュメントあるし getting start もある

そういう環境にも関わらずスクール行けばプログラマーになれるとか思っている奴は見込み無いから諦めろ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん