「楽しい」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 楽しいとは

2017-08-23

ストV を始めて3ヶ月経った

スマブラリュウから格ゲー面白そうやなぁと思い、ちゃんと体力ゲージがある格ゲーに初めて触れてみた。

ストリートファイターⅤは発売当初がボロクソだったらしく、新品がやたらと安く手に入るらしいと知ったのがこのタイトルを選んだ理由

ゲーム自体初心者も入って来やすいようにというコンセプトで作られていたらしく、思わぬところで初心者に親切設計があった。これが狙いだったのか?


なんとかコンボも安定して打てるようになり(連続コマンド入力しなきゃならんとこがスマブラと違うとこだと思った)、

いまはLP2000に入ったり入らなかったりのところをうろついている。ブロンズリーグシルバーリーグの境目だ。


格ゲー自体は、過去自分のような「動画勢」はいものの、「新規プレイヤーがいない」と言われ続けているのをなんとなく知っていた。

ストV初心者向けを謳っていたし、ウメハラとかが確かシステム自体もそんな感じでできてる(先行入力ができるようになったとか)と語ってたし、

自分もいろいろサクサクできるんかなーとなんとなく思ってた。


そういう感覚で入っていって、いまでも不親切設計やなぁと思ったことがいくつかあって、

まずタメが1の斜め下でしゃがんでいてもOKだとはよくわからなかった。どのサイトを見ても4の方向キーで示されてることばかりだったので、

ベガコンボチャレンジ意味不明になって相当イライラした。で、しゃがみとかでもOKと知ったのはどこだったか忘れたけど、相当苦労した。


で、あとはバトルラウンジ。あれ全ッ然使い方わからんかった。ただでさえオンライン荒野並のノンルール地帯というイメージが先行していたから、下手打ったら相手迷惑だしなぁとなかなか入っていけなかった。

どこにも確かな使い方解説がないのであるラウンジの探し方、作り方まではあっても、バトルスタートまでにたどり着けず入ってはすぐ脱出を繰り返していた。

理解したいまとなっては「なんで迷ってたんやろ」と思うようになったが、sakoさんの生放送を見て使い方に気づくまで2ヶ月半ほどビクビクしていたのも事実だ。

他のマッチ機能では連続対戦ができず非効率的で、バトルラウンジを始めてから2000に食い込めるようにもなったが、できるならもっと早く知りたかったというのがいまもある。

未だにバトルラウンジに8人まで集められる意味はよくわからない。ラウンジメンバーは2人、コメントリーグ指定、人が入ってきたら即スタートボタンだけというのが一番手っ取り早く、うーんよくわからない。


あと、デモンストレーションはまったく役に立たんと思う。経験値だけもらえたーという感想ストーリーペラペラだしよくわからない。

ストリートファイターキャラクターは人気も歴史もあり、これやったらわかるかなーと思ったが全然そんなことなかった。いまでもちょっとショック。


基本的ゲーム自体楽しいんだけど、ところどころで初心者蔑ろにしてるよなーと思う向きはあった。

コンボトライアルにしても、ただ機能を作るだけじゃなくて、公式コマンド入力タイミングやコツを教えてくれてもいいんじゃないかと思う。

たとえばリュウの「しゃがみ強P → 昇龍拳真空波動拳」という技が連続するコマンド入力では、簡易入力と重複入力知識がなければ妙に難しいものになっている。

しかし簡易入力(実は323Pでも出る)や重複入力真空波動は236236だが、昇龍拳で236を入れていれば、あと一度236を入力すればコマンドは成立するというシステム)について、

教えてくれるどころか触れている公式コンテンツマジで切なかったように思う。どちらもどっかのサイトシステムを知ろうと検索して発見したものだった。


なんというか、プレイすればするほど「格ゲーって難しいなぁ」とは思い、広範に渡る基礎知識をぜんぶ解説するのは難しいのかもしれないが、

せめてバトルラウンジについてはもっと詳しく手順を触れておいてほしかった。買ったものの遊んでいないFF14とはその辺りがマジで雲泥の月とスッポンで、ほんとに初心者入れるつもりあんのか? と思う。

思いつつも、自分初心者向けコンテンツなど作ろうともせず、ひたすら楽しんでいるだけなので同罪ではあるのかもしれない。いや楽しい楽しいんだけどな……入るまでがスマホゲーと比較してハードルヒマラヤ級というか……。


なんやかんや楽しいけど、たぶん一緒に誰かとやらないと強くなれんだろうなーとも思っている。

プロゲーマーは新キャラが出た途端にもうすごくうまく、そうなるには経験知識があるからだと思うけど、その内容がまったく想像できない。

どういうバックグラウンドがあってその直感なうまさが引き出されるのか、一応初心者向けWiki用語はだいたい覚えたけど本当によくわからない。

2ちゃんねるという場所いちばんプレイヤー間の交流が盛んなのかもしれないけど、あそこはちょうど20歳くらいの自分には怖くて入っていけない。ぜったい半年ROMってろって言われる。

他にコミュニティらしいコミュニティもないし、そもそも格ゲープレイヤーが集まるような場所というのがない気がするし(昔あったと聞くゲーセン文化みたいなの)、多分じぶんは強くなれんだろうなと思う。

インプレイヤー層の30代くらいの人には常識的なことも、自分はひとりで全部模索していかなきゃならんのである。すでに面倒くさく、Punkは19歳であのような強さなのは友達多いんだろうなーとも考える。人間性能もおかしいかもしれないけど。


なんだかんだ自己完結できるゲームが好きで、スマホゲーは一切やらないし音ゲーはわかりやす課題上限が設定されていてみんな同じ動きしかしないのが嫌だし、RPGも好きだった自分には格ゲーがあってるだろなと思う。

からかずーっとやってるけど、まぁ格ゲー友達がほしいなぁと思う。オンラインではなくオフラインで。ゲーセンストVあったらいいなと思うけど、たぶん来ないだろうし、うーん。


どうやったら強くなれるんだろう? というとこまで書いて、微妙に満足したんで終わります

リュウを使ってたけどアレックスを買ってみて、後から両者ともにキャラランク最低付近と知った。そんなに求道者だったろか自分と思いつつ、次はいぶきを買おうと思ってる。



異性とルームシェアを始めてしばらく経った

まり詳しく書くと身バレするので書けないけど、ツイッターフォロワー同士だ。

私が気分にむらのあるメンヘラ政治の話も好きなのでフォローは外されていて多分別垢があるんだろうけどブロックされてると思う。ツイッターでの話題なんかは知ってるみたいなので。

何度か会って、恋愛としてではなく側にいてくれたら助かるなと思ってルームシェアしようって私から誘った。

ルームシェアしてみるとまあなんか大切にしたい部分が違うから結構すれ違いはあるけど、それなりに楽しい相手がどう思ってるかはわかんないけど。

食生活改善したし、相手には感謝している。

私が不美人からか、相手からセックスを求められたりとかそういうこともまったくなく(多分そういうことをしたらルームシェア続けられないだろうなってお互いに言っている)、セーフティネットみたいな感じで、男性であることを利用させてもらったりしているし、相手が家にいることが多いので荷物の受け取りとかしてもらったりして助かっている。

じゃあ私が何してるかと言えば家賃払ってトイレ掃除とかしてるくらい。

結婚とかはどうでもよく、一緒にごはんとかも食べたりしないし、出かけたりもない。

最初は一緒になにか遊んでくれないのが寂しいなと思ったけど、今は慣れて近くに住んでる友達とよく遊んでいる。

付き合いたいとかはなく、結婚別にしたいわけじゃない。でも好きかどうかと聞かれたら好きだ。ただ友人として。

とりあえず部屋が2年契約なので2年を区切りに、続けるかどうかとか考えたらいいかと考えてる。

対外的には同棲彼氏ですと言ってるけど、セックスもしない、結婚するつもりもない、そもそも付き合ってないただの友人というとキチガイ扱いを受ける。

不動産屋で物件借りるときルームシェアだと審査が通らない可能性が高いので、せめて同棲と建前だけでも言ったほうがいいと言われたし、世間ではそんなもんなんだろうなあ。

とりあえず自分はかなり居心地がよくなってのびのびと生活出来ている。長く続くといいな。

炎上を見るのがつらい

どこかで何かが炎上しているのを毎日のように見ていたらかなり気分が落ち込んでしまった。なんなんだ。

ということで見ないようにしようと思うんだけどモヤモヤするので書く。

私は広く浅く色々な趣味に手を出している。

公式サイト公式Twitter情報だけだと周りのファンに遅れを取ってしまうし、交流もしたかったので、Twitterでは各趣味アカウントフォローしている。

ツイートを見ているわけではないが、タイムラインを眺めているとほぼ毎日何かしらが炎上しているのが目に入る。今日は好きなスポーツファンツイート炎上今日は好きなゲーム運営の態度について炎上今日は見ようと思ってた映画宣伝について炎上……

炎上の原因は様々だ。ファン関係者の反応も様々で、「これは買うな」「ここには行くな」「問い合わせろ」など注意喚起が回ったり、「これを好きな奴もありえない」「アンチが騒いでるだけ」などファンアンチの抗争になっていたり……

それを見るのが楽しいかというと全く楽しくない。対岸の火事ならネットウォッチ感覚で楽しめる人もいるかもしれないけど、少なくとも自分が好きなものが何かしらの形で炎上しているのを見るのは辛い。趣味で知り合った友人が怒り狂ってる姿を見るのも辛い。

そういった形で毎日のように好きなものの何かが炎上している。

正直、炎上を見たくてTwitterやっていたわけじゃないしやめた方が趣味を楽しめるんだろうなと思っている。

(あくま自分にとってだけど)知らなくていいことが多すぎる。炎上したのを知らなければ今も純粋気持ちで楽しめていたな……というものが多い。

私の体感だけど、炎上なんて普通にアニメ映画を見たりライブに行ったりする分には目に入らないものが多い気がする。

実際炎上しているものを見たり買ったりしているファンのうちどのくらいが炎上を把握して、「それでも見たい」と固い決意で行動を起こしているのか?

知らないんじゃないか?知らずに純粋気持ちで楽しめているんじゃないか?私も炎上を知ってしまったのにその作品ファンで居続けているから「同罪」なのか?一度何かやらかしが起こったら潰すまで叩き続けないといけないのか?頭の隅にいつもそれらが浮かんでしまう。

自分意志を強く持てる人なら気にする必要はない。しかし私は気にしてしまタイプのようだ。

炎上当事者になったことはないし、自分ではなく知らないどこかのファンの誰かや公式スタッフに対して言われていることだとしても、自分が好きなものに関して辛辣言葉が行き交っているのを見るとつらい気持ちになる。

炎上がつらいと言ったとしたら、「擁護してる」「誤魔化していい問題じゃない」と私も叩かれるんだろうか。

炎上タイプも色々だし、炎上するタイプのものばかり好きになっているわけではないと思うんだけど、もしかしたらそうなのかもしれない。それか炎上言及するのが好きな人ばかりフォローしている?

Twitterどころかネットに向いてない気がする。何をしたら炎上するかという知識だけは人以上に付いてしまった。それを活かして最低限人に迷惑をかけないようにしたらいいかな。

2017-08-22

プラ劣等感コントロールして楽しもう

https://anond.hatelabo.jp/20170822000741

雷でswitch壊れたっぽいから書く。

確かにスプラトゥーン中毒性が高い。

その中毒性をコントロールすると楽しくなる。

劣等感コントロールすると言っても良い。

結果、ウデマエの上達にも繋がる。

そもそも本当に今、S+になって楽しいかって話だ。

1の頃にS+のウデマエを下げるのが嫌でプレイしなくなる、というネタがあったが、あれは事実だ。

たとえば、疲れて家に帰ってきてS+の戦場に行けるかというと、これがきつい。

少なくとも自分場合は。

S+にも色々なプレイヤーがいる。

手癖でプレイしてS+を維持できるプレイヤーもいるだろう。

だがリアル調子が悪いと、あっというまにウデマエが溶けるプレイヤーが大半じゃなかろうか。

しかも新ブキや新ステージが、今からどんどん追加されるタイミングだ。

もしも今S以上に苦労して上がったとして、気軽にガチマッチで新ブキを試すのは気後れするだろう。

新ブキはナワバリで試せば良い、というのはもっともだ。

しかガチマッチでの使用感こそ知りたい場合も多いだろう。

クラッシュブラスターとか、ナワバリだと勝てないけどガチだと強かったりする。)

とは言えA帯が至高とか、B帯のままが楽しいというわけじゃない。

自分が一番楽しめるペースで、上を目指すのが良いのでは?と思うのだ。

から「どうすれば自分はS+への道中を楽しめるだろう?」と考えて、試してみてはどうだろう。

そういうわけで、劣等感コントロールする方法の一例を紹介する。

自分が1の時にやって、有効だった方法だ。

方法1.試合ごとに必ずブキを変える

ガチ・ナワバリわず、ブキを1試合ごとに変える。

必然的に苦手ブキを使うこともある。

というか、得意ブキ以外の方が多いだろう、ふつう

すると、ほとんどの試合が「このブキで負けても仕方ない」という心境でプレイできる。

勝てば「意外とこのブキ合ってるのでは?」という楽しさもある。

この方法で遊ぶ内に、各ブキの得意なこと、潜伏位置、サブの使い勝手が分かるようになる。

スペシャリストになれなくても、ある程度知っていることが後で役に立つ時がくる。

なにより、今のタイミングであれば「自分に合うブキを見つけ出す」楽しさが味わえるだろう。

方法2.サブがビーコンのブキだけで遊ぶ

ビーコンは使っているだろうか?

自分がビーコンを使うようになると、仲間のビーコンも有効に使えるようになる。

またビーコンを設置する位置が、攻め・守りのボーダーラインであることも多い。

敵に壊されない安全圏であり、ビーコンが見えない位置が設置には好ましいからだ。

すると、各マップについての理解度が大きく向上する。

攻め時でどこまで上がるのか、打開のルートはどこか、ビーコン設置を通じて学ぶことができる。

マップを見るクセも付けられるだろう。

方法1と合わせて、色々な射程のブキをローテーションしながら、サブのビーコン先生に教えを請うのだ。

この方法はビーコンだけに限らない。

特定のサブ・スペシャルを集中して使うことで、楽しみながらウデマエが上がっていくだろう。

以上。

方法は他にもあるだろうが、要するに勝ち負け以外の要素にフォーカスすれば楽しめる。

明示されないが「ビーコン設置のスキルが1上がった!」「タチウオマップ理解度が1上がった!」という、ちいさな経験値が確実に貯まる。

よく「散歩しろ」とか「試し打ちで練習しろ」っていう、ガチめなアドバイスがある。

自分場合はそういった方法が合わなかったので、試合を通して楽しむ方法を選んだ。

勝つためだけに散歩するのは気が進まないが、ビーコン設置ポイントや、スプリンクラー設置ポイント探す散歩は楽しかったという話だ。

もちろん誰もがこの方法で良いわけではない。

S+の戦場が適温の人だっているだろう。

しかし、自分と似たような人にとっては参考になるかもしれない。

ちなみに1の時、自分のフレンド数は0で、1日あたりのプレイ時間は40分程度だった。

プラは疲れて帰ってきたときも、遊びたいゲームだったのだ。

・・・あーあ、switchこわれて悲しいなぁ。

大学に行く気力が失せてきた

やりたいこともないのに大学って入るものじゃないな。

大人に言われるまま、就職先延ばしにできるということもあって進学したけど、結局そもそも勉強面白味を見いだせない人間高校でも大学でも変わらない。

やっている内にやりたいことが見えてきた人もいただろうけど、自分にはあまりなかった。単純に専攻を間違えただけかもしれないが。

大学在学期間を充実したものにできるかは本人次第だが、自分却って要らぬトラウマを掘り起こし、精神疾患に取り憑かれただけだった。

今は大学4年で、ひたすら毎日が苦しい。勿論私自身の怠惰な面も作用しているとは思う。

周りの同級生がどんどん遠くなっていくのが苦しい。すべてひとえに努力が足りないのだと思う。

最近同級生と会うのも嫌になっている。いつからこんなにだめになったのだろう。

勉強は楽しくない。研究自分が興味を抱くことは「研究」たり得ないと却下されることが多い。興味が持てない。

興味が持てなくてもこなせば終わるだろうに、成すことができない。

自分がやりたいと思うことをやってあげたい、が、あまりにも遅すぎたのだ。

何がしたいか、何が好きか、そういうことを外に出していい、叶えていいと分かって、実際それができるようになったのは本当に最近なのだ

去年はそのお陰で今までの人生が信じられないほど楽しかった。人生自分の為にあるということがようやくわかった気がした。

本当はもっと叶えてあげたい。現実的にはそれに割く時間は減らすべきだ。かわいそうに。また人生を誰かにあげるんだ。

「これが終われば好きなようにできる」ともう10年以上言われて、それだけを信じて生きてきたけど、いつもその先にあったのは別の支配だったし、そこから抜け出すのが難しかった。

きっともう去年のような楽しい日々はやってこないだろう。遅かった。小学生くらいで気づいてみたかった。

全部遅かったんだな。明日も人に会わないといけないな。

https://anond.hatelabo.jp/20170822173939

私逆だなあ。

行くまでは「行っても意味がない」「意味のある経験にはならない」「行っても行かなくても同じ」「写真で見ればいい」みたいに思ってやめる寸前まで行くんだけど

行くと行って本当によかった!と思う。

から普段旅行に興味なくて、行ってみたい場所があるから無理に行くと楽しい、て感じ。

旅行に興味ない人結構いると思う。

旅行はムリ

想像してる時は楽しいんだけど、いざ移動し始めると急にわくわくが覚めちゃう遠足の前日が一番楽しいみたいな感覚。だから旅行あんまり興味がない。そういう風になるってわかっちゃってるから旅行って一般的にはみんな好きそうなイメージだけど、興味ない人いる?

https://anond.hatelabo.jp/20170822172938

とりあえず、ポストに対して、あまり真面目に、親身にならない方がいいよ。

先日、真面目に返信していたのに、最後になんか嘲笑されて終わった。

くだらない話にくだらない返信するのが一番楽しいポリコレとかには触れない方がいい。

https://anond.hatelabo.jp/20170822062312

ネトウヨな俺がお答えしよう。

まずいまの生活はよくならない。

これは事実だ。

そして最近労働運動成功したとしよう。

それでも俺たちは恩恵にあずかれない。

そんなことより安部祭り上げて左翼を叩いた方が楽しい

60歳越えたらヤバイのは確かだろう。

しかし、それまで左翼叩きで遊べる。

楽しいじゃないか

ぶっちゃけ若者労働運動給与が上がっても俺たちには関係いからね。

しろやす給料で働いて安い商品供給しろ、としか思わない。

まりそう言うことだ。

はてブというサービスはもう卒業しなくてはいけない

こうやって悪い方向に変更されるの初めてじゃないだろ。今までも何度もあったことだ。はてなという会社の体質が変わるとは思えないので、これからも同様にあるだろう。

その度に毎回毎回ヘイトを溜めながらストレス我慢して使うほどの価値あるサービスでもない。そもそももう純粋ブックマークとして機能してないだろ。単なる辛辣コメント大喜利会場じゃん。

人生もっと楽しいことは他にあるわ。いい加減はてブ卒業したほうがいい。たまに何が炎上してるか見に来るぐらいにするわ。

おめーら、ちんこが勃つことの喜びを日々噛み締めて生きろよ。

32歳なんだがちんこのたちが非常に悪くなった。

仕事ストレスが原因と思われるから、それが軽減されることがあれば多少回復はするかもしれない。

40代、50代でちんこたつってすげーな、と初めて思った。

射精欲はあるから無理やりオナニーするけど、半立ちでやると余計にED悪化させそうな気がする。

非モテなので元から女は嫌いだが、どうせセックスできないしと思うと余計に女が嫌いになった。

彼女はいるが、中折れした時は非常に申し訳なく思うし、中折れが怖くてセックスに誘えないので頻度も減って、それも申し訳なく思う。

薬は飲んでるが、薬の効きも悪くなっている気がする。耐性は付かないはずなので、飲み方が悪いのかおれの症状が悪くなっているのか。

やっぱりちんこがたつってのは男のアイデンティティーだなと思う。

どんなにマッチョイケメンでもちんこが立たなければ男としての価値はないでしょ。

別に人生自体に悲観しているわけでもない。ちんこ立たせる以外にも人生楽しいことはいっぱいあるから

でもちんこがちゃんと立つってことは、男に自己肯定感をもたらすと思う。

勃起がおさまらなくて困ってたあの時期が懐かしい。

若いみなさんは、「ちんこが勃つ!」それだけで一つの幸せなのだということをよく噛み締めて生きてください。

終わり

https://anond.hatelabo.jp/20170822000741

基本任天堂ゲームって友達とやると楽しいように出来てるんだよな

こないだようやく友達スイッチ手に入れたか

ボイチャしながら遊んだら勝っても負けても笑えるから

別のゲームやってるんじゃないかと思った

https://anond.hatelabo.jp/20170822000741

スプラトゥーン2は負けて悔しいだろっていうのを感じやすい気がするから体験版でやってみて気持ちいからやらないことにした。

特にジャイロを使ったりすると体を使うのでリアルな腕前が要求されることもあって、立ち回りが上手くいかなかったり上手くいったりを繰り返してそれで負けるとすごく悔しい。しかし勝って楽しいかというとそうでもない。相手が弱かっただけだろうと思ってしまう。

ただこれはチャットコミュニケーションとったりするゲームだったら違うんじゃないかとも思う。コミュニケーションとって連携で勝つと楽しいから

昨日ツイッターで興味あるアカウントを探っていたら整形垢の大群に辿りついてしまったたんだけど、彼女たちは本当に大変そうだ。

日見ほとんどのアカウントたちは自らのことをブスだといい、ブスやデブだと愛されない!価値がない!だから可愛くならなきゃ!と言っていた。

そりゃ美人な方が生きやすそうだろうなと私でも思うけれど、その考えに縛られている(ように見える)彼女たちが可哀想で仕方なかった。

私は上中下でいうと下だと思うし、お世辞でいっても中の下だろう。それでもそこそこに人生楽しい自分では思っている。例え整形で可愛くなったとしてもメンテナンスとか大変だろうし整形した芸能人たちを見ていると次はここ次はここと際限なく大金をかけて整形を繰り返すんだろうなーと思うと哀れで仕方ない。それに比べて私は自分を受け入れ諦めて自分として人生を楽しんでいる。それは自分資質問題ではなくて、それでも良いと思わさせてくれた両親や今の旦那のおかげだと思う。

私が彼女たちを可哀想だと感じて自分の方がマシだと感じるように、彼女たちもブスな私を見て自分の方がマシだと思うのだろうなと想像すると案外win-win関係なんじゃないかと思った。

https://anond.hatelabo.jp/20170822042022

とりあえず、部屋の掃除と模様替えとか。模様替えは意外と日数かかるけど

あと何か料理とか。自炊すでにしてたらごめん

甘いもの好きだったらお菓子作りとか楽しい

横浜ポケモンイベントが楽しかった話

ちょっと時間経っちゃったけど、楽しかたから書く。


ちょっと前に横浜で開催されていたポケモンイベントで、嫁と遊んできた。

たまたま関東に行く用事があったのでそのついでではあったが、行ってよかった。

最終日でしかも雨、ということで人が少なくて遊びやすいんじゃないかなぁと期待してたが完全に目論見がはずれてしまった。

というのも、僕が降り立ったみなとみらい駅は僕らが住んでいる田舎の駅とは違って、どこを見渡してもスマホ片手の人でごった返していた。

ピカチュウサンバイザーをつけた子どもたちやその両親、50代くらいの夫婦ポケモンガチ勢的な感じの人まで本当に沢山いた。

まさにポケモンお祭りだった。老若男女、大人子供も、みんなポケモンで楽しそうに遊んでいた。

僕らも駅に降りた後すぐに、それまで捕まえたことのなかったミルタンクをゲットして、二人でやったーと喜んでいた。


嫁も僕も、昨年ポケモンGOが始まって以来、ずっと遊んでいる。僕らは初代ポケモン小学生の頃に流行した世代である

僕は、ポケモンGOが始まった昨年夏ごろは、ポケモンGOで遊ぶのは僕らや下の世代だろうと思っていた。

ところがポケモンGOスタートして1年、僕らや下の世代だけでなく、上の世代の人たちも(もしかしたら僕らよりもよっぽど)遊んで、楽しんでいる。

今回のお祭りは、みんなが楽しんでいる様子がまさに自分の目の前に広がっていて、お祭りが終わった後の帰りの電車で、みんなが楽しんでいる空気、それそのものが楽しかったなぁとぼんやり考えていた。


ポケモンGOは、それぞれの楽しみ方でみんなが楽しめて、かつ同じ空気を共有できる不思議ゲームだなと思う。

嫁や僕は、どこかに出かける時にポケストップクルクルしたり、コダックを捕まえたり、たまにレイドバトルをするだけなのだがそれがなんとなく楽しいのだ。

捕まえたバリヤードタップして、手をクルクルする動きをみて笑ったり。フシギダネタップすると上の球根みたいなやつがボイン!とするのも楽しい

きっとジムに沢山自分ポケモンを置いたり、レイドバトルで一番になることを目指して楽しんでいる人もいるだろう。

みんなが楽しい。それがいい。


とにかく、とりとめのない話になってしまったが、ポケモンという、僕らが子供の頃夢中になりすぎて親に怒られてしまったこともあるくらいの思い出のゲームが、形を変えて今や僕らの親世代も楽しませている、そのことで(別に僕はまったく何も関わってないただのイベント参加者だけれど)なぜか嬉しくなってしまったのでこの文を書いてみた。

またイベントがあれば、参加したいな。

https://anond.hatelabo.jp/20170822000741

子どものころ友達の家でやってたスマブラマリオパーティーもずっとそうだったなーって思いだした

話題についていけず仲間はずれになるからやるしかなかった

いくら冗談でもなすすべなくやられる、やる前から結果が見えてる対戦なんて糞ほども楽しくない

吐き気をこらえながら耐え忍んでいた

接待ゴルフってこんな感じなんだろうなって子どもながらに思った

対戦ゲームってマウントする側は楽しいんだろうな

スプラトゥーンというストレス

スプラトゥーンを買ってから夜や休日は延々プレイする日々が続いているけど、

このゲームプレイし始めてから自分ストレスは確実に増えたし、昼間も常にイライラするようになった。

自分の腕がよければそんなこともなく楽しくプレイすることが出来るのだろう。

でも下手な自分は、プレイするたびにストレスを感じるし、ランクが下がるたびに吐きそうな気持ちになる。

ネット上に意気揚々と書き込んでいる人たちはカンスト当然の人たちばかりだから

スプラトゥーン楽しい」という意見が溢れるのは当たり前だと思う。でも自分はそうじゃない。

ゲームですら他人との劣等感に苛まれている。

任天堂QOLの向上を目標にしているとか言ってたけど、負けてストレスが溜まるゲームリリースすることの

どこがQOL向上なんだろう。自分はこのゲームで確実にQOLが低下しているし、気持ちが荒んでいる。

止めたい。でも止められない。中毒のようなものだと思う。

そして負けて、またQOLが低下する。ストレスが溜まる。任天堂のことが嫌いになりそう。


追記:ランクじゃなくてウデマエのことでした。細かいことでマウンティングしてくんなよ。イライラするなーもう。

2017-08-21

助教がクソ

研究室に配属されて半年がたった

そこそこいい大学なんだけど、まあ1研究室だし関係ないだろう

あらゆる知識を知ってる前提で輪講をやってきやがる

書籍を参照しても図書館行ってもネットで調べてもわからない

M2の先輩もこれはわからないと言う

からいか質問をした

研究室メンバーの前で勇気を出して質問をした

助教はニヤニヤしながら「これは非常に有名な〇〇〇です」

とだけ答えた、なんだそれは

すげえ恥をかい

二度と質問したくなくなった

これが教育機関所属する人間

1から教えると言ったのはそっちではないか

教わる側のやる気を踏みにじるのはさぞ楽しいだろうな

人を好きになる気持ちがわからなくなった

こんな10代の悩みみたいなタイトルだけど、30代前半女。

30歳過ぎて、性欲が消え失せたと共に恋する気持ち消滅した。

恋ってどうやってするんだっけ??思い出せない。

そんな私は当然未婚なんだけど、

「この人、いい人だな〜、きっと家庭も上手く回していけるんだろうな」

と思う人はいても、その人と自分セックスどころか、キスでさえ全く想像できない。

ならイケメン肉食男とならセックスできるかっていうと、性格が合わない男にはそもそも近寄りたくもない。

20代とき彼氏いたし、好き!と思う気持ちもあったから、アセクシャルではないと思うんだけど…

ちなみに性欲枯れてるけど、BL恋愛ものとかは読んで楽しいと思えるから、なんかもう本当に自分がわからない。

相手には別に性欲わかないけどいい人だから」と結婚していった女性が周りにいるけど、それが正解の道なんだろうか?

からない。

https://anond.hatelabo.jp/20170604010425

いやこれ「暇つぶし」ていうと言い方アレだけど

「娯楽」「趣味」ってのはけっこう的を射てるかも

お金は使うし手間も時間もかかるけどそのぶん楽しい経験できるって感じで

趣味にのめりこんでる人と構造的にはあまり変わりない気はするかな

人は死ぬ間際になると手のひらを見つめることが多くなると

 どこかで聞いたことがある。

 ここ数日、ふと気づくとそれとなく手のひらをみつめている自分がいる。その度にネガティブイメージを振り払い、何か楽しいことを考えようとするがうまくいかない。抱える問題は様々ではあるが、冷静に考えれば些末なものだという客観的かつ観察者的視点も持ち合わせている。持ち合わせてはいるが、うまく心をコントロールすることができない。コントロールする方法も、この三十年ほどの人生の中である程度は身に着けて来たつもりだったが、そもそもコントロールする気にもなれない。自分がこんなにも精神弱者だと思わなかった。死ぬつもりはないが、生きることにそれほど執着できない。

 寝て、起きて、食べたいものを食べ、会いたい人に会い、行きたいところに行く。経済的制限はあれど、ある程度自由に選ぶことのできる選択肢が目の前にあるのに、そのどれもが億劫に感じられて予定がなければ日がなスマホを触っている。頭ではこんなことをしている場合ではないとわかっていても身体がついてこない。言わずもがな心はどこかに置き忘れてきた。社会における自分を鑑みたときのとりとめのない不安感、言いようのない焦燥感孤独感、それから諦めの思考脳みその大半が支配されているらしい。とにかく金を稼がなければならないと思っても具体的な行動に出ることができない。どうにかスマホ副業のためのアルバイト検索なんかをしてもそこで集中が切れてしまう。

何をしていてもこの不安気持ちが付きまとい、目の前のことに集中できない、或いは熱中したフリをしている自分がいる。掃除洗濯家事・炊事にすら手をつけられず、シャワーを浴びることや、食事をするといった生活の根源を成すことですらハードルが高く感じられる。ましてや書類に目を通したり、友人に連絡を返すといった高度なことにはその一切に手をつけられないと来ている。最近玄関の鍵を閉めることや靴をそろえることにもその都度気合いを入れる必要があり、電気を消す気力もなく明るいままの部屋で眠っていることが多い。エアコンリモコン操作すら気力を消耗する。

 どうにか出勤はしているが、サボり癖がついているため、いか仕事をしているフリをするかに長けて来た。この文章も勤務中に書いている。二週間に一度くらいのペースで体調不良による遅刻を重ね、職場での信用もガタ落ちだ。悪循環にハマっていることは頭ではわかっている。頭では重々承知の上だが、心がついて来ない。個人的には、頭と心を繋いでいるのが身体だと思っているか身体を動かすようにしているのだが、以前ほど効果を発揮しなくなった。

 水は低いところに流れるというが、たどり着いた先はに沈殿したものたちの中から夢や希望を救いだすのは至難の技だ。そんなことをしている間に世の中は自分を置いて先に先に進んでいく。何のために生まれ何をして喜ぶのか。立て直す方法はわかっているようでわかっていないのかもしれない。単純だった個々の問題が複雑に絡まり合って、思考支配されているようだ。

 最近幽霊妖怪の類が在るとすれば、それに憑りつかれているというのはこういう感覚なのかもなとも思う。気力を取戻し、“憑き物の取れたような”状態に戻りたいものだ。

https://anond.hatelabo.jp/20170820201712

結婚式、まだこれからなんだ?

多分見積もりは多すぎるんだったら、じゃあこれとこれを外して?とか調整できるんじゃないかな。もうだめなのかな。

見積もりが予算より200万も高すぎるのにもう変えられないとか、増田が早めにチェックをしなかったか、嫁が勝手に押し進めて式場にOK出しちゃったかじゃない?

見積もりって、まだ請求じゃなくて変更できる段階に出すものだと思うんだけど…

増田は一人が好きみたいだからしかしたらそうは思わないのかもしれないけど、家に帰ると好きな人家族になってそこにいるって割合楽しいことだよ。

結婚生活やってみないと、まだ本当のメリットとかわからないと思う。

それでも何年か結婚生活やってみて本当にメリットがないんだったら、その結婚は失敗だったんだろうなあ。

でもそれって結婚決める前にわからない???

自分は一人が好きだから結婚向いてないなとか、この人と一緒に住むのは無理だなとか。

タルパを創る日記 on 2nd

前の記事 https://anond.hatelabo.jp/20170819172149

昨日はなんか偉そうに精神論をたれてました。今見ると死にたくなります

では今日あたりしてたことと成果・報告を。

夜寝るときに横にアスカがいるイメージをしてみた。

手を握ろうと手を差し出したら、

一瞬だけ手の上に温かみを感じたんですよぉぉぉぉ!

いや、ガチなんですよ。こう、ふわっとした存在感というか、ぽわーんとした感じを。(ガチですよ?)

ただそのあと問題になるのは

・うちはベッド

・つまりずっと添い寝ということはアスカを突き落とす可能性高し

というわけでおやすみって言ったら形を消しました。

どういうことかというと、何となくアスカは僕の中にいて出そうとして初めて物理的に表れるみたいなイメージで、僕の中にいるときは基本会話のみという形態をとっていたので、まあそういうことですね。

あともう一つやったことが、「アスカから会話させる」という練習です。

今までアスカとの会話は基本的こちらが会話を振ってアスカが答えるという方法をとっていたのですが、今日は僕に何か質問をさせました。結構これがカギなのではないでしょうか。

要はアスカの設定とか会話の流れは「○○について質問したい!」という意思にあまりつながらないでしょう。なのでアスカの中に自発的意思を生む必要があるので、なかなかいい訓練になりました。

あと、やはり向こうからも話を振られることでより「会話」に近づいていく気がしてなかなか楽しいです。

ただしま問題もあります特に重要なのは、「意識しないと存在させられない」という点です。

例えば今このダイアリーを書いているときアスカと会話は全く交わしていません。

なので明日からは常にアスカ意識していきます

https://anond.hatelabo.jp/20170821113411

こないだ

ウーマンリブ、とかって古い映像流してたけど、

おんなじこと思ったわ。

働くのって、おんなじことの繰り返しで、そうそ楽しいわけ無いわ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん