「共感」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 共感とは

2017-12-16

anond:20171215211839

なんでも共感したいとは思わないけど共感中に水をさされるのは気分悪い。

きれいなプールで泳いでたらいきなりウンコが流れて来る感じ。

anond:20171216211020

そうなんだよね。ツイフェミの振る舞いを見ていて思ったのは意外と平等という意識がない、というか。。。「内省」みたいな振る舞いが無さそうな、所だった。もちろん男性にもそういうのは一定数いる。いやそのダブルスタンダードおかしいでしょ、それ共感できるの女性だけじゃない?男性が得られなくない?っていうw

差別生理的嫌悪

白人有色人種への差別問題の原因の一つに、生理的嫌悪感があると思う。

美的価値観相対的であるといわれるが、そこにはある程度の公共性がある。多くの人が、バロック絵画などのヨーロッパ美術作品や、白人ハリウッド俳優を、直感的に美しいと感じるように、美しさにはある程度の絶対性がある。

各々好みはあれど、白人容姿の特徴である凹凸のはっきりした顔と身体の骨格、二重まぶた、細く高い鼻、薄い唇、直毛、長い手足などを持った人を醜いと感じる人はなかなかいない。

また、白人有色人種ハーフは、白人容姿がある程度遺伝されるため、その有色人種よりも美しく思われがちだ。白人黒人ハーフであるオバマ元大統領も、その容姿の良さが、選挙に響いたと言われることもある。

ここで白人有色人種容姿の違いをみていく。黒人白人容姿の違いは、黒い肌、縮毛、厚い唇、大きい鼻などだ。黄色人種白人の違いは、凹凸の少ない顔と身体の骨格、蒙古襞、一重まぶた、低く広い鼻、短い手足などだ。二つとも、白人の美しいとされる部分的容姿が対になるものが多い。

まり公共性のある美的価値観において、有色人種容姿の特徴は、白人容姿の特徴に劣るということだ。

そして、人間には単純接触効果という適応能力がある。これは、長期間同じものを見ると、それに慣れ親しんで、ある程度好感が持てるようになる能力である。よく、自分の顔が写真で見る顔よりも鏡に映ったものほうが良く見えるのは、普段日常生活でよく鏡の中の左右反転した自分の顔を見ることによって、この能力が働いているかである。よく、ブスはなれるというが、そのメカニズムはこの能力だろう。

この能力は、身内だけでなく、社会や国の規模ではたらく。有色人種が多い環境であれば、有色人種の顔に普通程度の好感をもつ

ここで、人種美的価値と単純接触効果関係生理的嫌悪からくる差別意識をみる。まず、さきほどからの前提として、白人よりも有色人種容姿美的価値として劣ると仮定する。有色人種長期間接していれば、単純接触効果により、劣った美は相殺され、その容姿をどうとも思わなくなる。対して、有色人種ほとんど接することがなければ、その劣った美はそのままとなる。有色人種と接しないというは、自身や周囲も有色人種でないことであり、白人白人のみと接し、白人の美が普通のものとなるなら、有色人種の劣った容姿は、彼らには直感的にとても醜く見えるだろう。たいていの人間直感的に不愉快に感じる。中には同じ人間とも思いたくない人もいるだろう。

まり有色人種と接しない白人が、有色人種に対して生理的嫌悪を抱くのは至極当然のことである。よく、差別する側は、差別される側のことをよく知らないといわれるが、この結論によって、その説得性が増すように思われる。

次に差別における理性と共感についてみていく。

一般的に、差別は愚かな行為であり社会悪であるという認識があり、分別のある人間は持っていないものであるという印象が大きい。しかし、さきほどの結論では、長期間有色人種と接ししない白人生理的嫌悪自然であると述べた。つまり、ここには、生理的嫌悪抑制する理性がはたらいていることになる。たいていの人は、周囲からだけでなく自分自身からも、分別や理性のある人間であると思われたい。だから自身の中の嫌悪感差別意識を、意識的無意識的にかかわらず抑制し、良い人間として振る舞い、繕う。こうして自称差別意識がない人間生まれる。これが理性と差別関係である

次に共感能力との関係を見ていく。

人の共感能力とは、その人との心理的距離依存する。ほとんどの人が、東日本大震災被災者に対して、彼らと無関係人間が、身内を失ったような悲しみを感じなかったのは、その心理的距離の遠さからである。また、雑誌モデルを見るとき、人はそのモデルを人ではなく、美的価値のあるものとしてみる傾向がある。これはテレビでもそうだ。人間性を表さなければ、人はたいてい容姿でその人を直感的に判断する。

少し前に黒人差別主義者白人が、黒人ハグされどうして自分たちのことが嫌いのかと問われた事件がある。その時、白人は「わからない」と答えた。おそらくじかに黒人と接し、声を聞くことで共感能力がはたらき、相手人間として見るようになった彼は、今までの自分生理的嫌悪感が途端に消えてしまたことに困惑したのだろう。そして、その時の正直な気持ちである「わからない」という言葉が絞り出された。

人は共感することで、相手容姿などほとんど気にならなくなり、はじめてその人を同じ人間として見るようになれる。

これは有色人種への差別問題だけにとどまらない。性差別同性愛差別人種差別身分階級差別障害者差別など、どれも実際に相手に接しず偏見生理的嫌悪感のみで人を判断し、気分で嫌う。そして、相手を同じ人間でないと罵り否定する。

差別とは、嫌悪感を持つことではない。その人を同じ人間として見ず、存在否定避難することが差別である。人はこのような問題を、理性と共感をもって解決することができる。差別意識を持っている人は、まず彼らについて正しい情報を得ることで偏見をなくし、分別のある人間として表面的にでも振る舞るまってほしい。またできることなら、彼らと直に接しコミュニケーションをとることで、嫌悪感のものをなくしてほしい。

ソシャゲ垢を辞めて

1年間やっていたtwitterを辞めて4ヶ月が経った。これは自分への戒めという意味でも文章に残しておく。

自分は長期休暇にtwitterというもの出会った。暇だったし良い機会なので始めようと思いアカウント作成。初めて1ヶ月、楽しさがわかった。その時、作っていたのはとあるソシャゲゲーム垢なるものであった。運営ガチャ更新コンテンツ追加のたびに共感しあえる人達がいてとても楽しかったのだ。自分推しキャラをお迎えしてフォロワーが祝ってくれた時なんかは特にとある日に、運営ガチャ更新の絵をコラージュ化してtwitter投稿したところ2000RTを超えた。ここから地獄が始まる。俗に言う「バズる」ことの快感を知った日から、1日中考えることはtwitterのことばかり。何かやろうと思っても行動の判断基準が「twitterで如何に多数の人にRTしてもらえるかどうか」になった。完全に脳が犯されていた。不特定多数の人々から承認欲求twitterリアルタイム性にまんまとハマってしまったのだ。そして数ヶ月にわたりそういった「ネタ」を投稿した、フォロワーも増えた。あぁ、RTを貰えるのが楽しい…その反面、懸命に考えたネタが振るわない時は勝手に落ち込んでいた。

そろそろTLが色々な人のツイートで見にくくなってきた。そして次に決行したのが「フォロー整理」、これもまた新たな地獄を呼ぶ。定期的に相互フォローしていたからか、いざやってみるとFF比が1対20という極端な数字になってしまった。このことにより、ただフォロワー人数が多いだけなのに「自分フォロー数が少ないのにこんなにも多くの人にフォローされてる、凄い!」と思ってしまうようになる。とんだ勘違い馬鹿なのだが。そしてそのような状態Twitterを続け、時が経つにつれ仲良しの人も大体固定化してきた。いつもファボをくれたり空リプで会話したりしている人達だ。いつでも「あの人はいつもファボしてくれる、自分もしなきゃ」という強迫観念と「絡むために相手が浮上してる時間に浮上しなきゃ」という義務感でがんじ絡めにされるようになる。またTLが更新しないと落ち着かないところまで精神が腐敗していた。botでも無いのに、酷い時は1ヶ月に5000ツイートを超えていた。ツイ廃と化していた。そんな状態で性懲りも無く続け、最後にはフォロワー同士の不仲という壁にぶち当たって行き場を失くした。いつもリプを送りあっているあの人達は見せかけの関係性を築いているんだ。そう思うと気持ち悪かった。わざわざ裏垢まで作っていて愚痴るとは抜かりないようで。

ちょうど一年が立つという頃にアカウントを削除した。サブ垢メイン垢含めて。

最初はとても空虚だった、twitterに費やしすぎて時間の使い方を忘れていたのだ。しかし今は断言出来る。Twitterを辞めて正解だったと。ここから別に成功譚に繋がる訳では無い。恋人ができた訳でもないし、仕事能率が上がった訳でもない。しか普通生活には戻ることができた。とても精神的に安定した生活が遅れるようになったと思う。

最後に今twitter鬱憤した思いを抱いてる人に向けて

twitter義務ではない、趣味

フォロワー数字は「あなたが凄い」ということを示す指標にはならない。

・ふぁぼ・RTなんて画面に対するタダのプッシュ動作貴方の呟きに共感したなんて誰も言ってない。

ネット上の人間関係疲れた?なら、捨てちまおう。

ここまでこんな駄文を読んでいただいた方は自分と同程度、もしくはそれ以上の悩みを抱えているでしょう。悩んでる暇があればアカウント削除、これがモットーです。早く締め付けられた心を、解放しましょう。あなたのそのTLを見ている時間、何か他の有意義な事に使えると思いますよ。

人とのどうでもいい口喧嘩で勝つ方法

大きな声ではっきり話す

かなり大事。というか一番大事。威嚇のため

どんなに相手論理的に話そうが「はああ???聞こえねえよ!もっとはっきり話せ!!!障害者か?!」で片付く。

相手が話してる最中に会話の割り込み可能

特に「人の話を聞こう」としているやつには強い。永遠に攻撃し続けれる。

声は大きければ大きいほどいい。肺活量を多くしよう。

侮蔑語差別用語をふんだんに使う

「お前脳みそにウジでも湧いてんのか?」「頭悪いだろ」「勉強もできてるかどうか怪しいもんだわ」「お前の親、顔キモすぎだろw」「きっしょ」

口臭いんだよいいから黙ってろ」「ハゲの分際で何いっぱしに語ってんの?」「は?てめぇカタワかよ」「めくらか?普通に見えるだろうが。いっぺん死んだら?」

「低年収のくせに何頑張ってんだよw」「低年収年収ってお前それしか言えないスピーカーかよ」「学歴もないくせに聞きかじりの知識ひけらかすな」

「さすが親がいなかった人は言うことが違いますなあ!」

特に理由なく使っていい。侮蔑語レパートリーが少ないと劣勢になる。

また、基本的普段スペックものを言う。文によっては、そいつ以外を敵に回すこともあるのでそれも考慮して言葉選択する。

コンプレックスを刺激する

侮蔑の応用。

たとえば、学歴がある人達集団で、その人だけが学歴がない場合は「学歴もないくせに」というのがすごく効くし、周りの人たちを潜在的に味方にできる。

ハゲ」とかも、「普段みんなが言えなかったことを言った」みたいな感じで若干の共感を呼び、助けに入る人が少数になる。

会話の割り込み

何かしゃべろうとしたら「ていうかお前口臭くね???」のように全く関係ない話に持っていく。それまでの議論は飛ぶ

話を戻そうとしてきたら「口臭い◯◯くんはなんだって?」とか言って相手ボールを渡さな

それもろくに聞こうとしない。だいたい「聞けよ!」とか言ってくるから「なんで口臭障害者の話を聞かないといけないんだよ。すこしは自分の頭で考えろ」のように更にdisる

ハッタリ

「困った」みたいな顔は絶対にしない。「そんなことしたら許さない」とか言うのも禁止

「〜されたら私は困る」という表現が付け入る隙を与える。

基本的に「まず俺はお前を殺すことも考えているが、今はまだ殺そうとは思っていない」と思わせられれば強い。

相手社会的地位考慮しない。逆に社会的地位が高い人ほど、殺されることや地位財産を失うことに恐怖を感じている。

ただ「おまえの家燃やすぞ」などのように直接は言わない。脅迫になるし、「おっ、犯罪ですか???通報しますね!!!!!!!」とか言われるだけ。

もしかして殺されるかもしれない」と思わせることが大事

たとえば会話の最中に一瞬だけ文房具入れに目をやったり、凶器を探す素振りを見せるとかの方がよっぽど怖い。

自分の味方づくり

普段から関係大事。ただ本物の味方ではなく、その人の都合でいとも簡単崩壊する味方。

「こいつハゲデブだと思うよなぁ!?」と、第三者になんの脈絡もなく同意しか選択できない質問文を投げる。あくま第三者には喧嘩しかけない。

黙られてもすぐに「あぁ、ごめんね変なこと聞いて」とにこやかにすれば「敵対されなくてよかった」と思われて誰も助けなくなる。

ただ既にかなり優勢なときに使わないと、喧嘩に戻りにくい。劣勢のときに言う場合は観客も「そんなにはじゃない?」とか言ってきて窮地に陥る。

敵の味方を扱う方法

一対多の場合だったとしても基本的に一人とだけ敵対する。ボス格とだけ戦うこと。

あとは何言われようが無視。「まずお前は敵対相手として認めていない」ということをアピールするのが大事

あくまボスに対する侮蔑だけを投げること。

全員に対してヘイトを稼ぐと全員から攻撃されるのでかなり劣勢。

論理が通せたり、「正義」がこちらにあるなら論理も使う

論理はなくてもいいが、あるならより強い。

「やるっていってたのになんでやらなかったんだ?」

こういうの。

続けざまに「やれないのは腑抜けた態度だからだろ?」「違うだろうが。まず生きててごめんなさいって言え」などのように追い打ちをかけれる。

相手の話に穴があればそこをついて話をめちゃくちゃにする

話すことに困ったらまたここに持ってくることもできる。一度の失敗は絶対に許してはならない。

詭弁・嘘・デタラメ活用

相手の確かめようのない情報をもとに言葉を発する。

「何を根拠に女が30%って言ってるわけ?総務省データでは50%になってたけど?てめぇの憶測で語ってんじゃねえよ」

「は?まるでサイトロピエンシーだな。人間辞めたら?」

こう知的っぽく見せるだけで反論不能になる。

大抵知らない単語無視してくるから「おい、なんでそんな反応してんだよ。お前サイトロピエンシー知らないだろ??」とか言っとけばいい。

さな

相手が弱ってもとことん延々とやりこめ続ける。

泣こうがなんだろうが許さない。気絶するまでやる。ここまでくると撤退されるが、逃がしてはならない。

追い詰めて追い詰めて追い詰めて次はもう歯向かわないようにさせる。大事。今後は味方になる。ただし恐怖政治ゆえの味方なので窮地にたてば裏切られるよ。

結論

と、上にあげたやり方を実践するメリットは実はあまりない。失うものが多すぎる。

人とは敵対せずに嫌なやつを身の回りからこっそり排除していく方が堅実な立ち回り。

基本、金があるといいところに住めて、周りの人柄もよくなってくるし、みんな余裕があるので喧嘩もしなくなる。

喧嘩なんかしないほうがいいので、普段から喧嘩になりそうな事象ははやめに摘んでおくのがいいと思います

2017-12-15

アニメ寒い描写がきつい

女子ツッコミの過剰な暴力寒いギャグやノリ、不自然エロハプニングシリアス展開中の不自然ギャグなどは、見ているこっちが恥ずかしくなる。

ラノベアニメはこういうのが基本あるから見てないけど、今期の「魔法使いの嫁」は背の高い骸骨男のデザインが気に入ったという安直理由見だした。でも、1話も少しきつかったが2話の工場の女の暴力ツッコミ限界が来てその時点で見るのをやめた。キャラデザは気に入っても内容は面白いと思わなかったし。ラノベアニメ寒い描写を入れろという暗黙の制約でもあるのかと思うほどテンプレ展開が多い。

最近一番きつかったのが、けものフレンズ最終回ライオンの緩急のあるセリフライオンセリフまでは熱い展開に感動していたのに、あの一瞬でそんな気分は消えてしまった。ライオン二面性のキャラは分かっている。でも戦闘態勢時にあの過剰な演出は無理にカッコ良く見せようとする不自然さを感じた。あのシーンは普通にはじめからドスの効いた声でよかったと思う。

ひねくれて見ているのではない。考える以前に直感的に居た堪れない気持ちがまずあり、それを説明しているのはただの理由付けでしかない。

共通しているのは「痛々しい」「不自然さ」だろうか。この気持ち感覚をどう言語理論化していいのかわからない。

共感性羞恥ではない。共感性羞恥意味は、恥をかいている人に共感してしま自分も恥ずかしくなるという意味だし。そもそもなぜ羞恥に対しての共感能力だけ名前がついたのかわからない。他に共感なんていくらでもあるのに。

斜に構えているわけでもない。斜に構えてたらそもそもけものフレンズなどのアニメは見ていないし、感動もしていない。

また、人と違うアピールでもない。というか、「自分と違うこと=そう見せたいだけのアピール」って思う人は偏向しすぎな気がする。中学生の時、小説単行本読んでたところを知り合い程度の女子に「分厚い本読んで賢いアピールしてる」と言われて、なんか居た堪れないというか可哀想というか、相手に対して憐れみを感じた。

今思えばこの気持ちアニメ寒い描写に対する気持ちとかなり近い気がする。

別にそういもの否定したり悪いと思っているわけではないし、好む人間をどうこう思っているわけでもない。感性それ自体善悪はない。単に自分に合わないだけだ。実際にそういうアニメを好む人もいればそもそもアニメ自体好まない人もいる。ただなぜこんな気持ちになるのかいまだにわからないでいる。

誰も共感してもらえたことないけど、

たまこまーけっとBGMすごいよくない?!

センチたまことか

https://youtu.be/Gw_oN14S_No

OPアニソンとは思えないおしゃれさ

ジャジーだしボサ・ノヴァっぽいし、フレンチっぽいし

きいててめちゃ衝撃受けて調べたら

片岡知子って人で

調べたら昔インスタントシトロンってバンドやってて、

それもしあわせな時間って曲とかすごいよかった!!

そしてそれをきっかけで渋谷系というものを知った。

たまこまーけっとのおかげで渋谷系を知り

フリッパーズギターを知った。

めちゃ好みの曲が多くてすごく好きな曲を増やせてたまこまーけっとにはマジ感謝してる

結構僕の音楽レパートリー増やしてくれた

みたいな、たまこまーけっときっかけで渋谷系知った!みたいな人とすごい話したいんだけど

たことないし

ソモソモ音楽ってジャンル広すぎる上に

それを知る経路なんて人それぞれなんだから

なかなかバチコンな会話なんてできないんだよね!!!

2017-12-14

おっさん避けコミュニケーション

水商売指名が取れない会話というのがあるんですけど、相手の自慢話とか愚痴に対して

「知ってる」「やったことある」「こうすればできる」を投げていくと、だいたい萎えてくれるようです。

効果的なワード
  • 自虐的自慢→「私もそうでした」→「でもこう解決しました」
  • 持ち物自慢→「うちにもあります、あれいいですよね」→「こう使うといいですよ」
  • 旅行自慢→「行ったことあります」→「とっておきのお店あるんですよ」
  • 長く生きてる自慢→「懐かしいですね」→「そういうのが好きなら最近ならこれがおすすめですよ」
  • 社畜自慢、苦労自慢→「あれはつらいですよね」→「私はこうやってますよ」

水商売ではない一般人対話であれば、あくまニコニコ共感ベースでおしゃべりしてるだけであり、別に失礼というわけではないので、怒られることはないです。サシ飲みでも、こういう対話を続けてる限りは、絶対に変な雰囲気になりません。一般女性は博識になればだいたいモテなくなり、友達は増えます

しかし、よく「女性愚痴解決策を求めてない」といわれるけど、男性女性に対してこぼす愚痴だって解決策は求めてないですね。

誘い忖度女について

いまや流行語ともなった忖度

ぐぐると「他人気持ちをおしはかること」とある

空気を読むこと、察し力必須文化に相応しい言葉ではある。

この察し力ともいうべき忖度を身近の人物にそうとは自覚曖昧なままに(自分対象として)強制し、

また別の人物トラブルを頻発させるタイプトラブルメイカー。それが誘い忖度である

(いま命名しました)

あなたの周囲にも、何度も何度も

思い込みのっょい人困る><」とか「ただみんなで仲良くしたぃだけなのに><」とか

ツイッター等でさえずる女はいないだろうか。

うっすらとその人物の周りでトラブルが起き、誰かがひっそりと遠ざかる、

またはそのSNS自体から消える。そんなことが何度も起きる。

いつでも被害者。そんな顔をしている。

この手の女はSNSで、いつでも曖昧自分のつらさ、もやもや感を表明し、

善意で声を(異性であれば下心も含むかもしれないが)かけてきた相手

「やさしぃね(:_;)」「いつもありがとぅ(*'ω'*)」などと

甘えて懐く。

表では誰にもやもやしているのかは、はっきりとは言わず、仲良くなった相手に悩み相談愚痴という形で、

しかし、もやもや相手の明白な悪口にはならないギリギリラインで話していく。

自分彼氏が、自分と付き合う前から仲の良い女友達と遊んでるの、みるとやっぱつらいよね…」

それぐらいは誰だって仲のいい友人につい零すこともあるだろう。

その愚痴を受けた友人は、気分転換を勧めたり、または共感して一緒に件の女友達悪口を言うこともあるだろう。

だがその段階を通り過ぎて、女友達SNSから排除しようとしたり、彼氏攻撃し始める友人はちょっとおかしい。

忖度ちゃんをこんなに悲しませたり苦しませるなんて、許さない!」という強固な思い込みを持って

忖度ちゃんの彼氏女友達ストーカーを始めたり、

そのキレっぷりに忖度ちゃんから

「えっそんな…そんなことするなんてこわぃ……なんで…友人さんぃいひとだとおもってたのに(:_;)」と

表の場で言われ、ストーカー判定を周囲から受け、更に女友達彼氏攻撃する図。

思い当ったりしませんか。

そいつが誘い忖度女です。

(その可能性が高いです)

おかしいのはその友人だけで、

そのおかし人物が、たまたま忖度ちゃんの周囲に何人も何人も現れただけでしょうか。




故意にせよ、そうではないにせよ、

己の悪意や「これは嫌だ」という拒否の表明を自身責任をもってせず、周囲に忖度させる。

悪意や拒否という汚れ感情他人に背負わせて、自らの手を汚さず、自分の都合のいい状況に持っていく。

なぜ「忖度女」というかといえば、そういう人間を私が見かけるのは女性ばかりだからですが、

世の中には忖度男もいるのかもしれません。




ストーカーは恥ずべき事、それ自体擁護するつもりはまったくないが、

ただの被害者と思われている人物言動をよく観察してみるべきかもしれません。

気が弱くて嫌な相手をきっぱり拒否できない可哀想な人に親身になって、相談に乗っているうちに、

あなたストーカーになってしま危険はあるのです、たぶん。

2017-12-13

何のために生きようかな

生きるのに不自由たことがないけどずっとずっと息苦しかった。

息苦しさからどうしたら逃れられるかわからなかったから、好きなものを食べたり、寝たり、やらしいものを見たり辛くなったら三大欲求を満たしてみたりもした。

でもまだずっと苦しい。人から認められたら、褒められたらあるいは生きててもいいのかなって思ったから、一時期から絵を描いてネットにあげるようにした。

それも2次創作ジャンルのおかげで、実力よりは人に見てもらえるようになった。ファンを名乗る人に会ったりもした。嬉しかった。一時期満たされたような気がした。

でもまだまだ息苦しさは止まない。そのジャンルうちわ内で人間関係のいざこざを味わってからあんなに楽しかった交流が色褪せて見えてきてしまった。どんな人に褒められても、それは本心から言っているのか疑わしくなってしまった。

今呼吸をするのが楽だと感じるのは好きな人に会っている時。今まで恋人が居たことはあったけれど、どの人も少し無理をして付き合ってる感じで、でも今の人は生き方が似ていて落ち着く。話しが合う。無意識共感できる。でもだから、彼は生きているのに息苦しさは感じないのだろうかと時々不安にもなる。

ももしかたらこれもいつか消えてしまうのかもしれない。

死にたいって積極的には思わないけど、生きるのはもう良いですって気分。生まれてこのかたずっとこんな感じで、特に不幸でもないのにって怒られそうだけど、でも、この息苦しさから逃げられないのはやっぱりしんどいことなんじゃないでしょうか。

なんで人は生きたいと思えるんでしょうね。

anond:20171212214436

社会人10年ぐらいやってますが、私も若いころに似たようなことがありました。私の場合取引先の納品に対して「結果に満足している」旨の連絡をしたところ、上長から「そのつもりはないと思うが、取引先に対して権高な印象を与えてしまう」というフィードバックいただきました。

根本的に、何が私にそういう発言をさせたか。今になって思うのは、当時は取引先にしろ同僚にしろ他人仕事をするのは当然だ」という認識を持っていました。そのため、極論すれば「仕事上のコミュニケーション意味が通ればそれでよい」とすら、無意識的には思っていました。

しかしながら、人間感情の生き物であり、たとえそれが義務だろうが契約で縛られようが嫌になったら仕事しません。むしろ仕事をしてもらえる、というのは文字通り「有り難い(=めったにない)」ことなのです。

そこで認識をまるっきり変えて「他人仕事をしてくれるのは贈り物だ」ぐらいに考えることにしました。そうすると何はともあれ、他人感謝することができます。もちろん相手仕事に不足はあるかも知れませんが、感謝念頭にあれば指摘するコミュニケーションも変わります

「○○してください」とつっけんどんに依頼するよりは、相手に主導権を与えて「○○は可能でしょうか」と相談するのがよいでしょう。そしてもし相手が実際にそれを実行してくれた場合は、「よく再現されてました」とか「満足しました」と評価するのではなく、「ここまで対応していただいてありがとうございます」と感謝しましょう。

上の態度は、まるで目上の人に接するような態度ですよね。実際には目上でないかも知れないのに。でもそうした方がコミュニケーションはうまくいきます

ちなみに元増田さんの文章を読んで、勝手ながら「論理的だけど、共感性が低い人」という印象をうけました。このタイプ元増田さんのおっしゃるような改善提案などでは人より優れた結果を出す傾向にあります。とりわけチームワークよりも個の力の比重が大きい仕事では活躍できそうです。今はコミュニケーションの壁にぶつかって大変だと思いますが、長所の裏側の短所を指摘されているだけなので、悲観的にならなくても大丈夫です。

anond:20171213012204

misomico 殺処分/処理と虐殺は違うよ

このブコメサイコパス過ぎる

こういう無自覚で非論理的共感的な人間社会の大半で

自分場合によってはそうなんだと分かってはいるけど

ぞっとするね

anond:20171212214436

飲食店バイト始めた時にお客さんの服がお洒落だったから「素敵ですね」とかって褒めたら後で店長に、褒めた場合でも失礼に当たることがあるからやめるようにと言われた。「なんでお前なんかに評価されなきゃならんねん」てことなんだと思う。多分年齢的な問題もある。例えば旅館女将(50代)が30代の女性客に「素敵なお召し物ですね」なんて言うのはアリかもしれないけど、ハタチそこそこの仲居さんが40代マダムに「おしゃれですね!」とか言ってしまうのは大抵ナシなわけ。増田結構若いんじゃない?

私も男友達に「なんでそんなに上から目線なの?」とか言われたことあって、全然そんなつもりはなかったから驚いたことがあるのでめっちゃ増田共感する。周りの人は自分より相当謙虚目線暮らしてるってことを理解して、他人についての評価的な発言は控えるとマシになると思う。

先に誤っておきます楽しい話じゃないです、ごめん。楽しくないどころか、大いに気分の悪いことを書きます。読まなくても特に問題ないことしか書いてないので、読まないのも推奨。読むと決めたら注意して読んでください。

#世界一クリスマスツリー というプロジェクトがあります。ひょっとしたら情熱大陸で知ってる人もいるかも。このプロジェクト時間が経つに従ってイベントストーリーが追加されてて、怒りが増していっているので、自分でも自分が当初どう感じていたかからなくなりそう。わからなくなる前に書き留めておこうと思いたった。ただそれだけの記事です。怒りポイントは大量にあって、それぞれの人がそれぞれ怒っているので、私の場合も書いておこうと思った。読まないのも推奨。大事な事なので二回書きました。

最初記事

この話題に一番最初に触れるきっかけは、神戸新聞記事の紹介だった。

港に樹齢150年の巨木でXマスリー 神戸全長30m(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース

https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201710/0010612425.shtml

神戸メリケンパークに今冬、全長約30メートルの生木のクリスマスツリーを立てる計画が進んでいることが3日、関係者への取材で分かった。珍しい植物を追い、世界中を回る「プラントハンター」の西畠清順さん(36)=川西市=が企画世界的に有名な米ニューヨークロックフェラーセンターのツリーと同規模になるという。12月の約1カ月間ライトアップし、神戸港開港150年目を華やかに締めくくる予定だ。(上杉順子久保田麻依子)
西畠さんが率いる植物コンサルティング会社「そら植物園」(川西市)が開港150年目の記念イベントとして主催神戸市が後援する予定。
リーにする木は富山県氷見市山中に生えている推定樹齢150年、推定重量40トンのアスナロ。約2年前に西畠さんが見つけて掘り出す準備を進め、クリスマスツリーとして立てる場所を探していた。
神戸市側との協議を経て、「阪神・淡路大震災から復旧し、開港の大きな節目も迎えた街に立てたい」と神戸港での設営を決心。震災犠牲者をしのぶ「神戸ルミナリエ」とも開催時期を重ねることにした。
木は今月中旬に根ごと掘り出し、輸送可能状態にまで枝を圧縮した後、11月初旬に氷見を出発。トレーラー富山県内の港に向かい神戸港まで海路で運ぶ。同月中旬メリケンパークに到着するという。
会場では大きな鉢に植樹し、反射材入りメッセージカードに観覧者の夢や目標を書いてもらい、飾りとして木に結ぶ。観覧無料で、ツリー周辺でマルシェ音楽イベントも開かれる。
西畠さんは「巨木を立てることは古来、鎮魂の意味があり、やるなら神戸しかない。生まれ育った兵庫から震災の傷痕が残る東北熊本希望を届けたい」と意気込む。

この時点での感想


次の記事

次に目にしたときは既に非難の声を集めた記事だった。曰く「醜悪すぎる」

http://buzzap.jp/news/20171120-xmas-tree-kobe/

いろいろ読み進めると、主催者側は様々なストーリーを追加していたようだった。

「今回のプロジェクト面白いところは、ロックフェラーセンターのツリーよりも大きなクリスマスツリーを立てようというプロジェクトと見せかけて、みんなでギネス世界記録を狙うというところ」

え!!ロックフェラーのような賑わいを作るのは実はどうでも良くて、記録を作る企画すり替えるの?それは騙す気まんまんということ?最初からそう言えばよかったんじゃないの?それはサプライズにはならない、みんなと同じ方向を向いて進んでいないと、おかしくなる。賑わいを作ろうと頑張ってたスタッフ気持ちを、どこかに捨てることになる。最初から記録更新目標なら、みんなでそこに向かえばいいのに、どうしてこんなことをするんだろう?

フェリシモが加工して販売するだって畏敬の念へったくれもない。それじゃぁ、150年の樹木という意味すら必要なくて、それだったら「単に大きな樹を用意して、みんなで楽しみました。楽しんだ記念グッズを販売します」で良かったんじゃないの?関係者ごとに違う話を吹き込んで回ってたりするのか?そもそも移植じゃなかったんだ。この先も敬っていくものとして扱うのではなくて、材木ってことね?

「輝け、いのちの樹。」だって意味がよく分からない。全く共感できない。輝いているのは電飾でしょ?命が輝くというのはそういうことじゃない。賑わいを作り出して祝う場合だって、輝くのは私たちの命であって、クリスマスツリーじゃない。

極めつけは「ヒノキになれない落ちこぼれの木がこのプロジェクト世界一に輝くことを目指す」ですよ。これは、なぁ、もう、ダメだ。完璧に。敬う対象としての木が、材木になるのは、100 歩譲れたとしても、この投影ダメだ。「落ちこぼれ」とか人間らしすぎる。人間投影されてしてしまっている。これはシャレにならない。この木が弱って、材木として加工されていくという過程を、この神戸の人たちに見せようというのか。例えば自宅が燃えていくのを、なすすべもなく見ることしかできなかった人。あるいは、親や子供がれきの下から救出できずに、なすすべもなく失った人。そういう人達が住んでいる、この神戸で。ただの材木ならまだよかった。この投影によって、樹がそういう意味を持ってしまう。過去の辛い思い出を引き出されるのは、それだけでも相当辛い。さらに、その樹が輝くことを目指す、ですよ。もう一度何が投影されているかを考えてみてください。これがどれほど傲慢で不遜な行為に映るだろうか。まさに魂に対する冒涜ですよ。これは駄目です。人の道を外れています

それでもここまでなら、何かを盛大にこじらせた自称アート作家の事案で済んでいたかもしれない。

次の記事

神戸港巨大ツリー 催事伐採生田神社鳥居に」

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201712/0010779156.shtml

この記事は、さらに踏み込んできた。

ここまで命を弄んだ挙句に、それを町のシンボルたる生田神社に持っていくなどとは、さすがに許しがたい。断じてNOだ。持っていくにしても十分な手続き必要だ。まさに鎮魂をしなければ受け入れられない。生田神社のコンセプトは命の女神なんですよ?

「ツリーを見るのが嫌な人は見なければいい」という発言、これ意味わかりますか?これまで私たち公園だった場所ですよ?ツリーは見たくないに決まってるじゃないですか。過去の傷がえぐられるのを分かっていて、どうして見に行く気になる?そういう前提で、見に来なければいいというのは、公園を奪ったということなんです。私たち土地を奪ったということなんです。これは明確な神戸市民に対する攻撃だと、はっきりしたんです。攻撃されて黙っているとでも思ったんですか?怒って当然でしょうが

2017-12-12

ドラマトリックを今頃見ててよくわからない所あるんだけど

最初ビッグマザーさ、別に浮遊術のトリックが暴かれたからってやめなくてよくね?心読めるのが本当なら浮遊術とかで脅すのやめて心読む力だけで過ごしていけばいいじゃん。

ていうか、単純に悩みを理解してもらいたい人って多いと思うよ。

昔見た時は「変な宗教だな」と思ったけど今ならただそうやって悩みを共感してくれる人がいるってだけで救われる人多いと思うんだよね。

恋愛少年少女イベント

若者恋愛観を、実際に当事者に話を聞きながら調べ続けてきました。今の20~30代は、恋愛を必需品ではなくて嗜好(しこう)品と捉えており、手間やリスクを考えると割に合わないもの、と考える人が多くなっていると感じます

からないでもない気がした。

大人になるとリスクばかりを考えてしまう。

少年少女時代恋愛が続いていれば、おそらくこういう考えよりも継続を選ぶんだろうけど、現実では生活面などで悩みが増えるだけになりそう。

TVでやってる女性男性における理想像非常識すぎてって思うけど、実際にああいうのが結構多いを経験してショックを受けたりして

余計に共感できてしまう内容だった。

人肌恋しい時もあるが、結局はよっぽど相性が合わないと恋愛はむりっぽそう。

結婚した時も流れでしてみたが、いつもと変わらんなぁ…と思っただけだった。

相手わがままを聞いて、こちらのわがままは通らんという。

結果として恋愛の果てにいつも「リスク」が付きまとう。

恋愛って難しいな。

anond:20171212111240

一度専門サイトなんかで調べてみたらいいか

下手に共感性がないと、将来的に冷血とか

酷くなるとサイコパスとか言われる人間になる可能性もあるかもしれないし

 

専門サイトならどうやって共感性を伸ばすかなどが出てると思うし

https://anond.hatelabo.jp/20171212111030

共感性をがんばって伸ばそうって意思があのクソ兄貴にあればいいんだけど

甥っ子はかわいいので俺が何かしてあげたい気持ちもあるが…

anond:20171212105821

協調性というか共感性の無さというなら

脳の共感機能の成長として12歳くらいまで延びる(ただし特に延びるのは1〜9歳)との事なので

からまだ頑張って教えたり・体験させればまだいけるかも

anond:20171212043903

共感が欲しいというのは分かってるけど、それでもあえて苦言

まりジェンダーに囚われないほうがいいような

 

公共放送でもなんでもない民法さら特定企業

お金出して放送しているCMという

確実に特定の誰かの利益のためにやってる、ってものに噛み付くと

たぶんそのうちそれが当たり前になって、

気付かない内に周りの人(友人・同僚など)へも

一々そんな感想を持つのが当たり前になってくるよ

 

友人同僚の発言や態度や境遇だって

確実に誰か個人事情感情利益に依るものから

 

さらにいうと、自分田舎に対する複雑な感情

ジェンダー問題になすり付けてるようで

なぜ最初から田舎自体に対して怒らないの?というツッコミ

anond:20171211134237

聞き手あなた女子男子か。

増田女子、に限らないけど、

女子書き込みに対する反応欲しくないとか、

この話に自分性別関係いからとか、

主語人称代名詞選んで、話から自分性別を消す人いるけど、

この文章最初、男の書き言葉から男子かと思ったけど、

追記読むと女子なんだ。

最初から性別書いとけよ。

年齢も書いとけよ。想像できんわ。

二人とも40歳かも知れんし、

相手は18男、聞き手は50男かもしれんしね。

共感得られると思ったのに反論されたからの、

追記で後出しでもでもだって

女友だちに愚痴ってろ。

anond:20171212051100

文にまでカッコの良い悪いを決め付ける悪質増田さら増田でなんでなんだろうと共感を求める悪質増田

anond:20171212043903

自分が女で田舎から外に出た人間なので共感しました。地元に残らないことを責められたあの日自分おかしいのかと悩んだけれど、そんなことはなかったのだなって進学してから思いました。

2017-12-11

旦那さんの愚痴を聞きたくない

地元の既婚子持ちの友達が、連絡するたびに旦那さんの愚痴を言ってくる。

◯◯してくれなかったーみたいなことばかり言うから、本人に言ったの?って聞いたら言ってない、もう諦めた、と言われた。

そうなるまでに色々あったのかもしれない。でも、付き合ってる頃からお互いケンカになるような話は避けてたって言ってたし、話し合いを避けてるうちに出来なくなったんだと思う。

でも言わなきゃ分からなくない?分かると思ってるの?忖度なの?

話し合いをする時どう伝えてる?、とか家事育児の分担方法どうしてる?、とか具体的なことなしに愚痴だけぶつけられてしんどい

たまに厳しめの意見を言うと、めちゃくちゃ反論されるのもしんどい

夫にたまに「今から話すことは、そうなんだーって言って共感してほしいだけだから」って言われるから、その子に対してもそうなのかもしれない。私ならどうするか?とかすぐ考えてしまうのが良くないのかな。

実家が近いから実母といつも旦那さんの悪口大会してるみたいで、そういうのも理解できない。というか、そこで愚痴ってるなら十分じゃないの?

年末年始帰省の予定を伝えたら、会って色々聞いてほしいー!だって…イヤだなー子供にも聞かせたくないし。

学生の頃はこんな子じゃなかったと思うんだけど、どうしてこうなったんだろう。

愚痴雑談という知的作業について

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん