「妄想」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 妄想とは

2018-05-27

欲に負けてXiaomi Air12.5インチ)をポチった

Gearsbestでマイナーチェンジ後のモデルが5万で売っていた。

MAC風のシンプルルックスで、ぱっと見のスペックは十分。

ちょっと調べるとSSD拡張可能だし、内部へのアクセスも意外と簡単そうだった。

M2.SSDは徐々に値下がりしていて、後々増設するのも良さそうだなとか妄想していたら買ってしまった。

そもそも、以前PC買おうと考えていた時の第一候補で、その時はセールもやっておらず高かったものの、さっき覗いたらやってて先述の値段でした。

結果として我慢ができませんでした。

Gearsbest、あそこは魔窟ぞ……

マウンティング男とゲイ

大学入学して約2ヶ月。

最初に仲良くなった友達3人くらいといるのがめんどくさくなってきた。

なんとなく会話の中でさらっと自慢を織り交ぜることが多くてちょっとめんどくせぇなと思ってたけどそれがマウンティングなるものだとは最近知った

男同士にもマウンティングはある。

というより女より直接的じゃないか

まず女、お・ん・な!

彼女の可愛さ、元カノの可愛さ、女友達の可愛さ、可愛い友達ができた、………

そしてしまいには高校同級生が可愛くてネットで話題になったというもはやマウンティングと言えるのかすらも分からないことを言いだす

自分で言うのもなんだけど(匿名から言える)割とイケメンと言われることが多くて、やつらは最初低姿勢で入ってくる。が、しかし、俺がイケイタイプではなく大人しくて女性経験もそれほど豊富ではないと分かるとすぐに自らのモテ度・卍度・つまりは偉大さを語り始め、「すごーい(^_^)」を強要してくる。

最近は「へぇ(^_^)すごいじゃん!(笑)」を言うのも面倒くさくなってきてしまい そのうんこのようにどうでもいい話が出ると感情がなくなり、そしてそれがそのまま表情に出てしま

あと俺はゲイバイかもしれないけど多分ゲイ)だからその話に全く興味がわかないし、そういう男を見るとバカだなぁとしかわずさらに話に出てくる“可愛い女”のチヤホヤされ具合にも「人生チョロいと思ってるんだろうなぁ」とかなり自分勝手な妄想をしてしまい、腹が立つ。

ああ、こんなことを考えるなんて多分疲れている。早く寝よう

2018-05-26

萌えに貴賤はある

オタ女の中で争いがおこったとき仲裁として「萌えに貴賤なし」というフレーズがよく使われてきたが、近年その効果がなくなりつつある。

なぜならオタ女ポリティカル・コレクトネス(以下ポリコレ)が普及しつつあるからだ。

もちろんこんなフレーズみな本気で信じていたわけではない。オタ女にとっては自カプこそが唯一にして至高である。けれど建前上「貴賤はない」ということにして、水面下で小競り合いはありつつも表面上は平和を保っていたのだ。

しかし近年オタ女意識の向上に伴い、明確に差別されるカップリングが出てきた。それが「ポリコレにそぐわないカプ(非ポリコレカプ)」である。例えば幼い子ども大人カップリングや、明確に力関係の差がある男女カプ、従来の男女役割をなぞる同性カプなどである

当然昔もカップリング差別はあった。逆カプや総受け乙女・夢女へ蔑視など上げればきりがない。けれどどれも所詮オタク妄想方向性の違いであり、目くそ鼻くそを笑うようなものだった。他人を殴れば必ずブーメランとなって自分に返ってくる。

しかし非ポリコレカプへの差別はこれらと違い、一見もっともらしい正当な理由があるため始末が悪いのだ。大人子どもに手を出すのは犯罪である男性女性搾取する形で成り立つ関係パワハラセクハラである、同性同士の関係性別役割を持ち込むのは既存価値観にとらわれている、などなど。

現実の話や漫画雑誌掲載されている作品の話だったらそのような問題提起もわかる。自分二次創作自分モラルに従って作品を作るというのならどうぞご勝手に。しか他人二次創作を裁こうというのはいささか傲慢ではないか

ポリコレカプを差別している側の人々は、真摯ポリコレについて考えている「意識の高い」人たちである。そして自分たちが差別であるという認識はおそらくない。言葉の端々に非ポリコレカプへのあざけりをにじませながら、「ポリコレ的に正しい」自カプへの愛を語る。やってることは旧世代の女オタと同じなのに、正当性があるから殴り返されずに錦の御旗のもとに気に入らないカプを攻撃できる。ポリコレとカプ論争の悪魔合体である

ポリコレ順守者にとっては、萌えに貴賤はあるのである

誰もここまでして老化に抗いたいとは思ってないからな

 そもそも日本人は飽きたら次に移るし

老化に抗う発狂行為は、ずっと固定になるので

日本人本能に反する。はじめから無理で、どっかで爆発するだろう。

その爆発を抑えるために、支配側は時間帯によって不定期にきっつい抑圧

をかけてきてるが、そこが日本人にとって最も嫌われてるわけで、結局、

無理なもんは無理

無理矢理やってるだけし、到底成功はしてないし、エロに関して言えば、

何でオナニーだけなんだよ、三次でできないんだよ、という狂気が蓄積

されているのが現状で、それも我慢の限度を超えてるので、児童への性犯罪

も起きてるんだろ。ダメと脅されてようが日本人本能なんだからどうしようもない

この二次妄想オナニー狂いの流行は、結局ヘタクソで、成功してない

性的社会になっているとしても

二次元妄想がでるだけ、風俗はクッソカスあんまり

不幸な社会なので、将来的には女も男も一発発狂して、

ブスだろうがなんだろうがわいせつ行為

しまくる時代が見える

っていうか、はっきりいってもうみんな発狂寸前なので

数か月にもそうなるのではなかろうか。

anond:20180526121116

ここにいるまんの人は日本レイプ大国から女性が夜道を歩くのは不可能って主張してたじゃん

どうした妄想が出たか。薬は飲んでるのか?

anond:20180526004715

妄想だけの頭お花畑よりまし。とにかくあらゆるデータちんこの大きさとか言ってる男笑われてるから

anond:20180526003928

セックスうまいとかちんこがでかいとかそんなんに若い女が興味持つとかアホな男の完全な妄想やん

2018-05-25

増田妄想を垂れ流すのは個人自由から

弁護士に知り合いがいてもおかしくない

久しぶりに

昔やった女性向け成人ゲーのあれこれ見直したんだけどやっぱこれおもしろいよなー

蝶の毒華の鎖ってやつ

私この作品で女探偵EDが一番好きなんだけど、登場人物がみんなそこそこいい感じ救われたEDだと思うんだけど、他の人はどう思ってたんだろう?

だれかを攻略するとでなく作品自体のグッドEDって位置けが探偵EDだと当時から思ってた

キャラ人気は一番あるけど私はあんまりきじゃなかった成金だけど、女探偵EDを経るならくっつくなら成金だと思ってる

このED成金はい成金だと思う

成金とくっつくならぜひとも女探偵EDを経て欲しい(公式じゃないけど)

多分お兄様も幼馴染も執事も女探偵EDなら主人公への想いはドロドロにならずになんとかなりそう

いやお兄様は微妙か…でもそういう意味で変にはならなそうなんだよなあ

そして阿片王が一番救われるのはほんとこのEDだと思うんだよなあ

次に好きなのは女郎蜘蛛EDな辺り女性向けの乙女ゲーに向いてなかったのかもと思わなくもない

その次好きなのは永遠下僕ED秘密倶楽部ED、その次は白EDおやすみかなあ

…ほんとに向いてないなー多分…

EDおやすみEDはその後の残された攻略対象達がどうしてるのかすごく妄想しがいがあるよね

女性蔑視してたやつは更生するか

友人が結婚を考えている。

その相手となる男は偶然にも私の高校の先輩で、直接的に知り合いというわけではなかったけど何かと目立つタイプだったので名前を聞いたときから「え!あの人!?」と思った。

なお私は高校時代典型的地味子だったのでおそらくあちらは覚えてないだろう。

ただ友人はお花畑全開で結婚したがっているわけではなく、ちょっとひっかかるところがあるという。

たいしたことじゃないんだけど、と前置きして友人が言うには「前に彼(先輩)が私のいるところで他の男友達電話をしてたときに、『お前、前に(地元の某スポット)に女連れてきてただろ』って言ってた」とのこと。

さなことだけど、その彼の友人が連れてきた人を「女」と表現したのがちょっと気になったらしい。

そこで私もその先輩の高校時代のことがふっとよぎったけどその時は何も言わなかった。

その先輩はかなりのウェイ系というか、「モテたいヤリたい触りたい」を隠そうとしない人だった。

私は地味子だったので直接的な被害はなかったが、その先輩と同じクラスだった女の先輩が「なんかあの人なれなれしいし下ネタ大声で言うからちょっと関わりたくない」と言っていたことがあった。

その女の先輩からのまた聞きだけど、友人彼さんは「女なんてやったもん勝ちでしょ」「いつでもやれるようにゴム持ってる」みたいなことを堂々と言って、取り巻きの男友達とウェーイしてるんだということだった。

ただそういうウェイ系の強引さが好きな女性もいるようで、高校時代彼女はいたっぽい。

話を戻して、そんな話を友人としたあとで家に帰ってから気になってFacebookで調べてみたらやっぱり目立ちたがりの先輩らしく「○○高校同窓部!」みたいなプロフィールつけて実名アカウントとってた。

内容はまあ特定女性バカにするというものではないのだけど「きれいな女の子を見ると立っちゃいます。いい匂いだけでもやばい」とか「人混みを歩いてるとここで大風が吹いてスカート全部めくれたらとか妄想しちゃいます。あ、ブスのはいいです」みたいな書き込みがあった。

なぜかわからないけど男の友人ぽいひとたちからは「さすが(友人彼)さん!エネルギッシュ!」みたいな賛同コメントがたくさんある。

友人の話ではその彼氏先輩は2人でいるときはそれなりに優しいし、今はもう社会人でそれなりにきちんと両親への挨拶はしてくれるらしい。

私がどうこう言うことではないのだろうけど、なんとなく昔女をヤリモクで見てきたタイプがその後更生するって確率的は少ないんじゃないかなあと思ってちょっと不安になる。

彼女Facebookのことを言おうかどうか迷うが、余計な事を言ってそれで結婚が破談になるのもなあと思ってもやもやしてる。

anond:20180524213629

こういう妄想決め打ち的外れクソ雑魚おばさんが多いんもちょっとねぇ

anond:20180525184442

ただの妄想ワロタ

ネクタイの色は「それは日大スクールカラーでしょうね」って関学の人も言ってたよ

anond:20180525174142

俺は何から着手すべきなのか?

目の前には、無限のチャンスが広がっている。

パソコンネットワークさえあれば、GoogleFacebookTwitterなどのようなサービスを作ることができる。

 

  1. アイデア: まず最初にこれが無ければ何も始まらない。何も生まれない。俺にはアイデアだけは無尽蔵にある。
  2. 技術: いくら良いアイデアがあっても、作れなければただの妄想で終わる。外見上は、何もやってない人と同じだ。
  3. 宣伝: いくら良いプロダクトを実現しても、誰も使わなければ、存在していないのと等しい。他人に使ってもらうためには、まずその存在を知ってもらわないといけない。
  4. サポート: せっかく存在を知ってもらっても、使い方が分からなければ、ユーザーは去っていく。オン・ボーディング、顧客教育、アフターケア必要だ。ユーザーを大切にしたい。

 

今の俺に足りないものは「技術」だ。

アイデアを思った通りに実装できない。もっと勉強しよう。

しかし、時間は有限だ。チンタラやってたら日が暮れてしまう。速攻でスキルを身に付けたい。1日で本を10冊以上習得したい。

俺には、すぐにスキル習得するための「勉強方法」が必要だ。しかし、簡単にやれるチートはない。仕方ないので、優秀な受験生のように、必死勉強するしかない。

要領の良い奴は、一回見ただけですぐに理解してしまう。俺はアホなので一回で理解できない。最高にダサイけど、何回も失敗しながら習得するしかない。

 

課題が多過ぎる。目の前の課題必死にこなす以外に方法がない。絶望に暮れている時間さえもったいない。頑張れ!俺!

俺は俺を応援する。俺だけは絶対に俺を見捨てないという安心感があるので、確信を持って前進できる。

今日も愚直に1ページずつ前へ進む。(途中で止めさえしなければ、必ずゴールに到達できることを知っている)

尊さを「着ていく」という感覚への気付き

最近とあるマンガがキッカケで百合の沼にハマってしまった。

対象とする性別こそ違えど、つづいさんのムーブがよくわかる。

今までの人生百合に興味はほとんどなかった。

一応ゆるゆりリアルタイムで追っかけてたけど、

どちらかというと苺ましまろの延長線上みたいな感じだった。

もちろん、百合BL嫌悪感を抱いているとかではまったくないのだが。

イマイチピンとこないでいた。

(ここで百合BLを同列に並べるのはなぜ?と思った人は鋭い。

この後すぐ述べるカップリングのことを俺は殆ど少年愛だと思っている、その現れということだ。

詳しくはいつか書こうと思う。)

わたモテゆりもこに出会って俺は変わったんだ。

変われたんだよ。

そんで思ったんだが、尊さってのは不思議感覚だな。

波がある。

その日その日にフィットする尊さがある。

もう今日は尊くてしかたがないです、すみません許してください。

そして想像上の他者におのれのゆりもこ妄想を頭の中で語り続ける、

そんな日もあれば、

洗濯や皿洗い、部屋の掃除など何気ない日常動作にこの尊さを折りたたみたい。

折りたたむ感じで日常のあれこれをやっていきたい。

そんな日もある。

あるいは、なぜ俺の年収はこんなに低いのか、あるいは人間関係を今後どうすれば、

そんなはたから見るとお笑いごとだが、

あくま自分にとっては深刻な問題の傍らに尊さを置いて置きたい、

そんな日もある。

なんというか、感覚的だし飛躍しているのは百も承知だが、

その日その日の尊さを着て歩く、服を着るみたいに。

そんな感じなんだよな。

俺はオタク系の文化はほぼ引退した身なんでよくわからないんだが、

こういうのは「あるある」なのか、それとも変な感性なのか。

それが気になった。

anond:20180525162322

自分妄想を具現化できるのは羨ましいなぁ。

絵に出来れば、人に伝える能力も上がるだろ。

2018-05-24

anond:20180524211118

それはあんまりだわ

話のずれを指摘されたら性格歪んでるとかキモいとか


は? 何言ってるの??

俺は誰からも話のずれを指摘されてないぞ。

話のずれを指摘されてるのは別人。

オレは途中で横から口をはさんだ人間

勝手に同一人物と思い込むなよ。

妄想野郎キモッ!、

anond:20180524172102

もし自分に金があって自殺しそうな知人が目の前にいたとしたら

話ができそうな雰囲気とか機会をつくってやって、話や思いをまず吐き出させる。

それから旅費をもって旅行などに連れ出してやる。今の生活とまったく違う環境に逃避させてやるためだ。

色々見せてやったり、興味示した事には体験させてあげたり、学ばせてあげたりする。

でもずっと面倒みていたら甘えるだけだからダメだよな。

最終的に「自分はこれがしたい、してみよう」という自立的な考えが浮かぶようになったら、いいかな。

まあ妄想だけど

anond:20180524005304

証明できない仮説は想像妄想ですよ?と伝えても、妄想だなんて失礼なやつだ!となってもうね。

2018-05-23

正解するカド」の俺の中の正解

12.5話の総集編見た。

https://www.youtube.com/watch?v=lAqqua14Kq8

テレビ放送1話見て震えて毎回期待して盛り上がっていたが、9話以降でずっこけて、なかった事にしたかった者としては、ひとまずうまいまとめ方にした総集編でそれなりに納得できた。

しかし、これ観て改めて自分の中でこんな風な話ならよかったのに、という妄想が再度沸き上がったのでここに書きなぐっておく。

要は幼年期の終わりをやって欲しかった、という感じ。

ワム登場と制作方法公開まではもう最高だと思ってる。

個人的にはここで物語上で数年位の時間経過が欲しかった。

エネルギー問題解決世界が大きく変貌した事を見せてほしかったなー。

テクノロジー進化と、生活の変化、人々の価値観の変化を群像劇として見せたら面白い描写山ほどできそう、

逆にワムに頼らないアーミッシュ的な団体反対運動派がいるとか、でもその運動も下火になりつつあるとかね。

で、サンサは正直この作品はいらない気もするけど、あれを出すなら、多次元自分無限選択や行動を変えてひたすら人生分岐していくシチュエーションを受け入れる世界描写して欲しかったなぁ。

カドの話の結論として、真道やザシュニナの存在や沙羅花がこの宇宙ファンであるというテーマである。「自分という存在やこの宇宙は唯一無二のもので複製や代理が利かない」という描写をするなら、サンサっていらないと思うんだよなー。

この辺の描き方のルールを厳密に決めないまま唯一無二の自分サンサの両方を出すのはSF食べ合わせとしては良くない気がする。

サンサを出すならば、いっそタイムリープものでよくある、無限選択肢を個人が選べてしかも併存させられるって描写をやってほしかった。

そうしたら、人間自体基本的心理概念とかもすんごい所に行きそうだし、異方への転換を受け入れる人間無限可能性で出てくるので、話の描写としては難しくなるかもしれないけど、

やりようはあった気がする。

たとえば、物語描写する軸としての世界では、サンサ懐疑的で進展に戸惑う世界描写すれば良いし、他の自分可能性がおぼろげにしか見えない選択肢の世界としても描写すれば良い。

で、明確に多次元自分を感じ取れる人間は、ワムを作れる位レアケースとして描写すれば、話を追う側には納得感もある、例えば品輪博士は多次元自分を感じられずに憤るけど、もともとのスペックが高いので、別の手段で何とかしちゃうとか、彼女が多次元を感じる事すら再度一般化させちゃうとか色々描きようはある。

総集編は「唯一無二の自分」をテーマに再編集されたけど、個人的にはこの概念すら覆してくれるSFテレビアニメで見たかった。

いくらでも替えが利いて選択肢は無限に広がって行く可能性をサンサで示されたら、人類はどう行動するか?

で、宇宙の外まで自らの意思で広がって行く世界と並行して、今と変わらない世界選択する世界を同時進行で進めて行く様な描写を見たかったよなぁ。

で、その辺の葛藤もある物語世界では、極めつけとしてナノミスハインが登場して、物理的な運搬や移動の制限がなくなって、これが決め手になって、結果、人類が数年で宇宙に広がって行き、テクノロジー指数関数的に進化する。

でも、唯一無二の自分大事にする徭沙羅花はカドの到来する世界を嫌い、カドの影響が最も少ない宇宙に移動して、カドの登場しない世界のんきに生活するとか、そんなんで良いとおもってる。

ましてや、子供が出てきてデウスエクスマキナで終わらせるなんてもってのほか

それをやるなら物語の中の一人でも、人類全員でもいいでので無限の彼方まで行ってしまう事を描写して物語を締めた方がなんぼかよかった気がする。

人類絹糸として収穫されるかと思ったら、その蚕に養蚕工場どころか、異方のさらに外の異方の世界まで人類に連れて行かれてしまったザシュニナが最後に悔しがるとか寂しがるとか

そういうの観たかった。

あと、個という存在も超越して欲しかった。この辺は幼年期の終わりとおんなじだけど、取り残された人類が個を超越してどっかにいってしま人類観測して欲しかったなぁ。

それこそ、視聴者があっけにとられるほど、未来へ、概念の外へ、より広い世界に超越して欲しかったなぁ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん