「違法行為」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 違法行為とは

2018-05-25

違法改造車炎上しない

最近はあまり聞かなくなったが、違法行為迷惑行為を自慢するツイートが見つかっては「バカッター」と呼ばれ炎上することがしばしばあった。

私事だが、最近Twitterクルマ好きな方からフォローされることが増え、こちからフォローを返している。

すると、タイムライン違法改造車写真がしばしば流れてくるようになった。

しかしこれらの写真炎上するどころか格好良いと褒められるばかりだ。

明らかな違法行為なのにどうしてこうも反応が違うのか。

ツイートした側も見る側もそれが罪だと認識していないのではないか

もちろん炎上は良い事ではないが、せめて批判はされるべきだろうと私は思う。

anond:20180525153242

一貫してるかどうか、なら「労働者というのは労働してる人、労働意欲がある人」のこと、で一貫してるよ。

労働者は助ける、労働意欲のないネトウヨは助けない。

ネトウヨ報道されるって、ネトウヨとして名が知られていて、報道されるようなことをしたってことだから

から晩までサヨク罵倒してついに違法行為に及んだってパターンしか思えないよ。

2018-05-23

監督コーチ指導が「善意」だった可能

試合後に監督が「こいつが成長してくれるのならそれでいい。相手のことは考えなくていい」と言い、コーチは「優しすぎるところが駄目なんだ。相手に悪いと思ったんだろ」と言ったそうだ。

監督コーチが心の底から自分所属する集団のためなら平気で違法行為をしたり他人を陥れる人間になること」を「人格的成長」と捉えていて、他人への共感・同情のためにそういうことができない選手を「ダメな奴、社会通用しない奴」だと思っていたとしたら、この指導監督コーチにとっては本当に「選手を成長させるための善意」だったに違いない。

実際、そういう価値観人間社会のあらゆるところに存在するし、そういう人間ほど高い地位に就いていることもある。

今回はあまり露骨だったか批判を浴びているが、意外とこういう指導社会からニーズがあるのかも知れない。

2018-05-18

anond:20180517232219

弁護士に対して一般人が戦うっていうのが大変だからこういう制度があると思うんだが違うのか?

全然違うよ。

この制度は「何となく気にくわない弁護士をお手軽に首に出来る制度」ではない。

何らかの違法行為や会則違反を行った弁護士がいて、既に刑事なり民事なりで法的なアドバンテージを取った上で、更に弁護士資格を取り上げろと被害者申し立て制度だ。

まり少なくとも「他の弁護士雇って民事で訴えている」とか「警察突き出している」とかまでやって、しかも既にある程度法的に勝っていることが前提。まあ示談でもいいが。そうでないと弁護士だって事実関係認定」できないからね。

相手法律プロだろうが既に法律で一撃ぶん殴った上で使う制度なんだから、「ボク一般人なので法的に戦えません」なんてぬかす時点で懲戒請求は成立しえない。

 

対象弁護士を失職させられる=社会的抹殺できる制度なので、性質としては刑事告発に近い。法的にも出鱈目な懲戒請求には刑事告発と同じ虚偽告訴罪適用されるほどだ。

ネトウヨやらかしたのは、警察行って「あい何となく気にくわないので懲役100年にしろ」と書面に印鑑ついて出したようなもの

2018-05-17

anond:20180517120352

法に触れている欲望問題なのだったらロリコンだけを叩く必然性がないですよね

違法行為をについて語ってる人全般ちゃんと叩いてください

2018-05-12

anond:20180512192826

宮川泰介は、上司監督)の命令であれば、違法行為でもためらいなく行う人間である

日本中に知らしめたので、彼を雇いたがる企業は少なからずあるだろう。

2018-05-05

anond:20180505233418

店の自由意思で好きなやり方で接客してるだけだろう

客には来店しない事由があるから付近ライバル店がある場合つぶれて左遷されたくない店長が保身でしてるだけのこと

それを客に責任転嫁する店側の人間マジでクズだと思う

契約自由なんだから気に食わないことがあったら違法行為をしてない客でも追い出すのは店の自由

2018-04-29

anond:20180429143405

お目こぼしされているだけの違法行為で堂々と集金やりはじめたらヤバいっていうのは

(パチとかの一部例外はあるにせよ)オタク同人界隈以外にも共有されてる通念だし身内ルールっていうほど狭い話でもない気がするけど

これが飲めないっていうならどっちに転ぶにせよキツイ戦いが待ってるだろうな

二次創作界隈、身内ルールが罷り通りすぎでは?

pixiv fanboxの件。

https://togetter.com/li/1222306

https://togetter.com/li/1222309

批判派も擁護派も言ってることおかしいよ。

大原則として無償配布だろうがコミケ薄い本だろうがpixiv fanboxだろうが二次創作公表著作権法違反に決まってるでしょ(「○○という条件を満たした場合は許諾不要」みたいなポリシー掲げてるところは除く。あと著作権者から公認されてる場合も)。

その上で、「ホソボソと同人誌作ってる連中は見逃してやるか」って思われてるだけだから

「黙認はセーフ」ってのは、逮捕されたり裁判起こされたりしない、っていう意味であって、合法って意味じゃないから。

地元民が20キロオーバーで走るのが当たり前で普段警察もうるさく言ってこなくても、警察が取り締まりしてる日に15キロオーバーしてたら捕まるのと同じ。違法だけど取り締まられてないだけ。

その意味で、「法的にセーフ」って言ってる擁護派はおかしい。同時に、「コミケはセーフだけどfanboxはアウト」って言ってる批判派もおかしい。

私が擁護するとしたら「fanboxがアウトならコミケ薄い本pixivファンアートだってアウトじゃん! 何で私たちだけ責められるの?」って言うと思うし、私が批判するなら「そもそもコミケから違法二次創作追放されるべきだし、pixiv違法二次創作掲載をやめるべきだ」という論陣を張るだろう。現行法を前提とする限り。

有償頒布してる二次創作同人誌OKpixiv fanboxをNGとするのは、身内ルールに縛られているだけだ。そんなの、法的に何の根拠もないのにね。

別に法律とは違った身内ルールを設定することそれ自体は悪くない。私が風呂掃除ゴミ出しを担当し、相方洗濯担当する、というのは法的根拠のない我が家の身内ルールに過ぎないが、しか別に問題はない。このルールが拘束するのは私たち2人だけだし、私たち法的根拠がないことを知った上で概ねこルールに納得して合意している。

だけど二次創作界隈の身内ルールは違う。それは根拠なんてないのに、根拠があるかのように信じ込む人は後を絶たない。信じ込むだけじゃなくて、その無根拠ルールを振りかざして「ルールに背いた」とみなされる色々な人を攻撃している。

去年もそういうのあったよね。pixivで公開していた二次創作小説URL付きで引用されて、激怒して引用した学生タコ殴りにした事件無許可二次創作やってるひとたちが無許可引用するなとか言ってた光景は私の心に深くこの界隈の理不尽さを刻んだよ(論文批判自体言論の自由から悪くないけど、さんざん他人小説を無断で引用するなだの著者に敬意を払えだの言ってきた人たちが、論文を無断で引用した挙げ句論文書いた人相手人格攻撃まがいの批判を垂れ流してたのはただひたすらに醜悪だった)。

けっきょく、フェアユースを認めない日本著作権法問題があるのにね。

非親告罪化ときも、一部の漫画家の人が積極的運動して「二次創作には適用しない」という言質を取ってた。運動とか私にはできないことだから、それ自体尊敬する。でもその運動が、二次創作著作権者告訴なく捜査しない、という戦術目標を掲げたことには違和感があった。本丸別にあるでしょ。

私はfanboxも同人誌も支持する。そしてそれらが違法状態に置かれている現行の著作権法批判する。

fanboxを批判する人はいずれ同人誌を焼くだろう。法的にはどちらも同じことで、それらを区別するのは一部の人が掲げる身内ルールに過ぎず、身内の中でさえ合意が取れていないのだから二次創作界隈の総意というわけでもない。とすれば、今fanboxに向けられている矛先が、コミケに向けられることはないなんてとてもじゃないけど思えない。法的・論理的には、どちらもNG、という結論しか導かれないのだから

ほんとfanboxは著作権侵害でアウトだと本気で思ってるなら二次創作から足洗ってほしいわ。謎の身内ルール振りかざしてpixivを叩いてる連中には自分の首を絞めているという意識がないんだろうか。

追記

kato_19 親告罪趣旨は『身内ルール』を尊重しましょうという事なんだから・・・当事者が納得してる範囲なら問題ない。判例で利用範囲を決める米著作権法とは根本的に違う。フェアユースの代わりが日本グレーゾーン

親告罪によるグレーゾーンフェアユースの代わりになる? ご冗談を。

親告罪って字面からわかるように「犯罪だけど、訴えないと捜査されない」ってことですからね。ちょっと前まで女性強姦することやわいせつ目的他人誘拐することも親告罪だったけど(今は非親告罪)、被害者泣き寝入りすればそれが犯罪じゃなくなるわけないですよね。著作権侵害も同じ。

tick2tack ダブスタ問題。/ 増田理屈で法を厳密に適用、となると赤信号など道交法無視は全部犯罪ということになり、あげく "そしてそれらが違法状態に置かれている現行の" 道交法おかしいのだ!となってしまわないかな?

歩行者が赤信号無視することは犯罪であり、2万円以下の罰金または科料に値する行為ですが何か。

第一一条 次の各号のいずれかに該当する者は、二万円以下の罰金又は科料に処する。

一 第四条公安委員会交通規制第一項後段に規定する警察官の現場における指示若しくは六条警察官等の交通規制)第四項の規定による警察官の禁止若しくは制限に従わず、又は第七条信号機の信号等に従う義務若しくは八条(通行の禁止等)第一項の規定違反した歩行者

http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM#121

犯罪ではあるが、大抵の場合処罰されない」と「犯罪ではない」の区別がつかないんですかね……

当たり前だけど、自動車運転してて法定速度を1キロでもオーバーしたら速度超過であり違法行為ですよ。40キロ制限道路で、円滑な交通のために日常的にほとんどのドライバーが60キロ出していたとして、それはその地域住民がほぼ毎日のように法を犯しているっていうだけ。

で、今、65キロで走る人たちが地域住民の一部から批判を受けている。

このとき自分たちも法を犯しているのに他人の触法行為を責めるのはおかしい、という主張と、法定速度が厳しすぎるから法定速度を引き上げるべきだ、という主張は普通に両立しますよね。

法律現実齟齬があり、現実にありふれていて皆が日常的に行っている営みが形式的違法とされる状況では、法律の方がおかしい、という主張が成立する余地はあるのでは。典型的には単純賭博罪とか。

何でもかんでも現実法律に優先させるべきとは思わないから個々の事情を酌むべきだけど、少なくとも二次創作著作権侵害になる問題に関しては法律の方が間違ってるので変えるべきだと私は思うし、同時に自分たちが著作権侵害していると自覚せずfanboxを叩く人は頭おかしいと思いますわ。どっちも同罪でしょうよ。

turanukimaru はて著作権そもそも身内で頒布するのは合法だったはずだが?コミケとかサイトでの公開は身内と言うにはでかすぎるが身内の範囲当事者で決めろってのが親告罪なわけでなんか増田のが論拠がおかしくない?

不特定の1人以上あるいは特定の50人程度以上の人数に対し頒布するのは公衆に向けた「公表」にあたりますが何か。

公衆」とは、「不特定の人」又は「特定多数の人」を意味します。相手が「ひとりの人」であっても、「誰でも対象となる」ような場合は、「不特定の人」に当たりますので、公衆向けになります

 例えば、「上映」について言うと、1人しか入れない電話ボックス程度の大きさの箱の中でビデオを上映している場合、「1回に入れるのは1人だが、順番を待って100円払えば誰でも入れる」というときは「公衆向けに上映した」ことになります。 また、「送信」について言えば、ファックス送信などの場合、1回の送信は「1人向け」ですが、「申込みがあれば『誰にでも』送信する」というサービスを行うと「公衆向けに送信した」ことになります(これを自動的に行っているのがサーバーなどの自動公衆送信装置)。

 さらに、1つしかない複製物を「譲渡」「貸与」するような場合、「特定の1人」に対して、「あなたに見て(聞いて)欲しいのです」と言って渡す場合は「公衆」向けとはなりませんが、「誰か欲しい人はいませんか?」と言って希望した人に渡した場合は、「不特定の人」=「公衆」向けということになります

 「特定多数の人」を「公衆」に含めているのは、「会員のみが対象なので、不特定の人向けではない」という脱法行為を防ぐためです。何人以上が「多数」かはケースによって異なると思われますが、一般には「50人を超えれば多数」と言われています

 「不特定」でも「特定多数」でもない人は「特定少数の人」ですが、例えば「電話で話しているときに歌を歌う」とか「子どもたちが両親の前で劇をする」といった場合がこれに当たり、こうした場合には著作権は働きません。

https://pf.bunka.go.jp/chosaku/chosakuken/naruhodo/outline/4.3.html

コミケサークルスペースに並べた段階でどんな島中サークルでもコピ本でも「公表」ですよ、よかったですね!

cleargreen フェアユース法整備されても結局金取ったら違法なのでは?

パロディおkだったはず。

(1)利用の目的性質については、かつては商業性があるかどうかが重視され、商業性があると、裁判フェアユースが認められない傾向がありました。しか1990年代パロディをめぐる裁判で、米最高裁は、商用目的であっても「変容的」であればフェアユースにあたると判断しました。

「変容的」というのは、「別の作品」になっているかどうかということです。この点、パロディは、元の作品とは別の価値を作り出しているといえるので「フェアユースにあたる」と、最高裁は認めたのです。

https://www.bengo4.com/internet/n_5685/

イラスト模写本とかは厳しいかもしれないけど、たいていの薄い本問題ないのでは。

mohno 「フェアユース……そもそも二次創作犯罪ではない」と認められる場合があるだけで免責が保証されているわけでも、民事裁判のおそれがないわけでもないがな。アメリカコミケやって放置されるとでも思ってんの?

そうだとしても、無許可二次創作には(権利者がガイドラインを定めている場合を除き)自動的著作権侵害が成立し、権利者のお目こぼし民事裁判に引きずり出されていないだけ、という日本法よりだいぶマシなんでは。フェアユースと認められれば著作権侵害ではなくなるわけで、デフォルト著作権侵害になってしま日本法より利点は多いでしょう。

また、仮に日本で導入されたら日本裁判所が運用することになるわけで、そこも考慮すべきかなと。

私は二次創作著作権侵害にならないような法制を支持していて、フェアユースパロディを許容する法制ということで現行の著作権法よりマシだと思ってはいますが、フェアユースよりも二次創作保護に適した法制があるならそっちを支持するのでぜひ教えてください。フェアユース原理主義者ではないんでいつでも棄教します。

nmcli "二次創作著作権侵害になる問題に関しては法律の方が間違ってるので変えるべきだ" って主張は、二次創作されたくない権利者のことをきちんと想像できてないように思う。

引用されたくない著者や批判されたくないクリエイター作品も、公表していれば引用批判対象としていいと著作権法に書いてあるわけだから二次創作だけ著者の感情尊重するのはなんか変だと思います作品公表した以上批判を受け引用されパロディを作られるのを許容すべきで、それが表現の自由の根幹でしょう?(もちろん、内心でふざけんなと怒るのは内心の自由範疇だし、気に食わない批判二次創作言論創作物を使って喧嘩を売るのも表現の自由保護されるべき)

当然、これは二次創作引用して論文とか書くのも自由であるべきだという主張を含意します。公表した著作物引用されない権利なんてないわけですからね(論文が気に食わなかったら批判すればよいし、作品を引っ込める自由もある)。

mr_mayama 著作権法親告罪なので著作権者が訴えるまでは合法です。前提を間違ってる人ほど勘違いで声がでかいの何とかならんのか???

なんか薄々そうじゃないかと思ったけどマジで親告罪は訴えられるまで合法」って勘違いしてる人がけっこういるんですか……? 警察被害者同意なく介入するのは相応しくない犯罪親族内での窃盗著作権侵害など。ほんの数年前まで強姦もこの範疇だった)について、被害者が訴え出るまで捜査したり起訴したりしない、ってのが親告罪で、上に書いたように犯罪自体は成立してます

一昔前に、強姦された女性泣き寝入りして警察に訴え出なかったとして、「被害者が訴えるまでは合法」だと思いますか? そんなわけないでしょ常識的に考えて。

親告罪からセーフ!」じゃねえよ自分犯罪者って告白してどうするんだよ……

meganeya3 身内の中で「誰かほしい人はいませんか」が公衆にあたるのかな? コミケの構図はそうなってて、結局部数の線引きと、ピンポイント政治的圧力法律問題としてごくまれに浮き上がってくるのが現実では

著作権法でいう「私的利用」って、おとうさんとおかあさんとおねえちゃんとか、よく部室でつるんでる友達4、5人とか、そういうレベルなので……。何万人も来場するイベント頒布してるものはどこからどう見ても公衆向けに頒布されてるものです。それが身内という理屈は、少なくとも著作権法観点からは通じないですわ。

eirun だからといって「著作権法おかしい」という結論こそおかしいだろ。むしろ法的に犯罪範囲を広く取って司法恣意的犯罪検挙してる現在運用のほうがおかしいわけで。

??? 法的に犯罪範囲を広く取るのがおかしいという主張は結局「著作権法おかしい」ということなのでは??? 何が著作権侵害なのか決めて、その罰則を定めてるのは著作権法ですよ。一緒に著作権法文句を言いましょう。

silvermoai なし崩しの状況に対する危機感はあるけど「自衛隊憲法違反」みたいな段階から話したいならちょっと関わりたくないです

政府解釈によって合憲との判断が示され、それに対するコンセンサス立憲民主党など野党の多くにも共有され、自衛隊法などの法律も整備されていて建前では憲法秩序の枠内に存在していることになっている自衛隊と、当事者たちが「親告罪から訴えられるまでセーフ」「著作権法違反非親告罪化同人文化を萎縮させるので反対!」と自ら違法であることを触れ回っている二次創作は同じ土俵では語れませんね。「自衛隊違憲か否か」は高度な法律論争だけど、「無許可二次創作公表違法」は論争の余地のない単なる事実なので……。

2018-04-27

anond:20180426221548

身も蓋もなく言えば「児童ポルノ被害者可哀想から」という認識であってるよ。

 

というかまずそもそも法律上検閲という行為のものが重大な違法行為」ということは前提として知っておく必要がある。全く無関係の人の通信まで覗いて振り分けるわけだからね。

その上で「子供がよく分からないままor暴力児童ポルノを撮られてそれが流通し続けるという極めて重大な人権侵害」を防ぐために「検閲という違法行為」をしても「緊急避難」の法理でセーフにできる、というのが理屈

 

ただ「緊急避難」って本当に「やべえ!今ここで咄嗟法律破らないと人が死ぬ!」という時に「それよりマシな方法存在しない」場合しか本来認められない。

例えば「一方通行なのに対向車が突っ込んできてる!右折禁止だけどここ曲がらないと俺死ぬ!」という時には「道路交通法違反だけど緊急避難でセーフ」となりうる。

でも「一文無しで飢えに飢えてたので食べ物を盗みました」程度じゃ緊急避難にはしてもらえず窃盗罪有罪になる。その辺は緊急度と他の手段のなさで裁判所個別に「特別お目こぼし」する。

 

そういう意味では児童ポルノ検閲ですら結構怪しくて、本当に緊急性が高く本当に他に対応策がないのか、というのは実は微妙。ましてや著作権は単なる財産権なのでなおさら怪しい。

海外でも結構問題になっているし、日本でも判例があるわけじゃないので児童ポルノの方ですらアウトになる可能性はある。

2018-04-25

NTTによるブロッキングの何が許せないのか」の説明を補強してみる

NTTによるブロッキングの何が許せないのか」http://kumagi.hatenablog.com/entry/why-ntt-blocking より。

憲法電気通信事業法関係

そもそも憲法って?

憲法(けんぽう)とは、統治根本規範(法)となる基本的原理原則に関して定めた法規範をいう(法的意味憲法)。 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%86%B2%E6%B3%95

電気通信事業(でんきつうしんじぎょう)は、電気通信事業法第2条に規定する電気通信役務を行う事業のことである。
...
4. 電気通信事業
電気通信役務他人需要に応ずるために提供する事業放送法第118条第1項に規定する放送局設備供給役務に係る事業を除く。)
5. 電気通信事業電気通信事業を営むことについて、第9条登録を受けた者及び第16条第1項の規定による届出をした者
...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E9%80%9A%E4%BF%A1%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E6%B3%95

前提知識

憲法二十一

電気通信事業法

なぜ電気通信事業法検閲禁止秘密保護が含まれるのか?

憲法21条に規定されているから。構成郵便法とほぼ同じ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%B5%E4%BE%BF%E6%B3%95

検閲禁止秘密保護業務関係

そこで、違法性阻却を用いる (正当業務行為違法性阻却事由とするのが現代一般的解釈)。

興味がある方は『「通信の秘密」の数奇な運命(要旨) - 序章「通信の秘密」に関する制定法の制定経過とその後の解釈の変遷調査』を読んでください。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/next_generation/pdf/080523_2_si8-7.pdf

憲法検閲禁止通信の秘密を守れと言っているのだから通信の秘密は固く守られている。中身を覗く行為原則違法であり、違法性阻却 (違法推定される行為について、特別事情があるために違法性がないとすること。) により直ちに違法としないとの解釈がなされている。違法性阻却は珍しい論理のように聞こえるかもしれないが、お医者さんもメスで体を傷つければ傷害罪を侵しているが、医療行為を行うために必要である範囲において違法性阻却がなされている。

また、

は「従事する者」にかかっているので、通信の秘密を侵す違法行為主体個人にかかってくることに注意。

DNS ならブロッキングしてもいいじゃない? → だめです。ISP提供する DNSルートサーバーへの中継を行っているに過ぎず。通信検閲にあたります

ここまでのまとめ

合法ブロッキング児童ポルノブロッキング

合法ブロッキングの例

迷惑メールが一時期問題になりましたよね。今は OPB25 (ざっくり言うと個々人が直接メールの中継をすることを禁止する方法) によって、個々人を踏み台にした迷惑メールが送れないようになっています。このために慎重な議論がなされ「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」が制定されています立法によって合法的にブロッキングを行っている例です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E9%80%81%E4%BF%A1%E3%81%AE%E9%81%A9%E6%AD%A3%E5%8C%96%E7%AD%89%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

このように合法的なブロッキングができる前例があるのだから裁判所違法認定されたサイトへのアクセス禁止する」立法を行って合法的にブロッキングすればいいのです。

児童ポルノブロッキングの例

児童ポルノインターネット性質上、一度流出してしまえば回収が困難であり、同時に基本的人権侵害身体への危害を伴うものであるからブロッキングしても緊急回避として違法性阻却が行えるとのものです。詳しい議論は「ブロッキング法律問題」を参照してください。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kensho_hyoka_kikaku/2018/contents/dai3/siryou3.pdf

これは本来立法によって合法化するべきものだと思われるのですが、誰も児童ポルノブロッキング違法だと訴えない → 裁判所判断しない。ために現在認められている方法です。今回の海賊版サイトブロッキングにもこれが用いられるでしょう。

ここまでのまとめ

守るべき順序について

児童ポルノブロッキングにおける議論では「法益権衡の要件との関係でも財産権であり被害回復可能性のある著作権を一度インターネット上で流通すれば被害回復不可能となる児童権利等と同様に考えることはできない」であったように、回復可能性のある著作権侵害優先順位が低く、

著作権侵害被害額<通信の秘密児童人権

でした。なぜ通信の秘密重要か?

「誰も児童ポルノブロッキング違法だと訴えない」と書いたように、社会通念上許容されるであろう範囲検閲範囲を広げると、名乗り出ることを恐れて誰も訴えることができなくなり、検閲範囲は際限なく広がってしまうのです。

児童ポルノ議論が行われた10年前の慎重な議論をすっ飛ばすと

10年前の著作権侵害被害額<通信の秘密<昨今の著作権侵害被害額, 児童人権

とできるかもしれません。しかし、果たして昨今の著作権侵害被害額は本当に回復不可能なのでしょうか?ブロッキングによって漫画の売り上げは来月から月に 500億円 (これは市場規模の 2倍に相当するはず) も上がるのでしょうか?

しかし、所轄官庁が「ブロッキングせよ」と言えば電気通信事業者はそれに従わなければなりません。それを覆すには最高裁まで争うしかないのです。

5京円に突っ込む人もいますけれども (なんで 5,000兆円でないのだろう)...

だが仮に毎日5京円ぐらい損害が出てたらブロッキングもやむなしかもしれない。

それほどの損害が生じていたら原状回復不可能ですよね。5京円は冗談としても、売り上げが突如ゼロになってしまい、回復させる方法が他にないとしたら緊急回避は認められるでしょう。ただし、線引きについては裁判所なり立法解決する必要が生じるはずです。

本当に ISP悪者

そもそも違法サイトを利用することによる損害は誰によって作られているのでしょうか。違法サイトによって損害が生じるためには

責任の度合いは、

通信事業者 < 利用者保護提供するもの運営幇助する者 < 運営

の順ではないでしょうか。

実はそのようにしてIPパケット通信すら合法性が自明ではない上で運用されているのが通信の秘密だ。お陰で通信事業者はただの土管に徹する事になる代わりにその通信が仮に犯罪に使われていてその通信媒介することで結果的にその片棒を担がされたとしても不可抗力として裁かれる事はない(多分)。

米国DMCAが制定され、プロバイダー (これは ISP だけでなく、サービス提供者も含む) が免責されるための手続きが、Takedown なのですが、日本ではそもそも合法性が認められた範囲しか ISP は関与できないため、違法サイトの利用において通信事業者に違法性を問うことは難しいと思われます

ロビー活動の前にやるべきだったこ

(後で書く)

米国の例についても書きたい

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/next_generation/pdf/080523_2_si8-5.pdf

2018-04-23

サイバーリバタリアンからターナリスト達へ

DNSブロッキングってもしかしてもう始まってるのだろうか。生憎(一般コミック)に興味がないので、例の3サイトやらは使ってないから分からないが。そうだとしても、DNSが塞がれただけならIPアドレスを直打ちするか、hostsファイルを弄って正しい名前解決をさせればいいだけじゃないかなと思う。

ところで、そういう発想がポンと出てこないような低リテラシーなというか、情報弱者層がよく分からないままアホな事してるのを止めたい、ってパターナリズムは少し分かるところがある。何か高度なことをしようと思ったら、それ相応の学習をしなければならない。それが民主的社会を維持するためには必須から人民が賢くあろうとしないと判断能力すら育たない。でも学んだ人間が、意思思想をもってあえてルールを破ろうとする余地が一切残されていない社会健全とは言い難い。もしこうしたブロッキングが進んで、そういう余地が残されなくなってしまったら、本格的に日本社会主義国家とみなされるだろう。

私は、違法行為がなんの知識思想もない人間の手の届くところまで降りてきていることが真の問題だと思っている。昔を思い返せば、マジコンしろ、怪しげな中国企業提供していた無料音楽アプリしろ漫画村しろ、ああいものを利用していたのは無知蒙昧な一般人層だ。本当のギークは、そんな二次三次放流の広告つきサービスなんかには目もくれず、WinMXだとか、Winnyだとか、今だとtorrentだとかのP2Pソフト、あるいはMegaやRapidgatorのような海外アップローダーだとか、そういう所で割れリーチし、海外のなんちゃらHentaiやら、なんちゃらSharingやら、なんちゃらSubsのような、特に広告があるわけでもない、ガイジン有志の熱意と寄付運営されている海外フォーラムサイト英語にめげずに巡回していたはずだ。そうしたサイト上で形成されたコミュニティーでは、同好の士独自ポリシーを持って勝手アニメカルチャーを広めている。功罪あれど、役人たちがクールジャパンと呼ぶもの実態はそうした活動によって広まっていった側面が決して小さくない。例えばアニメについてはrawブラックだろうが、そもそも日本アニメがきちんと海外配信に向き合ってこなかったこと、字幕を機敏につけられる体制がなくファンによる違法subに頼るしかない状態が続いていることが元凶になっている。ゲームROMのような権利的に完全にアウトではあるがハッキングコミュニティと繋がっているものもあり、また海外ポルノ投稿サイトが最もブラウザ脆弱性を知り尽くし裏をかい広告を表示させる技術力を持っていたりするのもそうだが、大きく捉えればコンピュータ技術の発展とウェブアンダーグラウンドは切り離せない。そうした繋がりをパターナリズムによって断絶させようとするのなら、人間健全消費者になるどころか、ますます愚かで思想を持たない一般人で埋め尽くされるようになるだろう。低い者に合わせようとした結果だ。

そして、そうなった時代コンテンツ未来はどうなるかというと、すべてが同人活動になっていくだろう。既に絵や漫画twitterpixivを漁れば十分な量の娯楽が、絵師さんたちの手で自ら無料で公開されている。そこで絵師さんたちが求めているのは共感評価であって、貨幣ではない。その傾向が加速して、コンテンツに対価を払うとか面倒くさいことは避けて、自給自足で楽しみ合おうじゃないか、という世界になるだろう。動画制作も、ゲーム制作も、より誰でも手軽に十分な品質のものが作れる環境が急速に整ってくるだろう。Vtuberの人気もそのコンテキストで見ることができる。技術環境さえ整って個人Vtuberリッチな絵面になれば、より自由度の高い個人の方が強くなってくる。そして広告案件すらださずに伸び伸びと演じるキャラクターの方が好かれるようになってくる。そうやって貨幣でない評価基準に価値見出し、「足るを知」った人たちによる狭小住宅ならぬ狭小エコノミー多数派になる。経済的にみると泡沫のようなもの多種多様に出てくるだけだ。そこには国家が望むような経済的成長はないだろう。

これが気持ち悪い国民の敵の定義

1 自民党以外の議員投票したことが一度でもある

2 街で自衛隊制服の人を見かけても会釈しない

3 北方領土問題安倍首相プーチン交渉したのは失敗だと考える

4 森友や加計騒動首相違法行為に関与していると疑う

5 アベノミクスの成果が実感できない

一つでも当てはまったらお前は気持ち悪い

一つでも当てはまるならそいつ国民の敵だ

安倍ちゃん以上に現状を舵取りできる人って自民党に居ないの?

頼みの綱のアベノミクス日銀に丸投げしたのに消費税増税を止めるどころか景気条項削ってまで断行してブレーキ踏んで、

脊髄反射でうっかり口滑らせて周りが無様な言い訳して違法行為に手を付けざるを得ないほど政権運営に支障をきたす神輿よりまともな神輿って自民党内に無いの?

ほんとに?

2018-04-20

anond:20180420001950

個人感情的には区別できないものでも、

少なくとも建前の上では違法合法では分けて考えるべきでしょ。

違法行為合法行為を同等と評価するのが普通って言われてもどういう基準なんですかとしか

2018-04-19

職質を強制にして欲しい

なんで職質が任意なのか謎

単なる質問荷物チェックだけ

こんなん空港ライブ会場ですら義務なのに、なんで犯罪者を取り逃す余地を作ってるんだか

海外みたいに職質は警官権利、応じるのは国民義務とした方がよっぽどスムーズじゃん

違法行為や間違った検挙をした警官は当然ガンガン逮捕して辞めさせていけばいいだけの話

ぶっちゃけこうした方がWin-Winだろ?

2018-04-18

出会い系サイト買春した知事が辞めるそうだが

罰則がないとはいえ、買春が一応違法行為から辞めるのか。

それとも、出会い系サイトなんか使っちゃってるのがバレて恥ずかしいから辞めるのか。

もう、ハッピーメールが使えなくなって生きる希望が無いから辞めるのか。


俺なら上記より、前日の会見内容(無意味号泣)の方がよっぽど恥ずかしいけどな。 

泣くなら号泣議員のようにきっちり笑わせてくれ。 泣きの意味も分からいか記者もキョトンとしてたぞ。

しかし、出会い系サイト買春とか糞だな。 これで買ってた親父たちがビビッて辞めてしまったら、需要が減って若い子が困るだろう。

しょうがいから、俺が手伝ってくる。

はてサ買春しても結婚してないならセーフ!辞める必要ない!」

買春って罰則規定がないだけで立派な違法行為なんですが・・・

売春防止法

第三条 何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。

2018-04-17

anond:20180417001503

人的ファイヤーウォールとしての法務ウェブ管理者(のようなもの)を雇ってはどうだろうかと思います

ここはてなのようなサービスでは、あまりにしつこくほぼ違法行為脅迫強要、1500通=威力業務妨害)をするユーザー

ipからidを割り出しシャットアウトするということをやって維持していた時期があるようです。

イベントについてはさら脅迫に敏感に対処しなければなりませんが。(+高島屋転売事件

 

コミケットサービスだのゲーム展に企業ブースがどんどこ増えているのはそれかなと、

ユーザーとしてはちょっと便乗=混雑うんざりに感じなくもないですが、

配信(+物販はあとで通販)してくれればすべて許すですよ。

2018-04-13

anond:20180412225659

「賞金を支払う企業側」として「絶対違法行為はしたくない」訳です。

なので、消費者庁から完璧に「OKです」という言質をもらっている制度を利用した方が、支払いは間違いなくスムーズなんですよ。

eスポーツの発展に賞金性の大会は不可欠であると私は考えているので、その制度を作ったJeSU価値があると思いますね。

anond:20180412185935

政府ISP違法行為強要する形になっているのが最大の問題

サイトブロッキングについては10年くらい前から議論が重ねられていて、

児童ポルノサイト以外に適用するのは無理筋っていう結論が既に出ている。

立法してから来いという話もあるが、実際問題として憲法改正でもしなければ立法不可能だろう。

議員立法で押し通す手もあるが、違憲の誹りは逃れられない)

なんでダメなのかというのを噛み砕いて説明する。

法律を作るためには、ここからNGでここまではOKという基準を作る必要がある。

海賊版サイトブロック基準に含めようとすれば、それ以外の膨大な違法行為もこれに含まれることになる。

Youtubeニコニコ動画も5chもTwitterAmazonGoogleも少なから違法性は孕んでいる。

政府保護したいと考える産業敵対サイトについて

好き放題に規制できる法律が出来てしまえばそれを止める方法は何もない。

今回の「要請」は、どう転んでも正当化出来ない手段を、

政府出版業界が一切の責任を取る必要のない形でISPに丸投げするものだ。

ISPは、明らかな違法行為に手を染めるか、政府圧力をはねつけるか、という非常に重い決断を迫られている。

こういう無理筋な「お願い」がまかり通ってしまえば、いつ何時自分の関わる職種にも同種の圧力がかからないとも限らない。

法治民主主義標榜する日本という国の一員として到底看過しかねる事態と言わざるを得ない。

個人的には、犯罪捜査過程における違法行為は許されると考えるぐらいにはラディカルな立場だし、

不法サイトについてDDoS攻撃を認めろという過激意見も、サイトブロッキング要請に比べればまだ穏当だろうとも思っている。

本件は他にやれることがないなどということは全くなく、

政府及び出版業界自分たちの責任回避しようとする思惑の産物しかないと理解していただきたい。

2018-04-08

anond:20180408001233

ファイル交換ソフト使おうと思ったらポート開放からしなけりゃならなかったし、万事がその調子だったかアクセスすれば簡単漫画が読める今とはインターネット違法行為ハードルが段違いだよ

anond:20180407235457

その頃インターネット違法行為をやってたのはそれなりにパソコン弄れる層しかいなかったけど今はそうではないからなあ。

どんな認識だよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん