「もび」を含む日記 RSS

はてなキーワード: もびとは

2019-01-20

落合陽一さんとカースト制とゼネラリスト信仰

とりとめもない駄文だし、こんな匿名日記なんて誰も読まないし、主語の大きな文章だって思うのは自覚している。それでも思うところがあるので書きたい。

落合陽一さんの主張「日本にはカーストが向いている」が実現して、本当にカーストが導入されたとする。すると彼はそもそも大学教員にはなれないし、興味のままに研究なんてできないだろうし、親父さんと同じジャーナリストになることが決まっている。彼が、「日本にはカーストが向いている」というのなら、どうして親父さんと同じ道に進まなかったのだろうと疑問に思う。

せっかく自然科学で顕著な業績を残しているのだから、こんなことで炎上するのはもったいないなと思った。文化人枠として詳しくもない社会政治文化について語る方も語る方だけど、天才ならなんでもできるって思って使うテレビも嫌いだ。(炎上元はテレビではなくて本ってことは知ってる、変な文でごめん。)

話変わるけど、思うに日本ではまだまだゼネラリスト信仰が強いのだと思う。「優秀な研究者ならきっと社会制度について語っても良い意見を持っているだろう。」とか(盲目的な落合信者もこれに入る気がする)、民間企業総合職採用ポテンシャル採用とか。

公務員試験(行政職)なんかもそうだ。なぜ法学部経済学部と別れていながら試験では法律経済両方求めるのだろう。

話がずれた。青臭い若造意見として聞き流してほしい。

日本ゼネラリスト信仰はきっと根強い。リカードさんもびっくりだ。

なんて言っててもしょうがいか今日食ったラーメンはおいしかったよって言って終わりにする。

2019-01-19

知らない小さなジャンルの学級会の話

自分野次馬根性暇人であるというのは理解した上で書く。文章書くのも下手なので読みづらいと思うけど吐き出しのために。

先日たまたまとあるさな界隈で揉め事が起きているのという話を聞いた。その人もその界隈の人間ではなくツイッターフォロワーから愚痴か何かを聞いたらしい。

内容は、その界隈のとある2名(A、B)が公式ロゴを使ったグッズを作成し、公式タグ(#ジャンル名)を使ってツイッターにグッズの写真投稿

その後、同じ界隈のCが「それは著作権的にいかがなものか」「公式タグを使ってそう行ったことをするのは良くないのでは」「著作権を知らないのか」と言った言葉を少々口が悪い言い方で、AとBのツイートRTした後に批判したらしい。

個人的に、AとBの行為グレーゾーンだが公式タグを使うというのはあまり賛成できないと思った。もし自分ならFF外なら見かけてもスルーFF内なら作った人と距離を置くと思う。自分同人を行なっているが、公式ロゴをそのまま作品に使ってしかもそれをインターネットにあげるのは怖い行為だと思っている。(ちなみに今回のABCはAとBが仲良し、Cはどちらとも相互ではないようだった)

その後、RTされた二人がCの発言を見たらしくAがショックを受けツイートを消す。そしてそれにBが怒り出した。というところまで人づてに聞き、Bのアカウントを見てみることにした(正真正銘野次馬である)


BはCのいろんなツイートRTしては批判、Cはそのジャンル内で上位ランカーだったようだが(ゲームジャンルらしい。今回初めて聞く名前だった)「以前にも似たようにRT後の苦言で界隈の空気を悪くしていた、同じ行為で今回Aを傷つけたのは許さない。」とBはCのこれまでの口の悪いツイートなどもRTして空中リプライ批判した。

怒っているわりに空中リプライで笑ってしまった。なぜリプライを送らない。

途中、Cのお仲間?らしい人も何人かRTしては煽りのようなツイート(「お仲間なら助けるべきでは?注意するべきでは?なぜしないのか」)をしていたが、お仲間認定された人達ツイート内容は「C粘着されてるの?」というものこそあれど、そのほかは関係のない普通ツイートばかりでABが行なった行為に関するツイートは一つもなかった。が、Bは「Cお仲間は集団で私達を笑っている」と怒り心頭だった。

この間Cからのそれに関する言及、Bへのリプライともになし。


ここまで見てきてBの行動言動があまりにもおかしかった。はっきり言って厨二病と言わざる得ないツイートが多く、それも面白くて観察していた。

そのうち、Bは質問箱を設置して意見を求めた。するとCへの苦情、Bの反撃の仕方への苦言、Bへの煽りなど様々な文が送られていた。Bはそれら一つ一つに持論で回答。その持論も個人的にはずれているように思えた。

その中に「Cと同じやり方をするのは良くない」というものもあったが「そうしないとこれが嫌な事だとCは気づかない」と回答していた。Cが界隈の空気を悪くしてる事を怒ってたのでは?同じことして界隈の空気悪くしてどうするんだろう。しか関係ない人のどうでもいいツイートRTするのは同じ行為なのか?そしてなぜリプライしないんだ。Bはこの行為がCへの抗議になっていると本当に思ってるのだろうか。謎ばかりだった。

Bが質問箱を使って踊っている最中、そのジャンル公式が「公式ロゴ使って作品作って公式タグ付きでツイートしていいですよ」と発表した。びっくりした。こんな炎上とも学級会とも呼べないくらいの小さな話に公式は回答を出すのか。すごいジャンルだ。そしてその内容にもびっくりだ。許可出すのか、公式が。すごいな。

正直この手の事は問い合わせがあったら問い合わせの個人に返答、そしてジャンルによっては許可が出ない可能性も大きい。許可が出なかった場合が怖いので公式に凸などしない(今まで善意スルーしてたものに問い合わせがあると公式はNOと言わざるをえないから)というのが自分経験してきたジャンルだった。この狭い小さな界隈では公式ファンとの距離がとても近いんだなと感じた。

そんな公式の発表があってからBの勢いはました。Aに謝れ、Cの今までの行動は界隈にとって悪い事だったんだ、自分達は元々公式許可を得て作成していた(これは公式発表があった後言い出した)

それらをツイートしてたが相変わらずCにリプライする様子はない。

そしてとうとうCはBをブロックしたらしい。なるほど自分の部が悪いとわかったので逃亡したのか、と思ってさらに見ていたらどうやらAには謝罪リプライをしたようだ。その後AとCでDMで話したようで詳しくはわからないがCがまた失言でもしたのかAの固定ツイートが「謝罪いりませんは許したではありません」のような内容に変わっていた。そしてCは鍵をかけていた。

Bはその後もAに謝れやらなんやら言っていたが、途中からそれまで荒々しかった口調が突然丁寧になり「Cの行動をなぞる事でCにこの行為を嫌なものだと分からたかった」「自分は界隈をより良くしたい。公式タグファンアートのないジャンルは衰退する」と述べた。(個人的にはイラスト2次創作物に公式タグをつける人は苦手なのでこの感性はよくわからない)

あと「自分対話を望んでいる。Cは一方的ブロックしないで欲しい」とも言っていたが、ではブロックされる前にリプライ送って抗議するべきでは、と思いながら見ていた。何がしたいのだろうこのBは。部外者自分からはCと同じ界隈を荒らし人間みえる。

Bへの質問箱には「C一派は昔から声が大きくて迷惑していた」などという内容や、Cの動向を教えるいわゆるユダなんかもいたがBは変わる事なく現在も「対話を望んでいる」「貴方の行いは良くない」と空中リプライで一人で踊っている。


と、一連の知らない界隈の学級会?をBを中心に覗いてたわけだが内容見る限りCはランカーで課金もかなりしてるようだがそれを盾に口調がきつかったり言い方がひどく、かなり危ない人物であり自分が同じジャンルでも近づきたくはないなと思ったが、Bもどう見ても危険人物だ。それなのに質問箱にはBの行動を応援する声もあってすごい界隈だなと思った。

Bは途中、「RT先でバカにするのはいじめと同じだ」と言っていたがツイッターRTから批判なんて良くみる光景だがこの界隈は違うのだろうか。質問箱にも「Cに指摘すると自分が標的にされそうで怖かった」なんて文章も来ていたがAに謝罪文を一方的しろ送ったCはまだ会話ができる人間に見えた。この界隈の人達は今までCをたしなめた事があったんだろうか。RT後の批判に怯え、Cを不快に思うならなぜブロックするなりやめてと言うなりしなかったんだろう。自分感性が違いすぎておもしろいとすら思った。

途中、読んでいてBの厨二病加減にムズムズしてしまい、C寄りな内容になったかもしれないがCもBも同じ穴のなんとやらのようだ。…今時「自分を怒らせたら怖いぞ」なんて言葉吐く人いるんだな。

この話はCの鍵垢逃亡によって終わるんだろうが、今だにBは対話しよう対話しようとTL上でCに呼びかけている。

しかたらこの小さなジャンルの学級会?に続きがあるのではと思ってしまう。

暇つぶしになるのでもう少し見ていようと思う。

2019-01-17

コンビニバイトを始めてそろそろ9ヶ月

・思ったよりも続いている。入った当初は3ヶ月持たないんじゃないかと思った。

人間関係的には今まで勤めてきた職場の中で最もぬるま湯

・でも、お店の責任者である経営者一家がかなりのズボラなせいで、困る事がよくある。

経営者から一方的に、「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」を押し付けられている気がする

あんまりにも従業員教育がいい加減なので、このままこの店に勤め続けると、コンビニアルバイトの最低限の水準にも達せずに月日だけが過ぎてしまい、後で何かあって他店に転職してから大恥をかくことになりそうな予感がする。

・けど、もう三十路はとっくのとうに過ぎ、四十路にもあと数年で手が届くという歳になったくせに、働きやす環境を与えて貰う事を期待しているばかりなのは、どうなの?とも思うのである

・ 昨年末に、イケメン正社員氏が唐突に、愚痴とも進路相談もつかない事を私に話した事があった。

イケメン正社員には、子供の頃からどーしてもなりたい職業があって、一度はその業界に飛び込んでみたものの、しょうもない失敗を繰り返して先輩に嫌われたとか何とかで、リタイアした経験があるらしい。

・でも、一度は諦めたけど、やっぱりその仕事自体はすごく面白かったので、再挑戦したいという気持ちが抑えられないのだそうだ。

・その憧れの仕事とは、例えばお笑い芸人とか声優とかそういう、あまりにも狭き門過ぎて突飛な職業ではなく、世のため人の為に必要仕事だし、人手不足の今なら採用され易いと思われるし、ちゃんと勤まれさえすれば、経済的にはわりかし安定出来そうな職ではあるけど、ブラックみの強い職であるというのは世間によく知られている。そんな職業だ。

イケメン正社員氏はひとしきりその仕事の楽しさを語ったが、実はオーナー転職の話をまだしていないんだけど、どう切り出したらいいのかわからない、と嘆息した。

オーナーイケメン正社員氏の事を孫みたいに可愛がっているし、オーナー自身脱サラ夢追い人なので、イケメン正社員氏の希望を聞いてカンカンに怒るとか、すごい勢いで引き留めて来るとかいう事はないんじゃないかなぁ。むしろ応援してくれそうじゃん?

・そう言ったら、イケメン正社員は、

「だったらいいんすけどねー……」

と、しょんぼりしていた。

問題は、イケメン正社員氏が抜けると夜勤担当者がいなくなってしまうことだ。オーナーがいいと言っても、店長の奥様が反対しそう。

イケメン氏が憧れの職業の素晴らしいところを列挙するのを聴いていて思ったのは、この子はその仕事に一度は就いた事があるといっても、結局それは「お客さん状態」に過ぎなかったという事だ。お客さんとして先輩方からおもてなしを受けていただけだもの、そりゃ楽しいに決まっている。

イケメン正社員氏も、若いったってオッサンバサンばかりの社内では飛び抜けて若いってだけで、よその会社ならそろそろ責任ある仕事や後輩の指導を任されたりするようなお年頃なんだし、転職したら最初から先輩達から気を遣われまくって甘やかされるばかりではいられまい。きっと楽しいだけでは済まないだろう。

・ちっとは頼られる自分になろうという意識を持たないとね。

・盛大なブーメランである

イケメン正社員氏には「池面さんならきっとなれるよ」とだけ言った。

・その後、イケメン正社員転職が決まったかどうかは、知らない。

新人ちゃんが体調を崩したらしい。働き過ぎのせいだと相棒は言った。

・一昨日、超忙しい時間帯に、オーナー経営の他店舗(新人ちゃんは掛け持ちでその店舗でも働いている)の店長が、当店に電話をかけてきた。新人ちゃんが具合が悪いと言っていたが、新人ちゃんは今夜のシフトちゃんと出られそうか?と聞かれた。

・知らねーそんなの。本人に聞け。

・と思ったけど、前半だけやんわりした言葉遣いで申し上げ、丁寧に電話を切った。忙しかったので。

新人ちゃん病気で来ないかもしれない!ああどうしようどうしよう!と、騒いでいたわりに、他店舗店長はその件をこっちの店長には連絡しなかったらしく、昨日は新人ちゃんドタキャンにより、夕勤の出勤時間五分前になって私に出勤要請が来たが、私用で出られなかった。

・ほんといい加減だよな。

年末に『コンビニ人間』を読んだ。以前書いた日記に「コンビニ人間だ!」というブコメがいくつかついたかである

コンビニ人間は、主人公コンビニ妖精みたいになっちゃう話だけど、私は最近、逆にこの店は自分の働く所としてどうなのか、という事をよく考える。

・お店の歯車になるのではなく、お店を多少自分の為に変えたい、という事。

・具体的に言えば、自分職場が当店だと人に話した時に「あんな店で働いてるの?」とドン引きされたくないので、誰もやろうとしない掃除自分がやり、愛想の良い接客もしようとか、そういう事。

・当店のパートバイト人達殆どは、当店を働き易い職場として使い捨てる気しかないんだな、と思う。

・皆、給料さえ貰えればそれでよくて、勤務時間が過ぎるのをただ待っているだけだから、当店はやたら汚ないのだ。

店長オーナー殆ど文句を言わない。言って辞められるよりはマシなのだろう。

・私も、もっとマシな職場転職する事を考えたけど、そうやって逃げ回って、マシな職場とは、一体どこにあるのだろう?永久にたどりつけないのではないかと思うのである

・あてもなくマシな職場とやらを探すよりも、自分の力で私が働くに価する職場に変えてはどうかと。ただ、勤務時間中一度も立ち止まらずに働けばいいだけの事なのだから

・店の売上も私の給料もびた一文上がらないんだけれども、お天道様に向かって恥のない生き方ではある。

2019-01-14

ボヘミアン・ラプソディーが楽しめなかった話

ボヘミアン・ラプソディーを見た。

人知人が軒並み鑑賞して絶賛。

普段音楽にそれほど興味を示していないはずの兄や妹までもが

正月帰省の際に「面白かった」と感想を述べていた。

まりにも色んな人が見に行っているので、

このままではボヘミアン・ラプソディを見ていない人間世界自分ただ一人になるんじゃないかと思ったくらいだ。

それはそれで面白いのでまぁいいかとも思っていたが、

たまたま友人が誘ってくれたため見に行く運びとなった。

友人はこれで4回目の鑑賞だと言う。

最後ライブのシーンでめちゃくちゃ泣いていた。

一方自分はと言うと焦っていた。

横で感動して涙を流している友人がいるというのに、

迫力あってかっこいいなーくらいの感想くらいしかなかったからだ。

自分もびっくりすぐらい浅い。

浅漬けももちょっと浸かってる。

面白かったとは思う。

ただ泣くほど感動したわけではなく、

もう一回映画館で見ようと思えるくらいぞっこんになったわけでもない。

もちろん好みは人それぞれなので、好みでなかったものは仕方ない。

しかったのは、一般的に「良い」と評価されているもの自分特にハマれなかったことだ。

夢中になることができなかった。

それは、自分感受性やそういうものが鈍い、足りないからなのではないかとか思ってしまう。

仲の良い友人と感情を共有できないことを申し訳なく思い、盛り上がれない自分を情けなく思う。

作品は誰かと共有して楽しむためだけに存在するのではないのは分かってる。

それでもできればいろんな作品を楽しめる方が絶対人生楽しいのに、

なんで自分はこんなに間口が狭いんだろうと思ってしまう。

とはいえここまで考えて食べ物好き嫌いみたいな話だなと思ったので、

結局こればっかりはどうしようもない。

好き嫌い時間が立って変化するときもあれば、一生変わらないときもあるのだ。

最近は、なぜか好きになれないもの出会ったとき

なぜそれを好きになれないのかを自分分析するようにしている。

これはこれで嫌いなものについて考えるのであまり愉快ではないエネルギー消費の仕方な気もするが、

自分を納得させるには足る。

作品否定するためではなく、

「この人はこういうところが好きだから面白いと思った」

「私はこういうところが苦手だからまり楽しめなかったと思った」

ただそれだけの事実認識だ。

ただそれだけでも、

つの出来事に対して人によって抱く感情が違うのだから

一本の映画感想なんて違って当然だよな、という気にもなってくる。

この人生ももう少し楽しめるのではないかと思う。

2019-01-12

anond:20190112132843

Wikipediaソースなのもびっくりだがそのなかのどの部分がソースなのかわからないやりなおし

2019-01-04

佐藤さんは下の名前で呼ぶのがマナーだと思う

私は東北で19まで育ち、今は東京大学生をやっている佐藤だ。

東京に出て一番驚いたことの一つに、普通に佐藤さん、」と呼ばれることが非常に多いことだ。未だに全然慣れないし、個人的にはすごく嫌だ。多くの佐藤さんは自分と同じように名前で呼んで欲しいと思っていると思う。

なんでこんなに違和感を感じるのかを考えてみた。

日本一多い姓である佐藤さんは地域に偏りが大きい」ためだ。

私は東北出身だが、小中高12年間で同じクラス(平均して30人程度)に僕以外に佐藤姓がいなかったことは1回しかない。同じクラス佐藤が5人いたこともある。先生にも同級生にも苗字で呼ばれる機会は一度もなかった。

東京に出てきてかたくなに佐藤さんとしか呼ばれないので、東京の友人に質問してみてびっくりしたのだが、高校同級生300人以上の中に一人も佐藤がいないというのだ。とてもびっくりした。

大学に入ってから自分以外の佐藤姓に出会うのに2年もかかったことにも非常に驚いた。

佐藤さんはいままで佐藤さんに囲まれて育ってきているし、データ上でも東京でも二番目に多い姓なので、親しかったら名前で、親しくなくても混同を避けるためにぜひフルネームで呼んでください。苗字で呼ばれると寂しい。

2019-01-02

長年の夢じゃないけど。

中学の時、遠足の帰りに我慢できず大きい方を漏らしてしまった。

その時は悲しかったし、死にたくなったんだけど、お尻をしっかり押さえているのに溢れでるうんちの感覚や、漏らした後泣いている自分必死で励ましてくれながらトイレ誘導してくれた友人や先生の反応にえも知れぬ興奮を覚えた。

それから、誰にもバレそうにないとき、こっそり我慢してから漏らすようになった。

実際に漏らしたら不味い状況で漏らしたこともあったが、やめられなかった。

でも、環境の変化で、そういったことができなくなった。

なので、最後初詣トイレ待ちの列で大を漏らしてきた。

漏らしても大丈夫な感じな硬めのがたまってるのを確認下着も一応鞄に。

長めの列の所に並んだ。

極力我慢のそぶりは出さないようにして耐えてた。

けどすぐにきつくなってきた。足踏みとか呻き声とか出してたら周りから心配したような目で見られてドキドキした。後ろにいた人が凄い励ましてくれた。

20分くらいかな、後数人ってとこで限界来て漏らした。立ったまま。

スキニー履いてたから多分それなりに目立ったんじゃないかな。

勝手に出てくる感じで、下着の中にもりもり出てきた。止まんない。お尻押さえて呻いてたら後ろにいた人が

「この子我慢できなかったみたい、入れてあげて!」

と前の人に言ってて凄く興奮した。

他の列の人もびっくりして自分を見てた。

まさか20代の人間トイレ列でうんこ漏らすとか思わないんだろうな、とか思うと素敵な気持ちになった。

前の人も退いてくれた。目があった人が、信じられない物を見る目でこっちを見てた。

取り敢えず全部出しきって、下着にうんちを詰めたまま歩くのは気持ち悪かったけど、快感しか言えなかった。

おしっこも漏らしそうになったけどそっちは耐えた。

トイレに誘われ、ドキドキしながらも落ち着いて処理した。硬めなので匂いはともかく下着に後はあまり残らなかった。履き替えたけど。

トイレから出たらなんとも言えない視線が突き刺さった。漏らしたとき後ろにいた人が「気にしすぎないようにね」と一声かけてくれたのがなんか嬉しかった。

その後は普通に家に帰ったけど、未だに心がドキドキしている。

自分おかしいのはわかってる。

でもやっぱりやめられない。

なんとかやめないといけないのはわかるんだけど。

取り敢えずしばらくは大丈夫だとは思うけど……

2018-12-29

FGOプレイヤー一年半のマスターが振り返る

FGO初心者に優しくない!

最近イベントにも参加できない!

素材集めが大変!

こういうツイート見るたびに、自分はどうやってFGO進めてただろうかと、プレイヤー一年半のレベル132のマスターが振り返ってみる。

後半は真面目だよ。

そもそもだ。つい最近まで自分の周りにやってる人/Zeroで聞ける人もいなくて、知識がなくて、多分こうだろう!って感じで進めてたので、スキル上げの重要性すら分かってなかったな…。素材集めることすら考えなかったよな。

長年別のゲームで培った知識で取り敢えずレベリングレア度の高いキャラを真っ先に育てろ脳。

なお、FGO話題性から始めたのでFeteそのもの小学生ときになんか漫画で読んだ気がするレベル

推しすらいねぇ。キャラ名前セイバーしかからねぇ。そもそも世界観もよく分からねぇ。ストーリー長い。めっちゃ孤独。端末ついてかない。正直に言って5章クリアまでの記憶が一つもない。

いつどうやってクリアしたの?

余りにも端末ついてかないので謎の空白期間が月単位であって、今年の始めに機種変してから漸くまともにプレイ可能(補足しとくと、そもそも端末の状態あんまり良くなかったところもある。そこにFGO入れたら重すぎただけなんだけど。解像度やばいから仕方なし…)。

ただ初期勢じゃなかったので、4鯖配布あったし(新シン頂いた)、福袋でタニキ引けてた。5章までの記憶がないのにタニキは強いってことだけ覚えてた。孔明その前に引けてたけど上手く使えなくて持て余してたな…

因みに初期はロビンマリー、ふーやーちゃんオルトリア、新シン、エリちゃんという今考えるとよくこれでやってたな…?って面子だな…。兎に角ガチャ運が紙切れなので地獄だった。

ところで呼符で何が引けます自分毎月分くらいは呼符頂いてるけど、一年半で星4鯖が3騎な気がするぜ。礼装は覚えてねぇ。兎に角霊薬出しまくるのであれ不燃物交換チケットかなと思ってる。あとシンジくん。

色んなイベントやってて毎度Twitter話題になるけと、自分そこまでじゃないしな…と日々種火周回するだけ。因みにストーリーは進めてない。これが今年の8月くらいまでの状態なので成程1年かけてこんな感じだったんですな。参加できるイベは参加してたのでリリィジークはいるよ。ノッブはいない。

新シンとオルトリアが好きだったから頑張ってた気がするなぁ。この二人ずーっと一緒に連れてってた気がする。何の関連性もないだろうに…とずっと思ってたよ。連れ回し始めてから一年後ぐらいに同じ特異点にいたの知ったよ。

自分ガチャ運の無さについては、最近よくくるけど(課金額が0から万越えになったからかな)、前までは一月に星4以上が1騎来るかどうかというところで察してくれ。つまり来ない。すると育成鯖が限られてくるので別に困らない。

ところで此処は匿名書き込み場なので知れる訳がないんですけど、自分推し岡田以蔵なんです。

いやいきなりなんの話だよ。

え?てかまだ5章じゃなかった?

うるせぇ大事な話だ。ええ勿論5章です。なので帝都やってないです。

以蔵さん滅茶苦茶好きだけど存在認知したの8月くらいなんで。嵌まり方が特殊すぎるので割愛

8月時点でやっと推しができる(但し手元にいない)。

一つ言いたいのは、推しの力は偉大だ。

限定鯖だったのでいつ来てもいいようにガチャ資金貯めた。必要な素材が杭とか酒とか骨とかって聞いてたのでコツコツ貯め始める。

そうしてサバフェスの開催であるゲーム即売会やるとは思わんし、無限ループこっわ。

水着ジャンヌも欲しすぎて弱小カルデアがアップを始めた。

結果サバフェス走りきった。ちゃんと300万貯めましたよ。すげぇなおい。自分もびっくりだわ。

ここでイベントでの素材の落ちやすさを初めて知る。登録してから優に一年経過して初めて知る。

有り難みを知ったところで次にバトルインニューヨークなるボックスガチャがあったのでこれも個人的には頑張った。

ところでFGOイベントって昔からこんな世界常識を踏み外して落ちるかと思いきや空中へ斜め移動するような奇天烈なやつばっかなの?毎度宇宙猫だわ。


それはさて置き、ここで手持ちの鯖が突然育ち始める。

育ち始めたら何か凄い楽しいゲームだったんだなこれ!

と、昔フリーRPGで育成の為に魔物を狩り尽くして出現しなくなるまで狩り尽くしして世界更地に変えた勇者なのか悪魔なのか紙一重レベルまで育成した日々や、モバゲーだかのゲームでたった一日でデイリーランキング乗っ取った懐かしき思い出たちが息を吹き返す…。

育成ゲー好き心がアップを始めた。

因みにまだこの時6章1節である。(※9月初旬)

うそう、9月中旬くらいに京まふピックアップで突然の推し登場。半年で?!驚きである

推し札束で張り倒したいよな。ってことで取り敢えず2万突っ込んで以蔵さん宝具5にした。ありがとうFGO

。でも諸事情あって酒呑ちゃんしかったのでもう一万突っ込んだらなんと京まふピックアップ網羅した。ありがとうFGO。今までのガチャ運がこの辺で呼吸の仕方を思い出してくれたらしい。

柳生殿が宝具5になったのが驚き桃の木山椒の木。推しは計13騎来てくれたのでここでやる気に火が点いた。ちなみに一人もマナプリにしてないぞ(所持枠圧迫)。

何度も言う。

推しは偉大だ。

以蔵さんの絆上げたかったし、Zeroイベ走ったし、ハロウィンやりながらここで鬼ランド情報が出てくる。参加条件2部2章クリアである

執拗いようだけど自分はまだ6章1節である

10月頭に決心した。走ることを。

それでAP1/4やら半減に便乗して、3週間少しで6章2節から2部2章まで終わらせた。

ちゃんストーリー読んだよ。1.5部も飛ばさなかったよ。普通に社会人なので昼休み全部捧げたし、というかシナリオのめり込みすぎて気付いたら終わってた。吐くかと思った。死ぬかと思った。体力と気力と精神も磨り減りまくった。

途中で3年分は絶対泣いた。あと10年泣かなくても大丈夫。と思ったのに、あそこから涙腺おかしくなってFGOストーリー攻略するたびに何か毎回泣くようになってしまった。解せぬ。

そんなこんなで鬼ランド参加できた。楽しかった…。やっちゃえバーサーカー!!(大号泣)

あとあのエレちゃん凄い可愛かった…。くれないんかい!って突っ込んだ。

ニューヨークあたりから推しサムライクリムゾンだの、カップル天誅剣だの、なんかひでぇ扱いされてたけどこっちも躊躇なくぶっかまして素材頂いたので問題はない。可愛い子には死合いをさせよ。推しVS推しって絶対やるよね?

この辺で隠れてマスターしてたフォロワさんとか、新規FGO始めたフォロワさんとフレンドになり始めたので見栄っ張りが大気圏突破した。

まり滅茶苦茶育成し始めた。特にスキル。何も手をつけてなかったようなものだったから、頑張り始めて、今回のサンバクリスマス孔明スキルマしたよ。あと絆も10になったし、レベル100にした。一年越しですまんな。いつもありがとう先生

タニキもレベル100にした。先生の育成優先したら素材とQPなくなっちった。ごめんてへぺろ(死語?)今がんがん集めてるから少し待っててください。あと君に聖杯上げだしたら水着イヴと騎メイヴが来たの本当怖い。

以蔵さんも宝具5だし、絆10にあと少しでなるし(弊デアには絆礼装が一週間前まで1枚もなかったので許せ)、レベル100だし、スキルマまであと本当に少しだし、真フォウマも多分あと一回イベント来たらできる。孔明より過労死鯖になってるかもしれん。ゴメンナー。

…………

一年経って素材の有り難みが分かって、一年と少しで突然やる気が出て、一年半で漸く真剣プレイし始めたと、そんな件でした。

FGOはやる気になればすぐ進むけどやる気がないと何にも進まねぇ。確かに新規さんには辛いかもだけど、逆に周りが何も教えないでいてくれてた方が自分のペースでやり易いのかもな。

自分プレイし始めたときに見た初心者アドバイス

「困ったらバーサーカーで殴っとけ」

だったので、まぁ、バーサーカーで殴って5章まで進めてたんだろうな。

素材集めとか、んなこまけぇことは自分のペースで気付いたときに集め始めたらいいと思う。

欲しいものがあったら全力で飛び付くし、やる気がなければだらけてても別にいい。ぶっちゃけシナリオ目的だけだと辛いと思うので、何度も言うが、

推しは偉大だ。

兎に角新規のフォロワさんたちには推しを見つけることを全力で勧めている。そういうどこか依存レベルでしがみつけるところがあるとプレイし易いと思う。プレイ時間はどうにもならないけど、愛ならどうにでもなる。因みに以蔵さん手に入れるまで(入手9月半ば)はマスターレベル112だったと思うし(現在132)、2部終わったの10月だけど異聞帯礼装レベルそろそろ4なので本当にやる気だけでどうにかなるゲーム

ということで(どういうことで?)、古参の方は新規のフレンド依頼をできたら断らないで欲しい。

それで頑張れ!頑張れ!って応援してくれてたらこっちもありがてぇありがてぇ…って拝みながら死ぬほど連れていかさせて貰います。温情賜ったことを忘れた新規マスターは切っていい。いつかお役に立つ、その日まで僕は走る…!

なんかそれでいい気がする。FGOは確かに難しいし配布物もショボいけど、マスターレベル比較的上がりやすいと思うし、考えるゲームって少なくなってきたからこれはこれで楽しいよな。やり易いゲームって飽きるんだよな。

なに?やる気だけでサーヴァントはでない?ははは。いる子で殴ればいい。どんな鯖でも殴れば死ぬし、殴って死なないならクティカルで殴れば死ぬ

なんちゃあない!どいつで殴っても殺せるぜよ!!



ところで後半は真面目な話をすると言ったのでする。え?これから後半?長くね?

自分でも長い思うが、風呂入ってたら思い付いてしまったので許してくれ。

最近運営がメインストリー進めろとケツを叩いてくるが、それが頻繁な気がする。勿論、イベント参加条件に合わせてだな。

では逆に言えば何故そんな後半攻略条件イベントが増えてきたのか。ストーリー自体が進んだから。は当たり前だ。安直すぎる。よってここからはただの推測であるが、この先2年くらいでFGOサービス終わるのではないだろうか。

今は異聞帯があるが、それが終わって、ちょっと何かあって、サービス終了する気がする。

元より、1部で終わるはずだったと言う話は有名であるFGOに限って予算無いです終わりますはまずない。あるわけない。そこは何の心配もしてない。だからこそ、小説の終わりのように物語が終わったときサービス終了になる。

これはゲーム性質上、トランプのように一度終わっても何度も繰り返して遊べるゲームではないからそのような式が成り立つ。

何が言いたいかというと、新規に優しくない。のではなく、新規を呼び込む段階を過ぎてきた。と、その可能性を否定しきることは自分にはできない。

自分FGOを始めたのは一年半前ほどと先に書いたが、ということは、もしFGOが1部で完結していたとき自分登録すら不可能である。例えその前に登録出来ていたとしても、果たして自分魔神柱狩り戦に参加できるほど進めていただろうか。という可能性を潰すために運営がこのようにケツ叩きをし始めた可能性を自分否定できない。

まぁ実際どうかは分からない。考察は苦手でな。伏線とか気になる点は転がりまくってるからそれ拾ってたら2年過ぎると思うし、なんなら伏線散らばすだけ散らばして回収しきれない作品はたくさんある。FGOライターさんしっかりしてるから大丈夫だと思うけど。サンバクリスマスにはシナリオがあるとは言わない。

とか書いてたらほんとに2部で完結らしいよ!!FGO自体は続く?ごめんな、ラジオ聞いてないからわっかんね!寝てた!!

グラブルとかと比較されたりもするけど、ぶっちゃけ自分グラブルもやってたからどっちも面白いと思う。ただワンマン戦が得意なので協力体制が肌に合わんかった。

配布物の量とか、まーー、確かにFGOは少ないけど、最近増えてきたと思うのでいいじゃないですか。欲張ると貰えるもんも貰えなくなるし、それにFGO民は配布物増やしても「もっと増やせ!」って言う方が数多いる気がするので運営は塩のままでいいと思う。人気コンテンツには色々湧く。

欠点のないものなんてないし、欠点こそがゲーム特性だってなる。少なくとも自分は今のFGOの形ややり方を愛してる。最近変わりすぎて逆に置いてかれてる感はあるけど…。

大事なことは二度も三度も言うけど、やり易いゲームは総じて飽きる。放置で育成とか、オートモード戦とか。プレイヤー要らないじゃん…。最近FGO始めた友人に面倒だから代わりに強化とストーリー進めるのやって、と端末差し出されたときは床に叩き付けそうになったわ。友情解消したろか。そっちのが早いわ。


まぁここまで長々、長々まとめてみた。結果登録から一年マスターしてるけど実質半年みたいなもんだと結論が得られた気がする。

そんでやる気と愛があればFGO初心者でもできるけど、でもそのターンを過ぎてきたんだろうな。

でもこれ読んでじゃあ始めるの辞めようとはならないで欲しい。ラジオ聞いてないけどFGO自体は続けてく?と公式?がおっしゃってる?みたいだから

というか6章、7章、終局特異点シナリオ知らないで人生過ごしてくとか勿体無さすぎる。あそこだけで力抜けて立てなくなるくらい泣いた自分がいる。だから絶対あそこはクリアして!しろ!ください!!あと読んで!!(過激派)

それに2部シナリオも大好きだ。ぼかぁパシツィとゲルダが大好きだ(ここで号泣)。

というか朕殿かわいすぎなかった…?「…………………何コレ?」を忘れない。尚弊デアにはいない。ははは、ドブガチャ

というか北欧版とかも7章終わったくらいなので今から初めても暫くは終わらんだろ。

予算なくて唐突に終わるゲームとは違うので…自分もいろんなゲームさよならしてきた…つら…

そんなこんなでもう年末だ。冬コミだ!自分は部屋の掃除するけど!エ!?帝都関連の何かが売られる!?よし電車乗るか!でも布団干してぇな!

福袋も引かないとだな!何がでるかな♪何がでるかな♪お願いします!!ぼかぁマーリンかスカディが欲しい!!先生休ませてあげたい!!

え?物欲センサーフラグ?うるせぇ!!大体欲しいと思わなきゃガチャなんて引かねぇよ!!

あと福袋期間限定☆3サーヴァントが出るみたいなので、なんか髪の毛もさもさした茜柿色の襟巻きした暖かそうな服装の刀持ったアサシンも出たら宜しくな!!マナプリ3個より価値あるぞ!!!

さてと、ここまでぐっだぐだのなっがながでしたが、読んでくださってありがとうございます

2019年もFete/Ground Orderを宜しくお願いします!!自分はそろそろ原作履修を始めるので(今更)、そっちも合わせてFete作品を宜しくな!!

末永く!愛してゆこう!!

2018-12-28

変化の壁にぶち当たり中


私は20代半ば、容姿は並、どこにでもいる普通OL

数少ない友達ほとんどみんな結婚しちゃって、それも新婚なものから、今は友達より旦那で手一杯。

自分が愛している男の人に、愛される女の人って幸せそうでキラキラしてて、自信に満ち溢れてて本当に羨ましい。

幸か不幸か、私の周りは、友達も、会社の同僚も、そんな人たちばかり。結婚間近、婚約中、妊娠20代半ば、私にとっては、早すぎる友達達の変化。

そりゃ、そんな環境にいれば周りと自分を見比べて、焦って落ち込むことも多くなる。

私には彼氏も、結婚の予定もない。

そんな私の避難場所は、ツイッターだった。

年齢も職業も隠して、ただ絵や漫画をあげたり、オタクな会話を楽しんだりするだけの場所インスタグラムみたいに、可愛くておしゃれな写真をあげる必要もない。友達彼氏旅行に行った写真をあげる必要もない。

ただ、好きなものについてめちゃくちゃに喋るだけ。それだけで心癒された。

でも最近ツイッターにいるのが辛くなってきた。

ツイッターで繋がってる人たちは、みんな私とほぼ同年代。つまり、変化の年齢になったってこと。

当然、彼氏結婚、そんな話が出てくる。

それだけなら、まだ良かった。

私は旅行がすごく好きだった。

数少ない友達のうちの2人と、代わりばんこみたいにいつも国内海外わず休みを合わせて旅行に行っていた。

その2人が、結婚するからもう旅行に行けなくなった。そのうちの1人には、「旦那が許してくれないから、行けない」って言われちゃった。

そんなこんなな最近ツイッター友達旅行に行ってきた、っていう投稿を頻繁に見かける。というか、異様に目につくようになった。三連休年末年始祝日、土日。

私はなんだか悲しくなった。

友達旅行に一緒に行くための存在じゃない。たまにランチに行くのだって、もちろん楽しいし、私みたいなのと遊んでくれる貴重な友達。これからもずっと大事にしたい。

でも、一緒に旅行会社に行ったり計画を練ったり、航空券ホテル英語サイトで怖がりながら予約したこと。綺麗な景色をバックに何枚も写真を撮ったこと。宿泊先で夜通し話したこと

もう出来ないのかと思うと、それがこれからまだまだできるツイッター人達に、嫉妬をしてしまった。辛くなって、ツイッターを見る頻度がどんどん減った。

分かる。

楽しいことがあると、呟きたくなる。

私も海外に行った時は、WiFiがある所で写真を撮ってツイッターにアップした。

ヨーロッパの国はどこを写真に撮ってもびっくりするくらい素敵だった。20歳前後若さでこんな世界を知っている、ってことをツイッターの人に自慢したかったのかも。

でも働き始めて、休み友達と合わないのはおろか、その友達結婚するとなると、もう気軽に海外旅行なんて誘えない。

しかったなあ。もう2年くらい前かも、最後海外旅行に行ったのは。最後に一緒に行った子も、結婚しちゃった。

20代半ば、変化にぶち当たっている最中

まだまだきっとこれからどんどん変化がやってくる。私にも、友達にも。

それは、ツイッターの人にも。

彼女たちもきっといずれ結婚する。

しなくても、何かしら変化する。

永遠に変わらないものなんてない。

人はそれぞれ自分人生を持っていて、結局、それに自分は含まれない。

何かの映画で言っていた。

私は変化を恐れないことなんてできない。

変わるってことは、安心なところから一旦抜け出さなきゃいけないってことだから

でも同時に、変わりたくないとは思わない。

安心だけど、同じ場所にずっといるのはきっと退屈。

素敵な方向に、転がり落ちたい。

学生の頃なら、ゴールデンウィーク友達海外に行っていた。

今年は、1人で行ってみようかな、海外

友達と行こうね、って約束して行けなかった、ドイツかいいかもしれない。

2018-12-21

とあるオタク同人活動決算報告

はじめに

自分ツイッターアカウントで同様の内容を書き込んだのだが、「金銭の話はタブー」「買い手としてこのような書き方をされると遠回しに本を買えと言われている気がする」等々言われたので、匿名の場に移ってきた。つくり手として自分活動を振り返り、ついでにそれが今後活動検討している人や現在活動をしている人の一助になればというのが目的である質問等にはお答えしません。

絶対言われるから先に言っておきますが、同人活動で金儲けをしてやろうという気持ちは一切ありません(し、実際金儲けなんてできてる決算報告ではないです。)

どのような活動をしていたか

特定されたくないのでジャンルは明かさない。女性向け・小説中心とだけ。

イベント参加10回未満、遠征あり、通販BOOTHのみ。

フェイクあり、数字は切り上げありの概算

決算報告

ただし「本を出す」という同人活動についてのみ

期間

2017年2月2019年1月

約2年間

なんとこの2年間、一切の収支計算をしていなかったのである

頒布タイトル

15タイトル

ジャンルは一つではない

※なお主催したアンソロジーを含む

発行部数

500冊

発行部数タイトルにより異なる

平均すると1タイトル30部程度にはなる

印刷のための経費(印刷代・イラスト依頼費・デザイン依頼費)

56万円

基本的に表紙は外注している

※箔押し(つくり手なら分かると思うが、結構お金がかかる)ありの本が5冊ほど

2018年12月時点での総販売

230冊

アンソロ等の献本を含めた数なので、販売実数ではない。そもそも在庫管理ができていないので本当に概算。

販売から得られた利益

34万円

上記のとおり、献本を含めた数なので実際これより少ない

経費-総販売から得られた利益

マイナス22万円

そして先述のとおりツイッターで「借金をしてまでする趣味ではない」と言われるのであった…(借金してません)

在庫があるのでマイナスではないといえばそうなんですけど…分かりやすく言うと、いわゆる「回収できていないお金」というわけですね

そういう書き方をツイッターでもしたんですが、なんせ2年間同人やってて初めて計算したぐらいなので、回収できてないとかどうとか思っていないし、回収するために本を買ってもらってもまったくうれしくないし、筆者は「なんか部屋に段ボール箱いっぱいだなあ」程度の認識でした。他に良い表現があるなら教えてほしい。字書きだけど分からない。

何なら本人もこんなにマイナスだと思ってなかったよ。チリツモですなあ。さっきも書いたけどこれ印刷費だけの話ですからね。その他の経費はおまけで後述です。

2018年12月時点での総在庫

270冊

手元にある本のことは資産として残っていると言えばいいのだろうか…以下、資産って言います

こちらはすべて自宅で管理しています。某同人通販サイトなどには預けていません。

ちなみに総発行部数の500冊すべて売れたと仮定した場合利益純利益?)

24万円

ここややこしいんですが、総販売から得られる利益ではなくて、経費を除いた利益ということになります。本の単価に上乗せしているお金の総計です。

で、単純に総発行部数で割ると一冊約500円上乗せしていた計算になりますが、この辺りの価格設定は本によってかなり異なります

余談ですが同人活動相場を考えて価格破壊にならないよう、基本的にページ数×10円の価格設定にしています。(これはどこかで書かれてたことですがソースは分かりません。ご参考まで。)

何も知らなくて活動初期に150ページの本を800円で売ったことも、慣れてきた頃に200ページの本を2000円で売ったこともあります

(ついでに自分が〆切をぶっちぎって割増料金になったおかげでマイナス価格設定のこともありました。悪夢…)

なので、本によって上乗せしている価格が異なるわけです。

個人的には利益を出すためというよりは上記理由相場のつもりで価格設定してるのに、利益を出すつもりで趣味をするなとかナントカ言われるし、友達には儲かってると思われているし、世知辛いな~みんな世知辛くない~?て思います

ほとんどの同人活動をしている人は利益になっていないんだからなんでその話をするの?」ともツイッター言われたんですが、それでも同人楽しいし人にも本出してよと言う以上は実情を伝えたかったんです

言われた表現を借りるなら、計算するまで2年で22万円の借金(って言われたから…)をしていることにも気づかないぐらい同人活動に夢中でした

あとジャンルと実力的に完売が見込める感じではないので、そもそも回収できる前提ではなく、そこも踏まえて上乗せしています

例:1000円を得る為に100円のもの10個売るのと、200円で5個売るのは利益が同じなので、100円で10個売るのではなく200円で5個売るという考え方

もちろん人によって様々ですので、ひとつケーススタディとして読んでください

価格設定、とてもデリケート話題ですよね~匿名から思い切って言ってやったわよ

まとめ

資産がいっぱいだ!!!!!!!!!私の本を欲しいと思ってもらえた人に確実に渡せる!!!!!!タダではないけど!!!!!!

マイナージャンルなのに230冊も本を手に取ってもらえていてすごい!!!!!

これから同人続けたい!!!!!!

おまけ

「本を出す」こと以外のその他の同人活動経費について

Q,もし今すぐ総在庫数の270冊が売れたら筆者の手元には24万円が残るのでは?

A,イベント参加費、遠征費等の先行投資(とあえて言います)があるので、24万円まるごと残っていると考えられるわけではありません。

あとは微々たるものですが、通販梱包代などもかかります封筒買ったり梱包材買ったり。

ついでにどこの通販サイトも同じでしょうが本の販売手数料もあり、通販ではそこも踏まえた価格設定にはしています。私の場合は。

そもそもこれもチリツモな金額ですので、利益を出すために必死だと思われても「えぇ…」となります

1冊90円の本を100円で売っても、100冊売れば一冊10円の利益100冊で1000円になりますから。それが500冊分あればゆきだるま式に膨れ上がることもあるでしょう。(私もびっくりしました。)

まあ、何度でも言うけど私は利益を出すために同人活動してませんから!!!!!

これから借金つくって本を出す!!!

それでは、みなさんもよき同人ライフを~

2019年も元気に創作しましょうね。健康第一

2018-12-15

ドラゴンボールブロリー見てきました!ネタバレ注意です

この先ネタバレ注意です!




今回、悟空たちが住んでいる地球に、ブロリーという超強い敵がやってきます

なんとこのブロリー、実は悟空ベジータと同じサイヤ人だったのです!

皆さん知っていましたか?僕はとてもびっくりしました!

才能はあるけど戦闘素人ブロリーですが、戦いの中で学習していき、どんどん強くなります!!ここがとてもかっこいいです!

それに対して悟空ベジータは、なんと赤や青のサイヤ人になって闘います!!!

すごいですよね!びっくりしました!!

とても強くて面白いです!評価は◎!

2018-12-13

二年半後。旦那同人活動をしてみようとした結果。

https://anond.hatelabo.jp/20160622100234

また昔書いた記事が取り沙汰されているのに気付いてしまいました。

上げられるたびに背中にじわりと嫌な汗をかきます

この記事自分人生の写し鏡のようです。事実を曲げず素直に書いた分、読んだ感想として幸せ結婚もあるよ書き手クズだよとマウントを取られたり叩かれることには結構ダメージを受けます。著書買ってるような名のある作家さまにまで叩かれてたときはさすがに少し泣きました。でも大ファンです。人生の内に貴殿文章を読んで貰えて光栄でした…といきなり誰ともなく私信失礼。

ただ、部分部分では共感して頂けたり、書いてくれてありがとうと仰ってくれる方もいることを考えると、決して書いたこ自体無駄ではなかったのだと、一旦は縮み上がった心臓の辺りを撫で下ろしています

そんな筆者のそれから二年半後の話です。

この旦那とは別れることなく続いています

金銭感覚に関しては自分がだいぶまともになったため、小遣い制も続行ではありますがその範囲内で収められるようになりました。

同人活動に関してですが、これも公認の上続けております

完全なる理解を得ることに成功しました。

やはり私の人生から絵を描く、文章を書くということを取り上げることは難しく、どれだけそれが大切なことであったかを話し、どうしてもやめられないのだと謝罪しました。出会ってから丸4年かけて。何かあるたび、ことあるごとに。離婚の話も時々しながら、それでも私は彼と分かり合いたかったのです。

旦那守銭奴でもあるので、イベントの度に黒字を出さないと、というプレッシャーはないことはないですが、趣味なのにかけたお金にリターンがあることがプラスに働き、その点でも理解を得るのに成功しました。私は少しずつ趣味で得た収入活動を回し、今では毎回イベント黒字を出せる位までになりました。(家計電気代、通信費自分持ちで、税金もペイしてます)

とそんなある日に、旦那が突然こんな事を言い出しました。

「俺も同人活動やってみようかな」

どうやら、私の活動を観察し続けた結果、副収入になりえる趣味があるのを羨ましく思ったようです。原作はお前と一緒に観ていたのでわかるし、文章ならば俺も書けると。同カップリングで書けば私の取ったスペースに置いて貰えるのでわざわざ旦那が申し込む必要はない。萌えいるかどうかは微妙なところであるが、金になるならやってみたいとの事でした。

私は大賛成でした。収入を得るのはとても難しいことだけど、世の中に自カプの本が増えるのは喜ばしいことだ。自分活動を見ていて刺激になったのならばこれほど嬉しいことはない。是非私のオススメ同人誌も見てくれと、旦那相手に全力で布教しました。旦那はとりあえずそれを全部読んでくれましたが、わかりやすく絵がきれいエロい内容の物を良いと言うタイプで、個性的な絵柄、作り込んだ話の物はぴんときていなかったようです。ロム専の心理の参考になるな…と思いながら布教を続けました。

「これ全部プロじゃない人が書いたのか?」と彼はとてもびっくりしていました。プロも含むけど、大体の方がアマチュアで、カップリング萌えた結果本を出さずにはいられないで書いたものだよ、と教えると彼は随分悩んだような顔をしていました。

しばらくそのままほっておいて、創作をするかどうか様子を見ていましたが、その後も別に忙しいというわけではないのに書き始める様子が全くありませんでした。気になって聞いてみると、やっぱやめたとの事。

私は旦那が書く自カプの小説がどうしても読みたくてリアル土下座してお願いしたのですが、言い分を聞いてそれ以上何も言えなくなりました。

「正直舐めてた。でもやってみようと思って触れてみて初めてわかった。これは、俺のような半端な好きじゃ出来る物じゃない」

彼は、打ちのめされていました。その気持ち、私もわかります。好きだという想いが強く、愛の伝わる同人誌との出会いで、如何に自分表現力が拙いか、愛し抜き方が足りないか、実感するんですよね〜。

「お前よくこんな趣味で心折れずにやってるね?辛くない?」

「辛いよ。誰よりも自分が下手で情けなくて嫌になる夜もある。でも何百回そういう思いしたとこで、結局書くのが好きって気持ちが強くて次回作を書いてしまうんだ」

そんな会話を交わすと、彼はふっと笑い、急に昔話を始めてくれました。

それはまだ出会って間もない頃、私がまだ嬢で向こうが客のとき。私はてっきり容姿に惚れたのかと思ってたのですが、もっと何気ない、私が発した一言に彼は惹かれたんだそうです。

「私ねー、この仕事やってんのには目的があるんだ。やりたいことやるためにやってる。だから全然仕事が苦じゃない」

このセリフを聞いて、彼は雷が落ちたような衝撃を受けたらしいんです。なんでも、その頃の彼は何もやりたいことがなく、ただ漠然仕事をし、婚活をし、人生の空しさを埋めるためだけに風俗に通っていた。だから、その私の発言が輝いて見えた。その輝きをずっと傍で感じていたいと思ったんだそうです。(とはいえ同人活動のことだとは露ほども思ってなかったらしいですが)(なんせ同居してからはしばらくやめてしまってたので)(よってあの輝きはなんだったのかしばらく悩んでいたらしいです)

「俺と一緒にいるということはあなた自由度を下げてしま人生幸福度を下げているのかもしれない。だってあなたは形に残るほどすごいものを作れる人なのだから。それでも俺は好きな物を作って輝いてるあなたが魅力的だと思う。やってみてはじめてわかった。もっと自信を持っていいよ」

…まー、これを言われたとき号泣しました。私は旦那センスを信頼してるので是非自カプ小説を書いて貰えたらなと思ってたのは事実ですが、それを差し置くくらい嬉しかったです。わりとこのときはじめて「この人に私をわかってもらえた」という感覚になりました。

世の中には色んな夫婦がいると思います。お互いの人格の完成度が高く、なんでも尊重し、協力しあえる夫婦趣味価値観は会わなくても、子供架け橋努力している夫婦。互いの趣味嗜好には立ち入らない距離感を正しく保てる夫婦最初からそうだった人たちからすれば、最初エントリー私たちなんて機能不全夫婦もいいとこで、嬢をやってた社会不適合者とドケチ旦那のギスギス話なんて叩いてなんぼ、まともな人間もっとまともな夫婦関係歩めるからね〜ウチみたいに…と、酒の肴に楽しむ人の不幸扱いされても仕方ないなと本気で思います。(傷付いてないわけではないのですこーしだけ悪意込めてしまいました、すみません)

私の想いは文章として私の手を離れた瞬間からのものになります。その文章に記したドラマがどう思われるか、どう受け止められるかは受け取り手次第になる。たぶんあのころの私はとにかく辛くて、そんなことまで考えられないくらい捨て身で文章を書いた。だからこそこう何年経っても読まれてはバズってしまうような文章になったんだろうなと思います。誰かを気遣わない文章からこそ、あの文章のなかの二年半前の私は時を経た今でも生々しく悩み、精神DVを受け続けています

受け取る側の精神状態にまで気を遣えるようになった私の今の気持ちは、分かり合えるか合えないか自分の頑張りもあるけど、旦那も歩み寄るかどうかにかかってるから正解なんてないのだよ、ということです。

あの文章を読んだ人の中ではその後の私のの人生はあそこで止まってあとはただの評価場となりますが、あの文章を書いた私の人生はその後も続きます

そこでどんな努力をするか、どう生き方を変えるか、パートナーを諦めるという選択肢もありました。人生自体を終わらせる選択肢だって。全部選んだのは私です。

その結果、私の「好き」は正しく相手に伝わりました。四年くらいかけてようやく届いた。それでよかったなぁと心から思います

ちなみに、私が彼を好きだった理由は、名前で呼んでくれることと同人活動気持ち悪がらなかったことでした。でも今ではそこに、私を正しく理解してくれることが加わりました。

彼は私の全てを知ってもなお好きでいてくれます。なんだかんだで、私の神様なのです。愛を持って私をある程度正しい人間へと導いてくれました。彼が完璧人間かと言えばそうじゃないですが、私にとってはこの上なく必要な人だったのだと自信を持って思います

また、最初エントリーも私にとって大きな転機になりました。自分人生一般的でなかったことに気付くきっかけになり、びっくりする位批判マウントをとられ、本当にショックでした。でもその悔しさは逆に、二度とあの世界に戻らないという誓いにもなりました。堕落した生活を送った過去は変えられないからこそ、正しく幸せを手に入れた人に叩かれたからこそ、何がなんでも幸せになってやると思いました。

今、自分がまともな人生を歩んでいるとも、素敵な旦那に恵まれて楽しく同人活動継続できてますよとも言うつもりはありません。ここに至るまではご覧の通りです。沢山の苦しみや痛み、驕りや嫉妬、あと絶望がありますもっと器用に生きれるなら生きたかった。でもその度に私は自分でなんとかして生きてきました。だからこそこれだけは自信を持って言います

自分好きな物を諦めなければ、いくらでも人生は変わります絶対

同人活動結婚なんて多分天秤にかけるものじゃなかった。

好きを貫いたら、好きなことができるようになるのが人生

結婚生活破綻するかどうかはそれに付随する事象しかなかったんです。

から結婚生活を無理に続ける必要もないし、同人の優先度が下がればやめてもいい。人生ってもっと気楽に、好きな物に忠実に生きて良いんだと思います。どうせ死ぬまで続くんだし。

努力したら分かり合える人もいるけど、努力してもわかり合えない人もいて、袖すり合いつつ生きていく。

結婚同人も全部自分人生の一部。どれが欠けても終わっても続いても、自分人生自体は続いていくんだから大丈夫

そう思うことで、とても楽になりました。

こういうこと書くと、また同人に対する重さとかのほうが取り沙汰されそうで心境的にはちょっと嫌だな。

あんまり深く考えないで、いかれた生き方している一個人日記程度に留めてほしい。間違っても同人女の一般化なんかしようとは思ってないから。結婚こわくないよ。でも結果として別れるかどうかは運次第みたいなとこあるよ。

自分にとって何が一番人生を豊かにしてくれるのか、ぶれずに行動すれば必ず思ったように人生は回っていくと、それだけは言わせてください!

2018-12-10

新年に出て行った弟の話

もういくつ寝るとお正月ですね。まだ気が早い?そうかな…

この時期になると去年出て行った当時社会人2年目?の弟を思い出すんでその話しますね。

私が年越し夜勤で休憩中にだらだらしていた時。

から「家を出ていく」というLINEが届いたので新年早々めんどくせえなあと思いましたね。

小学生時代に親が離婚して高校生時代母親が死んで父親はどっかいったので母方の祖父母と私と弟とペット1匹の4人と1匹暮らし

親が残した家のローンを祖父母年金収入と私の収入で払いながら暮らしてたんですね。

元々祖父と弟は折り合いが悪くなんやかんやと喧嘩してたのは知ってたのでまたそこでやらかしたんだなあと思ったわけですよ。

祖父は弟が働き始めたのに家にお金を入れないのが気にくわないらしく(弟は後々入れるつもりだったらしい)

比較的家に帰ってくるタイプの私と違って弟が遅くまで遊び歩いてるのも気に入らないらしい。

(言っておくと私は他人が嫌いだから家に帰るのであって祖父母に懐いてるからとかではない)

まあ古いタイプ人間の考えだし永遠に相容れねえよなあ~とは思ってましたけど、大晦日にその齟齬がついに爆発。

祖父に部屋の掃除しろと言われながら後回しにして遅くまで自室で友達と遊んでた弟のところに祖父が乗り込んだと。

そして掃除しない弟を叱ったうえに遊んでる友人まで侮辱したと。

弟はそれを聞いてブチ切れちゃって売り言葉に買い言葉でじゃあ出てくってなったと。

経緯を聞いた私はあ~~~やっちゃったな~~~~~って気分ですよ。

弟としては掃除は後でやるつもりだったしそこを叱られるのは(気にくわないけど)いいとしても友人を侮辱されたのは許せないと。

一理ある。

祖父としては大晦日なのに夜遅くまで他人の家に上がりこんでる奴はろくな奴じゃないから弟の為に叱ったと。

発想が嫌だけど言いたいことはわかる。

そんなお互いのディスコミュニケーションが発端で起きた別居兼断絶が1年経っても解決できてないんですよ。

祖父母としては手塩にかけた孫が出て行ったのは(金銭的にも人情的にも)辛いか呼び戻したい。

弟としては自分の友人を馬鹿にした奴とは一緒にいたくないから帰りたくない。

そこで板挟みにされてるのが私です。

祖父母はなんとか連絡を取ってくれできればかけた金を取り返したいとオブラートに包んで私に迫ってくるし

弟は祖父母を寄り付かせるなと言いながら私物を取りに帰るために私を頼ってくる。

もうね、めんどくさいですわ。ほんっとめんどくさい。私も暇じゃない。

お互い顔合わせて話しろって気持ちですよ。でも弟は断固拒否祖父母言葉を濁すけどお金の為に弟に会いたい。

どっちも考えてることがわかる分尚めんどくさい。

老い先短いから孫が出て行ったままなのは寂しいという祖父母には人情として弟を合わせたいけど蛇蝎のごとく嫌ってる奴に会わされる弟がどんな気持ちになるかは考えるまでもない。

いや書けば書くほど祖父と弟で話して解決してくれよって思ってくるわ…めんどくせえ…

弟は出て行った先で良い女性を見つけたようで結婚するらしいです。

小さい頃は親の離婚があったからお互い一生結婚しねーななんて笑ってたのにね。正にお笑い種。

奥さん連れてきて「俺は幸せだよ」ってマウント取られましたよ。

そりゃ幸せだろ家のローンも祖父母の将来の介護ストレスサンドバッグも全部私に押し付け自分自分の面倒だけ見ればいいんだから

いきなり見下されてとってもびっくりだよ。

しょうみな話弟には嫉妬してますよ、私と違って仕事ができてコミュ力もあって適応力もあるし何しろ家族との縁を切れる強さがあるから

私も祖父母を置いて出て行って一人暮らしできればもっと気が楽だろうと思いますけど、どうにも後ろ髪を引かれてできない。

祖父母自分の娘=私の母親が死んだあと頑張って育ててくれたのもわかってますし。まあ弟も分かってるとは思いますけど。

これでお金心配がなければもっとスムーズ解決するのになあと思います

自分たちが汗水たらしてお金をかけた財産=弟が恩返しせず出て行った!という気持ち祖父母にありますがこれそもそもうちが裕福ならあまり出てこない発想ですし。

弟の学費やら生活費やらを将来返してもらおうという思惑も分かりますが5000兆円くらい貯金があればまあいっかって気持ちになると思うんですよね。

祖父母時間はないですが弟には時間があります。将来っていう時間

しかしたら弟は祖父母時間切れを狙ってるかもしれないですね。常考してないとはいえ一度も考えたことが無いとは言わせねーからな。

何が言いたいかっていうとお金がないって悲しいなって話でした!終わり!

2018-12-03

えむわんぐらんぷりにせんじゅうはち

白熱のM-1から夜明け、とんぼがえりにまた夜が来た。空は曇っていて星は見えないけれど、この時間までワイドショー霜降り明星一色。あまり露出黒烏龍茶が欲しくなった。これ以上脂乗っちゃってどうするんだろう。

コンビに対する思い入れの差こそあれ、個人的には文句のない優勝だったと思う。あたし痺れちゃった。トロフィーをここで獲らなくても、来年に獲るか、はたまた再来年獲るか。それだけの差なんじゃないかなって。

思えば霜降り漫才最初からM-1だけに照準を合わせていた。M-1ではボケ数が点数に比例する、これはよく言われること。じゃあボケ数を増やすにはどうするか。前振りを短くすればいい。短いお笑いってなんだろう。大喜利だ。

ということで結局粗品の「せいやの動きで一言」を繰り返してるのが霜降りネタなのかなと思います。その一言ひとつひとつ化物みたいな質で。飛躍した斜め上のツッコミにすぐ頭が追いつかなくても、せいやがしばらくそのまま動作を続けてくれるから結果的視聴者も追いついて理解できる。

あとボケを連発する場面ではひねりすぎると伝わらないかストレートワードでツッコんでみたり、そこからの〆ではたっぷり時間を取ってひねってみたり、緩急もかなり意識してるんだろうね。

そして基本構造的には短いボケツッコミ説明するってフォーマットで、これ意外とハライチかにも近いのかもしれないわよ。あたしはそう感じた。感じちゃった。三田つのさんも同じこと言ってたわ。

天才M-1というルールに則って、狙って作り上げた型で以て獲るべくして獲った優勝なのかも。他のコンビがどうこうじゃなくてね。まああくまですべてゼンチンつかって考えた、オレオレ、オレの考えにすぎひんけれど。

敗者復活戦も素晴らしかった。誤解を恐れず言えば、結果は人気投票に近かったかもしれない。

それでもたくろうがあの順位まで来たことは審査がある程度機能してるってことだと思う。赤木裕は本当にすごくてソフトバンクユーザーのあたしもびっくりするわ。いつ見てもあれができるのは演技とかのレベルじゃないわよね。お母さんが大女優とかなのかしら。胎児の頃から台本読み聞かせられてたのかしら。

金属バットはあの舞台でも硬度変わらずの金属バットだったし、再結成の侍スライスには胸が熱くなった。加藤くんが傍目でもわかるほどめっちゃ緊張してて、それがかえって中卒ネタリアリティが出てて笑っちゃった。

ホテイソンはじきに決勝に出てくるでしょうね。最終決戦まで残って2本目でいきなりボケツッコミ入れ替えてショーゴくんが「いや〇〇の〇〇〜!!」やったら腹抱えて笑う自信あるわ。ダブルでもいい。本当に観たい。大舞台で度肝抜いて欲しいわね。応援してます

あと、決勝にプラスマイナスが行ってれば結果は変わってたかもしれないね。何の話でもない忘れていい。あと三田つのって誰?


決勝もホント良かったよ。みんな面白かった。ただ客席の質はイマイチだったね。

途中のすごく澱んだ、重ーい雰囲気が忘れられない。

からこそトム・ブラウンが輝いた。客席のクソミーハー女たちの「何やってるのこの人たち…」みたいな空気感最高だったね。超気持ちよかった。マジでイキそうになった。股間こそ冷静を保ってたけど脳イキはしてた。

あれに最高得点つけちゃう志らくのことを好きになったし、Youtubeでトム・ブラウンネタを予習してくるオール巨人は信頼できる。ただ巨人師匠が難しい顔であのネタを観てる図を想像するとめっちゃ面白いし、ガキ使あたりでやってほしい。その巨人師匠の「キミ、ちょっと弟子になれー」を無視するから蓮根伊織も込みでやってほしい。年末に間に合わないのがつらいですね。

でもほんとに全組面白くて、レベルの高いM−1だったと思います甲子園予選の大阪府大会みたいでした。ちょっと分かりにくく説明しました。

あと審査員側ではナイツ塙の採点が個人的にすごく納得できてちょっと見直したわよ。伊達漫才協会やってないわね。そういえばナイツも手数の多いコンビだし、霜降り漫才評価するのは自然な流れでしょう、ってヤホー知恵袋に書いてありました。


朝方、スーパーマラドーナ武智の例の配信編集されてる動画Twitterで流れてきた。

ファイナリスト何人かととろサーモン久保田飲み会。みんなが思ったことを演者からぶっちゃけしまってた。久保田さんたちが言わなくてもそれはこっちが言うやん。やめといてよ。

そして悲しくなった。その内容はさておき、あんなに面白い人たちでも、負けると終了後のこの時間仕事が入らないんだと。

テレビは仕方ない。でもこの時代テレビ以外のメディアもたくさんあるにもかかわらず、勝てないとそこからも声がかからないんだと。

厳しい世界だ。

例の動画メディアであまり取り上げたりしないでほしいなあ。どうせどっかから火が点くんやろなあ。あの配信観てた人で止めときゃいいのに。

と思って検索たらこれ書いてる間にもう色んな所に掲載されちゃってるみたいですね。嫌やなあホント和牛はバズれば正義の世の中を皮肉った啓蒙漫才作ってくれ。


でもそれでも夢のあるM-1だったことには変わりなくて、めちゃくちゃ笑わせてもらいました。

全然関係ないのにこっちまで燃えしまうよね。俺ももしかしたらSMAP入れるかな、とか思っちゃうよね。M-1ってのは一種ドキュメンタリーなんだと思います

大会特に、数多くの若者の心に火をつけてしまったんじゃないかな。楽しみだね。

と、ここまで書いて投稿する場所が無いことに気付いた。あたおかやん!あたおかやったやん!!先言うといてや!!!

なので、とりあえず増田に投下しておきます。あとポイントカード作りにいってきます

テッテレーをどっかに入れたかったけど、もうええわ。どうもありがとうございました。

2018-12-02

anond:20181202003740

人が苦しんでいるとますます増長するような

サイコパスもびっくりなドS増田

もうよくわかったし。

ここは病んだ人ばかり。

CPLINE代わりに使う人たちがいるし

民度は低いってこと。

2018-11-30

anond:20181130194901

そうだよね……値段にびびってる場合じゃないよね……

もびびるっ

anond:20181130104929

あの段階まで行くといろいろと吹っ切れてると思う。

あとどんなに叩かれてもびくともしないのは金の心配しなくても死なない層特有精神的余裕かな。

2018-11-28

地元都市伝説アップグレードされてた

都市伝説は大抵尾ひれがついたり変質したりするけれど、地元の市で、しかリアルタイムで起きているとは思わなかった。


うちの市には「ピンク婆」「ピンクおばさん」などと呼ばれる名物的な人がいる。

由来は単純で、いつもピンクのふりふり多めの服(+日によってミニスカ)を着ているから。

そんな格好をしているもんだから子供たちの間では時々噂になっていたわけだ。

あと、目撃情報から考えると異様に行動範囲が広いこと、親の代から市内にいたことなども都市伝説化に拍車を掛けていたと思う。


それでこの前久々に帰ってみたら、甥やら従兄弟の子やらからピンク婆の話が出た。

まだ現役なのかと驚いていたが、上述の情報に加えて、更に情報が一つ増えていたことにもびっくりした。

なんでも「ピンク婆は実は男性らしい」……ここに来て新展開である

どこから噂が追加されたか不明だが、我々が二十余年もの間「ピンク婆」だったものは「ピンク爺」である可能性が出てきてしまった。

もっとも実際に誰かが確認したわけでも、本人が否定したわけでもないので、真相は闇の中である

ただ確かなことは、ピンク婆の得体の知れなさというか、その非現実的都市伝説性が増しているということだけだ。



謎は深まるばかりではあるが、今日ピンク婆は元気に市内を徘徊しているらしい。

2018-11-19

韓国中国の自滅

中国は一対一路の失敗でジリ貧だしアメリカ貿易公益を受けて日本にすり寄っているような惨状だし、韓国なんて反日で自滅して北朝鮮へのすり寄りでアメリカに嫌われTHAAD配備中国にも嫌われて、結局日本いちばんマシなんですよね。中国は明らかにアメリカ軍事力自衛隊軍事力を恐れていますから

ただ、私としてはアメリカ軍に頼らず日本核武装原潜を複数所有して、相手国に致命的なカウンターを確実に与えられる態勢をゆくゆくは整えるべきだとは思いますが。

また、アメリカよりはるか暮らしやす日本という国があり、アメリカでは医療費での破産が極めて多く銃による犠牲も多い中、日本は本当に恵まれている。

歴史を見れば、朝鮮人日本感謝するべきなんですよ。縄文時代のような生活をしていたのを、日本が莫大な投資日本人による指導学問レベル医療レベルインフラレベルも飛躍的に高まったのですからね。韓国人のすべての基礎は日本人が作ったと言っても過言ではない。

それに、日本韓国中国侵略したのではなく、欧米列強から"保護"していた。白人植民地支配した土地黒人黄色人種をおおぜい殺害レイプしていた事実は明らかになっているのですし、イギリスなんて国をあげて中国に大量に麻薬を売りつけるというナチスもびっくりの蛮行をしている。

日本がしてきたことがいかにそれらと比べて穏やかで、むしろ原住民生活レベルを引き上げるポジティブものだったかなど、歴史客観的に見ればすぐにわかることでもある。

本来中国韓国日本感謝して、その恩を返すべきなんですよ。

朝鮮人日本人に恩を感じる筋合いはたくさんあるにも関わらずおかし反日教育洗脳を受けており素行暴力的なので、朝鮮人による放火、略奪、強姦等があったという話はとても現実的

実際、韓国治安日本より遥かに劣悪ですからね。その韓国治安反日洗脳プラスしたらどうなるか? 当時、日本人が暴力的朝鮮人を恐れ、敵視したのは当然のことです。

そしてもう2018年になり、もはや2020年ももうすぐ。中韓日本中韓欧米列強から保護していたことに恩義を感じながら、共に友好的な関係を築いていくのが本来の姿であり、目指すべき環境と言えます

anond:20181119131815

というかプロレスゲーもそうなんだけど操作体系的に面白くないでしょ?

エキプロだってキャラメイク話題になっても

だって遠距離なら浅い格ゲーだし組んでからの技とか結局じゃんけんか投げ抜けしかないし

パンプレストSD大相撲もびっくり新記録のはちゃめちゃ柔道もそうだけどゲームとして幅がないんだよ、投げって

まずはそこをエポックメイキングものにしないとキャラメイクしてCPU戦見てるだけになるから相撲でやる意味がない

元増田のかんがえた最高に面白相撲ゲー聞かせてよ

2018-11-18

やっぱりCDって売れないのかしら

フォークデュオゆず新曲を出した。

NHK放送中のドラマ昭和元禄落語心中」の主題歌であるマボロシである

ゆずといえば「栄光架け橋」や「虹」などの前向きな応援ソングや「夏色」や「飛べない鳥」などのフォーク色の強い爽やかな曲が多い中、「マボロシ」は公式サイトでも「これまでのゆずを手放した、幻想的なバラード」と記されてる通りあまり彼らの曲では聴き慣れないような曲調と歌詞になっている。

私はゆずオタクなので(公式ファン名称であるゆずっこ”の響きは私にとってはあまりにも明るくて爽やかでこっ恥ずかしいのでこう記す)PVが解禁され初めて聴いたときはとてもびっくりした。

まあとにかく暗い。オタクとして少し心配になった。ゆず病み期とも言われたりするアルバム「トビラ」を聴いたときと同じ様な気持ちになった。

しかし「昭和元禄落語心中」の主題歌であり、作詞作曲北川悠仁氏も原作を読み込み作成したとも言っているためこの暗さも納得できる。

個人的には新しいことに挑戦することはいいことだと思うし曲の感じエモエモのエモなのでこの曲はとても好きです。

しかし不満がある。この「マボロシ」は配信限定シングルなのである一曲単体で配信されている。何が言いたいかというとこの曲にはB面の曲が存在しないのだ。

ゆず2015年の「終わらない歌」を最後B面のあるシングルを出していない。(先日発売された「マスカット」にはB面があるが元がA面の既存曲のため除く)昨年は20周年だのEP盤を出すだのしてたためしょうが無い気もする。それでももう3年B面のある曲が無いのだ。

オタク戯言であるがこの曲にはB面必要だったと思う。いくら落語心中」の曲だとしてもオタクとしてはどうしても作り手の顔が浮かんでしまう。

北川悠仁さん、どんな気持ちでこの曲書きましたか

岩沢厚治さん、この曲聴いたときどう思いましたか?歌ってなにを感じましたか

B面からといってA面への答えや対となるような曲が収録されるとは限らない。しかし必ずその曲がB面として収録された理由があるはずなのである

その理由がある曲が欲しかった。彼らのバックボーンを知ってしまっているオタクにとって単体でこの曲を聴くにはあまりにも重すぎる。(…聴くけど)

この曲は北川悠仁氏の曲のため、今まで通りだったらB面岩沢厚治氏の曲だろう。最近は発表数が少ない岩沢氏だが、「マボロシ」を歌って感化された部分とかなにか絶対にあったろうと思ってしまう。B面路上時代リメイクだったとしてもこの重くて強い曲のB面にする重くて強い理由があるはずだろう。

オタクはそれが知りたかった。聴きたかった。2曲を延々リピートし続けたかった。

やっぱりCDは売れなくて儲からいから作らなくなったのかしら。でもいくらお手軽に曲が買えるようになって便利になっても、変えちゃいけないところや減らしてはいけないところがあったのではないか

それだけ

2018-11-17

教室で失禁した思い出

を、ふと今日思い出した。

17年前、私は教室おしっこを漏らした。

授業の最中、強烈な尿意に襲われた。休み時間まであと20分以上はあったと思う。

先生トイレに行ってきます

その一言が恥ずかしくて言えなくて、下腹部に力を溜めて一生懸命おしっこ我慢していた。

席は確か教室の壁側、前から2-3番目だったと思う。

時間が経つにつれ、冷や汗が出てきて頭が真っ白になっていった。

どうしようどうしようという焦燥感に襲われて、頭はその事でいっぱいだった。

もうだめだ、と感じた瞬間、股間からじわっと温かい感覚があった。

あとはもうそのまま。

我慢したけど少しずつおしっこ漏れていって、パンツ制服もびしょ濡れになった。

幸い、当時椅子にはお母さんお手製の座布団が敷いてあったのですぐには床には垂れなかった。

じわじわと、座布団に染み込んだおしっこ椅子の足を伝ってゆっくりと床に水たまりを作っていった。

制服の長いスカートが上手く隠していたんだと思う。

当時、机の横に雑巾をかけるというルールがあったため、急いで雑巾を床に落として足で拭いた。

壁側だったからできた荒業だったと思う。

漏らした、どうしよう、気づかれていないか

周りを慎重に見回しながら、目線が下に行っている生徒がいないかかめた。

いない、よかった、誰も気付いてない。

おしっこでぐしょぐしょになった制服のまま、床を拭き終えると、壁と机の間に雑巾押し付けて、何事も無かったように授業に勤しんだ。

次の中休みか何かで友達トイレ行こうと言ってきたので席を立った。

濃紺セーラー服は濡れ染みが目立たなかったのでトイレ下着スカート一生懸命トイレットペーパーで拭いた。

一生忘れそうもない出来事なのに、すっかり忘れていた。

自宅のソファでごろ寝していた時に、ふとトイレ行きたいなと思った瞬間にハッと思い出した。詳細な記憶が全部湧き上がってきた。

あの時、後ろや隣の席の子は本当に気がついていなかったのだろうか。

匂いがあったんじゃないだろうか。

誰にも指摘されず、そのままこの歳まで過ごしてきた。

本当は気付いていたけどいじられキャラとかじゃないから言い出せなかったんだろうか。

2018-11-07

人生に興味がない

ちいさいころから自分人生にも他人人生にも興味が一切ない。

今死のうが、経済的成功者になろうが、一般的サラリーマンになろうが、死刑囚になろうがどーでもいい。

生きるという行為自体に興味がない。

かといって自分死ぬのは怠い。

客観的に見たら上手く行っている人生なんだろうし、向上心が強い人にみえるんだろうけど、

内心は、人生どーでもいい。って思ってる。

旅とか趣味とか色々やってみたけど全く面白くない。自分もびっくりしたわ。

暇だから金儲けしているだけで、自分金持ち貧乏人かどうかなんてどうでもいい。

この状態があと数十年続くと考えるとウンザリする。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん