「カウンター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カウンターとは

2021-05-18

権八に行ってきた

GW中に、緊急事態宣言による自粛要請無視して営業しているグローバルダイニング系列のお店を訪問した。

批判受けるのはさておき、昨日、特別措置法に基づく休業・時短命令が出たようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ea13c910fa09ef3eb9aaf8bc47e370a45d8d8b6c


具体的な店名は公表していないが、このグループ店舗が含まれているのだろう。

"都によると、命令を受けた店は「休業や時短をすると経営が成り立たない。感染症対策をしっかりやっている」などと主張している。"

私の行った権八に関しては、感染症対策はやっていないと思う。

実際にGW中はどのように店を開けていたのか、書いてみる。


5月3日昼

同棲している彼女と、権八に行こう、という話になった。怖いものみたさ。

ただ、酒飲みたい人が集まるだろうから、混雑時間を避けて16時から18時、という時間で予約。


店内は体育館のような大きな建物。席はカウンター、4−6人が座れるテーブル席、2回には座敷など。

いたことに午後でもかなり人が埋まっていた。

テーブル席は若者がぎゅうぎゅう詰めに座り、大声を出し盛り上がっている。

カップルだとカウンターに案内された。運良く、端の2席になった。予約時には席の希望は出来ない仕組み。

店員マスクはしているが、サージカルマスク、ウレタンマスクマウスシールドバラバラ

客が入ってくると、入口スタッフが「来店しました―」他のフロアスタッフ「らっしゃい!」と大声。

カウンターは、アクリル板などの敷居なし。テーブル上も当然、敷居はない。テーブル同士の境も何もない。

アルコール普通にメニューにあった。大半の人がアルコールを飲んでいる。飲み放題メニューもあった。

私達は、ノンアルコール飲料を頼んだ。

メニューは少し高い気もしたが、西麻布土地代と思えば。

換気?はしていたか不明カウンター内は厨房だったので、暑かった

なんてことはない居酒屋だった。

コロナ患者数も増加している中であり、1時間せずに早々に退散した。

出るときには出口のウェイティングスペースに待機している人もいた。

その後、2週間テレワークをすることで、自宅隔離を終えた。2人とも発熱はなし。


まとめ

グローバルダイニング系列権八緊急事態宣言中に利用したが、コロナ流行中とは思えない店内の雰囲気だった。

感染対策をしている、とはとても言えない。

政府は、自粛要請に応じ、アルコール提供していない真面目な飲食店を正しく救済してほしい。

2021-05-14

から! 弱者男性論はフェミニズムへのカウンターなんだって

フェミニズム共感ベース議論をするから、それを学習してアンチフェミニズム陣営がつくった概念弱者男性なんだよ。

で、この共感ベース議論っていうのは、別にフェミニズム発祥ではなくって、ポスコロ、アイディンティティポリティクス帰結なんだよ。

から、今の世の中では、共感によって作られた集団が、共感できない集団に対して、永久闘争を行っているんだ。相互にね。

anond:20210514102031

anond:20210514202809

舌打ちのカウンターとか難しいだろ

すれ違いざまなんだからこっちの舌打ちは虚空に響くだけだよ

anond:20210514094758

いや、知ってて言ってるから

男女逆転のカウンターとか言ってるくせに、親切心でアドバイスしてる人を攻撃してる弱者男性の異常さに気づいてないから、わかるようにわざわざ言ったんだよ。

被害者意識こじらせて、誰にでも噛みついて、「差別!」を連発する。嫌ってるはずのフェミそっくりだと思わないのか?

自身弱者男性から、これ以上イメージ悪くしてどうすると言っているんだ。

anond:20210513215354

お前が「弱者男性論」はただのカウンターだと認識してようがどうでもいい。「弱者男性論=弱者男性は救われるべき存在だという主張」だと思ってる連中が大勢いて論争してるのが現実から

元の文章を男女逆にして考えてみろよ。弱者女性の「モテなくて辛い」悩みに親切心でアドバイスした人を、大勢弱者女性が「自助を求めるのは差別者!」と叩いてたらどう思う?

から見たら「弱者男性=被害者意識肥大したヤバい連中」だよ。

カウンターどころかブーメランだな。

2021-05-13

anond:20210512181740

なんでこう定期的に、ただのカウンター言説でしかない「弱者男性」をまじめな主張であるかのように取り上げて否定する馬鹿が出るんだろうな

同じことを「弱者女性」にやったらどうなると思ってんだ?

そういう物差ししかないんだぞ?

これを否定してみせるのは、「同じ属性弱者」を否定するってことだ

性別が違うだけで扱いが違うのか?

それがポリコレの目指す先か?

被差別特権か?

そういう話でしかないんだぞ?

anond:20210513165107

現実見えてないのはおまえ。

シバター戦が濃厚とそこらの記事にも出てるのに未来話題を引きずりやがって。

未来とやっても太田忍の二の舞になるだけ。

そもそも腰が強いかテイクダウンされにくいし、カウンターキック主体でいつもどおりリング際に追い込めば終わり。

補足しとくが俺はべつに未来ファンじゃない。

ただ順当に考えてローガンにそれほどの力はない。

MMAはそれ単体で完成されつつある。

例えば柔術家MMAを数ヶ月練習していきなり試合しても勝てないのと一緒。

からMMA経験がないローガンが勝てるわけがない、と言ってるのにまだわからないのか?

引っ込んでろ。

右と左の隆盛って、敵失で決まるんだな。

多感な時期に自虐史観カウンターで右が隆盛だったので、

最近の左の勢いはやや居心地悪かったのだが、

時流に乗る

バカも集まる

バカがやらかす

失速して敵勢力復興する

を交互に繰り返してるだけとみた。

ただ、最近の左のやらかしで右が蘇るかというと、

その前にやらかした零の一族が居座ってるからなー。

あいつ先にワクチン打ちやがって」という上級国民叩き報道どんどんやれ

スギ薬局や(直前で打てなかっけど)市長町長が順番を無視してワクチン接種してたとかの記事が相次いで報じられ、報道へのカウンターとして「重要仕事の人だから別にいいだろ」「廃棄しないために当たり前だろ」とかメディア叩きも出てきているが、いやいやワクチン国民の多くの摂取させて集団免疫をいち早く完成させるために、どんどん上級国民の優先接種を叩く報道を繰り広げてほしい。

そうすることで一般国民に「上級国民がそれほど求めるワクチンを私も早く打ちたい」というムードを作ることができる。日本人怨嗟嫉妬で公平を求める国民性なので上級が隠れて我先にとなるほど自分も打ちたくなる。

これが逆に偉い人でもみんなルールを守って~とかになるとワクチンフィーバー報道過熱もなく「ワクチン?まだいいっしょ。副作用も分からないし」となってワクチン接種に限界が来ることになる。

からそれを防ぐために上級国民はこっそり行政に働きかけて優先接種をしてもらいたい。こっそりが重要

そして行政はそれをリーしまくってマスコミはどんどん上級国民叩き報道をしてほしい。

anond:20210513071310

〇〇だから弱者男性、というよりは

いわゆる男女対立の中で強者扱いされるのに対して

そりゃちげーよってカウンターとしての弱者男性ベル個別事例だろうからなぁ

可視化されていたもの名前を付けたばかりの過渡期だとは思う

2021-05-12

anond:20210512110117

カウンターなのでセーフって何がセーフなの?

カウンターなら女性蔑視発言女性蔑視にあたらないからセーフって意味?なんだそれ?

anond:20210510205605

ていうか、元々男同士のクソでか感情を男女恋愛の形に意図的バグらせて自分の脳を騙すことで発生したのが二次BLなんじゃないの?

90年代とかもそもリバって概念がほぼなかった気がするんよね

ネットが発達してあまりリアルの横のつながりとか部数(売上、費用対効果)を気にせず自分の趣向を表現できる場ができてからリバが台頭してきたと思う

元増田は読んだ感じおそらくリバ派?で受けちゃんヨナ乙女化固定BLから攻撃に怒りちらしてるように思える。(ちがったらすまん)

しかし、もちろんリバ者からガチガチの固定者への『私達のほうが現実ゲイのあり方に近くてリアルから固定者はクソ』『片方しか読めないとか損してる』的な煽りもあったわけで(そっちもまぁおめーら同性愛バグ起こさせてる時点で同じ穴の狢だよって話なんだが)

最近過激固定エロ系の二次で受けの穴をケツ○○通り越してマ○○呼びしてたり、カント化してたり、ニョタ率がやたら高いジャンルが出てきたのはカウンターとしての固定派(⁺総受派)の『居直り』『開き直り』的側面もあるのかなと思っている。

腐女子のその辺のこじれ具合ウォッチ楽しいのだが、最近リアル忙しくて出来ん。

ところで元増田腐女子を名乗る以上は一応自分が神と思う好きな(作品出たら必ず読む、買う)腐作家もいるもしくはいたんじゃないのか?

腐全体を嫌いというより、腐女子のなかのこういう傾向を持つ一派が嫌いという内容な気がするんだが

2021-05-10

弱者男性論はそもそもフェミニズムに対するカウンター

https://note.com/mefimefiapple/n/n6b712e954db8

 

バズりまくっている弱者男性論に対するフェミ側の反論の多くが、

「なぜそれをフェミに言うのか? 弱者男性弱者たらしめているのは強者男性であり、女性ではない」

というもので、全く納得がいかないので、以下に再反論したい。

 

そもそも弱者男性/強者男性って定義曖昧だけど、その定義自体を生み出した原因はフェミだろう。

ほとんどの男性は「自分弱者男性ではないと思うけど、強者男性でもない」と感じてるんじゃないか

そこにフェミが「男性は男という性のみで強者であり、女性に対する加害者」という理論を打ち出した。

 

その理論を「弱者男性を透明化している」と感じた「自称弱者男性」が上記のように続々と名乗り出てきたわけじゃん。

まりもともとフェミが「男性強者」という話をしだしたから「弱者もいるんだけど!」という話になっているわけで、

それに「弱者がいるとかフェミに言われても…強者男性自分で言えよ、フェミ弱者男性ママじゃない」って何なんだそりゃ。

 

いやね、そもそも大多数の男性自分のことを弱者とも強者とも思ってないですよ。

しかし、フェミにすればそういう普通男性マジョリティこそが無自覚強者であり加害者であると。

まりつの間にかフェミによって男性全体が「強者男性弱者男性」に分断され、男性同士で勝手に争えと誘導されている。

そして女性には一切の責任はなく、永遠に被害者立場から男性を責め続けるという構図。

そんな都合のいい話があってたまるかよ。

弱者男性です。なぜ理解のある彼くんが叩かれたのかを書いてみます

anond:20210509075626

あなたの大嫌いな弱者男性です。

KKOとまではいきませんが、とっくに成人しているのにいまだ交際ゼロ人間ですから恋愛弱者としては上等かと思います

自分で言うのもなんですが、顔の造形の悪さには自信があります

性格の悪さにも同様に自信がありますが、性格が悪いゆえに仕事をする上で取り繕える程度には困っていませんし

それも自称しかないので、実態がどうなのか、それで生活が本当に上手くいってるのかはご想像におまかせします。


弱者男性に随分と憎しみを向けられていたようですが、真摯文章を読ませていただきました。

読んでいるうちに、以下の2点が頭に浮かびました。

・「理解のある彼くん」をあげつらって批判していたのは弱者男性だけに限った話ではない

そもそも理解のある彼くん」持ちは非難されても仕方のないことをしでかしている

今回は「望むところだ」ということで、後者を重視して書いてみます

あくまで、「理解のある彼くん」持ちとハンデを持つ女性は完全に同一では無いという見解であり、

以下はハンデを持つ女性全てを批判しているものではありません。

これから記載している内容に反論がありましたら遠慮なくご指摘ください。


理解のある彼くん」は当事者エッセイ漫画から可視化された

理解のある彼くん」は、何も最初から障害病気のハンデを持つ女性攻撃するために産み出された単語では有りません。


それは障害病気のハンデを持ちながらもそれらに向き合いながら生きている、ということを綴った女性達のエッセイから概念発見されました。

ネット複数の作者の漫画の「理解のある彼くん」が登場するページを1枚にした風刺画像を見たことがあるでしょうか?

まるで判を押したように展開が同じなのです。

エッセイということは実体験でしょうから、細かいところは省いたりフェイクを挟んでいる可能性があるとは言えど大筋はノンフィクションでしょう。

「なんだかみんな展開が似たりよったりだぞ??」と気づかれだしました。


この指摘については、何も弱者男性だけから発信されたわけではありません。

女性作家からカウンター的にエッセイ漫画で指摘されているものでもあります

この指摘で耳が痛かったならば、弱者男性だけを敵視するのは誤りであると言えるでしょう。

あなたがたが敵に回す範囲軽蔑すべき範囲本来もっと広いはずです。

それをすることができない、いや認知しようとしないのは何故でしょうね。


理解のある彼くん」そのものが、ハンディキャップ持ちの女性でも人生がイージーだと決めつけたわけではない

全ての女性が「理解のある彼くん」を得られるとは思っていませんし、

理解のある彼くん」を得ることが誰であっても簡単だとも思っていません。


今度はそのエッセイ漫画前後のページに問題がありました。

すぐキレる、情緒不安定になり周囲に当たり散らす、それらが病気障害によるもので苦しんでいる――――――。

いかにハンデを抱えて生活することが大変か、という点で綴られていましたが、

自分」が大変である、という視点のみで描かれていることが多いという感想を持ちました。

健常者視点で思いやりもへったくれもなくて大変恐縮ですが、

綴られているケースのうち、同情すべきものももちろんありましたが、

いくつか幼稚過ぎて理解できない行動も含め、都合よく正当化されているように見えました。

(それだけ的確な判断力を持ち合わせられないぐらいに根深病気である、というのを私が理解できなかったのかもしれません)

しかしながら、作者は過去のことを反芻しエッセイに仕立ててるうちに、再考して思うところがなかったのかなと考えています

ウソを書けということでなく、ぼかすなり内省の補足をするなりあるはずです。


上記は私個人の感想ではありますが、エッセイ漫画を通して「女性はハンデ持ちでもイージー」というネット上の共通見解が得られたのは、

私と同じような感想を持った人が多かったのでしょう、と勝手に推察しております

理解のある彼くんがいるから」ではなく、「理解のある彼くんだって出来る上に、そもそもこんな認識で生きているから」と思っているのです。


「私が弱者男性故に対象女性というだけで色眼鏡で見ている」、そう思われるかもしれませんが、

他で消化器系を長く患われている女性作家さんのエッセイではその苦労や辛さに深く同情し、何一つ批判的な感想を抱きませんでしたし、

精神を患われている女性作家さんでも「理解のある彼くん」に疑念を持っていた方のもの

特に前後でも病気理由にした問題行動の正当化を感じる部分もありませんでしたので、

やっぱり「理解のある彼くん」の登場があるエッセイ作家さん達だけが悪目立ちしているように見えました。


本来努力し、助け合い、思いやりを持ちつつも懸命に生きるハンデを持った女性たちという

決して揶揄物笑いの種にすべき存在ではないものについて、これだけマイナスイメージを持たれてしまったのは、ここにあります


ここでは「理解のある彼くん」に絞って女性の話をしていますが、

もちろん「甘ったれ男性」がいることも否定しませんし、弱者男性の中にそういった部類の人間がいることも承知しております

同じく非難されてしかるべきでしょう。


漫画のせいにするのか?という疑問もあるかと思いますが、

ハンデを持った女性リアル理解する上で、当事者の知り合いがいるという人もなかなか少ないでしょうし、

そもそも当事者はむやみやたらに打ち明けることは無いでしょう。

自分病気のことを顔を合わせる周囲の人間にベラベラ喋ることがありますか?

そんな「リアル」で認知されることが少ない状態では、ネットの発信力が強い現代において、

エッセイの「悪い意味で最もキャッチーな部分」によって認識を悪い方向に塗り替えられてしまった、というのが今の状況かと思います


本当に恨むべきは誰か、理解してきましたか


同情

それでも、結果的に「女性はハンデ持ちでもイージー」という結論

十把一絡げにして非難対象になってしまった「まともにハンデと向き合っている女性」への誤った非難があったことは否定しません。

大変不快な思いをされたことでしょう。心中お察しします。

何故止めなかったのか、何故助けてあげなかったのか。何故咎めなかったのか。

貴方が、貴方達が弱者男性を助けなかったのと同じ理由ですよ。

でもそれは「過去に助けてくれなかったから、同じように助けなかった」ではないです。

そもそも、「弱者男性を助けなかった理由」でなく「〇〇を助けなかった理由」というべきでしょうか。


ですから、「弱者男性精神障害女性サンドバッグにしてきた」という結論

十把一絡げにして非難対象にすることも咎めきれないですね。

それが誤った非難であるのか、今からでも再考するかは貴方自由にしてください。

ここまでで弱者男性だけへの恨みの炎が更に燃え上がったとしても、それも一つの結果かと思います

2021-05-09

anond:20210509070309

日本スポーツファンって基本的に勝てばよかろうなのだ主義から体育会系はなんとも思わないんじゃないか

野球で金でFA選手買い集めようとサッカーブラジル人頼みのドン引きカウンターやろうと勝ってれば文句言わない

勝ちまくってたのに追放された落合とかレアケース

2021-05-06

なんなら匿名での雑な弱者男性ムーブって

フェミニストによるカウンター潰しのためのなりすましまでありうると思ってるよ

2021-05-05

女子供に手を出すやつは許せねえ…!」→弱者男性差別を無くすなら、まずこの台詞共感しちゃいけないって話

弱者男性周りって、正しく価値観アップデート必要になる案件なんだよね。

基本的弱者とされてきたのって女子供なわけで、これはもう覆しようのない事実なわけじゃん。

だってタイトルみたいな台詞を言ったら大多数の人間共感するじゃん?

因数分解していけば、儒教だの仏教だのっていう宗教から社会やら歴史の話になるんだろうけど、

とにかく、今この時点で「女子供に手を出すやつは許せねえ…!」って台詞があったら、常識人は「その通りだ!」って思うわけですよ。

その常識を変えなきゃいけない。これは大変なことですよ。

もうすこし拡大すると、「女子供、お年寄り、犬や猫に手を出すやつが俺は嫌いなんだ!」って台詞なら共感できるよね。

だってそれは、女子供、お年寄り、犬や猫はか弱い、守るべき対象だってみんな認識しているから。

それが常識ってやつだ。

でも、弱者男性という存在を認めるとすれば、

女子供、それに弱者男性に手を出すやつは許せねえ…!」って違和感バリバリ台詞に、みんなが共感するようにならないといけない。

というか、「女子供に手を出すやつは~」って台詞のものが、意図的に成人男性を除外しているような発言から所謂ポリコレ的に正しくない発言になってしまう。

これは大変なことだよ。「なにそれめんどくさい」ってなる話なんだよ。そういう根本的な、我々に遍在する意識を変えていこうって話なんだよな。

ロビー活動の一環として、創作物ケチつけたりする必要すらあるかもしれない。

フェミニズムってのは、そういうめんどくさくて厄介な行動をし続けたからこそ、現在問題になってるわけだ。

からこそ、この話は所謂フェミ含む弱者ビジネスへのカウンターとしても機能してしまう。ややこしいね

まあ何が言いたいのかっていうと、話が大きくなったらどんどんめんどくさい方向にしか転ばないと思うけど、みんな頑張ってねってこと。

でも弱者男性って卑怯だよね

フェミフリーライドしてるのが本当に卑怯だよね

本当は弱者男性差別なんて存在しなくて、ただ単にフェミリベラルへのカウンターとしてでっちあげたんじゃないの?

挙げられてる弱者男性差別の例、どれもショボすぎて草なんだが

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん