「+1」を含む日記 RSS

はてなキーワード: +1とは

2019-02-21

Macユーザー朗報Parallels Desktop 14 のバンドルセール

Mac上でWindowsなどのOSを動かすためのアプリであるParallels Desktop 14 の製品(8,500円)またはアップグレード版を購入すると10個のアプリ(60,000円相当)が無料で付いてくる(8日間限定)。ただし、その半分は1年間のサブスクリプションであり、また、Windowsを使うにはWindowsOSを別途購入しなければならない。

 

このセールで得をする人

Mac上でWindowsを使いたい

Parallels Desktopアップグレードしたい

・1年間のサブスプリクションを安く手に入れたい

買い切り型のアプリ無料で入手したい

 

個人的には1passwordパスワード管理)、Acronis True Imageバックアップ)の1年間のサブスプリクション(7,200円+11,000円)と買い切り型のPDF Exaert(PDF編集 8,760円)が気になるがParallels Desktop 14を使わなければPDF Exaertにパスワード管理バックアップのおまけが付くのと同じになる。購入するかどうかすこし考えようと思う。

2019-02-20

「じゃあ出てっていいよ」これ言った奴死ぬ法律作ってくんない?

お前が俺を会議に招待したんだよね?だから俺は参加したんだけど。

アジェンダなんか聞いてねえよ。ただお前が勝手カレンダーに俺を追加したから行っただけ。

そしたらお前は3分遅刻してやって来て、アジェンダを発表したよね。


うん、先週の会議でその話したよね。でもなんでお前、先週否定された仮説をふまえてブレストしたいわけ?

「ご存知の通り○○ですが、これを実現するために××する案を話し合いましょう」

からその「○○」が完全に間違ってるんだよ。じゃあ「××」も無駄だよね?

前提が間違ってるんだから話し合う意味ないじゃん。1+1=1なら俺が法王だってことすら証明できるってやつだよ。

でも誰もそれを突っ込まないから俺が言ったんだよ。そしたらお前なんつった?

「いやここってそういうこと話し合う場じゃないから。ブレストだよ?やる気ないの?じゃあ出てっていいよ」


この会社では、特に会議前にアジェンダを共有したりはしないよね。うん、それはいい。よくある話だから

じゃあ冒頭5分でアジェンダ発表して、出る価値ないなって思うなら各自勝手に出てっていいルールだっけ?違うよね?

だったらいま俺が出ていくのってすげえ侮辱じゃん。

恥ずかしいし、そんな空気悪くなることやりたくないよ。


だいいち、なんでお前が俺をこのクソみてえなミーティングに招待したのに、そこで恥かかされないといけないわけ?

「出てっていいよ」って言われても出ていけるわけないから、俺が間違ってるみたいじゃん。

間違ってるのはこんなビチグソ同然のアジェンダ考えたお前だよね?なんで脳味噌まで糞詰まりになってるようなお前がそんな偉そうにできるの?

仮にいま出てったところで、もう既に俺の貴重な時間を優に10糞は使ってるよね?そのうち半分くらいはお前の遅刻のせいだけど。

いま出てったらそれも完全に無駄じゃん。お前の下痢便のせいで俺の人生が潰されてるってことわかってる?


なにが「出てっていいよ」だよ。

なに上に立とうとしてるんだよ。

出ていけねえのがわかってるのに、出ていけなんて言うなよ。

別れる気がないくせに別れ話をして相手を試すようなもんじゃん。

アジェンダの設定間違ったのはしょうがないよ。人は誰でもウンコな瞬間があるのだから

だけど「出てっていいよ」なんて言うのは生粋ウンコだよ。そんな奴は上司にも同僚にもいらねえよ。仕事でも私生活でも関わりたくねえよ。


あれからお前の顔を思い出すとウンコが浮かんでくるんだよ。

いや俺がウンコをするとウンコが水に浮かんでくるってことじゃなく、俺の頭の中にウンコ召喚されるんだよ。

その中ではお前のその落ちくぼんだ目が、丸呑みにしたサクランボの種になってるんだよ。もうサクランボ食えねえよ。

もう、俺の人生から出ていってくれ。

俺はお前を水に流したい。

anond:20190220200515

テレビ新聞報道される 一件につき+10

テレビに出演する、新聞寄稿する +50

日本語版wikipediaにのる +500

英語版wikipediaに載る +1000

それ以外の言語wikipediaに載る それぞれ+1000

自伝を書く+100

日本語で伝記が書かれる +1000

英訳される +10000

だいたい1000点くらいが基準

2019-02-13

https://twitter.com/mix0079?lang=ja

クロス正相関に戻りつつあるだぉ。。

正相関で判断するなら

20625は付けないだぉ。。

なので20620で売り建て出来れば

最高だぉ。。

だがそこまで上がるかどうか❓だぉ。。

キャハハ〜💓💓💓

20500〜20620の間は

絶好の戻り売りチャンスだぉ。。

キャハハ〜💓💓💓


まさか高値20650まで来ただぉ。。

と言ってもここから

20750 20875のクロスの玉はほぼ玉切れだぉ。

20375のクロス玉に引きつけられる可能性の方が高かいだぉ。。

ここはしばらく様子だぉ。。

キャハハ〜💓💓💓



625までのオーバーシュート判断出来るが

まさかの750は想定外だぉ。。。

またクロスが転換した鴨⁉️だぉ。。

クロスが一度転換したら

落ち着くまで様子見した方がいい鴨⁉️だぉ。

こういう判断もみっくちゃんしか出ないだぉ

自分手法でやるのが一番だぉ。。


からドンドン逆行く理由がわかっただぉ。

その日にクロス行れて同時に取り行くパターンだぉ。

このパターンは初めてだぉ

それゃドンドン逆行くだぉ。

あとは今日入った⬇️のクロスと先日までの21000のクロスの引きつけ合いだぉ。

やはり機械的ロスカット必要だぉ。

キャハハ〜💓💓👠


875があるから

高値880は納得出来るだぉ。

このパターンがあると言うこと

前日までのクロスの予想はあてに出来なくなっただぉ。。

あとはその日見ながらやるしかないだぉ。。

まあ原因が分かっただけでも

よしとするだぉ。。

キャハハ〜💓💓💓


これ単純にクロス時間差で取りに来てるだけだぉ。

現在クロス高値は21000までだぉ。

21000の範囲は21000〜21120までだぉ。

高値をつけるとしたらこの間だぉ。

21125以上はクロスが入る気配は全くなかっただぉ。

なので現時点で21125以上はノックインしないだぉ

キャハハ〜💓💓👠


ずっと残ってるのが

20000のクロスだぉ。。

ノックインするのはいつだぉか???

キャハハ〜💓💓💓


オプションクロス考察法では奴らがノックイン手前で引き返す現象か起きただぉ。

なので今後は100円手前で昇降するだぉ

でないと利食いどころか損切りになるだぉ。

なので今度は21000の手前の20900から売り建てするだぉ。

ロスカットは21125だぉ。。

多分 これで行けるだぉ。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️💓💓❗️



結局は

頭としっぽはくれてやれの精神だぉ。

欲を持つと必ず失敗するだぉ。。。

キャハハ〜💓💓💓



20855で新規売り建てしただぉ。。

21125ノックインはほぼないだぉ。。。

あとは下がるのみだぉ。。。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️💓💓💓👽👠



チャート判断すると21000ノックインだと完全に⬆️になるだぉ。

けどこれは得意のインチキアルゴインチキチャートだぉ。。

そこで買うと完全に奴らには嵌め込まれるだぉ。。

キャハハ〜💓💓👠


クロスノックイン手前で引き返す現象過去にあれば対応可能だっただぉ。。。

初めてのケースは対応は難しいだぉ。。

なので今後はINもOUTも100円手前からだぉ。。

キャハハ〜💓💓💓



例えばここで21000ノックインせずに再び下がると

いずれまた21000を取りに来るだぉ。。

すぐ取りに来るか❓

数ヶ月先になるか❓

それは分からないだぉ。。。

クロスはずっとこの繰り返しただぉ。。

キャハハ〜💓💓⤵️⁉️


安室ちゃん3月プット

巨額買い越し^_^

ぱっと見 5000枚強の買い越しだぉ。。

これもう逆転不可能だぉ。。

アホの野村はそこそこの売り越しだぉ。

プットだけを見るなら

暴落パターンだぉ。。

野郎ども、、、

ここから安易に買いは気をつけろだぉ。。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️⁉️💓


3月限で安室ちゃんが勝つとするなら

おそらくSQ値は20500以下だぉ。。

当然 20000以下も入るだぉ。。。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️💓⁉️



安室ちゃんコール

ほぼイーブン(^^)

アホの野村がそこそこのコール買いだぉ。。

この2者で判断するなら

3月限は暴落パターン決定だぉ。。。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️⁉️👠



オプション建て玉考察も分かってねー奴ばっかだぉ。。

そもそもオプションは1箇所の価格帯見でも意味ないだぉ。。

損益分岐線はそんな単純じゃないだぉ。。

今日発表の東証の開示情報見ろと言っても見てねーし。

5000枚強のプット買いを理解しててねーだぉ。

これをどうやって逆転するだぉ。❓



オプション建て玉考察東証の開示情報で玉の移管分を修正しないと意味ないだぉ。。

これをやってねー奴ばっかだぉ。。

東証の開示情報に日々の建て玉のトータルを加えてから損益分岐線を出さないと意味ないだぉ。。

やっぱ理解出来ない奴ばっかだぉ。。

単純に建て玉だけ計算しても何も意味ないだぉ。



玉の移管分はデカイ移動があるだぉ。。

これが最重要だぉ。。。

そもそもこの2日間の安室ちゃんの建て玉なんか何の意味もないだぉ。。

これを見て安室ちゃんプットがどうことか、、、

何もわかってねーだぉ。。。



日々の奴らの建て玉を集計しろと言ってるけど

それから損益分岐線が描けるか❓

もしくは損益分岐線の大体のイメージが浮かぶか❓

これが出来ないと集計してる意味ないだぉ

PUT.20000が➕1000枚だから

20000ノックインするとか

CALL.21500が+1000だから

21500ノックインするとか

もうアホ丸出しだぉ



オプション損益分岐

そもそもこれが分かってないと

集計してる意味が全くだぉ。。

建て玉が多いからそこがノックインするとか、、、

もう完全なアホ丸出しだぉ。。



安室ちゃん3月限のオプションなんて数字見ただけで一目瞭然だぉ。

こんなもん損益分岐線を描く以前の問題だぉ。。

と言っても

みっくちゃんのこの言葉理解できる人は ほとんど居ないだぉ。

もう残念無念だぉ。。

キャハハ〜💓💓💓




安室ちゃんオプション3月限で勝つとするなら、、、

3月SQ値は、、

20000もあり

19000もあり

18000もあり

15000もありだぉ。。。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️⁉️⁉️💓



安室ちゃんプット買いが強烈だから

ここで21000ノックインしないと

21000ノックインはまた先送りになる可能性大だぉ。。

キャハハ〜💓💓⁉️👠



最初から

頭としっぽはくれてやれ

精神でやってたら上手くいってただぉ。。

さらタラレバ言ってもしょうがないだぉ。。

から そうするだぉ。。

キャハハ〜💓💓💓❗️


ツィートの情報発信に限界を感じてるだぉ。

状況が変わって21125がロスカットすべきなのか

ホールドすべきなのかはみっくちゃんしか判断出来ないだぉ。

もうすぐ大きな下げが来るとみっくちゃん自身満々だが他から見るとアホみっくの負け惜しみ見えるだぉ。

まあこれだけ逆に動けば仕方ないだぉ。

もうすぐ暴落するのは間違いないだぉ。。

奴らは昨日も今日も当日にクロス入れノックインして来てるだぉ。

これはどこまで逆に動くか読みにくい展開だぉ。。

安室ちゃんとアホの野村オプション3月限は暴落型のパターンだぉ。。

これに賭けるしかないだぉ。


安室ちゃん3月オプション暴落型だぉ。。

3月SQに向けて19500〜19750ノックインに変更なしだぉ。。

これから面白くなるだぉ。。

キャハハ〜⤵️⤵️⤵️💓❗️👠👽

2019-02-10

"実質賃金は下がるのはパートが増えたから"は現実と合っているか

2年前、安倍総理が「妻がパートで25万円」とたとえ話して批判されました。

安倍首相、妻がパートで働き始めたら「月収25万円」 例え話が波紋 | ハフポスト

これは実質賃金の低下を説明するためのたとえ話です。

今でも安倍さんは似た話をよく使ってるのですが、

果たして現状に当てはまっているのか、ちょっと書いてみます

まず安倍さん説明から

夫:50万平均50万
夫:50万妻:25万合計75万平均37.5万

合計収入は増えるが平均値は下がる。実質賃金の低下もこれと同じであると。

でも実は、この計算物価考慮してないので「実質賃金」ではなく「名目賃金」なんですね。

しかも平均賃金が50万から37.5万へと25%も低下しています

現実はそうなってはいません。

現実では2018年名目賃金は前年比1.4%の伸びとなっています(12月速報)

これを「妻がパートで25万」に当てはめてみると。

前年夫:50万平均50万
今年夫:76.4万妻:25万合計101.4万平均50.7万(前年比+1.4%)

となり、夫の賃金が52.8%も伸びることになります

おかしいですよね。

まり何が言いたいかというと

安倍さんのたとえ話は現実とかけ離れている」ということです。

低賃金パートが増えれば平均値が下がる要因なのは当然です

しかし、それが実質賃金にどの程度の影響するのか、安倍さんは語ってません。

パートを含めても名目賃金が上がっているので、

新しく就業した人の賃金平均値を下げるという影響は

全体に比べるとそこまで強くないのかもしれません

ならばシンプルに「物価上昇を考慮すると賃金はほぼ上がっていない」(公表値、+0.2%)と考えるべきではないでしょうか。

("参考値"で計算するともっと下がるのではないか、という話題はもちろんご存じでしょうし省きます)

以上、いち賃金労働者考察でした。

2019-02-08

日本型労働環境は本当にこどもに厳しい

我が家共働き子育て世帯である

自分は中規模な外資IT企業に勤めていて、妻は総合病院看護師をやっている。

今年もインフルエンザが大流行しているなか、ついにうちのこどももA型インフル罹患してしまった。最低5日間の出場停止である

病児保育のための書類を揃える余裕もないので、妻と相談して交互に休もうという話になった。

アメリカ企業しか知らないが、外資企業にはSick Leaveといういわゆる病欠制度があって、これが有休とは別に一年に数日もらえる。

このSick Leaveは子どもの看病を目的としても取得できる良い制度である

妻の職場でも看病を目的とした病欠制度はあるらしいが誰も取得しないという。聞けば、年次有休が余ってしまうので先に有休を消化されてしまうのだそうだ。

このあたりの論理そもそもおかしいが、自分も今の職場に就く前は国内大手総合うんこIT企業にいたので、そのあたりの空気がわからなくもない。

また妻の病院では看護師万年人手不足状態で、頭数が余っている日はほとんどないことも休みを取りにくい空気を色濃くさせているように見える。

ただ幸いにして妻が休むことになっていた日は看護師の頭数が+1状態らしく、休むことに問題はないはずと言っていた。この際、病欠だろうが有休だろうがどっちでも良い。

さて、自分休みメール一通でさっくり取れたのだが、妻の方は休みが取れたのか取れなかったのかはっきりせず、看護師長に直接相談すると言って翌日は職場に向かった。

こどもはゾフルーザが処方され、家の中では隔離。というか一日中寝ていてくれたので大した看病もなかった。

その日の夜、およそ2時間ほどの残業をして帰ってきた妻の言葉にびっくりした。休みが取れなかったのだ。

自分もさすがに2日連続で急な調整はできなかったので、こどもを実家に託すことでことなきを得た。

が、妻の職場理解のなさに不満が募る。インフルエンザのこどもを一人で留守番させてもオッケーとでも思ってんだろうか、あの病院は。

とはいえ、妻の病院がなにも特殊なわけではなく、これは旧態依然としている日本型組織にとっては「あるある」だろう。

もし、自分がまだ国内大手総合うんこIT企業にいたら多分休みはとれていない。うんこからだ。

もう少し噛み砕いていうと、課長(奥さん主婦)から「俺の子どもが病気ときは~」と武勇伝を語られ、部長(独身)から「いきなり言われても困るよ!」とひたすら渋い顔をされるのが関の山である

ちなみにこういったことは今回が初めてではない。夫婦の取り決めで、こどもに何かあったときは、そのときに融通が利く方が対応することになっているが大半は自分職場の方があっさり調整できてしまうので自分対応している。

自分職場には「家族健康が最優先」という文化がしっかり根付いている。日本支社なので大半が日本人にも関わらず、そういった文化にしっかり染まっている。

妻の職場はあまり調整ができないし、そもそも言い出しづらそうだし、一旦仕事が始まってしまうと職場からなかなか抜け出せない。母親にとっては本当につらいことだろう。

子育てするなら外資企業に行った方がいいと思う。アメリカIT企業だけ特別なのかもしれないが。日本型労働環境根付企業や団体にいたらこども育てられないよ。

2019-02-06

anond:20190206105728

坂本九

柳生十兵衛

数学的帰納法により、常に名前nを名乗ろうとしてn+1を求められるようになり、無名となる

2019-02-03

4年間勤めたソフトバンク退職しました

07KP07KU07O407Ob07Ge2bCq07K607

CxAgABBdWJhNOxm9W1ldeUjtOxp9Ox

r9OyjdOzpdOzuNOzoNOzg9Oyn9Oyot

mwsNixh9Oxp9OxjtOxp9Oxr9Owsj06

15mK1bm907GefmRk2bCw2LGH07KY07

OD07O407Oa07Om07OM07OQ07Gb1Zap

07Ga2IKc1IuL1rSv07Ki1rSv07Go1I

6P1Imn07Gn07GO07Gp07CyPTo9OhrY

t5rVh4HXhInUi7s9OtegtteDi9Oxnt

WUl9WdltmpktOyotW9otaVndWOvNOw

sdamgNW9otOxl9OyjdOzpdOzuNOzoN

Ozg9Oyn9Oxm9W1ldeUjtOxp9OxjtOx

p9Oxr9Owsj061bWV15SO1bm907Ge1Y

i81qyr2bCq07K607Cx1YCy1qSL07Ki

1oSL07G707Gp07Gj07GY07G807GX07

G907K72bOY142C07Gb2bW91YGu07Gl

07K807Cx1bW42bCC16q007Ga07O207

OM07Ou07Gb2aaS2bCT07Gp07K707KF

07OM07Oj07KJ07Ge1Iq71pWd1bym07

GbBNWJhNmmo9aCkdmQndOxp9OxjtOx

p9Oxr9Owsj06GNeXsdOxntW+r9eBvd

Oxn9aomNWJhNSIutWQhNOxp9iZgdmR

vNOxm9OxmtOxk9Oxr9OyjdOzpdOzuN

OzoNOzg9Oyn9aQmtWMv9SMqteUjhjU

i5XUiLvTsLzTso3Ts6XTs7jTs6DTs4

PTsp/TsL0Z07GX07Gy07K607Cx07KN

07Ol07O407Og07OD07Kf07KA07Ob07

OM07On1pCa1Yy/1Iyq15SOGNSLldSI

u9OwvNOygNOzm9OzjNOzp9OwvRnTsZ

fTsZ/TsbLTsrrTsY7TsavTsqMZPTo9

OhrYuZ/TsbvTsZPTsa/TsZjTsaPTsr

09Ohoa2LON1bqr07GY2JG81bul1bqr

07G807Gy07K807GA07Cx07Ox07OT07

OD07KJ07Gf1Ii+07G407K507K807K7

PTrVtZXXlI7Vub3TsZ7WrK/VjrXTsq

LWrLDTsrLVlJfTsb3Tsb/Yk7/VuLfT

srnTsrzTsa/TsZ7TsZ/TsaPTsZ7Xso

nTsbvTsrLTsafTsrzTsY7TsavTsqPT

sLLVtZXXlI4D1YmE16ue07Ge1p6F2a

q+07GX07CxPTrTs4vWma/WkoDVnZbX

j6LTsZ7VgLLZprDWsJfTsqLWhIvTsb

vTsafTsLHXlI7VtrXTsZfTsonTso/T

s4zTs7jTspLTs7PTs6fYmJ3Xm7sYc3

V/07GbGT0607OL15SO1ba11bu51YyH

1Iyq07GX07Ge1r+g1pG407G82Jq907

Kx07K507K807Cx1Z2b07Gl07Kj07Ge

2a601ryx07GR07GY07Gn07GW1oSL2I

q9PTrTs4vYt5rTsrnUirvWlZ3TsqLW

l7vWs4PTsafTsLHXlI7VtrXTs6TTs7

PTs7HTsZvWuKDVuq/TsafTs7HTs4zT

s5DTs5rTs4zTs7DTs4zTsZjTsafTsZ

bUirvWlZ3WvpjZsII9OtOxmNOxtNOx

k9Oxr9eFvNmYo9OyotOxp9OxltOxtN

Oyu9WgvNasr9OxvAbVoL3TsYvTsZnT

sbTTsY7TsafTsa/TsLLTsbTTsarTsr

zTsrLUiLDVnqrTs5zTs6nTs5vTsZ7V

nZbWnYTTsqLWvLHTsZPTsZbTsbTTsa

/TsaPTsZjTsZvVupDTsbjTsLHXlI7V

trXTsZ7VjYnVo5HTs4vWrJzZs5jZpY

fTsp/Ts5nTsonTsqLVh4vTsb3YjozT

sqPTsZDXhaDWrqzTsZfTsZ/TsbLTsr

rTsY7TsanTsbzTsLHUiIvUjaPWsJfT

sZjYs43VuqsY1YCy2aaw1rCXGdOxvN

OxstOyvNOxgNOwvNOytNOyutOxr9Ox

tNOxo9OxmNOxvNOxl9OxvdOyu9Owvd

eigNWSs9Oxl9OxstOxk9Oxr9Oxo9Ox

mNOxn9mmo9mxpdOxtNOxstOyutOxjt

Oxq9Oyo9Owsj060rCL1Ium15SO07GY

1p+k2Iyz07Gp07K707GY07C81Z6v1b

qr07G807Gy07K707C907GY2Ja707Ga

07Gl07K807K71a+K1oqm07G82Zuo07

G/07Ga07G007Gj07GY07Ky17mJ2aWH

07Ge1Iiw07GU07GX07Gp07Cy1Iid1Z

C115SO1aOR07Ge1Z2W1bqr07Oc07Op

07Ob07G81I2+07G007Gv07Kx07Cx16

C214OL07Ge2amS1b2i15i71YqW07GX

1b2x1bi207Gb17mJ1Z6q2ZCo1a+v07

Ge1YCy2aaw1rCX07G807Gy07K707GY

2Ja707Ga07Gl07K807GO07Gp07CyGN

WOvNiPgBk9Oj06GhrYu5XWubvTsZ7X

hZbUiL7TsZ/Zm6jTsbQ9OtOzrNOzjN

OzutOyidOxn9assNSNvtOxl9WJhNmm

owjTs4bWrLjVuLbTsLHYmaXUjpHTsZ

vTsrjTsZPTsZbTsZ8BAtOzhtasuNW4

ttOxm9OystOxmtOyutOxjtOxqdOwst

aeu9aVndOxvNWUqtOxu9Oxk9OxrxgD

ANapstmmo9eYu9WKlhnTsaPTsZjTsr

LTsbLTsrrTsLED1YmE16ue07Ge1qmy

17KJ07GXBwAA1Ii31ba21IuV1Ii607

Gf2IKA07GT07GW07G007GO07Gn07Gv

07CyPTrTsa/TsZDTsafTsLHUi5XZqb

3TsZ/WqLfZsILTsafTsZrTsbTZqaDT

sroHAADUiLfVtrbXmLvVipbTsZfZkJ

3WuaPTsZHTsZvTsZrTsrvVuIbVipbT

sZ7Tsa/TsrHTsLHXhZbUiL7TsbzZm6

jTsbTTsZjYmLDTsbjTsrvWrK/ZpqPT

sZ8CANSLk9OxntOxj9Oxl9OxqdOwsj

06PToaGtW6hNWzvdeigNWSs9OxvNi5

n9OxtD061IuV1bm907Gf07G707Ga07

K62bWH07G707GT07Gv07K407G207GX

07Gp07G807Cx17+O1ayY07Gf14Sr07

G21qaJ07Ga07G907Or07Of07KU07O4

1Iyx1pWd07GX07Gp07Cy1bWV2bCw2Z

SY1qmy2aaj07Ki1bWz07Gb07KH07KJ

07O207OQ07GX1bqE1bO91qmy2aaj07

G8156R16C207Gl07K807K707Gv07Kx

07Cx07KF07OM07Oj07KJ1p671pWd07

Gf07Gy07K607GO07Gr07Kj07CyPTrT

s6XTs5zTs7PTsp/TsonVuIbVipbTsZ

/VnqrXrbDTsafTsLHTs6fTs5zTs6/T

spLTs5DTs6XTs5nTspTTs7fTs4zTsr

IJ1bmC1IuV1Ii607Ge15SO1aOR07G8

1Z6v1qaN07Gn07GW07G007GO07Gp07

CyGNOxo9OyvNOyudOxntW4htWKltOx

n9aeu9aVndSLk9Wsl9eIntOxnti5gt

WguNOxtNOxvNWMh9Oxv9OwsdasuNOx

mwEA1qmy2aaj1IuV1Ii61p671pWd07

Ki07Gn07GW07G007K715SO1aOR07Gf

15iw07GY07Ky2LGu07G907GO07GpGT

0607C807KO07KJ07C907GY07G007G2

1ryY1ruG07Ki1YyH2Jax07Gl07K807

K707Ge07G707GY07G007G21bWV15SO

1bm907Ge1Y+z2bW907Gf17SR16SY07

GX07Gn07Gv07CyPTo9OhrWsprTsbvT

sZPTsa/TsZjTsaPTsr09Ohoa2JqC2a

WH07Kf07OZ07KJ07Ge2LON1bqr07Ge

1I2+07GlPTrWsJXZsK/TsZvWuKDZpY

fTsafTsa/UjKrXlI7TsZfTsbLTsrvT

sa/TsrHVjaPXtIbTsZfTsanTsbzTsL

HViYTUi5PTsZvTsrjTsrvXlI7Vo5HT

sZ7Ys43VuqvTsZ7UiabZq5LTsbzVlJ

fTsb3TsbTTsZjWtK/TsajTsY7TsanT

sLLVnZbWnYTTsZjYs43VuqvTsbzUiL

DYt4TTsafTsZrTsbTVkITVoLjTsrLV

lKrTsbTTsZjWtK/TsajTsY7TsanTsb

zTsLHXgJHVvajTsZ7Tsa/TsrHVnZbW

nYTTsZfYsLPTsbjTsrvTsaPTsZjTsZ

vTsafTsY7TsanTsLI9OtOzi9mzmNml

h9SIptSLkxgDANSLk9WOvNW9utSLld

SIuhkKfXFic3jTsKzWrYHVlJcQGNan

ldasnNOzttOznNOyg9OzkNW3itiKm9

SIndWPs9OxntOxr9OysdWdltadhNOx

n9afpNiMs9eqtNmbqNOxtBk9OtOzi9

iagtmlh9SIptSLkxgDANSLk9W5vdW9

uhkK2Zuo1b2i07Cs1qeV1q2B2Zei1Y

CyEBhxdGN81ruR2IKZ152507Gb07K4

07K71ZSX2be/1r6R16SY07Ge07Gv07

Kx07Cx2IOa07G81I2+1Ii7GT0607OL

2LuV1rm7Ctanmda1htOwrNatgdWUlx

AY1p++1YmE1qaA1b2i07GX1q2B1ZSX

1b2i07G8AgDVoL3Ui5XUiLrVtZXXlI

4ZPTrZs5jZpYfTsZjYu5XWubvTsZ/V

tYHZsKrYmLDYmq7TsZfUjKrYmYHTsZ

fTsb3TsrvTsrLTsZ7TsZ7TsLHYmoLZ

pYfTsZDTsaHTsbzTsZTTsbTTsZbTsb

TTsaHTsZrTsbTTsofTs4zTs4PTsqLV

lKrTsb/YlrvTsbvTsaHTsY7TsafTsa

/TsLIY1YGw1rmw16q007Ga2JmB07GX

07Gf07Ga07G/07Cx1bWY15SO16q007

Gb2JqC2aWH1YmE1IuT07Ge2IOa07Ge

1I2+07Gl07G81aW/2ZG807Gb07Ga07

GT07GW07G007K707GY2LGu07G907GO

07GpGT06PToaGteUjtW2tdOxnta6sN

iRo9OznNOzqdOzm9OxntSNvtOxpT06

15SO1ba107Ge07O907Oz07O407Of07

OM07Kf07K007KF07OM07Og07Gb2aaS

07Gp07K716+V2J2o07Oc07Op07Ob07

Gf2a2u1YiI07Gb1I2+07G007GY2Jiw

07G407GO07Gp07CyeGRkYNOxmHhkZG

Bj07Ge2bGl07G007Ki2Jqc1qi+07GX

07G907K71IqK2aaj07GfARXUi5XUiL

vTsZfTsafTsrfTsbbTsLJ4dHTTsZhj

Y3TTsZ7ZsaXTsbTTsZvTsZrTsrvTsZ

gAHgUV07Ki1bi307K707GX07Gn07K3

07G207CyPTrXhbzVpobVgZTTsZ/Ui7

rVjrxxedOytHlfZNOxl9eYjNOxoNOx

mNicg9Oxk9OxltOxtNOxjtOxqdOxvN

OwsdWAv9Wdltekr9Oxm9Ozv9OzjNOz

oNOzjNOzudOxntW9qNSNvdOyotW/pt

OyvNOxmNiYsNOxk9OxltOxtNOyu9Oy

uNOxttOxmtOxkdOxoNOxn9OxoNOxpd

Oyota0r9OxqNOxjtOxqdOwsj06PToa

2bCw2LGH16C216SBPToaGtaCuNOxj9

iRvNOxv9i4idOzi9SMqteUjtOxn9WU

udOyv9OyvNOxmtOxtD061auN1ba107

Ge2bCq1I+R1Iq71pWd07G81oK407Kj

07GX07G007G/07Gj07GY07Gf15KK1Z

6v07Gb1rCt07G407GO07Gp07Cy07KJ

07Ou07Or1Iq71pWd07Ge1qWA1b2z1b

S01ba207Ge2KCN07GR2I6M07GP07Ki

cXnTsrR5X2TTsZ7Vk4LTsrrUiLrTsa

LTsZfTspvTs6DTs4zTsanTsrvTsZjU

jKrXlI7TsZ/YmLDTsbTTsY7TsanTsb

zTsLHVlJLXuZnYmq7TsZvTsafTsbvW

sK3TsbjTsY7TsavTsqPTsLI9OtWfkd

W9kNWIstWQhNOxl9W6mtW6q9Oxq9Ox

qtOxmNOystSNpdW9s9W0tNOystW/vt

erutOyotekr9Oxj9W3itOxqdOyidOz

rtOzq9Oxnta4oNW6r9SNo9mYo9Oxu9

Oyuda6rNOxodW3itOxp9OwsdOzmtOy

idOyn9OyotW/ptOxk9OxltamgNOxp9

OxtNmQqNWvr9OxntSKu9aVndOyotSM

iNOxgNOxqdaBitWeqtOxvNWJg9Wtt9

WJhNmNkgYA1p2D07Ki2Ia107G407K7

1Y2J1aOR1Iyq2J2A07GX1rig07Gl07

K807K707GY07Gf1biA1Yql1rCt07G4

07GO07Gr07Kj07CyPTo9Ohoa1bW415

uf07O207OM07Ou07Gb2aaS07Gp07K7

1Z6v1bup14W82Zij07Gf2Zuo07G/1Z

OC07K807K7PTrVgLLZprDWsJfTsqLW

rLnTsafTsZbTso3Ts6XTs7jTs6DTs4

PTsp/TsZvVtZXXlI7TsafTsa/VkITV

oLjTsLEB1YmE16ue07G707K51bW415

uf07O207OM07Ou07Gb1qCK07K/07K7

07Gj07GY07G807GX07G907K71b+f2L

ON1rCX07Gf2Zuo07G007GX07Gp07Cy

PTrTsafTsbvTsafTsLHTsLzVtZXXlI

7VjrzWpYDViYTZpqPTsZ91SFNVXNOy

idOyn9OzmtOzjNOzg9Oyh9Ozl9Ozs9

OzuNaintWNgdOxm9WOidOxqdOyu9Ox

o9OxmNOyotWMh9OxtNOyudOyvNOyu9

SLpteUjtOwvdOxm9Oxn9WdqNWsmNOx

p9OxmtOxtD061bW415uf07O207OM07

Ou07Ge07C81Z6v1bup14W82Zij07Ki

1ryx07GU2LuV1rm707C907G81rS/1a

uD07Gr07Gq2be/16ST07Gl07K807GW

07G007K707GY07G007G207Gj07GY07

Gb07Ga07K607GO07Gp07CyPTp3cXZx

07Ki1aCb07Kw1ZSm2IO307Op07OD07

Ow07OL07KD07OD07KF07Ob1525AQAA

ANSIt9SLldSIutW3itOxp9OxltOxl9

OystW/ptOyvdOxttOxmNOxtNOxttSM

sdaVndOxn9WBgdOxntOyuNOxttOxm9

OxstOyutOxjtOxqdOwsj06PToa07GO

07GY07KxPTrTsLzYu5XWubvTsZ7Tsb

bTsZHTsZ/Zm6jXhZbTsLHUiJ3VkLXT

sbvTsrnTsZ/YprTXhZbTsLHUiLrVv4

jTsZvTsZ/WsYXTsY7TsrzTsZrTsbTT

sLHUjKrXlI7TsZ7VtbjYkbzTsb3TsZ

/WqqfTsbTTsLHViLLVkITUjpHVsJTT

sZ/Ui6jTsb/Tsa/TsrHXhZbWpqnTsb

zUiLrTsbzTsrvYi5LYsYfVtbjTsZ/W

pYDVlKrTsL0Q1bSa15ew07Ga2LuV1r

m707G82I6u07Kx07Ga07G016C216SB

07G82Ja71Y2j07Gv07K607GO07Gr07

Kj07Cy

SSD価格破壊

SSDの値下がり止まらず!120GBが衝撃の税込1,380円、さらに480は税込5,000円割れ

https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1167861.html

 価格120GBSSDPR-CX300-120」が税込1,380円480GBSSDPR-CX300-480」が税込4,838円限定20個)。前者は1人5点まで、後者は1人2点まで購入OK

グリーンハウスSSD、480GBが6000円切り 240GBが3350円

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1902/02/news023.html

 テクノハウス東映では、480GBモデル税込み5980円240GBモデル同3380円で、120GBモデルは既に売り切れ。

 たぶんもう売り切れているとは思うが、安くなったもんだなあ

2019-02-02

(青)1/1飛行…

起動型能力で一度だけ+1/+1カウンター4個置ける…

起動型能力コストは(7)(青)だが墓地インスタントソーサリー1枚につき(1)少なくなる…

モダンは言うに及ばず、スタンでも青赤ドレイクスペルフェニックスがおるし

連中だと割と簡単に2~5マナ5/5飛行運用できそう(できました)

これでアンコモンとかオーバーパワーやろなぁ…

(???)でもリミテではそんなに墓地インスタントソーサリーも貯まらいか安全

(???)印刷ヨシ!

2019-01-30

最初結論かいてほしい

答えは簡単です。

1+1は?

 

答え:簡単

 

みたいな感じで。

2019-01-23

ハム太郎アンチのその後

  ◆  ◆  ◆

2019/1/31追記

思っていた以上に見て頂けたのでさらにその後を追った雑文を書いてみました。コメント感謝

ハム太郎アンチの近況に関する雑文

https://anond.hatelabo.jp/20190130222747

  ◆  ◆  ◆

ハム太郎アンチという言葉を知っているだろうか?

2010年ごろ、ハム太郎スレ上に颯爽と現れ、「【人気アニメだったのに落魄れた原因】」という触れ込みから怒涛の箇条書きによる批判を行っていた人物である


以下にその有名な書き込み引用

10名無しさんお腹いっぱい。 [sage] : 2010/08/26(木) 08:26:06 ID:cKtzrxLE

【人気アニメだったのに落魄れた原因】

・他の人気キャラ差し置いてこうしくん、ちび丸ちゃんなどの不人気キャラ誰得プッシュ。

・原因不明のトラハム兄妹の『運動が得意』な設定の消滅と、かぶるくんのかくれんぼが得意な設定の消滅

・141話くるりんちゃんハム太郎に恋してすぐに失恋したのに、他のライター個人がまた勝手に恋させた。

・136話、189話、226話で張り巡らせたトラハムくんとナースちゃんの恋の行方を完全放置

・190話、235話で張り巡らせたタイショーくんとおしゃれちゃんの恋の行方を完全放置

・197話でラピスちゃんハム太郎好きが勘違いであることが発覚したにも関わらず、

 その後もラピスちゃんリボンちゃんライバル関係として立ち回らせたままにした。

・270話でリボンちゃんハム太郎に振り向いてもらおうと努力する話をまるまる1話使って入れたのに結局無意味のまま。

 そればかりかリボンちゃんの恋は最後まで進展せずは最後まで完全に噛ませ犬。

・289話で糞脚本家菅良幸によって唐突に加えられたおしゃれちゃんハム太郎が好きな設定。

人間パート恋愛描写においてキムラくんが「優等生スポーツ万能」と言うビッチしか好まない設定に

 してしまたことで明らかに人気獲得に失敗しているのに、最後までなぜかキムラくんを必死にプッシュ。

・何度となくロベルト補正を入れたが、結局無意味。これによりロベルトは単なる視聴者を釣るためだけのテコ入れだったことが発覚。

 キムラくんのより圧倒的人気のロベルトは結局無きキャラに。

・究極の糞ED最近ハヤリのメイク歌」を1年間垂れ流し、さらにその後のED曲も

 キャラソンの二番煎じであるやっつけED曲「ハムハムレイン」。

OVA劇場版の4作目が揃いも揃って駄作であり、はむはむぱらだいち黒歴史化にますます拍車

・はむぱら編の失敗により239話で命乞いしたばかりのすいーちゅぱらだいすを244話で破壊

・こうし×じゃじゃハムの別居結婚と言う意味不明最終回

 ややこしい伏線を作ったことにより30分枠での再アニメ化が完全不可能になる。

商業迷惑戦犯とも呼べる末期のエポック社玩具ハムハムぴたりんちゅ!」。

島田満脚本家自身ファンサイト掲示板にて、放送終了2ヶ月前と言うありえない時期に打ち切り告知。

 ハムハーの木のあまりの大失敗による突然の打ち切りだった模様。

・30分番組終了後も「とっとこハム太郎は~い!」と言う内容が限りなくゼロに近い低クオリティ番組生き恥晒し

スポンサーハム太郎存在のもの黒歴史にしたいらしく、ホームページも全ての商品紹介が消滅

このように相当のアンチであるにも関わらず、批判内容は話数・具体的な問題点を詳細にまとめたものであり、狂気じみた書き込みとしてまとめサイトツイッター等では未だに目にすることも少なくない。

そんな彼があるスレに自らハム太郎アンチであることを名乗りつつ、今もなおアンチ活動を続けていた内容のレス発見した。


リルリルフェアリル魔法ペンデュラム12https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/anime/1530634569

853風の谷の名無しさん@実況は実況板で (ワッチョイ 91d7-DSt3)2019/01/20(日) 20:26:51.27ID:tWSdSvAb0

>>854

>>852

フェアリルの失敗を他に責任転嫁して、間違ったことを書いているバカがいたから書いただけ。

俺は全部正しいことを広めないと気が済まない。

例えば、俺が広めた「ハム太郎が落魄れた理由」は、「ハム太郎アンチ」で検索すれば

ツイッターGoogleで一発でヒットするほど宣教成功たから、次はサンリオが落魄れた理由を広める。

>>831と>>835でまとめた俺の正しい見解を、正しく理解できる人が集まる確率が高いのはこのスレ


女児アニメアンチがまた新たな女児アニメ(今回は親会社サンリオに対する批判が主な様子)のアンチを行っていることにはもはや畏敬の念すら覚える。

その上、「俺は正しいことを広めないと気が済まない。」動機まで語っている。やはり狂気じみている。

しか書き込みを見ていくうちに気になった点が一つ。


具体的な批判ハム太郎アンチ時代に比べて少なく、感情論・推論・主観に基づいた批判が非常に多い点。


以下に彼の主な書き込み引用する。

831風の谷の名無しさん@実況は実況板で (ワッチョイ 91d7-DSt3)2019/01/20(日) 11:23:08.76ID:tWSdSvAb0

サンリオアニメがヒットしてから落魄れる一部始終を知っている俺の見解

マイメロは1期の34話で、菊池先輩の扱いは完全にやらかしてた。(中の人事情だが)

 あのミスは致命傷なので、ああ言うミスをしてるようじゃあまり長続きしないだろうとは思った。

マイメロ3~4期も低予算クオリティは酷いが、頑張ってキレイに終わってジュエルペットバトンタッチ成功

ジュエルペットは1期は放送ドラゴンボールワンピースの裏じゃなければ、その地点でヒットしてた。

 ヒットしたのが2~3期だったのは、内容もあるけど、何より「放送枠」を変更した効能が8割以上。

ジュエルペットサンシャイン(3期)が受けた本当の理由は、梅組ペットが夢を目指して奔走する進路編。

 特にガーネット編のクオリティが高かった。(ネット上ではおっさんが喜んでいるカオス要素は売上には関係ない。)

キラデコ箸休めシリーズとしては機能していた。次のシリーズで盛り上がれば問題なかった。

ハッピネスの時は、グッズが一番売れていた時代たまごっち以上)なので、恵まれ予算的に

「ここで成功させなきゃ伸び代がない」って言う状態だった。

ハッピネスはジュエペシリーズの最大戦犯となり、キャラ長所を壊しまくり、

 後半ポプピピみたいな意味不明ギャグに走り作風崩壊サンシャイン栄光をすべて台無しにした。

・レディとマジカチェンジは悪環境にしては相当頑張った方。ハッピネスの皺寄せのせいで

 予算時間もなくなったせいで、切羽詰っていた状況で上手く次に繋いでた。

・ところが、「小康状態で持ち直し中」のジュエルペットをなぜか7期の中途半端な時期に切ると言う暴挙を決行。

・ろくに準備もできていないまま始めたフェアリルマイメロやジュエペに遥かに劣るクオリティで、

 多くのサンリオファンが離れて商業面失敗した。アニメ復活はもう無理。

これがすべて正しいんだよ、わかる??俺の言うことが正しかたから、サンリオはこうして落魄れたんだからな。

まともな会社だったら、ユーザーに悲しい思いをさせないよ。違うか?

827風の谷の名無しさん@実況は実況板で (ワッチョイ 91d7-DSt3)2019/01/20(日) 10:56:03.83ID:tWSdSvAb0

もっと言ってしまえば、ジュエルペットハッピネスが失敗したタイミングで右肩下がりが始まっていたのを、

レディとマジカチェンジが頑張って立て直していたんだよ。

あのまま順調に8期~9期続けていればジュエルペットのままで売上が回復していたんだよ。

フェアリルに変えたからこうなった!!

妖怪ウォッチの手前と言う恵まれ放送枠すら活かせないし、

あの放送枠はジュエルペットだったら上手く行ってたと言うifが強い。

切るしても、ジュエルペット7期を3月まできちんと放送して、ユーザーの心の準備をさせてから

フェアリルを始めるだけでも全然違ったよ。

バカじゃねーの?サンリオ

871風の谷の名無しさん@実況は実況板で (ワッチョイ 91d7-DSt3)2019/01/22(火) 21:08:02.01ID:qGl9u0IP0

キャラクター制作会社のくせにキャラクター運用能力すらバンダイに劣るからな。

他の会社作品から自分の好みに合うの見つけた方が何千倍も有意義だぞ。マジで

878風の谷の名無しさん@実況は実況板で (ワッチョイ 91d7-DSt3)2019/01/23(水) 18:21:14.24ID:VM04xEMQ0

>>872

アニメスタジオ暴走が一切入っていない、純粋サンリオの色が出てる中で

一番近いのはシュガーバニーズアニメ。だが、12年前の作品だぞ。

フェアリルは無理矢理良い所をピックアップした所で、「今までのサンリオアニメのどれかの下位互換」をやってるだけなんだよ。

しかも、今までのサンリオキャラと違ってキャラデザの魅力がないので、同じステップ評価できない。

まあ、俺がサンリオに興味が無かったら、他のサンリオアニメも同じぐらいつまらなく見えてたと思うよ。

フェアリルは純良なサンリオファンすら受けが悪い。むしろ大量のサンリオ離れを起こしたきっかけにもなった。

>>877

ま、実際韓国人ユニットをオープニングにしていたしな。

シナモン映画も酷い出来で、確かチョンユニット主題歌にしていたか


おなじみ箇条書きによる批判点の羅列が見られるが、あくま見解」として逃げ道を作っていたり具体性にかけるアプローチでの批判ただの暴言が多く、またリルリルフェアリル」に対する具体的な批判点が述べられていないことからアンチ活動を行うにあたって批判できるほど作品を観ていない傾向が高い。

その一方で、批判先をアニメに続きサンリオや、なぜか韓国にまで手を伸ばしているその勢いは凄まじいが、批判に中身が伴っていないこともあり空回りしている印象。

「愛を感じる」「本物のアンチ」などと一部では称賛(?)されていただけにこの現状を見ると正直残念。


現在このスレには賛同者?とみられる書き込み者が他に2名おり、絶えず会話とともにサンリオに対する批判を繰り返しレス数を増やし続けている。(同一人物である可能性は高いが、憶測しかならないためあくま不明

またアニメリルリルフェアリルスレ上のアンチとして同じような書き込みシリーズ開始時(1期:2016年2月~)から存在していたようで、もしこれらも同一人物であるとすればおよそ3年ものサンリオに対するアンチ活動を続けていたことになり、改めて根の深さを実感する。


ただ、スレ名にもある「リルリルフェアリル魔法ペンデュラム~」は今年1月半ばをもって最終回を迎えており、次シリーズ及び新規アニメ等の情報不明となっている。

ハム太郎アンチ」の名前を掲げるも方向性の見えないふわふわとした批判が目につく不思議アンチ活動ではあるが、今後どうなるのか(個人的には)要観察。

2019-01-17

ばね座金がついてない…

値段が+100円になっても座金がついている方が嬉しいのだが

2019-01-14

暗算を早くしたい

(10a+bをabと書くことにする)

11×1a=100+a+(1+a)×10

11×1a=1a0+1a=100+(a+1)+a

ab×cd = 100・a・c + 10・(a・d + b・c) + b・d

54×32 = 1500+220+8=1728

問題は脳のレジスタがEAXとEDXしかないことだな

2019-01-13

anond:20190113180705

全体2400円なのに彼女には1800円請求するのは凄いな

1200+1800の3000円で彼女が1500円にしてって言うならわかるが、予想外の口論

バーチャルさんはみている

アニメバーチャルさんはみている』は、ミライアカリ電脳少女シロ、月ノ美兎田中ヒメ、鈴木ヒナ、猫宮ひなたをはじめ、

バーチャルグランドマザー小林幸子”など、多種多様な総勢30名超のVTuberが出演する2019年1月期の新作TVアニメです。

アニメは、出演VTuber個性と魅力を最大限に引き出す様々なオムニバス形式のコーナーで構成され

普段動画生放送では観ることのできない特別共演コーナーなど、完全オリジナルアニメ作品をお届けします。

また、作品アイデア協力としてカラー庵野秀明氏が関わり、本編中ではミライアカリ電脳少女シロ、月ノ美兎田中ヒメ、鈴木ヒナ、猫宮ひなたの6名が新世紀エヴァンゲリオン制服衣装で登場します。

さらに、主題歌音楽プロデューサー中田ヤスタカ氏が楽曲提供

1~6話をキズナアイ、7~12話は出演VTuber6名によるスペシャルユニットバーチャルリアル」が担当します。

なお、同アニメテレビ放送と同時刻にニコニコ生放送Periscopeでも同時放送実施し、

本編開始時間前後には本作がより楽しめる企画放送します。

1月9日(水)の第1回放送時には「バーチャルリアル」のメンバー6人全員をゲストに迎え、一緒に番組を盛り上げます

あらためて番組解説を読んでみると、やっぱり、Vtuberファン向けに作られていることが最初から意図されていたのだと分かるね。

2019-01-12

基礎代謝の低下がつらい。

20代までは、ご飯を大盛りにしても夕食前にラーメンを食べても全然体重が増えなかった。

30代になってから微妙に太り始め、40代になったら一気に基礎代謝が低下してさらに太った。(20代の頃+10kg)

今は暴飲暴食もせず普通に3食食べているし、飲み物お茶ブラックコーヒーメインだし、毎日腹筋やスクワットもしているのに。

どうすればいいんだろう。もう毎日湯豆腐にするくらいしか思いつかない。

anond:20190112195444

そんな中、某コミュニティ学生たちは先輩プログラマたちにLinuxから丁寧に教えてもらっているのだった

この前これが流行っていた

time echo "scale = 10000; (12*a(1/49)+32*a(1/57)-5*a(1/239)+12*a(1/110443))*4" | bc -qls

スクールに通って未経験からwebプログラマ転職して一発逆転!!

を狙ってるそこのお前

どうせお前のスキルセットは「html,css,js,rails」だろ?

揃いも揃ってそんなんばっかり

スクール講師に言われるがまま

このご時世にjqueryでせっせとDOM操作して

プリプロセッサも使わずしこしこcss書いて

HTTPメソッドSQL理解せずにそれっぽく動くN+1だらけのクソ作っただけだろ?

webプログラマ目指すくせに開発環境構築にDockerも使わず理解してないコマンドコピペしてローカルに直でインストール

せっかく無料枠あるのにawsじゃなくてHerokuにプッシュするだけのデプロイ

テストコードも書かず

CI/CDツールも使わず

ブランチ運用なんて考えずmasterブランチに直プッシュか?

会社に入れさえすれば先輩がつきっきりで教えてくれるとでも思ってんのか?

先輩を質問責めにする気か?

むりむりやめとけ

そんなんじゃせいぜい年収300

諦めた方が身のため

あばよ


どうしてもなりたいなら↑で挙げたものぐらいは最低限を理解しとけ

メモ帳一つでプログラマ」なんて時代は終わったんだよ

ここまで言って調べる気にならないなら本当に向いてないよ

2019-01-10

anond:20190110142434

アークコサイン積分とか導出めんどくさすぎてやってられない

試験中にド忘れして計算時間取られるとかないように覚えるんだよ

∫1/√(x^2+1)dxの公式とか覚えないと無理

3分で導出できる人は尊敬する

2019-01-03

anond:20190103193157

結構面倒

過去ブロックを覚えておく領域

int blocks[100][100];

過去ブロックを再描画

	BOOL WriteBoxOLDBox()
	{
		int width = 24;

		HDC hdc = GetDC(hWnd);
		HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB(48, 48, 48));
		for (int y = 0; y < 30; y++)
		{
			for (int x = 0; x < 8; x++)
			{
				if (blocks[y][x] == 0)
				{
					continue;
				}

				RECT Rect = { 0,0,48,48 };
				BOOL ret;

				Rect.left = width * x + 1;
				Rect.right = width * (x + 1) - 1;
				Rect.top = width * y + 1;
				Rect.bottom = width * (y + 1) - 1;

				ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


			}
		}

		DeleteObject(hBrush);

		return FALSE;
	}

この辺は めんどくさくはあるけど みてわかってほしい

描画したWriteBoxとおなじ BOXが落ちた場所BOXの有無)を保存しておく

ここがわかりにくいといえば わかりにくい

	BOOL SaveBoxI()
	{
		blocks[y  ][x] = 1;
		blocks[y+1][x] = 1;
		blocks[y+2][x] = 1;
		blocks[y+3][x] = 1;
		return TRUE;
	}

anond:20190103184241

// WindowsProject7.cpp: アプリケーションエントリ ポイント定義します。
//

#include "stdafx.h"
#include "WindowsProject7.h"

#define MAX_LOADSTRING 100

// グローバル変数:
HINSTANCE hInst;                                // 現在インターフェイス
WCHAR szTitle[MAX_LOADSTRING];                  // タイトル バーテキスト
WCHAR szWindowClass[MAX_LOADSTRING];            // メイン ウィンドウ クラス名

// このコード モジュールに含まれ関数宣言転送します:
//ATOM                MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance);
BOOL                InitInstance(HINSTANCE, int);
LRESULT CALLBACK    WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);
INT_PTR CALLBACK    About(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);

#include <list>

class MyWindow;
	
std::list< MyWindow *> windows;

class MyWindow
{
public:

	HWND hWnd;



	MyWindow()
		:hWnd(NULL)
	{
		windows.push_back(this);
	}

	virtual ~MyWindow()
	{
		std::list< MyWindow *>::iterator it;
		for (it = windows.begin(); it != windows.end(); it++)
		{
			if (*it == this)
			{
				windows.erase(it);
				break;
			}
		}
	}

	static MyWindow * find(HWND key)
	{
		std::list< MyWindow *>::iterator it;
		for (it = windows.begin(); it != windows.end(); it++)
		{
			MyWindow *target = *it;

			if (target->hWnd == key)
			{
				return target;
			}

		}

		return NULL;
	}



	//
	//  関数: MyRegisterClass()
	//
	//  目的: ウィンドウ クラス登録します。
	//
	ATOM MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance)
	{
		WNDCLASSEXW wcex;

		wcex.cbSize = sizeof(WNDCLASSEX);

		wcex.style = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
		wcex.lpfnWndProc = WndProc;
		wcex.cbClsExtra = 0;
		wcex.cbWndExtra = 0;
		wcex.hInstance = hInstance;
		wcex.hIcon = LoadIcon(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDI_WINDOWSPROJECT7));
		wcex.hCursor = LoadCursor(nullptr, IDC_ARROW);
		wcex.hbrBackground = (HBRUSH)(COLOR_WINDOW + 1);
		wcex.lpszMenuName = MAKEINTRESOURCEW(IDC_WINDOWSPROJECT7);
		wcex.lpszClassName = szWindowClass;
		wcex.hIconSm = LoadIcon(wcex.hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDI_SMALL));

		return RegisterClassExW(&wcex);
	}

	//
	//   関数: InitInstance(HINSTANCE, int)
	//
	//   目的: インスタンス ハンドルを保存して、メイン ウィンドウ作成します。
	//
	//   コメント:
	//
	//        この関数で、グローバル変数インスタンス ハンドルを保存し、
	//        メイン プログラム ウィンドウ作成および表示します。
	//

	int blocks[100][100];

	BOOL InitInstance()
	{
		hInst = hInstance; // グローバル変数インスタンス処理を格納します。

		ATOM c = MyRegisterClass(hInstance);
		x = 0;
		y = 0;
		boxType = 0;

		hWnd = CreateWindowW(szWindowClass, szTitle, WS_OVERLAPPEDWINDOW,
			CW_USEDEFAULT, 0, CW_USEDEFAULT, 0, nullptr, nullptr, hInstance, nullptr);

		for(int x = 0 ; x < 100 ; x++)
		{
			for (int y = 0; y < 100; y++)
			{
				blocks[y][x] = 0;
			}
		}

		if (!hWnd)
		{
			return FALSE;
		}

		return TRUE;
	}

	BOOL ShowWindow()
	{
		BOOL ret;
		ret = ::ShowWindow(hWnd, SW_SHOW);
		::UpdateWindow(hWnd);

		return ret;
	}


	HINSTANCE hInstance;
	MSG msg;
	BOOL run;
	int x;
	int y;
	BOOL Main()
	{

		HACCEL hAccelTable = LoadAccelerators(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDC_WINDOWSPROJECT7));
		run = true;
		int rc;
		// メイン メッセージ ループ:
		while (run)
		{
			DWORD obj = MsgWaitForMultipleObjectsEx(0, NULL,  100 , QS_PAINT| QS_ALLEVENTS,0);
			if (obj <= WAIT_OBJECT_0)
			{
				while (PeekMessage(&msg, NULL, 0, 0, PM_REMOVE))
				{
					if (!TranslateAccelerator(msg.hwnd, hAccelTable, &msg))
					{
						TranslateMessage(&msg);
						DispatchMessage(&msg);
					}
					if (msg.message == WM_QUIT) {
						run = FALSE;
					}
					if (msg.message == WM_CLOSE) {
						run = FALSE;
					}

				}
			}
			else if (obj == WAIT_TIMEOUT)
			{
				y++;
				PAINTSTRUCT ps;
				HDC hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);
				this->OnPaint(ps);
				EndPaint(hWnd, &ps);
				::UpdateWindow(hWnd);
				RECT Rect2 = { 0,0,48*9,48 * 100 };
				InvalidateRect(hWnd, &Rect2, TRUE);
			}
			else if (obj == WAIT_FAILED)
			{
				rc = GetLastError();
			}
			else {

			}
		}


		return TRUE;

	}

	int boxType;

	BOOL WriteBoxOLDBox()
	{
		int width = 24;

		HDC hdc = GetDC(hWnd);
		HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB(48, 48, 48));
		for (int y = 0; y < 30; y++)
		{
			for (int x = 0; x < 8; x++)
			{
				if (blocks[y][x] == 0)
				{
					continue;
				}

				RECT Rect = { 0,0,48,48 };
				BOOL ret;

				Rect.left = width * x + 1;
				Rect.right = width * (x + 1) - 1;
				Rect.top = width * y + 1;
				Rect.bottom = width * (y + 1) - 1;

				ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


			}
		}

		DeleteObject(hBrush);

		return FALSE;
	}


	BOOL WriteBox()
	{
		WriteBoxOLDBox();

		switch (boxType)
		{
		case 0:
			return WriteBoxI();
		case 1:
			return WriteBoxL();
		case 2:
			return WriteBoxZ();

		}

		return TRUE;
	}

	BOOL WriteBoxZ()
	{
		HDC hdc = GetDC(hWnd);
		HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB(48, 48, 246));

		int width = 24;

		RECT Rect = { 0,0,48,48 };
		BOOL ret;

		Rect.left = width * x + 1;
		Rect.right = width * (x + 1) - 1;
		Rect.top = width * y + 1;
		Rect.bottom = width * (y + 1) - 1;

		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


		Rect.top += width;
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		Rect.left += width;
		Rect.right += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		Rect.top += width;
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


		DeleteObject(hBrush);

		return TRUE;
	}


	BOOL WriteBoxL()
	{
		HDC hdc = GetDC(hWnd);
		HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB(48, 246 , 48));

		int width = 24;

		RECT Rect = { 0,0,48,48 };
		BOOL ret;

		Rect.left = width * x + 1;
		Rect.right = width * (x + 1) -1 ;
		Rect.top = width * y + 1;
		Rect.bottom = width * (y + 1) -1;

		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


		Rect.top    += width; 
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		Rect.top += width;
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		Rect.left   += width;
		Rect.right  += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		DeleteObject(hBrush);

		return TRUE;
	}

	BOOL WriteBoxI()
	{
		HDC hdc = GetDC(hWnd);
		HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB( 246 , 48 , 48));

		int width = 24;

		RECT Rect = { 0,0,48,48 };
		BOOL ret;

		Rect.left = width * x + 1;
		Rect.right = width * (x + 1) - 1;
		Rect.top = width * y + 1;
		Rect.bottom = width * (y + 1) - 1;

		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);


		//Rect.left   += width;
		//Rect.right  += width;
		Rect.top += width;
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		Rect.top += width;
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		Rect.top += width;
		Rect.bottom += width;
		ret = FillRect(hdc, &Rect, hBrush);

		DeleteObject(hBrush);

		return TRUE;
	}

	BOOL SaveBoxI()
	{
		blocks[y  ][x] = 1;
		blocks[y+1][x] = 1;
		blocks[y+2][x] = 1;
		blocks[y+3][x] = 1;
		return TRUE;
	}


	BOOL OnPaint(PAINTSTRUCT &ps)
	{
		if (x > 8) {
			x = 0;
		}
		if (x <0) {
			x = 8;
		}
		if (y > 20) {
			switch (boxType)
			{
			case 0:
				SaveBoxI();
				break;
			case 1:
				break;
			case 2:
				break;
			}

			y = 0;
			boxType++;
			if (boxType > 2)
			{
				boxType = 0;
			}
		}

		this->WriteBox();

		return TRUE;
	}



	BOOL OnKey(WPARAM wParam)
	{
		if (wParam == VK_LEFT)
		{
			x++;
		}
		if (wParam == VK_RIGHT)
		{
			x--;
		}
		return TRUE;
	}


};


int APIENTRY wWinMain(_In_ HINSTANCE hInstance,
                     _In_opt_ HINSTANCE hPrevInstance,
                     _In_ LPWSTR    lpCmdLine,
                     _In_ int       nCmdShow)
{
    UNREFERENCED_PARAMETER(hPrevInstance);
    UNREFERENCED_PARAMETER(lpCmdLine);

    // TODO: ここにコードを挿入してください。

    // グローバル文字列初期化しています。
    LoadStringW(hInstance, IDS_APP_TITLE, szTitle, MAX_LOADSTRING);
    LoadStringW(hInstance, IDC_WINDOWSPROJECT7, szWindowClass, MAX_LOADSTRING);
    //MyRegisterClass(hInstance);



	MyWindow win;



	win.hInstance = hInstance;

	// アプリケーション初期化を実行します:
	if (!win.InitInstance())
	{
		return FALSE;
	}

	BOOL ret;

	win.ShowWindow();

	ret = win.Main();

	if (ret)
	{
		return 0;
	}else {
		return (int)win.msg.wParam;
	}



}






//
//  関数: WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM)
//
//  目的:    メイン ウィンドウメッセージを処理します。
//
//  WM_COMMAND  - アプリケーション メニューの処理
//  WM_PAINT    - メイン ウィンドウの描画
//  WM_DESTROY  - 中止メッセージを表示して戻る
//
//
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
    switch (message)
    {
    case WM_COMMAND:
        {
            int wmId = LOWORD(wParam);
            // 選択されたメニューの解析:
            switch (wmId)
            {
            case IDM_ABOUT:
                DialogBox(hInst, MAKEINTRESOURCE(IDD_ABOUTBOX), hWnd, About);
                break;
            case IDM_EXIT:
                DestroyWindow(hWnd);
                break;
            default:
                return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
            }
        }
		break;
	case WM_KEYDOWN:
		{
			MyWindow *target = MyWindow::find(hWnd);
			target->OnKey(wParam);
		}
	break;
    case WM_PAINT:
        {
            PAINTSTRUCT ps;
            HDC hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);

			MyWindow *target = MyWindow::find(hWnd);
			target->OnPaint(ps);


            // TODO: HDC を使用する描画コードをここに追加してください...
            EndPaint(hWnd, &ps);
        }
        break;
    case WM_DESTROY:
        PostQuitMessage(0);
        break;
    default:
        return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
    }
    return 0;
}

// バージョン情報ボックスメッセージ ハンドラーです。
INT_PTR CALLBACK About(HWND hDlg, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
    UNREFERENCED_PARAMETER(lParam);
    switch (message)
    {
    case WM_INITDIALOG:
        return (INT_PTR)TRUE;

    case WM_COMMAND:
        if (LOWORD(wParam) == IDOK || LOWORD(wParam) == IDCANCEL)
        {
            EndDialog(hDlg, LOWORD(wParam));
            return (INT_PTR)TRUE;
        }
        break;
    }
    return (INT_PTR)FALSE;
}

anond:20190101175055

テトリス風?プログラムに向けて

第何回だろうな

キー入力を追加した

まだ、何を押してもブロックが右に移動するだけ(右端にいくと左にワープ

タイマー自動落下

 

でもまぁ ここまでサンプルがあるとほぼテトリスは見えてきた

// WindowsProject7.cpp: アプリケーションエントリ ポイント定義します。
//

#include "stdafx.h"
#include "WindowsProject7.h"

#define MAX_LOADSTRING 100

// グローバル変数:
HINSTANCE hInst;                                // 現在インターフェイス
WCHAR szTitle[MAX_LOADSTRING];                  // タイトル バーテキスト
WCHAR szWindowClass[MAX_LOADSTRING];            // メイン ウィンドウ クラス名

// このコード モジュールに含まれ関数宣言転送します:
//ATOM                MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance);
BOOL                InitInstance(HINSTANCE, int);
LRESULT CALLBACK    WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);
INT_PTR CALLBACK    About(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM);

#include <list>

class MyWindow;
	
std::list< MyWindow *> windows;

class MyWindow
{
public:

	HWND hWnd;



	MyWindow()
		:hWnd(NULL)
	{
		windows.push_back(this);
	}

	virtual ~MyWindow()
	{
		std::list< MyWindow *>::iterator it;
		for (it = windows.begin(); it != windows.end(); it++)
		{
			if (*it == this)
			{
				windows.erase(it);
				break;
			}
		}
	}

	static MyWindow * find(HWND key)
	{
		std::list< MyWindow *>::iterator it;
		for (it = windows.begin(); it != windows.end(); it++)
		{
			MyWindow *target = *it;

			if (target->hWnd == key)
			{
				return target;
			}

		}

		return NULL;
	}



	//
	//  関数: MyRegisterClass()
	//
	//  目的: ウィンドウ クラス登録します。
	//
	ATOM MyRegisterClass(HINSTANCE hInstance)
	{
		WNDCLASSEXW wcex;

		wcex.cbSize = sizeof(WNDCLASSEX);

		wcex.style = CS_HREDRAW | CS_VREDRAW;
		wcex.lpfnWndProc = WndProc;
		wcex.cbClsExtra = 0;
		wcex.cbWndExtra = 0;
		wcex.hInstance = hInstance;
		wcex.hIcon = LoadIcon(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDI_WINDOWSPROJECT7));
		wcex.hCursor = LoadCursor(nullptr, IDC_ARROW);
		wcex.hbrBackground = (HBRUSH)(COLOR_WINDOW + 1);
		wcex.lpszMenuName = MAKEINTRESOURCEW(IDC_WINDOWSPROJECT7);
		wcex.lpszClassName = szWindowClass;
		wcex.hIconSm = LoadIcon(wcex.hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDI_SMALL));

		return RegisterClassExW(&wcex);
	}

	//
	//   関数: InitInstance(HINSTANCE, int)
	//
	//   目的: インスタンス ハンドルを保存して、メイン ウィンドウ作成します。
	//
	//   コメント:
	//
	//        この関数で、グローバル変数インスタンス ハンドルを保存し、
	//        メイン プログラム ウィンドウ作成および表示します。
	//
	BOOL InitInstance()
	{
		hInst = hInstance; // グローバル変数インスタンス処理を格納します。

		ATOM c = MyRegisterClass(hInstance);
		x = 0;
		y = 0;

		hWnd = CreateWindowW(szWindowClass, szTitle, WS_OVERLAPPEDWINDOW,
			CW_USEDEFAULT, 0, CW_USEDEFAULT, 0, nullptr, nullptr, hInstance, nullptr);

		if (!hWnd)
		{
			return FALSE;
		}

		return TRUE;
	}

	BOOL ShowWindow()
	{
		BOOL ret;
		ret = ::ShowWindow(hWnd, SW_SHOW);
		::UpdateWindow(hWnd);

		return ret;
	}


	HINSTANCE hInstance;
	MSG msg;
	BOOL run;
	int x;
	int y;
	BOOL Main()
	{

		HACCEL hAccelTable = LoadAccelerators(hInstance, MAKEINTRESOURCE(IDC_WINDOWSPROJECT7));
		run = true;
		int rc;
		// メイン メッセージ ループ:
		while (run)
		{
			DWORD obj = MsgWaitForMultipleObjectsEx(0, NULL,  100 , QS_PAINT| QS_ALLEVENTS,0);
			if (obj <= WAIT_OBJECT_0)
			{
				while (PeekMessage(&msg, NULL, 0, 0, PM_REMOVE))
				{
					if (!TranslateAccelerator(msg.hwnd, hAccelTable, &msg))
					{
						TranslateMessage(&msg);
						DispatchMessage(&msg);
					}
					if (msg.message == WM_QUIT) {
						run = FALSE;
					}
					if (msg.message == WM_CLOSE) {
						run = FALSE;
					}

				}
			}
			else if (obj == WAIT_TIMEOUT)
			{
				y++;
				PAINTSTRUCT ps;
				HDC hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);
				this->OnPaint(ps);
				EndPaint(hWnd, &ps);
				::UpdateWindow(hWnd);
				RECT Rect2 = { 0,0,48*9,48 * 8 };
				InvalidateRect(hWnd, &Rect2, TRUE);
			}
			else if (obj == WAIT_FAILED)
			{
				rc = GetLastError();
			}
			else {

			}
		}


		return TRUE;

	}

	BOOL OnPaint(PAINTSTRUCT &ps)
	{
		HDC hdc = GetDC(hWnd);
		HBRUSH hBrush = CreateSolidBrush(RGB(48, 48, 246));
		RECT Rect = { 0,0,48,48 };
		Rect.left = 48 * x;
		Rect.right = 48 * (x+1);
		Rect.top = 48 * y;
		Rect.bottom = 48 * (y+1);
		if (x > 8) {
			x = 0;
		}
		if (x <0) {
			x = 8;
		}
		if (y > 8) {
			y = 0;
		}
		BOOL ret = FillRect(ps.hdc, &Rect, hBrush);
		DeleteObject(hBrush);

		return TRUE;
	}

	BOOL OnKey()
	{
		x++;
		return TRUE;
	}


};


int APIENTRY wWinMain(_In_ HINSTANCE hInstance,
                     _In_opt_ HINSTANCE hPrevInstance,
                     _In_ LPWSTR    lpCmdLine,
                     _In_ int       nCmdShow)
{
    UNREFERENCED_PARAMETER(hPrevInstance);
    UNREFERENCED_PARAMETER(lpCmdLine);

    // TODO: ここにコードを挿入してください。

    // グローバル文字列初期化しています。
    LoadStringW(hInstance, IDS_APP_TITLE, szTitle, MAX_LOADSTRING);
    LoadStringW(hInstance, IDC_WINDOWSPROJECT7, szWindowClass, MAX_LOADSTRING);
    //MyRegisterClass(hInstance);



	MyWindow win;



	win.hInstance = hInstance;

	// アプリケーション初期化を実行します:
	if (!win.InitInstance())
	{
		return FALSE;
	}

	BOOL ret;

	win.ShowWindow();

	ret = win.Main();

	if (ret)
	{
		return 0;
	}else {
		return (int)win.msg.wParam;
	}



}






//
//  関数: WndProc(HWND, UINT, WPARAM, LPARAM)
//
//  目的:    メイン ウィンドウメッセージを処理します。
//
//  WM_COMMAND  - アプリケーション メニューの処理
//  WM_PAINT    - メイン ウィンドウの描画
//  WM_DESTROY  - 中止メッセージを表示して戻る
//
//
LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
    switch (message)
    {
    case WM_COMMAND:
        {
            int wmId = LOWORD(wParam);
            // 選択されたメニューの解析:
            switch (wmId)
            {
            case IDM_ABOUT:
                DialogBox(hInst, MAKEINTRESOURCE(IDD_ABOUTBOX), hWnd, About);
                break;
            case IDM_EXIT:
                DestroyWindow(hWnd);
                break;
            default:
                return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
            }
        }
		break;
	case WM_KEYDOWN:
		{
			MyWindow *target = MyWindow::find(hWnd);
			target->OnKey();
		}
	break;
    case WM_PAINT:
        {
            PAINTSTRUCT ps;
            HDC hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);

			MyWindow *target = MyWindow::find(hWnd);
			target->OnPaint(ps);


            // TODO: HDC を使用する描画コードをここに追加してください...
            EndPaint(hWnd, &ps);
        }
        break;
    case WM_DESTROY:
        PostQuitMessage(0);
        break;
    default:
        return DefWindowProc(hWnd, message, wParam, lParam);
    }
    return 0;
}

// バージョン情報ボックスメッセージ ハンドラーです。
INT_PTR CALLBACK About(HWND hDlg, UINT message, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
    UNREFERENCED_PARAMETER(lParam);
    switch (message)
    {
    case WM_INITDIALOG:
        return (INT_PTR)TRUE;

    case WM_COMMAND:
        if (LOWORD(wParam) == IDOK || LOWORD(wParam) == IDCANCEL)
        {
            EndDialog(hDlg, LOWORD(wParam));
            return (INT_PTR)TRUE;
        }
        break;
    }
    return (INT_PTR)FALSE;
}

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん