「絵本」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 絵本とは

2022-05-24

駅ビルパン屋のイートインにいる

小さい子が一生懸命しゃべっている、聞き取れないけど

母親絵本でも読んでるのかな

しきりになんか言っててなんかかわいい

公共の場子供見てかわいいと思うとか年とったのかな

今日休みとってるから単に気持ちに余裕があるだけかもしれないが

2022-05-23

プレ幼稚園英語時間がしんどかった

プレ幼稚園英語時間外国人先生英語ストレッチして英語からだの歌を歌ってたんだけども

ABCも覚えてない二歳の子供の前でマウスだのノーズだの言ったって……綴りを教えてあげずに子供たちは正しい発音もできないし

せめてABCのうたからはじめて欲しかったわ

わたし子供ときこんな感じの英会話教室に参加したけども

イコールパープルと学習してPURPLEの綴りは知らないし正しい発音もできないし、いみない授業だったなって思った

中学からはじまる受験英語の座学のほうがまだマシ

とにかくプレ幼稚園英語学習くそだった。英語教師も子供たちをただニコニコしませればいいって思ってんのか?本気で子供たちに英語を学んで欲しいって思ってる?幼稚園先生たち、こんなんで子供たち英語が話せるようになると思う?

こんなんするくらいなら日本語絵本を読んでほしかった

この絵本タイトルが知りたい

田んぼに住むおたまじゃくしたちのところにカエルママがいない間にヘビが襲ってくる。

おたまじゃくしたちは協力して逃げ回り、蛇はおたまじゃくしたちを追いかけていたら体が結ばってしまって退散。

田んぼ平和が訪れる。

という話。

子供の頃よく読んだ絵本だったと思うんだけど親も覚えていない。

アニメとかだったのかなあ。

これからまれてくる自分の子どもに、不自由をさせたくない。本当はもっと広い家で、駆け回れるような庭があって、広い空を見上げて育ってほしい。本当は家の中に子どものためだけの空間があって、そこに彼自身の宝物を溜め込んでほしい。もっと広いトイレで、もっと広いお風呂で、成人するまで寛げるようにしたい。

そして子どもの成長のために、たくさん時間をかけて接してあげたい。毎朝散歩に出かけ、人や動物植物のことを話したい。絵本たっぷり読み聞かせ物語世界に浸ってほしい。一緒に絵を描き、音楽を聴いて、何かを創り出す喜びを伝えたい。

それらを完全に叶えてあげられないことが悲しい。自分力不足だし、簡単に揃えることができない。リソースは限られている。その中でできることをやらなければ。未来のためにできることを。

2022-05-19

anond:20220519161224

俺もだ。

ちなみにスヌーピーピーターラビットムーミンは(手塚治虫に比べれば)相対的に同一の系譜上にある作品だと思ってる。

まあここらへん比べると絵本漫画境界がよくわからなくなってくるんだが

2022-05-14

anond:20220514065842

性教育絵本なるものを見たことがない。増田の周辺は意識が高いなぁ

学校がなんかのモデル校だったか海外性教育アニメなら見たことある

ノリノリでズッコンバッコンバッタンしとったけどそれを見て子どもが笑うと言う演出が作中にあった

あの時の冷え冷えとした空気感が忘れられないわ

そのあと例によって例のごとく感想文を書かされたのだけどその時の空気感も忘れられない

仏教用語的にも日常使いのあきらめ受け入れるみたいなニュアンスでも

諦観』ってこういう時に使うんやなって・・・

 

セックスファンタジーなら萌えるシチュエーションかもだけどな

西野亮廣による歴史改ざん

元テレ東京プロデューサー佐久間宣行の『佐久間宣行のNOBROCK TV』に西野亮廣が出演していた。

そこで西野は「クラウドファンディングオンラインサロン絵本無料公開などを無知人間が間違った批判をしていた」「無料公開が戦略的に正しいなんて今なら誰でも知ってるんだから謝ってほしい」と訴えている

佐久間が「知識のない科学宗教に見える」と言うので、西野知識のない連中に異端扱いされてたんだ地動説みたいだなとボンヤリ思った

なるほど西野がかわいそうだ、俺も「絵本無料公開」の時に西野批判的に見ていた記憶があるので申し訳なかったな。と思って動画を見終わったが、なにか違和感があった

無料公開なんて結構からあったのになんで「絵本無料公開」で叩かれたんだろうと思って当時の状況を調べてみたら西野に呆れてしまった、詳しい内容は下記のリンクを読んでくれ

西野批判派による記事 https://mistclast.hatenablog.com/entry/2017/01/22/110637

西野ファンによる記事 https://adenoi-today.hatenablog.com/entry/20170122/1485089143

絵本無料公開」が戦略的に正しいことを知らない無知が叩いていたどころか、西野は「『無料化』という『ビジネスモデル』が批判された」と問題すり替えるだろうと予言までされていた

そして実際に当時の状況を調べないと「時代の先を読んていた西野無知人間に叩かれていた」と改ざんされた歴史を信じてしまう状況になっている

こうなってくると「クラウドファンディング」や「オンラインサロン」に対する間違った批判も本当に間違っていたか信用できなくなるし、西野がよく言う「テレビのひな壇が消えていくのはスマホの登場時に解っていた」も怪しくなってくる。

性教育絵本で、女の子ワレメを書く絵本と書かない絵本があるのは何故?

性教育教科書とか絵本イラスト

女の子ワレメ(性器)をちゃんと書いてる教科書絵本がある一方で、ワレメを書かない教科書絵本がある。

ワレメが無かったら、それは奇形、というか女の子じゃないだろう。

ワレメを書かない教科書は、なにを遠慮してるのか?

性教育目的とはいえ女の子ワレメを書いてしまうと、公然わいせつ物に該当してしまう」「男子児童や生徒のオナニーオカズにされる」と遠慮してるのか?

逆に、堂々と女の子ワレメを載せる教科書絵本は、男子生徒のオナニーオカズになるのも上等、というか男子生徒の性教育になる、と開き直ってるのか?

この二者の違いがワカラン。

男子的には、減るものでないから、そういう手の絵本では、キチンと女の子ワレメを描いて欲しいものであるオカズにするから

2022-05-13

何十年前のキャラ映画にして盛り上がってんだよ。もう終わりだよこの国

2021年映画全米興行収入ランキング

2022-05-12

anond:20220512232408

★1にしたいけど、良いところもあったから★3

★1にしたいし、良いところもなかった場合は★1

 

ゲームマンガアニメ映画実用書・絵本小説以外では★3は付けないか

 

家電とか食べ物は★4以上付けたい時しか書かない

anond:20220512215511

絶対発育に悪いよなーって思う。

赤子の様子をみると、遊んでても、妻が怒鳴り出すことには慎重になってコチラの様子を伺いながらしてる。

ぬいぐるみ舐めたり絵本舐めたりレベルのことで怒鳴ってるから……。

2022-05-11

子供の頃に読んだ絵本みたいに、

リニア新幹線が家の前まで空を飛んで来てくれればいいのにめんどくさい

2022-05-10

anond:20220509231539

福音館書店から出ている「たくさんのふしぎおすすめします。

ちょうど小学校3〜4年生くらいを対象としています

40ページで絵本なので、芽久先生の本と比べたら物足りないかな?という印象を受けると思いますが、意外と読み応えがありますよ。

科学者先生たちの熱意が感じ取れるものが多いです。

今月号、2022年6月号『うんこ虫を追え』。

作者の舘野鴻さんは学者先生ではありませんが、科学する心を存分に発揮されています

地学分野もということでしたが、これから出るラインナップでは、

8月号『石は元素の案内人』、9月号『星と人間』などがありますね。

月刊誌なのでバックナンバーは品切れのものが多いですが、図書館に行けば置いてあるところもあります

たくさんのふしぎ傑作集」として、上製本で出されているものもあります

地学分野ならおすすめは、

ブラックホールって なんだろう?』

『空があるから

地球の中に、潜っていくと…』

『月へ行きたい』

宇宙わたしたち

生物なら、

ダーウィンミミズ研究

かしこ単細胞 粘菌

まぼろし色のモンシロチョウ 翅にかくされた進化のなぞ』

カブトムシの音がきこえる 土の中の11か月』

『食べられて生きる草の話』

『まちぼうけの生態学』『おいかけっこの生態学』『すれちがいの生態学

などがあります

さ・え・ら書房から出ている『わたしの〇〇研究』も地味ながらおすすめです。

わたし森林研究 鳥のタネまきに注目して』

わたしカブトムシ研究

わたしのノラネコ研究

など、面白かったですよ。

子供向けではない書籍なら『海獣学者クジラを解剖する。』はどうでしょう

『標本バカ』とかも面白かったです。

ちょっとお子さんには難しいですが、東海大学出版から出ている「フィールド生物学」シリーズもいいです。

ブコメでも紹介されているウルド先生の『孤独バッタが群れるとき : サバクトビバッタの相変異大発生』もありますし。

研究内容を読み解けるのはまだまだ先でしょうが、途中のコラムだけでもなかなか面白いですよ。

多少漢字言葉がわからなくても、面白いと思ったら子供ガンガン読み進めると思います

anond:20220510111050

絵本とかと同じようにちゃんと一番最初主人公は誰でこういう目的で旅をしています、みたいに書かれててその本一冊の中だけで話が完結してればいいけどたいていそうなってないじゃん

anond:20220510110645

絵本なんだよ。かいけつゾロリとか番号振られてないけど子供最初だろうと続きだろうと喜んで見るじゃん。そんな感じ。アンパンマンも番号無いね。そういう事

2022-05-04

記憶に残っている児童文学絵本

いちおうネタバレ注意で。

幼少の頃より本が好きだったが、自分でも二次創作とかラノベとか書き散らすようになると、改めてレベルの高さを思い知らされるのが児童文学である

もちろんピンキリなのだろうが、特に記憶に残っている作品を書いとく。



どうぞのいす

勝手に起こるわらしべ長者

100%善意で作られた物語であり、読むと安心できたので大好きだった。


チリンの鈴』

アニメ映画から入ったのだが、原作ちょっと展開(というかチリンの心の動き)が違う。

孤独を知ると、ウォーがどれだけチリンに救われたのかも想像できる。

一方のチリンは全然救われてない。

大人になってから探して買った唯一の絵本


おしいれのぼうけん

子供の頃、押入れという空間が好きだった。布団に埋もれる事も出来たし、暗くて狭い空間に無理矢理入るのも好きだった。

が、この本は怖かった。押し入れのシミがだんだん人の横顔に見えてくる展開が完全にホラー

なんか汽車が出てきたような記憶があるが、物語にどう絡んでたのかよく覚えてない。


『がまくんとカエルくん』

ガマくんが出不精。春がきたんでカエルくんが頑張ってガマくんを布団から出そうと奮闘する話と、ガマくんがアイスクリームカエルくんに持って帰ろうとして途中で溶け出してえらいことになる話だけ覚えてる。


ピーターラビットのおはなし』

いや怖いんだけどこれ。特に、ひげのサムエルのおはなし。

あとマクレガーさん。

キャラは覚えているのだが、お話自体はいまいちよく覚えてない。


『まよなかのだいどころ』

なんか幼心にも不潔なことやってんなという気分になった絵本

食材に飛び込んだり食材飛行機作ったりするのはやめよう。

最後がなぜか主人公感謝して終わったような記憶がある。「おかげでわかったよ毎朝パンが食べられるわけが」みたい締めだったけど、そんな話だったっけ?


さむがりやのサンタ

なんかしらんけど『きのいいサンタ』という別の絵本勘違いして読んだ。

さむがりやというより、偏屈ブツブツ文句言ってるサンタだったような。肝心の『きのいいサンタ』の方は全く話を覚えてないが、さむがりやの方は煙突から入って煤だらけになったとブツブツ言ってたのを覚えている。


※番外

『ぼくいたくない』

大人になってからチリンの鈴を探していたとき本屋でなんとなく手に取ったのだが、余りにハードな内容にギャアという感じになった。

なんでこれ絵本なんや

もしかして子供に買ってあげる絵本を探してる親達に、これでも読めやという意図でわざと絵本にしたのだろうか。そうだとしたらなかなかの策士だと言える。

DVさらされた子供が「痛くない」「居たくない」と内に籠もっていく救いのない話だった。

はっぴーばーすでい

しあわせな日なのに芋づる式に色々思い出してきちゃった。

ぜんぶ友だちのはなしとして書くから私もぜんぶ友だちのはなしとして思い込む。私じゃない。

私なんてどこにもいなかった。

友だちは生まれときから新興宗教を親がやってたらしい。その宗教教祖様絵本が家にあって、『エルマーの冒険』とか『11匹のねこ』とかとおんなじようにその本を読んで育った。

宗教って人のこと幸せにしてくれるものだって聞いてたけど、友だちは別に幸せに見えない。

誕生日ケーキは出てきたけれどそれでおしまい彼女のお兄さんはプレゼントをもらってたのに、友だちはケーキだけでおおはしゃぎしなきゃいけなかった。

一度だけ、「どうしてお兄ちゃんプレゼントがあるのに私にはないの?」って聞いたことがあるんだって母親に叩かれて、友だちはそれきり自分プレゼントがないことは諦めたって言ってた。

友だちは20歳を超えて、ホスクラに初めて行ったらしい。そこで出会ったホストと付き合って、それなりに楽しかったって言ってたな。

色恋だから何人もの人とデートしてるのとか知ってたし、嫉妬もしたし苦しかったけど、友だちを店に呼ぼうとは絶対にしなかったし、むしろ行こうとして怒られたって言ってた。

でも良いことって続かないよね。

誕生日にお客さんと出掛けてるの見ちゃったんだって

それを見たとき、「ああ、宗教と一緒だな」って全部どうでもよくなっちゃった

信じても信じなくてもいつか裏切られるし、それなら何も信じなくていいやって。

それから友だちは彼氏に似た顔のホストを見つけて指名するようになっちゃった

って言っても超極細客だったけどね。

顔が似てても中身が違うからまれなかったんだって

今日はそんな友だちの誕生日。部屋には彼氏と似ても似つかない人が眠っていて、眠れないからそっとベッドを抜け出して何となくタバコを吸う。

タバコ宗教とおんなじだし、ベッドで寝てるだれかも友だちにすがるためにこの部屋に来てるんだから宗教を信奉してる人とおなじなのかも。

そろそろタバコをやめたいんだけど、やめても私の実体はどこにもない気がするなあ。

2022-04-27

友達の娘が3歳くらいの一時期めちゃくちゃ好かれてたことがある

遊びにいくと常に横にくっついて何やら絵本解説をしてくださり

移動すると名前連呼しながら後を追いかけてきた

あれがモテ期って奴だったのかな

2022-04-26

最近読んだBL以外の本。

 まずは『長野まゆみ偏愛耽美作品集』より『魔術師』と『昆虫図』を。

 実を言うとあまり得意ではない作家作品(いうて主に食わず嫌いなのだが)が多々収録されているので、買ったはいいが読む気にならず、遅々として読み進まない。長野まゆみ作品ファンなので、頑張って読むけど。買ったし!


魔術師』(谷崎潤一郎

あらすじ

 主人公の「私」は異国の町にいた頃のある夕べ、恋人から公園」に行ってみようと誘われた。その公園とは日本でいうところの浅草六区もっと酷くしたような場所だった。いい歳をした男女達の狂乱する怪しげな公園の最も奥まった所にある城が、恋人目的地。そこでは魔術師見世物をしており、どんな人でも一度観たら病みつきになってしまうのだという。「私」はついノリで城に入ってしまったが……。


増田感想

 中二病が二十歳を過ぎても治らなかった人の好きなやつ……THE大正ロマンって感じの。こういうのあまり詳しくないんだけど、航海技術の発展で新大陸への憧れが強まったりとか、産業革命から社会不安なんかがまざりあって世界的に流行ったのかな。

 まあこういうのに憧れたシーズンが私にもありましたね、という感じ。似たような路線だと、スティーヴン・ミルハウザーの『ナイフ投げ師』と『パラダイスパーク』も私は好き。

 「十二階」という建物に少し言及されているけど、これは「浅草凌雲閣」という建物のこと。明治時代には東京で一番高い建物だったよう。長野まゆみ先生インタビュー記事に、「十二階」という固有名詞は今となっては校正者にすら通じない、と書かれていた。

 選集に入れられた理由魔術師美少年からなのか。面白いオチだった。『春琴抄』ほどクレイジーではなかった。


昆虫図』(久生十蘭

あらすじ

 すごく短い話なので省略。タイトル通り虫がうじゃうじゃする話ということだけ。


増田感想

 えっ、これ「耽美」なの? ……グロいんだが。耽美とは美に耽ることなのであり、常人が忌み嫌うようなものにすら美を見出だす、通人遊戯なのだとすれば、まあ、耽美なのか? 『魔術師』に出てくる浅草六区だって悪所代名詞のように使われているみたいだし。

 気持ち悪いし、とりわけ過激というほどの話でもないのだが、サクサク読めてなんか心に嫌なものを残す。なるほど、「文体魔術師」か……。


長野まゆみ偏愛耽美作品』は今回はここまで。これでやっと半分読んだことになるのか。先はまだまだ長い。うへぇ

カステラカステラ!』(明坂英二 文 齋藤芽生 絵)

概要

 絵本たくさんのふしぎ傑作集』シリーズのうちの一冊。ポルトガルお菓子パン・デ・ロー日本に伝わり、カステラという名の伝統和菓子となるまで。


増田感想

 絵がなかなか渋くて好み。昔の日本の人々の顔が、そこらへんに普通にいそうなリアルさでいい。華美だったり汚らしかったりする着物を着て、髷を結っていても月代を剃っていても、現代日本人と地続きな存在っていうのがよく伝わる。

 そんなに珍しいことは書かれていなかったが、パン・デ・ローの作り方は伝わったのに、パン・デ・ローを焼くには欠かせないオーブンは伝来しなかったというのには、ちょっと驚き。和製フライパンのような鍋に蓋をし、蓋の上に墨を置いて上からから加熱してカステラを焼いていたというの、面白いなあ。何で誰もオーブンを作ろうとしなかったんだろう?


今日はここまで。

2022-04-17

自分解釈物語の結末の付け方を四つに分類分けしてみたメモ

〇注意

この記事には「鬼滅の刃無限列車編」「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ戦国合戦」「FF10」「ダンガンロンパシリーズ」「うみねこのなく頃に」の重大なネタバレが含まれています。これらを楽しんでる最中の方やこれから楽しむ予定の方は注意してください。

小説しろ漫画しろアニメしろ映画しろ演劇しろ絵本しろ

物語には始まるがあるように結末がある。

作者が亡くなってて永久に未完の作品や今も尚連載をし続けてて終わりが見えない作品もあるけど大概の有名作には結末がある。

そんな作品の「結末の付け方」を私なりに好き勝手考えた結果四つに分けられたのでここにメモとして残しておく。

まず、主軸になる基準が二つある。それは「主人公が一番の目的を果たせたかどうか」と「主人公本人が満足の行く結末を迎えられて幸せになれたか」の2つが重要になっていく。この両方を満たせた場合は我々がよく知る「ハッピーエンド」となり片方だけの場合は「メリーバッドエンド」or「ファジーエンド」となる。そして、両方とも満たせなかった場合は「バッドエンド」になる。以上4つに分けられるのだが、これだけでは説明不足なので一つ一つ具体的な作品例を挙げつつ解説していく。

ハッピーエンド

これに関してはほぼ説明不要だと思う。主人公が作中で掲げた目的を達成して満足し幸せを得るという事で大団円を迎える終わり方だ。童話の「桃太郎」や「赤ずきんちゃん」なんかがこれに当てはまるだろう。

主人公桃太郎は鬼退治という目的を掲げてそれを明確に達成しその結果金銀財宝を持ち帰り、幸せに暮らす。

主人公赤ずきんはお婆さんのお見舞いという目的があり途中狼による邪魔はあったものの最終的にはお婆さんと会いお見舞いを完遂している。

恐らくありとあらゆる創作界隈でもっとも多いであろう結末の付け方である

②ファジーエンド

ここから先は何かしらが欠けてる結末になってくる。そしてこのファジーエンドは「主人公目的は達成出来たけど幸せにはなれず満足出来なかった」という終わり方だ。目的は達成出来たのに幸せになれないってどういうこと?となるだろうが、具体例を聞けば納得出来ると思う。

これに当てはまるのは鬼滅の刃無限列車である主人公の炭治郎の目標は「列車を乗っ取った魘夢を倒し乗客を助けること」だ。これに関しては映画を見ればわかる通り、しっかりと完遂している。しかし、突如として現れた猗窩座により恩師である煉獄を殺されて、失意の底に落ちる事になる。最後煉獄言葉に多少は救われるもののあの結末を見て炭治郎が満足し、幸せになったかというとほとんどの人がNOと言うだろう。このように最後最後主人公にとって親しい人物が亡くなる終わり方だとこの結末になりやすい。クレヨンしんちゃん映画の「アッパレ戦国合戦」や主人公最愛ヒロインの元から消え去り幸せにはなれなかったもの目的は達成出来てる「FF10」なども挙げられるだろう。

また、「ダンガンロンパシリーズ」のような所謂俺たちの戦いはこれからだエンド」もこちらに分類される。ダンガンロンパ1作目と2作目なんかは学園や島から生還して出るという目的を掲げており、合間に仲間の死はありつつもどちらも達成は出来ているが、外の世界世紀末であったり、自分たち自身が外の世界世紀末にした絶望の残党で多大な罪が残っているなど新たなる問題が山積みになっている。それでも希望を信じて絶望に打ち勝つというテーマを胸にこれからを生きるという終わり方なので、ぶっちゃけ苗木や日向は満足気に見えるもの幸せになったかどうかで言えば微妙なので、私の解釈としてはファジーエンド判定である。(V3は人によって結末の解釈が異なるのでハッピーエンドにもなるしファジーエンドにもなるのでここでは解説しない)

メリーバッドエンド

今度はファジーエンドの逆で「主人公目的が達成出来なかったけど満足し幸せになれた」場合である結構人を選ぶ終わり方なのでどうしても有名作を挙げるのが難しい。(あるのかもしれないが思いつかない)その為、ややマイナーものになってしまうが「うみねこのなく頃に」がこれに当てはまる。

主人公が戦人と縁寿の二人いるが最終作のEP8は縁寿が主役なので彼女主体に考える。縁寿の目的は六件島の事件真実を知り家族自分の元に帰ってくるのが主な目的だが、真実は知れたもの家族は帰ってこなかった。それどころかその真実がどうしようもなく惨たらしいものであり、本人は不幸のどん底に突き落とされることになる。しかし、それでも亡くなった親族及び両親を信じてどんなにそれらを世間に悪く言われようとも自分の中では暖かい思い出として心に留めておき、前向きに生きる決心する。その後、絵本作家として大成幸せになっている。またさらにその後には変則的な形であるもの家族である兄と再会するので、一応ハッピーエンドになるのだが、作品内で兄は死亡したという解釈が明示されているので、それに則りメリーバッドエンドという解釈をしている。

このようにファジーエンドとメリーバッドエンドは作中内の特殊設定の解釈や考え方次第では他のエンドにも解釈できてしまうのが難しいところ。極端に振り切っているハッピーエンドやバッドエンドの方が理解やすいだろう。

④バッドエンド

ハッピーエンドの次にわかやすいと思われる。目的も達成出来なければ幸せにもなれないという悲しいオチである。有名な作品というか例えとしては鬱エンドと言われるものホラー映画B級Z級映画ありがちなものだろう。具体的な作品名を挙げるとすれば「フランダースの犬」だろう。ネロが死んだ後のナレーションで「これからは痛い事も苦しい事もありません」なんてフォローしてるけど村中から冤罪かけられるわお爺さんは死んでしまうわで踏んだり蹴ったりの末の死亡なので中々に濃度の高いバッドエンドであるルーベンスの絵は見られたのでそういう意味で救いがあったのは良かったが。他にも「ロミオとジュリエット」や「浦島太郎」なんかがバッドエンドになるだろう。良くも悪くもかなりインパクトのある終わり方なので、案外有名な作品も多い。しかし、よっぽど上手く話の構成を練らなければただひたすらに胸くそ悪い作品になってしまいクソ呼ばわりされてしまうので面白いものを作るのに一番難易度が高い終わり方である

以上、大体の作品がこの四つにカテゴライズ出来ると思われる。但し、メリーバッドエンドの項目でも話した通り、作中内の特殊設定など、作品主人公複数いるものではどの終わり方をするのか人によって解釈が変わってくる事が十二分にある。例に挙げた作品でもこれを読んだ方の中には「いやあの作品の終わり方はそうじゃないだろ」となったり、ここで挙げてない作品に対しては「あれはこの終わり方かな」なんて思ったりしただろう。そういった方は是非コメント欄で各々の解釈を語って頂きたい。なんなら独自カテゴリ分けの仕方まで解説して頂いたら嬉々として読みに行く。ぶっちゃけメモとして書いたもののそれらが読みたいのもあってこれを書いたぐらいだ。

終わり方を意識して作品を読むと作品の色々な違いや傾向が見えてきて自分の好きな作品がより深く楽しめるのでオススメだ。

3歳半になる長男が喋らん

3歳半になる長男が喋らん。

奇声は上げるが、パパもママも言わない。

明るい性格で、むしろ人懐っこく、自閉というのとは違う気がする。

知恵遅れとは思えない。

アルファベットをAからZまで順にキーボードタイプするとか(けっこう速い)、数字を30くらいまでタイプし続けるとか、お気に入り絵本フレーズあいうえお表で順に指差しするとか(「た、る、ま、さ、ん、か」「た、る、ま、さ、ん、の」)、文字と音の関係は分かってる様子。信号や道順や滅多に合わない親戚の顔や、本当によく覚える。

自閉っぽいのは、自分から用があるときは、ぐいぐいくるが、こっちからの問いかけはガン無視なところ。

会話で知能を測ることが出来ない。

例えば「赤い車とって」と言っても無反応。

反応が返ってくるのは

「出掛けるよ!靴履いて!」

「欲しいもの買い物カゴに入れて」

レジのお姉さんにピしてもらおう」

という本人に利があるときだけ。

名前にすら滅多に反応しない。

発達障害というやつか?

2022-04-14

[]本屋必要ならVR本屋を作ればいいじゃない

本屋図書館みたいな空間Amazon等のオンライン書店から書影を借りて並べるの

オンライン書店の「関連本」や「この本を買った人は~」のお勧め枠と違って本がずらりと並ぶ光景があるから目的ジャンル以外の本も自然と目につく

リアル書店と同じように平積みも面陳列もあって本屋に入って目当ての本の場所に移動するまでに新刊売れ筋本のチェックができる

電子書籍になってるなら試し読みで十数ページは読めるから立ち読みできる機能もつけられる

裏表紙にはあらすじを表示させる

気に入った本を手に取りレジに持っていけばそのまま「買う」ことができ後日家に届く

なんだったらアカウントを取って誰でも「本屋」を開設できる機能をつける

自分選書して絵本専門店でも学術専門書店でも作ることができてAmazonのアフィリンクも貼り付けて本当に「稼ぐ」こともできるようにする

書店POP作成機能もつける

いくらアフィ稼ぎができるからってオリジナル本屋なんて手間かかるから誰も作らないって言うだろうけど、いやいや膨大な本を選んで1つ1つこだわりながら書棚に並べていくのは「マインクラフト」と同じだし、POPを作ったり並べ方工夫して店を飾り付けていくのは「どうぶつの森」だ

VR本屋作成アプリができればユーザーも集まる注目メタバースの一つになるだろう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん