「積極的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 積極的とは

2021-04-23

新入社員への教育にどれだけリソース裂くか

俺は勤続7年、今の部署は3年目だ

此度新入社員の後輩ができたんだが・・・

人に積極的に物を教えようとする気がおきない

マニュアルは作ってあるからそれ見てやらせるようにしてる

出来る奴は見ながらやってくれるし、出来ない奴は説明してもできない

丁寧に教えたところですぐやめるんだろうなと思ってしま

何で俺の時間を使って教えてやらにゃならんのだ

だって自分仕事してスキル高めたいんじゃ

ただで人を使おうとするなと

あとPCスキル低い子多いね

まあそんな奴が多いから頭一つ抜けられてるわけですが

2021-04-22

忌避とされる物事積極的に踏み抜くと渋い顔で苦言を呈するはてなブックマーカーのような世間体人間が釣れるのでそれを冷笑する営み

anond:20210422113036

まあ情熱を傾ける先がおありでお幸せそうですわね、おほほ、と受け流せばいいのに女とみれば積極的愚痴じゃんっていいにいくおまえもお前だ

恋愛弱者になった同期をサークルの奴らが袋叩きにしていた

大学卒業して5年。

厄介なことに卒業してもTwitterのつながりは残っているもので、みんながみんな仲がいいとかフォローしていたいとか思ってるわけではないくせに、「角が立つから」とか「かえって面倒だから」とかでそれぞれがそれぞれをフォローしたまま時間が過ぎていく。

学生時代は仲良くやってた間柄でも、所属するコミュニティが変われば各々の価値観も変わり、気が合わなくなっていくことはザラだ。それでも、「まあ一応…」という感じで、後輩・同期・先輩の不毛なつながりは続く。

あと大抵は皆鍵垢でやってるので、表に出ない分言葉を選ばず、「ガイジ」「アスペ」などの公では言ってはいけない言葉も平気で使う。

僕は途中からそういうのが嫌になって、相互フォローでもそのほとんどをミュートし、良く知らないし興味もわかないしそもそも誰なのかよくわからない鍵垢からフォローされても返さなくなった。


それに僕は卒業後ひとり違う地方移住したので、リアル飲み会には物理的に参加できなくなった。

上記の通り僕はTwitterというものやよく知らない先輩後輩とつながることが面倒に感じていたため、見るのはLINEの同期グループだけにしていた。


僕の同期の話をする。

会社勤めも真面目にやってて資格勉強をしたりして、一人暮らしなのに給料から実家仕送りまでしているらしく、しっかりしたやつだと思う。

恋愛事が不得手だけど、そんなのは文科系サークル男子の中ではさして珍しい欠点でもない。

しろ僕は、そんな中で積極的合コンマッチングアプリに挑むことを続けている彼のことを一目置いていた。

ただ、彼はこのマッチングアプリでかなり苦戦しているようだった。

その経緯を鍵垢で書くようになった。その日一日どうトライたかとかダイエットの経過報告だけで終わってればよかったのだが、やがて相手への不満を詳細に書くようになった。サークル人達が閲覧できるアカウントで。

実際ひどい扱いを受けているな、あしらわれて腹が立ったんだな、と僕は同情していたが、どうやらほかの閲覧者たちはそう思わなかったらしい。

どうもオンライン飲み会かなんかがあったっぽいのだが、きっかけはわからない。

そこでどうやら彼が失言をしたか悪い酔い方をしたらしい。

彼はアカウントを削除していた。

後輩なのかなんなのかよくわからないアカウントたちが、総出で彼を非難するツイートをし始めた。

ミソジニー」「白饅頭信者」といった具合だ。「もううんざりブロックした」「前からおかしいと思ってた」「あんな性根だから非モテなんだよ」etc

ふざけやがって、と思った。

あいつはあいつなりに、自分の抱えた問題課題解決するために努力してきたんだ。

実際あいつは、俺らの大したことない大学からしたら破格のデカ会社に入って、そこで出世するために努力して結果を出してきた男だろうが。

そんな中で、あいつが解決しなきゃいけない、どうにかしなくちゃ、と危機感を持って彼女を作るための活動を始めたのは、

そもそもはお前らが飲み会やら鍵垢やらであいつを童貞だのなんだの茶化してイジって笑いものしたことも一因だろうが。

彼は愚かだったかもしれない。間違いを犯したかもしれない。

だけど、彼が間違いを犯したことの原因は彼一人にあるわけでは絶対にない。

彼や彼と同じ属性を持つ人を追いつめる社会構造矛盾社会遍在する限り。



性差別だのセクハラだのパワハラだの、なにかを言ったつもりでなにも言えてないような言葉で人を縛るくせに、

群れになって誰かを袋叩きにするときだけはみんななりふり構わず雄弁だ。

そして僕も自分アカウントでは何も言えず、こうして匿名の場でぶつくさ言ってるだけの臆病者だ。五十歩百歩だ。

それでも、僕は彼が努力家で勤勉なことを知っている。

どんな形が彼の傷をいやすのかはわからないけど、僕は彼が幸せになってほしいと思ってる。






コロナ収まったら飲みに行こうよ。できるだけ少人数がいい。

もし彼女できたってなったら、新幹線乗って祝いに行ってやるよ。

オタク趣味友達の作り方がわからない

昔、二次創作サイトを持ってた。サイトって言うなれば自分の城で、好きなように色を変えて、好きなようにコンテンツを置いて、好きなようにデザインできる。嫌な事言う奴はアクセス禁止にして、強制的排除だって出来る。

好きな二次創作テキストサイト管理人感想を送ったり、「尊敬してるサイト様」としてリンクを貼ると、相手アクセス履歴から辿って、私のサイトにたどり着いて、相手認知される事がある。そこからTwitterで繋がったり、感想を送り合う仲になったら、個人的には友達になれたと思ってた。相手がどう思ってるかは知らないけど、少なくとも私はね。

それが大体10年前。

10年経てば好きなジャンル流行りのジャンルだってかわるし、個人サイトよりもpixivが主流になる。

サイトだと自分しか可視化されなかったいいね数と、ブックマーク数がpixivだと一気に大っぴらになる。

流行りのジャンル渡りくその人のブックマーク数がどの話も1000users10000usersを超えていて、いつのまにかTwitterフォロワーは4桁になっていた。文章しか書かない人なのに。

ああ、すごいなあ、旬だからなあ、話は万人受けする訳ではないけれども豊富な語彙量と話の運び方でねじ伏せてるし、ブックマーク数が伸びるのも当然だよ、くらいに思ってたんだけど、対して私は……と考えると、自分ちょっとみじめになった。対等だと思ってた相手は対等じゃなくて、自分が思っていた以上に雲の上の存在だったらしい。

数字で"好き"を計ってるみたいで、ちょっと嫌になって、pixivにはあまり近寄れなかった。なのでサイトをやめてからあんまり書いてない。二次創作は突き詰めても趣味以上のものにはならなくて、続けたところで何かがある訳でもないし、その人が数字を鼻にかけて特別変わった訳でもない。ただ私が一人でその人と比較して、勝手にみじめになってるだけで、私の心の問題から

その人には私の心のモヤモヤを伝えた事ないし、これからも伝えるつもりもない。


それとはまた別に半年前、ハマったジャンルpixivお話をあげた。好きなジャンルだったから、自分が読んでて、いいな、好きだな、と思ったお話には返信不要積極的感想も送った。

感想を送ったうちの一人から、返信がきた。私が書いたお話感想まで含まれていて、既に何度も読み返しており、すごい好きなお話なのだという。嬉しかった。

私が友達ほしくてTwitterアカウントをそのジャンル用に取得した事を、新しくあげたお話キャプションで書いたら、この人もTwitterを始めてくれた。嬉しかった。三ヶ月くらい、毎日DMで話してた。既に完結したジャンルなのに、こんなに話すことあるんだ…!ってびっくりするくらい楽しかった。

Twitter、はじめは私の方がフォロワーが多かった。ちょっとだけね。

次第にこの人の方がフォロワー増えてて、いいね数も増えてた。

今は新書ページメーカーで書いた話をTwitterにあげるのが主流らしく、閲覧垢が多く存在する事をそこで知った。

もちろんこの人の書くお話は私も好きだし、とても上質で、話のつくりも描写も丁寧で、豊富な語彙量から繰り広げられる世界はこの人の目にはどんな風に世界が映っているんだろう、って思えるくらい、素敵なお話ばかりだった。もし一次創作をしていたなら、賞だって取れるんじゃないかな。

どこまでいったって、私は自分に自信がなくて、人と比較してしまって、勝手に自滅するだけなんだな、って今回気づいた。

みんなどうやって友達になるんだろう。

好きなものを好きなように話したかっただけなのに、どうして自分相手比較してしまうんだろう。そんなの無意味なのに。

anond:20210422013540

やろうとするだけなら自民でもできるだろうけど、自民がやるなら反対って人も多いからね。

かといって立民に政権交代したらそれが可能になるとも思えん。

立場がひっくり返るだけだからね。

維新は色んな意味で論外だし、公明主体的にそういう事をやらんだろう。

共産分からんが如何せん政党の規模が小さすぎるし、社民国民民主はもう政党としての体を成していない。

本当は政党の垣根を超えて協力し、厳格に期限を設定した上で私権制限可能とする法律を作るのが筋だったと思う。

そして与野党のどちらもがその法律を受け入れてくれる様、誠心誠意国民を説得しなければならなかった。

普段はいがみ合う与党野党が、新型コロナ対応に関してだけは積極的に協力する様を国民に見せなければいけなかった。

そこまでやらなきゃいけない状況なのだという事を、与党野党が手を取り合う事で国民に分かりやすく示す必要があった。

でも、結局今に至るまでそれはできなかったな。

誰がどれくらい悪かったか? というのは意見が分かれるだろうけど、日本の政治はみんなで団結して困難に立ち向かうという姿勢を示せなかった。

統一された意思なんて幻想だとしても、その幻想国民に信じさせる事ができなかった。

からそれができる様になるとは思えないし、個人個人による個別努力を積み上げてなんとかするしかないんだろう。

まああんまり悲観的になっても仕方ないし、個別努力を積み上げる方が日本人には合ってるんだと信じて頑張るしかいね

anond:20210421224412

弱者男性いじめられている嫌われていると言うか不当な扱いを受けている空気みたいに扱われている程度だと思う

あとは人間関係を極力無にしようとしている感じで積極的いじめようって感じではないと言うか

(たまに仕事上の関係あってもそれやる人いてすごく面倒なことになるんだけど)

それで、問題顕在化して醜くなるのは、まさにそれを指摘された今回みたいな時だ

全力で自分を守るためあの手この手否定人格攻撃を全く躊躇わない

若い女性に限定してるのなんて醜悪に作り上げた藁人形だけどその出来の悪さにも気づかないで飛びつく

「お前がこんなに悪いことが原因だ」「私たちは一切悪いことをしていない」

これに必死になるだけ余計説得力が増していくんだけどね

2021-04-21

酸素のない水

普通とは何なのだろうか。

普通でいることが善なのか、はたまた悪なのか。

よく「量産型」という言葉を耳にする。

個性的で、長いものに巻かれる。それは当たり障りない人生というテンプレートをなぞっていくような言葉にも感じられる。

しかし。

先天的発達障害(ASDADHD、DCDのトリプルコンボである)を抱えて生きてきたわたしには未だに今ひとつ普通」「没個性」というものがピンとこないのだ。没個性を目指してもなれない、普通を求めても手に入らない。最初約束と違ったことを言われたり、イレギュラー要求をされるとそれを「普通」にはこなせないし、0か100かしかないので50を求められても相手の思うように返せない。

その発達障害20歳になるまで見つけられることがなく、いわゆる定型発達の子どもたちと混ざって幼少期から常に「変な子」「面白い子」と揶揄されてきた。その度に普通でいることのハードルの高さを感じさせられた。

かに物心ついた頃から子ども特有の目のキラキラ感がなかったことも自覚はしているし、どこか冷めているというか物事純粋に楽しめなかった。その上父方の家庭が自分たち価値観の型にはめていく教育方針だったこからそれに当てはまれなかったわたしはそこでの居場所も失ったこともその後の成長過程に大きな影響を及ぼしていると思っている。幼稚園小学校に行っては大人にとっては「ちょっと変だけど元気で明るい子」を演じ続け、帰ったら帰ったで本ばかり読んでいた。そして当時月に2回ほど行っていた父方の祖母の家((今はもう6年ぐらい行っていないので祖母も叔母も元気にしているかどうかすら知らない))では、わたしを連れて行っていた父親含めほぼ誰にも話しかけられることはなかったのでずっと2階の広い部屋に引きこもってポケモンを捕まえ続けた。常にいい子でいなければ死ぬ、という感覚はこの頃からあるし、過干渉されると怒るくせに愛されたい願望が変に強いとにかくめんどくさい人間になった。

いわゆる「普通の子」との疎外感からわたしは気がついたら常に死にたいと思うようになっていた。記憶の限りではおそらく小学校に入る少し前ごろからだっただろうか。でも大人にそれを言うとまた色眼鏡で見られることや世間体を気にされることは子どもながらに理解していたので、誰かにそんなことは言えないでいた。何なら今の今でも誰かに言ったことはないので、ここで初めて誰かに気持ちをぶつけている。

死にたいという感情を悟られるまいと思い必死にその時その時に全力で自分の生きる意味を探した。特にこれといった特技もなく、決して健康子どもでもなかったのでその度に壁にぶち当たったし器用に生きられなかった。し、今でも器用に生きられないでいる。

そして小学校高学年からだんだん学校に行かなくなった。気がついたら中学入学後、完全な不登校になって1週間寝つくことがないまま夜を過ごしたりその間に考えるべきでないことばかりを考えるなどした。その頃から心療内科カウンセリングを受けるようになり、良くも悪くもならないままこの前気がついたら干支が1周していた((むしろここ半年仕事などの過労から抗鬱剤を飲む生活を送っているので正直悪化している、けれど新しい病院開拓するにも腰が重い))

高校受験の時だって、「普通の子」になりたくて偏差値部活の活発さも平均的なそれこそ「普通」の高校を選んだのに周りからは「もったいない」((無駄論理力だけがずば抜けていて他が壊滅的なIQであるために、自分で言う話でもないが中途半端に成績だけは良かったので同級生保護者たちからはあまりまれ子どもではなかった))「もっと上の学校に行けばいいのに」と批判された。この時ほどにわたしの追い求めていた普通否定された経験は後にも先にもないように思う。

その後その高校入学し、不登校経験した上での高校生活での目標に「皆にとっての当たり前の日常」を掲げた。しか高校2年生の頃に病気が見つかり、当たり前の日常はおろか出席日数もギリギリクラスでは孤立しながら廊下からすぐのいちばん後ろの席で生活した。こんなはずじゃなかったのに、と何度も思ったけれど、どこか仕方ないと思って諦観している自分もいた。

大学でも2年生修了時に高校時代からの持病が悪化し中途退学。自分人生の中で比較的イケていた時期だと思っているが、学校生活「すべて」を謳歌したことは一度もない。その結果通信制大学編入し、単位まったりまったりと取りながらズルズルとマイペース学生という身分を続けてしまっている。

20代も半ばとなった今でも時に日常会話で「普通に」とか「常識的に」と自分の中で繕った普通をぶった切られることもある。最初は何とも思わないが、それを同じ相手から何度も何度も言われることで自分の中での普通はまだ全然普通ではなくて、むしろまだまだ程遠いところにいると感じてしまう。そして「普通」という名の相手感情の押しつけに嫌悪感を抱くし、「あなたが言う普通だってあなた個人価値観だよね」と言ってしまうので感情的にカッとされることも少なくはない。((カッと、ということで余談だがリストカットなどの自傷行為に走ったことはほぼない。その時間無駄だと思ってしまうしもっと具体的でもっと苦しいものを選びたくなるしいつもそれを考えているうちに過呼吸になっている))

この普通適応できない息苦しさはいつまで続くのだろうかと思うと過去記憶フラッシュバックしてくることも頻繁にあるし、それで過呼吸を起こすことだってある。結果身近な人が迷惑を被ることになる。いつまで経っても身近な人の立場からしたらわたしは最高にめんどくさくて、普通には到底なれなくて、どこまでもまっすぐに生きていけないとても厄介な存在なのだ

からこそ交友関係もどんどん希薄になっていくことには慣れているし、距離を置かれていくことを察するようにもなった。自分から誰かと接するということも積極的にできないし、むしろ入られたくないゾーンに入られたら精神の平静を保つべく全力で拒むようになってしまった。自分友達だと思っている相手からしたらわたしという存在は知り合いないしは顔見知り程度なんだろうなと斜に構えてしまう。iPhoneアドレス帳なんて家族含め3人しか登録されていない始末だ。でも別に特別広い交友関係を持っていてもメリットもないし、むしろ自分に相応しくないように思えてきてしまうしそれを悩む時間無駄だなと思う。

結局ひとりぼっちでいることしかできないし、結局誰かに頼る強さを得ることもできない。いつまで経っても弱くて、いつまで経っても自分自身のことを好きになることができない。常にコンプレックスに直面している。

アポンプのない酸素の薄い水がたっぷりと入った広い広い水槽で、必死に呼吸をする魚のような感覚だ。

いつかひょんなことからこの文章を見つけた未来わたしが、少しでも笑ってこれを見られますように。

そして、今よりも生きることを楽しんでいる「普通の人」に近づけていますように。

anond:20210421142938

女にとっての生理みたいなもんだと思う。

そんな積極的にその話しないけど、生理現象だしそこまで恥ずかしくはないっしょ。

anond:20210420122442

本当にいいサンプルたよ。


野党よりマシ


これが未だに自民党政権が大きな改善もないのに存続してる理由だというのに。


今の与党のグダグタな体たらくを見れば、過去や今の現実を見据えて、実現性希望のある提案をすればある程度の勢力は取れるはずなのに。

それをせずに過去の大き過ぎる失敗を無かったことにしようってんじゃね。

しろ積極的にそんな輩どもは叩き潰すために当選確実対立候補に入れる、それが大体自民党という話ではないか

2021-04-20

anond:20210420180011

えーとりあえず今の会社に行く気なくしたなら転職かなあ。行動に移さなくても転職サイト登録して世の中にどんな会社仕事が転がってるか情報収集してみるかも。自分だったら小さい頃からカフェオーナーとかやってみたかったし、どうやったらなれるのか調べてみたりする。そうすればちょっとは将来へのモチベーションまりそうだし。

恋愛結婚はこの時代本人が積極的に行動しないとできないだろうし、気力ない・興味ないならしないって選択肢でもいいと思う。自分家族が欲しくなったら頑張れ。

このまま耐えるっていうのはないかな。耐えられなくてストレス休職しているんだよね?会社は変わってくれないと思う。

新型コロナ: 高齢者ワクチン接種、越年の可能性 自民・下村氏言及: 日本経済新聞

日本医師会は、今となっては、積極的自民党を支持しているのではなく、医師会自民党反旗を翻すと、猛烈な報復処置が取られると思って、報復を恐れて自民党を支持しているのだ。

いや、何の根拠ソースもないけど。

なにしろ自民党(と財務省)は国の支出する医療費を大幅に削減したくして仕方ないのだから

2021-04-19

接客は受けたいけど購入はネットでしたい

家電とか服を買うときかに接客を受けるのは気にならない。

しろいい店員さんに出会えてより良い買い物をすることができる時もあるので積極的に話をすることもある。

でもその場で購入を決断するのは凄く悩む。

結局買わず帰宅してその店のオンラインショップで買う。

店員さんからするとあの人接客しても買わないよね みたいに思われたりしてそう。

違うんだ!オンラインショップで買ってるんだ!と言いたいがそれもなんか違う。

「後で考えてオンラインショップで買いますチケット」って考えた。

このアイテムを後でオンラインで買います、という約束お金を払って店頭チケットを買う。

帰宅して「やはり欲しい」となったらそのチケットを使って買う。

もしあったら使いたい。

買いますチケット店頭価格の○%高くなるという縛りがあってもいい。

あるいは買わなかった場合でも商品価格の○%は取られるとか縛りでもいい。

これは、ネットじゃないと買えない人間でも店で常連みたく扱われたいという願いから出たアイデアです。

しろ積極的サービス終了を主張する」ほど増田重要視してるってのが不思議だな。

個人的には続いても終わってもどうでもいいってかんじ。 

anond:20210419150301

揚げ足取りじゃなくて、文章理解してなくて思い込みが強いから訂正しただけやで

育児積極的に参加したいやで

学校責任って言うけど

具体的にどうすれば責任がとれるんだろう。

自分の身に置き換えて考えてみると、部下同士が不倫したのは上司責任って言われても知らんがなとしか言いようがない。当該社員の降格や配置換えなどの対応はできるだろうけど、「不倫事実会社調査して謝罪しろ」って言っても会社として出来るのは「不倫はやめとけ」と口頭注意するくらいか

学校だって生徒同士で校外トラブルが起こっても基本的には「知らんがな」としか言いようがない。体育の授業中の事故教室の中の殴り合いならともかく、校外の出来事までいちいち真摯対応していたら確実にキャパオーバーすると思う。ただでさえ万引きしたとか夜の街をうろついていたとかLINEで仲間はずれにされるとかそういうのも学校指導してくれと投げられても、担任としては「もうやるな」と言うくらいしかできないのではないか加害者生徒に頑張って指導しても「うぜえ」とLINE愚痴られて加害者生徒たちが結束して担任の車に傷をつけたり親ぐるみで「ちょっとやりすぎよねぇ」と噂を流されたり子供がいた場合はそっちに加害がいくなどして担任自身自殺レベルで病む恐れもある。保身と言われても先生たちだって人間だ。明らかな過失ならともかく、それなりに対応していたトラブルがうまく収束できなかったら「私が悪いって言うんですか」くらい言いたくなるだろう。先生がしゃしゃってきて解決するいじめならとっくに解決している。

問題なのは学校無責任ということではなく、こういう子供同士のトラブル解決できる機関がないことだろう。大人なら調停なり裁判なりで片付けることが、子供同士だと出来ない。学校にその権限はないし、警察にもトラブルの内容では限界がある。児童相談所地域の家庭支援系が近いけれど、既にパンク寸前だろうしそもそもトラブルを抱えている加害者側が積極的支援を求めるか疑問だ。

例の事件、実際学校はどう動けばよかったんだろう。弁護士も入れて「後は当事者同士好きに訴訟でも何でもやってください」にしておけば被害者の傷も少なかったんだろうけど、加害者家族から被害者学校が恨まれて今後の指導が出来ないデメリットもある。「加害者を庇う」と散々あるけど、どんなにクソでも学校は全ての生徒の味方をしなくてはいけない。そこが学校限界だ。いじめ断罪するのは学校ではない。

私刑以外にどういう再発防止策があるか考えたけど、「子供トラブルに特化した警察下部組織を立ち上げてそこに全面的に任せる」のがいちばん良さそう。スクールポリスかい胡散臭い奴じゃなくて、いじめ問題の他に盗癖や性犯罪みたいな疾病レベル問題児の相談とか、児相連携して虐待発見とか登下校の指導とか出来そうなことはたくさんある。児相学校寄りの機関という位置づけだけど、仕事過酷そうだから成手がなさそう。ごめん今の話なかったことで。

働いてまで生きたくない10年後の姿

当方30歳会社員

自分労働苦痛で仕方がなく、とはいえ積極的に死のうとする度胸もなく、頼れる太い実家もなく、流されてきた結果今も苦しい毎日を送っている

働いてみると意外と辛くないとか、趣味方向の仕事を探したらいいとか言う人もいるけれど、そういうことじゃない

今の会社転職して2社目だけど、残業はほぼないし仕事の量も質も自分能力範囲内だ。有給も言えば取れる。おかしな人も(自分の関わる範囲では)いない。前職の良くなかったところは概ね改善したと言える

それでも、働きたくないのは変わらなかった

どうしてかはわからないけど脳がそういう風になってしまった

自分は男だから理解ある彼くん」ルートも難しい

しかしたら、この世のどこかにはこんな自分でも無理なく働ける場があるのかもしれない

世界は広いので、そう言う可能性がないとは思わない

けれど、生存費を稼ぐ日々に追われているうちにどんどん心が擦り減り、生き方を変えるエネルギーももう無くなってしまった

優しさとお節介

優しさの中には消極的もの積極的ものがあると思う

積極的ものお節介と言われたりもする

この両者はかなり別物だと感じる

 

お節介というのは自分思想哲学押し付けである

そう考えると叱るとか怒るといった行動と類似していると思う

一方で消極的優しさというのは相手思想哲学への隷属である

そう考えると奴隷根性類似していると思う

 

消極的に優しい人というのは「良い人」とも言われる

真面目とも言われることがあるかもしれない

それを褒めるように言われると本人としては違和感があるのではないだろうか

消極的な優しさはいもんじゃない

何も考えていないか、考えているがそれを相手求めない、つまり自信が無いだけだ

anond:20210419113020

ただでさえ不平等で苦しんでる人に積極的攻撃してたら反発されても仕方ないやろ

anond:20210419095246

なんか弱者男性って「変な異性と結婚するより独身の方が幸せ」って発想が一切ないんだよな

言っちゃ悪いがそんなコミュニケーション積極的コミットしてる男なんてたいした弱者じゃないでしょ

職場飲み会嫌だ、地域づきあい嫌だ、下手すりゃ親と会話するのも嫌だ、

会話が楽しいのはごく少数の趣味関係親友だけ、なんてのはごまんといる。

そんな状況の人間が変な異性なんぞとどう楽しくコミュニケーション取れるものなのか全くわからない。

好きな人との関係を断つ苦しみ

俺には好き人がいる

たまに飲みに誘ったりしたら応じてはくれる

向こうから誘われることはない

これはどう考えればいいんだろうか

相手が興味ないのか、今で充分なのか

そう考えるとあってるとき積極的に楽しそうではないか

俺が付き合わせてしまってるだけなのかもしれない

迷惑だったのかな…

これからは誘わないようにしよう…

さみしいなぁ

何の展開もなくフェードアウト

2021-04-18

女性学歴が高くてもモテない・男は若くてもモテない論争に終止符を打ちたい

結局のところ、恋愛って言うのは多くの場合リードする側」と「リードされる側」になる。

対等な恋愛オタク脳内しか存在しない。

そして「学歴が高い」「身長が高い」「頼りがいがある」「年収が高い」「自己主張する」「物知り」「年上」「明るい」「かっこいい」「性経験豊富

というのは『リードする側にとって優位性をもたらすものなのだ

男がリードする女性が嫌いというのは嘘。基本的人間は楽したいから、リードされたい。

からアルファオス」であってもヒールで背を高くして積極的に話して年収が高いキャバ嬢なんかに惚れたりする。

年収が高くてもモテない」と言ってる女は結局、年収が高くてモテないんじゃなく「リードする側にとって優位性をもたらすものを持ってるのに、リードされる側に居ようとする」

からモテないのだ。敢えて痛烈に言うが、「日本の男は若さだけ求めていていやねぇ」とか言ってる女性は「いい年して他人リードする年齢や地位を持ってるくせに、未だにリードされる側に居たいと思ってる

気色悪くて痛い女」としか見られていない事にいい加減気付くべき。日本男性若い女も好きだが、壇蜜みたいな女も好きだ。

リードする女」としてモテたいなら、知的年収があり、ある程度性経験が無いと男はがっかりするだろう。


逆に言うと、「身長が低い」「頼りない」「モノを知らない」「年下」「かわいい」「性経験がない」「若い

というのは『リードされる側にとって優位性をもたらすもの』だ

ただ「低学歴」「自己主張しない」「暗い」というのを入れなかった、カッコイイの反対に「不細工」を入れなかったのは、「リードされる側に優位性をもたらさない」からだ。

文字通り、リードというのは引っ張るという意味だ。引っ張って前に進むような人はモテるが、引っ張っても前に進まない、遺伝子の悪い人間は嫌われる。

日本の男は自己主張しない男を~」だとか言ってる人は、自分が単に暗くて低学歴自己主張出来ないがそれでもモテて欲しいという願望が含まれてる。理解のある彼君は基本的残飯処理班だ。唯一振り向いてくれる残飯処理班は大切にしとけ。

同時に男に辛い事実を突きつけるが、頼りなく身長が低く性経験が無い君がなぜモテないというか、それは暗いか不細工おっさんからだ。女は残飯を処理できない。

ただ、若くてかわいい属性を持ってるオスなら、ヒモになれる。ただ遺伝子が悪ければダメだ。夢があり、利発さを感じさせなきゃダメヒモは引っ張るからヒモなのだ


という事で、「女はいくら頑張っても」と言ってる女性には「それはリードする女性ならモテ属性だ」と言いたいし

「男は若くても意味ない」と言ってる男は「それはリードされるのを望む男性ならモテるけどリードしたい女は少ないからせいぜい頑張れよ」というのが結論だ。

30代超えたリードされたいオッサンアニメ見つつオナニーして滅んで、

30代超えた婚活女子は「リードする女」として年下男子を開発するのをお勧めする。

「真面目なのに恋人ができない」という言説は違和感ある

そもそも「真面目」っていう言葉に、「恋愛などにはあまり積極的でない」みたいな含意がない?

辞書的には書いてないかもしれないけど日常的な使い方としてね)

から「真面目なのに恋人出来ない」って、「恋愛とは距離を置いてるのに恋愛できない」みたいな矛盾を感じる

これが結婚となると真面目な人の方がするもの、みたいな空気があるので、「真面目なのに結婚できない」なら分かる

ワンオペ育児やって「子育て辛い」とかぬかす母親は実際バカでしょ

これに反発してるコメント多いが、実際にウチは子供まれてしばらく嫁の母親が頻繁に通って子供の世話してくれたんで、本当に楽だったんだよね。3世代同居まではしなかったけど、意図してアパートを嫁実家の近くに借りたのは正解だった。

[B! 育児] 「孫を育てたくて仕方ない本能を持った祖母から引き離しておいて、夫が子育てに協力しないと叫ぶのはバカ進化心理学観点からみた子育て論が話題に。 - Togetter

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1700023

今も「ワンオペ育児大変」みたいなニュースを聞くと嫁は「ウチはお母さんが通ってくれて、楽だった、恵まれてた」と言ってる。

rci だとすると、父親は金稼いでくる以外にますます存在価値が無くなっちゃうけど。いいの?

2021/04/18

全然かまわないけど?

娘の首がようやく座った頃に「ほら、パパも抱っこしてあげて」とお義母さんに渡されて、うまく扱えなくて泣かせてしまい、

「アラアラ、やっぱり男親はダメね」と取り上げられたことがあったが、

育児の場では男は排除されている! 強者の女によって疎外されてる!」なんて「弱者男性」が言いそうな僻みの感情とか全く感じなかったな。

義母さんがあっという間に娘をあやしてるのを見て、娘の世話は嫁とお義母さんに任せておけば安心だな俺は仕事を頑張ろう、と明日への活力になった。

普通に今思い出してもホッコリした気持ちになる。

なんか個人攻撃みたいになって悪いけどさ、このコメント書いたのは女の人かな?

男は言葉も通じない赤ん坊の世話を積極的にしたい人少ないと思う。赤ん坊の無邪気な笑顔に癒やされはするけど。主担当として世話するのはぶっちゃけ面倒という男が大半でしょう(イクメンみたいな変わり者がゼロとは言わないが)。

男親の出番って、言葉が通じる年齢になってから自分知識経験を伝えたり何か技術を教え込んだりして子供大人になるための訓練を施す、みたいな局面だと思うんだよね。自分は日々そういう意味の子育ては楽しんでるし。

それ以前の動物と変わらない赤ん坊の段階の育児母親祖母がチーム組んでやるのが一番向いてる。嫁姑でやるか、ウチみたいに嫁と母親でやるかは、それぞれの状況に応じてだが。

なんにせよ夫婦だけの子育ては基本無理と認めて、国の政策なんかでも母-祖母チームを支援する方向でやるべきだよね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん