「威力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 威力とは

2021-05-05

緊急事態宣言強すぎ

緊急事態宣言威力の強さに俺は愕然としている…

緊急事態宣言が発令されて以来、新型コロナ感染拡大は一気にピークを過ぎてしまった

今日東京はたったの621人だ

これだけ効果があるならもっと早く発令してほしかったものである

しかし新型コロナ… しょぼすぎ…

2021-04-24

夫婦の産まれたての赤ん坊動画が送られてきて、開いて死んでしまった。威力を甘く見ていた。情緒はすぐに死んだ。

親にも言っていないが、不妊なのだ。一つ上の姉の妊娠出産はめでたい。めでたいのに妬ましくて、妬ましいのが醜く、そんな自分嫌だ。

しかし、私もそんな風になりたかったのに…。なれない。赤ん坊のいる家庭は明るい。うらやましい。

不妊だししかもいま別件の病気なのだ。まだ治癒にはひと月はかかる。免疫も弱っていて、コロナも怖いし。先が見えないし、もう33歳なのに、辛い。不妊様になってしまうのかな、怖いし不安だ。悲しい。

2021-04-15

anond:20210415120643

ワイは火か氷かなら間違いなく氷魔の方を選ぶタイプやで

威力は控えめ、でも敵の動きを止めたり遅くしたりしてコントロールするのが得意、テクニカルな魔なんよ

2021-04-13

anond:20210410021602

結局、こういう連中は、何を言っても馬耳東風なので、包丁持ってブスブスやるしかない。

中の上程度度の金持ちじゃ、24時間ボディガードつけることはできないからね。

あと、京アニ事件福知山花火大会事件など、ガソリンという簡単に手に入る危険物威力が凄まじい。

2021-04-10

ネットで知った真実

匿名雑魚批判なんて社会に何の影響もない

オマエのコメントなんて何の価値もない

痛恨ではないというだけで、HP999のところに1ダメージ程度の威力はある

2021-04-09

春一番」を攻略した話

 25年くらい前になるかな。パチンコパチスロを辞めてから20年以上立つので、ここに書くのは全部昔の話。今どうなってるかは殆ど知らない。

 自分はいわゆる「学生プロ」というようなもので、大学院での研究をしながら月に10万くらいパチンコパチスロで稼いでいた。朝まで研究室にいて、モーニング打って寝て、なんて生活をしたりしてた。今ほどネットが発達してなかったので、情報源の大半はパチンコ雑誌パチスロ雑誌だった。数多くあった雑誌の大半は「オカルト系」と呼ばれるもので、「大当たりを狙う撃ち方」というような科学的根拠のない記事が並んでいたが、その中でも「パチンコ必勝ガイド」と「パチンコ攻略マガジン」の2誌だけは、科学的根拠がしっかりした記事を中心としていて、毎号買っては丹念に読んでいた。

 当時は「合法として運用されている違法連チャン機」の全盛期だった。これは「保通協」という「パチンコ屋のホールで稼働していい機種かどうかを検査する機関」(後の仕事で、保通協はパチンコ以外にもいろんな業務をしてることを知るが、それはおいておく)で検査されるときは、申請通りのスペック動作するが、実際のホールで稼働するとなぜか連チャンしてしまう機種のことだ。上述の2誌は、この「検査時はおとなしいが実稼働では連チャンしてしまう」仕組みについての調査を行い、雑誌情報掲載していた。

 調査では実機を入手し...と思いきや、なぜか「ROMだけ先行入手できました」というケースも多く、パチンコメーカーによっては、ROMプログラム解析だけで「定番スタックオーバーフローでの保留玉の抽選値書き換えパターンでした」というわかりやすものもあったりした。メーカー毎に連チャンの仕掛けの癖があって、ROMプログラムだけで挙動がわかるようなメーカーもあれば、「実機を入手してICE使って解析してもその仕組がわからない」という技巧派メーカーもあったようだ。この記事の「春一番」を作ったのは、「西陣」という技巧派タイプメーカーだった。ちなみに「実稼働で暴れる」という実態に業を煮やした当局は、当時一般的だったCPUZ80」の使用事実上禁止にし、そのためにICEも使えなくなったりしたようだが、それはこの記事よりも後の話。

 さて、春一番連チャンの仕組みが始めて雑誌に出たのは、恐らく「パチンコ必勝ガイド」の方だったと思う。その内容はこんな感じだった。それまでのホールでの実プレイでの検証から連チャンは保留玉に限らず発生する」というものだった。そこから「大当たり後、一定確率連チャンモードに入り、連チャンモードであれば高い確率で当たりをひく」までは想定されていた。実機のプログラム検証の結果、この機種は0,1,2,3,0,1,2,3...とサイクリックに値を刻み続ける「連チャンカウンター」があり、大当たりの終了のタイミングでこのカウンターが、とある値(3だったかな)であれば、連チャンモードになり、保留玉〜20回転くらいで当たる、そうでなければ通常モードになる。

 そして衝撃的だったのが、「この連チャンカウンターの値は狙える」というものだった。大当たりの終了タイミングは、アタッカーデジパチで大当たりしたときだけ開くところ)の開閉の最終ラウンド(=16ラウンド)の最後の玉(=10個目)がセンサーに感知されたタイミング次第、となる。連チャンカウンターのサイクルが秒とか数秒であればまだしも、カウンター自体比較的高速だったので、このタイミングを狙うのは現実的不可能だ(そもそもタイミングを狙う指標もない)。

 普通ならここで諦めるとこだろうが、雑誌記事では現実的攻略法が書いてあった。デジパチアタッカー10個目の玉を検知するとアタッカーが閉じて、次のラウンドに進むが(16ラウンド終了したら、大当たり終了)、タイムアウトまで10個入らない場合にもアタッカーが閉じる。このタイムアウトが正確(恐らく29.8秒、とかだったと思う)かつ連チャンカウンターと同期しているのを利用して、「ある条件に当てはまったら、以後のラウンドですべてタイムアウトを発生させると、連チャンモードが確定」ということが判明した。その「ある条件」は、大当たり画面のとある場面の切り替わりの瞬間が、大当たりBGMの四拍子のどのタイミング(拍子)か、というものだった。それも固定のタイミングではなく、大当たり前の4つの状態とあるLED表示パターン簡単にわかる)と大当たり後の4つの状態(これも同じLED)と16ラウンドの組み合わせで決まるため、単純には4x4x16=256通りの基準タイミングでの判定となる。

 雑誌記事理解したとたんに「これは本当に使える攻略法だ!」と思い、春一番が設置してあるホールに出向いて試してみた。何回かやってみると、うまくいくケースもあるのだが、「タイミング完璧なはずなのに、連チャンしない」というのもいくつかあった。「…これは雑誌説明はあっているが、タイミングの表の数値が部分的に間違っている!」。翌号の記事訂正記事が出るかな?と思ったもの特に何もコメントはなかったのだが、自分の推測は確信していたので、やれることは「自力で数値を修正する」だった。

 そこからしばらく、「正しい数値はどれか」と「間違っているなら何が正しい数値か」の検証を進めていき、数値の修正が進むにつれて、連チャンを狙える率もちょっとずつ上がっていった。その作業さなかに出た雑誌最初記事の翌々号)に「すいません!数値が間違ってました!」という訂正記事が載る。自分検証と照らし合わせてみると、ほとんどが思ったような訂正になっていた。「こいつはそのまま使える!」。自分の数値は「実機で検証した推測値」だが、雑誌は「解析で計算した本当の値」なため、雑誌の数値の威力はやはり絶大で、条件さえよければ100%連チャンが狙えるレベルになった。

 この「条件さえよければ」だが、実はこの攻略法が使えるには、いくつかの条件がある。まず絶対に欠かせない条件としては「大当たりのBGMがなってること」だ。BGMタイミングで判定をする以上、これが鳴ってないと全く手が出ない。全く鳴らないホールはないのだが、音量の大小は様々だった。次は「ホールが騒がしすぎないこと」。BGMがはっきり聞これば聞こえるほど、成功率は上がる。逆に騒がしいホールBGMが辛うじて聞こえるようなときは、わずかに聞こえるBGMからタイミングを検出する「人間相関検出器」状態になる。最後は「店員のチェックが甘いこと」。「ここから先、アタッカー10個目の玉を入れずに29.8秒経過させる」というのは、やるのは簡単なのだが、実際にやると、「大当たりしているのに玉を打たない」という非常に不自然な状況になる。アタッカーにはほとんどの玉が入るようにできているので、普通に打つと10個の玉が入るのに10秒もかからない。そのため20秒以上は「玉を止める」ことが必要になる。やってることは合法なのだが、店には「特定の打ち方をしている客を追い出す権利」があるので、「何かやってる」と悟られた時点で終わりだ。そして店員に限らず、周囲の客に「何かやってる(から連チャンしている)」と悟られるのも同様にやばい。とにかく、条件にあてはまって「以後はタイムアウト発生させる」となったら、アタッカーが開いてもすぐには玉を打たずに、店員が通ったり、客がこっちを見てそうなタイミングだけ玉を打つ(そして9個で止める)、としていった。

 こうして、その気になれば何十万、あるいは何百万も稼ぐことは可能状態になったが、「バレたら終わり」なので、なるべく目立たないように勝ち続けた。「お兄ちゃん調子いいねー」「今日調子いいっすねー(毎度調子いいだんけどな)」てな感じで、数ヶ月は稼ぎ続けたと思う。エンジニア、あるいはゲーマーにとっては理解やすく、攻略もできる内容だったが、世間的には使っている人は全くいない感じだった。とはいえ、さすがに終わりはあって、いつも通っている店にも情報がやってきたのか、ある日「そういう撃ち方やめてもらえますか?」とやんわり言われ、「はい、わかりましたー」と快諾して、その店は終了となった。

 「こうなったら市内中のパチンコ屋で最後のひと稼ぎするか」となったものの、この攻略の「もう1つの難点」をどうにかしたくなった。その難点は「最初の当たりは自力で当てないといけない」というものだ。普段なら「当たるまでじっくり待つか」でいいのだが、今回のように「残り時間が少ない」となると、そうも言っていられない。そこで誰かと一緒に行って、稼ぎを2倍3倍にすることを考えた。とにかくこっちには攻略法がある。負けるわけがない。なので「負けたら全額出す。勝ったら折半」という条件で友人を誘い出した。

 実際に打ち始めると、その友人にあたりが来る。隣の台だが、画面を(さりげなく)ガン見してBGMも集中して聞く...「条件にハマった!ここからラウンド9個で止める!」と指示するものの、残念ながら普通の人は練習もなしにそういうプレイができたりはしないらしい。数回やってみて路線を変えることにした。当たったら打つのを交代する。どうせ勝ち分は折半するのだから文句も全く言われない。これで2週間くらいにいろんな店をまわり、友人を誘ってやった会は負け知らず(一人で打っても、よほど運が悪くない限りは負けない)だった。

 そんな「最後のひと稼ぎ」をしているある日のこと。比較的寂れた系のホールで打っていて、打っている客は島の中で自分背中側の斜めに一人か二人、という状況だった。しばらく打っていると、その背中の人が大当たりをひいた。自分の台ではないのだが、自然と「1,2,3,4,1,2,3,4...」とBGMを追ってしまう。「あの台の状態は〇〇だったから、このラウンドでは2.5泊だったら当たりだな...おっ、条件にあてはまった。ここで止めれば」と思ってところに、打ち方をラウンドでの9個止めプレイに変わった(!)。


おぉ!!始めて「同じくらいできるやつ」に出会った!!!



…今思えば、その人に声かけとけばよかったなー。

2021-04-06

上毛かるたを具現化する能力

雷と空風とか絶対威力高いし敵をループ空間に閉じ込める清水トンネルも恐ろしい

2021-04-02

国民が求めるであろう第三次安倍政権

実際にはもうよほどのことがない限り、安倍元首相自身は、病気を考えてやらないだろう。ただ国民は段々と安倍政権を求める様になって行くと思う。

安倍政権が出した主要な成果の幾つかは、今になって大きな意味を持ってきている。

安保法制特定秘密保護法は、日本集団的自衛権行使情報保護を行えるようになることで、日米同盟の強化に繋がるとともにファイブアイズとの繋がりを強化した。

これは尖閣諸島への野心を隠しもしない中国に対する牽制としては大きな威力を発揮しつつある。今、まさに「あれを進めて良かった」と、成果を収穫しはじめている状態

自由で開かれたインド太平洋戦略や、TPP推進は、QUADやCPTPPという形で、対中国包囲網の核となり、他ならぬ中国自身包囲網の出口を求めてCPTPPへの加盟を求めるほど重要存在になっている。

日本にとって長く頭痛の種でしかなかった慰安婦問題を、最終的かつ不可逆に終わらせた功績も無視できない。

個人的意見を言えば、北方領土2島返還に関しては反対だ。

4島返ってくる可能性はないから2島でも返還して貰って対露関係を大きく改善し、中国包囲網を北からも閉じる、という考えは理解できても同意しない。

だが、それを除けば、外交面では、安倍政権が残したものの大きさを、今まさに感じている。


経済面でも底を這っていた株価は大きく改善して、財産運用していた俺自身を含む国民の多くが直接的に救われただけでなく

企業にとってもようやく一息付ける状態になった点の評価は大きい。個人的にも、あのまま円高放置されていたら、どうなっていたか。考えるのも恐ろしい。

雇用回復して就職やすくなった一方で、家庭の所得は大きく改善してないなど、改善すべき点はあったけれど、総合的には良かったと結論できる。

増税も今後の医療費を考えたら、どこかで必要なのは自明だし、安倍政権でなければできなかったというタイミング的に、やむをえないとは思ってた。

BI導入して全ての社会保障廃止する事になる前に、今の皆保険年金制度延命するために、もっと大きな増税が来るのは不可避だ。

これからコロナ後の経済や対中国日本が苦しい局面にさしかかる時に、新安保法制などに強硬に反対していた野党の面々に、日本のかじ取りを任せたいとは、まず考えられない。

コロナへの対策経済対策の間でもがいている政府に対して、しょうもないモリカケサクラ政局を動かそうとしていただけの野党をみて、

彼らが与党なら新安保法制も推進していたと信じる事が全くできないし、同じ様に国益を考えて決断必要な場面で、円高放置の様な誤った判断を下す可能性は高いと言うしかないのが正直な感想

そうなると日本が苦しくなるほど、外交面では日本の指針を大きく決定して、経済を復活させデフレ脱出という成果を残した安倍政権の再登場を望むようになると思う。

それは日本人だけでなく、安倍退陣に際して高い評価をした各国のメディア政府も同じだろうね。

不安定で頼りなさげに国民の目に映る菅政権と、その後を見て、そのうちに野党メディア総出で叩いても安定した実績を残し続けた安倍政権を思い出すし

第三次安倍政権って声が聞こえてくるようになるのは予想できる。まぁ、まずそうなる。予想というよりも、確定した未来だね。

追記

立民・枝野氏、衆院選まで暫定の「枝野幸男内閣」を主張

https://www.sankei.com/politics/news/210402/plt2104020030-n1.html

やっぱり徹頭徹尾あほすぎて話にならないな。こんな増田かいた直後に、このザマを見せつけて呆れさせてくれる。

絵空事言って、一部の特殊支持層アピールしてるだけの立憲なんてまともな頭があれば支持しないよ。

2021-03-29

サブスクの罠

先日、日経で土日のメトロ乗り放題、1ヶ月2000円の記事を見て検討したけど、きちんと計算してよかった。

コロナ前のペースで出かけたとしても、サブスクのが高い。というか休日限定回数券と24時間乗り放題切符威力尋常じゃないと言うだけの話だけど。

平日の仕事が移動手段的にクルマ中心になり、土日しか使わなくなった駐輪場をダラダラと契約し続けていたのと同じく、使用頻度的に都度払った方が安いというサブスクの罠にハマるところだった。

2021-03-25

anond:20210325012944

レッテル威力は強大。

元増田とは逆に子供の頃「ええやん!これが私!」と言えていた人間大人になって言えなくなることもある。

2021-03-23

るろうに剣心実写版に超便乗して、剣心の技を考えてみた。

【龍爪閃】(りゅうそうせん)

 龍の爪の如き三連撃。威力は九頭龍閃に劣るが、身体への負担は小さい。

【龍牙閃】(りゅうがせん)

 剣心の技ではほとんどない突きの技。突きは逆刃刀でも殺傷力が高いので剣心は使わないだろう。

 牙突には及ばない。

【龍咆閃】(りゅうほうせん)

 龍の咆哮の如き突進技。体の大きさで威力が増すので、小さい剣心には不向きな技。

 龍牙閃と合わせると強力かも。龍咆牙閃てか。

【龍尾閃】(りゅうびせん)

 龍のしっぽのようになぎ払う。剣で足元を狙う。真剣では足を切り相手を行動不能にする。

 逆刃刀では足払い。

 ・

 ・

 ・

自分的には龍尾閃が地味に使いやすいと思う。ロマサガでも足払いでスタンできるし。

終わり。

2021-03-18

anond:20210318141513

自分反社ではないが、相手自分反社だと思わせようとする」行為を行った場合

実際に反社であった場合と同等の罪が成立する可能性があります

第1条 団体若は多衆の威力を示し、団体若は多衆を仮装して威力を示し又は兇器を示し若は数人共同して刑法明治40年法律第45号)第208条(暴行罪)、第222条(脅迫罪)又は第261条(器物損壊罪)の罪を犯したる者は3年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処す

2021-03-16

Q:ポケスペシバエビワラーはなぜレッドニョロボン相手に「ほのおのパンチ」を打ったのか。

A:原作者日下秀憲が、「ほのおのパンチ」が水タイプポケモン効果抜群だと勘違いしていたから。

備考:コミックスでは絵はそのままで、「威力の強い技(ここでは「かみなりパンチ」)と弱い技を織り交ぜることで、技を放っていることとダメージの大きさを相手に気づかれないようにするため」と修正されている。なんだその理論

2021-03-14

貴様支配も……今日で終わりだ!

 行くぞ!

 ツイン・コレクト・トルネード!!!

『ふ……愚かな!!

 相反する二つの"基準属性"(スタンダ-ド)を同時に用いれば、その威力は半減する…欲をかいたな、小僧!』

「愚かなのはどっちかなッ! 

 うおおおお!!!いっけえええええええ!!!

『なッ……なんだこの威力はッ!!!!!

 ありえない!!ありえない!!!!"二重規準"(ダブル・スタンダ-ド)が、私の"論理障壁"(ロジック)を破るだとッ?!!?!!』

「ああッ!そうさっ!!!

 それがこの聖剣、"権力勾配"(オ-ソリティ・グレ-ディエント)の力ッ!!!!」

「ぐッ…!!ほざけ!!!

 そのチンケな剣一本に、これほどの力が込められるもの!!!!!

 小僧、何をしたァァ!!!

「お前は気付かなかったようだな!!!

 ・・・・・ ・・・

 抑圧経験は、累積するんだよッ!!!

 この剣は、数百年、数千年に渡って力を蓄えてきたッ!!!!!

 その重みが、多少の"二重規準"(ダブル・スタンダ-ド)なんかで揺らぐものかよッ!!!!」

バカ!!!バカなァ!!!

 私が、この私が!!!!!!

 世界の"家父長"(ペイトリア-ク)たる、この私がァァ!!!!!!

  

「あばよ……"オヤジ"………」

2021-03-11

庵野秀明よ、俺を殴ってくれ。

シン・エヴァンゲリオン。どうやら相当世間を賑わせているらしい。

私も先日鑑賞した。その感想は……はっきり言って、物足りない。

何故ならば、庵野秀明攻撃性が、作品からまり感じ取れなかったからだ。

ある時は、「そんなに1人でうじうじ悩んで、勝手に決めつけて、気持ち悪い」と一蹴し

またある時は、「何時までもエヴァンゲリオンに齧り付いてるんじゃねーよ!」と叱責された。

私は作品を通して、庵野秀明からメッセージを過剰なまでに深読みし、勝手に殴られて勝手に死にかけていた。それが私の「エヴァンゲリオン」の楽しみ方だった。

逃れられない現実を突きつけられるような演出の数々は、私のマゾヒズムを的確に刺激してくれた。

今回の「シン」も、もちろん庵野秀明に殴られる為に劇場へと足を運んだのだ。

「シン」はどんな手で私を弄んでくれるのだろうか。

しかし実際に画面へ映し出されたのは、

牧歌的風景。Qと変わらない描写。極めつけに旧劇場版を薄めた二番煎じ

これでは私は ''死ねない'' じゃないか!!!


人類補完計画のシーンは、清々しいまでにわかやすかった。

それは主体となっている人物碇シンジではないからだ、というのは重々承知している。

しかしそれでは物足りないのだ。

私の求めた「エヴァンゲリオン」は、答えを探して堂々巡りをし続け、答えの先に絶望を与えてくれた。

私が外に出ない理由をくれた。

根底にあるオタクへの…私への執拗攻撃を仕掛けていた。

これらがまぜこぜになって出来上がった「エヴァンゲリオン」が、好きだった。

まさかエヴァンゲリオンがこのまま終わるわけないだろう」

まさかエヴァンゲリオンをこんな爽やかに終えられるわけがないだろう」

そう思いながら鑑賞した。

それは思い違いだった。トウジ達だけじゃない。庵野秀明も成長していたのだ。

成長していなかったのは、私だけ。

当然だが。

そんな私を「エヴァンゲリオンから解放する為の作品を、庵野秀明は作り上げたのだ。

違うんだ。「エヴァンゲリオン」という女王様から放たれる、一級品の鞭さばきを私はその身に受けたかった。そしてそのまま意識を失ってしまったなら、それはどんなに素晴らしい事だろう。

今作は、デコピンを額に受ける程度の威力しか秘められていない。

私を快楽へと導いてくれたエヴァンゲリオンは、一体どこへ行ってしまったんだ。

私が成長する余地などもうない。今更追い払われても、どこへ行けばいい。何で安心したらいい。

エヴァンゲリオン」に、殺されたかった。

2021-03-10

[] #92-7「サイボーグ彼女

≪ 前

「私の怪我は、両社で行われた催しが発端なんですよね」

はい、おっしゃる通りです。テナントを奪うための戦い、という体で……」

「その戦いに参加させてもらえないでしょうか」

「ええっ!?

みんな困惑していた。

この催し自体、もはや中止という方向で両社共意見が一致していた。

それを再開するどころか、被害者が自ら乗り込みたいと言い出したのである

自分をこんな目に遭わせた、いわば死地といえるような場所なのに。

しかし、母はこんなもの死地だなどと思いたくなかった。

クダラナイ茶番の幕を、自らの力でもって閉じる。

それこそが、自分が前に進んでいくのに必要なケジメだと考えていたんだ。

「いや、しかし、この戦いはロボット同士によって行われるもので……」

「今の私だってロボットみたいなものでしょう」

無理筋だったが、ここまで押しが強いと断るわけにもいかなかった。

自分たちの過失でこうなった以上、被害者要求は飲まざるを得ない。

まあ、莫大な賠償金だとか法外な訴えをされるよりはマシだという打算もあったのだろうが。


この出来事は、世間に驚きをもって迎えられた。

企業同士の争いに巻き込まれ少女が、機械身体に生まれ変わって戦いを終わらせる』

ロボットVSサイボーグ少女

……なんていうストーリーは傍から見れば分かりやすく、極上のエンターテイメントのものだ。

もちろん実在する被害者を、そのようなストーリーで消費しようとする姿勢について疑問視する声もあったが、大局的には肯定的な声が多かった。

企業側にとっても、“本人たっての希望”という建前があり、信頼回復のため催しを再開できるのは願ったり叶ったりだった。


母はシックスティーンへの復讐という名目のため、一応はラボハテ側のチームとして参加。

そうして行われた第一戦、勝負は圧倒的だった。

母の一人勝ちである

ラボハテ側に味方ロボットもいたが活躍はないに等しく、実質一人で全滅まで追い込んだ。

観客からすれば怒涛の展開に見えるだろう。

しかし、事情を知る者からすれば必然的な結果だった。

以前、説明されたように、この戦いにはレギュレーションが設けられている。

これのせいで、ロボットは程ほどの強さにしかできない。

対して、母のスペックは周りのロボットよりワンランク上だった。

更にロボット側が、母に万が一のことがないよう更に武器威力を下げていたのである

母がそうしろと言ったわけではないが、相手はこの件で大怪我を負った被害者

手加減や忖度とまではいかずとも、技術者の間で遠慮や気負いがあったのかもしれない。

また、この時点では状況判断力人間の方がまだ優れていた。

機械情報処理時間をかけている間に、母は既に間合いを詰めて攻撃を行っている。

次 ≫

2021-03-08

[] #92-5「サイボーグ彼女

≪ 前

「……分かりました」

あくま個人的な推測でしかないと念を押して、男は話を続けた。

「この両社が行っている戦いにおいて、勝負の決め手とは何だと思いますか」

質問意図が読めなかったが、母はとりあえず適当に答えた。

ロボットの使う武器威力とか、耐久力とかですか?」

「現時点で、それらは両社とも頭打ち状態です」

技術的には、より高性能にすることも可能らしい。

だが、一企業テナント戦争国家戦争レベル武器なんて使ったら大問題だろう。

そして耐久を上げすぎれば、決着が一向につかない。

この戦いはプロモーションの側面もあるため、多少の競技性を持たせる必要があった。

そのためには、ほどほどの威力、ほどほどの耐久力でなくてはならない。

技術的なアプローチをしすぎるとウケが悪いから、レギュレーションを設けているってわけだ。

このテの競技あるあるだな。

「じゃあ、何が勝負の決め手になるんです?」

「瞬発力、反応速度でしょうね」

反応が早ければ攻撃までのタイムラグも減るし、回避もしやすい。

武器威力や耐久力で差をつけられないなら、的確な攻撃こそ重要になってくる。

では、その反応速度を上げるには、どうすればいいのか。

方法は色々とありますが、最も効果なのは識別コード単純化でしょう。複雑な処理を介さなければ、対象スキャンしたと同時に攻撃が開始できます

だが、それは敵や味方はもちろん、スキャンした対象を大雑把にしか判別できないことを意味する。

まり、それだけ誤爆もしやすい。

あの時、あの場所に母がいなかったとしても、いずれ誰かが被害に遭っていただろう。

ロボット反応速度を上げるために、わざと誤爆上等の作りにしていたってことですか!?

「何度も言いますが、これは自分の推測でしかありません。何らかのバグ設計ミスという可能性も大いにあります

というより、真実がどうあれ“そういう結論”にしてくるに違いない。

なぜなら、それが“比較的マシな言い訳”だからだ。

意図的に雑なプログラムを組んで、案の定こうなりました』

そんなことを言ってしまえる企業に、誰も金なんて払いたくない。

それは企業側も分かっているだろう。

取り返しのつかない状況になったのなら、せめてマシな言い訳をして傷を浅くするしかない。

最も深い傷を負った母にとっては、堪ったものではないだろう。

いま自分の中でフツフツと煮えくり返る腸すら、機械に取って代わられている。

そのことを思うと、尚さら怒りが湧いてきた。

「……私を攻撃したのは、どちらのロボットですか」

シックスティーン製のロボットです」

シックスティーン……」

「ですが医療関係技術ラボハテが専攻していたので、マスダさんの治療は我が社の主体で行い、金銭面での補償についてはシックスティーンが……」

そこから医者らしき男は詳しい補償や母の容態について説明を始めたが、まったく耳に入ってこなかった。

この時、母の頭の中はシックスティーンへの暗い情念で溢れていたからだ。

次 ≫

2021-02-27

anond:20210227102809

そんなもんかなあ

イメージダウンしたとき威力のほうが大きい気がする

anond:20210227102539

本人がちゃんとやってるのとじゃやっぱり威力違うんじゃない。

anond:20210226234858

ーーーーーー

資金編集

国体原理派に属する人数は比較的少数ではあったが、同派がもたらした政治的テロ威力は大きかった。参謀たちや皇族の中にも理解者がおり、中でも特筆すべきは、天皇の弟(1933年までは皇位継承者)で、西田や他の国体原理リーダーたちの友人であった秩父宮雍仁親王であった。また、国体原理派はかなり反資本主義的であったにもかかわらず、我が身を守りたい財閥から資金調達することに成功した[26]。三井財閥血盟団事件1932年2月-3月)で総帥の團琢磨暗殺されたのち、青年将校らの動向を探るために「支那関係費」の名目半年ごとに1万円(平成25年価値にして約7000万円[27])を北一輝に贈与していた。三井側としてはテロに対する保険意味があったが、この金は二・二六事件までの北の生活費となり、西田税にもその一部が渡っていた[注釈 1]

ーーーーーー

2021-02-20

anond:20210220170908

・おねえちゃんがホイホイ部屋に上がり込んだ件→「さっきまで妹に勉強を教えてた」と言っているので、多分おにいちゃんは家に妹がいることをおねえちゃんに伝えてある。だからおねえちゃんは気を抜いて家に上がってしまった。

その話を信用する理由がない。

信用したとしても男子の部屋まで行く理由そもそも何もない。

 

そして仮に妹がいても大人がいないのには変わらない。

その状況ではフラットな仲の男子の部屋でも普通はいかないけれども

凄まじく嫌っていてその理由が「性格がクソ」という男子に対して警戒せず部屋まで上がり込むのはない。

  

ちなみにおねえちゃんが二回目家にホイホイ上がり込んだのは、わざとおねえちゃんの方から「(エロいことの)続きをしよう」と言っておにいちゃんを謀ることで家に上がって妹ちゃんを助けるためなのです。

ハア?

元増田が言ってんのは「なぜ兄がお姉ちゃんを家に上げたのか」じゃなくて

「なぜお姉ちゃんはこんな怖い男子の家に単身乗り込めたのか」だろが。

そんなことも混同するバカの分際で何が「ちなみに」「なのです」だ。 

  

・おねえちゃん精神的につよい?→おにいちゃんに襲われて危うく流されそうになっている。妹ちゃんがいなかったら大変だった。これはおねえちゃんが尻軽って意味ではなくて、普段家で虐待を受けているため、虐げられて搾取されることに悪い意味で慣れてしまっていて抵抗できず加虐を受け入れてしまいがちな性質をしめすと思う。

であるのに何故クローゼットの中と目が合っただけで毅然と断れるのですか。

声を震わせたり荒げたりもせず。

なので、つよい人とは思わない。よわい。だけど、おねえちゃんは妹ちゃんを助けるためならつよくなれた。

そんなご都合主義なw

普通の人でも難しいのに、普段から暴力におびえさせられてる人間がそんなモチベーションで別の暴力に立ち向かえる

嫌なこと言ってしまうと、まああり得ないです。

 

てかなによりそもそも

凄い度胸があって乗り込めたとしても乗り込む理由がねえだろ。

自分も体があざだらけで妹ちゃん虐待されてるとピンときたなら

外で会ったときちょっと見せてって服をめくってアザ確認して撮影して親か児童相談所に報告でしまいじゃねえか。

一体何なんだよこの話は。 

 

・おねえちゃんは肉体的につよい?→ワンパンクリティカルくらいはあるんじゃないか

ねーよ

いい加減にしろ

威力は少なくても、不意打ちすぎて殴られただけで一瞬思考停止してしまうなど。おにいちゃんまさかおねえちゃんに殴られる展開なんて予想だにしてなかったろうし。殴ることには慣れてても殴られることには慣れてなさそうだし。

お前は一度ぐらい喧嘩とかしてみた方がいーよ

まあすることな大人になったならそれは何よりだけど、それなら暴力について知った風な口を叩かない方がよろしい

何も鍛えてなくて喧嘩経験もない女があれをやったらどうなるか?

そもそもあいう風にストレートパンチが打てない

これは男でも打てないことがあるけど筋力ない女だとまず打てない

普通人間が一番力入れやすいのは上から振り下ろす動きだからそういう叩き方になる

ストレートパンチは訓練の必要特殊技能なの 

 

そしてストレートパンチが仮に撃ててガンと顔に当たっても

体重もない普通の女のパンチ男子高校生がダウンすることなんかない

即座に頭に血を上らせてやり返すだけ 

これは男のパンチですらそう

一発で戦意喪失させられるのは男でも滅茶苦茶強いの

 

もちろん漫画から何描いたっていいんだという居直りは有りだよ?

でもそういう虐待とか暴力かに立ち向かう話で

主人公がいきなり問答無用マジカ暴力を身に付けて自分より強いはずの相手暴力簡単にカタ付けちゃうってお話はデキがいいのか?

 

反論みたいな返しになっちゃったけど増田のように構成表現リアルに沿ってるか、整合性がとれているかをそこまで考えて漫画を読むことはそんなになかったので勉強になった。

あんまり勉強になってるようには見えないな

2021-02-15

anond:20210215142740

まあそうだ。

たぶん元々のキレ返したい人に必要なのは、キレる瞬発力じゃなくて威力

マジで舐められた時に、別に遅れるのはいいから、いつでも鼻の骨が折れるパンチが打てるようになるべきだ。

 

そうすりゃ何かあったとき泣き寝入りすることも、泣き寝入りしたせいでもっと舐められることもなくなるだろうさ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん