「公的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 公的とは

2018-01-17

好きな人が死んだ

好きな人が死んだ。たぶん、若かったんだと思う。

たぶんっていうのは、実は好きな人ってリアルの知り合いじゃないっていうか、知り合いですらないんですよね。

インターネットでその人を知って、ああ好きだな〜と思った人、こんなんで好きなんて言ったら好き過激派みたいな人に怒られんのかな。いいや。

で、とにかく、好きな人が死んだ。事故だったらしい。

好きな人が死んだのは一週間以上前のことで、それが公になったのは今日自分はそのことを知らないまま日々おもしろおかしく過ごしてた。ばっかみて〜。いやなんなら年末年始に友人に会ってその人関連のいろいろをしてた。その人もう死んでたのに。

ていうかそのことを知った今日、家に帰ってあ〜疲れたな〜って言いながら寝転がってツイッター開いたときからね。緊張感があまりにも欠如してない?

なんか、好きな人死ぬとかそういうの、もっと特別タイミングで知ると思ってた。

「なんだか嫌な予感がする…」みたいなモノローグが入ったり、靴紐が切れたり、そんな前触れフラグも当たり前のようになかった。

いや今日はただ知ったってだけだから前触れも何もなくて当然なんだけどさ。たぶん、その人が死んだ日にも何もなかったと思う。おぼえてないけど。

いや〜それで、そのことを知って自分が何を思ったかって、「マジか」ってだけなんだよね。うわっこの書き方すごい中二病を感じません?感情がなくて悲しい…的な

結局自分はその人に会ったこともないし、顔も本名も何も知らないわけでさあ。向こうに至っては自分存在すら知らないからね。いや何が言いたいかって、悲しむには情報必要じゃないかっていやこんなことを言いたいわけじゃないんだよ。

好きな人が死んだ。「マジか」って思った。

そんでさ、次に自分が何したかって、ツイッターでその人の名前検索してんの。

まあ出てくる出てくる、哀悼ツイート(笑)

死を悼むこと自体否定してるわけじゃあない。でもさ、ツイッターって自由じゃん。ツイッターのそういうところも好きなんだけど…Love……

んで、検索したんだよ。そしたらさ、「御冥福をお祈りします( ˘ω˘ )」とか「ほんとに悲しい(語彙力)」とか、そういうのがわんさか出てくるわけ。

かたっぱしかスパブロした。ツイッターユーザーへの悪意をあらわす公的方法スパブロしかないっていうところが平和的で好きだよ。

( ˘ω˘ )って何だ。眠たがってんじゃねえ。今どき流行らねえスラングを使ってる時点でナンセンスまりないし、眠たがってんじゃねえ。語彙がなくたって、誠意を見せろ。人の死、を、使って、「あらわす力はないけど精いっぱい人一倍悲しんでるアタシ」を演出するな。人の死を使うな。人の死を使うな!

もちろん眠たがってたり語彙がなかったりしてても、リアルでは泣きわめいたり絶望したり手首を切ったりしてる可能性はある。でも、そんなこと、知ったこっちゃない。

「はぁ……推し……尊い…………」と「ご冥福をお祈り致します( ˘ω˘ )」を並べるな。んでさ、その直後にまた推し尊いツイートに戻ってんの。CMか?人の命はCMか。

悔しくてさあ。いや自分だってこんな匿名ブログなんて書いてる時点で同族ではあるんだろうけど…。本当に悲しんでる人はツイートブログも書かないかもしれないけど。

何が言いたいのかわかんねえな〜。とりあえず哀悼ツイートでもしてくっか!嘘だよ。

実はブログなんて書くのは初めてで、うまい締め方がわかんない。内容が内容だし、哀悼の意を示して最後オリジナリティあふれる愛の言葉なんて書いたりしたらうまいんだろうな〜。

今日はその人のことを考えながら寝て、明日もその人のことを思い出します。

2018-01-15

センター試験中に感想戦をするのを止めろ

来年受験リアル17歳が増田を読んでるとは思えないが、ムーミンがどうとか下らないことで盛りあがってたので一応。

試験が終った教科についてあの問題がどうだったとか友達とお喋りしたり参考書をチェックしなおすのは完全に意味が無いから、さっさと切り変えて次の教科の参考書なり教科書なりを読んでいた方がいい。

私は事情があって今年センター試験受けに行ったけれど、無駄感想戦をしないというのを徹底してたのはまあ1割くらいだったな。たまたま隣に座ってた子がそのあたり徹底していて、1日目の試験が終って退室するまでの待ち時間に次の日の理科知識チェックをしてたからこっちも身が引きしまった(まあ結果としてはあまり奮わなかったが)

もし試験から帰ったあとtwitterやらなんやらでムーミンがどうとか言ってたりした受験生ちょっと危機感が足りないと思う(まあ文系センター利用の子は1日目だけで済むからそういうのも居たかもしれないけど)

地理Bを本当に受けた感想からすると第5問はかなり難しかった。ムーミン(4問目)より前の北欧三国の各地の気候(1問)とエネルギーバランス(2問)を両方落したし、産業貿易について(3問)も自信を持って答えられなかった、税負担率と公的社会支出(5問)は簡単だったけど。

ムーミンはあれ作者はスウェーデン語話者のフィンランド人じゃなかったっけというところで手が止ったけど、正直北欧3国の母語がどうとか宗教がどうとかい問題を出されるよりはよかったじゃないかな。ここで失点したから89点とか言う良いんだけど微妙な点数(あと1問で9割台)になってしまった。

あと個人的にはセンター英語第5問が宇宙に行ってた方がびっくりしたぞ、あそこは近年はメール文読解から物語文読解になってたから充分ありえることだったけど(ちなみに英語第5問の解き方は普通に読んで普通に解くのかコツらしい。第6問みたいにパラグラフ毎に分解して解くとかテクニックは使えない)

自分感想戦をやってたら長くなってしまったので繰り返すけど、こういう感想戦試験中に絶対にやるな、自己採点まで終ってからしろ。あと毎年センター現代文伝説みたいなのがネットにあがってくるけどあれはワンセンテンスだけ抜きだして笑い話にしてるだけで読解問題得点UPには1mmも役にたたないから素直に本文を読んだ方がいいぞ。

ガキ使『黒塗り問題』について頭の中で少しまとまったので書いてみる

まず自分としては「問題なし」という認識でいます

主張しておくのは以下。

(1):本放送日本国内TV電波で流された放送であり、放送局日本国内ターゲットとしてその放送責任が発生する。

(2):肌を黒く塗ることに関して差別的意図がある文化日本では醸成されていない。

(3):黒人に対して悪な意図を持ってエディー・マーフィーに扮してはいない。

海外在住の外国人差別だと言われる件については(1)により関係ないで通せば良いし、その責任を持つべきではない。

キャプチャとかYoutubeアップロードとかほんとに知らんでよい。

放送を見た日本にいる外国人に対しては(2)(3)のことから日本では差別ではないので理解してくれと説明する。

国際的云々に関して、それって何?

自分

・互いの文化ルール表現尊重多様化を認めて許容すること

・上を踏まえた上で、衝突する場合はお互い一番傷がつかない落とし所を探ること

・上を踏まえた上で、自国文化に沿って相手国の文化ルール表現自国理屈一方的に削ることを強要しないこと

・上を踏まえた上で、自国外国文化ルール表現にあえて置換したり、並列化することで何らかの効率を著しく上げること

と思っている。

要は個性を認めた上で効率的にお付き合いできるようにしましょうである

なので他国へ渡ったとき、その国の文化ルール表現での拒否反応は当たり前であるし、理解を深めて許容すべきと思うし

自国外国文化ルール表現に単純に倣うことは違うと思っている。

日本以外黒塗りが差別に当たるとしても、日本差別では無い文化なら他国はまずそれを尊重すべき。

異国の文化ルール表現のあり方を許容することも国際的というなら必要感覚だと思う。

---

黒人差別について補足しておくと日本ではほぼないと思う。

その代わりにもっと大きな視点での外国人という括りに対して差別はあると思っている。

が、公的表現媒体上でほぼ見ることがなく、ネット上の落書き的な場所

リアルでの仕事や何らかのサービスを受けるとき対応に寄っていると認識している。

---

あー、あとベッキータイキックにも触れておく。

暴力的表現自体アウトとか言ってる輩はうんこ

ボクシング相撲格闘技、大好きな映画漫画小説すべてアウトになるよね。誰も得しない。

パワハラにも当たらない(と思う)。

ベッキー自体あんなことがありながらも本気NG案件強要されるほど芸能界の中で立場は弱くないし

NG案件仕事の受注の際に表現する力もあるはずである

現地点ベッキー本人は問題ないとしているのでこれを受け入れるしか無い。

彼女バラエティプロなので苦痛を伴った表現もある程度OKするだろう。

ハラスメント認定するにはまずは本人が本気NG強要されたと声を上げないと難しい。

男という正しくない生き物になんか生まれたくなかった

男性の特徴は、政治的に正しくない、現代社会的生活に相応しくない要素を大いに含むので、男性各位はそれを自覚し、己の心身の挙動に綿密な注意を払って調和平和を乱さぬよう生きるべし。


みたいなことを、公的にも私的にもそこらじゅうから言われてるような気になる。

ヒトのオスって、そこまで不快危険で、罪悪感で縛り上げなきゃとても共生したくないタイプの間違った生物なんすかね。


この思考で厄介なのは、ヒトのオスである私にとっても、他のヒトのオスはできる限り近くにいてほしくない不快な生き物だってことだ。

いや、私自身も私の体のゴツゴツした感じ、がさつさ、デカさ、体臭、体毛、声質、闘争性、暴力性、共感性の低さ、性欲、助平心、などが不快しかたない。

から迷惑がられるのが分かる。

どれも厄介な特徴だし、どれだけ大変でもコントロールすべきかもしれない。


私の頭の中の物知りマンもこう言っている。

「君が男性なのが問題なんじゃないし、男性なことを責めているのでもない。だって男性でもエレガントで社会性の高い人は沢山いるのだから

問題は君が社会生活にそぐわないこと。君の社会性が低いこと。性差ではなく個人差として君が駄目なのだ

そうかもしれない

でもこれら悪しき特徴の中に、私が男性に生まれたが故にテストステロンだかなんだかの影響を受けて、半ば先天的に強められたものもあったんじゃないですか。

それを個人差だと、個人責任を負うべき個人的特徴だとするのは、自己責任論みたいなもんじゃないですか。

つーか、男に生まれたせいでも、私が私であるせいでもいいけど、こうなろうとしてこうなったわけじゃないのに、もっとちゃんとしろって言われても不条理を感じる。

男性差別か、迷惑なやつ差別か、どっちかを受けてるみたい。


ところで、男がやたら恋愛相手をほしがるのは、性欲の強さのせいだけでなく承認を求めてるからだっていう話を見たことがある。

それに対して「承認だったら仕事か友人関係で得ればいいだろ、女に求めるな」みたいな批判が来ていたのも覚えている。

でも私はこう思う。

男が仕事や友人だけではなく恋愛相手から承認も強く求めるのは、しばしば暴力的攻撃的で非道徳的で不快社会生活に相応しくないとされる男の性欲を受け入れてくれる人がいる、むしろ歓迎してくれる人がいるということが、男であることの恐怖と罪悪感に許しを与えてくれるからではないか

仕事や友人関係で得られるのは、得意分野への承認だ。

一方、恋愛で得られるのは、己の有害さというコンプレックス部分への許しだ。

この二つは代替可能ではないと思う。

私は童貞で職歴もないから、仕事で得られる承認恋愛で得られる承認が本当に違うかわからないけどねー。


はーーーーきれいな女の子になって女の子と付き合って暮らしたいよーーーーーーーーーー

って書いたのに全然ブクマこないから再投稿する

2018-01-14

anond:20180114115827

からないことがあったら、Google検索で調べてみよう!

通名

通名(つうめい)とは、通称名の略。

現在一般に「通名」とは外国籍の者が日本国内使用する通称名を指す。

法規等の文中などでは「通名」ではなく「通称」と表記される。

歴史的経緯

 

1940年2月11日創氏改名制度施行されたが、内地ではそれ以前から朝鮮人などが「通称」として「日本名」を名乗るものが多かった。

創氏改名施行以後、朝鮮内地在住の朝鮮人なども日本風の「氏名」を名乗ることになった。

これは法的な「本名」であり、この日本名で各種届出や証明書類の交付、また登記などの公的手続が行われた。

一方戸籍上は従来の「姓」と「本貫」も残ったが、これらは「本名」ではなくなった。

だが1945年以降、38度線の南では「朝鮮姓名復旧令」(1946年10月23日)により、また北でも「北朝鮮施行する法令に関する件」布告により、創氏改名根拠となった朝鮮総督府令は失効し、朝鮮人創氏改名による日本名遡及無効となって法的根拠喪失した。

しかし、日本名でいったん公的に取得・蓄積された在日朝鮮人の各種の公的記録を一挙に無効とすることは、事実上困難であった。

そのため行政選択したのは、法的な根拠を欠く在日朝鮮人日本名使用運用上は有効とする政策であった。

通名制度は、いわゆる在日特権、もしくは見直すべき制度であるとして、その問題点批判されている。

犯罪被疑者通名使用している外国籍の者であった場合朝日新聞等の一部報道機関は、本名民族名)ではなく通名日本名)で報道することもある。

 

人種差別をなくすために、通名制度廃止して、誰もが正々堂々と本名を名乗って生活できるようになるといいですね!

男という正しくない生き物になんか生まれたくなかった

男性の特徴は、政治的に正しくない、現代社会的生活に相応しくない要素を大いに含むので、男性各位はそれを自覚し、己の心身の挙動に綿密な注意を払って調和平和を乱さぬよう生きるべし。


みたいなことを、公的にも私的にもそこらじゅうから言われてるような気になる。

ヒトのオスって、そこまで不快危険で、罪悪感で縛り上げなきゃとても共生したくないタイプの間違った生物なんすかね。


この思考で厄介なのは、ヒトのオスである私にとっても、他のヒトのオスはできる限り近くにいてほしくない不快な生き物だってことだ。

いや、私自身も私の体のゴツゴツした感じ、がさつさ、デカさ、体臭、体毛、声質、闘争性、暴力性、共感性の低さ、性欲、助平心、などが不快しかたない。

から迷惑がられるのが分かる。

どれも厄介な特徴だし、どれだけ大変でもコントロールすべきかもしれない。


私の頭の中の物知りマンもこう言っている。

「君が男性なのが問題なんじゃないし、男性なことを責めているのでもない。だって男性でもエレガントで社会性の高い人は沢山いるのだから

問題は君が社会生活にそぐわないこと。君の社会性が低いこと。性差ではなく個人差として君が駄目なのだ

そうかもしれない

でもこれら悪しき特徴の中に、私が男性に生まれたが故にテストステロンだかなんだかの影響を受けて、半ば先天的に強められたものもあったんじゃないですか。

それを個人差だと、個人責任を負うべき個人的特徴だとするのは、自己責任論みたいなもんじゃないですか。

つーか、男に生まれたせいでも、私が私であるせいでもいいけど、こうなろうとしてこうなったわけじゃないのに、もっとちゃんとしろって言われても不条理を感じる。

男性差別か、迷惑なやつ差別か、どっちかを受けてるみたい。


ところで、男がやたら恋愛相手をほしがるのは、性欲の強さのせいだけでなく承認を求めてるからだっていう話を見たことがある。

それに対して「承認だったら仕事か友人関係で得ればいいだろ、女に求めるな」みたいな批判が来ていたのも覚えている。

でも私はこう思う。

男が仕事や友人だけではなく恋愛相手から承認も強く求めるのは、しばしば暴力的攻撃的で非道徳的で不快社会生活に相応しくないとされる男の性欲を受け入れてくれる人がいる、むしろ歓迎してくれる人がいるということが、男であることの恐怖と罪悪感に許しを与えてくれるからではないか

仕事や友人関係で得られるのは、得意分野への承認だ。

一方、恋愛で得られるのは、己の有害さというコンプレックス部分への許しだ。

この二つは代替可能ではないと思う。

私は童貞で職歴もないから、仕事で得られる承認恋愛で得られる承認が本当に違うかわからないけどねー。


はーーーーきれいな女の子になって女の子と付き合って暮らしたいよーーーーーーーーーー

2018-01-11

anond:20180111095832

合意声明における文言みたいな形式重視の話で片づけたがるから、心情面で納得されないってことじゃない?

公的に謝った、公的謝罪を受け入れた、だからこれでおしまい! おしまいになったことだから本当はいやいや謝ったって本音をにじませちゃってもオッケー! って態度だと不快感が延々くすぶり続けるって話だと思う。

2018-01-10

男女関係プロトコル定義するべきでは?

出来れば公的機関とかが入ってちゃんとしたやつ。

現行では、男がいくら同意が得られていた」と判断しても、後から女性が「私は同意していません」と言われたら男はおしまいなので。プロトコル定義したらいいんじゃないかと思う。それも、簡単で誰にでも実践できるヤツ。

まず一番肝心な所として、格闘技タップみたいにがあるといいと思うんだよね。「もう無理!」っていうのを示す行動を定義する。それされたら「イヤと言っていたけど、実はOKの意味です」みたいな誤解が防げる。それされたら、もうそこでおしまい。終わり。そっからさらに手出したら犯罪とみなすっていう感じのを決めたい。

これでSM事故みたいのも防げるし、大事だと思うんだけどなぁ…

2018-01-09

anond:20180109182629

そもそも文化の盗用にしろ禁止が決定された」事なんてないけどな

公的に行うのはNG私的に行うにしても批判される事を前提にしとけ

ってなってる程度で誰も禁止してない。批判されてもいいからやりたいってなら自由

つーか何であれ、批判される事すら許せないってならその方が問題だ。

2018-01-05

身内に毒な家族を持ってしまった人へのライフハック 追記あり

わが実家でこの問題を抱え始めて早4年、まだまだ解決には程遠いですが去年末からようやく前へ進み始めてすこし希望が見え始めた増田おっさんです。

2017年にみた精神疾患抱えたお母さまを精神病院措置入院まで持ちこめた増田さんみたく、うちも解決してからこれまでの経緯を書こうと思ってたんですが、正直まだまだ解決までの道は遠いです。あと同じような問題を抱えている人に少しでも助けになればと思って俺なりの「毒家族対処法」をリストアップしたいと思います。なにぜ俺やほかの家族がこの問題に直面してネットでいろいろ検索しても、見つかったのは2ちゃんまとめサイト煽りエントリとか、明らかに非合法ひきこもり公正団体とか怪しげなアフェリエイトサイトかばっかで、まともな情報全然見つからないのです。(ググってもカス!)

ある増田ケーススタディ

大まかにうちのケースを紹介しましょうかね。俺はすでに結婚してよそで家庭もっている身なんですが、7,8年ほど前に借家住まいの両親のところに離婚して子供一人のシングルファザーしてた弟が合流、最初の3年ほどはみんなで助け合ってうまくやってたんですが、4年ほど前に弟が突然仕事をやめて自分事業を始めたのが終わりの始まり。彼の事業は1年もたたずに資金も底をつきて逆に借金地獄となり、しまいには自分の子供の世話や生活ほとんど親に丸投げ状態のうえ、いつの間にか自分境遇を親の責任だといい始めてまともな仕事もせずに高齢の親を働かせ金や車を巻き上げて好き勝手しているという状態です。家族の俺らからみても明らかに精神を病んでいるか精神科に診察してほしいのに本人の同意なんてもちろん得られるに何もできずに今に至ってます。ただあまりうちの個別のケースを持ち出すと「追い出せばいいじゃん」とか「児童福祉課に通報しろ」とか「精神病院つれてけ」とかそんな既にやってるし簡単に出来たら苦労せんわ!っていうクソリプが続くと思いますし、他の困っているご家族にも適応できる話から逸脱してくるのでこれくらいにしておきます

可能なら」まず逃げる!

まず最初に言いたいは、もし可能であればその毒な人間から一刻も早く逃げることです。ただこれはあくまで「可能であれば」です。よく長年家族間DV被害にあってたりブラック企業に勤めて精神を病んでしまった人に「なんでさっさと逃げないの?」「そんな会社やめちゃえよ」と言ってくる人がいます。そういう方に言いたいのは、そういった理不尽な暴力や状態から「逃げる」という選択をするにはある程度人間が強くないとできないのです。具体的には逃げるための経済的余裕、安定した仕事、頼れる家族や友達、そして健全な決断力。これらがないと「逃げる」という選択はできません。大抵の人たちはその絶望的な現実を前に「逃げる」という気力すらへし折られているのです。

家庭内でため込まず第3者に助けを求める。

上記のようにもし逃げたくても逃げれない状態でこのように家庭内DVで苦しんでいる場合、なるべく早い段階で同居している家族以外の信用できる親戚や公的な第3者に助けを求めてください。過去には普通に暮らしていた家族の一員だと、その人の変わりようが一時的わがままなのか、それとも完全に基地の外にいってしまった無敵の人なのかの判断は常に難しいです。一緒に住んでいるとじわじわと心を蝕まれてなかなか実感がわかないでしょうが、ほんの1,2日でもその対象から離れて生活した際にとてつもないストレス解放感を感じたら、あきらかにその人は一緒に住んではいけない人です。雑談愚痴話でもいいので誰か信用できる人に相談しましょう。俺のように同居してない遠くにすむ家族の一員でもいいですし、もっとおすすめなのは近隣の役所にいって公的サービスまたは地域見守り型のNPOを探してかたっぱしか相談しましょう。結局俺も遠く離れているとなかなか対処できないので、親が住んでいる地区高齢者見守りNPOを探してそこのソーシャルワーカー連携して対応してます。とにかく同じ家族内だと常に毒家族に振り回されて冷静な判断力だんだんと落ちてきます。だから定期的に家族とは関係ない第3者に連絡して、自分たちがおかれた状況について冷静な視点をもてる人を味方につけておきましょう。

公的サービス限界認識せよ

さて先に「公的サービスに頼れ!」といったそばから絶望させますが、残念ながらこれらの団体相談しても現在あなたが抱えている家族問題解決することは極めて難しいことを覚悟してください。その毒な家族包丁をもって暴れるとか殴り掛かってくるとか直接的な危険があったらある意味簡単なのですが、大抵のケースはもっと日常じわじわとした言葉精神の暴力でほかの家族の気力を削り取っていきます。これらの事例はグレーゾーンであり直接的な被害でないかぎり警察通報しても警告されるだけで終わりです。(ちなみに俺は警察相談した際、弟の薬物依存可能性も指摘しましたが、具体的な証拠がないと調査できないといわれました)おそらくやっとの思いで見つけたNPO団体相談しても、聞く人によってはただの家庭内喧嘩しか取り合ってくれないこともあるでしょう。うちも弟が狂ったように暴れて両親や甥っ子(弟の子供)が泣きながら電話してきたときに何度も警察を呼びましたが、家に警察がつくと弟はきゅうに大人しくなり、警察も警告を与えるだけで帰っていくというケースを何度も経験しました。一応かれらNPOや役所の人たちの立場からすると、彼らも明確な証拠がないかぎり、具体的な対処はできないのです。我々にとっては完全に毒な人だちでも、公的にはみな基本的人権ってのがあるのです。それを無視してして「自称被害者の話だけを重視して行動すると一昔前の座敷牢痴漢冤罪事件のようなことが起こりえるわけです。我々としては納得いかない点もありますが、ある意味でこれもちゃんと法律ベースにした市民社会機能している弊害だと割り切らざるをえません。

大事なのは「あきらめずに助けを求め続けること」

大事なのは、それでも何度もあきらめずに公的サービスに助けを求め続けることです。うちのケースでは、これまで様々な児童福祉課、高齢者見守りNPOや役所サービス経由で10人以上のソーシャルワーカー相談しましたが、うちのケースに真剣に向かい合ってくれる方に出会うまでに3年以上かかりました。5人目のソーシャルワーカーでようやく電子メールでの連絡を受け付けてくれる方と出会い、日々の家庭内でのトラブルを詳細に説明できるようになりました。そして過去に行ってきた役所警察への通報記録は、後々裁判沙汰にまで発展したとき重要証拠記録として残ります暴力事件などわかりやすい事例がないので、こういった第3者への通報記録は後々強い武器になってくるのです。ただ警察通報するには、家族内でつねにコミュニケーションをとっておく必要があります特に思春期の子供がいる家庭では「警察通報」は子供にとって大きなストレスですし、また警察を呼んでも事態ほとんど解決しない現実への絶望半端ないです。実際俺も甥っ子に「もう警察よんでも無駄からやめてほしい」「同級生にうちのことがばれちゃう」と泣きつかれて、それ以降は警察通報できませんでした。

安易に金を使っても事態悪化させるだけ

続いて「金は極力使うな!」と頭に叩き込んでください。このような毒家族に蝕まれた家庭では遅かれ早かれ生活費が回らなくなってくるので金が足りなくなってきます。それこそ俺のように離れて暮らす家族に金の工面をしてくることもあるでしょう。ただここで安易お金をだしても、事態解決に何も進展しません。むしろあなた金銭ヘルプをすることで生活自転車操業でも継続可能になると、根本問題がどんどん先送りになるだけです。あなた金銭ヘルプをしている間は生活が回る状態になると逆にあなた貯金が底を尽きるまで何も解決しません。あなた自分以外の誰か信用できる友人に相談して、冷静な意見を聞いて金の無駄使いは極力減らしましょう。個人的には「毒実家生活が回らなくなり引っ越しせざるを得ない状態」になったら引っ越し費用くらいを助けるのはアリだと思います。また毒家族に苦しむほかの家族を定期的に外食に誘ったりして短期間でもリフレッシュさせるのもいいと思います

毒な家族あらたな毒を回りにまき散らかす

たこ問題がやっかいなのは毒な家族本人の問題が一向に解決しない状態が続くと、その周りにいるほかの家族関係もどんどんギスギスして喧嘩が絶えなくなる点です。うちの実家の例をいいますと、「無敵の人状態の弟と彼の息子の生活費を稼ぐために70歳を超えたうちの父は今もタクシーコンビニバイトなどで週に6,7日働いています。たしかに大変で感謝してもしきれないのですが、その結果残された母がその弟と直接向き合う状態になります。逃げる機会が限られている母は次第に「お父さんは自分だけ仕事に逃げて、私に次男問題押し付けてる!」と恨みつらみをいうようになり、また弟の息子も断端と彼の父親をまねておばあちゃん(俺の母)への対応乱暴になって喧嘩ばっかになってます。本当に負のスパイラル状態になりますので、これも定期的に同居してない家族や第3者が入って落ち着かせてください。

家族問題は長期戦。合わないソーシャルワーカーはすぐにチェンジ

これまで何度も書いてきましたが、毒家族問題について早急な解決法は極めて稀です。結婚した配偶者からのDVだったら離婚すればある程度は逃れられますが(それでも逃げ切るのが難しいのは承知です)、血を分けた親族間のトラブルは縁を断ち切るのが非常に困難でとにかく時間がかかります。ただうちのケースでいえば、去年末から担当してくれてる児童福祉課のソーシャルワーカー(3人目)がようやくうちのケースを深刻に受け取ってくれて、現在甥っ子の親権を弟から俺の両親に移す手続きを進めてます。これまでの通報記録や弟が大量に滞納してる交通違反切符、そしてソーシャルワーカーが何度も弟との面談希望しても、弟がそれを拒否&逃走しつづけるのが決め手になりました。

家族問題に明快な解決法なんてない。常にケースバイケース

うちは甥っ子の将来があるので、できるだけ毒な弟をほかの家族から遠ざける方法を探しています。ただもしうちの弟ほど酷くなくて自室で大人しくゲームしてくれるだけの人畜無害な存在だったら、経済力の余裕があるうちは現状維持放置でもいいんじゃないんですかね。実際いろんなとこに相談して、そういったご家族のケースを何度も耳にしました。俺としてはその家族が長年さんざん悩み続けてるのは想像にたやすいので、その結果の決断として現状維持選択されてるなら、もうそれは尊重するしかないですよね。ただ俺はもうこういったダメ人間には非常に冷淡な人間になってしまったので、彼らの親が他界してから人生なんてホームレスにでもなればいいというスタンスなのでそこらへんの心情は忖度してください。

とにかくうちらみたいな困った家族って日本中にけっこうな数いると思ってるんですが、ネットいくら検索しても具体的な対策法がなかなか見つからないんです。だからせめてうちのケースでよければ少しは参考になるかと思って書き起こしてみました。

思えばうちの弟や毒になってしまった人たちも哀れな人だとは思うんです。おそらくいろんな問題が折り重なって社会や家庭で居場所を失って、本当は助けを求めているのにそれすら素直に言えなくて家族に甘えて乱暴に接することでしかコミュニケーションが取れなくなっているんでしょう。頭ではわかっているんですが、それでもやられてる側はたまったもんじゃありません。「本当は助けを求めているんだな」って思いながら、なすがままに殴られレイプされ続けるのを耐えられる人はいません。絶対にそこから逃げなければならないし、逃げれないならその毒な対象排除するなりで強引に沈静化させるしかないんです。このどうでもいいライフハックネタとして楽しめる人はきっとこういう問題に無縁な幸せな人なので素直にうらやましいです。何かの間違いでこういう事態に巻き込まれないように自身幸運感謝しつつ神様に祈っててください。

追記

id:novak777 “合わないソーシャルワーカーはすぐにチェンジ”これは広く知られてほしい。

これ正確には自分たち意思で違う方に変えてもらったというより、各施設ソーシャルワーカー多忙なため一度「そこまでの緊急性はない」と判断されると数週間たらずでその案件は終了になってしまうんです。そこでめげずに違う案件で児童福祉課や老人虐待などで通報して、違うソーシャルワーカーに来てもらってとを繰り返した結果が今です。

id:kpkpkpchang "家に警察がつくと弟はきゅうに大人しくなり、警察も警告を与えるだけで帰っていく"こういう時に、レコーダーでの音声や、動画を撮っておくことがどの程度有効なのか知りたい。

音声や動画を撮っておくはとても有効です。ソーシャルワーカーにも可能なら音声や動画の記録をすすめられました。ただこれも思ったほど簡単じゃないです。うちの場合は機械に詳しい父がほぼ毎日仕事に出かけているので機械オンチの母にはなかなかセッティングできない。また母は弟が逆上すると泣いてパニックになるほど怯えている状態です。何度か小型の録音機を渡していざという時にポケットに忍ばせて録音ボタンを押すようにとお願いしたのですが、目の前に弟がいると恐怖でそういった行動がとれませんでした。また隠しカメラマイクなどで録音するのも悪くないですが、後々膨大の音声データからこまめに問題個所のチェック&編集するのはなかなかの手間です。

2017-12-31

anond:20171230152740

私も工学系の現役研究者だが、全般的にこの意見には反対。

自分目線でだけ考えた視野の狭い意見だという印象を受けた。

臭い実応用研究は認めないわけではないが、大きな評価にはならないという立場です。

以下長文で失礼します。

まずはじめに、産学の役割分担はきちんとなされるべきだと考えている。

大学あくま学術機関であり、本来は「学問」をする場であって、

産業界から見ても独立中立である必要がある。

工学部が実応用を軽視している」って言われてもそれは学問かという問題もあるし、

役に立つ技術企業のために用意してあげる下請け機関ではないので。

研究活動では、新しい方式理論研究し、学問として確立するところまでが大学役割で、

臭い実応用の問題解決して社会製品サービスとして世の中に還元するのは企業の役目。

ここを曖昧にすると、企業でやるべきことが大学でできてしまうなど、公私混同問題が発生する。

例えば、表向きは泥臭い応用研究をやりますよと言って公的研究費をもらえるのであれば、

実際は特定企業が自腹でやるべき課題大学やらせるとかそういうことが公にできてしまう。

「泥臭い」部分にもきちんと学術的な新規性独自性があるならともかく、

税金が使われているんだから特定企業作業下請けみたいなものを許さないためにも

ここはきちんと線引きしておくべき。

ただし、冒頭で「泥臭い研究は認めないわけではない」と言ったのは、

その研究自体価値があるのではなく、そういうことをやる過程で新しい問題気づき

大学でやるべき独自性のある課題に発展したりすることもあるから

(なんでもかんでもダメだと言いすぎると研究範囲が限られすぎるので)

あえて取り組む理由説明できず、ただ自分研究

正当化するために言っているのだとしたらちょっとそれは問題だと思う。

次に学術論文という視点から

論文研究成果)は、大学以外にも企業一般の人も読める人類の共有財産だが、

対象読者としては産学分離の観点からも同じ学術界(学術研究を行う人)に向けて書かれている。

論文を最もよく読むのは本職の研究者だし、論文査読評価するのも研究者

研究者というものは常にいい研究とは何か、どういう研究テーマを選ぶか、

また行き詰まった時に次どうするか、そういうことをずっと考えてるわけで、

論文というのはまさにそういう時の研究者アイデアの源泉としての役割が強い。

で、研究者として自分がその立場に立った時に

「当たり前のことを当たり前に努力して当たり前のものができました」

という論文があったとして、進んで読みたいと思うだろうか。

このように考えると、学術界への貢献とは何かが見えてくる。

論文(や研究者)の評価指標であるインパクトファクター

研究者の考え方や研究方針にどれだけ影響を与えたか」に重点を置いているように、

論文読み手に大きな影響を与えることが、学術界に対する貢献とされている。

学術界の誰もが読みたくない(影響を受けない)論文評価がどうしても低くなるのは仕方がない。

もちろん、たまたまその技術実用化しようとしていた会社がいれば

この論文研究結果はそのまま使えるってなるのかもしれないが、

それは学術界に対する貢献として評価できないし、産業界に対して中立とも言えない。

また、全ての分野ではないかもしれないが、

私の研究分野ではその技術を専門に扱う会社がある。

学会で知り合ったその会社社員は発表されている論文を全てチェックしていて、

製品化できないか検討を進め、(おそらく泥臭い部分を解決して)

製品化やサービス提供することでご飯を食べている。

これに関しては良い役割分担だと感じている。

企業というものは、儲かるとなれば少々泥臭くても大変でもやるもので、

大学生個人卒検の1〜2年でできる範囲の泥臭いことぐらい、儲かるとなればどこでもやってるからね。

大学が実応用を考えていないから世の中に還元されていないというのは勘違いに近いと思う。

(逆にいうと、別に就職しても、会社を選べば企業立場から研究みたいなことができるということ)

また逆輸入で、研究界で生まれ研究の泥臭い部分をある企業解決してサービス化し、

今度は研究室でそのサービス契約してさらに発展した問題に取り組むみたいなことはよくあるけどね。

>「企業でも出来る実応用のステップ企業に任せるべき」という点については必ずしもそうであるとは思いません。もしそのような姿勢を取り続けると、「営利価値がある」と企業判断したものしか一般人アクセスできなくなってしまます

その上で、これは自己矛盾してると思う。

そもそも営利価値がない」と判断されるものは世の中に還元する必要がない役に立たない研究では?

(あるいは、ニッチすぎてお客さんが集まらず採算が取れない、であるとか)

言い換えると、企業価値のあるものはきちんと取り組んでいる訳で、

それ以外のもの大学研究してるとすれば、わざわざ税金を使って価値の低いことに取り組んでることになる。

(もちろん「すぐに役に立たない」研究もあるが、その場合独自性新規性のある学術問題があるはず)

企業場合はその技術に取り組むか厳しく審査を行い、

やるとなったら自社のお金で取り組み、失敗した場合自分責任をとるわけだけども、

好き勝手研究テーマを設定できる大学みたいな公的機関自分の好みでテーマを設定し、

企業も見ていないような技術の実応用に取り組んでいるとすれば、その方が税金無駄と思わないですかね。

>実応用のための泥臭い部分を投げっぱなしにしているから、世間一般から大学は好き勝手やって金を無駄にしている」みたいなことを言われてしまうのだと思う。

ノーベル賞受賞者研究Nature や Science みたいな

基礎科学系の雑誌でも工学系の雑誌でもいいけど、

実応用で新規性の少ない「泥臭い」ことで評価されてる論文がどれだけあるでしょう。

そう考えたとき、私には「大学は好き勝手やって金を無駄にしている」っていうのは

しろ実応用とか泥臭いことをやってる人のことを言ってるように聞こえてます

企業でもできることを税金でやる方が無駄遣いだと思うし、

税金を使うからこそ、大学しかできないことを模索するべき。

ただでさえ今は研究費もポストも削られ、学生数まで減ってるんだから

>眠っている研究成果を一般に届けるための「研究」に力を入れたほうがよほど産業界にも有意義

上にあげた理由で、企業がやるより大学でやる方が「有意義」という部分が疑問。

大学でやれば「無料」という発想をしてたりしてないですかね)

仮に有意義でも、産業界から独立中立であるべきであり、

大学では「社会に役に立つことをやっていれば何をやってもいい」というのも間違い。

つまるところ、大学などの学術界の研究成果では

本来産業界に対するメリットを言うべきでは無くて、

学術界に対して(学問として人類の知恵として)自分研究

どのように貢献しているかをうまく説明できれば良いと言うことであって

それを一言で表すのが「新規性」とか「独自性」っていうことかと思う。

あとは、大学は(多かれ少なかれ)税金が投入されている

(=研究お金がかかっている)という側面を考慮することかなぁ。

こういう立場自分研究見直してみるといいと思います

補足として、案外企業から増田さんがやりたいようなことをやってる企業

割と多いと思うので、そういう道を模索すると適職が見つかるかもです。

学術界に近い業務内容で、実応用研究をやるような会社職種ね)

2017-12-29

申請

役場に行くと小一時間くらいかけてすげー丁寧に教えてもらえるけど、実際は専門の業者かにやってもらった方が正確だし効率的だよね(金かかるけど)

しかし考えてみると、業者に依頼する人は自分で金出して滞りなく手続きを終える一方、俺みたいなのは金も出さずに公的リソース食いつぶしてるわけで不公平だよな~

公務員税金泥棒とか言われてるけど、実際に盗んでるのは俺みたいな無能なんや

まんこ

2017-12-28

死にたいが止まった

中学校で虐められた後、高校大学社会人

毎日毎日死にたいと思っていた。

朝起きて、学校行きたくない死にたい

会社行きたくない死にたい

メールを送るのが億劫だ。死にたい

仕事でポカをやってしまった。死にたい

上司が嫌な奴だ。死にたい

布団から出たくない。死にたい

休日布団の中でスマホ見て終わってしまった。死にたい

電車が満員だ。死にたい

会社の帰りが遅かった。死にたい

月曜だ。死にたい


風呂に入ると、死にたい死にたいと言いながらシャンプーをして、

朝ぼーっとしてるときも、トイレに入ってる時も、

ほぼ毎日死にたいなあと口にしてた。

もちろん死ぬ勇気なんかない。

死にたい」と呟くことは、

もはや心に焼き付いたシミのようなもの

一生取れないんだろうと半ば諦めていた。

それでも、平凡な毎日は変わらず送れる程度には器用で、

サラリーマンを15年勤めた。

その間、鬱病になりかけて退職した職場もあったけど、

まあ何とか自殺せずに逃げ切ることもできた。

直近の職場はとても雰囲気がよく、

時間も定時でほぼ帰れて、会社の同僚と飲みに行くという、

自分にしてはとても珍しいこともやった。

すごく恵まれ職場でも、

俺は毎日あいも変わらず「死にたい死にたい」と言い続けていた。

もちろんブラック職場で働いている時と比べたら

死にたい」を言う回数はだいぶ減ったけど。

昨年、貯めた貯金を使って独立した。

それまで全くの趣味であった、未経験な業種で開業した。

当然、開業してすぐの頃はお客は全く来なかった。

でも、貯金を全部使い切るまでは続けようと思った。

どうせ世の中は売り手市場だし、前職は人手不足常態化してる業界

再就職は多分できるだろうという思いもあった。

仕事発注がなければ、自社ホームページを作ったり、

昔の同僚や友人と独立の報告に(あわよくば仕事につながればと思い)

ご飯を食べに行ったりしてた。

公的起業家セミナーに出てみたり、

営業資料的な物を作ってみたり、

利益がほぼ出ないボランティアのような仕事経験と思って受けさせてもらった。

そうこうしてるうちに半年もした頃、

運が良いことに仕事がポツポツと入り始め、

何とかサラリーマンのころの8割くらいには稼げるようになった。

ふと、気づいたら「死にたい」と全く口にしなくなっていた。

自分死にたいと言ってた時と比べてみると、

仕事が好きな事なので作業自体面白い。受注できればその分だけお金が入る。

ミスをすると仕事がなくなるので、ミスが劇的に減った。

布団から出たくない日はでなくてもよい。夜に頑張る。

満員電車は乗らなくてよい。嫌な同僚も上司とも会わなくてよい。

面倒な飲み会はなくなった。やりたくない仕事は受けなくてもよい。

微細なメールのやり取りや電話はもう必要ない。



思い起こしてみると、自分ストレスの大半が

「やらされている」事に起因してるんだと気づいた。

もちろん仕事が減って食えなくなる怖さはあるけれども。

毎日の「死にたい」が止まったら、びっくりするくらい心が軽くなった。


俺は、ただのラッキー人間生存者バイアスかもしれないし、

単純に今の生活が向いてただけかなとも思う。

でも、小さくても自分仕事を作り、それを商い、生活する。

そういう生き方ができると「死にたい」が消えるんだと実感した。

もし、毎日死にたい」を連呼している人がいたら、

「やらされている」状況を変えてみるのも良いかもしれない。

死にたい」が止まった世界はとっても彩りが鮮やかだから

2017-12-27

anond:20171227090727

ああ、欧米だと「他人容姿を笑う」ってのは絶対NGらしいね

公的な場でやるのはあり得ないくらいの下品行為扱いだそうで

そう考えると、日本はやっぱ後進国だよなあ

2017-12-24

聖夜のメジャーマッチング出会い系アプリレビュー

筆者は男性で試したマッチングアプリは Pairs、Omiai、with、タップ誕生ゼクシィ恋結び、マッチドットコムの6サービス

ランキング形式で紹介してみる。

1位 ★★★★★ マッチドットコム

唯一まともに機能するマッチングサイト設計からしてまともである

概要としては女性男性も有料で公的証明書の提出を必要とし参入障壁が高いため姫プレイしたいだけの承認オバケがいないため本物の婚活プレイヤーのみ使用している。

しかしその分というのか現実はとても辛いものがあり顔面偏差値は低い。

UIも古き良き時代インターネットを感じさせ40代以上にはたまらない。

検索使用できる項目にやたら細かい宗教の設定があったりと海外サービスといった趣である

非常に実利的なサービス時間無駄にしたくない人におすすめ

あとはLGBT使用できるようなので政治的にもまとも。日本サービスは爪の垢を煎じて飲め。

2位 ★★★☆☆ Omiai

女性無料アプリのため承認オバケが住んでいる。女性にはおすすめ男性承認の肥やしになる。

消費するいいねユーザーの人気毎に違う。人気なユーザーいいねするためには大量のポイント必要になる。

この仕様のおかげでいいねインフレしない傾向にあるが無料いいねを配っているためいいねインフレしている。

3位 ★★★☆☆ Pairs

(同上)女性無料アプリのため承認オバケが住んでいる。女性にはおすすめ男性承認の肥やしになる。

日本最大規模のマッチングアプリ。有名なためユーザーが多い。

友達10人以上いるFACEBOOKアカウント電話番号認証によってアカウント作成ができる。

そういった意味ではFACBOOKアカウント本垢性別選択ができない)、電話番号認証の方でネカマアカウントを作るのがおすすめ

承認される気持ちよさの一端を味わうことができるとともにライバルがどういった人達なのか確認できる。これで君も諸葛孔明だ。

4位 ★★☆☆☆ with

(同上)省略

DAIGOかいう謎の人物プロモーションしているマッチングアプリ。なんでwishじゃないの(困惑

心理テストを駆使したマッチング可能になっており上記マッチングアプリに飽きた人はやってみると面白いかもしれない。

サクラもそこそこいる。

6位 ★☆☆☆☆ タップ誕生

ワーストサビースは上場企業サイバーエージェントの子会社サービス提供しているわりにサクラが以上なまでに多い「タップ誕生

女性プロフィールを閲覧するだけでポイントを使う仕様

その際にlikeかdislikeか選ぶのだが一日に見れる女性プロフィール20しかないため(一日に配布されるポイント20ポイントユーザーはとにかくlikeしかさない。

そのためlikeインフレしている。とにかくこの設計を行った奴はアホであり馬鹿

設計間抜けサクラだらけなので使う価値なし。

総括

唯一まともに設計されたサービスマッチドットコムのみ。

女性無料マッチングアプリ女性アカウントを作ってみるのがおすすめ恋愛市場の荒波を体験することができるぞ。

2017-12-23

これが安倍総理自民党から金品をもらい国民洗脳する典型的ネトウヨ書き込みだ。

これが安倍総理自民党から金品をもらい国民洗脳する典型的ネトウヨ書き込みだ。

YAHOO番組感想欄 サンデーモーニングに次のような書き込みがあった。

投稿者:wbb*****さん投稿日時:2017/5/28 10:13

加計学院開校に関して法的に何か問題があるのですか。指摘している文章は、担当者作成したメモ公文書でも公的議事録でもありません。むしろ批判は、国家公務員守秘義務違反した前川次官へ向けるべきです。

長年できなかった獣医師会の利権を打開し、かつ十数年にわたって今治市民が土地無償提供するまでして誘致を進め、特区事業を実現したことを賛意すべき。

常に韓国中国擁護し、日本政府批判に終始するこの番組こそ問題です。

(本文はそのままにした。)

①「加計学院開校に関して法的に何か問題があるのですか。」

 加計学園愛媛県今治市岡山理科大学獣医学部新設しようとしている。

安倍総理のお友達理事長を務める「加計学園」に37億円相当の土地無償今治市提供される。

さら今治市愛媛県事業費の半分にあたる96億円を補助。しか獣医学部設置は獣医師過剰になるという獣医師会の反対がある中での決定。法的に問題が出てくる可能性は大いにある。

②「指摘している文章は、担当者作成したメモ公文書でも公的議事録でもありません。むしろ批判は、国家公務員守秘義務違反した前川次官へ向けるべきです。 」

「指摘している文書は、担当者作成したメモ公文書でも公的議事録でもありません。」

なぜこう断言できるのか不可解だが、とりあえず断言だけして押し切るのが、ネトウヨ安倍自民党

また「担当者作成したメモ公文書でも公的議事録でもない」ならば「批判国家公務員守秘義務違反した前川次官へ向けるべき」というのはおかしい。何の守秘義務違反にもあたらない。

守秘義務違反にあたるというなら、この文書は少なくとも文部科学省公的文書であるということになる。

③「今治市民が土地無償提供するまでして誘致を進め、特区事業を実現したことを賛意すべき。 」

今治市民の多くは岡山理科大学獣医学部新設について知らないということだ。説明会でも突然降って湧いたこ問題困惑しているという。同じケースで千葉県銚子市加計学園千葉科学大学は大きな赤字を抱えると聞く。

今治市夕張のようになるのではないかとの声もあり、これに賛意を示すことは出来ない。

④「常に韓国中国擁護し、日本政府批判に終始するこの番組こそ問題です。 」

加計学園とは関係ない。またネトウヨ安倍自民党の特徴として常に韓国中国誹謗中傷し、旧日本軍によるアジアへの侵略行為を指摘すると、反日だとして、攻撃。そして安倍政権批判を許さないという独善的独裁思考押し付けるというところがある。

https://anond.hatelabo.jp/20171222191945

個人に言うんじゃなくて、そういう風潮にしていかないとやめないだろうね。

現実社会だって世界的にセクハラ批判があったりとか、性差別とかを問題化するムーブメントがあったから変わっていったわけでしょ。

はいだってセックスしたいし、女性に触ったりしたいんだから、行動に移したら公的に咎められたり、罰せられたりしないと、変わっていかないのでは。

2017-12-22

anond:20171215080638

景山民夫エッセーで書いていたが、結婚した時は届けだすだけで一切資格を問われる事は無いんだけど、離婚調停とかやると色々やるべき義務とかなんだかんだを改めて客観的定義されるんだって制度として、結婚する人の事は信用しているけど、離婚するような反社会的なヤツを信用してないからじゃないか?と書いていたと思う。

という訳で、何が言いたいかというと、結婚資格を問われないから、本当にお金が有り余っていて養育費をばっくれているような人は少数で、定職が無いとか、あっても給料が少なくて自分生活費を払ったら、さほど余裕が無いんじゃないかな?そうじゃなければ、離婚にならない時も多いでしょう。

から養育費取り立てる事だけ熱心にして、例えば養育している側じゃない人の資産、家とか車を取り上げた所で、無職のどうにもならん人が発生するだけなんじゃないかと。

子供育てる事は社会のためになる事に違いないから、もっと公的な補助を増やすべきだとは思うよ。

もしかして、岸氏の謝罪文が最悪手だったのでは

#metooリンチではありません(はあちゅう 公式ブログ

https://lineblog.me/ha_chu/archives/67293163.html

いやリンチでしょ。加害者実名挙げて告発すれば批判加害者に集まるのは当然だし、その結果として加害者社会的制裁を受けることは記事が出た段階でわかっていたこと。

公的手続きを踏まずに誰かに制裁を加えるのは、原因のいかんや制裁の大小を問わず私刑とみなせる。刑事告発民事訴訟ではなくBuzzFeedという私企業の力を使って社会的制裁を加えたのだから本件は立派にリンチですよ。

リンチと言われるのがいやだったら「加害者実名は明かさないが過去にこういう仕打ちを受けた。加害者当人取材して事実確認もした」という記事にすれば済むことだし、この方法でも立派に #metoo目的は果たせる。

それをわざわざ岸氏の名前を出したのだから、岸氏に打撃を与えることが目的に含まれていたと思われても、これはしかたがないのではないか

実際に岸氏は苦労して興したばかりの会社従業員6名とは言え一国一城である)を手放すことになったし、この会社そもそも岸氏のネームバリューを前提とした会社だろうからいかに優秀なクリエイターを揃えていたとしても早晩解散するであろう。岸氏の自業自得とは言え、この結末が岸氏のこれまでの行状に見合ったものかどうかはわからない。

と、ここまで考えて、

「もしかしたら、当初は岸氏を実名で裁くつもりはなかったのではないか

という可能性に思い当たった。

岸氏がnoteに発表した謝罪文記事の公開に先駆けたフライングであったとBuzzFeed記事にもある。このようなやり方で機先を制するのは不誠実だ、といったような感想はあちゅうも述べているが……

もともとBuzzFeed記事は「元電通K氏」などといった感じに名前を伏せるつもりだったが、本人が実名フライング謝罪してしまったせいで伏せておく意味がなくなり、実名報道に踏み切った、という可能性はないだろうか。

まあ、ちょっとなさそうな妄想ではあるが、もし本当にそうだったとしたらと考えると岸氏の人生トホホぶりがより際立って味わい深いのではないかと思った。

2017-12-20

anond:20171220095350

横だが、ほんとわかってないね

差別発言なんて世界に無数とある公人公的アクションに付随して問題になるんだぞ

今回も社長セクハラで辞任とかその典型じゃん

メディアへの告発もとうぜん公的行為

2017-12-19

anond:20171219084206

元々日本の男は家族大事にしないよ。

家より公を優先するのが日本の男の理想とされる生き方

(まあ武士とか上流階級だけだが。でも上流の生き方庶民理想として真似したがるわけで)

んで家の事は女に丸投げしていた訳だが(そして「家などというくだらない事に囚われて公的価値を生み出せない女は男より劣った生き物」として女を貶めて来たわけだが)

今は女もそうやって貶められる事に嫌気が差し名誉男性化して家より公を優先したがるようになっただけ。

2017-12-18

https://anond.hatelabo.jp/20171218050323

匿名相手に対して貶めるような評価匿名で書き込む事がその「告発」の影響する結果の一つとなっている現状もそうですが

なぜ被害届公的場所に出さずに一般紙面でもなくネットのしかもまた聞き中心のニュースソースに流すことにしたのかというところが

すでに利己的であり社会的な事例規範とは大きく離れているところではないでしょうか

相手社会的立場を失わず自己の優位性を認めるにとどまる範囲で「告発(刺激的な手記の公開」したのは根絶を目的としていないと見えます

かに動揺の告発があっても拡散基盤のないユーザーの訴えでは「出元がはっきりしない・あやしい話」で終わってしまいそうです

2017-12-16

anond:20171216100719

結婚した後に子供をどれだけ生むか?の合計特殊出生率1980年代には下がってました。

昨今の少子化クローズアップされてきたのは結婚しない人が増えてきたからですね。

まぁ皆さん自立した健康な老人になりましょう、あるいは公的安楽死機械みたいな未来かな。

2017-12-15

何故養育費税金みたいに取り立てないの?

子供貧困とか言うけど、深刻なものの多数は母子家庭で、つまり父親養育費支払いから逃げてるために起きてる貧困

住民税とか滞納すると凄いよ。職場に連絡が来て給料から月々差し押さえられるからね。そこそこの人数の会社経理やってると差押え額の計算とか仕事のうちだからね。

でさ、

なんで養育費税金なみに国や自治体で取り立てないのかな?子供抱えたお母さんにそんなこと自力救済やらせてちゃダメでしょ。父親給料資産差し押さえよう。働かないクズなら五輪会場の建設作業員でもやらせようよ。これ少年犯罪交通事故賠償金についても思う。払い終えるまで給料から差し押さえろって。この間の煽り運転クズとか、民事賠償絶対払いたがらないよ。国が取り立てなくてどうするの?未成年女の子である遺児達に自力やらせるなんて情けなくないか

もちろんそれでも足が出る貧困について公的扶助するのは大賛成。取り立て完了するまで扶助はすんな何て言わない。でもせめてツートラックでやろうよ。

BUNTEN 「日本の子もの貧困率懸念」その懸念は大当たり。もっと言って下さい。 こども貧困 10 clicks

2017/12/14

sbedit1234 "医療教育の不平等にある" 一般論ではあるが国民皆保険体制かつ義務教育無償化済の日本には当てはまらない。貧困児童を作り出すのは↓にも居る、元妻に養育費を支払わないクズ男だ。「もっと言って」じゃねぇ。 また相対的貧困率

2017/12/14

ほんまに突っ込みの通り。

ぬけぬけととはまさにこの事。

虎になった李徴でももうちょい羞恥心あったわ


tohokuaiki 誰が取り立てるんだよ?

国や自治体

取り立てるコストゼロではないし、そのコストはどこから出て誰が負担するの?

クズ父親が逃げおおせることで増加する母子家庭への社会的扶助コストゼロではないし、納税者負担してんですけどね

そっちはゼロだと思ったの?

2017-12-14

anond:20171214231349

元増田です。

意見ありがとうございます

うーん、彼氏をつなぎとめる材料必要とは思っていないんですよね。

もちろん相手が飽きたら別れを切り出されますが、私が飽きたらこちらから別れを切り出すので、その点では対等です。

「一緒にいる義務はないけど、一緒にいたいからいる」という状況が、今のところ最も理想的だと思っています

結婚してもいいのですが、相手がまだ学生だということもあるので、まあ税金面とかそういう外的要因によって自分たち公的関係性を考える必要が生じればそのうち入籍するかも、くらいの感じです。二人とも。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん