「架空」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 架空とは

2019-02-24

Vtuberドラマ放送される

https://www.tv-tokyo.co.jp/watanuki/

Vtuberドラマ出演ならつい先日も「刑事ゼロ」に架空美少女VtuberCV釘宮)が登場して中の人おっさん)が配信中に殺されるとかいネタをやってたけど、そういう実写ドラマVtuberが出演したっていうのじゃなくて、出演者は全員Vtuberで背景も全部3Dモデルで作ったセット上で撮影した完全3D映像作品になるらしい。

それって3Dアニメじゃないのって感じだけど、生身の俳優自身の肉体で別の人間を演じるように、Vtuberたちが元々使用している3Dの体をそのまま使いつつ別の名前や設定を持つ役を演じるという形なので、やっぱりアニメじゃなくてドラマらしい。Vtuberな時点である程度キャラを演じているわけだからなんだかややこしい。

キャスト紹介を見ると「高卒アパレルショップで働く流行に敏感で恋愛経験豊富な次女23歳」という役を演じる「江戸末期の猿楽町忍者家系に生まれものの芝居や芸事が大好きである忍者修行中に足を滑らせて穴に落っこちたところそこは2018年渋谷にできた『電脳空間』で、そこで忍者修行の一環として歌や踊りの稽古をはじめたところこのドラマオーディション合格してデビューが決まった忍者Vtuber」とかややこしいことになってる。

2019-02-23

創作感が強い

うーん、これは架空プロファイリングを元に設定資料を作った感。

実在人物のような感じがしません。どうも空想人物っぽいです。

小説とか漫画とか書いていて、そのリアリティ確認するための投稿ですか?

まず全体的に文章が65歳のそれとは思えません。

「邁進」をはじめとして、背伸びして単語を選んでいる感じでしょうか。

結婚関係継続」ではなく「婚姻関係継続」ですよね?

全体的に使い慣れてない言葉を無理に使っている感じがするわけです。

また妙に説明的な反面、実体からくる感性らしきものが見つけられないですね。

65年分の実体験がないから代わりに単語でそれらしさを出そうとする作戦でしょうか?

それに自分自身のことが、いやに他人事っぽい書き方なんですよね。

投資だの仮想通貨だのと馬鹿みたいなこと

特にこの部分は釣りっぽいですね。

投資仮想通貨馬鹿にしておけば反感をもたれるだろうという打算的ななにかを感じます

こんなこと、今わざわざ書く必要がないわけですしキャラクター表現として必要だった?

最初の酒の話は文章の不自然さを誤魔化すための布石でしょうか?

申し訳ないですが怪しげな部分が多すぎて作り話のように思えます

2019-02-21

anond:20190221131231

もっと設定練ってくんない?

昨今のゴミ漫画は全部それだよ

いじめっぽい胸糞設定で興味を引くのが全て

架空世界の設定をきっちり詰めるなんてことをする能力はない

仮に詰めたとしてもあの手の漫画顧客はそれを求めてない

2019-02-18

anond:20190218155547

童貞だけど、架空彼女作って付き合ってたら、「この人なら大丈夫かも…?」って女性が沢山寄ってくるかな?

試してみよう!

anond:20190218154553

ブログでも、架空相談架空の依頼をネタにして書き続けていると、

この人には相談してもいいんだって読者が思うようになるよね。

2019-02-17

anond:20190217064309

架空友達

どれだけ外国人日本就職が人気かは就活したことある人間ならみんな知ってることだぞ

2019-02-15

アレルギヰ

最近月額制の動画配信サービスで昔のアニメを一気見している

まだ途中だが貴種流離譚的かつたぶん古代の超文明が絡むある種典型的ロボットアニメ

高貴な生まれ主人公は謀略によって国を追われ、復讐国家転覆を決意し、頭脳能力のし上がっていく

お互いに平和世界を望んでいるのに、組織立場目的の実現方法でかつての知人と対立葛藤正義とは――

で、ガンダムみたいなやつで戦うし普通にSF架空戦記なのに登場する国や地名が実際のやつでお国柄もちょっと反映されているのでなんだか気まずい

リアルとは切り離して純粋フィクションとして楽しむべきなのにどうしてこういう気持ちになってしまうのか

逆に完全に架空地名でどっか別の星の話だったりしたら変な気持ちにならず純粋に楽しめるのであればそれもなんか変な感じだ

2019-02-14

非実在青少年権利アニマルライツ

非実在青少年権利ってアニマルライツと似たようなものか。

そう考えるとそうおかしものではないな。

どちらも人間架空キャラクターをのせてるんだもんな。

anond:20190214185452

既にブコメにあるけど、GoogleとかYahoo!みたいな架空の生き物(だったかな)の名前って意味あったんだね。日本ならば、壁舐めとか、一反木綿、ぬらりひょうんみたい名前使って欲しいよね...。

Vtuberに求めていたもの

Vtuberに飽きてきた。

流行り始めてからVtuberを沢山ではないが気になったやつを選んで見てきた。

ツイッターに関しては面倒なので全く見てない。youtube上で見れる範囲で追っかけてた。

最初はたしか面白かった。でも結局、散々言われてるがアニメアイコン生主と変わらなかった。

元々はゆっくり実況とかが好きで生声実況とかは全然見ないほうだった。

Vtuberは生声がもたらす現実世界存在キャラのガワで中和してくれた。

でもVtuberファンVtuberを始めるようになった。

最初のうちは数少ないVtuber同士だったか仲間意識も芽生えてコラボ等のやりとりで盛り上がったろう。

しかVtuberという肩書きが外のVtuberと絡む口実になる事実を作ってしまった。

界隈は盛り上がっていて数字を取るならとにかく始めろという風潮まで出来上がってた。

とりあえずキャラ紹介動画だけ出すならマシな方だった。酷いとキャラだけ決めて動画もないのにツイッター上で「Vtuberです」なんて呟くやつもいた。

たぶんVtuberになれば人気のあの人にお近づきになれるかもとかいう考えでVtuberになった奴ばっかだったんだろう。

から今でもVtuber限定凸待ち配信とかやってるけどこれは悪しき風習だと思う。配信主を見に来てんのに視聴者退けて知らんやつとの放送見させられて面白くないんだよ。

とにかくVtuberコラボ大事芸能界かよと思えるような状況だった。

それ故、視聴者よりもVtuberのほうが大事にされてる気がして嫌気がさす。疎外感が半端ない

あと話題になるVtuberは生配信メインがほとんどだった。

配信ではキャラ崩壊は当たり前どころか大前提でそれが笑いの種にもなっていた。

一応キャラのガワと設定はあるが中身が透けて見えるような言動があれば視聴者はいじっていた。

そんなのを見続けているとキャラのガワを貫通して、カメラに向かって喋りかけている生主の姿が当然思い起こされる。結局は実在人間なのだと。

つの間にかVtuber=自分と同じ人間というのが頭の中に根付いてしまった。

Vtuber流行り始めた頃は多種多様オリキャラゆっくり実況のような動画を出していくんだろうなと期待していた。でも主流とかを追っかけていたら生身の人間が喋るのを聞いてるだけだった。

おかげで生声動画にも慣れて見る動画の幅は広がった面はある。

でもVtuberも結局は現実世界から離れられなかった。

その点ゲーム部に関しては理想形だと思う。

現実世界は透けて見えないし演劇動画でさえ彼らの日常の一部であるらしい。

彼らは確かに架空キャラクターでいてくれる。

こんなに飽き飽きしたのは追ってたVtuberが週6投稿といいながらオンゲーに現をぬかし、新モデル公開は遅れるわ、興味ない奴らとapexやってるわで嫌気が差したから。

あとVtuber炎上まとめ動画最近いくつも見たせいでもともと冷めかかってた熱が潰えたのもある。

Vtuberスキャンダルありませんしとかいっといて、アズマリムるとかいう糞ムーブ存在したりするし、Vtuber限定凸待ちかい視聴者の得しない風習はあるし辟易たからかな。

本当は俺好みのキャラゆっくり実況的な動画が見たかったんだけど

俺好みのキャラはドマイナーなので全然いないし

数字も出ないとチャンネル放置ちゃうからもうダメだ。

2019-02-11

anond:20190211155935

1.色々すぎて書けませんが、だいたい最終的に自己嫌悪に陥ります

2.ドラマでも漫画でも本でもなんでもいいので、とにかく一回自分以外のことを考えて過ごす。この「自分以外」はアイドルでも二次元キャラでもアスリートでもなんでもいいんですが、実在する人間だと利用してる後ろめたさ(自分勝手に感じてるだけでそういうので発散する人はそれでいいと思います)があるから個人的には架空存在物語現実逃避して、一回寝てれば解決します。それでもダメときは、ワード愚痴を書きなぐる。どうしても人に伝えたかったら匿名ネット投稿

3.罪悪感がすごい

anond:20190211172713

架空キャラクターA「いらっしゃーい!」

拙者「むっ…」

拙者(拙者、主人にこの娘で、と合図を出す)

A「はーい!ご指名ありがとうございまーす♡」

A「ほらこっち座って座って」

A「お侍さんはこういうえっちなお店初めて?」

拙者「……。」(拙者、恥辱に顔を背ける)

A「だいじょーぶ♡ おねーちゃんにまっかせなさーい!!!

A「はい、ぬぎぬぎしましょーね♡」

拙者「…! な、なにをする!!! この売女風情が!」

A「えっちなこと、しに来たんでしょ?」

A「それとも恥ずかしいから、先におねーちゃんおっぱい飲んでからにする…?」

A「ほら、おっぱい…舐めてもいいんだよ♡」

拙者「――!」(拙者、目前に放り出された豊満な胸を見て驚愕

拙者「拙者に赤子の真似をしろと申すか!」

A「お姉ちゃんのとこきてちゅーちゅーしましょうね♡」

拙者「そう乳を出されては、勿体無くて仕方がない」

拙者「頂戴する」チューチュー

A「あっん♡ 歯…あたってる♡」

A「頭なでなでしてほしい?」

拙者「…」(こくんと頷く)

A「よしよし♡」

拙者(んん♥ 姉上しゅきぃ…♥)

A「おねーちゃんおっぱい、美味しかった?」

拙者「うん…♥ 姉上…いや、おねーちゃん…♥」

A「どうしたの?もじもじして♡」

拙者「おちん〇ちん…。おちん〇ちんいじってほしい…♥」

A「……♡ おねーちゃんにまっかせなさーい♡」

拙者「アッアッアッ…おねーちゃんしゅきぃぃぃぃ♥♡♥♡♥♡♥♡♥♥♡♥♡♥♡♥♡」

ヤバスギでしょwwwwwwwwwwwwwwww

anond:20190211155935

架空キャラクターAさんを思いっきリアル想像します。

そして、そのAさんに自分をなだめてもらうのです。

1.上司に激しくしかられた時に

2.Aさんが、あのひとは怒りでしか表現できない哀れな動物しかいからと言ってくれた。

3.Aさんが実在したら、同じことを言ってくれたと思う。

2019-02-07

anond:20190207150908

いやイマジナリーじゃない友達がもうほとんどいないんだよね。

会社の人とも飲みにいったりしないしさ

ネット友達もどんどん減ってきて話す相手殆どいない

から友達を作ったんだよ、面白そうだなって思って

なんかでみたんだけど転校していった友達に思いをはせる、架空だけど。

みたいなのみておもしろいなーとおもってやっていったの

転職していった同僚とか、海外留学している親戚とか、離婚した妻とか

結局残ってるのは3人ぐらいなんだけど、結構いろいろ作ってるとハマってくるんだよね。

最近はいないのわかってるんだけどメアド作ろうかな、とか、LINE垢作ろうかなって自作自演方向に向かいつつある。

やっぱ不良品なんだろうな、早く死にてえよ

anond:20190207144957

マジで書くけれど、それ、やめた方がいいと思うよ。架空の友人がリアルになってきた、

っていうことは、アンタの人格に解離が生じつつあるってことかもしれないので。

時々語りかける位ならいいかもしれないが、存在リアルに感じるようだったら

ちょっとマズいかも。

イマジナリーフレンド 消し方

仲良かった友達事故というか病気で急死しちゃったからさ、それ以降架空友達に話しかけてたわけ

でも最近実は本当に存在してる気がしてきた

架空なのはわかってるんだけどさ

どうしたらいいの?

anond:20190206191353

いろいろ考えてみたけどこれ解釈を広げすぎて元増田の好みから脱線ちゃうよね?

でもせっかく思い出したから書くね?(多分ほぼネタバレなし)

Orwell

SNS監視個人情報をハックしてテロリストあぶり出すネットヲッチャーゲーム

twitterもどきyoutubeもどきが出てきてナマナマしい。

https://store.steampowered.com/app/491950/Orwell_Keeping_an_Eye_On_You/

シルバー事件

ネットを題材にしたある章にカムイネットというサイトが出てくる。

ただ絵的に映ってるだけで操作できるわけじゃないのでナマっぽさはあまりない。

それを本当に再現したもの公式にある。

http://kamuinet.com/JP/

VA-11 Hall-A

タブレット操作できる。その世界ニュースを読めたり通販も利用できる。セーブもこれでやる。

https://store.steampowered.com/app/447530/VA11_HallA_Cyberpunk_Bartender_Action/

Digital: A Love Story

架空webサイトと言うよりもはや架空OS

メールしたりフォーラム覗いたりプログラムDLしたりでディティールが細かいのですごくナマっぽいんだけど、いかんせんモチーフが古いので若い世代はそれを感じられないかもしれない。

フリーゲーム

http://scoutshonour.com/digital/jp.html

SUPERHOT

Omni piOSかい架空(ry

メニュー画面がCUICRTみたいに歪んでるし、後ろで鳴ってるHDDのココココ音にノスタルジーを感じたらおじさん。

ストーリーの進行はこれのチャットシステム上で進められる。

レトロCUIからスタイリッシュFPSダイブするような演出はかなり好き。

https://store.steampowered.com/app/322500/SUPERHOT/

Her Story

架空webサイトと言うより架空警察データベースコンピューター画面はWindows95っぽい。そしてCRT

検索力(りょく)を駆使して謎を解くゲームカンが良くてググるのが得意だったら2時間ぐらいでクリアできるかも?

プレイするなら絶対ネタバレを見ないよう。何故かと言うとプレイする意味消失するので。

あーほら下手にレビューとか読みに行っちゃだめだってば。

https://store.steampowered.com/app/368370/Her_Story/

ACE COMBAT 3 electrosphere

これもデータスワローかい架空OS

ゲームは主にこれを介して進行する。世界情勢のニュースを見れたり、メールビデオチャット演出もある。

デザイン考察はとても凝ってたのでこういうインターネット未来はあるのかもしれないと思えた。

だが今現在見るともはやレトロフューチャーしてるうえ、進行がほぼ一方通行なのでナマっぽさはあまり感じられない。

https://www.bandainamcoent.co.jp/cs/list/acecombat3/

2019-02-05

今日も女は嘘松

架空男性従業員でっちあげてないで素直に祝福しなさいよ

anond:20190205113828

個人的感想として」をつければエクスキューズになると思っている点。

帝王切開を嫌う発言をしている人を仮想敵と決めつけている一方、自分は「女全体」という架空存在を想定している点。

ひたすら邪推を深めて「こいつはママの味方だから他の女性にとっては敵に違いない」と決めつけてしまう点。

最終的に「なんやねん」のひとことで理屈を超越してしまう点。

3 VS 4で増田勝利です。

2019-02-04

anond:20190204213625

うーん落語を全部見たわけじゃないけど、結構アホな登場人物を笑う噺が多い印象。

面白いと思うし、馬鹿にするのはあくま架空人物ってところにやさしさがあって俺は笑いやすいけどね

anond:20190203231443

言ってることは分かるけれど、、

そもそも、素のエピソードが求められるのは、キャラづくりが浅いのが原因だと思うんだ。

キャラとして、架空体験談面白おかしく語るレベルまで設定が練られていないから、

素の話をした方がウケてしまう。

2019-02-03

VTuberって結局はニコ生に絵が付いただけ

ゲーム配信お絵かき配信カラオケ配信……これらは皆ニコニコ生放送が踏んできた文化だ。

初期の頃はともかく、今やVTuberの主な活動YouTubeライブ配信に移行していて、

彼らがリスナーコメントに返事しながら配信を繰り広げる光景は、全盛期のニコ生のものと言っていい。

リアルタイムコメントは画面を流れないだけで、ニコニココメント酷似しているし(使用されるネットミームも含めて)

スーパーチャットによる投げ銭ニコ広告そっくりだ(放送主がそれに特別に応対する部分も)。

たまに投稿される、きっちり編集された動画でさえも普段からファンに向けた内容となっていて、その部分もニコ生主がニコニコ投稿する動画と似ている。

実際、人気VTuberの一部には、中の人が元ニコ生出身者という経歴もある。

その人の昔の動画と今のVTuber動画を見比べると、右下に動くキャラクター画像あるかないかの違い以外には、何の差異もないのだ。

彼らは、かつてのニコ生主が架空キャラクターという皮を獲得しただけの存在に過ぎないのである

***

ところが、「架空キャラクターという皮を獲得すること」は、日本オタクにとってはとんでもない違いなのである

元よりニコ生匿名なので、生身の人間というポジションから一歩引いた位置に立ってはいた。

しかし、それでも画面の向こうには剥き出しのホモサピエンスがいるのだという感覚はどうしても付いて回ったし、放送主もリスナーもそのように振舞った。

Facebookなどの台頭により、ネット実名性が存在感を増してきたこともそれを手伝った。

リスナーは、一人のファンとして、放送主の個人的人間性を知りたがった。まるでアイドルのように。

それは傍目から見れば非常に気持ち悪い構造で、当人たちもそれを自覚してはいた。だからニコ生危険視されたし、敬遠されたし、廃れていった。

そこで現れたのがVTuberだ。

上で書いたように、構造ニコ生と全く同じ。ただ、生身のリスナーと生身の放送主の間に、架空アニメ調のキャラクターというペルソナが一枚挟まった。

ニコ生に本当に必要だったのは、このたった一枚のペルソナだったと言っていい。

リスナーアニメを鑑賞するように、「嫁」を愛するように、この架空キャラクターを眺めればよい。

放送主も、ただそれになり切ればいい。演じればいい。何も個人情報を明かさなくとも、作り込んだキャラクターを正確に維持すれば人気は出る。

キャラクターを愛しても、その向こうにいる人間には一切届かない。そこにいるのは、ただそのキャラクターだけ。

その距離感が、VTuber本質であろう。

また、このペルソナは「VTuber同士の関係性」にも適用される。

ニコ生におけるコラボ放送はまさに人間同士の関わりだった。VTuberは、その関係性すら作り込める。親友なら親友でいられるし、親子なら親子でいられる。その背後に中の人関係がない。

別にこれは、虚偽ではない。アニメキャラ同士の友人関係が作者によって作り込まれるのと同じだ。

VTuberVTuber世界の中で完結していて、中も外も前世もない。いわばそういうアニメ世界なのだ

***

と、一人で納得していたのだが、とある配信を見ながらやはり考えを変えたので、こうして増田に書いている。

結局は「素」を求められるのだ。

配信中、作り込まれキャラが崩れ、中の人が素の言動をする瞬間を、リスナーは待ち望んでいる。

ツイッターオフコラボなどで見せる彼らの「作り物でない仲の良さ」を敏感に嗅ぎつけては議論する。

にじさんじ非公式Wikiなどを見てほしい。そこには放送内容のことよりも何倍も緻密に、彼らの「素」のエピソードが羅列されている。

何が言いたいかというと、結局のところ、やっぱり「VTuberってニコ生に絵が付いただけ」なのだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん