「新自由主義」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 新自由主義とは

2017-11-19

anond:20171119083537

んな物仏教や禅あたりで、よく取り上げられてますがな。

と言っても、葬式仏教徒化したお寺では教えてもらえないが、書物としてはきちんと伝わってる。

ただ、一般化と検証が取り上げられてないか欧米でも宗教担当だ。

人間とは、生きる意味は→「世の中は、起きて稼いで食って寝て、あとは死ぬのを待つばかりなり」(それ以外は些細なこと)

幸福とは→「貪瞋痴(怒り、迷い、欲望)にとらわれている時が地獄なり、それを滅した時が浄土なり」

(双方一休宗純

欧米でも神との契約と、来世がどうのこうのだろ?

あと、イノベーションが起きないのはこの30年ほどの、新自由主義による金回りと景気を悪く、設備投資をしなくなった失われた30年。

ケインズ主義時代日本では日本初のイノベーションバンバン起きていた。1980年代末は一人あたり国民総生産世界一位で、

資本主義陣営社会陣営双方から日本は最も成功した資本主義」「日本は最も成功した社会主義」と言われた時代

新自由主義で金回りを悪くしたのが悪い。

最近イノベーションごっこも、金をださんのに、発想「だけで」なにかいものを作れないという悪あがきに見えるのはそう。

実際イノベーションが起きてるアメリカ金もだいぶ動いている。

2017-11-17

日本人新自由主義を育てすぎた

(格差是正の遅れやインフラの不良化問題車社会へのゆり戻し現象について)なんでかなって考えていくと、ユーザー要望青天井なんですね。いい物が出たら、もっといい物を出せ、ってのが。日本人は便利なものが好きだから、便利にするべきでないサービスを無理矢理便利にする、ということが起きている。

新自由主義社会を育てすぎたのよ、日本人は、贅沢に。

昔は日本の街中って言ったら、現役社会人集めて、10人中6人ありがとうってだけですごかったのに、今は暴走して10人中9人もありがとうありがとうありがとうって、ユーザーを育て過ぎてるから10人中4人は「いらんわ」「余計なことするな」と言いません?現実にできるかはわからんけど。

2017-11-12

anond:20171112174455

はっきり言って北朝鮮だの中国はどうでもいい問題。ていうか、北朝鮮ミサイルポンポン飛んできてるのに選挙する!とか言って、で、選挙始まったら途端に打ってこなくなったね。

あれは完全にガン無視するのが一番北朝鮮誰かさん効果的だと思うね。

しろ北朝鮮中国への敵視姿勢演繹して、経済新自由主義や、憲法日本会議改憲に賛成に演繹させようという質の悪い誘導

anond:20171112161641

そりゃ、安部にちらつく新自由主義日本会議改憲が右だとするなら、俺は左で構わんからな。

anond:20171112152952

どっちも新自由主義草生えるよね

新自由主義社会自由主義で使い分けてる風味だけどそもそもリベラルしか目にしないしこの界隈ほんとクソの香りしかしない

anond:20171112132409

そもそも海外経済憲法ジェンダーそれを一緒くたにまとめて話すのが間違いだと思う。

ネオリベとニューリベラル経済関係だろうね。

だが、一番反感買いやす中国韓国に対してどうかという議論で、保守リベラルのくくりを作る。

中国韓国が気に食わないから、経済新自由主義憲法日本会議改憲演繹してこれも保守からお前こっちだよね。という雑なくくりをするがため。

から、とにかくたたきやすものを「リベラルはこうだから」みたいにしてやってるのはわかる。

とにかく案件ごとに分けよう。リベラルかそうでないかのくくりは害悪しかない。

そろそろ同性愛あたりがリベラルだ!だがあいつら出しゃばりすぎ。だから演繹的に、、、、、ってまた狙ってる香りがするね。

2017-11-06

anond:20171106104500

関係省庁、行政施設解体それに伴う公務員コスト削減で何十兆って金が浮く」

この時点で馬鹿かと思うな。典型的な、何も考えてないタイプ新自由主義者

一般会計で50兆円だ。

特別会計は、目的があって集めてる収入で、最たるもの医療年金だわ。

そこらへん削るの?重病人障碍者福祉を削らないんじゃないの?

そもそも新自由主義やり始めて30年、簡単に削れるものはもうとっくに削ってる。後は削ると国民生活に悪影響を及ぼすようなものだ。

今の時点で人口公務員世界ワーストに近いのだが。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5190.html

消費税増税して福祉」みたいに実はまるっきり嘘で、法人税減税に使ってるような顛末が見えるよ。

BI導入するためにこの福祉を削るといって、実はBI入れないみたいな展開が見える。

そういう「餌」に過ぎないんだよ。

共産党自身は正直どうだっていいが、そういう「嘘」が見えるからそりゃある程度分かってたら、ちゃんとしたケインズでもマルクスでも再配分を込みでやらないような案件なんざまず

「財源どうするの?」で終了だが。

からベーシックインカム案の定ぼこぼこにたたかれて消え去ってるじゃない。

anond:20171105200733

お前よりははるかにわかってるし調べてるが?

だいたい、障害者病人が別の保証が一体どこにあるんだ?

「○○については対応します」とか、少し前の首切りしまくって「セーフティーネット作る、セーフティーネット作る」と言ったのと同じ匂いしかしないんだけど。

セーフティーネット結局なにか作ったの?生活保護ぐらいじゃない?

元々が「国が関与するのは一切やめよう!」という自由主義新自由主義の一環としての政策から

きめ細やかな対処はなくなる。

生活保護をBIにというのは、児童加算とか、医療負担とかをなくすという話に見えるしね。つまり生活保護であっても3割負担の枠組みにされると。

病気故に生活保護を受けている人も、高額療養費の枠組みの負担までの負担を迫られると。つまり生活費がだいぶ減らされるということ。

高額療養費も新自由主義者大嫌いで破壊しようとしてるがね。

受ける人が増えて、予算が変わらないとなると、平均受給額は減るんだよ。とすると、障害者病人がまっさきに割りを食う制度なんだよ。

医療ですら、さらに、医療別に保険料をとっているのですら、コウカナチリョウガー、とか言ってるじゃない。

ベーシックインカムがあるから、そんな費用がかかるようなものはやめようという流れになる。

そういうクソ対応が見えてる制度なのだから、疑ってかかる。

累進課税負担できる人が負担するという制度ならまだ少しはわかるが、言ってるのはのべから法人税減税とか言ってるような新自由主義者ばかり。

とすると、消費税べらぼうに増やして一般庶民同士の対立を作るか、こういう必要な人への金を出さないようにするという制度が見える。

ちょっと調べたらこういう「必要な人にも、実態を見ずに金を出さない」制度なのがわかる。

予算が限られる以上、必要な人に必要な額を出す制度のほうがいいのだから

となると、共産党なんか相手にしないよ。先に福祉に使える額をきちんと累進課税法人税増税でとってからの配分にするだろうね。

2017-11-05

anond:20171105175007

検証改善

そんなものまともにやるなら失われた30年なんか続けなかったよ。

大体、改善といっても、さら新自由主義側に積み重ねて事態悪化させる一方だっただろうが。

だいたい、BIって、どんな背景の事情があろうが、一律の金で済ますって制度から福祉が足りないやつにはとことん足りなくなる。

anond:20171105154504

検討されてるレベルで実際やってるわけじゃないよね?どこの国も。北欧が「検討している」から新自由主義者政策ではない」というのは誤り。

BIの代わりにほかの福祉が減らされるっていう話はあり得ると思う?

新自由主義は国の関与を嫌う。その一環で、恣意的個別福祉を考えて対処するのは誤りだという立場から個別福祉をやめてBIにせよという立場

まり医療費高騰は安っぽいBIで何とかしてね、みたいな形になる。

BIを本当に訴えたいのならどういう枠組みでやるかを考えてみな。

累進課税高騰もいいよ。だが、あれは富裕層勤労意欲をそぐという話があった。それの対処をしてからね。

元増田は「共産党賛同しないふじこふじこ!」なわけで、バックの怪しい話見たらそりゃ乗らんわと思うわ。

anond:20171105151431

だって新自由主義の枠組みで出てきたものからさ。そういうゴミみたいな政策なんだよ。

からベーシックインカムになんか勝手理想描いているのかもしれんけど所詮こんなもの

ましてやその勝手理想ができないか共産党ふじこふじこって事態見えてなさすぎ。

累進課税とセットならわからんことないけど、でも実際ベーシックインカム叫んでるやつの顔ぶれ見てみ?

anond:20171105144010

ベーシックインカムは他の福祉全部切って、金出して終わりにしようっていう新自由主義政策なんだが。

から盲腸に何百万もかかる社会で、それでも月に1万2万出すからオッケーよっていうの。

新自由主義者以外は相手にしてないよ。

それよりきちんと届かない人への福祉と再分配を国が提供したほうが良い。

2017-10-29

anond:20171029174811

ほんまにそう思う。

言及でほかに今回の選挙がらみとか、北朝鮮ミサイルがらみで変だろうと思ってることがある。スレッドがあれるから触れないが、俺としてはこれ策略でやってるだろうとは思う。

なんていうか、豊かにするんじゃなくて、ただとにかく策略と扇動地位を保ってるかのような。しかもとにかく小細工ばかり。

特にウヨサヨ中国韓国問題矮小して、演繹的に新自由主義日本会議改憲について思考停止させて自分立場が正しいみたいな感じで。

こういう扇動人権を奪っていくってまさにナチスおっさんと同じだろうと思う。

2017-10-28

anond:20171028013607

新自由主義胡散臭い

解雇規制はどんどんゆるめてきて、もう完全に正規非正規という身分階層創りだしたのにまだいうか。

全部の企業が同じ条件であれば、いきいきままは非正規しわ寄せを及ぼすだけなんて状況も生み出さなかっただろうに。

非正規がいなかったのだから

2017-10-27

anond:20171027105104

小池前原グルになってよくやるよという感じはするな。

枝野が立たなかったら左翼は滅びたとか言ってたんだろう。

あと、ウヨサヨなんて、外国の反発の立場を、他の新自由主義日本会議改憲演繹するための無意味有害概念だというのも感じる。

anond:20171027083021

今、自分たちが苦しい、豊かにならない。

まず、それがげんじょうとして、どうやって解決するか?

で、自分たちより弱い誰か敵を作って、それを叩き潰せば幸せになるんだよね。って誘導なんだよね。

ヨーロッパアメリカでは移民ターゲットになってる。日本移民がないが、その代わりに中国韓国人を敵にする。

それが通じなくなってきたか発達障害ADHDで、ただのおっちょこちょい人間を敵にしようという誘導が強い気がする。

ただちょっと腹立なという人間たちを、今の問題すべての敵だというように設定する。

新自由主義撤回したらいいだけなんだけどね。新自由主義は金貯めこむところに金を多く回すから金回りは悪くなるのだし。

2017-10-26

最近、超映画批評面白い

前田有一氏の超映画批評は、10年以上前から続く個人映画批評サイトなので知っている人も多いと思う。

2004年あたりの「デビルマン酷評レビューなどでネットで人気になっていたが、映画レビュー内に前田有一氏のかなりアンチ韓国中国右寄り思想がにじみ出る感がリベラルが多いはてな村では嫌悪されてきた記憶がある。最近は昨年の「シン・ゴジラ」のレビュー話題になったくらいで、あまり読んでない人も多いと思う。

なんか最近ふと思い出してここ最近映画レビューも読んでたんだが、いい意味前田有一氏かわったなーと思えて面白かった。

昔はそれこそ「ネットで真実に目覚めた!」系のお方で、それこそいまでもチャンネル桜レギュラーもっているようなネトウヨめんどくさいおっさんだったと思う。それがどうもいつの時期からか彼の視野が開けてきており、ネトウヨおっさんというより小林よしのりのような「話の通じる保守」的な言動が増えてきている。

最近レビュー特に印象に残っているのは「ハクソー・リッジ」と「わたしは、ダニエルブレイク」だ。「ハクソー・リッジ」については少なくても10年ほど前の反日ハリウッド映画を叩くことしかしなかった彼には書けなかった素晴らしい内容になってる。「わたしは、ダニエルブレイク」ではまさか前田から緊縮財政批判が聞けるとは思わなかった。レビュー最後英国のメイ首相日本新自由主義政治家(名指しはしてないものの明らかに安倍晋三)に痛烈な批判を残してしめられている。あの前田有一氏がここまで弱者に寄り添って権力者に怒りをぶつけるレビューが書けるのか!とうれしい驚きであった。

映画批評のことを「右寄り思想ウザイレビューサイト」と思い込んでいるはてサの皆さんにこそ、時間があったらチェックしてもらいたい。この変化の度合いはなかなか新鮮である

2017-10-24

左翼右翼新自由主義

福祉関係限定だけど左翼は、右翼新自由主義を同じものだとみなしてるが

新自由主義福祉消極的なのに対して

右翼福祉に反対なのではなくて現在福祉対象に不満を抱いてる人と定義すべき

弱者として救われるべきとされる対象が老人・子供女性マイノリティ等であって

自分が含まれてないという不満を持つ人がいる。

右翼的な主張をしてる人にはそういう人達大勢いる

赤木智弘もその一人だろうが彼の場合右翼とは呼ばれない

誰が右翼で誰が左翼なのかはかなり恣意的

よく見かけるシルバーシートに座る体調の悪い女子高生が叱られたみたいな話に

やたら食いつく人というのは左翼なのか右翼なのか?

anond:20171023112950

政権交代がなくても、中心となる政党が誤った方向に行けば、正しいと思われている政党が躍進する。

中心となる政党やばい!と感じてそちらに引きずられて政治がただされる。場合によっては正しい政党がそのまま勝つ。

そちらのほうがはるか健全だと思うね。

小選挙区制。その元できる二大政党制って、二大政党が両方グルになったら、選挙民には選択肢がなくなるからさ。

それは今回の選挙で明らかになった。自民前原民進グルになって消費税増税自民希望グルになって日本会議改憲をで選択肢をなくそうとした。

しかし、枝野が立って完全に潮目が変わった。希望ベーシックインカムとか内部留保課税とか言いだしたが、この政策の正誤はともかくとして、枝野が出なかったら絶対言わなかったよ。

野田以降消費税増税やTPP推進など、民進も完全に新自由主義になって、選択肢がなくなった状態だった。むしろ自民より過激だった。

それでくだらない外国人参政権だとかあたりを主論点にしようとしていたが、凋落が止まらなかった。

から絶対中選挙区制が良い。むしろ小選挙区制害悪が出たのがこの数年と今回の選挙だと思う。

若者保守化論の誤り。維新リベラル自民改革派認識、と世論調査

18・19歳、自民に4割傾く 立憲民主高齢層支持多く:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22561000S7A021C1EA2000/

日経記事話題になっていて思い出した選挙前のラジオですが、若者保守化論に関して是非とも紹介したい内容なので途中からですが文字に起こしました。

2017/9/12(火)ザ・ボイス 宮崎哲弥×北田暁大

https://youtu.be/l7_mlqvCB8s?t=15m11s

北田安倍内閣支持率東大生で高いっていう記事が流れてきて、実際そうなんですけど。上がってるんですよ昔より。東大生は強いものに巻かれるんだなって左派的な人から批判があったんだけど、同時に他の大学と比べてみて一般的にどうかっていうと若者全般がそうである。どっかの調査でもありましたけど若者自身保守化していると言えるのか、現状の閉塞感みたいなものに関して安倍さんの方を革新と見ている可能性がある」

宮崎読売新聞早稲田大学研究所と一緒にやった世論調査があって、50代まで(50代以上の意)は共産党革新リベラルだと評価するんだけど50代を境にして(下の世代は)一転して保守的だと共産党を。じゃあ(下の世代にとって)一体何がリベラルかって言うと維新が1番リベラル

北田「そうなんですよー」

宮崎維新イメージって50代を境にして(50代以上からは)保守だと見なされてしまうと。これが典型的に表れているようにリベラル保守っていう言い方っていうのが世代で違っている。特に50代を境にして全然違っているということになるんですね」

北田「50代までは恐らく冷戦までは通用したような右左とかタカ派ハト派論理政党名と繋ぎ止めているんですけど、40代から怪しくなり始めてもう20代30代になると大きく変わってきてしまっている。この状況を踏まえないと従来型の左右というかリベラル保守という分け方もそろそろ賞味期限というか少し組み替えないといけないんじゃないかと思うんですが、少なくとも左右の対立項が大きくイメージが変わってるのは確かなんですよね」

宮崎「うん」

北田宮崎さんがおっしゃって頂いたやつは今の中央公論の最新号で高知大学遠藤先生たちによる『世論調査にみる世代間断絶』っていうのがあるんですけど、今みたいなお話がでています。19歳から29歳は日本維新の会を1番リベラルだと思っていると。先行世代からはなかなか不思議な構図に見える。そのあとも面白い研究をされていて本来であれば社会学者がちゃんとやるべきことなんですが、安全保障社会的平等ジェンダー質問項目を元にどういう軸が区別指標になっているか子分析っていう手法でやってるんですけど、そこに3つ出てて安全保障の軸、社会的価値観女性社会進出差別)、第3に税金負担の軽減とか自国利益の強調とか経済的な側面というか自国のあり方のような・・・

宮崎はい

北田「この3つの軸を出されて研究されているんですが、これが綺麗に当てはまらないんですよね。民進党なら民進党とか自民党なら自民党とかパッケージ対応してなくて。経済とか社会的なところで凄く我々から見ればリベラルな態度をとっている若者が、安全保障では我々から見るとタカ派的なことを言っている。どちらも共通してたぶん現状を変えていくというような意識では一貫しているんだと思うんですね。これ分析する側が旧来型の軸に頼っているようではおそらく民意をつかめないのではないか

宮崎遠藤さんが取り上げているかからないけれど、同じ調査の中で50代以下の人政党イメージについて改革積極的消極的か問うているわけよ。1番改革積極的だと評価されたのがなんと自民党。次が維新。あとの政党っていうのは改革に対して消極的であるという評価。つまり私より下の世代、50代より下の人たちが何に着目してリベラル保守と言ってるかというと経済体制改革っていうのが積極的かどうかが鍵になっていると思うのよ。それがなぜそうなるのかというと、20年も続いたデフレ。先輩たちが就職難で就職氷河期で喘いできたのを見てやっと自民党が変えてくれたという実感に根ざしたものではないかという気がするんですけどね。どうですか」

北田「間違いないと思います民主党岡田代表だった時代リベラル懇話会という形で・・・

宮崎代表でいらっしゃる。今でもこれは続いてるんですよね」

北田「今でもです。勉強会みたいなものを何度かやらせて頂いたんですが、その時に簡単世論調査をしても安保法制で盛り上がる前くらいか分析してても民意は明らかに経済を重視していて、政党支持率経済政策の推進というのは関係が強いんですよね。一貫してそうなのに何で今ここでアベノミクスを超えるアベノミクスをやるって言わないの?っていう」

宮崎アベノミクス内部で考えても消費増税マイナスだったし2013年以降は第2の矢っていうのはちゃんとやってないわけ。GDP比で財政を考えても明らかに緊縮財政になってる。ここを突いてこんなんじゃ駄目だって言うのこそがリベラルだろって私はずーっと言っていて。リベラル懇話会経済政策提言の中にもそのことが書かれているのに何でリベラルはこれを受け入れないの?」

北田「そこが本当に私も分からないというか。安倍政権パッケージングとか安保法制とか・・・

宮崎「そういうのを全部評価するとかまったくなくて、少なくとも第1の矢と第2の矢を評価して第3の矢に成長戦略ではなくて再分配政策もっと多様化政策を持ってくるべきだ」

北田アベノミクスを超える財政出動をするぞっていうような、金融緩和についてはあるジゲン次元?)を設けて消費税についても上げるなんて問答無用な話でそういうジゲン次元?)をつけて考えていく。再分配の仕方を再考していくっていうのがイギリスでいうとねコービンとか、ポデモスとか世界標準的な左派普通になってるハズなんですよ」

宮崎「金の問題重要なんだけどそれは単純に金の問題じゃなくて、そうやって人々の所得が増えていくことによって貧困率だって下がっていくし人間生き方多様性可能性、ケイパビリティアプローチですよ。アマルティア・センが言う。それを増やしていくことがリベラル理念に適っているんだっていう。何でコレが日本では通用しないの」

北田「それを私も聞きたいっていう。あまりにも安倍さんとの対抗軸を立てたいっていうのか強いのか、民進党DNAの中に刻み込まれているのかどうか知りませんけど、少なくともやるべきことというのは緊縮の話ではないし、アベノミクス批判ではないハズですよね。政治家だけだったら敵味方の論理で話が分からないでもないんですが、論壇とかに出てるような左派とかリベラルっていう人たちが経済っていう問題を軽く見ている感じというか、経済問題をを考えなくても他の部分こそが大切なんだっていう。もちろん大切なんですけど、経済問題宮崎さんがおっしゃったように人々の可能性とか潜在能力みたいなもの平等を図っていく上で重要な要素であることは間違いない」

宮崎あなたがね『現代ニッポン論壇事情』の緒言の部分で言ってることがさ、経世済民思想にして卑しい事柄でも何でもなく自由権社会権という基本的人権に関わる重要社会的行為なのだと。これは本当にリベラルと自認していらっしゃる政治家言論人に拳拳服膺してもらいたい」

アナウンサーリベラルの偉い学者さんとかそういう方々は武士は食わねど高楊枝じゃないですけど・・・

宮崎「食えてるんですよ。あの世代の人たちは食えちゃってるんだよ。豊かさは限界だろうとかさ」

アナウンサー清貧思想とか」

宮崎「そう清貧思想とか。若いやつは公徳心ねえなぁとかさ」

アナウンサー江戸時代に戻れとか」

宮崎「そう江戸時代に戻れとかさ。ほんっとに無責任なこと方言するわけ」

北田「でも若い人は絶望してなくて経済指標がよくなったら嬉しいし雇用状況が良くなれば満足度があがっていっていて、それなりに彼らなりに合理的に見ているわけですよ。成熟してこんな成長いらないとか思ってるのは正直な話、若者じゃないんですよね」

宮崎「50代よりも上。だから俺の世代よりも上の人達ですよ」

アナウンサー「逃げ切っちゃえる人達

北田バブルでおいしい思いをしてバブルへの絶望みたいのが過度な形で出てるような気はしますけどね」

宮崎「それもあるでしょうね。でも彼らはバブル受益者だったわけじゃん」

北田「そうそ受益者で、だからこそ割れた時の記憶が強烈なんでしょうけど、だけど、それを20年間散々下の世代が味わってきたわけだから逃げ切りは私は許されないと思います。それと団塊の中でも逃げ切れるの一部ですよ。だから社会保障問題重要になってきて財源論だって色んなところで議論が出てるわけ。逃げ切れる成熟しましょうなんていうことは正直申し訳ないけども呑気な話だと僕は思います

宮崎「高度成長しろなんて一言も言ってないし不可能

北田「だーれも言ってない」

宮崎「でも2~3%のパイを増やす政策を取らなければだんだん縮小均衡になって1番割を食うのは若い世代弱者。この人達ですよ」

北田「だから僕は成熟社会論というのは冷たい冷徹思考だと思いますよ」

宮崎「でもこれがイギリスのギデンズが唱えた第3の道とかさ・・・

北田あんなの新自由主義ですよ」

宮崎「だから左派版、新自由主義でしょ。そういうのと一緒に上の世代の人たちの・・・固有名上げるなら民進党前原さんの頭にね固着しちゃってるんだよ」

北田前原さん聞いてるなら経済だけどうにか考え直して頂けないでしょうかっていう気持ちが。僕は枝野さんに心配していたんですが、枝野さんがこういうこと言うんだってブレイディみかこさんと松尾匡さんと対談している時にニュースが入ってきて、枝野さんがこんなこと言っている!って衝撃を受けて」

宮崎賃金を上げるために赤字国債発行するとかさ、ここでは私は枝野支持です」

北田「僕もびっくりしましたよ。それが一番求められていることであり、簡単思考で言うと経済椅子の数が決まったゲームと考えずに成長していくことによって維持できるっていう、そういうシステムだってことを考えないと公正性とか格差問題も広がっていくだけと思いますね。だからこれはリベラルというよりソーシャルと言った方がいいかもしれませんね。ヨーロッパ型のソーシャル

宮崎ソーシャルって話をすると、もう少し先の話。フォワード・ルッキングしないといけないと思うので言うと、井上智洋って知ってる?マクロ経済学者。汎用AIが開発されて簡単に言うと色んな産業分野に汎用AIと汎用ロボットが広がっていって失業がどんどん増えていくと。そのとき何が必要かというと、経済構造っていうのは消費の部分がなければ成り立たないでしょう。消費っていうもの担保するためには所得を与えないといけない。でも失業してしまったりどんどん賃金が下がっていけば当然消費も縮退していくわけ。それを補填するためにベーシックインカム必要だと。汎用AIができるかは別にして産業部門で色々使われることによって人減らしがどんどん起こっていくということはほぼ間違いないですよ。その時にどう対処すべきかっていうことを、今この経済政策で、生物学の前適応じゃないけどもやってるような気がするの。今の長期停滞に対処するのならその政策の延長線上でその状況にも対処できる。その観点から言うと消費税って駄目だと思うんだけどな」

北田「だめだめだめだめだめだめ。少なくとも今は駄目で、経済社会の中でどう位置づけるのかっていうのを考えないといけなくて。公正かどうかっていう比較分析社会学は得意なんですけど、財源どこかとか国債どうする金融政策どうとかそこがないんですよね。不平等を見つけるのは上手いんだけど、それをどうやったら直せるかって言うと財政を均衡させるしかないって話になっちゃう」

宮崎経済学者連携して・・・

北田「そう、やるべきだと思いますよ」

宮崎「だからリベラル懇話会北田さんの試みというのは本当に重要な試みだと思っております

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん